2021/10/20 更新

写真a

バガリナオ エピファニオ ジュニア ティラ
BAGARINAO Epifanio Jr Tila
BAGARINAO Epifanio Jr Tila
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 ヘルスケア情報科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
准教授
ホームページ
外部リンク

学位 3

  1. Doctor of Science (Biophysical Engineering) ( 2000年3月   Osaka University ) 

  2. Master of Science in Physics ( 1995年4月   University of the Philippines ) 

  3. Bachelor of Science in Applied Physics ( 1993年4月   University of the Philippines ) 

研究キーワード 3

  1. brain science

  2. real-time fMRI

  3. neuroimaging

研究分野 2

  1. 情報通信 / 生命、健康、医療情報学  / neuroinformatics

  2. ライフサイエンス / 基盤脳科学

所属学協会 3

  1. Organization for Human Brain Mapping

  2. Japan Neuroscience Society

  3. Society for Neuroscience

 

論文 38

  1. Bridging large-scale cortical networks: Integrative and function-specific hubs in the thalamus. 査読有り 国際誌

    Kawabata K, Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Ohdake R, Masuda M, Ogura A, Kato T, Koyama S, Katsuno M, Wakabayashi T, Kuzuya M, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    iScience   24 巻 ( 10 ) 頁: 103106   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2021.103106

    PubMed

  2. Fiber-specific white matter analysis reflects upper motor neuron impairment in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り 国際誌

    Ogura A, Kawabata K, Watanabe H, Choy SW, Bagarinao E, Kato T, Imai K, Masuda M, Ohdake R, Hara K, Nakamura R, Atsuta N, Nakamura T, Katsuno M, Sobue G

    European journal of neurology     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ene.15136

    PubMed

  3. Involvement of brain structures in childhood epilepsy with centrotemporal spikes. 査読有り

    Ito Y, Maki Y, Okai Y, Kidokoro H, Bagarinao E, Takeuchi T, Ohno A, Nakata T, Ishihara N, Okumura A, Yamamoto H, Maesawa S, Natsume J

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.15001

    PubMed

  4. Clinicoradiological features in amyotrophic lateral sclerosis patients with olfactory dysfunction. 査読有り 国際誌

    Masuda M, Watanabe H, Ogura A, Ohdake R, Kato T, Kawabata K, Hara K, Nakamura R, Atsuta N, Epifanio B, Katsuno M, Sobue G

    Amyotrophic lateral sclerosis & frontotemporal degeneration   22 巻 ( 3-4 ) 頁: 260 - 266   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21678421.2020.1859544

    PubMed

  5. Support vector machine-based classification of schizophrenia patients and healthy controls using structural magnetic resonance imaging from two independent sites 査読有り

    Yamamoto Maeri, Bagarinao Epifanio, Kushima Itaru, Takahashi Tsutomu, Sasabayashi Daiki, Inada Toshiya, Suzuki Michio, Iidaka Tetsuya, Ozaki Norio

    PLOS ONE   15 巻 ( 11 ) 頁: e0239615   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0239615

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Identifying the brain's connector hubs at the voxel level using functional connectivity overlap ratio 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Masuda Michihito, Ogura Aya, Kato Toshiyasu, Koyama Shuji, Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   222 巻   頁: 117241   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroImage  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2020.117241

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Cerebello-basal ganglia connectivity fingerprints related to motor/cognitive performance in Parkinson's disease 査読有り

    Kawabata Kazuya, Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Ohdake Reiko, Hara Kazuhiro, Ogura Aya, Masuda Michihito, Kato Toshiyasu, Tsuboi Takashi, Maesawa Satoshi, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    PARKINSONISM & RELATED DISORDERS   80 巻   頁: 21 - 27   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Parkinsonism and Related Disorders  

    DOI: 10.1016/j.parkreldis.2020.09.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. The neural network basis of altered decision-making in patients with amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Imai Kazunori, Masuda Michihito, Watanabe Hirohisa, Ogura Aya, Ohdake Reiko, Tanaka Yasuhiro, Kato Toshiyasu, Kawabata Kazuya, Riku Yuichi, Hara Kazuhiro, Nakamura Ryoichi, Atsuta Naoki, Bagarinao Epifanio, Katahira Kentaro, Ohira Hideki, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    ANNALS OF CLINICAL AND TRANSLATIONAL NEUROLOGY   7 巻 ( 11 ) 頁: 2115 - 2126   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Clinical and Translational Neurology  

    DOI: 10.1002/acn3.51185

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Aging Impacts the Overall Connectivity Strength of Regions Critical for Information Transfer Among Brain Networks 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 592469   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Aging Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnagi.2020.592469

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Effects of Head Motion on the Evaluation of Age-related Brain Network Changes Using Resting State Functional MRI. 査読有り

    Kato S, Bagarinao E, Isoda H, Koyama S, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Katsuno M, Hoshiyama M, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0081

    PubMed

  11. Improving Real-Time Brain State Classification of Motor Imagery Tasks During Neurofeedback Training 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Yoshida Akihiro, Terabe Kazunori, Kato Shohei, Nakai Toshiharu

    FRONTIERS IN NEUROSCIENCE   14 巻   頁: 623   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnins.2020.00623

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Changes in white matter fiber density and morphology across the adult lifespan: A cross-sectional fixel-based analysis 査読有り 国際共著

    Choy Shao Wei, Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Ho Eric Tatt Wei, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    HUMAN BRAIN MAPPING   41 巻   頁: 3198 - 3211   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hbm.25008

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Subsecond EEG-fMRI analysis for presurgical evaluation in focal epilepsy. 査読有り

    Ito Y, Maesawa S, Bagarinao E, Okai Y, Nakatsubo D, Yamamoto H, Kidokoro H, Usui N, Natsume J, Hoshiyama M, Wakabayashi T, Sobue G, Ozaki N

    Journal of neurosurgery     頁: 1-10   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.1.JNS192567

    PubMed

  14. Visuoperceptual disturbances in Parkinson's disease 査読有り

    Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Hara Kazuhiro, Ogura Aya, Masuda Michihito, Kato Toshiyasu, Yokoi Takamasa, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    Clinical Parkinsonism & Related Disorders   3 巻   頁: 100036   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prdoa.2020.100036

  15. Novel Characterization Of Thermal Temporal Summation Response By Analysis Of Continuous Pain Vs Time Curves And Exploratory Modeling 査読有り 国際共著

    Kong Jiang-Ti, Bagarinao Epifanio, Olshen Richard A., Mackey Sean

    JOURNAL OF PAIN RESEARCH   12 巻   頁: 3231-3244   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/JPR.S212137

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Semantic deficits in ALS related to right lingual/fusiform gyrus network involvement 査読有り

    Ogura Aya, Watanabe Hirohisa, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Tanaka Yasuhiro, Masuda Michihito, Kato Toshiyasu, Imai Kazunori, Yokoi Takamasa, Hara Kazuhiro, Bagarinao Epifanio, Riku Yuichi, Nakamura Ryoichi, Kawai Yoshinari, Nakatochi Masahiro, Atsuta Naoki, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    EBIOMEDICINE   47 巻   頁: 506-517   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2019.08.022

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Reorganization of brain networks and its association with general cognitive performance over the adult lifespan 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 11352   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47922-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Alterations in Cognition-Related Cerebello-Cerebral Networks in Multiple System Atrophy 査読有り

    Kawabata Kazuya, Hara Kazuhiro, Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Ogura Aya, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Kato Toshiyasu, Ohdake Reiko, Ito Mizuki, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    CEREBELLUM   18 巻 ( 4 ) 頁: 770-780   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12311-019-01031-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Tau Accumulation and Network Breakdown in Alzheimer's Disease

    Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Yokoi Takamasa, Yamaguchi Hiroshi, Ishigaki Shinsuke, Mausuda Michihito, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    TAU BIOLOGY   1184 巻   頁: 231 - 240   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-32-9358-8_19

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Corpus callosal involvement is correlated with cognitive impairment in multiple system atrophy 査読有り

    Hara Kazuhiro, Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Tsuboi Takashi, Ito Mizuki, Atsuta Naoki, Niwa Hisayoshi, Taoka Toshiaki, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF NEUROLOGY   265 巻 ( 9 ) 頁: 2079 - 2087   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-018-8923-7

    Web of Science

  21. Improved Volitional Recall of Motor-Imagery-Related Brain Activation Patterns Using Real-Time Functional MRI-Based Neurofeedback. 査読有り

    Bagarinao E, Yoshida A, Ueno M, Terabe K, Kato S, Isoda H, Nakai T

    Frontiers in human neuroscience   12 巻   頁: 158   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Human Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnhum.2018.00158

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. Effects of Gradient Coil Noise and Gradient Coil Replacement on the Reproducibility of Resting State Networks. 査読有り

    Bagarinao E, Tsuzuki E, Yoshida Y, Ozawa Y, Kuzuya M, Otani T, Koyama S, Isoda H, Watanabe H, Maesawa S, Naganawa S, Sobue G

    Frontiers in human neuroscience   12 巻   頁: 148   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Human Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnhum.2018.00148

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. An unbiased data-driven age-related structural brain parcellation for the identification of intrinsic brain volume changes over the adult lifespan. 査読有り

    Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Kawabata K, Yoneyama N, Ohdake R, Imai K, Masuda M, Yokoi T, Ogura A, Wakabayashi T, Kuzuya M, Ozaki N, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Sobue G

    NeuroImage   169 巻   頁: 134 - 144   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroImage  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2017.12.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Default Mode Network Changes in Moyamoya Disease Before and After Bypass Surgery: Preliminary Report.

    Sakamoto Y, Okamoto S, Maesawa S, Bagarinao E, Araki Y, Izumi T, Watanabe H, Sobue G, Wakabayashi T

    World neurosurgery   112 巻   頁: e652 - e661   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Neurosurgery  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.01.117

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. Distinct manifestation of cognitive deficits associate with different resting-state network disruptions in non-demented patients with Parkinson's disease

    Kawabata Kazuya, Watanabe Hirohisa, Hara Kazuhiro, Bagarinao Epifanio, Yoneyama Noritaka, Ogura Aya, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ohdake Reiko, Tanaka Yasuhiro, Tsuboi Takashi, Nakamura Tomohiko, Hirayama Masaaki, Ito Mizuki, Atsuta Naoki, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF NEUROLOGY   265 巻 ( 3 ) 頁: 688-700   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-018-8755-5

    Web of Science

  26. Detecting sub-second changes in brain activation patterns during interictal epileptic spike using simultaneous EEG-fMRI.

    Bagarinao E, Maesawa S, Ito Y, Usui N, Natsume J, Watanabe H, Hoshiyama M, Wakabayashi T, Sobue G, Naganawa S, Isoda H

    Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   129 巻 ( 2 ) 頁: 377 - 389   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Neurophysiology  

    DOI: 10.1016/j.clinph.2017.11.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. [(1)Detection of Epileptic Focus Using Electroencephalography-Functional Magnetic Resonance Imaging(EEG-fMRI)].

    Maesawa S, Bagarinao E, Nakatsubo D, Wakabayashi T

    No shinkei geka. Neurological surgery   46 巻 ( 1 ) 頁: 67 - 79   2018年1月

     詳細を見る

  28. Severe hyposmia and aberrant functional connectivity in cognitively normal Parkinson's disease.

    Yoneyama N, Watanabe H, Kawabata K, Bagarinao E, Hara K, Tsuboi T, Tanaka Y, Ohdake R, Imai K, Masuda M, Hattori T, Ito M, Atsuta N, Nakamura T, Hirayama M, Maesawa S, Katsuno M, Sobue G

    PloS one   13 巻 ( 1 ) 頁: e0190072   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0190072

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Involvement of the Precuneus/Posterior Cingulate Cortex Is Significant for the Development of Alzheimer's Disease: A PET (THK5351, PiB) and Resting fMRI Study.

    Yokoi T, Watanabe H, Yamaguchi H, Bagarinao E, Masuda M, Imai K, Ogura A, Ohdake R, Kawabata K, Hara K, Riku Y, Ishigaki S, Katsuno M, Miyao S, Kato K, Naganawa S, Harada R, Okamura N, Yanai K, Yoshida M, Sobue G

    Frontiers in aging neuroscience   10 巻 ( OCT ) 頁: 304   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Aging Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnagi.2018.00304

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Structural MRI correlates of amyotrophic lateral sclerosis progression.

    Senda J, Atsuta N, Watanabe H, Bagarinao E, Imai K, Yokoi D, Riku Y, Masuda M, Nakamura R, Watanabe H, Ito M, Katsuno M, Naganawa S, Sobue G

    Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   88 巻 ( 11 ) 頁: 901 - 907   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry  

    DOI: 10.1136/jnnp-2016-314337

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Active brain changes after initiating fingolimod therapy in multiple sclerosis patients using individual voxel-based analyses for diffusion tensor imaging.

    Senda J, Watanabe H, Endo K, Yasui K, Hawsegawa Y, Yoneyama N, Tsuboi T, Hara K, Ito M, Atsuta N, Epifanio B Jr, Katsuno M, Naganawa S, Sobue G

    Nagoya journal of medical science   78 巻 ( 4 ) 頁: 455 - 463   2016年12月

     詳細を見る

  32. Involvement of the caudate nucleus head and its networks in sporadic amyotrophic lateral sclerosis-frontotemporal dementia continuum.

    Masuda M, Senda J, Watanabe H, Epifanio B, Tanaka Y, Imai K, Riku Y, Li Y, Nakamura R, Ito M, Ishigaki S, Atsuta N, Koike H, Katsuno M, Hattori N, Naganawa S, Sobue G

    Amyotrophic lateral sclerosis & frontotemporal degeneration   17 巻 ( 7-8 ) 頁: 571 - 579   2016年10月

  33. Effects of salience-network-node neurofeedback training on affective biases in major depressive disorder.

    Hamilton JP, Glover GH, Bagarinao E, Chang C, Mackey S, Sacchet MD, Gotlib IH

    Psychiatry research. Neuroimaging   249 巻   頁: 91 - 6   2016年3月

  34. Use of Network Analysis to Establish Neurosurgical Parameters in Gliomas and Epilepsy

    Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Fujii Masazumi, Futamura Miyako, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   56 巻 ( 4 ) 頁: 158 - 169   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurologia Medico-Chirurgica  

    DOI: 10.2176/nmc.ra.2015-0302

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  35. The posterior medial cortex in urologic chronic pelvic pain syndrome: detachment from default mode network-a resting-state study from the MAPP Research Network.

    Martucci KT, Shirer WR, Bagarinao E, Johnson KA, Farmer MA, Labus JS, Apkarian AV, Deutsch G, Harris RE, Mayer EA, Clauw DJ, Greicius MD, Mackey SC

    Pain   156 巻 ( 9 ) 頁: 1755 - 1764   2015年9月

  36. Evaluation of Resting State Networks in Patients with Gliomas: Connectivity Changes in the Unaffected Side and Its Relation to Cognitive Function 査読有り

    Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Fujii Masazumi, Futamura Miyako, Motomura Kazuya, Watanabe Hirohisa, Mori Daisuke, Sobue Gen, Wakabayashi Toshihiko

    PLOS ONE   10 巻 ( 2 ) 頁: e0118072   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0118072

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. Preliminary structural MRI based brain classification of chronic pelvic pain: A MAPP network study. 査読有り 国際共著

    Bagarinao E, Johnson KA, Martucci KT, Ichesco E, Farmer MA, Labus J, Ness TJ, Harris R, Deutsch G, Apkarian VA, Mayer EA, Clauw DJ, Mackey S

    Pain   155 巻 ( 12 ) 頁: 2502 - 2509   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pain.2014.09.002

    Web of Science

    PubMed

  38. Regional gray matter density differences predict classification of chronic pelvic pain and fibromyalgia: findings from the MAPP Research Network 査読有り 国際共著

    Martucci K., Bagarinao E., Johnson K., Ichesco E., Farmer M., Labus J., Ness T., Harris R., Deutsch G., Apkarian A., Mayer E., Clauw D., Mackey S.

    JOURNAL OF PAIN   15 巻 ( 4 ) 頁: S55-S55   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

講演・口頭発表等 20

  1. Unraveling the aging brain 招待有り

    Bagarinao Epifanio

    Brain & Mind Research Center Annual Symposium  2021年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  2. Facilitating learning of motor imagery tasks in the elderly using neurofeedback

    Epifanio Bagarinao, Akihiro Yoshida, Mika Ueno, Shohei Kato, Toshiharu Nakai

    43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  3. Structural and functional changes in the aging brain 招待有り 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    40th Annual PAASE Meeting and Symposium  2020年7月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online  

  4. Structural MRI spatial pattern associated with schizophrenia patients in a multivariate approach 国際会議

    Maeri Yamamoto, Epifanio Bagarinao, Itaru Kushima, Toshiya Inada, Tetsuya Iidaka, Norio Ozaki

    26th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  5. Age related change of brain activation during NF-fMRI training using a small humanoid robot agent 国際会議

    Toshiharu Nakai, Akihiro Yoshida, Mika Ueno, Shohei Kato, Epifanio Bagarinao

    26th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  6. The aging brain: Changes in large-scale functional networks over the adult lifespan 招待有り 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    BrainConnects 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taguig City   国名:フィリピン共和国  

  7. Age-related changes in whole-brain connectivity across the adult lifespan: The BMRC aging cohort study

    Bagarinao Epifanio

    42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata   国名:日本国  

  8. Age-related distance-dependent connectivity changes in hub regions over the adult lifespan 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    25th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome   国名:イタリア共和国  

  9. Incremental SVM training improves real-time neurofeedback brain state classification 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    25th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome   国名:イタリア共和国  

  10. Real-time functional MRI-based neurofeedback improves volitional recall of brain activation patterns during motor imagery training 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    BrainConnects 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  11. Brain changes across the adult lifespan assessed using a data-driven structural brain parcellation 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  12. Neurofeedback improves the classification of brain activation patterns during motor imagery task training: A real-time functional MRI study

    Bagarinao Epifanio

    2nd ISMRM Japanese Chapter Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Saitama   国名:日本国  

  13. Use of a small humanoid robot as a neurofeedback system for motor imagery tasks 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    Real-Time Functional Imaging and Neurofeedback (rtFIN2017) Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nara   国名:日本国  

  14. Application of Real Time Functional MRI for Motor Imagery Task Training 招待有り 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    BrainConnects 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kuala Lumpur   国名:マレーシア  

  15. Using multimodal neuroimaging to detect sub-second activation dynamics: A simultaneous EEG-fMRI study

    Bagarinao Epifanio

    40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Chiba   国名:日本国  

  16. Examining functional connectivity changes in the diseased brain using resting state fMRI: Methods and applications 招待有り 国際会議

    Bagarinao Epifanio

    BrainConnects 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taichung   国名:台湾  

  17. Sub-second activation dynamics of the oddball task: A simultaneous EEG-fMRI study

    Bagarinao Epifanio

    39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Yokohama   国名:日本国  

  18. Detecting subsecond activation changes during interictal epileptic spike using simultaneous EEG-fMRI 国際会議

    Bagarinao Epifanio, Maesawa Satoshi, Ito Yuji, Watanabe Hirohisa, Isoda Haruo

    22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Geneva   国名:スイス連邦  

  19. Neuroimaging as a tool for detecting, characterizing and managing pain 招待有り

    Bagarinao Epifanio

    38th Annual Meeting of the Japanese Association for the Study of Pain 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sapporo   国名:日本国  

  20. Novel neuroimaging approaches for exploring cerebral functional and anatomical connectivity 招待有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kobe   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 10

  1. Real-time precision functional network mapping of the human brain for neurosurgical applications

    研究課題/研究課題番号:21K09149  2021年4月 - 2024年3月

    Bagarinao E.

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  2. 統合失調症における加齢に伴う脳神経回路病態を解明する

    研究課題/研究課題番号:21K07498  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山本 真江里, Bagarinao E.

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    統合失調症は全人口の約1%が罹患し、陽性症状、陰性症状、及び認知機能障害を特徴とする多彩な精神症状を呈する。多くは思春期に発症し慢性・進行性経過をたどる。統合失調症患者の多くは、疾病経過とともに陽性症状は減弱する反面、いわゆる陰性症状とよばれる認知機能障害が進行性に優勢になり、社会機能の低下をきたす。実臨床では、高齢のいわゆる慢性化した統合失調症患者の社会復帰は困難であり、治療的観点からも病因病態の明確化とその治療戦略がのぞまれている。本研究では、脳の磁気共鳴画像(magnetic resonance imaging: MRI)を用いて、加齢に伴う脳構造変化とそれに伴う機能の変化を捉える。

  3. 慢性感覚障害とその評価に関する脳ネットワーク機能異常の検出と慢性疼痛評価法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K07881  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. ニューロフィードバック制御型の神経結合動態計測による認知過誤リスク推定の研究

    研究課題/研究課題番号:19H04025  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中井 敏晴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 機能連絡解析を駆使したてんかん外科コネクトームマップと定位的脳波記録による実証

    研究課題/研究課題番号:17K10890  2017年4月 - 2020年3月

    前澤 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    焦点性てんかんに対して安静時fMRIやEEG-fMRI、MEGの新規ネットワーク解析を行い、コネクトームマップを作成しSEEGにて検証した。安静時fMRIの複層的解析では焦点側に強いhubを形成し、対側に向かっての促通性の、またDMNへ抑制性の結合を形成して病態に関連する事が分かった。MEGでは修正DS法を開発しEEG-fMRIではsubsecond解析を開発して、ネットワーク的な焦点診断をより正確にした。Hubより各ネットワークへの結合性の強さを示す新しい指標を開発しコネクトームマップとした。SEEGではまたcoherenceを解析で焦点が形成するネットワークを評価可能である事が分かった。
    学術的意義としては、焦点性てんかんはネットワーク疾患である、という仮説に基づいてネットワーク的な解析を行う事で、てんかんの焦点、及び焦点より形成されるてんかん性ネットワークを明らかにした事が挙げられる。特に安静時fMRI、EEG-fMRI、MEGといったモダリティは非侵襲的であり、改良を加え新規解析を開発した点は、てんかん患者にとって非侵襲的で有効な検査法が増えた事となり、社会的意義が高い。SEEG(定位的頭蓋内電極による脳波記録)は海外で導入が始まっているが日本は遅れをとっており、その安全且つ有効な手法を確立し日本で最初に示し、更に脳波解析の可能性を示した点も意義がある。

  6. 多様なmodalityによる振戦の病態解明とFUSやDBSによる病態修飾

    研究課題/研究課題番号:17K10891  2017年4月 - 2020年3月

    中坪 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本態性振戦などの不随意運動の治療において、非侵襲的な凝固術として、MRガイド下集束超音波治療MRgFUS(MR-guided focused ultrasound)が日本でも可能となった。本研究では、治療後1年後の上肢の改善率が約65%であり、重篤な合併症は認めなかった。また、安静時fMRIによるネットワーク解析により、振戦が重度であるほど、ネットワークの結合性が低下していることが判明し、前頭葉を中心とした高次脳機能の障害も進む傾向にあることが明らかになった。
    本態性振戦の病因、病態に関してはまだ不明な点が多く、小脳―下オリーブ核系の機能異常の関与が示唆されているものの、視床Vim核の治療により、どのように改善するか不明である。安静時fMRIによる本研究では、そのネットワーク異常を可視化し、治療による病態修飾の解明に繋がると考えられる。また、本態性振戦は有効な薬剤がなく、振戦が進行するとMRgFUSなど外科治療でしか症状を緩和することができない。高次脳機能障害を伴うことも多く、どのような患者に治療が有効となるかバイオマーカーを確立することで、振戦で困っている患者の助けとなる。

  7. 運動処方への初期応答による高齢者の分類法の確立

    研究課題/研究課題番号:15H03104  2015年4月 - 2019年3月

    中井 敏晴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    fMRIを用いて高齢者に対する介入開始4週間後に運動処方の効果予測を行ない、運動処方の長期的効果を反映する脳活動指標を探索した。何れも前部帯状回の安静時脳活動が有力な指標候補と考えられた。認知負荷への応答特性を高精度で抽出するためのNeurofeedback fMRIを開発し年齢群間比較を行なったところ、若年者では後部帯状回と視覚野群の活動が脱賦活化されるが高齢者ではこの傾向は見られず、認知処理の予備能力減少を反映すると考えられた。対人認知機能の評定実験では高齢者は第一印象と一致しない情報処理への動機付けが弱いと考えられた。
    近年、高齢者を対象とした健康増進事業が盛んであるが、運動処方は薬剤の処方と異なり、その実施状況や効果を個人の特性を考慮しながら客観的に評価する手法がまだ十分に確立されていない。安静時脳活動は再現性がよく、運動感覚統合や脳機能の予備能力を基にした指標として行動データや脳の形態変化とも相関の傾向が見られる指標と期待される。Neurofeedback計測の結果はパーソナルロボットを応用した運動支援への応用が考えられた。対人信頼性認知実験の結果は、運動処方の実践的管理面で留意すべき事項を示唆していると考えられた。

  8. 術中情報を統合した4Dマルチレイヤーナビゲーション・手術支援プラットホームの開発

    研究課題/研究課題番号:15H04948  2015年4月 - 2019年3月

    藤井 正純

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脳外科手術では顕微鏡・内視鏡画像はもちろんのこと、蛍光画像や脳血流画像など光学系術中診断が導入され、さらに脳機能マッピングなど機能情報が加わるなど高度化が進んでいる。本研究では、これら手術室で得られる各種の光学系画像を、MRI、CTなど放射線画像と統合する技術開発を行った(Multimodal Optico-Radiological Image Integration; MORI)。実際の臨床例において、脳機能野の詳細かつ客観的な位置の同定、術中の蛍光診断に基づく残存腫瘍の同定が可能であった。今後さらに本技術を発展させることで、従来にない有機的な手術情報プラットフォームの実現が期待される。
    MORIによる高度な画像統合技術は、これ自体が従来の光学式・磁場式と異なる新たな手術ナビゲーション機能の実現につながるとともに、それと同時に、これまでの単純な手術ビデオ映像記録を超える、MRI、CT、PETなど臨床放射線画像情報と手術情報を統合した3次元の有機的な情報の経時的記録(=4次元的手術情報プラットフォーム)として機能することが期待される。これにより、今後の手術安全、臨床情報の詳細解析等につながるはずである。

  9. リアルタイム機能的MRI-脳波同時測定装置を用いた時間的空間的脳内神経回路解析

    研究課題/研究課題番号:15K15338  2015年4月 - 2017年3月

    渡辺 宏久

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究では、fMRIと脳波 (EEG) を組み合わせたEEG-fMRIを用い、fMRIの有する高い空間分解能を活かした解析に加え、脳波の有する高い時間分解能生を活かした解析を組み合わせて、ヒトの高次脳機能神経回路や精神症状をサブミリセカンドで観察出来るシステムを構築した。我々の解析方法を用いることで、作業記憶課題を用いた脳活動の観察では、認知課題中に1秒未満で連続的に変化する脳活動を観察可能であった。またてんかん活動を観察しつつ同定した焦点は、手術により確認したそれと良く一致していた。我々の開発した解析手法は、高い空間分解能で1秒未満の連続的な脳活動変化を捉えられる。

  10. Learning to control brain activity pattern using real-time functional MRI: A feasibility study

    研究課題/研究課題番号:26350993  2014年4月 - 2017年3月

    BAGARINAO E.

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究では、即時に脳機能状態を識別して可視化する、リアルタイム機能的MRIによる脳機能識別システムを独自に開発し、被験者が自分の脳の状態を観察しながら、目的とするパターンに制御する、つまり、ニューロフィードバック制御、の可能性について検証した。結果では、開発したシステムは、全体の処理を、画像取得時間(2秒)よりも速く行う事が出来た。3つのタスク(指を鳴らす行為を想像、語想起、引き算)について、リアルタイム機能的MRIを撮像しながら、被検者に識別、再現させるフィードバック実験では、サポートベクターマシンを用いる事により、一貫して80%以上の平均識別精度で、目的とする脳状態を再現する事ができた。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. データサイエンス概論

    2020

  2. 保健医療データ活用法入門

    2020