2024/02/20 更新

写真a

コミネ オキル
小峯 起
KOMINE Okiru
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2007年3月   東京医科歯科大学 ) 

経歴 5

  1. 名古屋大学   環境医学研究所 病態神経科学分野   講師

    2023年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   環境医学研究所 病態神経科学分野   助教

    2013年8月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 独立行政法人 理化学研究所 脳科学総合研究センター   運動ニューロン変性研究チーム   研究員

    2012年1月 - 2013年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京医科歯科大学   難治疾患研究所 分子神経科学分野   助教

    2008年4月 - 2010年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京医科歯科大学   21世紀COEプログラム特別研究員

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京医科歯科大学   医歯学総合研究科   認知システム学

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京理科大学   生命科学研究科   生命科学専攻

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京理科大学   理工学部   応用生物科学科

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本神経科学学会

  2. 北米神経科学会

  3. 日本神経免疫学会

受賞 4

  1. 若手優秀論文賞

    2019年10月   名古屋大学 環境医学研究所  

  2. 21世紀COE若手研究者シンポジウム研究発表会 優秀研究員賞

    2006年3月   東京医科歯科大学  

    小峯起

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 21世紀COE若手研究者シンポジウム研究発表会 優秀研究員賞

    2004年3月   東京医科歯科大学  

    小峯起

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 小玉記念科学賞

    2003年3月   財団法人科学技術振興会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

 

論文 34

  1. Genetic background variation impacts microglial heterogeneity and disease progression in amyotrophic lateral sclerosis model mice. 査読有り

    Komine O, Ohnuma S, Hinohara K, Hara Y, Shimada M, Akashi T, Watanabe S, Sobue A, Kawade N, Ogi T, Yamanaka K

    iScience   27 巻 ( 2 ) 頁: 108872   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2024.108872

    PubMed

  2. Mitochondria-associated membrane collapse impairs TBK1-mediated proteostatic stress response in ALS. 査読有り

    Watanabe S, Murata Y, Oka Y, Oiwa K, Horiuchi M, Iguchi Y, Komine O, Sobue A, Katsuno M, Ogi T, Yamanaka K

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   120 巻 ( 47 ) 頁: e2315347120   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.2315347120

    PubMed

  3. Monomerization of TDP-43 is a key determinant for inducing TDP-43 pathology in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Oiwa K, Watanabe S, Onodera K, Iguchi Y, Kinoshita Y, Komine O, Sobue A, Okada Y, Katsuno M, Yamanaka K

    Science advances   9 巻 ( 31 ) 頁: eadf6895   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1126/sciadv.adf6895

    PubMed

  4. Cellular senescence in white matter microglia is induced during ageing in mice and exacerbates the neuroinflammatory phenotype 査読有り

    Matsudaira Tatsuyuki, Nakano Sosuke, Konishi Yusuke, Kawamoto Shimpei, Uemura Ken, Kondo Tamae, Sakurai Koki, Ozawa Takaaki, Hikida Takatoshi, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Fujita Yuki, Yamashita Toshihide, Matsumoto Tomonori, Hara Eiji

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   6 巻 ( 1 ) 頁: 665   2023年6月

     詳細を見る

  5. Neuroinflammation in Alzheimer's disease: microglial signature and their relevance to disease 査読有り

    Sobue Akira, Komine Okiru, Yamanaka Koji

    INFLAMMATION AND REGENERATION   43 巻 ( 1 ) 頁: 26   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s41232-023-00277-3

    Web of Science

    PubMed

  6. Sigma-1 receptor maintains ATAD3A as a monomer to inhibit mitochondrial fragmentation at the mitochondria-associated membrane in amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Watanabe Seiji, Horiuchi Mai, Murata Yuri, Komine Okiru, Kawade Noe, Sobue Akira, Yamanaka Koji

    NEUROBIOLOGY OF DISEASE   179 巻   頁: 106031   2023年4月

     詳細を見る

  7. Comprehensive expression analysis with cell-type-specific transcriptome in ALS-linked mutant SOD1 mice: Revisiting the active role of glial cells in disease 査読有り

    Yamashita Hirofumi, Komine Okiru, Fujimori-Tonou Noriko, Yamanaka Koji

    FRONTIERS IN CELLULAR NEUROSCIENCE   16 巻   頁: 1045647   2023年1月

     詳細を見る

  8. Corrigendum: Comprehensive expression analysis with cell-type-specific transcriptome in ALS-linked mutant SOD1 mice: Revisiting the active role of glial cells in disease. 査読有り

    Yamashita H, Komine O, Fujimori-Tonou N, Yamanaka K

    Frontiers in cellular neuroscience   17 巻   頁: 1160444   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3389/fncel.2023.1160444

    PubMed

  9. Novel reporters of mitochondria-associated membranes (MAM), MAMtrackers, demonstrate MAM disruption as a common pathological feature in amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Sakai Shohei, Watanabe Seiji, Komine Okiru, Sobue Akira, Yamanaka Koji

    FASEB JOURNAL   35 巻 ( 7 ) 頁: e21688   2021年7月

     詳細を見る

  10. Microglial gene signature reveals loss of homeostatic microglia associated with neurodegeneration of Alzheimer's disease 査読有り

    Sobue Akira, Komine Okiru, Hara Yuichiro, Endo Fumito, Mizoguchi Hiroyuki, Watanabe Seiji, Murayama Shigeo, Saito Takashi, Saido Takaomi C., Sahara Naruhiko, Higuchi Makoto, Ogi Tomoo, Yamanaka Koji

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 1   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-020-01099-x

    Web of Science

    PubMed

  11. Astrocytic phagocytosis is a compensatory mechanism for microglial dysfunction 査読有り

    Konishi Hiroyuki, Okamoto Takayuki, Hara Yuichiro, Komine Okiru, Tamada Hiromi, Maeda Mitsuyo, Osako Fumika, Kobayashi Masaaki, Nishiyama Akira, Kataoka Yosky, Takai Toshiyuki, Udagawa Nobuyuki, Jung Steffen, Ozato Keiko, Tamura Tomohiko, Tsuda Makoto, Yamanaka Koji, Ogi Tomoo, Sato Katsuaki, Kiyama Hiroshi

    EMBO JOURNAL   39 巻 ( 22 ) 頁: e104464   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embj.2020104464

    Web of Science

    PubMed

  12. Touchscreen-based location discrimination and paired associate learning tasks detect cognitive impairment at an early stage in an App knock-in mouse model of Alzheimer's disease 査読有り

    Saifullah Md. Ali Bin, Komine Okiru, Dong Yutao, Fukumoto Kazuya, Sobue Akira, Endo Fumito, Saito Takashi, Saido Takaomi C., Yamanaka Koji, Mizoguchi Hiroyuki

    MOLECULAR BRAIN   13 巻 ( 1 ) 頁: 147   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-00690-6

    Web of Science

    PubMed

  13. Aggresome formation and liquid-liquid phase separation independently induce cytoplasmic aggregation of TAR DNA-binding protein 43 査読有り

    Watanabe Seiji, Inami Hidekazu, Oiwa Kotaro, Murata Yuri, Sakai Shohei, Komine Okiru, Sobue Akira, Iguchi Yohei, Katsuno Masahisa, Yamanaka Koji

    CELL DEATH & DISEASE   11 巻 ( 10 ) 頁: 909   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41419-020-03116-2

    Web of Science

    PubMed

  14. Hypothalamic glial cells isolated by MACS reveal that microglia and astrocytes induce hypothalamic inflammation via different processes under high-fat diet conditions 査読有り

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Arima Hiroshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   136 巻   頁: 104733   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2020.104733

    Web of Science

    PubMed

  15. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair 査読有り

    Nakazawa Yuka, Hara Yuichiro, Oka Yasuyoshi, Komine Okiru, van den Heuvel Diana, Guo Chaowan, Daigaku Yasukazu, Isono Mayu, He Yuxi, Shimada Mayuko, Kato Kana, Jia Nan, Hashimoto Satoru, Kotani Yuko, Miyoshi Yuka, Tanaka Miyako, Sobue Akira, Mitsutake Norisato, Suganami Takayoshi, Masuda Akio, Ohno Kinji, Nakada Shinichiro, Mashimo Tomoji, Yamanaka Koji, Luijsterburg Martijn S., Ogi Tomoo

    CELL   180 巻 ( 6 ) 頁: 1228 - +   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2020.02.010

    Web of Science

    PubMed

  16. ALS-linked TDP-43(M337V) knock-in mice exhibit splicing deregulation without neurodegeneration 査読有り

    Watanabe Seiji, Oiwa Kotaro, Murata Yuri, Komine Okiru, Sobue Akira, Endo Fumito, Takahashi Eiki, Yamanaka Koji

    MOLECULAR BRAIN   13 巻 ( 1 ) 頁: 8   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-0550-4

    Web of Science

    PubMed

  17. Mice deficient in the C-terminal domain of TAR DNA-binding protein 43 develop age-dependent motor dysfunction associated with impaired Notch1-Akt signaling pathway 査読有り

    Nishino Kohei, Watanabe Seiji, Shijie Jin, Murata Yuri, Oiwa Kotaro, Komine Okiru, Endo Fumito, Tsuiji Hitomi, Abe Manabu, Sakimura Kenji, Mishra Amit, Yamanaka Koji

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   7 巻 ( 1 ) 頁: 118   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-019-0776-5

    Web of Science

    PubMed

  18. The multi-dimensional roles of astrocytes in ALS 査読有り

    Yamanaka K, Komine O

    NEUROSCIENCE RESEARCH   126 巻   頁: 31-38   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2017.09.011

    Web of Science

    PubMed

  19. Innate immune adaptor TRIF deficiency accelerates disease progression of ALS mice with accumulation of aberrantly activated astrocytes 査読有り

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K

    Cell Death and Differentiation     2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41418-018-0098-3

    PubMed

  20. Intracerebroventricular administration of Cystatin C ameliorates disease in SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis mice 査読有り

    Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K

    Journal of Neurochemistry     2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14285

    PubMed

  21. Mice heterozygously lacking C-terminal domain of TDP-43 show age-dependent motor dysfunction 査読有り

    Nishino K., Watanabe S., Komine O., Endo F., Yamanaka K.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 570-570   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.1604

    Web of Science

  22. Mitochondria-associated membrane collapse is a common pathomechanism in SIGMAR1- and SOD1-linked ALS. 査読有り

    Watanabe S, Ilieva H, Tamada H, Nomura H, Komine O, Endo F, Jin S, Mancias P, Kiyama H, *Yamanaka K.

    EMBO Mol Med   8 巻   頁: 1421-1437   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201606403.

  23. Neuroinflammation in motor neuron disease. 査読有り

    Endo F, Komine O, Yamanaka K.

    Clinical and Experimental Neuroimmunology   7 巻   頁: 126-138   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cen3.12309

  24. Neuregulin 1 confers neuroprotection in SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis mice via restoration of C-boutons of spinal motor neurons. 査読有り

    Lasiene J, Komine O, Fujimori-Tonou N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Shijie J, Ravits J, Horner P, Misawa H, *Yamanaka K

    Acta Neuropathologica Communications   4 巻 ( 15 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-016-0286-7

    PubMed

  25. Neuroinflammation in motor neuron disease 査読有り

    Nagoya Journal of Medical Science   77 巻 ( 4 ) 頁: 537 - 549   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  26. Astrocyte-Derived TGF-β1 Accelerates Disease Progression in ALS Mice by Interfering with the Neuroprotective Functions of Microglia and T Cells 査読有り

    Endo F, Komine O, Fujimori-Tonou N, Katsuno M, Jin S, Watanabe S, Sobue G, Dezawa M, Wyss-Coray T, Yamanaka K

    Cell Reports   11 巻 ( 4 ) 頁: 592-604   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.celrep.2015.03.053

  27. SIRT1 overexpression ameliorates a mouse model of SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis via HSF1/HSP70i chaperone system. 査読有り

    Watanabe S, Ageta-Ishihara N, Nagatsu S, Takao K, Komine O, Endo F, Miyazawa T, Misawa H, Takahashi R, Kinoshita M, Yamanaka K

    Molecular Brain   7 巻   頁: 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  28. Delta-like 1 regulates bergmann glial monolayer formation during cerebellar development. 査読有り

    Hiraoka Y, Komine O, Nagaoka M, Bai N, Hozumi K, Tanaka K

    Molecular Brain   6 巻   頁: 25-36   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. RBP-J promotes the maturation of neuronal progenitors. 査読有り

    Komine O, Nagaoka M, Hiraoka Y, Hoshino M, Kawaguchi Y, S. Pear W, Tanaka K

    Development Biology   354 巻 ( 1 ) 頁: 44-54   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. The monolayer formation of Bergmann glial cells is regulated by Notch/RBP-J signaling. 査読有り

    Komine O, Nagaoka M, Watase K, H. Gutmann D, Tanigaki K, Honjo T, Radtke F, Saito T, Chiba S, Tanaka K

    Developmental Biology   311 巻 ( 1 ) 頁: 238-250   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Imprinting modulates processing of visual information in the visual wulst of chicks. 査読有り

    Maekawa F, Komine O, Sato K, Kanamatsu T, Uchimura M, Tanaka K, Ohki-Hamazaki H.

    BMC Neuroscience   7 巻   頁: 75-87   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2202-7-75

  32. Differential roles of glial and and neuronal glutamate transporters in Purkinje cells synapses. 査読有り

    Takayasu Y, Iino M, Kakegawa W, Maeno H, Watase K, Wada K, Yanagihara D, Miyazaki T, Komine O, Watanabe M, Tanaka K, Ozawa S.

    The Journal of Neuroscience   25 巻 ( 38 ) 頁: 8788-8793   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1020-05.2005

  33. The Runx1 transcription factor inhibits the differentiation of naive CD4+T cells into the Th2 lineage by repressing GATA3 expression. 査読有り

    Komine O, Hayashi K, Natsume W, Watanabe T, Seki Y, Seki N, Yagi R, Suzuki W, Tamauchi H, Hozumi K, Habu S, Kubo M, Satake M.

    The Journal of Experimental Medicine   198 巻 ( 1 ) 頁: 51-61   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20021200

  34. SOCS-3 regulates onset and maintenance of Th2-mediated allergic responses. 査読有り

    Seki Y, Inoue H, Nagata N, Hayashi K, Fukuyama S, Matsumoto K, Komine O, Hamano S, Himeno K, Inagaki-Ohara K, Cacalano K, O'Garra A, Oshida T, Saito H, Johnston JA, Yoshimura A, Kubo M.

    Nature Medicine   9 巻 ( 8 ) 頁: 1047-1054   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/nm896

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. 「炎症と免疫」vol.31 no.5 : 筋萎縮性側索硬化症と免疫系

    小峯起、山中宏二( 担当: 共著)

    先端医学社  2023年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:112   担当ページ:77-81   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 筋萎縮性側索硬化症、前頭側頭型認知症と炎症

    小峯起、山中宏二( 担当: 共著)

    老年精神医学雑誌  2020年7月 

  3. 筋萎縮性側索硬化症におけるグリア・免疫連関

    小峯起、山中宏二( 担当: 共著)

    実験医学増刊  2019年11月 

  4. アストロサイト. 脳内環境辞典

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    メディカルドゥ  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. Modern Physician:免疫性・炎症性神経疾患―病態解明から疾患修飾薬開発まで):免疫性神経疾患の基礎科学--神経科学の立場から

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    新興医学出版社  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. Clinical Neuroscience 別冊「ミクログリア」:ALSとミクログリア

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    中外医学社  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Nagoya Journal of Medical Science: Neuroinflammation in motor neuron disease.

    Komine O, Yamanaka K( 担当: 共著)

    2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. グリア-末梢免疫組織連関からみた神経変性機序の解明-筋萎縮性側索硬化症を中心として-. 遺伝子医学MOOK 脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    メディカルドゥ  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. グリア関連病態. すべてがわかるALS(筋萎縮性側索硬化症)・運動ニューロン疾患

    山中宏二、小峯 起( 担当: 共著)

    中山書店  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. Clinical Neuroscience ニューロサイエンスの最新情報:神経変性疾患における非細胞自律性神経細胞死-遺伝性ALSモデルマウスを中心として.

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    中外医学社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 臨床免疫:転写因子Runx1におけるTh2への分化抑制

    小峯 起、佐竹正延、久保允人( 担当: 共著)

    科学評論社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 74

  1. アルツハイマー病モデルマウスにおける末梢免疫環境がミクログリアに与える影響の解明

    小峯起、祖父江顕、齊藤貴志、山中宏二

    第46回日本神経科学大会  2023年8月3日  日本神経科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

  2. 筋萎縮性側索硬化症モデルにおける免疫環境とミクログリア機能連関の解明

    1. 小峯 起、日野原邦彦、荻朋男、原雄一郎、嶋田繭子、紅朋浩、大沼周平、山中宏二

    第128回日本解剖学会総会・全国学術集会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  3. テストステロンはアルツハイマー病モデルマウスにおける神経炎症に影響する

    前川華澄、祖父江 顕、小峯 起、斎藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第41回日本認知症学会学術集会 第37回日本老年精神医学会(合同開催)  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  4. TBK1によって誘導される液性因子は異常な単量体TDP-43の除去を促進する

    酒井昭平、大岩康太郎、渡邉征爾、小峯 起、 山中宏二

    第95回日本生化学会大会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. カンナビノイド受容体2型によるグリア細胞の活性調節を介した新規AD治療法の開発

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斎藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第41回日本認知症学会学術集会第37回日本老年精神医学会(合同開催)  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  6. アルツハイマー病脳における脂質代謝関連因子の遺伝子発現解析

    川出野絵、小峯 起、祖父江 顕、斎藤貴志、西道隆臣、村山繁雄、山中宏二

    第41回日本認知症学会学術集会第37回日本老年精神医学会(合同開催)  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. アルツハイマー病マウスの病態に対する全身性テストステロン低下の影響評価

    前川華澄、祖父江 顕、小峯 起、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第12回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. イヌ変性性脊髄症病因タンパク質SOD1E40Kの凝集性軽減変異体M117Lにおける生化学的解析と分子機序

    橋本 慶、渡邊征爾、小峯 起、祖父江 顕、神志那弘明、古川良明、山中宏二

    第165回日本獣医学会学術集会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. TBK1は液性因子を介して異常な単量体TDP-43を選択的に排除する

    酒井昭平、大岩康太郎、渡邊征爾、小峯 起、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  10. テストステロンはグリア発現アンドロゲン受容体刺激によりアルツハイマー病マウスにおける神経炎症を制御する

    前川華澄、祖父江 顕、小峯 起、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  11. 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスにおけるミクログリアの不均一性と機能変化 招待有り

    小峯起、日野原邦彦、荻朋男、嶋田繭子、紅朋浩、大沼周平、山中宏二.

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  12. アルツハイマー病におけるミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介した神経炎症調節機序

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  13. アルツハイマー病における脳の脂質代謝関連因子の変動

    川出野絵、小峯 起、祖父江 顕、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. Toll様受容体7を介した全身性エリテマトーデスモデルマウスにおけるグリア細胞特異的な炎症機序について

    下川梨津子、祖父江 顕、小峯 起、伊藤綾香、菅波孝祥、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  15. アルツハイマー病モデルマウスにおける認知機能障害および神経炎症に対するフマル酸ジメチルの影響

    WANG Ting、祖父江 顕、小峯 起、渡邊征爾、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  16. 疎水領域の脆弱性により引き起こされるイヌ変性性脊髄症関連 E40K変異 SOD1の種特異的凝集

    橋本 慶、渡邊征爾、小峯 起、祖父江 顕、神志那弘明、古川良明、山中宏二

    第45回日本神経科学大会(Neuro2022)  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄   国名:日本国  

  17. アルツハイマー病の患者死後脳とモデルマウス脳における脂質代謝関連因子の解析

    川出野絵、小峯 起、祖父江 顕、斎藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第76回日本栄養・食糧学会大会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  18. Elucidating the association between the peripheral immune environment and the neuroinflammation in amyotrophic lateral sclerosis mice

    The 25th Annual Meeting of the Japan Glia  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. アルツハイマー病の病態進行に伴いミクログリアの生理機能が低下する

    祖父江 顕、小峯  起、原 雄一郎、遠藤史人、溝口博之、渡邊征爾、村山繁雄、斉藤貴志,、西道隆臣、佐原成彦、樋口真人、荻 朋男、山中宏二

    第40回日本認知症学会学術集会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  20. アルツハイマー病モデルにおけるアンドロゲン受容体を介した神経炎症調節機構

    前川華澄、祖父江顕、小峯 起、斉藤貴志 、西道隆臣、山中宏二

    第40回日本認知症学会学術集会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  21. E40K変異イヌSOD1タンパク質の種特異的凝集に重要なアミノ酸残基の同定

    15. 橋本 慶、渡邊征爾、小峯 起、祖父江 顕、神志那弘明、山中宏二

    第94回日本生化学大会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. 全身免疫―グリア連関に着目した筋萎縮性側索硬化症の病態解明

    小峯 起、山中 宏二

    第33回日本神経免疫学会学術集会  2021年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. Knocking-in the ALS-linked TDP-43M337V mutation in mice induces splicing deregulation without neurodegeneration. 国際会議

    Watanabe S, Oiwa K, Komine O, Sobue A, Yamanaka K

    PACTALS 2021 NAGOYA  2021年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. E40K変異による種特異的イヌSOD1タンパク凝集メカニズムの解析

    橋本 慶、渡邊征爾、小峯 起、祖父江 顕、神志那弘明、山中宏二

    第164回日本獣医学会学術集会生理学・生化学分科会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. アルツハイマー病モデルマウスにおける末梢免疫システムの役割

    小峯起、祖父江顕、齋藤貴志、山中宏二

    第44回日本神経科学大会  2021年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  26. Dimethyl Fumarate ameliorates neuroinflammation in App knock-in mouse though activation of Nrf2 pathway.

    Wang T, Sobue A, Komine O, Saito T, Saido T, Yamanaka K

    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2021年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  27. アルツハイマー病モデルマウスにおけるミクログリア発現アンドロゲン受容体を介したテストステロンの神経炎症の制御

    前川華澄、祖父江 顕、小峯 起、斉藤貴志、西道 隆臣、山中宏二

    第44回日本神経科学大会  2021年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. Downregulation of homeostatic microglial genes is correlated with progression of Alzheimer's disease in mice.

    Sobue A, Komine O, Hara Y, Endo F, Mizoguchi H, Watanabe S, Murayama S, Saito T, Saido TC, Sahara N, Higuchi M, Ogi T, Yamanaka K.

    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2021年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  29. 非神経細胞に着目した筋萎縮性側索硬化症の病態解明 招待有り

    小峯 起、山中 宏二

    次世代薬理学セミナー2021 in 名古屋  2021年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  30. ミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介したアルツハイマー病における神経炎症調節機構について

    祖父江顕、小峯起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、山中宏二

    第139回日本薬理学会近畿部会  2021年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. ADにおけるミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介した神経炎症調節について.

    祖父江 顕、小峯  起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第39回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  32. アルツハイマー病モデルにおける神経炎症に対する全身炎症が与える影響の検討

    下川梨津子、小峯 起、伊藤綾香、祖父江 顕、斉藤貴志、西道隆臣、菅波孝祥、山中宏二

    第39回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  33. Effect of Dimethyl Fumarate on the neuroinflammation in App Knock-in mouse.

    Wang T. Sobue A, Koine O, Saito T, Saido T, Yamanaka K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  34. 筋萎縮性側索硬化症における末梢免疫環境の役割解明

    小峯 起、山中宏二

    第93回日本生化学会大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  35. Multimerization of TDP-43 plays a key role in determination of its subcellular localization.

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

  36. ALS関連変異TDP-43M337Vノックインマウスは運動神経変性を伴わないスプライシング異常を生じる

    渡邊征爾、大岩康太郎、小峯 起、祖父江 顕、山中宏二

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  37. ALSモデルマウスにおける神経保護性ミクログリア反応を誘導する末梢免疫関連分子の探索

    小峯  起、村上由希、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  38. ミクログリアのカンナビノイド 受容体2型を標的としたアルツハイマー病治療法開発

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

  39. ALSモデルマウスのミクログリア機能を変化させる末梢免疫関連分子の同定

    小峯 起、大沼周平、池田沙織、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  40. TDP-43の多量体化が、その細胞内局在の決定に重要である

    大岩康太郎、渡邊征爾、祖父江 顕、小峯 起 、勝野雅央、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  41. アルツハイマー病患者脳とAPP- KIマウス由来ミクログリアにおける遺伝子発現解析

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道 隆臣、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  42. Innate immune adaptor TRIF confers neuroprotection in ALS mice by eliminating abnormal astrocytes 国際会議

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K

    Society for Neuroscience2018 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  43. 早期アルツハイマー病理を呈する患者脳における神経炎症関連遺伝子発現解析

    祖父江顕、遠藤史人、小峯 起、村山繁雄、山中宏二

    第37回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. The peripheral immune environmental shift affects microglial functions in amyotrophic lateral sclerosis mice

    Komine O, Ohnuma S, Ikeda S, Yamanaka K

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. ALSモデルマウスにおける末梢免疫環境がミクログリア機能に与える影響の解明

    小峯 起、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  46. Innate immune adaptor TRIF slows disease progression of ALS mice by eliminating aberrantly activated astrocytes 国際会議

    Komine O, Yamashita H. Fujimori-Tonou N, Uematsu S, Akira S, Yamanaka K

    28th International symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston   国名:日本国  

  47. 筋萎縮性側索硬化症におけるシスタチンCの神経保護効果

    渡邊征爾、小峯 起、遠藤史人、山中宏二

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. グリオシドGD3によるグリオーマの腫瘍微小環境の制御機構.

    張 璞、大川裕樹、加藤 彰、小峯 起、百田洋之、Robiul Bhuiyan、大海 雄介、古川 圭子、若林俊彦、岡島徹也、山中宏二、古川鋼一

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  49. ALSモデルマウスのミクログリア機能における末梢免疫の役割

    小峯 起、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  50. 小胞体・ミトコンドリア膜間領域は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新規治療標的である

    渡邊征爾、小峯 起、遠藤史人、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  51. Neuregulin 1 confers neuroprotection in SOD1-linked ALS mice via restoration of C-boutons of spinal motor neurons. 国際会議

    Komine O, Lasiene J, Fujimori-Tonou N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Jin S, Ravits J, Horner P, Misawa H, Yamanaka K.

    The 27th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dublin   国名:日本国  

  52. ALS病態における末梢免疫の役割.

    大沼周平、小峯 起、山中宏二

    第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  53. ALSモデルマウスにおける末梢免疫の役割.

    小峯 起、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  54. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    ENDO Fumito, KOMINE Okiru, JIN Shijie, WATANABE Seiji, KATSUNO Masahisa, SOBUE Gen, WYSS-CORAY Tony, YAMANAKA Koji

    26th International Symposium on ALS/MLD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  55. The role of innate immune TRIF pathway in amyotrophic lateral sclerosis.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. ALS病態における抹消免疫の役割.

    大沼周平、小峯 起、山中宏二

    第5回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. アストロサイト由来TGF-β1はALSの疾患進行を規定する.

    遠藤史人、小峯 起、金 世杰、渡邊征爾、山中宏二

    第27回日本神経免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  58. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by regulating the neuroprotective inflammatory response of microglia and T cells.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. ALSモデルマウスにおける自然免疫TRIF経路の役割.

    小峯 起、山下博史、藤森典子、森脇康博、三澤 日出巳、山中宏二

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. ALSマウスの疾患進行におけるアストロサイト由来TGF-β1の役割.

    遠藤史人、小峯 起、金 世杰、勝野雅央、祖父江 元、山中宏二

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 運動ニューロン特異的26Sプロテアソームノックアウトマウスを用いた運動ニューロンの網羅的遺伝子発現解析

    星野友則、山下博史、田代善祟、三澤日出巳、小峯 起、山中宏二、高橋良輔

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  62. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    ENDO Fumito, KOMINE Okiru, WYSS-CORAY Tony, YAMANAKA Koji

    25th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベルギー王国  

  63. The role of the infiltrating immune cells attracted by activated microglia in amyotrophic lateral sclerosis mice. 国際会議

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Misawa H, Yamanaka K.

    Neuroscience 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  64. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    ENDO Fumito, KOMINE Okiru, WYSS-CORAY Tony, YAMANAKA Koji

    9th Brain Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  65. The role of the infiltrating immune cells attracted by activated microglia in amyotrophic lateral sclerosis mice. 国際会議

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Misawa H, Yamanaka K.

    9th Brain Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  66. 筋萎縮性側索硬化症における浸潤免疫細胞の機能解明.

    小峯 起、山下博史、藤森典子、森脇康博、三澤日出巳、山中宏二

    第37回日本神経科学大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  67. 細胞特異的トランスクリプトームを用いた、孤発性ALS患者脊髄のDNAマイクロアレイによる解析.

    山下博史、小峯 起、藤森典子、伊東秀文、井口洋平、熱田直樹、田中章景、祖父江元、髙橋良輔、山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  68. ALSマウスの疾患進行におけるアストロサイト由来TGF-β1の役割.

    遠藤史人、小峯 起、山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  69. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    ENDO Fumito, KOMINE Okiru, WYSS-CORAY Tony, YAMANAKA Koji

    9th FENS Forum for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  70. Deletion of TLR-associated signaling adaptor TRIF significantly accelerates disease progression of ALS mice. 国際会議

    XI European Meeting on Glial Cell Function in Health and Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ベルリン(ドイツ)   国名:ドイツ連邦共和国  

  71. 自然免疫TRIF経路遮断によってALS疾患の進行が顕著に加速する

    小峯 起、藤森典子、山下博史、森脇康博、三澤日出巳、山中宏二

    Neuro2013 第36 回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  72. Elimination of innate immune system adaptor TRIF significantly accelerates disease progression of ALS mice. 国際会議

    Okiru Komine, Noriko Fujimori-Tonou, Hirofumi Yamashita, Yasuhiro Moriwaki, Hidemi Misawa and Koji Yamanaka

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  73. The profiling of cytokine producing cells in ALS Model mouse spinal cord. 国際会議

    Okiru Komine, Fumito Endo and Koji Yamanaka

    10th Meeting of International Consortium on Superoxide Dismutase and ALS(ICOSA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  74. E40K変異による種特異的イヌSOD1タンパク凝集メカニズムの解析

    橋本 慶、渡邊征爾、小峯 起、祖父江 顕、神志那弘明、山中宏二

    第164回日本獣医学会学術集会(生理学・生化学分科会)  2021年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 末梢免疫反応性変容モデルマウスを用いた神経変性疾患の治療標的の同定

    2019年4月 - 2021年3月

    公益財団法人武田科学振興財団  公益財団法人武田科学振興財団2019年度医学系研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    公益財団法人 武田科学振興財団

  2. 神経変性における神経・免疫のクロストークに関わる免疫細胞及び関連分子の同定

    2018年4月 - 2020年3月

    公益財団法人豊秋奨学会  公益財団法人豊秋奨学会平成30年度研究費助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    豊秋奨学会2018年度研究助成

  3. 脊髄内浸潤免疫細胞の機能に着目した筋萎縮性側索硬化症の病態解明と治療法開発

    2014年4月 - 2015年3月

    公益財団法人堀科学芸術振興財団  公益財団法人堀科学芸術振興財団第23回研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    堀科学芸術振興財団2013年度研究助成

  4. 神経前駆細胞の多様性獲得メカニズムの解明

    2009年4月 - 2010年3月

    公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団  公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 第 24 回基礎医学医療研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 神経前駆細胞分化メカニズムの解明

    2006年4月 - 2007年3月

    東京医科歯科大学  東京医科歯科大学 平成 19 年度難治疾患研究所研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

科研費 4

  1. アルツハイマー病の神経炎症における免疫系応答の役割解明

    研究課題/研究課題番号:21K07273  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小峯 起

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    アルツハイマー病(AD)における最近の全ゲノム関連解析により、ミクログリアや免疫系に関連するADリスク遺伝子が同定されたことや、AD患者の免疫系の変化が観察されることから、病因タンパク質によって活性化したミクログリアによる神経炎症と免疫系に注目が向けられているが、免疫系の応答の役割は不明である。本研究は、末梢免疫応答性の異なる2系統のADモデルマウスを比較し、AD病態やミクログリア機能に起こる変化を明らかにする。本研究で得られる知見は、特定の細胞や免疫系の応答制御をターゲットにした新規治療法およびバイオマーカーの開発にも繋がることが期待される。
    認知症の原因として最も頻度の高いアルツハイマー病(AD)は、老人斑(アミロイドβ蓄積)、神経原繊維変化(リン酸化タウの蓄積)、神経炎症(グリア細胞の活性化)を病理学的特徴とする。最近の全ゲノム関連解析により、ミクログリアや免疫系に関連するADリスク遺伝子が同定されたことや、AD患者の免疫系の変化が観察されることから、神経炎症と免疫系に注目が向けられている。従来の報告から、ADにおける神経炎症は、免疫系とミクログリアの相互作用による神経傷害/保護機能が複雑なバランスで成り立っていることが予想されているが、免疫系の応答の役割を直接示した報告はない。本研究は、末梢免疫応答性の異なる2つの系統(C57BL/6:Th1優位、BALB/c:Th2優位)の遺伝背景を持つ2種のADモデルマウス(APP-KI(B6)、APP-KI(Balb))の表現型を比較し、AD病態における免疫系の応答の役割の解明およびそれに関与するミクログリアや免疫細胞の亜集団を同定することを目指し、研究を進めている。今年度は、行動試験の条件検討を進め、恐怖条件付け試験により、APP-KI(B6)に比較して、APP-KI(Balb)においてより早期から認知機能障害が起こることを明らかにした。我々は、大脳皮質の組織染色や単離したミクログリアの経時的なRNAシーケンス解析により、Aβ蓄積やミクログリアの反応性が両者で異なることも明らかにしているため、今後、両者のミクログリアや免疫細胞などを詳細に比較することによりAD病態における免疫応答の役割が明らかになることが期待される。また、今年度は、次年度に予定しているシングルセルRNAシーケンス解析における細胞分散条件やELISAによる脳内Aβ量の定量比較条件について、検討を進めることができた。
    今年度は、恐怖条件付け行動試験により、末梢免疫応答性の異なる2種類のADモデルマウスの認知機能障害に差が生じることを明らかにできたことや次年度におけるシングルセルRNAシーケンスやAβ定量条件についても検討を進められたため、概ね順調に進展していると評価した。
    末梢免疫応答性の異なる2種類のADモデルマウスの認知機能障害の差にミクログリアの反応性の違いや免疫細胞が関与している可能性があるため、両者のミクログリアおよび脳内に浸潤した免疫細胞をシングルセルレベルで詳細に遺伝子発現比較解析をすることにより、病態に関与するミクログリアや免疫細胞の亜集団を同定する。また、脳内のAβの定量比較等も正確に行い、Aβ蓄積や神経傷害との関係についても明らかにする。

  2. 筋萎縮性側索硬化症におけるアストロサイト毒性転換機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17K14963  2017年4月 - 2019年3月

    小峯 起

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)におけるアストロサイトの毒性転換機構を明らかにするため、アストロサイトの毒性転換や蓄積が示唆される自然免疫TRIF経路欠損ALSモデルマウスやアストロサイトの毒性転換が示唆される末梢免疫反応を変容させたALSモデルマウスの脊髄からアストロサイトを単離し、RNAシーケンス解析を行い、その毒性転換及び細胞死や病態に関与する発現分子の同定を行った。その結果、両者に共通して発現変動する遺伝子を同定することができた。
    これまでのALSモデルマウスを用いた研究から運動神経の周囲で活性化したグリア細胞の異常も病態進行に関与することが示されていたが、良いマーカーや解析ツール等の少なさからアストロサイトの毒性転換機構についてはほとんど明らかになっていなかった。本研究によりその一端に関与することが示唆される遺伝子の同定ができたことは学術的に意義があり、これらの遺伝子を標的にした新規治療法の開発にもつながる社会的意義をもつ成果である。

  3. アストロサイト異常に着目した遺伝性・孤発性ALSの病態解明

    研究課題/研究課題番号:26293208  2014年4月 - 2018年3月

    山中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)のモデルマウスを用いて、グリア細胞の一種であるアストロサイトの異常に着目して研究を行った。ALS患者・マウスのアストロサイトでは、サイトカインTGF-β1が異常に増加し、グリア細胞による神経保護環境を阻害することにより、病態を加速していることが判明した。TGF-β1の阻害剤投与により、ALSマウスの生存期間が延長したことから、TGF-β1はALSの治療標的として有望であると考えられた。また、ALSマウスの病巣では異常に活性化したアストロサイトが見られ、その除去機構として、自然免疫分子であるTRIFが関与するアポトーシスが関与していることを見出した。

  4. 筋萎縮性側索硬化症における免疫細胞による活性化グリア細胞抑制機構の解明

    研究課題/研究課題番号:26830046  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 環境学入門

    2023

  2. 自然環境と人間

    2021

  3. 自然環境と人間

    2020

 

メディア報道 1

  1. 自然免疫分子に神経保護機能 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2018年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外