2022/10/23 更新

写真a

ウチダ ヒロオ
内田 広夫
UCHIDA Hiroo
所属
未来社会創造機構 予防早期医療創成センター 教授
大学院医学系研究科 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2001年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 低侵襲手術

  2. 小児がん

  3. 医療機器

  4. 小児外科

  5. 小児外科

  6. 小児がん

  7. 医療機器

  8. 低侵襲手術

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 胆道閉鎖症の原因解明

  2. 低侵襲手術

  3. 小児がん

経歴 18

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 小児がん治療センター   センター長

    2016年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   医学部附属病院 小児がん治療センター   センター長

    2016年4月 - 現在

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科 小児外科学 教授

    2013年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院医学系研究科 小児外科学 教授

    2013年8月 - 現在

  5. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態外科学   教授

    2013年8月 - 現在

  6. 埼玉県立小児医療センター 小児外科 科長

    2009年2月 - 2013年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 埼玉県立小児医療センター 小児外科 科長

    2009年2月 - 2013年7月

  8. 埼玉県立小児医療センター 小児外科 副部長

    2006年4月 - 2009年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 埼玉県立小児医療センター 小児外科 副部長

    2006年4月 - 2009年1月

  10. 埼玉県立小児医療センター 小児外科 医長

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 埼玉県立小児医療センター 小児外科 医長

    2003年4月 - 2006年3月

  12. 獨協医科大学越谷病院 小児外科講師

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 獨協医科大学

    2001年4月 - 2003年3月

  14. 自治医科大学一般外科・小児外科助手

    1995年7月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 自治医科大学一般外科・小児外科医員

    1994年4月 - 1995年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  16. 東京大学医学部附属病院小児外科医員

    1993年6月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  17. 財団法人竹田綜合病院 外科医員

    1990年12月 - 1993年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  18. 東京大学医学部附属病院第2外科系研修医

    1989年6月 - 1990年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 4

  1. 東京大学   医学系研究科   生殖発達加齢医学

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   医学系研究科   生殖発達加齢医学

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   医学系研究科   生殖発達加齢医学

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 東京大学   医学部

    1983年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 18

  1. 日本内視鏡外科学会   理事

    2020年12月 - 現在

  2. 日本小児外科学会   理事

    2021年6月 - 現在

  3. 日本外科学会   代議員

    2014年2月 - 現在

  4. 日本内視鏡外科学会

  5. 日本小児外科学会   評議員

    2009年4月 - 現在

  6. International Pediatric Endosurgery Group

  7. The Pacific Association of Pediatric Surgeons

  8. 日本小児血液・がん学会

  9. 日本小児泌尿器科学会

  10. 日本臨床外科学会

  11. International Pediatric Endosurgery Group

  12. 日本臨床外科学会

  13. 日本小児血液・がん学会

  14. 日本小児泌尿器科学会

  15. 日本小児外科学会

  16. 日本外科学会

  17. 日本内視鏡外科学会

  18. The Pacific Association of Pediatric Surgeons

▼全件表示

 

論文 356

  1. Histopathologic improvement in biliary cirrhosis after definitive surgery for choledochal cyst. 査読有り

    Ishimaru T, Kitano Y, Uchida H, Kawashima H, Gotoh C, Satoh K, Yoshida M, Kishimoto H, Iwanaka T

    Journal of pediatric surgery   45 巻 ( 5 ) 頁: e11 - 4   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2010.01.030

    PubMed

  2. Growth spurt-related recurrence after Nuss procedure. 査読有り

    Ishimaru T, Kitano Y, Uchida H, Kawashima H, Gotoh C, Satoh K, Yoshida M, Sugita A, Iwanaka T

    Journal of pediatric surgery   44 巻 ( 8 ) 頁: E13 - 6   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2009.04.014

    PubMed

  3. Encouraging Young Pediatric Surgeons and Evaluation of the Effectiveness of a Pediatric Endosurgery Workshop by Self-Assessment and an Objective Skill Validation System. 査読有り

    Ogawa K, Ieiri S, Watanabe T, Bitoh Y, Uchida H, Yamataka A, Ohno Y, Ohta M, Inomata M, Dorofeeva E, Podurovskaya Y, Yarotskaya E, Kitano S

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A     2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2022.0152

    PubMed

  4. Laparoscopic internal intestinal drainage of bile lakes in a patient with recurrence of jaundice after laparoscopic revision of Kasai portoenterostomy for biliary atresia: A case report 査読有り

    Gohda Yousuke, Uchida Hiroo, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Okamoto Masamune, Ogata Seiya, Takimoto Aitaro, Takada Shunya, Nakagawa Yoichi, Kato Daiki, Guo Yaohui

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY     2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.13133

    Web of Science

    PubMed

  5. Biochemical markers to predict the development of gastrointestinal bleeding and esophageal varices after portoenterostomy in biliary atresia. 査読有り

    Sumida W, Tainaka T, Shirota C, Yokota K, Makita S, Okamoto M, Takimoto A, Yasui A, Takada S, Nakagawa Y, Kato D, Yokoyama S, Ishizu Y, Amano H, Guo Y, Hinoki A, Uchida H

    Pediatric surgery international     2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-022-05243-7

    PubMed

  6. Adding a spur valve to laparoscopic portoenterostomy for patients with biliary atresia can achieve a high jaundice clearance rate and lower the number of episodes of cholangitis. 査読有り

    Yasui A, Hinoki A, Amano H, Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Okamoto M, Takimoto A, Nakagawa Y, Uchida H

    Pediatric surgery international     2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-022-05230-y

    PubMed

  7. Laparoscopic revision of Kasai portoenterostomy after initial laparoscopic portoenterostomy in patients with biliary atresia: a limited but positive effect on native liver survival. 査読有り

    Kato D, Uchida H, Amano H, Hinoki A, Shirota C, Sumida W, Yokota K, Makita S, Okamoto M, Takimoto A, Yasui A, Takada S, Nakagawa Y

    Pediatric surgery international     2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-022-05235-7

    PubMed

  8. Laparoscopic bile duct plasty for hilar bile duct stenosis (HBDS) in patients with congenital biliary dilatation: Diagnosis of HBDS by preoperative MRCP and laparoscopic strategy to relieve HBDS 査読有り

    Nakagawa Yoichi, Uchida Hiroo, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Yasui Akihiro, Takimoto Aitaro, Guo Yaohui

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES     2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.1235

    Web of Science

    PubMed

  9. Retroperitoneoscopic resection of a large paraganglioma surrounded by the right diaphragmatic crus on the dorsal side of the inferior vena cava: A pediatric case report. 査読有り

    Takimoto A, Sumida W, Shirota C, Makita S, Okamoto M, Ogata S, Takada S, Nakagawa Y, Kato D, Goda Y, Hinoki A, Uchida H

    Asian journal of endoscopic surgery     2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.13119

    PubMed

  10. Laparoscopic closure of Roux limb perforation during double-balloon endoscopic retrograde cholangiography with laparoscopy-assisted endoscopic hepatolithectomy 30 years after congenital biliary dilatation radical surgery: A case report 査読有り

    Nakagawa Yoichi, Uchida Hiroo, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Masamune Okamoto, Ogata Seiya, Takimoto Aitaro, Takada Shunya, Kato Daiki, Gohda Yousuke

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY     2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.13116

    Web of Science

    PubMed

  11. 食道疾患の診療 Ⅳ その他の食道疾患の診療 6 先天異常に伴う食道疾患 査読有り

    内田 広夫

    臨床消化器内科   37 巻 ( 9 ) 頁: 1203 - 1210   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本メディカルセンター  

    DOI: 10.19020/cg.0000002333

    CiNii Research

  12. Thoracoscopic posterior tracheopexy during primary esophageal atresia repair ameliorate tracheomalacia in neonates: a single-center retrospective comparative cohort study. 査読有り

    Yasui A, Hinoki A, Amano H, Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Okamoto M, Takimoto A, Nakagawa Y, Uchida H

    BMC surgery   22 巻 ( 1 ) 頁: 285   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-022-01738-1

    PubMed

  13. Patients with gastric volvulus recurrence have high incidence of wandering spleen requiring laparoscopic gastropexy and splenopexy 査読有り

    Nakagawa Yoichi, Uchida Hiroo, Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Okamoto Masamune, Takimoto Aitaro, Yasui Akihiro, Takada Shunya, Kato Daiki

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-022-05125-y

    Web of Science

    PubMed

  14. Evaluation of minimally invasive surgical skills training: comparing a neonatal esophageal atresia/tracheoesophageal fistula model with a dry box. 査読有り

    Deie K, Nakagawa Y, Uchida H, Hinoki A, Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Fujiogi M, Okamoto M, Takimoto A, Yasui A, Takada S, Maeda T

    Surgical endoscopy     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-022-09185-y

    PubMed

  15. Utility of endoscopic retrograde cholangiopancreatography in management of pediatric pancreaticobiliary disease 査読有り

    Makita Satoshi, Amano Hizuru, Kawashima Hiroki, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Okamoto Masamune, Takimoto Aitaro, Yasui Akihiro, Nakagawa Yoichi, Uchida Hiroo

    BMC PEDIATRICS   22 巻 ( 1 ) 頁: 134   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-022-03207-3

    Web of Science

    PubMed

  16. Laparoscopic definitive surgery for congenital biliary dilatation with aggressive hilar bile ductoplasty and complete resection of the intrapancreatic bile duct in pediatric patients is safe and effective, comparable to open surgery 査読有り

    Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Hinoki Akinari, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Tanaka Yujiro, Uchida Hiroo

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-022-09132-x

    Web of Science

    PubMed

  17. Serum matrix metalloproteinase-7 in biliary atresia: A Japanese multicenter study 査読有り

    Sakaguchi Hirotaka, Konishi Ken-ichiro, Yasuda Ryosuke, Sasaki Hideyuki, Yoshimaru Koichiro, Tainaka Takahisa, Fukahori Suguru, Sanada Yukihiro, Iwama Itaru, Shoji Hiromichi, Kinoshita Masahiro, Matsuura Toshiharu, Fujishiro Jun, Uchida Hiroo, Nio Masaki, Yamashita Yushiro, Mizuochi Tatsuki

    HEPATOLOGY RESEARCH     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13753

    Web of Science

    PubMed

  18. Safety and feasibility of primary radical surgery for meconium peritonitis considering patients' general condition and perioperative findings 査読有り

    Nakagawa Yoichi, Uchida Hiroo, Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Okamoto Masamune, Takimoto Aitaro, Yasui Akihiro, Takada Shunya, Maeda Takuya

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   84 巻 ( 1 ) 頁: 148 - 154   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.84.1.148

    Web of Science

  19. Laparoscopic Kasai portoenterostomy can be a standard surgical procedure for treatment of biliary atresia. 査読有り

    Shirota C, Hinoki A, Tainaka T, Sumida W, Kinoshita F, Yokota K, Makita S, Amano H, Nakagawa Y, Uchida H

    World journal of gastrointestinal surgery   14 巻 ( 1 ) 頁: 56 - 63   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4240/wjgs.v14.i1.56

    PubMed

  20. Laparoscopic definitive surgery for choledochal cyst is performed safely and effectively in infants 査読有り

    Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Okamoto Masamune, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Yasui Akihiro, Nakagawa Yoichi, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    JOURNAL OF MINIMAL ACCESS SURGERY   18 巻 ( 3 ) 頁: 372 - 377   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/jmas.JMAS_98_21

    Web of Science

    PubMed

  21. Long-term outcomes of the partial splenectomy for hypersplenism after portoenterostomy of patients with biliary atresia 査読有り

    Tainaka Takahisa, Hinoki Akinari, Tanaka Yujiro, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Oshima Kazuo, Amano Hizuru, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Uchida Hiroo

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 4 ) 頁: 765 - 771   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.4.765

    Web of Science

    PubMed

  22. Single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (SILPEC) for inguinal hernia with prolapsed ovary. 査読有り

    Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Amano H, Okamoto M, Takimoto A, Yasui A, Nakagawa Y, Hinoki A, Uchida H

    Surgical endoscopy     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    Background: Most studies reporting the outcomes of laparoscopic ovarian prolapsed hernia operations with large sample sizes are based on intracorporeal closure, while studies on extraperitoneal closure have limited sample sizes. We proactively used the single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (SILPEC) technique and obtained favorable outcomes, which we report in this paper. Methods: We retrospectively reviewed patients who had undergone laparoscopic surgery for inguinal hernia at our institution. They were retrospectively classified into two groups based on the pre- or intraoperative diagnosis of hernia with a prolapsed ovary, namely the prolapse group and the non-prolapse group, respectively. The data were statistically analyzed and p < 0.05 was considered statistically significant. Results: A total of 771 subjects underwent SILPEC during the study period, including 400 girls. Among them, 63 girls were diagnosed with an ovarian prolapsed hernia. SILPEC was successfully performed through a single port in all cases, with a single exception, in whom the forceps was inserted directly through the right lower quadrant to pull up the ovary. The duration of surgery in the prolapse group was not higher than that in the non-prolapse group. During the SILPEC surgery, the ovaries were successfully reverted into the abdominal cavity by external compression of the inguinal area alone in 38 of the 63 patients. In the remaining 25 cases, the ovaries were reverted into the abdominal cavity by external compression of the inguinal area and traction of the round ligament with forceps. None of these cases failed to return to the ovaries. Conclusion: Our study results indicate that SILPEC may be performed safely for the treatment of ovarian prolapsed inguinal hernia. Since the ovary and fallopian tube are close to the internal inguinal ring due to the short round ligament, the procedure requires careful suturing with traction of the round ligament.

    DOI: 10.1007/s00464-021-08777-4

    Scopus

    PubMed

  23. Factors associated with bleeding after endoscopic variceal ligation in children 査読有り

    Yokoyama Shinya, Ishizu Yoji, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Hinoki Akinari, Sumida Wataru, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Makita Satoshi, Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Fujishiro Mitsuhiro

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   63 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1229   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatrics International  

    Background: Endoscopic variceal ligation (EVL) is a widely accepted treatment for esophagogastric varices in patients with portal hypertension (PHT). It is used for urgent treatment and prophylactic treatment of esophagogastric varices in pediatric as well as adult patients. However, major life-threatening adverse events such as early rebleeding can occur. Although early rebleeding after EVL among children and adolescents has been reported, the risk factors remain obscure. This study evaluated the risk factors for early rebleeding after EVL in children and adolescents. Methods: The subjects were children and adolescents (<18 years) with PHT who underwent EVL for esophagogastric varices. Early rebleeding was defined as hematemesis, active bleeding, or blood retention in the stomach, confirmed by esophagogastroduodenoscopy from 2 h to 5 days after EVL. Results: A total of 50 EVL sessions on 22 patients were eligible for this study. There were four episodes of early rebleeding. No other major adverse event has occurred. Multivariate analysis showed that EVL implemented at cardiac varices just below the esophagogastric junction (EGJ), within 5 mm from the EGJ, is the independent factor for a higher risk of early rebleeding: odds ratio 18.2 (95% confidence interval: 1.40–237.0), P = 0.02. Conclusions: Children and adolescents who undergo EVL for cardiac varices just below the EGJ have a higher risk of early rebleeding than those who do not.

    DOI: 10.1111/ped.14614

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. SERUM MATRIX METALLOPROTEINASE-7 IN JAPANESE INFANTS WITH BILIARY ATRESIA 査読有り

    Mizuochi Tatsuki, Sakaguchi Hirotaka, Konishi Ken-Ichiro, Yasuda Ryosuke, Kinoshita Masahiro, Fukahori Suguru, Shoji Hiromichi, Yoshimaru Koichiro, Matsuura Toshiharu, Sanada Yukihiro, Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo, Sasaki Hideyuki, Iwama Itaru, Fujishiro Jun, Nio Masaki

    HEPATOLOGY   74 巻   頁: 1178A - 1178A   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. Late postoperative complications of congenital biliary dilatation in pediatric patients: a single-center experience of managing complications for over 20 years 査読有り

    Amano Hizuru, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Tanaka Yujiro, Hinoki Akinari, Kawashima Hiroki, Uchida Hiroo

    SURGERY TODAY   51 巻 ( 9 ) 頁: 1488 - 1495   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purpose: To investigate late complications after surgery for congenital biliary dilatation (CBD). Methods: We retrospectively reviewed the patients treated for late postoperative complications of extrahepatic bile duct resection with bilioenteric anastomosis for CBD at our hospital between 1999 and 2019. Results: Twenty-seven complications, including bile duct stenosis with (n = 19) or without (n = 3) hepatolithiasis, remnant intrapancreatic bile duct (n = 2), intestinal obstruction (n = 2), and refractory cholangitis (n = 1) were treated in 26 patients. The median age at radical surgery and the initial treatment of complications was 3 years, 2 months and 14 years, 5 months, respectively. The median period from radical surgery to initial treatment of complications was 7 years, 1 month. Before 2013, bile duct stenosis was initially treated with bile duct plasty (n = 11) or hepatectomy (n = 3), and 71.4% (n = 10) of patients needed further treatment; after 2013, double-balloon endoscopic retrograde cholangiography (DBERC) was used (n = 8), and 25% (n = 2) of patients needed further treatment. Patients with remnant intrapancreatic bile duct, intestinal obstruction, and refractory cholangitis required surgery. Conclusion: Long-term follow-up is necessary after surgery for congenital biliary dilatation. DBERC is thus considered to be useful for bile duct stenosis management.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02238-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. An imaging study on tracheomalacia in infants with esophageal atresia: the degree of tracheal compression by the brachiocephalic artery is a good indicator for therapeutic intervention 査読有り

    Sumida Wataru, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Yasui Akihiro, Okamoto Masamune, Nakagawa Yoichi, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    Purpose: Tracheomalacia (TM) is a frequent complication after esophageal atresia (EA) repair. This study aimed to review patients who underwent aortopexy for TM after EA repair and to compare their imaging features. Methods: The patients who underwent thoracoscopic EA repair and contrast-enhanced computed tomography (CECT) at our hospital between 2013 and 2020 were retrospectively reviewed. The ratio of the lateral and anterior–posterior diameter of the trachea (LAR) where the brachiocephalic artery (BCA) crosses the trachea was defined. The LAR of the patients who underwent CECT for asymptomatic pulmonary disease was set as a normal reference. The Z-score of each LAR was calculated and compared between the patients that did or did not undergo aortopexy. Results: A total of 51 patients represented the controls, 5 patients underwent aortopexy, and 12 patients were discharged without surgery. The mean LARs in the patients who underwent aortopexy, did not undergo aortopexy, and controls were 3.54, 1.54, and 1.15, respectively. The mean Z-score of the aortopexy group was 21.2. After successful aortopexy, each patient’s LAR decreased to < 1.5. Conclusion: Aortopexy was preferred if the trachea was compressed by the BCA. The LAR is a useful indicator for predicting the therapeutic effect of aortopexy.

    DOI: 10.1007/s00383-021-04985-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Urinary N-1,N-12-diacetylspermine as a biomarker for pediatric cancer: a case-control study 査読有り

    Yokota Kazuki, Hinoki Akinari, Hiramatsu Kyoko, Amano Hizuru, Kawamura Machiko, Kuwatsuka Yachiyo, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Okamoto Masamune, Takimoto Aitaro, Yasui Akihiro, Nakagawa Yoichi, Uchida Hiroo, Kawakita Masao

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    Purpose: Minimally invasive examinations are particularly important in pediatric patients. Although the significance of urinary N1,N12-diacetylspermine (DiAcSpm) as a tumor marker (TM) has been reported in many types of adult cancers, its usefulness in pediatric cancers has not been reported. This may be due to urinary DiAcSpm level variations with age. This study aims to measure the normal levels of urinary DiAcSpm in healthy individuals and investigate its usefulness as a TM in childhood cancer. Methods: Urinary samples were collected from pediatric patients with and without cancer. The urinary DiAcSpm levels were measured, and the values were compared. Results: A total of 32 patients with cancer and 405 controls were enrolled in the study. Of the 32 patients, 13 had neuroblastoma, 9 had malignant lymphoma (ML), and 10 had leukemia. In the control group, the urinary DiAcSpm values markedly fluctuated among those with young age, especially infants; meanwhile, the values converged among those aged roughly 10 years and above. The sensitivity of DiAcSpm was significantly different among the three types of cancers: neuroblastoma (30.8%), ML (77.8%), and leukemia (40%). Conclusion: The urinary DiAcSpm value is a useful TM for both screening and follow-up of ML.

    DOI: 10.1007/s00383-021-04987-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Comparative study of open and laparoscopic Kasai portoenterostomy in children undergoing living donor liver transplantation for biliary atresia 査読有り

    Takeda Masahiro, Sakamoto Seisuke, Uchida Hajime, Shimizu Seiichi, Yanagi Yusuke, Fukuda Akinari, Uchida Hiroo, Yamataka Atsuyuki, Kasahara Mureo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    Purpose: The effectiveness of laparoscopic Kasai portoenterostomy (Laparoscopic-KPE) for biliary atresia (BA) has been reported but remains controversial. We reviewed our own cases and cases described in previous studies of liver transplantation (LT) for BA after Laparoscopic-KPE to investigate the efficacy of Laparoscopic-KPE. Methods: Subjects were children of ≤ 2 years old with LT for BA after KPE who underwent Laparoscopic-KPE (n = 10) or Open-KPE (n = 115) between 2009 and 2020. Propensity score matching was performed to reduce the effect of treatment selection bias. The clinical data regarding the preoperative characteristics and surgical results were compared. Results: The rates of hypoplastic portal vein and retrograde portal vein flow were lower in the Laparoscopic-KPE group than in the Open-KPE group (0 vs. 40.0%, p = 0.02 and 0 vs. 35.0%, p = 0.04). There was no marked difference in the operation time or duration of hepatectomy. For portal vein reconstruction, a vein graft was not required in the Laparoscopic-KPE group (0 vs. 35.0%, p = 0.03). No patients in the Laparoscopic-KPE group developed portal vein complications or required re-laparotomy for bowel perforation or re-bleeding, in contrast to the Open-KPE group (0 vs. 15.0% and 0 vs. 10.0%, respectively). Conclusion: Laparoscopic-KPE may reduce postoperative complications that necessitate re-laparotomy in LT.

    DOI: 10.1007/s00383-021-04994-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Current thoracoscopic approach for mediastinal neuroblastoma in Japan-results from nationwide multicenter survey 査読有り

    Kawano Takafumi, Souzaki Ryota, Sumida Wataru, Shimojima Naoki, Hishiki Tomoro, Kinoshita Yoshiaki, Uchida Hiroo, Tajiri Tatsuro, Yoneda Akihiro, Oue Takaharu, Kuroda Tatsuo, Hirobe Seiichi, Koshinaga Tsugumichi, Hiyama Eiso, Nio Masaki, Inomata Yukihiro, Taguchi Tomoaki, Ieiri Satoshi

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    Background: Minimally invasive surgery (MIS) is appropriate for the treatment of some neuroblastomas (NBs); however, the indications and technical issues are unclear. This study aimed to clarify the current status of MIS for mediastinal NB in Japan. Methods: Preliminary questionnaires requesting the numbers of neuroblastoma cases in which MIS was performed from 2004 to 2016 were sent to 159 Japanese institutes of pediatric surgery. Secondary questionnaires were sent to institutions with MIS cases to collect detailed data. Results: One hundred thirty-four (84.2%) institutions returned the preliminary questionnaire and 83 institutions (52.2%) reported a total of 1496 operative cases. MIS was performed for 175 (11.6%) cases. Among the 175 cases, completed forms of 140 patients were returned and 40 (male, n = 28; female, n = 12) cases had mediastinal NB. Fourteen patients received thoracoscopic biopsy, none were converted to thoracotomy. Twenty-eight patients received MIS for radical resection, none were converted to thoracotomy. Perioperative complications (Horner’s syndrome) were recognized after radical resection in one (2.5%) case. Conclusions: MIS was performed in a limited number of mediastinal NB cases. A thoracoscopic approach would be feasible for mediastinal NB.

    DOI: 10.1007/s00383-021-04998-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Clinical characteristics and outcomes of the right congenital diaphragmatic hernia compared to the left: a 10-year single-center experience 査読有り

    Okamoto Masamune, Amano Hizuru, Uchida Hiroo, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Yasui Akihiro, Nakagawa Yoichi

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    Purpose: The features of right-sided congenital diaphragmatic hernias (RCDHs) are quite different from those of left-sided CDHs (LCDHs). We have summarized the features of RCDHs experienced in our institution. Methods: This retrospective study analyzed the cases of patients with CDH registered at our institution between 2011 and 2020. Defects on each side were compared based on prenatal diagnosis, medical treatment, type of surgery, and outcomes. Results: A total of 101 patients underwent surgery at our institution during the neonatal period, and 11 had RCDHs. RCDHs and LCDHs were significantly different in terms of extracorporeal membrane oxygenation (36% vs. 6%, p = 0.002), patch repair (81% vs. 28%, p < 0.001), recurrence rate (36% vs. 11%, p = 0.022), and length of hospital stay (117 days vs. 51 days, p = 0.012). The severity of the fetal diagnosis did not reflect postnatal severity. All patients with RCDH survived to discharge, and there was no significant difference in survival rate between the right and left sides. Conclusion: Neonates with RCDH required more intensive treatments; however, the survival rate was comparable between RCDH and LCDH. RCDH was significantly different from LCDH and an optimal treatment strategy for RCDHs should be established.

    DOI: 10.1007/s00383-021-04999-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Double common bile duct associated with pancreaticobiliary maljunction 査読有り

    Yamada Kenta, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Iida Tadashi, Suzuki Hirotaka, Uetsuki Kota, Yashika Jun, Yoshikawa Masakatsu, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Uchida Hiroo, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 3 ) 頁: 655 - 661   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    A 45-year-old female was admitted to the hospital with a diagnosis of acute pancreatitis. A computed tomography scan showed two extrahepatic bile ducts. Magnetic resonance cholangiopancreatography suggested a stone in one of the bile ducts. Endoscopic retrograde cholangiopancreatography revealed two extrahepatic bile ducts joining at the hilum of the liver accompanied with pancreaticobiliary maljunction. Sphincterotomy was performed and a protein plug was drained from the bile duct. Several treatment options were discussed, and the patient was treated with laparoscopic cholecystectomy without extrahepatic bile duct resection and planned to be followed up considering the risk of carcinogenesis in the bile ducts.

    DOI: 10.18999/nagjms.83.3.655

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Development of a novel diagnostic system for bile duct cancer using urinary metabolites. 査読有り

    Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Yokota Kazuki, Ishigaki Takashi, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Terui Yasushi, Oda Hirohisa, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Okamoto Masamune, Yasui Akihiro, Nakagawa Yoichi

    CANCER RESEARCH   81 巻 ( 13 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  33. A patient with very early onset FH-deficient renal cell carcinoma diagnosed at age seven 査読有り

    Taniguchi Rieko, Muramatsu Hideki, Okuno Yusuke, Yoshida Taro, Wakamatsu Manabu, Hamada Motoharu, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Gotoh Yoshimitsu, Tsuzuki Toyonori, Tanaka Yukichi, Kojima Seiji, Uchida Hiroo, Takahashi Yoshiyuki

    FAMILIAL CANCER     2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Familial Cancer  

    Hereditary leiomyomatosis and renal cell cancer (HLRCC) is caused by heterozygous germline variants in the fumarate hydratase (FH) gene and is associated with increased susceptibility to cutaneous leiomyomas, uterine leiomyomas, and renal cell carcinoma (RCC). HLRCC-associated RCC usually occurs in the middle age, with the median age being 40–44 years. This report describes a seven-year-old (84-month-old) male who developed a large right kidney tumor with multiple cystic lesions that contained enhanced solid components. There was no evidence of distant metastasis. The male patient underwent right nephrectomy and has been recovering well without metastasis or recurrence. Pathological examination revealed that tumor cells with relatively prominent nucleoli and surrounded by halos, were located in a limited area. Immunohistochemical staining was negative for FH. Whole-exome sequencing identified his germline variant in the FH gene and its loss of heterozygosity in the tumor. At nine years (114 months) of age, the male patient showed no recurrence of the tumor. This was the youngest-onset case of HLRCC-associated RCC to date. This report may affect the starting age for future RCC-surveillance programs for patients with HLRCC.

    DOI: 10.1007/s10689-021-00268-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Laparoscopic approach for abdominal neuroblastoma in Japan: results from nationwide multicenter survey 査読有り

    Kawano Takafumi, Souzaki Ryota, Sumida Wataru, Ishimaru Tetsuya, Fujishiro Jun, Hishiki Tomoro, Kinoshita Yoshiaki, Kawashima Hiroshi, Uchida Hiroo, Tajiri Tatsuro, Yoneda Akihiro, Oue Takaharu, Kuroda Tatsuo, Koshinaga Tsugumichi, Hiyama Eiso, Nio Masaki, Inomata Yukihiro, Taguchi Tomoaki, Ieiri Satoshi

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES     2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    Background: Some neuroblastoma (NB) cases are suitable for minimally invasive surgery (MIS), but indication and technical issue are unclear. We assessed the current status of MIS for abdominal NB after mass screening period in Japan. Methods: Preliminary questionnaires requesting the numbers of NB cases that underwent MIS from 2004 to 2016 were sent to 159 Japanese institutes of pediatric surgery. The secondary questionnaires were then sent to the institutions that reported MIS cases of NB in order to collect detailed data. Results: One hundred and thirty-four (84.2%) institutions responded to the preliminary questionnaires, and 83 (52.2%) reported managing operative cases. The total number of operative cases was 1496. MIS was performed for 175 (11.6%) cases, of which the completed forms of 140 patients were returned, including 100 abdominal NB cases. The male/female ratio was 51/49. Forty-seven cases underwent a laparoscopic biopsy, and 2 (4.3%) cases were converted to laparotomy due to bleeding. Sixty-five cases underwent MIS for radical resection, and 7 (10.8%) were converted to laparotomy. The reasons for open conversion were bleeding and severe adhesion. Regarding open conversion, there were no significant relationships between conversion and neo-adjuvant chemotherapy, biopsies, stage, size, or MYCN amplification. We found no relationship between resectability and vascular encasement in this study. There was relationship between the resected tumor size and the patients’ height, which was expressed using the following formula: y= 0.0316 x+ 1.4812 (x, patients height, y, tumor size; p = 0.004219, SE: 1.55566). Postoperative complications after radical resection were recognized in 7 (10.8%) cases. Conclusions: MIS was performed in limited cases of abdominal NB. A laparoscopic biopsy with careful attention to bleeding is feasible. The resected tumor size was shown to correlate with the patients’ height. Tumor size within 6 cm of maximum diameter can be resected safely.

    DOI: 10.1007/s00464-021-08599-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  35. Postoperative intestinal obstruction in patients with biliary atresia impedes biliary excretion and results in subsequent liver transplantation (vol 37, pg 229, 2021) 査読有り

    Takimoto Aitaro, Sumida Wataru, Amano Hizuru, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Yasui Akihiro, Kanou Yoko, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   37 巻 ( 6 ) 頁: 835 - 835   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    A correction to this paper has been published: https://doi.org/10.1007/s00383-021-04873-7.

    DOI: 10.1007/s00383-021-04873-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. NOVEL BIOMARKER DISCOVERY FOR CHILDHOOD RHABDOMYOSARCOMA USING URINARY METABOLITES 査読有り

    Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Yokota Kazuki, Ishigaki Takashi, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Terui Yasushi, Oda Hirohisa, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Okamoto Masamune, Yasui Akihiro, Nakagawa Yoichi

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   68 巻   頁: S46 - S46   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  37. Double-balloon endoscopic retrograde cholangiography can make a reliable diagnosis and good prognosis for postoperative complications of congenital biliary dilatation 査読有り

    Shirota Chiyoe, Kawashima Hiroki, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Takimoto Aitaro, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 11052   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Bile duct and anastomotic strictures and intrahepatic stones are common postoperative complications of congenital biliary dilatation (CBD). We performed double-balloon endoscopic retrograde cholangiography (DBERC) for diagnostic and therapeutic purposes after radical surgery. We focused on the effectiveness of DBERC for the treatment of postoperative complications of CBD patients. Bile duct and anastomotic strictures and intrahepatic stones are common postoperative complications of congenital biliary dilatation (CBD). We performed double-balloon endoscopic retrograde cholangiography (DBERC) for diagnostic and therapeutic purposes after radical surgery. We focused on the effectiveness of DBERC for the treatment of postoperative complications of CBD patients. This retrospective study included 28 patients who underwent DBERC (44 procedures) after radical surgery for CBD between January 2011 and December 2019. Strictures were diagnosed as “bile duct strictures” if endoscopy confirmed the presence of bile duct mucosa between the stenotic and anastomotic regions, and as “anastomotic strictures” if the mucosa was absent. The median patient age was 4 (range 0–67) years at the time of primary surgery for CBD and 27.5 (range 8–76) years at the time of DBERC. All anastomotic strictures could be treated with only by 1–2 courses of balloon dilatation of DBERC, while many bile duct strictures (41.2%) needed ≥ 3 treatments, especially those who underwent operative bile duct plasty as the first treatment (83.3%). Although the study was limited by the short follow-up period after DBERC treatment, DBERC is recommended as the first-line treatment for hepatolithiasis associated with biliary and anastomotic strictures in CBD patients, and it can be safely performed multiple times.

    DOI: 10.1038/s41598-021-90550-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. Urinary biomarkers for monitoring treatment response in neuroblastoma patients. 査読有り

    Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Yokota Kazuki, Ishigaki Takashi, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Takahashi Yoshiyuki, Narita Atsushi, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Yasui Akihiro, Okamoto Masamune, Nakagawa Yoichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   39 巻 ( 15 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2021.39.15_suppl.e22008

    Web of Science

  39. 手術経験数による腹腔鏡下胆道閉鎖症手術成績の検討 査読有り

    藏野 結衣, 城田 千代栄, 檜 顕成, 田井中 貴久, 住田 亙, 横田 一樹, 牧田 智, 滝本 愛太朗, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   57 巻 ( 3 ) 頁: 596 - 599   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>【目的】腹腔鏡下胆道閉鎖症手術(腹腔鏡下肝門部空腸吻合術)の執刀を熟練した術者に限定する必要性の有無を明らかにすることを目的として,自施設での治療成績を後方視的に検討した.</p><p>【方法】2014年4月から2018年8月の期間中,胆道閉鎖症に対して当院で腹腔鏡下肝門部空腸吻合術を施行した35例を対象とした.腹腔鏡下肝門部空腸吻合術を5例以上経験した術者が執刀した患者(A群:12例)と執刀経験4例以下の術者が執刀した患者(B群:23例)とに分類し,手術,術後経過と術後6か月,1年,2年の各時点における無黄疸自己肝生存についてそれぞれ統計学的解析を行い比較,検討した.</p><p>【結果】A群とB群で手術日齢,体重,出血量,ドレーン抜去時期,経口開始時期に有意差は認められなかったが,手術時間はA群が有意に短かった(<i>p</i>=0.0049).無黄疸自己肝生存率は術後6か月(A群58.3%,B群60.9%,<i>p</i>=0.506),術後1年(A群66.7%,B群65.2%,<i>p</i>=0.932),術後2年(A群58.3%,B群56.5%,<i>p</i>=0.918)でいずれの時点でも有意差は認められなかった.</p><p>【結論】今回の検討では,腹腔鏡下胆道閉鎖症手術に熟練した術者の指導の下では,執刀経験量による減黄率の有意な差は認められなかった.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.57.3_596

    CiNii Research

  40. A Japanese prospective multicenter study of urinary oxysterols in biliary atresia 査読有り

    Konishi Ken-ichiro, Mizuochi Tatsuki, Takei Hajime, Yasuda Ryosuke, Sakaguchi Hirotaka, Ishihara Jun, Takaki Yugo, Kinoshita Masahiro, Hashizume Naoki, Fukahori Suguru, Shoji Hiromichi, Miyano Go, Yoshimaru Koichiro, Matsuura Toshiharu, Sanada Yukihiro, Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo, Kubo Yumiko, Tanaka Hiromu, Sasaki Hideyuki, Murai Tsuyoshi, Fujishiro Jun, Yamashita Yushiro, Nio Masaki, Nittono Hiroshi, Kimura Akihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 4986   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Diagnosis of biliary atresia (BA) can involve uncertainties. In the present prospective multicenter study, we considered whether urinary oxysterols represent a useful marker for diagnosis of BA in Japanese children. Subjects under 6 months old at 7 pediatric centers in Japan were prospectively enrolled, including patients with cholestasis and healthy controls (HC) without liver disease. Patients with cholestasis constituted 2 groups representing BA patients and others with cholestasis from other causes (non-BA). We quantitatively analyzed 7 oxysterols including 4β-, 20(S)-, 22(S)-, 22(R)-, 24(S)-, 25-, and 27-hydroxycholesterol by liquid chromatography/electrospray ionization-tandem mass spectrometry. Enrolled subjects included 14 with BA (median age 68 days; range 26–170) and 10 non-BA cholestatic controls (59; 14–162), as well as 10 HC (57; 25–120). Total urinary oxysterols were significantly greater in BA (median, 153.0 μmol/mol creatinine; range 24.1–486.7; P < 0.001) and non-BA (36.2; 5.8–411.3; P < 0.05) than in HC (2.7; 0.8–7.6). In patients with BA, urinary 27-hydroxycholesterol (3.61; 0.42–11.09; P < 0.01) was significantly greater than in non-BA (0.71; 0–5.62). In receiver operating characteristic (ROC) curve analysis for distinguishing BA from non-BA, the area under the ROC curve for urinary 27-hydroxycholesterol was 0.83. In conclusion, this first report of urinary oxysterol analysis in patients with BA indicated that 27-hydroxycholesterol may be a useful marker for distinguishing BA from other causes of neonatal cholestasis.

    DOI: 10.1038/s41598-021-84445-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  41. Identification of novel neuroblastoma biomarkers in urine samples 査読有り

    Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Hinoki Akinari

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 4055   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Urine is a complex liquid containing numerous small molecular metabolites. The ability to non-invasively test for cancer biomarkers in urine is especially beneficial for screening child patients. This study attempted to identify neuroblastoma biomarkers by comprehensively analysing urinary metabolite samples from children. A total of 87 urine samples were collected from 54 participants (15 children with neuroblastoma and 39 without cancer) and used to perform a comprehensive analysis. Urine metabolites were extracted using liquid chromatography/mass spectrometry and analysed by Metabolon, Inc. Biomarker candidates were extracted using the Wilcoxon rank sum test, random forest method (RF), and orthogonal partial least squares discriminant analysis (OPLS-DA). RF identified three important metabolic pathways in 15 samples from children with neuroblastoma. One metabolite was selected from each of the three identified pathways and combined to create a biomarker candidate (3-MTS, CTN, and COR) that represented each of the three pathways; using this candidate, all 15 cases were accurately distinguishable from the control group. Two cases in which known biomarkers were negative tested positive using this new biomarker. Furthermore, the predictive value did not decrease in cases with a low therapeutic effect. This approach could be effectively applied to identify biomarkers for other cancer types.

    DOI: 10.1038/s41598-021-83619-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Risk factors and outcomes of bile leak after laparoscopic surgery for congenital biliary dilatation 査読有り 国際誌

    Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   37 巻 ( 2 ) 頁: 235 - 240   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04791-0

    Web of Science

  43. Thoracoscopic surgery for congenital lung cysts: an attempt to limit pulmonary resection in cases of lesions involving multiple lobes 査読有り 国際誌

    Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Ono Yasuyuki, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   37 巻 ( 2 ) 頁: 213 - 221   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04793-y

    Web of Science

  44. Usefulness of web search queries for early detection of diseases in infants 査読有り

    Yamaguchi Shuji, Hinoki Akinari, Tsubouchi Kota, Amandu Hizuru, Tajima Akira, Uchida Hiroo

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 1 ) 頁: 107 - 111   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    Early detection of diseases is critical in infants. This study evaluates the usefulness of web searches in predicting diseases in order to encourage guardians to consult a doctor promptly if their children are ill. We collected six months of search queries from Yahoo! JAPAN Search between October 2016 and March 2017. Using a machine learning model, we investigated the accuracy of the search query’s ability to predict the diagnosis of biliary atresia and hypertrophic pyloric stenosis. Both diseases were modeled with an accuracy of approximately 80&, and symptoms related to the disease were significant features in the model. These findings suggest the possibility of detecting diseases from web search queries performed by guardians. Through future research, we intend to propose a method that uses web search queries for early detection of these diseases by providing appropriate and timely information to support the guardians of patients.

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.107

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  45. 腹壁破裂を合併した結腸閉鎖症に対して,器械吻合による一期的結腸吻合後sutureless腹壁閉鎖を施行した1例 査読有り

    千馬 耕亮, 田中 裕次郎, 城田 千代栄, 田井中 貴久, 住田 亙, 横田 一樹, 大島 一夫, 牧田 智, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   57 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 26   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は36週4日,2,370 gで出生した腹壁破裂の女児.出生後,脱出した腸管を確認すると結腸閉鎖を合併していた.その口側盲端にはpinholeがあいていたが腹腔内の汚染はなく,一旦サイロ造設し翌日結腸閉鎖に対する手術を施行した.腸管を洗浄しながら癒着剥離を行い結腸閉鎖部の口側・肛門側を確認し,血流の十分ある部分で自動縫合器による機能的端々吻合を行った.腸管は浮腫が強く腹腔内に還納できなかったため,再度サイロを造設して手術を終了した.その後1週間かけて腸管を腹腔内に還納し,第9生日にsutureless法で腹壁閉鎖を行った.術後経過は良好で,第19生日にfull feedingとなり,第32生日に退院した.結腸閉鎖合併腹壁破裂症例では人工肛門造設が一般的であるが,自動縫合器を用いることで口径差を気にせず吻合を行うことができるため,有効な方法と考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.57.1_22

  46. 胆管穿孔をきたした先天性胆道拡張症に対して,腹腔鏡下に一期的根治術を施行した1例 査読有り

    石井 宏樹, 牧田 智, 安井 昭洋, 滝本 愛太朗, 横田 一樹, 住田 亙, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   57 巻 ( 5 ) 頁: 855 - 859   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は1歳9か月女児,嘔吐と発熱を主訴に前医受診,先天性胆道拡張症の診断で入院となった.入院6日目に胆道穿孔が明らかになり当科に転院し,緊急手術を行った.手術では総胆管と胆囊管合流部に約2 cm大の穿孔部を認めた.胆道ドレナージや穿孔部の修復は極めて困難であり,腹腔鏡下に一期的根治術を施行した.また,肝門部の左右胆管に強い膜様狭窄を認め胆管形成も施行した.合併症なく経過し,術後10日目に軽快退院となった.胆道穿孔をきたした先天性胆道拡張症に対する治療は二期的手術が推奨されている.一方,近年は一期的根治術が有用であるという報告が散見されるが,ほとんどは開腹手術である.今回,我々は腹腔鏡下に一期的根治術を施行した1例を経験した.胆道穿孔症例でも,腹腔鏡下胆道拡張症手術に習熟した施設において,全身状態が良好な症例であれば腹腔鏡下での一期的手術は有用であると考える.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.57.5_855

  47. Intestinal region reconstruction of ileus cases from 3D CT images based on graphical representation and its visualization 査読有り

    Oda Hirohisa, Hayashi Yuichiro, Kitasaka Takayuki, Tamada Yudai, Takimoto Aitaro, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Suzuki Kojiro, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2021: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   11597 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    This paper proposes an intestinal region reconstruction method from CT volumes of ileus cases. Binarized intestine segmentation results often contain incorrect contacts or loops. We utilize the 3D U-Net to estimate the distance map, which is high only at the centerlines of the intestines, to obtain regions around the centerlines. Watershed algorithm is utilized with local maximums of the distance maps as seeds for obtaining "intestine segments". Those intestine segments are connected as graphs, for removing incorrect contacts and loops and to extract "intestine paths", which represent how intestines are running. Experimental results using 19 CT volumes showed that our proposed method properly estimated intestine paths. These results were intuitively visualized for understanding the shape of the intestines and finding obstructions.

    DOI: 10.1117/12.2581261

    Web of Science

    Scopus

  48. 先天性胆道拡張症の晩期合併症についての検討 査読有り

    城田 千代栄, 天野 日出, 檜 顕成, 住田 亙, 横田 一樹, 牧田 智, 岡本 眞宗, 滝本 愛太朗, 安井 昭洋, 高田 瞬也, 中川 洋一, 前田 拓也, 内田 広夫

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   44 巻 ( 0 ) 頁: 50 - 51   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本膵・胆管合流異常研究会  

    DOI: 10.34410/jspbm.44.0_50

    CiNii Research

  49. Intestine Segmentation with Small Computational Cost for Diagnosis Assistance of Ileus and Intestinal Obstruction. 査読有り

    Hirohisa Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Aitaro Takimoto, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Clinical Image-Based Procedures, Distributed and Collaborative Learning, Artificial Intelligence for Combating COVID-19 and Secure and Privacy-Preserving Machine Learning - 10th Workshop, CLIP 2021, Second Workshop, DCL 2021, First Workshop, LL-COVID19 2021, and First Workshop and Tutorial, PPML 2021, Held in Conjunction with MICCAI 2021, Strasbourg, France, September 27 and October 1(CLIP/DCL/LL-COVID19/PPML@MICCAI)     頁: 3 - 12   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-90874-4_1

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/clip-ws/clip2019.html#OdaHKTHUSOM21

  50. 先天性胆道拡張症において術前MRI 画像による胆管狭窄部位の予測と術中胆管形成の検討 査読有り

    中川 洋一, 内田 広夫, 檜 顕成, 城田 千代栄, 住田 亙, 横田 一樹, 牧田 智, 岡本 眞宗, 滝本 愛太朗, 安井 昭洋, 高田 舜也, 前田 拓也

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   44 巻 ( 0 ) 頁: 72 - 73   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本膵・胆管合流異常研究会  

    DOI: 10.34410/jspbm.44.0_72

    CiNii Research

  51. A novel Lugol's iodine staining technique to visualize the upper margin of the surgical anal canal intraoperatively for Hirschsprung disease: a case series 査読有り 国際誌

    Yokota Kazuki, Amano Hizuru, Kudo Toyoki, Yamamura Takeshi, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Nakamura Masanao, Fujishiro Mitsuhiro, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    BMC SURGERY   20 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-020-00986-3

    Web of Science

  52. URINARY OXYSTEROLS IN BILIARY ATRESIA: A PROSPECTIVE MULTICENTER STUDY IN JAPAN 査読有り

    Konishi Ken-ichiro, Mizuochi Tatsuki, Takei Hajime, Yesuda Ryosuke, Sakaguchi Hirotaka, Ishihara Jun, Takaki Yugo, Kinoshita Masahiro, Hashizume Naoki, Fukahori Suguru, Shoji Hiromichi, Miyano Go, Yoshimaru Koichiro, Matsuura Toshiharu, Sanada Yukihiro, Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo, Kubo Yumiko, Tanaka Hiromu, Sasaki Hideyuki, Murai Tsuyoshi, Fujishiro Jun, Yamashita Yushiro, Nio Masaki, Nittono Hiroshi, Kimura Akihiko

    HEPATOLOGY   72 巻   頁: 224A - 225A   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  53. Safe diagnostic management of malignant mediastinal tumors in the presence of respiratory distress: a 10-year experience 査読有り 国際誌

    Tanaka Tomoko, Amano Hizuru, Tanaka Yujiro, Takahashi Yoshiyuki, Tajiri Tatsuro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Tani Yukiko, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    BMC PEDIATRICS   20 巻 ( 1 )   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-020-02183-w

    Web of Science

  54. Clinical characteristics and surgical outcomes of retroperitoneal tumors: a comprehensive data collection from multiple departments 査読有り 国際誌

    Sassa Naoto, Yokoyama Yukihiro, Nishida Yoshihiro, Yamada Suguru, Uchida Hiroo, Kajiyama Hiroaki, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Gotoh Momokazu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 5 ) 頁: 929 - 936   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01620-1

    Web of Science

  55. Intestinal flow after anastomotic operations in neonates 査読有り 国際誌

    Ito Yasumasa, Asato Koichiro, Cho Inhyeok, Sakai Yasuhiko, Iwano Koji, Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo

    COMPUTERS IN BIOLOGY AND MEDICINE   118 巻   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compbiomed.2019.103471

    Web of Science

  56. Novel zinc alloys for biodegradable surgical staples 査読有り 国際誌

    Amano Hizuru, Miyake Koichi, Hinoki Akinari, Yokota Kazuki, Kinoshita Fumie, Nakazawa Atsuko, Tanaka Yujiro, Seto Yasuhiro, Uchida Hiroo

    WORLD JOURNAL OF CLINICAL CASES   8 巻 ( 3 ) 頁: 504 - 516   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  57. 術中膵管損傷に対して内視鏡的に膵管ステントを挿入した1例 査読有り

    城田 千代栄, 檜 顕成, 内田 広夫, 田井中 貴久, 住田 亙, 横田 一樹, 牧田 智, 天野 日出, 滝本 愛太朗, 安井 昭洋, 石井 宏樹

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   43 巻 ( 0 ) 頁: 84 - 85   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本膵・胆管合流異常研究会  

    DOI: 10.34410/jspbm.43.0_84

  58. 小児腹腔鏡手術における肝内胆管形成術 査読有り

    田井中 貴久, 内田 広夫, 城田 千代栄, 住田 亙, 横田 一樹, 牧田 智, 滝本 愛太朗, 安井 昭洋, 石井 宏樹, 檜 顕成

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   43 巻 ( 0 ) 頁: 36 - 36   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本膵・胆管合流異常研究会  

    DOI: 10.34410/jspbm.43.0_36

  59. Visualizing intestines for diagnostic assistance of ileus based on intestinal region segmentation from 3D CT images 査読有り

    Oda Hirohisa, Nishio Kohei, Kitasaka Takayuki, Amano Hizuru, Takimoto Aitaro, Uchida Hiroo, Suzuki Kojiro, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2020: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   11314 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    This paper presents a visualization method of intestine (the small and large intestine) regions and their stenosed parts caused by ileus from CT volumes. Since it is difficult for non-expert clinicians to find stenosed parts, the intestine and its stenosed parts should be visualized intuitively. Furthermore, the intestine regions of ileus cases are quite hard to be segmented. The proposed method segments intestine regions by 3D FCN (3D U-Net). Intestine regions are quite difficult to be segmented in ileus cases since the inside the intestine is filled with liquids. These liquids have similar intensities with intestinal wall on 3D CT volumes. We segment the intestine regions by using 3D U-Net trained by a weak annotation approach. Weak-annotation makes possible to train the 3D U-Net with small manually-traced label images of the intestine. This avoids us to prepare many annotation labels of the intestine that has long and winding shape. Each intestine segment is volume-rendered and colored based on the distance from its endpoint in volume rendering. Stenosed parts (disjoint points of an intestine segment) can be easily identified on such visualization. In the experiments, we showed that stenosed parts were intuitively visualized as endpoints of segmented regions, which are colored by red or blue.

    DOI: 10.1117/12.2548910

    Web of Science

    Scopus

  60. Identification and Validation of Novel Non-invasive Biomarkers in Patient Urine Samples for Diagnosis of New and Recurrent Neuroblastoma 査読有り 国際誌

    Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Hinoki Akinari, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Inada Kosuke

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   66 巻   頁: S106 - S106   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  61. Biodegradable Surgical Staple Composed of Magnesium Alloy.

    Amano H, Hanada K, Hinoki A, Tainaka T, Shirota C, Sumida W, Yokota K, Murase N, Oshima K, Chiba K, Tanaka Y, Uchida H

    Scientific reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 14671   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-51123-x

    PubMed

  62. Efficacy of and prognosis after steroid pulse therapy in patients with poor reduction of jaundice after laparoscopic Kasai portoenterostomy

    Tanaka Yujiro, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Tanaka Tomoko, Tani Yukiko, Chiba Kosuke, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   35 巻 ( 10 ) 頁: 1059-1063   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-019-04537-7

    Web of Science

    PubMed

  63. Therapeutic strategy for thoracoscopic repair of esophageal atresia and its outcome

    Shirota Chiyoe, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Oshima Kazuo, Tanaka Tomoko, Tani Yukiko, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   35 巻 ( 10 ) 頁: 1071-1076   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-019-04541-x

    Web of Science

    PubMed

  64. NON-INVASIVE SCREENING FOR DETECTING ESOPHAGOGASTRIC VARICES IN CHILDREN WITH BILIARY ATRESIA 査読有り 国際誌

    Yokoyama Shinya, Ishigami Masatoshi, Honda Takashi, Kuzuya Teiji, Ishizu Yoji, Ito Takanori, Shirota Chiyoe, Uchida Hiroo, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY   70 巻   頁: 200A - 200A   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  65. Spaciousness Filters for Non-contrast CT Volume Segmentation of the Intestine Region for Emergency Ileus Diagnosis

    Hirohisa Oda, Kohei Nishio, Takayuki Kitasaka, Benjamin Villard, Hizuru Amano, Kosuke Chiba, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    MICCAI 2019   LNCS 11840 巻   頁: 104-114   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  66. Laparoscopic Kasai portoenterostomy is advantageous over open Kasai portoenterostomy in subsequent liver transplantation.

    Shirota C, Murase N, Tanaka Y, Ogura Y, Nakatochi M, Kamei H, Kurata N, Hinoki A, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Oshima K, Uchida H

    Surgical endoscopy     2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-019-07108-y

    PubMed

  67. Spleen stiffness by 2-D shear wave elastography is the most accurate predictor of high-risk esophagogastric varices in children with biliary atresia.

    Yokoyama S, Ishigami M, Honda T, Kuzuya T, Ishizu Y, Ito T, Hirooka Y, Tanaka Y, Tainaka T, Shirota C, Chiba K, Uchida H, Fujishiro M

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology     2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13381

    PubMed

  68. Relationship between Contact Pressure and Motion Artifacts in ECG Measurement with Electrostatic Flocked Electrodes Fabricated on Textile

    Takeshita Toshihiro, Yoshida Manabu, Takei Yusuke, Ouchi Atsushi, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Kobayashi Takeshi

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 5897   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-42027-x

    Web of Science

    PubMed

  69. Multicenter, retrospective, comparative study of laparoscopic and open Kasai portoenterostomy in children with biliary atresia from Japanese high-volume centers

    Murase Naruhiko, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Tomita Hirofumi, Shimojima Naoki, Sasaki Hideyuki, Nio Masaki, Tahara Kazunori, Kanamori Yutaka, Shinkai Masato, Yamamoto Hirotoshi, Sugawara Yasuhiko, Hibi Taizo, Ishimaru Tetsuya, Kawashima Hiroshi, Koga Hiroyuki, Yamataka Atsuyuki, Uchida Hiroo

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   26 巻 ( 1 ) 頁: 43-50   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.594

    Web of Science

    PubMed

  70. 静電植毛技術を用いた心電図測定用立体ドライ電極の作製と応用 査読有り

    竹下 俊弘, 吉田 学, 竹井 裕介, 大内 篤, 檜 顕成, 内田 広夫, 小林 健

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集   33 巻 ( 0 ) 頁: 13A2-01   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人エレクトロニクス実装学会  

    <p>心電図モニタリング用のドライ電極の開発を行った。ドライ電極を用いた心電図モニタリングにおいての課題は皮膚-電極間の安定した接触である。我々は立体構造の樹脂に銀メッキ加工を施した繊維を静電植毛することにより、体の形状に沿った形状であり、皮膚-電極間の安定した接触を実現した、ドライ電極の作製を行った。また作製したドライ電極を用いて心電図モニタリングウェアを作製し、医療的意義のある心電図測定に成功した。</p>

    DOI: 10.11486/ejisso.33.0_13a2-01

    CiNii Research

  71. 内視鏡外科手術における熟練医の追体験トレーニングシステムとその評価 査読有り

    安藤 英由樹, 坂井 義治, 小濱 和貴, 内田 広夫, 出家 亨一, 松田 公志, 吉田 健志, 早石 直広

    生体医工学   57 巻 ( 0 ) 頁: S198_1 - S198_1   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    <p>腹腔鏡手術は低侵襲性であることから普及が進んでいる。しかしながら、カメラを通じた状況把握、ポート留置部を支点とするため移動方向が手の動きと逆になる腹腔鏡用鉗子の利用など、手術の難易度が高く、習得に時間がかかることことから熟練者不足が問題となっている。また熟練医の不足は修練者のための教育に当てる時間も不足するという悪循環を生んでいる。従って、熟練者を短期間で養成し増やすための術式教育そのものが重要な課題である。本研究では、内視鏡外科手術は術野像がモニタによって同じ視野が「共有される」という特性を利用して、段階的な学習ステップに応じた、熟練者の適切かつスムースな動きを修練者が追体験することで、非言語的なスキルの伝達を行い、効果的なトレーニングを行うシステムである「追いトレ」を用いた場合の効果について、妥当性、効果の範囲、適応可能な範囲を明らかし、製品化・実用化・普及を実現するエビデンスを獲得するために、様々な内視鏡外科分野で十分な検証実験を踏まえたデータ取得とデータ解析を行なうことを目的とした。</p>

    DOI: 10.11239/jsmbe.Annual57.S198_1

  72. Nuss procedure for patients with pectus excavatum with a history of intrathoracic surgery.

    Takanari K, Toriyama K, Kambe M, Nakamura Y, Uchibori T, Ebisawa K, Shirota C, Tainaka T, Uchida H, Kamei Y

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS     2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2018.12.027

    PubMed

  73. Air test as a simple method of screening for Hirschsprung's disease

    Sumida W., Uchida H., Ono Y., Tanaka Y., Tainaka T., Shirota C., Yokota K., Oshima K., Chiba K.

    CLINICAL RADIOLOGY   73 巻 ( 12 ) 頁: 1041-1045   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.crad.2018.08.008

    Web of Science

  74. A new laparoscopic triangle fixation technique for gastrostomy: a safe and effective procedure for reduction of the wound infection rate 査読有り

    Fujiogi Michimasa, Tanaka Yujiro, Amano Hizuru, Deie Kyoichi, Suzuki Keisuke, Kawashima Hiroshi, Murase Naruhiko, Uchida Hiroo

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 4 ) 頁: 497 - 503   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    Gastrostomy is often performed with fundoplication in handicapped children. We devised a new laparoscopic triangle fixation technique for gastrostomy. In this study, 100 patients underwent gastrostomy with fundoplication between January 2008 and January 2016. We retrospectively reviewed the early postoperative results between the new laparoscopic procedure (NLP) group (n = 63) and conventional procedure (CP) group (n = 37). In the CP, the gastrostomy tube was inserted with a purse-string ligature at the gastric wall, and the gastric wall was sutured to the peritoneum under a small laparotomy. In NLP, three sutures were placed on the gastric wall, forming the three sides of a triangle, and the tube was inserted into the center of the triangle. The ends of each suture were pulled directly through the abdominal wall using a laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure needle to join the gastric wall and peritoneum. Both groups showed no significant differences in age, body weight, and external leakage rate. The wound infection rate was significantly lower in the NLP group. In conclusions, the NLP is straightforward and can achieve firm fixation between the stomach and abdominal wall by suturing in the form of a triangle. The NLP was associated with a lower complication rate, especially concerning infection.

    DOI: 10.18999/nagjms.80.4.497

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  75. Indications for total esophagogastric dissociation in children with gastroesophageal reflux disease

    Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo

    SURGERY TODAY   48 巻 ( 11 ) 頁: 971-977   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-018-1636-9

    Web of Science

    PubMed

  76. Laparoscopically Assisted Anorectoplasty for Intermediate-Type Imperforate Anus: Comparison of Surgical Outcomes with the Sacroperineal Approach

    Ishimaru Tetsuya, Kawashima Hiroshi, Tainaka Takahisa, Suzuki Keisuke, Takami Shohei, Kakihara Tomo, Katoh Reiko, Aoyama Tomohiro, Uchida Hiroo, Iwanaka Tadashi

    JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2018.0330

    Web of Science

    PubMed

  77. The impact of body weight on stapled anastomosis in pediatric patients

    Amano Hizuru, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Hinoki Akinari, Kawashima Hiroshi, Kakihara Tomo, Morita Kaori, Uchida Hiroo

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   53 巻 ( 10 ) 頁: 2036-2040   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2018.04.030

    Web of Science

    PubMed

  78. Single-stage laparoscopic transanal pull-through modified Swenson procedure without leaving a muscular cuff for short- and long-type Hirschsprung disease: a comparative study

    Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Tainaka Takahisa, Tanaka Yujiro, Shirota Chiyoe, Hinoki Akinari, Kato Takazumi, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Ishimaru Tetsuya, Kawashima Hiroshi

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1105-1110   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4318-1

    Web of Science

    PubMed

  79. Introduction of resection of intrahepatic bile duct stenosis-causing membrane or septum into laparoscopic choledochal cyst excision

    Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Murase Naruhiko, Oshima Kazuo, Shirotsuki Ryo, Chiba Kosuke, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1087-1092   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4320-7

    Web of Science

    PubMed

  80. Oral administration of eicosapentaenoic acid suppresses liver fibrosis in postoperative patients with biliary atresia

    Sumida Wataru, Uchida Hiroo, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Hinoki Akinari, Kato Takazumi, Yokota Kazuki, Oshima Kazuo, Shirotuki Ryo, Chiba Kosuke, Tanaka Yujiro

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1059-1063   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4313-6

    Web of Science

    PubMed

  81. Long-term outcomes and complications after laparoscopic-assisted anorectoplasty vs. posterior sagittal anorectoplasty for high- and intermediate-type anorectal malformation 査読有り 国際誌

    Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo, Tanaka Yujiro, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Ishimaru Tetsuya, Kawashima Hiroshi

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1111 - 1115   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4323-4

    Web of Science

    PubMed

  82. Investigation of the feasibility and safety of single-stage anorectoplasty in neonates with anovestibular fistula 査読有り 国際誌

    Shirota Chiyoe, Suzuki Keisuke, Uchida Hiroo, Kawashima Hiroshi, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Murase Naruhiko, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Makita Satoshi, Tanaka Yujiro

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1117 - 1120   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4324-3

    Web of Science

    PubMed

  83. BESNet: Boundary-enhanced Segmentation of Cells in Histopathological Images

    Hirohisa Oda, Holger Roth, Kosuke Chiba, Jure Sokolic, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Julia A Schnabel, Kensaku Mori

    MICCAI 2018, LNCS 11071     頁: 228-236   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  84. Automated ganglion cell detection using fully convolutional networks and evaluation under different training losses

    Hirohisa Oda, Kosuke Chiba, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s104-106   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  85. Development of multi-lead ECG measurement wear using electrostatic flocking technology 査読有り

    T. Takeshita, M. Yosihda, A. Ouchi, A. Hinoki, H. Uchida, T. Kobayashi

    2018 International Conference on Electronics Packaging and iMAPS All Asia Conference, ICEP-IAAC 2018     頁: 145 - 146   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    We developed textile-based multi-lead ECG measurement wear. The textile-based ECG measurement wear was fabricated by printed electronics and electrostatic flocking technology. We also developed a wireless communication system of multi-lead ECG signals. Moreover, we succeeded to get 18-lead ECG signals around heart using the ECG measurement wear and the wireless measuring system.

    DOI: 10.23919/ICEP.2018.8374690

    Scopus

  86. Novel thoracoscopic navigation surgery for neonatal chylothorax using indocyanine-green fluorescent lymphography 査読有り 国際誌

    Shirotsuki Ryo, Uchida Hiroo, Tanaka Yujiro, Shirota Chiyoe, Yokota Kazuki, Murase Naruhiko, Hinoki Akinari, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Sumida Wataru, Hayakawa Masahiro, Tainaka Takahisa

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   53 巻 ( 6 ) 頁: 1246 - 1249   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2018.01.019

    Web of Science

    PubMed

  87. 特集 小児外科における消化器内視鏡外科手術 胆道閉鎖症に対する腹腔鏡下肝門部空腸吻合術 査読有り

    内田 広夫, 田中 裕次郎, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 住田 亙, 村瀬 成彦

    手術   72 巻 ( 6 ) 頁: 861 - 870   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:金原出版  

    DOI: 10.18888/op.0000000707

    CiNii Research

  88. Clinical, Pathologic, and Genetic Features of Neonatal Dubin-Johnson Syndrome: A Multicenter Study in Japan

    Togawa Takao, Mizuochi Tatsuki, Sugiura Tokio, Kusano Hironori, Tanikawa Ken, Sasaki Takato, Ichinose Fumio, Kagimoto Seiichi, Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo, Saitoh Shinji

    JOURNAL OF PEDIATRICS   196 巻   頁: 161-+   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpeds.2017.12.058

    Web of Science

    PubMed

  89. Evaluation of Surgical Devices Using an Artificial Pediatric Thoracic Model: A Comparison Between Robot-Assisted Thoracoscopic Suturing Versus Conventional Video-Assisted Thoracoscopic Suturing

    Takazawa Shinya, Ishimaru Tetsuya, Harada Kanako, Deie Kyoichi, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Sugita Naohiko, Mitsuishi Mamoru, Iwanaka Tadashi, Fujishiro Jun

    JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES   28 巻 ( 5 ) 頁: 622-627   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2017.0307

    Web of Science

    PubMed

  90. Usefulness of fetal magnetic resonance imaging for postnatal management of congenital lung cysts: prediction of probability for emergency surgery

    Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Nakane Toshiki, Tanaka Yujiro, Hinoki Akinari, Sumida Wataru, Murase Naruhiko, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Shirotsuki Ryo, Uchida Hiroo

    BMC PEDIATRICS   18 巻 ( 1 ) 頁: 105   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-018-1085-z

    Web of Science

    PubMed

  91. 静電植毛装置を用いた多極ECG測定ウェアの作製 査読有り

    竹下 俊弘, 吉田 学, 大内 篤, 檜 顕成, 内田 広夫, 小林 健

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集   32 巻 ( 0 ) 頁: 179 - 180   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人エレクトロニクス実装学会  

    DOI: 10.11486/ejisso.32.0_179

  92. 保存的治療で軽快した特発性大網捻転症の1例 査読有り

    横田 一樹, 千馬 耕亮, 内田 広夫, 田中 裕次郎, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 檜 顕成, 住田 亙, 加藤 充純, 大島 一夫

    日本小児外科学会雑誌   54 巻 ( 2 ) 頁: 302 - 306   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>特に既往のない5歳男児.発熱と下腹部痛を認め,急性虫垂炎の疑いで当院を紹介受診した.血液検査で炎症反応の上昇を認めたもののCTでは虫垂の腫大はなく,上行結腸の壁肥厚を認めたため急性腸炎の診断で抗菌薬投与を開始した.再度CTを見直したところ渦巻き状を呈する脂肪吸収値腫瘤を認め,特発性大網捻転症と診断した.症状は軽快していたためこのまま保存的治療を継続し,4日目に軽快退院した.大網捻転症は特に小児では比較的稀な疾患であり,過去においては手術治療が原則とされてきたため,保存的治療例の報告は少ない.症状が類似しているため急性虫垂炎などと診断されて手術が行われる例も多いが,近年はCTなどの画像診断技術の進歩により診断が可能な例が増えてきた.大網捻転症の中には保存的治療が可能なものもあり,大網捻転症と診断できた場合は保存的治療も選択肢の一つとして考慮するべきと考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.54.2_302

  93. BESNet: Boundary-Enhanced Segmentation of Cells in Histopathological Images 査読有り

    Oda Hirohisa, Roth Holger R., Chiba Kosuke, Sokolic Jure, Kitasaka Takayuki, Oda Masahiro, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Schnabel Julia A., Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGE COMPUTING AND COMPUTER ASSISTED INTERVENTION - MICCAI 2018, PT II   11071 巻   頁: 228 - 236   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    We propose a novel deep learning method called Boundary-Enhanced Segmentation Network (BESNet) for the detection and semantic segmentation of cells on histopathological images. The semantic segmentation of small regions using fully convolutional networks typically suffers from inaccuracies around the boundaries of small structures, like cells, because the probabilities often become blurred. In this work, we propose a new network structure that encodes input images to feature maps similar to U-net but utilizes two decoding paths that restore the original image resolution. One decoding path enhances the boundaries of cells, which can be used to improve the quality of the entire cell segmentation achieved in the other decoding path. We explore two strategies for enhancing the boundaries of cells: (1) skip connections of feature maps, and (2) adaptive weighting of loss functions. In (1), the feature maps from the boundary decoding path are concatenated with the decoding path for entire cell segmentation. In (2), an adaptive weighting of the loss for entire cell segmentation is performed when boundaries are not enhanced strongly, because detecting such parts is difficult. The detection rate of ganglion cells was 80.0% with 1.0 false positives per histopathology slice. The mean Dice index representing segmentation accuracy was 74.0%. BESNet produced a similar detection performance and higher segmentation accuracy than comparable U-net architectures without our modifications.

    DOI: 10.1007/978-3-030-00934-2_26

    Web of Science

    Scopus

  94. The efficacy of resection of intrahepatic bile duct stenosis-causing membrane or septum for preventing hepatolithiasis after choledochal cyst excision. 査読有り

    Tanaka Y, Tainaka T, Sumida W, Shirota C, Hinoki A, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Uchida H

    Journal of pediatric surgery   52 巻 ( 12 ) 頁: 1930-1933   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2017.08.056

    PubMed

  95. Intralobar pulmonary sequestration expanding toward the contralateral thorax: two case reports. 査読有り

    Amano H, Fujishiro J, Hinoki A, Uchida H

    BMC surgery   17 巻 ( 1 ) 頁: 110   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-017-0313-z

    PubMed

  96. Excellent prognosis of patients with intermediate-risk neuroblastoma and residual tumor postchemotherapy. 査読有り

    Amano H, Uchida H, Tanaka Y, Tainaka T, Mori M, Oguma E, Kishimoto H, Kawashima H, Arakawa Y, Hanada R, Koh K

    Journal of pediatric surgery     2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2017.10.061

    PubMed

  97. Mesh hiatal reinforcement in laparoscopic Nissen fundoplication for neurologically impaired children is safe and feasible. 査読有り

    Amano H, Tanaka Y, Kawashima H, Deie K, Suzuki K, Fujiogi M, Morita K, Iwanaka T, Uchida H

    Nagoya journal of medical science   79 巻 ( 4 ) 頁: 427-433   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.4.427

    PubMed

  98. Comparison of outcomes of thoracoscopic primary repair of gross type C esophageal atresia performed by qualified and non-qualified surgeons. 査読有り

    Tanaka Y, Tainaka T, Sumida W, Shirota C, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Uchida H

    Pediatric surgery international   33 巻 ( 10 ) 頁: 1081-1086   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-017-4140-1

    PubMed

  99. A Novel Laparoscopic Surgery Model with a Device to Expand the Abdominal Working Space in Rats: The Influence of Pneumoperitoneum and Skin Incision Length on Postoperative Inflammatory Cytokines. 査読有り

    Murase N, Tainaka T, Uchida H, Hinoki A, Shirota C, Yokota K, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Tanaka Y

    Journal of investigative surgery : the official journal of the Academy of Surgical Research     頁: 1-6   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/08941939.2017.1366603

    PubMed

  100. Review of redo-Kasai portoenterostomy for biliary atresia in the transition to the liver transplantation era. 査読有り

    Sumida W, Uchida H, Tanaka Y, Tainaka T, Shirota C, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K

    Nagoya journal of medical science   79 巻 ( 3 ) 頁: 415-420   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.415

    PubMed

  101. Comparison of single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (SILPEC) and open repair for pediatric inguinal hernia: a single-center retrospective cohort study of 2028 cases. 査読有り

    Amano H, Tanaka Y, Kawashima H, Deie K, Fujiogi M, Suzuki K, Morita K, Iwanaka T, Uchida H

    Surgical endoscopy     2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-017-5472-6

    PubMed

  102. New Navigation Surgery for Resection of Lymphatic Malformations Using Indocyanine Green Fluorescence Imaging. 査読有り

    Shirota C, Hinoki A, Takahashi M, Tanaka Y, Tainaka T, Sumida W, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Morimoto Y, Uchida H

    The American journal of case reports   18 巻   頁: 529-531   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  103. New Navigation Surgery for Resection of Lymphatic Malformations Using Indocyanine Green Fluorescence Imaging

    Shirota Chiyoe, Hinoki Akinari, Takahashi Masataka, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Murase Naruhiko, Oshima Kazuo, Shirotsuki Ryo, Chiba Kosuke, Morimoto Yuji, Uchida Hiroo

    AMERICAN JOURNAL OF CASE REPORTS   18 巻   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12659/AJCR.903465

    Web of Science

  104. Laparoscopic resection of neuroblastomas in low- to high-risk patients without image-defined risk factors is safe and feasible. 査読有り

    Shirota C, Tainaka T, Uchida H, Hinoki A, Chiba K, Tanaka Y

    BMC pediatrics   17 巻 ( 1 ) 頁: 71   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-017-0826-8

    PubMed

  105. Two-Stage Thoracoscopic Repair of Long-Gap Esophageal Atresia Using Internal Traction Is Safe and Feasible. 査読有り

    Tainaka T, Uchida H, Tanano A, Shirota C, Hinoki A, Murase N, Yokota K, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Amano H, Kawashima H, Tanaka Y

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   27 巻 ( 1 ) 頁: 71-75   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2016.0207

    PubMed

  106. 完全腹腔鏡下肝部分切除術を施行した肝芽腫の1乳児例 査読有り

    天野 日出, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 出家 亨一, 藤雄木 亨真, 鈴木 啓介, 森田 香織, 岩中 督, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   53 巻 ( 5 ) 頁: 1073 - 1078   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例はBeckwith-Wiedemann症候群の女児.4か月時に超音波検査で肝腫瘤を指摘され,CTで肝外側区域に長径3.7 cmの腫瘍を認めた.肝芽腫PRETEXT Iの診断で,シスプラチン単独療法4コースを行った.腫瘍縮小後,6か月時に腹腔鏡下肝部分切除術を施行した.臍を逆Y字型の皮膚切開で開腹しマルチチャンネルポートを挿入し,左右側腹部には5 mmポートを挿入し3ポートで手術した.肝十二指腸間膜をテーピング後,腹腔鏡用超音波探触子を用いて切離線を決定した.太い脈管はクリップで処理しながらvessel sealing systemで肝実質を離断し,標本は臍創部から摘出した.合併症はなく経過は良好で,術後にシスプラチン2コースを施行した.術後2年再発を認めない.適切な手術器具の使用により,小児肝芽腫において腹腔鏡下肝部分切除を安全に施行できた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.53.5_1073

  107. Comparing surgical outcomes of complete thoracoscopic lobectomy for congenital cystic lung disease between neonatal and infantile patients. 査読有り

    Tainaka T, Uchida H, Tanaka Y, Shirota C, Yokota K, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Hinoki A

    Nagoya journal of medical science   78 巻 ( 4 ) 頁: 447-454   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.78.4.447

    PubMed

  108. Large retroperitoneal immature teratoma leading to renovascular hypertension. 査読有り

    Tainaka T, Ono Y, Yamada Y, Mutoh D, Uchida H

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   58 巻 ( 12 ) 頁: 1363-1364   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.13040

    PubMed

  109. ◆実践報告 先天性中枢性肺胞低換気症候群に合併したヒルシュスプルング病乳児の作業療法─ストレス反応の軽減と姿勢コントロールの獲得 査読有り

    吉田 彬人, 辛島 千恵子, 牧田 智, 西川 貴久子, 内田 広夫

    作業療法   35 巻 ( 6 ) 頁: 654 - 661   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.6003200186

    CiNii Research

  110. Risk factors for thoracic and spinal deformities following lung resection in neonates, infants, and children. 査読有り

    Makita S, Kaneko K, Ono Y, Uchida H

    Surgery today     2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1434-1

    PubMed

  111. Neonatal Cholestasis in East-Asian patients with Dubin-Johnson Syndrome: Clinical, Pathological and Genetic Features 査読有り 国際誌

    Takao Togawa, Tokio Sugiura, Tatsuki Mizuochi, Hironori Kusano, Ken Tanikawa, Takahisa Tainaka, Hiroo Uchida, Tomoko Hara, Ryusuke Nambu, Seiichi Kagimoto, Shinji Saitoh

    HEPATOLOGY   64 巻   頁: 278A - 278A   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  112. Classification of biliary atresia in the laparoscopic era. 査読有り

    Nakamura H, Murase N, Koga H, Cazares J, Lane GJ, Uchida H, Yamataka A

    Pediatric surgery international     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-016-3973-3

    PubMed

  113. More than one-third of successfully nonoperatively treated patients with complicated appendicitis experienced recurrent appendicitis: Is interval appendectomy necessary? 査読有り

    Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Fujiogi M, Suzuki K, Takazawa S, Deie K, Amano H, Iwanaka T

    Journal of pediatric surgery     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2016.09.017

    PubMed

  114. Long-term outcomes after revision of Kasai portoenterostomy for biliary atresia. 査読有り

    Shirota C, Uchida H, Ono Y, Murase N, Tainaka T, Yokota K, Oshima K, Shirotsuki R, Hinoki A, Ando H

    Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.395

    PubMed

  115. Steroid pulse therapy prevents restenosis following balloon dilatation for esophageal stricture. 査読有り

    Yokota K, Uchida H, Tanano A, Shirota C, Tainaka T, Hinoki A, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K

    Pediatric surgery international   32 巻 ( 9 ) 頁: 875-9   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-016-3939-5

    PubMed

  116. Contraindications and image-defined risk factors in laparoscopic resection of abdominal neuroblastoma. 査読有り

    Tanaka Y, Kawashima H, Mori M, Fujiogi M, Suzuki K, Amano H, Morita K, Arakawa Y, Koh K, Oguma E, Iwanaka T, Uchida H

    Pediatric surgery international   32 巻 ( 9 ) 頁: 845-50   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-016-3932-z

    PubMed

  117. Laparoscopic side-to-side pancreaticojejunostomy for chronic pancreatitis in children. 査読有り

    Deie K, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Fujiogi M, Amano H, Murase N, Tainaka T

    Journal of minimal access surgery     2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/0972-9941.182655

    PubMed

  118. Left thoracoscopic two-stage repair of tracheoesophageal fistula with a right aortic arch and a vascular ring. 査読有り

    Oshima K, Uchida H, Tainaka T, Tanano A, Shirota C, Yokota K, Murase N, Shirotsuki R, Chiba K, Hinoki A

    Journal of minimal access surgery     2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/0972-9941.181771

    PubMed

  119. Cytomegalovirus (CMV) Monitoring After Liver Transplantation: Comparison of CMV Pp65 Antigenemia Assay with Real-Time PCR Calibrated to WHO International Standard. 査読有り

    Kamei H, Ito Y, Onishi Y, Suzuki M, Imai H, Kurata N, Hori T, Tainaka T, Uchida H, Ogura Y

    Annals of transplantation   21 巻   頁: 131-6   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  120. A feasibility of single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure for treatment of incarcerated inguinal hernia in children: our preliminary outcome and review of the literature. 査読有り

    Murase N, Uchida H, Seki T, Hiramatsu K

    Nagoya journal of medical science   78 巻 ( 1 ) 頁: 19-25   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  121. A feasibility of single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure for treatment of incarcerated inguinal hernia in children: our preliminary outcome and review of the literature 査読有り

    Naruhiko Murase, Hiroo Uchida, Takashi Seki, Kiyoshi Hiramatsu

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   78 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 25   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    The purpose of this study is to examine the feasibility of single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure (LPEC) for incarcerated inguinal hernia (IIH) repair. 6 single-incision LPEC procedures were performed for IIH repair and 60 procedures were performed for reducible inguinal hernia (RIH) in the same period of time in one hospital. The laparoscope and one pair of grasping forceps were placed through the same umbilical incision. In IIH repair, the herniated organ was gently pulled using the grasping forceps with external manual pressure. If it was difficult to reduce the herniated organ with one pair of forceps, another pair of forceps were inserted through a multi-channel port without extending the umbilical incidion. Using the LPEC needle, the hernia orifice was closed extraperitoneally. We performed a retrospective analysis to compare the outcomes of single-incision LPEC for IIH repair or reducible inguinal hernia. All procedures were completed by single-incision without open conversion. A multi-channel port with another pair of forceps was needed in three cases. The operation time and the length of stay were significantly longer with IIH repair than with RIH repair. There were no major complications and there was no evidence of early recurrence in any patient. In conclusion, single-incision LPEC with a multi-channel port is feasible and safe for IIH repair.

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  122. A feasibility of single-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure for treatment of incarcerated inguinal hernia in children: our preliminary outcome and review of the literature 査読有り

    Murase Naruhiko, Uchida Hiroo, Seki Takashi, Hiramatsu Kiyoshi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   78 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 25   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  123. Operative procedures of single-incision laparoscopic repair of pediatric epigastric hernia have become simple and feasible with the use of a novel suture-assisting needle 査読有り 国際誌

    Deie Kyoichi, Uchida Hiroo, Kawashima Hiroshi, Tanaka Yujiro, Amano Hizuru, Murase Naruhiko, Tainaka Takahisa

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY CASE REPORTS   4 巻   頁: 22 - 26   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery Case Reports  

    We describe a simple and feasible procedure for single-incision laparoscopic repair of a pediatric epigastric hernia using a novel suture-assisting needle. A multichannel port was inserted through the umbilical vertical incision. After the orifice of the hernia was identified, a suture-assisting needle, which can hold a suture at its tip, with a 2-0 thread was pierced through the skin into one side of the rectus muscle sheath into the abdominal cavity. Next, after releasing the thread, the needle was pulled out to the subcutis and pierced through another side of the rectus muscle sheath. The needle, grasping the thread again, was subsequently pulled out through the abdominal wall outside, and the thread was tied extracorporeally. This knot was buried subcutaneously. Operative procedures of single-incision laparoscopic repair of an epigastric hernia have become simple and feasible with the use of a novel suture-assisting needle with an excellent cosmetic result.

    DOI: 10.1016/j.epsc.2015.11.010

    Web of Science

    Scopus

  124. 術前/術後化学療法としてGemcitabine/Oxaliplatin療法(GEMOX療法)を施行したfibrolamellar hepatocellular carcinomaの1例 査読有り

    牧田 智, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   52 巻 ( 6 ) 頁: 1251 - 1255   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>小児におけるfibrolamellar hepatocellular carcinoma(以下,FLHCC と略す)の本邦報告例は6 例しかなく,まれな疾患である.今回我々はFLHCC に対して手術と化学療法を施行し良好な経過が得られたので報告する.症例は12 歳女児で,肝腫瘍を指摘され当院紹介となった.各種画像検査からリンパ節転移を伴うFLHCC が疑われ,開腹生検によりFLHCC と確定診断した.多発リンパ節転移があるためGemcitabine/Oxaliplatin 療法(GEMOX 療法)を1 コース先行した.PIVKA-II は低下したが腫瘍の大きさは変化しなかったため,手術の方針とした.肝左葉切除術+リンパ節郭清を施行した.術後補助化学療法としてGEMOX 療法を施行した.2 コース施行時点で癒着性イレウスを発症し,癒着剥離術を施行した.その後GEMOX 療法を10 コース施行して治療を完了した.術後3 年経過したが再発は認めていない.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.52.6_1251

  125. Laparoscopic-assisted pancreaticoduodenectomy in a child with gastrinoma. 査読有り

    Murase N, Uchida H, Tainaka T, Kawashima H, Tanaka Y, Amano H, Kishimoto H

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   57 巻 ( 6 ) 頁: 1196-8   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.12715

    PubMed

  126. Emergency hepatectomy for hepatic arteriovenous malformation combined with pulmonary hypertension in an infant 査読有り 国際誌

    Murase Naruhiko, Uchida Hiroo, Tanano Akihide, Shirota Chiyoe, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Yokota Kazuki, Oshima Kazuo, Shirotsuki Ryo

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY CASE REPORTS   3 巻 ( 12 ) 頁: 534 - 536   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pediatric Surgery Case Reports  

    Patients with hepatic arteriovenous malformations rarely present with pulmonary hypertension. We report the case of a 3-month-old boy who developed severe pulmonary hypertension due to a hepatic arteriovenous malformation. The use of pulmonary vasodilators to treat the patient's pulmonary hypertension worsened his high-output heart failure. This is the first case in which emergency hepatectomy rescued a patient with hepatic arteriovenous malformations who developed pulmonary hypertension.

    DOI: 10.1016/j.epsc.2015.10.017

    Web of Science

    Scopus

  127. Pediatric Surgery. 査読有り

    Iwanaka T, Yamataka A, Uemura S, Okuyama H, Segawa O, Nio M, Yoshizawa J, Yagi M, Ieiri S, Uchida H, Koga H, Sato M, Soh H, Take H, Hirose R, Fukuzawa H, Mizuno M, Watanabe T

    Asian journal of endoscopic surgery   8 巻 ( 4 ) 頁: 390-407   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12263

    PubMed

  128. An Easy and Safe Technique for Laparoscopic Pyloromyotomy: Using a Vascular Clamp for Stabilization of the Pylorus. 査読有り

    Fujiogi M, Tanaka Y, Kawashima H, Toma M, Suzuki K, Amano H, Morita K, Uchida H, Iwanaka T

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A     2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2015.0109

    PubMed

  129. Influence of surgical intervention on neurodevelopmental outcome in infants with focal intestinal perforation. 査読有り

    Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Sato K, Takazawa S, Deie K, Masuko T, Kanno K, Shimizu M

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   57 巻 ( 4 ) 頁: 687-9   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.12599

    PubMed

  130. Accessory scrotum with perineal lipoma diagnosed prenatally: case report and review of the literature. 査読有り

    Murase N, Uchida H, Hiramatsu K

    Nagoya journal of medical science   77 巻 ( 3 ) 頁: 501-6   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  131. A new modification of laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure procedure for repairing pediatric femoral hernias involving a special needle and a wire loop. 査読有り

    Tainaka T, Uchida H, Ono Y, Tanano A, Shirota C, Yokota K, Murase N, Makita S, Shirotsuki R

    Nagoya journal of medical science   77 巻 ( 3 ) 頁: 531-5   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  132. Accessory scrotum with perineal lipoma diagnosed prenatally: case report and review of the literature 査読有り

    Naruhiko Murase, Hiroo Uchida, Kiyoshi Hiramatsu

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   77 巻 ( 3 ) 頁: 501 - 506   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    We report a case of accessory scrotum (AS) in the perineal region with peduncular lipoma, diagnosed prenatally. A male fetus of 31 weeks' gestation was referred to our department with a perineal mass. Prenatal ultrasonography and magnetic resonance imaging showed a mass of 1.0 x 1.2 cm located posterior to the scrotum. No other abnormalities were noted during pregnancy. The patient was delivered vaginally at 38 weeks of gestation. On physical examination, a soft peduncular mass with a rugged and pigmented swelling was located between the normally developed scrotum and the anus. There were no specific symptoms or any other associated congenital anomalies. We completely excised the mass at one month of age. A histological examination revealed lipoma, with tissue suggestive of scrotum, so a definite diagnosis of AS was made. AS is a rare congenital anomaly of the scrotum. We review the literature.

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  133. A new modification of laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure procedure for repairing pediatric femoral hernias involving a special needle and a wire loop 査読有り

    Takahisa Tainaka, Hiroo Uchida, Yasuyuki Ono, Akihide Tanano, Chiyoe Shirota, Kazuki Yokota, Naruhiko Murase, Satoshi Makita, Ryo Shirotsuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   77 巻 ( 3 ) 頁: 531 - 535   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    Femoral hernias are relatively rare in children, and more than half of pediatric femoral hernias are misdiagnosed. A 3-year-old boy was treated for an indirect inguinal hernia at the age of 2, but he exhibited an inguinal bulge one month after the operation. He underwent laparoscopy, and a right femoral hernia was detected. The femoral hernia was laparoscopically repaired via two small incisions: a 1.0-cm umbilical incision for a 3-mm 30 degrees laparoscope and 3-mm grasping forceps and a 5-mm right lateral incision for 3-mm grasping forceps. After the hernia sac had been reflected into the abdominal cavity and resected, the iliopubic tract was sutured to Cooper's ligament using a laparoscopic percutaneous extracorporeal closure (LPEC) needle and 2-0 non-absorbable sutures. Laparoscopy enables the accurate diagnosis of rare and often missed pediatric femoral hernias. Our laparoscopic technique for treating femoral hernias is easy and effective. Although these early results are encouraging, more cases involving longer follow-up periods should be accumulated to confirm the efficacy of our technique.

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  134. Long-term outcomes of operative versus nonoperative treatment for uncomplicated appendicitis. 査読有り

    Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Fujiogi M, Takazawa S, Deie K, Amano H

    Journal of pediatric surgery     2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2015.07.008

    PubMed

  135. Prophylactic effect of H2 blocker for anastomotic stricture after esophageal atresia repair. 査読有り

    Murase N, Uchida H, Kaneko K, Ono Y, Makita S, Yokota K

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   57 巻 ( 3 ) 頁: 461-4   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.12529

    PubMed

  136. Current Practice and Outcomes of Thoracoscopic Esophageal Atresia and Tracheoesophageal Fistula Repair: A Multi-institutional Analysis in Japan. 査読有り

    Okuyama H, Koga H, Ishimaru T, Kawashima H, Yamataka A, Urushihara N, Segawa O, Uchida H, Iwanaka T

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   25 巻 ( 5 ) 頁: 441-4   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2014.0250

    PubMed

  137. Effectiveness and safety of immunization with live-attenuated and inactivated vaccines for pediatric liver transplantation recipients. 査読有り

    Kawano Y, Suzuki M, Kawada J, Kimura H, Kamei H, Ohnishi Y, Ono Y, Uchida H, Ogura Y, Ito Y

    Vaccine   33 巻 ( 12 ) 頁: 1440-5   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2015.01.075

    PubMed

  138. 特集 小児泌尿器科内視鏡手術"最前線"-適応とコツ III.性腺疾患に対する腹腔鏡下手術 小児精索静脈瘤に対する腹腔鏡下手術(単孔式手術) 査読有り

    多田 実, 佐藤 亜耶, 堀 祐太郎, 船越 大吾, 川嶋 寛, 内田 広夫

    臨床泌尿器科   69 巻 ( 2 ) 頁: 179 - 185   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1413205164

    CiNii Research

  139. Laparoscopic partial gastrectomy of a huge gastric duplication cyst in an infant. 査読有り

    Takazawa S, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Sato K, Jimbo T, Iwanaka T

    Nagoya journal of medical science   77 巻 ( 1-2 ) 頁: 291-6   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  140. LAPAROSCOPIC PARTIAL GASTRECTOMY OF A HUGE GASTRIC DUPLICATION CYST IN AN INFANT 査読有り

    Shinya Takazawa, Hiroo Uchida, Hiroshi Kawashima, Yujiro Tanaka, Kaori Sato, Takahiro Jimbo, Tadashi Iwanaka

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   77 巻 ( 1-2 ) 頁: 291 - 296   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    Gastric duplication cyst is a rare anomaly, and most cases are recognized during childhood. Recently, several pediatric cases with small gastric duplication cysts treated by laparoscopic resection have been reported. Here, we describe an infant in whom we successfully performed laparoscopic partial gastrectomy for the treatment of a huge gastric duplication cyst. To the best of our knowledge, this is the largest gastric duplication cyst treated by laparoscopic surgery among infants. We introduce our procedure and some tips.

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  141. The umbilical Benz incision for reduced port surgery in pediatric patients. 査読有り

    Amano H, Uchida H, Kawashima H, Deie K, Murase N, Makita S, Yokota K, Tanaka Y

    JSLS : Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons / Society of Laparoendoscopic Surgeons   19 巻 ( 1 ) 頁: e2014.00238   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4293/JSLS.2014.00238

    PubMed

  142. Initial treatment of septated parapneumonic empyema with drainage plus fibrinolytic agents is equally effective as video-assisted thoracoscopic surgery, and is suitable as first-line therapy. 査読有り

    Shirota C, Uchida H

    Translational pediatrics   4 巻 ( 1 ) 頁: 41-4   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3978/j.issn.2224-4336.2015.02.01

    PubMed

  143. 腹腔内嚢胞と出生前診断され単孔式腹腔鏡補助下に切除した回腸重複症の1例 査読有り

    村瀬 成彦, 内田 広夫, 平松 聖史, 雨宮 剛, 関 崇, 新井 利幸

    日本臨床外科学会雑誌   76 巻 ( 3 ) 頁: 529 - 533   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は10カ月,女児.在胎30週より径50mmの腹腔内嚢胞を指摘されていた.在胎38週に自然分娩,出生後は特に腹部症状を認めなかった.腹部超音波検査では経時的に大きさが変化する移動性腫瘤を認め,壁は消化管様の5層構造を示していた.CT検査では左下腹部の内部に空気を含む径40mmの嚢胞性腫瘤を認めた.消化管重複症またはMeckel憩室と術前診断し,生後10カ月で単孔式腹腔鏡補助下摘出術を施行した.臍内に逆Y字の皮膚切開を行い開腹しmulti-channel portを装着した.腹腔内を検索すると回腸に5cm大の腫瘤を認め,腫瘤を臍部創から体外に脱転し隣接腸管を含めて切除し回腸端々吻合を行った.腫瘤は回腸と腸間膜側で交通し,共通の腸間膜に支配されている回腸重複症であった.内腔は異所性胃粘膜で覆われていた.術後経過は順調で術後7日目に退院となった.

    DOI: 10.3919/jjsa.76.529

  144. A New Era of Laparoscopic Revision of Kasai Portoenterostomy for the Treatment of Biliary Atresia. 査読有り

    Murase N, Uchida H, Ono Y, Tainaka T, Yokota K, Tanano A, Shirota C, Shirotsuki R

    BioMed research international   2015 巻   頁: 173014   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2015/173014

    PubMed

  145. Laparoscopic ligation of varicocele testis in children: Tanko operation 査読有り 国際誌

    Kawashima H, Tada M, Sato A, Hori Y, Funakoshi D, Uchida H

    Japanese Journal of Clinical Urology   69 巻 ( 2 ) 頁: 179 - 185   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  146. Laparoscopic partial nephrectomy for the treatment of large cystic nephroma in children. 査読有り

    Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Masuko T, Takazawa S, Deie K, Amano H, Iwanaka T

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   24 巻 ( 12 ) 頁: 901-6   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2014.0222

    PubMed

  147. Surgical complications, especially gastroesophageal reflux disease, intestinal adhesion obstruction, and diaphragmatic hernia recurrence, are major sequelae in survivors of congenital diaphragmatic hernia. 査読有り

    Yokota K, Uchida H, Kaneko K, Ono Y, Murase N, Makita S, Hayakawa M

    Pediatric surgery international   30 巻 ( 9 ) 頁: 895-9   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-014-3575-x

    PubMed

  148. Urethroscopic holmium: YAG laser ablation for acquired posterior urethral diverticulum after repair of anorectal malformations. 査読有り

    Takazawa S, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Masuko T, Deie K, Amano H, Kobayashi K, Tada M, Iwanaka T

    Pediatric surgery international   30 巻 ( 9 ) 頁: 945-9   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-014-3569-8

    PubMed

  149. Full-thickness small intestine necrosis with midgut volvulus, distributed in a patchy fashion, is reversible with moderate blood flow: resumption of normal function to non-viable intestine. 査読有り

    Amano H, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Kishimoto H

    Nagoya journal of medical science   76 巻 ( 3-4 ) 頁: 375-80   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  150. Massive hemorrhage after Kasai portoenterostomy in a patient with a congenital extrahepatic portosystemic shunt, malrotation and a double aortic arch: report of a case. 査読有り

    Takazawa S, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Sato K, Jimbo T, Deie K, Koiwai K, Nomura K, Iwanaka T

    Surgery today   44 巻 ( 8 ) 頁: 1561-4   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0605-6

    PubMed

  151. FULL-THICKNESS SMALL INTESTINE NECROSIS WITH MIDGUT VOLVULUS, DISTRIBUTED IN A PATCHY FASHION, IS REVERSIBLE WITH MODERATE BLOOD FLOW: RESUMPTION OF NORMAL FUNCTION TO NON-VIABLE INTESTINE 査読有り

    Hizuru Amano, Hiroo Uchida, Hiroshi Kawashima, Yujiro Tanaka, Hiroshi Kishimoto

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   76 巻 ( 3-4 ) 頁: 375 - 380   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    Midgut volvulus is a highly life-threatening condition that carries a high risk of short gut syndrome. We report a case of catastrophic neonatal midgut volvulus in which second-look laparotomy revealed apparently non-viable remnant small intestine but with a moderate blood supply. Full-thickness small intestine necrosis was distributed in a patchy fashion, with non-viable and necrotic areas distributed so widely that no portion of the intestine could be resected. A section of full-thickness necrotic intestine preserved at surgery was able to regenerate, and normal function was restored over a period of 1 month. This case indicated that intestinal resumption may be dependent on blood flow. Even when intestinal viability is questionable, preservation enables the chance of regeneration if moderate blood flow is present.

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  152. OP-052-7 当施設における小児膵SPT(Solid pseudopapillary tumor)の治療経験(OP-052 膵 IPMN・その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読有り

    牧田 智, 金子 健一朗, 小野 靖之, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 内田 広夫

    日本外科学会雑誌   115 巻 ( 2 ) 頁: 408   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Research

  153. 新生時期に心不全を呈した肺葉内肺分画症に対し胸腔鏡下分画肺切除を施行した1 例 査読有り

    村瀬 成彦, 金子 健一朗, 小野 靖之, 横田 一樹, 牧田 智, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   50 巻 ( 5 ) 頁: 946 - 949   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    新生児期に心不全を来す肺葉内肺分画症症例はほとんど報告がない.我々は同症に対して新生児期の胸腔鏡下分画肺切除により治癒が得られた症例を経験したので報告する.症例は在胎24週に肺分画症と診断された男児で,在胎39 週に3,438 g で出生した.出生後に呼吸不全,心不全を認め,造影CT で左胸腔に胸部下行大動脈から分枝する異常動脈と奇静脈への還流静脈を伴う囊胞性病変を認めた.肺葉外肺分画症内の動静脈シャントが高心拍出性心不全を引き起こしていると診断し,日齢21 に胸腔鏡手術を施行した.術中所見では左肺下葉内に含気不良な分画肺を認めたので肺葉内肺分画症であった.異常動脈と流出静脈を先行処理し分画肺のみ切除した.術後経過は良好で心不全症状は改善し術後20 日目で退院となった.

    DOI: 10.11164/jjsps.50.5_946

  154. NOTES for Surgical Treatment of Long-Segment Hirschsprung's Disease: Report of Three Cases 査読有り

    Li Ning, Zhang Wen, Yu Donghai, Sun Xiaoyi, Wei Mingfa, Weng Yizhen, Feng Jiexiong

    JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES   23 巻 ( 12 ) 頁: 1020 - 1023   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2013.0180

    Web of Science

  155. Laparoscopic excision of urachal remnants is a safe and effective alternative to open surgery in children. 査読有り

    Masuko T, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Deie K, Iwanaka T

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   23 巻 ( 12 ) 頁: 1016-9   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2013.0127

    PubMed

  156. Multicenter retrospective comparative study of laparoscopically assisted and conventional anorectoplasty for male infants with rectoprostatic urethral fistula 査読有り

    Yamataka Atsuyuki, Morikawa Yasuhide, Yagi Makoto, Kimura Osamu, Kuroda Tatsuo, Ueno Shigeru, Iwanaka Tadashi, Iwai Jun, Zaizen Yoshio, Koga Hiroyuki, Shimono Ryuichi, Yagi Makoto, Kimura Osamu, Kubota Masayuki, Murase Naruhiko, Kanamori Yutaka, Tanaka Hideaki, Takahashi Masataka, Ikeda Taro, Kubota Akio, Nara Keigo, Satoh Kaori, Amano Hizuru, Takazawa Shinya, Tanaka Yujiro, Uchida Hiroo, Kawashima Hiroshi, Jimbo Takahiro, Fukumoto Kohji, Ueno Shigeru, Ishimaru Tetsuya

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   48 巻 ( 12 ) 頁: 2383-2388   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2013.08.010

    Web of Science

  157. External stabilization for severe tracheobronchomalacia using separated ring-reinforced ePTFE grafts is effective and safe on a long-term basis. 査読有り

    Takazawa S, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Masuko T, Deie K, Nagase Y, Iwanaka T

    Pediatric surgery international   29 巻 ( 11 ) 頁: 1165-9   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-013-3383-8

    PubMed

  158. Single-incision laparoscopic-assisted appendectomy in children: exteriorization of the appendix is a key component of a simple and cost-effective surgical technique. 査読有り

    Deie K, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Masuko T, Takazawa S

    Pediatric surgery international   29 巻 ( 11 ) 頁: 1187-91   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-013-3373-x

    PubMed

  159. Complete thoracoscopic versus video-assisted thoracoscopic resection of congenital lung lesions. 査読有り

    Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Sato K, Takazawa S, Masuko T, Deie K, Iwanaka T

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   23 巻 ( 8 ) 頁: 719-22   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2013.0110

    PubMed

  160. Successful two-stage thoracoscopic repair of long-gap esophageal atresia using simple internal traction and delayed primary anastomosis in a neonate: report of a case. 査読有り

    Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Sato K, Takazawa S, Jimbo T, Iwanaka T

    Surgery today   43 巻 ( 8 ) 頁: 906-9   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-012-0426-z

    PubMed

  161. Development of a needle driver with multiple degrees of freedom for neonatal laparoscopic surgery. 査読有り

    Ishimaru T, Takazawa S, Uchida H, Kawashima H, Fujii M, Harada K, Sugita N, Mitsuishi M, Iwanaka T

    Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   23 巻 ( 7 ) 頁: 644-8   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/lap.2013.0130

    PubMed

  162. Long-term survivor of relapsed stage IV malignant rhabdoid tumor of the kidney 査読有り

    Kato Motohiro, Koh Katsuyoshi, Oshima Koichi, Oguma Eiji, Uchida Hiroo, Kishimoto Hiroshi, Kikuchi Akira, Hanada Ryoji

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   55 巻 ( 2 ) 頁: 245-248   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1442-200X.2012.03663.x

    Web of Science

  163. Sacrococcygeal yolk sac tumor developing after teratoma: a clinicopathological study of pediatric sacrococcygeal germ cell tumors and a proposal of the pathogenesis of sacrococcygeal yolk sac tumors. 査読有り

    Yoshida M, Matsuoka K, Nakazawa A, Yoshida M, Inoue T, Kishimoto H, Nakayama M, Takaba E, Hamazaki M, Yokoyama S, Horie H, Tanaka M, Gomi K, Ohama Y, Kigasawa H, Kitano Y, Uchida H, Kanamori Y, Iwanaka T, Tanaka Y

    Journal of pediatric surgery   48 巻 ( 4 ) 頁: 776-81   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2012.08.028

    PubMed

  164. Long-term survivor of relapsed stage IV malignant rhabdoid tumor of the kidney. 査読有り

    Kato M, Koh K, Oshima K, Oguma E, Uchida H, Kishimoto H, Kikuchi A, Hanada R

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   55 巻 ( 2 ) 頁: 245-8   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/j.1442-200X.2012.03663.x.

    PubMed

  165. Minimally invasive surgery for pediatric cases of large extraovarian teratoma with considerable solid component 査読有り 国際誌

    Shinya Takazawa, Hiroo Uchida, Hiroshi Kawashima, Yujiro Tanaka, Kaori Sato, Takahiro Jimbo, Takayuki Masuko, Kyoichi Deie, Tadashi Iwanaka

    Journal of Pediatric Surgery Case Reports   1 巻 ( 8 ) 頁: 226 - 229   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

    Pediatric patients with large extraovarian teratomas with a significant solid component are usually treated using open surgery because the size of the intracorporeal cavity does not facilitate the manipulation of large tumors. Here, we describe the cases of 3 children who underwent minimally invasive surgery for large extraovarian teratomas (diameter &gt
    10 cm), including 2 cases of retroperitoneal teratoma and 1 case of a thoracic teratoma. All tumors had a large amount of sebaceous material that displaced other surrounding organs. Tumor volumes were reduced by intraoperative needle aspiration using a SAND balloon catheter with a double balloon that is designed to minimize the risk of spillage. Intraoperative needle aspiration of cystic content can provide sufficient working space and facilitates safe separation of the major vessels from the tumor. Treatment of large extraovarian teratomas by minimally invasive surgery involving skin incisions that result in a less noticeable scar, such as a Pfannenstiel incision or axillary incision, can achieve improved cosmetic outcomes. © 2013 The Authors.

    DOI: 10.1016/j.epsc.2013.07.003

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  166. 肺転移を認めるStage IV肝芽腫の1例 査読有り

    森 麻希子, 康 勝好, 磯部 清孝, 秋山 康介, 安井 直子, 関 正史, 高橋 寛吉, 加藤 元博, 田中 裕次郎, 内田 広夫, 小熊 栄二, 岸本 宏志, 花田 良二

    日本小児血液・がん学会雑誌   49 巻 ( 3 ) 頁: 410 - 410   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児血液・がん学会  

  167. Stapled intestinal anastomosis is a simple and reliable method for management of intestinal caliber discrepancy in children. 査読有り

    Sato K, Uchida H, Tanaka Y, Takazawa S, Jimbo T, Deie K

    Pediatric surgery international   28 巻 ( 9 ) 頁: 893-8   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-012-3146-y

    PubMed

  168. Differences in the characteristics and management of pyriform sinus fistula between neonates and young children. 査読有り

    Amano H, Uchida H, Sato K, Kawashima H, Tanaka Y, Takazawa S, Jimbo T

    Pediatric surgery international   28 巻 ( 1 ) 頁: 15-20   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-011-3008-z

    PubMed

  169. Sialolipoma of the submandibular gland in a child. 査読有り

    Sato K, Gotoh C, Uchida H, Kawashima H, Yoshida M, Kitano Y, Kishimoto H

    Journal of pediatric surgery   46 巻 ( 2 ) 頁: 408-10   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2010.09.097

    PubMed

  170. WS2-03 Hirschsprung病根治術の術後合併症と排便機能 : 開腹Duhamel法と腹腔鏡補助下Soave伝田法の比較(Hirschsprung病術後の術式別排便機能,ワークショップII,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    高澤 慎也, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 神保 教広, 宮川 亨平, 天野 日出, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 516 - 516   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_516_1

  171. P-350 腹腔内精巣より発生した成熟奇形腫の1例(良性腫瘍4,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    宮川 亨平, 多田 実, 小林 堅一郎, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 田中 裕次郎, 高澤 慎也, 神保 教広, 天野 日出, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 755 - 755   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_755_1

  172. P-46 小児における脾臓温存膵体尾部切除術の実際 : 2つの異なったアプローチによる脾臓温存の試み(膵・脾,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    田中 裕次郎, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広, 宮川 亨平, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 610 - 610   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_610_2

  173. S1-04 極低出生体重児の腹部疾患の特殊性と手術の短期および長期予後(低出生体重児に対する外科治療の長期予後,シンポジウムI,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 490 - 490   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_490_2

  174. S5-5.極低出生体重児の外科疾患と予後(シンポジウム5「外科治療を受けた低出生体重児の予後」,低出生体重児の外科,第27回日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    田中 裕次郎, 内田 広夫, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 6 ) 頁: 929 - 929   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.6_929_2

  175. V-03 A型long gap食道閉鎖症に対する食道延長による二期的胸腔鏡下食道食道吻合術(ビデオセッション1,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    田中 裕次郎, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広, 宮川 亨平, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 560 - 560   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_560_1

  176. V-13 腹腔鏡下根治術を施行した先天性十二指腸狭窄の1例(ビデオセッション3,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 高澤 慎也, 神保 教広

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 565 - 565   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_565_1

  177. V-18 膵体部Solid pseudopapillary tumorに対する腹腔鏡下脾臓,脾動静脈温存膵体尾部切除術(ビデオセッション4,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広, 岸本 宏志

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 567 - 567   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_567_2

  178. V-19 膵中央切除を行ったSolid Pseudopapirally Tumorの1例(ビデオセッション4,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 神保 教広, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 568 - 568   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_568_1

  179. V-20 下大静脈内腫瘍塞栓が肝静脈流入部を越えて浸潤した腎芽腫に対する下大静脈のplicationを用いた腫瘍摘出術(ビデオセッション5,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広, 康 勝好, 松野 良介, 岸本 宏志, 野村 耕司

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 568 - 568   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_568_2

  180. P-342 当院で経験した卵巣腫瘍58症例の検討と卵巣腫瘍茎捻転の治療戦略(良性腫瘍3,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    神保 教広, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 751 - 751   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_751_1

  181. JOS-0862.腹腔鏡下精巣検索および手術に難渋した臍帯ヘルニア術後(Beckwith-Wiedemann症候群)の3症例(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    多田 実, 川嶋 寛, 内田 広夫, 小林 堅一郎, 宮川 享平, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 1 ) 頁: 167 - 167   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_167_1

  182. JOS-0867.経尿道的逆流防止術を施行した原発性膀胱尿管逆流症(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    小林 堅一郎, 多田 実, 高澤 慎也, 宮川 享平, 川嶋 寛, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 1 ) 頁: 168 - 168   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_168_3

  183. JOS-0868.小児に対する腹腔鏡下腎摘除術(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    高澤 慎也, 多田 実, 小林 堅一郎, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 宮川 亨平

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 1 ) 頁: 168 - 169   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_168_4

  184. JOS-0883.急性腹症における腹腔鏡手術の有用性(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 高澤 慎也, 宮川 亨平, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 1 ) 頁: 173 - 174   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_173_3

  185. JOS-0890.3歳未満の乳幼児に対する完全胸腔鏡下肺切除術の検討 : 胸腔鏡補助下手術との比較(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 宮川 亨平, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 1 ) 頁: 175 - 176   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_175_3

  186. JOS-0912.腹腔鏡下に摘出した巨大後腹膜奇形腫の1乳児例(要望演題・一般演題,第30回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    五藤 周, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 田中 裕次郎, 宮川 亨平

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 1 ) 頁: 182 - 183   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.1_182_3

  187. 3.重症尿路感染後に無機能腎となり腹腔鏡下腎摘出術を施行した1例(一般演題,第45回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    高澤 慎也, 多田 実, 小林 堅一郎, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 宮川 亨平, 天野 日出

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 3 ) 頁: 375 - 375   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.3_375_4

  188. 8.短腸症候群に尿路結石を合併した1例(一般演題,第40回日本小児外科代謝研究会) 査読有り

    高澤 慎也, 多田 実, 小林 堅一郎, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 宮川 亨平

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 2 ) 頁: 298 - 299   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.2_298_4

  189. 8.臍帯を利用し非縫合的腹壁閉鎖術を行った新生児腹壁異常の2例(一般演題,第45回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    宮川 亨平, 内田 広夫, 五藤 周, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 天野 日出

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 3 ) 頁: 376 - 377   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.3_376_5

  190. O-16 腹腔鏡補助下鎖肛根治術の術後合併症と術後排便機能(鎖肛術後の排便機能,一般口演,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 神保 教広, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 582 - 582   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_582_2

  191. O-27 単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILPEC)におけるSILPEC鉗子の開発と有用性(私はこうしている(各種デバイスを用いた一工夫)2,一般口演,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    神保 教広, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 588 - 588   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_588_1

  192. P-264 梨状窩瘻の診断と治療 : 梨状窩嚢胞と瘻孔の違いと確実な摘出法の確立(頸部,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    天野 日出, 内田 広夫, 佐藤 かおり, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 高澤 慎也, 神保 教広

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 715 - 715   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_715_2

  193. P-304 肺分画症を合併した横隔膜ヘルニアの3例(横隔膜2,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    高澤 慎也, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 神保 教広, 宮川 亨平, 天野 日出

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 732 - 732   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_732_1

  194. P-322 小児における器械吻合の有用性(手術の工夫,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 高澤 慎也, 神保 教広

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 741 - 741   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.4_741_1

  195. 12.完全胸腔鏡下に摘出した後縦隔まで進展した肺葉内肺分画症の1例(一般演題,第45回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    天野 日出, 内田 広夫, 岸本 宏志, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 宮川 亨平

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 3 ) 頁: 377 - 377   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.3_377_4

  196. 33.肺靭帯を通して後縦隔まで進展した先天性肺葉内肺分画症の1例(セッション7 一般演題(嚢胞性肺疾患),第21回日本小児呼吸器外科研究会) 査読有り

    天野 日出, 内田 広夫, 岸本 宏志, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 宮川 亨平

    日本小児外科学会雑誌   47 巻 ( 7 ) 頁: 1094 - 1094   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.47.7_1094_2

  197. Inguinal hernia repair in children using single-incision laparoscopic-assisted percutaneous extraperitoneal closure. 査読有り

    Uchida H, Kawashima H, Goto C, Sato K, Yoshida M, Takazawa S, Iwanaka T

    Journal of pediatric surgery   45 巻 ( 12 ) 頁: 2386-9   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2010.08.037

    PubMed

  198. 当センターにおける完全胸腔鏡下および胸腔鏡補助下肺葉切除術の検討 査読有り

    高澤 慎也, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 城 宏輔, 岩中 督

    埼玉県医学会雑誌   45 巻 ( 1 ) 頁: 91 - 93   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:埼玉県医学会  

    2000年1月〜2009年12月に胸腔鏡補助下(VATS)12例および完全胸腔鏡下(CTL)肺葉切除3例について、手術成績・合併症などを後方視的に検討した。VATSとCTLにおける中央値はそれぞれ、手術時年齢5歳10ヵ月・1歳3ヵ月、手術時体重は17.8kg・9.5kg、手術時間は184分・222分、出血量は116g・28g、術後在院日数は8.5日・6日であった。VATSで1例が出血のため開胸移行したが、いずれも術後合併症は認めなかった。

  199. Laparoscopic spleen-preserving distal pancreatectomy for solid pseudopapillary tumor with conservation of splenic vessels in a child. 査読有り

    Uchida H, Goto C, Kishimoto H, Kawashima H, Sato K, Yoshida M, Takazawa S

    Journal of pediatric surgery   45 巻 ( 7 ) 頁: 1525-9   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2010.03.013

    PubMed

  200. 重症心身障害児における小児外科医の役割 腹腔鏡下噴門形成術の長期予後 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 524 - 524   2010年5月

  201. S7-4.重症心身障害児に発症した絞扼性イレウスの4例(シンポジウム7「緊急手術」,障がい児を支える-小児外科医の役割-,第26回日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    五藤 周, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 高澤 慎也, 宮川 亨平

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 911 - 912   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_911_2

  202. PO-205 当院における小腸瘻閉鎖術の術後合併症と小児における器械吻合の可能性(各種手術の工夫,ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 701 - 701   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_701_1

  203. PS-059 当センターにおける先天性肺嚢胞性疾患に対する術式の検討(頚・胸部疾患治療の最前線,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    高澤 慎也, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 520 - 520   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_520_1

  204. PS-068 腹腔鏡下噴門形成術の長期予後(重症心身障害児における小児外科医の役割2,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 524 - 524   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_524_2

  205. PS-119 小児急性虫垂炎に対する保存療法の有用性 : 待機手術は本当に必要か?(虫垂炎の診断と治療,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    吉田 真理子, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 550 - 550   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_550_1

  206. PS-140 術創が残らない単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILPEC)の確立(内視鏡手術の進歩2,ポスターシンポジウム,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 560 - 560   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.3_560_2

  207. 11. 腹腔鏡補助下造肛術の術後合併症(要望演題II,第66回直腸肛門奇形研究会) 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也, 岩中 督, 石丸 哲也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 1 ) 頁: 136 - 136   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.1_136_1

  208. 84.新生児・乳児における腸捻転症53例の検討(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    吉田 真理子, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 1011 - 1011   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1011_3

  209. 55.両側腎動脈瘤の1男児例(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 1004 - 1004   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1004_2

  210. 20.肛門膣前庭瘻に子宮・膣欠損を合併した1例(一般演題,第29回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    高澤 慎也, 五藤 周, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 995 - 996   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_995_4

  211. 2.小児膵疾患に対する内視鏡的経乳頭的治療の経験(一般演題,第37回日本小児内視鏡研究会) 査読有り

    高澤 慎也, 糸井 隆夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 田中 裕次郎, 佐藤 かおり, 宮川 享平, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 1014 - 1015   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.6_1014_4

  212. 16.原因不明の発熱・下痢・嘔吐を繰り返した1乳児例(一般演題,第44回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 4 ) 頁: 800 - 800   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.4_800_3

  213. 11.術前に頭蓋内出血を認めた胆道閉鎖症の7例(一般演題,第36回日本胆道閉鎖症研究会) 査読有り

    五藤 周, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本小児外科学会雑誌   46 巻 ( 4 ) 頁: 820 - 821   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.46.4_820_4

  214. 小児内視鏡外科における機能温存と低侵襲の追及 小児内視鏡手術における機能温存と低侵襲の追求 胸腔鏡下食道閉鎖症根治術 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也, 古村 眞, 田中 裕次郎, 石丸 哲也

    日本内視鏡外科学会雑誌   14 巻 ( 7 ) 頁: 203 - 203   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  215. 重症心身障害児に対する内視鏡手術 胃食道逆流症とその治療戦略 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本内視鏡外科学会雑誌   14 巻 ( 7 ) 頁: 276 - 276   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  216. 腹腔鏡補助下鎖肛根治術の問題点と術後排便機能 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也

    日本内視鏡外科学会雑誌   14 巻 ( 7 ) 頁: 391 - 391   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  217. Stage 3の神経芽腫に対して集学的な治療は必要か 査読有り

    内田 広夫, 康 勝好, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也, 花田 良二

    小児がん   46 巻 ( プログラム・総会号 ) 頁: 312 - 312   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本小児がん学会  

  218. 【低出生体重児の外科Update】院外出生後、当センターに搬送された低出生体重児の外科手術症例 査読有り

    川嶋 寛, 内田 広夫, 吉田 真理子

    小児外科   41 巻 ( 11 ) 頁: 1222 - 1225   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    1999〜2008年の10年間に著者等の施設における2500g未満の低出生体重児で外科手術を行った124症例(男児71例、女児53例)を対象に、出生体重・在胎週数・診断・予後について後方視的に検討した。その結果、平均在胎週数は34(21〜41)週、出生体重は平均1817(506〜2486)gで、出生体重の内訳は1000g未満の超低出生体重児25例、1000g以上1500g未満の極低出生体重児10例、1500g以上2500g未満の低出生体重児89例であった。疾病別では腸閉鎖・狭窄22例、消化管穿孔21例、直腸肛門奇形20例、食道閉鎖症16例、腸回転異常症8例、壊死性腸炎7例、臍帯ヘルニア6例、腹壁破裂5例、肥厚性幽門狭窄症4例、横隔膜ヘルニア・ヒルシュスプルング病・胆道閉鎖症各2例であった。出生前診断は124例中14例(11.2%)で、全国集計の26.7%より胎児診断率が低かった。予後では術後死亡率は13%(16例)で全国集計の16.2%と同等であった。

  219. 当院における先天性胆道拡張症の長期予後 査読有り

    佐藤 かおり, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 芳田 真理子, 高澤 慎也

    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   32 巻   頁: 41 - 41   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本膵・胆管合流異常研究会  

  220. Recurrence of a congenital pancreatic cyst mimicking omental cyst after laparoscopic cyst resection. 査読有り

    Ishimaru T, Uchida H, Yotsumoto K, Gotoh C, Yoshida M, Oguma E, Kishimoto H, Iwanaka T, Kitano Y

    European journal of pediatric surgery : official journal of Austrian Association of Pediatric Surgery ... [et al] = Zeitschrift fur Kinderchirurgie   19 巻 ( 1 ) 頁: 53-4   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-2008-1038590

    PubMed

  221. Residual fistula after laparoscopically assisted anorectoplasty: is it a rare problem? 査読有り

    Uchida H, Iwanaka T, Kitano Y, Kudou S, Ishimaru T, Yotsumoto K, Gotoh C, Yoshida M

    Journal of pediatric surgery   44 巻 ( 1 ) 頁: 278-81   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2008.10.056

    PubMed

  222. S4-4.腹腔鏡補助下造肛術の術後合併症と排便機能(シンポジウム4「鏡視下鎖肛手術の適応と問題点」,術後評価からみた高位鎖肛各術式の功罪,第25回日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 高澤 慎也, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 6 ) 頁: 920 - 921   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.6_920_2

  223. MW-01 非触知精巣に対する腹腔鏡手術(ミニワークショップ 停留精巣・非蝕知精巣をどうするか?,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    川嶋 寛, 多田 実, 小林 堅一郎, 北野 良博, 内田 広夫, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 447 - 447   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.3_447_1

  224. O-33 開腹手術歴のない腸閉塞に対する腹腔鏡下手術の有用性(一般口演 虫垂炎・ヘルニア他,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    内田 広夫, 北野 良博, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 499 - 499   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.3_499_1

  225. O-37 ラブドイド腫瘍8例の検討(一般口演 悪性腫瘍,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    吉田 真理子, 北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 501 - 501   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.3_501_2

  226. O-78 小児外科学会指導医の現状(一般口演 その他,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 522 - 522   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.3_522_2

  227. P-008 当院で手術した胆道閉鎖症90例の予後(ポスター 移植2,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 526 - 526   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.3_526_2

  228. P-123 当科での臍ヘルニア・臍突出に対する手術方法(ポスター へそ4,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    佐藤 かおり, 北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 584 - 584   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.3_584_2

  229. 15.腹腔鏡補助下鎖肛根治術の功罪(一般演題,第19回日本小児外科QOL研究会) 査読有り

    内田 広夫, 北野 良博, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 5 ) 頁: 890 - 890   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.5_890_2

  230. 8.肛門膣前庭瘻に対するanterior sagittal anorectoplasty(ASARP)(要望演題「低位鎖肛治療のコンセンサス」,第65回直腸肛門奇形研究会) 査読有り

    五藤 周, 北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 270   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.2_269_5

  231. 8.当院における喉頭気管分離術症例のまとめ(一般演題,第19回日本小児呼吸器外科研究会) 査読有り

    吉田 真理子, 北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 2 ) 頁: 274 - 274   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.2_274_1

  232. 5.無瘻孔性鎖肛の初期診断(要望演題「低位鎖肛治療のコンセンサス」,第65回直腸肛門奇形研究会) 査読有り

    北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 269   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.2_269_2

  233. 42.再手術を要した手術合併症(要望演題・一般演題,第28回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 2 ) 頁: 302 - 303   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.2_302_4

  234. 35. 卵管捻転の3例(第43回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    佐藤 かおり, 北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 4 ) 頁: 794 - 794   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.4_794_3

  235. 33.重症心身障害児の胃食道逆流症に対する治療戦略(要望演題・一般演題,第28回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    内田 広夫, 北野 良博, 佐藤 かおり, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 2 ) 頁: 300 - 300   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.2_300_3

  236. 32. 高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下根治術後の機能評価(一般演題,第38回日本小児消化管機能研究会) 査読有り

    工藤 寿美, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己, 石丸 哲也, 五藤 周, 川嶋 寛, 金子 道夫, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 4 ) 頁: 813 - 814   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.4_813_5

  237. 22.再発予防の観点から再考したNuss法の至適手術時期(要望演題・一般演題,第28回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    石丸 哲也, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 杉田 礼典, 北野 良博

    日本小児外科学会雑誌   45 巻 ( 2 ) 頁: 297 - 298   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.45.2_297_4

  238. Seminal vesicle abscesses associated with ipsilateral multicystic dysplastic kidney in an infant. 査読有り

    Fujinaga S, Hirano D, Hara S, Uchida H, Kitano Y, Kobayashi K, Tada M, Someya T, Ohtomo Y, Shimizu T

    Pediatric nephrology (Berlin, Germany)   23 巻 ( 9 ) 頁: 1551-4   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00467-008-0839-5

    PubMed

  239. Present status of pancreas transplantation in Japan-donation predominantly from marginal donors and modified surgical technique: Report of Japan pancreas transplantation registry 査読有り

    Ishibashi M., Ito T., Sugitani A., Furukawa H., Sekiguchi S., Gotoh M., Teraoka S., Sato Y., Matsuno N., Kenmochi S., Uchida H., Yoshimura N., Nakajima Y., Kuroda Y., Odan H., Idezuki Y., Kanazawa Y.

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   40 巻 ( 2 ) 頁: 486 - 490   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2008.01.047

    Web of Science

  240. Present status of pancreas transplantation in Japan-donation predominantly from marginal donors and modified surgical technique: Report of Japan pancreas transplantation registry 査読有り

    M. Ishibashi, T. Ito, A. Sugitani, H. Furukawa, S. Sekiguchi, M. Gotoh, S. Teraoka, Y. Sato, N. Matsuno, S. Kenmochi, H. Uchida, N. Yoshimura, Y. Nakajima, Y. Kuroda, H. Odan, Y. Idezuki, Y. Kanazawa

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   40 巻 ( 2 ) 頁: 486 - 490   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    In Japan, organ donation has been still limited because of the strict donor criteria. The aim of this study was to show the effectiveness of pancreas transplantation (PTx) by analyzing the outcomes even under poor donor conditions. Thirty-six cases of PTx (32 simultaneous pancreas and kidney transplantations [SPK], 4 pancreas after kidney transplantations) performed during the last 8 years were examined especially for donor characteristics. Mean donor age of 41.4 +/- 11.9 years was considerably older compared with that in the United States and Europe; donors aged over 40 years comprised 67% of the total. According to the criteria described by Kapur, 29 cases (81%) in our series would be considered marginal. Thus, to increase blood supply into the pancreatic head, the gastroduodenal artery (GDA) was anastomosed using donor artery to common hepatic artery or iliac Y graft. These procedures were performed in 16 of the 24 cases in which there was liver procurement. Eventually, 34 cases (94%) preserved GDA continuity. Mean total cold ischemic time of pancreatic grafts was 12 hours 1.5 minutes. Of 214 registrants, 17 patients on the waiting list for SPK died of diabetic complications. To date, patient survival remains 100% with a mean follow-up period of 33 months. Pancreas graft survivals at 1, 3, and 5 years posttransplantation were 92%, 80%, and 80%, respectively. In contrast, kidney survivals were 91%, 91%, and 91%, respectively. The integrity of the pancreas head and duodenum by preservation of the GDA continuity might have decreased the risk associated with the marginal donors.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2008.01-047

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  241. VS-005 技術認定へ向けて : 腹腔鏡下噴門形成術における我々の手術法(技術認定の基準案の説明,特別企画 ビデオシンポジウム-日本内視鏡外科学会技術認定審査に向けて:腹腔鏡下噴門形成術-私の標準術式,Better Life for Sick Children, Better Future for Pediatric Surgery,第45回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 金森 豊, 杉山 正彦, 古村 眞, 中原 さおり, 菊池 弥寿子, 北野 良博, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 3 ) 頁: 386 - 386   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.3_386

  242. B-011 当院における悪性腫瘍ハイリスク症候群に対するスクリーニング検査について(一般演題 腫瘍2,Better Life for Sick Children, Better Future for Pediatric Surgery,第45回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    芳田 真理子, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己, 五藤 周, 石丸 哲也, 大橋 博文

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 3 ) 頁: 392 - 392   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.3_392_1

  243. B-049 胸腔鏡補助下Nuss手術の術後成績 : バー抜去術後症例に対するアンケート結果の検討から(一般演題 漏斗胸,Better Life for Sick Children, Better Future for Pediatric Surgery,第45回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    石丸 哲也, 内田 広夫, 四本 克己, 五藤 周, 芳田 真理子, 北野 良博

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 3 ) 頁: 410 - 410   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.3_410_2

  244. S2-5.高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下造肛術 : 術後排便機能と晩期合併症(シンポジウム-2:直腸肛門奇形,小児内視鏡手術,第24回日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    岩中 督, 川嶋 寛, 内田 広夫, 北野 良博, 工藤 寿美, 江村 隆起

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 6 ) 頁: 764 - 765   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.6_764_2

  245. S4-1.腹腔鏡下幽門筋切開術(シンポジウム-4:幽門狭窄症,小児内視鏡手術,第24回日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    佐藤 かおり, 北野 良博, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 6 ) 頁: 781 - 782   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.6_781_2

  246. S5-1.腹腔鏡下噴門形成術 : 当院での手術法(シンポジウム-5:噴門形成術,小児内視鏡手術,第24回日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    川嶋 寛, 北野 良博, 内田 広夫, 五藤 周, 佐藤 かおり, 吉田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 6 ) 頁: 784 - 784   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.6_784_2

  247. 42 腹腔鏡下噴門形成術再手術後に生じた絞扼性横隔膜ヘルニアの1例(一般演題,第27回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    五藤 周, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己, 石丸 哲也, 芳田 真理子, 岩中 督, 川嶋 寛

    日本小児外科学会雑誌   44 巻 ( 1 ) 頁: 102 - 102   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.44.1_102_3

  248. The laparoscopic approach of neuroblastoma. 査読有り

    Iwanaka T, Kawashima H, Uchida H

    Seminars in pediatric surgery   16 巻 ( 4 ) 頁: 259-65   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.sempedsurg.2007.06.008

    PubMed

  249. 医療の質と安全の推進に向けたICTの活用 : ユーザビリティから見た有効性 査読有り

    相馬 孝博, 内田 宏美, 櫃石 秀信, 竹田 慎一, 中島 和江

    医療情報学 = Japan journal of medical informatics   27 巻 ( 1 ) 頁: 29 - 32   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本医療情報学会  

    ユーザビリティには,学習しやすさ・効率性・覚えやすさ・間違えにくさ・満足感の5つの側面があり,利用者が快適に使用でき,利用者の間違いをなくすような設計は,医療安全にも寄与することは間違いない.その一方では確実性と安全性を追求すると,効率面でのユーザビリティが低下する危険があるので,双方を満たす研究が必要である.

    DOI: 10.14948/jami.27.29

  250. R-006 腹腔鏡補助下造肛術の工夫 : その有用性と限界(低侵襲手術I, 第44回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    内田 広夫, 石丸 哲也, 工藤 寿美, 北野 良博, 四本 克己, 五藤 周, 芳田 真理子, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 373 - 373   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.3_373_2

  251. P-032B 開腹Duhamel法と腹腔鏡補助下Soave伝田法の術中・術後早期合併症の検討(結腸・直腸・肛門, 第44回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    石丸 哲也, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己, 五藤 周, 芳田 真理子, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 452 - 452   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.3_452_2

  252. P-273A 13トリソミー・18トリソミーに合併する新生児外科疾患(新生児2・膵,脾,門脈, 第44回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    五藤 周, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己, 石丸 哲也, 芳田 真理子

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 573 - 573   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.3_573_1

  253. P-274A 膵・胆管合流異常症術後の慢性反復性膵炎治療に難渋した1例(新生児2・膵,脾,門脈, 第44回日本小児外科学会学術集会) 査読有り

    四本 克己, 岩中 督, 川嶋 寛, 内田 広夫, 岸本 宏志

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 573 - 573   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.3_573_2

  254. 1.新生児期に手術を施行した先天性梨状窩嚢胞の2例(一般演題,第26回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    石丸 哲也, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 川嶋 寛, 五藤 周, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 1 ) 頁: 104 - 104   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.1_104_2

  255. 65.ターナー症候群の索状性腺に対する腹腔鏡下性腺摘除術の手術経験(一般演題,第26回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    四本 克己, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 石丸 哲也, 岩中 督, 会津 克哉, 望月 弘

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 1 ) 頁: 121 - 121   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.1_121_1

  256. 3.顎下腺に生じたsialolipomaの1例(一般演題,第41回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    五藤 周, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 川嶋 寛, 石丸 哲也, 岸本 宏志

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 6 ) 頁: 794 - 794   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.6_794_3

  257. 23.下部空腸に胎便が充満したmeconium diseaseの1例(一般演題,第41回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 五藤 周, 石丸 哲也, 藤澤 ますみ, 鬼本 博文

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 6 ) 頁: 799 - 799   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.6_799_1

  258. 20.過去10年間のHirschsprung病の検討 : Duhamel池田法と腹腔鏡補助下Soave伝田法の比較(一般演題,第37回日本小児消化管機能研究会) 査読有り

    石丸 哲也, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己, 五藤 周, 芳田 真理子, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 5 ) 頁: 709 - 709   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.5_709_4

  259. 18.小児内鏡視手術の術中,術後合併症の検討(一般演題,第26回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    五藤 周, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 川嶋 寛, 石丸 哲也

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 1 ) 頁: 109 - 109   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.1_109_1

  260. 14.小児肺疾患に対する胸腔鏡および胸腔鏡補助下手術症例の検討(第17回日本小児呼吸器外科研究会) 査読有り

    内田 広夫, 岩中 督, 四本 克己, 川嶋 寛, 石丸 哲也, 五藤 周

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 4 ) 頁: 648 - 648   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.4_648_2

  261. 12.Caudal duplicationの2例(II.第63回直腸肛門奇形研究会抄録(主題:重複肛門),第63回直腸肛門奇形研究会) 査読有り

    石丸 哲也, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 川嶋 寛, 五藤 周, 多田 実, 小林 堅一郎, 岩中 督

    日本小児外科学会雑誌   43 巻 ( 1 ) 頁: 125 - 125   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.43.1_125_1

  262. P-62 待機的腹腔鏡下虫垂切除術;その効用と妥当性の検討(示説15 小腸2,第43回 日本小児外科学会総会) 査読有り

    内田 広夫, 岩中 督, 岸本 宏志, 川嶋 寛, 四本 克己, 石丸 哲也, 五藤 周, 浜野 志穂

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 3 ) 頁: 450 - 450   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.3_450_2

  263. Or-55 腹腔鏡下幽門筋切開術の臨床的検討(口演14 内視鏡,第43回 日本小児外科学会総会) 査読有り

    浜野 志穂, 岩中 督, 川嶋 寛, 内田 広夫, 四本 克己, 石丸 哲也, 五藤 周

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 3 ) 頁: 414 - 414   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.3_414_1

  264. Or-56 腹腔鏡下噴門形成術後に再発した6症例 : 再発原因の検討と腹腔鏡下再手術(口演14 内視鏡,第43回 日本小児外科学会総会) 査読有り

    石丸 哲也, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 四本 克己, 五藤 周, 浜野 志穂

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 3 ) 頁: 414 - 414   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.3_414_2

  265. 16. 新生児十二指腸穿孔の1例(第40回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    石丸 哲也, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 四本 克己, 五藤 周, 浜野 志穂

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 1 ) 頁: 111 - 111   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.1_111_4

  266. 7.腹腔鏡下肥厚性幽門狭窄症の手術と消化管機能(一般演題,第36回日本小児消化管機能研究会) 査読有り

    浜野 志穂, 岩中 督, 川嶋 寛, 内田 広夫, 四本 克己, 石丸 哲也

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 4 ) 頁: 546 - 546   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.4_546_4

  267. 49. 超低出生体重児腸重積症の1例(第25回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 五藤 周, 浜野 志穂, 石丸 哲也, 長澤 真由美, 鬼本 博文

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 1 ) 頁: 157 - 157   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.1_157_2

  268. 25. 食道狭窄, 胃食道逆流症, 先天性食道裂孔ヘルニアを合併し診断・治療に難渋したBPFMの1例(第25回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    四本 克己, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 石丸 哲也, 五藤 周, 浜野 志穂, 岸本 宏志

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 1 ) 頁: 151 - 151   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.1_151_2

  269. 18. 小児慢性排便障害に対する結腸瘻ボタンを用いた腹腔鏡下順行性浣腸路の経験(第25回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会) 査読有り

    浜野 志穂, 岩中 督, 四本 克己, 内田 広夫, 川嶋 寛, 五藤 周, 石丸 哲也

    日本小児外科学会雑誌   42 巻 ( 1 ) 頁: 149 - 149   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.42.1_149_3

  270. Midterm follow-up study of high-type imperforate anus after laparoscopically assisted anorectoplasty. 査読有り

    Kudou S, Iwanaka T, Kawashima H, Uchida H, Nishi A, Yotsumoto K, Kaneko M

    Journal of pediatric surgery   40 巻 ( 12 ) 頁: 1923-6   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2005.08.008

    PubMed

  271. B-51 食道閉鎖症long gap症例の術後長期予後について(食道) 査読有り

    西 明, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 四本 克己, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 3 ) 頁: 455 - 455   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.3_455_1

  272. A-21 小児内視鏡下手術における術中合併症予防の工夫(鏡視下手術の合併症予防の工夫) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 西 明, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 3 ) 頁: 375 - 375   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.3_375_1

  273. B-32 腹腔鏡下噴門形成術の手術適応と合併症 : 当センター78例の検討(内視鏡・内視鏡手術) 査読有り

    内田 広夫, 岩中 督, 川嶋 寛, 西 明, 四本 克己, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 3 ) 頁: 450 - 450   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.3_450_2

  274. 22. 胆道閉鎖症疑診例に対する腹腔鏡下肝門部観察および胆道造影の適応と有用性(第31回胆道閉鎖症研究会) 査読有り

    西 明, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 四本 克己, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 4 ) 頁: 706 - 706   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.4_706_2

  275. 40. 食道閉鎖症術後のGER手術適応について(コンセンサスカンファレンス(GERDの手術適応): 食道閉鎖症術後, 第35回日本小児消化管機能研究会) 査読有り

    西 明, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 四本 克己, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 6 ) 頁: 839 - 839   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.6_839_1

  276. 38.交通外傷により肛門から結腸の脱出がみられた小児の1例(第39回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    内田 広夫, 岩中 督, 西 明, 川嶋 寛, 四本 克己, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 1 ) 頁: 90 - 91   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.1_90_4

  277. 33. 重症心身障害児の胃食道逆流症に対する手術適応(コンセンサスカンファレンス(GERDの手術適応): 重症心身障害児(者), 第35回日本小児消化管機能研究会) 査読有り

    内田 広夫, 岩中 督, 川嶋 寛, 西 明, 四本 克己, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 6 ) 頁: 837 - 837   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.6_837_2

  278. 32.吐血, 腹腔内遊離ガス像を認めた急性虫垂炎の1例(第39回日本小児外科学会関東甲信越地方会) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 西 明, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 1 ) 頁: 89 - 89   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.1_89_3

  279. 27. 呼吸障害を合併する胃食道逆流症に対する腹腔鏡下噴門形成術の手術適応(コンセンサスカンファレンス(GERDの手術適応): 呼吸器症状, 第35回日本小児消化管機能研究会) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 四本 克己, 西 明, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   41 巻 ( 6 ) 頁: 836 - 836   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.41.6_836_1

  280. Complications of laparoscopic surgery in neonates and small infants. 査読有り

    Iwanaka T, Uchida H, Kawashima H, Nishi A, Kudou S, Satake R

    Journal of pediatric surgery   39 巻 ( 12 ) 頁: 1838-41   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  281. Infantile intestinal leiomyosarcoma is prognostically favorable despite histologic aggressiveness: case report and literature review. 査読有り

    Yamamoto H, Tsuchiya T, Ishimaru Y, Kisaki Y, Fujino J, Uchida H, Yoshida M, Mori Y, Ikeda H

    Journal of pediatric surgery   39 巻 ( 8 ) 頁: 1257-60   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  282. D-lactic acidosis in short-bowel syndrome managed with antibiotics and probiotics. 査読有り

    Uchida H, Yamamoto H, Kisaki Y, Fujino J, Ishimaru Y, Ikeda H

    Journal of pediatric surgery   39 巻 ( 4 ) 頁: 634-6   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  283. Umbilicoplasty for large protruding umbilicus accompanying umbilical hernia: a simple and effective technique. 査読有り

    Ikeda H, Yamamoto H, Fujino J, Kisaki Y, Uchida H, Ishimaru Y, Hasumi T, Hamajima A

    Pediatric surgery international   20 巻 ( 2 ) 頁: 105-7   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00383-003-1097-z

    PubMed

  284. Epidermoid cyst: rare testicular tumor in children. 査読有り

    Fujino J, Yamamoto H, Kisaki Y, Ishimaru Y, Uchida H, Mori Y, Nozaki M, Ikeda H

    Pediatric radiology   34 巻 ( 2 ) 頁: 172-4   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00247-003-1052-0

    PubMed

  285. P-177 当センターにおける鎖肛根治術の変遷と周術期の問題点(示説 直腸肛門奇形) 査読有り

    工藤 寿美, 岩中 督, 内田 広夫, 西 明, 川嶋 寛, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   40 巻 ( 3 ) 頁: 526 - 526   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.40.3_526_1

  286. P-143 突然の小腸穿孔で発症したクロストリディウム腸炎の1例(示説 十二指腸・小腸1) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 西 明, 工藤 寿美, 佐竹 亮介, 岸本 宏志

    日本小児外科学会雑誌   40 巻 ( 3 ) 頁: 509 - 509   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.40.3_509_1

  287. 1. 腹腔鏡下噴門形成術の再発症例に対する腹腔鏡下手術(セッション8 ミニシンポジウム1 : 内視鏡手術における合併症の予防と対処法)(第23回日本小児外科手術手技・小児内視鏡手術研究会) 査読有り

    川嶋 寛, 岩中 督, 内田 広夫, 西 明, 工藤 寿美, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   40 巻 ( 1 ) 頁: 160 - 160   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.40.1_160_2

  288. 2. 腹腔鏡下造肛術時の膣,尿道の同定の工夫(セッション9 腹腔鏡,手術手技 : 直腸肛門・泌尿生殖器1)(第23回日本小児外科手術手技・小児内視鏡手術研究会) 査読有り

    西 明, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 工藤 寿美, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   40 巻 ( 1 ) 頁: 162 - 162   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.40.1_162_2

  289. 14. 術後直腸狭窄に対する経肛門的狭窄切開術の経験(第30回日本小児内視鏡研究会) 査読有り

    西 明, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 工藤 寿美, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   40 巻 ( 2 ) 頁: 223 - 224   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.40.2_223_4

  290. 11. ITPに対する腹腔鏡下脾摘術中の血小板数の変動について(第17回日本小児脾臓研究会) 査読有り

    西 明, 岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 工藤 寿美, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   40 巻 ( 2 ) 頁: 231 - 231   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.40.2_231_2

  291. Impact of graft length on surgical damage after intestinal transplantation in rats. 査読有り

    Inoue S, Tahara K, Sakuma Y, Hori T, Uchida H, Hakamada Y, Murakami T, Takahashi M, Kawarasaki H, Hashizume K, Kaneko M, Kobayashi E

    Transplant immunology   11 巻 ( 2 ) 頁: 207-14   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0966-3274(03)00008-X

    PubMed

  292. Impact of graft length on surgical damage after intestinal transplantation in rats 査読有り

    S Inoue, K Tahara, Y Sakuma, T Hori, H Uchida, Y Hakamada, T Murakami, M Takahashi, H Kawarasaki, K Hashizume, M Kaneko, E Kobayashi

    TRANSPLANT IMMUNOLOGY   11 巻 ( 2 ) 頁: 207 - 214   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Background: Intestinal grafts greatly affect nutrition and immunology in the host. The growth of the recipient and incidence of graft-versus-host disease depend on graft length. A larger graft may affect the host immune system, but little is known about how the length of the intestinal graft severely affects surgical intervention. We developed a cervical small bowel transplantation (SBT) rat model that minimized technical variations using a cuff method and studied the effects of graft length on surgical damage in SBT. Materials and methods: We transplanted a whole (70 cm) or partial (15 cm) intestine into a syngeneic rat combination of LEW (MHC haplotype: RT1(1)) to LEW and evaluated changes in perioperative hemodynamics and the endogenous endotoxin level. Natural killer (NK) cell activity in the peripheral blood and the immunologic response of the recipient spleen were also studied. Results: In the whole SBT model, body weight loss was more severe than in the segmental SBT model; the rats in the former model often died, while all in the latter survived indefinitely. The systemic blood pressure markedly decreased in the whole SBT group immediately after reperfusion. The proliferative activity of splenic lymphocytes stimulated by concanavalin A was also more severely inhibited in the former model than in the latter postoperatively. NK cell activity in the whole SBT rats declined more severely than the segmental SBT rats 3 days postoperatively. Conclusion: The longer graft severely induced surgical intervention; and influenced host immunosuppression, resulting in the higher mortality in rats undergoing whole SBT. (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    Web of Science

  293. Increase of bile acid production by tacrolimus in the rat liver. 査読有り

    Mizuta K, Kobayashi E, Uchida H, Hishikawa S, Kawarasaki H

    Transplantation proceedings   35 巻 ( 1 ) 頁: 437-8   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  294. Increase of bile acid production by tacrolimus in the rat liver 査読有り

    Mizuta K, Kobayashi E, Uchida H, Hishikawa S, Kawarasaki H

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   35 巻 ( 1 ) 頁: 437 - 438   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0041-1345(02)03794-6

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  295. V-026 ブタ部分小腸移植モデル : VCS クリップを用いた血管吻合法 査読有り

    吉野 浩之, 山内 仁, 井上 成一朗, 田原 和典, 内田 広夫, 宇野 武治, 水田 耕一, 河原 秀雄, 橋都 浩平, 小林 英司

    日本小児外科学会雑誌   39 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 241   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.39.3_241_2

  296. 4. 極低出生体重児のC型食道閉鎖症に対する新しい治療法の試み(セッションIV 低出生体重児)(第19回日本小児外科学会秋季シンポジウム : 先天性食道閉鎖症) 査読有り

    岩中 督, 内田 広夫, 川嶋 寛, 西 明, 工藤 寿美, 佐竹 亮介

    日本小児外科学会雑誌   39 巻 ( 6 ) 頁: 738 - 739   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.39.6_738_3

  297. Short-course methotrexate and long-term acceptance of fully allogeneic rat cardiac grafts: a possible mechanism of tolerance. 査読有り

    Sakuma Y, Xiu D, Uchida H, Hakamata Y, Takahashi M, Murakami T, Nagai H, Kobayashi E

    Transplant immunology   10 巻 ( 1 ) 頁: 49-54   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  298. Short-course methotrexate and long-term acceptance of fully allogeneic rat cardiac grafts: a possible mechanism of tolerance 査読有り

    Sakuma Y, Xiu D, Uchida H, Hakamata Y, Takahashi M, Murakami T, Nagai H, Kobayashi E

    TRANSPLANT IMMUNOLOGY   10 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 54   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  299. Combined cuff and suture technique for orthotopic whole intestinal transplantation in rats. 査読有り

    Nakao A, Tahara K, Inoue S, Mizuta K, Takeichi T, Uchida H, Tanaka N, Kobayashi E

    Microsurgery   22 巻 ( 3 ) 頁: 85-90   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/micr.21731

    PubMed

  300. Chronotherapy of sublethal doses of methotrexate on rats allogeneic heart grafts 査読有り 国際誌

    Xiu D.R, Sakuma Y, Nagai H, To H, Sugimoto K, Fujimura A, Uchida H, Kobayashi E

    Research Communications in Pharmacology and Toxicology   7 巻 ( 1-2 ) 頁: 77 - 85   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  301. Comparison of efficacy and toxicity between Sandimmune® and Neoral® in the cyclosporine-resistant rat allo-pancreas transplantation 査読有り 国際誌

    Sakuma Y, Nagai H, Sugimoto K.-I, Fujimura A, Murakami T, Uchida H, Hakamata Y, Takahashi M, Kobayashi E

    Research Communications in Pharmacology and Toxicology   7 巻 ( 1-2 ) 頁: 86 - 94   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  302. 小児腹部鈍的外傷と Pediatric Trauma Score に関する検討 査読有り

    藤野 順子, 石丸 由紀, 山本 英輝, 内田 広夫, 池田 均

    日本小児外科学会雑誌   38 巻 ( 6 ) 頁: 826 - 832   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    【目的】小児腹部鈍的外傷においてPediatric Trauma Score (PTS)が開腹手術などの外科的処置を必要とする症例の選別に有用であるか否かの後方視的検討を行った.【方法】1985年から2001年12月までの16年間に入院治療を行った腹部鈍的外傷症例のうち臓器損傷が明らかとなった42例の48臓器損傷を対象に, 損傷形態の分類, PTS, 治療内容等に関する解析を行った.【結果】肝, 脾, 腎の実質臓器損傷では外科的処置を必要とした5例のPTSは1-10(中央値, 7)で, 保存的治療が行われた34例のPTS 4-12(中央値, 11)より有意に低値を示した(p=0.004).一方, 消化管損傷, 横隔膜損傷では外科的処置を必要とした5例のPTSは4-12(中央値, 12), 保存的治療が行われた4例のPTSは10-12(中央値, 10)で両者に差を認めなかった.【結論】小児の腹部鈍的外傷において実質臓器損傷をともない, かつPTSが低値を示す場合には外科的処置を視野に入れ治療をすすめる必要がある.しかし, 臓器の損傷程度の判定や治療方針の決定にはより損傷臓器に特異的な評価基準の開発が必要と考えられた.

    DOI: 10.11164/jjsps.38.6_826

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008346366

  303. Surgery: ... An enabling profession? 査読有り

    Lineaweaver WC

    MICROSURGERY   22 巻 ( 4 ) 頁: 131 - 132   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/micr.21739

    Web of Science

  304. A-16 新生児小腸を用いた移植治療のための基礎的研究 査読有り

    内田 広夫, 田原 和典, 井上 成一朗, 石丸 由紀, 小林 英司, 池田 均

    日本小児外科学会雑誌   38 巻 ( 3 ) 頁: 422 - 422   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.38.3_422_2

  305. Experimental small bowel transplantation using a newborn intestine in rats: IV. Effect of cold preservation on graft neovascularization. 査読有り

    Uchida H, Tahara K, Takizawa T, Inose K, Yashiro T, Hashizume K, Ikeda H, Takahashi M, Kobayashi E

    Journal of pediatric surgery   36 巻 ( 12 ) 頁: 1805-10   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/jpsu.2001.28843

    PubMed

  306. Experimental small bowel transplantation using a newborn intestine in rats: IV. Effect of cold preservation on graft neovascularization 査読有り

    H Uchida, K Tahara, T Takizawa, K Inose, T Yashiro, K Hashizume, H Ikeda, M Takahashi, E Kobayashi

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   36 巻 ( 12 ) 頁: 1805 - 1810   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO  

    Background/Purpose: University of Wisconsin (UW) solution is one of the most superior organ preservation solutions for liver, kidney, and pancreas; however, it still is controversial for intestinal preservation. Here, the authors studied the efficacy of preservation with 2 kinds of solutions, UW and modified TOM (m-TOM) solutions in our experimental newborn intestinal transplantation model. UW solution was used as a standard intracellular and m-TOM solution as an extracellular preservation solution. Lactated ringer (LR) solution was used as a control.
    Methods. Newborn intestine, which were preserved in these solutions for 24 or 48 hours, were transplanted in the subcutaneous spaces of the syngeneic recipients without surgical vascular anastomosis and histologically examined 14 days after grafting. The preserved grafts were evaluated histologically by use of light and electron microscopy just after preservation. The biochemical parameters such as LDH and serotonin also were measured in the supernatants of preservation solutions.
    Results: Fresh newborn grafts were revascularized successfully at a rate of 80% (16 of 20). After 24 hours of preservation, 65% (13 of 20), 75% (15 of 20), and 85% (17 of 20) of the grafts were observed to be revascularized in LR, m-TOM, and UW solutions, respectively. After 48 hours of preservation, 60% (12 of 20), 80% (16 of 20), and 80% (16 of 20) of the grafts also were revascularized in the respective solutions (no statistic difference among the groups). The cold-preservation did not affect the neovascularization of newborn intestine until 48 hours. Histologic findings of the preserved intestine and biochemical analyses showed that UW and m-TOM solutions kept villous architectures of the preserved grafts, however, might be harmful to enterochromaffin cells.
    Conclusion: Long-time preservation of newborn intestine did not interfere with neovascularization and maturation. Copyright (C) 2001 by W.B. Saunders Company.

    Web of Science

  307. High-dose tacrolimus and lengthy survival of the combined rat pancreas/spleen graft in a high-responder combination. 査読有り

    Sakuma Y, Uchida H, Nagai H, Kobayashi E

    Transplant immunology   9 巻 ( 1 ) 頁: 37-42   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  308. High-dose tacrolimus and lengthy survival of the combined rat pancreas/spleen graft in a high-responder combination 査読有り

    Y Sakuma, H Uchida, H Nagai, E Kobayashi

    TRANSPLANT IMMUNOLOGY   9 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 42   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Pancreas grafts do not survive for lengthy periods, especially in a high-responder rat combination. Recent data indicated that a combined spleen/pancreas graft protects against acute graft rejection and induces donor-specific tolerance. In this study, we performed a combination spleen/pancreas transplantation using high-dose tacrolimus in a high-responder rat combination of DA (RTla) to LEW(RT1(l)) and induced permanent survival in the few recipient rats. In these recipients, there was no difference in the mixed lymphocyte reaction (MLR) of the recipients when compared with that of the naive LEW splenic cells, but MLR inhibition by the serum from the recipients was significantly decreased. We also performed immunoblotting and detected a protein that has an affinity for the anti-DA class antibody. This protein may be an anti-idiotypic antibody and contribute to donor- and tissue-specific tolerance. (C) 2001 Elsevier Science BN. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0966-3274(01)00049-1

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  309. Green fluorescent protein-transgenic rat: a tool for organ transplantation research. 査読有り

    Hakamata Y, Tahara K, Uchida H, Sakuma Y, Nakamura M, Kume A, Murakami T, Takahashi M, Takahashi R, Hirabayashi M, Ueda M, Miyoshi I, Kasai N, Kobayashi E

    Biochemical and biophysical research communications   286 巻 ( 4 ) 頁: 779-85   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.2001.5452

    PubMed

  310. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats: III. Long-term cryopreservation of rat newborn intestine. 査読有り

    Tahara K, Uchida H, Kawarasaki H, Hasizume K, Kobayashi E

    Journal of pediatric surgery   36 巻 ( 4 ) 頁: 602-4   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/jpsu.2001.22295

    PubMed

  311. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats: III. Long-term cryopreservation of rat newborn intestine 査読有り

    K Tahara, H Uchida, H Kawarasaki, K Hasizume, E Kobayashi

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   36 巻 ( 4 ) 頁: 602 - 604   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO  

    Background: If long-term organ cryopreservation can be attained, a significant achievement will have been made to address the problem for donor shortage. Fetal intestine has been known to revascularize naturally without vascular anastmosis. The authors have confirmed previously that the newborn intestine also could develop to maturity in the host omentum. Here, the authors examined whether the cryopreserved newborn intestine could revascularize in the syngeneic combination using the 2 different solutions and whether cryopreservation affect their antigenicity in the allogeneic combination.
    Methods: Inbred rat strains of LEW (MHC haplotype; RT1(1)) and BN (RT1(n)) were used. LEW newborn intestinal grafts were stored in RPMI-1640 or University of Wisconsin solution with 10% DEMSO (n = 10 in each group). The grafts were placed into a cold (4 degreesC) preservation solution for 30 minutes and then placed into a freezing chamber and cooled to -80 degreesC at -1 degreesC/min after 12 hours quenched to -180 degreesC in liquid nitrogen for longer than 30 days. Then, the cryopreserved grafts under the 2 different solutions were transplanted syngenicaly (LEW to LEW). The cryopreserved BN grafts also were implanted into the LEW omentum pouch. The allotransplantation was received with a 14-day high-dose course of tacrolimus (0.64 mg/kg, intramuscularly). The grafts were evaluated histologically at 4 weeks after transplantation. Fresh newborn intestines implanted in this syngeneic and allogeneic combination were evaluated as each control group.
    Result: In the syngeneic combination, more than 90% of the mature intestine were obtained. There was no significant difference among the different solution and the fresh group. However, in the allogeneic combination, both fresh and cryo preserved grafts were histologically poor.
    Conclusions: This is the first report showing that long-term cryopreservation was not harmful for neovascularization of newborn intestine. Long-term cryopreservation did not reduce the antigenicity of the newborn intestine.

    Web of Science

  312. Rat auxiliary liver transplantation without portal vein reconstruction: comparison with the portal vein-arterialized model. 査読有り

    Rong Xiu D, Hishikawa S, Sato M, Nagai H, Uchida H, Kobayashi E

    Microsurgery   21 巻 ( 5 ) 頁: 189-95   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  313. Dosing time-dependent pharmacological effects of anti-metabolites for rat cardiac graft. 査読有り

    To H, Xiu DR, Hishikawa S, Uchida H, Sudoh T, Sunaga K, Sugimoto K, Higuchi S, Fujimura A, Kobayashi E

    Research communications in molecular pathology and pharmacology   110 巻 ( 5-6 ) 頁: 319-32   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  314. Orthotopic intestinal transplantation using the cuff method in rats: a histopathological evaluation of the anastomosis. 査読有り

    Nakao A, Ogino Y, Tahara K, Uchida H, Kobayashi E

    Microsurgery   21 巻 ( 1 ) 頁: 12-5   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  315. Simplified method of heterotopic rat heart transplantation using the cuff technique: application to sublethal dose protocol of methotrexate on allograft survival. 査読有り

    Xiu D, Uchida H, To H, Sugimoto K, Kasahara K, Nagai H, Fujimura A, Kobayashi E

    Microsurgery   21 巻 ( 1 ) 頁: 16-21   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  316. Chronopharmacology of oral prednisolone in rats. 査読有り

    Tomizawa N, Uchida H, Xiu DR, To H, Fujimura A, Kobayashi E

    Journal of medicine   32 巻 ( 3-4 ) 頁: 135-51   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  317. Simplified method of heterotopic rat heart transplantation using the cuff technique: Application to sublethal dose protocol of methotrexate on allograft survival 査読有り

    Xiu DR, Uchida H, To H, Sugimoto K, Kasahara K, Nagai H, Fujimura A, Kobayashi E

    MICROSURGERY   21 巻 ( 1 ) 頁: 16 - 21   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  318. Orthotopic intestinal transplantation using the cuff method in rats: A histopathological evaluation of the anastomosis 査読有り

    A Nakao, Y Ogino, K Tahara, H Uchida, E Kobayashi

    MICROSURGERY   21 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 15   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Segmental small intestine transplantation (SIT) in rats, using a cuff technique, has achieved a high success rate. However, there have been few reports on the influence of the foreign body reaction to polyethylene cuff on vessel anastomoses and graft after SIT. This study involves the histopathological examination of the site of cuff anastomosis and grafts in the short- and long-term survival of segmental SIT. The data obtained from the suture anastomosis model also served as a control. One week after heterotopic segmental SIT using the cuff technique, orthotopic continuations were carried out in syngeneic combination. Twenty-five of 30 rats surviving &gt;200 days (83.3%) were examined for vessel anastomosis. All arterial anastomoses were patent, but the portovenous anastomoses in 10 grafts (33%) were totally occluded and were associated with the formation of collateral vessels. Histopathological examination demonstrated good patency of the artery and vein anastomotic site in the short term, but granulation, fibrosis, and neovascularization at the anastomosis site surrounding the cuffs in the long-surviving group. However, the grafts appeared to be intact, with normal features of the villi. On the contrary, the site of the sutured anastomosis in the long-survival rats showed no inflammatory reaction. Although a polyethylene cuff caused foreign body reaction, the graft blood supplies were maintained by collateral vessels. Considering the low mortality and high success rate, polyethylene cuff is good for short-term study and an alternative method for long-term SIT experiments. (C) 2001 Wiley-Liss, Inc.

    Web of Science

  319. Rat auxiliary liver transplantation without portal vein reconstruction: Comparison with the portal vein-arterialized model 査読有り

    Xiu DR, Hishikawa S, Sato M, Nagai H, Uchida H, Kobayashi E

    MICROSURGERY   21 巻 ( 5 ) 頁: 189 - 195   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  320. Rat auxiliary liver transplantation without portal vein reconstruction: Comparison with the portal vein-arterialized model 査読有り

    DR Xiu, S Hishikawa, M Sato, H Nagai, H Uchida, E Kobayashi

    MICROSURGERY   21 巻 ( 5 ) 頁: 189 - 195   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Auxiliary liver transplantation (ALT) has been reintroduced in clinical cases recently and is now believed to be a viable alternative to orthotopic liver transplantation. To provide a simple rat ALT model for studying the physiological and immunological aspects of the ALT graft, a new ALT was performed, and the comparison between this new model and the portal arterialized one that was reported by other investigators was carried out. At first, we confirmed that liver could tolerate the deprivation of its portal flow well, using a portosystemic shunted rat model. The new rat ALT model, in which the ALT graft obtained its blood inflow only from the hepatic artery, was then performed. Our results demonstrated that 50% of the hepatic artery-alone ALT graft showed almost normal structure histologically at 1 month after grafting, with bile secretion preserved. By contrast, only 8% 1-month graft survival was noted in the portal arterialized group, and all grafts stopped bile secretion 1 week after operation. In conclusion, with arterial blood supply-alone, the ALT graft survived and demonstrated normal bile secretion function for more than 1 month. Portal vein arterialization is not an appropriate way to establish the graft's blood supply if no pressure adjustment measures were taken in advance. (C) 2001 Wiley-Liss, Inc.

    Web of Science

  321. 22. 新生仔小腸を用いた実験的小腸移植の可能性(Session 2. 長期栄養管理のコツ : ここがポイントだ, 小児外科と代謝・栄養, 第 17 回 日本小児外科学会秋季シンポジウム) 査読有り

    内田 広夫, 池田 均, 田原 和典, 小林 英司

    日本小児外科学会雑誌   37 巻 ( 6 ) 頁: 885 - 886   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    DOI: 10.11164/jjsps.37.6_885_2

  322. [Characterization of humoral immunosuppressive factors induced after allogeneic blood transfusion and their application for organ transplantation]. 査読有り

    Uchida H, Tanaka H, Tahara K, Kobayashi E

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology   23 巻 ( 6 ) 頁: 627-9   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  323. Hepatic lymphocyte transplantation in hyperbilirubinemic Gunn rats 査読有り

    Y Yoshida, E Kobayashi, M Nozawa, H Uchida, A Fujimura, T Yamanaka, M Miyata

    EUROPEAN SURGICAL RESEARCH   32 巻 ( 4 ) 頁: 223 - 227   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    Hepatic lymphomyeloid cells (HLCs) are thought to contain liver stem cells. We investigated whether HLCs generated enzyme-producing cells in vivo. HLCs from normal Wistar/Shi rats and rats in which liver ischemia was induced using a portal clamp 4 days previously were studed histopathologically and characterized using flow cytometry. Splenic lymphocytes obtained from these animals were compared as a control. The proliferative activity of HLCs and splenic cells from both groups was also tested by stimulation with concanavalin A. HLCs contained a significantly higher number of NK-T cells and OV6+ cells compared with the splenic cells. The HLCs from rats in which liver ischemia was induced tended to have greater proliferative activity than those from normal rats, while the proliferative activity of splenic lymphocytes was impaired by liver ischemia. The HLCs obtained from Wistar/Shi rats with liver ischemia were then injected into hereditary hyperbilirubinemic Gunn rats to determine whether the HLCs generated enzyme-producing cells. After injection of these stimulated HLCs, the titer of serum bilirubin in the recipient rats was markedly reduced over a long time course (6.80 +/- 0.93 to 4.87 +/- 0.22 mg/dl after 1 month and 3.52 +/- 1.33 mg/dl after 6 months). The results of the present study indicate that HLCs have different populations than splenic cells, and ischemia-reperfusion of the liver increased their proliferative activity. HLC transplantation successfully reduced high bilirubin levels over a long time course. Copyright (C) 2000 S. Karger AG, Basel.

    DOI: 10.1159/000008768

    Web of Science

  324. Effect of erythromycin on ischemia-reperfusion injury of liver in rats. 査読有り

    Ohmori M, Miyashita F, Uchida H, Kitoh Y, Tsuruoka S, Harada K, Sugimoto K, Fujimura A, Kobayashi E

    Transplantation proceedings   32 巻 ( 4 ) 頁: 811-4   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  325. Effect of erythromycin on ischemia-reperfusion injury of liver in rats 査読有り

    Ohmori M, Miyashita F, Uchida H, Kitoh Y, Tsuruoka S, Harada K, Sugimoto K, Fujimura A, Kobayashi E

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   32 巻 ( 4 ) 頁: 811 - 814   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  326. Mechanisms of immunomodulation induced by blood transfusion: identification of humoral factors. 査読有り

    Uchida H, Tanaka H, Kitoh Y, Yanagisawa K, To H, Tago K, Mizuta K, Fujimura A, Tominaga S, Hashizume K, Kobayashi E

    Transplantation proceedings   32 巻 ( 2 ) 頁: 255-6   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  327. Mechanisms of immunomodulation induced by blood transfusion: Identification of humoral factors 査読有り

    H Uchida, H Tanaka, Y Kitoh, K Yanagisawa, H To, K Tago, K Mizuta, A Fujimura, S Tominaga, K Hashizume, E Kobayashi

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   32 巻 ( 2 ) 頁: 255 - 256   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0041-1345(99)00948-3

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  328. プレドニゾロンの時間薬理学的研究 : 投与時刻による毒性および薬効の検討 査読有り

    冨沢 直子, 小林 英司, 内田 広夫, 藤 秀人, XIU Dian Rong, 藤村 昭夫

    臨床薬理   31 巻 ( 2 ) 頁: 261 - 262   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics  

    DOI: 10.3999/jscpt.31.261

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000211916

  329. Hepatic lymphocyte transplantation in hyperbilirubinemic gunn rats. 査読有り

    Yoshida Y, Kobayashi E, Nozawa M, Uchida H, Fujimura A, Yamanaka T, Miyata M

    European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes   32 巻 ( 4 ) 頁: 223-7   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 8768

    PubMed

  330. Detection of membrane-bound and soluble-form MHC class I antigen from rat pancreas/spleen grafts during ongoing rejection. 査読有り

    Kobayashi E, Lord R, Green M, Walker NI, Kamada N, Uchida H, Fujimura A

    Transplantation proceedings   31 巻 ( 8 ) 頁: 3409-13   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  331. Detection of membrane-bound and soluble-form MHC class I antigen from rat pancreas/spleen grafts during ongoing rejection 査読有り

    E Kobayashi, R Lord, M Green, NI Walker, N Kamada, H Uchida, A Fujimura

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   31 巻 ( 8 ) 頁: 3409 - 3413   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0041-1345(99)00838-6

    Web of Science

  332. Survival of rats undergoing continuous bile drainage depends on maintenance of circadian rhythm of bile secretion. 査読有り

    Mizuta K, Hishikawa S, Yoshida T, Kobayashi E, Uchida H, Fujimura A, Kawarasaki H, Hashizume K

    Chronobiology international   16 巻 ( 6 ) 頁: 759-65   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  333. Chronopharmacology of tacrolimus in rats: toxicity and efficacy in a mouse-to-rat intestinal transplant model and its pharmacokinetic profile. 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Ogino Y, Mizuta K, To H, Okabe R, Hashizume K, Fujimura A

    Transplantation proceedings   31 巻 ( 7 ) 頁: 2751-3   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  334. Cyclosporine inhibits transport of bile acid in rats: comparison of bile acid composition between liver and bile. 査読有り

    Mizuta K, Kobayashi E, Uchida H, Ogino Y, Fujimura A, Kawarasaki H, Hashizume K

    Transplantation proceedings   31 巻 ( 7 ) 頁: 2755-6   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  335. Chronotoxicity of mizoribine under repeated administration in the rat. 査読有り

    Hishikawa S, To H, Kobayashi E, Uchida H, Fujimura A

    Transplantation proceedings   31 巻 ( 7 ) 頁: 2765-6   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  336. Experimental intestinal transplantation using mouse fetal intestine in the rat: combination effect of FK 506 with cyclophosphamide. 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Ogino Y, Mizuta K, Hashizume K, Fujimura A

    Transplantation proceedings   31 巻 ( 7 ) 頁: 2799-800   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  337. Experimental intestinal transplantation using mouse fetal intestine in the rat: Combination effect of FK 506 with cyclophosphamide 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Ogino Y, Mizuta K, Hashizume K, Fujimura A

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   31 巻 ( 7 ) 頁: 2799 - 2800   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  338. Chronopharmacology of tacrolimus in rats: Toxicity and efficacy in a mouse-to-rat intestinal transplant model and its pharmacokinetic profile 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Ogino Y, Mizuta K, To H, Okabe R, Hashizume K, Fujimura A

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   31 巻 ( 7 ) 頁: 2751 - 2753   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  339. Chronotoxicity of mizoribine under repeated administration in the rat 査読有り

    Hishikawa S, To H, Kobayashi E, Uchida H, Fujimura A

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   31 巻 ( 7 ) 頁: 2765 - 2766   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  340. Cyclosporine inhibits transport of bile acid in rats: Comparison of bile acid composition between liver and bile 査読有り

    Mizuta K, Kobayashi E, Uchida H, Ogino Y, Fujimura A, Kawarasaki H, Hashizume K

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   31 巻 ( 7 ) 頁: 2755 - 2756   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  341. Influence of tacrolimus on bile acid and lipid composition in continuously drained bile using a rat model. 査読有り 国際誌

    KOICHI Mizuta, EIJI Kobayashi, HIROO Uchida, AKIO Fujimura, HIDEO Kawarasaki, KOHEI Hashizume

    Transplant Int   12 巻 ( 5 ) 頁: 316   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-Blackwell  

    DOI: 10.1111/j.1432-2277.1999.tb00616.x

  342. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats: II. Revascularization of newborn intestine is independent of vascular endothelial growth factor. 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Yanagisawa K, Mizuta K, Kitoh Y, Fujimura A, Tominaga S, Kawarasaki H, Hashizume K

    Journal of pediatric surgery   34 巻 ( 9 ) 頁: 1396-400   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  343. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats: II. Revascularization of newborn intestine is independent of vascular endothelial growth factor 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Yanagisawa K, Mizuta K, Kitoh Y, Fujimura A, Tominaga S, Kawarasaki H, Hashizume K

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   34 巻 ( 9 ) 頁: 1396 - 1400   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  344. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats: I. Lipid absorption restored after transplantation of nonvascularized graft. 査読有り

    Uchida H, Yoshida T, Kobayashi E, Mizuta K, Fujimura A, Miyata M, Kawarasaki H, Hashizume K

    Journal of pediatric surgery   34 巻 ( 6 ) 頁: 1007-11   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  345. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats: I. Lipid absorption restored after transplantation of nonvascularized graft 査読有り

    Uchida H, Yoshida T, Kobayashi E, Mizuta K, Fujimura A, Miyata M, Kawarasaki H, Hashizume K

    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   34 巻 ( 6 ) 頁: 1007 - 1011   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  346. Chronopharmacology for deoxyspergualin: toxicity and efficacy in the rat. 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Matsuda K, Mizuta K, Sugimoto K, Kawarasaki H, Hashizume K, Fujimura A

    Transplantation   67 巻 ( 9 ) 頁: 1269-74   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  347. Chronopharmacology for deoxyspergualin - Toxicity and efficacy in the rat 査読有り

    Uchida H, Kobayashi E, Matsuda K, Mizuta K, Sugimoto K, Kawarasaki H, Hashizume K, Fujimura A

    TRANSPLANTATION   67 巻 ( 9 ) 頁: 1269 - 1274   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  348. Chronopharmacology for deoxyspergualin - Toxicity and efficacy in the rat 査読有り 国際誌

    H Uchida, E Kobayashi, K Matsuda, K Mizuta, K Sugimoto, H Kawarasaki, K Hashizume, A Fujimura

    TRANSPLANTATION   67 巻 ( 9 ) 頁: 1269 - 1274   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Background Deoxyspergualin (DSG), a potent immunosuppressive drug, has been clinically used as a rescue therapy for acute graft rejection. However, DSG has severe adverse effects that limits its use. Here, we examined the optimized therapeutic protocol for DSG using chronopharmacological profiles of it.
    Methods. First, a dosing time-dependent difference in the toxicity and efficacy of DSG was determined using a heterotopic heart transplantation model. Second, chronokinetics of DSG were examined to reveal the mechanism for dosing time-dependent differences in the effect.
    Results. In rats treated with DSG at the active period, bone marrow suppression and damage of small intestine were significantly severe. However, no significant difference was found in cardiac allograft survival and pharmacokinetics according to the timing of drug administration.
    Conclusions. The toxicity of DSG varied with the dosing time, whereas its efficacy did not. The chronopharmacological approach may provide merits for immunosuppressive therapy with DSG in clinical organ transplantation.

    DOI: 10.1097/00007890-199905150-00012

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  349. Influence of tacrolimus on bile acid and lipid composition in continuously drained bile using a rat model. Comparative study with cyclosporine. 査読有り

    Mizuta K, Kobayashi E, Uchida H, Fujimura A, Kawarasaki H, Hashizume K

    Transplant international : official journal of the European Society for Organ Transplantation   12 巻 ( 5 ) 頁: 316-22   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  350. Effect of immunosuppressants on bile acid kinetics - Comparative study of cyclosporine with tacrolimus 査読有り 国際誌

    Mizuta K, Kawarasaki H, Hashizume K, Fujimura A, Uchida H, Kobayashi E

    Japanese Pharmacology and Therapeutics   27 巻 ( SUPPL. 7 ) 頁: 93 - 98   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  351. Mechanism of neovascularization in rat newborn organs - Expression of VEGF mRNA and effect of TNP-470 on graft survival 査読有り 国際誌

    Uchida H, Kobayashi E, Yanagisawa K, Mizuta K, Tominaga S.-I, Hashizume K, Fujimura A

    Biotherapy   13 巻 ( 5 ) 頁: 439 - 441   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-1818-6697

  352. Survival of rats undergoing continuous bile drainage depends on maintenance of circadian rhythm of bile secretion 査読有り

    Mizuta K, Hishikawa S, Yoshida T, Kobayashi E, Uchida H, Fujimura A, Kawarasaki H, Hashizume K

    CHRONOBIOLOGY INTERNATIONAL   16 巻 ( 6 ) 頁: 759 - 765   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  353. Experimental small bowel transplantation using newborn intestine in rats - Some immunological studies and considerations for immunological advantage 査読有り

    T Yoshida, H Uchida, E Kobayashi, A Fujimura, M Miyata

    JAPANESE JOURNAL OF TRANSPLANTATION   34 巻 ( 4 ) 頁: 165 - 173   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC TRANSPLANTATION  

    Web of Science

  354. Do immunosuppressants directly affect neutrophils, resulting in protection of the liver against ischemia-reperfusion injury? 査読有り

    Ohmori M, Kobayashi E, Harada K, Kitoh Y, Mizuta K, Uchida H, Ogino Y, Fujimura A

    Transplantation   66 巻 ( 7 ) 頁: 940-1   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  355. Dose-dependent reduction of bile secretion in cyclosporine-treated rats. 査読有り

    Mizuta K, Kobayashi E, Uchida H, Fujimura A, Kawarasaki H, Hashizume K

    Transplantation   65 巻 ( 5 ) 頁: 758-9   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  356. Antenatal diagnosis of biliary atresia (type I cyst) at 19 weeks' gestation: differential diagnosis and etiologic implications. 査読有り

    Tsuchida Y, Kawarasaki H, Iwanaka T, Uchida H, Nakanishi H, Uno K

    Journal of pediatric surgery   30 巻 ( 5 ) 頁: 697-9   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Introduction to Biliary Atresia 国際共著

    Uchida H, Shirota C, Tainaka T( 担当: 共著)

    Singapore, Springer  2021年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:147-156   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1007/978-981-16-2160-4_22

  2. スタンダード小児内視鏡外科手術 : 押さえておきたい手技のポイント

    山高 篤行, 内田 広夫, 家入 里志, 田口 智章, 奥山 宏臣( 担当: 単著)

    メジカルビュー社  2020年  ( ISBN:9784758304672

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

MISC 44

  1. Urinary Biomarkers Predicting Treatment Outcomes in Neuroblastoma

    Atsushi Narita, Akinari Hinoki, Kazuki Yokota, Motoharu Hamada, Shinsuke Kataoka, Nozomu Kawashima, Hideki Muramatsu, Nobuhiro Nishio, Hiroo Uchida, Yoshiyuki Takahashi  

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER68 巻   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  2. 胆道閉鎖症における食道胃静脈瘤の診断に対するshear wave elastographyの有用性

    横山 晋也, 石上 雅敏, 本多 隆, 葛谷 貞二, 石津 洋二, 伊藤 隆徳, 藤城 光弘, 田中 裕次郎, 檜 顕成, 城田 千代栄, 田井中 貴久, 牧田 智, 谷 有希子, 田中 智子, 内田 広夫  

    日本小児外科学会雑誌55 巻 ( 3 ) 頁: 539 - 539   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

  3. 医工連携による生分解性外科手術用デバイスの研究開発

    天野 日出, 檜 顕成, 花田 幸太郎, 三宅 行一, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 住田 亙, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 大島 一夫, 千馬 耕亮, 藤代 準, 田中 裕次郎, 内田 広夫  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: SP - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  4. 小児内視鏡外科手術の教育についての工夫と提言 小児高難度内視鏡手術の技術習得には疾患特異的模擬臓器モデルによるOff the Job Trainingは必須である

    出家 亨一, 内田 広夫, 増山 秀徳, 檜 顕成, 石丸 哲也, 藤雄木 亨真, 田中 智子, 大島 一夫, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 住田 亙, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 藤代 準, 田中 裕次郎  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: PD6 - 4   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  5. インドシアニングリーン内包高分子ミセルを用いた小児悪性固形腫瘍への応用展開

    高橋 正貴, 守本 祐司, 檜 顕成, 小関 英一, 原 功, 藤代 準, 野村 信介, 佐藤 あやの, 高山 英次, 内田 広夫  

    日本レーザー医学会誌39 巻 ( 3 ) 頁: 225 - 225   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本レーザー医学会  

  6. 神経芽腫に対する新規治療法の開発 インドシアニングリーン内包生分解性ナノ粒子を用いた光温熱療法

    高橋 正貴, 守本 祐司, 檜 顕成, 小関 英一, 原 功, 藤代 準, 野村 信介, 田井中 貴久, 佐藤 あやの, 高山 英次, 内田 広夫  

    日本小児外科学会雑誌54 巻 ( 3 ) 頁: 684 - 684   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  7. 少ない経験数にも関わらず内視鏡手術を安全に行うための生体質感臓器モデルを用いたトレーニングの有用性

    出家 亨一, 内田 広夫, 増山 秀徳, 檜 顕成, 石丸 哲也, 藤代 準, 城田 千代栄, 田中 裕次郎  

    日本小児外科学会雑誌54 巻 ( 3 ) 頁: 649 - 649   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  8. 生分解性新規マグネシウム合金を用いた体内残存異物とならないステープルの開発

    天野 日出, 檜 顕成, 花田 幸太郎, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 住田 亙, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 大島 一夫, 白月 遼, 千馬 耕亮, 藤代 準, 田中 裕次郎, 内田 広夫  

    日本小児外科学会雑誌54 巻 ( 3 ) 頁: 680 - 680   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  9. 小児内視鏡手術支援のための患者固有データを用いたトロッカーシミュレーションは非常に効果的である

    出家 亨一, 内田 広夫, 檜 顕成, 石丸 哲也, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 城田 千代栄, 田井中 貴久, 田中 裕次郎, 藤代 準  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: EP075 - 02   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  10. 体内残存異物とならない亜鉛合金を用いた内視鏡外科手術用デバイスの開発

    天野 日出, 檜 顕成, 三宅 行一, 田井中 貴久, 城田 千代栄, 住田 亙, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 大島 一夫, 白月 遼, 千馬 耕亮, 藤代 準, 田中 裕次郎, 内田 広夫  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: SF023 - 02   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  11. 小児内視鏡外科手術のためのOn the job training回避を目的とした統合的トレーニングシステムの開発

    出家 亨一, 内田 広夫, 檜 顕成, 石丸 哲也, 城田 千代栄, 横田 一樹, 村瀬 成彦, 田井中 貴久, 田中 裕次郎, 藤代 準  

    日本コンピュータ外科学会誌19 巻 ( 4 ) 頁: 288 - 288   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

  12. 小児内視鏡手術支援のための患者特異的バーチャルリアリティーシミュレーションシステムの開発

    出家 亨一, 内田 広夫, 檜 顕成, 石丸 哲也, 藤代 準, 城田 千代栄, 田中 裕次郎  

    日本小児外科学会雑誌53 巻 ( 3 ) 頁: 783 - 783   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  13. 小児外科医が手術ロボットを使用したらどうなる?―小児胸腔モデルを用いた縫合シミュレーション―

    高澤慎也, 石丸哲也, 原田香奈子, 出家亨一, 藤代準, 杉田直彦, 光石衛, 岩中督, 内田広夫  

    第29回日本内視鏡外科学会総会 WS7-1   2016年12月

  14. 小児内視鏡外科手術におけるナビゲーション・シミュレーション 小児外科医にとって手術ロボットは有用か 小児胸腔モデルを用いた縫合シミュレーション

    高澤 慎也, 石丸 哲也, 檜 顕成, 原田 香奈子, 出家 亨一, 藤代 準, 杉田 直彦, 光石 衛, 岩中 督, 内田 広夫  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: WS7 - 1   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  15. [THE CURRENT SITUATION AND THE DESIRED FUTURE OF PEDIATRIC MINIMALLY INVASIVE SURGERY]. 招待有り 査読有り

    Uchida H  

    Nihon Geka Gakkai zasshi117 巻 ( 4 ) 頁: 324-8   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  16. 肥厚性幽門狭窄症 (特集 退院から1カ月健診までの新生児対応) -- (見落としてはならない疾患)

    村瀬 成彦, 内田 広夫  

    周産期医学46 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 65   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京医学社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016139544

  17. 横隔膜ヘルニアの術式による検討

    新井 真理, 岩中 督, 杉山 正彦, 藤代 準, 石丸 哲也, 佐藤 かおり, 吉田 真理子, 出家 亨一, 宮川 亨平, 魚谷 千都絵, 加藤 怜子, 川嶋 寛, 内田 広夫  

    日本小児外科学会雑誌51 巻 ( 6 ) 頁: 1119 - 1119   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  18. Children's Oncology Groupの神経芽腫中リスク群に対して腫瘍切除は必要か?

    天野 日出, 内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 東間 未来, 藤雄木 亨真, 鈴木 啓介, 森田 香織, 森 麻希子, 康 勝好, 岸本 宏志, 小熊 栄二  

    日本小児外科学会雑誌51 巻 ( 3 ) 頁: 481 - 481   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  19. 臨床トピックス小児外科 食道閉鎖症に対する胸腔鏡下手術 : 定型的な手術から新たな手術法の確立へ

    内田 広夫, 小野 靖之, 村瀬 成彦  

    現代医学62 巻 ( 1 ) 頁: 93 - 99   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:愛知県医師会  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014315356

  20. 左肺動脈内に再発した腎芽腫に対する胸腔鏡下肺全摘術

    内田 広夫, 川嶋 寛, 田中 裕次郎, 益子 貴行, 出家 亨一, 康 勝好, 加藤 元博, 林 真由美  

    日本小児外科学会雑誌49 巻 ( 1 ) 頁: 148 - 148   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児外科学会  

  21. 胸腔穿刺,胸腔ドレナージ (特集 研修医のための小児診療手技の基本) -- (気道,胸部)

    吉田 真理子, 内田 広夫  

    小児科診療73 巻 ( 5 ) 頁: 785 - 789   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2010174635

  22. 早期産児,とくに極低出生体重児の腹部手術とその予後 (特集 早産とその予防)

    内田 広夫, 川嶋 寛, 佐藤 かおり  

    産婦人科治療98 巻 ( 4 ) 頁: 401 - 405   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:永井書店  

    CiNii Books

  23. 早期産児の手術適応と限界

    内田 広夫, 北野 良博, 川嶋 寛, 佐藤 かおり, 五藤 周, 吉田 真理子  

    日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine44 巻 ( 4 ) 頁: 830 - 832   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  24. 肥厚性幽門狭窄症 (特集 小児科医が見逃したくない外科系疾患) -- (消化器・腹部疾患)

    内田 広夫, 岩中 督  

    小児科診療71 巻 ( 4 ) 頁: 633 - 637   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008166216

  25. 新生児における内視鏡手術 : その発展を妨げる諸問題

    岩中 督, 川嶋 寛, 北野 良博, 内田 広夫, 四本 克己  

    日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine43 巻 ( 4 ) 頁: 896 - 899   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  26. 小児内視鏡手術における教育法の検討

    岩中 督, 川嶋 寛, 内田 広夫, 四本 克己, 石丸 哲也, 五藤 周  

    日本外科学会雑誌108 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 81   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  27. 乳び胸・乳び腹水の栄養管理 (周産期の栄養と食事 新生児編) -- (合併症を持った児の栄養管理)

    四本 克己, 岩中 督, 内田 広夫  

    周産期医学35 巻 ( 1 ) 頁: 591 - 593   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京医学社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006042616

  28. 新生児外科--鏡視下検査と鏡視下手術 (特集 周産期画像診断の適応と安全性) -- (新生児の内視鏡検査の適応と安全性)

    工藤 寿美, 岩中 督, 内田 広夫  

    周産期医学34 巻 ( 6 ) 頁: 905 - 908   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京医学社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004284253

  29. 外科的異常の診かた--小児外科より (特集 乳幼児健診のそこが知りたい) -- (外科的問題)

    内田 広夫, 岩中 督  

    小児科診療67 巻 ( 6 ) 頁: 919 - 924   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004282375

  30. 解説 移植拒絶反応の抑制におけるDonor Specific Transfusion(DST)の作用機序--新規免疫抑制蛋白質MAY-1の発見

    内田 広夫, 田中 浩和, 小林 英司  

    臨床免疫38 巻 ( 5 ) 頁: 563 - 570   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:科学評論社  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2003141677

  31. 新生仔小腸を用いた実験的小腸移植:血管新生誘導能の消失と再獲得

    田原 和典, 井上 成一朗, 内田 広夫, 金子 隆志, 袴田 陽二, 高橋 将文, 橋都 浩平, 小林 英司  

    移植37 巻 ( 5 ) 頁: 212 - 213   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  32. Anterior chamber inoculationを用いたドナー特異的免疫寛容の誘導とその機序

    内田 広夫, 田中 浩和, 佐久間 康成, 田原 和典, 山本 英輝, 池田 均, 小林 英司  

    日本外科学会雑誌103 巻 ( 2 ) 頁: 157 - 157   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  33. 肝移植後タクロリムス脳症のメカニズム マウスモデルでの検討

    袴田 陽二, 内田 広夫, 小林 英司, 上本 伸二, 田中 紘一, 河村 章生  

    移植35 巻 ( 6 ) 頁: 384 - 384   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  34. GFP表出マウス肝グラフトはシクロフォスファミドとタクロリムスの使用でラット内で長期生存できる

    修 典榮, 袴田 陽二, 遠藤 仁司, 中村 正彦, 菱川 修司, 村上 孝, 田原 和典, 内田 広夫, 小林 英司  

    移植35 巻 ( 6 ) 頁: 385 - 385   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  35. ラット同所性肝移植の技術会得に要する費用と時間

    小林 英司, 内田 広夫, 中村 正彦, 田原 和典, 菱川 修司, 修 典榮, 佐久間 一成, 遠藤 薫, 山内 仁, 袴田 陽二  

    移植35 巻 ( 6 ) 頁: 384 - 384   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  36. GFPトランスジェニックマウス肝を用いた異種移植臓器の肉眼的拒絶

    袴田 陽二, 遠藤 仁司, 村上 孝, 修 典栄, 中村 正彦, 内田 広夫, 小林 英司  

    移植35 巻 ( 総会臨時 ) 頁: 164 - 164   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  37. GFPの抗原性 GFPトランスジェニックマウスを用いた皮膚移植実験

    袴田 陽二, 遠藤 仁司, 村上 孝, 内田 広夫, 小林 英司  

    移植35 巻 ( 総会臨時 ) 頁: 202 - 202   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  38. 実験的新生仔小腸移植における血管新生のメカニズム

    内田 広夫, 水田 耕一, 小林 英司, 藤村 昭夫, 柳沢 健, 富永 眞一, 橋都 浩平  

    移植35 巻 ( 2 ) 頁: 128 - 128   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  39. Systemic immunosuppression induced in allogeneic heart-transplanted rats by anterior chamber-associated immune deviation (ACAID).

    H Kawashima, H Uchida, E Kobayashi  

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE41 巻 ( 4 ) 頁: S373 - S373   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC  

    Web of Science

  40. RAT ORGAN TRANSPLANTATION USING CUFF ANASTOMOSIS

    OGINO Yoshinori, UCHIDA Hiroo, DIAN Xiu Rong, KIYOZAKI Hirokazu, TOYAMA Nobuyuki, KOGURE Hiroaki, FUJIMURA Akio, MIYATA Michio, KOBAYASHI Eiji  

    移植34 巻 ( 6 ) 頁: 325 - 347   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Books

  41. 輸血により誘導される内因性免疫抑制物質

    小林 英司, 内田 広夫  

    日本輸血学会雑誌45 巻 ( 6 ) 頁: 783 - 783   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  42. デオキシスパーガリンの時間治療の提言

    小林 英司, 内田 広夫, 藤村 昭夫  

    移植34 巻 ( 4 ) 頁: 208 - 209   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  43. 新生仔小腸を用いた実験的小腸移植 免疫学的研究とその考察

    吉田 卓義, 内田 広夫, 小林 英司, 藤村 昭夫, 宮田 道夫  

    移植34 巻 ( 4 ) 頁: 165 - 173   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    (実験1),胸腺摘除(Tx)や脾臓摘出(Spx)をレシピエントに施した上にデオキシスパーガリン(DSG)を短期間加えアロ新生仔小腸移片の生着率を検討した.レシピエントを4群に分け(Group 1:コントロール,Group 2:DSG単独,Group 3:DSG+Spx,Group 4:DSG+Spx+Tx,グラフトの生着率を検討した.(実験2).新生仔全小腸を含む免疫組織(腸間膜リンパ節(Group 7)及び脾臓(Group 8))を移植し,レシピエントのGVH反応を症状にて判定した.(実験3)成熟グラフトのアロ拒絶反応及びGVH反応を実験1及び2と比較するため,同様のラットの組み合わせにおいて成熟小腸グラフトを頸部に移植するモデルを用いて検討した.本ラット系における新生仔小腸移植は,拒絶反応及びGVH反応の両免疫反応とも移植に有利であった

  44. Donor Specific Transfusion(DST)による免疫寛容誘導のメカニズムIII.抗イディオタイプ抗体の同定とその役割

    内田 広夫, 田中 浩和, 鬼頭 康彦, 藤村 昭夫, 小林 英司  

    移植34 巻 ( 総会臨時 ) 頁: 129 - 129   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. On the job training回避を目的とした小児内視鏡手術統合的術前トレーニングシステム・認定プログラムの確立に関する研究

    2016年9月 - 2019年3月

    難治性疾患実用化研究事業「Medical Artsの創成に関する研究(外科、がん、看護、リハビリ等の新たな医療技術やソフトウェアの開発)」 

    内田広夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    1.小児用VRシミュレータの開発
    2.小児用生体質感臓器モデルの開発
    3.トレーニングシステムの手技評価方法の選定
    4.トレーニングシステムのプロトコール作成
    5.トレーニングシステムの有用性の検証

  2. 内視鏡外科手術における熟練技術追体験システムを使用したトレーニングシステムの評価

    2016年9月 - 2019年3月

    難治性疾患実用化研究事業「Medical Artsの創成に関する研究(外科、がん、看護、リハビリ等の新たな医療技術やソフトウェアの開発)」 

    安藤 英由樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 極薄シリコン回路と配線・電極形成テキスタイルによるセンシングウェアの開発

    2016年6月 - 2019年3月

    次世代プリンテッドエレクトロニクス材料・プロセス基盤技術開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    極薄シリコン回路チップをフレキシブル回路基板に集積化したフレキシブル無線モジュールと、配線・電極形成テキスタイルを開発し、これらを接続したセンシングウェアの実証試験を行うことを目的とする。

科研費 23

  1. On the job training回避のための小児内視鏡手術前訓練の研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    内田広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    小児は手術後も成長発達するため、その成長発達を阻害しない低侵襲手術が望まれている。しかし外科手術が必要な小児疾患は年間200件程度しかない希少疾患である。特に新生児や乳児の内視鏡手術は小さなworking spaceの中で、脆弱な組織を丁寧に処理しながら、複雑な手技を完遂させなければならないが、患者数が少ないことから、手術手技をon the job trainingとして学びつつ、手術を行っている現状がある。これは患者にとって不利益となりうる。これを防ぐためにoff the job trainingを充実させることは急務である。我々はoff the job trainingをより効率よく行うために、手術手技の画像解析をAIを用いて行い、手術手技の熟練度を自動解析するプログラムを作成、確立する。そのプログラムを実際の手術の際の手技評価にも応用し、安全安心な手術が行える環境を整える。

  2. 新規生分解性Mg気管内ステントの開発

    研究課題/研究課題番号:19K22654  2019年6月 - 2021年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    内田 広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    本研究の目的は、小児の気管軟化症に対して従来の侵襲性の高い気管切開術や外ステント術や大動脈釣り上げ術などの外科的治療法を回避し、より低侵襲な方法で治療するために、生分解性の気管内ステントを開発することである。ステントの素材として、優れた加工性と高い力学的信頼性を併せ持つ生分解性マグネシウム合金を使用する。気管軟化症は成長に伴う気管径の増大とともに改善することが多く、生分解性の気管内ステントを開発することで今まで問題となっていた合併症のリスクを減らすことができる。また気管切開が困難な気管分岐部の狭窄部位にも 留置できるため、気管軟化症の多くが低侵襲な生分解性気管内ステント術で治療可能となる。
    2019年度では、マグネシウム合金製気管内ステントの細胞毒性試験を行い、生体適合性を評価し、毒性はほとんどないことを確認した。現在、体内模擬環境での分解動態を検索するため、人工血漿に浸漬し、ICP 質量分析装置による抽出金属の分析、走査電子顕微鏡/元素マッピングによる腐食産物の同定、拡張把持力の経時的推移などを評価している。より最適なものを作成するために動物実験などの結果も踏まえて、花田幸太郎がマグネシウム合金の改良、気管ステントの改良を進める。2019年度はラットを用いて、マグネシウム合金製気管内ステント留置術および短期飼育実験を行った。 有効・安全性を検証する。ラットの気管内に気管支鏡を用いてステントを留置後、 3週間、6週間で観察を行ったところ、ステントは迷入せずにきれいに気管内に留置されていた。その後肺炎などの呼吸器合併症は見られず、そよそ80%の生存率であった。死因は現状ではわからないため、精査している。現在μCTを撮影しているところである。採血により炎症反応や、肝機能・腎機能障害、血中Mg 濃度の上昇がないことを確認した。経時的に犠牲死させ、出血や肉芽形成を観察している最中である。気管の病理組織学的評価を行い、ステント周囲組織の炎症を確認しているが強い炎症は見られていない。摘出したステントは、走査電子顕微鏡/元素マッピングによる腐食産物の同定を行う予定となっている。残存ステントの定量評価、拡張把持力の評価はまだ行われていない。
    2019年度では、マグネシウム合金製気管内ステントの細胞毒性試験を行い、生体適合性を評価し、毒性はほとんどないことを確認した。現在、体内模擬環境での分解動態を検索するため、人工血漿に浸漬し、ICP 質量分析装置による抽出金属の分析、走査電子顕微鏡/元素マッピングによる腐食産物の同定、拡張把持力の経時的推移などを評価している。より最適なものを作成するために動物実験などの結果も踏まえて、花田幸太郎がマグネシウム合金の改良、気管ステントの改良を進める。2019年度はラットを用いて、マグネシウム合金製気管内ステント留置術および短期飼育実験を行った。 有効・安全性を検証する。ラットの気管内に気管支鏡を用いてステントを留置後、 3週間、6週間で観察を行ったところ、ステントは迷入せずにきれいに気管内に留置されていた。その後肺炎などの呼吸器合併症は見られず、そよそ80%の生存率であった。死因は現状ではわからないため、精査している。現在μCTを撮影しているところである。採血により炎症反応や、肝機能・腎機能障害、血中Mg 濃度の上昇がないことを確認した。経時的に犠牲死させ、出血や肉芽形成を観察している最中である。気管の病理組織学的評価を行い、ステント周囲組織の炎症を確認しているが強い炎症は見られていない。摘出したステントは、走査電子顕微鏡/元素マッピングによる腐食産物の同定を行う予定となっている。残存ステントの定量評価、拡張把持力の評価はまだ行われていない。現在長期観察中であり、また標本の出来上がりを待っているところであるが、金属を含んだ標本のため、かなり時間がかかることは以前よりわかっており、計画通り進んでいる。
    2019年度では、マグネシウム合金製気管内ステントの細胞毒性試験を行い、生体適合性を評価し、毒性はほとんどないことを確認した。現在、体内模擬環境での分解動態を検索するため、人工血漿に浸漬し、ICP 質量分析装置による抽出金属の分析、走査電子顕微鏡/元素マッピングによる腐食産物の同定、拡張把持力の経時的推移などを評価している。より最適なものを作成するために動物実験などの結果も踏まえて、花田幸太郎がマグネシウム合金の改良、気管ステントの改良を進める。2019年度はラットを用いて、マグネシウム合金製気管内ステント留置術および短期飼育実験を行った。 有効・安全性を検証する。ラットの気管内に気管支鏡を用いてステントを留置後、 3週間、6週間で観察を行ったところ、ステントは迷入せずにきれいに気管内に留置されていた。その後肺炎などの呼吸器合併症は見られず、そよそ80%の生存率であった。死因は現状ではわからないため、精査している。現在μCTを撮影しているところである。採血により炎症反応や、肝機能・腎機能障害、血中Mg 濃度の上昇がないことを確認した。経時的に犠牲死させ、出血や肉芽形成を観察している最中である。気管の病理組織学的評価を行い、ステント周囲組織の炎症を確認しているが強い炎症は見られていない。摘出したステントは、走査電子顕微鏡/元素マッピングによる腐食産物の同定を行う予定となっている。今後は残存ステントの定量評価および拡張把持力の評価を行っていく。次に家兎の気管軟化症モデルとして第二から第四気管輪に縦切開を加え、ステントの有無で呼吸状態の評価を長期的に行う。気管内の状態を新生児用気管支ファイバーにより観察して有効性を評価し、臨床応用の可能性を評価し、非臨床POCへの過程を決定する。

  3. 体内で分解し残存異物とならない新規マグネシウムデバイス開発と各種疾患治療への応用

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    内田広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    生分解性マグネシウム合金を用いた各種医療デバイスの開発

  4. 超高齢化社会の医療人材不足を克服する次世代医療用ウエアラブルセンサーの新規開発

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金 

    内田広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高感度,高耐久性なウエアラブルセンサーの開発

  5. DDS型超分子デバイスを用いた光線力学療法による難治性小児がん根治への試み

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

    田井中貴久

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ドラッグデリバリーシステム機能が搭載されたインドシアニングリーンを用いた次世代光線力学治療により浸潤性腫瘍や遠隔転移腫瘍を選択的に治療する新たな治療法の開発

  6. 新規免疫抑制因子MAY-Iの臓器移植治療への応用とその免疫抑制機序

    2002年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    内田広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    新規免疫抑制タンパク質MAY-Iはラットinter-alpha-inhibitory H4P heavy chain(H4P)のC末端を含むfragmentであるため、H4Pの組換えタンパク質とH4PでMAY-Iを含まないp-H4Pの組換えタンパク質を作製、精製してその機能を確認した

  7. AI画像解析と鉗子の位置情報を利用した食道閉鎖症手術ナビゲーションシステムの開発

    研究課題/研究課題番号:22H03703  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    内田 広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

  8. 横紋筋肉腫メタボローム解析(尿/組織)による診断マーカーとオンコメタボライト探索

    研究課題/研究課題番号:22K07911  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    住田 亙, 城田 千代栄, 成田 敦, 牧田 智, 田井中 貴久, 内田 広夫, 高橋 義行, 大澤 毅, 田中 裕次郎, 檜 顕成

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    小児の肉腫のなかで最も頻度が高い横紋筋肉腫を標的とし、その中心代謝に関与する代謝産物(オンコメタボライト)及びその特異的な代謝系を見出すことを目標に、生体内の情報を鋭敏且つ包括的に捉えやすいメタボロミクス(キャピラリー電気泳動質量分析法を中心に)に着目する。第一段階として、尿検体を研究サンプルとして用い、尿中代謝物解析(CE/MS:キャピラリー電気泳動質量分析法を中心にLC/MS: 液体クロマトグラフィー質量分析法)から、代謝物を網羅的に測定し、横紋筋肉腫の中心代謝に特異的な代謝物(オンコメタボライト)の解明を目指す。

  9. 腎芽腫メタボローム解析(尿/組織)による診断マーカーとオンコメタボライト探索

    研究課題/研究課題番号:22K07276  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岡本 眞宗, 城田 千代栄, 成田 敦, 牧田 智, 田井中 貴久, 内田 広夫, 高橋 義行, 大澤 毅, 住田 亙, 田中 裕次郎, 檜 顕成

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    増殖・浸潤・転移などがんの進展における中心代謝と代謝リプログラミングの役割については未だ不明な点が多い。本研究で腎芽腫細胞に特異的な中心代謝に関与する代謝物(オンコメタボライト)を見出す。がん細胞に特異的な代謝系を見出すことにより、正常細胞の代謝系との違いを標的とする新たながんの治療戦略の開発を目指す。腎芽腫患児の尿、腫瘍組織のキャピラリー電気泳動質量分析法を中心とした代謝物解析により、中心代謝に関与するオンコメタボライトを探索し、従来の集学的治療と遺伝子解析だけでは解明できなかった病態解明及び新たな診断治療法の開発に繋げる。

  10. 小児がんの診断治療に資する新規蛍光プローブの開発研究

    研究課題/研究課題番号:21K08640  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    城田 千代栄, 浦野 泰照, 神谷 真子, 内田 広夫, 檜 顕成, 田井中 貴久, 住田 亙, 牧田 智, 横田 一樹, 滝本 愛太朗, 安井 昭洋, 岡本 眞宗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    小児がんは発見時にすでに進行していることが多く、遠隔転移症例の治療法の確立は喫緊の課題である。遠隔転移巣を確実に手術で摘出できれば患児の予後は劇的に改善するが、現時点では術中に微小転移巣を同定する方法がなく完全切除が難しいため、繰り返し手術が必要となることもある。そこで、特定の分子と反応すると分子構造が変化して強い蛍光を発したり、蛍光の色調が変化したりする機能性分子であり、生理活性物質の動態をリアルタイムに観測する研究ツールである蛍光プローブに着目した。本研究では、術中に迅速に簡便に小児がんの検出が可能な蛍光プローブの開発を行う。

  11. 腎芽腫患児の代謝物網羅解析によるバイオマーカーの探索と創薬への挑戦

    研究課題/研究課題番号:21K07805  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田中 裕次郎, 大澤 毅, 内田 広夫, 檜 顕成, 大島 一夫, 城田 千代栄, 田井中 貴久, 住田 亙, 横田 一樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腎芽腫は小児腎腫瘍の90%を占めるが、全体の約10%に予後不良群を認め、診断バイオマーカーが存在しない。最近メタボロミクス技術の発展により生体内の代謝情報を鋭敏且つ包括的に捉えることが可能となり、様々な癌種において新たなバイオマーカーや病態の解明が進んでいる。腎芽腫においても代謝変動の解明が病因解明や新規治療法の開発に寄与すると考えられるが、その代謝変動に着目した診断マーカーや創薬は前例がない。本研究では腎芽腫をターゲットに尿だけでなく、血液、がん組織を加えた腎芽腫50サンプルの代謝物変動を捉えるメタボローム解析を行い、疾患特異的なバイオマーカー探索とその病態解明に挑む。

  12. 縫合不全と術後癒着防止のための自己支持性高分子超薄膜(ナノシート)の開発

    研究課題/研究課題番号:20K08979  2020年4月 - 2023年3月

    横田 一樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    外科手術における重篤な合併症である縫合不全、断端漏及び術後癒着を防止するための補強材として、自己支持性高分子超薄膜(ナノシート)を開発する。すなわち腸管吻合部のみならず、胆管、尿管などの吻合部や、肝臓、膵臓、気管などの組織断端部や、開腹創や外傷などの縫合部に置くだけで、吻合部や断端部を補強し、それらの創傷治癒を促し、縫合不全や断端瘻などの合併症が起きない外科治療を補完するナノシートを開発する。

  13. 一細胞から紐解く新生児の腸管免疫システム

    研究課題/研究課題番号:18K19503  2018年6月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    澤 新一郎, 城田 千代栄, 大島 一夫, 内田 広夫, 田中 裕次郎, 檜 顕成

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ヒト新生児期の腸管免疫細胞の構成と機能を明らかにし、新生児期の腸炎病態を免疫学的な側面から理解することを目的とした。本研究では手術対象となったヒト新生児腸管から採取した免疫細胞に関してシングルセル遺伝子発現を網羅的に解析した。新生児壊死性腸炎(NEC)および現局性腸穿孔(FIP)を比較したところ、強い炎症と壊死が生じる新生児壊死性腸炎のT細胞において、ケモカイン受容体や接着因子の発現が増強することが明らかになった。
    本研究はヒトの新生児腸管粘膜における免疫細胞の構成や機能に関する情報を網羅的に取得することで、これまで病態が不明である新生児壊死性腸炎について免疫学的な新知見をもたらした。
    また、新生児早期における免疫状態は成人期以降のヒトの免疫異常やアレルギー疾患の発症しやすさに何らかの関係があると想定されているが、これまでヒト新生児の臓器局所に存在するリンパ球は詳細に解析されてこなかった。本研究により、情報が取得しにくいヒトの腸管免疫細胞に関する新たな解析方法が提案できたと考えている。

  14. リンパ管腫のリンパ動態に基づいた光線力学療法による根治の試み

    研究課題/研究課題番号:18K08559  2018年4月 - 2021年3月

    高橋 正貴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究では、病変特異的な異常リンパ動態を利用して、病変にのみICGを取り込ませ、蛍光イメージングによる局在診断の有用性を検証する。さらに同部位に近赤外光を照射した際に発生する温熱を利用して、リンパ管腫を選択的に治療する光温熱治療の有効性を実証する。
    申請者らはすでに、In vitro実験の検証により、リンパ管腫リンパ管内皮細胞(以下HL-LEC)はICGを取り込み、取り込んだ細胞に近赤外光を照射すると、100%近い細胞の細胞死を誘導することも確認している。また、設定温度が47度以上で確実に細胞死を誘導することを確認している。
    今回、申請者は既に確立した背部皮下リンパ管腫モデルマウスを用いてICGによる蛍光イメージングならびに光温熱治療の治療効果を確認した。背部皮下のリンパ管腫モデルマウスにICGを嚢胞内に打ち込み、近赤外光を照射したところ、病理組織学的に移植片のリンパ管内皮細胞を細胞死に導くことができることを確認した。
    申請書類と同等の進捗状況である。
    申請者らが樹立したリンパ管腫内皮細胞に発光遺伝子(Nano-Lantern)を導入した細胞系を確立している。それを用いて治療効果の検証には、生体イメージングシステム(IVIS&#174;)で、病変の増殖・縮退を経時的に繰り返し観察する。この細胞を用いて作製したモデルマウスにおいては、体外から無侵襲(体毛の剃毛すら不要)かつ短時間(~1 s)に腫瘍局在、サイズ等を検出することができる。一方で超音波イメージングでは50 μmの分解能で、嚢胞や周辺組織を描出できる。定量的な治療効果の検証ができると期待していたが、Nano-Lantern入りHL-LECはIVISで発光せず、定量的な比較が困難であることが判明した。また、モデルマウスの作成に3-4か月を要する。
    現時点では当初の予定通りに進んでいるが、上記事項を考慮して研究を進めていく。
    動物モデルで治療効果の有効性が明らかなので、対照群と比較して量的に有効性を示す必要性がある。
    移植細胞の特殊性と上述した事項から、現時点では定量的評価が困難である。定量的評価を確立させる必要が有るために、HL-LECにfflucやAka-Lucの導入し、In vivo imaging systemを用いて経時的に半定量的評価を行うモデルマウスの作成を予定している。
    それらの体表モデルを用いて体表からの照射を行い、コントロール群との治療効果の比較、照射部位の副作用の比較検討を定量的行う。
    次のステップとして臨床で遭遇する深部体腔内のリンパ管腫病変を想定し、筋肉内病変モデルや後腹膜腫瘍モデルなどのマウスを作製して、本診断・治療法の有効性を確認する。実臨床に即した照射方法として体表照射のみならず、手術時併用を想定に開創時の照射などを検討予定である。

  15. AI遠隔医療プラットホームを活用した小児外科医療資源最適化への挑戦

    研究課題/研究課題番号:17H06280  2017年6月 - 2020年3月

    挑戦的研究(開拓)

    城田 千代栄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    アプリを開発し、1対多のモバイルテレメディシンを活用して医療現場をセキュアに連携し、小児外科医療インフラの解決と同時に専門性の高い遠隔医療支援の普及と発展を目指した。本アプリを介して各地域で分散して発生する症例をあたかも一箇所に集約化した状況(スマホ上で1対多の遠隔テレビ会議、画像共有が可能)を作り出すことで、多くの医師が症例をリアルタイムに共有し、治療方針の検討に参加し、意見を交わすことができる。希望する国内の医師、病院との医療現場をセキュアに連携し、24時間対応で専門性の高い遠隔医療支援を開始した。システムの有効活用により、専門医と貴重な症例の仮想的集約化を同時に行うことが可能となった。
    小児外科疾患は日本各地で発生するが、それに対応する小児外科医が各地に広くいることは不可能である。これまでは、専門性の高い医療を僻地で行うことは難しかった。アプリを使用した1対多のモバイルテレメディシンを活用して医療現場を連携し、専門性の高い遠隔医療支援の普及と発展を目指した。具体的には、専門性の高い医療の支援を求める病院と、全国に点在する複数の専門医をリアルタイムに繋いで医療支援を行うことを目的とした。本システムを開発し導入したところ、希望する国内の医師、病院との医療現場の連携が容易となり、24時間対応で専門性の高い遠隔医療支援を開始することができた。

  16. ドラッグデリバリー型光温熱薬剤と加温制御機構を駆使した高効率がん治療システム

    研究課題/研究課題番号:17H02114  2017年4月 - 2020年3月

    守本 祐司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    申請者らは、がん治療法として、ドラッグデリバリーシステム型光吸収薬剤(ICGラクトソーム)と近赤外光照射を組み合わせた光温熱治療システムの開発を進めている。
    本課題では、超小型サーモセンサーアレイ搭載腹腔鏡カメラを創製し、温度制御型鏡視下レーザーアブレーションシステムを開発した。
    ドラッグデリバリーシステム型光吸収薬剤を用いた光加温方式の温熱治療において、腫瘍温度の実測モニタリングによって腫瘍縮退を確実に誘導できる医療技術の報告はなく、独創的である。そして本方式は、物理エネルギーを使用する各種がん治療法に比して以下の点で優位である。
    ①局所病変に対してのみ選択的に細胞死を誘導できる②光照射中の腫瘍の実測定によって確実な腫瘍縮退を期待できる③深部病変を治療できる。

  17. 新生児消化器疾患発症機序の分子生物学的解明に向けた解析ワークフローの確立

    研究課題/研究課題番号:17H04235  2017年4月 - 2020年3月

    田中 裕次郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    手術で切除されたヒト腸管合計71検体に対して、リンパ球を抽出してフローサイトメトリーを行い、腸管リンパ球の分布を調べた。いずれにもILC3を認めたが、その割合は在胎週数、病態で一定しなかった。また、ヒト新生児消化管穿孔について、壊死性腸炎と非壊死性腸穿孔の遺伝子発現を腸管のひとつひとつの細胞にラベリングを行った上で1症例につき約1万個調べ、どの細胞が働いていたかを世界で初めて評価した。壊死群ではT細胞が優位でMYC targets、mTORC1 signaling、TNFA signalingなど炎症に関する経路が有意に高発現しており、非壊死群では単球系細胞が優位であった。
    新生児にとって致死的になりうる壊死性腸炎と、壊死性腸炎ほどに致死的ではない限局性腸穿孔を比べて、ひとつひとつの腸管細胞における遺伝子発現の違いを調べた。結果として、壊死性腸炎では、炎症が起きる際に認める多くの遺伝子発現が明らかに高度だった。この結果について、さらに分析を進めることで、予後不良な新生児壊死性腸炎の原因追及や、予防法、新規治療法の開発に発展させられる可能性がある。これによって命が助かる子供や、その後の人生の不自由が減る子供がでてくると期待している。また、新生児壊死性腸炎は主に低出生体重児の新生児期にのみ起こる疾患であり、ヒト腸管の免疫機能の発達を解明するてがかりになる可能性がある。

  18. 体内で分解し残存異物とならない新規マグネシウムデバイス開発と各種疾患治療への応用

    研究課題/研究課題番号:16H03197  2016年4月 - 2019年3月

    内田 広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    生分解性Mg合金ステープルを用いた自動縫合器の研究開発に取り組んだ。 Mg合金は生体への安全性が高いが、自動縫合用ステープルとしての臨床実用化には、強度、剛性、耐食性および加工性など多くの課題を抱えていた。我々はステープルの製造に必要な微細加工を可能とする素材成分を見出し、さらに応力集中による屈曲や腐食による断裂をおこし難い湾曲形状にすることで、幅0.2mmx長さ3mmと精巧緻で破断せずに生体内で安定した縫合効果を得られるステープルの作製が可能となった。ステープルを用いて家兎(n=24)や豚(n=3)などの中大動物を用いて消化管吻合実験を行い縫合不全などの合併症なく全例生存することを確認した。
    生分解性Mg合金ステープルを用いた自動縫合器の研究開発に取り組んだ。素材を開発、形状工夫により安定した縫合効果を得られるステープルが制作できた。本ステープルを用いて中大動物を用いて消化管吻合実験を行い、縫合不全などの合併症なく全例生存した。細胞毒性もなく、Mg合金は3ヶ月で生分解した。ステープルが残存異物とならないため患者のQOLが向上し、本製品は生分解性金属を用いた世界初の自動縫合器となりうる。

  19. 体内で分解し残存異物とならない新規マグネシウムデバイス開発と各種疾患治療への応用

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    内田広夫, 檜顕成, 花田幸太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    生分解性マグネシウム合金を用いた各種医療デバイスの開発

  20. 超高齢化社会の医療人材不足を克服する次世代医療用ウエアラブルセンサーの新規開発

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  萌芽研究

    内田広夫, 檜顕成, 吉田学

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    高感度,高耐久性なウエアラブルセンサーの開発

  21. 超高齢化社会の医療人材不足を克服する次世代医療用ウエアラブルセンサーの新規開発

    研究課題/研究課題番号:16K12957  2016年4月 - 2019年3月

    内田 広夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    印刷技術やフレキシブルエレクトロニクス技術を用いたウェア型のバイタルセンサの研究開発を行った。衣類上に静電植毛技術を用いて銀メッキを施した繊維を垂直に起立した状態で植毛することができた。これにより低コストで、長期間使用可能な洗濯できるものが完成した。コンプレッションウェアの胸部に18個の電極を形成し、また右肩、左肩、左脇腹に不関電極用の3つの電極を、右脇腹にアース用電極を形成した。この心電図測定ウェアを用いて、安静時に心電図測定が十分に行えた。1000Pa-2000Paの圧力で皮膚と接着しているウェアでは心電図測定の際に大きなモーションアーチファクトは確認されなかった。
    ウェア型のバイタルセンサの研究開発を行った。印刷技術と静電植毛技術を用いることで一括で多数のドライ電極を衣類上に織物のように作製する技術を開発し、多極心電図測定ウェアを作製することができた。このウェアは低コストで、長期間使用可能で、洗濯にも耐えられるものとなった。このような身体に貼るものではない電極を用いる場合、安定した皮膚との接触状態を保てるかが問題となるが、コンプレッションウェアと組み合わせることで、少しの体動でもブレがでない心電図測定が可能となった。

  22. 電気電導体繊維の渦電流変化を利用した閉創前遺残ガーゼ感知システムの構築

    研究課題/研究課題番号:15K15258  2015年4月 - 2018年3月

    檜 顕成

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    電気伝導体を手術用ガーゼに封入し、閉創前に渦電流の変化を体外から探知することで遺残ガーゼの有無を検証した。 今回使用した電気伝導体繊維である銀に関して体内模擬環境における分解動態の検索を行った。金属元素(銀)の定量結果及び抽出液のpH変化は共にごく微量であり、銀自体の人体への影響は非常に少ないと判断した。以上より生体適合性及び電気抵抗、実際の探知距離、銀の体内模擬環境における分解動態を考慮すると、現状では銀繊維よりなる4個あるいは16個程度の環状部(閉ループ 巻数3~7回)をもつ手術用ガーゼが閉創前遺残ガーゼ探知システムに適していることがわかった。

  23. 新規免疫抑制因子MAY-Iの臓器移植治療への応用とその免疫抑制機序

    2002年4月 - 2003年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    内田広夫, 小林英司, 池田均

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:7000000円 ( 直接経費:7000000円 )

    新規免疫抑制タンパク質MAY-Iはラットinter-alpha-inhibitory H4P heavy chain(H4P)のC末端を含むfragmentであるため、H4Pの組換えタンパク質とH4PでMAY-Iを含まないp-H4Pの組換えタンパク質を作製、精製してその機能を確認した

▼全件表示

産業財産権 8

  1. サーモ内視鏡を有する光温熱治療装置

    東海国立大学機構,飛鳥メディカル

     詳細を見る

    出願日:2021年1月

    公開番号:WO 2021/153319  公開日:2021年8月

    出願国:外国   取得国:外国

  2. 新規検査開発サーバ及び新規検査開発方法

    東海国立大学機構,日立製作所

     詳細を見る

    出願日:2020年2月

    公開番号:2021-128115  公開日:2021年9月

    出願国:国内   取得国:国内

  3. 尿中腫瘍マーカーによるがん検出方法、キット及び装置

    東海国立大学機構,日立製作所

     詳細を見る

    出願日:2018年11月

    公開番号:2020-079729  公開日:2020年5月

    出願国:国内   取得国:国内

  4. 医療用線状材料

    法人名大,三井金属鉱業

     詳細を見る

    出願日:2018年6月

    公開番号:WO 2018/230415  公開日:2018年12月

    出願国:外国   取得国:外国

  5. 小児がん検査用尿中代謝物マーカー

    東海国立大学機構,日立製作所

     詳細を見る

    出願日:2018年3月

    公開番号:2019-168319  公開日:2019年10月

    出願国:国内   取得国:国内

  6. 小児がんの検査方法

    法人名大

     詳細を見る

    出願日:2016年12月

    公開番号:2018-105674  公開日:2018年7月

    出願国:国内   取得国:国内

  7. 生体吸収性ステープル

    法人名大,産業技術総合研究所

     詳細を見る

    出願日:2016年10月

    公開番号:WO 2017/061616  公開日:2017年4月

    出願国:外国   取得国:外国

  8. 光治療システム

    法人名大,島津製作所

     詳細を見る

    出願日:2016年9月

    公開番号:WO 2018/061201  公開日:2018年4月

    出願国:外国   取得国:外国

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 小児外科

    2021

  2. 小児外科学

    2020

     詳細を見る

    小児外科

  3. 小児外科学

    2014