2022/10/26 更新

写真a

ミイ シンジ
三井 伸二
MII Shinji
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病理病態学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2012年7月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 悪性腫瘍

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 実験病理学

経歴 1

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科   腫瘍病理学   准教授

    2021年7月 - 現在

所属学協会 1

  1. 日本病理学会

 

論文 57

  1. CD109 on Dendritic Cells Regulates Airway Hyperreactivity and Eosinophilic Airway Inflammation. 査読有り 国際誌

    Aono Y, Suzuki Y, Horiguchi R, Inoue Y, Karayama M, Hozumi H, Furuhashi K, Enomoto N, Fujisawa T, Nakamura Y, Inui N, Mii S, Takahashi M, Suda T

    American journal of respiratory cell and molecular biology     2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2022-0109OC

    PubMed

  2. Downregulation of ROBO4 in Pancreatic Cancer Serves as a Biomarker of Poor Prognosis and Indicates Increased Cell Motility and Proliferation Through Activation of MMP-9 査読有り 国際誌

    Yamanaka Masaya, Hayashi Masamichi, Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Tanaka Haruyoshi, Sakai Akihiro, Mii Shinji, Kobayashi Daigo, Kurimoto Keisuke, Tanaka Nobutake, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   29 巻 ( 11 ) 頁: 7180 - 7189   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-022-12039-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Possible disease-protective roles of fibroblasts in cancer and fibrosis and their therapeutic application. 査読有り

    Shiraki Y, Mii S, Esaki N, Enomoto A

    Nagoya journal of medical science   84 巻 ( 3 ) 頁: 484 - 496   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.18999/nagjms.84.3.484

    PubMed

  4. Pharmacologic conversion of cancer-associated fibroblasts from a protumor phenotype to an antitumor phenotype improves the sensitivity of pancreatic cancer to chemotherapeutics 査読有り

    Iida Tadashi, Mizutani Yasuyuki, Esaki Nobutoshi, Ponik Suzanne M., Burkel Brian M., Weng Liang, Kuwata Keiko, Masamune Atsushi, Ishihara Seiichiro, Haga Hisashi, Kataoka Kunio, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Kawashima Hiroki, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    ONCOGENE   41 巻 ( 19 ) 頁: 2764 - 2777   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-022-02288-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41388-022-02288-9

  5. CD109 on Dendritic Cells Regulates Airway Hyperreactivity and Eosinophilic Airway Inflammation

    Aono Y., Suzuki Y., Horiguchi R., Inoue Y., Karayama M., Hozumi H., Furuhashi K., Enomoto N., Fujisawa T., Inui N., Mii S., Ichihara M., Takahashi M., Suda T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   205 巻   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  6. CD109 expression in tumor cells and stroma correlates with progression and prognosis in pancreatic cancer 査読有り 国際誌

    Adachi Kai, Sakurai Yasutaka, Ichinoe Masaaki, Tadehara Masayoshi, Tamaki Akihiro, Kesen Yurika, Kato Takuya, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Koizumi Wasaburo, Murakumo Yoshiki

    VIRCHOWS ARCHIV   480 巻 ( 4 ) 頁: 819 - 829   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00428-021-03230-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Matrix remodeling-associated protein 8 is a marker of a subset of cancer-associated fibroblasts in pancreatic cancer 査読有り 国際誌

    Ichihara Ryosuke, Shiraki Yukihiro, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Miyai Yuki, Esaki Nobutoshi, Kato Akira, Mii Shinji, Ando Ryota, Hayashi Masamichi, Takami Hideki, Fujii Tsutomu, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   72 巻 ( 3 ) 頁: 161 - 175   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.13198

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Meflin-positive cancer-associated fibroblasts enhance tumor response to immune checkpoint blockade 査読有り 国際誌

    Miyai Yuki, Sugiyama Daisuke, Hase Tetsunari, Asai Naoya, Taki Tetsuro, Nishida Kazuki, Fukui Takayuki, Chen-Yoshikawa Toyofumi Fengshi, Kobayashi Hiroki, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Hasegawa Yoshinori, Nishikawa Hiroyoshi, Ando Yuichi, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    LIFE SCIENCE ALLIANCE   5 巻 ( 6 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.26508/lsa.202101230

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Anti-Malignant Effect of Tensile Loading to Adherens Junctions in Cutaneous Squamous Cell Carcinoma Cells 査読有り 国際誌

    Dobrokhotov Oleg, Sunagawa Masaki, Torii Takeru, Mii Shinji, Kawauchi Keiko, Enomoto Atsushi, Sokabe Masahiro, Hirata Hiroaki

    FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY   9 巻   頁: 728383 - 728383   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcell.2021.728383

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Meflin defines mesenchymal stem cells and/or their early progenitors with multilineage differentiation capacity 査読有り 国際誌

    Hara Akitoshi, Kato Katsuhiro, Ishihara Toshikazu, Kobayashi Hiroki, Asai Naoya, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Miyai Yuki, Ando Ryota, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    GENES TO CELLS   26 巻 ( 7 ) 頁: 495 - 512   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12855

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Detection of serum/salivary exosomal Alix in patients with oral squamous cell carcinoma 査読有り 国際誌

    Nakamichi Eiji, Sakakura Hiroki, Mii Shinji, Yamamoto Noriyuki, Hibi Hideharu, Asai Masato, Takahashi Masahide

    ORAL DISEASES   27 巻 ( 3 ) 頁: 439 - 447   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/odi.13565

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. The Balance of Stromal BMP Signaling Mediated by GREM1 and ISLR Drives Colorectal Carcinogenesis 査読有り 国際誌

    Kobayashi Hiroki, Gieniec Krystyna A., Wright Josephine A., Wang Tongtong, Asai Naoya, Mizutani Yasuyuki, Lida Tadashi, Ando Ryota, Suzuki Nobumi, Lannagan Tamsin R. M., Ng Jia Q., Hara Akitoshi, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Ichinose Mari, Vrbanac Laura, Lawrence Matthew J., Sammour Tarik, Uehara Kay, Davies Gareth, Lisowski Leszek, Alexander Ian E., Hayakawa Yoku, Butler Lisa M., Zannettino Andrew C. W., Din M. Omar, Hasty Jeff, Burt Alastair D., Leedham Simon J., Rustgi Anil K., Mukherjee Siddhartha, Wang Timothy C., Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Worthley Daniel L., Woods Susan L.

    GASTROENTEROLOGY   160 巻 ( 4 ) 頁: 1224 - +   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2020.11.011

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. CD109 regulates in vivo tumor invasion in lung adenocarcinoma through TGF-beta signaling 査読有り 国際誌

    Taki Tetsuro, Shiraki Yukihiro, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Chen Chen, Asai Naoya, Murakumo Yoshiki, Yokoi Kohei, Takahashi Masahide, Mii Shinji

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 12 ) 頁: 4616 - 4628   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14673

    Web of Science

    PubMed

  14. The Daple-CK1 epsilon complex regulates Dvl2 phosphorylation and canonical Wnt signaling 査読有り 国際誌

    Esaki Nobutoshi, Enomoto Atsushi, Takagishi Maki, Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Ushida Kaori, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Takahashi Masahide

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   532 巻 ( 3 ) 頁: 406 - 413   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.08.066

    Web of Science

    PubMed

  15. Complex roles of the actin-binding protein Girdin/GIV in DNA damage-induced apoptosis of cancer cells 査読有り 国際誌

    Chen Chen, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Taki Tetsuro, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Ichihara Ryosuke, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 11 ) 頁: 4303 - 4317   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14637

    Web of Science

    PubMed

  16. Connective tissue growth factor produced by cancer-associated fibroblasts correlates with poor prognosis in epithelioid malignant pleural mesothelioma 査読有り 国際誌

    Ohara Yuuki, Enomoto Atsushi, Tsuyuki Yuta, Sato Kotaro, Iida Tadashi, Kobayashi Hiroki, Mizutani Yasuyuki, Miyai Yuki, Hara Akitoshi, Mii Shinji, Suzuki Jun, Yamashita Kyoko, Ito Fumiya, Motooka Yashiro, Misawa Nobuaki, Fukui Takayuki, Kawaguchi Koji, Yokoi Kohei, Toyokuni Shinya

    ONCOLOGY REPORTS   44 巻 ( 3 ) 頁: 838 - 848   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2020.7669

    Web of Science

    PubMed

  17. Hydrogen water alleviates obliterative airway disease in mice 査読有り

    Ozeki Naoki, Yamawaki-Ogata Aika, Narita Yuji, Mii Shinji, Ushida Kaori, Ito Mikako, Hirano Shin-ichi, Kurokawa Ryosuke, Ohno Kinji, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   68 巻 ( 2 ) 頁: 158 - 163   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-019-01195-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. The Significance of Molecular Biomarkers on Clinical Survival Outcome Differs Depending on Colon Cancer Sidedness 査読有り 国際誌

    Hirabayashi Sho, Hayashi Masamichi, Nakayama Goro, Mii Shinji, Hattori Norifumi, Tanabe Hiroshi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Takahashi Masahide, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 1 ) 頁: 201 - 211   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13941

    Web of Science

    PubMed

  19. Acute Exacerbation of Pleuroparenchymal Fibroelastosis Secondary to Allogenic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読有り

    Murakami Yasushi, Sakamoto Koji, Okumura Yuki, Suzuki Atsushi, Mii Shinji, Sato Mitsuo, Yokoi Toyoharu, Hashimoto Naozumi, Hasegawa Yoshinori

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 21 ) 頁: 2737 - 2743   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4995-20

    Web of Science

    PubMed

  20. Meflin-Positive Cancer-Associated Fibroblasts Inhibit Pancreatic Carcinogenesis 査読有り 国際誌

    Mizutani Yasuyuki, Kobayashi Hiroki, Iida Tadashi, Asai Naoya, Masamune Atsushi, Hara Akitoshi, Esaki Nobutoshi, Ushida Kaori, Mii Shinji, Shiraki Yukihiro, Ando Kenju, Weng Liang, Ishihara Seiichiro, Ponik Suzanne M., Conklin Matthew W., Haga Hisashi, Nagasaka Arata, Miyata Takaki, Matsuyama Makoto, Kobayashi Tomoe, Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Yamaguchi Junpei, Wang Tongtong, Woods Susan L., Worthley Daniel, Shimamura Teppei, Fujishiro Mitsuhiro, Hirooka Yoshiki, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 20 ) 頁: 5367 - 5381   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-0454

    Web of Science

    PubMed

  21. Roles of the Mesenchymal Stromal/Stem Cell Marker Meflin in Cardiac Tissue Repair and the Development of Diastolic Dysfunction 査読有り 国際誌

    Hara Akitoshi, Kobayashi Hiroki, Asai Naoya, Saito Shigeyoshi, Higuchi Takahiro, Kato Katsuhiro, Okumura Takahiro, Bando Yasuko K., Takefuji Mikito, Mizutani Yasuyuki, Miyai Yuki, Saito Shoji, Maruyama Shoichi, Maeda Keiko, Ouchi Noriyuki, Nagasaka Arata, Miyata Takaki, Mii Shinji, Kioka Noriyuki, Worthley Daniel L., Murohara Toyoaki, Takahashi Masahide, Enomoto Atsushi

    CIRCULATION RESEARCH   125 巻 ( 4 ) 頁: 414 - 430   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.119.314806

    Web of Science

    PubMed

  22. CD109: a multifunctional GPI-anchored protein with key roles in tumor progression and physiological homeostasis 査読有り 国際誌

    Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Shiraki Yukihiro, Taki Tetsuro, Murakumo Yoshiki, Takahashi Masahide

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   69 巻 ( 5 ) 頁: 249 - 259   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12798

    Web of Science

    PubMed

  23. Girdin/GIV regulates collective cancer cell migration by controlling cell adhesion and cytoskeletal organization 査読有り 国際誌

    Wang Xiaoze, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Mizutani Yasuyuki, Abudureyimu Shaniya, Esaki Nobutoshi, Tsuyuki Yuta, Chen Chen, Mii Shinji, Asai Naoya, Haga Hisashi, Ishida Sumire, Yokota Kenji, Akiyama Masashi, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 11 ) 頁: 3643 - 3656   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13795

    Web of Science

    PubMed

  24. CD109 deficiency induces osteopenia with an osteoporosis-like phenotype in vivo 査読有り 国際誌

    Mii Shinji, Hoshino Akiyoshi, Enomoto Atsushi, Murakumo Yoshiki, Ito Masako, Yamaguchi Akira, Takahashi Masahide

    GENES TO CELLS   23 巻 ( 7 ) 頁: 590 - 598   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12593

    Web of Science

    PubMed

  25. Giant biatrial myxoma with two different gross findings 査読有り

    Kuroda Taiyo, Yokoyama Yukifusa, Yuhara Satoshi, Okawa Hideyuki, Hasegawa Hiroki, Yokote Jun, Tamaki Shuji, Mii Shinji

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   66 巻 ( 6 ) 頁: 358 - 360   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-017-0811-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Essential Role of Linx/Islr2 in the Development of the Forebrain Anterior Commissure 査読有り 国際誌

    Abudureyimu Shaniya, Asai Naoya, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Kobayashi Hiroki, Wang Xiaoze, Chen Chen, Mii Shinji, Takahashi Masahide

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 7292 - 7292   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-24064-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Regulation of keratin 5/14 intermediate filaments by CDK1, Aurora-B, and Rho-kinase 査読有り 国際誌

    Inaba Hironori, Yamakawa Daishi, Tomono Yasuko, Enomoto Atsushi, Mii Shinji, Kasahara Kousuke, Goto Hidemasa, Inagaki Masaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   498 巻 ( 3 ) 頁: 544 - 550   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.03.016

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Negative regulation of amino acid signaling by MAPK-regulated 4F2hc/Girdin complex 査読有り 国際誌

    Weng Liang, Han Yi-Peng, Enomoto Atsushi, Kitaura Yasuyuki, Nagamori Shushi, Kanai Yoshikatsu, Asai Naoya, An Jian, Takagishi Maki, Asai Masato, Mii Shinji, Masuko Takashi, Shimomura Yoshiharu, Takahashi Masahide

    PLOS BIOLOGY   16 巻 ( 3 ) 頁: e2005090   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pbio.2005090

    Web of Science

    PubMed

  29. Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma 査読有り 国際誌

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Momota Hiroyuki, Han Yi-Peng, Kato Takuya, Ushida Kaori, Kato Akira, Asai Naoya, Murakumo Yoshiki, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Todo Tomoki, Ogawa Seishi, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    JOURNAL OF PATHOLOGY   243 巻 ( 4 ) 頁: 468 - 480   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.4981

    Web of Science

    PubMed

  30. Tyrosine Phosphorylation of an Actin-Binding Protein Girdin Specifically Marks Tuft Cells in Human and Mouse Gut 査読有り 国際誌

    Kuga Daisuke, Ushida Kaori, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Asai Naoya, Nagino Masato, Takahashi Masahide, Asai Masato

    JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY   65 巻 ( 6 ) 頁: 347 - 366   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1369/0022155417702586

    Web of Science

    PubMed

  31. Suppression of skin tumorigenesis in CD109-deficient mice. 査読有り

    Sunagawa M, Mii S, Enomoto A, Kato T, Murakumo Y, Shiraki Y, Asai N, Asai M, Nagino M, Takahashi M.

    Oncotarget.   7 巻   頁: 82836 - 82850   2016年

  32. CD109 is a component of exosome secreted from cultured cells. 査読有り

    Sakakura H, Mii S, Hagiwara S, Kato T, Yamamoto N, Hibi H, Takahashi M, Murakumo Y.

    Biochem Biophys Res Commun.   469 巻   頁: 816 - 822   2016年

  33. Identification of Meflin as a potential marker for mesenchymal stromal cells. 査読有り

    Maeda K, Enomoto A, Hara A, Asai N, Kobayashi T, Horinouchi A, Maruyama S, Ishikawa Y, Nishiyama T, Kiyoi H, Kato T, Ando K, Weng L, Mii S, Asai M, Mizutani Y, Watanabe O, Hirooka Y, Goto H, Takahashi M.

    Sci Rep.   6 巻   頁: 22288   2016年

  34. Low-grade cribriform cystadenocarcinoma arising from a minor salivary gland: A case report. 査読有り

    Kimura M, Mii S, Sugimoto S, Saida K, Morinaga S, Umemura M.

    J Oral Sci.   58 巻   頁: 145 - 149   2016年

  35. Increased expression levels of ppGalNAc-T13 in lung cancers: Significance in the prognostic diagnosis. 査読有り

    Nogimori K, Hori T, Kawaguchi K, Fukui T, Mii S, Nakada H, Matsumoto Y, Yamauchi Y, Takahashi M, Furukawa K, Tetsuya O, Yokoi K, Hasegawa Y, Furukawa K.

    Int J Oncol.   49 巻   頁: 1369 - 1376   2016年

  36. Potential involvement of kinesin-1 in the regulation of subcellular localization of Girdin. 査読有り

    Muramatsu A, Enomoto A, Kato T, Weng L, Kuroda K, Asai N, Asai M, Mii S, Takahashi M.

    Biochem Biophys Res Commun.   463 巻   頁: 999 - 1005   2015年

  37. Akt-Girdin signaling in cancer-associated fibroblasts contributes to tumor progression. 査読有り

    Yamamura Y, Asai N, Enomoto A, Kato T, Mii S, Kondo Y, Ushida K, Niimi K, Tsunoda N, Nagino M, Ichihara S, Furukawa K, Maeda K, Murohara T, Takahashi M.

    Cancer Res.   75 巻   頁: 813 - 823   2015年

  38. Girdin is phosphorylated on tyrosine 1798 when associated with structures required for migration. 査読有り

    Omori K, Asai M, Kuga D, Ushida K, Izuchi T, Mii S, Enomoto A, Asai N, Nagino M, Takahashi M.

    Biochem Biophys Res Commun.   458 巻   頁: 934 - 940   2015年

  39. CD109 attenuates TGF-β1 signaling and enhances EGF signaling in SK-MG-1 human glioblastoma cells. 査読有り

    Zhang JM, Murakumo Y, Hagiwara S, Jiang P, Mii S, Kalyoncu E, Saito S, Suzuki C, Sakurai Y, Numata Y, Yamamoto T, Takahashi M.

    Biochem Biophys Res Commun.   459 巻   頁: 252 - 258   2015年

  40. Role of Girdin in intimal hyperplasia in vein grafts and efficacy of atelocollagen-mediated application of small interfering RNA for vein graft failure. 査読有り

    Miyachi H, Mii S, Enomoto A, Murakumo Y, Kato T, Asai N, Komori K, Takahashi M.

    J Vasc Surg.   60 巻   頁: 479 - 489   2014年

  41. Detection of a soluble form of CD109 in serum of CD109 transgenic and tumor xenografted mice. 査読有り

    Sakakura H, Murakumo Y, Mii S, Hagiwara S, Kato T, Asai M, Hoshino A, Yamamoto N, Sobue S, Ichihara M, Ueda M, Takahashi M.

    PLoS One.   9 巻   頁: e83385   2014年

  42. Mycobacterium tuberculosis escapes from the phagosomes of infected human osteoclasts reprograms osteoclast development via dysregulation of cytokines and chemokines. 査読有り

    Hoshino A, Hanada S, Yamada H, Mii S, Takahashi M, Mitarai S, Yamamoto K, Manome Y.

    Pathog Dis.   70 巻   頁: 28 - 39   2014年

  43. Suppression of REV7 enhances cisplatin sensitivity in ovarian clear cell carcinoma cells. 査読有り

    Niimi K, Murakumo Y, Watanabe N, Kato T, Mii S, Enomoto A, Asai M, Asai N, Yamamoto E, Kajiyama H, Shibata K, Kikkawa F, Takahashi M.

    Cancer Sci.   105 巻   頁: 545 - 552   2014年

  44. TRIM27/MRTF-B-dependent integrin β1 expression defines leading cells in cancer cell collectives. 査読有り

    Kato T, Enomoto A, Watanabe T, Haga H, Ishida S, Kondo Y, Furukawa K, Urano T, Mii S, Weng L, Ishida-Takagishi M, Asai M, Asai N, Kaibuchi K, Murakumo Y, Takahashi M.

    Cell Rep.   7 巻   頁: 1156 - 1167   2014年

  45. The REV7 subunit of DNA polymerase ζ is essential for primordial germ cell maintenance in the mouse. 査読有り

    Watanabe N, Mii S, Asai N, Asai M, Niimi K, Ushida K, Kato T, Enomoto A, Ishii H, Takahashi M, Murakumo Y.

    J Biol Chem.   288 巻   頁: 10459 - 10471   2013年

  46. Similar phenotypes of Girdin germ-line and conditional knockout mice indicate a crucial role for Girdin in the nestin lineage. 査読有り

    Asai M, Asai N, Murata A, Yokota H, Ohmori K, Mii S, Enomoto A, Murakumo Y, Takahashi M.

    Biochem Biophys Res Commun.   426 巻   頁: 533 - 538   2012年

  47. RET finger protein expression is associated with prognosis in lung cancer with epidermal growth factor receptor mutations. 査読有り

    Iwakoshi A, Murakumo Y, Kato T, Kitamura A, Mii S, Saito S, Yatabe Y, Takahashi M.

    Pathol Int.   62 巻   頁: 324 - 330   2012年

  48. Epidermal hyperplasia and appendage abnormalities in mice lacking CD109. 査読有り

    Mii S, Murakumo Y, Asai N, Jijiwa M, Hagiwara S, Kato T, Asai M, Enomoto A, Ushida K, Sobue S, Ichihara M, Takahashi M.

    Am J Pathol.   181 巻   頁: 1180 - 1189   2012年

  49. Expression of RET finger protein predicts chemoresistance in epithelial ovarian cancer. 査読有り

    Horio M, Kato T, Mii S, Enomoto A, Asai M, Asai N, Murakumo Y, Shibata K, Kikkawa F, Takahashi M.

    Cancer Med.   1 巻   頁: 218 - 229   2012年

  50. Dedifferentiation and progression of an intracranial solitary fibrous tumor: autopsy case of a Japanese woman with a history of radiation therapy of the head during infancy. 査読有り

    Moritani S, Ichihara S, Hasegawa M, Takada S, Takahashi T, Kato E, Mii S, Iwakoshi A.

    Pathol Int.   61 巻   頁: 143 - 149   2011年

  51. Loss of Sprouty2 partially rescues renal hypoplasia and stomach hypoganglionosis but not intestinal aganglionosis in Ret Y1062F mutant mice. 査読有り

    Miyamoto R, Jijiwa M, Asai M, Kawai K, Ishida-Takagishi M, Mii S, Asai N, Enomoto A, Murakumo Y, Yoshimura A, Takahashi M.

    Dev Biol.   349 巻   頁: 160 - 168   2011年

  52. Protective role of Gipie, a Girdin family protein, in endoplasmic reticulum stress responses in endothelial cells. 査読有り

    Matsushita E, Asai N, Enomoto A, Kawamoto Y, Kato T, Mii S, Maeda K, Shibata R, Hattori S, Hagikura M, Takahashi K, Sokabe M, Murakumo Y, Murohara T, Takahashi M.

    Mol Biol Cell.   22 巻   頁: 736 - 747   2011年

  53. Correlation of pathological grade and tumor stage of urothelial carcinomas with CD109 expression. 査読有り

    Hagikura M, Murakumo Y, Hasegawa M, Jijiwa M, Hagiwara S, Mii S, Hagikura S, Matsukawa Y, Yoshino Y, Hattori R, Wakai K, Nakamura S, Gotoh M, Takahashi M.

    Pathol Int.   60 巻   頁: 735 - 743   2010年

  54. Processing of CD109 by furin and its role in the regulation of TGF-β signaling. 査読有り

    Hagiwara S, Murakumo Y, Mii S, Shigetomi T, Yamamoto N, Furue H, Ueda M, Takahashi M.

    Oncogene.   29 巻   頁: 2181 - 2191   2010年

  55. CD109 expression in basal-like breast carcinoma. 査読有り

    Hasegawa M, Moritani S, Murakumo Y, Sato T, Hagiwara S, Suzuki C, Mii S, Jijiwa M, Enomoto A, Asai N, Ichihara S, Takahashi M.

    Pathol Int.   58 巻   頁: 288 - 294   2008年

  56. Sprouty2 regulates growth and differentiation of human neuroblastoma cells through RET tyrosine kinase. 査読有り

    Ishida M, Ichihara M, Mii S, Jijiwa M, Asai N, Enomoto A, Kato T, Majima A, Ping J, Murakumo Y, Takahashi M.

    Cancer Sci.   98 巻   頁: 815 - 821   2007年

  57. Sensory nerve-dominant nerve degeneration and remodeling in the mutant mice lacking complex gangliosides. 査読有り

    Sugiura Y, Furukawa K, Tajima O, Mii S, Honda T, Furukawa K.

    Neuroscience.   135 巻   頁: 1167 - 1178   2005年

▼全件表示

MISC 1

  1. Correction: Pharmacologic conversion of cancer-associated fibroblasts from a protumor phenotype to an antitumor phenotype improves the sensitivity of pancreatic cancer to chemotherapeutics.

    Iida T, Mizutani Y, Esaki N, Ponik SM, Burkel BM, Weng L, Kuwata K, Masamune A, Ishihara S, Haga H, Kataoka K, Mii S, Shiraki Y, Ishikawa T, Ohno E, Kawashima H, Hirooka Y, Fujishiro M, Takahashi M, Enomoto A  

    Oncogene41 巻 ( 23 ) 頁: 3302   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41388-022-02336-4

    PubMed

講演・口頭発表等 70

  1. 骨肉腫におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD109の発現とその機能解析

    三井 伸二, 森田 悠聖, 大河内 凱翔, 下山 芳江, 高橋 雅英, 榎本 篤

    日本病理学会会誌  2022年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語  

  2. 大腸がん間質のがん関連線維芽細胞の多様性によるBMPシグナルとがん進展の制御機構

    榎本 篤, 小林 大貴, 市原 亮介, 安藤 良太, 森 奈津美, 浅井 直也, 白木 之浩, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2021年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

  3. CD109タンパク質はTGF-βシグナルを介して肺腺癌の浸潤を制御する

    三井 伸二, 滝 哲郎, 白木 之浩, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語  

  4. 悪性腫瘍におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD109の発現と臨床的意義

    三井 伸二, 白木 之浩, 滝 哲郎, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2020年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  5. 肺腺癌における癌関連タンパク質CD109の機能解析

    滝 哲郎, 三井 伸二, 白木 之浩, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2020年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  6. 肺腺癌におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD109の機能解析(Dissection of the function of CD109 in lung adenocarcinoma)

    滝 哲郎, 三井 伸二, 白木 之浩, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  7. 肺腺癌における癌関連タンパク質CD109の機能解析

    滝 哲郎, 三井 伸二, 白木 之浩, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語  

  8. 骨組織および骨肉腫におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD109の発現とその意義

    三井 伸二, 白木 之浩, 下山 芳江, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2019年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語  

  9. 非扁平上皮系悪性腫瘍におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD109の発現と臨床的意義

    三井 伸二, 白木 之浩, 滝 哲郎, 榎本 篤, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2018年10月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

  10. 肺腺癌におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD109の機能解析(Dissection of the function of CD109 in lung adenocarcinoma)

    滝 哲郎, 三井 伸二, 白木 之浩, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語  

  11. CD109タンパク質の欠損により骨粗鬆症様の骨減少症が生じる(CD109 deficiency induces osteopenia showing an osteoporosis-like phenotype in vivo)

    三井 伸二, 星野 昭芳, 山口 朗, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語  

  12. 肺腺癌における癌関連タンパク質CD109の機能解析

    滝 哲郎, 三井 伸二, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

  13. 腫瘍幹細胞におけるCD109の機能解析(The role of CD109 in Brain tumor stem cells derived from PDGFB-induced glioma mouse model)

    白木 之浩, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2018年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語  

  14. 脳腫瘍マウスモデルにおけるテモゾロミド感受性に対するCD109の機能解析

    白木 之浩, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 百田 洋之, 夏目 敦至, 若林 俊彦, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語  

  15. ヒトgliiomaにおけるCD109の発現(Significance of Perivascular Tumor Cells Defined by CD109 Expression)

    白木 之浩, 三井 伸二, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語  

  16. 慢性皮膚炎症を伴うCD109ノックアウトマウスにおいて皮膚腫瘍形成は抑制される(Suppression of skin tumorigenesis in CD109-deficient mice with chronic skin inflammation)

    三井 伸二, 砂川 真輝, 榎本 篤, 村雲 芳樹, 梛野 正人, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2017年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語  

  17. Lower grade gliomaにおける免疫組織化学染色でのCD109の発現は、予後と相関する

    白木 之浩, 砂川 真輝, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 百田 洋之, 夏目 敦至, 若林 俊彦, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語  

  18. 慢性皮膚炎症を伴うCD109ノックアウトマウスにおいて皮膚腫瘍形成は抑制される

    三井 伸二, 砂川 真輝, 榎本 篤, 村雲 芳樹, 梛野 正人, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2016年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語  

  19. 脳腫瘍幹細胞におけるmTORC1活性制御とその分子機構の解析

    榎本 篤, 翁 良, 韓 一梵, 浅井 直也, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2016年9月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

  20. 皮膚腫瘍形成におけるCD109の役割の検討(CD109-deficiency suppresses chemically induced H-ras mutation and tumorigenesis in mouse skin)

    砂川 真輝, 三井 伸二, 梛野 正人, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語  

  21. 脳腫瘍モデルマウスを用いた神経膠腫におけるCD109の機能解析(Analysis of PDGFB-inducedglioma in CD109-deficient mice)

    白木 之浩, 加藤 琢哉, 砂川 真輝, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 百田 洋之, 夏目 敦至, 若林 俊彦, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語  

  22. 骨肉腫における新規免疫組織化学的マーカーとしてのCD109の可能性

    三井 伸二, 白木 之浩, 下山 芳江, 榎本 篤, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

  23. 間葉系幹細胞およびペリサイトの新規マーカーMeflinの同定と機能解析

    榎本 篤, 前田 啓子, 浅井 直也, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2016年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

  24. 皮膚腫瘍形成におけるCD109の役割の検討

    砂川 真輝, 三井 伸二, 梛野 正人, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語  

  25. 脳腫瘍モデルマウスを用いた神経膠腫におけるCD109の機能解析

    白木 之浩, 加藤 琢哉, 砂川 真輝, 三井 伸二, 浅井 直也, 百田 洋之, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2015年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語  

  26. CD109タンパク質の欠損により骨芽細胞および破骨細胞の異常を伴う骨減少症が生じる

    三井 伸二, 星野 昭芳, 山口 朗, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

  27. 皮膚腫瘍形成におけるCD109の役割の検討(CD109 deficiency inhibited tumorigenesis in mouse skin)

    砂川 真輝, 三井 伸二, 梛野 正人, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

  28. REV7の発現抑制は卵巣明細胞癌のシスプラチン感受性を増強する

    村雲 芳樹, 加藤 琢哉, 三井 伸二, 榎本 篤, 浅井 真人, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

  29. 脳腫瘍モデルマウスを用いた神経膠腫におけるTRIM27の機能解析

    白木 之浩, 加藤 琢哉, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

  30. 腫瘍微小環境におけるAkt結合蛋白Girdinの関与の検討

    山村 由美子, 浅井 直也, 榎本 篤, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2015年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

  31. DNA repair protein Rev7 is required for primordial germ cell maintenance in the mouse

    Yoshiki Murakumo, Naoki Watanabe, Shinji Mii, Masato Asai, Naoya Asai, Kaoru Niimi, Takuya Kato, Atsushi Enomoto, Masahide Takahashi

    CANCER RESEARCH  2014年10月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

  32. CD109は神経膠芽腫細胞株において細胞依存的にTGF-β1、EGFシグナルを制御する(Cell-type dependent effect of CD109 on TGF-beta1 and EGF signaling in human glioblastoma cells)

    村雲 芳樹, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

  33. 皮膚腫瘍形成におけるCD109の役割の検討(CD109 deficiency inhibited tumorigenesis in mouse skin)

    砂川 真輝, 三井 伸二, 梛野 正人, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

  34. 癌関連線維芽細胞においてAktシグナルの下流にあるGirdinがリン酸化されることにより腫瘍増大を引き起こす(Akt signaling in cancer-associated fibroblasts contributes to tumor progression via Girdin phosphorylation)

    山村 由美子, 浅井 直也, 榎本 篤, 加藤 琢哉, 三井 伸二, 近藤 裕史, 前田 健吾, 室原 豊明, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2014年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

  35. CD109は神経膠芽腫細胞株SK-MG-1にてTGF-β1シグナル抑制的、EGFシグナル促進的に働く

    村雲 芳樹, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

  36. 肺に著明なpanmyelosisが認められ、呼吸不全によって死亡したatypical CMLの1剖検例

    白木 之浩, 市原 正智, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 岩田 洋介, 伊藤 雅文, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

  37. TRIM27-USP7によるp53制御機構の解明

    加藤 琢哉, 榎本 篤, 三井 伸二, 浅井 真人, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

  38. 遺伝子改変マウスを用いた癌関連タンパク質CD109の機能解析および新規腫瘍マーカーへの応用可能性

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 坂倉 寛紀, 浅井 真人, 浅井 直也, 市原 正智, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2014年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

  39. CD109は培養細胞においてその培養上清中のExosome上に発現する(CD109 is a component of exosomes secreted from cultured cells)

    坂倉 寛紀, 村雲 芳樹, 三井 伸二, 萩原 純孝, 山本 憲幸, 上田 実, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

  40. DNA修復蛋白Rev7はマウスの始原生殖細胞の維持のために必須である(DNA repair protein Rev7 Is required for Primordial Germ Cell Maintenance in the Mouse)

    村雲 芳樹, 三井 伸二, 浅井 直也, 新美 薫, 加藤 琢哉, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2013年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

  41. CD109は培養細胞においてその培養上清中のExosome上に発現する

    坂倉 寛紀, 村雲 芳樹, 三井 伸二, 萩原 純孝, 山本 憲幸, 上田 実, 高橋 雅英

    日本細胞生物学会大会講演要旨集  2013年5月  (一社)日本細胞生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

  42. マウス生殖細胞の維持におけるRev7の重要性

    村雲 芳樹, 渡辺 直樹, 三井 伸二, 浅井 直也, 浅井 真人, 加藤 琢哉, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

  43. 癌関連タンパク質CD109の新規血清腫瘍マーカーとしての可能性の検討

    三井 伸二, 坂倉 寛紀, 村雲 芳樹, 市原 正智, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

  44. リン酸化Girdin特異的抗体の作製とマウス脳における組織学的検討

    浅井 真人, 浅井 直也, 三井 伸二, 榎本 篤, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2013年4月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

  45. Atelocollagen-Delivered Small Interfering RNA Targeting Girdin Attenuates Intimal Hyperplasia Vein Grafts in vivo

    Hiroki Miyachi, Shinji Mii, Atsushi Enomoto, Masahide Takahashi, Kimihiro Komori

    CIRCULATION  2012年11月  LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語  

  46. AktによるGirdinのリン酸化は腫瘍進展時の血管形成に関与する可能性がある(A possible role of Akt-mediated Girdin phosphorylation in the development of tumor blood vessel during tumor orogression)

    山村 由美子, 浅井 直也, 榎本 篤, 前田 健吾, 加藤 琢哉, 三井 伸二, 室原 豊明, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

  47. CD109ノックアウト/lacZノックインマウスにおける皮膚表現型の解析(Epidermal hyperplasia and appendage abnormalities in mice lacking CD109, a negative regulator of TGF-beta signaling)

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

  48. TGF-β関連タンパク質CD109の新規腫瘍マーカーへの応用(Application for the novel tumor marker of TGF-beta associated protein 'CD109')

    坂倉 寛紀, 村雲 芳樹, 三井 伸二, 萩原 純孝, 山本 憲幸, 上田 実, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2012年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

  49. Deficiency of CD109, a negative regulator of TGF-beta signaling, leads epidermal hyperplasia and appendage abnormalities in mice

    Shinji Mii, Yoshiki Murakumo, Naoya Asai, Masato Asai, Masahide Takahashi

    CANCER RESEARCH  2012年4月  AMER ASSOC CANCER RESEARCH

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

  50. CD109ノックアウト/lacZノックインマウスにおける皮膚表現型の病理学的解析

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 浅井 真人, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

  51. 肺癌におけるRET finger protein発現と予後に関する免疫組織学的検討

    岩越 朱里, 村雲 芳樹, 加藤 琢哉, 北村 彩, 三井 伸二, 谷田部 恭, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

  52. ネスチン細胞系統はGirdinストレートノックアウトマウスの致死的表現型の原因となる(The Nestin cell lineage is responsible for the lethal phenotypes of Girdin straight knockout mice)

    浅井 真人, 浅井 直也, 三井 伸二, 榎本 篤, 村雲 芳樹, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

  53. Rev7は胎生期の始原生殖細胞の維持に必須である

    渡辺 直樹, 村雲 芳樹, 三井 伸二, 浅井 真人, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2012年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

  54. CD109ノックアウト/lacZノックインマウスにおける皮膚表現型の解析(CD109 Knockout/lacZ Knock-in Mice show Epidermal Abnormality)

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2011年9月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

  55. CD109ノックアウト/LacZノックインマウスにおける皮膚表現型の病理学的解析

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 浅井 直也, 浅井 真人, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

  56. REV7の欠損は精巣生殖細胞の形成不全をもたらす

    渡辺 直樹, 村雲 芳樹, 三井 伸二, 浅井 真人, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

  57. Ret Y1062FマウスにおいてSprouty2の部分的消失は腎低形成と胃神経節細胞減少を救済する(Loss of Sprouty2 partially rescues renal hypoplasia and stomach hypoganglionosis in Ret Y1062F mice)

    浅井 真人, 宮本 理恵子, 時々輪 真由美, 川井 久美, 三井 伸二, 浅井 直也, 榎本 篤, 村雲 芳樹, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2011年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語  

  58. TGF-βシグナル制御のパラダイム TGF-βシグナルの制御におけるCD109の役割(Paradigm on Regulation of TGF-beta Signals Role of CD109 in the regulation of TGF-beta signaling)

    村雲 芳樹, 萩原 純孝, 三井 伸二, 萩倉 美奈子, 高橋 雅英

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2010年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

  59. CD109-LacZノックインマウスにおける皮膚表現型の解析(CD109 knockout/LacZ knock-in mice show epidermal abnormality)

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2010年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

  60. CD109ノックアウトマウスにおける毛周期の変化

    三井 伸二, 村雲 芳樹, 浅井 直也, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

  61. 膀胱癌におけるCD109発現の臨床病理学的特徴との関連性の検討

    萩倉 美奈子, 村雲 芳樹, 三井 伸二, 浅井 真人, 服部 良平, 後藤 百万, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2010年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

  62. CD109の高発現は扁平上皮の癌化に関係する

    萩原 純孝, 村雲 芳樹, 佐藤 朋子, 三井 伸二, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2009年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

  63. Sauropus androgynus(アマメシバ)による閉塞性細気管支炎の一剖検例

    三井 伸二, 島田 聡子, 橋本 克訓, 榎本 篤, 鈴木 智景, 浅井 直也, 村雲 芳樹, 中村 栄男, 横井 豊治, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2009年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

  64. 腎のmucinous tubular and spindle cell carcinomaの1症例

    鈴木 智景, 岩田 洋介, 都築 豊徳, 榎本 篤, 前田 永子, 三井 伸二, 時々輪 真由美, 村雲 芳樹, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2009年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

  65. Choroid plexus papillary carcinomaの一例

    鈴木 智景, 岩田 洋介, 村雲 芳樹, 榎本 篤, 三井 伸二, 下山 芳江, 長坂 徹郎, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

  66. 基底細胞型乳癌の新しいマーカーとしてのCD109

    長谷川 正規, 森谷 鈴子, 三井 伸二, 佐藤 朋子, 時々輪 真由美, 村雲 芳樹, 市原 周, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

  67. 乳腺腺筋上皮腫(adenomyoepithelioma)の1例

    時々輪 真由美, 市原 周, 長谷川 正規, 佐藤 朋子, 鈴木 智景, 三井 伸二, 榎本 篤, 森谷 鈴子, 浅井 直也, 村雲 芳樹, 高橋 雅英

    日本病理学会会誌  2008年3月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

  68. Sprouty2はRETチロシンキナーゼ下流シグナルによる神経芽細胞種の増殖と分化を調節する(Sprouty2 mediates growth and differentiation of human neuroblastoma cells through RET tyrosine kinase)

    石田 麻紀, 市原 正智, 三井 伸二, 時々輪 真由美, 浅井 直也, 榎本 篤, 加藤 琢哉, 村雲 芳樹, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2007年8月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語  

  69. Sprouty-related protein with EVH-1 domain(Spred)のGDNF/RETシグナル伝達系に及ぼす影響の検討

    三井 伸二, 市原 正智, 吉村 昭彦, 高橋 雅英

    日本癌学会総会記事  2002年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

  70. Stromal imbalance of bone morphogenetic protein signaling drives colorectal carcinogenesis

    Kobayashi H., Gieniec K., Wright J., Wang T., Asai N., Mizutani Y., Ida T., Ando R., Suzuki N., Lannagan T., Ng J., Hara A., Shiraki Y., Mii S., Ichinose M., Vrbanac L., Lawrence M., Sammour T., Uehara K., Davies G., Lisowski L., Alexander I., Hayakawa Y., Butler L., Zannettino A., Din M. O., Hasty J., Burt A., Leedham S., Rustgi A., Mukherjee S., Wang T. C., Enomoto A., Takahashi M., Worthley D., Woods S.

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 5

  1. 肺癌における間質形成メカニズムと間質浸潤制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:22K07000  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    三井 伸二, 榎本 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    正常な肺の間質成分はごく少量であるが,肺癌では間質成分が増加し,同部への浸潤が生じる.しかし,その詳細なメカニズムは不明である.
    我々が作製したCD109ノックアウトマウスに肺腺癌を発症させたところ,野生型マウスに発症した腺癌に比べ,間質への浸潤が有意に抑制されることが明らかとなった.加えて,ヒト肺腺癌では,癌・間質境界領域の癌細胞にはCD109が,間質側の線維芽細胞には我々が同定したMeflinがそれぞれ高発現しており,かつ両者が機能的に関連することが見出された.
    以上のことから,本研究では,癌・間質境界領域におけるCD109/Meflinの相互作用が間質浸潤を制御する可能性について検証する.

  2. 骨肉腫マウスモデルを用いた悪性腫瘍の発症・進展におけるCD109の発現意義の解明

    研究課題/研究課題番号:19K07503  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    三井 伸二, 高橋 雅英

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    細胞表面に存在するタンパク質であるCD109は,様々な悪性腫瘍で増加しており,腫瘍の発症あるいは進行を助長するため注目されているが,なぜそのような機能を持つか,詳細は不明である.
    これまでに,骨肉腫に由来する培養細胞でCD109タンパク質が増えており,それを人工的に減らすことで,細胞の悪性度が下がるという実験結果が得られている.
    そこで,骨肉腫を対象とすることで,CD109タンパク質の機能を調べるとともに,新たな治療標的となりうるかについても検討する.
    GPIアンカー型膜タンパク質CD109は,種々の扁平上皮癌・脳腫瘍・肺腺癌などの多くのヒト腫瘍組織で発現が増強し,これらの腫瘍の発症ないし進展を助長する分子であることが近年明らかとなりつつある.しかし,一方で,CD109が悪性腫瘍においてそのような機能を示すメカニズムについては依然として不明な点が多い.
    これまで我々は,全身でCD109を欠失するCD109ノックアウトマウスを作出し,その表現型解析を行ってきた.その中で,本マウスにおいて骨の脆弱化が認められるとともに,ヒトおよびマウス組織を用いた検討によりCD109が骨芽細胞に発現していることが明らかになったことから,本研究は,骨芽細胞が悪性化した腫瘍である骨肉腫におけるCD109の役割を解析することで,CD109の生理学的機能および悪性腫瘍の増悪因子としての機能の本態を解明しようとするものである.
    前年度までに同定した,CD109の発現が増強している複数のヒト骨肉腫由来細胞株を用いて,細胞生物学的な検討を行った.CD109はTGF-βシグナル系において抑制的に働く補助受容体としての機能が知られているため,骨肉腫細胞株においても同様の機能を持つか,複数の細胞株に対してTGF-β1刺激することでin vitroで検討したが,CD109ノックダウン群とコントロール群で有意な差は認められなかった.そこで,解析対象をTGF-βスーパーファミリーに広げ,TGF-β1以外のリガンドを使用した検討を開始し,現在解析中である.また,並行してCRISPR/Cas9法を用いたCD109ノックアウト細胞の作製も順調に進行しており,これまでにCD109の発現が消失している細胞株のクローニングが完了した.
    研究計画に沿って,骨肉腫細胞株およびヒト骨肉腫組織を用いた検討を進めているが,CD109結合分子の同定に当初の予定よりも時間を要している.CD109ノックアウト細胞が得られたため,この細胞の利用を含め,研究計画に基づいて研究をより一層進展させたい.
    各種細胞株を用いて,引き続き腫瘍の進展において重要な役割を果たすCD109結合分子の同定を目指すとともに,骨肉腫におけるTGF-βスーパーファミリーとCD109の相互作用について検討を継続する.
    また,研究計画に沿って,骨肉腫マウスモデルを用いた実験を計画中である.

  3. サルコペニアモデル動物の確立を目標とした疾患モデル動物の病態解析

    研究課題/研究課題番号:19K11780  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    祖父江 沙矢加, 市原 正智, 後藤 亜由美, 三井 伸二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    様々な哺乳動物において加齢により筋力低下や筋萎縮が起きることが知られており、この筋の老化をサルコペニアと呼ぶ。進行する高齢社会への対応策としてサルコペニアに関心が集まっているが、サルコペニアの発症メカニズムは極めて複雑であり研究発展が期待されている。本研究では老化や筋萎縮における核-細胞質間輸送因子の役割について検討し、新たなサルコペニアモデル動物の確立およびサルコペニア特異的筋萎縮発症メカニズムの解明に向けた研究を行う。
    本研究の目的は、筋萎縮発症モデル動物における筋萎縮発症機序を明らかにし、加齢時のサルコペニア性筋萎縮と比較することでサルコペニアモデル動物として確立することができるか否かを検討することである。加齢に伴う筋量減少や筋力低下はサルコペニアとよばれ、高齢化に伴い今後発症者数は増加するとみられている。しかしながら現状ではサルコペニアの発症メカニズムや分子機序は特定されておらず、その鍵となる分子および機序の解明が急務である。申請者は、筋萎縮発症ラットの次世代シークエンス解析により核-細胞質間輸送因子における遺伝子変異が筋萎縮発症に関連するのではないかと推察される結果を得た。そこで、この遺伝子変異により発症する筋萎縮がサルコペニアにおける筋萎縮と同様の表現型を示すか否かを評価するためにノックインマウスの作製による検証を行う。
    今年度は、2019年度に確立した条件を用いて目的遺伝子に一塩基置換を有するノックインマウスの作製を行った。一塩基置換をホモで有するものとヘテロで有するものを1匹ずつ得られたので、現在繁殖を行い今後の解析に必要な匹数を揃えている状況である。
    また、ノックインマウスの表現型確認のために必要な基礎データとして必要な筋萎縮発症モデルラットの筋萎縮発症時期における骨格筋の筋線維の萎縮状況について、後肢筋肉の蛍光免疫染色を実施し速筋線維と遅筋線維の分布や面積比率について比較検討を行った。
    2019年度に樹立したノックイン細胞株を用いて細胞内シグナル伝達に与える影響の検討を行ったが、アポトーシス関連因子の発現量が野生型においても非常に高くその後の解析に影響が出てきてしまうことが判明した。そこで、新たに筋萎縮発症モデルラット由来の細胞株における一塩基置換を野生型の塩基に修復した細胞株の樹立、またはアポトーシス関連因子の発現量が低い細胞株を用いての変異導入ノックイン細胞株の樹立を試みる。
    2019年度に産休・育休取得のため一時的に研究を中断したことで遅れていた研究については2020年度中に行うことができたが、2020年度新型コロナウイルス感染拡大の影響で実験動物の繁殖・飼育に制限が出たことから、2020年度に計画していたノックインマウスの表現型の確認までには至らなかった。
    樹立したノックインマウスの表現型の確認や運動機能解析を実施するため、現在匹数を増やすべく繁殖を行っている。
    また、筋萎縮発症モデルラット由来の細胞株における一塩基置換を野生型の塩基に修復した細胞株については、シークエンスの確認ができ次第細胞内シグナル伝達に与える影響の検討に用いる。

  4. 乾癬モデルマウスを用いた慢性炎症と皮膚発癌の連関解明

    研究課題/研究課題番号:16K19104  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金   若手研究(B)

    三井 伸二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では,我々の作製したCD109欠損マウスを用いて皮膚腫瘍形成実験を行い,癌関連遺伝子CD109の欠損により皮膚腫瘍の発生率が低下することを示した.
    また,その原因を探るためにマウス皮膚より得た初代培養ケラチノサイトを用いて検討したところ,CD109が欠損することでTGF-β/SMAD/NRF2経路が活性化することで皮膚腫瘍の発生が抑えられている可能性が示唆された.
    以上のように,CD109が腫瘍発生において果たす役割について,本研究によりその一端が明らかとなった.

  5. 細胞融合の制御機構と腫瘍性多核巨細胞の形成メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:25860293  2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 病理学各論

    2022

  2. 病理学各論

    2021

  3. 病理学各論

    2020