2021/07/02 更新

写真a

ヤマナカ コウジ
山中 宏二
YAMANAKA Koji
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 教授
大学院医学系研究科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2000年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 筋萎縮性側索硬化症

  2. アルツハイマー病

  3. 神経炎症

  4. グリア細胞

  5. タンパク質分解

  6. グリア

  7. 神経病態生化学

  8. 神経変性疾患

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 神経変性疾患・認知症の病態解明と治療法開発

経歴 6

  1. 名古屋大学   環境医学研究所   所長(センター長)

    2016年4月 - 2020年3月

  2. 名古屋大学   環境医学研究所   副所長

    2014年4月 - 2016年3月

  3. 名古屋大学 環境医学研究所 教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 運動ニューロン変性研究チーム チームリーダー

    2009年5月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター ユニットリーダー

    2006年9月 - 2009年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 博士研究員

    2001年6月 - 2006年8月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

▼全件表示

学歴 2

  1. 京都大学   医学研究科

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   医学部   医学科

    1986年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本神経科学学会   理事

    2020年1月 - 現在

  2. 日本神経学会   代議員

    2017年5月 - 現在

  3. 北米神経学会

  4. 日本神経化学会   評議員

  5. 日本生化学会   評議員

    2020年9月 - 現在

  6. 日本神経免疫学会   評議員

  7. 日本内科学会

  8. 日本認知症学会

▼全件表示

受賞 2

  1. 2013年度 日本神経学会賞 学術研究部門

    2013年   日本神経学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. Carrier Development Award

    2004年   米国 筋ジストロフィー協会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

 

論文 79

  1. Novel reporters of mitochondria-associated membranes (MAM), MAMtrackers, demonstrate MAM disruption as a common pathological feature in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Sakai S, Watanabe S, Komine O, Sobue A, Yamanaka K

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   35 巻 ( 7 ) 頁: e21688   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.202100137R

    PubMed

  2. Microglial gene signature reveals loss of homeostatic microglia associated with neurodegeneration of Alzheimer's disease 査読有り

    Sobue Akira, Komine Okiru, Hara Yuichiro, Endo Fumito, Mizoguchi Hiroyuki, Watanabe Seiji, Murayama Shigeo, Saito Takashi, Saido Takaomi C., Sahara Naruhiko, Higuchi Makoto, Ogi Tomoo, Yamanaka Koji

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 1   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-020-01099-x

    Web of Science

    PubMed

  3. Stagnation of glymphatic interstitial fluid flow and delay in waste clearance in the SOD1-G93A mouse model of ALS. 査読有り

    Hirose M, Asano M, Watanabe-Matsumoto S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, Tokuda E, Furukawa Y, Misawa H

    Neuroscience research     2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2020.10.006

    PubMed

  4. Astrocytic phagocytosis is a compensatory mechanism for microglial dysfunction 査読有り

    Konishi Hiroyuki, Okamoto Takayuki, Hara Yuichiro, Komine Okiru, Tamada Hiromi, Maeda Mitsuyo, Osako Fumika, Kobayashi Masaaki, Nishiyama Akira, Kataoka Yosky, Takai Toshiyuki, Udagawa Nobuyuki, Jung Steffen, Ozato Keiko, Tamura Tomohiko, Tsuda Makoto, Yamanaka Koji, Ogi Tomoo, Sato Katsuaki, Kiyama Hiroshi

    EMBO JOURNAL   39 巻 ( 22 ) 頁: .   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  5. Touchscreen-based location discrimination and paired associate learning tasks detect cognitive impairment at an early stage in an App knock-in mouse model of Alzheimer's disease 査読有り

    Saifullah Md. Ali Bin, Komine Okiru, Dong Yutao, Fukumoto Kazuya, Sobue Akira, Endo Fumito, Saito Takashi, Saido Takaomi C., Yamanaka Koji, Mizoguchi Hiroyuki

    MOLECULAR BRAIN   13 巻 ( 1 ) 頁: 147   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-00690-6

    Web of Science

    PubMed

  6. Aggresome formation and liquid-liquid phase separation independently induce cytoplasmic aggregation of TAR DNA-binding protein 43 査読有り

    Watanabe Seiji, Inami Hidekazu, Oiwa Kotaro, Murata Yuri, Sakai Shohei, Komine Okiru, Sobue Akira, Iguchi Yohei, Katsuno Masahisa, Yamanaka Koji

    CELL DEATH & DISEASE   11 巻 ( 10 ) 頁: 909   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41419-020-03116-2

    Web of Science

    PubMed

  7. Novel Selenium-based compounds with therapeutic potential for SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis 査読有り 国際共著

    Amporndanai Kangsa, Rogers Michael, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, O'Neill Paul M., Hasnain S. Samar

    EBIOMEDICINE   59 巻   頁: 102980   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2020.102980

    Web of Science

    PubMed

  8. The regulation of glucose metabolism by astrocytes in diet induced obesity mice

    Sugiyama M., Banno R., Sun R., Yaginuma H., Taki K., Takagi H., Ito Y., Yamanaka K., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S266 - S266   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  9. Hypothalamic glial cells isolated by MACS reveal that microglia and astrocytes induce hypothalamic inflammation via different processes under high-fat diet conditions 査読有り

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Arima Hiroshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   136 巻   頁: 104733   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2020.104733

    Web of Science

    PubMed

  10. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair 査読有り 国際共著

    Nakazawa Yuka, Hara Yuichiro, Oka Yasuyoshi, Komine Okiru, van den Heuvel Diana, Guo Chaowan, Daigaku Yasukazu, Isono Mayu, He Yuxi, Shimada Mayuko, Kato Kana, Jia Nan, Hashimoto Satoru, Kotani Yuko, Miyoshi Yuka, Tanaka Miyako, Sobue Akira, Mitsutake Norisato, Suganami Takayoshi, Masuda Akio, Ohno Kinji, Nakada Shinichiro, Mashimo Tomoji, Yamanaka Koji, Luijsterburg Martijn S., Ogi Tomoo

    CELL   180 巻 ( 6 ) 頁: 1228 - +   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2020.02.010

    Web of Science

    PubMed

  11. ALS-linked TDP-43<sup>M337V</sup> knock-in mice exhibit splicing deregulation without neurodegeneration. 査読有り

    Watanabe S, Oiwa K, Murata Y, Komine O, Sobue A, Endo F, Takahashi E, Yamanaka K

    Molecular brain   13 巻 ( 1 ) 頁: 8   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-020-0550-4

    PubMed

  12. Mice deficient in the C-terminal domain of TAR DNA-binding protein 43 develop age-dependent motor dysfunction associated with impaired Notch1-Akt signaling pathway. 査読有り 国際共著

    Nishino K, Watanabe S, Shijie J, Murata Y, Oiwa K, Komine O, Endo F, Tsuiji H, Abe M, Sakimura K, Mishra A, Yamanaka K

    Acta neuropathologica communications   7 巻 ( 1 ) 頁: 118   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-019-0776-5

    PubMed

  13. Phenotypic heterogeneity of astrocytes in motor neuron disease. 招待有り 査読有り 国際共著

    Trias E, Barbeito L, Yamanaka K

    Clinical & experimental neuroimmunology   9 巻 ( 4 ) 頁: 225-234   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cen3.12476

    PubMed

  14. Dissociation of blood-brain barrier disruption and disease manifestation in an aquaporin-4-deficient mouse model of amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Watanabe-Matsumoto S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Yamanaka K, Abe Y, Yasui M, Misawa H

    Neuroscience Research   133 巻   頁: 48-57   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2017.11.001

    PubMed

  15. A copper-deficient form of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase as an early pathological species in amyotrophic lateral sclerosis

    Tokuda Eiichi, Nomura Takao, Ohara Shinji, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, Morisaki Yuta, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE   1864 巻 ( 6 ) 頁: 2119 - 2130   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbadis.2018.03.015

    Web of Science

    PubMed

  16. Intracerebroventricular administration of Cystatin C ameliorates disease in SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis mice 査読有り

    Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K

    Journal of Neurochemistry   145 巻 ( 1 ) 頁: 80-89   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14285

    Web of Science

  17. Innate immune adaptor TRIF deficiency accelerates disease progression of ALS mice with accumulation of aberrantly activated astrocytes. 査読有り

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K

    Cell Death and Differentiation   25 巻 ( 12 ) 頁: 2130-2146   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41418-018-0098-3

    PubMed

  18. The Multi-dimensional roles of astrocytes in ALS. 招待有り 査読有り

    Yamanaka K, Komine O

    Neuroscience Research   126 巻   頁: 31 - 38   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2017.09.011

  19. TDP-43 accelerates age-dependent degeneration of interneurons 査読有り

    Tsuiji H, Inoue I, Takeuchi M, Furuya A, Yamakage Y, Watanabe S, Koike M, Hattori M, Yamanaka K

    Scientific Reports   7 巻   頁: 14972   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-14966-w

    PubMed

  20. Astrocyte-derived extracellular vesicles contribute to the propagation of pathogenic protein in ALS

    Endo F., Kurita T., Yamanaka K.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 203-204   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.582

    Web of Science

  21. Collapse of mitochondria-associated membrane as common pathomechanism for amyotrophic lateral sclerosis

    Watanabe S., Ilieva H., Tamada H., Nomura H., Komine O., Endo F., Jin S., Mancias P., Kiyama H., Yamanaka K.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 104-104   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.334

    Web of Science

  22. Mice heterozygously lacking C-terminal domain of TDP-43 show age-dependent motor dysfunction

    Nishino K, Watanabe S, Komine O, Yamanaka K.

    Journal of the Neurological Sciences   381 巻   頁: 570   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.1604

  23. Age-dependent motor dysfunction due to neuron-specific disruption of stress-activated protein kinase MKK7. 査読有り

    Yamasaki T, Deki-Arima N, Kaneko A, Miyamura N, Iwatsuki M, Matsuoka M, Fujimori-Tonou N, Okamoto-Uchida Y, Hirayama J, Marth JD, Yamanashi Y, Kawasaki H, Yamanaka K, Penninger JM, Shibata S, Nishina H

    Scientific Reports   7 巻   頁: 7348   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-07845-x

    PubMed

  24. A misfolded dimer of Cu/Zn-superoxide dismutase leading to pathological oligomerization in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Anzai I, Tokuda E, Mukaiyama A, Akiyama S, Endo F, Yamanaka K, Misawa H, Furukawa Y.

    Protein Sci   26 巻 ( 3 ) 頁: 484-496   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pro.3094.

  25. A misfolded dimer of Cu/Zn-superoxide dismutase leading to pathological oligomerization in amyotrophic lateral sclerosis

    Anzai Itsuki, Tokuda Eiichi, Mukaiyama Atsushi, Akiyama Shuji, Endo Fumito, Yamanaka Koji, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki

    PROTEIN SCIENCE   26 巻 ( 3 ) 頁: 484 - 496   2017年3月

  26. Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Toichi K, Watanabe M, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y.

    Molecular Neurodegeneration   12 巻   頁: 2   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Znsuperoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis

    Tokuda Eiichi, Anzai Itsuki, Nomura Takao, Toichi Keisuke, Watanabe Masahiko, Ohara Shinji, Watanabe Seiji, Yamanaka Koji, Morisaki Yuta, Misawa Hidemi, Furukawa Yoshiaki

    MOLECULAR NEURODEGENERATION   12 巻 ( 1 ) 頁: 2   2017年1月

  28. Mitochondria-associated membrane collapse is a common pathomechanism in SIGMAR1- and SOD1-linked ALS 招待有り 査読有り 国際共著

    Watanabe S, Ilieva Hristelina, Tamada H, Nomura H, Komine O, Endo F, Jin S, Mancias P, Kiyama H, Yamanaka K

    EMBO Molecular Medicine   8 巻 ( 12 ) 頁: 1421-1437   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201606403

    PubMed

  29. Proteasomal dysfunction induced by diclofenac engenders apoptosis through mitochondrial pathway

    Amanullah A, Upadhyay A, Chhangani D, Joshi V, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A

    J. Cell. Biochem.     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcb.25666

    PubMed

  30. Selective Expression of Osteopontin in ALS-resistant Motor Neurons is a Critical Determinant of Late Phase Neurodegeneration Mediated by Matrix Metalloproteinase-9 査読有り

    Morisaki Y, Niikura M, Watanabe M, Onishi K, Tanabe S, Moriwaki Y, Okuda T, Ohara S, Murayama S, Takao M, Uchida S, Yamanaka K, Misawa H.

    Scientific Reports   6 巻   頁: 27354   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep27354

  31. Neuregulin 1 confers neuroprotection in SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis mice via restoration of C-boutons of spinal motor neurons. 査読有り

    Lasiene J, Komine O, Fujimori-Tonou. N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Shjie J, Ravits J, Horner P, Misawa H, Yamanaka K

    Acta Neuropathologica Communications   18 巻 ( 4 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-016-0286-7.

  32. Neuroinflammation in motor neuron disease.

    Komine O, Yamanaka K

    Nagoya Journal of Medical Science   77 巻 ( 4 ) 頁: 537-549   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  33. Mahogunin ring finger 1 confers cytoprotection against mutant SOD1 aggresomes and is defective in an ALS mouse model. 査読有り 国際共著

    Chhangani D, Endo F, Amanullah A, Upadhyay A, Watanabe S, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A

    Neurobiology of Disease   86 巻   頁: 16-28   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Astrocyte-Derived TGF-β1 Accelerates Disease Progression in ALS Mice by Interfering with the Neuroprotective Functions of Microglia and T Cells 査読有り 国際共著

    Endo F, Komine O, Fujimori-Tonou N, Katsuno M, Jin S, Watanabe S, Sobue G, Dezawa M, Wyss-Coray T, Yamanaka K

      11 巻 ( 4 ) 頁: 592-604   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.celrep.2015.03.053

  35. Cystatin C protects neuronal cells against mutant copper-zinc superoxide dismutase-mediated toxicity. 査読有り

    Watanabe S, Hayakawa T, Wakasugi K, Yamanaka K

    Cell Death and Disease   5 巻   頁: e1497   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  36. SIRT1 overexpression ameliorates a mouse model of SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis via HSF1/HSP70i chaperone system. 査読有り

    Watanabe S, Ageta-Ishihara N, Nagatsu S, Takao K, Komine O, Endo F, Miyakawa T, Misawa H, Takahashi R, Kinoshita M, Yamanaka K

    Molecular Brain   7 巻 ( 62 )   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-014-0062-1

  37. Disease causing mutants of TDP-43 nucleic acid binding domains are resistant to aggregation and have increased stability and half-life. 査読有り

    Austin James J., Wright Gareth S., Watanabe S, Grossman G, Antonyuk S V., Yamanaka K, Hasnan S. S

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111 巻 ( 11 ) 頁: 4309-4314   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Case of familial amyotrophic lateral sclerosis showing gadolinium-enhanced cranial nerves on magnetic resonance imaging associated with rapid progression of facial nerve palsy 査読有り

    Mizuno M, Ueki Y, Sakurai K, Okita K, Endo F, Yamanaka K, Morita M, Matsukawa N

    Neurology and Clinical Neuroscience     頁: --   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: --

  39. Intranuclear aggregation of mutant FUS/TLS as a molecular pathomechanism of amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Nomura T, Watanabe S, Kaneko K, Yamanaka K, Nukina N, Furukawa Y

    Journal of Biological Chemistry   289 巻 ( 2 ) 頁: 1192-1202   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Animal models for neurodegenerative disorders

    Tsuiji H, Yamanaka K

    Animal Biotechnology     頁: 39-56   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  41. Intracellular seeded aggregation of mutant Cu,Zn-superoxide dismutase associated with amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Furukawa Y, Kaneko K, Watanabe S, Yamanaka K, Nukina N

    FEBS Letters   587 巻 ( 16 ) 頁: 2500-2505   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. E6-AP association promotes SOD1 aggresomes degradation and suppresses toxicity. 査読有り

    Mishra Amit K, Maheshiwari M, Chhangani D, Fujimori-T N, Endo F, Joshi Ajai P, Jana Nihar R, Yamanaka K

    Neurobiology of Aging   34 巻 ( 4 ) 頁: 1310.e11-23   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Loss of TDP-43 causes age-dependent progressive motor neuron degeneration. 査読有り

    Iguchi Y, Katsuno M, Niwa J, Takagi S, Ishigaki S, Ikenaka , Kawai K, Watanabe H, Yamanaka K, Takahashi R, Misawa H, Sasaki Shoichi, Tanaka F, Sobue G

    Brain   136 巻 ( 5 ) 頁: 1371-1382   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/brain/awt029

  44. Spliceosome integrity is defective in the motor neuron diseases ALS and SMA. 査読有り

    Tsuiji H, Iguchi Y, Furuya A, Kataoka A, Hatsuta H, Atsuta N, Tanaka F, Hashizume Y, Akatsu H, Murayama S, Sobue G, Yamanaka K

    EMBO Molecular Medicine   5 巻 ( 2 ) 頁: 221-234   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Deletion of TLR-Associted signaling adaptor TRIF significantly accelerates disease progression of ALS mice. 査読有り

    Komine O, Fujimori-Tonou N, Yamashita H, Moriwaki Y, Misawa H, Yamanaka K

      61 巻   頁: S75-S76   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  46. The role of microglia-immune interaction in neurodegeneration of ALS mouse model.

    Yamanaka K

    Journal of Neurochemistry   125 巻   頁: 89   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  47. Accelerated disease onset with stabilized familial amyotrophic lateral sclerosis (ALS)-linked TDP-43 mutations. 査読有り

    Watanabe S, Kaneko K, Yamanaka K

    J Biol Chem   288 巻   頁: 3641-3654   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Disulfide scrambling describes the oligomer formation of SOD1 proteins in the familial form of ALS. 査読有り

    Toichi K, Yamanaka K, Furukawa Y

    J Biol Chem   288 巻   頁: 4970-1980   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. E6-AP association promotes SOD1 aggresomes degradation and suppresses toxicity. 査読有り

    Mishra A, Maheshwari M, Chhangani D, Fujimori-Tonou N, Endo, F, Joshi AP, Jana NR, Yamanaka K

    Neurobiol Aging   34 巻 ( 1310 ) 頁: e11-23   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. A seeding reaction recapitulates intracellular formation of sarkosyl-insoluble TAR DNA binding protein-43 inclusions. 査読有り

    Furukawa Y, Kaneko K, Watanabe S, Yamanaka K, Nukina N

    J. Biol. Chem   286 巻   頁: 18664-18672   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Blockade of Gap Junction Hemichannel Suppresses Disease Progression in Mouse Models of Amyotrophic Lateral Sclerosis and Alzheimer's 査読有り

    Takeuchi H, Mizoguchi H, Doi Y, Jin S, Noda M, Liang J, Li H, Zhou Y, Mori R, Yasuoka S, Li E, Parajuli B, Kawanokuchi J, Sonobe Y, Sato J, Yamanaka K, Sobue G, Mizuno T, Suzumura A

    PLoS One   6 巻 ( 6 ) 頁: e21108   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Glial cells in Amyotrophic Lateral Sclerosis. 査読有り

    Lasiene J, Yamanaka K

    Neurol Res Int     頁: 718987   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  53. Mutation-dependent polymorphism of Cu, Zn-superoxide dismutase aggregates in the familial form of amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Furukawa Y, Kaneko K, Yamanaka K, Nukina N

    J. Biol. Chem.   285 巻   頁: 22221-22231   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Misfolded Mutant SOD1 Directly Inhibits VDAC1 Conductance in a Mouse Model of Inherited ALS. 査読有り

    Israelson A, Arbel N, Da Cruz S, Ilieva H, Yamanaka K, Shoshan-Barmatz V, Clevalend DW

    Neuron   67 巻   頁: 575-587   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Schwann cells expressing dismutase active mutant SOD1 unexpectedly slow disease progression in ALS mice. 査読有り

    Lobsiger CS, Boillee S, McAlonis-Downes M, Khan AM, Feltri ML, Yamanaka K, Cleveland DW

    Proc. Natl. Acad. Sci., USA.   106 巻   頁: 4465-4470   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Gigaxonin controls vimentin organization through tubulin chaperone-independent pathway. 査読有り

    Cleveland DW, Yamanaka K, Bomont P

    Hum. Mol. Genet.   18 巻   頁: 1384-1394   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Mutant dynein (Loa) triggers proprioceptive axon loss that extends survival only in the SOD1 ALS model with highest motor neuron death. 査読有り

    Ilieva H, Yamanaka K, Malkmus S, Kakinohana O, Yaksh T, Marsala M, Cleveland DW

    Proc. Natl. Acad. Sci., USA.   105 巻   頁: 12599-12604   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Complete loss of post-translational modifications triggers fibrillar aggregation of SOD1 in familial form of ALS. 査読有り

    Furukawa Y, Kaneko K, Yamanaka K, O'Halloran, TV, Nukina N

    J. Biol. Chem.   283 巻   頁: 24167-24176   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Astrocytes as determinants of disease progression in inherited amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Yamanaka K, Chun SJ, Boillee S, Fujimori-Tonou N, Yamashita H, Gutmann DH, Takahashi R, Misawa H, Cleveland DW

    Nat. Neurosci.   11 巻   頁: 251-253   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Mutant SOD1 in cell types other than motor neurons and oligodendrocytes accelerates onset of disease in ALS mice. 査読有り

    Yamanaka K, Boillee S, Roberts EA, Garcia ML, McAlonis-Downes M, Mikse OR, Cleveland DW, Goldstein LSB

    Proc. Natl. Acad. Sci., USA.   105 巻   頁: 7594-7599   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Heat-shock protein 105 interacts with and suppresses aggregation of mutant Cu/Zn superoxide dismutase; clues to a possible strategy for treating ALS. 査読有り

    Yamashita H, Kawamata J, Okawa K, Kanki R, Nakamizo T, Hatayama T, Yamanaka K, Takahashi R, Shimohama S

    J. Neurochem.   102 巻   頁: 1497-1505   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Onset and Progression in Inherited ALS determined by Motor Neurons and Microglia. 査読有り

    Boillee S, Yamanaka K, Lobsiger CS, Copeland NG, Jenkins NA, Kassiotis G, Kollias G, Cleveland DW

    Science   312 巻   頁: 1389-1392   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Novel Missense Mutation in ALS2 gene results in Infantile Ascending Hereditary Spastic Paralysis. 査読有り

    Eymard-Pierre E, Yamanaka K, Haeussler M, Kress W, Gauthier-Barichard F, Combes P, Cleveland DW, Boespflug-Tanguy O

    Ann. Neurol.   59 巻   頁: 976-980   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Progressive axonal degeneration and slowness in ALS2-deficient mice. 査読有り

    Yamanaka K, Miller TM, McAlonis-Downes M, Chun SJ, Cleveland DW

    Ann. Neurol.   60 巻   頁: 95-104   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Antisense Oligonucleotides as a Therapy for Neurodegenerative diseases. 査読有り

    Smith RA, Miller TM, Yamanaka K, Monia BP, Condon TP, Hung G, Lobsiger CS, Ward CM, McAlonis-Downes M, Wei H, Wancewicz EV, Bennett CF, Cleveland DW

    J. Clin. Invest.   116 巻   頁: 2290-2296   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Gene transfer demonstrates that muscle is not a primary target for non-cell autonomous toxicity in familial amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Miller TM, Kim SH, Yamanaka K, Hester M, Umapathi P, Arnson H, Rizo L, Mendell JR, Gage FH, Cleveland DW, Kaspar BK

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   103 巻   頁: 19546-19551   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Virus-delivered siRNA preserves strength in ALS mice. 査読有り

    Miller TM, Kaspar BK, Kops GJ, Yamanaka K, Christian LJ, Gage FH, Cleveland DW

    Ann. Neurol.   57 巻   頁: 773-776   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Cleveland DW: Determinants of rapid disease progression in ALS. 査読有り

    Yamanaka K

    Neurology   65 巻   頁: 1859-1860   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  69. ALS2-Related Disorders. 査読有り

    Bertini E, Eymard-Pierre E, Boespflug-Tanguy O, Cleveland DW, Yamanaka K

    GeneReviews at GeneTests: Medical Genetics Information Resource.     頁: 00   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  70. Unstable mutants in the peripheral endosomal membrane component ALS2 cause early onset motor neuron disease. 査読有り

    Yamanaka K, Vande Velde C, Eymard-Pierre E, Bertini E, Boespflug-Tanguy O, Cleveland DW

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   100 巻   頁: 16041-16046   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Identification of the ubiquitin-protein ligase that recognizes oxidized IRP2. 査読有り

    Yamanaka K, Ishikawa H, Megumi Y, Tokunaga F, Kanie M, Rouault TA, Morishima I, Minato N, Ishimori K, Iwai K

    Nat. Cell Biol.   5 巻   頁: 336-340   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. NEDD8 recruits E2-ubiquitin to SCF E3 ligase. 査読有り

    Kawakami T, Chiba T, Suzuki T, Iwai K, Yamanaka K, Minato N, Suzuki H, Shimbara N, Hidaka Y, Osaka F, Omata M, Tanaka K

    EMBO J.   20 巻   頁: 4003-4012   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Multiple thymoma with myotonic dystrophy. 査読有り

    Hirai T, Yamanaka A, Fujimoto T, Takahashi A, Takayama Y, Yamanaka K

    Japanese Journal Thoracic Cardiovascular Surgery   49 巻   頁: 457-460   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Stabilization of iron regulatory protein 2, IRP2, by aluminum. 査読有り

    Yamanaka K, Minato N, Iwai K

    FEBS Lett.   462 巻   頁: 216-220   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Identification of the ubiquitin carrier proteins, E2s, involved in signal-induced conjugation and subsequent degradation of IkappaBalpha. 査読有り

    Gonen H, Bercovich B, Orian A, Carrano A, Takizawa C, Yamanaka K, Pagano M, Iwai K, Ciechanover A

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 14823-14830   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Identification of the von Hippel-Lindau tumor-suppressor protein as part of an active E3 ubiquitin ligase complex. 査読有り

    Iwai K, Yamanaka K, Kamura T, Minato N, Conaway RC, Conaway JW, Klausner RD, Pause A

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   96 巻   頁: 12436-12441   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Abulia from unilateral capsular genu infarction: report of two cases. 査読有り

    Yamanaka K, Fukuyama H, Kimura J

    J. Neurol. Sci.   143 巻   頁: 181-184   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Plaques of multiple sclerosis on the pyramidal tract demonstrated by MRI.

      42 巻   頁: 377-378   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Sleep bruxism as a manifestation of subclinical rapid eye movement sleep behavior disorder. 査読有り

    Tachibana N, Yamanaka K, Kaji R, Nagamine T, Watatani K, Kimura J, Shibasaki H.

    Sleep   17 巻   頁: 555-558   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 52

  1. 別冊 Bio Clinica慢性炎症と疾患【神経疾患と慢性炎症】ミクログリアと神経炎症

    山中宏二、祖父江 顕( 担当: 共著)

    北隆館  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 神経変性疾患と免疫学. ―ALSを中心にー 日本臨床 免疫性神経疾患update 基礎・臨床研究の最新知見

    遠藤史人、山中宏二

    泰山堂書店  2020年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 老年精神医学雑誌 特集:老年期精神神経疾患と神経炎症 「筋萎縮性側索硬化症、前頭側頭型認知症と炎症」

    小峯 起, 山中宏二( 担当: 共著)

    ワールドプランニング  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 医学のあゆみ・神経変性疾患におけるミクログリア. 特徴と治療標的としての展望.

    祖父江 顕、山中宏二( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Animal Biotechnology (Second Edition) Chapter 3 - Animal models for neurodegenerative disorders.

    Yamanaka K( 担当: 分担執筆)

    Academic Press  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  6. 筋萎縮性側索硬化症におけるグリア・免疫連関. 実験医学増刊  脳の半分を占めるグリア細胞

    小峯 起, 山中宏二( 担当: 共著)

    羊土社  2019年10月  ( ISBN:978-4-7581-0382-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 筋萎縮性側索硬化症におけるMAMの破綻. 実験医学増刊 ミトコンドリアと疾患・老化

    渡邊征爾,山中宏二( 担当: 共著)

    羊土社  2019年7月  ( ISBN:978-4-7581-0380-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. 神経変性疾患におけるミクログリア病態・神経炎症

    祖父江 顕、遠藤史人、山中宏二( 担当: 共著)

    羊土社  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. Neuroscience Research: The Multi-dimensional roles of astrocytes in ALS.

    Yamanaka K, Komine O.( 担当: 単著)

    2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. ミクログリアと神経変性疾患. BRAIN and NERVE-神経研究の進歩

    山中宏二( 担当: 共著)

    医学書院  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. 日本神経精神薬理学雑誌・神経・グリア連関に着目した神経変性疾患の病態解明

    山中宏二( 担当: 単著)

    日本神経精神薬理学会  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  12. アストロサイト

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    メディカルドゥ  2017年3月  ( ISBN: 9784944157648

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    高橋良輔, 山中宏二, 樋口真人, 漆谷真 編集

  13. Dementia Japan(日本認知症学会誌): グリア細胞からみた運動神経変性機序

    山中 宏二( 担当: 単著)

    日本認知症学会  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 医学のあゆみ マクロファージのすべて:ミクログリア;正常と病態. 

    山中宏二( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  15. Modern Physician:免疫性・炎症性神経疾患―病態解明から疾患修飾開発まで:免疫性神経疾患の基礎科学--神経科学の立場から.

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    新興医学出版社  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. Clin Exp Neuroimmunol: Neuroinflammation in aging and neurodegeneration.

    Yamanaka K.( 担当: 単著)

    2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  17. Clin Exp Neuroimmunol: Neuroinflammation in motor neuron disease.

    Endo F, Komine O, Yamanaka K.( 担当: 共著)

    2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  18. 脳科学辞典(ウェブサイト)・筋萎縮性側索硬化症.

    渡邊征爾、山中宏二( 担当: 共著)

    日本神経科学学会  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  19. 最新医学 特集:筋萎縮性側索硬化症と炎症 –神経・免疫連関の立場から-:神経・免疫のクロストーク.

    山中宏二( 担当: 単著)

    最新医学社  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. Autophagy: Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (3rd edition).

    Klionsky DJ, ..., Yamanaka K, et al.( 担当: 共著)

    Taylor & Francis   2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. Annual Review 神経 2016:運動神経疾患におけるグリア細胞の関与

    山中 宏二( 担当: 共著)

    中外医学社  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 生体の科学 特集 グリア研究の最先端:筋萎縮性側索硬化症(ALS)におけるアストロサイト病態.

    遠藤史人、山中宏二( 担当: 共著)

    医学書院  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. Clinical Neuroscience 「ミクログリア」:ALSとミクログリア.

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    中外医学社  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. Oncotarget: Astrocytic TGF-β1: detrimental factor in ALS.

    Endo F, Yamanaka K.( 担当: 共著)

    oncotarget  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  25. 日本臨床 増刊号 免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-:傍腫瘍性運動ニューロン疾患.

    遠藤史人、山中宏二( 担当: 共著)

    日本臨床社  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 神経内科:筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子遺伝学update ALSとVCP/p97/Cdc48.

    遠藤史人、山中宏二( 担当: 共著)

    科学評論社  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. The Lancet Neurology: Neuroinflammation in Alzheimer's disease.

    Heneka MT, Carson MJ, Khoury JE, Landreth GE, Brosseron F, Feinstein DL, Jacobs AH, Wyss-Coray T, Vitorica J, Ransohoff RM, Herrup K, Frautschy SA, Finsen B, Brown GC, Verkhratsky A, Yamanaka K, Koistinaho J, Latz E, Halle A, Petzold GC, Town T, Morgan D, Shinohara ML, Perry VH, Holmes C, Bazan NG, Brooks DJ, Hunot S, Joseph B, Deigendesch N, Garaschuk O, Boddeke E, Dinarello CA, Breitner JC, Cole GM, Golenbock DT, Kummer MP.( 担当: 共著)

    Lancet Pub. Group  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  28. 難病と在宅ケア:ALS医療 :筋委縮性側索硬化症における神経炎症

    遠藤史人、山中宏二( 担当: 共著)

    日本プランニングセンター  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  29. 細胞工学 がん・免疫・代謝・発生におけるM1/M2分類を超えたマクロファージの機能:マクロファージとは似て非なる細胞ミクログリアと神経変性疾患.

    山中宏二( 担当: 単著)

    学研メディカル秀潤社  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  30. 遺伝子医学MOOK 脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究:グリア-末梢免疫組織連関からみた神経変性機序の解明-筋萎縮性側索硬化症を中心として-.

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    株式会社メディカルドゥ  2014年11月  ( ISBN:978-4-944157-56-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  31. BRAIN MEDICAL : グリア細胞と神経変性. 特集 神経細胞変性のメカニズム.

    渡邊征爾、山中宏二( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  32. 神経と運動単位の疾患,カンデル神経科学(翻訳)

    山中宏二,遠藤史人( 担当: 共著)

    メディカルサイエンスインターナショナル  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  33. In: Verma A, Singh, A, editors. Animal Biotechnology: Models in Discovery and Translation:Animal Models for Neurodegenerative Disorders

    Tsuiji H, Yamanaka K.( 担当: 共著)

    Elsevier  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  34. 医学のあゆみ 生活習慣病におけるマクロファージ:神経変性疾患におけるミクログリア

    山中宏二( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  35. グリア関連病態. すべてがわかるALS(筋萎縮性側索硬化症)・運動ニューロン疾患

    山中宏二、小峯 起( 担当: 共著)

    中山書店  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  36. Clinical Neuroscience :ニューロサイエンスの最新情報:神経変性疾患における非細胞自律性神経細胞死-遺伝性ALSモデルマウスを中心として-

    小峯 起、山中宏二( 担当: 共著)

    中外医学社  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  37. メディカル・サイエンス・ダイジェスト:ALSと脊髄内環境変化. 特集:脳内環境変化と神経疾患

    築地仁美、山中宏二( 担当: 共著)

    ニューサイエンス社  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  38. 実験医学別冊 「臓器円環による生体恒常性のダイナミクス」:脳・脊髄環境の恒常性維持と神経疾患

    山中宏二( 担当: 単著)

    羊土社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  39. 脳21:ALS病態におけるグリアの役割

    山下博史、山中宏二( 担当: 単著)

    金芳堂  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  40. 臨床神経学:ALS におけるグリア関連病態

    山中宏二( 担当: 単著)

    金剛出版  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  41. Clinical Neuroscience:ALS-SOD1の発症機序

    山下博史,山中宏二( 担当: 共著)

    中外医学社  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  42. 実験医学 別冊:神経変性疾患における細胞死研究のパラダイムシフト

    山中宏二( 担当: 単著)

    羊土社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  43. 医学のあゆみ:ALSの病態—非細胞自律性の神経細胞死

    山中宏二,遠藤史人( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  44. MB Medical Rehabilitation:ALSの今後の研究方向と可能性は

    山中宏二( 担当: 単著)

    全日本病院出版会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  45. Medical Science Digest:筋萎縮性側索硬化症とグリア細胞

    山中宏二( 担当: 単著)

    北隆社  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  46. 生物物理:家族性ALSに見られるSOD1蛋白質のアミロイド形成と翻訳後修飾過程による制御メカニズム(蛋白質(物性(安定性、折れ畳みなど)) 

    古川良明、金子貢巳、山中宏二、貫名信行 ( 担当: 共著)

    日本生物物理学会  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  47. 臨床神経学:CLINICAL NEUROLOGY:筋萎縮性側索硬化症

    山中宏二( 担当: 単著)

    日本神経学会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  48. Brain and Nerve:ALSとミクログリア―非細胞自律性の神経細胞死

    山中宏二( 担当: 単著)

    医学書院  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  49. 実験医学増刊: 脳神経疾患の分子病態と治療への展開 :ALS研究のトピックスー非細胞自律性の神経細胞死  

    山中宏二( 担当: 単著)

    羊土社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  50. 臨床神経学:筋萎縮性側索硬化症の動物モデル

    山中宏二( 担当: 単著)

    日本神経学会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  51. 実験医学:ALSの発症と進行は運動ニューロンとミクログリアが規定する

    山中宏二( 担当: 単著)

    羊土社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  52. 酸化ストレス ver2フリーラジカル医学生物学の最前線 (別冊医学のあゆみ):鉄イオン代謝制御蛋白IRP2の活性制御メカニズム

    山中宏二, 岩井一宏 ( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 1

  1. The regulation of glucose metabolism by astrocytes in diet induced obesity mice

    Sugiyama M., Banno R., Sun R., Yaginuma H., Taki K., Takagi H., Ito Y., Yamanaka K., Arima H.  

    DIABETOLOGIA63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S266 - S266   2020年9月

     詳細を見る

講演・口頭発表等 206

  1. 神経変性疾患における神経炎症の役割 招待有り

    山中宏二

    名古屋市立大学 第14回 NCU Life Science Seminar  2020年12月10日  名古屋市立大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市  

  2. ADにおけるミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介した神経炎症調節について

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第39回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  3. 認知症早期発見と創薬への行動薬理学研究者の挑戦 招待有り

    溝口博之、山中宏二

    第30回日本医療薬学会年会シンポジウム 55【研究】 新たな診断・治療法を創出し難治性疾患の克服に挑む  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. ミクログリアと神経変性疾患

    山中宏二

    第32回日本神経免疫学会学術総会シンポジウム「ミクログリア:基礎・臨床研究の最先端」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  5. グリア―免疫連関からみた神経変性疾患

    山中宏二

    第63回日本神経化学会大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  6. The regulation of glucose metabolism by astrocytes in diet induced obesity mice. 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Sun R, Yaginuma H, Taki T, Takagi H, Ito Y, Yamanaka K, Arima H

    Annual Meeting of the European-Association-for-the-Study-of-Diabetes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  7. RNA-Seq解析による疾患ミクログリアの分子標的探索 招待有り

    山中宏二

    量子イメージング創薬アライアンス・脳とこころ第7回本会議  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web開催  

  8. 筋萎縮性側索硬化症における末梢免疫環境の役割解明. 招待有り

    3. 小峯 起、山中宏二.

    第93回日本生化学会大会シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン開催  

  9. 運動神経変性における小胞体・ミトコンドリア連関の破綻 招待有り

    渡邊征爾、山中宏二

    第93回日本生化学会大会シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:オンライン開催  

  10. Multimerization of TDP-43 plays a key role in determination of its subcellular localization

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. 筋萎縮性側索硬化症におけるグリア・免疫連関

    山中宏二

    第61回日本神経学会学術大会シンポジウム「Neuroscience Frontier Symposium」 講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  12. ALS関連変異TDP-43M337Vノックインマウスは運動神経変性を伴わないスプライシング異常を生じる

    渡邊征爾、大岩康太郎、小峯 起、祖父江 顕、山中宏二

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  13. ALSモデルマウスにおける神経保護性ミクログリア反応を誘導する末梢免疫関連分子の探索

    小峯  起, 村上由希, 大沼周平, 池田早織, 山中宏二

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  14. ミクログリアのカンナビノイド 受容体2型を標的としたアルツハイマー病治療法開発

    祖父江 顕, 小峯 起, 遠藤史人, 村山繁雄, 斉藤貴志, 西道隆臣, 山中宏二

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  15. Molecular pathomechanism of motor neuron disease. 国際会議

    Yamanaka K.

    UK-Japan Neuroscience Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Edinburgh   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  16. The role of innate and acquired immunity in neuroinflammation of ALS mice. 国際会議

    Yamanaka K, Komine O, Fujimori N, Yamashita H.

    30th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Perth, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  17. Glia-immune communications in ALS. 招待有り

    The 24th Annual Meeting of the Japan Glia.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. ミトコンドリア・小胞体接触部(MAM)に着目した運動神経変性機序の解明

    山中宏二

    第3回オルガネラ・ゾーン 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. アルツハイマー病患者とAppNL-G-F マウスにおける神経炎症関連遺伝⼦解析

    祖父江 顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道隆臣、山中宏二

    第38回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  20. 神経変性疾患におけるアストロサイトの機能的多様性 招待有り

    山中宏二

    第92回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  21. 運動神経変性におけるオルガネラ連携の破綻 招待有り

    山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  22. TDP-43の多量体化が、その細胞内局在の決定に重要である

    大岩康太郎、渡邊征爾、祖父江 顕、小峯 起 、勝野雅央、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  23. アルツハイマー病患者脳とAPP- KIマウス由来ミクログリアにおける遺伝子発現解析

    祖父江顕、小峯 起、遠藤史人、村山繁雄、斉藤貴志、西道 隆臣、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  24. ALS/FTLD原因遺伝子によって引き起こされるTDP-43の凝集は2つの異なる経路によって生じる

    渡邊征爾、大岩康太郎、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  25. ALSモデルマウスのミクログリア機能を変化させる末梢免疫関連分子の同定

    小峯 起、大沼周平、池田沙織、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  26. 神経変性疾患の治療標的としてのグリア細胞 招待有り

    山中宏二

    第60回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  27. Collapse of Mitochondria-associated membrane as common pathomechanism in familial ALS including SOD1 mutations. 招待有り

    Yamanaka K

    Mini-Symposium "Metal in ALS" Keio University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  28. Intracerebroventricular administration of cystatin C extended the survival time of SOD1G93A mouse model 国際会議

    Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K

    the29th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  29. Innate immune adaptor TRIF confers neuroprotection in ALS mice by eliminating abnormal astrocytes 国際会議

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K

    Society for Neuroscience 2018 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:SanDiego   国名:アメリカ合衆国  

  30. Mice deficient of C-terminal domain of TDP-43 develop age-dependent motor dysfunction via Notch1-Akt signaling pathway 国際会議

    Watanabe S, Nishino K, Matsuoka Y, Jin S, Komine O, Endo F,Tsuiji H, Sakimura K, Mishra A, Yamanaka K

    5th RNA metabolism in neurological desease conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  31. TDP-43 accelerates age-dependent degeneration of interneurons 国際会議

    Tsuiji H, Hattori M, Yamanaka K

    5th RNA metabolism in neurological desease conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego   国名:日本国  

  32. 早期アルツハイマー病理を呈する患者脳における神経炎症関連遺伝子発現解析

    祖父江顕、遠藤史人、小峯 起、村山繁雄、山中宏二

    第37回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  33. ALSモデルマウスにおけるアクアポリン4欠損は異常タンパク質蓄積と病態進行を加速させる

    設楽周聖、渡辺-松元さおり、廣瀬美嘉子、山中宏二、阿部陽一郎、安井正人、徳田栄一、古川良明、三澤日出巳

    第139回日本薬理学会関東部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  34. 筋萎縮性側索硬化症における免疫・グリア連関. 招待有り

    山中宏二

    第40回日本生物学的精神医学会 第61回日本神経化学会大会 合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  35. ALS共通病態としての小胞体・ミトコンドリア膜間領域(MAM)破綻の検証.

    渡邊征爾

    第40回日本生物学的精神医学会 第61回日本神経化学会大会 合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  36. Screening of familial ALS/FTLD causative genes identifies mechanism of TDP43 aggregation in cultured neuronal cells.

    Inami H, Watanabe S, Yamanaka K

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. TDP-43C末端ドメイン欠損変異体はNotch1-Akt1シグナル経路を介して加齢依存的な運動障害を引き起こす.

    渡邊征爾、西野晃平、松岡由理、金 世杰、小峯 起、遠藤史人、築地仁美、﨑村健司、山中宏二

    第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  38. ALSモデルマウスにおける末梢免疫環境がミクログリア機能に与える影響の解明.

    小峯 起、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  39. 運動ニューロン疾患における小胞体・ミトコンドリア膜間領域破綻の意義 招待有り

    山中宏二

    第59回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  40. アストロサイト特異的PTP1B 欠損マウスは高脂肪食投与下で肥満抵抗性を呈する.

    杉山摩利子、坂野僚一、滝 啓吾、溝口 暁、恒川 卓、高木博史、伊藤禎浩、山中宏二、有馬 寛

    第91回日本内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  41. タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立

    Md.Ali Bin Saifullah, 山中宏二,溝口博之

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  42. 運動神経変性におけるミトコンドリア・小胞体接触部(MAM)の意義

    山中宏二

    第1回オルガネラゾーン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  43. Innate immune adaptor TRIF slows disease progression of ALS mice by eliminating aberrantly activated astrocytes 国際会議

    Komine O, Yamashita H. Fujimori-Tonou N, Uematsu S, Akira S, Yamanaka K

    28th International symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  44. Development of peptides that specifically recognize misfolded SOD1 proteins in amyotrophic lateral sclerosis 国際会議

    Tokuda E, Nagasawa K, Nomura T, Misawa H, Ohara S, Yamanaka K, Furukawa Y

    28th international Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston   国名:アメリカ合衆国  

  45. Astrocyte-derived extracellular vesicles contribute to the propagation of pathogenic protein in ALS 国際会議

    28th International symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston   国名:アメリカ合衆国  

  46. 運動神経変性におけるグリア細胞・神経炎症の役割 招待有り

    山中 宏二

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  47. 筋萎縮性側索硬化症におけるシスタチンCの神経保護効果

    渡邊征爾、小峯 起、遠藤史人、山中宏二

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  48. グリオシドGD3によるグリオーマの腫瘍微小環境の制御機構

    張 璞、大川裕樹、加藤 彰、小峯 起、百田洋之、Robiul Bhuiyan、大海 雄介、古川 圭子、若林俊彦、岡島徹也、山中宏二、古川鋼一

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  49. 筋萎縮性側索硬化症にみられる変異型SOD1への金属イオン結合の異常

    古川良明、徳田栄一、大原慎司、山中宏二、三澤日出巳

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  50. 神経変性疾患ALSの病態解明:治療標的の同定に向けて

    山中 宏二

    第4回名古屋大学-ラクオリア創薬 創薬シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  51. 筋萎縮性側索硬化症にみられる変異型SOD1への金属イオン結合の異常

    古川良明,徳田栄一,大原慎司,山中宏二,三澤日出巳

    2017年度生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. Active role of neuroinflammation in motor neuron disease.

    The 2nd IMCR Symposium on Endocrine and Metabolism: International Frontiers in Homeostatic Regulation Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. Analysis of roles of glial cell subtypes in hypothalamic inflammation induced by a high fat diet. 国際会議

    Sugiyama M, Banno R, Taki T, Mizoguchi A, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Komine O, Yamanaka K, Arima H.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月 - 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  54. イントロダクション・神経難病ALSの病態解明に向けた環境医学研究所の取り組み

    山中 宏二

    名古屋大学市民公開講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  55. Magnetic-activated cell sorting法を用いた視床下部アストロサイトの単離と機能解析

    杉山摩利子、坂野僚一、滝 啓吾、溝口 暁、恒川 卓、高木博史、伊藤禎浩、小峯 起、山中宏二、有馬 寛

    第38回日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 運動神経変性におけるミトコンドリア・小胞体接触部(MAM)の意義 招待有り

    山中 宏二

    第15回神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  57. 免疫学的視点からみた神経変性疾患の分子病態 招待有り

    山中 宏二

    第29回日本神経免疫学会学術集会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  58. 筋萎縮性側索硬化症におけるグリア細胞・神経炎症の役割 招待有り

    山中 宏二

    千里ライフサイエンスセミナー「神経変性疾患の最前線(グリア細胞と神経疾患)」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊中市   国名:日本国  

  59. ALSにおける細胞群特異性病態と治療への展開

    山中 宏二

    第39回日本生物学的精神医学会、第47回日本神経精神薬理学会合同年会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  60. Collapse of mitochondria-associated membrane as common pathomechanism for amyotrophic lateral sclerosis. 招待有り 国際会議

    XXIII World Congress of Neurology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  61. Collapse of mitochondria-associated membrane as common pathomechanism for ALS. 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  62. 病態解明に向けたALSの最新研究オーバービュー. 招待有り

    山中宏二

    第8回ALSフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  63. ALSモデルマウスのミクログリア機能における末梢免疫の役割

    小峯 起、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  64. TDP-43は加齢に伴う抑制性ニューロン変性を加速する

    築地仁美、井上郁代、竹内真理、古屋亜佐子、山影祐子、服部光治、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  65. 筋萎縮性側索硬化症に関わるミスフォールド型SOD1を特異的に識別できるペプチドの開発

    徳田栄一、長澤健一、野村尚生、三澤日出巳、山中宏二、古川良明

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  66. 小胞体・ミトコンドリア膜間領域は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新規治療標的である

    渡邊征爾、小峯 起、遠藤史人、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  67. アストロサイト由来エクソソームを介したALS病原タンパク質伝播に関する検討

    遠藤史人、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  68. 神経・グリア連関に着目した神経変性疾患の病態解明

    山中宏二

    第62回 「脳の医学・生物学研究会」  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  69. Disruption of Mitochondria-associated membrance is a common pathomechanism both in SOD1-and SIGMAR1-linked ALS 国際会議

    Watanabe S, Yamanaka K

    The 27th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アイルランド  

  70. Neuregulin 1 confers neuroprotection in SOD1-linked ALS mice via restoration of C-boutons of spinal motor neurons 国際会議

    Komine O, Lasiene J, Fujimori-Tonou N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Shijie J, Ravits J, Horner , Misawa H, Yamanaka K

    The 27th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アイルランド  

  71. In vivo and in vitro characterization of SOD1 in early stages of ALS as a precursor to insoluble aggregates 国際会議

    Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Ohara S, Watanabe Si, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y

    The 27th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アイルランド  

  72. ALS/FTD 原因タンパク質TDP-43は加齢に伴う抑制性神経細胞の変性を加速する.

    築地仁美、井上育代、古屋亜佐子、竹内真理、山影祐子、服部光治、山中宏二.

    第39回日本分子生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  73. 運動神経変性におけるオルガネラ異常

    山中宏二

    第38回神経組織培養研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  74. Active role of neuroinflammation in motor neuron disease. 招待有り 国際会議

    Yamanaka K.

    The 2nd I MCR Symposium on Endocrine and Metabolism: International Frontiers in Homeostatic Regulation Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Interneuron degeneration in TDP-43 transgenic mice displaying impaired memory. 国際会議

    Tsuiji H, Inoue I, Furuya A, Takeuchi M, Yamakage Y, Hattori M, Yamanaka K.

    4th RNA Metabolism in Neurological Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  76. グリア細胞を標的としたALS の治療法開発と分子病態解明. 招待有り

    山中宏二

    ALS治療研究最前線2016, IBCグラント研究報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  77. ミクログリア・単球系細胞と神経変性疾患. 招待有り

    山中宏二

    第89回日本生化学会大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  78. Disruption of mitochondria associated membrane in amyotrophic lateral sclerosis.

    WATANABE Seiji, YAMANAKA Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. ALS 病態における末梢免疫の役割.

    大沼周平、小峯 起、山中宏二

    第6回生理学研究所・名古屋大学医学系研究科合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  80. ALS病態における抹消免疫の役割.

    山中宏二、小峯 起、大沼周平

    第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  81. グリア細胞からみた神経変性疾患. 招待有り

    山中宏二

    第39回日本神経科学大会 Educational Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  82. ALSモデルマウスにおける末梢免疫の役割.

    小峯 起、大沼周平、池田早織、山中宏二

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  83. ALSの運動神経変性におけるTGF-βシグナル伝達異常の意義.

    遠藤史人、山中宏二

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. ユビキチン・プロテアソームシステム機能障害による運動ニューロン神経変性機序.

    星野友則、山下博史、田代善祟、三澤日出巳、小峯 起、山中宏二、漆谷 真、高橋良輔

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  85. 前頭側頭葉認知症モデルTDP-43マウスにおける抑制性介在ニューロンの変性

    築地仁美、井上育代、古屋亜佐子、竹内真理、山影祐子、服部光治、山中宏二

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  86. グリア炎症の神経変性疾患における役割. 招待有り

    山中宏二

    第1回Japanese School of Neuroimmunologyシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  87. 細胞群特異性に着目した ALSの病態解明-治療標的の同定に向けて- 招待有り

    山中宏二

    第31回難病治療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  88. グリア細胞からみたALSの病態解明:治療標的の同定に向けて. 招待有り

    山中宏二

    第五回東京神経難病フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  89. Dysregulation of neuronal TGF-β signaling contributes to neurodegeneration in mutant SOD1 mice.

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. ALSにおける運動神経サブタイプ選択的脆弱性を規定するメカニズム

    森崎祐太、渡邉みずほ、森脇康博、山中宏二、三澤日出巳

    第89回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  91. Active roles of glial cells in motor neuron disease. 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  92. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    Endo F, Komine O, Jin S, Watanabe S, Katsuno M, Sobue G, Wyss-Coray T, Yamanaka K.

    26th International Symposium on ALS/MLD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  93. Mahogunin ring finger 1 confers cytoprotection against mutant SOD1 and is defective in ALS mice. 国際会議

    Chhangani D, Endo F, Amanullah A, Upadhyay A, Watanabe S, MISHRA R, Mishra A, Yamanaka K.

    26th International Symposium on ALS/MLD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  94. Active roles of glial cells in motor neuron disease. 招待有り

    山中宏二

    第20回グリア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  95. Calcium deregulation atmitochondria-associated membrane is important for motor neuronal degeneration in amyotrophic lateral sclerosis.

    Watanabe S, Yamanaka K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. 前頭側頭葉変性症モデルマウスの脳の組織学的な解析

    竹内真理、山中宏二、築地仁美、服部光治.

    日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  97. Roles of osteopontin and matrix metalloproteinase-9 in the subtype-selective motor neuron vulnerability in ALS. 国際会議

    Morisaki Y, Tsubota A, Watanabe M, Moriwaki Y, Yamanaka K, Misawa H.

    Neuroscience 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  98. Interneuron degeneration in TDP-43 transgenic mice displaying impaired memory. 国際会議

    Tsuiji H, Inoue I, Furuya A, Yamanaka K.

    10th Brain Research Conference, RNA Metabolism in Neurological Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  99. グリア細胞からみた運動神経変性機序 招待有り

    山中宏二

    第34回日本認知証学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:青森市   国名:日本国  

  100. Glia 招待有り 国際会議

    The10th Annual GEO-PD(Genetic Epidemiology of Parkinson's Disease) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  101. The active role of glial cells in motor neuron disease. 国際会議

    Yamanaka K.

    10th Annual GEO-PD Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  102. グリア細胞からみた神経変性疾患 招待有り

    山中宏二

    第5回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡崎市   国名:日本国  

  103. The role of innate immune TRIF pathway in amyotrophic lateral sclerosis.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  104. ALS病態における抹消免疫の役割.

    大沼周平、小峯 起、山中宏二

    第5回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  105. アストロサイト由来TGF-β1はALSの疾患進行を規定する

    遠藤史人、小峯 起、金 世杰、渡邊征爾、山中宏二

    第27回日本神経免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  106. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by regulating the neuroprotective inflammatory response of microglia and T cells

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  107. Sigma 1 receptor deficiency is involved in motor neuronal degeneration through calcium deregulation at mitochondria-associated membrane.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. The role of astrocyte-derived TGF-βin motor neuron disease. 招待有り 国際会議

    International Society for Neurochemistry Biennial Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  109. 運動ニューロンのサブタイプ選択的脆弱性におけるオステオポンチンとマトリックスメタロプロテアーゼ-9の役割

    森崎祐太、坪田充司、森脇康博、山中宏二、三澤日出巳

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  110. ALSモデルマウスにおける自然免疫TRIF経路の役割

    小峯 起、山下博史、藤森典子、森脇康博、三澤 日出巳、山中宏二

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  111. 運動ニューロン特異的26Sプロテアソームノックアウトマウスを用いた運動ニューロンの網羅的遺伝子発現解析

    星野友則、山下博史、田代善祟、三澤日出巳、小峯 起、山中宏二、高橋良輔

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. ALSマウスの疾患進行におけるアストロサイト由来TGF-β1の役割

    遠藤史人、小峯 起、金 世杰、勝野雅央、祖父江元、山中宏二

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  113. グリア細胞からみた神経変性メカニズム

    山中宏二

    千里ライフサイエンスセミナー「脳内環境の破綻としての疾患研究フロンティア」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊中市   国名:日本国  

  114. 筋萎縮性側索硬化症ALSを引き起こす変異型FUSの解析

    近藤佑多、山中宏二、築地仁美、服部光治

    第61回日本薬学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  115. グリア細胞からみた筋萎縮性側索硬化症の病態解明 招待有り

    山中宏二

    宮城神経変性疾患研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  116. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice

    遠藤史人、小峯 起、金 世杰、山中宏二

    第56回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  117. Pathomechanisms and therapeutic directions common to motor neuron diseases. 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  118. ALS/FTLDにおけるRNA代謝・スプライソソーム異常.

    山中宏二

    第33回日本認知症学会学術集会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  119. ALSの未来治療:グリア細胞、長寿遺伝子産物(サーチュイン)を中心に

    山中宏二

    第10回ALS自立支援千葉東葛ネットワーク会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:市川   国名:日本国  

  120. 筋萎縮性側索硬化症における運動ニューロン変性とオステオポンチンおよびマトリックスメタロプロテアーゼ-9の関連の検討.

    森崎祐太、坪田充司、森脇康博、山中宏二、三澤日出巳

    第131回日本薬理学会関東部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  121. 神経変性疾患ALSにおける自然免疫機構の役割.

    山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  122. 細胞特異的トランスクリプトームを用いた、孤発性ALS患者脊髄のDNAマイクロアレイによる解析.

    山下博史、小峯 起、藤森典子、伊東秀文、井口洋平、熱田直樹、田中章景、祖父江 元

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  123. オステオポンチンはマウス脊髄におけるα運動ニューロンサブタイプの新規マーカーである.

    森﨑祐太、坪田充司、森脇康博、奥田隆志、山中宏二、三澤日出巳

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  124. ALSマウスの疾患進行におけるアストロサイト由来TGF-β1の役割.

    遠藤史人、小峯 起、山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  125. 変異SOD1由来の毒性に対するシスタチンCの神経細胞保護機構の解明.

    渡邊征爾、若杉桂輔、山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  126. 筋萎縮性側索硬化症における浸潤免疫細胞の機能解明.

    小峯 起、山下博史、藤森典子、森脇康博、三澤日出巳、山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  127. グリア細胞からみた神経変性

    山中宏二

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  128. 小胞体・ミトコンドリア膜間領域(MAM)の機能破綻は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症を規定する.

    渡邊征爾、山中宏二

    平成26年度「脳内環境」夏の領域班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  129. 筋萎縮性側索硬化症におけるTDP-43の機能異常.

    山中宏二

    日本プロテオーム学会2014年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば市   国名:日本国  

  130. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    ENDO Fumito, KOMINE Okiru, WYSS-CORAY Tony, YAMANAKA Koji

    9th FENS Forum for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  131. 神経変性疾患におけるミクログリア・単球系細胞の役割.

    山中宏二

    千里ライフサイエンスセミナー「マクロファージの多彩な機能と疾患」  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊中市   国名:日本国  

  132. 筋萎縮性側索硬化症における細胞群特異的病態の解明

    山中宏二

    第55回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  133. TDP-43変異の生化学的異常

    山中宏二

    第55回日本神経学会学術大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  134. オステオポンチンはグリア細胞の活性化を促進し,筋萎縮性側索硬化症の病態形成に関与する

    大西晃輔、森脇康博、新倉麻巳子、森崎祐太、山中宏二、三澤日出巳

    第87回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  135. 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスにおけるアクアポリン4の発現変動

    岩崎愛里、中田俊輔、森脇康博、奥田隆史、山中宏二、河部陽一郎、安井正人、三澤日出巳

    日本薬理学会第134年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  136. 細胞群特異的なALS病態解明:治療標的の同定に向けて

    山中宏二

    第9回岐阜脳神経研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  137. Cystatin C protected neuronal cells 国際会議

    WATANABE Seiji, WAKASUGI K , YAMANAKA Koji

    24th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  138. E6-AP promotes SOD1 protein degradation and suppresses mutant SOD1 toxicity 国際会議

    MISHRA Amit Kumar, MAHESHIWARI Megha, CHHANGANI Deepak, FUJIMORI-TONOU Noriko, ENDO Fumito, JOSHI A.Prakashi, JANA Nihar, YAMANAKA Koji

    24th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  139. 神経変性疾患モデルであるTDP-43トランスジェニックマウスにおけるTDP-43の標的遺伝子の同定

    築地仁美,井上育代,古屋亜佐子,山中宏二

    第35回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  140. The roles of TGF-β1 in the disease progression of ALS mice 国際会議

    ENDO Fumito, KOMINE Okiru, WYSS-CORAY Tony, YAMANAKA Koji

    Neuroscience 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  141. Cell-type-specific changes in gene expression in TDP-43 transgenic mice displaying impaired memory 国際会議

    TSUIJI Hitomi, INOUE Ikuyo, KATAOKA Ayane, FURUYA Asako, YAMANAKA Koji

    8th Brain Research Conference, RNA metabolism in neurological disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  142. Motor neuron-derived osteopontin is an aggravation factor in the disease onset of ALS mice 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  143. TDP-43タンパク質の安定化はALS発症時期を加速する

    山中宏二

    第4回ALSフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  144. Deletion of TLR-associated signaling adaptor TRIF significantly accelerates disease progression of ALS mice 国際会議

    KOMINE Okiru, FUJIMORI-TONOU Noriko, YAMASHITA Hirofumi, MORIWAKI Yasuhiro, MISAWA Hidemi, YAMANAKA Koji

    11th European Meeting on Glial Cells in Health and Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  145. 中枢神経系に浸潤する免疫系細胞とグリア連関の神経変性病態への役割

    山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  146. 変異スーパーオキシドジスムターゼ1(SOD1)はSOD1G93A マウスにおいてミトコンドリア・小胞体膜間領域に蓄積する.

    渡邊征爾, 山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  147. ALSマウスの疾患進行におけるTGF-β1の関与.

    遠藤史人、小峯 起、山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  148. 家族性筋萎縮性側索硬化症に見られる変異FUSタンパク質のアミロイド化促進メカニズム.

    古川良明、野村尚生、渡辺祥司、金子貢巳、山中宏二、貫名信行

    第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. 運動神経変性疾患におけるスプライソソーム異常.

    築地仁美、井口洋平、古屋亜佐子、片岡礼音、初田裕幸、熱田直樹、田中章景、橋詰良夫、赤津博康、村山繁雄、祖父江 元、山中宏二

    第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  150. 細胞特異的トランスクリプトームを用いた、孤発性ALS患者脊髄のDNAマイクロアレイによる解析.

    山下博史、藤森典子、伊東秀文、井口洋平、熱田直樹、田中章景、祖父江 元、髙橋良輔、山中宏二

    第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  151. 自然免疫TRIF経路遮断によってALS疾患の進行が顕著に加速する.

    小峯 起、藤森典子、山下博史、森脇康博、三澤日出巳、山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  152. 変異スーパーオキシドジスムターゼ1(SOD1)はSOD1G93A マウスにおいてミトコンドリア・小胞体膜間領域に蓄積する

    渡邊征爾, 山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  153. ALSマウスの疾患進行におけるTGF-β1の関与.

    遠藤史人、小峯 起、山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  154. 自然免疫TRIF経路遮断によってALS疾患の進行が顕著に加速する

    小峯 起、藤森典子、山下博史、森脇康博、三澤日出巳、山中宏二

    Neuro2013(第36 回 日本神経科学大会, 第56回 日本神経化学会大会, 第23 回 日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  155. Spliceosome integrity is defective in the motor neuron diseases ALS and SMA 国際会議

    TSUIJI Hitomi, IGUCHI Yohei, FURUYA Asako, SAKIMURA Kenji, MURAYAMA Shigeo, SOBUE Gen, YAMANAKA Koji

    The 18th annual meeting of the RNA society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  156. TGF-B1はミクログリア、T細胞の機能を修飾しALSマウスの疾患進行を加速する

    遠藤史人、小峯 起、山中宏二

    第54回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  157. The role of microglia-immune interaction in neurodegeneration of ALS mouse model. 国際会議

    Yamanaka Koji

    International Society for Neurochemistry American Society for Neurochemistry 24th Biennial Joint Neuro Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:メキシコ合衆国  

  158. 運動神経変性疾患に共通するスプライソソーム異常

    築地仁美,井口洋平,古屋亜佐子,片岡礼音,初田裕幸,熱田直樹,田中章景,橋詰良夫,赤津博康,村山繁雄,祖父江元,山中宏二

    第54回日本神経病理学会総会学術研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  159. 神経変性疾患ALS におけるグリア・免疫連関.

    山中宏二

    第1回神経と免疫を語る会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  160. Glial cells in experimental models of ALS: from a view of glia-immune communication. 国際会議

    Yamanaka Koji

    3rd Venusberg meeting on Neuroinflammation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月 - 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  161. The role of glia-immune communication in Amyotrophic Lateral Sclerosis. 国際会議

    Yamanaka Koji

    Korean Society for Neurodegenerative Diseases Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  162. 神経変性疾患ALS におけるグリア・免疫連関.

    山中宏二

    埼玉大学脳融合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:さいたま市 埼玉大学脳融合研究センター   国名:日本国  

  163. The roles of microglia and immune system in neurodegeneration of ALS.

    Yamanaka Koji

    Neuro2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  164. ALS における“Non-cell autonomous”の神経変性機序の確立とその展開.

    山中宏二

    第3回ALSフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  165. Non-autonomous cell deathは、神経変性疾患の共通機構か? 

    山中宏二

    第53回日本神経学会学術大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  166. Microarray Analysis in Spinal Cords of Sporadic ALS Patients with Cell-Type Specific Transcriptome. 国際会議

    Yamashita H, Fujimori N, Ito H, Iguchi Y, Atsuta N, Tanaka F, Sobue G, Takahashi R & Yamanaka K

    American Academy of Neurology 64th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  167. 神経変性疾患ALSにおけるグリア病態.

    山中宏二

    第85回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  168. Active roles of glial cells in SOD1-linked familial and sporadic ALS. 国際会議

    Yamanaka Koji

    Meeting of the International Consortium on Superoxide Dismutase and ALS (ICOSA) Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  169. Elimination of innate immune system adaptor TRIF significantly accelerates disease progression of ALS mice. 国際会議

    Yamanaka K., Fujimori-Tonou N & Yamashita, H.

    22nd International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月 - 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  170. Familial ALS-linked TDP-43 mutations cause their protein stabilization and dysregulate mRNA metabolism. 国際会議

    Watanabe, S., Kaneko, K. & Yamanaka, K.

    22th International symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月 - 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  171. Recent advances in motor neuron disease: from modeling disease in laboratory animals to understanding human neurodegenerative disease. 国際会議

    Yamanaka Koji

    6th Biyani's International Conference-2011 on Innovations in the Latest Healthcare Issues 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  172. 神経変性疾患におけるグリア病態.

    山中宏二

    第20回パーキンソン病研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  173. Active roles of glial cells in non-cell autonomous neurodegeneration in ALS.

    Yamanaka Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  174. Recent advances in motor neuron disease: from modeling disease in laboratory animals to understanding human neurodegenerative disease. 国際会議

    Yamanaka Koji

    Korea Association for Laboratory Animal Science International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  175. A role of TDP-43 in regulation of U snRNP formation. 国際会議

    Tsuiji, H., Kataoka, A. & Yamanaka, K.

    Cold Spring Harbor Laboratory Meeting, Eukaryotic mRNA Processing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  176. The active role of glial cells in familial and sporadic motor neuron disease. 国際会議

    Yamanaka Koji

    CNS-JNS joint symposium, The 9th Biennial Conference of the Chinese Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  177. A possible role of neuregulin 1 in synapse maintenance in ALS. 国際会議

    Lasiene, J., Jacobson-Powers B.E., Horner, P.J. & Yamanaka, K.

    8th IBRO World Congress of Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  178. ALSにおけるグリア病態:治療標的としての可能性.

    山中宏二

    第1回京滋神経内科研究フォーラム特別講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  179. ALSにおけるグリア関連病態 

    山中宏二

    第52回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  180. Non Cell-Autonomous Neurodegeneration in Motor Neuron Disease. 国際会議

    Yamanaka Koji

    International Symposium on Motor Neuron Disease and Perry Syndrome in Tokyo 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  181. ALSとグリア細胞:最近の話題.

    山中宏二

    第4回大阪神経最先端治療フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  182. 神経変性疾患における非細胞自律性の神経細胞死.

    山中宏二

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  183. A role of glial cells in familial and sporadic ALS. 国際会議

    Yamanaka Koji

    First BRI International Symposium 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  184. ALS pathogenesis and Glial cells. 国際会議

    Yamanaka Koji

    13th International Symposium at MNRC 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  185. The role of glial cells in ALS.

    Yamanaka Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  186. ALSとグリア細胞:最近の話題.

    山中宏二

    第14回埼玉県神経内科医会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大宮   国名:日本国  

  187. 神経変性疾患とグリア細胞:最近の話題.

    山中宏二

    北海道パーキンソン病研究会第16回夏季セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  188. Protein degradation in neurodegenerative diseases.

    Yamanaka Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  189. 筋萎縮症側索硬化症と封入体.

    山中宏二

    第99回日本病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  190. TDP-43異所性局在の病態生理. 

    山中宏二

    第31回神経組織培養研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  191. Glial cells as central contributors to non-cell autonomous neurodegeneration in ALS. 国際会議

    Yamanaka Koji

    University of Minnesota, Dept. of Neuroscience Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  192. Controlling neuroinflammation through glial cells are viable target for the therapy to slow neurodegeneration in ALS.

    Yamanaka Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  193. Glial cells as central contributors to non-cell autonomous neurodegeneration in ALS. 国際会議

    Yamanaka Koji

    12th Anniversary of the Korean Society for Brain and Neural Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:大韓民国  

  194. Glial cells as central contributors to non-cell autonomous neurodegeneration in ALS.

    Yamanaka Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  195. ALSにおける非細胞自律性の神経細胞死:治療の標的細胞の同定と今後の展開.

    山中宏二

    平成20年度 厚生労働省「筋萎縮性側索硬化症の画期的診断・治療法に関する研究」班ワークショップ「筋萎縮性側索硬化症研究の進歩」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  196. Astrocytes and microglia determine disease progression in amyotrophic lateral sclerosis. 国際会議

    Yamanaka Koji

    Cold Spring Harbor 2008 Meeting on Glia in Health & Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  197. Glial cells as central contributors to non-cell autonomous neurodegeneration in ALS.

    Yamanaka Koji

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  198. 家族性ALSに見られるSOD1蛋白質のアミロイド形成と翻訳後修飾家過程による制御メカニズム

    古川良明、金子貢巳、山中宏二、貫名信行

    第45回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  199. Onset and Progression in inherited ALS determined by motor neurons and their neighboring glial cells. 国際会議

    Yamanaka Koji

    The 2nd Japan-Korea Neuroscience Symposium (A Satellite Symposium to Neuro2007) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  200. 神経変性疾患ALSにおける非細胞自律性の神経細胞死.

    山中宏二

    平成19年度生理学研究所研究会「細胞死研究の新たな潮流と疾患研究への展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  201. ALSの発症と進行は運動ニューロンとグリアにより規定される.

    山中宏二

    特定領域研究「グリア-ニューロン回路網による情報処理機構の解明」第4回 サマー・ワークショップ「グリア研究のさらなる発展のために」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:熱海   国名:日本国  

  202. ALSの発症と進行は運動ニューロンとグリアにより規定される.

    山中宏二

    千里ライフサイエンス振興財団-新適塾-第83回千里神経懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  203. 神経変性疾患の動物モデル—筋萎縮性側索硬化症.

    山中宏二

    第48回日本神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  204. 非細胞自律性の神経細胞死.

    山中宏二

    第27回日本医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  205. Selective Gene Ablation of Mutant SOD1 in Microglia Significantly Slows Disease Progression of ALS. 国際会議

    Yamanaka Koji

    58th Annual Meeting of American Academy of Neurology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  206. Regulatory mechanism of Iron Regulatory Protein 2, IRP2, by iron.

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 17

  1. TDP-43を標的とした筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と制御

    2020年4月 - 2023年3月

    AMED 難治性疾患実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 神経炎症制御を標的としたアルツハイマー病の治療薬シーズ探索

    2016年11月 - 2021年3月

    AMED 脳科学研究戦略推進プログラム「融合脳」 

    山中宏二

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)新規治療法開発をめざした病態解明

    2015年4月 - 2016年3月

    日本医療研究開発機構(AMED)研究費 難治性疾患実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 厚生労働省難治性疾患克服対策研究事業:筋萎縮性側索硬化症(ALS)新規治療法開発をめざした病態解明

    2014年4月 - 2015年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 早期タンパク質品質管理システムによる神経変性疾患関連タンパク質の制御機構解明

    2013年4月 - 2016年3月

    インド—日本二国間交流事業共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 厚生労働省難治性疾患克服対策研究事業:神経変性疾患に関する調査研究

    2011年4月 - 2014年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 神経変性疾患の病態に関与するユビキチンリガーゼの網羅的同定とその解析

    2011年4月 - 2013年3月

    インド—日本二国間交流事業共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. -

    2009年4月 - 2011年3月

    出資金による受託研究 

  9. 孤発性ALS のモデル動物作成を通じた分子標的治療開発

    2008年4月 - 2014年3月

    CREST 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  10. 厚生労働省難治性疾患克服対策研究事業:筋萎縮性側索硬化症の画期的診断・治療法に関する研究

    2008年4月 - 2011年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. -

    2008年4月 - 2009年3月

    出資金による受託研究 

  12. - 

    2007年4月 - 2008年3月

    出資金による受託研究 

  13. -

    2007年4月 - 2008年3月

    出資金による受託研究 

  14. -

    2007年4月 - 2008年3月

    出資金による受託研究 

  15. -

    2007年4月 - 2008年3月

    出資金による受託研究 

  16. -

    2006年4月 - 2007年3月

    出資金による受託研究 

  17. -

    2004年4月 - 2007年3月

▼全件表示

科研費 13

  1. タンパク質の構造生物学に基づいた筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と治療法開発

    研究課題/研究課題番号:19KK0214  2019年10月 - 2024年3月

    JSPS  科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    山中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18330000円 ( 直接経費:14100000円 、 間接経費:4230000円 )

    本研究課題は、英国リバプール大学の構造生物学研究チームと共同で病因タンパク質の構造生物学的知見に基づいた筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子病態解明と新規治療法の開発を目指す。具体的に、2種類のALS原因タンパク質SOD1、TDP-43に着目し、SOD1については、その立体構造を安定化することにより疾患の進行を抑制する化合物の開発を行う。TDP-43については、ALSで見られる病理像の鍵となるTDP-43タンパク質の構造異常を英国チームと共同で解析する。本国際共同研究を通じて、新たな視点でのALSの病態解明、治療法開発や、異分野を俯瞰する国際的に視野の広い若手研究者の育成が期待される。
    本研究課題は、英国リバプール大学と共同で構造生物学的知見に基づいた筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子病態解明と新規治療戦略の開発を目指す。具体的に、1) ALS原因タンパク質SOD1の立体構造を安定化させて疾患の進行を抑制する化合物の開発、2) 単量体TDP-43の分子の生物物理学的性状解析と立体構造解析を行う。SOD1の構造安定化を目標に、英国チームが合成した化合物について、本邦チームが英国にて共同で培養細胞を用いたスクリーニング・構造解析を行い、神経保護効果を細胞やモデルマウスを用いて検証する。また、TDP-43タンパク質の解析について、本邦チームによる知見である、ALS病理の鍵タンパク質TDP-43の異常蓄積や核外漏出と蛋白の構造異常の関係性に着目し、この分子機構をタンパク質の物理化学的特性ならびにクライオ電子顕微鏡等による立体構造解析から解明する。
    2019年度は、本研究課題の採択に際して、英国チームとWeb会議、海外学会等において研究計画の詳細な打ち合わせを行った。1)ALS原因蛋白質SOD1の立体構造を安定化させて疾患の進行を抑制する化合物の開発について、英国チームが見出した候補化合物であるエブセレンについて、構造展開によって類縁化合物数種を合成し、その神経保護効果について、培養細胞における予備検討を開始した。2) 単量体TDP-43の分子の生物物理学的性状解析と立体構造解析について、今年度は、TDP-43の単量体化により、ALSに特徴的なTDP-43病理であるTDP-43タンパク質の局在異常とリン酸化TDP-43の異常凝集が惹起されることを見出した。
    また、英国における実験実施のため、英国への渡航を予定していたが、COVID-19蔓延のため、次年度以降に延期となった。その間、Web会議、e-mail等によって共同研究に関わる打ち合わせを継続している。
    COVID-19の蔓延により、英国への渡航が延期になったため、一部の実験計画は延期している。
    双方の研究チームがWeb会議等によって密に連携して、それぞれの担当課題を進めるように努める。ただし、COVID-19による大学の活動制限が再度発生した場合には研究計画の変更も検討せざるを得ない。

  2. TBK1遺伝子ネットワークから解明するALSの分子病態とその制御

    研究課題/研究課題番号:18H02740  2018年4月 - 2022年3月

    JSPS  科学研究費補助金 

    山中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    神経変性疾患の病態研究では、神経細胞のみに着目するのではなく、グリア細胞等を含めた神経系における細胞間ネットワークの破綻という観点からの病態解明の重要性が近年認識されている。筋萎縮性側索硬化症(ALS)の一部は遺伝性に発症し、その原因遺伝子の一つとしてTBK1 (TANK binding kinase 1)が最近同定された。TBK1は、免疫系のシグナル制御分子であるとともに、オートファジーにも重要な役割を担うことが知られており、既報によるとTBK1の機能喪失がALSの発症に関わると考えられるがそのメカニズムの詳細は不明である。本研究では、TBK1の機能喪失を再現する新規ALSモデルの作成と解析を通じて、神経炎症の観点から、TBK1異常による神経変性メカニズムの解明を目指す。
    昨年度までに、TBK1ノックアウトマウスの作成を完了することができた。二重欠失マウス(TBK1-DKO)は出生し、約10ヶ月齢まで生存し、明確な表現型に乏しい。現在、長期にわたる表現型・行動解析を行なうとともに、別の遺伝性ALSモデルであるSOD1変異マウスとの交配実験を開始しており、SOD1モデルにおけるTBK1欠失の影響を解析する計画である。さらに、グリア細胞におけるTBK1の役割を解明するため、オリゴデンドロサイトをはじめとしたグリア細胞の初代培養系を用いて、TBK1欠失による表現型、分子プロファイルの変容について詳細に解析を行なった。
    TBK1の異常を再現したモデルマウスおよび初代培養細胞の解析が進捗している。
    次年度も予定通り実験計画を遂行する。

  3. 小胞体・ミトコンドリア連関に着目した運動神経変性機序の解明

    研究課題/研究課題番号:18H04860  2018年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:7410000円 ( 直接経費:5700000円 、 間接経費:1710000円 )

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)における、オルガネラゾーンとしての小胞体・ミトコンドリア接触部(MAM)の関与は、それぞれのオルガネラ異常仮説を統合的に説明できる病態機序として注目されている。これまでに代表者は、MAMに局在するタンパク質、Sigma1受容体(Sigma1R)に注目し、SIGMAR1、SOD1変異によるALSモデルで共通してMAMの破綻を見出したことから、MAMの破綻がALSにおける神経変性に広く共通する分子メカニズムとなる可能性を示してきた。本研究課題では、1) ALSの運動神経細胞における MAMの破綻に至る分子機構の解明、2)MAM破綻の下流経路の解明:神経変性に関わる分子カスケードの同定を目指す。
    2019年度は、昨年度までに開発したMAMの状態を可視化、定量する技術を用いて研究をすすめた。分割蛍光タンパク質あるいは分割ルシフェラーゼを安定的に発現する神経細胞株を樹立した。そのうち、分割ルシフェラーゼの系は、安定的に発光によりMAMを定量検出が可能であること、また可逆性が担保できることからMAMの評価系として有用であることが判明した。さらに、ALS原因遺伝子発現ライブラリ(約20遺伝子)を用いて、MAMの破綻がALS原因遺伝子を発現させた際に共通して惹起されることを見出した。さらに、MAM破綻に関わる候補分子を同定するため、Sigma1受容体の近傍分子を網羅的にビオチン化する系(APEX2-Sigma1R)を用いた質量分析により、MAM維持に関わる候補分子を同定した。これらのうち神経疾患の病態に関与する分子を複数見出しており、その病態形成への意義について研究を進めている。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. グリア・末梢免疫連関の制御を通じた神経変性機序の解明と治療標的同定

    研究課題/研究課題番号:16H01336  2016年4月 - 2018年3月

    文部科学省  科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:8840000円 ( 直接経費:6800000円 、 間接経費:2040000円 )

    本研究では、免疫学的背景の異なる2種類のSOD1変異ALSモデルマウスを作成して、それらの分子病態を比較することを通じて、神経変性疾患の病態と末梢免疫反応との連関の解明を目的とする。
    末梢免疫背景の異なる細胞性免疫(Th1)優位なC57BL/6系統、及び液性免疫(Th2)優位なBalb/c系統の2種類のALSモデル(以下G93A(B6)、G93A(Balb))マウスを作成し、生存解析を行った。G93A(Balb)マウスの平均生存期間は、G93A(B6)マウスに対して有意に短縮した (G93A(Balb): 199.1 days; G93A(B6): 224.6 days, n=17-18)。次に、病態への関与が予想される遺伝子群の脊髄における発現を比較し、G93A(Balb)マウスにおいてケモカインや神経栄養因子の発現が低いことを見いだした。また、G93A(Balb)マウスでは、G93A(B6)と比較して免疫細胞の脊髄内浸潤がほとんど起こらず、脊髄内の活性化ミクログリアの細胞数の低下がみられた。その機序の一端として、発症後のG93A(Balb)マウスにおいて、ミクログリアの細胞死が亢進していた。一方、遺伝的背景による影響を検証するため、C57BL/6マウス及びBalb/cマウス由来の初代培養ミクログリアを比較したが、細胞増殖率に差は見られなかった。さらに、血清中の免疫・炎症関連分子の発現解析を行ったところ、G93A(Balb)マウスの末梢血におけるケモカインやある種のサイトカインの低下傾向を認めた。
    以上の結果から、G93A(B6)マウスとG93A(Balb)マウスにおけるミクログリアの表現型や病態の差異は遺伝的背景によるものではなく、免疫反応など神経組織外の環境に由来することが示唆された。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  5. アストロサイト異常に着目した遺伝性・孤発性ALSの病態解明

    研究課題/研究課題番号:26293208  2014年4月 - 2018年3月

    JSPS  科学研究費補助金 

    山中 宏二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16250000円 ( 直接経費:12500000円 、 間接経費:3750000円 )

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)のモデルマウスを用いて、グリア細胞の一種であるアストロサイトの異常に着目して研究を行った。ALS患者・マウスのアストロサイトでは、サイトカインTGF-β1が異常に増加し、グリア細胞による神経保護環境を阻害することにより、病態を加速していることが判明した。TGF-β1の阻害剤投与により、ALSマウスの生存期間が延長したことから、TGF-β1はALSの治療標的として有望であると考えられた。また、ALSマウスの病巣では異常に活性化したアストロサイトが見られ、その除去機構として、自然免疫分子であるTRIFが関与するアポトーシスが関与していることを見出した。

  6. 脊髄環境の恒常性維持とその破綻:グリアー神経連関からみた神経変性機序の解明

    研究課題/研究課題番号:23111006   2011年7月 - 2016年3月

    文部科学省  科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. 脳・全身連関による組織線維化の制御機構の解明と医学応用

    研究課題/研究課題番号:16KT0110  2016年7月 - 2019年3月

    JSPS  科学研究費補助金 

    菅波 孝祥

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    組織線維化は、生活習慣病を含む多くの慢性炎症性疾患の終末像であり、アンメット・メディカル・ニーズが極めて高い。本研究では、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)における肝線維化が臓器局所と中枢との臓器連関で制御される分子メカニズムを検討した。動物モデルとして、研究代表者が独自に確立した遺伝性肥満MC4R欠損マウスを用いた。これは、肥満やインスリン抵抗性を背景として、脂肪肝、NASH、肝細胞癌を経時的に発症する。本研究では、線維化の駆動エンジンとして働く微小環境(CLS)を構成するマクロファージの由来や特徴を明らかにするとともに、中枢MC4Rシグナルによる肝臓マクロファージの制御機構を明らかにした。
    肝線維化のメカニズムとして、肝細胞死に引き続くマクロファージや線維芽細胞の活性化が指摘されているが、本研究において、慢性炎症や線維化の起点となる微小環境が初めて明らかになった。また、同様の微小環境が脂肪組織や腎臓などにおいても観察され、その共通性や臓器特異性を明らかにすることで、慢性炎症性疾患に対する理解が深まると期待される。最近、MC4R作動薬など中枢神経系を標的とする抗肥満薬の開発が進んでいる。中枢性の炎症制御機構の解明は、新たな抗肥満薬の臨床応用に貢献すると考えられる。

  8. 神経-グリアネットワーク変調が来す運動神経変性機序の解明

    2011年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    研究分野:シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成

  9. 筋萎縮症側索硬化症におけるNeuregulinの役割の解明

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  外国人特別研究員奨励費

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 筋萎縮性側索硬化症のグリア細胞の分子病態の解明を通じた治療法の開発

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 神経炎症の制御を標的とした筋萎縮性側索硬化症の治療法の開発

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 神経変性疾患における病因遺伝子産物のユビキチン修飾と分解機構の解明

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

  13. 筋萎縮性側索硬化症におけるミクログリアの分子病態の解明

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 自然環境と人間

    2020

  2. 自然環境と人間

    2020

  3. 自然環境と人間

    2016

  4. 自然環境と人間

    2015

  5. 自然環境と人間

    2014

担当経験のある科目 (本学以外) 11

  1. 脳科学特論:運動系—生理と病態

    2012年4月 - 2013年3月 埼玉大学)

  2. 神経変性疾患ALSにおける非細胞自律性の神経細胞死

    2011年4月 - 2012年3月 東京大学)

  3. 運動神経変性の分子メカニズム

    2011年4月 - 2012年3月 広島大学)

  4. ALSにおける非細胞自律性神経変性の発見とグリア病態

    2011年4月 - 2012年3月 徳島大学)

  5. 筋萎縮性側索硬化症における非細胞自律性の神経細胞死

    2009年4月 - 2010年3月 東京大学)

  6. 非細胞自律性の神経細胞死:神経変性メカニズムのパラダイムシフト.

    2008年4月 - 2009年3月 京都大学)

  7. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子機構

    2007年4月 - 2008年3月 東京大学)

  8. Non-cell autonomous cell death in Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS).

    2007年4月 - 2008年3月 神戸大学)

  9. 神経変性疾患ALSにおける非細胞自律性の神経細胞死

    2010年4月 - 2011年3月 埼玉大学)

  10. 筋萎縮性側索硬化症における非細胞自律性の神経細胞死.

    2009年4月 - 2010年3月 順天堂大学)

  11. 神経変性疾患ALSの臨床と基礎研究

    2007年4月 - 2008年3月 共立薬科大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 第10回ALS自立支援千葉東葛ネットワーク会議 講演会

    役割:講師

    2014年11月

     詳細を見る

    対象: 市民団体

  2. 東京都神経科学総合研究所 神経科学セミナー

    2004年6月

     詳細を見る

    遺伝性ALS update-SOD1, ALS, and Lou Gehrig