2021/03/27 更新

写真a

サカモト カズマ
坂元 一真
SAKAMOTO Kazuma
所属
糖鎖生命コア研究所 統合生命医科学糖鎖研究センター分子生理・動態部門 准教授
大学院医学系研究科
大学院医学系研究科 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2007年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. オートファジー

  2. 再生

  3. 神経軸索

  4. 糖鎖

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 医化学

  2. ライフサイエンス / 病態医化学

  3. ライフサイエンス / 病態神経科学

経歴 7

  1. 名古屋大学   糖鎖生命コア研究所 統合生命医科学糖鎖研究センター分子生理・動態部門   准教授

    2021年1月 - 現在

  2. 名古屋大学   生物化学講座分子生物学分野   准教授

    2019年10月 - 2020年12月

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科   附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター 先端応用医学部門   助教

    2016年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   高等研究院   YLC特任助教

    2013年4月 - 2016年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院医学系研究科   生物化学講座   研究員

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 財団法人・精神・神経科学振興財団   リサーチ・レジデント

    2011年10月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院医学系研究科   生物化学講座   研究員

    2011年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科   分子総合医学専攻

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本生化学会

  2. 日本神経科学会

  3. 日本糖質学会

受賞 1

  1. 日本糖質学会奨励賞

    2020年   日本糖質学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 28

  1. Mechanisms of axon regeneration: The significance of proteoglycans. 招待有り 査読有り

    Sakamoto K, Kadomastu K.

    Biochim Biophys Acta.   1861 巻 ( 10 ) 頁: 2435-2441   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2017.06.005.

  2. Neurocan, an extracellular chondroitin sulfate proteoglycan, stimulates neuroblastoma cells to promote malignant phenotypes. 査読有り

    Su Z, Kishida S, Tsubota S, Sakamoto K, Cao D, Kiyonari S, Ohira M, Kamijo T, Narita A, Xu Y, Takahashi Y, Kadomatsu K.

    Oncotarget   8 巻 ( 63 ) 頁: 106296-106310   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.22435.

  3. Midkine Promotes Atherosclerotic Plaque Formation Through Its Pro-Inflammatory, Angiogenic and Anti-Apoptotic Functions in Apolipoprotein E-Knockout Mice. 査読有り

    Takemoto Y, Horiba M, Harada M, Sakamoto K, Takeshita K, Murohara T, Kadomatsu K, Kamiya K.

    Circ J.   82 巻 ( 1 ) 頁: 19-27   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0043.

  4. Dissecting the interaction between tissue inhibitor of metalloproteinases-3 (TIMP-3) and low density lipoprotein receptor-related protein-1 (LRP-1): Development of a "TRAP" to increase levels of TIMP-3 in the tissue. 査読有り

    1. Scilabra SD, Yamamoto K, Pigoni M, Sakamoto K, Müller SA, Papadopoulou A, Lichtenthaler SF, Troeberg L, Nagase H, Kadomatsu K

        頁: 30132-30139   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Therapeutic potential of midkine in cardiovascular disease. 招待有り 査読有り

    Kadomatsu K, Bencsik P, Görbe A, Csonka C, Sakamoto K, Kishida S, Ferdinandy P

      171 巻   頁: 936-944   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  6. Mechanisms of axon regeneration and its inhibition: roles of sulfated glycans. 招待有り 査読有り

    Kadomatsu K, Sakamoto K.

      15 巻   頁: 36-41   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  7. Sulfated glycans in network rewiring and plasticity after neuronal injuries. 査読有り

    Kadomatsu K, Sakamoto K.

    Neurosci Res.     頁: pii: S0168-0102(13)00227-7. 10.1016/j.neures.2013.10.005.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  8. Midkine in the pathology of cancer, neural disease, and inflammation. 招待有り 査読有り

    Sakamoto K, Kadomatsu K.

    Pathol Int.   62 巻   頁: 445-455   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  9. Keratan sulfate restricts neural plasticity after spinal cord injury. 査読有り

    *Imagama S, *Sakamoto K, Tauchi R, Shinjo R, Ohgomori T, Ito Z, Zhang H, Nishida Y, Asami N, Takeshita S, Sugiura N, Watanabe H, Yamashita T, Ishiguro N, Matsuyama Y, Kadomatsu K. (*Co-1st)

    J Neurosci.   31 巻   頁: 17091-17102   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Ablation of keratan sulfate accelerates early phase pathogenesis of ALS. 査読有り

    Hirano K, Ohgomori T, Kobayashi K, Tanaka F, Matsumoto T, Natori T, Matsuyama Y, Uchimura K, Sakamoto K, Takeuchi H, Hirakawa A, Suzumura A, Sobue G, Ishiguro N, Imagama S, Kadomatsu K.

    PLoS One.     頁: 8:e66969   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Human dental pulp-derived stem cells promote locomotor recovery after complete transection of the rat spinal cord by multiple neuro-regenerative mechanisms. 査読有り

    Sakai K, Yamamoto A, Matsubara K, Nakamura S, Naruse M, Yamagata M, Sakamoto K, Tauchi R, Wakao N, Imagama S, Hibi H, Kadomatsu K, Ishiguro N, Ueda M.

    J Clin Invest.   120 巻   頁: 80-90   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Keratan sulfate in neuronal network reconstruction. 招待有り 査読有り

    Sakamoto K, Kadomatsu K.

    Trends Glycosci Glycotechnol.   23 巻   頁: 212-220   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  13. Minocycline selectively inhibits M1 polarization of microglia. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Ohgomori T, Hirano K, Uchimura K, Sakamoto K, Hirakawa A, Takeuchi H, Suzumura A, Ishiguro N, Kadomatsu K.

    Cell Death Dis.     頁: 4:e525   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Basigin/CD147 promotes renal fibrosis after unilateral ureteral obstruction. 査読有り

    Kato N, Kosugi T, Sato W, Ishimoto T, Kojima H, Sato Y, Sakamoto K, Maruyama S, Yuzawa Y, Matsuo S, Kadomatsu K.

    Am J Pathol.   178 巻   頁: 572-579   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Midkine promotes neuroblastoma through Notch2 signaling. 査読有り

    Kishida S, Mu P, Miyakawa S, Fujiwara M, Abe T, Sakamoto K, Onishi A, Nakamura Y, Kadomatsu K.

    Cancer Res.   73 巻   頁: 1318-1327   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. The premature ligand-receptor interaction during biosynthesis limits the production of the growth factor midkine and its receptor LRP1. 査読有り

    Sakamoto K, Bu G, Chen S, Takei Y, Hibi T, Kodera Y, McCormick LM, Nakao A, Noda M, Muramatsu T, Kadomatsu K.

    J Biol Chem.   286 巻   頁: 8405-8413   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. N-acetylglucosamine 6-O-sulufotransferase-1-deficient mice show better functional recovery after spinal cord injury. 査読有り

    Ito Z, Sakamoto K, Imagama S, Matsuyama Y, Zhang H, Hirano K, Ando K, Yamashita T, Ishiguro N, Kadomatsu K.

    J Neurosci.   30 巻   頁: 5937-5947   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. DRR1 is expressed in the developing nervous system and downregulated during neuroblastoma carcinogenesis. 査読有り

    Asano Y, Kishida S, Mu P, Sakamoto K, Murohara T, Kadomatsu K.

    Biochem Biophys Res Commun.   394 巻   頁: 825-835   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. The E-selectin ligand basigin/CD147 is responsible for neutrophil recruitment in renal ischemia/reperfusion. 査読有り

    Kato N, Yuzawa Y, Kosugi T, Hobo A, Sato W, Miwa Y, Sakamoto K, Matsuo S, Kadomatsu K.

    J Am Soc Nephrol.   20 巻   頁: 1565-1576   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Transforming growth factor-beta1 upregulates keratan sulfate and chondroitin sulfate biosynthesis in microglias after brain injury. 査読有り

    Yin J, Sakamoto K, Zhang H, Ito Z, Imagama S, Kishida S, Natori T,Sawada M, Matsuyama Y, Kadomatsu K.

    Brain Res.   1263 巻   頁: 10-22   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Midkine and LDL-receptor-related protein 1 contribute to the anchorage-independent cell growth of cancer cells. 査読有り

    Chen S, Bu G, Takei Y, Sakamoto K, Ikematsu S, Muramatsu T, Kadomatsu K.

    J Cell Sci.   120 巻   頁: 4009-4015   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Identification of PTPRσ-interacting proteins by proximity-labeling assay.

    Gong Y, Abudureyimu S, Kadomatsu K, Sakamoto K

    Journal of biochemistry     2020年12月

     詳細を見る

  23. Glycan sulfation patterns define autophagy flux at axon tip via PTPR sigma-cortactin axis

    Sakamoto Kazuma, Ozaki Tomoya, Ko Yen-Chun, Tsai Cheng-Fang, Gong Yuanhao, Morozumi Masayoshi, Ishikawa Yoshimoto, Uchimura Kenji, Nadanaka Satomi, Kitagawa Hiroshi, Zulueta Medel Manuel L., Bandaru Anandaraju, Tamura Jun-ichi, Hung Shang-Cheng, Kadomatsu Kenji

    NATURE CHEMICAL BIOLOGY   15 巻 ( 7 ) 頁: 699 - +   2019年7月

  24. Generation and characterization of antagonistic anti-human interleukin (IL)-18 monoclonal antibodies with high affinity: Two types of monoclonal antibodies against full-length IL-18 and the neoepitope of inflammatory caspase-cleaved active IL-18

    Nariai Yuko, Kamino Hiroki, Obayashi Eiji, Kato Hiroaki, Sakashita Gyosuke, Sugiura Tomoko, Migita Kiyoshi, Koga Tomohiro, Kawakami Atsushi, Sakamoto Kazuma, Kadomatsu Kenji, Nakakido Makoto, Tsumoto Kouhei, Urano Takeshi

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   663 巻   頁: 71 - 82   2019年3月

  25. Midkine Promotes Atherosclerotic Plaque Formation Through Its Pro-Inflammatory, Angiogenic and Anti-Apoptotic Functions in Apolipoprotein E-Knockout Mice

    Takemoto Yoshio, Horiba Mitsuru, Harada Masahide, Sakamoto Kazuma, Takeshita Kyosuke, Murohara Toyoaki, Kadomatsu Kenji, Kamiya Kaichiro

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 27   2018年1月

  26. Neurocan, an extracellular chondroitin sulfate proteoglycan, stimulates neuroblastoma cells to promote malignant phenotypes

    Su Zhendong, Kishida Satoshi, Tsubota Shoma, Sakamoto Kazuma, Cao Dongliang, Kiyonari Shinichi, Ohira Miki, Kamijo Takehiko, Narita Atsushi, Xu Yinyan, Takahashi Yoshiyuki, Kadomatsu Kenji

    ONCOTARGET   8 巻 ( 63 ) 頁: 106296 - 106310   2017年12月

  27. Mechanisms of axon regeneration: The significance of proteoglycans

    Sakamoto Kazuma, Kadomatsu Kenji

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1861 巻 ( 10 ) 頁: 2435 - 2441   2017年10月

  28. Dissecting the interaction between tissue inhibitor of metalloproteinases-3 (TIMP-3) and low density lipoprotein receptor-related protein-1 (LRP-1): Development of a "TRAP" to increase levels of TIMP-3 in the tissue

    Scilabra Simone D., Yamamoto Kazuhiro, Pigoni Martina, Sakamoto Kazuma, Mueller Stephan A., Papadopoulou Alkmini, Lichtenthaler Stefan F., Troeberg Linda, Nagase Hideaki, Kadomatsu Kenji

    MATRIX BIOLOGY   59 巻   頁: 69 - 79   2017年5月

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 実験医学増刊 第三の生命鎖 糖鎖の機能と疾患 「硫酸化糖鎖と神経回路再編」

    坂元一真, 内村健治, 門松健治( 担当: 共著)

    羊土社  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 1

  1. Dystrophic endball形成および軸索再生阻害における硫酸化糖鎖の役割 招待有り

    坂元一真、門松健治

    第86回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜みなとみらい   国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 一般財団法人共済団医学研究奨励助成

    2016年4月 - 2017年3月

    学内共同研究 

  2. 公益財団法人堀科学芸術振興財団研究助成 

    2014年4月 - 2015年3月

    学内共同研究 

科研費 5

  1. オートファジー流と軸索再生を負に制御するチロシンフォスファターゼ下流因子の解明

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 神経芽腫における成長因子Midkineの細胞内シグナル伝達機構

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. Dystrophic endballを誘導する神経細胞膜表面機構の解明

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 神経軸索再生を阻害するフォスファカン受容体の同定

    2012年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. オートクラインループにおける小胞体シャペロンの意義

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 基礎医学セミナー

    2017

  2. 生物の化学

    2017

  3. 生物の化学 実習

    2017

  4. 生物の化学

    2016

  5. 生物の化学 実習

    2016

  6. 基礎医学セミナー

    2016

  7. 生物の化学 実習

    2020

  8. 基礎医学セミナー

    2020

  9. 生物学基礎

    2020

  10. 生物の化学 講義

    2020

▼全件表示

 

メディア報道 1

  1. プレスリリース 新聞・雑誌

    2019年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

学術貢献活動 3

  1. 第95回日本生化学会大会 幹事補佐

    役割:企画立案・運営等

    日本生化学会  2021年3月 - 現在

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  2. 日本生化学会中部支部幹事

    役割:企画立案・運営等

    日本生化学会  2018年9月 - 2020年8月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  3. J Biochemistry誌 Editorial Assistant 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    日本生化学会  2018年 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言