2021/04/16 更新

写真a

イトウ ヒデト
伊藤 英人
ITO Hideto
所属
大学院理学研究科 物質理学専攻 有機・生物化学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2012年3月   北海道大学 ) 

研究分野 3

  1. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  2. ナノテク・材料 / 有機合成化学

  3. ナノテク・材料 / 高分子化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 革新的分子材料創出のための新規有機合成法の開発

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科   准教授

    2018年8月 - 現在

  2. 名古屋大学   教養教育院   講師

    2013年4月 - 2018年8月

  3. 名古屋大学   大学院理学研究科   協力教員

    2013年4月 - 2018年8月

  4. 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 北海道大学   理学院   化学専攻

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 北海道大学   理学院   化学

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 北海道大学   理学部   化学科

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本化学会

  2. 有機合成化学協会

  3. 高分子学会

  4. 基礎有機化学会

委員歴 2

  1. 化学グランプリ委員   会場責任者  

    2016年4月 - 2017年3月   

  2. 化学グランプリ委員   会場責任者  

    2015年4月 - 2016年3月   

受賞 13

  1. 第21回万有札幌シンポジウム ベストディスカッション賞

    2009年7月   公益財団法人 万有生命科学振興国際交流財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 大津会議フェロー(No.001)

    2010年10月   大津会議  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第二回育志賞

    2012年1月   日本学術振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 名古屋大学教養教育院 全学教育担当教員顕彰

    2015年4月   名古屋大学教養教育院  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 有機合成化学協会 昭和電工研究企画賞

    2016年12月   有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 第11回わかしゃち奨励賞 最優秀賞

    2017年1月   愛知県   身近な生活から学ぶ革新的有機ナノチューブ合成法の開発

    伊藤英人

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. Synlett Best Paper Award 2016

    2017年1月   Thime   Helically Twisted Tetracene: Synthesis, Crystal Structure, and Photophysical Properties of Hexabenzo[a,c,fg,j,l,op]tetracene

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:ドイツ連邦共和国

  8. Verder-Scientific Award

    2017年9月   Verder-Scientific  

    伊藤英人

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 赤﨑賞

    2019年2月   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 第66回高分子研究発表会会(神戸) ヤングサイエンティスト賞

    2020年6月   高分子研究発表会会(神戸)  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  11. 第68回日本化学会進歩賞

    2019年3月   日本化学会   ナノグラフェン・グラフェンナノリボン・ナノチューブの精密合成

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. PCCP Prize 2018

    2018年3月   日本化学会、英国王立化学会   Development of Precise Synthetic Methodologies for 1D and 2D Nanocarbon Architectures

    伊藤英人

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  13. 日本化学会春季年会 第32回若い世代の特別講演証

    2018年3月   日本化学会   パラジウム触媒による縮環π拡張反応の開発

    伊藤英人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 50

  1. Synthesis of Nitrogen-Containing Polyaromatics by Aza-Annulative pi-Extension of Unfunctionalized Aromatics 査読有り

    Kawahara Kou P., Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 16 ) 頁: 6383 - 6388   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201913394

    Web of Science

  2. C-H Arylation of Phenanthrene with Trimethylphenylsilane by Pd/o-Chloranil Catalysis: Computational Studies on the Mechanism, Regioselectivity, and Role of o-Chloranil 査読有り

    Shibata Mari, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 6 ) 頁: 2196-2205   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b11260

    Web of Science

  3. Rapid Access to Nanographenes and Fused Heteroaromatics by Palladium-Catalyzed Annulative -Extension Reaction of Unfunctionalized Aromatics with Diiodobiaryls

    Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 40 ) 頁: 12224-12228   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201707486

    Web of Science

  4. Annulative pi-Extension (APEX): Rapid Access to Fused Arenes, Heteroarenes, and Nanographenes 査読有り

    Ito Hideto, Ozaki Kyohei, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 37 ) 頁: 11144-11164   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201701058

    Web of Science

  5. Construction of Covalent Organic Nanotubes by Light-Induced Cross-Linking of Diacetylene-Based Helical Polymers 査読有り

    Maeda Kaho, Hong Liu, Nishihara Taishi, Nakanishi Yusuke, Miyauchi Yuhei, Kitaura Ryo, Ousaka Naoki, Yashima Eiji, Ito Hideto, Itami Kenithiro

    Journal of the American Chemical Society   138 巻 ( 34 ) 頁: 11001-11008   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b05582

  6. One-shot K-region-selective annulative pi-extension for nanographene synthesis and functionalization 査読有り

    Ozaki Kyohei, Kawasumi Katsuaki, Shibata Mari, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    NATURE COMMUNICATIONS   6 巻   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms7251

    Web of Science

  7. Construction of Heptagon‐Containing Molecular Nanocarbons 招待有り 査読有り

    Chaolumen, Iain A Stepek Keigo E Yamada, Hideto Ito, Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.     2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202100260

  8. Annulative pi-Extension (APEX) Reactions for Precise Synthesis of Polycyclic Aromatic Compounds 招待有り 査読有り

    Ito Hideto, Matsuoka Wataru, Yano Yuuta, Shibata Mari, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   78 巻 ( 7 ) 頁: 671 - 682   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.78.671

    Web of Science

  9. A Quest for Structurally Uniform Graphene Nanoribbons: Synthesis, Properties, and Applications 招待有り 査読有り

    Yano Yuuta, Mitoma Nobuhiko, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   85 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 33   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.9b02814

    Web of Science

  10. An axially chiral 1,1 '-biazulene and its pi-extended derivative: synthesis, structures and properties 査読有り

    Chaolumen, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   55 巻 ( 65 ) 頁: 9606 - 9609   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc03510a

    Web of Science

  11. Bay-Region-Selective Annulative -Extension (APEX) of Perylene Diimides with Arynes 招待有り 査読有り

    Nakamuro Takayuki, Kumazawa Kazushi, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    SYNLETT   30 巻 ( 4 ) 頁: 423 - 428   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0037-1611668

    Web of Science

  12. Polycyclic Arene Synthesis by Annulative pi-Extension 招待有り 査読有り

    Ito Hideto, Segawa Yasutomo, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 10   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.8b09232

    Web of Science

  13. Annulative pi-extension of indoles and pyrroles with diiodobiaryls by Pd catalysis: rapid synthesis of nitrogen-containing polycyclic aromatic compounds 査読有り 国際共著

    Kitano Hiroyuki, Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 38 ) 頁: 7556 - 7561   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8sc02802h

    Web of Science

  14. Palladium-Catalyzed Esterification of Carboxylic Acids with Aryl Iodides 査読有り

    Kitano Hiroyuki, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   20 巻 ( 8 ) 頁: 2428-2432   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b00775

    Web of Science

  15. Recent advances in acetylene-based helical oligomers and polymers: Synthesis, structures, and properties 招待有り 査読有り

    Toya Michihisa, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    TETRAHEDRON LETTERS   59 巻 ( 16 ) 頁: 1531-1547   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2018.03.018

    Web of Science

  16. Oxidative Homocoupling Reaction of Aryltrimethylsilanes by Pd/o-Chloranil Catalysis

    Shibata Mari, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 12 ) 頁: 1701-1704   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.170723

    Web of Science

  17. Rapid Access to Nanographenes and Fused Heteroaromatics by Palladium-Catalyzed Annulative π-Extension Reaction of Unfunctionalized Aromatics with Diiodobiaryls 査読有り

    Wataru Matsuoka, Hideto Ito, Kenichiro Itami

    Angewandte Chemie   129 巻 ( 40 ) 頁: 12392   2017年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ange.201707486

  18. Annulative pi-Extension (APEX) of Heteroarenes with Dibenzosiloles and Dibenzogermoles by Palladium/o-Chloranil Catalysis

    Ozaki Kyohei, Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 7 ) 頁: 1930-1933   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b00684

    Web of Science

  19. Annulative π-Extension (APEX) of Heteroarenes with Dibenzosiloles and Dibenzogermoles by Palladium/o-Chloranil Catalysis 査読有り

    Kyohei Ozaki, Wataru Matsuoka, Hideto Ito, Kenichiro Itami

    Organic Letters   19 巻 ( 7 ) 頁: 1930   2017年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b00684

  20. One-Step Annulative pi-Extension of Alkynes with Dibenzosiloles or Dibenzogermoles by Palladium/o-chloranil Catalysis

    Ozaki Kyohei, Murai Keiichiro, Matsuoka Wataru, Kawasumi Katsuaki, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 5 ) 頁: 1361-1364   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201610374

    Web of Science

  21. Key Structural Elements of Unsymmetrical Cyanine Dyes for Highly Sensitive Fluorescence Turn-On DNA Probes

    Uno Kakishi, Sasaki Taeko, Sugimoto Nagisa, Ito Hideto, Nishihara Taishi, Hagihara Shinya, Higashiyama Tetsuya, Sasaki Narie, Sato Yoshikatsu, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   12 巻 ( 2 ) 頁: 233-238   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201601430

    Web of Science

  22. Annulative pi-Extension (APEX) of Heteroarenes with Dibenzosiloles and Dibenzogermoles by Palladium/o-Chloranil Catalysis. 査読有り

    Ozaki Kyohei, Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    Organic letters   19 巻 ( 7 ) 頁: 1930-1933   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b00684

  23. Annulative pi-Extension (APEX): An Enabling Reaction for Rapid Access to Fused Aromatics, Heteroaromatics, and Nanographenes. 査読有り

    Ito Hideto, Ozaki Kyohei, Itami Kenichiro

    Angewandte Chemie (International ed. in English)     2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201701058

  24. One-Step Annulative pi-Extension of Alkynes with Dibenzosiloles or Dibenzogermoles by Palladium/o-chloranil Catalysis 査読有り

    Ozaki Kyohei, Murai Keiichiro, Matsuoka Wataru, Kawasumi Katsuaki, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    Angewandte Chemie-International Edition   56 巻 ( 5 ) 頁: 1361-1364   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201610374

  25. Helically Twisted Tetracene: Synthesis, Crystal Structure, and Photophysical Properties of Hexabenzo[a,c,fg,j,l,op]tetracene (vol 27, pg 2081, 2016) 査読有り

    Yano Yuuta, Ito Hideto, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    SYNLETT   27 巻 ( 14 ) 頁: E9-E9   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1589172

    Web of Science

  26. Construction of Covalent Organic Nanotubes by Light-Induced Cross-Linking of Diacetylene-Based Helical Polymers 査読有り

    Maeda Kaho, Hong Liu, Nishihara Taishi, Nakanishi Yusuke, Miyauchi Yuhei, Kitaura Ryo, Ousaka Naoki, Yashima Eiji, Ito Hideto, Itami Kenithiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138 巻 ( 34 ) 頁: 11001-11008   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b05582

    Web of Science

  27. Structurally uniform and atomically precise carbon nanostructures 査読有り

    Segawa Yasutomo, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    NATURE REVIEWS MATERIALS   1 巻 ( 1 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/natrevmats.2015.2

    Web of Science

  28. A Theoretical Study on the Strain Energy of Carbon Nanobelts 査読有り

    Segawa Yasutomo, Yagi Akiko, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    Organic Letters   18 巻 ( 6 ) 頁: 1430-1433   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b00365

  29. Helically Twisted Tetracene: Synthesis, Crystal Structure, and Photophysical Properties of Hexabenzo[a,c,fg,j,l,op]tetracene 査読有り

    Yano Yuuta, Ito Hideto, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    Synlett   27 巻 ( 14 ) 頁: 2081-2084   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0035-1561455

  30. Key Structural Elements of Unsymmetrical Cyanine Dyes for Highly Sensitive Fluorescence Turn-on DNA Probe. 査読有り

    Uno Kakishi, Sasaki Taeko, Sugimoto Nagisa, Ito Hideto, Nishihara Taishi, Hagihara Shinya, Higashiyama Tetsuya, Sasaki Narie, Sato Yoshikatsu, Itami Kenichiro

    Chemistry, an Asian journal     2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201601430

  31. Macrocyclization by Rhodium-Catalyzed Cross-Cyclotrimerization of L-Shaped Diynes with Di-tert-butyl Acetylenedicarboxylate: Effect of Bent Linkers of Diynes 査読有り

    Nishigaki Shuhei, Miyauchi Yuta, Noguchi Keiichi, Ito Hideto, Itami Kenichiro, Shibata Yu, Tanaka Ken

    European Journal of Organic Chemistry   ( 27 ) 頁: 4668-4673   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejoc.201600909

  32. Pyridylidene ligand facilitates gold-catalyzed oxidative C-H arylation of heterocycles 査読有り

    Hata Kazuhiro, Ito Hideto, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   11 巻   頁: 2737-2746   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3762/bjoc.11.295

    Web of Science

  33. Concise Synthesis and Facile Nanotube Assembly of a Symmetrically Multifunctionalized Cycloparaphenylene 査読有り

    Miyauchi Yuta, Johmoto Kohei, Yasuda Nobuhiro, Uekusa Hidehiro, Fujii Shintaro, Kiguchi Manabu, Ito Hideto, Itami Kenichiro, Tanaka Ken

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   21 巻 ( 52 ) 頁: 18900-18904   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201504185

    Web of Science

  34. Pyridylidene ligand facilitates gold-catalyzed oxidative C-H arylation of heterocycles 査読有り

    Hata Kazuhiro, Ito Hideto, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    Beilstein Journal of Organic Chemistry   11 巻   頁: 2737-2746   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3762/bjoc.11.295

  35. Thiophene-Based, Radial pi-Conjugation: Synthesis, Structure, and Photophysical Properties of Cyclo-1,4-phenylene-2 ',5 '-thienylenes 査読有り

    Ito Hideto, Mitamura Yukari, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    Angewandte Chemie-International Edition   54 巻 ( 1 ) 頁: 159-163   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201409389

  36. One-shot K-region-selective annulative pi-extension for nanographene synthesis and functionalization 査読有り

    Ozaki Kyohei, Kawasumi Katsuaki, Shibata Mari, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    Nature Communications   6 巻   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms7251

  37. Cross-Dehydrogenative-Coupling Reactions without Metals 査読有り

    Ito Hideto, Ueda Kirika, Itami Kenichiro

    FROM C-H TO C-C BONDS: CROSS-DEHYDROGENATIVE-COUPLING   26 巻   頁: 153 - 196   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  38. Oxidative Cross-Coupling Reaction by Gold/Selectfluor (R) Catalysis 査読有り

    Ito Hideto

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   71 巻 ( 10 ) 頁: 1075-1076   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Use of a Semihollow-Shaped Triethynylphosphane Ligand for Efficient Formation of Six- and Seven-Membered Ring Ethers through Gold(I)-Catalyzed Cyclization of Hydroxy-Tethered Propargylic Esters 査読有り

    Ito Hideto, Harada Ayumi, Ohmiya Hirohisa, Sawamura Masaya

    ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS   355 巻 ( 4 ) 頁: 647-652   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201200949

    Web of Science

  40. Use of a Semihollow-Shaped Triethynylphosphane Ligand for Efficient Formation of Six- and Seven-Membered Ring Ethers through Gold(I)-Catalyzed Cyclization of Hydroxy-Tethered Propargylic Esters 査読有り

    Ito Hideto, Harada Ayumi, Ohmiya Hirohisa, Sawamura Masaya

    Advanced Synthesis & Catalysis   355 巻 ( 4 ) 頁: 647-652   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201200949

  41. Construction of Eight-Membered Carbocycles through Gold Catalysis with Acetylene-Tethered Silyl Enol Ethers 査読有り

    Iwai Tomohiro, Okochi Hiori, Ito Hideto, Sawamura Masaya

    Angewandte Chemie-International Edition   52 巻 ( 15 ) 頁: 4239-4242   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201300265

  42. One-shot indole-to-carbazole pi-extension by a Pd-Cu-Ag trimetallic system 査読有り

    Ozaki Kyohei, Zhang Hua, Ito Hideto, Lei Aiwen, Itami Kenichiro

    Chemical Science   4 巻 ( 9 ) 頁: 3416-3420   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3sc51447a

  43. Oxidative Cross-Coupling Reaction by Gold/Selectfluor (R) Catalysis 査読有り

    Ito Hideto

    Journal of Synthetic Organic Chemistry Japan   71 巻 ( 10 ) 頁: 1075-1076   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Intramolecular hydroamination of alkynic sulfonamides catalyzed by a gold-triethynylphosphine complex: Construction of azepine frameworks by 7-exo-dig cyclization 査読有り

    Ito Hideto, Harada Tomoya, Ohmiya Hirohisa, Sawamura Masaya

    Beilstein Journal of Organic Chemistry   7 巻   頁: 951-959   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3762/bjoc.7.106

  45. Formation of Quaternary Carbon Centers by Highly Regioselective Hydroformylation with Catalytic Amounts of a Reversibly Bound Directing Group 査読有り

    Ueki Yusuke, Ito Hideto, Usui Ippei, Breit Bernhard

    Chemistry-a European Journal   17 巻 ( 31 ) 頁: 8555-8558   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201101186

  46. Construction of Methylenecycloheptane Frameworks through 7-Exo-Dig Cyclization of Acetylenic Silyl Enol Ethers Catalyzed by Triethynylphosphine-Gold Complex 査読有り

    Ito Hideto, Ohmiya Hirohisa, Sawamura Masaya

    Organic Letters   12 巻 ( 19 ) 頁: 4380-4383   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol101860j

  47. General and Functional Group-Tolerable Approach to Allenylsilanes by Rhodium-Catalyzed Coupling between Propargylic Carbonates and a Silylboronate 査読有り

    Ohmiya Hirohisa, Ito Hideto, Sawamura Masaya

    ORGANIC LETTERS   11 巻 ( 24 ) 頁: 5618-5620   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol902339a

    Web of Science

  48. General and Functional Group-Tolerable Approach to Allenylsilanes by Rhodium-Catalyzed Coupling between Propargylic Carbonates and a Silylboronate 査読有り

    Ohmiya Hirohisa, Ito Hideto, Sawamura Masaya

    Organic Letters   11 巻 ( 24 ) 頁: 5618-5620   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol902339a

  49. Cyclization of Nonterminal Alkynic beta-Keto Esters Catalyzed by Gold(I) Complex with a Semihollow, End-Capped Triethynylphosphine Ligand 査読有り

    Ito Hideto, Makida Yusuke, Ochida Atsuko, Ohmiya Hirohisa, Sawamura Masaya

    Organic Letters   10 巻 ( 21 ) 頁: 5051-5054   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol802079r

  50. Using triethynylphosphine ligands bearing bulky end caps to create a holey catalytic environment: Application to gold(I)-catalyzed alkyne cyclizations 査読有り

    Ochida Atsuko, Ito Hideto, Sawamura Masaya

    Journal of the American Chemical Society   128 巻 ( 51 ) 頁: 16486-16487   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja066800c

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 理系基礎化学実験 第2版

    村田静昭、浦野扶美、吉村正宏、伊藤英人、珠玖良昭 ( 担当: 共著)

    学術図書出版社  2018年3月  ( ISBN:978-4-7806-0642-3

     詳細を見る

    総ページ数:104   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 直接的芳香族カップリング反応の設計と応用 査読有り

    松岡和 , 伊藤英人 , 伊丹健一郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第12章 直接カップリングによる多環芳香族化合物の合成)

    シーエムシー出版  2019年5月  ( ISBN:9784781314211

     詳細を見る

    総ページ数:212   記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 6

  1. 新触媒・新反応が拓くナノカーボン構造体の精密合成化学 招待有り

    伊藤英人

    関東高分子若手研究会 春の講演会  2020年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  2. ナノメートルのものづくり 招待有り

    伊藤英人

    KMI-ITbM サイエンスカフェ  2020年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学(オンライン)  

  3. ナノメートルのものづくり 招待有り

    伊藤英人

    岡崎北高校大学講座  2020年10月19日  愛知県立岡崎北高等学校

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛知県立岡崎北高等学校  

  4. 新触媒・反応が拓くナノカーボンの精密合成化学:縮環π拡張(APEX)反応と重合 招待有り

    伊藤英人

    第69回高分子討論会  2020年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岩手大学(オンライン)  

  5. 縮環π拡張重合によるグラフェンナノリボンの精密合成 招待有り

    伊藤英人

    第66回 高分子研究発表会(神戸)、ヤングサイエンティスト講演  2020年7月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  6. Annulative π-Extension Chemistry (APEX): Precise and Rapid Synthesis of Nanographenes and Graphene Nanoribbons 招待有り 国際会議

    伊藤英人

    NTU Chemistry Virtual Seminar Series  2020年7月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:南洋理工大学(オンライン)   国名:シンガポール共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 光学活性グラフェンナノリボンの創製

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 矢崎科学技術振興記念財団  矢崎科学技術振興記念財団奨励研究助成 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  2. Hetero-APEX反応の開発と新奇含ヘテロ多環芳香族化合物の迅速合成

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 野口研究所  野口遵研究助成金 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

  3. ボールミルをもちいた革新的ナノカーボン合成

    2017年07月 - 2019年03月

    IRMAILサイエンスグラント  Verder–Scientific Award 研究奨励金 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  4. APEX反応による効率的ナノグラフェン合成

    2017年04月 - 2019年03月

    大幸財団  大幸財団自然科学系学術研究助成 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円 ( 直接経費:4000000円 )

  5. 身近な生活から学ぶ革新的有機ナノチューブ合成法の開発

    2017年04月 - 2018年03月

    愛知県(公財)科学技術交流財団  わかしゃち奨励賞最優秀賞研究奨励金 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

  6. 革新的有機ナノチューブ合成と機能創出

    2016年04月 - 2018年03月

    有機合成化学協会  有機合成化学協会昭和電工研究企画賞 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  7. 様々なπ共役化合物の一挙π拡張反応によるグラフェンナノリボン合成

    2014年10月 - 2016年03月

    住友財団  住友財団基礎科学研究助成金 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

▼全件表示

科研費 9

  1. 光学活性グラフェンナノリボンの創製

    研究課題/研究課題番号:20K21192  2020年07月 - 2022年03月

    科学研究費助成事業   挑戦的研究(萌芽)

    伊藤 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    光学活性グラフェンナノリボン(GNR)の創製を目指すために、(1) アキラルGNRに対するキラル補助基の導入、(2) キラルヘリセン部位の導入による不斉発現、(3) キラルAPEX反応の新規開発による合成、など多角的な手法を検討する。合成したキラルGNRはそのキラル光学特性の解明や構造解析を行い、光学活性GNRの基礎的な性質を明らかにする。

  2. 新奇縮環π共役高分子の精密合成と構造制御 国際共著

    研究課題/研究課題番号:18H02019  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費助成事業   基盤研究(B)

    伊藤 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    前年度まで、申請者はパラジウム塩、銀塩、オルトクロラニル存在下、 フェナントレンを開始剤、ベンゾナフトシロール誘導体をモノマーとしたリビングAPEX重合の開発に成功している。本重合によって合成されたfjord型グラフェンナノリボン(GNR)は多分散度1.24程度と世界で初めてとなる長さ、幅、エッジ構造を制御したGNR合成法となった。また、塩化鉄(III)によって構造の精密さを保ったままarmchair型GNRの合成に成功し、論文投稿も行もおこなった。
    本年度は、課題としてた本リビングAPEX重合の欠点のうち「分散度が1.2程度」、「幅と構造の多様化(未実施)」などの問題の解決を目指し、ベンゾナフトシロールモノマーや開始剤の多様化を行なった。その結果、ジフェニルアセチレンを開始剤として用いることで、fjord型GNRの合成を多分散度最小 1.03にて達成し、リビングAPEX重合をより精密なGNR合成法へ最適化することに成功した。これらの結果は前年度論文として投稿を行った後の査読後の幾度かの修正時に追加データとして加えて、最終的に2019年6月に「Living annulative π-extension polymerization for graphene nanoribbon synthesis」というタイトルで、Nature本誌に掲載される運びとなった。
    また、幅の異なるベンゾナフトシロールモノマーを新たに設計し、N = 8, 10型のより幅の広いfjord型GNRやarmchair型GNRを達成するとともに、ブロック共重合型GNRやGNRヘテロジャンクションの合成も達成した。 これらはリビング性をもった重合でしか作り出せない構造であり、GNRにおけるバンドギャップ調整や各種電子物性の調整のために待望であった構造体であり、その大きな合成的意義が見込まれる。
    開発・確立したリビングAPEX重合は、直接アリール化重合であり、ラダー重合であり、リビング重合である、全く新しい重合法であり、グラフェンナノリボンの画期的精密合成法である。2018年度と2019年度の研究によって、本重合法の確立と、当初の目的であったグラフェンナノリボンとはじめとする縮環π共役高分子の精密合成が可能となり、高分子化学や有機合成化学、有機金属化学、ナノカーボン科学といった広い分野に学術的な大きなインパクトを与えた。以上より、本研究の目的の大部分を達成できたと考えている。
    今後は幅、長さ、構造の多様化を引き続き行っていくとともに、特にAPEX重合でしか合成できない構造体に焦点をあてて合成を進める。また合成したGNRや関連縮環π共役高分子の性質や機能の解明にも取り組む。特に、バンドギャップや酸化還元能、自己組織化能などにおいて、他の有機分子や高分子で見られない機能や他のGNRの構造ではみられない現象などの解明にも取り組む予定である。また、ポリヘリセンなどよりチャレンジングな共役高分子の合成の合成をめざし、まずはオリゴマー合成に注目して精密合成法の確立を行う予定である。

  3. Helix-to-Tube法による革新的有機ナノチューブ合成

    研究課題/研究課題番号:17K19155  2017年06月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    伊藤 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究では「Helix-to-Tube法」を使い、様々ならせん高分子から新規有機ナノチューブへの変換を試みた。ピリジン、ナフタレン、ピレンを主骨格としてもち、側鎖に光学活性なアミドをもたせた種々のジエチニルモノマーを合成後、銅触媒存在下、Glaser-Hayカップリングによる重合い、一連のポリアリレンジエチレン(poly-ADE)を得た。poly-ADEは各種有機溶媒中において予想通りいずれも不斉らせん構造を形成していることがわかった。そのうちピリジン骨格を持つらせん高分子は光照射によって目的の有機ナノチューブへと変換されたことが各種スペクトル解析により明らかとなった。
    また有機ナノチューブ(ONT)が産業界であまり利用されていない理由の一つに、合成の難しさと骨格の弱さがあげられる。本研究成果と今後の研究により、より強靭なONTの合成を分子レベルで精密にかつ簡便に合成することができると期待される。また、本研究提案のHelix-to-Tube法の合成概念は一般市民などでも身近なチューブづくりに置き換えて直感的にイメージ可能であり、芸術、料理、工作、製造、建築と同様に、化学がナノメートルの世界における「ものづくり」の一つであることを明確に示すものである。これらは特に子どもの知的好奇心を強く刺激し、化学を含め様々な分野の「ものづくり」に興味を抱くきっかけとなりうる。

  4. APEXポリマー化によるグラフェンナノリボンの精密ボトムアップ合成と応用

    研究課題/研究課題番号:16H00907  2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費助成事業   新学術領域研究(研究領域提案型)

    伊藤 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本年度は縮環π拡張(APEX)重合をさらに発展させることに成功し、リビング性を付与したリビングAPEX重合を新たに開発することができた。本反応は、開始剤にフェナントレンを用い、モノマーにベンゾナフトシロールを用い、パラジウム塩、銀塩、オルトクロラニル存在化で効率的に進行することがわかった。反応開始段階では、APEX反応に活性なK領域をもつフェナントレンのAPEX反応によってより大きな多環芳香族炭化水素の中間体が生成する。この中間体は成長末端に新たにK領域が出現するため、逐次的なAPEX反応、すなわちAPEX重合が進行するということが判明した。さらに本反応はリビング性を兼ね備えており、分散度を低く抑えることができる。フェナントレンとモノマーの配合比率を変えるだけで、分子量3000から150000万程度の低分散fjord型GNRを自在に合成することが可能となった。また、合成したfjord型GNRは脱水素環化反応によってN = 8のarmchair型GNRへと定量的に変換することが可能であり、ラマン分光スペクトル測定などによってのぞみのGNRが合成できていることが判明した。本リビングAPEX重合法は、これまで化学的・物理的な合成法では達成不可能であった幅・長さ・構造を精密に制御したGNRの世界で初めての合成手法であり、多環芳香族炭化水素など不活性芳香族化合物を用いたはじめてのリビング直接アリール化重合である。今後本重合法を用いた様々なGNRの精密合成に大きな期待がもたれる。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  5. 自在π拡張反応の開発とグラフェンナノリボン合成への応用

    研究課題/研究課題番号:26810057  2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費助成事業 

    伊藤 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では、次世代有機エレクトロニクス材料の候補化合物として大きく期待される多環芳香族炭化水素(PAH)やπ拡張へテロ芳香環、ナノグラフェンなどを効率的に合成する新手法「縮環π拡張反応(APEX反応)」の開発に成功した。本APEX反応はパラジウム触媒を用いた新しい触媒反応系であり、官能基化されていないPAHやヘテロ芳香環を直接反応に用いて一段階でのπ拡張が可能である。また連続的なAPEX反応、すなわちAPEX重合反応の開発によって、一段階で構造が精密に制御されたグラフェンナノリボンの合成にも成功した。

  6. フェアリー化合物の科学とその応用展開

    研究課題/研究課題番号:20H05620  2020年07月 - 2025年03月

    科学研究費助成事業  特別推進研究

    河岸 洋和

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    芝が輪状に周囲より繁茂あるいは枯死した後にキノコが発生する現象を「フェアリーリング」という。研究代表者はこの現象の原因物質(AHX,ICA,AOH)を発見した。その後,これら3物質(フェアリー化合物,fairy chemicalsと総称,FCsと略称)の植物における内生が判明し,さらに圃場試験において農作物の増収効果を示した。本研究では,植物と菌類中で新規な経路でこれらの物質が生合成されることを明らかにし,活性発現分子機構を解明する。また,農業への実用化を目指しFCsの作物の栽培実験での効果と作用機構を検討する。最終的にはFCsが新しい植物ホルモンであることを証明する。

  7. レドックスメカノケミストリーによる固体有機合成化学

    研究課題/研究課題番号:19206531  2019年10月 - 2025年03月

    国立研究開発法人科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業  分担研究

    伊藤 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  8. カーボンナノリング・カーボンナノベルトの精密合成と応

    2012年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

  9. 半中空トリエチニルホスフィンによる特異反応場の形成と触媒反応への応用 国際共著

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金 

    伊藤英人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

▼全件表示

産業財産権 2

  1. ポリマー及びその合成法

    伊丹健一郎、伊藤英人、矢野裕太

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-014380  出願日:2016年1月28日

    出願国:国内  

  2. らせん構造を有する化合物及びそれを用いた有機ナノチューブ

    伊丹健一郎、伊藤英人、前田果歩

     詳細を見る

    出願人:国公立法人名古屋大学

    出願番号:2014-181724  出願日:2014年9月5日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 40

  1. 基礎セミナーA

    2020

  2. 有機化学実験

    2020

  3. 理学部化学実験

    2020

  4. 化学講究Ⅰ

    2020

  5. 有機化学Ⅲ

    2020

  6. 化学講究II

    2020

  7. 物質と化学

    2019

  8. 有機化学実験

    2019

  9. 有機化学Ⅲ

    2019

  10. 理学部化学実験

    2019

  11. 理系基礎化学実験(工学部IV, V系)

    2018

  12. 理系基礎化学実験(農学部)

    2018

  13. 理系基礎化学実験(理学部)

    2018

  14. Chemistry Laboratory

    2018

     詳細を見る

    G30学生(外国人)向け基礎化学実験

  15. 理系基礎化学実験(工学部III系)

    2018

  16. 理系基礎化学実験(農学部)

    2017

  17. 理系基礎化学実験(理学部)

    2017

  18. 理系基礎化学実験(工学部IIV, V系)

    2017

  19. 理系基礎化学実験(工学部III系)

    2017

  20. Chemistry Laboratory

    2017

     詳細を見る

    G30学生(外国人)向け基礎化学実験

  21. Chemistry Laboratory

    2016

     詳細を見る

    G30学生(外国人)向け基礎化学実験

  22. 理系基礎化学実験(農学部)

    2016

  23. 理系基礎化学実験(工学部III系)

    2016

  24. 理系基礎化学実験(工学部IIV, V系)

    2016

  25. 理系基礎化学実験(理学部)

    2016

  26. Chemistry Laboratory

    2015

     詳細を見る

    G30学生(外国人)向け基礎化学実験

  27. 理系基礎化学実験(工学部III系)

    2015

  28. 理系基礎化学実験(工学部IIV, V系)

    2015

  29. 理系基礎化学実験(理学部)

    2015

  30. 理系基礎化学実験(農学部)

    2015

  31. 理系基礎化学実験(農学部)

    2014

  32. 理系基礎化学実験(工学部IV, V系)

    2014

  33. 理系基礎化学実験(工学部III系)

    2014

  34. Chemistry Laboratory

    2014

     詳細を見る

    G30学生(外国人)向け基礎化学実験

  35. 理系基礎化学実験(理学部)

    2014

  36. 理系基礎化学実験(工学部IV, V系)

    2013

  37. 理系基礎化学実験(工学部III系)

    2013

  38. Chemistry Laboratory

    2013

     詳細を見る

    G30学生(外国人)向け基礎化学実験

  39. 理系基礎化学実験(理学部)

    2013

  40. 理系基礎化学実験(農学部)

    2013

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. ナノメートルのものづくり

    講師

    愛知県立岡崎北高等学校  2020年10月19日