2022/09/05 更新

写真a

トキタ ケイイチロウ
時田 恵一郎
TOKITA Keiichiro
所属
大学院情報学研究科 複雑系科学専攻 多自由度システム情報論 教授
大学院担当
大学院情報科学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 自然情報学科
情報文化学部 自然情報学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
TOKITA Kei
プロフィール
個々のものは単純な働きしかしなくて単純な式で記述できるのに、数が増えるとその全体は非常に複雑な振る舞いをする、そういうものがこの世界にはたくさんあります。複雑系科学の創始者のひとりである,ノーベル物理学賞受賞者のP. W. アンダーソンは,「量は質を変える(“More is different”)」という複雑系の本質を見事に表現した有名な言葉を残しています.生態系、細胞内の代謝系、免疫系、生体高分子、神経回路網(ニューラルネットワークや深層学習など)、組み合わせ最適化問題、情報システム、経済システム、社会システムなどがその例です。それらの複雑系を、非線形力学、統計物理学、計算物理学などの手法を用いて数理的に理解し、制御するための方法を研究しています。これらは一見全く異なる研究分野の問題なのですが、比較的単純なものが多数集まり、複雑な相互作用で影響しあうことにより創発するマクロな現象という点で数理的に密接な関係があります。これらを統一的な視点で眺めることにより逆に個々の理解が深まるという場合が少なくありません。アリの研究や,社会生物学の創始者としても有名な,進化生物学者E. O. ウィルソンは,複雑系科学を通じた様々な分野の知の統合を「コンシリエンス」と呼んでいます.数学や物理の解析的なアプローチからスーパーコンピューターやGPUを用いた大規模シミュレーションまで、様々な手法を駆使して新しい研究領域を開拓しようとしています。
外部リンク

学位 3

  1. 博士(理学) ( 1994年3月   東京大学 ) 

  2. 理学修士 ( 1991年3月   早稲田大学 ) 

  3. 工学士 ( 1989年3月   早稲田大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 統計力学

  2. 数理生物学

  3. 複雑系

  4. 多様性

  5. 統計力学

  6. 数理生物学

研究分野 3

  1. 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理  / 数理生物学

  2. 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎  / 統計力学

  3. 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 複雑系の数理

経歴 18

  1. 名古屋大学   情報学研究科   教授   複雑系科学専攻・専攻長,情報学部自然情報学科・学科長

    2022年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院情報学研究科  複雑系科学専攻   教授

    2019年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院情報学研究科 複雑系科学専攻   教務入試委員

    2019年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  4. 名古屋大学   大学院情報学研究科 複雑系科学専攻 多自由度システム情報論   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  5. 核融合科学研究所   招へい教授

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 国際高等研究所   高等研プロジェクト「総合コミュニケーション学」   共同研究員、プロジェクト代表

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   情報科学研究科   教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 大阪大学   サイバーメディアセンター   招へい教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学   情報科学研究科   教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  10. 大阪大学   サイバーメディアセンター   招へい教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  11. 名古屋大学   情報科学研究科   教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  12. 総合地球環境学研究所   「地域環境知形成によるコモンズの創生と持続可能な管理」プロジェクト   共同研究員(コアメンバー・理論グループリーダー)

    2011年10月 - 現在

      詳細を見る

  13. 総合地球環境学研究所   「地域環境知形成によるコモンズの創生と持続可能な管理」プロジェクト   研究員

    2011年10月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 大阪大学   サイバーメディアセンター   准教授

    2007年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. ハーバード大学   進化動力学研究所   研究員

    2003年10月 - 2004年8月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  16. 大阪大学   サイバーメディアセンター   助教授

    2000年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  17. ハーバード大学   生物化学科   研究員

    1996年8月 - 1998年8月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  18. 大阪大学理学部   助手

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   理学系研究科   相関理化学専攻

    1991年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 早稲田大学   理工学研究科   物理学及び応用物理学専攻

    1989年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 早稲田大学   理工学部   応用物理学科

    1985年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本生態学会

    2001年8月 - 現在

  2. 日本数理生物学会

    1992年10月 - 現在

  3. 日本物理学会

    1989年7月 - 現在

委員歴 3

  1. 日本数理生物学会   副会長  

    2022年1月 - 2022年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本数理生物学会   2020年度大会委員長  

    2019年6月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本数理生物学会   研究奨励賞選考委員会委員  

    2019年1月 - 2019年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 20

  1. Lattice protein design using Bayesian learning 査読有り

    Tomoei Takahashi George Chikenji Kei Tokita

    Physical Review E   ( 104 ) 頁: 014404   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1103/PhysRevE.104.014404

  2. 生物進化の渋滞モデルと種個体数分布 査読有り

    時田恵一郎, 佐藤純

    第26回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム論文集   ( 26 ) 頁: 1 - 4   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  3. 腸内細菌叢の数理モデルとその相互作用行列の解析

    田口優真,時田恵一郎

    京都大学数理解析研究所考究録   ( 2166 ) 頁: 72 - 76   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  4. アリ・アブラムシ系の個体群ダイナミクス -共生と捕食のスイッチング

    中井貴生,時田恵一郎

    京都大学数理解析研究所講究録   ( 2166 ) 頁: 54 - 58   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  5. 相利的な非線形進化力学系での捕食やコストがもたらす多型の創出

    中井 貴生, 乾 陽子, 時田 恵一郎

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 2805 - 2805   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_2805

    CiNii Research

  6. ソーシャルボットの検出:言語非依存性の特徴量とボット集団の定量化

    杉森真樹, 笹原和俊, 時田 恵一郎

    人工知能学会全国大会論文集 第32回全国大会(2018)     頁: 1P2-05-1 - 1P2-05-4   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: https://doi.org/10.11517/pjsai.JSAI2018.0_1P205

  7. Relative species abundance of replicator dynamics with sparse interactions 査読有り

    Tomoyuki Obuchi, Yoshiyuki Kabashima and Kei Tokita

    Journal of Statistical Mechanics     頁: 113502   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-5468/2016/11/113502

  8. Multiple peaks of species abundance distributions induced by sparse interactions 査読有り

    Tomoyuki Obuchi, Yoshiyuki Kabashima and Kei Tokita

    Physical Review E   94 巻   頁: 022312   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.94.022312

  9. Dynamic stability and chaotic multispecies-coexistence in a food web mode 招待有り 査読有り

    Kei Tokita

    Advances in Science, Technology and Environmentology (ASTE, Waseda University)     頁: 000   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The relationship between stability and complexity of an ecosystem has been one of the main issues in community
    ecology. In such ecosystems, a food web is one of the most complex biological networks in nature, and has been
    focused on by field and theoretical ecologists. We consider a food web model represented by the Lotka-Volterra equation
    with hierarchically ordered random interspecies interactions, and show that the model has a class of dynamic stability,
    and that an arbitrary number of species can coexist in it.

  10. Properties of ecosystems those are vulnerable during eco-fusion 査読有り

    Katsuhiko Yoshida, Kei Tokita

    Scientific Reports   5 巻   頁: 7939   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    When two ecosystems with separate evolutionary histories come into contact (eco-fusion), reciprocal invasions occur during their fusion. Asymmetries in the migration direction or extinction rate then occur (e.g., during the Great American Biotic Interchange, GABI). Hypotheses have been proposed to describe this process, but the ecosystem properties have not been adequately discussed. To identify the ecosystem properties that create vulnerability to species loss during eco-fusion, we conducted computer simulations of the fusion of ecosystems with independent evolutionary histories. With asymmetrical species extinction rates, the ecosystem with a higher extinction rate had a shorter food chain, a higher ratio of animal species to plant species, and a lower ratio of carnivores to herbivores. Most ecosystems that have undergone isolated evolution are vulnerable. These results may explain the vulnerability of South America's ecosystem during the GABI and that of modern Australia.

    DOI: 10.1038/srep07939

  11. Analytical theory of species abundance distributions of a random community model 招待有り 査読有り

    Kei Tokita

    Population Ecology   57 巻 ( 1 )   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We review the history and recent progress of the analytical theories of a random community models. In particular, we focus on a global stability analysis of replicator equations with random interactions and species abundance distributions based on statistical mechanics.

    DOI: 10.1007/s10144-014-0476-8

  12. GPGPU simulations of 2D lattice neutral models in ecology 査読有り

    Takeshi Oura and Kei Tokita

    Journal of Physics: Conference Series   454 巻   頁: 012038 (7pages)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/454/1/012038

  13. Species-area relationship for power-law species abundance distribution 査読有り

    Haruyuki Irie and Kei Tokita

    International Journal of Biomathematics   5 巻   頁: 1260024 (9 pages)   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Rank abundance relations in evolutionary dynamics of random replicators 査読有り

    Physical Review E   78 巻   頁: 031924 (11 pages)   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Statistical mechanics and stability of a model eco-system 査読有り

    Yoshimi Yoshino, Tobias Galla and Kei Tokita

    Journal of Statistical Mechanics     頁: P09003 (24 pages)   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Statistical mechanics of relative species abundance 招待有り 査読有り

    Kei Tokita

    Ecological Informatics   1 巻   頁: 315-324   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Species abundance patterns in complex evolutionary dynamics 査読有り

    Kei Tokita

    Physical Review Letters   93 巻   頁: 178102 (4 pages)   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Emergence of a complex and stable network in a model ecosystem with extinction and mutation 査読有り

    Kei Tokita and Ayumu Yasutomi

    Theoretical Population Biology   63 巻   頁: 131-146   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Large-Dimensional Replicator Equations with Antisymmetric Random Interactions 査読有り

    Tsuyoshi Chawanya and Kei Tokita

    Journal of Physical Society of Japan   71 巻 ( 2 ) 頁: 429-431   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Dynamical Equation Approach to Protein Design 査読有り

    Kei Tokita, Macoto Kikuchi and Yukito Iba

    Progress of Theoretical Physics Supplement   138 巻   頁: 378-383   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 15

  1. Creative Complex Systems 国際共著

    Atsushi Yamauchi, Kei Tokita, Toshiyuki Namba, Tae-Soo Chon( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Short Notes on Theories of Species Diversity)

    Springer  2021年10月  ( ISBN:978-981-16-4457-3

     詳細を見る

    総ページ数:429   担当ページ:33-53   記述言語:英語 著書種別:学術書

    In the 1970s, a theoretical ecologist deduced that a biological community tends to be unstable with increasing numbers of species and interactions. Because many species coexist and have complex interactions in natural communities, ecologists have investigated the characteristics and underlying mechanisms of species diversity. In this chapter, we review theoretical studies that investigate mechanisms of coexistence in complex biological networks. A variety of hypotheses have been proposed to explain the mechanism of species diversity, each of which is focused on specific processes of species interactions and/or community dynamics. We categorize these theoretical models, describing types of focal mechanisms as either “fitness dependence” or “fitness independence.” Despite the diverse hypotheses, no key factor of species diversity has been clarified, mainly due to difficulties in testing the hypotheses. We conclude that more interdisciplinary and integrative studies are needed to understand species diversity in depth.

    DOI: 10.1007/978-981-16-4457-3_3

  2. Transformations of Social-Ecological Systems

    Sato, T., Chabay I., Heigeson, J. eds.( 担当: 共著)

    Springer  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 地域環境学

    佐藤哲 編,菊地直樹 編( 担当: 共著)

    東京大学出版会  2018年1月  ( ISBN:978-4-13-060320-1

  4. 岩波 生物学辞典 第5版

    巌佐庸・倉谷滋・斎藤成也・塚谷裕一(編集)( 担当: 共著)

    岩波書店  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 数理科学事典

    現代数理科学事典編集委員会( 担当: 共著)

    丸善  2009年12月  ( ISBN:978-4621081259

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 生物間ネットワークを紐とく

    大串 隆之 (編集), 難波 利幸 (編集), 近藤 倫生 (編集)( 担当: 共著)

    京都大学出版会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. ネットワーク科学への招待

    青山秀明・相馬亘・藤原義久 共編著( 担当: 共著)

    サイエンス社  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 進化経済学ハンドブック

    進化経済学会(編集)( 担当: 共著)

    共立出版  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. プラントミメティックス

    甲斐昌一 、森川弘道、 鈴木泰博(編集)( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 複雑系の構造と予測

    早稲田大学複雑系高等学術研究所 (編集)( 担当: 共著)

    共立出版  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. ゲーム理論のフロンティア

    松田裕之・池上高志(共編著)( 担当: 共著)

    サイエンス社  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 生態学辞典

    巌佐 庸 (編集), 菊沢 喜八郎 (編集), 松本 忠夫 (編集), 日本生態学会 (編集)( 担当: 共著)

    共立出版  2003年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 複雑さの数理

    相澤洋二(監訳)、龍野正実、時田恵一郎、橋本敬、秦浩起(訳)( 担当: 共著)

    産業図書  2001年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 脳科学大辞典

    甘利 俊一 (編集), 外山 敬介 (編集)( 担当: 共著)

    朝倉書店  2000年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. Unifying Themes in Complex Systems

    Kei Tokita, et al.( 担当: 共著)

    Perseus Books  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 94

  1. 進化の大規模モデルに対する統計力学的解析II

    田口優真, 時田恵一郎

    日本物理学会第77回年次大会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. Cavity 法による格子タンパク質模型のデザイン

    高橋智栄, 千見寺浄慈, 時田恵一郎

    日本物理学会第77回年次大会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. Miyazawa-Jernigan 行列をエネルギーパラメータとしたベイズ学習による格子タンパク質デザイン

    高橋智栄, 千見寺浄慈, 時田恵一郎

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月22日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 進化の大規模モデルに対する統計力学的解析

    田口優真, 時田恵一郎

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 統計力学的手法を用いたレプリケーター・ ミューテーター方程式の解析

    田口優真, 時田恵一郎

    2021年日本数理生物学会年会  2021年9月15日  日本数理生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    その他リンク: https://sites.google.com/view/jsmb2021conference/%E6%97%A5%E7%A8%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0?authuser=0

  6. 生物進化の渋滞モデルと種個体数分布

    時田恵一郎, 佐藤純

    2021年日本数理生物学会年会  2021年9月15日  日本数理生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    その他リンク: https://sites.google.com/view/jsmb2021conference/%E6%97%A5%E7%A8%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0?authuser=0

  7. 大規模群集モデルに対応したパラメータ推定手法

    田口優真,時田恵一郎

    第68回日本生態学会大会  2021年3月18日  日本生態学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン(岡山大学)   国名:日本国  

  8. 水の効果を外場とした格子タンパク質の経験ベイズ法によるデザイン

    高橋智栄,千見寺浄慈,時田恵一郎

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 大自由度非線形進化力学系への統計力学的手法の応用

    田口優真,時田恵一郎

    第6回数理生物学交流発表会  2021年3月7日  静岡大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン(静岡大学)   国名:日本国  

  10. 複雑系科学とAI / DX用ブリッジAIシステム / 文字認識と文書のデジタル化 招待有り

    時田恵一郎,宮田明

    THE AI Powered by 日本HP  2021年1月18日  日本HP株式会社,株式会社レッジ

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 宍道湖・中海生態系の数理モデリング

    時田恵一郎,川元琢,坂野鋭

    汽水域合同研究発表会2021  2021年1月9日  島根大学・エスチュアリー研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根県松江市   国名:日本国  

  12. 生物進化の渋滞モデルと種個体数分布

    時田恵一郎,佐藤純

    第26回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム  2020年12月10日  交通流数理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン(名古屋大学)   国名:日本国  

  13. 大規模群集モデルのパラメータ推定

    田口優真,時田恵一郎

    2020年度日本数理生物学会年会  2020年9月22日  日本数理生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン(名古屋大学)   国名:日本国  

  14. 経験ベイズ推定を用いた水の効果の最適化によるタンパク質デザイン

    高橋智栄,千見寺浄慈,時田恵一郎

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月9日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 相利的な非線形進化力学系での捕食やコストがもたらす多形の創出

    中井貴生,乾陽子,時田恵一郎

    日本物理学会 第75回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)   国名:日本国  

  16. 経験ベイズ推定による格子タンパク質模型のデザイン

    高橋智栄,千見寺浄慈,時田恵一郎

    日本物理学会第75回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)   国名:日本国  

  17. 多自由度非線形進化力学系の相互作用行列の推定

    田口優真, 時田恵一郎

    日本物理学会第75回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)   国名:日本国  

  18. 食物網のサンプリング理論と種個体数分布

    時田恵一郎

    日本物理学会第75回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)   国名:日本国  

  19. 内集団ひいきの創発

    村上大周, 時田恵一郎

    ゲーム理論ワークショップ2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:駒沢大学、東京都   国名:日本国  

  20. アブラムシはアリの一途さを求めない

    中井貴生,乾陽子,時田恵一郎

    第6回数理生物学交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学(浜松キャンパス)   国名:日本国  

  21. 多自由度非線形進化力学系を用いた大規模群集における相互作用の推定

    田口優真, 時田恵一郎

    第6回数理生物学交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学(浜松キャンパス)   国名:日本国  

  22. アリ-アブラムシ系の個体群ダイナミクス

    中井貴生,乾陽子,時田恵一郎

    第67回日本生態学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)   国名:日本国  

  23. 腸内細菌叢の数理モデルとその相互作用行列の解析

    田口優真, 時田恵一郎

    第67回日本生態学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)   国名:日本国  

  24. 食物網のサンプリング理論と種個体数分布

    時田恵一郎

    第67回日本生態学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)   国名:日本国  

  25. アリ・アブラムシ系の個体群ダイナミクス〜共生と捕食のスイッチング〜

    中井貴生,乾陽子,時田恵一郎

    生物数学の理論とその応用〜生命現象の定量的理解に向けて〜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学・数理解析研究所   国名:日本国  

  26. 腸内細菌叢の数理モデルとその相互作用行列の解析

    田口優真, 時田恵一郎

    第16回 生物数学の理論とその応用〜生命現象の定量的理解に向けて〜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所   国名:日本国  

  27. 2パッチモデルとしての宍道湖−中海生物分布シミュレーション

    川元琢、時田恵一郎、坂野鋭

    第27回汽水域研究発表会・汽水域研究会第8回例会・汽水域合同研究発表会2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根大学(松江キャンパス)   国名:日本国  

  28. アリ-アブラムシ系の個体群ダイナミクス

    中井貴生,乾陽子,時田恵一郎

    日本生態学会中部地区大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)   国名:日本国  

  29. アリ-アブラムシ系の個体群ダイナミクス 招待有り

    中井貴生, 時田恵一郎

    第12回水戸MI(数学・情報数理)セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学(水戸キャンパス)   国名:日本国  

  30. 共生と多型に関する数理モデル

    中井貴生,時田恵一郎

    日本数理生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学(大岡山キャンパス)   国名:日本国  

  31. 相互作用グラフの特徴を考慮したベイズ学習によるタンパク質デザイン

    高橋智栄、千見寺浄慈、時田恵一郎

    日本物理学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜大学(岐阜市)   国名:日本国  

  32. Evolution of In-group Favoritism and Game Theoretical Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 共生と多型に関する数理モデル

    中井貴生,時田恵一郎

    第2回数理生物学若手の会 夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:総合研究大学院大学(葉山キャンパス)   国名:日本国  

  34. 腸内細菌叢の生態系

    田口優真,時田恵一郎

    第2回数理生物若手夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:総合研究大学院大学(葉山キャンパス)   国名:日本国  

  35. Theory of Species Abundance Distribution of > Evolutionary Dynamics 招待有り 国際会議

    Kei Tokita

    7th China-India-Japan-Korea International > Conference on Mathematical Biology (CIJK 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  36. Evolution of In-group Favoritism and Game Theoretical Analysis 国際会議

    Taishu Murakami, Kei Tokita

    7th China-India-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology (CIJK 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Beijing University of Science and Technology, Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  37. Protein design using Bayesian learning 国際会議

    Tomoei Takahashi, George Chikenji, and Kei Tokita

    7th China-India-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology (CIJK 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing University of Science and Technology, Beijing, China,   国名:中華人民共和国  

  38. Domain theoretical approach to boolean networks 国際会議

    Shojiro Abe, Kei Tokita

    7th China-India-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology (CIJK 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing University of Science and Technology, Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  39. 内集団ひいきのゲーム理論的解析

    村上大周,時田恵一郎

    第64回物性若手夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ぎふ長良川温泉ホテルパーク   国名:日本国  

  40. ベイズ学習による格子タンパク質デザイン

    高橋智栄、千見寺浄慈、時田恵一郎

    第64回物性若手夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ぎふ長良川温泉パーク、岐阜市   国名:日本国  

  41. ベイズ学習による格子タンパク質模型のデザイン

    高橋智栄、千見寺浄慈、時田恵一郎

    日本物理学会第74回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学(伊都キャンパス)   国名:日本国  

  42. 機械学習と物理学のつながり 招待有り

    時田恵一郎

    核融合科学研究所セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 生態ネットワークの種個体数分布 招待有り

    時田恵一郎

    京都大学生態学研究センターセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 多様性の科学に対する統計物理学的アプローチ 招待有り

    時田恵一郎

    経済・社会への分野横断的研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:キヤノングローバル戦略研究所   国名:日本国  

  45. Dynamic theory of species abundance distributions 招待有り 国際会議

    Kei Tokita

    The 8th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. Partial annealing as evolution in a model ecosystem

    Tim Ritmeester, Kei Tokita

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 二部グラフ型ホストーパラサイトモデルからホスト間相互作用のあるえこえぴモデルへ 招待有り

    時田恵一郎

    日本生態学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 機械学習を用いたソーシャルボットの検出と分析:英語と日本語の比較

    杉森真樹, 笹原和俊, 時田恵一郎

    第2回計算社会学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Statistical mechanics of population dynamics 招待有り 国際会議

    Seminar of Department of Physics, Inha University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  50. Overview of theoretical modeling on species abundance distribution 招待有り 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:大韓民国  

  51. 蝶とウイルスの擬態 招待有り

    時田恵一郎

    DNA鑑定などに関する勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形市桜田温泉ヒルズサンピア山形   国名:日本国  

  52. 大陸島嶼生態系の二次元格子中立モデル

    長瀬久在, 時田恵一郎

    日本数理生物学会第27回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  53. Species- abundance relationships in inferring pollution impacts on benthic macroinvertebrate communities in streams 国際会議

    T.S. Chon, X.D. Qu, M.Y. Song, K. Tokita, Y.S. Park

    The International Society for Ecological Modelling Global Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  54. Diversity, stability and the relative species abundance of replicator dynamics with complex interspecies interactions 国際会議

    K. Tokita

    The international Society for Ecological Modelling Global Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ramada Plaza, Jeju, Korea   国名:大韓民国  

  55. Diversity, stability and the relative species abundance of replicator dynamics with complex interspecies interactions 招待有り 国際会議

    Kei Tokita

    6th China India Japan Korea Mathematical Biology Colloquim (CIJKMB) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:インド  

  56. 大陸島嶼生態系の二次元格子中立モデル

    長瀬久在, 時田恵一郎

    日本物理学会第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学豊中キャンパス   国名:日本国  

  57. TAP平均場近似アルゴリズムを用いた協調フィルタリング型ボルツマンマシン学習

    日當泰輔, 時田恵一郎

    日本物理学会第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学豊中キャンパス   国名:日本国  

  58. 三題噺:米大統領選挙、SYNC、言語進化 招待有り

    時田恵一郎

    国際高等研究所研究会「総合コミュニケーション学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. TAP平均場近似による制限ボルツマンマシン学習と協調フィルタリングへの応用

    日當泰輔, 時田恵一郎

    日本物理学会・2016年秋季大会(金沢大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 食物網の種個体数分布II

    時田恵一郎

    日本物理学会・2016年秋季大会(金沢大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Species abundance patterns of a food web model

    Kei Tokita

    2016 Japanese Society for Mathematical Biology annual meeting (JSMB2016), Kyushu University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyushu University   国名:日本国  

  62. 正直シグナル 招待有り

    時田恵一郎

    国際高等研究所研究会「総合コミュニケーション学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 生物・社会ネットワークの種個体数分布 招待有り

    時田恵一郎

    物理学的普遍性から生物学的普遍性へ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 統計力学を使って生物や社会における多様性の起源を探る 招待有り

    時田恵一郎

    核融合科学研究会・特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 様々なスケールで見られる生物の信号とコミュニケーション:蝶とウィルスの擬態 招待有り

    時田恵一郎

    第2回 非線形現象の捉え方 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. Theory of Species Abundance Distributions in Community Ecology 招待有り 国際会議

    Kei Tokita

    The 7th EAFES International Congress, Daegu, Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  67. 食物網モデルの種個体数分布

    時田恵一郎

    日本生態学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  68. 互いに類似したサブネットワークで構成される相互作用ネットワーク上での種個体数分布

    大浦健志, 時田恵一郎

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  69. TAP平均場近似による制限ボルツマンマシン学習と強調フィルタリングへの応用

    日當泰輔,時田恵一郎

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

    ボルツマンマシンの計算量爆発の問題は、制限ボルツマンマシンやCD法の登場によって克服されてきた。このように制限ボルツマンマシンの学習には、CD法などの確率的近似アルゴリズムが主流であったが、近年、TAP近似による決定論的近似アルゴリズムが学習に対して有効であることが明らかにされた。本研究では、制限ボルツマンマシンを用いた協調フィルタリングモデルに対してTAP近似アルゴリズムを適応し、従来手法と比較した。

  70. 食物網モデルの種個体数分布

    時田恵一郎

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

    これまで群集生態学におけるランダム群集モデルの大域的安定平衡点とそこでの種個体数分布をランダム系の統計力学を用いることにより解析的に導いてきたが,本講演では平衡点が不安定化して個体群動態がカオスになるパラメータ領域での種個体数分布に関する理論的研究を報告する。

  71. The Science of Biodiversity: Theoretical Perspectives 招待有り

    Kei Tokita

    The International Research Unit of Advanced Future Studies, Kyoto University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 生物・社会ネットワークの非対称な世界 招待有り

    時田恵一郎

    国際高等研究所研究会「ネットワークの科学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月 - 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 生物多様性の科学 招待有り

    時田恵一郎

    武蔵野大学 数理工学センター(MCME)セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:武蔵野大学   国名:日本国  

  74. Biological and social communications 国際会議

    Kei Tokita

    Joint Conferenece of 2015 Annual Meeting of Japanese Society for Mathematical Biology and 2015 5th China-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology (CJKICMB2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. Statistical mechanics of competitive exclusion of ecological communities 国際会議

    Takeshi Oura and Kei Tokita

    Joint Conferenece of 2015 Annual Meeting of Japanese Society for Mathematical Biology and 2015 5th China-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology (CJKICMB2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Degree of interactions essentially changes relative species abundance 国際会議

    Tomoyuki Obuchi, Yoshiyuki Kabashima and Kei Tokita

    Joint Conferenece of 2015 Annual Meeting of Japanese Society for Mathematical Biology and 2015 5th China-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology (CJKICMB2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. Molecular mimicry model of autoimmune disease 国際会議

    Kei Tokita, Megumi Masuda, Akira Sasaki

    Annual Meeting of Society for Mathematical Biology  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月 - 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  78. ブロック構造をもつランダム行列の固有値分布

    大浦健志,時田恵一郎

    日本物理学会第70回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学,東京   国名:日本国  

  79. Statistical mechanics of evolutionary dynamics: an answer to the diversity-stability debate in community ecology 国際会議

    Kei Tokita

    New Challenges in Complex System Science  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. Spatially Explicit Neutral Model 国際会議

    Kei Tokita and Takeshi Oura

    Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology (JSMB/SMB2014)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月 - 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. ランダム相互作用をもつBouchaud-Mezardモデル

    大浦健志・時田恵一郎

    日本物理学会第69回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学   国名:日本国  

  82. アブラムシはアリの一途さを求めない 国際会議

    中井貴生, 乾陽子, 時田恵一郎

    第6回数理生物学交流発表会  2020年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学(浜松キャンパス)  

    researchmap

  83. 2パッチモデルとしての宍道湖−中海生物分布シミュレーション 国際会議

    川元琢, 時田恵一郎, 坂野鋭

    第27回汽水域研究発表会・汽水域研究会第8回例会・汽水域合同研究発表会2020  2020年1月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根大学(松江キャンパス)  

    researchmap

  84. 食物網のサンプリング理論と種個体数分布 国際会議

    時田恵一郎

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)  

    researchmap

  85. 食物網のサンプリング理論と種個体数分布 国際会議

    時田恵一郎

    第67回日本生態学会大会  2020年3月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)  

    researchmap

  86. 腸内細菌叢の数理モデルとその相互作用行列の解析 国際会議

    田口優真, 時田恵一郎

    第16回 生物数学の理論とその応用〜生命現象の定量的理解に向けて〜  2020年1月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  87. 腸内細菌叢の数理モデルとその相互作用行列の解析 国際会議

    田口優真, 時田恵一郎

    第67回日本生態学会大会  2020年3月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)  

    researchmap

  88. 経験ベイズ推定による格子タンパク質模型のデザイン 国際会議

    高橋智栄, 千見寺浄慈, 時田恵一郎

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)  

    researchmap

  89. 相利的な非線形進化力学系での捕食やコストがもたらす多形の創出 国際会議

    中井貴生, 乾陽子, 時田恵一郎

    日本物理学会 第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)  

    researchmap

  90. 多自由度非線形進化力学系を用いた大規模群集における相互作用の推定 国際会議

    田口優真, 時田恵一郎

    第6回 数理生物交流会  2020年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学(浜松キャンパス)  

    researchmap

  91. 多自由度非線形進化力学系の相互作用行列の推定 国際会議

    田口優真, 時田恵一郎

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス)  

    researchmap

  92. 内集団ひいきの創発 国際会議

    村上大周, 時田恵一郎

    ゲーム理論ワークショップ2020  2020年3月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:駒沢大学、東京都  

    researchmap

  93. アリ・アブラムシ系の個体群ダイナミクス〜共生と捕食のスイッチング〜 国際会議

    中井貴生, 乾陽子, 時田恵一郎

    生物数学の理論とその応用〜生命現象の定量的理解に向けて〜  2020年1月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学・数理解析研究所  

    researchmap

  94. アリ-アブラムシ系の個体群ダイナミクス 国際会議

    中井貴生, 乾陽子, 時田恵一郎

    第67回日本生態学会大会  2020年3月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名城大学(天白キャンパス)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 低解像度・多ノイズ・不明瞭罫線等不明瞭紙文書のデジタル化手法の開発

    研究課題番号:1920D9100c  2021年3月

    学内共同研究  共同研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:260000円 ( 直接経費:200000円 、 間接経費:60000円 )

  2. 深層学習を用いた不定形手書き帳票の自動処理システムの開発

    2019年2月 - 2019年3月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

    配分額:220000円 ( 直接経費:200000円 、 間接経費:20000円 )

  3. 総合コミュニケーション学

    2014年4月 - 2017年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 生命の物理

    2010年4月 - 2011年3月

    財団法人交流協会 若手研究者交流事業 短期グループ派遣 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 国際数理生物会議および数理生物学会(SMB)年会

    2009年4月 - 2010年3月

    平成21年度日本学術振興会国際学会等派遣事業 第I期 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 生物群集における種の豊富さのパターンとその環境アセスメントへの応用

    2006年4月 - 2007年3月

    国際共同研究 

▼全件表示

科研費 13

  1. 牛ルーメンマイクロバイオーム完全制御によるメタン80%削減に向けた新たな家畜生産システムの実現 国際共著

    研究課題/研究課題番号:1922JA321c  2020年4月 - 2025年3月

    生物系特定産業技術研究支援センター  ムーンショット型農林水産研究開発事業 

    2850

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:28500000円

  2. ICTとAIプログラムから創造される地域環境知による乾燥地の節水灌漑技術の開発

    研究課題/研究課題番号:20K20576  2020年7月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(開拓)

    久米 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究の目的は、水資源の枯渇に直面する乾燥地の大規模灌漑地域において、現地観測と社会調査をICTやAIプログラムと統合することにより新たな「知」を創造し、灌漑水量を削減し同時に農家収入を増加させる節水灌漑技術の開発を通じて、水資源の保全と乾燥地農業の持続性の向上に貢献することである。具体的には、農家や地域社会がもつ知恵・経験・文化などからなる「地域環境知」を、現地調査、ICTによって収集・発掘・クラウド化し、それを用いてAIプログラムによって「新たな地域環境知」を創造する。そして 、新たな地域環境知に基づく様々なシナリオに対する灌漑と経済シミュレーションを実行し、その効果を検証するものである。

  3. ICTとAIプログラムから創造される地域環境

    研究課題/研究課題番号:1920K20576  2019年7月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 大自由度非線形進化力学系に対する統計力学的研究

    研究課題/研究課題番号:19K03650  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金 

    時田 恵一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    物理学、生物学、情報科学、社会科学、経済学などの様々な分野で研究されている巨大システムに注目し、多種多数の主体が複雑な相互作用を介して影響し合いながらその個体数などを変動させ時間発展する大自由度非線形進化力学系の巨視的性質を、統計力学的手法や計算物理学的手法を用いて解明する。特に、これまで申請者が進化力学系に適用してきた数理物理学的手法を適用することにより、生態系、免疫系、経済システムなどの様々な現実の進化力学系に共通に見出されてきた多様性のパターン、種個体数分布、種数面積関係などの巨視的なパターンが生み出されるメカニズム、特に環境や種などの性質を表すパラメータに対する依存性を明らかにする。
    本研究の目的は、物理学、生物学、情報科学、社会科学、経済学などの様々な分野で研究されている巨大システムに注目し、多種多数の主体が複雑な相互作用を介して影響し合いながらその個体数などを変動させ時間発展する大自由度非線形進化力学系の巨視的性質を、統計力学的手法 や計算物理学的手法を用いて解明することである。これは最近大きな問題となっているCOVID-19パンデミックの対策を考えるうえでも重要な情報を与える基礎研究であると考えられる。具体的には、レプリカ法や生成汎関数などこれまで申請者が進化力学系に適用してきた数理物理学的手法を適用することにより、生態系、免疫系、経済システムなどの様々な現実の進化力学系に共通に見出されてきた多様性のパターン、種個体数分布、種数面積関係などの巨視的なパターンが生み出されるメカニズム、特に環境や種などの性質を表すパラメータに対する依存性を明らかにしつつある。2019年度においては、(食物網、ゼロサムゲームに対応する)ランダム反対称相互作用をもつレプリケーター方程式についての研究を進め、その個体数分布などの巨視的パターンのパラメータ依存性や相転移の条件・性質について調べ、その成果に関して国際会議(The 7th China-India-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology, Aug.23rd-27th, 2019, Beijin, China)で招待講演を行った。平行して上記の成果を国際論文誌に投稿する準備を進めている。今年度は、相互作用が進化的に時間変動する系への理論の拡張を行い、さらに、実証研究グループとの共同研究を通じて、実証データを用いた理論の検証、 精密化を進め、環境評価・保全、社会・経済システムにおける格差是正価等にも応用を図る。
    2019年度においては、(食物網、ゼロサムゲームに対応する)ランダム反対称相互作用をもつレプリケーター方程式についての研究を進め、個体数分布などの巨視的パターンのパラメータ依存性や相転移の条件・性質について調べ、その成果に関して国際会議(The 7th China-India-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology, Aug.23rd-27th, 2019, Beijin, China)で招待講演を行った。平行して上記の成果を国際論文誌に投稿する準備を進めている。また、相互作用が進化的に時間変動する系への理論の拡張を行い、より現実的な生物進化における形質の変化を考慮した巨視的パターンのパラメータ依存性や相転移の条件 ・性質を明らかにするという研究目標についても着実に研究を進めている。その意味では計画から大きな研究の遅れは生じていないが、2020年に入ってからは、COVID-19パンデミックの影響で、海外の実証研究グループとの共同研究に支障をきたしており、実証データを用いた理論の検証、 精密化を進め、環境評価・保全、社会・経済システムにおける格差是正といった目標達成にはより一層の工夫と努力が必要である。
    引き続き、食物網、ゼロサムゲームに対応するランダム反対称相互作用をもつレプリケーター方程式についての非平衡統計力学的研究を進め、個体数分布などの巨視的パターンのパラメータ依存性や相転移の条件・性質について調べ、国際会議等で発表しつつ国内外の研究者と情報交換もしながら研究を深化させ、国際論文誌に投稿する準備を進める。さらに、相互作用が進化的に時間変動する系への理論の拡張についても議論を深め、より現実的な生物進化における形質の変化を考慮した巨視的パターンのパラメータ依存性や相転移の条件 ・性質を明らかにしていく。2020年に入ってからのCOVID-19パンデミックの影響で、海外の実証研究グループとの共同研究に支障をきたしているが、オンライン会議システムを利用したリモート共同研究体制を確立して、国際共同研究も進めていく。

  5. 大規模生態群集に見られる多様性のパターンとその創出機構

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    時田恵一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 生物情報ネットワークの構造および動的挙動の数理解析

    2005年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    阿久津達也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 進化的に獲得された相空間ランドスケープについての理論的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    菊池誠

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 生物多様性の維持機構に関する統計力学的・計算物理学的研究

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 生態系および蛋白質モデルにおける進化的に獲得された総空間構造の特徴づけとその意味

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 蛋白質等のヘテロ高分子の設計問題に関する理論的研究

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 生態系および蛋白質モデルによる進化の力学と論理

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 蛋白質の天然構造の創発的進化についての計算物理学的研究

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 蛋白質の折り畳みと進化的な配列淘汰についての統計力学的研究

    1996年8月 - 1998年8月

    科学研究費補助金  海外特別研究員研究費

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 55

  1. 多自由度システム情報論セミナーII-E~H

    2019

  2. 多自由度システム情報論セミナーI-E~H

    2019

  3. 自然情報学特別研究2

    2019

  4. 自然情報学特別研究1

    2019

  5. 複雑システム系演習1

    2019

  6. 複雑システム系演習3

    2019

  7. 複雑システム系序論2

    2019

  8. 複雑システム系序論1

    2019

  9. シミュレーションサイエンス1

    2019

  10. 応用数理特論

    2019

  11. 情報物理学特論

    2019

  12. 計算情報学1

    2019

  13. 物理学基礎I

    2019

  14. シミュレーションサイエンス1

    2018

  15. 物質情報学3

    2018

  16. 複雑システム系序論1

    2018

  17. 複雑システム系序論2

    2018

  18. 情報物理学特論

    2018

  19. 応用数理特論

    2018

     詳細を見る

    多元数理研究科、理学部数学科

  20. 計算情報学1

    2018

  21. 自然情報学特別研究2

    2017

  22. 自然情報学特別研究1

    2017

  23. 物質情報学3

    2017

  24. 物質情報学2

    2017

  25. 応用数理特論(理学部数学科、大学院多元数理研究科)

    2017

  26. 多自由度システム情報論セミナーII-A~D

    2017

  27. 多自由度システム情報論セミナーI A~D

    2017

  28. シミュレーション科学入門

    2017

  29. 物質情報学3

    2016

  30. 物質情報学2

    2016

  31. ミニ講義 名古屋大学オープンキャンパス

    2016

  32. シミュレーション科学入門

    2016

  33. 情報科教育法I

    2016

  34. 応用数理特論(理学部数学科、大学院多元数理研究科)

    2016

  35. 多自由度システム情報論セミナーII-A~D

    2016

  36. 多自由度システム情報論セミナーI A~D

    2016

  37. 自然情報学特別研究2

    2016

  38. 自然情報学特別研究1

    2016

  39. 情報科学概論

    2015

  40. 情報科教育法I

    2015

  41. 自然情報学特別研究1,2

    2015

  42. 多自由度システム情報論セミナーI-A~D

    2015

  43. 多自由度システム特論

    2015

  44. シミュレーション科学入門

    2015

  45. 物質情報学3

    2015

  46. 物質情報学2

    2015

  47. シミュレーション科学入門

    2014

  48. 物質情報学3

    2014

  49. 物質情報学2

    2014

  50. 自然情報学特別研究1,2

    2014

  51. 多自由度システム情報論セミナーI-A~D

    2014

  52. 情報物質学2

    2013

  53. 多自由度システム特論

    2013

  54. 自然情報学特別研究1,2

    2013

  55. 多自由度システム情報論セミナーI-A~D

    2013

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 36

  1. 2018年4月 - 2019年3月 Mie University)

  2. 2018年4月 - 2019年3月 Hiroshima University)

  3. 2017年4月 - 2018年3月 Okayama University)

  4. 2013年4月 - 2014年3月 Osaka University)

  5. 2013年4月 - 2014年3月 Tokyo Institute of Technology)

  6. 複雑システム系序論1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  7. 自然情報学特別研究2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  8. 自然情報学特別研究2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  9. 自然情報学特別研究1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  10. 自然情報学特別研究1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  11. 物質情報学3

    名古屋大学)

     詳細を見る

  12. 物質情報学3

    名古屋大学)

     詳細を見る

  13. 物質情報学3

    名古屋大学)

     詳細を見る

  14. 物質情報学2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  15. 物質情報学2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  16. 物理学基礎I

    名古屋大学)

     詳細を見る

  17. 情報科教育法I

    名古屋大学)

     詳細を見る

  18. 情報物理学特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  19. 応用数理特論(理学部数学科、大学院多元数理研究科)

    名古屋大学)

     詳細を見る

  20. 応用数理特論(理学部数学科、大学院多元数理研究科)

    名古屋大学)

     詳細を見る

  21. 応用数理特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  22. 多自由度システム情報論セミナーII-E~H

    名古屋大学)

     詳細を見る

  23. 多自由度システム情報論セミナーII-A~D

    名古屋大学)

     詳細を見る

  24. 多自由度システム情報論セミナーII-A~D

    名古屋大学)

     詳細を見る

  25. 多自由度システム情報論セミナーI-E~H

    名古屋大学)

     詳細を見る

  26. 多自由度システム情報論セミナーI A~D

    名古屋大学)

     詳細を見る

  27. 多自由度システム情報論セミナーI A~D

    名古屋大学)

     詳細を見る

  28. ミニ講義 名古屋大学オープンキャンパス

    名古屋大学)

     詳細を見る

  29. シミュレーション科学入門

    名古屋大学)

     詳細を見る

  30. シミュレーション科学入門

    名古屋大学)

     詳細を見る

  31. シミュレーションサイエンス1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  32. Information Physics

    Nagoya University)

     詳細を見る

  33. 複雑システム系序論2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  34. 計算情報学1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  35. 複雑システム系演習3

    名古屋大学)

     詳細を見る

  36. 複雑システム系演習1

    名古屋大学)

     詳細を見る

▼全件表示

 

社会貢献活動 9

  1. 大阪府立四條畷高校・飯盛セミナー「新型コロナと情報」

    役割:講師

    大阪府立四條畷高校  大阪府立四條畷高校「飯盛セミナー」  2020年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大学での学びや研究について, covid-19や情報学の話題を題材に, 高校生に講演を行った.

  2. 名古屋大学教育学部付属高校SSHコア「数学的思考力を基盤に多領域に応答する人材の育成」第1ステージ講義「ベイズの定理」

    役割:講師

    名古屋大学教育学部附属中学・高等学校  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  3. 名古屋大学教育学部付属高校SSHコア「数学的思考力を基盤に多領域に応答する人材の育成」第1ステージ講義「ベイズの定理」

    役割:講師

    名古屋大学教育学部附属中学・高等学校  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    researchmap

  4. 名古屋大学教育学部付属高校SSHコア「数学的思考力を基盤に多領域に応答する人材の育成」第1ステージ講義「Introduction to Mathematical Biology」

    役割:講師, 運営参加・支援

    名古屋大学教育学部附属中学・高等学校  2018年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  5. 名古屋大学教育学部付属高校SSHコア「数学的思考力を基盤に多領域に応答する人材の育成」第1ステージ講義「Introduction to Mathematical Biology」

    役割:講師, 運営参加・支援

    名古屋大学教育学部附属中学・高等学校  2018年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    researchmap

  6. 韓国大邱市高校生向け出張講義

    役割:講師

    2016年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  7. 韓国大邱市高校生向け出張講義

    役割:講師

    2016年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    researchmap

  8. 県立千葉中学校・高等学校出張講義

    役割:講師

    2016年11月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

  9. 県立千葉中学校・高等学校出張講義

    役割:講師

    2016年11月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

    researchmap

▼全件表示