2021/04/03 更新

写真a

マキタ サトシ
牧田 智
MAKITA Satoshi
所属
医学部附属病院 小児外科 病院助教
職名
病院助教

研究キーワード 1

  1. 小児外科

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

 

論文 18

  1. Postoperative intestinal obstruction in patients with biliary atresia impedes biliary excretion and results in subsequent liver transplantation (vol 37, pg 229, 2021)

    Takimoto Aitaro, Sumida Wataru, Amano Hizuru, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Yasui Akihiro, Kanou Yoko, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL     2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-021-04873-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Late postoperative complications of congenital biliary dilatation in pediatric patients: a single-center experience of managing complications for over 20 years.

    Amano H, Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Takimoto A, Tanaka Y, Hinoki A, Kawashima H, Uchida H

    Surgery today     2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02238-0

    Scopus

    PubMed

  3. Identification of novel neuroblastoma biomarkers in urine samples

    Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Hinoki Akinari

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 4055   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83619-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Postoperative intestinal obstruction in patients with biliary atresia impedes biliary excretion and results in subsequent liver transplantation

    Takimoto Aitaro, Sumida Wataru, Amano Hizuru, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Yasui Akihiro, Kanou Yoko, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   37 巻 ( 2 ) 頁: 229 - 234   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04807-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Thoracoscopic surgery for congenital lung cysts: an attempt to limit pulmonary resection in cases of lesions involving multiple lobes

    Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Amano Hizuru, Hinoki Akinari, Ono Yasuyuki, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   37 巻 ( 2 ) 頁: 213 - 221   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04793-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Risk factors and outcomes of bile leak after laparoscopic surgery for congenital biliary dilatation

    Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Amano Hizuru, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   37 巻 ( 2 ) 頁: 235 - 240   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-020-04791-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Factors associated with bleeding after endoscopic variceal ligation for children.

    Yokoyama S, Ishizu Y, Ishigami M, Honda T, Kuzuya T, Ito T, Hinoki A, Sumida W, Shirota C, Tainaka T, Makita S, Yokota K, Uchida H, Fujishiro M

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society     2021年1月

     詳細を見る

  8. 腹壁破裂を合併した結腸閉鎖症に対して,器械吻合による一期的結腸吻合後sutureless腹壁閉鎖を施行した1例

    千馬 耕亮, 田中 裕次郎, 城田 千代栄, 田井中 貴久, 住田 亙, 横田 一樹, 大島 一夫, 牧田 智, 内田 広夫

    日本小児外科学会雑誌   57 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 26   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は36週4日,2,370 gで出生した腹壁破裂の女児.出生後,脱出した腸管を確認すると結腸閉鎖を合併していた.その口側盲端にはpinholeがあいていたが腹腔内の汚染はなく,一旦サイロ造設し翌日結腸閉鎖に対する手術を施行した.腸管を洗浄しながら癒着剥離を行い結腸閉鎖部の口側・肛門側を確認し,血流の十分ある部分で自動縫合器による機能的端々吻合を行った.腸管は浮腫が強く腹腔内に還納できなかったため,再度サイロを造設して手術を終了した.その後1週間かけて腸管を腹腔内に還納し,第9生日にsutureless法で腹壁閉鎖を行った.術後経過は良好で,第19生日にfull feedingとなり,第32生日に退院した.結腸閉鎖合併腹壁破裂症例では人工肛門造設が一般的であるが,自動縫合器を用いることで口径差を気にせず吻合を行うことができるため,有効な方法と考えられた.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.57.1_22

    CiNii Article

  9. A novel Lugol's iodine staining technique to visualize the upper margin of the surgical anal canal intraoperatively for Hirschsprung disease: a case series

    Yokota Kazuki, Amano Hizuru, Kudo Toyoki, Yamamura Takeshi, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Nakamura Masanao, Fujishiro Mitsuhiro, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    BMC SURGERY   20 巻 ( 1 ) 頁: 317   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Surgery  

    DOI: 10.1186/s12893-020-00986-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Laparoscopic Kasai portoenterostomy is advantageous over open Kasai portoenterostomy in subsequent liver transplantation

    Shirota Chiyoe, Murase Naruhiko, Tanaka Yujiro, Ogura Yasuhiro, Nakatochi Masahiro, Kamei Hideya, Kurata Nobuhiko, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Oshima Kazuo, Uchida Hiroo

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   34 巻 ( 8 ) 頁: 3375 - 3381   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    DOI: 10.1007/s00464-019-07108-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Safe diagnostic management of malignant mediastinal tumors in the presence of respiratory distress: a 10-year experience

    Tanaka Tomoko, Amano Hizuru, Tanaka Yujiro, Takahashi Yoshiyuki, Tajiri Tatsuro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Tani Yukiko, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo

    BMC PEDIATRICS   20 巻 ( 1 ) 頁: 292   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Pediatrics  

    DOI: 10.1186/s12887-020-02183-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. 単孔式腹腔鏡補助下手術が診断・治療に有用であった回腸重複腸管穿孔の1例

    加藤 大幾, 関 崇, 岡本 眞宗, 牧田 智, 新井 利幸

    日本小児外科学会雑誌   56 巻 ( 3 ) 頁: 330 - 334   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児外科学会  

    <p>症例は6歳男児.腹痛を主訴に受診.腹部CTで腹腔内遊離ガス像を認めたが穿孔部位を同定することはできなかった.穿孔性腹膜炎の診断で緊急手術を施行した.臍に逆Y字切開(以下,Benz切開)をおき,multi-channel port(5 mm port 2本)を装着して腹腔鏡で腹腔内を観察した.回腸に炎症所見を認め創外へ引き出すと,回腸末端から40 cm口側に3 cm大の囊胞状構造を認め,基部で穿孔していた.回腸重複腸管穿孔と診断して,小腸部分切除を施行した.今回,術前診断が困難であった重複腸管穿孔というまれな疾患に対して,創を延長することなく単孔式腹腔鏡補助下手術を完遂した.Benz切開を用いた単孔式腹腔鏡補助下手術は,小児における急性腹症の診断,治療を行う上で有用であった.</p>

    DOI: 10.11164/jjsps.56.3_330

    CiNii Article

  13. Identification and Validation of Novel Non-invasive Biomarkers in Patient Urine Samples for Diagnosis of New and Recurrent Neuroblastoma

    Yokota Kazuki, Uchida Hiroo, Hinoki Akinari, Sakairi Minoru, Abe Mayumi, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Takimoto Aitaro, Kano Yoko, Inada Kosuke

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   66 巻   頁: S106 - S106   2019年12月

     詳細を見る

  14. Efficacy of and prognosis after steroid pulse therapy in patients with poor reduction of jaundice after laparoscopic Kasai portoenterostomy

    Tanaka Yujiro, Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Oshima Kazuo, Makita Satoshi, Tanaka Tomoko, Tani Yukiko, Chiba Kosuke, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   35 巻 ( 10 ) 頁: 1059 - 1063   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-019-04537-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Therapeutic strategy for thoracoscopic repair of esophageal atresia and its outcome

    Shirota Chiyoe, Tanaka Yujiro, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Oshima Kazuo, Tanaka Tomoko, Tani Yukiko, Uchida Hiroo

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   35 巻 ( 10 ) 頁: 1071 - 1076   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-019-04541-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Investigation of the feasibility and safety of single-stage anorectoplasty in neonates with anovestibular fistula

    Shirota Chiyoe, Suzuki Keisuke, Uchida Hiroo, Kawashima Hiroshi, Hinoki Akinari, Tainaka Takahisa, Sumida Wataru, Murase Naruhiko, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Makita Satoshi, Tanaka Yujiro

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1117 - 1120   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4324-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Long-term outcomes and complications after laparoscopic-assisted anorectoplasty vs. posterior sagittal anorectoplasty for high- and intermediate-type anorectal malformation

    Tainaka Takahisa, Uchida Hiroo, Tanaka Yujiro, Hinoki Akinari, Shirota Chiyoe, Sumida Wataru, Yokota Kazuki, Makita Satoshi, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Ishimaru Tetsuya, Kawashima Hiroshi

    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1111 - 1115   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatric Surgery International  

    DOI: 10.1007/s00383-018-4323-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Risk factors for thoracic and spinal deformities following lung resection in neonates, infants, and children

    Makita Satoshi, Kaneko Kenitiro, Ono Yasuyuki, Uchida Hiroo

    SURGERY TODAY   47 巻 ( 7 ) 頁: 810 - 814   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1434-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

科研費 1

  1. DDS型光吸収超分子を用いた光温熱治療による難治性小児肺がん治療

    研究課題/研究課題番号:19K20708  2019年04月 - 2021年03月

    若手研究

    牧田 智

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    小児固形がんは、原発浸潤巣・転移巣の適切な治療により予後を著明に改善できることが知られている。申請者は、診断と治療の一期的施行(セラノスティクス)を可能とした新しいDDS(ドラッグデリバリーシステム)型薬剤であるICGラクトソームが浸潤性がんモデル動物の病巣に選択的に集積することを証明し、ICGラクトソームの近赤外光吸収を利用した温熱作用によってがん病巣を縮退させることに成功した。本研究では、ICGラクトソームを用いた光温熱治療によるがん転移巣の治療技術を確立し、がん病巣の根治を目指す。
    小児固形がんは、原発浸潤巣・転移巣の適切な治療により予後を著明に改善できることが知られている。研究代表者等は、診断と治療の一期的施行(セラノスティクス)を可能とした新しいDDS(ドラッグデリバリーシステム)型薬剤であるICGラクトソームが浸潤性がんモデル動物の病巣に選択的に集積することを証明し、ICGラクトソームの近赤外光吸収を利用した温熱作用によってがん病巣を縮退させることに成功した。本研究ではICGラクトソームを用いた光温熱治療によるがん転移巣の治療技術を確立し、がん病巣の根治を目指す。2019年度は、肺転移モデルでICGラクトソームの投与条件(投与濃度、量)、光照射条件(照射強度、照射時間)、さらに腫瘍温度などのデータを取得して、治療効果最大化のための条件を絞り込んできた。そしてこれまでの検討では、1.低い光エネルギーで治療で腫瘍を消退きること、2.隣接正常組織への傷害性が低いこと、3.光深達長よりも深いところまで細胞死を誘導できること、が確認できた。また肝芽腫肺転移モデル動物ならびにウイルムス腫瘍肺転移モデル動物の作製を検討してきたが、現状ではそれら(肝芽腫、ウイルムス腫瘍)の肺転移モデルの確立には至っていない。
    初年度はこの骨肉腫肺転移モデルを用いて、ICGラクトソームによる蛍光イメージングならびに近赤外光温熱による腫瘍縮退の誘導を確認するための、モデル動物の挿管管理、飼育実験の体制を確立することができた。
    肺転移モデルでICGラクトソームの投与条件(投与濃度、量)、光照射条件(照射強度、照射時間)、さらに腫瘍温度などのデータを取得して、治療効果最大化のための条件を絞り込んできた。
    特に、初年度はこの骨肉腫肺転移モデルを用いて、ICGラクトソームによる蛍光イメージングならびに近赤外光温熱による腫瘍縮退の誘導を確認するための、モデル動物の挿管管理、飼育実験の体制を整えた。
    今後も同様の研究を継続し、がん種ごとのICGラクトソームの投与条件(投与濃度、量)、光照射条件(照射強度、照射時間)、さらに腫瘍温度などのデータを取得して、治療効果最大化のための条件の決定を目指す。
    更に骨肉腫肺転移モデルでICGラクトソームによる蛍光イメージングならびに近赤外光温熱による腫瘍縮退の誘導を確認すると同時に、肝芽腫肺転移モデル動物ならびにウイルムス腫瘍肺転移モデル動物の確立を目指す。
    最終的には鏡視下光温熱療法の最適化に向け実臨床に準じた光温熱治療を想定して、肺隔転移のモデル動物(ラット)にICGラクトソームを用いた光温熱治療を繰り返し行うことで腫瘍の根治を目指す。