2021/04/07 更新

写真a

ナンボ マサカズ
南保 正和
NAMBO Masakazu
所属
トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任准教授
職名
特任准教授
連絡先
メールアドレス

研究キーワード 5

  1. 分子触媒 アリール化 アリールメタン

  2. 炭素-スルホニル結合活性化

  3. 分子触媒

  4. スルホン

  5. アリールメタン

研究分野 1

  1. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 錯体・有機金属触媒

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 有機硫黄化合物をテンプレートとするアリールアルカン類の効率的合成法の開発

  2. 酸性sp3炭素-水素結合に立脚したアリールメタン類の新規合成法の開発

経歴 6

  1. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   特任准教授

    2021年4月 - 現在

  2. 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任講師

    2018年4月 - 現在

  3. 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任助教

    2013年2月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任助教

    2013年2月 - 2018年3月

  5. 旭化成イーマテリアルズ株式会社勤務

    2011年4月 - 2013年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士課程

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 名古屋大学   理学研究科

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本化学会

  2. 近畿化学協会

  3. 有機合成化学協会

  4. 日本化学会

  5. 日本フッ素化学会

委員歴 2

  1. 名古屋大学理学部   同窓会報編集委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 名古屋大学理学部   同窓会評議員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

受賞 6

  1. 有機合成化学奨励賞

    2020年12月   有機合成化学協会  

  2. 第99春季年会 優秀講演賞(学術)

    2019年5月   日本化学会  

    南保 正和

  3. 日本化学会第98春季年会 若い世代の特別講演証

    2018年3月  

    南保 正和

  4. SYNLETT Best Paper Award 2017

    2018年1月  

    南保 正和

  5. 第4回ITbM Research Award

    2018年1月  

    南保 正和

  6. 井上研究奨励賞

    2014年2月   公益財団法人 井上科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 14

  1. Alkyltriflones in the Ramberg-Backlund Reaction: An Efficient and Modular Synthesis of gem-Difluoroalkenes 査読有り

    Maekawa Yuuki, Nambo Masakazu, Yokogawa Daisuke, Crudden Cathleen M.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   142 巻 ( 37 ) 頁: 15667 - 15672   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.0c07924

    Web of Science

  2. Synthesis and properties of an Au(6)cluster supported by a mixed N-heterocyclic carbene-thiolate ligand 査読有り

    Salorinne Kirsi, Man Renee W. Y., Lummis Paul A., Hazer Maryam Sabooni Asre, Malola Sami, Yim Jacky C-H, Veinot Alex J., Zhou Wenxia, Hakkinen Hannu, Nambo Masakazu, Crudden Cathleen M.

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 45 ) 頁: 6102 - 6105   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc01482f

    Web of Science

  3. Modular synthesis of α-fluorinated arylmethanes via desulfonylative cross-coupling 査読有り

    Masakazu Nambo, Jacky C.-H. Yim, Luiza B, O. Freitas, Yasuyo Tahara, Zachary T. Ariki, Yuuki Maekawa, Daisuke Yokogawa, Cathleen M. Crudden

    Nature Communications   10 巻 ( 1 ) 頁: 4528   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-11758-w

  4. Pyridine-catalyzed desulfonative borylation of benzyl sulfones 査読有り

    Maekawa Yuuki, Ariki Zachary T., Nambo Masakazu, Crudden Cathleen M.

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   17 巻 ( 31 ) 頁: 7300 - 7303   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ob01099h

    Web of Science

  5. Copper-catalyzed Desulfonylative Cross-coupling of Benzhydryl Sulfones with Azoles 査読有り

    Yim Jacky C-H, Nambo Masakazu, Tahara Yasuyo, Crudden Cathleen M.

    CHEMISTRY LETTERS   48 巻 ( 8 ) 頁: 975 - 977   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.190334

    Web of Science

  6. N-heterocyclic carbene-functionalized magic-number gold nanoclusters 査読有り

    Narouz Mina R., Osten Kimberly M., Unsworth Phillip J., Man Renee W. Y., Salorinne Kirsi, Takano Shinjiro, Tomihara Ryohei, Kaappa Sami, Malola Sami, Dinh Cao-Thang, Padmos J. Daniel, Ayoo Kennedy, Garrett Patrick J., Nambo Masakazu, Horton J. Hugh, Sargent Edward H., Hakkinen Hannu, Tsukuda Tatsuya, Crudden Cathleen M.

    NATURE CHEMISTRY   11 巻 ( 5 ) 頁: 419 - 425   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41557-019-0246-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Cu-Catalyzed Desulfonylative Amination of Benzhydryl Sulfones 査読有り

    Nambo Masakazu, Tahara Yasuyo, Yim Jacky C. -H., Crudden Cathleen M.

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   25 巻 ( 8 ) 頁: 1923 - 1926   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/chem.201805638

    Web of Science

  8. Ultrastable Gold Nanoparticles Modified by Bidentate N-Heterocyclic Carbene Ligands 査読有り

    Renee W. Y. Man, Chien-Hung Li, Michael W. A. MacLean, Olena V. Zenkina, Matthew T. Zamora, Lisa N. Saunders, Alexander Rousina-Webb, Masakazu Nambo, Cathleen M. Crudden

    Journal of the American Chemical Society   140 巻 ( 5 ) 頁: 1576 - 1579   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    Highly stable gold nanoparticles (Au NPs) functionalized by bidentate N-heterocyclic carbene (NHC) ligands have been synthesized by top-down and bottom-up approaches. A detailed study of the effect of alkylation, denticity, and method of synthesis has led to the production of NHC-stabilized nanoparticles with higher thermal stability than bi- and tridentate thiol-protected Au NPs and than monodentate NHC-stabilized NPs. Importantly, bidentate NHC-protected NPs also displayed unprecedented stability to external thiol, which has been an unsolved problem to date with all nanoparticles. Thus, multidentate NHC ligands are an important, and as yet unrecognized, step forward for the preparation of high stability nanomaterials.

    DOI: 10.1021/jacs.7b08516

    Scopus

  9. Preparation of Quaternary Centers via Nickel-Catalyzed Suzuki-Miyaura Cross-Coupling of Tertiary Sulfones 査読有り

    Ariki Zachary T., Maekawa Yuuki, Nambo Masakazu, Crudden Cathleen M.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 1 ) 頁: 78 - 81   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/jacs.7b10855

    Web of Science

    Scopus

  10. Synthesis of Tetraarylmethanes by the Triflic Acid-Promoted Formal Cross-Dehydrogenative Coupling of Triarylmethanes with Arenes 査読有り

    Nambo Masakazu, Yim Jacky C. -H., Fowler Kevin G., Crudden Cathleen M.

    SYNLETT   28 巻 ( 20 ) 頁: 2936 - 2940   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1588563

    Web of Science

  11. Pd-Catalyzed Desulfonative Cross-Coupling of Benzylic Sulfone Derivatives with 1,3-Oxazoles 査読有り

    Yim Jacky C. -H., Nambo Masakazu, Crudden Cathleen M.

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 14 ) 頁: 3715 - 3718   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b01510

    Web of Science

  12. Water-Soluble N-Heterocyclic Carbene-Protected Gold Nanoparticles: Size-Controlled Synthesis, Stability, and Optical Properties 査読有り

    Salorinne Kirsi, Man Renee W. Y., Li Chien-Hung, Taki Masayasu, Nambo Masakazu, Crudden Cathleen M.

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 22 ) 頁: 6198 - 6202   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201701605

    Web of Science

  13. Development of Versatile Sulfone Electrophiles for Suzuki-Miyaura Cross-Coupling Reactions 査読有り

    Nambo Masakazu, Keske Eric C., Rygus Jason P. G., Yim Jacky C. -H., Crudden Cathleen M.

    ACS CATALYSIS   7 巻 ( 2 ) 頁: 1108 - 1112   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.6b03434

    Web of Science

  14. Modular Synthesis of Triarylmethanes through Palladium-Catalyzed Sequential Arylation of Methyl Phenyl Sulfone 査読有り

    Masakazu Nambo, Cathleen M. Crudden

    Angewandte Chemie International Edition   53 巻 ( 3 ) 頁: 742-746   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Triarylmethanes, which are valuable structures in materials, sensing and pharmaceuticals, have been synthesized starting from methyl phenyl sulfone as an inexpensive and readily available template. The three aryl groups were installed through two sequential palladium-catalyzed C-H arylation reactions, followed by an arylative desulfonation. This method provides a new synthetic approach to multisubstituted triarylmethanes using readily available haloarenes and aryl boronic acids, and is also valuable for the preparation of unexplored triarylmethane-based materials and pharmaceuticals.

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. スルホンを用いる新しいクロスカップリング反応と応用

    南保正和( 担当: 単著)

    化学と教育, 68巻8号, p344-347.  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 第三級アルキルホウ素化合物の触媒的変換反応

    南保正和( 担当: 単著)

    Organometallic News, Vol.1, p26  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. スルホンの特性を活かしたアリールメタン類の迅速合成

    南保 正和( 担当: 単著)

    化学と工業  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Synthesis of New Nano Carbon Materials

    Masakazu Nambo, Kenichiro Itami( 担当: 共著)

    McGraw-Hill Yearbook of Science & Technology  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. SYNLETT Best Paper Award 2017: Synthesis of Tetraarylmethanes by the Triflic Acid-Promoted Formal Cross-Dehydrogenative Coupling of Triarylmethanes with Arenes

    南保 正和( 担当: 共著)

    Synform 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 14

  1. New Transformations of Sulfones inspired by C–H Functionalization 招待有り

    Masakazu Nambo

    12th CCHF Annual Meeting  2020年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. Pd-Catalyzed Suzuki–Miyaura Cross-Coupling of -Fluorinated Benzylic Triflones 招待有り

    南保正和

    Tateshina Conference on Organic Chemistry  2019年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月8日 - 2019年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  3. 古くて新しい炭素–スルホニル結合活性化反応の開発

    南保 正和

    有機金属若手の会  2019年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. Pd-Catalyzed Suzuki–Miyaura Cross-Coupling of a-Fluorinated Benzylic Triflones 国際会議

    南保 正和, Jacky, C.-H. Yim, Yasuyo Tahara, Luiza B, O. Freitas, Yuuki Maekawa, Zachary T. Ariki, Cathleen M. Crudden

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  5. Pd-Catalyzed Suzuki–Miyaura Cross-Coupling of a-Fluorinated Benzylic Triflones

    南保 正和, Jacky, C.-H. Yim, Yasuyo Tahara, Luiza B, O. Freitas, Yuuki Maekawa, Zachary T. Ariki, Cathleen M. Crudden

    第66回有機金属化学討論会  2019年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Pd-Catalyzed Desulfonative Cross-Coupling Reactions of Fluorinated Sulfone Derivatives

    南保 正和, Jacky C.-H. Yim, Cathleen M. Crudden

    第40回フッ素化学討論会  2017年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  7. Pd-Catalyzed Arylation of Methyl Sulfone Derivatives via C–SO2 Activation: Mechanistic Studies and Applicatio

    南保 正和, Kohsuke Usui, Daisuke Yokogawa, Jacky C.-H. Yim, Cathleen M. Crudden

    第64回有機金属化学討論会  2017年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Pd- and Ni-Catalyzed Desulfonylative Cross-Coupling Reactions of Benzylic Sulfone Derivatives 国際会議

    南保 正和, Jacky C.-H. Yim, Zachary T. Ariki, Yuuki Maekawa, Cathleen M. Crudden

    28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28)  2018年8月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. New Chemical Transformations of Organosulfones through C–SO2 Activation 招待有り

    南保 正和

    第98春季年会  2018年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. Modular Synthesis of Multiply-arylated Alkanes through Desulfonylative Cross-Coupling Reactions 国際会議

    南保 正和, Jacky C.-H. Yim, Zachary T. Ariki, Yuuki Maekawa, Kevin G. Fowler, Cathleen M. Crudden

    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS)  2018年8月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. Modular Synthesis of Multiply-arylated Alkanes through Desulfonylative Cross-Coupling Reactions 国際会議

    南保 正和, Jacky C.-H. Yim, Zachary T. Ariki, Yuuki Maekawa, Kevin G. Fowler, Cathleen M. Crudden

    第18回日韓有機金属・錯体化学シンポジウム  2018年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  12. Modular Synthesis of Fluorinated Arylmethane Derivatives through Desulfonylative Reactions 国際会議

    南保 正和, Yasuyo Tahara, Jacky C.-H. Yim, Luiza B, O. Freitas, Yuuki Maekawa, Zachary T. Ariki, Cathleen M. Crudden

    The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14)  2018年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  13. Desulfonylative Transformations of a-Fluorinated Benzylic Sulfones

    南保 正和, Jacky C.-H. Yim, Yasuyo Tahara, Luiza B, O. Freitas, Yuuki Maekawa, Zachary T. Ariki, Cathleen M. Crudden

    第99春季年会  2019年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. Cu-Catalyzed Desulfonylative Amination of Benzhydryl Sulfone Derivatives via a Cu-Carbene Intermediate

    南保 正和, Yasuyo Tahara, Jacky C.-H. Yim, Cathleen M. Crudden

    第65回有機金属化学討論会  2018年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 炭素–水素結合の化学変換のみを基軸とする逐次的アリール化反応の開発と生物活性化合物創製への展開

    2014年10月 - 2015年10月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    本研究では、生物活性化合物に頻繁にみられるトリアリールメタン化合物群の直接的合成手法の確立を目的とする。具体的には、メチルスルホン化合物の有する特異な酸性sp3炭素—水素(C–H)結合とスルホニル基の潜在的な脱離基としての特性に着目し、連続的なC–Hアリール化を可能にする新触媒の開発を行う。開発した手法を駆使し、抗癌剤として注目されているトリアリールメタン骨格を有する化合物群の最短工程かつ効率的な合成を達成する。

  2. 多置換アリールメタン類の迅速構築法の開発と生物活性化合物合成への応用

    2013年10月 - 2014年10月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    本研究では、生物活性化合物に頻繁にみられるアリールメタン化合物群の一般的合成手法の確立を目的とする。具体的には、電子求引基に置換されたメタン化合物の有する酸性sp3炭素—水素(C–H)結合に着目し、芳香族ハロゲン化物とのC–Hアリール化を可能にする新触媒の開発を行う。さらに開発した手法を連続的な芳香環導入反応へと展開するとともに、甲状腺ホルモンや抗癌剤として注目されている多置換アリールメタン骨格を有する化合物群の最短工程かつ効率的な合成を達成する。メチル基をプラットホームとしてアリール基を自在に導入する手法は生物活性化合物群を構築していく上で強力な合成手法となることは明白であり、本研究の達成によって、生物活性化合物群の迅速供給を可能にするのみならず、分子触媒化学においても新しい指針を示す極めてインパクトの大きな研究に発展すると確信する

科研費 12

  1. 脂質代謝疾患の克服を指向した新規甲状腺ホルモン誘導体の開発

    2020年10月 - 2021年09月

    公益財団法人 薬理研究会  研究助成金 

    南保正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 植物ホルモンフローアトラスの構築

    2019年10月 - 2024年03月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  多細胞間での時空間的な相互作用の理解を目指した技術・解析基盤の創出 

    土屋雄一郎, 南保正和, 佐藤良勝, 土方優

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 金属-カルベン種の新規発生法の開拓と精密分子変換への応用

    2019年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 立松財団  研究助成金 

    南保正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 甲状腺ホルモンのβ受容体選択的な新規アゴニストの創製

    2019年04月 - 2020年03月

    公益財団法人 中冨健康科学振興財団  研究助成金 

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 炭素–スルホニル結合活性化戦略に基づく含窒素化合物の自在合成法の開発

    2018年04月 - 2019年03月

    公益財団法人 市原国際奨学財団  研究助成金 

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. 動的速度論的分割を基盤とする新規不斉クロスカップリング反応の開拓

    2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  若手研究B 

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. 動的速度論的分割を基盤とする新規不斉クロスカップリング反応の開拓

    研究課題/研究課題番号:17K17805  2017年04月 - 2020年03月

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    スルホニル基の電子求引基および脱離基としての潜在的な特性に着目し、a位のラセミ化とパラジウム触媒クロスカップリング反応を利用したトリアリールメタン類のエナンチオ選択的合成を達成した。また本研究過程で銅-カルベン錯体を経由するベンズヒドリルスルホン類の触媒的アミノ化反応を見出した。またa位にフッ素が導入されたベンジルトリフロンを用いたパラジウム触媒による鈴木-宮浦クロスカップリング反応によって、従来合成が困難であったフッ素化されたジアリールメタン類の効率的な合成法の開発に成功した。
    安価で容易に調製できるラセミ体を原料として有用な光学活性化合物を得る手法として動的速度論的光学分割が注目を集めている。しかしながらラセミ化する基質にしか適用できないため、実施できる反応様式や得られる光学活性化合物の種類に大きな制約を受けてしまうジレンマを抱えているのが現状である。本クロスカップリング反応は従来の制約を打破し、多様な形式の分子変換に応用できる可能性を秘めている。

  8. 多置換メタン類の短工程合成を指向した触媒的炭素-スルホニル結合活性化反応の開発

    2016年04月 - 2018年03月

    有機合成化学協会  研究企画賞 (中外製薬) 

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  9. アセトニトリル誘導体への逐次的アリール化を基軸とする多置換アリールアルカン類の自在構築法の開発

    2016年04月 - 2017年03月

    伊藤忠兵衛基金  研究助成金 

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  10. N-heterocyclic carbene-modified gold nanoparticles for biosensing

    研究課題/研究課題番号:26288023  2014年04月 - 2018年03月

    CRUDDEN Cathleen

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究ではバイオイメージングとして応用を志向した安定金ナノ粒子の創製を行なった。カルボキシル基を有するN-ヘテロサイクリックカルベンで修飾された金ナノ粒子の合成に成功した。得られたナノ粒子は生体擬似環境下で安定であり、光音響効果を示した。また長鎖アルキル基を導入した二座NHC配位子で修飾された金ナノ粒子が熱やチオールに対しても高い安定性を示すことを見出した。

  11. 有機硫黄化合物をテンプレートとするアリールアルカン類の効率的合成法の開発

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    南保 正和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、生物活性化合物に頻繁にみられる多置換アリールアルカン化合物群の効率的な合成手法の確立を目的とする。具体的には、スルホニル基の有する電子求引基および脱離基としての潜在的な特性に着目し、逐次的な置換基導入を可能にする新規テンプレート分子の開発と新触媒の開発を行う。また開発した手法を不斉反応へと展開し、エナンチオ選択的な多置換アリールアルカン類の合成を目指す。さらに抗癌剤や甲状腺ホルモンなどの生物活性を有する多置換アリールアルカン類の最短工程かつ実用的な合成を達成する。

  12. 酸性sp3炭素-水素結合に立脚したアリールメタン類の新規合成法の開発

    2013年08月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、生物活性化合物に頻繁にみられるアリールメタン化合物群の一般的合成手法の確立 を目的とする。具体的には、電子求引基に置換されたメタン化合物の有する酸性 sp3 炭素̶水素 (C–H)結合に着目し、芳香族ハロゲン化物との C–H アリール化を可能にする新触媒の開発を行う。 さらに開発した手法を連続的な芳香環導入反応へと展開するとともに、甲状腺ホルモンや抗癌剤 として注目されている多置換アリールメタン骨格を有する化合物群の最短工程かつ効率的な合成 を達成する。

▼全件表示

産業財産権 4

  1. フラーレンの誘導体及びその製造方法

    伊丹健一郎, 南保正和

     詳細を見る

    出願番号:2009-202034  出願日:2009年9月1日

    公開番号:2011-051930 

    出願国:国内  

  2. 植物細胞分裂抑制剤

    植田美那子, 南保正和, 栗原大輔, 桑田啓子, 大川妙子

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-028537 

  3. トリアリールメタンの製造方法

    南保 正和, Cathleen M. Crudden

     詳細を見る

    出願番号:特願PCT/JP2014/078653 

  4. トリ(ヘテロ)アリールアセトニトリルの製造方法

    南保正和, Muhammad Yar, Cathleen M. Crudden

     詳細を見る

    出願番号:特願PCT/JP2015/84181 

 

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 理科研究BII

    愛知教育大学)

  2. 有機化学A

    愛知教育大学)