2022/05/16 更新

写真a

カンダ ミツロウ
神田 光郎
KANDA Mitsuro
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態外科学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2010年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. Surgical oncology

  2. Translational research

  3. Gastric cancer

  4. Esophageal cancer

  5. Biomarker

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 消化器外科学

  2. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 消化器癌を対象としたトランスレーショナルリサーチ

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態外科学   講師

    2019年5月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学   講師

    2019年5月 - 現在

  3. 名古屋大学医学部附属病院 助教

    2013年4月 - 2019年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院 病院助教

    2012年9月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. Johns Hopkins University, postdoctoral fellow

    2010年9月 - 2012年8月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   消化器外科学

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 20

  1. 日本外科学会

  2. 日本消化器外科学会

  3. 日本肝臓学会

  4. 日本消化器病学会

  5. 日本胃癌学会

  6. 日本膵臓学会

  7. 日本内視鏡外科学会

  8. 日本癌学会

  9. 日本癌治療学会

  10. 日本消化器癌発生学会

  11. 日本臨床外科学会

  12. American Association for Cancer Research

  13. American Society of Clinical Oncology

  14. American Pancreatic Association

  15. International Association of Pancreatology

  16. European Society of Medical Oncology

  17. Asian-Pacific Hepato-Pancreatro-Biliary Association

  18. 日本食道学会

  19. Asian-Pacific Hepato-Pancreatro-Biliary Association

  20. 日本食道学会

▼全件表示

委員歴 2

  1. 日本胃癌学会   会誌編集委員会  

  2. 日本胃癌学会   研究推進委員会  

受賞 5

  1. 日本胃癌学会 優秀研究賞

    2017年3月  

  2. 日本医師会 医学研究奨励賞

    2016年7月  

  3. JSS Young Researcher Award

    2014年4月  

  4. JSGS Young Investigator of the Year 2013

    2013年7月  

  5. AACR Scholar-in-training Award

    2009年4月  

 

論文 440

  1. Expression of cellular retinoic acid binding protein 1 predicts peritoneal recurrence of gastric cancer. 査読有り

    Sakata K, Kanda M, Shimizu D, Nakamura S, Inokawa Y, Hattori N, Hayashi M, Tanaka C, Nakayama G, Kodera Y

    International journal of oncology   60 巻 ( 6 )   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2022.5353

    PubMed

  2. Lysosomal-associated membrane protein family member 5 promotes the metastatic potential of gastric cancer cells 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Nakamura Shunsuke, Sawaki Koichi, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   25 巻 ( 3 ) 頁: 558 - 572   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-022-01284-y

    Web of Science

    PubMed

  3. ASO Visual Abstract: Prognostic Value of a Modified Albumin-Bilirubin Grade Designed for Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma after Radical Resection. 査読有り

    Shinozuka T, Kanda M, Shimizu D, Tanaka C, Inokawa Y, Hattori N, Hayashi M, Koike M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-022-11784-x

    PubMed

  4. Prognostic Value of a Modified Albumin-Bilirubin Score Designed for Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma After Radical Resection 査読有り

    Shinozuka Takahiro, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-022-11654-6

    Web of Science

    PubMed

  5. ASO Author Reflections: Optimized Cutoff Value of Albumin-Bilirubin Score to Predict Prognosis of Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma After Radical Resection 査読有り

    Shinozuka Takahiro, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-022-11656-4

    Web of Science

    PubMed

  6. Prognostic impact of a microscopic positive margin in patients undergoing gastrectomy for gastric cancer: a propensity score-matched analysis of a multi-institutional dataset 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   52 巻 ( 4 ) 頁: 559 - 566   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02365-8

    Web of Science

    PubMed

  7. ASO Visual Abstract: SLC7A9 as a Potential Biomarker for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Baba Hayato, Kanda Mitsuro, Sawaki Koichi, Nakamura Shunsuke, Ueda Sei, Shimizu Dai, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   29 巻 ( 4 ) 頁: 2710 - 2710   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-021-11065-z

    Web of Science

    PubMed

  8. SLC7A9 as a Potential Biomarker for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Baba Hayato, Kanda Mitsuro, Sawaki Koichi, Nakamura Shunsuke, Ueda Sei, Shimizu Dai, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   29 巻 ( 4 ) 頁: 2699 - 2709   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-021-11001-1

    Web of Science

    PubMed

  9. Comprehensive Genomic Profiling of Neuroendocrine Carcinomas of the Gastrointestinal System. 査読有り

    Yachida S, Totoki Y, Noë M, Nakatani Y, Horie M, Kawasaki K, Nakamura H, Saito-Adachi M, Suzuki M, Takai E, Hama N, Higuchi R, Hirono S, Shiba S, Kato M, Furukawa E, Arai Y, Rokutan H, Hashimoto T, Mitsunaga S, Kanda M, Tanaka H, Takata S, Shimomura A, Oshima M, Hackeng WM, Okumura T, Okano K, Yamamoto M, Yamaue H, Morizane C, Arihiro K, Furukawa T, Sato T, Kiyono T, Brosens LAA, Wood LD, Hruban RH, Shibata T

    Cancer discovery   12 巻 ( 3 ) 頁: 692 - 711   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/2159-8290.CD-21-0669

    PubMed

  10. Drain Amylase Concentrations at 3 h After Gastrectomy Enhance Early Prediction of Postoperative Peripancreatic Inflammatory Fluid Collection 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Takeda Shigeomi, Tanaka Katsuhito, Shimizu Dai, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   46 巻 ( 3 ) 頁: 648 - 655   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-021-06401-z

    Web of Science

    PubMed

  11. A microRNA-based liquid biopsy signature for the early detection of esophageal squamous cell carcinoma: a retrospective, prospective and multicenter study. 査読有り

    Miyoshi J, Zhu Z, Luo A, Toden S, Zhou X, Izumi D, Kanda M, Takayama T, Parker IM, Wang M, Gao F, Zaidi AH, Baba H, Kodera Y, Cui Y, Wang X, Liu Z, Goel A

    Molecular cancer   21 巻 ( 1 ) 頁: 44   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12943-022-01507-x

    PubMed

  12. Diagnostic efficacy of circular RNAs as noninvasive, liquid biopsy biomarkers for early detection of gastric cancer 査読有り

    Roy Souvick, Kanda Mitsuro, Nomura Sachiyo, Zhu Zhongxu, Toiyama Yuji, Taketomi Akinobu, Goldenring James, Baba Hideo, Kodera Yasuhiro, Goel Ajay

    MOLECULAR CANCER   21 巻 ( 1 ) 頁: 42   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12943-022-01527-7

    Web of Science

    PubMed

  13. Optimal preoperative multidisciplinary treatment in borderline resectable pancreatic cancer: Results of a dual-center study 査読有り

    Kimura Nana, Yamada Suguru, Takami Hideki, Murotani Kenta, Yoshioka Isaku, Shibuya Kazuto, Sonohara Fuminori, Hoshino Yui, Hirano Katsuhisa, Watanabe Toru, Baba Hayato, Mori Kosuke, Miwa Takeshi, Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Hayashi Masamichi, Matsui Koshi, Okumura Tomoyuki, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   40 巻 ( 4 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2022.40.4_suppl.530

    Web of Science

  14. Preoperative docetaxel, cisplatin, and fluorouracil treatment with pegfilgrastim on day 7 for patients with esophageal cancer: A phase II study 査読有り

    Maeda Osamu, Fukaya Masahide, Koike Masahiko, Miyata Kazushi, Kanda Mitsuro, Nishida Kazuki, Ando Masahiko, Kodera Yasuhiro, Ando Yuichi

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY     2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ajco.13755

    Web of Science

    PubMed

  15. Platelet isoform of phosphofructokinase accelerates malignant features in breast cancer 査読有り

    Inaishi Takahiro, Shibata Masahiro, Ichikawa Takahiro, Kanda Mitsuro, Hayashi Masamichi, Soeda Ikumi, Takeuchi Dai, Takano Yuko, Tsunoda Nobuyuki, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    ONCOLOGY REPORTS   47 巻 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2021.8220

    Web of Science

    PubMed

  16. Impact of molecular surgical margin analysis on the prediction of pancreatic cancer recurrences after pancreaticoduodenectomy 査読有り

    Sunagawa Yuki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Tanabe Hiroshi, Kurimoto Keisuke, Tanaka Nobutake, Sonohara Fuminori, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    CLINICAL EPIGENETICS   13 巻 ( 1 ) 頁: 172   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13148-021-01165-8

    Web of Science

    PubMed

  17. Neoadjuvant docetaxel, oxaliplatin plus S-1 for treating clinical stage III squamous cell carcinoma of the esophagus: Study protocol of an open-label phase II trial 査読有り

    Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Miyata Kazushi, Maeda Osamu, Tanaka Chie, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norofumi, Hayashi Masamichi, Ando Masahiko, Kuwatsuka Yachiyo, Murotani Kenta, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Ando Yuichi, Ebata Tomoki, Kodera Yasuhiro

    CONTEMPORARY CLINICAL TRIALS COMMUNICATIONS   24 巻   頁: 100853   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conctc.2021.100853

    Web of Science

    PubMed

  18. Intraperitoneal Chemotherapy as Adjuvant or Perioperative Chemotherapy for Patients with Type 4 Scirrhous Gastric Cancer: PHOENIX-GC2 Trial. 査読有り

    Ishigami H, Tsuji Y, Shinohara H, Kodera Y, Kanda M, Yabusaki H, Ito S, Imano M, Yamashita H, Hidemura A, Yamaguchi H, Fukagawa T, Oba K, Kitayama J, Seto Y

    Journal of clinical medicine   10 巻 ( 23 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10235666

    PubMed

  19. Genomewide Expression Profiling Identifies a Novel miRNA-based Signature for the Detection of Peritoneal Metastasis in Patients With Gastric Cancer 査読有り 国際誌

    Shimura Tadanobu, Toden Shusuke, Kandimalla Raju, Toiyama Yuji, Okugawa Yoshinaga, Kanda Mitsuro, Baba Hideo, Kodera Yasuhiro, Kusunoki Masato, Goel Ajay

    ANNALS OF SURGERY   274 巻 ( 5 ) 頁: E425 - E434   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000003647

    Web of Science

    PubMed

  20. E-PASS scoring system serves as a predictor of short- and long-term outcomes in gastric cancer surgery 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Kobayashi Daisuke, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02394-3

    Web of Science

    PubMed

  21. Synaptotagmin 13 & nbsp;Is Highly Expressed in Estrogen Receptor-Positive Breast Cancer 査読有り

    Ichikawa Takahiro, Shibata Masahiro, Inaishi Takahiro, Soeda Ikumi, Kanda Mitsuro, Hayashi Masamichi, Takano Yuko, Takeuchi Dai, Tsunoda Nobuyuki, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    CURRENT ONCOLOGY   28 巻 ( 5 ) 頁: 4080 - 4092   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/curroncol28050346

    Web of Science

    PubMed

  22. Blockade of CHRNB2 signaling with a therapeutic monoclonal antibody attenuates the aggressiveness of gastric cancer cells 査読有り 国際誌

    Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Nakamura Shunsuke, Sawaki Koichi, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Tanaka Haruyoshi, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Iguchi Yohei, Katsuno Masahisa, Kodera Yasuhiro

    ONCOGENE   40 巻 ( 36 ) 頁: 5495 - 5504   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-021-01945-9

    Web of Science

    PubMed

  23. Efficacy of Splenectomy for Proximal Gastric Cancer with Greater Curvature Invasion or Type 4 Tumor: a Propensity Score Analysis of a Multi-Institutional Dataset 査読有り 国際誌

    Ito Seiji, Kanda Mitsuro, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   45 巻 ( 9 ) 頁: 2840 - 2848   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-021-06173-6

    Web of Science

    PubMed

  24. Assessment of the Diagnostic Efficiency of a Liquid Biopsy Assay for Early Detection of Gastric Cancer 査読有り

    Izumi Daisuke, Zhu Zhongxu, Chen Yuetong, Toden Shusuke, Huo Xinying, Kanda Mitsuro, Ishimoto Takatsugu, Gu Dongying, Tan Miaomiao, Kodera Yasuhiro, Baba Hideo, Li Wei, Chen Jinfei, Wang Xin, Goel Ajay

    JAMA NETWORK OPEN   4 巻 ( 8 ) 頁: e2121129   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2021.21129

    Web of Science

    PubMed

  25. A Possible Definition of Oligometastasis in Pancreatic Cancer and Associated Survival Outcomes 査読有り 国際誌

    Yamanaka Masaya, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Shimizu Dai, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   41 巻 ( 8 ) 頁: 3933 - 3940   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15189

    Web of Science

    PubMed

  26. Accurate Prediction of Prognosis After Radical Resection of Gastric Cancer by the Modified Systemic Inflammation Score; a Multicenter Dataset Analysis 査読有り 国際誌

    Inagaki Kota, Kanda Mitsuro, Nakanishi Koki, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   45 巻 ( 8 ) 頁: 2513 - 2520   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-021-06138-9

    Web of Science

    PubMed

  27. Update on molecular biomarkers for diagnosis and prediction of prognosis and treatment responses in gastric cancer 査読有り

    Sasahara Masahiro, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY   36 巻 ( 8 ) 頁: 817 - 832   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14670/HH-18-326

    Web of Science

    PubMed

  28. G-protein subunit gamma-4 expression has potential for detection, prediction and therapeutic targeting in liver metastasis of gastric cancer 査読有り 国際誌

    Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Sawaki Koichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   125 巻 ( 2 ) 頁: 220 - 228   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-021-01366-1

    Web of Science

    PubMed

  29. High Serum Uric Acid Levels Could Be a Risk Factor of Hepatocellular Carcinoma Recurrences 査読有り 国際誌

    Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Tanabe Hiroshi, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Sonohara Fuminori, Shimizu Dai, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    NUTRITION AND CANCER-AN INTERNATIONAL JOURNAL   73 巻 ( 6 ) 頁: 996 - 1003   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01635581.2020.1779758

    Web of Science

    PubMed

  30. Novel prognostic implications of YTH domain family 2 in resected hepatocellular carcinoma 査読有り 国際誌

    Nakagawa Nobuhiko, Sonohara Fuminori, Tanaka Katsuhito, Sunagawa Yuki, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGY LETTERS   22 巻 ( 1 ) 頁: 538 - 538   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2021.12799

    Web of Science

    PubMed

  31. BRA膵癌に対する治療戦略 BR-A膵癌に対する集学的治療の術後成績 査読有り

    猪川 祥邦, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: O34 - 5   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  32. 後期高齢者肝細胞癌における肝切除術の安全性と妥当性に関する検討 査読有り

    田中 伸孟, 林 真路, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: P163 - 7   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  33. 膵癌におけるEat me signalの関与 査読有り

    林 真路, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 田中 伸孟, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: P186 - 1   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  34. miR-23b-3p Plays an Oncogenic Role in Hepatocellular Carcinoma 査読有り 国際誌

    Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Kurimoto Keisuke, Tanabe Hiroshi, Hirabayashi Sho, Sonohara Fuminori, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   28 巻 ( 6 ) 頁: 3416 - 3426   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-09283-y

    Web of Science

    PubMed

  35. Short-term outcomes of gastrectomy after neoadjuvant chemotherapy for clinical stage III gastric cancer: propensity score-matched analysis of a multi-institutional database 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Nakanishi Koki, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   51 巻 ( 5 ) 頁: 821 - 828   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02179-0

    Web of Science

    PubMed

  36. 十二指腸肉腫の1例 査読有り

    山中 雅也, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   82 巻 ( 5 ) 頁: 1023 - 1023   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  37. Transcriptomic Profiling Identifies a Risk Stratification Signature for Predicting Peritoneal Recurrence and Micrometastasis in Gastric Cancer 査読有り

    Lee In-Seob, Lee Heonyi, Hur Hoon, Kanda Mitsuro, Yook Jeong-Hwan, Kim Byung-Sik, Woo Yanghee, Kodera Yasuhiro, Kim Kwangsoo, Goel Ajay

    CLINICAL CANCER RESEARCH   27 巻 ( 8 ) 頁: 2292 - 2300   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-20-3835

    Web of Science

    PubMed

  38. Hepatic metastasis of gastric cancer is associated with enhanced expression of ethanolamine kinase 2 via the p53-Bcl-2 intrinsic apoptosis pathway 査読有り 国際誌

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Umeda Shinichi, Sawaki Koichi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   124 巻 ( 8 ) 頁: 1449 - 1460   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-021-01271-7

    Web of Science

    PubMed

  39. Peritoneal Lavage Tumor DNA as a Novel Biomarker for Predicting Peritoneal Recurrence in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma 査読有り 国際誌

    Suenaga Masaya, Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Hayashi Masamichi, Shinjo Keiko, Takami Hideki, Niwa Yukiko, Sonohara Fuminori, Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kondo Yutaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   28 巻 ( 4 ) 頁: 2277 - 2286   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08990-w

    Web of Science

    PubMed

  40. GAD1の食道扁平上皮癌根治的切除後予後予測バイオマーカーとしての意義 査読有り

    岸田 貴喜, 神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  41. UR-M膵癌に対するconversion surgeryの課題 査読有り

    加藤 吉康, 山田 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 服部 憲史, 清水 大, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 6   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  42. 胃癌切除後予後と原発巣組織中CRABP1発現の相関性の検討 査読有り

    坂田 和規, 神田 光郎, 清水 大, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  43. 胃癌に対する腹腔鏡下手術でのIndocyanine Green蛍光法を用いたマーキング法の成績 査読有り

    佐藤 敏, 田中 千恵, 園原 史訓, 清水 大, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 6   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  44. 胃癌における組織中RNFT2遺伝子発現と予後の関連性の検討 査読有り

    笹原 正寛, 神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  45. 肝胆膵領域癌におけるサルコペニアの臨床的意義と当教室の周術期対策 査読有り

    猪川 祥邦, 山田 豪, 横山 幸浩, 薮崎 紀充, 二宮 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 3   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  46. 片側肝動脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除後の肝動脈血流の評価と早期合併症に関する検討 査読有り

    鈴木 雄之典, 山田 豪, 猪川 祥邦, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  47. 当教室における膵頭十二指腸切除術後出血に対する対策と治療効果の検討 査読有り

    田中 伸孟, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  48. 切除肝細胞癌におけるYTH domain family 2の臨床的意義 査読有り

    中川 暢彦, 園原 史訓, 田中 克仁, 砂川 祐輝, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 山田 豪, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  49. パンデミック下における外科卒前教育の工夫 査読有り

    高見 秀樹, 小池 聖彦, 鈴木 雄之典, 栗本 景介, 田中 伸孟, 柴田 雅央, 園原 史訓, 武内 大, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 知恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 菊森 豊根, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SP - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  50. ゲノム編集技術を用いたLAMP5遺伝子の胃癌転移巣形成における役割の検討 査読有り

    梅田 晋一, 神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, Fujiwara Michitaka, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  51. 膵癌におけるオリゴメタスタシスの臨床的意義 査読有り

    山中 雅也, 山田 豪, 林 真路, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  52. 食道扁平上皮癌術後長期生存例における多重癌発生状況 査読有り

    清水 大, 小池 聖彦, 神田 光郎, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  53. 膵癌における術前治療中の腫瘍マーカーの比較・検討 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  54. Genome-wide identification and characterization of circular RNA in resected hepatocellular carcinoma and background liver tissue 査読有り 国際誌

    Sunagawa Yuki, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Kurimoto Keisuke, Tanaka Nobutake, Suzuki Yunosuke, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 6016 - 6016   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-85237-y

    Web of Science

    PubMed

  55. ETNK2のアポトーシス調整を介した胃癌肝転移形成との関連性(ETNK2 promotes hepatic metastasis of gastric cancer via the p53-Bcl-2 related apoptosis) 査読有り

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 田中 千恵, 清水 大, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   93回 巻   頁: 244 - 244   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  56. StageIII胃癌に対する術前化学療法後胃切除術の短期成績の検討(Short-term outcomes of gastrectomy after neoadjuvant chemotherapy for stage III gastric cance) 査読有り

    梅田 晋一, 神田 光郎, 中西 香企, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   93回 巻   頁: 288 - 288   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  57. 顕微鏡的断端陽性が予後に与える影響(Microscopic Positive Margin After Gastrectomy Increases Recurrences of Gastric Cancer) 査読有り

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 清水 大, 田中 千恵, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   93回 巻   頁: 259 - 259   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  58. Development of novel combination cancer immunotherapy using anti-PD-1 and anti-PD-L1 antibody 査読有り

    Hasegawa Hirotaka, Sugiyama Daisuke, Kanda Mitsuro, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Nomoto Shuji, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro, Nishikawa Hiroyoshi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 741 - 741   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  59. Function and prognostic value of melanoma-associated antigen-D4 protein in esophageal squamous cell carcinoma 査読有り

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro, Sato Yusuke, Shimizu Dai, Uno Yasuo, Umeda Shinichi, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Motoyama Satoru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 531 - 531   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  60. STRA6 expression serves as a prognostic biomarker of gastric cancer 査読有り

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Sawaki Koichi, Tanaka Chie, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 780 - 780   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  61. Circulating miRNA signature of esophageal squamous cell carcinoma diagnosis:retro-prospective multinational cohort study 査読有り

    Miyoshi Jinsei, Toden Shusuke, Izumi Daisuke, Kanda Mitsuro, Sato Yasushi, Muguruma Naoki, Baba Hideo, Kodera Yasuhiro, Goel Ajay, Takayama Tetsuji

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 527 - 527   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  62. Randomised phase II trial of capecitabine plus oxaliplatin with continuous versus intermittent use of oxaliplatin as adjuvant chemotherapy for stage II/III colon cancer (CCOG-1302 study) 査読有り

    Nakayama Goro, Takano Nao, Taniguchi Hiroya, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Teramoto Hitoshi, Hashimoto Ryoji, Sakai Mitsuru, Ishiyama Akiharu, Kinoshita Takashi, Hayashi Naomi, Nakamura Masanori, Hattori Norifumi, Sato Yusuke, Umeda Shinichi, Uehara Kei, Aiba Toshisada, Sonohara Fuminori, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Ando Masahiko, Ando Yuichi, Muro Kei, Kodera Yasuhiro

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   144 巻   頁: 61 - 71   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2020.11.007

    Web of Science

    PubMed

  63. Tissue RNFT2 Expression Levels Are Associated With Peritoneal Recurrence and Poor Prognosis in Gastric Cancer 査読有り 国際誌

    Sasahara Masahiro, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   41 巻 ( 2 ) 頁: 609 - 617   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14812

    Web of Science

    PubMed

  64. Age-Related Differences in the Prognosis of Pancreatic Cancer According to Perioperative Systemic Therapy 査読有り 国際誌

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Kurimoto Keisuke, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Shimizu Dai, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    PANCREAS   50 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 46   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001712

    Web of Science

    PubMed

  65. Pancreatic Fat and Body Composition Measurements by Computed Tomography are Associated with Pancreatic Fistula After Pancreatectomy 査読有り 国際誌

    Tanaka Katsuhito, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   28 巻 ( 1 ) 頁: 530 - 538   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08581-9

    Web of Science

    PubMed

  66. Newly developed primary malignancies in long-term survivors who underwent curative esophagectomy for squamous cell carcinoma of the esophagus 査読有り

    Shimizu Dai, Koike Masahiko, Kanda Mitsuro, Sonohara Fuminori, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   51 巻 ( 1 ) 頁: 153 - 158   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02072-w

    Web of Science

    PubMed

  67. Optimal Preoperative Multidisciplinary Treatment in Borderline Resectable Pancreatic Cancer 査読有り 国際誌

    Kimura Nana, Yamada Suguru, Takami Hideki, Murotani Kenta, Yoshioka Isaku, Shibuya Kazuto, Sonohara Fuminori, Hoshino Yui, Hirano Katsuhisa, Watanabe Toru, Baba Hayato, Mori Kosuke, Miwa Takeshi, Kanda Mitsuro, Hayashi Masamichi, Matsui Koshi, Okumura Tomoyuki, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    CANCERS   13 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers13010036

    Web of Science

    PubMed

  68. Different Characteristics of Serum Alfa Fetoprotein and Serum Des-gamma-carboxy Prothrombin in Resected Hepatocellular Carcinoma 査読有り

    Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Takano Nao, Okamura Yukiyasu, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Sonohara Fuminori, Tanaka Nobutake, Shimizu Dai, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    IN VIVO   35 巻 ( 3 ) 頁: 1749 - 1760   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12434

    Web of Science

    PubMed

  69. Amido-Bridged Nucleic Acid-Modified Antisense Oligonucleotides Targeting SYT13 to Treat Peritoneal Metastasis of Gastric Cancer 査読有り

    Kanda Mitsuro, Kasahara Yuuya, Shimizu Dai, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Sawaki Koichi, Nakamura Shunsuke, Kodera Yasuhiro, Obika Satoshi

    MOLECULAR THERAPY-NUCLEIC ACIDS   22 巻   頁: 791 - 802   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.omtn.2020.10.001

    Web of Science

    PubMed

  70. Novel Prognostic Implications of Methylated RNA and Demethylases in Resected HCC and Background Liver Tissue 査読有り 国際誌

    Nakagawa Nobuhiko, Tanaka Katsuhito, Sonohara Fuminori, Kandimalla Raju, Sunagawa Yuki, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 12 ) 頁: 6665 - 6676   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14690

    Web of Science

    PubMed

  71. Accurate Risk Stratification of Patients with Node-Positive Gastric Cancer by Lymph Node Ratio 査読有り 国際誌

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   44 巻 ( 12 ) 頁: 4184 - 4192   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-020-05739-0

    Web of Science

    PubMed

  72. AMIGO2 Expression as a Potential Prognostic Biomarker for Gastric Cancer 査読有り 国際誌

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Omae Kenji, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 12 ) 頁: 6713 - 6721   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14694

    Web of Science

    PubMed

  73. DAA時代のHCV治療がもたらす切除可能HCCへの臨床的影響の検討 査読有り

    園原 史訓, 山田 豪, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   75回 巻   頁: O12 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  74. 尿中cell free DNAを用いた膵癌診断法の開発 査読有り

    林 真路, 山田 豪, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   75回 巻   頁: P276 - 5   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  75. 胃癌における周術期化学療法の新知見 胃癌に対するS-1補助療法の臨床問題に答えるための多施設データセット解析(New findings on perioperative chemotherapy for gastric cancer Multi-institutional dataset analysis to answer clinical questions of adjuvant S-1 for gastric cancer) 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    日本消化器外科学会総会   75回 巻   頁: WS4 - 6   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  76. MZB1 expression indicates poor prognosis in estrogen receptor-positive breast cancer 査読有り

    Watanabe Manabu, Shibata Masahiro, Inaishi Takahiro, Ichikawa Takahiro, Soeda Ikumi, Miyajima Noriyuki, Takano Yuko, Takeuchi Dai, Tsunoda Nobuyuki, Kanda Mitsuro, Kikumori Toyone, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato

    ONCOLOGY LETTERS   20 巻 ( 5 ) 頁: 198   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12059

    Web of Science

    PubMed

  77. AnOpen-Label Single-ArmPhaseIIStudy of Treatment with Neoadjuvant S-1 Plus Cisplatin for Clinical StageIIISquamous Cell Carcinoma of the Esophagus 査読有り 国際誌

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Iwata Naoki, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Omae Kenji, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGIST   25 巻 ( 11 ) 頁: E1650 - E1654   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1634/theoncologist.2020-0546

    Web of Science

    PubMed

  78. D2 lymph node dissection confers little benefit on the overall survival of older patients with resectable gastric cancer: a propensity score-matching analysis of a multi-institutional dataset 査読有り

    Shinozuka Takahiro, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 11 ) 頁: 1434 - 1442   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02021-7

    Web of Science

    PubMed

  79. Complex roles of the actin-binding protein Girdin/GIV in DNA damage-induced apoptosis of cancer cells 査読有り 国際誌

    Chen Chen, Enomoto Atsushi, Weng Liang, Taki Tetsuro, Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Ichihara Ryosuke, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 11 ) 頁: 4303 - 4317   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14637

    Web of Science

    PubMed

  80. The efficacy of oxaliplatin combination adjuvant chemotherapy for elderly patients with stage III colorectal cancer 査読有り

    Hayashi Naomi, Kanda Mitsuro, Omae Kenji, Kodera Yasuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 603 - 611   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.4.603

    Web of Science

    PubMed

  81. 劇症型A群β溶連菌感染症による原発性腹膜炎の1例 査読有り

    砂川 祐輝, 猪川 祥邦, 山田 豪, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   81 巻 ( 11 ) 頁: 2399 - 2399   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  82. 胃 診断 査読有り

    中村 俊介, 神田 光郎, 清水 大, 澤木 康一, 田中 千恵, 服部 憲史, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 山田 豪, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会雑誌   53 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 296 - 296   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  83. 膵臓 化学療法 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 山中 雅也, 鈴木 雄之典, 中川 暢彦, 加藤 吉康, 田中 伸孟, 栗本 景介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会雑誌   53 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 311 - 311   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  84. 膵臓 悪性 査読有り

    山田 豪, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤井 努, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会雑誌   53 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 316 - 316   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  85. Characteristics Associated with Nodal and Distant Recurrence after Curative Resection of Squamous Cell Carcinoma of the Thoracic Esophagus 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Hayashi Masamichi, Hattori Norifumi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS   231 巻 ( 4 ) 頁: E121 - E121   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  86. 予定残肝ICG消失率(ICG-Krem)の術後肝不全発症予測因子としての有用性 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回 巻   頁: O60 - 4   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  87. 胃癌組織中STRA6発現の臨床的意義 査読有り

    中村 俊介, 神田 光郎, 清水 大, 澤木 康一, 田中 千恵, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本癌学会総会記事   79回 巻   頁: PJ14 - 7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  88. 予定残肝ICG消失率(ICG-Krem)の術後肝不全発症予測因子としての有用性 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回 巻   頁: O60 - 4   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  89. 膵癌における術前治療中のSpan-1の臨床的意義 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 清水 大, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   81 巻 ( 増刊 ) 頁: 463 - 463   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  90. 食道扁平上皮癌におけるMAGE-D4発現の臨床的意義の検討 査読有り

    澤木 康一, 神田 光郎, 佐藤 雄亮, 清水 大, 宇野 泰朗, 梅田 晋一, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 本山 悟, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本癌学会総会記事   79回 巻   頁: OJ15 - 9   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  91. 血清miRNAシグネチャーを用いた食道扁平上皮癌の早期診断モデルの構築 後ろ向き・前向き・多国籍試験 査読有り

    三好 人正, 東田 周祐, 泉 大輔, 神田 光郎, 佐藤 康史, 六車 直樹, 馬場 秀夫, 小寺 泰弘, ゴエル・アジャイ, 高山 哲治

    日本癌学会総会記事   79回 巻   頁: OE15 - 6   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  92. ASO Author Reflections: Characteristics Associated with Nodal and Distant Recurrence After Radical Esophagectomy for Squamous Cell Carcinoma of the Thoracic Esophagus 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 9 ) 頁: 3206 - 3207   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08413-w

    Web of Science

    PubMed

  93. ASO Author Reflections: Expression and Malignant Potential of B4GALNT4 in Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Baba Hayato, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 9 ) 頁: 3257 - 3258   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08458-x

    Web of Science

    PubMed

  94. Characteristics Associated with Nodal and Distant Recurrence After Radical Esophagectomy for Squamous Cell Carcinoma of the Thoracic Esophagus 査読有り 国際誌

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Omae Kenji, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 9 ) 頁: 3195 - 3205   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08433-6

    Web of Science

    PubMed

  95. Expression and Malignant Potential of B4GALNT4 in Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Baba Hayato, Kanda Mitsuro, Sato Yusuke, Sawaki Koichi, Shimizu Dai, Koike Masahiko, Motoyama Satoru, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 9 ) 頁: 3247 - 3256   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08431-8

    Web of Science

    PubMed

  96. Systemic Inflammation Score as a Predictor of Pneumonia after Radical Resection of Gastric Cancer: Analysis of a Multi-Institutional Dataset 査読有り 国際誌

    Shoka Michita, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    DIGESTIVE SURGERY   37 巻 ( 5 ) 頁: 401 - 410   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000506940

    Web of Science

    PubMed

  97. Therapeutic monoclonal antibody targeting of neuronal pentraxin receptor to control metastasis in gastric cancer 査読有り 国際誌

    Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Sawaki Koichi, Nakamura Shunsuke, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Hayashi Masamichi, Iguchi Yohei, Yamada Suguru, Katsuno Masahisa, Kodera Yasuhiro

    MOLECULAR CANCER   19 巻 ( 1 ) 頁: 131 - 131   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12943-020-01251-0

    Web of Science

    PubMed

  98. Surveillance of Esophageal Cancer in the Republic of Uzbekistan from 2000 to 2018. 査読有り

    Yusupbekov A, Kanda M, Usmanov B, Tuychiev O, Baymakov S, Sakamoto J, Yusupbekov A

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   21 巻 ( 8 ) 頁: 2281 - 2285   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31557/APJCP.2020.21.8.2281

    PubMed

  99. The impact of cancer stem cell markers in the tissues of pancreatic ductal adenocarcinoma for prognosis after surgical resections 査読有り

    Inokawa Yoshikuni, Yamada Suguru, Hayashi Masamichi, Sunagawa Yuki, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   80 巻 ( 16 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-6016

    Web of Science

  100. Survival times are similar among patients with peritoneal, hematogenous, and nodal recurrences after curative resections for gastric cancer 査読有り 国際誌

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    CANCER MEDICINE   9 巻 ( 15 ) 頁: 5392 - 5399   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.3208

    Web of Science

    PubMed

  101. ETNK2のアポトーシス調節を介した胃癌細胞肝転移への関与 査読有り

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 清水 大, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  102. Initial systemic therapy時代における高齢者膵癌集学的治療の意義と限界 査読有り

    園原 史訓, 山田 豪, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 清水 大, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 藤井 努, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  103. 当院における消化器外科領域のCALNA参入と現状について 査読有り

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 山崎 健太, 石井 健太, 冨永 健太, 西村 康大, 小池 聖彦, 小林 大介, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 佐藤 敏, 中西 香企, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  104. 当科におけるUnresectable膵癌治療の検討 査読有り

    加藤 吉康, 山田 豪, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  105. 幽門側胃切除術後の再建法が術後合併症に及ぼす影響 B-I法とR-Y法の比較 査読有り

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 室谷 健太, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  106. 幽門側胃切除術後の再建法が術後合併症に及ぼす影響 B-I法とR-Y法の比較 査読有り

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 室谷 健太, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  107. 大腸癌初回肝転移手術後の早期再発予測因子の検討 査読有り

    林 真路, 山田 豪, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 砂川 祐輝, 田中 伸孟, 栗本 景介, 加藤 吉康, 中川 暢彦, 鈴木 雄之典, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  108. 多施設共同胃癌データベースを利用した胃切除術後肺炎発生に関する予測因子の検討 査読有り

    荘加 道太, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能也, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 室谷 健太, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  109. 多施設共同胃癌データベースを利用した胃切除術後肺炎発生に関する予測因子の検討 査読有り

    荘加 道太, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能也, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 室谷 健太, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  110. 切除不能胃癌に対する集学的治療としてのconversion surgeryの適応について 査読有り

    小林 大介, 神田 光郎, 田中 千恵, 清水 大, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  111. 傾向スコアマッチングを用いた後期高齢者における食道亜全摘術の短期成績と術前免疫栄養因子の検討 査読有り

    神田 光郎, 小池 聖彦, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  112. Ivor Lewis手術は超高齢者に対する低侵襲手術となり得るか? 査読有り

    小池 聖彦, 神田 光郎, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  113. 膵癌に対する膵頭十二指腸切除術の分子生物学的なsurgical marginの評価 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 林 真路, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 栗本 景介, 田中 伸孟, 加藤 吉康, 中川 暢彦, 鈴木 雄之典, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 2   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  114. 高齢者胃切除手術症例における前向き高齢者機能評価 査読有り

    田中 千恵, 神田 光郎, 猪川 祥邦, 小林 大介, 清水 大, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  115. 食道癌術前化学療法中にRenal Salt-Wasting Syndromeを生じた1例 査読有り

    山本 周平, 神田 光郎, 小池 聖彦, 高見 秀樹, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: RS - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  116. 食道扁平上皮癌の術後長期予後因子としてのmodified systemic inflammation scoreの意義 査読有り

    清水 大, 神田 光郎, 小池 聖彦, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  117. 食道扁平上皮癌におけるMAGE-D4蛋白の発現、機能、予後の検討 査読有り

    宇野 泰朗, 神田 光郎, 佐藤 雄亮, 清水 大, 梅田 晋一, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 本山 悟, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  118. 食道扁平上皮癌におけるKCNJ15遺伝子の機能解析と、その組織中発現における臨床的意義の検討 査読有り

    中村 俊介, 神田 光郎, 小池 聖彦, 清水 大, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  119. 食道亜全摘術後肺炎予測因子に関する検討 査読有り

    澤木 康一, 神田 光郎, 小池 聖彦, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 服部 憲史, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  120. 術前CT画像を利用した膵内脂肪量と体組成による膵液瘻予測因子の検討 査読有り

    田中 克仁, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  121. 膵頸部癌における臨床病理学的特徴 査読有り

    栗本 景介, 山田 豪, 鈴木 雄之典, 中川 暢彦, 加藤 吉康, 田中 伸孟, 砂川 祐輝, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  122. 膵頭十二指腸切除術施行膵癌患者における周術期メインおよびリパクレオン投与の安全性と有用性 査読有り

    中川 暢彦, 山田 豪, 多代 充, 栗本 景介, 園原 史訓, 清水 大, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  123. 膵頭十二指腸切除術における胆管空腸吻合部狭窄のリスクファクターに関する検討 査読有り

    鈴木 雄之典, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  124. 膵癌組織における癌幹細胞マーカー発現が切除後予後に与える影響についての検討 査読有り

    猪川 祥邦, 山田 豪, 林 真路, 砂川 祐輝, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  125. ASO Author Reflections: KCNJ15 Expression and Malignant Behavior of Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 7 ) 頁: 2569 - 2570   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08337-5

    Web of Science

    PubMed

  126. KCNJ15 Expression and Malignant Behavior of Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り 国際誌

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Shimizu Dai, Umeda Shinichi, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Omae Kenji, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 7 ) 頁: 2559 - 2568   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-08189-8

    Web of Science

    PubMed

  127. Propensity-score-matched analysis of a multi-institutional dataset to compare postoperative complications between Billroth I and Roux-en-Y reconstructions after distal gastrectomy 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   23 巻 ( 4 ) 頁: 734 - 745   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-020-01048-6

    Web of Science

    PubMed

  128. Novel Prognostic Implications of DUPAN-2 in the Era of Initial Systemic Therapy for Pancreatic Cancer 査読有り

    Sunagawa Yuki, Yamada Suguru, Sato Yusuke, Morimoto Daishi, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 6 ) 頁: 2081 - 2089   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07981-w

    Web of Science

    PubMed

  129. PRAME as a Potential Biomarker for Liver Metastasis of Gastric Cancer 査読有り

    Baba Hayato, Kanda Mitsuro, Sawaki Koichi, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 6 ) 頁: 2071 - 2080   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07985-6

    Web of Science

    PubMed

  130. 集学的治療による病勢コントロール後に外腸骨リンパ節転移を切除しえた膵NETの1例 査読有り

    鈴木 雄之典, 山田 豪, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集   132回 巻   頁: 55 - 55   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  131. Fraser extracellular matrix complex subunit 1 promotes liver metastasis of gastric cancer 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 10 ) 頁: 2865 - 2876   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.32705

    Web of Science

    PubMed

  132. Clinical impact of additional therapy for residual pancreatic cancer 査読有り

    Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Tashiro Mitsuru, Murotani Kenta, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 5 ) 頁: 440 - 448   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-019-01900-y

    Web of Science

    PubMed

  133. Is the measurement of drain amylase content useful for predicting pancreas-related complications after gastrectomy with systematic lymphadenectomy? 査読有り 国際誌

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Sakamoto Junichi, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   26 巻 ( 14 ) 頁: 1594 - 1600   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v26.i14.1594

    Web of Science

    PubMed

  134. Detection of indocyanine green fluorescence to determine tumor location during laparoscopic gastrectomy for gastric cancer: Results of a prospective study

    Tanaka Chie, Kanda Mitsuro, Funasaka Kohei, Miyahara Ryoji, Murotani Kenta, Tanaka Yuri, Takeda Shigeomi, Kobayashi Daisuke, Hirooka Yoshiki, Fujiwara Michitaka, Goto Hidemi, Kodera Yasuhiro

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   13 巻 ( 2 ) 頁: 160 - 167   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12710

    Web of Science

    PubMed

  135. Exploration of Exosomal Micro RNA Biomarkers Related to Epithelial-to-Mesenchymal Transition in Pancreatic Cancer 査読有り 国際誌

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Takeda Shigeomi, Hayashi Masamichi, Suenaga Masaya, Sunagawa Yuki, Tashiro Mitsuru, Takami Hideki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 4 ) 頁: 1843 - 1853   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14138

    Web of Science

    PubMed

  136. Optimized Cutoff Value of Serum Squamous Cell Carcinoma Antigen Concentration Accurately Predicts Recurrence After Curative Resection of Squamous Cell Carcinoma of the Esophagus 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Omae Kenji, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 4 ) 頁: 1233 - 1240   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07977-6

    Web of Science

    PubMed

  137. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study 査読有り

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-020-0736-7

    Web of Science

    PubMed

  138. Clinical Implications of Naples Prognostic Score in Patients with Resected Pancreatic Cancer 査読有り 国際誌

    Nakagawa Nobuhiko, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 3 ) 頁: 887 - 895   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-08047-7

    Web of Science

    PubMed

  139. Preoperative predictors of postoperative complications after gastric cancer resection (vol 50, pg 3, 2020) 査読有り

    Kanda Mitsuro

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 321   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-019-01948-w

    Web of Science

    PubMed

  140. Association between Lymphovascular Invasion and Recurrence in Patients with pT1N+or pT2-3N0 Gastric Cancer: a Multi-institutional Dataset Analysis 査読有り 国際誌

    Fujita Keizo, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTRIC CANCER   20 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 49   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5230/jgc.2020.20.e3

    Web of Science

    PubMed

  141. Serum levels of ANOS1 serve as a diagnostic biomarker of gastric cancer: a prospective multicenter observational study 査読有り

    Kanda Mitsuro, Suh Yun-Suhk, Park Do Joong, Tanaka Chie, Ahn Sang-Noon, Kong Seong-Ho, Lee Hyuk-Joon, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Shimada Hideaki, Cho BeLong, Murotani Kenta, Kim Hyung-Ho, Yang Han-Kwang, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   23 巻 ( 2 ) 頁: 203 - 211   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-019-00995-z

    Web of Science

    PubMed

  142. FGFR1は胃癌細胞のEMTを促進し腹膜播種形成に関連する 査読有り

    清水 大, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 三森 功士, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   92回 巻   頁: 393 - 393   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  143. FGFR1は胃癌細胞のEMTを促進し腹膜播種形成に関連する 査読有り

    清水 大, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 三森 功士, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   92回 巻   頁: 393 - 393   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  144. 今後の胃癌バイオマーカー 胃癌腹膜播種再発を予測する腹膜洗浄液中の分子バイオマーカー(Upcoming biomarkers for gastric cancer Molecular biomarkers in peritoneal lavages to predict the peritoneal recurrences of gastric cancer) 査読有り

    Kanda Mitsuro, Nakanishi Koki, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Shimizu Dai, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    日本胃癌学会総会記事   92回 巻   頁: 233 - 233   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  145. 胃癌手術のエビデンスと実際のデータ 基礎 幽門側胃切除後のBillroth I再建法とRoux-en-Y再建法に関する術後合併症の比較(Evidences and real world data of gastric cancer surgery: Basic Billroth I vs Roux-en-Y after distal gastrectomy in postoperative complications) 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    日本胃癌学会総会記事   92回 巻   頁: 214 - 214   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  146. 高齢者胃切除手術症例における自立度の転帰 査読有り

    田中 千恵, 神田 光郎, 猪川 祥邦, 清水 大, 園原 史訓, 小林 大介, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   92回 巻   頁: 251 - 251   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  147. 高齢者胃切除手術症例における自立度の転帰 査読有り

    田中 千恵, 神田 光郎, 猪川 祥邦, 清水 大, 園原 史訓, 小林 大介, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   92回 巻   頁: 251 - 251   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  148. Predictive value of the modified systemic inflammation score in patients undergoing curative resection of squamous cell carcinoma of the esophagus 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 4 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  149. Propensity-score-matched analysis of a multi-institutional dataset to compare the postoperative complications after distal gastrectomy between Billroth I and Roux-en-Y 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Mmurai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 4 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  150. A prospective trial to evaluate treatment effects of a beta-hydroxy-beta-methylbutyrate containing nutrient for leakage a the anastomotic site after esophagectomy 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Fukaya Masahide, Miyata Kazushi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 37   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.33

    Web of Science

    PubMed

  151. Preoperative six-minute walk distance as a predictor of postoperative complication in patients with esophageal cancer

    Inoue Takayuki, Ito Satoru, Kanda Mitsuro, Niwa Yukiko, Nagaya Motoki, Nishida Yoshihiro, Hasegawa Yoshinori, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    DISEASES OF THE ESOPHAGUS   33 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dote/doz050

    Web of Science

    PubMed

  152. Preoperative predictors of postoperative complications after gastric cancer resection 査読有り

    Kanda Mitsuro

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 11   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-019-01877-8

    Web of Science

    PubMed

  153. The Significance of Molecular Biomarkers on Clinical Survival Outcome Differs Depending on Colon Cancer Sidedness 査読有り 国際誌

    Hirabayashi Sho, Hayashi Masamichi, Nakayama Goro, Mii Shinji, Hattori Norifumi, Tanabe Hiroshi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Takahashi Masahide, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 1 ) 頁: 201 - 211   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13941

    Web of Science

    PubMed

  154. Phase I Study of Intraperitoneal Administration of Paclitaxel Combined with S-1 Plus Cisplatin for Gastric Cancer with Peritoneal Metastasis 査読有り 国際誌

    Kobayashi Daisuke, Ishigami Hironori, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Yamaguchi Hironori, Kitayama Joji, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGY   98 巻 ( 1 ) 頁: 48 - 52   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000502484

    Web of Science

    PubMed

  155. Tumor size >= 50 mm as an Independent Prognostic Factor for Patients with Stage II or III Gastric Cancer After Postoperative S-1 Monotherapy: Analysis of a Multi-institution Dataset 査読有り 国際誌

    Tsutsuyama Masayuki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   44 巻 ( 1 ) 頁: 194 - 201   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-019-05198-2

    Web of Science

    PubMed

  156. Prognosis After Laparoscopic Gastrectomy in Patients with Pathological Stage II or III Gastric Cancer Who Were Preoperatively Diagnosed with Clinical Stage I: Propensity Score Matching Analysis of a Multicenter Dataset. 査読有り 国際誌

    Ito Y, Kanda M, Ito S, Mochizuki Y, Teramoto H, Ishigure K, Murai T, Asada T, Ishiyama A, Matsushita H, Tanaka C, Kobayashi D, Fujiwara M, Murotani K, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   27 巻 ( 1 ) 頁: 268 - 275   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07781-2

    Web of Science

    PubMed

  157. Phase II study of capecitabine plus oxaliplatin (CapOX) as adjuvant chemotherapy for locally advanced rectal cancer (CORONA II) 査読有り

    Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Uehara Keisuke, Aiba Toshisada, Ishigure Kiyoshi, Sakamoto Eiji, Tojima Yuichiro, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 1 ) 頁: 118 - 125   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01546-3

    Web of Science

    PubMed

  158. 食道亜全摘術後の肺炎発生予測因子の検討 査読有り

    神田 光郎, 小池 聖彦, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本消化管学会雑誌   4 巻 ( Suppl. ) 頁: 303 - 303   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化管学会  

  159. Characteristics of Lung Metastasis as an Initial Recurrence Pattern After Curative Resection of Pancreatic Cancer 査読有り

    Morimoto Daishi, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    PANCREAS   49 巻 ( 5 ) 頁: 699 - 705   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001559

    Web of Science

    PubMed

  160. Chromobox 2 Expression Predicts Prognosis After Curative Resection of Oesophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Ueda Sei, Kanda Mitsuro, Sato Yusuke, Baba Hayato, Nakamura Shunsuke, Sawaki Koichi, Shimizu Dai, Motoyama Satoru, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro, Nomoto Shuji

    CANCER GENOMICS & PROTEOMICS   17 巻 ( 4 ) 頁: 391 - 400   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/cgp.20198

    Web of Science

    PubMed

  161. STRA6 Expression Serves as a Prognostic Biomarker of Gastric Cancer 査読有り

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Sawaki Kouichi, Tanaka Chie, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Omae Kenji, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    CANCER GENOMICS & PROTEOMICS   17 巻 ( 5 ) 頁: 509 - 516   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/cgp.20207

    Web of Science

    PubMed

  162. The Preoperative Prognostic Nutritional Index Predicts Short-Term and Long-Term Outcomes of Patients with Stage II/III Gastric Cancer: Analysis of a Multi-Institution Dataset

    Sasahara Masahiro, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    DIGESTIVE SURGERY   37 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 144   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000497454

    Web of Science

    PubMed

  163. ASO Author Reflections: Homeobox C10 Influences on the Malignant Phenotype of Gastric Cancer Cell Lines and its Elevated Expression Positively Correlates with Recurrence and Poor Survival 査読有り

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( Suppl 3 ) 頁: S596 - S597   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07405-9

    Web of Science

    PubMed

  164. ASO Author Reflections: Increased Expression of DNAJC12 is Associated with Aggressive Phenotype of Gastric Cancer 査読有り

    Uno Yasuo, Kanda Mitsuro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( Suppl 3 ) 頁: S592 - S593   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07404-w

    Web of Science

    PubMed

  165. Modified Systemic Inflammation Score is Useful for Risk Stratification After Radical Resection of Squamous Cell Carcinoma of the Esophagus 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Omae Kenji, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 13 ) 頁: 4773 - 4781   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07914-7

    Web of Science

    PubMed

  166. ミラーイメージはカメラを180度回転させると操作が容易になる 査読有り

    砂川 祐輝, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 巻 ( 7 ) 頁: SF029 - 4   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  167. 腹腔鏡下手術による膵体尾部切除術後の門脈・脾静脈血栓症に対する影響 査読有り

    山田 豪, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 巻 ( 7 ) 頁: MO180 - 5   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  168. 食道癌FP療法によるRenal Salt-Wasting Syndromeの2例 査読有り

    梅田 晋一, 神田 光郎, 小池 聖彦, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 12 ) 頁: 2312 - 2312   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  169. Comparison of non-invasive liver reserve and fibrosis models: Implications for surgery and prognosis for hepatocellular carcinoma 査読有り

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Tanaka Nobutake, Tashiro Mitsuru, Sunagawa Yuki, Morimoto Daishi, Tanaka Haruyoshi, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 巻 ( 11 ) 頁: 1305 - 1315   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13400

    Web of Science

    PubMed

  170. PRAME Expression as a Potential Biomarker for Hematogenous Recurrence of Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Baba Hayato, Kanda Mitsuro, Sawaki Koichi, Shimizu Dai, Umeda Shinichi, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro, Fujii Tsutomu

    ANTICANCER RESEARCH   39 巻 ( 11 ) 頁: 5943 - 5951   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13799

    Web of Science

    PubMed

  171. Expression, Function, and Prognostic Value of MAGE-D4 Protein in Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り

    Uno Yasuo, Kanda Mitsuro, Sato Yusuke, Shimizu Dai, Umeda Shinichi, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Motoyama Satoru, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   39 巻 ( 11 ) 頁: 6015 - 6023   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13807

    Web of Science

    PubMed

  172. The levels of SYT13 and CEA mRNAs in peritoneal lavages predict the peritoneal recurrence of gastric cancer 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   22 巻 ( 6 ) 頁: 1143 - 1152   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-019-00967-3

    Web of Science

    PubMed

  173. Delay in initiation of postoperative adjuvant chemotherapy with S-1 monotherapy and prognosis for gastric cancer patients: analysis of a multi-institutional dataset 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   22 巻 ( 6 ) 頁: 1215 - 1225   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-019-00961-9

    Web of Science

    PubMed

  174. Level of Melanotransferrin in Tissue and Sera Serves as a Prognostic Marker of Gastric Cancer 査読有り

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Omae Kenji, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   39 巻 ( 11 ) 頁: 6125 - 6133   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13820

    Web of Science

    PubMed

  175. Tissue Expression of Melanoma-associated Antigen A6 and Clinical Characteristics of Gastric Cancer 査読有り

    Endo Miyo, Kanda Mitsuro, Sawaki Koichi, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Omae Kenji, Kodera Yasuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   39 巻 ( 11 ) 頁: 5903 - 5910   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13794

    Web of Science

    PubMed

  176. 妊娠を契機に急速増大を来したMCNと術前診断した膵リンパ管腫の一切除例 査読有り

    加藤 吉康, 山田 豪, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集   131回 巻   頁: 75 - 75   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  177. 胃原発mixed adenoneuroendocrine carcinomaの1例 査読有り

    荘加 道太, 清水 大, 栗本 景介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集   131回 巻   頁: 59 - 59   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  178. Feasibility of subtotal esophagectomy with systematic lymphadenectomy in selected elderly patients with esophageal cancer; a propensity score matching analysis 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Omae Kenji, Kodera Yasuhiro

    BMC SURGERY   19 巻 ( 1 ) 頁: 143   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-019-0617-2

    Web of Science

    PubMed

  179. Novel implications of combined arterial resection for locally advanced pancreatic cancer in the era of newer chemo-regimens 査読有り

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    EJSO   45 巻 ( 10 ) 頁: 1895 - 1900   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejso.2019.05.019

    Web of Science

    PubMed

  180. Risk Prediction of Postoperative Pneumonia After Subtotal Esophagectomy Based on Preoperative Serum Cholinesterase Concentrations 査読有り

    Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Omae Kenji, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 11 ) 頁: 3718 - 3726   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07512-7

    Web of Science

    PubMed

  181. Conversion Surgery施行例の予後因子から検討した切除不能胃癌に対する集学的治療戦略 査読有り

    小林 大介, 神田 光郎, 田中 千恵, 清水 大, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回 巻   頁: RT21 - 5   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  182. DNAJC12の胃癌における役割についての検討 査読有り

    宇野 泰朗, 神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 服部 憲史, 高見 秀樹, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回 巻   頁: O7 - 4   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  183. トランスレーショナルリサーチについて考える:臨床現場のアイデアをどう生かすか 消化器外科医ならではの創薬シーズを求めて 査読有り

    神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 360 - 360   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  184. 腹腔鏡下胃切除術におけるIndocyanine Green蛍光法を用いた病変位置同定方法 査読有り

    田中 千恵, 神田 光郎, 林 真路, 服部 憲史, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 472 - 472   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  185. 胃癌根治切除術後S-1補助化学療法の忍容性予測因子の検討 査読有り

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 猪川 祥邦, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 570 - 570   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  186. 胃癌のおけるS-1術後補助化学療法開始時期と予後との関係 多施設統合データベース 査読有り

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回 巻   頁: O56 - 1   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  187. 胃癌におけるETNK2のアポトーシスへの関与と肝転移形成の関連性 査読有り

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 高見 秀樹, 清水 大, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回 巻   頁: O8 - 3   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  188. 日本のAYA世代のがん対策の方向性を読み解く 査読有り

    栗本 景介, 堀部 敬三, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 清水 千佳子, 高橋 義行, 小寺 泰弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回 巻   頁: P166 - 5   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  189. 切除不能進行再発胃癌に対するnivolumab療法における好中球/リンパ球比の臨床的意義 査読有り

    小林 大介, 清水 大, 神田 光郎, 田中 千恵, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 506 - 506   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  190. 英文論文について考える:方法論・重要性を中心に 臨床外科医が英文論文を書く際の最初のハードルを越える 定型化と剽窃回避 査読有り

    神田 光郎, 清水 大, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 346 - 346   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  191. 開腹・開胸手術のメリット・デメリットについて考える 開胸アプローチを活用する食道癌治療戦略 開胸のメリットは再建にあり? 査読有り

    小池 聖彦, 佐藤 雄介, 園原 史訓, 清水 大, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 351 - 351   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  192. 長期予後が得られた症例1(上部消化管) HER2陽性切除不能進行胃癌に対するtrastuzumab療法とconversion surgeryによる集学的治療 査読有り

    佐藤 敏, 小林 大介, 清水 大, 神田 光郎, 田中 千恵, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 増刊 ) 頁: 404 - 404   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  193. Incorporating molecular biomarkers into clinical practice for gastric cancer 査読有り

    Nakamura Shunsuke, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    EXPERT REVIEW OF ANTICANCER THERAPY   19 巻 ( 9 ) 頁: 757 - 771   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14737140.2019.1659136

    Web of Science

    PubMed

  194. Biological and conditional factors should be included when defining criteria for resectability for patients with pancreatic cancer

    Kato Yoshiyasu, Yamada Suguru, Tashiro Mitsuru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    HPB   21 巻 ( 9 ) 頁: 1211 - 1218   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hpb.2019.01.012

    Web of Science

    PubMed

  195. Multi-institutional analysis of the prognostic significance of postoperative complications after curative resection for gastric cancer 査読有り 国際誌

    Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    CANCER MEDICINE   8 巻 ( 11 ) 頁: 5194 - 5201   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.2439

    Web of Science

    PubMed

  196. Recent advances in molecular biomarkers for patients with hepatocellular carcinoma 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    EXPERT REVIEW OF MOLECULAR DIAGNOSTICS   19 巻 ( 8 ) 頁: 725 - 738   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14737159.2019.1638254

    Web of Science

    PubMed

  197. Proposal of a Scoring Scale to Estimate Risk of the Discontinuation of S-1 Adjuvant Monotherapy in Patients with Stage II to III Gastric Cancer: A Multi-Institutional Dataset Analysis

    Iizuka Akimitsu, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   43 巻 ( 8 ) 頁: 2016 - 2024   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-019-04942-y

    Web of Science

    PubMed

  198. Number of retrieved lymph nodes is an independent prognostic factor after total gastrectomy for patients with stage III gastric cancer: propensity score matching analysis of a multi-institution dataset

    Hayashi Shogo, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   22 巻 ( 4 ) 頁: 853 - 863   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-018-0902-2

    Web of Science

    PubMed

  199. Functions of FRAS1 as a driver gene of liver metastasis from gastric cancer analyzed by the genome editing technology 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 13 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-863

    Web of Science

  200. Genomewide expression profiling identifies a novel miRNA-based signature for the detection of peritoneal metastasis in gastric cancer 査読有り

    Shimura Tadanobu, Toden Shusuke, Kandimalla Raju, Toiyama Yuji, Okugawa Yoshinaga, Kanda Mitsuro, Baba Hideo, Kodera Yasuhiro, Kusunoki Masato, Hori Hiroki, Goel Ajay

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 13 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-3135

    Web of Science

  201. 切除不能胃癌に対するConversion Surgeryの適応と予後因子の検討 査読有り

    小林 大介, 神田 光郎, 田中 千恵, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   74回 巻   頁: P33 - 1   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  202. 胃癌に対するS-1術後補助化学療法の開始時期と予後に関する検討 査読有り

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   74回 巻   頁: P75 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  203. Long-lasting discussion: Adverse effects of intraoperative blood loss and allogeneic transfusion on prognosis of patients with gastric cancer 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   25 巻 ( 22 ) 頁: 2743 - 2751   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v25.i22.2743

    Web of Science

    PubMed

  204. Albumin-Bilirubin Score Predicts Tolerability to Adjuvant S-1 Monotherapy after Curative Gastrectomy 査読有り

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTRIC CANCER   19 巻 ( 2 ) 頁: 183 - 192   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5230/jgc.2019.19.e15

    Web of Science

    PubMed

  205. Genome-wide Discovery of a Novel Gene-expression Signature for the Identification of Lymph Node Metastasis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読有り 国際誌

    Sonohara Fuminori, Gao Feng, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Takahashi Naoki, Yamada Yasuhide, Kodera Yasuhiro, Wang Xin, Goel Ajay

    ANNALS OF SURGERY   269 巻 ( 5 ) 頁: 879 - 886   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000002622

    Web of Science

    PubMed

  206. Homeobox C10 Influences on the Malignant Phenotype of Gastric Cancer Cell Lines and its Elevated Expression Positively Correlates with Recurrence and Poor Survival

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Umeda Shinichi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 5 ) 頁: 1535 - 1543   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07166-5

    Web of Science

    PubMed

  207. Long-term quality of life and nutrition status of the aboral pouch reconstruction after total gastrectomy for gastric cancer: a prospective multicenter observational study (CCOG1505)

    Tanaka Chie, Kanda Mitsuro, Murotani Kenta, Yoshikawa Takaki, Cho Haruhiko, Ito Yuichi, Matsui Takanori, Nakayama Hiroshi, Yamada Takanobu, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   22 巻 ( 3 ) 頁: 607 - 616   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-018-0893-z

    Web of Science

    PubMed

  208. Increased Expression of DNAJC12 is Associated with Aggressive Phenotype of Gastric Cancer

    Uno Yasuo, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Suenaga Masaya, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 3 ) 頁: 836 - 844   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-07149-y

    Web of Science

    PubMed

  209. Intraoperative Blood Loss is Associated with Shortened Postoperative Survival of Patients with Stage II/III Gastric Cancer: Analysis of a Multi-institutional Dataset

    Ito Yuki, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   43 巻 ( 3 ) 頁: 870 - 877   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-018-4834-0

    Web of Science

    PubMed

  210. A genomewide transcriptomic approach identifies a novel gene expression signature for the detection of lymph node metastasis in patients with early stage gastric cancer 査読有り 国際誌

    Izumi Daisuke, Gao Feng, Toden Shusuke, Sonohara Fuminori, Kanda Mitsuro, Ishimoto Takatsugu, Kodera Yasuhiro, Wang Xin, Baba Hideo, Goel Ajay

    EBIOMEDICINE   41 巻   頁: 268 - 275   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2019.01.057

    Web of Science

    PubMed

  211. Prediction of peritoneal recurrences of gastric cancer by qPCR analysis of peritoneal lavage fluids. 査読有り

    Nakanishi Koki, Kanda Mitsuro, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 4 )   2019年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  212. The Controlling Nutritional Status Score Serves as a Predictor of Short- and Long-Term Outcomes for Patients with Stage 2 or 3 Gastric Cancer: Analysis of a Multi-institutional Data Set

    Ryo Song, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 2 ) 頁: 456 - 464   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-07121-w

    Web of Science

    PubMed

  213. 胃癌におけるMelanotransferrin発現と臨床的意義の検討 査読有り

    澤木 康一, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 服部 憲史, 末永 雅也, 高見 秀樹, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本胃癌学会総会記事   91回 巻   頁: 490 - 490   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  214. Prognostic significance of perioperative tumor marker levels in stage II/III gastric cancer

    Suenaga Yasuhito, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ONCOLOGY   11 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 27   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4251/wjgo.v11.i1.17

    Web of Science

    PubMed

  215. Identification of a serum-based miRNA signature for response of esophageal squamous cell carcinoma to neoadjuvant chemotherapy

    Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Kurimoto Keisuke, Hayashi Masamichi, Tashiro Mitsuru, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF TRANSLATIONAL MEDICINE   17 巻 ( 1 ) 頁: 1   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12967-018-1762-6

    Web of Science

    PubMed

  216. Optical trocar access for initial trocar placement in laparoscopic gastrointestinal surgery: A propensity score-matching analysis 査読有り

    Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Kanda Mitsuro, Murotani Kenta, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Kodera Yasuhiro

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   12 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 42   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12484

    Web of Science

    PubMed

  217. Perioperative and prognostic implication of albumin-bilirubin-TNM score in Child-Pugh class A hepatocellular carcinoma

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Tanaka Nobutake, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Sugimoto Hiroyuki, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF GASTROENTEROLOGICAL SURGERY   3 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 74   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ags3.12212

    Web of Science

    PubMed

  218. Establishment of Peritoneal and Hepatic Metastasis Mouse Xenograft Models Using Gastric Cancer Cell Lines 査読有り

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Umeda Shinichi, Tanaka Haruyoshi, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    IN VIVO   33 巻 ( 6 ) 頁: 1785 - 1792   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11669

    Web of Science

    PubMed

  219. Peritoneal Lavage Tumor DNA as a Novel Biomarker for Predicting Peritoneal Recurrence in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma 査読有り

    Suenaga M., Fujii T., Yamada S., Hayashi M., Shinjo K., Takami H., Niwa Y., Sonohara F., Shimizu D., Kanda M., Kobayashi D., Tanaka C., Nakayama G., Koike M., Fujiwara M., Kondo Y., Kodera Y.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1528 - 1528   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  220. ASO Author Reflections: Troponin I2A Specific Biomarker for Detection and Prediction of Peritoneal Metastasis in Gastric Cancer 査読有り

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   25 巻 ( Suppl 3 ) 頁: 709 - 710   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-6801-2

    Web of Science

    PubMed

  221. RASEF expression correlates with hormone receptor status in breast cancer

    Shibata Masahiro, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Haruyoshi, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Hayashi Masamichi, Inaishi Takahiro, Miyajima Noriyuki, Adachi Yayoi, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Noda Sumiyo, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    ONCOLOGY LETTERS   16 巻 ( 6 ) 頁: 7223 - 7230   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.9542

    Web of Science

    PubMed

  222. Pathological tumor infiltrative pattern and sites of initial recurrence in stage II/III gastric cancer: Propensity score matching analysis of a multi-institutional dataset

    Nakagawa Nobuhiko, Kanda Mitsuro, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Teramoto Hitoshi, Ishigure Kiyoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Ishiyama Akiharu, Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Kodera Yasuhiro

    CANCER MEDICINE   7 巻 ( 12 ) 頁: 6020 - 6029   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1868

    Web of Science

    PubMed

  223. Homeobox C10 correlates with the malignant phenotype of gastric cancer and its recurrence and poor survival 査読有り

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1127-1127   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  224. FRAS1 expression reflects the malignancy potential of gastric cancer 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1128-1128   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  225. Copine 5 expression predicts prognosis following curative resection of esophageal squamous cell carcinoma

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Tanaka Haruyoshi, Miwa Takashi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGY REPORTS   40 巻 ( 6 ) 頁: 3772 - 3780   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2018.6742

    Web of Science

    PubMed

  226. Biological significance of ArfGAP with GTPase domain, ankyrin repeat and PH domain 3 (AGAP3) in colorectal cancer (CRC) 査読有り

    Shimizu Dai, Sato Kuniaki, Masuda Takaaki, Otsu Hajime, Kuroda Yousuke, Eguchi Hidetoshi, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro, Mimori Koshi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1235-1235   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  227. A New Biomarker for Peritoneal Lavage Using Digital PCR in Patients with Pancreatic Ductal Adenocarcinoma 査読有り

    Suenaga Masaya, Yamada Suguru, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 650-650   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  228. Integrated multigene expression panel to prognosticate patients with gastric cancer 査読有り

    Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Hayashi Masamichi, Suenaga Masaya, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 769 - 769   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  229. Pattern-specific Transcriptomics Identifies ASGR2 as a Predictor of Hematogenous Recurrence of Gastric Cancer 査読有り

    Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1128 - 1128   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  230. Troponin I2 as a specific biomarker for prediction of peritoneal metastasis in gastric cancer 査読有り

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 765 - 765   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  231. A New Biomarker for Peritoneal Lavage Using Digital PCR in Patients with Pancreatic Ductal Adenocarcinoma

    Suenaga Masaya, Yamada Suguru, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 650-650   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. FRAS1 expression reflects the malignancy potential of gastric cancer

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1128-1128   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Homeobox C10 correlates with the malignant phenotype of gastric cancer and its recurrence and poor survival

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1127-1127   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. Pattern-specific Transcriptomics Identifies ASGR2 as a Predictor of Hematogenous Recurrence of Gastric Cancer 査読有り

    Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1128-1128   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. Cutting-edge evidence of adjuvant treatments for gastric cancer

    Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro, Sakamoto Junichi

    EXPERT REVIEW OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY   12 巻 ( 11 ) 頁: 1109 - 1122   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17474124.2018.1530985

    Web of Science

    PubMed

  236. A randomized phase II multicenter trial to explore efficacy of weekly intraperitoneal in comparison with intravenous paclitaxel administered immediately after gastrectomy to the patients with high risk of peritoneal recurrence: final results of the INPACT trial. 査読有り

    Takahashi N, Kanda M, Yoshikawa T, Takiguchi N, Fujitani K, Miyamoto K, Ito Y, Takayama O, Imano M, Mitsumori N, Sakamoto J, Morita S, Kodera Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   21 巻 ( 6 ) 頁: 1014 - 1023   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-018-0817-y

    Web of Science

    PubMed

  237. Treatment strategy of intraperitoneal and systemic chemotherapy combined with gastrectomy for gastric cancer with peritoneal metastasis 査読有り

    Kobayashi Daisuke, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Sonohara Fuminori, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Hattori Norifumi, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   33 巻   頁: 98-98   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  238. Treatment strategy of intraperitoneal and systemic chemotherapy combined with gastrectomy for gastric cancer with peritoneal metastasis

    Kobayashi Daisuke, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Sonohara Fuminori, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Hattori Norifumi, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   33 巻   頁: 98-98   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. Expression of sushi domain containing two reflects the malignant potential of gastric cancer 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Suenaga Masaya, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER MEDICINE   7 巻 ( 10 ) 頁: 5194 - 5204   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1793

    Web of Science

    PubMed

  240. Significance of Preoperative Systemic Inflammation Score in Short-Term and Long-Term Outcomes of Patients with Pathological T2-4 Gastric Cancer After Radical Gastrectomy

    Sato Bin, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Iwata Naoki, Hattori Norifumi, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   42 巻 ( 10 ) 頁: 3277-3285   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-018-4597-7

    Web of Science

    PubMed

  241. SYT7 acts as a driver of hepatic metastasis formation of gastric cancer cells 査読有り

    Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Shimizu Dai, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hattori Norifumi, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ONCOGENE   37 巻 ( 39 ) 頁: 5355 - 5366   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-018-0335-8

    Web of Science

    PubMed

  242. Comparison of the Survival Outcomes of Pancreatic Cancer and Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms 査読有り

    Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Hirakawa Akihiro, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Hattori Norifumi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    PANCREAS   47 巻 ( 8 ) 頁: 974 - 979   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001110

    Web of Science

    PubMed

  243. Synaptotagmin XIII expression and peritoneal metastasis in gastric cancer

    Kanda M., Shimizu D., Tanaka H., Tanaka C., Kobayashi D., Hayashi M., Takami H., Niwa Y., Yamada S., Fujii T., Sugimoto H., Kodera Y.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   105 巻 ( 10 ) 頁: 1349-1358   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.10876

    Web of Science

  244. Pattern-Specific Transcriptomics Identifies ASGR2 as a Predictor of Hematogenous Recurrence of Gastric Cancer 査読有り

    Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Umeda Shinichi, Shibata Masahiro, Suenaga Masaya, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    MOLECULAR CANCER RESEARCH   16 巻 ( 9 ) 頁: 1420 - 1429   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-17-0467

    Web of Science

    PubMed

  245. 大腸癌におけるAGAP3の分子生物学的意義の検討(Biological significance of ArfGAP with GTPase domain, ankyrin repeat and PH domain 3(AGAP3) in colorectal cancer(CRC)) 査読有り

    清水 大, 佐藤 晋彰, 増田 隆明, 大津 甫, 黒田 陽介, 江口 英利, 神田 光郎, 小寺 泰弘, 三森 功士

    日本癌学会総会記事   77回 巻   頁: 2066 - 2066   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本癌学会  

  246. Efficacy of enteral nutrients containing beta-hydroxy-beta-methylbutyrate, glutamine, and arginine for the patients with anastomotic leakage after gastrectomy: study protocol of a multicenter phase II clinical trial 査読有り

    Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Murotani Kenta, Kobayashi Daisuke, Ito Seiji, Mochizuki Yoshinari, Ishigure Kiyoshi, Ishiyama Akiharu, Teramoto Hitoshi, Murai Toshifumi, Asada Takahiro, Matsushita Hidenobu, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 351 - 355   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.3.351

    Web of Science

    PubMed

  247. Randomized Phase II Trial of CapOX plus Bevacizumab and CapIRI plus Bevacizumab as First-Line Treatment for Japanese Patients with Metastatic Colorectal Cancer (CCOG-1201 Study) 査読有り

    Nakayama Goro, Mitsuma Ayako, Sunagawa Yuki, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Matsui Takanori, Nakayama Hiroshi, Nakata Kazuhiko, Ishiyama Akiharu, Asada Takahiro, Umeda Shinichi, Ezaka Kazuhiro, Hattori Norifumi, Takami Hideki, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Kanda Mitsuro, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Murotani Kenta, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGIST   23 巻 ( 8 ) 頁: 919 - 927   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1634/theoncologist.2017-0640

    Web of Science

    PubMed

  248. Impact of the Controlling Nutritional Status Score on the Prognosis After Curative Resection of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma 査読有り

    Kato Yoshiyasu, Yamada Suguru, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    PANCREAS   47 巻 ( 7 ) 頁: 823 - 829   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001105

    Web of Science

    PubMed

  249. Risk Factors for Peritoneal Recurrence in Stage II to III Colon Cancer

    Mayanagi Shuhei, Kashiwabara Kosuke, Honda Michitaka, Oba Koji, Aoyama Toru, Kanda Mitsuro, Maeda Hiromichi, Hamada Chikuma, Sadahiro Sotaro, Sakamoto Junichi, Saji Shigetoyo, Yoshikawa Takaki

    DISEASES OF THE COLON & RECTUM   61 巻 ( 7 ) 頁: 803-808   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/DCR.0000000000001002

    Web of Science

    PubMed

  250. Troponin I2 as a Specific Biomarker for Prediction of Peritoneal Metastasis in Gastric Cancer 査読有り

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Suenaga Masaya, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 7 ) 頁: 2083 - 2090   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-6480-z

    Web of Science

    PubMed

  251. Clinical Implications of Lysyl Oxidase-Like Protein 2 Expression in Pancreatic Cancer 査読有り

    Tanaka Nobutake, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Takami Hideki, Niwa Yukiko, Hattori Norifumi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 9846   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-28253-9

    Web of Science

    PubMed

  252. Emerging evidence of the molecular landscape specific for hematogenous metastasis from gastric cancer 査読有り

    Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ONCOLOGY   10 巻 ( 6 ) 頁: 124 - 136   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4251/wjgo.v10.i6.124

    Web of Science

    PubMed

  253. A novel dual-marker expression panel for easy and accurate risk stratification of patients with gastric cancer

    Kanda Mitsuro, Murotani Kenta, Tanaka Haruyoshi, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Hattori Norifumi, Suenaga Masaya, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER MEDICINE   7 巻 ( 6 ) 頁: 2463-2471   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1522

    Web of Science

    PubMed

  254. Significance of Lysyl oxidase-like 2 gene expression on the epithelial-mesenchymal status of hepatocellular carcinoma 査読有り

    Ninomiya Go, Yamada Suguru, Hayashi Masamichi, Takeda Shigeomi, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Kanda Mitsuro, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujii Tsutomu, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGY REPORTS   39 巻 ( 6 ) 頁: 2664 - 2672   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2018.6349

    Web of Science

    PubMed

  255. Postoperative adalimumab maintenance therapy for Japanese patients with Crohn's disease: a single-center, single-arm phase II trial (CCOG-1107 study) 査読有り

    Asada Takahiro, Nakayama Goro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Ezaka Kazuhiro, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   48 巻 ( 6 ) 頁: 609 - 617   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-018-1634-y

    Web of Science

    PubMed

  256. IDENTIFICATION OF MOLECULES DRIVING HEPATIC METASTASIS FORMATION OF GASTRIC CANCER CELLS

    Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Hattori Norifumi, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    GUT   67 巻   頁: A5-A5   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gutjnl-2018-IDDFabstracts.12

    Web of Science

  257. A phase II trial to evaluate the efficacy of panitumumab combined with fluorouracil-based chemotherapy for metastatic colorectal cancer: the PF trial. 査読有り

    Munemoto Y, Kanda M, Oba K, Kim HM, Takemoto H, Denda T, Nagata N, Takano N, Fukunaga M, Kataoka M, Tokunaga Y, Sakamoto J, Mishima H

    Cancer chemotherapy and pharmacology   81 巻 ( 5 ) 頁: 829 - 838   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-018-3556-1

    Web of Science

    PubMed

  258. Integrated multigene expression panel to prognosticate patients with gastric cancer.

    Kanda M, Murotani K, Tanaka H, Miwa T, Umeda S, Tanaka C, Kobayashi D, Hayashi M, Hattori N, Suenaga M, Yamada S, Nakayama G, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncotarget   9 巻 ( 27 ) 頁: 18775-18785   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.24661

    PubMed

  259. Emerging evidence of molecular biomarkers in hepatocellular carcinoma 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY   33 巻 ( 4 ) 頁: 343 - 355   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14670/HH-11-936

    Web of Science

    PubMed

  260. Clinical Signatures of Mucinous and Poorly Differentiated Subtypes of Colorectal Adenocarcinomas by a Propensity Score Analysis of an Independent Patient Database from Three Phase III Trials

    Kanda Mitsuro, Oba Koji, Aoyama Toru, Kashiwabara Kosuke, Mayanagi Shuhei, Maeda Hiromichi, Honda Michitaka, Hamada Chikuma, Sadahiro Sotaro, Sakamoto Junichi, Saji Shigetoyo, Yoshikawa Takaki

    DISEASES OF THE COLON & RECTUM   61 巻 ( 4 ) 頁: 461-471   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/DCR.0000000000001022

    Web of Science

    PubMed

  261. 門脈合併切除膵癌における脾静脈再建-するvsしない- しない 査読有り

    藤井 努, 服部 正嗣, 山田 豪, 猪川 祥邦, 神田 光郎, 高見 秀樹, 吉岡 伊作, 渋谷 和人, 奥村 知之, 中尾 昭公, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 巻   頁: 743 - 743   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  262. Significance of SYT8 For the Detection, Prediction, and Treatment of Peritoneal Metastasis From Gastric Cancer 査読有り

    Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Sugimoto Hiroyuki, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGERY   267 巻 ( 3 ) 頁: 495 - 503   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000002096

    Web of Science

    PubMed

  263. Preoperative Albumin-Bilirubin Grade Predicts Recurrences After Radical Gastrectomy in Patients with pT2-4 Gastric Cancer 査読有り

    Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Uda Hiroaki, Inaoka Kenichi, Tanaka Yuri, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Sugimoto Hiroyuki, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   42 巻 ( 3 ) 頁: 773 - 781   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-017-4234-x

    Web of Science

    PubMed

  264. Identification of a novel molecule target for the diagnosis, prediction, and treatment of hepatic metastasis of gastric cancer. 査読有り

    Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Miwa Takashi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: .   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  265. Phase I study of chemoradiotherapy using gemcitabine plus nab-paclitaxel for unresectable locally advanced pancreatic cancer. 査読有り

    Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Takano Nao, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: .   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  266. Clinical implication of nutrition for neoadjuvant therapy and impact of nutritional support in pancreatic cancer. 査読有り

    Tashiro Mitsuru, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Hattori Norifumi, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 )   2018年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  267. Clinical implication of nutrition for neoadjuvant therapy and impact of nutritional support in pancreatic cancer.

    Tashiro Mitsuru, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Hattori Norifumi, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: .   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. Identification of a novel molecule target for the diagnosis, prediction, and treatment of hepatic metastasis of gastric cancer.

    Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Miwa Takashi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: .   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. Phase I study of chemoradiotherapy using gemcitabine plus nab-paclitaxel for unresectable locally advanced pancreatic cancer.

    Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Takano Nao, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: .   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Review of recent molecular landscape knowledge of gastric cancer 査読有り

    Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY   33 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 26   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14670/HH-11-898

    Web of Science

    PubMed

  271. Effectiveness of plasma activated lactated Ringer's solution on pancreatic cancer cells in vitro and in vivo

    Sato Yusuke, Yamada Suguru, Takeda Shigeomi, Kanda Mitsuo, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 707-707   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  272. Oncogenic function of miR-23b-3p in hepatocellular carcinoma

    Masamichi Hayashi, Yamada Suguru, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1123-1123   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  273. Nutritional Recovery after Open and Laparoscopic Distal Gastrectomy for Early Gastric Cancer: A Prospective Multicenter Comparative Trial (CCOG1204) 査読有り

    Matsushita Hidenobu, Tanaka Chie, Murotani Kenta, Misawa Kazunari, Ito Seiji, Ito Yuichi, Kanda Mitsuro, Mochizuki Yoshinari, Ishigure Kiyoshi, Yaguchi Toyohisa, Teramoto Jin, Nakayama Hiroshi, Kawase Yoshihisa, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    DIGESTIVE SURGERY   35 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 18   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000458714

    Web of Science

    PubMed

  274. Perioperative Serum Carcinoembryonic Antigen Levels Predict Recurrence and Survival of Patients with Pathological T2-4 Gastric Cancer Treated with Curative Gastrectomy 査読有り

    Uda Hiroaki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Inaoka Kenichi, Tanaka Yuri, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Sugimoto Hiroyuki, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    DIGESTIVE SURGERY   35 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 63   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000471931

    Web of Science

    PubMed

  275. Review of recent efforts to discover biomarkers for early detection, monitoring, prognosis, and prediction of treatment responses of patients with gastric cancer 査読有り

    Sawaki Koichi, Kanda Mitsuro, Kodera Yasuhiro

    EXPERT REVIEW OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY   12 巻 ( 7 ) 頁: 657 - 670   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17474124.2018.1489233

    Web of Science

    PubMed

  276. Prognostic Impact of Portal System Invasion in Pancreatic Cancer Based on Image Classification

    Morimoto Daishi, Yamada Suguru, Murotani Kenta, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Tashiro Mitsuru, Hattori Norifumi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    PANCREAS   47 巻 ( 10 ) 頁: 1350 - 1356   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000001186

    Web of Science

    PubMed

  277. Randomized phase II study of daily and alternate-day administration of S-1 for advanced gastric cancer (JFMC43-1003). 査読有り

    Tanaka H, Kanda M, Morita S, Taguri M, Nishikawa K, Shimada M, Muguruma K, Koeda K, Takahashi M, Nakamori M, Konno H, Tsuji A, Hosoya Y, Shirasaka T, Yamamitsu S, Sowa M, Kitajima M, Okajima M, Kobayashi M, Sakamoto J, Saji S, Hirakawa K

    International journal of clinical oncology   22 巻 ( 6 ) 頁: 1052 - 1059   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1157-3

    Web of Science

    PubMed

  278. Prevalence of Helicobacter Pylori Infection in Dyspeptic Patients in Andkhoy Afghanistan

    Hamrah MH, Hamrah MS, Hassan Hamrah M, Kanda M, Hamrah AE, Dahi AE, Homayoun F, Hamrah MH, Fotouhi A, Sakamoto J

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   18 巻 ( 11 ) 頁: 3123-3127   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22034/APJCP.2017.18.11.3123

    PubMed

  279. Development and validation of a prognostic nomogram for colorectal cancer after radical resection based on individual patient data from three large-scale phase III trials. 査読有り

    Honda M, Oba K, Akiyoshi T, Maeda H, Kashiwabara K, Kanda M, Mayanagi S, Aoyama T, Hamada C, Sadahiro S, Fukunaga Y, Ueno M, Sakamoto J, Saji S, Yoshikawa T

    Oncotarget   8 巻 ( 58 ) 頁: 99150 - 99160   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.21845

    Web of Science

    PubMed

  280. FBXO50 Enhances the Malignant Behavior of Gastric Cancer Cells 査読有り

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Umeda Shinichi, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 巻 ( 12 ) 頁: 3771 - 3779   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-017-5882-7

    Web of Science

    PubMed

  281. Clinical impact of postoperative surgical complications on the colorectal cancer survival and recurrence: Analyses of pooled individual patients' data from three large phase III randomized trials

    Aoyama T., Oba K., Honda M., Sadahiro S., Hamada C., Mayanagi S., Kanda M., Maeda H., Sakamoto J., Saji S., Yoshikawa T.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: .   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  282. Clinical impact of tumor location on the colon cancer survival and recurrence: analyses of pooled data from three large phase III randomized clinical trials

    Aoyama Toru, Kashiwabara Kosuke, Oba Koji, Honda Michitaka, Sadahiro Sotaro, Hamada Chikuma, Maeda Hiromichi, Mayanagi Shuhei, Kanda Mitsuro, Sakamoto Junichi, Saji Shigetoyo, Yoshikawa Takaki

    CANCER MEDICINE   6 巻 ( 11 ) 頁: 2523-2530   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1208

    Web of Science

    PubMed

  283. FAM46C Serves as a Predictor of Hepatic Recurrence in Patients with Resectable Gastric Cancer 査読有り

    Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Fujiwara Michitaka, Niwa Yukiko, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 巻 ( 11 ) 頁: 3438 - 3445   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5636-y

    Web of Science

    PubMed

  284. Identification of NCCRP1 as an epigenetically regulated tumor suppressor and biomarker for malignant phenotypes of squamous cell carcinoma of the esophagus 査読有り

    Miwa Takashi, Kanda Mitsuro, Koike Masahiko, Iwata Naoki, Tanaka Haruyoshi, Umeda Shinichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGY LETTERS   14 巻 ( 4 ) 頁: 4822 - 4828   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.6753

    Web of Science

    PubMed

  285. Evaluation and proposal of novel resectability criteria for pancreatic cancer established by the Japan Pancreas Society 査読有り

    Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Sugimoto Hiroyuki, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    SURGERY   162 巻 ( 4 ) 頁: 784 - 791   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.04.023

    Web of Science

    PubMed

  286. An integrated multigene expression panel to predict long-term survival after curative hepatectomy in patients with hepatocellular carcinoma 査読有り

    Kanda Mitsuro, Murotani Kenta, Sugimoto Hiroyuki, Miwa Takashi, Umeda Shinichi, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Hattori Norifumi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ONCOTARGET   8 巻 ( 41 ) 頁: 71070 - 71079   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.20369

    Web of Science

    PubMed

  287. Downregulation of GPR155 as a prognostic factor after curative resection of hepatocellular carcinoma 査読有り

    Umeda Shinichi, Kanda Mitsuro, Sugimoto Hiroyuki, Tanaka Haruyoshi, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Takami Hideki, Niwa Yukiko, Iwata Naoki, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    BMC CANCER   17 巻 ( 1 ) 頁: 610   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-017-3629-2

    Web of Science

    PubMed

  288. Overexpression of Derlin 3 is associated with malignant phenotype of breast cancer cells 査読有り

    Shibata Masahiro, Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Shimizu Dai, Hayashi Masamichi, Inaishi Takahiro, Miyajima Noriyuki, Adachi Yayoi, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Noda Sumiyo, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    ONCOLOGY REPORTS   38 巻 ( 3 ) 頁: 1760 - 1766   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2017.5800

    Web of Science

    PubMed

  289. Involvement of the immunoregulator MZB1 in progression of gastric cancer

    Tanaka Y., Kanda M., Tanaka C., Kobayashi D., Tanaka H., Takami H., Hayashi M., Iwata N., Niwa Y., Yamada S., Nakayama G., Sugimoto H., Koike M., Fujiwara M., Kodera Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: .   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  290. Nutritional recovery after open and laparoscopic distal gastrectomy for early gastric cancer: A prospective multicenter comparative trial (CCOG1204)

    Tanaka C., Kanda M., Misawa K., Ito S., Ito Y., Mochizuki Y., Ishigure K., Yaguchi T., Teramoto J., Nakayama H., Kawase Y., Fujiwara M., Kodera Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: .   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  291. Usefulness of preoperative estimated glomerular filtration rate to predict complications after curative gastrectomy in patients with clinical T2-4 gastric cancer 査読有り

    Tanaka Yuri, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Mizuno Akira, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Takami Hideki, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   20 巻 ( 4 ) 頁: 736 - 743   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-016-0657-6

    Web of Science

    PubMed

  292. Impact of postoperative complications on the colorectal cancer survival and recurrence: analyses of pooled individual patients' data from three large phase III randomized trials

    Aoyama Toru, Oba Koji, Honda Michitaka, Sadahiro Sotaro, Hamada Chikuma, Mayanagi Shuhei, Kanda Mitsuro, Maeda Hiromichi, Kashiwabara Kosuke, Sakamoto Junichi, Saji Shigetoyo, Yoshikawa Takaki

    CANCER MEDICINE   6 巻 ( 7 ) 頁: 1573-1580   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1126

    Web of Science

    PubMed

  293. Expression of regulatory factor X1 can predict the prognosis of breast cancer 査読有り

    Shibata Masahiro, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Haruyoshi, Umeda Shinichi, Hayashi Masamichi, Inaishi Takahiro, Miyajima Noriyuki, Adachi Yayoi, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Noda Sumiyo, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    ONCOLOGY LETTERS   13 巻 ( 6 ) 頁: 4334 - 4340   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.6005

    Web of Science

    PubMed

  294. Stapling an extracorporeal Billroth-I anastomosis by the complete double stapling technique after laparoscopy-assisted distal gastrectomy 査読有り

    Tanaka Chie, Fujiwara Michitaka, Kanda Mitsuro, Murotani Kenta, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   10 巻 ( 2 ) 頁: 137 - 142   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12357

    Web of Science

    PubMed

  295. Intraperitoneal Administration of Plasma-Activated Medium: Proposal of a Novel Treatment Option for Peritoneal Metastasis From Gastric Cancer 査読有り

    Takeda Shigeomi, Yamada Suguru, Hattori Norifumi, Nakamura Kae, Tanaka Hiromasa, Kajiyama Hiroaki, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Fujii Tsutomu, Fujiwara Michitaka, Mizuno Masaaki, Hori Masaru, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 巻 ( 5 ) 頁: 1188 - 1194   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5759-1

    Web of Science

    PubMed

  296. Clinical utility of the platelet-lymphocyte ratio as a predictor of postoperative complications after radical gastrectomy for clinical T2-4 gastric cancer 査読有り

    Inaoka Kenichi, Kanda Mitsuro, Uda Hiroaki, Tanaka Yuri, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Takami Hideki, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Sugimoto Hiroyuki, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   23 巻 ( 14 ) 頁: 2519 - 2526   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v23.i14.2519

    Web of Science

    PubMed

  297. The efficacy and safety of CapeOX plus bevacizumab therapy followed by capecitabine plus bevacizumab maintenance therapy in patients with metastatic colorectal cancer: a multi-center, single-arm, phase II study (CCOG-0902) 査読有り

    Nakayama Goro, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Uehara Keisuke, Kojima Hiroshi, Ishiyama Akiharu, Hayashi Naomi, Takano Nao, Hattori Norifumi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Yamada Suguru, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Murotani Kenta, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro

    BMC CANCER   17 巻 ( 1 ) 頁: 243   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-017-3245-1

    Web of Science

    PubMed

  298. Clinical impact of sarcopenia on prognosis in pancreatic ductal adenocarcinoma: A retrospective cohort study 査読有り

    Ninomiya Go, Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Yabusaki Norimitsu, Suzuki Kojiro, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY   39 巻   頁: 45 - 51   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2017.01.075

    Web of Science

    PubMed

  299. GPR155 Serves as a Predictive Biomarker for Hematogenous Metastasis in Patients with Gastric Cancer 査読有り

    Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Takami Hideki, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   頁: 42089   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep42089

    Web of Science

    PubMed

  300. Esophageal Cancer and associated Factors among Uzbek-Turkmen and Other Ethnic Groups in the Northern Part of Afghanistan

    Hamrah MH, Hamrah MSh, Kanda M, Sakamoto J, Hamrah MH, Hami A, Hamrah AE, Dahi AE, Hamrah MH

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   18 巻 ( 2 ) 頁: 333-337   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22034/APJCP.2017.18.2.333

    PubMed

  301. Clinical impact of sarcopenia on prognosis in pancreatic ductal adenocarcinoma. 査読有り

    Ninomiya Go, Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Asano Tomonari, Takano Nao, Takami Hideki, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Fujiwara Michitaka, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  302. Conversion surgery for unresectable gastric cancer following complete response of distant metastasis by systemic chemotherapy. 査読有り

    Kobayashi Daisuke, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujii Tsutomu, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  303. Clinical implication of inflammation-based prognostic score and perioperative nutrition control in pancreatic cancer. 査読有り

    Takano Nao, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Tashiro Mitsuru, Tanaka Nobutake, Morimoto Daishi, Ninomiya Go, Niwa Yukiko, Takami Hideki, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  304. Tumor infiltrative pattern predicts sites of recurrence after curative gastrectomy for gastric cancer.

    Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2017.35.4_suppl.38

    Web of Science

  305. Inverse probability of treatment weighting analysis of upfront surgery versus neoadjuvant chemoradiotherapy followed by surgery for pancreatic adenocarcinoma with arterial abutment. 査読有り

    Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Murotani Kenta, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  306. The efficacy and safety of CapeOX plus bevacizumab therapy with a planned oxaliplatin stop-and-go strategy in patients with metastatic colorectal cancer: A multicenter, single-arm, phase II study (CCOG-0902 study). 査読有り

    Sunakawa Yuuki, Nakayama Goro, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Uehara Keisuke, Kanda Mitsuro, Murotani Kenta, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  307. Clinical impact of sarcopenia on prognosis in pancreatic ductal adenocarcinoma.

    Ninomiya Go, Fujii Tsutomu, Yamada Suguru, Asano Tomonari, Takano Nao, Takami Hideki, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Niwa Yukiko, Hayashi Masamichi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Fujiwara Michitaka, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 ) 頁: .   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. Conversion surgery for unresectable gastric cancer following complete response of distant metastasis by systemic chemotherapy.

    Kobayashi Daisuke, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujii Tsutomu, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 ) 頁: .   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. The COMET Open-label Phase II Study of Neoadjuvant FOLFOX or XELOX Treatment Combined with Molecular Targeting Monoclonal Antibodies in Patients with Resectable Liver Metastasis of Colorectal Cancer. 査読有り

    Kataoka M, Kanda M, Ishigure K, Matsuoka H, Sato Y, Takahashi T, Tanaka C, Deguchi T, Shibata Y, Sato M, Inagaki H, Matsui T, Kondo A, Takano N, Tanaka H, Sakamoto J, Oba K, Kondo K

    Annals of surgical oncology   24 巻 ( 2 ) 頁: 546 - 553   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5557-9

    Web of Science

    PubMed

  310. Proposal of the Coagulation Score as a Predictor for Short-Term and Long-Term Outcomes of Patients with Resectable Gastric Cancer 査読有り

    Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Mizuno Akira, Tanaka Yuri, Takami Hideki, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Sugimoto Hiroyuki, Murotani Kenta, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 巻 ( 2 ) 頁: 502 - 509   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5544-1

    Web of Science

    PubMed

  311. The protein arginine methyltransferase 5 promotes malignant phenotype of hepatocellular carcinoma cells and is associated with adverse patient outcomes after curative hepatectomy 査読有り

    Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Sugimoto Hiroyuki, Shibata Masahiro, Tanaka Haruyoshi, Takami Hideki, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   50 巻 ( 2 ) 頁: 381 - 386   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2017.3833

    Web of Science

    PubMed

  312. Association of Inflammasome Components in Background Liver with Poor Prognosis After Curatively-resected Hepatocellular Carcinoma 査読有り

    Sonohara Fuminori, Inokawa Yoshikuni, Kanda Mitsuro, Nishikawa Yoko, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Sugimoto Hiroyuki, Kodera Yasuhiro, Nomoto Shuji

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 1 ) 頁: 293 - 300   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11320

    Web of Science

    PubMed

  313. Clinical benefits of neoadjuvant chemoradiotherapy for adenocarcinoma of the pancreatic head: an observational study using inverse probability of treatment weighting 査読有り

    Fujii Tsutomu, Satoi Sohei, Yamada Suguru, Murotani Kenta, Yanagimoto Hiroaki, Takami Hideki, Yamamoto Tomohisa, Kanda Mitsuro, Yamaki So, Hirooka Satoshi, Kon Masanori, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   52 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 93   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-016-1217-x

    Web of Science

    PubMed

  314. PAX5 gene as a novel methylation marker that predicts both clinical outcome and cisplatin sensitivity in esophageal squamous cell carcinoma 査読有り

    Kurimoto Keisuke, Hayashi Masamichi, Guerrero-Preston Rafael, Koike Masahiko, Kanda Mitsuro, Hirabayashi Sho, Tanabe Hiroshi, Takano Nao, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Takami Hideki, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Fujii Tsutomu, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    EPIGENETICS   12 巻 ( 10 ) 頁: 865 - 874   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15592294.2017.1365207

    Web of Science

    PubMed

  315. Hazard rate of tumor recurrence over time in patients with colon cancer: implications for postoperative surveillance from three Japanese Foundation for Multi-disciplinary Treatment of Cancer (JFMC) clinical trials

    Maeda Hiromichi, Kashiwabara Kosuke, Aoyama Toru, Oba Koji, Honda Michitaka, Mayanagi Shuhei, Kanda Mitsuro, Hamada Chikuma, Sadahiro Sotaro, Sakamoto Junichi, Saji Shigetoyo, Yoshikawa Takaki

    JOURNAL OF CANCER   8 巻 ( 19 ) 頁: 4057-4064   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7150/jca.21365

    Web of Science

    PubMed

  316. Pharmacokinetic dose adjustment of 5-FU in modified FOLFOX7 plus bevacizumab for metastatic colorectal cancer in Japanese patients: a-JUST phase II clinical trial. 査読有り

    Denda T, Kanda M, Morita Y, Kim HM, Kashiwada T, Matsuda C, Fujieda S, Nakata K, Murotani K, Oba K, Sakamoto J, Mishima H

    Cancer chemotherapy and pharmacology   78 巻 ( 6 ) 頁: 1253-1261   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-016-3184-6

    PubMed

  317. Prognostic significance of AKR1B10 gene expression in hepatocellular carcinoma and surrounding non-tumorous liver tissue.

    Sonohara F, Inokawa Y, Hishida M, Kanda M, Nishikawa Y, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Kodera Y, Nomoto S

    Oncology letters   12 巻 ( 6 ) 頁: 4821-4828   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.5240

    PubMed

  318. Lymph node ratio as parameter of regional lymph node involvement in pancreatic cancer.

    Yamada S, Fujii T, Hirakawa A, Kanda M, Sugimoto H, Kodera Y

    Langenbeck's archives of surgery   401 巻 ( 8 ) 頁: 1143-1152   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00423-016-1412-5

    PubMed

  319. A resected case of symptomatic acinar cell cystadenoma of the pancreas displacing the main pancreatic duct.

    Tanaka H, Hatsuno T, Kinoshita M, Hasegawa K, Ishihara H, Takano N, Shimoyama S, Nakayama H, Kataoka M, Ichihara S, Kanda M, Kodera Y, Kondo K

    Surgical case reports   2 巻 ( 1 ) 頁: 39   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-016-0166-1

    PubMed

  320. Prognostic relevance of <i>SAMSN1</i> expression in gastric cancer.

    Kanda M, Shimizu D, Sueoka S, Nomoto S, Oya H, Takami H, Ezaka K, Hashimoto R, Tanaka Y, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncology letters   12 巻 ( 6 ) 頁: 4708-4716   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.5233

    PubMed

  321. Erratum to: The COMET Open-label Phase II Study of Neoadjuvant FOLFOX or XELOX Treatment Combined with Molecular Targeting Monoclonal Antibodies in Patients with Resectable Liver Metastasis of Colorectal Cancer. 査読有り

    Kataoka M, Kanda M, Ishigure K, Matsuoka H, Sato Y, Takahashi T, Tanaka C, Deguchi T, Shibata Y, Sato M, Inagaki H, Matsui T, Kondo A, Takano N, Tanaka H, Sakamoto J, Oba K, Kondo K

    Annals of surgical oncology   23 巻 ( Suppl 5 ) 頁: 1064   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5593-5

    PubMed

  322. Epigenetic suppression of the immunoregulator MZB1 is associated with the malignant phenotype of gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Tanaka C, Kobayashi D, Tanaka H, Shimizu D, Shibata M, Takami H, Hayashi M, Iwata N, Niwa Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of cancer   139 巻 ( 10 ) 頁: 2290-8   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.30286

    PubMed

  323. Molecular alterations in the carcinogenesis and progression of hepatocellular carcinoma: Tumor factors and background liver factors.

    Inokawa Y, Inaoka K, Sonohara F, Hayashi M, Kanda M, Nomoto S

    Oncology letters   12 巻 ( 5 ) 頁: 3662-3668   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.5141

    PubMed

  324. Predictive value of drain amylase content for peripancreatic inflammatory fluid collections after laparoscopic (assisted) distal gastrectomy. 査読有り

    Kanda M, Fujiwara M, Tanaka C, Kobayashi D, Iwata N, Mizuno A, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Kodera Y

    Surgical endoscopy   30 巻 ( 10 ) 頁: 4353-62   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-016-4753-9

    PubMed

  325. Modified two-dimensional response as surrogate marker of overall survival in patients with metastatic colorectal cancer.

    Nakayama G, Fujii T, Murotani K, Uehara K, Hattori N, Hayashi M, Tanaka C, Kobayashi D, Kanda M, Yamada S, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Ando Y, Kodera Y

    Cancer science   107 巻 ( 10 ) 頁: 1492-1498   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13023

    PubMed

  326. Protein arginine methyltransferase 5 is associated with malignant phenotype and peritoneal metastasis in gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Fujii T, Tanaka H, Shibata M, Iwata N, Hayashi M, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of oncology   49 巻 ( 3 ) 頁: 1195-202   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2016.3584

    PubMed

  327. Correlation Between Poor Prognosis and Lower TPPP Gene Expression in Hepatocellular Carcinoma.

    Inokawa Y, Sonohara F, Kanda M, Hayashi M, Nishikawa Y, Sugimoto H, Kodera Y, Nomoto S

    Anticancer research   36 巻 ( 9 ) 頁: 4639-45   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11014

    PubMed

  328. Molecular mechanisms of peritoneal dissemination in gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Kodera Y

    World journal of gastroenterology   22 巻 ( 30 ) 頁: 6829-40   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i30.6829

    PubMed

  329. Neurotrophin Receptor-Interacting Melanoma Antigen-Encoding Gene Homolog is Associated with Malignant Phenotype of Gastric Cancer. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Fujii T, Tanaka H, Tanaka Y, Ezaka K, Shibata M, Takami H, Hashimoto R, Sueoka S, Iwata N, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   23 巻 ( Suppl 4 ) 頁: 532-539   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5375-0

    PubMed

  330. The significance of relative dose intensity in adjuvant chemotherapy of pancreatic ductal adenocarcinoma-including the analysis of clinicopathological factors influencing relative dose intensity.

    Yabusaki N, Fujii T, Yamada S, Murotani K, Sugimoto H, Kanda M, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Medicine   95 巻 ( 29 ) 頁: e4282   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000004282

    PubMed

  331. Overexpression of ankyrin1 promotes pancreatic cancer cell growth. 査読有り

    Omura N, Mizuma M, MacGregor A, Hong SM, Ayars M, Almario JA, Borges M, Kanda M, Li A, Vincent A, Maitra A, Goggins M

    Oncotarget   7 巻 ( 23 ) 頁: 34977-87   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.9009

    PubMed

  332. Nutritional predictors for postoperative short-term and long-term outcomes of patients with gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Mizuno A, Tanaka C, Kobayashi D, Fujiwara M, Iwata N, Hayashi M, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Takami H, Niwa Y, Murotani K, Kodera Y

    Medicine   95 巻 ( 24 ) 頁: e3781   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000003781

    PubMed

  333. Tumor Infiltrative Pattern Predicts Sites of Recurrence After Curative Gastrectomy for Stages 2 and 3 Gastric Cancer. 査読有り

    Kanda M, Mizuno A, Fujii T, Shimoyama Y, Yamada S, Tanaka C, Kobayashi D, Koike M, Iwata N, Niwa Y, Hayashi M, Takami H, Nakayama G, Sugimoto H, Fujiwara M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   23 巻 ( 6 ) 頁: 1934-40   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5102-x

    PubMed

  334. Adverse impact of low skeletal muscle index on the prognosis of hepatocellular carcinoma after hepatic resection.

    Yabusaki N, Fujii T, Yamada S, Suzuki K, Sugimoto H, Kanda M, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of surgery (London, England)   30 巻   頁: 136-42   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2016.04.049

    PubMed

  335. Clinical Implication of Inflammation-Based Prognostic Score in Pancreatic Cancer: Glasgow Prognostic Score Is the Most Reliable Parameter.

    Yamada S, Fujii T, Yabusaki N, Murotani K, Iwata N, Kanda M, Tanaka C, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Medicine   95 巻 ( 18 ) 頁: e3582   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000003582

    PubMed

  336. Metastatic pathway-specific transcriptome analysis identifies MFSD4 as a putative tumor suppressor and biomarker for hepatic metastasis in patients with gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Tanaka H, Shibata M, Iwata N, Hayashi M, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncotarget   7 巻 ( 12 ) 頁: 13667-79   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.7269

    PubMed

  337. S-1 plus nab-paclitaxel is a promising regimen for pancreatic cancer in a preclinical model.

    Suenaga M, Yamada S, Fujii T, Tanaka C, Kanda M, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of surgical oncology   113 巻 ( 4 ) 頁: 413-9   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.24147

    PubMed

  338. Comparison of the international consensus guidelines for predicting malignancy in intraductal papillary mucinous neoplasms.

    Yamada S, Fujii T, Murotani K, Kanda M, Sugimoto H, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Nakao A, Kodera Y

    Surgery   159 巻 ( 3 ) 頁: 878-84   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2015.08.042

    PubMed

  339. NRAGE promotes the malignant phenotype of hepatocellular carcinoma.

    Shimizu D, Kanda M, Sugimoto H, Sueoka S, Takami H, Ezaka K, Tanaka Y, Hashimoto R, Okamura Y, Iwata N, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncology letters   11 巻 ( 3 ) 頁: 1847-1854   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.4120

    PubMed

  340. Short-term outcomes after conventional transthoracic esophagectomy.

    Niwa Y, Koike M, Hattori M, Iwata N, Takami H, Hayashi M, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Nagoya journal of medical science   78 巻 ( 1 ) 頁: 69-78   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  341. Modified Blumgart Suturing Technique for Remnant Closure After Distal Pancreatectomy: a Propensity Score-Matched Analysis.

    Fujii T, Yamada S, Murotani K, Sugimoto H, Hattori M, Kanda M, Takami H, Nakayama G, Nomoto S, Fujiwara M, Nakao A, Kodera Y

    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   20 巻 ( 2 ) 頁: 374-84   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-015-2980-3

    PubMed

  342. Preoperative Identification of a Prognostic Factor for Pancreatic Neuroendocrine Tumors Using Multiphase Contrast-Enhanced Computed Tomography.

    Yamada S, Fujii T, Suzuki K, Inokawa Y, Kanda M, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Nakao A, Kodera Y

    Pancreas   45 巻 ( 2 ) 頁: 198-203   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000443

    PubMed

  343. The Prognostic Relevance of Subcarinal Lymph Node Dissection in Esophageal Squamous Cell Carcinoma.

    Niwa Y, Koike M, Hattori M, Iwata N, Takami H, Hayashi M, Tanaka C, Kobayashi D, Kanda M, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Fujiwara M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   23 巻 ( 2 ) 頁: 611-8   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4819-2

    PubMed

  344. Adverse Effects of Intraoperative Blood Loss on Long-Term Outcomes after Curative Gastrectomy of Patients with Stage II/III Gastric Cancer.

    Mizuno A, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Iwata N, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Digestive surgery   33 巻 ( 2 ) 頁: 121-8   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000443219

    PubMed

  345. Oral Food Intake Versus Fasting on Postoperative Pancreatic Fistula After Distal Pancreatectomy: A Multi-Institutional Randomized Controlled Trial.

    Fujii T, Yamada S, Murotani K, Okamura Y, Ishigure K, Kanda M, Takeda S, Morita S, Nakao A, Kodera Y

    Medicine   94 巻 ( 52 ) 頁: e2398   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000002398

    PubMed

  346. CD44 single nucleotide polymorphism and isoform switching may predict gastric cancer recurrence.

    Suenaga M, Yamada S, Fuchs BC, Fujii T, Kanda M, Tanaka C, Kobayashi D, Fujiwara M, Tanabe KK, Kodera Y

    Journal of surgical oncology   112 巻 ( 6 ) 頁: 622-8   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.24056

    PubMed

  347. Influence of Food Intake on the Healing Process of Postoperative Pancreatic Fistula After Pancreatoduodenectomy: A Multi-institutional Randomized Controlled Trial.

    Fujii T, Nakao A, Murotani K, Okamura Y, Ishigure K, Hatsuno T, Sakai M, Yamada S, Kanda M, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   22 巻 ( 12 ) 頁: 3905-12   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4496-1

    PubMed

  348. Effectiveness of plasma treatment on pancreatic cancer cells.

    Hattori N, Yamada S, Torii K, Takeda S, Nakamura K, Tanaka H, Kajiyama H, Kanda M, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Mizuno M, Hori M, Kodera Y

    International journal of oncology   47 巻 ( 5 ) 頁: 1655-62   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2015.3149

    PubMed

  349. Capecitabine and oxaliplatin combined with bevacizumab are feasible for treating selected Japanese patients at least 75 years of age with metastatic colorectal cancer.

    Munemoto Y, Kanda M, Ishibashi K, Hata T, Kobayashi M, Hasegawa J, Fukunaga M, Takagane A, Otsuji T, Miyake Y, Nagase M, Sakamoto J, Matsuoka M, Oba K, Mishima H

    BMC cancer   15 巻   頁: 786   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-015-1712-0

    PubMed

  350. Genetic and epigenetic aspects of initiation and progression of hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Kanda M, Sugimoto H, Kodera Y

    World journal of gastroenterology   21 巻 ( 37 ) 頁: 10584-97   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v21.i37.10584

    PubMed

  351. Updated evidence on adjuvant treatments for gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Kodera Y, Sakamoto J

    Expert review of gastroenterology & hepatology     頁: 1-12   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1586/17474124.2015.1094373

    PubMed

  352. Adherens junctions associated protein 1 serves as a predictor of recurrence of squamous cell carcinoma of the esophagus. 査読有り

    Tanaka H, Kanda M, Koike M, Iwata N, Shimizu D, Ezaka K, Sueoka S, Tanaka Y, Takami H, Hashimoto R, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of oncology     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2015.3167

    PubMed

  353. Recent advances in the molecular diagnostics of gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Kodera Y

    World journal of gastroenterology : WJG   21 巻 ( 34 ) 頁: 9838-52   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v21.i34.9838

    PubMed

  354. Inverse Probability of Treatment Weighting Analysis of Upfront Surgery Versus Neoadjuvant Chemoradiotherapy Followed by Surgery for Pancreatic Adenocarcinoma with Arterial Abutment.

    Fujii T, Yamada S, Murotani K, Kanda M, Sugimoto H, Nakao A, Kodera Y

    Medicine   94 巻 ( 39 ) 頁: e1647   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000001647

    PubMed

  355. Factors related to occurrence and aggravation of pancreatic fistula after radical gastrectomy for gastric cancer.

    Kobayashi D, Iwata N, Tanaka C, Kanda M, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of surgical oncology   112 巻 ( 4 ) 頁: 381-6   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.24001

    PubMed

  356. Function and diagnostic value of Anosmin-1 in gastric cancer progression. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Fujii T, Sueoka S, Tanaka Y, Ezaka K, Takami H, Tanaka H, Hashimoto R, Iwata N, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of cancer. Journal international du cancer     2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.29803

    PubMed

  357. Excess Weight Adversely Influences Treatment Length of Postoperative Pancreatic Fistula: A Retrospective Study of 900 Patients.

    Fujii T, Kanda M, Nagai S, Suenaga M, Takami H, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Nakao A, Kodera Y

    Pancreas   44 巻 ( 6 ) 頁: 971-6   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000352

    PubMed

  358. Effectiveness of plasma treatment on gastric cancer cells.

    Torii K, Yamada S, Nakamura K, Tanaka H, Kajiyama H, Tanahashi K, Iwata N, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Sugimoto H, Nomoto S, Natsume A, Fujiwara M, Mizuno M, Hori M, Saya H, Kodera Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   18 巻 ( 3 ) 頁: 635-43   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-014-0395-6

    PubMed

  359. Reduced Expression of Adherens Junctions Associated Protein 1 Predicts Recurrence of Hepatocellular Carcinoma After Curative Hepatectomy. 査読有り

    Ezaka K, Kanda M, Sugimoto H, Shimizu D, Oya H, Nomoto S, Sueoka S, Tanaka Y, Takami H, Hashimoto R, Okamura Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology     2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4695-9

    PubMed

  360. Postoperative adjuvant chemotherapy with S-1 alters recurrence patterns and prognostic factors among patients with stage II/III gastric cancer: A propensity score matching analysis. 査読有り

    Kanda M, Murotani K, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Surgery     2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2015.05.017

    PubMed

  361. Translational implication of Kallmann syndrome-1 gene expression in hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Tanaka Y, Kanda M, Sugimoto H, Shimizu D, Sueoka S, Takami H, Ezaka K, Hashimoto R, Okamura Y, Iwata N, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of oncology   46 巻 ( 6 ) 頁: 2546-54   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2015.2965

    PubMed

  362. Protein tyrosine kinase 7: a hepatocellular carcinoma-related gene detected by triple-combination array.

    Hishida M, Inokawa Y, Takano N, Nishikawa Y, Iwata N, Kanda M, Tanaka C, Kobayashi D, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y, Nomoto S

    The Journal of surgical research   195 巻 ( 2 ) 頁: 444-53   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jss.2014.12.045

    PubMed

  363. Diversity of clinical implication of B-cell translocation gene 1 expression by histopathologic and anatomic subtypes of gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Oya H, Nomoto S, Takami H, Shimizu D, Hashimoto R, Sueoka S, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Digestive diseases and sciences   60 巻 ( 5 ) 頁: 1256-64   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-014-3477-8

    PubMed

  364. Dihydropyrimidinase-like 3 is a putative hepatocellular carcinoma tumor suppressor. 査読有り

    Oya H, Kanda M, Sugimoto H, Shimizu D, Takami H, Hibino S, Hashimoto R, Okamura Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of gastroenterology   50 巻 ( 5 ) 頁: 590-600   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-014-0993-4

    PubMed

  365. KRAS and guanine nucleotide-binding protein mutations in pancreatic juice collected from the duodenum of patients at high risk for neoplasia undergoing endoscopic ultrasound. 査読有り

    Eshleman JR, Norris AL, Sadakari Y, Debeljak M, Borges M, Harrington C, Lin E, Brant A, Barkley T, Almario JA, Topazian M, Farrell J, Syngal S, Lee JH, Yu J, Hruban RH, Kanda M, Canto MI, Goggins M

    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   13 巻 ( 5 ) 頁: 963-9.e4   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cgh.2014.11.028

    PubMed

  366. A vascular endothelial growth factor gene polymorphism predicts malignant potential in intraductal papillary mucinous neoplasm.

    Yabusaki N, Yamada S, Shimoyama Y, Fujii T, Kanda M, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Nakao A, Kodera Y

    Pancreas   44 巻 ( 4 ) 頁: 608-14   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000305

    PubMed

  367. Feeding duodenostomy decreases the incidence of mechanical obstruction after radical esophageal cancer surgery.

    Oya H, Koike M, Iwata N, Kobayashi D, Torii K, Niwa Y, Kanda M, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    World journal of surgery   39 巻 ( 5 ) 頁: 1105-10   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-015-2952-5

    PubMed

  368. CCNJ detected by triple combination array analysis as a tumor-related gene of hepatocellular carcinoma.

    Takano N, Hishida M, Inokawa Y, Hayashi M, Kanda M, Nishikawa Y, Iwata N, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y, Nomoto S

    International journal of oncology   46 巻 ( 5 ) 頁: 1963-70   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2015.2892

    PubMed

  369. SMAD4 expression predicts local spread and treatment failure in resected pancreatic cancer.

    Yamada S, Fujii T, Shimoyama Y, Kanda M, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Nakao A, Kodera Y

    Pancreas   44 巻 ( 4 ) 頁: 660-4   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000315

    PubMed

  370. Prognostic impact of expression and methylation status of DENN/MADD domain-containing protein 2D in gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Nomoto S, Takami H, Hibino S, Oya H, Hashimoto R, Suenaga M, Inokawa Y, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Gastric cancer   18 巻 ( 2 ) 頁: 288-96   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-014-0372-0

    PubMed

  371. Vein resections &gt;3 cm during pancreatectomy are associated with poor 1-year patency rates.

    Fujii T, Nakao A, Yamada S, Suenaga M, Hattori M, Takami H, Inokawa Y, Kanda M, Sugimoto H, Nomoto S, Murotani K, Kodera Y

    Surgery   157 巻 ( 4 ) 頁: 708-15   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2014.12.002

    PubMed

  372. Preoperative internal biliary drainage increases the risk of bile juice infection and pancreatic fistula after pancreatoduodenectomy: a prospective observational study.

    Fujii T, Yamada S, Suenaga M, Kanda M, Takami H, Sugimoto H, Nomoto S, Nakao A, Kodera Y

    Pancreas   44 巻 ( 3 ) 頁: 465-70   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000265

    PubMed

  373. Suppression of SAMSN1 Expression is Associated with the Malignant Phenotype of Hepatocellular Carcinoma. 査読有り

    Sueoka S, Kanda M, Sugimoto H, Shimizu D, Nomoto S, Oya H, Takami H, Ezaka K, Hashimoto R, Tanaka Y, Okamura Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology     2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4524-1

    PubMed

  374. The Expression of Melanoma-Associated Antigen D2 Both in Surgically Resected and Serum Samples Serves as Clinically Relevant Biomarker of Gastric Cancer Progression. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Oya H, Takami H, Shimizu D, Hibino S, Hashimoto R, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology     2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4457-8

    PubMed

  375. Aberrant expression of melanoma-associated antigen-D2 serves as a prognostic indicator of hepatocellular carcinoma outcome following curative hepatectomy. 査読有り

    Hashimoto R, Kanda M, Takami H, Shimizu D, Oya H, Hibino S, Okamura Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncology letters   9 巻 ( 3 ) 頁: 1201-1206   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2014.2823

    PubMed

  376. Clinical significance of zinc-finger E-box binding homeobox 1 mRNA levels in peritoneal washing for gastric cancer.

    Yabusaki N, Yamada S, Murai T, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Molecular and clinical oncology   3 巻 ( 2 ) 頁: 435-441   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2014.462

    PubMed

  377. Method of bilateral pleural drainage by single Blake drain after esophagectomy.

    Niwa Y, Koike M, Oya H, Iwata N, Kobayashi D, Kanda M, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    World journal of surgery   39 巻 ( 3 ) 頁: 727-31   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-014-2860-0

    PubMed

  378. Serosal invasion strongly associated with recurrence after curative hepatic resection of hepatocellular carcinoma: a retrospective study of 214 consecutive cases.

    Sonohara F, Nomoto S, Inokawa Y, Kanda M, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Kodera Y

    Medicine   94 巻 ( 9 ) 頁: e602   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000000602

    PubMed

  379. B‑cell translocation gene 1 serves as a novel prognostic indicator of hepatocellular carcinoma. 査読有り

      46 巻 ( 2 ) 頁: 641-8   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2014.2762

    PubMed

  380. High expression of Janus kinase 2 in background normal liver tissue of resected hepatocellular carcinoma is associated with worse prognosis.

    Sonohara F, Nomoto S, Inokawa Y, Hishida M, Takano N, Kanda M, Nishikawa Y, Fujii T, Koike M, Sugimoto H, Kodera Y

    Oncology reports   33 巻 ( 2 ) 頁: 767-73   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2014.3621

    PubMed

  381. Adverse prognostic impact of perioperative allogeneic transfusion on patients with stage II/III gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Iwata N, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Murotani K, Fujiwara M, Kodera Y

    Gastric cancer     2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-014-0456-x

    PubMed

  382. Significance of the Splenic Vein and Its Branches in Pancreatoduodenectomy with Resection of the Portal Vein System.

    Hattori M, Fujii T, Yamada S, Inokawa Y, Suenaga M, Takami H, Kanda M, Sugimoto H, Nomoto S, Murotani K, Nakao A, Kodera Y

    Digestive surgery   32 巻 ( 5 ) 頁: 382-8   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000438797

    PubMed

  383. Mutant KRAS and GNAS DNA Concentrations in Secretin-Stimulated Pancreatic Fluid Collected from the Pancreatic Duct and the Duodenal Lumen. 査読有り

    Sadakari Y, Kanda M, Maitani K, Borges M, Canto MI, Goggins M

    Clinical and translational gastroenterology   5 巻   頁: e62   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ctg.2014.14

    PubMed

  384. Clinical utility of PDSS2 expression to stratify patients at risk for recurrence of hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Kanda M, Sugimoto H, Nomoto S, Oya H, Shimizu D, Takami H, Hashimoto R, Sonohara F, Okamura Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    International journal of oncology   45 巻 ( 5 ) 頁: 2005-12   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2014.2637

    PubMed

  385. Hepatectomy for hepatocellular carcinoma in patients with hemophilia.

    Inokawa Y, Sugimoto H, Kanda M, Yamada S, Fujii T, Nomoto S, Takeda S, Suzuki N, Matsushita T, Kodera Y

    Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   21 巻 ( 11 ) 頁: 824-8   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.142

    PubMed

  386. Epithelial to mesenchymal transition correlates with tumor budding and predicts prognosis in esophageal squamous cell carcinoma.

    Niwa Y, Yamada S, Koike M, Kanda M, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of surgical oncology   110 巻 ( 6 ) 頁: 764-9   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23694

    PubMed

  387. Epithelial to mesenchymal transition might be induced via CD44 isoform switching in colorectal cancer.

    Mashita N, Yamada S, Nakayama G, Tanaka C, Iwata N, Kanda M, Kobayashi D, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of surgical oncology   110 巻 ( 6 ) 頁: 745-51   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23705

    PubMed

  388. Decreased expression of prenyl diphosphate synthase subunit 2 correlates with reduced survival of patients with gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Oya H, Hashimoto R, Takami H, Shimizu D, Sonohara F, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Murotani K, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of experimental & clinical cancer research : CR   33 巻   頁: 88   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13046-014-0088-3

    PubMed

  389. Estimated pancreatic parenchymal remnant volume accurately predicts clinically relevant pancreatic fistula after pancreatoduodenectomy. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Suenaga M, Takami H, Hattori M, Inokawa Y, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Kodera Y.

    Surgery   156 巻 ( 3 ) 頁: 601-610   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  390. The combination of the serum carbohydrate antigen 19-9 and carcinoembryonic antigen is a simple and accurate predictor of mortality in pancreatic cancer patients. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Takami H, Suenaga M, Inokawa Y, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Kodera Y.

    Surgery Today   44 巻 ( 9 ) 頁: 1692-701   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  391. Estimated pancreatic parenchymal remnant volume accurately predicts clinically relevant pancreatic fistula after pancreatoduodenectomy. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Suenaga M, Takami H, Hattori M, Inokawa Y, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Kodera Y

    Surgery   156 巻 ( 3 ) 頁: 601-10   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2014.04.011

    PubMed

  392. Combination of the serum carbohydrate antigen 19-9 and carcinoembryonic antigen is a simple and accurate predictor of mortality in pancreatic cancer patients. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Takami H, Suenaga M, Inokawa Y, Yamada S, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Kodera Y

    Surgery today   44 巻 ( 9 ) 頁: 1692-701   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0752-9

    PubMed

  393. Pattern of first recurrent lesions in pancreatic cancer: hepatic relapse is associated with dismal prognosis and portal vein invasion.

    Suenaga M, Fujii T, Kanda M, Takami H, Okumura N, Inokawa Y, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Hepato-gastroenterology   61 巻 ( 134 ) 頁: 1756-61   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  394. Comparison of inflammation-based prognostic scores as predictors of tumor recurrence in patients with hepatocellular carcinoma after curative resection.

    Yamamura K, Sugimoto H, Kanda M, Yamada S, Nomoto S, Nakayama G, Fujii T, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   21 巻 ( 9 ) 頁: 682-8   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.114

    PubMed

  395. Dihydropyrimidinase-like 3 facilitates malignant behavior of gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Oya H, Shimizu D, Takami H, Hibino S, Hashimoto R, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of experimental & clinical cancer research : CR   33 巻   頁: 66   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13046-014-0066-9

    PubMed

  396. Pancreatoduodenectomy with portal vein resection is feasible and potentially beneficial for elderly patients with pancreatic cancer. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Suenaga M, Takami H, Inokawa Y, Yamada S, Kobayashi D, Tanaka C, Sugimoto H, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y.

    Pancreas   43 巻 ( 6 ) 頁: 951-958   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  397. Clinical significance of expression and epigenetic profiling of TUSC1 in gastric cancer. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Nomoto S, Hibino S, Oya H, Takami H, Kobayashi D, Yamada S, Inokawa Y, Tanaka C, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y.

    Journal of Surgical Oncology   110 巻 ( 2 ) 頁: 136-144   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  398. ovel diagnostics for aggravating pancreatic fistulas at the acute phase after pancreatectomy. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Takami H, Suenaga M, Inokawa Y, Yamada S, Kobayashi D, Tanaka C, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y.

    World Journal of Gastroenterology   20 巻 ( 26 ) 頁: 8535-8544   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  399. Novel diagnostics for aggravating pancreatic fistulas at the acute phase after pancreatectomy. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Takami H, Suenaga M, Inokawa Y, Yamada S, Kobayashi D, Tanaka C, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    World journal of gastroenterology : WJG   20 巻 ( 26 ) 頁: 8535-44   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v20.i26.8535

    PubMed

  400. Clinical implication of morphological subtypes in management of intraductal papillary mucinous neoplasm.

    Yamada S, Fujii T, Shimoyama Y, Kanda M, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Nakao A, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   21 巻 ( 7 ) 頁: 2444-52   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-014-3565-1

    PubMed

  401. Preservation of the pyloric ring confers little benefit in patients undergoing total pancreatectomy.

    Takami H, Fujii T, Kanda M, Suenaga M, Yamamura K, Kodera Y

    World journal of surgery   38 巻 ( 7 ) 頁: 1807-13   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-014-2469-3

    PubMed

  402. Modified Blumgart anastomosis for pancreaticojejunostomy: technical improvement in matched historical control study.

    Fujii T, Sugimoto H, Yamada S, Kanda M, Suenaga M, Takami H, Hattori M, Inokawa Y, Nomoto S, Fujiwara M, Kodera Y

    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   18 巻 ( 6 ) 頁: 1108-15   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-014-2523-3

    PubMed

  403. Expression analysis of THOP1 in background liver, a prognostic predictive factor in hepatocellular carcinoma, extracted by multiarray analysis.

    Nomoto S, Hishida M, Inokawa Y, Takano N, Kanda M, Nishikawa Y, Fujii T, Koike M, Sugimoto H, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   21 Suppl 3 巻   頁: S443-50   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-014-3581-1

    PubMed

  404. Prognostic impact of expression and methylation status of DENN/MADD domain-containing protein 2D in gastric cancer. Gastric Cancer. 査読有り

    Kanda M, Shimizu D, Nomoto S, Takami H, Hibino S, Oya H, Hashimoto R, Suenaga M, Inokawa Y, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y.

    Gastric Cancer     頁: [Epub ahead of print]   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  405. The impact of dose/time modification in irinotecan- and oxaliplatin-based chemotherapies on outcomes in metastatic colorectal cancer.

    Nakayama G, Tanaka C, Uehara K, Mashita N, Hayashi N, Kobayashi D, Kanda M, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Ando Y, Kodera Y

    Cancer chemotherapy and pharmacology   73 巻 ( 4 ) 頁: 847-55   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-014-2416-x

    PubMed

  406. Identification of intragenic methylation in the TUSC1 gene as a novel prognostic marker of hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Shimizu D, Kanda M, Nomoto S, Oya H, Takami H, Hibino S, Suenaga M, Inokawa Y, Hishida M, Takano N, Nishikawa Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncology reports   31 巻 ( 3 ) 頁: 1305-13   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2013.2939

    PubMed

  407. Identification of the collagen type 1 α 1 gene (COL1A1) as a candidate survival-related factor associated with hepatocellular carcinoma.

      14 巻   頁: 108   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-14-108

    PubMed

  408. Reduced expression of DENND2D through promoter hypermethylation is an adverse prognostic factor in squamous cell carcinoma of the esophagus. 査読有り

    Hibino S, Kanda M, Oya H, Takami H, Shimizu D, Nomoto S, Hishida M, Niwa Y, Koike M, Yamada S, Nishikawa Y, Asai M, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncology reports   31 巻 ( 2 ) 頁: 693-700   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2013.2901

    PubMed

  409. Combination treatment of human pancreatic cancer xenograft models with the epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor erlotinib and oncolytic herpes simplex virus HF10.

    Yamamura K, Kasuya H, Sahin TT, Tan G, Hotta Y, Tsurumaru N, Fukuda S, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Tanaka M, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   21 巻 ( 2 ) 頁: 691-8   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-013-3329-3

    PubMed

  410. Downregulation of DENND2D by promoter hypermethylation is associated with early recurrence of hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Oya H, Takami H, Hibino S, Hishida M, Suenaga M, Yamada S, Inokawa Y, Nishikawa Y, Asai M, Fujii T, Sugimoto H, Kodera Y

    International journal of oncology   44 巻 ( 1 ) 頁: 44-52   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2013.2165

    PubMed

  411. B-cell translocation gene 1 serves as a novel prognostic indicator of hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Kanda M, Sugimoto H, Nomoto S, Oya H, Hibino S, Shimizu D, Takami H, Hashimoto R, Okamura Y, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y.

    International Journal of Oncology     頁: (in press)   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  412. A functional polymorphism in the epidermal growth factor gene predicts hepatocellular carcinoma risk in Japanese hepatitis C patients.

    Suenaga M, Yamada S, Fujii T, Fuchs BC, Okumura N, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Nomoto S, Fujiwara M, Takeda S, Hayashi K, Tanabe KK, Goto H, Kodera Y

    OncoTargets and therapy   6 巻   頁: 1805-12   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/OTT.S53625

    PubMed

  413. Evaluation of MAGE-D4 expression in hepatocellular carcinoma in Japanese patients. 査読有り

    Takami H, Kanda M, Oya H, Hibino S, Sugimoto H, Suenaga M, Yamada S, Nishikawa Y, Asai M, Fujii T, Nomoto S, Kodera Y

    Journal of surgical oncology   108 巻 ( 8 ) 頁: 557-62   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23440

    PubMed

  414. [Recurrent acute pancreatitis due to arteriovenous malformation of the pancreas].

    Suenaga M, Fujii T, Kanda M, Yamada S, Okumura N, Takeda S, Kodera Y

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   110 巻 ( 11 ) 頁: 1983-8   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  415. Dynamin 3: a new candidate tumor suppressor gene in hepatocellular carcinoma detected by triple combination array analysis.

    Inokawa Y, Nomoto S, Hishida M, Hayashi M, Kanda M, Nishikawa Y, Takeda S, Fujiwara M, Koike M, Sugimoto H, Fujii T, Nakayama G, Yamada S, Tanaka C, Kobayashi D, Kodera Y

    OncoTargets and therapy   6 巻   頁: 1417-24   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/OTT.S51913

    PubMed

  416. Detection of doublecortin domain-containing 2 (DCDC2), a new candidate tumor suppressor gene of hepatocellular carcinoma, by triple combination array analysis.

    Inokawa Y, Nomoto S, Hishida M, Hayashi M, Kanda M, Nishikawa Y, Takeda S, Sugimoto H, Fujii T, Yamada S, Kodera Y

    Journal of experimental & clinical cancer research : CR   32 巻   頁: 65   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-9966-32-65

    PubMed

  417. Mutant GNAS detected in duodenal collections of secretin-stimulated pancreatic juice indicates the presence or emergence of pancreatic cysts. 査読有り

    Kanda M, Knight S, Topazian M, Syngal S, Farrell J, Lee J, Kamel I, Lennon AM, Borges M, Young A, Fujiwara S, Seike J, Eshleman J, Hruban RH, Canto MI, Goggins M

    Gut   62 巻 ( 7 ) 頁: 1024-33   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gutjnl-2012-302823

    PubMed

  418. Estrogen receptor 1 gene as a tumor suppressor gene in hepatocellular carcinoma detected by triple-combination array analysis.

    Hishida M, Nomoto S, Inokawa Y, Hayashi M, Kanda M, Okamura Y, Nishikawa Y, Tanaka C, Kobayashi D, Yamada S, Nakayama G, Fujii T, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Takeda S, Kodera Y

    International journal of oncology   43 巻 ( 1 ) 頁: 88-94   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2013.1951

    PubMed

  419. Mutant TP53 in duodenal samples of pancreatic juice from patients with pancreatic cancer or high-grade dysplasia. 査読有り

    Kanda M, Sadakari Y, Borges M, Topazian M, Farrell J, Syngal S, Lee J, Kamel I, Lennon AM, Knight S, Fujiwara S, Hruban RH, Canto MI, Goggins M

    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   11 巻 ( 6 ) 頁: 719-30.e5   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cgh.2012.11.016

    PubMed

  420. Genome-wide somatic copy number alterations in low-grade PanINs and IPMNs from individuals with a family history of pancreatic cancer. 査読有り

    Hong SM, Vincent A, Kanda M, Leclerc J, Omura N, Borges M, Klein AP, Canto MI, Hruban RH, Goggins M

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   18 巻 ( 16 ) 頁: 4303-12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-12-1075

    PubMed

  421. Presence of somatic mutations in most early-stage pancreatic intraepithelial neoplasia. 査読有り

    Kanda M, Matthaei H, Wu J, Hong SM, Yu J, Borges M, Hruban RH, Maitra A, Kinzler K, Vogelstein B, Goggins M

    Gastroenterology   142 巻 ( 4 ) 頁: 730-733.e9   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2011.12.042

    PubMed

  422. Preservation of the pyloric ring has little value in surgery for pancreatic head cancer: a comparative study comparing three surgical procedures.

    Fujii T, Kanda M, Kodera Y, Nagai S, Sahin TT, Hayashi M, Kanzaki A, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A

    Annals of surgical oncology   19 巻 ( 1 ) 頁: 176-83   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-011-1901-2

    PubMed

  423. Comparison of pancreatic head resection with segmental duodenectomy and pylorus-preserving pancreatoduodenectomy for benign and low-grade malignant neoplasms of the pancreatic head.

    Fujii T, Kanda M, Kodera Y, Nagai S, Sahin TT, Kanzaki A, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Morita S, Takeda S, Nakao A

    Pancreas   40 巻 ( 8 ) 頁: 1258-63   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0b013e318220b1c0

    PubMed

  424. Prognostic implications of lymph node metastases in carcinoma of the body and tail of the pancreas.

    Sahin TT, Fujii T, Kanda M, Nagai S, Kodera Y, Kanzaki A, Yamamura K, Sugimoto H, Kasuya H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A

    Pancreas   40 巻 ( 7 ) 頁: 1029-33   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0b013e3182207893

    PubMed

  425. Pattern of lymph node metastasis spread in pancreatic cancer. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Nagai S, Kodera Y, Kanzaki A, Sahin TT, Hayashi M, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A

    Pancreas   40 巻 ( 6 ) 頁: 951-5   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0b013e3182148342

    PubMed

  426. Promoter hypermethylation of fibulin 1 gene is associated with tumor progression in hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Okamura Y, Hayashi M, Hishida M, Fujii T, Nishikawa Y, Sugimoto H, Takeda S, Nakao A

    Molecular carcinogenesis   50 巻 ( 8 ) 頁: 571-9   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mc.20735

    PubMed

  427. Recurrence pattern and prognosis of pancreatic cancer after pancreatic fistula.

    Nagai S, Fujii T, Kodera Y, Kanda M, Sahin TT, Kanzaki A, Hayashi M, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A

    Annals of surgical oncology   18 巻 ( 8 ) 頁: 2329-37   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-011-1604-8

    PubMed

  428. Nutritional predictors of postoperative outcome in pancreatic cancer. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Kodera Y, Nagai S, Takeda S, Nakao A.

    British Journal of Surgery   98 巻 ( 2 ) 頁: 268-274   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  429. Reduced expression of reelin (RELN) gene is associated with high recurrence rate of hepatocellular carcinoma.

    Okamura Y, Nomoto S, Kanda M, Hayashi M, Nishikawa Y, Fujii T, Sugimoto H, Takeda S, Nakao A

    Annals of surgical oncology   18 巻 ( 2 ) 頁: 572-9   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-010-1273-z

    PubMed

  430. Impact of operative blood loss on survival in invasive ductal adenocarcinoma of the pancreas.

    Nagai S, Fujii T, Kodera Y, Kanda M, Sahin TT, Kanzaki A, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A

    Pancreas   40 巻 ( 1 ) 頁: 3-9   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0b013e3181f7147a

    PubMed

  431. Prognostic implications of intraoperative radiotherapy for unresectable pancreatic cancer.

    Nagai S, Fujii T, Kodera Y, Kanda M, Sahin TT, Kanzaki A, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakao A

    Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   11 巻 ( 1 ) 頁: 68-75   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000324682

    PubMed

  432. Prognostic impact of pancreatic margin status in the intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas.

    Fujii T, Kato K, Kodera Y, Kanda M, Nagai S, Yamada S, Kanzaki A, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Morita S, Nakamura S, Nakao A

    Surgery   148 巻 ( 2 ) 頁: 285-90   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2010.03.013

    PubMed

  433. Leukemia inhibitory factor receptor (LIFR) is detected as a novel suppressor gene of hepatocellular carcinoma using double-combination array.

    Okamura Y, Nomoto S, Kanda M, Li Q, Nishikawa Y, Sugimoto H, Kanazumi N, Takeda S, Nakao A

    Cancer letters   289 巻 ( 2 ) 頁: 170-7   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2009.08.013

    PubMed

  434. Operative treatment of pancreatic ductal adenocarcinoma with extensive portal venous tumor embolism. 査読有り

    Kanda M, Takeda S, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Kanazumi N, Nomoto S, Nakao A.

    Pancreas   39 巻 ( 2 ) 頁: 268-269   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  435. Operative treatment of thrombotic occlusion of the portal vein immediately after pancreatectomy with portal vein resection. 査読有り

    Kanda M, Takeda S, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Kanazumi N, Nomoto S, Nakao A.

    Pancreas   39 巻 ( 2 ) 頁: 265-266   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  436. Operative treatment of thrombotic occlusion of the portal vein immediately after pancreatectomy with portal vein resection. 査読有り

    Kanda M, Takeda S, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Kanazumi N, Nomoto S, Nakao A

    Pancreas   39 巻 ( 2 ) 頁: 265-6   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0b013e3181baef66

    PubMed

  437. Invasion of the splenic artery is a crucial prognostic factor in carcinoma of the body and tail of the pancreas. 査読有り

    Kanda M, Fujii T, Sahin TT, Kanzaki A, Nagai S, Yamada S, Sugimoto H, Nomoto S, Takeda S, Kodera Y, Morita S, Nakao A

    Annals of surgery   251 巻 ( 3 ) 頁: 483-7   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0b013e3181cf9171

    PubMed

  438. Epidermal growth factor-containing fibulin-like extracellular matrix protein 1, EFEMP1, a novel tumor-suppressor gene detected in hepatocellular carcinoma using double combination array analysis.

    Nomoto S, Kanda M, Okamura Y, Nishikawa Y, Qiyong L, Fujii T, Sugimoto H, Takeda S, Nakao A

    Annals of surgical oncology   17 巻 ( 3 ) 頁: 923-32   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-009-0790-0

    PubMed

  439. Detection of metallothionein 1G as a methylated tumor suppressor gene in human hepatocellular carcinoma using a novel method of double combination array analysis. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Okamura Y, Nishikawa Y, Sugimoto H, Kanazumi N, Takeda S, Nakao A

    International journal of oncology   35 巻 ( 3 ) 頁: 477-83   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  440. Correlations of the expression of vascular endothelial growth factor B and its isoforms in hepatocellular carcinoma with clinico-pathological parameters. 査読有り

    Kanda M, Nomoto S, Nishikawa Y, Sugimoto H, Kanazumi N, Takeda S, Nakao A

    Journal of surgical oncology   98 巻 ( 3 ) 頁: 190-6   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.21095

    PubMed

▼全件表示

MISC 18

  1. 胃癌において切除断端の顕微鏡的癌遺残は予後因子となりうるか?

    中西香企, 神田光郎, 伊藤誠二, 望月能成, 寺本仁, 石榑清, 村井俊文, 浅田崇洋, 石山聡治, 松下英信, 清水大, 田中千恵, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    日本外科学会定期学術集会(Web)121st 巻   2021年

     詳細を見る

  2. 胃癌におけるIndocyanine Green蛍光法を用いたマーキング法

    田中千恵, 神田光郎, 佐藤敏, 中西香企, 清水大, 藤原道隆, 小寺泰弘  

    日本胃癌学会総会記事93rd 巻   2021年

     詳細を見る

  3. 胃癌に対するS-1術後補助化学療法の開始時期と予後に関する検討

    中西 香企, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会74回 巻   頁: P75 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  4. 食道癌術後に発症した肺ヘルニア嵌頓の1例

    中村 俊介, 小池 聖彦, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 7 ) 頁: 1397 - 1397   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  5. 当科でのPTEGの使用経験

    田中 克仁, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集130回 巻   頁: 70 - 70   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  6. 膵癌切除症例におけるNaples Prognostic Scoreの臨床的意義

    中川 暢彦, 山田 豪, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    外科と代謝・栄養53 巻 ( 3 ) 頁: 135 - 135   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  7. 膵癌切除症例におけるNaples Prognostic Scoreの臨床的意義

    中川 暢彦, 山田 豪, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    外科と代謝・栄養53 巻 ( 3 ) 頁: 135 - 135   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  8. 胃癌術後S-1補助化学療法の忍容性を予測する周術期因子の検討

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    外科と代謝・栄養53 巻 ( 3 ) 頁: 131 - 131   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  9. 胃癌術後S-1補助化学療法の忍容性を予測する周術期因子の検討

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    外科と代謝・栄養53 巻 ( 3 ) 頁: 131 - 131   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  10. 胃癌における術前prognostic nutrition indexの意義

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    外科と代謝・栄養53 巻 ( 3 ) 頁: 136 - 136   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  11. 胃癌における術前prognostic nutrition indexの意義

    三輪 高嗣, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    外科と代謝・栄養53 巻 ( 3 ) 頁: 136 - 136   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

  12. 後期高齢者食道癌患者における食道亜全摘術の短期成績と術前免疫栄養因子の検討

    神田 光郎, 小池 聖彦, 田中 千恵, 小林 大介, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集73回 巻   頁: 210 - 210   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  13. 2領域郭清後頸部リンパ節再発は診断時追加郭清で制御できるか?

    小池 聖彦, 神田 光郎, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 田中 千恵, 小林 大介, 山田 豪, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 216   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  14. 食道扁平上皮癌におけるKCNJ15遺伝子発現の臨床的意義の検討

    中村 俊介, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 林 真路, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 053   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  15. 直腸癌手術における一時的回腸人工肛門造設後の腎機能の検討

    服部 憲史, 中山 吾郎, 上原 圭介, 相場 利貞, 岩田 直樹, 神田 光郎, 林 真路, 小林 大介, 田中 千恵, 山田 豪, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 梛野 正人, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: SF - 099   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  16. 局所進行膵癌に対する動脈合併切除術-長期成績の観点から見た臨床的意義の再考 膵癌に対するnew era chemo regimen登場による動脈合併膵切除の意義

    園原 史訓, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PD - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  17. 外科専門医に求められるコンピテンシー

    高見 秀樹, 小寺 泰弘, 園原 史訓, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: SP - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  18. Stage II/III胃癌患者における術前Prognostic Nutritional Index値の術後合併症・予後予測因子としての意義

    笹原 正寛, 神田 光郎, 寺本 仁, 望月 能成, 伊藤 誠二, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 田中 千恵, 小林 大介, 藤原 道隆, 室谷 健太, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 24

  1. Expression and methylation status of DENND2D in gastric cancer 胃癌における膜輸送蛋白のDENND2D発現の関する検討

    神田光郎,岩田直樹,小林大介,田中千恵,山田 豪,中山吾郎,藤井 努,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘

    第25回日本消化器癌発生学会総会 (第8回国際消化器癌発生会議) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  2. 肝細胞癌におけるB-cell translocation gene 1発現の意義の検討

    神田光郎,大屋久晴,野本周嗣,日比野壮貴,清水 大,高見秀樹,橋本良二,岡村行泰*,岩田直樹,田中千恵,小林大介,山田 豪,藤井 努,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,藤原道隆,小寺泰弘(静岡がんセンター*)

    JDDW2014 第22回日本消化器関連学会週間(第56回日本消化器病学会大会、第88回日本消化器内視鏡学会総会、第18回日本肝臓学会大会、第12回日本消化器外科学会大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  3. B-cell translocation gene 1 serves as a novel prognostic indicator of hepatocellular carcinoma. 国際会議

    Mitsuro Kanda, Dai Shimizu, Hiroyuki Sugimoto, Hisaharu Oya, Soki Hibino, Hideki Takami, Ryoji Hashimoto, Yukiyasu Okamura, Suguru Yamada, Tsutomu Fujii, Goro Nakayama, Masahiko Koike, Shuji Nomoto, Michitaka Fujiwara, Yasuhiro Kodera

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  4. 胃癌の部位・形態別subtypeにおける,Melanoma-associated antigen D2発現の臨床的意義の検討

    神田光郎,小林大介,田中千恵,山田 豪,藤井 努,中山吾郎,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘

    第69回日本消化器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山   国名:日本国  

  5. セクレチン負荷十二指腸液中GNAS遺伝子変異検出の膵嚢胞性病変スクリーニングへの応用

    神田光郎,藤井 努,山田 豪,杉本博行,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘,Michael Goggins* (Johns Hopkins Medical Institute*)

    第45回日本膵臓学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:小倉   国名:日本国  

  6. 術前CT volumetryにおける残膵実質体積の膵頭十二指腸切除術後膵瘻発生予測能の検討 Estimated Pancreatic Parenchymal Remnant Volume Accurately Predicts Clinically Relevant Pancreatic Fistula after Pancreatoduodenectomy

    神田光郎,藤井 努,山田 豪,末永雅也,高見秀樹,杉本博行,野本周嗣,小寺泰弘 Mitsuro Kanda, Tsutomu Fujii, Suguru Yamada, Masaya Suenaga, Hideki Takami, Hiroyuki Sugimoto, Shuji Nomoto, Yasuhiro Kodera

    第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

  7. Mutant GNAS detected in duodenal collections of secretin-stimulated pancreatic juice indicates the presence or emergence of pancreatic cysts

    Mitsuro Kanda, Tsutomu Fujii, Suguru Yamada, Naoki Iwata, Daisuke Kobayashi, Chie Tanaka, Goro Nakayama, Hiroyuki Sugimoto, Masahiko Koike, Shuji Nomoto, Michitaka Fujiwara, Yasuhiro Kodera, Michael Goggins*(Department of Pathology, Johns Hopkins University*)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 当教室における膵神経内分泌腫瘍(PNET)切除例の臨床病理学的検討からのNCCNガイドラインの検証

    神田光郎,藤井 努,山田 豪,岩田直樹,小林大介,田中千恵,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘

    第114回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  9. 胃癌における膜輸送蛋白DENND2D発現と予後に関する検討

    神田光郎,岩田直樹,小林大介,田中千恵,山田 豪,中山吾郎,藤井 努,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘

    第47回制癌剤適応研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  10. Overexpression of melanoma-associated antigen D4 as an independent prognostic factor in squamous cell carcinoma of the esophagus. 国際会議

    Mitsuro Kanda, Hisaharu Oya, Soki Hibino, Hideki Takami, Dai Shimizu, Masahiko Koike, Shuji Nomoto, Suguru Yamada, Tsutomu Fujii, Goro Nakayama, Hiroyuki Sugimoto, Michitaka Fujiwara, Yasuhiro Kodera

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  11. Blumgart変法縫合による空腸漿膜パッチを用いた尾側膵切除後膵瘻防止の試み

    神田光郎,藤井努,山田豪,小林大介,田中千恵,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘

    第75回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  12. 膵癌予後予測因子としての術前血清腫瘍マーカーの検討

    神田光郎,藤井努,高見秀樹,末永雅也,山田豪,田中千恵,小林大介,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,小寺泰弘

    JDDW 2013 第21回日本消化器関連学会週間 (第11回日本消化器外科学会大会・第55回日本消化器病学会大会・第86回日本消化器内視鏡学会総会・第17回日本肝臓学会大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  13. Neoadjuvant chemotherapy with S-1 in patients with borderline resectable pancreatic cancer with involvement of the major vessels. 国際会議

    Mitsuro Kanda, Tsutomu Fujii, Soki Hibino, Masaya Suenaga, Suguru Yamada, Norio Okumura, Daisuke Kobayashi, Chie Tanaka, Goro Nakayama, Hiroyuki Sugimoto, Masahiko Koike, Shuji Nomoto, Michitaka Fujiwara, Yasuhiro Kodera

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  14. Blumgart変法縫合による空腸漿膜パッチを用いた尾側膵切除後膵瘻防止の試み

    神田光郎,藤井 努,山田 豪,末永雅也,高見秀樹,丹羽由紀子,服部正嗣,杉本博行,野本周嗣,小寺泰弘

    第40回日本膵切研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:高松   国名:日本国  

  15. Combination of Preoperative Serum CEA and CA19-9 is a Simple and Prominent Predictor in Pancreatic Cancer. 国際会議

    Mitsuro Kanda, Tsutomu Fujii, Masaya Suenaga, Hideki Takami, Suguru Yamada, Daisuke Kobayashi, Chie Tanaka, Goro Nakayama, Hiroyuki Sugimoto, Masahiko Koike, Shuji Nomoto, Michitaka Fujiwara, Shin Takeda, Yasuhiro Kodera

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:セルビア共和国  

  16. セクレチン負荷十二指腸液中TP53変異の,膵癌・高度異形病変診断における有用性の検討

    神田光郎,藤井努,山田豪,小林大介,田中千恵,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,竹田伸,小寺泰弘,Michael Goggins* (*Department of Pathology, Johns Hopkins Medical Institutions)

    第44回日本膵臓学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  17. 混合型IPMNの由来別細分類の臨床的意義と治療方針の検討

    神田光郎,藤井努,山田豪,末永雅也,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,竹田伸,小寺泰弘

    第68回日本消化器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  18. PANCREATODUODENECTOMY WITH PORTAL VEIN RESECTION IS FEASIBLE AND BENEFICIAL FOR ELDERLY PATIENTS WITH PANCREATIC CANCER. 国際会議

    Mitsuro Kanda, Tsutomu Fujii, Hideki Takami, Hisaharu Ohya, Masaya Suenaga, Suguru Yamada, Daisuke Kobayashi, Chie Tanaka, Goro Nakayama, Hiroyuki Sugimoto, Masahiko Koike, Shuji Nomoto, Michitaka Fujiwara, Yasuhiro Kodera

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  19. 膵嚢胞性病変スクリーニングにおける,セクレチン負荷十二指腸採取液中GNAS遺伝子変異検出の有用性

    神田光郎,藤井努,山田豪,小林大介,田中千恵,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,竹田伸,小寺泰弘,Michael Goggins* (ジョンズホプキンス大学 病理部*)

    第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮   国名:日本国  

  20. 膵上皮内腫瘍性病変の初期発生段階における体細胞変異の検討

    神田光郎,藤井努,山田豪,小林大介,田中千恵,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,竹田伸,小寺泰弘,Goggins Michael* (Johns Hopkins大学病理学*)

    第113回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  21. 膵癌における術前栄養免疫学的予後予測因子の検討

    神田光郎,藤井努,長井俊志,山田豪,小林大介,田中千恵,中山吾郎,杉本博行,小池聖彦,野本周嗣,藤原道隆,竹田伸,中尾昭公*,小寺泰弘 (名古屋セントラル病院*)

    第99回日本消化器病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  22. 膵頭部癌に対するMesenteric approachによる上腸間膜動脈周囲リンパ節・神経叢郭清

    神田光郎,藤井努,神崎章之,長井俊志,杉本博行,粕谷英樹,野本周嗣,竹田伸,中尾昭公

    第65回日本消化器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:下関   国名:日本国  

  23. Non-touch isolated pancreatoduodenectomy with a mesenteric approach for pancreatic head cancer. 国際会議

    Mitsuro Kanda, Akimasa Nakao, Tsutomu Fujii, Shunji Nagai, Takashi Sugae, Masamichi Hayashi, Akiyuki Kanzaki, Yukiyasu Okamura, Suguru Yamada, Hiroyuki Sugimoto, Shuji Nomoto, Shin Takeda

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  24. 肝細胞癌におけるFibulin-1発現と、その調節機序に関する検討

    神田光郎,野本周嗣,岡村行泰,林真路,藤井努,杉本博行,粕谷英樹,竹田伸,中尾昭公

    第110回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 14

  1. 臓器嗜好性に焦点をあてた食道癌転移の分子機序解明からの創薬研究

    研究課題/研究課題番号:21K19525  2021年7月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    小寺 泰弘, 神田 光郎, 田中 千恵, 清水 大

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    食道癌転移経路特異的Transcriptome解析により、申請者らの仮説に一致して血行性転移群とリンパ行性転移で発現パターンが明瞭に異なるクラスターがあることが示され、血行性転移関連5分子(VWA5B2、CFAP47、NECAB2、SYCE3、RPL3L)、リンパ行性転移関連3分子(C1QL4、CCDC87、CAMK2N2)を厳選している。
    これらの食道癌転移形式別関連分子の機能解析・発現解析を行うことで、食道癌転移の分子生物学的機序の解明を通じ、食道癌予後を劇的に改善しうる分子標的治療薬と、その奏効度を事前に予測しうるコンパニオン診断法開発の基盤となるデータを得ることを目的とする。

  2. 細胞接着因子を標的とするデュアル修飾型アンチセンス核酸を用いた革新的癌治療薬創出

    研究課題/研究課題番号:21H02984  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    小寺 泰弘, 神田 光郎, 笠原 勇矢, 田中 千恵, 清水 大, 小比賀 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、細胞接着因子を標的としたアンチセンス核酸医薬による新たな胃癌分子標的治療薬およびコンパニオン診断技術開発を目指して、以下を実施する。
    1) アンチセンス核酸スクリーニング、2) メカニズム解明(機能解析、シグナル解析、KOマウス解析、正常組織中発現解析)、3) in vitro活性評価(濃度依存性の活性、癌種横断的活性評価)、4) in vivo活性評価(皮下腫瘍モデル、同所移植モデルでの薬効評価)、5) 毒性評価とオフターゲット探索、6) コンパニオン診断(治療前生検、手術検体での免疫染色法による発現解析)

  3. 口腔、咽頭、喉頭、食道扁平上皮癌における唾液腫瘍マーカーの抽出

    研究課題/研究課題番号:21K08631  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    野本 周嗣, 高橋 真理子, 後藤 満雄, 神田 光郎, 今澤 正彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    口腔から食道までの粘膜、組織を覆う採取しやすいサンプルであり、患者の状態をよく反映する安定した検体である唾液の細菌叢変化と遺伝子発現変化が咽頭、喉頭、食道までの扁平上皮癌患者、癌の高リスク者をいかなる変化で検出できるか、臨床応用可能なマーカーを抽出するようにしたい。

  4. 高齢消化器癌手術症例における術後自立度低下に関するリスク評価と介入の有効性の検討

    研究課題/研究課題番号:21K11620  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田中 千恵, 神田 光郎, 渡邊 一久, 小寺 泰弘, 室谷 健太, 栗本 景介, 藤原 道隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は,消化器癌における様々な術式の自立度への影響と複数の診療科を含む多職種横断的な介入の効果を包括的に把握し,高齢者に対する癌治療のエビデンス構築の一助となるデータを構築することを目的とする。まず,術前後の自立度の変化について調査票と血清バイオマーカー値の両面から評価する。次に,自立度が低下する患者については,老年科専門医・リハビリテーション・栄養サポートチームによる介入で機能維持を図り,ひいては,事前に自立度が低下する群を予測し,予防的介入が可能となることを見込む。

  5. 高機能性人工核酸を用いたアンチセンス核酸医薬による革新的消化器系癌創薬研究

    研究課題/研究課題番号:20K21629  2020年7月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    神田 光郎, 小比賀 聡, 笠原 勇矢, 清水 大, 田中 千恵, 小寺 泰弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    早期根治切除例の予後は期待できるものの、転移・再発性となるときわめて予後不良であることは、全ての消化器癌における共通かつ重大な問題点である。全身化学療法は分子標的治療薬を中心に徐々にラインナップを増やしているが、不応・耐性が治療成績の限界を産んでおり、全く別の作用機序を有するアプローチの開発が必要である。本研究では、新規標的分子に対する優れた阻害効果を有するアンチセンス核酸を創製し、革新的な効果を発揮する癌治療核酸医薬を開発していく。
    早期根治切除例の予後は期待できるものの、転移・再発性となるときわめて予後不良であることは、全ての消化器癌における共通かつ重大な問題点である。全身化学療法は分子標的治療薬を中心に徐々にラインナップを増やしているが、不応・耐性が治療成績の限界を産んでおり、全く別の作用機序を有するアプローチの開発が必要である。本研究ではアンチセンス核酸医薬を用いた癌種横断的新治療薬開発を目指している。転移・再発性胃癌を対象に実施したtranscriptome解析から (1)外部公開データでvalidationされること (2)複数の固形癌で高発現していること (3)癌における既報がないこと (4)生理的機能喪失が致死性と想定されないこと (5)心・肝・腎での発現が豊富でないこと (6)siRNAでのノックダウンにより細胞増殖能抑制効果が確認できたこと、の全てを満たす5つの標的候補を抽出した。これら5分子に対して、それぞれ10~30候補配列を合成した。アンチセンス核酸をCEM (Ca2+ enrichment of medium)法によりトランスフェクションし、標的分子のノックダウン効率を濃度依存性に比較評価した。ついで選抜配列を用いて癌種横断的(胃癌、食道癌、膵癌、大腸癌、肝癌)に細胞株に対する細胞増殖阻害能をin vitroで調べた。その結果、PCDHA11 (protocadherin alpha 11)に対するアンチセンス核酸が、最も優れた癌細胞抑制効果を示すことが明らかとなった。PCDHA11を中心にデータ構築を進めた。生態・恒常性維持における役割を調べるため、ノックアウトマウス作成を開始した。薬効機序を明確にするためにアンチセンス核酸投与による各種細胞機能および癌関連細胞内signaling pathwayの発現・リン酸化の変化を順次、調査開始した。
    十分な数と考えられるアンチセンス核酸配列数をデザイン、合成した上で、より有望な標的分子とアンチセンス核酸配列をスクリーニングした。主としてノックダウン効率と、細胞増殖能抑制効果を判断基準としてスクリーニングを進め、創薬標的分子をPCDHA11 に決定するとともに活性の高い2配列を取得することができた。他の4分子に関しても、癌進展に関与しうる分子として基礎データは取得されており、それぞれの成果は英文論文発表につなげている。PCDHA11を中心にデータ構築を進めるべく、ノックアウトマウス作成を開始した。薬効機序を明確にするためにアンチセンス核酸投与による各種細胞機能および癌関連細胞内signaling pathwayの発現・リン酸化の変化を順次、調査開始している。
    PCDHA11に対するアンチセンス核酸の有望2配列を用いて、癌種横断的(胃癌、食道癌、膵癌、大腸癌、肝癌)に細胞株に対する細胞増殖阻害能をin vitroで調べる。PCHDA11ノックアウトマウスを樹立し胎生死の有無・成長・代謝および生殖を経時的に観察する。網羅的リン酸化解析で得るデータをもとにPCDHA11阻害によって影響を受けるシグナルを同定し、Western blotting法で詳細に検討する。有望配列のin vivoでの活性も評価する。腹膜播種モデルあるいは皮下腫瘍モデルに対するCEM法での腹腔内投与での造腫瘍能を評価する。 コンパニオン診断の開発につなげる発現データを得るべく、組織検体を対象に免疫染色法を実施し、発現症例が選別可能かを調べる。CSRNP3、CPLX1についても、固形癌進展への関与を調査し、英文論文発表を目指す。

  6. CHRNB2を標的とした革新的がん抗体医薬とコンパニオン診断技術の創出研究

    研究課題/研究課題番号:20H03750  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    神田 光郎, 小寺 泰弘, 横島 聡, 田中 千恵, 清水 大, 山口 繭美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    CHRNB2を標的とした抗体医薬創薬ならびに治療奏効度を予測するコンパニオン診断技術の開発を目的として、以下の実験を行う。
    Ⅰ. メカニズム解明:KOマウス解析、機能解析、シグナル解析、正常組織中発現解析
    Ⅱ. ヒト化抗CHRNB2抗体:抗体合成、薬効評価
    Ⅲ. 抗体のprofiling:アフィニティ測定、エピトープマッピング
    Ⅳ. 抗体-化合物複合体:化合物スクリーニング、複合体合成、薬効評価
    Ⅴ. コンパニオン診断:臨床検体でのCHRNB2発現解析、臨床病理学的因子との相関解析
    切除不能・再発胃癌は依然として予後不良であり更なる治療開発が求められている。治療成績改善のためには、新しい作用機序から胃癌細胞を制御する薬剤の開発が必要である。本研究は、網羅的発現解析を切り口に同定した標的分子cholinergic receptor nicotinic beta 2 subunit (CHRNB2)を狙い撃つ分子標的治療薬開発を目指すものである。ゲノム編集技術を応用したCHRNB2安定的ノックアウトにより胃癌細胞の悪性度と抗腫瘍薬 (5-FU) 抵抗性が低下し、マウス皮下腫瘍モデルで有意な造腫瘍能が低下することを明らかにした。反対に、低発現胃癌細胞株にウイルスベクターによってCHRNB2を強制発現させところ細胞増殖能が亢進した。細胞内signalの網羅的解析では、上皮間葉移行を通じて癌細胞の転移に関与するZEB2 およびJAK-STAT シグナルのSTAT3 、PI3K-Aktの発現もしくはリン酸化にCHRNB2が干渉することが示唆された。ポリクローナル抗体での標的エピトープのスクリーニングを経て抗CHRNB2モノクローナル抗体を合成した。同抗体はin vitroおよびin vivoで胃癌細胞増殖阻害効果を示した。CHRNB2の抗体付加後内在化が示唆されており、抗体-薬物複合体合成のために協議を進めている。天然化合物 lomaiviticin類を複合化合物の第一候補とし、胃癌細胞株に対する濃度依存性細胞増殖抑制効果を確認した。ゲノム編集技術によりCHRNB2-KOマウスを樹立した。WT/ヘテロ/ホモKOマウスで胎生死の有無、生態、主要臓器の発生、成長、行動、代謝および生殖を経時的に観察したが、CHRNB2喪失による悪影響はみられなかった。マウスモノクローナル抗体のアフィニティ解析と、ヒト化抗CHRNB2抗体合成に着手している。
    令和2年度は、標的分子CHRNB2の胃癌細胞悪性形質を調整する役割についての基礎データの構築が順調に進んだ。また、シグナル解析の第一歩としての網羅的リン酸化解析のデータを取得できたため、翌年以降に再現性確認を含めて詳細に検討していく。抗体-薬物複合体合成のための協議を進め、lomaiviticin類を複合化合物とする支持データを得た。ノックアウトマウス解析から、発生異常を生じないことは判明したため、神経学的解析に移っていく。モノクローナル抗体のヒト化行程に若干の遅れがある。
    CHRNB2喪失の生体への影響を調べ、安全性データの一部とするため引き続きノックアウトマウス解析を行う。HE染色により主要臓器の発生・構造を確認する。CHRNB2は中枢神経系組織中に比較的発現が多いとの報告もあるため、名古屋大学神経内科学教室の協力のもと、KOマウスの認知行動障害の有無をローターロッド試験およびnovel object recognition testにて評価する。モノクローナル抗体投与によって、安定的ノックアウト細胞株で得られた細胞機能変化がどの程度再現されるかを調査する。
    シグナル解析として、足場蛋白からのシグナル伝達系を網羅的に調査可能なPTM Scanを用いて抗CHRNB2抗体投与前後の細胞内シグナルの変化についてデータを得る。モノクローナル抗体のヒト化を進めるとともに、アフィニティ測定とエピトープマッピングを実施する。モノクローナル抗体とlomaiviticin、リンカー (SMCC) を用いて複合体合成過程を確認する。

  7. マルチオミクス解析による胃癌周術期化学療法の奏効度予測バイオマーカーの探索的研究

    研究課題/研究課題番号:19K22653  2019年6月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    小寺 泰弘, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    JCOG1509はcStage III 胃癌を対象に、S-1/オキサリプラチン併用療法による術前補助化学療法を加えた周術期化学療法の優越性を検証するランダム化比較第III相試験である。その附随研究として主に術前SOX療法の効果予測因子を同定するためのバイオマーカー研究が提案され、すでに試料収集が開始されている。本研究では、このバイオマーカー研究のpilot研究として、術前化学療法を施行した進行胃癌を対象に【1】JCOG1509附随研究で解析対象とするバイオマーカー候補分子の同定のためのマルチオミクス解析を行うことと、【2】術前生検検体からの癌パネル解析が実施可能かを確認する。
    Stage III胃癌に対する術前SOX療法の上乗せ効果を検証する第3相試験附随研究のpilot studyとして、マルチオミクス解析による化学療法効果予測バイオマーカーの同定を目的とした。術前化学療法を施行した症例から得た血漿検体を対象としてプロテオーム解析を実施し、有望な血漿効果予測バイオマーカー候補タンパク群を抽出した。同じ対象でmicroRNAアレイ解析を実施し、その血漿レベルが術前化学療法奏効度に相関するmicroRNA群を抽出した。治療前内視鏡的生検FFPE検体を対象に次世代シークエンサーを用いた遺伝子変異検査実施し、ゲノムデータが解析可能であることを明らかにした。
    Stage III胃癌ではしばしば再発が見られ、さらなる治療開発の余地がある。S-1/オキサリプラチン併用療法(SOX療法)による術前補助化学療法を加えた周術期化学療法の優越性を検証するランダム化比較第III相試験が実施中であり、その結果は胃癌診療ガイドラインにも大きな影響を与えると予想される。術前補助化学療法の治療効果が事前に予測できれば、個々の患者に応じた最適な治療法選択が可能となり、医療経済の観点からも大きな意義がある。本研究の成果により候補バイオマーカー選定と、ゲノム解析の実施性確認が得られたことで、続く附随研究が確度高く実施できる。

  8. 食道癌に対する新たな抗体医薬とコンパニオン診断技術の開発研究

    研究課題/研究課題番号:19K09140  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小池 聖彦, 田中 千恵, 小林 大介, 神田 光郎, 澤木 康一, 小寺 泰弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    多様な進展経路を持つ食道癌は男女ともに癌死亡者数が増加しており、その克服は重要な課題である。食道癌の治療成績を改善するには、病態解明と分子標的治療薬開発につながる新規関連分子の同定が望まれる。本研究では、食道扁平上皮癌の細胞株と組織マイクロアレイで高頻度に発現亢進するレセプター分子を探索し同定したレセプターNに着目し、治療の奏効度を予測するコンパニオン診断法の確立と並行して研究を進める。本研究計画の目的は食道癌におけるレセプターNの機能を明らかにし、これを標的とした創薬ならびに診断法の開発に繋げることである。
    食道癌は多様な進展経路を持つ予後不良な疾患であり、本邦において男女ともに癌死亡者数が増加している。従来の殺細胞性抗腫瘍剤のコンプライアンスが得られにくく効果も限定的であるため、治療成績改善のためには治療選択肢を拡大させうる分子標的治療薬の開発が望まれている。我々は、既存の分子標的治療薬とは全く異なる標的としてneuronal pentraxin receptor (NPTXR) を同定し、これに対する特異的抗体医薬開発の糸口をつかむことを目的に本研究を進めている。また同時に、個別化治療の実現に向けて重要な、奏効度を事前に予測しうるコンパニオン診断法開発に向けてのデータ構築を行っていく。shRNAを用いた安定的NPTXRノックダウン食道扁平上皮癌細胞株を樹立し、細胞機能解析を行ったところ、癌進展に重要な細胞増殖能、浸潤能が有意に低下することを明らかにした。また、NPTXRノックダウンにより食道癌のkey drugである5-FUの感受性が改善することも発見した。抗原性・親水性予測に基づいて抗NTPXR抗体を取得した。NPTXRの悪性腫瘍における役割には未知の部分が大きく、どのようなsignaling pathwayとの干渉を有するのかを知ることは、その特性を理解するために重要である。Antibody arrayを用いて親株と安定的NPTXRノックダウン株における細胞内signaling pathwayのリン酸化について網羅的に比較したところ、Akt-mTORのシグナルのリン酸化がNPTXRにより抑制されていた。引き続き研究計画にもとづいて、食道扁平上皮癌細胞におけるNPTXRの機能解析、抗腫瘍剤感受性への影響、癌関連主要pathwayへの干渉、抗NPTXR抗体の食道癌全身転移モデル治療効果の評価、コンパニオン診断薬開発のための臨床検体中NPTXR発現解析を進めていく。
    樹立したshRNAを用いた安定的NPTXRノックダウン食道扁平上皮癌細胞株を用いて、細胞機能解析(細胞増殖能、浸潤能)を実施した。さらに、薬剤感受性への影響を調べるべく、NPTXRノックダウンの有無によるFUの感受性変化についても検討した。次年度に活性評価を行う予定の抗NTPXR抗体を取得した。シグナル解析の入り口となる網羅的細胞内signaling pathwayリン酸化解析を実施し、Akt-mTORのシグナルのリン酸化がNPTXRにより抑制されていることを発見した。おおむね研究計画に沿って進捗している。
    引き続き、shRNAによる安定的ノックダウン株を用いて癌細胞機能の変化を調べる。親株とノックダウン株の間でアポトーシス細胞比、ミトコンドリア膜電位活性、Caspase活性、細胞周期の変化を調べるととともに、癌の転移進展に重要な遊走能、接着能を順次評価していく。in vivo実験として、マウス皮下腫瘍モデルでの造腫瘍能を比較する。親株と安定的レセプターNノックダウン株の間で食道癌のkey drugであるCDDPの感受性をWST-8法で比較する。シグナル解析として、Akt-mTORシグナルに着目して関連分子のリン酸化をWestern blotting法で調査する。抗NPTXR抗体の食道癌細胞増殖抑制効果を調べる。コンパニオン診断薬開発に向けて、食道癌原発巣組織中発現と臨床データの相関解析を行う。取得したデータをまとめ、英文論文執筆を開始する。

  9. 介入による消化器癌周術期高齢者機能の改善と機能低下に影響するバイオマーカー探索

    研究課題/研究課題番号:17K01841  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田中 千恵, 神田 光郎, 小寺 泰弘, 室谷 健太, 柳川 まどか, 藤原 道隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1年間でさらに症例を集積したため、術前化学療法を施行した症例16例を除く41例を対象として再度解析を行った。
    令和元年度の報告と同様、機能評価のスコアの平均値は、自立度(BADL、IADL)、認知機能(MMSE)、抑うつ(GDS-15)、錯乱(NEECHAM)において、術前と比べて退院時・術後6ヶ月のいずれも明らかな低下を認めなかった。これに対して、栄養(MNA-SF)および認知機能(CDR-J)は術前と比べて退院時に有意にスコアの低下を認めた。このため、さらに解析を追加し、機能評価の各項目のスコアの異常値を来す割合に関して評価を行った。自立度を示すIADLスコアが異常値を来す割合は、術前が5%に対して退院時が13%(p=0.0481)、術後6ヶ月が8%(p=0.3895)であった。栄養を示すMNA-SFのスコアが異常値を来す割合は、術前が35%に対して退院時が83%(p<0.0001)、術後6ヶ月が55%(p=0.0045)であった。他の項目のスコアは術前と比べて退院時、術後6ヶ月に有意な低下は認めなかった。さらに、術前と比べて退院時にBADLスコアの低下に関連した因子として、術後合併症の発生が、IADLスコアの低下に関連する因子としてせん妄が挙げられた。今回の検討においても、認知機能の低下と術前バイオマーカーの値に関連は認めなかった。さらにバイオマーカー探索を続ける。
    高齢者機能評価を用いた検討の結果、術後自立度が低下する症例群が存在することがわかった。また認知機能については手術との関連の可能性が確認された。
    予定より時間を要したものの令和元年度末をもって基本的な解析を終了した。令和2年度は成果発表を行う予定であったが、COVID-19感染症の影響を受けて、ほとんど成果発表できなかったため1年の延長手続きを行った。
    次年度は令和2年度に行う予定であった成果発表を行う予定である。また、想定外に1年の時間を得たため、さらなる症例集積と解析を追加する。

  10. 胃癌腹膜播種特異的関連分子を標的とした新規腹腔内治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17H04281  2017年4月 - 2020年3月

    小寺 泰弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腹膜播種は胃癌で高頻度かつ難治な転移再発様式である。Transcriptome解析により腹膜転移再発症例で特異的に高発現している分子として膜貫通型蛋白であるsynaptotagmin 13(SYT13)を厳選した。SYT13の組織中、腹水中発現は胃癌腹膜播種の予測、存在診断、治療効果モニタリングのいずれの場面においても有用であることが示された。SYT13は胃癌細胞の増殖、浸潤、遊走能に関与することが明らかになった。siRNA、中和抗体のいずれのアプローチにおいてもSYT13を標的とした腹腔内治療はマウス腹膜播種モデルで治療効果を示した。
    胃癌において腹膜播種は高頻度な転移再発形式であるにもかかわらず、これを制御しうる分子標的治療薬も精度の高い診断マーカーも発展途上にある。本研究の成果をSYT13阻害薬の創薬と診断キットの開発へとつなげることにより「SYT13発現を評価し、高発現症例に対してはSYT13阻害薬による治療を行う」、というPrecision medicineが実現できる。将来的に、SYT13阻害薬は、胃癌のみならず腹膜播種を高頻度に起こす膵癌、卵巣癌などの他癌種に応用できる可能性も有する。

  11. 国際共同研究による新規胃癌血清腫瘍マーカーの開発と血中移行機序の検討

    研究課題/研究課題番号:17K10581  2017年4月 - 2020年3月

    神田 光郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    胃癌診療のさらなる向上のためには、高感度・高特異度で診断に役立つのみならず、予後予測因子としても期待できる血清腫瘍マーカーの開発が望まれる。先行研究でANOS1、MAGE-D2、DPYSL3 の3種の分子の術前血清値が胃癌の進行度・予後と相関することを見出しており、これらの分子の胃癌血清腫瘍マーカーとしての有用性を前向き国際共同研究によって検証した。これにより、血清ANOS1値は胃癌早期診断技術として有望であること、血清DPYSL3値は胃癌進行度マーカーとして有用であることが示された。
    有望な予備データの得られた分子の血清診断能を明らかにしたことで、現在の医療で重視される個別化治療の手段としての新規胃癌腫瘍マーカー開発につながることが期待される。検体採取に特殊な手技を必要とせず、広く一般に普及しうる血清診断は、胃癌初期存在診断、進展度診断、再発モニタリングおよび治療効果判定のためのスクリーニング法の対象として理想的である。新規マーカー単独、あるいは既存の腫瘍マーカーとの組み合わせによって緻密な胃癌患者の管理が可能となるため、様々な面から胃癌の治療成績のさらなる改善が期待できる。

  12. Transcriptome解析より同定した胃癌肝転移関連分子の発現および機能解析

    研究課題/研究課題番号:16K19889  2016年4月 - 2018年3月

    田中 友理

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    胃癌の肝転移はきわめて予後不良であり、新規分子標的治療薬の開発および悪性度診断マーカーが不可欠である。肝転移を有する胃癌症例から得られた組織を対象とし発現プロファイリングを行った結果、SYT7が胃癌原発巣において胃非癌部に対し有意に発現亢進していた。SYT7ノックアウト胃癌細胞株では細胞増殖能、遊走能、浸潤能のいずれも有意に低下し、マウス皮下腫瘍モデルおよび肝転移モデルにおける造腫瘍能も低下していた。胃癌原発組織中SYT7高発現は血行性転移および再発に有意な相関性を示し、胃切除術後の予後不良因子であった。SYT7が胃癌血行性転移の診断および治療の両面から有望な標的分子であることが示された。

  13. 肝細胞癌におけるSAMSN1遺伝子の機能解析と、血清腫瘍マーカーへの応用

    研究課題/研究課題番号:16K19890  2016年4月 - 2018年3月

    江坂 和大

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    肝細胞癌(HCC)の病態を反映し得るバイオマーカー候補としてSAMSN1遺伝子に着目した。高度発現抑制株はDNAメチル化を伴っており、発現は脱メチル化処理によって回復した。手術症例肝組織中発現は非癌部組織に比べてHCCで高度に抑制され、病期進行に伴って減少した。組織中発現抑制は独立予後不良因子であり、再発形式が重篤となるものほど強く抑制されていた。免疫染色法で蛋白レベルの発現変化が評価可能であった。これらから、SAMSN1はHCCの有望なバイオマーカーとなる可能性が示された。血清SAMSN1 DNAメチル化は検出困難であったため、血清診断より肝組織中での解析が重要と考えられた。

  14. EGFR阻害剤による肝障害進展抑制の機序の解明とその臨床応用

    研究課題/研究課題番号:15K10161  2015年4月 - 2018年3月

    藤井 努

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    研究者らは近年、動物モデルにおいて上皮成長因子受容体(Epidermal Growth Factor Receptor; EGFR)阻害剤による肝硬変抑制効果を確認し報告した(Hepatology 2014)。本研究ではこの現象の機序を具体的に解明するとともに、ヒトで肝の硬変化を抑制するという新たな視点からの治療法の構築・開発を目指した。ラットにおける肝硬変抑制モデルにおける蛋白発現の検討、Hepatic Stellate Cellのマーカーの発現の検討と単離培養、ヒト肝切除検体における遺伝子・蛋白発現の検討を行った。

▼全件表示