2021/11/12 更新

写真a

タナベ ヒロキ
田邊 宏樹
TANABE Hiroki
所属
大学院情報学研究科 心理・認知科学専攻 心理学 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
文学部 人文学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 教養学士 ( 1991年3月   国際基督教大学 ) 

  2. 医科学修士 ( 1994年3月   大阪大学 ) 

  3. 博士(医学) ( 1998年3月   大阪大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 社会的相互作用

  2. ハイパースキャニング fMRI

  3. コミュニケーションの脳科学

  4. 間主観性

  5. we-mode

  6. 主観的知覚

  7. 脳イメージング

  8. 古神経学

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 基盤脳科学  / 認知神経科学

  2. ライフサイエンス / 基盤脳科学  / 社会脳科学

  3. 人文・社会 / 実験心理学  / 実験心理学

  4. その他 / その他  / 古神経学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 自己と他者の関わりの脳科学

経歴 6

  1. 名古屋大学大学院 情報学研究科   心理・認知科学専攻/文学部   教授

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院 環境学研究科   社会環境学専攻   教授

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院 環境学研究科   社会環境学専攻   准教授

    2012年7月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 自然科学研究機構 生理学研究所   大脳皮質機能研究系 心理生理学研究部門   助教

    2004年12月 - 2012年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 科学技術振興機構 社会技術研究「脳科学と教育」   定藤チーム   研究員

    2002年12月 - 2004年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 総務省 通信総合研究所 関西先端研究センター   柳田プロジェクト   研究員

    1998年4月 - 2002年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 大阪大学   医学研究科   生理系専攻

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 大阪大学   医学研究科

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 国際基督教大学   教養学部   教育学科心理学専攻

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. The Organization of Human Brain Mapping   Member

  2. Society for Neuroscience   Regular member

  3. 日本神経科学学会   会員

  4. 日本心理学会   会員

  5. 日本生物物理学会   会員

  6. 日本人類学会   会員

▼全件表示

委員歴 2

  1. ヒト脳イメージング研究会運営委員会   委員  

    2018年8月 - 現在   

  2. ニューロイメージングプラットフォーム委員会   幹事  

    2008年4月 - 2019年3月   

 

論文 55

  1. Neural Substrates of Shared Visual Experiences: A Hyperscanning fMRI Study. 査読有り 国際誌

    Yoshioka A, Tanabe HC, Sumiya M, Nakagawa E, Okazaki S, Koike T, Sadato N

    Social cognitive and affective neuroscience     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/scan/nsab082

    PubMed

  2. Role of the right anterior insular cortex in joint attention-related identification with a partner. 査読有り

    Koike T, Tanabe HC, Adachi-Abe S, Okazaki S, Nakagawa E, Sasaki AT, Shimada K, Sugawara SK, Takahashi HK, Yoshihara K, Sadato N

    Social Cognitive Affective Neuroscience   14 巻 ( 10 ) 頁: 1131 - 1145   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/scan/nsz087

  3. Reconstructing the Neanderthal brain using computational anatomy. 査読有り 国際共著

    Kochiyama T*, Ogihara N*#, Tanabe HC*#, Kondo O, Amano H, Hasegawa K, Suzuki H, Poce de Leon MS, Zollikofer CPE, Bastir M, Stringer C, Sadato N, Akazawa T

    Scientific Reports   8 巻   頁: 6296   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-24331-0

  4. Neural substrates of shared attention as social memory: A hyperscanning functional magnetic resonance imaging study 査読有り

    Koike T*, Tanabe HC*, Okazaki S, Nakagawa E, Sasaki AT, Shimada K, Sugawara SK, Takahashi HK, Yoshihara K, Bosch-Bayard J, Sadato N

    NeuroImage     2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Effective connectivity in the human brain for sour taste, retronasal smell, and combined flavour 査読有り 国際共著

    Suen J.L.K., Yeung A.W.K., Wu E.X., Leung W.K., Tanabe H.C., Goto T.K.

    Foods   10 巻 ( 9 ) 頁: 2034 - 2034   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Foods  

    The anterior insula and rolandic operculum are key regions for flavour perception in the human brain; however, it is unclear how taste and congruent retronasal smell are perceived as flavours. The multisensory integration required for sour flavour perception has rarely been studied; therefore, we investigated the brain responses to taste and smell in the sour flavour-processing network in 35 young healthy adults. We aimed to characterise the brain response to three stimulations applied in the oral cavity—sour taste, retronasal smell of mango, and combined flavour of both— using functional magnetic resonance imaging. Effective connectivity of the flavour-processing network and modulatory effect from taste and smell were analysed. Flavour stimulation activated middle insula and olfactory tubercle (primary taste and olfactory cortices, respectively); anterior insula and rolandic operculum, which are associated with multisensory integration; and ventrolateral prefrontal cortex, a secondary cortex for flavour perception. Dynamic causal modelling demonstrated that neural taste and smell signals were integrated at anterior insula and rolandic operculum. These findings elucidated how neural signals triggered by sour taste and smell presented in liquid form interact in the brain, which may underpin the neurobiology of food appreciation. Our study thus demonstrated the integration and synergy of taste and smell.

    DOI: 10.3390/foods10092034

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. The extrastriate body area is involved in reciprocal imitation of hand gestures, vocalizations, and facial expressions: A univariate and multivariate fMRI study 査読有り

    Okamoto Y., Kitada R., Tanabe H.C., Sasaki A.T., Kochiyama T., Yahata N., Sadato N.

    Social Neuroscience   16 巻 ( 4 ) 頁: 448 - 465   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Social Neuroscience  

    The extrastriate body area (EBA) in the lateral occipito-temporal cortex has an important role in reciprocal interaction, as it detects congruence between self and other’s hand actions. However, it is unclear whether the EBA can detect congruence regardless of the type of action. In the present study, we examined the neural substrate underlying congruence detection of three types of actions: hand gestures, vocalizations, and facial expressions. A univariate analysis revealed a congruency effect, especially for imitating action, for all three types of actions in the EBA. A multi-voxel pattern analysis classifier in the EBA was able to distinguish between initiating interaction from responding to interaction in all experiments. Correspondingly, the congruency effect in the EBA revealed by univariate analysis was stronger for responding to than for initiating interaction. These findings suggest that the EBA might contribute to detect congruence regardless of the body part used (i.e. face or hand) and the type of action (i.e. gestural or vocal). Moreover, initiating and responding to interaction might be processed differently within the EBA. This study highlights the role of the EBA in comparing between self and other’s actions beyond hand actions. Running head: Function of EBA in reciprocal imitation.

    DOI: 10.1080/17470919.2021.1944908

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. ハイパースキャンによるライブでの二者相互作用神経メカニズム研究の新展開

    田邊 宏樹

    生体医工学   59 巻 ( 0 ) 頁: 247 - 247   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    <p>ヒトの社会性に関わる脳機能研究はこの20年の間に膨大な研究がなされ,次々とその神経基盤を明らかにしてきた。これらの研究のほとんどは当初から現在に至るまで個人の脳を対象としているが,一方コミュニケーション場面でのやりとりはリアルタイム性を持ちダイナミックで相互作用的である。その点重視する研究者を中心に,リアルな相互作用をしている複数の人間を対象としたハイパースキャン研究が急速に広まっている。そこで用いられる脳活動計測装置はMRIやMEGを含めさまざまであるが,最近では二者相互作用の実験環境を容易に構築できるNIRSやEEGを使った研究が爆発的に増加している。ただし,現状のハイパースキャン研究を一括りにはできず,むしろ研究が増えるにしたがって混迷しているようにも見える。その理由として,計測パラメータの時空間特性が大きく違いデータの持つ意味が異なること,さらに解析手法もバラバラで着目する点も異なり統一的な見解を得にくいこと,が挙げられる。そこで本演題では,まずそれぞれの脳機能計測装置を用いたハイパースキャン研究の現状を幾つか例を挙げて紹介し,次にこの研究領域の今後の展開について議論する。</p>

    DOI: 10.11239/jsmbe.Annual59.247

    CiNii Article

  8. Aging impacts the overall connectivity strength of regions critical for information transfer among brain networks. 査読有り

    Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Kawabata K, Yoneyama N, Ohdake R, Imai K, Masuda M, Yokoi T, Ogura A, Taoka t, Koyama S, Tanabe HC, Katsuno M, Wakabayashi T, Kuzuya M, Hoshiyama M, Isoda H, Nagasawa S, Ozaki N, Sobue G

    Frontiers in Aging Neuroscience   12 巻   頁: 592469   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnagi.2020.592469

  9. Changes in white matter fiber density and morphology across the adult lifespan: A cross-sectional fixel-based analysis. 査読有り

    Choy SW, Bagarinao E, Watanabe H, Ho ETW, Maesawa S, Mori D, Hara K, Kawabata K, Yoneyama N, Ohtake R, Imai K, Matsuda M, Yokoi T, Ogura A, Taoka T, Koyama S, Tanabe HC, Katsuno M, Wakabayashi T, Kuzuya M, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    Human Brain Mapping   41 巻 ( 12 ) 頁: 3198 - 3211   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/hbm.25008

  10. Reorganization of brain networks and its association with general cognitive performance over the adult lifespan. 査読有り

    Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Kawabata K, Yoneyama N, Ohdake R, Imai K, Masuda M, Yokoi T, Ogura A, Taoka T, Koyama S, Tanabe HC, Katsuno M, Wakabayashi T, Kuzuya M, Ozaki N, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Sobue G

    Scientific Reports   9 巻   頁: 11352   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47922-x

  11. Ventromedial prefrontal Cortex Contributes to performance success by controlling reward-driven arousal representation in amygdala. 査読有り 国際共著

    Watanabe N, Bhanji JP, Tanabe HC, Delgado MR

    NeuroImage   202 巻   頁: 116136   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2019.116136

  12. Short version dental anxiety inventory score may predict the response in the insular cortex to stimuli mimicking dental treatment. 査読有り 国際共著

    Yeung AWK, Lee JCM, Tanabe HC, Ng SKS, Khong PL, Leung WK, Goto TK

    Frontiers in Human Neuroscience   13 巻   頁: 204   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2019.00204

  13. 小脳と高次認知機能 招待有り

    田邊宏樹

    ことばの科学研究   20 巻   頁: 4-8   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  14. 脳機能イメージングとモデル構築 −Dynamic Causal Modelingを中心に− 招待有り

    田邊宏樹

    神経心理学   34 巻 ( 3 ) 頁: 192-198   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. ネアンデルタール人の脳機能を探る 招待有り

    荻原直道、田邊宏樹

    月刊考古学ジャーナル   714 巻   頁: 19-24   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  16. The role of the amygdala in incongruity resolution: the case of humor comprehension. 査読有り

    Nakamura T, Matsui T, Utsumi A, Yamazaki M, Makita K, Harada T, Tanabe HC, Sadato N

    Social Neuroscience     2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17470919.2017.1365760

  17. Autistic traits affect P300 response to unexpected events, regardless of mental state inferences. 査読有り

    Ishikawa M, Itakura S, Tanabe HC

    Autism Research and Treatment   2017 巻   頁: 8195129   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/8195129

  18. Neural evidence for the intrinsic value of action as motivation for behavior. 査読有り

    Miura N, Tanabe HC, Sasaki AT, Harada T, Sadato N

    Neuroscience   352 巻   頁: 190-203   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2017.03.064

  19. Age-dependent atypicalities in body- and face-sensitive activation of the EBA and FFA in individuals with ASD. 査読有り

    Okamoto Y, Kosaka H, Kitada R, Seki A, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Saito DN, Yanaka HT, Munesue T, Ishitobi M, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Koeda T, Sadato N

    Neuroscience Research   119 巻   頁: 38-52   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2017.02.001

  20. Being in a romantic relationship is associated with reduced gray matter density in striatum and increased subjective happiness. 査読有り

    Kawamichi H, Sugawara SK, Hamano YH, Makita K, Matsunaga M, Tanabe HC, Ogino Y, Saito S, Sadato N

    Frontiers in Psychology   7 巻   頁: 1763   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2016.01763

  21. Enhancement of combined umami and salty taste by glutathione in the human tongue and brain. 査読有り

    Goto TK, Yeung AW, Tanabe HC, Ito Y, Jung HS, Ninomiya Y

    Chemical Senses   41 巻 ( 7 ) 頁: 623-630   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/chemse/bjw066

  22. Neural correlates of fear-induced sympathetic response associated with the peripheral temperature change rate. 査読有り

    Yoshihara K, Tanabe HC, Kawamichi H, Koike T, Yamazaki M, Sudo N, Sadato N

    NeuroImage   134 巻   頁: 522-531   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2016.04.040

  23. The role of prosody and context in sarcasm comprehension: behavioral and fMRI evidence. 査読有り

    Matsui T, Nakamura T, Utsumi A, Sasaki AT, Koike T, Yoshida Y, Harada T, Tanabe HC, Sadato N

    Neuropsychologia   87 巻   頁: 74-84   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuropsychologia.2016.04.031

  24. Taste intensity modulates effective connectivity from the insula cortex to the thalamus in humans. 査読有り

    Yeung AWK, Tanabe HC, Suen JLK, Goto T

    NeuroImage   135 巻   頁: 214-222   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2016.04.057

  25. 前頭葉機能を背景としたサイコパシー特性と意思決定の関連 査読有り

    吉岡歩、志和史朗、大隅尚広、田邊宏樹

    人間環境学研究   14 巻 ( 1 ) 頁: 41-47   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4189/shes.14.41

  26. Helping behavior induced by empathetic concern attenuates anterior cingulate activation in response to others' distress. 査読有り

    Kawamichi H, Yoshihara K, Sugawara SK, Matsunaga M, Makita K, Hamano YH, Tanabe HC, Sadato N

    Social Neuroscience   11 巻 ( 2 ) 頁: 109-122   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17470919.2015.1049709

  27. Involvement of the ventrolateral prefrontal cortex in learning others' bad reputations and indelible disgust. 査読有り

    Suzuki A, Ito Y, Kiyama S, Kunimi M, Ohira H, Kawaguchi J, Tanabe HC, Nakai T

    Front. Hum. Neurosci.   10 巻 ( 28 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2016.00028

  28. The brain mechanisms underlying the perception of pungent taste of capsaicin and the subsequent autonomic responses. 査読有り

    Kawakami S, Sato H, Sasaki AT, Tanabe HC, Yoshida Y, Saito M, Toyoda H, Sadato N, Kang Y

    Front. Hum. Neurosci.   9 巻 ( 720 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2015.00720

  29. Less efficient and costly processes of frontal cortex in childhood chronic fatigue syndrome. 査読有り

    Mizuno K, Tanaka M, Tanabe HC, Joudoi T, Kawatani J, Shigihara Y, Tomoda A, Miike T, Imai-Matsumura K, Sadato N, Watanabe Y

    NeuroImage Clinical   9 巻   頁: 355-368   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nicl.2015.09.001

  30. Fluency-dependent cortical activation associated with speech production and comprehension in second language learners. 査読有り

    Shimada K, Hirotani M, Yokokawa H, Yoshida H, Makita K, Yamazaki-Murase M, Tanabe HC, Sadato N

    Neuroscience   300 巻   頁: 474-492   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2015.05.045

  31. Dissociable cortical pathways for qualitative and quantitative mechanisms in the face inversion effect. 査読有り

    Matsuyoshi D, Morita T, Kochiyama T, Tanabe HC, Sadato N, Kakigi R

      35 巻 ( 10 ) 頁: 4268-4279   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3960-14.2015

  32. Hyperscanning neuroimaging technique to reveal the "two-in-one" system in social interactions. 査読有り

    Koike T, Tanabe HC, Sadato N

    Neurosci. Res.   90 巻   頁: 25-32   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2014.11.006

  33. Towards digital reconstruction of fossil crania and brain morphology. 査読有り

    Ogihara N, Amano H, Kikuchi T, Morita Y, Hasegawa K, Kochiyama T, Tanabe HC

    Anthropol. Sci.   123 巻 ( 1 ) 頁: 57-68   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1537/ase.141109

  34. Frequency-specific network topologies in the resting human brain. 査読有り

    Sasai S, Homae F, Watanabe H, Sasaki AT, Tanabe HC, Sadato N, Taga G

    Front. Hum. Neurosci.   8 巻   頁: 1022   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2014.01022

  35. Attenuation of the contingency detection effect in the extrastriate body area in autism spectrum disorder. 査読有り

    Okamoto Y, Kitada R, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Munesue T, Ishitobi M, Saito DN, Yanaka HT, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Sasaki AT, Morita T, Itakura S, Kosaka H, Sadato N

    Neuroscience Research     2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2014.06.012

  36. Facial color processing in the face-selective regions: An fMRI study. 査読有り

    Nakajima K, Minami T, Tanabe HC, Sadato N, Nakauchi S

    Human Brain Mapping   35 巻 ( 9 ) 頁: 4958-4964   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hbm.22535

  37. Perceiving active listening activates the reward system and improves the impression of relevant experiences. 査読有り

    Kawamichi H, Yoshihara K, Sasaki AT, Sugawara SK, Tanabe HC, Shinohara R, Sugisawa Y, Tokutake K, Mochizuki Y, Anme T, Sadato N

    Social Neuroscience   10 巻   頁: 16-26   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17470919.2014.954732

  38. The anterior insular and anterior cingulate cortices in emotional processing for self-face recognition. 査読有り

    Morita T, Tanabe HC, Sasaki AT, Shimada K, Kakigi R, Sadato N

    Soc. Cogn. Affect. Neurosci.     2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/scan/nst011

  39. Integrated analytical scheme for comparing the Neanderthal brain to modern human brain using neuroimaging techniques. 査読有り

    Tanabe HC, Kochiyama T, Ogihara N, Sadato N

    Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives     頁: 203-207   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54553-8

  40. Brain activation related to the imitative learning of bodily actions observed during the construction of a Mousterian stone tool: A functional magnetic resonance imaging study. 査読有り

    Miura N, Nagai K, Yamazaki M, Yoshida Y, Tanabe HC, Akazawa T, Sadato N

    Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives     頁: 221-232   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54553-8

  41. Cerebellar size estimation from endocranial measurements: An evaluation based on MRI data. 査読有り

    Kubo D, Tanabe HC, Kondo O, Ogihara N, Yogi A, Murayama S, Ishida H

    Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives     頁: 209-215   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54553-8

  42. Motion analysis for stone-knapping of the skilled levallois technique. 査読有り

    Hoshino Y, Mitani K, Miura N, Tanabe HC, Nagai K

    Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives     頁: 79-90   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54553-8

  43. Reconstruction of the brain skull fossils using computational anatomy. 査読有り

    Kochiyama T, Tanabe HC, Ogihara N

    Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Volume 2: Cognitive and Physical Perspectives     頁: 191-200   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54553-8

  44. A functional magnetic resonance imaging study of foreign-language vocabulary learning enhanced by phonological rehearsal: the role of the right cerebellum and left fusiform gyrus. 査読有り

    Makita K, Yamazaki M, Tanabe HC, Koike T, Kochiyama T, Yokokawa H, Yoshida H, Sadato N

    Mind Brain Education   7 巻 ( 4 ) 頁: 213-224   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Medial prefrontal cortex activation is commonly invoked by reputation of self and romantic partners. 査読有り

    Kawamichi H, Sasaki AT, Matsunaga M, Yoshihara K, Takahashi HK, Tanabe HC, Sadato N

    PLoS One   8 巻 ( 9 )   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0074958

  46. Modulation of emotion by cognitive activity. 査読有り

    Iida S, Tanabe HC, Nakao T, Ohira H

    Psychol. Topics   2 巻   頁: 205-219   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. The neural substrates of the warning effect: A functional magnetic resonance imaging study. 査読有り

    Yoshida Y, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kawamichi H, Kochiyama T, Sadato N

    Neurosci. Res.   76 巻   頁: 230-239   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Localization of the primary taste cortex by contrasting passive and attentive conditions. 査読有り

    Nakamura Y, Tokumori K, Tanabe HC, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H., Yoshiura K, Goto TK

    Exp. Brain Res.   227 巻   頁: 185-197   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Spontaneous verbal labeling of complex sequential hand movements reduces fMRI activation of the imitation-related regions. 査読有り

    Miyahara M, Kitada R, Sasaki A, Okamoto Y, Tanabe HC, Sadato N

    Neurosci. Res.     頁: in press   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Interaction of numerosity and time in prefrontal and parietal cortex. 査読有り

    Hayashi MJ, Kanai R, Tanabe HC, Yoshida Y, Carlson S, Walsh V, Sadato N

    J. Neurosci.   33 巻   頁: 883-893   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Activation of the reward system during sympathetic concern is mediated by two types of empathy in a familiarity-dependent manner. 査読有り

    Kawamichi H, Tanabe HC, Takahashi H, Sadato N

    Soc. Neurosci.   8 巻   頁: 90-100   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17470919.2012.744349

  52. A NIRS-fMRI study of resting state network. 査読有り

    Sasai S, Homae F, Watanabe H, Sasaki AT, Tanabe HC, Sadato N, Taga G

    NeuroImage   63 巻   頁: 179-193   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Hard to "tune in": neural mechanisms of live face-to-face interaction with high-functioning autistic spectrum disorder. 査読有り

    Tanabe HC, Kosaka H, Saito DN, Koike T, Hayashi MJ, Izuma K, Komeda H, Ishitobi M, Omori M, Munesue T, Okazawa H, Wada Y, Sadato N

    Front. Hum. Neurosci.   6 巻   頁: 268   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2012.00268

  54. Neural networks for action representation: a functional magnetic-resonance imaging and dynamic causal modeling study. 査読有り

    Sasaki AT, Kochiyama T, Sugiura M, Tanabe HC, Sadato N

    Front. Hum. Neurosci.   6 巻   頁: 236   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2012.00236

  55. The neural substrates associated with attentional resources and difficulty of concurrent processing of the two verbal tasks. 査読有り

    Mizuno K, Tanaka M, Tanabe HC, Sadato N, Watanabe Y

    Neuropsychologia   50 巻   頁: 1998-2009   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. Digital Endocasts: From Skulls to Brains

    Emiliano Bruner, Naomichi Ogihara, Hiroki C. Tanabe( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer Japan  2017年12月  ( ISBN:978-4-431-56582-6

     詳細を見る

    総ページ数:289   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. "Cerebellum: Anatomy, Physiology, Function, and Evolution", in Bruner E, Ogihara N, Tanabe HC (Eds.) "Digital Endocasts: From Skulls to Brains"

    Tanabe HC, Kubo D, Hasegawa K, Kochiyama T, Kondo O( 担当: 共著)

    Springer Japan  2017年12月  ( ISBN:978-4-431-56582-6

     詳細を見る

    総ページ数:289   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. "Reconstruction and Statistical Evaluation of fossil brain using computational neuroanatomy", in Bruner E, Ogihara N, Tanabe HC (Eds.) "Digital Endocasts: From Skulls to Brains"

    Kochiyama T, Tanabe HC, Ogihara N( 担当: 共著)

    Springer Japan  2017年12月  ( ISBN:978-4-431-56582-6

     詳細を見る

    総ページ数:289   記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. 脳の発達科学 ー発達科学ハンドブック8 第8章 脳機能イメージング

    田邊宏樹( 担当: 単著)

    新曜社  2015年9月  ( ISBN:978-4-7885-1444-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 35

  1. Judgments of value and sequential changes in prices. 国際会議

    Noda M, Tanabe HC, Kimura M

    22nd Conference of the Society for Personality and Social Psychology  2021年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Austin   国名:アメリカ合衆国  

  2. Contextual information with regards to sequentially increasing, decreasing and low-fluctuating prices: Judgments of value and response time. 国際会議

    Noda M, Tanabe HC, Kimura M

    Psychonomic Society's 61st Annual Meeting Virtual Pscyhonomics  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. ハイパースキャニングによる二者相互作用神経メカニズムの最前線

    田邊宏樹

    第59回日本生体医工学会大会  2020年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  4. 脳から見た言語・学習・コミュニケーション 招待有り

    田邊宏樹

    LET関西支部早期英語教育研究部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市   国名:日本国  

  5. Neural substrates of sharing preference between interactive two persons: a hyperscanning fMRI study. 国際会議

    Yoshioka A, Koike T, Nakagawa E, Sumiya M, Sadato N, Tanabe HC

    OHBM2019 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome, Italy   国名:イタリア共和国  

  6. Neural basis of subjective preference congruity: a hyperscanning functional MRI. 国際会議

    Yoshioka A, Tanabe HC

    DFG 4th Workshop Technical issues related to real-time social interaction phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  7. 言語運用、コミュニケーション活動、障がいと脳

    田邊宏樹

    ことばの科学会25周年記念大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:関西学院大学大阪梅田キャンパス   国名:日本国  

  8. 好みの神経基盤

    田邊宏樹

    日本心理学会第82回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  9. 二者の好みの表明に関する神経基盤の検討:二者同時計測機能的MRIを用いた研究

    吉岡歩,田邊宏樹

    日本心理学会第82回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  10. 脳活動にみるコミュニケーションの仕組み −ASDの人のコミュニケーション支援に役立てるには− 招待有り

    田邊宏樹

    大阪医科大学LDセンター講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪医科大学 学I講堂   国名:日本国  

  11. 脳機能イメージングとモデル構築 -Dynamic Causal Modellingを中心に− 招待有り

    田邊宏樹

    第41回日本神経心理学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:学術センター,東京   国名:日本国  

  12. The inter-subject neural synchronization during joint attention: a hyperscanning functional MRI study. 国際会議

    Yoshioka A, Koike T, Nakagawa E, Sumiya M, Okazaki S, Sadato N, Tanabe HC

    Society for Psychophysiological Research 2017 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Wien, Austria   国名:オーストリア共和国  

  13. 行動・モデル・脳表現

    田邊宏樹

    日本心理学会第81回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:久留米シティプラザ,福岡   国名:日本国  

  14. 二者同時計測機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による刺激特徴への共同注意の神経基盤の検討

    吉岡歩,田邊宏樹

    日本心理学会第81回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:久留米シティプラザ,福岡   国名:日本国  

  15. Neural underpinnings of mutual gaze and joint attention using hyperscanning functional MRI. 国際会議

    Hiroki C. Tanabe

    Organization for Human Brain Mapping 2017 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Vancouver, Canada   国名:カナダ  

  16. ことばの発達と脳の働きを学ぶ —進んできた小脳研究:発達における脳の役割— 招待有り

    田邊宏樹

    大阪医科大学LDセンター講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪医科大学 学I講堂 大阪   国名:日本国  

  17. Common neural substrates of initiator and responder in spatial and feature-based joint attention: a hyperscanning fMRI study. 国際会議

    Yoshioka A, Koike T, Nakagawa E, Sumiya M, Okazaki S, Sadato N, Tanabe HC

    Society for Neuroscience 2016 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  18. Altered maturation of the fusiform face area and the extrastriate body area for individuals with autism spectrum disorders. 国際会議

    Okamoto Y, Kosaka H, Kitada R, Seki A, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Saito DN, Yanaka H, Munesue T, Ishitobi M, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Koeda T, Sadato N

    Society for Neuroscience 2016 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 間主観性と脳科学 −二人称視点脳機能イメージング研究− 招待有り

    田邊宏樹

    国立障害者リハビリテーションセンター平成28年度言語聴覚士研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:国立障害者リハビリテーションセンター学院 埼玉   国名:日本国  

  20. Core neural substrates of joint attention using hyperscanning functional MRI. 国際会議

    Tanabe HC, Yoshioka A, Koike T, Okazaki S, Sadato N

    International Congress of Psychology 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. Effects of autistic traits and the context use on social cognitions: A mediation analysis. 国際会議

    Ishikawa M, Itakura S, Tanabe HC

    International Congress of Psychology 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. The neural substrates of feature-based joint attention: A hyperscanning functional MRI study. 国際会議

    Yoshioka A, Tanabe HC, Koike T, Okazaki S, Nakagawa E, Sumiya M, Sadato N

    International Congress of Psychology 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Neural substrates of feature-based joint attention: a hyperscanning functional MRI study. 国際会議

    Tanabe HC, Yoshioka A, Koike T, Nakagawa E, Sumiya M, Okazaki S, Sadato N

    OHBM 2016 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  24. ヒト脳機能イメージング研究の新たな潮流 招待有り

    田邊宏樹

    第34回日本生理心理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  25. 自閉スペクトラム症における顔認知・身体認知に関与する視覚領域の発達遅延

    岡本悠子,小坂浩隆,北田亮,関あゆみ,田邊宏樹,林正道,河内山隆紀,齋藤大輔,谷中久和,棟居俊夫,石飛信,大森晶夫,和田有司,岡沢秀彦,小枝達也,定藤規弘

    第18回日本ヒト脳機能マッピング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. 社会脳研究の新たな視点:二人のfMRI同時計測によるアプローチ

    田邊宏樹

    日本心理学会第79回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋   国名:日本国  

  27. 言語キューを用いた共同注意:ハイパースキャンによる機能的MRI研究

    田邊宏樹、小池耕彦、岡崎俊太郎、定藤規弘

    第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸国際会議場 神戸   国名:日本国  

  28. Common and cue-specific neural substrates of joint attention: a hyperscanning functional MRI study. 国際会議

    Tanabe HC, Koike T, Okazaki S, Sadato N

    Human Brain Mapping 2015 Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  29. Exploring the difference of brain anatomy and function between Neanderthals and Modern Humans: neuroanatomical and functional neuroimaging approarch.

    Tanabe HC, Kochiyama T, Sadato N, Ogihara N

    RNMH2014 The second international conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 旧人ネアンデルタールと新人ホモサピエンスのエンドキャスト形態差から考える脳機能差

    田邊宏樹

    第68回日本人類学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県浜松市 アクトシティ浜松   国名:日本国  

  31. 個体間での脳活動共振として表現される「社会性」

    小池耕彦,田邊宏樹,岡崎俊太郎,Jorge Bosch,定藤規弘

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  32. Comparing shape of cranium between Neanderthal and modern humans using computational anatomy. 国際会議

    Tanabe HC, Kochiyama T, Amano H, Hasegawa K, Kondo O, Ogihara N

    Human Brain Mapping 2014 Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  33. Cerebral and cerebellar involvement in joint attention. 国際会議

    Koike T, Tanabe HC, Okazaki S, Sadato N

    Society for Neuroscience 2013 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  34. 二台のMRIを繋げて共同注意の神経メカニズムを探る:We-mode neuroscienceの第一歩

    田邊宏樹

    日本心理学会第77回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道札幌市 札幌コンベンションセンター   国名:日本国  

  35. Inter- and intra-brain functional connectivity during eye contact and joint attention: a hyper-scanning functional MRI study. 国際会議

    Tanabe HC

    Social Cognition, Engagement and the Second-Person-Perspective International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. ネアンデルタール人の絶滅は小脳の小ささが原因だった?

    2018年6月

     詳細を見る

    発表場所:Newton 8月号  

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. fMRI-fNIRSを用いたドライバの状態定義に関する研究

    2017年4月 - 2019年3月

    国内共同研究 

  2. ヒト非侵襲脳機能計測による多義的な刺激を知覚する際の脳内動的ネットワークの解明

    2004年6月 - 2005年3月

    堀情報科学振興財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 16

  1. 内受容感覚の予測的処理を基盤とした感情と意思決定の創発メカニズムの探求

    研究課題/研究課題番号:21H04420  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    大平 英樹, 上野 大介, 遠山 朝子, 田邊 宏樹, 長井 隆行, 木村 健太, 片平 健太郎, 齋藤 菜月

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    身体内部信号の予測的処理から生じる内受容感覚が、感情を創発し意思決定を導く、という仮説を次のように検証する。1)内受容感覚の予測的処理に基づく身体状態の制御、感情の創発、意思決定の過程を表現する計算論モデルを構築する。2)内受容感覚を操作して意思決定課題を施行し、そこで得られる行動、脳活動、身体活動のデータを計算論モデルにより解析し仮説を検証する。3)人間の身体と計測装置を融合したシステムであるセンサロイドを製作し、そこで得られたデータのモデル化により、感情概念が生成され主観的な情動が経験される原理を探求する。4)身体症状症を内受容感覚の不全と捉え、その特性を計算論モデルと実験により検討する。

  2. 相互作用する二者の神経ダイナミクスを統合的に理解するための新たな解析法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K07721  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田邊 宏樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    社会性の一側面が現れるコミュニケーション場面でのやりとりは、リアルタイム性を持ちダイナミックで相互作用的である。その神経基盤を探るため近年多くの研究がなされているが、実験デザインや用いる装置、解析手法の違いによりその統一的な理解にはほど遠い。また刻々と変化する関係性についての神経ダイナミクスを探る手法は手つかずである。そこで本研究では、さまざまな脳機能計測手法に適用できる二者相互作用課題を新たに考案・実施するとともに、階層的に組織化されたネットワークダイナミクスの視点を取り入れた解析法を開発し、二人称視点による自他相互作用神経メカニズムの統合的理解を目指す。

  3. 増減する文脈情報が価値判断,及び予測に及ぼす影響について脳活動に着目した研究

    研究課題/研究課題番号:18K03020  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    野田 理世, 田邊 宏樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究の目的は,利得(損失)が連続して与えられる文脈情報が,価値判断,及び予測に与える影響について,脳活動データと行動データを統合して明らかにすることである。人間にとって,様々な変化への適応は重要であり,人々は変化する文脈情報に対して,ユニークな反応を示す可能性がある。これまで,その根本的な脳のメカニズムを検討した研究は殆どみられなかった。増減する文脈情報と,それに対する判断や予測に関わる脳活動の解明は,判断や予測の裏付ける貴重なデータとなり,様々な社会場面での行動予測に大きく貢献できる。本研究では,その根本的な脳のメカニズムの解明を目的として,機能的磁気共鳴画像法(functional magnetic resonance imaging; fMRI)を用いて脳活動を撮像した実験を実施した。
    2019年度は,2018年度に実施したfMRI実験で得られた脳活動データと行動データの解析を行った。また,認知実験の結果の一部を学会で発表した。行動データを解析した結果,予備実験で得られた結果,及び先行研究をふまえた仮説と,概ね一致した結果が得られた。一方で,脳活動データを解析した結果,一部仮説通りの結果が得られなかった。そのため,文献,及び先行研究のレビューを再度行い,結果について吟味した。その結果,近年の研究動向をふまえ,脳活動データ解析時に用いたモデルに変更を加えることとし,再解析を行った。現在は,引き続きデータ解析を実施している。
    また,脳活動データと行動データを統合して解釈する上で,有益な知見を得るために,認知実験の結果の一部を学会で発表をした。
    2019年度は,利得(もしくは損失)が連続で与えられる文脈情報が,価値判断に及ぼす影響を明らかにするために実施したfMRI実験で得られた脳活動データと行動データの解析を実施した。
    行動データについては,被験者の満足度データを,SPSSソフトを用いて,利得が与えられる条件,損失が与えられる条件,及び統制条件それぞれについて,連続条件と非連続条件で比較し,解析を実施した。その結果,概ね,これまでに行った認知実験で得られた結果が再現され,先行研究をふまえた仮説通りの結果が得られた。統制条件と設定した条件で,ややネガティブな価値判断傾向が認められたため,これについては,先行研究を再度レビューし,解釈を加えた。
    脳活動データについては,脳画像データに,MATLABソフトを用いて解析に必要な処理を加え,解析を実施した。その結果,一部仮説通りの結果が得られなかった。そのため,文献,先行研究のレビューを再度行い,結果について吟味した。その結果,利得が与えられる条件と損失が与えられる条件を,直接比較検討するモデルよりも,統制条件と比較する方が本研究の目的に一致すると判断し,解析で用いたモデルに変更を加えた。現在は,修正を加えたモデルを元にデータ解析を実施しつつ,データの解釈を進めている。
    また,行動データと脳活動データを統合して解釈する上で,新たな研究視点を得るために,すでに行った認知実験の結果の一部を学会で発表した。現在は,学会を通して得られた専門的情報と文献等で得られた知見を統合し,実験で得られたデータの解釈を行っている。
    2020年度は,実験で得られた価値判断データと脳活動データの解析結果を統合して解釈する。これら脳活動データと行動データを統合した結果を,学術大会で発表し,関連領域の研究者から得られたコメント等をふまえて,学術論文を執筆して投稿する。それと同時に,2021年度に実施する,利得(もしくは損失)が連続で与えられる文脈情報が予測に及ぼす影響を明らかにするために,実験計画を立てる。
    まず,現在解析している脳活動データと行動データをまとめて解釈し,学術大会で発表する。特に脳活動データについては,損失が与えられる条件で,一部仮説通りの結果が得られなかった。そのため,申請者が行った解釈を学術大会で発表し,関連領域の研究者に専門的アドバイスを求める。それと並行して,現在,一部解析モデルに変更を加え,データ解析を行っているが,その結果をふまえ,脳活動データと行動データをまとめて解釈した学術論文を執筆し,投稿する予定である。
    それと平行して,2021年度に実施する,利得(もしくは損失)が連続で与えられる文脈情報が,予測に及ぼす影響を明らかにするために実験計画を立てる。2019年度は2018年に実施した実験プログラムの問題点を洗い出し,一部改変した上で,連続して増加する(減少する)文脈情報と予測に関わる実験計画を検討した。しかし,研究計画を練る上で,予測に関わる脳活動データを捉えようとした場合,予測については被験者によって多様なパタンを予測する問題点が明らかとなった。この問題点を解決するため,2020年度は,予測について,再度先行研究をレビューしなおし,実験計画を練り直した上で,認知実験を行い結果を確認する。その上で,2021年度に実施する予定である,利得(もしくは損失)が連続で与えられる文脈情報と予測の関係を明らかにするfMRI実験で用いる実験プログラムを作成する。

  4. 先進的脳科学に基づく塩味と甘味の年代別認識研究

    研究課題/研究課題番号:17H04423  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    後藤多津子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 身体反応が意思決定を修飾する神経メカニズム

    研究課題/研究課題番号:17H02649  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. MRIハイパースキャニングを用いた二人称視点・間主観性による共感の神経基盤研究

    研究課題/研究課題番号:16H01486  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:500000円 、 間接経費:150000円 )

  7. 相互主体性の解析に基づく社会行動の神経基盤と発達過程の解明

    研究課題/研究課題番号:15H01846  2015年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    定藤規弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  8. 学習による気づき・注意機能および相互的同調機能と第二言語情報処理の自動化プロ セス

    研究課題/研究課題番号:26244031  2014年7月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    横川博一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 自然なかたちでインタラクションする二者の神経基盤を階層的システム構造として捉える

    研究課題/研究課題番号:26350987  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  10. 次世代の皮質下機能的脳外科手術の確立を目指したコネクトームマップの開発

    研究課題/研究課題番号:26462202  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    前澤聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  11. 正義観の心理・神経・生理・進化的基盤

    研究課題/研究課題番号:24243068  2012年7月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  12. 二者の機能的MRI—脳波−視線同時計測による社会的相互作用のシステムダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:23650224  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:310000円 、 間接経費:930000円 )

  13. 旧人・新人の学習行動に関する脳機能マップの作成

    研究課題/研究課題番号:22101007  2010年7月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:121420000円 ( 直接経費:93400000円 、 間接経費:28020000円 )

  14. fMRIによる咀嚼機能と脳機能のダイナミック解析システムの開発

    研究課題/研究課題番号:19390479  2010年4月 - 2010年10月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    後藤多津子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. 外国語運用能力の熟達化に伴う言語情報処理の自動化プロセスの解明

    研究課題/研究課題番号:21242013  2009年7月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    横川博一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. ヒト脳機能イメージングによる連合学習過程のシステム的理解

    研究課題/研究課題番号:20500361  2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 60

  1. 人間と行動

    2020

  2. 心理学特殊実験演習Ⅰ

    2020

  3. 心理学実験演習Ⅱ

    2020

  4. 心理学講読Ⅱ

    2020

  5. 心理学概論Ⅱ

    2020

  6. 心理学特殊実験演習Ⅲ

    2020

  7. 心理・認知科学特殊講義A2

    2020

  8. 心理・認知科学特殊講義A1

    2020

  9. 認知神経科学B

    2020

  10. 心理学特殊実験演習I

    2019

  11. 心理学特殊実験演習III

    2019

  12. 心理学セミナー

    2019

  13. 心理学概論II

    2019

  14. 認知神経科学B

    2019

  15. 心理学講義II

    2019

  16. 心理学実験演習II

    2019

  17. 心理学講読II

    2019

  18. 心理学I

    2019

  19. 心理学概論

    2018

  20. 心理学セミナー

    2018

  21. 心理学特殊実験演習I

    2018

  22. 心理学特殊実験演習IIb

    2018

  23. 認知神経科学講義

    2018

  24. 認知神経科学実験演習

    2018

  25. 認知神経科学B

    2018

  26. 認知神経科学B

    2017

  27. 基礎セミナーB

    2017

  28. 認知神経科学講読

    2017

  29. 認知神経科学実験演習

    2017

  30. 心理学セミナー

    2017

  31. 心理学特殊実験演習II

    2017

  32. 心理学特殊実験演習I

    2017

  33. 認知神経科学講義

    2017

  34. 認知神経科学講読

    2016

  35. 心理学理論研究セミナー

    2016

  36. 心理学特殊実験演習II

    2016

  37. 心理学特殊実験演習I

    2016

  38. 脳と心理学セミナー

    2016

  39. 認知神経科学講義

    2016

  40. 認知神経科学実験演習

    2016

  41. 社会認知神経科学2

    2016

  42. 心理学概論

    2016

  43. 心理学I

    2015

  44. 認知神経科学講義

    2015

  45. 認知神経科学実験演習

    2015

  46. 心理学理論研究セミナー

    2015

  47. 心理学特殊実験演習II

    2015

  48. 心理学特殊実験演習I

    2015

  49. 脳と心理学セミナー

    2015

  50. 社会認知神経科学1

    2015

  51. 心理学概論

    2015

  52. 認知神経科学講読

    2015

  53. 心理学理論研究セミナー

    2014

  54. 心理学特殊実験演習II

    2014

  55. 心理学特殊実験演習I

    2014

  56. 社会認知神経科学2

    2014

  57. 心理学理論研究セミナー

    2013

  58. 心理学特殊実験演習II

    2013

  59. 心理学特殊実験演習I

    2013

  60. 社会認知神経科学1

    2013

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 神経・生理心理学

    2021年9月 - 2022年2月 愛知大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  2. 神経・生理心理学

    2020年9月 - 2021年2月 愛知大学)

     詳細を見る

    国名:日本国

  3. 生理心理学

    2019年9月 - 2020年2月 愛知大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

社会貢献活動 9

  1. 時習館高等学校 大学からの訪問説明会

    役割:講師

    愛知県立時習館高等学校  2020年12月

  2. 令和元年度家庭裁判所調査官実務研究会

    役割:講師

    名古屋高等裁判所事務局人事課研修係  名古屋高等裁判所第2共用室  2019年10月

  3. 高校生のための心理学講座

    役割:講師

    日本心理学会  愛知大学名古屋キャンパス講義棟L805教室  2019年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

  4. 平成30年度家庭裁判所調査官実務研究会

    役割:講師

    名古屋高等裁判所事務局人事課研修係  2018年10月

  5. 平成29年度家庭裁判所調査官実務研究会

    役割:講師

    名古屋家庭裁判所  2017年10月

  6. 宇野病院市民公開講座

    役割:講師

    岡崎市宇野病院  愛知県岡崎市  2016年5月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  7. 愛知県岡崎行政書士会

    2015年1月

     詳細を見る

    愛知県岡崎行政書士会の新年会において「見る目・見られる目 ー目と脳科学ー」というタイトルで講演した

  8. 交替劇プロジェクト公開講演会「ネアンデルタール人の脳機能と学習行動を探る」

    2014年9月

     詳細を見る

    「ネアンデルタール人の脳の仮想復元結果から考える」というタイトルで講演

  9. 交替劇プロジェクト公開講演会「旧人と新人のもの作りとその心」

    2012年9月

     詳細を見る

    「旧人ネアンデルタール人の脳を復元して新人サピエンスの脳と比べる」というタイトルで講演

▼全件表示