2021/07/13 更新

写真a

タガワ ミホ
田川 美穂
TAGAWA Miho
所属
未来材料・システム研究所 附属未来エレクトロニクス集積研究センター 未来デバイス部 准教授
大学院工学研究科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(学術) ( 2007年12月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. X線小角散乱

  2. ナノ粒子

  3. コロイド結晶成長

  4. DNAナノテクノロジー

研究分野 5

  1. ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス

  2. ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  3. ナノテク・材料 / ナノ構造化学

  4. ナノテク・材料 / ナノ構造物理

  5. ナノテク・材料 / 結晶工学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. DNAセルフアセンブリによるナノシステムの創製

経歴 10

  1. 名古屋大学   未来材料・システム研究所   准教授

    2015年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻 材料プロセス創成工学   准教授

    2014年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   グリーンモビリティ連携研究センター   准教授

    2014年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   工学研究科   准教授

    2012年5月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. ブルックヘブン国立研究所 客員研究員

    2009年4月 - 2012年4月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  6. 科学技術振興機構(JST)さきがけ研究員

    2008年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 東京大学大学院総合文化研究科 博士研究員

    2008年1月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 東京大学大学院総合文化研究科 産学官連携研究員

    2007年4月 - 2007年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. (株)日立製作所

    2003年4月 - 2004年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻生命環境科学系(物理)

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 早稲田大学   理工学研究科   物理学及び応用物理学専攻

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 早稲田大学   理工学部   応用物理学科

    1995年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会   一般幹事

    2014年4月 - 2016年3月

  2. 日本金属学会   東海支部評議員

    2013年1月 - 2016年3月

  3. 日本物理学会

  4. 日本応用物理学会

  5. 日本放射光学会

委員歴 5

  1. ジェンダー・サミット10組織・運営委員会   部会委員  

    2016年9月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  2. 日本応用物理学会   男女共同参画委員  

    2016年4月 - 2018年3月   

  3. 日本応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会   一般幹事  

    2014年4月 - 2016年3月   

  4. 第 51 回日本生物物理学会年会シンポジウム   シンポジウムオーガナイザー  

    2013年2月 - 2013年10月   

  5. Next30産学フォーラム   コアメンバー  

    2012年7月 - 2013年3月   

受賞 4

  1. ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞

    2019年8月   ソロプチミスト日本財団  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 名古屋大学 女性研究者トップリーダー顕彰

    2018年7月   名古屋大学  

    田川美穂

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Patent Incentive Award

    2016年6月   Brookhaven National Laboratory  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  4. Patent Incentive Award

    2012年8月   ブルックヘブン国立研究所  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

 

論文 60

  1. Two-step nanoparticle crystallization via DNA-guided self-assembly and non-equilibrium dehydration process 査読有り

    Hayato Sumi, Noboru Ohta, Hiroshi Sekiguchi, Shunta Harada, Toru Ujihara, Katsuo Tsukamoto, Miho Tagawa

    Crystal Growth & Design     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.1c00398

  2. Diamond Family of Nanoparticle Superlattices 査読有り

    Wenyan Liu, Miho Tagawa, Huolin Xin, Tong Wang, Hamed Emamy, Huilin Li, Kevin G. Yager, Francis W. Starr, Alexei V. Tkachenko, Oleg Gang

    Science   351 巻 ( 6273 ) 頁: 582-586   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Ordered Arrangement of Planar Faults with Picoscale Perfection in Titanium Oxide Natural Superlattices

    Harada Shunta, Kosaka Naoki, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   125 巻 ( 20 ) 頁: 11175 - 11181   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.1c01831

    Web of Science

  4. Synchrotron X-ray topographic image contrast variation of screw-type basal plane dislocations located at different depths below the crystal surface in 4H-SiC

    Fujie Fumihiro, Peng Hongyu, Ailihumaer Tuerxun, Raghothamachar Balaji, Dudley Michael, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    ACTA MATERIALIA   208 巻   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.actamat.2021.116746

    Web of Science

  5. Geometrical design of a crystal growth system guided by a machine learning algorithm

    Yu Wancheng, Zhu Can, Tsunooka Yosuke, Huang Wei, Dang Yifan, Kutsukake Kentaro, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    CRYSTENGCOMM   23 巻 ( 14 ) 頁: 2695 - 2702   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/d1ce00106j

    Web of Science

  6. Chiral Optical Force Generated by a Superchiral Near-Field of a Plasmonic Triangle Trimer as Origin of Giant Bias in Chiral Nucleation: A Simulation Study

    Niinomi Hiromasa, Sugiyama Teruki, Cheng An-Chieh, Tagawa Miho, Ujihara Toru, Yoshikawa Hiroshi Y., Kawamura Ryuzo, Nozawa Jun, Okada Junpei T., Uda Satoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   125 巻 ( 11 ) 頁: 6209 - 6221   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.0c11109

    Web of Science

  7. Adaptive process control for crystal growth using machine learning for high-speed prediction: application to SiC solution growth

    Dang Yifan, Zhu Can, Ikumi Motoki, Takaishi Masaki, Yu Wancheng, Huang Wei, Liu Xinbo, Kutsukake Kentaro, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    CRYSTENGCOMM   23 巻 ( 9 ) 頁: 1982 - 1990   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/d0ce01824d

    Web of Science

  8. 高塩濃度緩衝液中におけるDNA修飾金ナノ粒子のゼータ電位測定 招待有り 査読有り

    田川美穂、横森真麻

    光散乱ジャーナルLSアドバンス   19 巻   頁: 2 - 6   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  9. Analysis of dislocation line tilt in GaN single crystal by Raman spectroscopy

    Kokubo Nobuhiko, Tsunooka Yosuke, Inotsume Sho, Fujie Fumihiro, Onda Shoichi, Yamada Hisashi, Shimizu Mitsuaki, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   60 巻 ( SA )   2021年1月

  10. Plasmonic Manipulation of Sodium Chlorate Chiral Crystallization: Directed Chirality Transfer via Contact-Induced Polymorphic Transformation and Formation of Liquid Precursor

    Niinomi Hiromasa, Sugiyama Teruki, Tagawa Miho, Ujihara Toru, Omatsu Takashige, Miyamoto Katsuhiko, Yoshikawa Hiroshi Y., Kawamura Ryuzo, Nozawa Jun, Okada Junpei T., Uda Satoshi

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   20 巻 ( 8 ) 頁: 5493 - 5507   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.0c00693

    Web of Science

  11. Temperature dependence of double Shockley stacking fault behavior in nitrogen-doped 4H-SiC studied by in-situ synchrotron X-ray topography

    Fujie Fumihiro, Harada Shunta, Hanada Kenji, Suo Hiromasa, Koizumi Haruhiko, Kato Tomohisa, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    ACTA MATERIALIA   194 巻   頁: 387 - 393   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actamat.2020.04.019

    Web of Science

  12. Behavior of Threading Dislocations from GaN Substrate to Epitaxial Layer

    Inotsume Sho, Kokubo Nobuhiko, Yamada Hisashi, Onda Shoichi, Kojima Jun, Ohara Junji, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    PHYSICA STATUS SOLIDI B-BASIC SOLID STATE PHYSICS   257 巻 ( 4 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pssb.201900527

    Web of Science

  13. Effect of Crystal Orientation of Cu Current Collectors on Cycling Stability of Li Metal Anodes

    Ishikawa Kohei, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   12 巻 ( 8 ) 頁: 9341 - 9346   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.9b22157

    Web of Science

  14. Protein crystallization in microdroplets with the aid of electrically induced microbubbles 査読有り

    A. Hirao, N. Tottori, M. Yokomori, M.Tagawa, S. S. Sugano, S. Sakuma, Y. Yamanishi

    Proc. of the IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  15. Application of C-face dislocation conversion to 2 inch SiC crystal growth on an off-axis seed crystal

    Liu Xinbo, Zhu Can, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    CRYSTENGCOMM   21 巻 ( 47 ) 頁: 7260 - 7265   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ce01338e

    Web of Science

  16. Nondestructive visualization of threading dislocations in GaN by micro raman mapping

    Kokubo Nobuhiko, Tsunooka Yosuke, Fujie Fumihiro, Ohara Junji, Onda Shoichi, Yamada Hisashi, Shimizu Mitsuaki, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   58 巻   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/1347-4065/ab0acf

    Web of Science

  17. Plasmonic Trapping-Induced Crystallization of Acetaminophen

    Niinomi Hiromasa, Sugiyama Teruki, Uda Satoshi, Tagawa Miho, Ujihara Toni, Miyamoto Katsuhiko, Omatsu Takashige

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   19 巻 ( 2 ) 頁: 529-537   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.8b01361

    Web of Science

  18. High-speed prediction of computational fluid dynamics simulation in crystal growth

    Tsunooka Yosuke, Kokubo Nobuhiko, Hatasa Goki, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    CRYSTENGCOMM   20 巻 ( 41 ) 頁: 6546-6550   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8ce00977e

    Web of Science

  19. Determination of edge-component Burgers vector of threading dislocations in GaN crystal by using Raman mapping

    Kokubo Nobuhiko, Tsunooka Yosuke, Fujie Fumihiro, Ohara Junji, Onda Shoichi, Yamada Hisashi, Shimizu Mitsuaki, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   11 巻 ( 11 )   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/APEX.11.111001

    Web of Science

  20. In Situ Observation of Chiral Symmetry Breaking in NaClO3 Chiral Crystallization Realized by Thermoplasmonic Micro-Stirring

    Niinomi Hiromasa, Sugiyama Teruki, Tagawa Miho, Harada Shunta, Ujihara Tom, Uda Satoshi, Miyamoto Katsuhiko, Omatsu Takashige

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   18 巻 ( 8 ) 頁: 4230-4239   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.8b00420

    Web of Science

  21. Direct observation of stacking fault shrinkage in 4H-SiC at high temperatures by in-situ X-ray topography using monochromatic synchrotron radiation

    Fujie Fumihiro, Harada Shunta, Koizumi Haruhiko, Murayama Kenta, Hanada Kenji, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    APPLIED PHYSICS LETTERS   113 巻 ( 1 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5038189

    Web of Science

  22. Development of angle-resolved spectroscopy system of electrons emitted from a surface with negative electron affinity state

    Ichihashi Fumiaki, Dong Xinyu, Inoue Akito, Kawaguchi Takahiko, Kuwahara Makoto, Ito Takahiro, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS   89 巻 ( 7 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5021116

    Web of Science

  23. Detection of edge component of threading dislocations in GaN by Raman spectroscopy

    Kokubo Nobuhiko, Tsunooka Yosuke, Fujie Fumihiro, Ohara Junji, Hara Kazukuni, Onda Shoichi, Yamada Hisashi, Shimizu Mitsuaki, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   11 巻 ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/APEX.11.061002

    Web of Science

  24. Structure control of nanoparticle superstructures with DNA nanostructure 招待有り

    Tagawa Miho, Sogai Takumi, Sumi Hayato, Kojima Shoko

    Impact   2018 巻 ( 3 ) 頁: 72-73   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.21820/23987073.2018.3.72

  25. Temperature dependence of carrier relaxation time in gallium phosphide evaluated by photoemission measurements

    Ichihashi Fumiaki, Kawaguchi Takahiko, Dong Xinyu, Kuwahara Makoto, Ito Takahiro, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    AIP ADVANCES   7 巻 ( 11 )   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4997800

    Web of Science

  26. Phase transition process in DDAB supported lipid bilayer 査読有り

    Isogai Takumi, Nakada Sakiko, Yoshida Naoya, Sumi Hayato, Tero Ryugo, Harada Shunta, Ujihara Toru, Tagawa Miho

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   468 巻   頁: 88 - 92   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2016.09.063

    Web of Science

  27. Two-step SiC solution growth for dislocation reduction 査読有り

    Murayama K., Hori T., Harada S., Xiao S., Tagawa M., Ujihara T.

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   468 巻   頁: 874 - 878   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2016.11.100

    Web of Science

  28. Morphology of AlN whiskers grown by reacting N-2 gas and Al vapor 査読有り

    Matsumoto M., Saitou H., Takeuchi Y., Harada S., Tagawa M., Ujihara T.

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   468 巻   頁: 576 - 580   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2016.11.127

    Web of Science

  29. Crystal Orientation Dependence of Precipitate Structure of Electrodeposited Li Metal on Cu Current Collectors 査読有り

    Ishikawa Kohei, Ito Yasumasa, Harada Shunta, Tagawa Miho, Ujihara Toru

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   17 巻 ( 5 ) 頁: 2379 - 2385   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.6b01710

    Web of Science

  30. ナノ粒子超格子のダイアモンド系列 招待有り

    田川美穂

    サイエンス誌に載った日本人研究者     頁: 21   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  31. Plasmonic Heating-Assisted Laser-Induced Crystallization from a NaCIO3 Unsaturated Mother Solution 査読有り

    Niinomi Hiromasa, Sugiyama Teruki, Tagawa Miho, Maruyama Mihoko, Ujihara Toni, Omatsu Takashige, Mori Yusuke

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   17 巻 ( 2 ) 頁: 809 - 818   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.6b01657

    Web of Science

  32. SiC solution growth on Si face with extremely low density of threading screw dislocations for suppression of polytype transformation 査読有り

    K. Murayama, T. Hori, S. Harada, S. Xiao, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   897 巻   頁: 24-27   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.897.24

  33. Formation of basal plane dislocations introduced by collision of macrosteps on growth surface during SiC solution growth 査読有り

    T. Hori, K. Murayama, S. Harada, S. Xiao, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   897 巻   頁: 28-31   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.897.28

  34. Solvent design for high-purity SiC solution growth 査読有り

    S. Harada, G. Hatasa, K. Murayama, T. Kato, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   897 巻   頁: 32-35   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.897.32

  35. Effect of magnesium ion concentration on two-dimensional structure of DNA-functionalized nanoparticles on supported lipid bilayer 査読有り

    Takumi Isogai, Eri Akada, Sakiko Nakada, Naoya Yoshida, Ryugo Tero, Shunta Harada, Toru Ujihara, Miho Tagawa

    Japanese Journal of Applied Physics   55 巻   頁: 03DF11   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: in press

  36. Conversion behavior of threading screw dislocations on C face with different surface morphology during 4H-SiC solution growth

    S. Xiao, S. Harada, K. Murayama, M. Tagawa, T. Ujihara

    Cryst. Growth Des.   16 巻   頁: 6436-6439   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.6b01107

  37. Polytype control by activity ratio of silicon to carbon during SiC solution growth using multicomponent solvents 査読有り

    A. Horio, S. Harada, D. Koike, K. Murayama, K. Aoyagi, T. Sakai, M. Tagawa, T. Ujihara

    Jpn. J. Appl. Phys.   55 巻   頁: 01AC01   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.55.01AC01

  38. Spatial Distribution of Carrier Concentration in 4H-SiC Crystal Grown by Solution Method 査読有り

    Z. Wang, T. Kawaguchi, K. Murayama, K. Aoyagi, S. Harada, M. Tagawa, T. Sakai, T. Kato, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   858 巻   頁: 57-60   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: MSF.858.57

  39. High-Speed Solution Growth of Single Crystal AlN from Cr-Co-Al Solvent 査読有り

    S. Watanabe, M. Nagaya, Y. Takeuchi, K. Aoyagi, K. Aoyagi, S. Harada, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   858 巻   頁: 1210-1213   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: MSF.858.1210

  40. Enantioselective amplification on circularly polarized laser-induced chiral nucleation from a NaClO 3 solution containing Ag nanoparticles 査読有り

    H. Niinomi, T. Sugiyama, M. Tagawa, K. Murayama, S. Harada, T. Ujihara

    CrystEngComm   18 巻   頁: 7441-7448   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C6CE01464J

  41. Control of interface Shape by Non-Axisymmetric Solution Convection in Top-Seeded Solution Growth of SiC Crystal 査読有り

    D. Koike, T. Umezaki, K. Murayama, K. Aoyagi, S. Harada, M. Tagawa, T. Sakai, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   821-823 巻   頁: 18-21   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.821-823.18

  42. Dislocation Conversion during SiC Solution Growth for High-quality Crystals 査読有り

    S. Harada, Y. Yamamoto, S. Xiao, D. Koike, T. Mutoh, K. Murayama, K. Aoyagi, T. Sakai, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   821-823 巻   頁: 3-8   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.821-823.3

  43. Forming two-dimensional structure of DNA-functionalized Au nanoparticles via lipid diffusion in supported lipid bilayers 査読有り

    T. Isogai, A. Piednoir, E. Akada, Y. Akahoshi, R. Tero, S. Harada, T. Ujihara, M. Tagawa

    J. Cryst. Growth   401 巻   頁: 494-498   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2014.01.032

  44. Direct measurement of conduction miniband structure in superlattice by visible-light photoemission spectroscopy 査読有り

    F. Ichihashi, D. Shimura, K. Nishitani, T. Kawaguchi, M. Kuwahara, T. Ito, S. Harada, H. Katsuno, M. Tagawa, T.Ujihara

    Proceedings of Photovoltaic Specialist Conference (PVSC)     頁: 2882-2885   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/PVSC.2014.6925534

  45. DNAと基板担持脂質二重膜とを用いたナノ粒子の結晶化 招待有り

    田川美穂

    応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌   25 巻 ( 2 ) 頁: 145-148   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Surface Morphology and Threading Dislocation Conversion Behavior during Solution Growth of 4H-SiC Using Al-Si Solvent 査読有り

    S. Harada, Y. Yamamoto, S. Y. Xiao, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   778 巻 ( 780 ) 頁: 67-70   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Low-dislocation-density 4H-SiC crystal growth utilizing dislocation conversion during solution method 査読有り

    Y. Yamamoto, S. Harada, K. Seki, A. Horio, T. Mitsuhashi, D. Koike, M. Tagawa, and T. Ujihara

    Applied Physics Express   7 巻   頁: 065501   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Different behavior of threading edge dislocation conversion during the solution growth of 4H-SiC depending on the Burgers vector 査読有り

    S. Harada, Y. Yamamoto, K. Seki, A. Horio, M. Tagawa, T. Ujihara

    Acta Materialia   81 巻   頁: 284-290   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actamat.2014.08.027

  49. Surface Morphology and Threading Dislocation Conversion Behavior during Solution Growth of 4H-SiC Using Al-Si Solvent

    S. Harada, Y. Yamamoto, S. Y. Xiao, M. Tagawa, T. Ujihara

    Mater. Sci. Forum   778-780 巻   頁: 67-70   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Low-dislocation-density 4H-SiC crystal growth utilizing dislocation conversion during solution method 査読有り

    Y. Yamamoto, S. Harada, K. Seki, A. Horio, T. Mitsuhashi, D. Koike, M. Tagawa, and T. Ujihara

    Applied Physics Express   7 巻   頁: 065501   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/APEX.7.065501

  51. Evolution of threading screw dislocation conversion during solution growth of 4H-SiC 査読有り

    S. Harada, Y. Yamamoto, K. Seki, A. Horio, T. Mitsuhashi, M. Tagawa, and T. Ujihara

    APL Mater.   1 巻   頁: 022109   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Influence of Solution Flow on Step Bunching in Solution Growth of SiC Crystals 査読有り

    Can Zhu, Shunta Harada, Kazuaki Seki, Huayu Zhang, Hiromasa Niinomi, Miho Tagawa, and Toru Ujihara

    Cryst. Growth Des.   13 巻 ( 8 ) 頁: 3691-3696   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Evolution of threading screw dislocation conversion during solution growth of 4H-SiC 査読有り

    S. Harada, Y. Yamamoto, K. Seki, A. Horio, T. Mitsuhashi, M. Tagawa, and T. Ujihara

    APL Mater.   1 巻 ( 2 ) 頁: 022109   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 3PT110 A Growth mechanism of DNA tile array 査読有り

    Yuki Matsubara, Nao Otani, Miho Tagawa, Akira Suyama

      52 巻 ( supplement ) 頁: S156   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2142/biophys.52.S156_4

  55. Stabilization of DNA nanostructures by photo-cross-linking 査読有り

    Miho Tagawa, Koh-ichiroh Shohda, Kenzo Fujimoto, Akira Suyama

    Soft Matter   7 巻   頁: 10931-10934   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Heat-resistant DNA tile arrays constructed by template-directed photoligation through 5-carboxyvinyl-2'-deoxyuridine 査読有り

    Miho Tagawa, Koh-ichiroh Shohda, Kenzo Fujimoto, Tadashi Sugawara, Akira Suyama

    Nucleic Acids Research   35 巻 ( 21 ) 頁: e140   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Heat-resistant DNA arrays constructed by self-assembly 査読有り

    Miho Tagawa, Koh-ichiroh Shohda, Kenzo Fujimoto, Akira Suyama

    Proceedings of NanoBio-Tokyo 2006     頁: 383-384   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  58. TMC (100) surface relaxation studied with low-energy-electron-diffraction intensity analysis 査読有り

    Miho Tagawa, Toyosei Kawasaki, Chuhei Oshima, Shigeki Otani, Ayato Nagashima

    Surface Science   517 巻   頁: 59-64   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. TiC (100) surface relaxation studied with low-energy-electron-diffraction intensity analysis 査読有り

    Miho Tagawa, Masahiko Okuzawa, Toyosei Kawasaki, Chuhei Oshima, Shigeki Otani, Ayato Nagashima

    Physical Review B   63 巻   頁: 73407   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Pt(755)とTiC(755)上に成長させた単原子層グラファイトの電子状態 査読有り

    大野僚子, 細田真希, 奥沢昌彦, 田川美穂, 大島忠平, 大谷茂樹

    炭素   195 巻   頁: 400-404   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 42

  1. DNAガイドのナノ粒子結晶化:構造制御と結晶対称性を維持した収縮制御 招待有り

    田川美穂, 鷲見隼人, 横森真麻,  前田勇士, 太田昇, 関口博史,  原田俊太, 宇治原徹

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月13日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 放射光トポグラフィーによるSiC中の基底面転位の深さ評価 国際共著

    藤榮 文博, Hongyu Peng, Tuerxun Ailihumaer, Balaji Raghothamachar, Michael Dudley, 原田 俊太, 田川 美穂, 宇治原 徹

    第68回応用物理学会学術講演会  2021年3月18日  日本応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 面欠陥周期配列を含むCr添加酸化チタン多結晶の熱伝導率の温度依存性

    杉本 峻也, 金 柯怜, 竹内 恒博, 田川 美穂, 宇治原 徹, 原田 俊太

    第68回応用物理学会学術講演会  2021年3月16日  日本応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 面欠陥周期配列を含む自然超格子酸化チタンの構造制御と熱輸送特性

    原田 俊太, 小坂 直輝, 杉本 峻也, 八木 貴志, 田川 美穂, 宇治原 徹

    第68回応用物理学会学術講演会  2021年3月16日  日本応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. Protein crystallization in microdroplets with the aid of electrically induced microbubbles 招待有り 国際会議

    A. Hirao, N. Tottori, M. Yokomori, M. Tagawa, S. S. Sugano, S. Sakuma, Y. Yamanishi

    The 34th IEEE Int. Conf. on Micro Electro Mechanical Systems (IEEE MEMS 2021)  2021年1月26日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Gainesville, FL, USA   国名:アメリカ合衆国  

  6. 顕微ラマン分光法によるGaN結晶中の貫通転位のひずみイメージング 招待有り

    小久保 信彦,角岡 洋介, 藤榮文博,恩田正一,山田永,清水三聡,原田俊太,田川美穂,宇治原徹

    先進パワー半導体分科会 第7回講演会  2020年12月10日  日本応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. Prediction system of CFD simulation in solution growth constructed by machine learning - Application for SiC top-seeded solution growth – 国際会議

    Toru Ujihara, Yosuke Tsunooka, Tomoki Endo, Can Zhu, Shunta Harada, Miho Tagawa

    17th China International Forum on Solid State Lighting & 2020 International Forum on Wide Bandgap Semiconductors (SSLCHINA&IFWS 2020)  2020年11月24日  China Solid State Lighting Alliance (CSA) , China Advanced Semiconductor Industry Innovation Alliance (CASA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Guangdong, China   国名:中華人民共和国  

  8. DNA修飾ナノ粒子コロイド結晶化における結晶性に及ぼす塩濃度の影響

    鷲見隼人, 太田昇, 関口博史, 原田俊太, 宇治原徹, 田川美穂

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月11日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. DNA修飾ナノ粒子超格子のサイズ・結晶性に及ぼす修飾DNA鎖長の影響

    鈴木康平, 太田昂, 関口博史, 鷲見隼人, 横森真麻, 原田俊太, 宇治原徹, 田川美穂

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月11日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. DNA修飾ナノ粒子超格子結晶化における塩濃度が粒子間相互作用に与える影響

    楊冰琦, 鷲見隼人, 太田昇, 関口博史, 原田俊太, 宇治原徹, 田川美穂

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月11日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. CFDによるステップバンチング挙動シミュレーション

    劉欣博, 党一帆, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月11日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 長時間安定SiC溶液成長における経時変化のシミュレーションと最適化

    党一帆, 朱燦, 幾見基希, 郁万成,黄威, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月10日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 時間的な温度差により熱エネルギーを電気に変換する熱電池の構築

    陳曄, 石川晃平, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. 機械学習支援による溶液成長法を用いた6インチSiC作製手法の確立

    郁万成, 朱燦, 角岡洋介, 黄威, 党一帆, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 機械学習を用いたSiC溶液法の温度・流速分布の次元削減とロバスト性評価

    磯野優, 小山幸典, 沓掛健太郎, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. SiC昇華法におけるベイズ最適化を用いた高品質・高速成長条件の探索

    井上凱喜, 沓掛健太郎, 原田俊太,田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. 溶液法によるBPDフリー3インチSiC結晶の成長

    朱燦, 郁万成, 黄威, 幾見基希, 党一帆, 海野高天, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. SiC溶液成長における機械学習を用いた固-液界面形状の時間変化の推定

    高石将輝, 党一帆, 沓掛健太朗, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. SiC溶液成長における境界層とステップバンチングの関係

    海野高天, 朱燦, 原田俊太, 劉欣博, 幾見基希, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. Si-Y溶媒を用いたSiC溶液成長中の自然核生成による多結晶析出の抑制

    幾見基希, 朱燦, 原田俊太, 党一帆, 海野高天, 田川美穂, 宇治原徹

    第49回結晶成長国内会議(JCCG-49)  2020年11月9日  日本結晶成長学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. イオン注入シミュレーションに対する機械学習の適用

    蜂谷涼太, 沓掛健太朗, 原田俊太, 田川美穂, 宇治原徹

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月9日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. Effect of magnesium ion concentration on the two-dimensional structure of DNA-functionalized nanoparticles on supported lipid bilayer 国際会議

    Takumi Isogai , Eri Akada, Sakiko Nakada, Naoya Yoshida, Ryugo Tero, Shunta Harada, Toru Ujihara, Miho Tagawa

    Eighth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Lipid diffusion and phase transition: Influence on DNA-functionalised nanoparticle adsorbates 国際会議

    S. Nakada, E. Akada, T. Isogai, N. Yoshida, R. Tero, S. Harada, T. Ujihara, M. Tagawa

    5th International Colloids Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オランダ王国  

  24. Two-dimensional assembly of Au nanoparticles through DNA hybridization on supported lipid bilayer 国際会議

    T. Isogai, E. Akada, S. Nakada, R. Tero, S. Harada, T. Ujihara and M. Tagawa

    20th International Conference on DNA Computing and Molecular Programming (DNA20) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 脂質二重膜上におけるDNA被覆金ナノ粒子の拡散現象

    中田咲子,赤田英里, 磯貝卓巳,手老龍吾,原田俊太,宇治原徹,田川美穂

    第75回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  26. DNA-mediated Nanoparticle Crystallization 国際会議

    Miho Tagawa, Oleg Gang, Takumi Isogai, Sakiko Nakada, Eri Akada, Shunta Harada, Toru Ujihara

    Material Architectonics on Sustainable Action MASA 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  27. DNAと基板担持脂質二重膜とを用いたナノ粒子の結晶化

    田川美穂

    応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:キャンパスプラザ京都   国名:日本国  

  28. 基板担持脂質二重膜を用いたDNA被覆金ナノ粒子の2次元結晶化

    磯貝卓巳, 赤田英里, 勝野弘康, Piednoir Agnes, 赤星祐樹, 手老龍吾, 原田俊太, 宇治原 徹, 田川美穂

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  29. Two-dimensional crystallization of DNA-functionalized Au nanoparticles using lipid diffusion 国際会議

    T.Isogai, E.Akada, A.Piednoir, Y.Akahoshi, R.Tero, S.Harada, T.Ujihara, M.Tagawa

    ISETS '13 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  30. 脂質二重膜を利用したDNA被覆金ナノ粒子の2次元結晶化

    磯貝卓巳,赤田英里,Agnes Piednoir,赤星祐樹,手老龍吾,原田俊太,宇治原徹,田川美穂

    公益社団法人 応用物理学会 SC東海地区学術講演会2013(JSAP SCTS 2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  31. DNAと脂質二重膜を用いたナノ粒子の2次元結晶化

    磯貝卓巳,赤田英里,Agnes Piednoir,赤星祐樹,手老龍吾,原田俊太,宇治原徹,田川美穂

    日本結晶成長学会 第43回結晶成長国内会議(NCCG-43) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野市生涯学習センター   国名:日本国  

  32. ブラウニアン動力学法を用いた2次元2成分結晶の構造形成シミュレーション

    勝野弘康,田川美穂,宇治原徹

    日本結晶成長学会 第43回結晶成長国内会議(NCCG-43) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野市生涯学習センター   国名:日本国  

  33. DNAセルフアセンブリによるナノ粒子超構造制御

    田川 美穂, ガング オレグ, 磯貝 卓巳, 赤田 英里, 宇治原 徹

    第 51 回日本生物物理学会年会 シンポジウム 反応場デザインによる生命現象の再構成 -創って知る生物物理- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:国立京都国際会館   国名:日本国  

  34. DNA-mediated Nanoparticle Assembly 国際会議

    Miho Tagawa

    The 2nd International Workshop on Convergence in Condensed Matter and Nano Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sungkyunkwan University   国名:大韓民国  

  35. 脂質分子をキャリアとしたDNA被覆金ナノ粒子の2次元結晶化

    磯貝卓巳,Agnes Piednoir,赤田英里,赤星祐樹,手老龍吾,原田俊太,宇治原徹,田川美穂

    公益社団法人応用物理学会 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  36. Forming two-dimensional structure of DNA-functionalized Au nanoparticles via lipid diffusion in supported lipid bilayers 国際会議

    T. Isogai, A. Piednoir, E. Akada, Y. Akahoshi, R. Tero, S. Harada, T. Ujihara, M. Tagawa

    17th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-17) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポーランド共和国  

  37. Two-dimensional crystallization of DNA-functionalized nanoparticles via lipid diffusion in supported lipid bilayers 国際会議

    T. Isogai, A. Piednoir, E. Akada, Y. Akahoshi, R. Tero, S. Harada, T. Ujihara, M. Tagawa

    15th International Summer School on Crystal Growth(ISSCG-15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ポーランド共和国  

  38. Nanoparticle Assembly mediated by Designed DNA Nanostructures 国際会議

    Miho Tagawa

    Programmable Self-Assembly of Matter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月 - 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  39. 脂質分子の拡散によるDNA被覆金ナノ粒子の2次元構造体形成

    磯貝卓巳,Agnes Piednoir,赤田英里,祐樹赤星,手老龍吾,原田俊太,宇治原徹,田川美穂

    2012年春季 第60回 応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川工科大学   国名:日本国  

  40. DNAナノテクノロジー:DNAガイドのナノ粒子結晶化

    田川美穂、Oleg Gang、磯貝卓巳、赤星祐樹、赤田英里、Piednoir Agnes、原田俊太、宇治原徹

    2012年度中部支部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  41. Gold Nanoparticle Assembly mediated by DNA Nanostructures 国際会議

    Miho Tagawa, Kevin Yanger, Oleg Gang

    The 39th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. DNA- covered nanoparticle assembly mediated by DNA nanostructures 国際会議

    Miho Tagawa, Oleg Gang

    Japan-Netherlands Symposium on Crystal Growth -Theory and in situ Measurements- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 電界誘起気泡及びDNAナノ粒子結晶による長鎖DNAの導入・操作技術の研究

    2019年10月 - 2024年3月

    CREST「ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出」 

    山西陽子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 生体の巧妙なものづくりの仕組みを利用した新奇材料創製:DNAプログラマブル自己集合によるナノ粒子超格子構造の高品質コロイド結晶作製と構造制御

    2017年10月 - 2018年9月

  3. DNAをリガンドとしたナノ粒子のプログラマブル結晶化によるウルフ多面体型コロイド単結晶の作製と構造制御

    2017年9月 - 2019年9月

  4. タンパク質結晶化のFeasibility Study

    2017年4月 - 2019年3月

    企業からの受託研究 

    磯貝卓巳

  5. 平成27年度共同研究助成制度(女性研究者研究活動支援事業(連係型))

    2015年10月 - 2016年3月

    国内共同研究 

  6. 二次元フォトニック結晶実現のためのDNAを用いたナノ粒子のプログラマブル結晶化

    2015年4月 - 2016年3月

    学内共同研究 

  7. DNAセルフアセンブリによるナノシステムの創製

    2008年10月 - 2013年3月

    JSTさきがけ「ナノシステムと機能創発」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ナノテクノロジーにおける重要課題の一つとして、分子や微粒子などのナノ部品をボトムアップ的にアセンブリするためのプログラマブルな技術の開発があります。本研究では、DNAタイル(数本のDNA分子で作られた方形状のナノ構造体)をセルフアセンブリして構築したDNAタイルアレイを足場として、ナノ部品をプログラマブルにアセンブリし、トップダウン的な微細化技術の限界を超える技術の開発を目指します。

▼全件表示

科研費 9

  1. 簡便なタンパク質構造解析に向けた規則配列化のためのDNA規則的多孔構造創製

    2019年7月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

    田川美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 簡便なタンパク質構造解析に向けた規則配列化のためのDNA規則的多孔構造創製

    研究課題/研究課題番号:19K22103  2019年6月 - 2022年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    田川 美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    本研究は、タンパク質立体構造解析の簡便化に向けたタンパク分子規則配列化のためのDNA規則的多孔構造(DNA結晶スポンジ)の創製を目的とする。これにより、従来のタンパク質立体構造解析においてボトルネックとなっている網羅的実験が必要な「タンパク結晶化」を介することなく立体構造解析を可能にするための新手法の開発を目指す。従来のDNAナノ構造体設計法(DNAタイル、DNAオリガミ)とは異なる「DNA修飾ナノ粒子超格子(DNA-NP)の結晶化機構を模した設計法」でDNA結晶スポンジを実現する狙いである。
    研究の進め方としては、申請時の予定通り進めた課題と変更が生じた課題があるが、着実に研究を進展させることができた。
    DNA修飾ナノ粒子結晶のデザインに関しては、空孔サイズの大きい所謂スカスカなDNA修飾ナノ粒子結晶の高品質成長に取り組んだ。効率よくゲスト分子の取り込みを行うためには、粒径の揃った単結晶に成長させることが理想的であるが、スカスカな結晶になる程結晶性の良い単結晶を作製することが難しい。結晶化条件を最適化することで、スカスカなDNA修飾ナノ粒子結晶の高品質化に取り組んだ。
    DNA修飾ナノ粒子結晶にゲスト分子を取り込む課題は、透過型電子顕微鏡(TEM)、及び超解像顕微鏡により、DNA修飾ナノ粒子結晶の像と同領域にゲスト分子が確認された。DNA修飾ナノ粒子結晶が水溶性の結晶スポンジとして機能することを示唆しているといえる。
    ゲスト分子の取り込み過程には、当初予想していた以上に様々な物理があり、学術的に深く考察する必要があることがわかってきた。今年度は、ゲスト分子取り込み前に行うDNA修飾ナノ粒子結晶の乾燥・収縮過程に関する研究を深めた。乾燥(脱水)してもDNA修飾ナノ粒子結晶の対称性を維持できる条件に関しては、空孔の小さな結晶においては解明されつつあるが、空孔の大きいスカスカな結晶に関しては、今後も引き続き取り組む予定である。
    本研究は、申請書記載の実験計画通りに進展した部分と、進め方に変更が生じながらも予期せぬ成果が得られた部分がある。DNA修飾ナノ粒子結晶にゲスト分子を取り込む課題は、予定通り進んでいる。同時に、ゲスト分子の取り込み過程には、当初予想していた以上に様々な課題があり、学術的に深く考察する必要性があることがわかってきた。今年度は、ゲスト分子取り込み前に行うDNA修飾ナノ粒子結晶の乾燥過程に関する研究を深め、良い成果が得られた。よって、おおむね順調に進展している、と言える。
    DNA修飾ナノ粒子結晶へのゲスト分子取り込み及び空孔への配置に関しては、研究が進展するにつれ、追及すべき課題が多くあることがわかってきた。DNA修飾ナノ粒子結晶デザインと空孔の大きさ、結晶対称性とゲスト分子取り込み効率、DNA修飾ナノ粒子結晶及びゲスト分子のチャージと取り込み効率との関係、静電相互作用によりゲスト分子を取り込むためのDNA修飾ナノ粒子結晶内部のチャージコントロール等が重要項目である。
    2020年度は、①DNA修飾ナノ粒子結晶デザインの改良とゲスト分子取り込み効率の向上、②乾燥を伴わないゲスト分子の取り込み方法の模索(塩濃度変化による結晶収縮・膨張、及び結晶内部のチャージコントロール)、を優先的に進める。

  3. DNA修飾ナノ粒子の高品質単結晶成長法の開発

    2019年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    田川美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. DNA修飾ナノ粒子の高品質単結晶成長法の開発

    研究課題/研究課題番号:19H02555  2019年4月 - 2024年3月

    田川 美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    本研究では下記課題1-3に取り組み、DNA-NP超格子の単結晶成長法の確立とサイズ向上を目指す。
    課題1:核生成頻度を下げるため、一旦作製したDNA-NP超格子結晶を種結晶として再度結晶化溶液に入れ、成長させる
    課題2:結晶を吊り下げて成長させる
    課題3:ポリエチレングリコール(PEG)による枯渇引力を利用した結晶成長
    成長させるDNA-NP超格子結晶としては、二元系(互いに相補的なDNAペア)で粒子サイズが同じ場合にできるbcc構造、二元系で粒子サイズが異なる場合にできるCsCl構造、一元系(自己相補的なDNAペア)のfcc構造に取り組む。更に、DNA-NP超格子結晶のX線単結晶解析に取り組む。
    DNA修飾ナノ粒子(DNA-NP)の高品質単結晶作製に取り組んだ。手法としては、申請書に記載のH31年度課題の通り、「種結晶を用いた結晶成長法」に取り組んだ。DNA-NP分散溶液から予めDNA-NP超格子結晶を結晶成長させて、電子顕微鏡及びX線小角散乱法により結晶サイズが最大で1μm程度であることを確認した種結晶(あるいは同条件で作成した種結晶)を用いた。DNA塩基配列及びナノ粒子表面に結合するDNAの被覆率により異なるDNA-NP超格子結晶の融解温度(Tm)も予めX線小角散乱法により測定しておき、Tm温度前後で一度ずつ温度を振って種結晶を結晶化溶液に浸漬させた。また、種結晶を浸漬して二段階で結晶成長させるDNA-NP分散溶液のDNA-NP濃度、塩濃度も変えて最適条件を模索した。電子顕微鏡による解析結果では、種結晶浸漬温度により二段階成長後の結晶サイズが大きく変わることが確認された。X線小角散乱法により確認した融解温度よりも一度程度低い温度で浸漬した種結晶が最も大きく成長した。二段階目の結晶成長溶液の組成(DNA-NP濃度、塩濃度)に関しては、ある程度の最適条件は見出しつつあるものの、浸漬温度を含めそれぞれの条件が相互に関係しているため、今後より精査して行く。
    結晶化温度や種結晶浸漬温度、結晶化溶液の組成(DNA-NP濃度、塩濃度、緩衝溶液)等の条件はそれぞれ相互に関係しており、すべての条件を考慮した上で最適な結晶化条件を見出さなければならないことがわかってきた。当初考えていた以上に複雑であり、課題も増えてきたが、着実に結晶化条件最適化へ向かっているため、おおむね順調に進展していると言える。
    高品質単結晶作製には、結晶化溶液の組成や温度シーケンスのみならず、重力の影響も考えなければならないことがわかってきた。結晶成長の過程でDNA-NP超格子がチューブの底に沈んでしまい、成長が阻害されていることが考えられる。今後は、結晶化溶液の組成や温度シーケンスの最適化と並行して、微小重力下における実験も推進する予定である。

  5. ナノスケール熱制御に向けたナノ粒子超格子構造のプログラマブル融合化 研究課題

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    田川美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ナノスケール熱制御に向けたナノ粒子超格子構造のプログラマブル融合化

    研究課題/研究課題番号:16K13614  2016年4月 - 2019年3月

    田川 美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    DNA修飾ナノ粒子超格子の単結晶を、レジンなどの固定法を用いずに、結晶の平衡系であるウルフ多面体形状を保ったまま直接乾燥により構造安定化することに成功した。
    DNA修飾ナノ粒子超格子の水和状態におけるナノ粒子の体積率を変化させることで、直接乾燥後も構造を維持できる条件を検討した。その結果、水和状態においてナノ粒子体積率が高いときに、直接乾燥後も構造を維持しやすいことを発見した。更に、電子線照射により、超格子中のナノ粒子の表面のみが融解し、隣接粒子と融合することを発見した。本手法は、フォノニック結晶の前駆体作製法として有効であることを示した。
    デバイスの小型化や情報処理量の増加に伴い、ナノスケールの熱制御が必要不可欠となってきている。トップダウン的方法により金属ナノ粒子の積層構造を作製し、バルクの熱伝導率と比較してナノ構造化による熱伝導率変化を測定する研究は行われていた。しかし、トップダウン的方法でナノ構造を精密に制御するのは難しく、正確な熱伝導率測定も困難であった。本手法で金属ナノ構造を高精度に制御できるため、今後ナノ構造と熱輸送(フォノン輸送)の関係解明に貢献すると期待できる。

  7. DNAナノ構造体によるナノ粒子超構造の構造制御

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    田川美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. DNAセルフアセンブリによる分子準結晶の実現

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    田川美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. プログラム可能なDNAナノデバイスの構築

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金 

    田川美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 4

  1. ナノ粒子結晶およびその製造方法

    田川美穂、横森真麻

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願 2019-169737  出願日:2019年9月

  2. 超格子構造体、およびその製造方法

    鷲見隼人、田川美穂、宇治原徹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2017-046570  出願日:2017年3月

    出願国:国内  

  3. 2次元ナノ粒子構造体及びその製造方法

    田川美穂、宇治原徹、磯貝卓巳、赤田英理

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2013-126144  出願日:2013年6月

    公開番号:2015-000450 

    特許番号/登録番号:6086595  登録日:2017年2月 

    出願国:国内  

  4. Rational Assembly of Nanoparticle Superlattices with Designed Lattice Symmetries

    Oleg Gang, Fang Lu, Miho Tagawa

     詳細を見る

    出願番号:61/587,786  出願日:2012年1月

    出願国:外国  

 

担当経験のある科目 (本学) 32

  1. 学生実験1

    2021

  2. マテリアル工学演習

    2021

  3. 固体物理演習

    2021

  4. Analytical Chemistry

    2020

  5. 固体物理演習

    2020

  6. 学生実験1

    2020

  7. マテリアル工学演習

    2020

  8. 機器分析概論

    2020

  9. マテリアル量子工学(量子力学)

    2020

  10. 学生実験1

    2019

  11. マテリアル量子工学(量子力学)

    2019

  12. 固体物理演習

    2019

  13. マテリアル量子工学(量子力学)

    2018

  14. 材料工学実験第2

    2018

  15. 基礎セミナーA

    2017

  16. 材料工学実験第2

    2017

  17. 基礎セミナーA

    2016

  18. 工場見学

    2016

  19. 材料工学序論

    2016

  20. 材料工学実験第2

    2016

  21. 材料工学実験基礎

    2016

  22. マテリアル工学II

    2016

  23. 物理化学B

    2016

  24. 材料工学序論

    2015

  25. 材料工学実験基礎

    2015

  26. 材料工学実験第2

    2015

  27. マテリアル工学2

    2015

  28. 物理化学

    2015

  29. 材料工学実験基礎

    2014

  30. 材料工学実験第2

    2014

  31. 材料工学序論

    2014

  32. 材料工学実験基礎

    2013

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 理系女子進路選択支援シンポジウム

    2014年8月

学術貢献活動 1

  1. 女子のための理系きっかけフェスタ

    愛知県  ( 名古屋大学・ウィルあいち ) 2017年10月 - 2017年11月