2022/03/10 更新

写真a

タツカワ ヒデキ
辰川 英樹
TATSUKAWA Hideki
所属
大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬生物科学 助教
大学院担当
大学院創薬科学研究科
学部担当
農学部
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(医学) ( 2009年3月   東京医科歯科大学 ) 

  2. 修士(医科学) ( 2005年3月   東京医科歯科大学 ) 

  3. 学士(理学) ( 2003年3月   東京理科大学 ) 

研究キーワード 10

  1. 分子生物学

  2. 生物系薬学

  3. ケミカルバイオロジー.薬理学一般

  4. 消化器内科学

  5. 分子生物学

  6. 農芸化学

  7. 生物系薬学

  8. 生化学

  9. 消化器内科学

  10. ケミカルバイオロジー.薬理学一般

研究分野 5

  1. その他 / その他  / 細胞生化学

  2. ライフサイエンス / 分子生物学

  3. ライフサイエンス / 細胞生物学

  4. ライフサイエンス / 病態医化学

  5. ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 肝線維化の病態機序の解明

  2. 腎線維化の病態機序の解明

  3. FRETを用いたタンパク質架橋化酵素活性の生体内検出プローブの開発

  4. 転写因子Sp1の架橋・不活性化を介したトランスグルタミナーゼ2の肝障害における役割

  5. タンパク質架橋化酵素の網羅的な生体内発現分布の解析

  6. 非環式レチノイドによる肝臓癌特異的細胞死の経路解析に基づく新規抗癌剤の開発

▼全件表示

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院創薬科学研究科   助教

    2012年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   農学部   助教

    2012年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   農学部   助教

    2012年4月 - 現在

  4. 理化学研究所 特別研究員

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京医科歯科大学   医歯学総合研究科   老化制御学系専攻

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京医科歯科大学   医歯学総合研究科   老化制御学系専攻

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京理科大学   理学部   化学科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 13

  1. 日本分子生物学会

    2003年 - 現在

  2. 日本生化学会

  3. 日本農芸化学会

  4. 日本肝臓学会

  5. 日本生化学会

    2003年 - 現在

  6. 日本癌学会

  7. ケミカルバイオロジー学会

  8. 米国胸部学会(American Thoracic Society)

  9. 日本腎臓学会

  10. 日本肝臓学会

  11. 日本癌学会

  12. 日本免疫学会

  13. ケミカルバイオロジー学会

▼全件表示

委員歴 2

  1. Nature Research Publishing - Scientific reports -   Editorial board member  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本生化学会 中部支部   幹事  

    2017年9月 - 2019年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 8

  1. 若手科学者賞

    2018年9月  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Young Investigator award

    2018年9月   The 13th International Symposium on ALPD and Cirrhosis  

  3. Travel Award

    2011年10月   International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. CHUGAI Award

    2010年10月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. Travel Award

    2009年10月   International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. Poster Award

    2009年10月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. Best Poster Award

    2009年10月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. Travel Award

    2007年10月   International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 67

  1. Spatially Resolved Identification of Transglutaminase Substrates by Proteomics in Pulmonary Fibrosis 査読有り 国際誌

    Takeuchi Taishu, Tatsukawa Hideki, Shinoda Yoshiki, Kuwata Keiko, Nishiga Miyuki, Takahashi Hiroshi, Hase Naoki, Hitomi Kiyotaka

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY CELL AND MOLECULAR BIOLOGY   65 巻 ( 3 ) 頁: 319 - 330   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2021-0012OC

    Web of Science

    PubMed

  2. Isozyme-specific comprehensive characterization of transglutaminase-crosslinked substrates in kidney fibrosis 査読有り 国際誌

    Tatsukawa Hideki, Otsu Risa, Tani Yuji, Wakita Ryosuke, Hitomi Kiyotaka

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 7306 - 7306   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-25674-4

    Web of Science

    PubMed

  3. Global identification and analysis of isozyme-specific possible substrates crosslinked by transglutaminases using substrate peptides in mouse liver fibrosis 査読有り 国際誌

    Tatsukawa Hideki, Tani Yuji, Otsu Risa, Nakagawa Haruka, Hitomi Kiyotaka

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   頁: 45049 - 45049   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep45049

    Web of Science

    PubMed

  4. 臓器の線維化を誘導するタンパク質架橋酵素の網羅的な分子標的解析 招待有り

    辰川英樹, 人見清隆

    バイオサイエンスとインダストリー   80 巻 ( 2 ) 頁: 1 - 5   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Investigation of mouse amniotic fluid for stimulating ability of keratinocyte differentiation depending on the fetal stage 国際誌

    Kuribayashi Miki, Kawaguchi Yusuke, Teshima Hirofumi, Yamaguchi Hisateru, Tatsukawa Hideki, Hitomi Kiyotaka

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   711 巻   頁: 109003 - 109003   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2021.109003

    Web of Science

    PubMed

  6. Role of Transglutaminase 2 in Cell Death, Survival, and Fibrosis 招待有り 査読有り 国際誌

    Tatsukawa Hideki, Hitomi Kiyotaka

    CELLS   10 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cells10071842

    Web of Science

    PubMed

  7. タンパク質架橋化酵素トランスグルタミナーゼの糸球体炎症進展への役割解明

    伊藤 辰将, 辰川 英樹, 梅田 良祐, 横江 優貴, 高橋 和男, 湯澤 由紀夫, 人見 清隆, 坪井 直毅

    日本腎臓学会誌   63 巻 ( 4 ) 頁: 519 - 519   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腎臓学会  

  8. Thrombin-deficient mutant of medaka, a model fish, displays serious retardation in blood coagulation. 査読有り

    doi: 10.1093/bbb/zbaa098.

    Biosci Biotechnol Biochem     2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/bbb/zbaa098.

  9. Thrombin-deficient mutant of medaka, a model fish, displays serious retardation in blood coagulation 国際誌

    Watanabe Yuko, Oguri Rina, Suzuki Risa, Meng Qi, Ishikawa Yuta, Tatsukawa Hideki, Hashimoto Hisashi, Hitomi Kiyotaka

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   85 巻 ( 4 ) 頁: 824 - 833   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/bbb/zbaa098

    Web of Science

    PubMed

  10. Identification and characterization of substrates crosslinked by transglutaminases in liver and kidney fibrosis 査読有り 国際誌

    Tatsukawa Hideki, Takeuchi Taishu, Shinoda Yoshiki, Hitomi Kiyotaka

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   604 巻   頁: 113629 - 113629   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ab.2020.113629

    Web of Science

    PubMed

  11. Transglutaminase orthologues in medaka fish - biochemical characterization and establishment of gene-deficient mutants 査読有り 国際誌

    Meng Qi, Watanabe Yuko, Suzuki Risa, Oguri Rina, Tatsukawa Hideki, Hitomi Kiyotaka

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   604 巻   頁: 113610 - 113610   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ab.2020.113610

    Web of Science

    PubMed

  12. Gene disruption of medaka (Oryzias latipes) orthologue for mammalian tissue-type transglutaminase (TG2) causes movement retardation 査読有り 国際誌

    Watanabe Yuko, Okuya Kazuho, Takada Yuki, Kinoshita Masato, Yokoi Saori, Chisada Shinichi, Kamei Yasuhiro, Tatsukawa Hideki, Yamamoto Naoyuki, Abe Hideki, Hashimoto Hisashi, Hitomi Kiyotaka

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   168 巻 ( 3 ) 頁: 213 - 222   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvaa038

    Web of Science

    PubMed

  13. Analysis of the expression of transglutaminases in the reconstructed human epidermis using a three-dimensional cell culture 査読有り 国際誌

    Teshima Hirofumi, Kato Manami, Tatsukawa Hideki, Hitomi Kiyotaka

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   603 巻   頁: 113606 - 113606   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ab.2020.113606

    Web of Science

    PubMed

  14. 抗体型糸球体腎炎におけるタンパク質架橋化酵素トランスグルタミナーゼの機能

    伊藤 辰将, 辰川 英樹, 横江 優貴, 高橋 和男, 丸山 彰一, 湯澤 由紀夫, 人見 清隆, 坪井 直毅

    日本腎臓学会誌   62 巻 ( 4 ) 頁: 270 - 270   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腎臓学会  

  15. タンパク質架橋酵素を介した上皮細胞の間葉転換機構の解析 招待有り 査読有り

    辰川英樹, 篠田祥希, 竹内大修, 人見清隆

    日本応用酵素協会誌   55 巻   頁: 1 - 9   2020年

  16. タンパク質の架橋による翻訳後修飾反応を介した組織線維化の分子メカニズムの解析

    辰川 英樹, 竹内 大修, 伊藤 辰将, 人見 清隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 巻   頁: [3T09m - 04]   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  17. タンパク質の架橋による翻訳後修飾反応を介した組織線維化の分子メカニズムの解析

    辰川 英樹, 竹内 大修, 伊藤 辰将, 人見 清隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 巻   頁: [3T09m - 04]   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  18. Studies on differentiation-dependent expression and activity of distinct transglutaminases by specific substrate peptides using three-dimensional reconstituted epidermis 査読有り 国際誌

    Tanabe Yuki, Yamane Miki, Kato Manami, Teshima Hirofumi, Kuribayashi Miki, Tatsukawa Hideki, Takama Hiroyuki, Akiyama Masashi, Hitomi Kiyotaka

    FEBS JOURNAL   286 巻 ( 13 ) 頁: 2536 - 2548   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.14832

    Web of Science

    PubMed

  19. Detection and identification of potential transglutaminase 2 substrates in the mouse renal glomeruli 査読有り 国際誌

    Ito Yoshimasa, Tatsukawa Hideki, Yamaguchi Hisateru, Takahashi Kazuo, Hitomi Kiyotaka, Yuzawa Yukio

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   660 巻   頁: 11 - 19   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2018.10.001

    Web of Science

    PubMed

  20. Tschimganine and its derivatives extend the chronological life span of yeast via activation of the Sty1 pathway 査読有り 国際誌

    Hibi Takahide, Ohtsuka Hokuto, Shimasaki Takafumi, Inui Shougo, Shibuya Masatoshi, Tatsukawa Hideki, Kanie Kei, Yamamoto Yoshihiko, Aiba Hirofumi

    GENES TO CELLS   23 巻 ( 8 ) 頁: 620 - 637   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12604

    Web of Science

    PubMed

  21. Targeting transglutaminase 2 partially restores extracellular matrix structure but not alveolar architecture in experimental bronchopulmonary dysplasia 査読有り 国際誌

    Mizikova Ivana, Pfeffer Tilman, Nardiello Claudio, Solaligue David E. Surate, Steenbock Heiko, Tatsukawa Hideki, Silva Diogo M., Vadasz Istvan, Herold Susanne, Pease Richard J., Iismaa Siiri E., Hitomi Kiyotaka, Seeger Werner, Brinckmann Juergen, Morty Rory E.

    FEBS JOURNAL   285 巻 ( 16 ) 頁: 3056 - 3076   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.14596

    Web of Science

    PubMed

  22. ISOZYME-SPECIFIC IDENTIFICATION AND CHARACTERIZATION OF SUBSTRATES CROSSLINKED BY TRANSGLUTAMINASES IN LIVER FIBROSIS

    Tatsukawa H., Nakagawa H., Hitomi K.

    ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH   42 巻   頁: 33A-33A   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. Prevention of hepatocellular carcinoma by targeting MYCN-positive liver cancer stem cells with acyclic retinoid 査読有り 国際誌

    Qin Xian-Yang, Suzuki Harukazu, Honda Masao, Okada Hikari, Kaneko Shuichi, Inoue Ikuyo, Ebisui Etsuko, Hashimoto Kosuke, Carninci Piero, Kanki Keita, Tatsukawa Hideki, Ishibashi Naoto, Masaki Takahiro, Matsuura Tomokazu, Kagechika Hiroyuki, Toriguchi Kan, Hatano Etsuro, Shirakami Yohei, Shiota Goshi, Shimizu Masahito, Moriwaki Hisataka, Kojima Soichi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   115 巻 ( 19 ) 頁: 4969 - 4974   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1802279115

    Web of Science

    PubMed

  24. 糖尿病モデルマウスにおけるキヌレニン経路代謝物の腎組織イメージング質量分析

    松下 祥子, 高橋 和男, 伊藤 辰将, 山本 康子, 藤垣 英嗣, 毛利 彰宏, 中嶋 和紀, 尾之内 高慶, 辰川 英樹, 釘田 雅則, 長尾 静子, 人見 清隆, 齋藤 邦明, 瀬藤 光利, 湯澤 由紀夫

    日本腎臓学会誌   60 巻 ( 3 ) 頁: 403 - 403   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腎臓学会  

  25. 組織の線維化に伴い架橋される基質タンパク質群の網羅的同定・解析 招待有り

    辰川英樹, 人見清隆

    日本応用酵素協会   52 巻   頁: 1-10   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  26. 組織の線維化に伴い架橋される基質タンパク質群の網羅的同定・解析 招待有り

    辰川英樹, 人見清隆

    日本応用酵素協会   52 巻   頁: 1-10   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Higher susceptibility to osmolality of the medaka (Oryzias latipes) mutants in orthologue genes of mammalian skin transglutaminases 査読有り 国際誌

    Watanabe Yuko, Furukawa Eri, Tatsukawa Hideki, Hashimoto Hisashi, Kamei Yasuhiro, Taniguchi Yoshihito, Hitomi Kiyotaka

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   82 巻 ( 7 ) 頁: 1165 - 1168   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2018.1453294

    Web of Science

    PubMed

  28. Transcriptome Analysis Uncovers a Growth-Promoting Activity of Orosomucoid-1 on Hepatocytes 査読有り 国際誌

    Qin Xian-Yang, Hara Mitsuko, Arner Erik, Kawaguchi Yoshikuni, Inoue Ikuyo, Tatsukawa Hideki, Furutani Yutaka, Nagatsuma Keisuke, Matsuura Tomokazu, Wei Feifei, Kikuchi Jun, Sone Hideko, Daub Carsten, Kawaji Hideya, Lassmann Timo, Itoh Masayoshi, Suzuki Harukazu, Carninci Piero, Hayashizaki Yoshihide, Kokudo Norihiro, Forrest Alistair R. R., Kojima Soichi

    EBIOMEDICINE   24 巻   頁: 257 - 266   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.09.008

    Web of Science

    PubMed

  29. Global identification and analysis of isozyme-specific substrates crosslinked by transglutaminases in mouse liver fibrosis

    Tatsukawa Hideki, Nakagawa Haruka, Kiyotaka Hitomi

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 222A-222A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  30. Biochemical characterization of a medaka (Oryzias latipes) orthologue for mammalian Factor XIII and establishment of a gene-edited mutant 査読有り 国際誌

    Horimizu Rima, Ogawa Ryota, Watanabe Yuko, Tatsukawa Hideki, Kinoshita Masato, Hashimoto Hisashi, Hitomi Kiyotaka

    FEBS JOURNAL   284 巻 ( 17 ) 頁: 2843 - 2855   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.14153

    Web of Science

    PubMed

  31. Data Descriptor: FANTOM5 CAGE profiles of human and mouse samples 査読有り 国際誌

    Noguchi Shuhei, Arakawa Takahiro, Fukuda Shiro, Furuno Masaaki, Hasegawa Akira, Hori Fumi, Ishikawa-Kato Sachi, Kaida Kaoru, Kaiho Ai, Kanamori-Katayama Mutsumi, Kawashima Tsugumi, Kojima Miki, Kubosaki Atsutaka, Manabe Ri-ichiroh, Murata Mitsuyoshi, Nagao-Sato Sayaka, Nakazato Kenichi, Ninomiya Noriko, Nishiyori-Sueki Hiromi, Noma Shohei, Saijyo Eri, Saka Akiko, Sakai Mizuho, Simon Christophe, Suzuki Naoko, Tagami Michihira, Watanabe Shoko, Yoshida Shigehiro, Arner Peter, Axton Richard A., Babina Magda, Baillie J. Kenneth, Barnett Timothy C., Beckhouse Anthony G., Blumenthal Antje, Bodega Beatrice, Bonetti Alessandro, Briggs James, Brombacher Frank, Carlisle Ailsa J., Clevers Hans C., Davis Carrie A., Detmar Michael, Dohi Taeko, Edge Albert S. B., Edinger Matthias, Ehrlund Anna, Ekwall Karl, Endoh Mitsuhiro, Enomoto Hideki, Eslami Afsaneh, Fagiolini Michela, Fairbairn Lynsey, Farach-Carson Mary C., Faulkner Geoffrey J., Ferrai Carmelo, Fisher Malcolm E., Forrester Lesley M., Fujita Rie, Furusawa Jun-ichi, Geijtenbeek Teunis B., Gingeras Thomas, Goldowitz Daniel, Guhl Sven, Guler Reto, Gustincich Stefano, Ha Thomas J., Hamaguchi Masahide, Hara Mitsuko, Hasegawa Yuki, Herlyn Meenhard, Heutink Peter, Hitchens Kelly J., Hume David A., Ikawa Tomokatsu, Ishizu Yuri, Kai Chieko, Kawamoto Hiroshi, Kawamura Yuki I., Kempfle Judith S., Kenna Tony J., Kere Juha, Khachigian Levon M., Kitamura Toshio, Klein Sarah, Klinken S. Peter, Knox Alan J., Kojima Soichi, Koseki Haruhiko, Koyasu Shigeo, Lee Weonju, Lennartsson Andreas, Mackay-sim Alan, Mejhert Niklas, Mizuno Yosuke, Morikawa Hiromasa, Morimoto Mitsuru, Moro Kazuyo, Morris Kelly J., Motohashi Hozumi, Mummery Christine L., Nakachi Yutaka, Nakahara Fumio, Nakamura Toshiyuki, Nakamura Yukio, Nozaki Tadasuke, Ogishima Soichi, Ohkura Naganari, Ohno Hiroshi, Ohshima Mitsuhiro, Okada-Hatakeyama Mariko, Okazaki Yasushi, Orlando Valerio, Ovchinnikov Dmitry A., Passier Robert, Patrikakis Margaret, Pombo Ana, Pradhan-Bhatt Swati, Qin Xian-Yang, Rehli Michael, Rizzu Patrizia, Roy Sugata, Sajantila Antti, Sakaguchi Shimon, Sato Hiroki, Satoh Hironori, Savvi Suzana, Saxena Alka, Schmidl Christian, Schneider Claudio, Schulze-Tanzil Gundula G., Schwegmann Anita, Sheng Guojun, Shin Jay W., Sugiyama Daisuke, Sugiyama Takaaki, Summers Kim M., Takahashi Naoko, Takai Jun, Tanaka Hiroshi, Tatsukawa Hideki, Tomoiu Andru, Toyoda Hiroo, van de Wetering Marc, van den Berg Linda M., Verardo Roberto, Vijayan Dipti, Wells Christine A., Winteringham Louise N., Wolvetang Ernst, Yamaguchi Yoko, Yamamoto Masayuki, Yanagi-Mizuochi Chiyo, Yoneda Misako, Yonekura Yohei, Zhang Peter G., Zucchelli Silvia, Abugessaisa Imad, Arner Erik, Harshbarger Jayson, Kondo Atsushi, Lassmann Timo, Lizio Marina, Sahin Serkan, Sengstag Thierry, Severin Jessica, Shimoji Hisashi, Suzuki Masanori, Suzuki Harukazu, Kawai Jun, Kondo Naoto, Itoh Masayoshi, Daub Carsten O., Kasukawa Takeya, Kawaji Hideya, Carninci Piero, Forrest Alistair R. R., Hayashizaki Yoshihide

    SCIENTIFIC DATA   4 巻   頁: 170112 - 170112   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sdata.2017.112

    Web of Science

    PubMed

  32. FRET-based detection of isozyme-specific activities of transglutaminases. 査読有り

    Tatsukawa H, Liu HH, Oba S, Kamiya N, Nakanishi Y, Hitomi K.

    Amino Acids   49 巻 ( 3 ) 頁: 615-623   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-016-2322-0.

  33. FRET-based detection of isozyme-specific activities of transglutaminases 査読有り 国際誌

    Tatsukawa Hideki, Liu Hong Hong, Oba Shota, Kamiya Noriho, Nakanishi Yoichi, Hitomi Kiyotaka

    AMINO ACIDS   49 巻 ( 3 ) 頁: 615 - 623   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-016-2322-0

    Web of Science

    PubMed

  34. Biochemical characterization of the medaka (Oryzias latipes) orthologue for mammalian tissue-type transglutaminase (TG2) 査読有り 国際誌

    Takada Yuki, Watanabe Yuko, Okuya Kazuho, Tatsukawa Hideki, Hashimoto Hisashi, Hitomi Kiyotaka

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   81 巻 ( 3 ) 頁: 469 - 474   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2016.1256757

    Web of Science

    PubMed

  35. Analysis on transglutaminase 1 and its substrates using specific substrate peptide in cultured keratinocytes.

    Yamane M, Sugimura K, Kawasaki H, Tatsukawa H, Hitomi K.

    Biochem Biophys Res Commun   478 巻 ( 1 ) 頁: 343-348   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.07.051.

  36. Transglutaminase 2 has opposing roles in the regulation of cellular functions as well as cell growth and death.

    Tatsukawa H, Furutani Y, Hitomi K, Kojima S.

    Cell Death and Disease   7 巻 ( 6 ) 頁: e2244   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/cddis.2016.150.

  37. Metabolome Analyses Uncovered a Novel Inhibitory Effect of Acyclic Retinoid on Aberrant Lipogenesis in a Mouse Diethylnitrosamine-Induced Hepatic Tumorigenesis Model.

    Qin XY, Tatsukawa H, Hitomi K, Shirakami Y, Ishibashi N, Shimizu M, Moriwaki H, Kojima S.

    Cancer Prevention Research     2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1940-6207.CAPR-15-0326.

  38. Biochemical Characterization of Medaka (Oryzias latipes) Transglutaminases, OlTGK1 and OlTGK2, as Orthologues of Human Keratinocyte-Type Transglutaminase.

    Kikuta A, Furukawa E, Ogawa R, Suganuma N, Saitoh M, Nishimaki T, Katsumura T, Oota H, Kawamoto T, Tatsukawa H, Hashimoto H, Hitomi K.

    PLoS One     2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0144194.

  39. The Constrained Maximal Expression Level Owing to Haploidy Shapes Gene Content on the Mammalian X Chromosome.

    Hurst LD, Ghanbarian AT, Forrest AR; FANTOM consortium (Tatsukawa H), Huminiecki L.

    PLoS Biology     2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pbio.1002315.

  40. Application of Gene Expression Trajectories Initiated from ErbB Receptor Activation Highlights the Dynamics of Divergent Promoter Usage.

    Carbajo D, Magi S, Itoh M, Kawaji H, Lassmann T, Arner E, Forrest AR, Carninci P, Hayashizaki Y, Daub CO; FANTOM consortium (Tatsukawa H), Okada-Hatakeyama M, Mar JC.

    PLoS One     2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0144176.

  41. Molecular mechanism by which acyclic retinoid induces nuclear localization of transglutaminase 2 in human hepatocellular carcinoma cells. 査読有り

    Shrestha R, Tatsukawa H, Shrestha R, Ishibashi N, Matsuura T, Kagechika H, Kose S, Hitomi K, Imamoto N, Kojima S.

    Cell Death & Disease     2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/cddis.2015.339.

  42. Distribution of transglutaminase family members in mouse whole body sections. 査読有り

    Tatsukawa H, Abe N, Ohashi S, Hitomi K

    Biochem Biophys Res Commun     2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.10.001.

  43. Early response as shown by enhancement of transglutaminase 1 expression after cisplatin-induced acute kidney injury 査読有り

    Furukawa K, Yamane M, Tatsukawa H, Hitomi K

    Arch Biochem Biophys   586 巻   頁: 27-32   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Discovery of molecular markers to discriminate corneal endothelial cells in the human body 査読有り

    Yoshihara M, Ohmiya H, Hara S, Kawasaki S; FANTOM consortium (Tatsukawa H), Hayashizaki Y, Itoh M, Kawaji H, Tsujikawa M, Nishida K.

    PLoS One   10 巻   頁: e0117581   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. The statistical geometry of transcriptome divergence in cell-type evolution and cancer 査読有り

    Liang C; FANTOM Consortium (Tatsukawa H), Forrest AR, Wagner GP.

    Nat Commun   6 巻   頁: 6066   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. CCL2 enhances pluripotency of human induced pluripotent stem cells by activating hypoxia related genes 査読有り

    Hasegawa Y, Tang D, Takahashi N, Hayashizaki Y, Forrest AR; FANTOM Consortium (Tatsukawa H), Suzuki H.

    Sci Rep   4 巻   頁: 5228   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Differential roles of epigenetic changes and Foxp3 expression in regulatory T cell-specific transcriptional regulation 査読有り

    Morikawa H, Ohkura N, Vandenbon A, Itoh M, Nagao-Sato S, Kawaji H, Lassmann T, Carninci P, Hayashizaki Y, Forrest AR, Standley DM, Date H, Sakaguchi S; FANTOM Consortium (Tatsukawa H).

    Proc Natl Acad Sci U S A   111 巻 ( 14 ) 頁: 5289-5294   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. An atlas of active enhancers across human cell types and tissues 査読有り

    Andersson R, Gebhard C, Miguel-Escalada I, Hoof I, Bornholdt J, Boyd M, Chen Y, Zhao X, Schmidl C, Suzuki T, Ntini E, Arner E, Valen E, Li K, Schwarzfischer L, Glatz D, Raithel J, Lilje B, Rapin N, Bagger FO, Jørgensen M, Andersen PR, Bertin N, Rackham O, Burroughs AM, Baillie JK, Ishizu Y, Shimizu Y, Furuhata E, Maeda S, Negishi Y, Mungall CJ, Meehan TF, Lassmann T, Itoh M, Kawaji H, Kondo N, Kawai J, Lennartsson A, Daub CO, Heutink P, Hume DA, Jensen TH, Suzuki H, Hayashizaki Y, Müller F; FANTOM Consortium (Tatsukawa H), Forrest AR, Carninci P, Rehli M, Sandelin A.

    Nature   507 巻 ( 7493 ) 頁: 455-461   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Ceruloplasmin is a novel adipokine which is overexpressed in adipose tissue of obese subjects and in obesity-associated cancer cells 査読有り

    Arner E, Forrest AR, Ehrlund A, Mejhert N, Itoh M, Kawaji H, Lassmann T, Laurencikiene J, Rydén M, Arner P; FANTOM Consortium (Tatsukawa H).

    PLoS One   9 巻 ( 3 ) 頁: e80274   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. A promoter-level mammalian expression atlas 査読有り

    FANTOM Consortium and the RIKEN PMI and CLST (DGT), Forrest AR, Kawaji H, Rehli M, Baillie JK, de Hoon MJ, Haberle V, Lassman T, Kulakovskiy IV, Lizio M, Itoh M, Andersson R, Mungall CJ, Meehan TF, Schmeier S, Bertin N, Jørgensen M, Dimont E, Arner E, Schmidl C, Schaefer U, Medvedeva YA, Plessy C, Vitezic M, Severin J, Semple C, Ishizu Y, Young RS, Francescatto M, Alam I, Albanese D, Altschuler GM, Arakawa T, Archer JA, Arner P, Babina M, Rennie S, Balwierz PJ, Beckhouse AG, Pradhan-Bhatt S, Blake JA, Blumenthal A, Bodega B, Bonetti A, Briggs J, Brombacher F, Burroughs AM, Califano A, Cannistraci CV, Carbajo D, Chen Y, Chierici M, Ciani Y, Clevers HC, Dalla E, Davis CA, Detmar M, Diehl AD, Dohi T, Drabløs F, Edge AS, Edinger M, Ekwall K, Endoh M, Enomoto H, Fagiolini M, Fairbairn L, Fang H, Farach-Carson MC, Faulkner GJ, Favorov AV, Fisher ME, Frith MC, Fujita R, Fukuda S, Furlanello C, Furino M, Furusawa J, Geijtenbeek TB, Gibson AP, Gingeras T, Goldowitz D, Gough J, Guhl S, Guler R, Gustincich S, Ha TJ, Hamaguchi M, Hara M, Harbers M, Harshbarger J, Hasegawa A, Hasegawa Y, Hashimoto T, Herlyn M, Hitchens KJ, Ho Sui SJ, Hofmann OM, Hoof I, Hori F, Huminiecki L, Iida K, Ikawa T, Jankovic BR, Jia H, Joshi A, Jurman G, Kaczkowski B, Kai C, Kaida K, Kaiho A, Kajiyama K, Kanamori-Katayama M, Kasianov AS, Kasukawa T, Katayama S, Kato S, Kawaguchi S, Kawamoto H, Kawamura YI, Kawashima T, Kempfle JS, Kenna TJ, Kere J, Khachigian LM, Kitamura T, Klinken SP, Knox AJ, Kojima M, Kojima S, Kondo N, Koseki H, Koyasu S, Krampitz S, Kubosaki A, Kwon AT, Laros JF, Lee W, Lennartsson A, Li K, Lilje B, Lipovich L, Mackay-Sim A, Manabe R, Mar JC, Marchand B, Mathelier A, Mejhert N, Meynert A, Mizuno Y, de Lima Morais DA, Morikawa H, Morimoto M, Moro K, Motakis E, Motohashi H, Mummery CL, Murata M, Nagao-Sato S, Nakachi Y, Nakahara F, Nakamura T, Nakamura Y, Nakazato K, van Nimwegen E, Ninomiya N, Nishiyori H, Noma S, Noma S, Noazaki T, Ogishima S, Ohkura N, Ohimiya H, Ohno H, Ohshima M, Okada-Hatakeyama M, Okazaki Y, Orlando V, Ovchinnikov DA, Pain A, Passier R, Patrikakis M, Persson H, Piazza S, Prendergast JG, Rackham OJ, Ramilowski JA, Rashid M, Ravasi T, Rizzu P, Roncador M, Roy S, Rye MB, Saijyo E, Sajantila A, Saka A, Sakaguchi S, Sakai M, Sato H, Savvi S, Saxena A, Schneider C, Schultes EA, Schulze-Tanzil GG, Schwegmann A, Sengstag T, Sheng G, Shimoji H, Shimoni Y, Shin JW, Simon C, Sugiyama D, Sugiyama T, Suzuki M, Suzuki N, Swoboda RK, 't Hoen PA, Tagami M, Takahashi N, Takai J, Tanaka H, Tatsukawa H, Tatum Z, Thompson M, Toyodo H, Toyoda T, Valen E, van de Wetering M, van den Berg LM, Verado R, Vijayan D, Vorontsov IE, Wasserman WW, Watanabe S, Wells CA, Winteringham LN, Wolvetang E, Wood EJ, Yamaguchi Y, Yamamoto M, Yoneda M, Yonekura Y, Yoshida S, Zabierowski SE, Zhang PG, Zhao X, Zucchelli S, Summers KM, Suzuki H, Daub CO, Kawai J, Heutink P, Hide W, Freeman TC, Lenhard B, Bajic VB, Taylor MS, Makeev VJ, Sandelin A, Hume DA, Carninci P, Hayashizaki Y

    Nature   507 巻 ( 7493 ) 頁: 462-470   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Variations in Both TG1 and TG2 Isozyme-specific in situ Activities and Protein Expressions during Mouse Embryonic Development 査読有り

    Itoh M, Tatsukawa H, Eun-Seo L, Yamanishi K, Kojima S and Hitomi K

    J Histochem Cytochem   61 巻 ( 11 ) 頁: 793-801   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor (PAC1) gene is suppressed by transglutaminase 2 activation 査読有り

    Miura A, Kambe Y, Inoue K, Tatsukawa H, Kurihara T, Griffin M, Kojima S and Miyata A

    J Biol Chem   288 巻 ( 45 ) 頁: 32720-32730   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Phage-displayed peptide library screening for preferred human substrate peptide sequences for transglutaminase 7 査読有り

    Kuramoto K, Yamasaki R, Shimizu Y, Tatsukawa H and Hitomi K

    Arch Biochem Biophys   537 巻 ( 1 ) 頁: 138-143   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 異常な細胞増殖・代謝にかかわるタンパク質の糖鎖修飾 招待有り 査読有り

    辰川英樹

    ファルマシア   49 巻 ( 7 ) 頁: 701   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  55. Regulation of transglutaminase-mediated hepatic cell death in alcoholic steatohepatitis and non-alcoholic steatohepatitis

    Kojima S, Kuo TF and Tatsukawa H

    J Gastroenterol Hepatol   27 巻   頁: 52-57   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1111/j.1440-1746.2011.07009.x

  56. Free fatty acids induce transglutaminase 2-dependent apoptosis in hepatocytes via ER stress-stimulated PERK pathways

    Kuo TF, Tatsukawa H, Matsuura T, Nagatsuma K, Hirose S and Kojima S

    J Cell Physiol   227 巻 ( 3 ) 頁: 1130-1137   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcp.22833

  57. New insights into the functions and localization of nuclear transglutaminase 2

    Kuo TF, Tatsukawa H and Kojima S

    FEBS J   278 巻   頁: 4756-4767   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Dual induction of caspase 3- and transglutaminase-dependent apoptosis by acyclic retinoid in hepatocellular carcinoma cells 査読有り

    Tatsukawa H, Sano T, Fukaya Y, Ishibashi N, Watanabe M, Okuno M, Moriwaki H and Kojima S

    Mol Cancer   10 巻   頁: 4 (11 pages)   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Brain infarction correlates more closely with acrolein than with reactive oxygen species

    Saiki R, Park H, Ishii I, Yoshida M, Nishimura K, Toida T, Tatsukawa H, Kojima S, Ikeguchi Y, Pegg AE, Kashiwagi K and Igarashi K

    Biochem Biophys Res Commun   404 巻 ( 4 ) 頁: 1044-1049   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. In situ detection of active transglutaminases for keratinocyte type (TGase 1) and tissue type (TGase 2) using fluorescence-labeled highly reactive substrate peptides

    Itoh M, Kawamoto T, Tatsukawa H, Kojima S, Yamanishi K and Hitomi K

    J Histochem Cytochem   59 巻   頁: 180-187   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1369/jhc.2010.957225

  61. Recent Advances in the Understanding of Roles of Transglutaminase 2 in Alcoholic Steatohepatitis

    Tatsukawa H and Kojima S

    Cell Biology International   34 巻   頁: 325-334   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Induction of Cross-Linking and Silencing of Sp1 by Transglutaminase during Liver Injury in ASH and NASH via Different ER Stress Pathways

    Kojima S, Kuo TF, Tatsukawa H and Hirose S

    Digestive Diseases   28 巻   頁: 715-721   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 生きた細胞でのヒストンアセチル化をリアルタイムで観察 招待有り

    辰川英樹

      2 巻 ( 3 ) 頁: 20   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  64. アルコール性肝障害の新規肝細胞死誘導経路の発見

    辰川英樹, 小嶋聡一

    バイオサイエンスとインダストリー   67 巻 ( 8 ) 頁: 423-427   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Role of Transglutaminase 2 in Liver Injury via Crosslinking and Silencing of Transcription Factor, Sp1 査読有り

    Tatsukawa H, Fukaya Y, Frampton G, Martinez-Fuentes A, Suzuki K, Kuo TF, Nagatsuma K, Shimokado K, Okuno M, Wu J, Iismaa S, Matsuura T, Tsukamoto H, Zern MA, Graham RM, and Kojima S

    Gastroenterology   136 巻 ( 5 ) 頁: 1502-1505   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. アテローム性動脈硬化症発症過程における血漿トランスグルタミナーゼ(XIIIA因子)による単球のアンジオテンシンⅡ受容体(AT1受容体)架橋二量体の形成 招待有り

    辰川英樹

    日本血栓止血学会   16 巻 ( 3 ) 頁: 339   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  67. 生体内バイオハイブリッド反応-架橋多機能性酵素、トランスグルタミナーゼによるタンパク質の機能変換

    辰川英樹,小嶋聡一

    化学工業   54 巻   頁: 908-915   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Transglutaminase: Multiple Functional Modifiers and Targets for New Drug Discovery - Preferred Substrate Structure of Transglutaminases

    Hitomi K and Tatsukawa H( 担当: 共著)

    Springer  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. 肝疾患Review 2010~2011

    辰川英樹, 小嶋聡一( 担当: 共著)

    日本メディカルセンター出版  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 6

  1. 羊水中に存在する表皮細胞分化制御成分の性状解析

    栗林美樹, 手島裕文, 川口友輔, 川口友輔, 山口央輝, 辰川英樹, 人見清隆  

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)43rd 巻   2020年

     詳細を見る

  2. 糸球体腎炎に関わるタンパク質架橋化酵素の機能解明に向けた基礎的研究

    伊藤辰将, 辰川英樹, 山口央輝, 高橋和男, 人見清隆, 湯澤由紀夫  

    日本腎臓学会誌61 巻 ( 3 ) 頁: 340 - 340   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腎臓学会  

    J-GLOBAL

  3. マウスの胎生進行に伴う表皮形成レベルと羊水成分の変動解析

    栗林美樹, 手島裕文, 加藤まなみ, 山口央輝, 辰川英樹, 人見清隆  

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)42nd 巻   2019年

     詳細を見る

  4. マウス腎糸球体内で架橋される組織型トランスグルタミナーゼ基質候補タンパク質の網羅的解析

    伊藤辰将, 伊藤辰将, 辰川英樹, 山口央輝, 高橋和男, 人見清隆, 湯澤由紀夫  

    JSBMS Letters43 巻 ( Supplement ) 頁: 104 - 104   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医用マススペクトル学会  

    J-GLOBAL

  5. ISOZYME-SPECIFIC IDENTIFICATION AND CHARACTERIZATION OF SUBSTRATES CROSSLINKED BY TRANSGLUTAMINASES IN LIVER FIBROSIS

    Tatsukawa H, Nakagawa H, Hitomi K  

    ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH42 巻   頁: 33A-33A   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  6. Global identification and analysis of isozyme-specific substrates crosslinked by transglutaminases in mouse liver fibrosis

    Hideki Tatsukawa, Haruka Nakagawa, Hitomi Kiyotaka  

    HEPATOLOGY66 巻   頁: 222A - 222A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

▼全件表示

講演・口頭発表等 69

  1. Isozyme-Specific Global Identification and Analysis of Transglutaminase Substrates in Fibrotic Diseases 招待有り

    Hideki Tatsukawa

    Gordon Research Conference on Transglutaminases in Human Disease Processes  2018年6月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. Global identification and analysis of isozyme-specific substrates crosslinked by transglutaminase in mouse fibrosis model 招待有り 国際会議

    辰川 英樹

    生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017)  2017年12月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. Characterization of substrates crosslinked by transglutaminase in fibrotic diseases (2022年開催に延期) 招待有り

    Hideki Tatsukawa, Taishu Takeuchi, Yoshiki Shinoda, Kiyotaka Hitomi

    Gordon Research Conference on Transglutaminases in Human Disease Processes  2020年6月16日 

  4. トランスグルタミナーゼを介した組織線維化の分子メカニズムの解析 招待有り

    辰川 英樹, 篠田 祥希, 竹内 大修, 丹羽 優, 人見 清隆

    第93回日本生化学会大会 シンポジウム  2020年9月15日 

  5. Isozyme-specific identification and characterization of substrates crosslinked by transglutaminases in liver fibrosis 国際会議

    Hideki Tatsukawa, Kiyotaka Hitomi

    The 13th International Symposium on ALPD and Cirrhosis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. Isozyme-Specific Global Identification and Analysis of Transglutaminase Substrates in Fibrotic Diseases 招待有り 国際会議

    Hideki Tatsukawa

    Gordon Research Conference on Transglutaminases in Human Disease Processes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. Global identification and analysis of isozyme-specific substrates crosslinked by transglutaminase in mouse fibrosis model 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. Detections of Isozyme-specific activity and Substrate for Transglutaminase in Animal Models for Fibrotic Disease

    The 2nd Tokai Nephrology & Immunology Forum -Transglutaminases and Kidney Diseases-ase Processes - 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. Detections of isozyme-specific activity and substrate for transglutaminase in animal models for fibrotic disease 国際会議

    Tatsukawa H, Tani Y, Hitomi K

    Gordon reserch conference - Transglutaminases in Human Disease Processes - 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月 - 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  10. Crosslinking and Silencing of A Transcription Factor Sp1 by Transglutaminase during Liver Injury in ASH and NASH

    Tatsukawa H

    The 1st International Symposium on Latent TGF-β Activation Reaction -Development of Novel Diagnosis, Prevention, and Therapy Targeting TGF-β Activation Reaction 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. Trials to identify a target molecule of acyclic retinoid, suppressing recurrence of hepatocellular carcinoma 国際会議

    Tatsukawa H, Honda K, Kondoh Y, Dohmae N, Ishibashi N, Osada H and Kojima S

    RIKEN - Max Planck Joint Research Center for Systems Chemical Biology Kick Off Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 肝細胞癌再発抑制剤「非環式レチノイド」の作用標的分子同定の試み

    辰川 英樹,本田 香織,近藤 恭光,堂前 直,石橋 直人,長田 裕之,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第34回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. リン酸化RXRα特異抗体の作製および非環式レチノイドの標的分子同定の試み

    辰川 英樹,清水 雅仁,本田 香織,近藤 恭光,堂前 直,石橋 直人,長田 裕之,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第22回日本レチノイド研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 非環式レチノイドによる肝癌細胞死誘導機構の解析

    辰川 英樹,石橋 直人,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第70回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 非環式レチノイドによる肝細胞癌の細胞死で見られたトランスグルタミナーゼ核局在の新機構

    辰川 英樹,石橋 直人,森脇 久隆,小嶋 聡一

    日本消化器関連学会機構(JDDW2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. Analysis of nuclear localization of transglutaminase and screening of its inhibitors 国際会議

    Tatsukawa H, Yoshioka Y and Kojima S

    The 6th International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 肝臓癌細胞死に伴うタンパク質架橋結合酵素トランスグルタミナーゼ核局在の分子機構

    辰川 英樹,石橋 直人,小瀬 真吾,今本 尚子,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第84回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 非環式レチノイドによるタンパク架橋結合酵素を介した肝癌細胞死の誘導機構

    辰川 英樹,石橋 直人,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第18回肝細胞研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 非環式レチノイドによる肝癌細胞死誘導に伴うタンパク質架橋結合酵素トランスグルタミナーゼ核局在の分子機構解明

    辰川 英樹,石橋 直人,小瀬 真吾,今本 尚子,森脇 久隆,小嶋 聡一

    平成23年度日本生化学会関東支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 非環式レチノイドによる肝癌細胞死誘導機構 国際会議

    辰川 英樹,石橋 直人,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第33回日本分子生物学会年会&第83回日本生化学会大会(BMB2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 非環式レチノイドによる肝臓癌細胞死に寄与するトランスグルタミナーゼの核移行の解析

    辰川 英樹,石橋 直人,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第21回 日本レチノイド研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Novel apoptotic pathway via crosslinking enzyme, transglutaminase: Its discovery and regulation

    Tatsukawa H

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 非環式レチノイドによる肝細胞癌治療におけるリン酸化阻害作用と標的分子同定の試み

    辰川英樹,石橋 直人,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第14回日本がん分子標的治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Analysis of nuclear localization of transglutaminase and screening of its inhibitors regulating nuclear transglutaminase activity 国際会議

    Tatsukawa H, Kouyama M, Tsukamoto H, Kojima S

    Gordon Research Conference on Transglutaminase in Human Disease Processes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. アルコール vs 遊離脂肪酸による肝障害誘導機構の比較検討

    辰川 英樹,Kuo Ting-Fang,松浦 知和,塚本 秀和,小嶋 聡一

    第46回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 転写因子の架橋反応を標的とした肝障害の誘導機構とその制御

    辰川英樹,高山弥緒,松浦知和,塚本秀和,小嶋聡一

    第5回日本ケミカルバイオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Mechanism of liver injury (hepatocyte cell death) via crosslinking of a transcription factor

    Tatsukawa H, Kojima S

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. タンパク質の架橋反応が細胞死を招き、アルコール性肝障害に- アルコール性障害の肝臓で繰り広げられる新しい肝細胞死のメカニズムを発見

    辰川 英樹,小嶋聡一

    第22回理化学研究所と産業界との交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. Detection and regulation of alcoholic liver injury via controlling protein crosslinking enzyme, transglutaminase

    Tatsukawa H, Kouyama M, Matsuura T, Tsukamoto H, Kojima S

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. 転写因子の架橋反応を介する肝障害(肝細胞死)の誘導機構

    辰川 英樹,松浦知和,塚本秀和,小嶋聡一

    第32回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  31. Screening of novel compounds to prevent alcoholic liver injury targeting transglutaminase 国際会議

    Tatsukawa H, Kouyama M, Tsukamoto H, Kojima S

    The 4th International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. Novel Mechanism of Acyclic Retinoid-induced Apoptosis in Hepatocellular Carcinoma Cells - Dual Induction of Caspase 3- and Transglutaminase-dependent Apoptotic Pathways - 国際会議

    Tatsukawa H, Sano T, Ishibashi N, Okuno M, Moriwaki H and Kojima S

    The 60th Annual meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. “転写因子の架橋反応を標的とした肝障害(肝細胞死)の誘導機構とその制御

    辰川 英樹,高山 弥緒,松浦 知和,塚本 秀和,小嶋 聡一

    第82回日本生化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. 転写因子の架橋反応を標的とした肝障害(肝細胞死)の誘導機構とその制御

    辰川 英樹,小嶋 聡一

    第3回トランスグルタミナーゼ研究会&ポリアミン研究会 合同学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. 転写因子の架橋反応を標的とした肝障害(肝細胞死)の誘導機構とその制御

    第4回 トランスグルタミナーゼ研究会&日本ポリアミン学会合同学術集会

    辰川 英樹,小嶋 聡一 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. Screening of novel compounds to prevent alcoholic liver injury

    The 25th Naito Conference on Chemical Biology [II] 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. 非環式レチノイドによる肝癌細胞のアポトーシス誘導機構

    辰川 英樹,深谷 弥生,石橋 直人,佐野 哲朗,下門 顕太郎,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第45回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  38. Role of Transglutaminase 2 in Liver Injury via Crosslinking and Silencing of Transcription Factor, Sp1

    Tatsukawa H, Tsukamoto H, Shimokado K, Zern MA, Graham RM, Kojima S

    RIEKN 2009 JOINT RETREAT 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. 非環式レチノイドによる肝癌細胞のアポトーシス誘導に関する研究

    辰川 英樹,深谷 弥生,石橋 直人,佐野 哲朗,下門 顕太郎,森脇 久隆,小嶋 聡一

    BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 非環式レチノイドによる肝癌細胞のアポトーシス誘導機構

    辰川 英樹,深谷 弥生,石橋 直人,佐野 哲朗,下門 顕太郎,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第19回 日本レチノイド研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. A novel hepatic apoptosis pathway in the injured liver via crosslinking and inactivation of transcription factor, Sp1 by tissue transglutaminase 国際会議

    Tatsukawa H, Tsukamoto H, Shimokado K, Zern MA, Graham RM, Kojima S

    The 59th Annual meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. タンパク質架橋結合酵素トランスグルタミナーゼによるアポトーシス誘導の制御

    辰川 英樹、深谷 弥生、小嶋 聡一

    第1回理研ケミカルバイオロジー研究領域国際シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. 非環式レチノイドによる肝癌細胞死の誘導機構

    辰川 英樹,深谷 弥生,石橋 直人,佐野 哲朗,下門 顕太郎,森脇 久隆,小嶋 聡一

    第3回日本ケミカルバイオロジー研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. 肝癌細胞のアポトーシス誘導に伴うタンパク質架橋結合酵素の核移行

    辰川英樹,下門 顕太郎,辻本雅文,小嶋 聡一

    第4回ケミカルバイオロジーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. トランスグルタミナーゼを介したアポトーシス誘導機構

    辰川英樹,下門顕太郎,小嶋聡一

    第10回TGase研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 非環式レチノイドによる肝癌細胞死の分子機構

    辰川 英樹,深谷 弥生,石橋 直人,佐野 哲朗,下門 顕太郎,森脇 久隆,小嶋 聡一

    BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. 非環式レチノイドによる肝癌細胞死の誘導機構

    辰川英樹,深谷弥生,石橋直人,森脇 久隆,下門 顕太郎,小嶋聡一

    第18回 日本レチノイド研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Mechanism of a novel apoptotic pathway in the injured liver via crosslinking and inactivation of transcription factor, Sp1 国際会議

    Tatsukawa H, Shimokado K, Kojima S

    The 2nd International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. MOLECULAR MECHANISM FOR SUPPRESSION OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA BY ACYCLIC RETINOID 国際会議

    Tatsukawa H, Sano T, Ishibashi N, Shimokado K, Tsujimoto M, Kojima S

    9th International conference on transglutaminases and protein cross linking 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. タンパク質架橋酵素トランスグルタミナーゼを介する細胞死の制御

    辰川英樹,深谷弥生,小嶋聡一

    バイオアーキテクトシンポジウム2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. タンパク架橋結合酵素トランスグルタミナーゼを介した肝癌細胞死の誘導機構

    辰川英樹,深谷 弥生,佐野 哲朗,森脇 久隆,下門 顕太郎,小嶋 聡一

    日本レチノイド研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 転写因子の架橋不活性化反応における転写因子の特異性に関する研究

    辰川英樹,深谷弥生,鈴木健司,下門顕太郎,小嶋聡一

    第5回「ポリアミンと核酸の共進化」合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  53. タンパク質架橋酵素トランスグルタミナーゼを介した細胞死の制御

    辰川英樹,下門顕太郎,小嶋聡一

    第9回TGase研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. Analysis of mechanism of a novel apoptotic pathway via crosslinking and inactivation of the transcription factor, Sp1 国際会議

    Tatsukawa H,Shimokado K,Kojima S

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 非環式レチノイドによる核内トランスグルタミナーゼ誘導を介する肝癌細胞死

    辰川英樹,深谷 弥生,奥野 正隆,佐野 哲朗,森脇 久隆,下門 顕太郎,小嶋 聡一

    第1回 日本ケミカルバイオロジー研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. タンパク架橋結合酵素トランスグルタミナーゼを介する新規アポトーシス(グルネーシス)の検出

    辰川英樹,中野なおこ,下門顕太郎,小嶋聡一

    第78回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. 組織トランスグルタミナーゼを介したアポトーシス

    辰川英樹,小嶋聡一

    第1回 TGase研究会&ポリアミン研究会 合同学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  58. Novel apoptosis induced by a protein crosslinking enzyme, transglutaminase (Glunasis)

    Tatsukawa H

    RIKEN JOINT RETREAT 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. 架橋Sp1抗体を用いた新規アポトーシスの検出

    辰川英樹,深谷弥生,下門顕太郎,小嶋聡一

    第27回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. レチノイドによる血管新生の制御におけるトランスグルタミナーゼの役割 国際会議

    辰川英樹,深谷弥生,下門顕太郎,小嶋聡一

    第77回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. レチノイドによる血管新生の調節におけるトランスグルタミナーゼの役割

    辰川英樹,下門顕太郎,小嶋聡一

    第8回TGase研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. A Role of Transglutaminase in the Regulation of Angiogenesis by Retinoid 国際会議

    Tatsukawa H, Fukaya Y, Shimokado K, and Kojima S

    10th Int. International Society of Hematology, Asian-Pacific Division 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. トランスグルタミナーゼを介するアポトーシスの誘導

    辰川英樹,深谷弥生,奥野正隆,佐野哲朗,森脇久隆,下門顕太郎,小嶋聡一

    第3回「ポリアミンと核酸の共進化」合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  64. トランスグルタミナーゼを介する肝細胞死の分子機構

    辰川英樹,Mark A. Zern,下門顕太郎,小嶋聡一

    第19回バイオハイブリッド研究 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. アンチセンス高発現細胞株を用いたトランスグルタミナーゼ誘導を介する肝癌細胞死の証明

    辰川英樹,深谷弥生,奥野正隆,佐野哲朗,森脇久隆,下門顕太郎,小嶋聡一

    第26回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. トランスグルタミナーゼ誘導を介する肝癌細胞死の証明

    辰川英樹,深谷弥生,奥野正隆,佐野哲朗,森脇久隆,下門顕太郎,小嶋聡一

    辰川英樹,深谷弥生,奥野正隆,佐野哲朗,森脇久隆,下門顕太郎,小嶋聡一 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. A Role of Tissue Transglutaminase in Hepatocyte Apoptosis

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  68. トランスグルタミナーゼ誘導を介する肝癌細胞死の分子機構解析

    辰川英樹,奥野正隆,佐野哲郎,森脇久隆,下仲基之,小嶋聡一

    第25回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. Isozyme-specific identification and characterization of substrates crosslinked by transglutaminases in liver fibrosis

    Hideki Tatsukawa, Kiyotaka Hitomi

    The 13th International Symposium on ALPD and Cirrhosis  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. マクロファージの極性化を標的とした腎線維化の分子機構解明研究

    2021年8月 - 2022年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. タンパク質架橋酵素の新規活性検出プローブの作製と制御剤探索

    2021年 - 2022年

    酵素研究助成 奨励研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:600000円

  3. タンパク質架橋酵素の局在依存的な基質架橋部位の網羅的同定・定量法の開発

    2021年 - 2022年

    応用酵素助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  4. タンパク質架橋酵素を標的とした腎線維化の分子機構解明

    2020年8月 - 2021年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円

  5. マクロファージの極性化を制御するタンパク質架橋酵素の解析

    2020年 - 2021年

    応用酵素助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  6. 上皮細胞の形質転換におけるタンパク質架橋修飾反応の意義

    2019年 - 2020年

    研究助成 

    辰川英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

  7. 肝障害に伴い架橋されるサイトケラチンの機能および局在変化を介した疾患関連性の解析

    2018年 - 2019年

    応用酵素助成 

    辰川英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  8. 線維化組織に介在する架橋タンパク質群の網羅的同定・解析

    2016年5月 - 2017年5月

  9. 研究奨励ファンド

    2009年4月 - 2010年3月

▼全件表示

科研費 8

  1. 尿細管上皮の間葉転換を制御するタンパク質架橋修飾の役割

    2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    辰川 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 尿細管上皮の間葉転換を制御するタンパク質架橋修飾の役割

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    辰川 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 尿細管上皮の間葉転換を制御するタンパク質架橋修飾の役割

    研究課題/研究課題番号:19K08675  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    辰川 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    慢性腎臓病は日本国内で1,330万人(成人の8人に1人)が罹患する国民病である。慢性腎臓病が末期腎不全に至る共通の過程として線維化があり、線維化の程度は腎機能低下と相関する。腎線維化の直接の発症要因は筋線維芽細胞による細胞外基質の過剰産生であるが、近年この筋線維芽細胞の活性化に関わる炎症反応の起点として尿細管上皮細胞の上皮間葉転換(EMT)が重要視されている。申請者は最近、表皮型のタンパク質架橋酵素が腎尿細管上皮において活性化し、EMTに対して保護(抑制)的な作用を示すことを見出しており、これらの分子機構の解明を目的として研究を遂行する。
    腎線維化は細胞外基質が過剰蓄積し、組織の硬化に伴い腎機能が失われる疾患である。病態初期では、尿細管上皮細胞の細胞死および部分的な上皮間葉転換(EMT)の誘導が病態形成の起点として考えられている。これまでの研究により、皮膚型のタンパク質架橋酵素トランスグルタミナーゼ(TG1)が尿細管上皮細胞で顕著に活性化し、同酵素が細胞死や尿細管上皮細胞のEMTに関わることを見出した。これらの分子機構解明を目的として、本年度は以下の3つの点について実験を実施した。
    ① 尿細管上皮細胞株HK-2を播種し、TG1特異的なsiRNAを導入後にTGF-βもしくはH2O2処理を行い、EMTや細胞死の程度について検討した。TGF-β処理によりタイトジャンクション構成蛋白質のClaudin-1は有意に減少したが、TG1の発現抑制下ではその発現減少はより顕著に亢進した。TGF-β処理により発現増加するFibronectin やVimentinについては、TG1の発現抑制により発現量の抑制が見られた。一方、H2O2処理による細胞死誘導の程度は、TG1の発現抑制により低下した。
    ② TGF-βやH2O2処理したHK-2に架橋酵素のリジン残基側の基質であるビオチン標識一級アミンBPAを添加して、EMTや細胞死誘導時においてTG1活性により取り込まれるBPA修飾タンパク質の経時的な変化を検出した。期待していた処理時間依存的なBPA修飾タンパク質の顕著な増加は見られず、既報告の再現が得られなかった。
    ③昨年度作製したTG1f/fマウスをタモキシフェンにより制御可能なCreERT2もしくは尿細管特異的に発現するgGT-Creの変異マウスと掛け合わせを行い、両遺伝子変異マウスを作製した。タモキシフェン投与したTG1f/f:CreERT2マウスは予想に反して、投与後すぐに顕著な体重減少が確認され、1週間以内に死亡した。
    架橋酵素TG1の発現抑制はTGF-βによるE-cadherinおよびClaudin-1の発現低下を亢進し、尿細管上皮細胞の上皮としての性質を低下させ、EMTを促進することが分かったが、相反してTG1の発現抑制は上皮細胞でのFibronectin やVimentinの発現上昇を阻害し、EMTを抑制することが分かった。この作用はTG1の単独抑制では見られず、TGF-βのシグナル依存的な効果であることも併せて検証した。この矛盾はTGF-β処理下において、TG1が上皮細胞保護的な効果を示す一方、細胞外基質産生を介して障害を受けた上皮細胞の修復過程にも関わることを示唆している。ビオチン標識一級アミンBPAを添加した実験では、期待していた処理時間依存的なBPA修飾タンパク質の顕著な増加は見られず、既報告の再現が得られなかったが、この成果を考えて次年度は新たなアプローチでTG1の標的因子を探る。昨年度作製したTG1f/fマウスをさらに掛け合わせ、TG1f/f:CreERT2およびTG1f/f:gGT-Creマウスを作製し、TG1f/f:CreERT2については表現型解析まで進めたことから、当初の計画以上に実験が進展している。
    このことから全体の研究計画を鑑み、研究の進捗状況を「おおむね順調に進展している」と考えた。
    架橋酵素TG1の発現抑制により、なぜE-cadherinおよびClaudin-1の発現低下が誘導されるのか、その分子機構の解析を進める。また相反する現象としてFibronectin やVimentinの発現上昇を阻害することが分かり、これらの標的の上流のパスウェイについても調べていく。これに関する研究に関連して、肺の線維化に関わる上皮細胞では、別の架橋酵素アイソザイムのTG2の発現抑制は顕著にE-cadherinの発現を誘導することを見出している。TG2の発現抑制自体が、TG1の発現抑制を誘導する現象が見られたことから、このような他のアイソザイムの関連についても研究を進める。
    本年度に新たに作製したTG1f/f:CreERT2およびTG1f/f:gGT-Creマウスについて引き続き表現型解析を行う。タモキシフェン誘導性のTG1欠損マウス(TG1f/f:CreERT2)については、タモキシフェン投与1週間で死亡することから、投与量や投与方法を変えた検証を行うと共に、マウスが死亡する原因を探っていく。尿細管特異的TG1欠損マウス(TG1f/f:CreERT2)については、生理的な表現型解析を行うと共に、尿管結紮による腎線維化を誘導し、その線維化の程度について検証する。これにより、尿細管でのTG1欠損が腎線維化に及ぼす影響を解析できる。

  4. 組織線維化に寄与する架橋修飾因子の網羅的解析および線維化抑制剤の開発

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    辰川英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 組織線維化に寄与する架橋修飾因子の網羅的解析および線維化抑制剤の開発

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    辰川英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 組織線維化に寄与する架橋修飾因子の網羅的解析および線維化抑制剤の開発

    研究課題/研究課題番号:16K09353  2016年4月 - 2019年3月

    辰川 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では肝線維化への関与は報告されているが、作用機序の詳細が明らかでなかったタンパク質架橋酵素トランスグルタミナーゼによる翻訳後修飾反応に焦点を当てた。架橋酵素のファミリー間でのアイソザイム特異的な活性の検出や網羅的な基質タンパク質の同定を経て、作用機序の解明の足掛かりとなる架橋活性の分布や候補基質タンパク質の同定及び性状解析に関する情報を提供することが出来た。さらに架橋酵素の阻害剤を用いて動物モデルにおける肝線維化の病態抑制効果を明らかにした。
    これらの結果は、病態進展の機序に直接関与する可能性のある薬剤標的タンパク質選択の礎となり、今後の肝疾患の新たな診断、治療、予防法の開発に貢献できる。
    多くの疾患は単に発現したタンパク質量の変化により引き起こされるものではなく、多くの翻訳後修飾反応を含む様々な制御因子の破綻によって誘導される。本研究では、タンパク質間にイソペプチド結合を形成することによりタンパク質の機能を変化させる翻訳後修飾反応の一つに着目し、この反応が肝硬変のような臓器が硬化する慢性疾患で見られることを明らかにした。またこの修飾反応の阻害は上記の慢性疾患を緩和することも明らかにした。これらの結果は今後の同疾患の新たな予防・治療法の開発に繋がることが期待される。

  7. タンパク質架橋化酵素を標的とした肝線維化の病態機序の解明および制御法の開発

    2014年4月 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    辰川英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 非環式レチノイドによる肝臓癌特異的細胞死の経路解析に基づく新規抗癌剤の開発

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    辰川英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 応用生命科学科実験実習

    2020

     詳細を見る

    農学部応用生命科学科実験実習の中の細胞生物学実習(10日間)を担当する。
    G30学生対応のための英語による実習講義を含む

  2. 応用生命科学科実験実習

    2016

  3. 創薬生物科学実験

    2016

  4. 多分野融合実践演習

    2016

  5. 創薬生物科学セミナーⅠB

    2016

  6. 創薬生物科学セミナーⅠA

    2016

  7. 多分野融合実践実習

    2016

  8. 情報リテラシー入門

    2014

▼全件表示

 

メディア報道 3

  1. 特発性肺線維症(IPF)発症メカニズ ムの⼀端を解明 インターネットメディア

    難病・希少疾患 情報サイト RareS. (レアズ)  2021年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 特発性肺線維症、病態発症メカニズムの⼀端を明らかに-名⼤ インターネットメディア

    医療ニュース QLifePro  2021年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. 肺線維症の分子標的の探索法開発および同定に成功 ~架橋修飾反応が関わる特発性肺線維症の発症機構の解明~

    名古屋大学プレスリリース  2021年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人