2022/04/11 更新

写真a

ハヤシ ユミ
林 由美
HAYASHI Yumi
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2012年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む  / DOHaD

  2. ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / 妊娠期低栄養

  3. ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / メタボロミクス

経歴 2

  1. 名古屋大学   高等研究院   若手新分野創成研究ユニット・フロンティア

    2018年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   高等研究院   若手新分野創成研究ユニット 助教

    2014年12月 - 2018年3月

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   健康社会医学専攻

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科   医科学専攻

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

受賞 2

  1. Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2016 Best Poster Award

    2016年9月   Royal Society of Chemistry   Intact metabolome analysis of mice biological tissues by probe electrospray ionization-tandem mass spectrometry (PESI-MS/MS) and its application to real-time analysis

    Yumi Hayashi, Kei Zaitsu, Tasuku Murata, Hiroki Nakajima, Maiko Kusano, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii, Tetsuya Ishikawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 若手優秀ポスター賞

    2015年9月   日本医用マススペクトル学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 43

  1. Association of self-reported moderate vegetable juice intake with small decline in kidney function in a five-year prospective study

    Fujii Ryosuke, Kondo Takaaki, Tsukamoto Mineko, Kawai Sayo, Sasakabe Tae, Naito Mariko, Kubo Yoko, Okada Rieko, Tamura Takashi, Hishida Asahi, Ueyama Jun, Hayashi Yumi, Ohnishi Joji, Hamajima Nobuyuki, Takeuchi Kenji, Wakai Kenji

    NUTRITION   84 巻   頁: 111114   2021年4月

     詳細を見る

  2. RECiQ: A Rapid and Easy Method for Determining Cyanide Intoxication by Cyanide and 2-Aminothiazoline-4-carboxylic Acid Quantification in the Human Blood Using Probe Electrospray Ionization Tandem Mass Spectrometry

    Hisatsune Kazuaki, Murata Tasuku, Ogata Koretsugu, Hida Minemasa, Ishii Akira, Tsuchihashi Hitoshi, Hayashi Yumi, Zaitsu Kei

    ACS OMEGA   5 巻 ( 36 ) 頁: 23351 - 23357   2020年9月

     詳細を見る

  3. A preliminary study of rapid-fire high-throughput metabolite analysis using nano-flow injection/Q-TOFMS

    Taki Kentaro, Noda Saki, Hayashi Yumi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira, Zaitsu Kei

    ANALYTICAL AND BIOANALYTICAL CHEMISTRY   412 巻 ( 17 ) 頁: 4127 - 4134   2020年7月

     詳細を見る

  4. Short-term high-fat diet intake leads to exacerbation of concanavalin A-induced liver injury through the induction of procoagulation state

    Nanizawa Eri, Tamaki Yuki, Sono Reika, Miyashita Rintaro, Hayashi Yumi, Kanbe Ayumu, Ito Hiroyasu, Ishikawa Tetsuya

    BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS REPORTS   22 巻   頁: 100736   2020年7月

     詳細を見る

  5. In utero exposure to di(2-ethylhexyl)phthalate suppresses blood glucose and leptin levels in the offspring of wild-type mice

    Hayashi Yumi, Ito Yuki, Naito Hisao, Tamada Hazuki, Yamagishi Nozomi, Kondo Takaaki, Ishikawa Tetsuya, Gonzalez Frank J., Nakajima Tamie

    TOXICOLOGY   415 巻   頁: 49 - 55   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tox.2019.01.008

    Web of Science

    PubMed

  6. Intact metabolite profiling of mouse brain by probe electrospray ionization/triple quadrupole tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its potential use for local distribution analysis of the brain (vol 983, pg 160, 2017)

    Hayashi Yumi, Zaitsu Kei, Murata Tasuku, Ohara Tomomi, Moreau Stephane, Kusano Maiko, Tanihata Hiroshi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira, Ishikawa Tetsuya

    ANALYTICA CHIMICA ACTA   1031 巻   頁: 196 - 196   2018年11月

     詳細を見る

  7. Metabolome analysis of the serotonin syndrome rat model: Abnormal muscular contraction is related to metabolic alterations and hyper-thermogenesis

    Zaitsu Kei, Noda Saki, Iguchi Akira, Hayashi Yumi, Ohara Tomomi, Kimura Yuya, Koketsu Yuta, Kosaki Tomoko, Kusano Maiko, Sato Takako, Ishikawa Tetsuya, Tsuchihashi Hitoshi, Suzuki Koichi, Ishii Akira

    LIFE SCIENCES   207 巻   頁: 550-561   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2018.06.031

    Web of Science

    PubMed

  8. In Vivo Real-Time Monitoring System Using Probe Electrospray Ionization/Tandem Mass Spectrometry for Metabolites in Mouse Brain

    Zaitsu Kei, Hayashi Yumi, Murata Tasuku, Yokota Kazumi, Ohara Tomomi, Kusano Maiko, Tsuchihashi Hitoshi, Ishikawa Tetsuya, Ishii Akira, Ogata Koretsugu, Tanihata Hiroshi

    ANALYTICAL CHEMISTRY   90 巻 ( 7 ) 頁: 4695-4701   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.7b05291

    Web of Science

    PubMed

  9. Bile acid detoxifying enzymes limit susceptibility to liver fibrosis in female SHRSP5/Dmcr rats fed with a high-fat-cholesterol diet

    Yetti Husna, Naito Hisao, Yuan Yuan, Jia Xiaofang, Hayashi Yumi, Tamada Hazuki, Kitamori Kazuya, Ikeda Katsumi, Yamori Yukio, Nakajima Tamie

    PLOS ONE   13 巻 ( 2 ) 頁: e0192863   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0192863

    Web of Science

    PubMed

  10. Fatal intoxication by 5F-ADB and diphenidine: Detection, quantification, and investigation of their main metabolic pathways in humans by LC/MS/MS and LC/Q-TOFMS

    Kusano Maiko, Zaitsu Kei, Taki Kentaro, Hisatsune Kazuaki, Nakajima Jun'ichi, Moriyasu Takako, Asano Tomomi, Hayashi Yumi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira

    DRUG TESTING AND ANALYSIS   10 巻 ( 2 ) 頁: 284-293   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dta.2215

    Web of Science

    PubMed

  11. Intact metabolite profiling of mouse brain by probe electrospray ionization/triple quadrupole tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its potential use for local distribution analysis of the brain

    Hayashi Yumi, Zaitsu Kei, Murata Tasuku, Ohara Tomomi, Moreau Stephane, Kusano Maiko, Tanihata Hiroshi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira, Ishikawa Tetsuya

    ANALYTICA CHIMICA ACTA   983 巻   頁: 160-165   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aca.2017.06.047

    Web of Science

    PubMed

  12. Intact metabolite profiling of mouse brain by probe electrospray ionization/triple quadrupole tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its potential use for local distribution analysis of the brain. 査読有り

    HAYASHI Yumi, ZAITSU Kei, MURATA Tasuku, OHARA Tomomi, MOREAU Stéphane, KUSANO Maiko, TANIHATA Hiroshi, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira, ISHIKAWA Tetsuya.

    Anal Chim Acta   983 巻   頁: 160-165   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Fatal intoxication by 5F-ADB and diphenidine: Detection, quantification, and investigation of their main metabolic pathways in humans by LC/MS/MS and LC/Q-TOFMS 査読有り

    KUSANO Maiko, ZAITSU Kei, TAKI Kentaro, HISATSUNE Kazuaki, NAKAJIMA Jun'ichi, MORIYASU Takako, ASANO Tomomi, HAYASHI Yumi, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira.

    Drug Test Anal     頁: 1-10   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Immunomodulatory Effects of Adipose Tissue-Derived Stem Cells on Concanavalin A-Induced Acute Liver Injury in Mice.

    Yoshizumi Y, Yukawa H, Iwaki R, Fujinaka S, Kanou A, Kanou Y, Yamada T, Nakagawa S, Ohara T, Nakagiri K, Ogihara Y, Tsutsui Y, Hayashi Y, Ishigami M, Baba Y, Ishikawa T

    Cell medicine   9 巻 ( 1-2 ) 頁: 21-33   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/215517916X693159

    PubMed

  15. Immunomodulatory Effects of Adipose Tissue-Derived Stem Cells on Concanavalin A-Induced Acute Liver Injury in Mice. 査読有り

    YOSHIZUMI Yasuma, YUKAWA Hiroshi, IWAKI Ryoji, FUJINAKA Sanae, KANOU Ayano, KANOU Yuki, YAMADA Tatsuya, NAKAGAWA Shingo, OHARA Tomomi, NAKAGIRI Kenta, OGIHARA Yusuke, TSUTSUI Yoko, HAYASHI Yumi, ISHIGAMI Masatoshi, BABA Yoshinobu, ISHIKAWA Tetsuya

    Cell Medicine   9 巻 ( 1-2 ) 頁: 21-33   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Importance of detoxifying enzymes in differentiating fibrotic development between SHRSP5/Dmcr and SHRSP rats. 査読有り

    NAITO Hisao, JIA Xiaofang, YETTI Husna, YANAGIBA Yukie, TAMADA Hazuki, KITAMORI Kazuya, HAYASHI Yumi, WANG Dong, KATO Masashi, ISHII Akira, NAKAJIMA Tamie.

    Environmental Health and Preventive Medicine     頁: in press   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12199-016-0539-x

  17. Development of a mass spectrometric hydroxyl-position determination method for the hydroxyindole metabolites of JWH-018 by GC-MS/MS. 査読有り

    KUSANO Maiko, ZAITSU Kei, YAMANAKA Mayumi, HISATSUNE Kazuaki, ASANO Tomomi, TAKI Kentaro, HAYASHI Yumi, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira.

    Journal of mass spectrometry   51 巻 ( 5 ) 頁: 350-357   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jms.3761.

  18. Intact Endogenous Metabolite Analysis of Mice Liver by Probe Electrospray Ionization/Triple Quadrupole Tandem Mass Spectrometry and Its Preliminary Application to in Vivo Real-Time Analysis 査読有り

    ZAITSU Kei, HAYASHI Yumi, MURATA Tasuku, OHARA Tomomi, NAKAGIRI Kenta, KUSANO Maiko, NAKAJIMA Hiroki, NAKAJIMA Tamie, ISHIKAWA Tetsuya, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira

    Analytical Chemistry   88 巻 ( 7 ) 頁: 3556-3561   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.5b04046

  19. Malondialdehyde induces autophagy dysfunction and VEGF secretion in the retinal pigment epithelium in age-related macular degeneration 査読有り

    Fuxiang Ye, Hiroki Kaneko, Yumi Hayashi, Kei Takayama; Shiang-Jyi Hwang; Yuji Nishizawa, Reona Kimoto, Yosuke Nagasaka, Taichi Tsunekawa, Toshiyuki Matsuura, Tsutomu Yasukawa, Takaaki Kondo, Hiroko Terasaki

    Free Radical Biology & Medicine     頁: im press   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Nanoparticle-rich diesel exhaust-induced liver damage via inhibited transactivation of peroxisome proliferator-activated receptor alpha. 査読有り

    ITO Yuki, YANAGIBA Yukie, RAMDHAN Doni Hikmat, HAYASHI Yumi, LI Yufei, SUZUKI Akira K, KAMIJIMA Michihiro, NAKAJIMA Tamie

    Environ Toxicol     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tox.22199

  21. High-resolution mass spectrometric determination of the synthetic cannabinoids MAM-2201, AM-2201, AM-2232, and their metabolites in postmortem plasma and urine by LC/Q-TOFMS. 査読有り

    ZAITSU Kei, NAKAYAMA Hiroshi, YAMANAKA Mayumi, HISATSUNE Kazuaki, TAKI Kentaro, ASANO Tomomi, KAMATA Tooru, KATAGAI Munehiro, HAYASHI Yumi, KUSANO Maiko, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira.

    Int J Legal Med   129 巻 ( 6 ) 頁: 1233-1245   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Prenatal maternal blood triglyceride and fatty acid levels in relation to exposure to di(2-ethylhexyl)phthalate: a cross-sectional study.

    JIA Xiaofang, HARADA Yukiko, TAGAWA Masahiro, NAITO Hisao, HAYASHI Yumi, YETTI Husna, KATO Masashi, SASAKI Seiko, ARAKI Atsuko, MIYASHITA Chihiro, IKENO Tamiko, KISHI Reiko, NAKAJIMA Tamie.

    Environ Health Prev Med.   3 巻   頁: 168-178   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Metabolome disruption of the rat cerebrum induced by the acute toxic effects of the synthetic cannabinoid MAM-2201. 査読有り

    ZAITSU Kei, HAYASHI Yumi SUZUKI Kei, NAKAYAMA Hiroshi, HATTORI Nanpei, TAKAHARA Rina, KUSANO Maiko, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira.

    Life Sci.   137 巻   頁: 49-55   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Prenatal Exposure to Di(2-ethylhexyl) phthalate and Subsequent Infant and Child Health Effects. 査読有り

    NAKAJIMA Tamie, HAYASHI Yumi, ITO Yuki

    Food Safety   3 巻 ( 3 ) 頁: 70-83   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Association of maternal whole blood fatty acid status during the prenatal period with term birth dimensions: a cross-sectional study. 査読有り

    JIA Xiaofang, TAGAWA Masahiro, YATSUYA Hiroshi, NAITO Hisao, HAYASHI Yumi, YETTI Husna, SASAKI Seiko, ARAKI Atsuko, MIYASHITA Chihiro, IKENO Tamiko, KISHI Reiko, NAKAJIMA Tamie.

    J Perinat Med.   43 巻 ( 5 ) 頁: 565-575   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Peroxisome proliferator-activated receptor α mediates di-(2-ethylhexyl) phthalate transgenerational repression of ovarian Esr1 expression in female mice 査読有り

    Michihiro Kawano, Xian-Yang Qin, Midori Yoshida, Tomokazu Fukuda, Hiroko Nansai, Yumi Hayashi, Tamie Nakajima, Hideko Sone

    Toxicology Letters   228 巻 ( 3 ) 頁: 235-240   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Novel positively charged nanoparticle labeling for in vivo imaging of adipose tissue-derived stem cells.

    YUKAWA Hiroshi, NAKAGAWA Shingo, YOSHIZUMI Yasuma, WATANABE Masaki, SAITO Hiroaki, MIYAMOTO Yoshitaka, NOGUCHI Hirofumi, OISHI Koichi, ONO Kenji, SAWADA Makoto, KATO Ichiro, ONOSHIMA Daisuke, OBAYASHI Momoko, HAYASHI Yumi, KAJI Noritada, ISHIKAWA Tetsuya, HAYASHI Shuji, BABA Yoshinobu.

    PLoS One.   9 巻 ( 11 ) 頁: e110142   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 胎生期フタル酸ジ-2-エチルヘキシル曝露による次世代影響―可塑剤が引き起こす次世代影響の原因― 査読有り

    林 由美、伊藤 由起、那須 民江

    日本衛生学雑誌   69 巻 ( 2 ) 頁: 86-91   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  29. A revised method for determination of dialkylphosphate levels in human urine by solid-phase extraction and liquid chromatography with tandem mass spectrometry: application to human urine samples from Japanese children.

    UEYAMA Jun, SAITO Isao, TAKAISHI Ayuko, NOMURA Hiroshi, INOUE Mai, OSAKA Aya, SUGIURA Yuka, HAYASHI Yumi, WAKUSAWA Shinya, OGI Hiroko, INUZUKA Kimio, KAMIJIMA Michihiro, KONDO Takaaki.

    Environ Health Prev Med.   19 巻 ( 6 ) 頁: 405-413   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Species and inter-individual differences in metabolic capacity of di(2-ethylhexyl)phthalate (DEHP) between human and mouse livers. 査読有り

    Ito Y, Kamijima M, Hasegawa C, Tagawa M, Kawai T, Miyake M, Hayashi Y, Naito H, Nakajima T.

    Environmental Health and Preventive Medicine     2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12199-013-0362-6

  31. High-fat-cholesterol diet-induced mainly necrosis in fibrotic steatohepatitis rats by suppressing caspase activity. 査読有り

    Yetti H, Naito H, Jia X, Shindo M, Taki H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T

    Life Sciences   93 巻 ( 18-19 ) 頁: 673-680   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2013.09.013

  32. Dysregulated bile acid synthesis, metabolism and excretion in a high fat-cholesterol diet-induced fibrotic steatohepatitis in rats. 査読有り

    Jia X, Naito H, Yetti H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Wang D, Yanagiba Y, Wang J, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T

    Digestive Diseases and Sciences   58 巻 ( 8 ) 頁: 2212-2222   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-013-2747-1.

  33. Exposure to DEHP decreased four fatty acid levels in plasma of prepartum mice. 査読有り

    Nakashima R, Hayashi Y, Md K, Jia X, Wang D, Naito H, Ito Y, Kamijima M, Gonzalez FJ, Nakajima T

    Toxicology     2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tox.2013.04.010.

  34. Effect of nanoparticle-rich diesel exhaust on testicular and hippocampus steroidogenesis in male rats.

    Yamagishi N, Ito Y, Ramdhan DH, Yanagiba Y, Hayashi Y, Wang D, Li CM, Taneda S, Suzuki AK, Taya K, Watanabe G, Kamijima M, Nakajima T.

    Inhal Toxicol   24 巻 ( 8 ) 頁: 459-467   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Differences in metabolite burden of di(2-ethylhexyl)phthalate in pregnant and postpartum dams and their offspring in relation to drug-metabolizing enzymes in mice.

    Hayashi Y, Ito Y, Yanagiba Y, Kamijima M, Naito H, Nakajima T.

    Arch Toxicol   86 巻 ( 4 ) 頁: 563-569   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. The modulation of hepatic adenosine triphosphate and inflammation by eicosapentaenoic acid during severe fibrotic progression in the SHRSP5/Dmcr rat model.

    Jia X, Naito H, Yetti H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Yamagishi N, Wang D, Yanagiba Y, Ito Y, Wang J, Tanaka N, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T.

    Life Sci   90 巻 ( 23-24 ) 頁: 934-943   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Modulation of ammonium perfluorooctanoate-induced hepatic damage by genetically different PPARα in mice

    Nakagawa T, Ramdhan DH, Tanaka N, Naito H, Tamada H, Ito Y, Li Y, Hayashi Y, Yamagishi N, Yanagiba Y, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.

    Arch Toxicol   86 巻 ( 1 ) 頁: 63-74   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 胎生期フタル酸ジ-2-エチルヘキシル曝露による低栄養環境と生活習慣病

    林 由美, 伊藤 由起, 那須 民江

    日本衛生学雑誌   67 巻 ( 1 ) 頁: 22-25   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Ammonium perfluorooctanoate may cause testosterone reduction by adversely affecting testis in relation to PPARα.

    Nakagawa T, Ramdhan DH, Tanaka N, Naito H, Tamada H, Ito Y, Li Y, Hayashi Y, Yamagishi N, Yanagiba Y, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.

    Toxicol Lett   205 巻 ( 3 ) 頁: 265-272   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Hepatic peroxisome proliferator-activated receptor α may have an important role in the toxic effects of di(2-ethylhexyl)phthalate on offspring of mice

    Hayashi Y, Ito Y, Yamagishi N, Yanagiba Y, Tamada H, Wang D, Ramdhan DH, Naito H, Harada Y, Kamijima M, Gonzales FJ, Nakajima T.

    Toxicology   289 巻 ( 1 ) 頁: 1-10   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Differential response to trichloroethylene-induced hepatosteatosis in wild-type and PPARalpha-humanized mice

    Ramdhan DH, Kamijima M, Wang D, Ito Y, Naito H, Yanagiba Y, Hayashi Y, Tanaka N, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.

    Environ Health   118 巻 ( 11 ) 頁: 1557-1563   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Microgram-order ammonium perfluorooctanoate may activate mouse peroxisome proliferator-activated receptor alpha, but not human PPARalpha

    Nakamura T, Ito Y, Yanagiba Y, Ramdhan DH, Kono Y, Naito H, Hayashi Y, Li Y, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.

    Toxicology   265 巻 ( 1-2 ) 頁: 27-33   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Nanoparticle-rich diesel exhaust may disrupt testosterone biosynthesis and metabolism via growth hormone 査読有り

    Ramdhan DH, Ito Y, Yanagiba Y, Yamagishi N, Hayashi Y, Li C, Taneda S, Suzuki AK, Watanabe G, Taya K, Kamijima M, Nakajima T

    Toxicol Lett   191 巻 ( 2-3 ) 頁: 103-108   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. DEHP-induced reproductive and developmental toxicity and PPARα. In Biphenol A and Phthalates: Uses, Health Effects and Environmental Risks. DEHP-induced reproductive and developmental toxicity and PPARα

    Ito Y, Hayashi Y, Nakajima T.( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 32

  1. 非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 発症・進展に食事性胆汁酸が与える影響

    北森一哉、木村藍、飛田博史、佐藤秀一、林由美、石川哲也、土倉覚、池田克巳、家森幸男、内藤久雄、那須民江

    第53回高血圧関連疾患モデル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  2. PESI/MS/MSを用いたインタクト・メタボローム分析法の構築

    1. 林由美、 財津桂、 村田匡、大原倫美、近藤健太、石川哲也、土橋均、石井晃、緒方是嗣、谷畑博司

    第11回メタボローム・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. Rapid-fire direct metabolome analysis by probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry: its preclinical applications to validate the methods. 国際会議

    Yumi Hayashi, Kei Zaitsu, Tasuku Murata, Tomomi Ohara, Kenta Kondo, Maiko Kusano, Koretsugu Ogata, Hitoshi Tsuchihashi, Hiroshi Tanihata, Akira Ishii, Tetsuya Ishikawa

    The 4th Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab(MSACL 2017 EU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  4. Development of an in vivo real-time monitoring system using probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its preliminary applications 国際会議

    Kei Zaitsu, Yumi Hayashi, Tasuku Murata, Tomomi Ohara, Stéphane Moreau, Maiko Kusano, Hiroki Nakajima, Hiroshi Tanihata, Hioshi Tsuchihashi, Tetsuya Ishikawa, Akira Ishii

    65th Conference of American Society for Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  5. High-throughput Intact Metabolome Analysis of Mouse Biological Specimens by Probe Electrospray Ionization/Tandem Mass Spectrometry (PESI/MS/MS) 国際会議

    Yumi Hayashi, Kei Zaitsu, Tasuku Murata, Shiono Baba, Tomomi Ohara, Stéphane Moreau, Maiko Kusano, Hiroki Nakajima, Hiroshi Tanihata, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii, Tetsuya Ishikawa

    65th Conference of American Society for Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  6. メタボロミクスによる妊娠期DEHP曝露における胎児低生存率の解析

    3. 林由美、財津桂、名仁澤英里、平野文香、大原倫美、野田 沙樹、石井晃、伊藤由起、那須民江、石川哲也

    第87回日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Direct drug analysis in serum by probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry and its preliminary application to a real-time metabolism study 国際会議

    The 9th Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab(MSACL 2017 US) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  8. nano-flow injectionESI/Q-TOFMSによる迅速メタボローム分析法の検討

    瀧健太朗、財津桂、林由美、浅野友美、草野麻衣子、土橋均、石井晃

    第41回日本医用マススペクトル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県産業労働センター(ウインク愛知)   国名:日本国  

  9. Application of intact metabolome analysis by probe electrospray ionization (PESI)/MS/MS to local distribution analysis and in vivo real-time monitoring 国際会議

    HAYASHI Yumi, ZAITSU Kei, MURATA Tasuku, NAKAJIMA Hiroki, KUSANO Maiko, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira, ISHIKAWA Tetsuya.

    The 3rd Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab(MSACL 2016 EU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Salzburg Congress Center, Salzburg, Austria   国名:オーストリア共和国  

  10. Real-time monitoring of glutamic acid in mouse brain by direct coupling of microdialysis to tandem mass spectrometry with the newly developed on-line desalting system 国際会議

    ZAITSU Kei, HAYASHI Yumi, KANAYAMA Hiroaki, TAKAGI Ryosuke, NODA Saki, KUSANO Maiko, MINOHATA Toshikazu, AZUMA Jun-ichi, KANAYAMA Nobuhiro, ISHIKAWA Tetsuya, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira.

    The 3rd Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab(MSACL 2016 EU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Salzburg Congress Center, Salzburg, Austria   国名:オーストリア共和国  

  11. Intact metabolome analysis of mice biological tissues by probe electrospray ionization-tandem mass spectrometry (PESI-MS/MS) and its application to real-time analysis 国際会議

    HAYASHI Yumi, ZAITSU Kei, MURATA Tasuku, NAKAJIMA Hiroki, KUSANO Maiko, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira, ISHIKAWA Tetsuya.

    Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2016  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Chiba   国名:日本国  

  12. 脂質メディエーターとメタボローム解析よるPPARαノックアウトマウスを用いたコカイン誘発性肝障害の解析

    4. 篠田諭、林由美、財津桂、酒井佑一郎、山中麻由美、那須民江、石川哲也、吉本高士、草野麻衣子、石井晃

    第43回 日本毒性学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. Development of a Hydroxyl-Position Determining Method for theMetabolites of Naphthoylindole-type Synthetic Cannabinoids by GC/MS/MS. 国際会議

    KUSANO Maiko, ZAITSU Kei, YAMANAKA Mayumi, HISATSUNE Kazuaki, ASANO Tomomi, TAKI Kentaro, HAYASHI Yumi, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira.

    Society pf Forensic Toxicologists(SOFT) 2015 ANNUAL MEETING 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  14. 探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析(PESI/MS/MS)によるマウス肝臓内のメタボローム直接分析法(インタクト・メタボローム分析法)の構築

    林 由美、財津 桂、 村田 匡、大原倫美、中切健太、草野麻衣子、那須民江、中島宏樹、石川哲也、土橋 均、石井 晃

    第40回日本医用マススペクトル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡県浜松市・アクトシティ浜松   国名:日本国  

  15. セロトニン症候群モデルラットの脳および血漿メタボローム解析

    財津 桂、林 由美、木村 友哉、纐纈 雄太、小崎 朋子、山中 麻友美、草野 麻衣子、土橋 均、石井 晃

    第42回日本毒性学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月 - 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:石川県金沢市   国名:日本国  

  16. Intact Metabolome Analysis of Mice Liver by Probe Electrospray Ionization-Tandem Mass Spectrometry (PESI-MS/MS) 国際会議

    HAYASHI Yumi, ZAITSU Kei, MURATA Tasuku, NAKAJIMA Hiroki, NAKAJIMA Tamie, TSUCHIHASHI Hitoshi, ISHII Akira, ISHIKAWA Tetsuya.

    63rd American Society for Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月 - 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  17. 胎生期DEHP曝露がグルコースとレプチンに与える影響

    林由美、伊藤由起、那須民江

    第85回日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山県和歌山市・和歌山県民文化会館   国名:日本国  

  18. フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)による精巣発達毒性にPPARαは関与しない

    伊藤 由起、 林 由美、 岡本 あずさ、 上島 通浩、 那須 民江

    第85回日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:和歌山県和歌山市・和歌山県民文化会館   国名:日本国  

  19. 血圧が高脂肪食摂取による肝線維化進展に影響を与えるかもしれない

    内藤 久雄、賈 小芳、Yetti Husna、北森 一哉、林 由美、 加藤 昌志、 那須 民江

    第85回日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山県和歌山市・和歌山県民文化会館   国名:日本国  

  20. 合成カンナビノイドMAM2201を投与したラットの血漿メタボローム解析

    服部南平、財津 桂、林 由美、中山 浩、鈴木 圭、高原里奈、草野麻衣子、土橋 均、石井 晃

    第39回日本医用マススペクトル学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  21. 合成カンナビノイドMAM2201投与ラットの大脳メタボローム解析

    鈴木 圭、財津 桂、林 由美、中山 浩、服部南平、高原里奈、草野麻衣子、土橋 均、石井 晃

    第39回日本医用マススペクトル学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  22. フタル酸ジ-2-エチルヘキシル曝露による胎生期・発達期毒性

    林 由美、伊藤 由起、那須 民江

    第41回日本毒性学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  23. 合成カンナビノイドMAM2201のラット尿中代謝物の分析

    久恒一晃、 財津 桂、中山 浩、林 由美、松本 智寛、石場  厚、肥田 宗政、土橋 均、石井 晃

    日本法中毒学会第33年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  24. Exposure to DEHP in the pregnant mice may suppress the amount of food intakes of offspring in the development stage 国際会議

    Yumi Hayashi, Yuki Ito, Hisao Naito, Takaaki Kondo, Michihiro Kamijima, Tamie Nakajima

    The XIII International Congress of Toxicology (ICT 2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月 - 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 胎生期フタル酸ジ-2-エチルヘキシル曝露による低栄養と生活習慣病および脳への影響

    林由美、伊藤由起、近藤高明、上島通浩、那須民江

    日本DOHaD研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都新宿区   国名:日本国  

  26. 胎生期フタル酸ジ-2-エチルヘキシル曝露がレプチンに及ぼす影響

    林由美、伊藤由起、内藤久雄、近藤高明、上島通浩、那須民江

    環境ホルモン学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都文京区   国名:日本国  

  27. 妊娠期DEHP曝露による母獣の血漿中トリグリセライド減少メカニズム

    林由美、山岸希、伊藤由起、内藤久雄、那須民江

    日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 妊娠マウスのDEHP曝露はPPARαを介して胎仔・新生仔の生存に影響を与える

    林由美、伊藤由起、王棟、柳場由絵、山岸希、玉田葉月、ラムダンドニヒクマット、内藤久雄、那須民江

    産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Di (2-ethyhexy) phthalate may cause reproductive and developmental toxicity through PPARα 国際会議

    Hayashi Y,Ito Y,Nakajima T.

    International Congress of Toxicology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. 胎生期DEHP曝露による低栄養と生活習慣病リスクとの関連

    林由美、伊藤由起、柳場由絵、王棟、山岸希、賈小芳、内藤久雄、那須民江

    日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 核内受容体PPARαによるフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの生殖・次世代影響の制御

    林由美、伊藤由起、玉田葉月、山岸希、柳場由絵、王棟、上島通浩、那須民江

    日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月 - 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. ディーゼル排気ナノ粒子曝露の肝臓への影響とそのメカニズム

    林由美、伊藤由起、ラムダンドニヒクマット、堀心一、李宇飛、柳場由絵、李春梅、種田晋二、鈴木明、上島通浩、那須民江

    日本衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 10

  1. 細胞移植をベースとする肝再生治療モデルの確立と免疫拒絶回避のための新規治療の開発

    研究課題/研究課題番号:21K07959  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石川 哲也, 林 由美, 伊藤 弘康

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    肝臓は再生医療の主要な対象臓器であり、iPS細胞、体性幹細胞を分化させた肝様細胞の他、肝細胞そのものを用いた移植医療が検討されている。しかし、細胞移植による肝再生医療を実現するには、肝不全など、移植対象疾患の肝内環境を再現したモデルでの基礎的検討が必須である。本研究では、正常な免疫系を有する肝細胞キメラマウス作製系を用いて移植細胞の生着、増殖過程をモニタリングし、移植後の肝再生、免疫拒絶の機序の解明し、拒絶回避のための治療法を検討する。また、肝線維化などの肝内環境が移植効率に与える影響も評価する。これにより、肝再生医療として実臨床への応用が可能な細胞をベースとした治療モデルの確立を試みる。

  2. 新規質量分析PESI/MS/MSによる簡便・迅速な作物のメタボローム解析法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K20372  2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(開拓)

    白武 勝裕, 財津 桂, 林 由美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は,生物の代謝物を,生きたまま,非破壊で,抽出や前処理などの操作一切無しに,1検体わずか数秒で解析できる新しい質量分析装置「探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析装置(PESI/MS/MS)」を,植物のメタボローム解析(代謝物の一斉解析)に初めて導入し,植物学研究,農作物研究,農業関連産業において有効な分析装置であることを示し,その実証例を提示することを目的としている.
    [1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げた.3年目(2020年度)は,2年目(2019年度)から継続の3および5と6の実施を計画したが,新型コロナウイルスの影響を受け,3と5については計画した一部の実験の実施に留まり,6については実施できなかった.
    3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング:当初計画した,光のON-OFFにより動く光合成関連一次代謝経路(カルビン回路)の代謝物の測定を試みたが,上手く代謝物変化を捉えることができなかった.これは,代謝反応が速く(瞬間的な代謝物の蓄積量が少なく)上手く測定できないことが原因だと考えられる.そのため,4年目(2021年度)は,病原菌の感染により変化する二次代謝物のリアルタイム・モニタリングを試みる.
    5,植物ホルモンの定量:2年目(2019年度)にPESI/MS/MSで検出できることが確認できたGA3について,GA3標品を用いて検量線の作成を試み,検量線の作成に成功した.しかしながら,実試料(イチゴの葉)を用いた測定でGA3を検出ができなかった.これは,試料に含まれる夾雑成分のマトリクス効果あるいはGA3の濃度の低さによるものと考えられる.今後 GA3含量が多い植物試料における測定を実施すると共に,他の植物ホルモンの分析を実施する.
    また,PESI/MS/MS による質量分析からデータ解析までを全自動で一気貫通で行うプラットフォームPiTMaPを開発した.このPiTMaPは動物の代謝物測定用に開発したものであるが,植物の代謝物測定においても質量分析からデータ解析までを全自動することは重要であり,今後PiTMaPを植物の代謝物測定にも応用して行く.
    当初計画では,[1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げた.1年目(2018年度)は当初計画通り1と2を実施し,完了した.2年目(2019年度)は,当初計画では3と4を実施予定であったが,これを変更して4と5を実施し,3年目(2020年度)に3と6を実施するように,計画を変更した.
    2年目(2019年度)に[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング]は完了することができたが,[5,植物ホルモンの定量]については実験が遅れ,3年目(2020年度)に継続実施することとした.3年目(2020年度)は,新型コロナウイルスの影響を大きく受け,[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング]と[5,植物ホルモンの定量]については一部の実験を実施するに留まり,[6,農作物の残留農薬の分析]については実施ができなかったため,研究期間を延長し,4年目(2021年度)に実施することとした.現在,新型コロナウイルスの影響を受けながらも,通常レベルに近い実験の実施可能となっており,残った実験を2021年度中に完了したい.
    当初計画では,[1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げた.1年目(2018年度)と2年目(2019年度)において1,2,4を完了し,3年目(2020年度)に3,5,6を実施する予定であったが,新型コロナウイルスの影響を大きく受け実験を完了できなかったたため,研究期間を延長し,4年目(2021年度)に実施する.
    [3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング]については,光合成関連一次代謝経路の代謝物の測定を試みたが,代謝反応が速く(瞬間的な代謝物の蓄積量が少なく)上手く測定できない可能性が考えられたため,4年目(2021年度)は,病原菌の感染により変化する二次代謝物のリアルタイム・モニタリングを試みる.[5,植物ホルモンの定量]については,GA3標品を用いた検量線の作成に成功したが,実試料(イチゴの葉)を用いた測定でGA3を検出ができなかった.これは,試料に含まれる夾雑成分のマトリクス効果あるいはGA3の濃度の低さによるものと考えられ,GA3含量が多い試料を用いた測定を実施する.また,ジベレリン類以外の植物ホルモン(オーキシン類,サイトカイニン類,アブシジン酸,ブラシノステロイド類,ジャスモン酸類,サリチル酸,ストリゴラクトン類など)についても測定を試みる.

  3. 肝臓X受容体を介した非アルコール性脂肪性肝炎と心臓血管疾患をつなぐ臓器連関の解明

    研究課題/研究課題番号:18K10993  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡辺 彰吾, 林 由美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)では、肝臓が担う脂質や糖などの栄養代謝の異常を介して、動脈硬化を悪化させ、心臓や血管にまで重篤な悪影響を及ぼす。本研究では、肝臓疾患であるNASHと心臓・血管疾患をつなぐ「臓器連関」を解明し、効果的な先制的治療法を見出すため、肝臓や血管などに発現している肝臓X受 容体(LXR)に着目した。このLXR活性は一度形成されたアテローム性脂肪沈着巣からコレステロールを引き抜き、動脈硬化を退縮させる革新的な効果が期待されて いるが、脂質合成系遺伝子(SREBP1c)も誘導して、肝臓の脂質沈着をさらに悪化させる欠点がある。本研究では、この欠点を克服するため、目的1:胆汁酸による SREBP1c活性の抑制効果と目的2:SREBP1cを活性させないLXR活性の新規リガンド候補であるウアバゲニンの効用について、申請者らが所有する特殊なNASH-心筋 梗塞発症モデル(SHRSP5/Dmcrラット)を使用して検討する。2018年度は、本研究で使用しているSHRSP5ラットの胆汁酸基礎代謝について調べ、血中および肝臓中 の胆汁酸上昇にともなって、肝線維化、動脈の脂質沈着、心筋梗塞が悪化することを証明し、Int J Exp pathに掲載された。2019年度は、予定通り、東北大学よ りウアバゲニンの提供を受け、NASHにおける肝臓線維化、動脈における脂質沈着が改善された。2020年度では、さらなる条件検討、ウアバゲニンの構造類似体であるジゴキシゲニン、ジギトキシゲニンなどの投与を行い、ウアバゲニンの有用性を確認できた。本結果は現在、海外ジャーナルへ投稿予定である。
    当初の研究仮説と概ね同様の実験結果が得られ、研究計画を変更する必要はないため。
    当初の予定を早め、LXRの新規リガンドの候補であるウアバゲニンを投与し、そのリガンド活性がSREBP1cを活性化させず、動脈硬化や心筋梗塞を改善し、かつ肝臓の脂肪蓄積を悪化させないことを確認できたが、すでに形成されたアテローム動脈硬化巣を退縮させるか否かは、詳細な検討が必要であった。昨年度は実際に重篤な動脈硬化を起こした状態でのウアバゲニン投与を試みて、脂質沈着の退縮が認められた。今年度はこれまでの研究成果を海外ジャーナルに投稿し、追加実験に備える。

  4. 重水素標識標準品を用いた体液中自然毒の精密分析及び診断用マルチマーカーの探索

    研究課題/研究課題番号:18H03064  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    石井 晃, 高橋 秀依, 林 由美, 財津 桂, 妹尾 洋, 小川 匡之, 草野 麻衣子, 名取 雄人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、薬毒物中毒において、未だ診断が困難な自然毒について、重水素標識自然毒を用いた分析を用い、より精密な同定・定量法を確立することである。今回、自然毒の分析に適した重水素標識自然毒は得られなかったものの、液体クロマトグラフ-四重極飛行時間型タンデム質量分析計を用い、56種類の自然毒を同定するスクリーニングシステムを開発し、実際の中毒事例にも応用した。また、迅速固相抽出法とQTrapによる超高感度質量分析法を組み合わせることにより、12種類の植物毒を血清中から高感度に分析する方法も開発した。この方法も実際の中毒例に応用されることが期待される。
    自然毒中毒は、事故、自殺、他殺のいずれにおいても原因物質となり得るため、法医学的に重要な物質である。しかし、これら化合物は複雑な構造を有し、極めて低い濃度で作用を発現するものも多いため、ヒト試料からの同定、定量は困難であることが多い。同様に、救急医療などの分野においても、これら自然毒の診断は重要であるものの、上記の理由により診断はしばしば困難である。今回、我々は、56種類の自然毒のスクリーニングシステム及び、12種類の植物毒の迅速高感度分析法を開発した。これらの分析法は、法医学のみならず、救急医学や環境医学等、幅広い分野に応用可能であり、学術的、社会的な意義は大きい。

  5. リアルタイム・メタボローム計測と時系列多変量解析による薬物急性中毒発現機序の解析

    研究課題/研究課題番号:18K10122  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    財津 桂, 林 由美, 井口 亮

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、研究代表者・財津が開発したメタボロームのリアルタイム計測手法の改良と解析手法の開発を行った。リアルタイム計測では、対象成分数を拡張するための分析条件を見出し、40成分のメタボロームをリアルタイムで計測することに成功した。また、リアルタイム計測から得られた時系列多変量データを効率的に解析することが可能なデータパイプラインを、統計解析言語Rを用いて開発した。さらに時系列データにおける自己相関を考慮し、ベイズ統計モデリングを用いた状態空間モデルによる解析手法も開発した。最終的に生きたマウスに本手法を適用し、その実用性を確認した。
    本研究は生体内のメタボロームの変化を生きたマウスから直接検出する手法ならびに時系列データ解析を行う手法を開発したものである。生きたマウスのダイナミクスを直接観察する技術の開発は極めて独自性が高い。さらに、本研究で開発した時系列データ解析は、従来のマイクロダイアリシスなどを用いた細胞外神経伝達物質の挙動を理解するためにも応用可能であるため、学術的にも高い意義を有している。今後、本手法を脳疾患、特に認知症モデルマウスや精神疾患モデルマウスなどに応用することで、従来のアプローチとは異なる知見を得ることができると期待される。

  6. 子供の低体温発症原因探索-妊娠期低栄養と熱産生の関連-

    研究課題/研究課題番号:16K19271  2016年4月 - 2018年3月

    林 由美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では、妊娠期低栄養環境に曝露された子供の体温や、行動、エネルギー代謝について観察するため、メタボローム解析技術の構築および低体温モデルマウス作成を試みた。GC/MS/MSおよび探針エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(PESI/MS/MS)を用いて、肝臓や筋肉、脳内におけるメタボローム解析手法を構築した。モデルマウスについては、妊娠期に摂食制限を行い、モデル作成を試みた。摂食制限期間が10日以上では出産が認められず、5日間の制限においては出産は認められたものの、離乳時の体温はコントロール群と同程度であった。従って、低体温モデルマウスの作成方法について引き続き検討する。

  7. 最新質量分析計による体液中危険ドラッグの検出・同定法の開発及び学際的検討

    研究課題/研究課題番号:15H02530  2015年4月 - 2018年3月

    石井 晃

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、最新の質量分析装置及び通常の質量分析計を結合し、合成カンナビノイドを含む危険ドラッグの超高感度・特異的分析法と、簡易で包括的なスクリーニング方法を開発することである。
    我々は高速液体クロマトグラフ-四重極飛行時間型質量分析計(LC-QTOFMS)を用い、ヒト血漿中合成カンナビノイド及びこれら代謝物の高感度・特異的分析法を開発した。このほか、5-fluoro-ADB(5-F-ADB)とdiphenidine中毒例について、初めて血液中からの5-F-ADBの検出に成功し、代謝経路の同定も行った。現在、5-F-ADBの臓器分布の差異とカルボキシエステラーゼとの関連性を検討中である。

  8. 胎生期DEHP曝露による慢性炎症を基盤とした生活習慣病進展メカニズム

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 胎生期DEHP曝露による仔の栄養状態と海馬・視床下部に及ぼす影響

    2012年10月 - 2014年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. DEHP胎生期曝露に招来される低栄養を特徴づける遺伝子変化と生活習慣病リスク

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 質量分析装置及び該装置を用いた生体試料の分析方法

     詳細を見る

    出願番号:201680083219.X  出願日:2016年3月

    特許番号/登録番号:ZL201680083219.X  登録日:2021年2月