2021/03/22 更新

写真a

スギモト マサユキ
杉本 昌之
SUGIMOTO Masayuki
所属
医学部附属病院 血管外科 病院講師
職名
病院講師
外部リンク

学位 1

  1. 医学博士 ( 2008年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. Vascular biology

  2. Surgery

  3. Endovascular

  4. Vascular

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 血管外科

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 心臓血管外科学会

 

論文 33

  1. The association between perioperative embolization of hypogastric arteries and type II endoleaks after endovascular aortic aneurysm repair

    Meshii K.

    Journal of Vascular Surgery   73 巻 ( 1 ) 頁: 99 - 107   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2020.04.505

    Web of Science

    Scopus

  2. Low-density vulnerable thrombus/plaque volume on preoperative computed tomography predicts for spinal cord ischemia after endovascular repair for thoracic aortic aneurysm

    Banno H.

    Journal of Vascular Surgery     2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2020.09.026

    Scopus

  3. Endovenous Laser Ablation with and Without Concomitant Phlebectomy for the Treatment of Varicose Veins: A Retrospective Analysis of 954 Limbs

    Kawai Y.

    Annals of Vascular Surgery   66 巻   頁: 344 - 350   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2019.12.025

    Web of Science

    Scopus

  4. Clinical Comparison Between Early and Late Spontaneous Sac Shrinkage After Endovascular Aortic Aneurysm Repair

    Sugimoto Masayuki, Ikeda Shuta, Kawai Yohei, Tsuruoka Takuya, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   72 巻 ( 1 ) 頁: E188 - E189   2020年7月

     詳細を見る

  5. Suprarenal fixation is associated with worse midterm renal function after endovascular abdominal aortic aneurysm repair compared with infrarenal fixation

    Banno H.

    Journal of Vascular Surgery   71 巻 ( 2 ) 頁: 450 - 456   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2019.03.061

    Web of Science

    Scopus

  6. Long-Term Effectiveness of a Drug-Eluting Stent for Femoropopliteal In-Stent Restenosis: Subanalysis of the Zilver PTX Japan Post-Market Surveillance Study

    Sugimoto M.

    Journal of Endovascular Therapy     2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Endovascular Therapy  

    DOI: 10.1177/1526602820966708

    Scopus

  7. Proximal Bare Stent May Reduce Bird-Beak Configuration, Which is Associated with Distal Migration of Stent Graft in the Aortic Arch

    Banno H.

    Annals of Vascular Surgery   56 巻   頁: 108 - 113   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2018.08.081

    Web of Science

    Scopus

  8. Effect of intraoperative division of the left renal vein on the fate of renal function and left renal volume after open repair of para-and juxtarenal aortic aneurysm

    Sugimoto M.

    Circulation Journal   83 巻 ( 9 ) 頁: 1844 - 1850   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Circulation Journal  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0383

    Web of Science

    Scopus

  9. Three cases of dorsal metatarsal artery bypass in patients with Buerger disease

    Kodama A.

    Journal of Vascular Surgery Cases and Innovative Techniques   4 巻 ( 3 ) 頁: 185 - 188   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery Cases and Innovative Techniques  

    DOI: 10.1016/j.jvscit.2018.03.011

    Web of Science

    Scopus

  10. Anatomical Suitability of the GORE EXCLUDER Iliac Branch Endoprosthesis in Japanese Patients with Common Iliac Aneurysms Treated by Standard EXCLUDER Endografts

    Sugimoto M.

    Annals of Vascular Surgery   50 巻   頁: 179 - 185   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2017.11.071

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Long-term fate of renal function after open surgery for juxtarenal and pararenal aortic aneurysm

    Sugimoto M.

    Journal of Vascular Surgery   67 巻 ( 4 ) 頁: 1042 - 1050   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2017.07.121

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Impact of renal arterial morphology on fluoroscopy time in chimney endovascular aneurysm repair

    Sugimoto M.

    Vascular   25 巻 ( 5 ) 頁: 514 - 519   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Vascular  

    DOI: 10.1177/1708538117700765

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Postmarket Clinical Experience with the INCRAFT AAA Stent Graft System for Challenging Access Routes

    Sugimoto M.

    Annals of Vascular Surgery   40 巻   頁: 120 - 127   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2016.07.073

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. The impact of inflow treatment for claudicants with both aortoiliac and femoropopliteal occlusive disease

    Maekawa T.

    Surgery Today   47 巻 ( 3 ) 頁: 293 - 300   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1399-0

    Web of Science

    Scopus

  15. The Relationship between Temporal Changes in Proximal Neck Angulation and Stent-Graft Migration after Endovascular Abdominal Aortic Aneurysm Repair

    Tokunaga S.

    Annals of Vascular Surgery   39 巻   頁: 119 - 127   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2016.05.128

    Web of Science

    Scopus

  16. Long-term Comparison of Endovascular and Open Repair of Abdominal Aortic Aneurysms: Retrospective Analysis of Matched Cohorts with Propensity Score

    Sugimoto M.

    Annals of Vascular Surgery   43 巻   頁: 96 - 103   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2017.01.011

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Postoperative outcomes of hybrid repair in the treatment of aortic arch aneurysms

    Narita H.

    Annals of Vascular Surgery   34 巻   頁: 55 - 61   2016年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.avsg.2015.11.041

    Web of Science

    Scopus

  18. Tortuosity is the Significant Predictive Factor for Renal Branch Occlusion after Branched Endovascular Aortic Aneurysm Repair

    Sugimoto M.

    European Journal of Vascular and Endovascular Surgery   51 巻 ( 3 ) 頁: 350 - 357   2016年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Vascular and Endovascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.ejvs.2015.09.013

    Web of Science

    Scopus

  19. Buerger’s disease (thromboangiitis obliterans)

    Sugimoto M.

    Systemic Vasculitides: Current Status and Perspectives     頁: 361 - 376   2016年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Systemic Vasculitides: Current Status and Perspectives  

    DOI: 10.1007/978-3-319-40136-2_31

    Scopus

  20. Relationship between the distal migration and length of the distal landing zone after endovascular aneurysm repair (EVAR)

    Ihara T.

    Surgery Today   46 巻 ( 1 ) 頁: 56 - 61   2016年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-014-1100-4

    Web of Science

    Scopus

  21. Validation of patient selection for endovascular aneurysm repair or open repair of abdominal aortic aneurysm: Single-center study

    Yamamoto K.

    Circulation Journal   79 巻 ( 8 ) 頁: 1699 - 1705   2015年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Circulation Journal  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-14-1160

    Web of Science

    Scopus

  22. Risk factors for spinal cord ischemia after endovascular repair of thoracoabdominal aortic aneurysms

    Bisdas T.

    Journal of Vascular Surgery   61 巻 ( 6 ) 頁: 1408 - 1416   2015年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2015.01.044

    Web of Science

    Scopus

  23. The fate of ischemic limbs in patients with Buerger’s disease based on our 30-year experience: does smoking have a definitive impact on the late loss of limbs?

    Sugimoto M.

    Surgery Today   45 巻 ( 4 ) 頁: 466 - 470   2015年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-014-0904-6

    Web of Science

    Scopus

  24. Metformin stimulates ischemia-induced revascularization through an eNOS dependent pathway in the ischemic hindlimb mice model

    Takahashi N.

    Journal of Vascular Surgery   61 巻 ( 2 ) 頁: 489 - 496   2015年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Vascular Surgery  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2013.09.061

    Web of Science

    Scopus

  25. Endarteritis obliterans in the pathogenesis of buerger’s disease from the pathological and immunohistochemical points of view

    Kobayashi M.

    Circulation Journal   78 巻 ( 12 ) 頁: 2819 - 2826   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Circulation Journal  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-14-0656

    Web of Science

    Scopus

  26. Quality of life and the venous function of the lower limb after harvest of autologous external iliac vein grafts: A clinical follow-up study

    Kaneoka Y.

    Surgery Today   43 巻 ( 11 ) 頁: 1254 - 1260   2013年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-012-0406-3

    Web of Science

    Scopus

  27. Mycotic aneurysm of the tibioperoneal trunk which precipitated acute compartment syndrome: Report of a case

    Sugimoto M.

    Surgery Today   42 巻 ( 10 ) 頁: 1001 - 1004   2012年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-012-0175-z

    Web of Science

    Scopus

  28. Surgical experience of 13 infected infrarenal aortoiliac aneurysms: Preoperative control of septic condition determines early outcome

    Sugimoto Masayuki, Banno Hiroshi, Idetsu Akihito, Matsushita Masahiro, Ikezawa Teruo, Komori Kimihiro

    SURGERY   149 巻 ( 5 ) 頁: 699 - 704   2011年5月

  29. Therapeutic approach against intimal hyperplasia of vein grafts through endothelial nitric oxide synthase/nitric oxide (eNOS/NO) and the Rho/Rho-kinase pathway

    Sugimoto Masayuki, Yamanouchi Dai, Komori Kimihiro

    SURGERY TODAY   39 巻 ( 6 ) 頁: 459 - 465   2009年6月

  30. Rho-kinase phosphorylates PAR-3 and disrupts PAR complex formation

    Nakayama Masanori, Goto Takaaki M., Sugimoto Masayuki, Nishimura Takashi, Shinagawa Takafumi, Ohno Sigeo, Amano Mutsuki, Kaibuchi Kozo

    DEVELOPMENTAL CELL   14 巻 ( 2 ) 頁: 205 - 215   2008年2月

  31. Rho-kinase phosphorylates eNOS at threonine 495 in endothelial cells

    Sugimoto Masayuki, Nakayama Masanori, Goto Takaaki M., Amano Mutsuki, Komori Kimihiro, Kaibuchi Kozo

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   361 巻 ( 2 ) 頁: 462 - 467   2007年9月

  32. Identification of Par3asa novel substrate of Rho-kinase

    Nakayama M, Nishimura T, Sugimoto M, Goto T, Ohno S, Amano M, Kaibuchi K

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   100 巻   頁: 182P - 182P   2006年

     詳細を見る

  33. Hydrophilic statin suppresses vein graft intimal hyperplasia via endothelial cell-tropic Rho-kinase inhibition

    Yamanouchi D, Banno H, Nakayama M, Sugimoto M, Fujita H, Kobayashi M, Kuwano H, Komori K

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   42 巻 ( 4 ) 頁: 757 - 764   2005年10月

▼全件表示

科研費 9

  1. 亜鉛をターゲットとした閉塞性動脈硬化症に対する新しい治療戦略

    研究課題/研究課題番号:20K09123  2020年4月 - 2023年3月

    古森 公浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    亜鉛は生命体における必須ミネラルで、近年亜鉛欠乏と動脈硬化との関連が報告されている。また我々は重症下肢虚血における下肢バイパス術の臨床的検討において亜鉛欠乏群では、正常群に比べバイパス開存率・救肢率・Amputation free survaival・創傷治癒率は不良であることを世界で初めて報告した。亜鉛欠乏と血管内膜肥厚および下肢虚血作成後の血管新生反応に及ぼす影響についての検討は、これまでになされていない。本研究の目的は、亜鉛欠乏モデルに関して検討し閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する新規治療戦略を提唱することにある。

  2. Xa阻害剤をターゲットとした新しい血管病治療の探索研究

    研究課題/研究課題番号:18K08728  2018年4月 - 2021年3月

    坂野 比呂志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    In vitro マウスの腹水由来マクロファージをTNF-αで刺激し、Edoxabanのみ(30μM、3μM、0.3μM、投与なし)を添加し、RNAを抽出、qPCRを用いて遺伝子発現解析を行った。次に同様のマクロファージを使用し、TNF-αで刺激後、FXaとEdoxabanを添加し、同様に遺伝子発現解析を行った。In vivo ApolipoproteinE-/-マウスにアンギオテンシンⅡを持続皮下注しマウス動脈瘤モデルとして使用した。生食群、Edoxaban 投与群に分類し、動脈瘤形成の予防効果につき検討を行った。生食群、Edoxaban 投与群(0.2mg/kg/day、2mg/kg/day、20mg/kg/day)に分類した。7、14、21、28日目に超音波検査にて大動脈瘤径の計測を行い、28日目に屠殺し大動脈瘤径を計測した。
    結果:In vitro FXaを不添加の場合4種類の濃度の間で有意差は認めなかった。FXa添加の場合TNF-αで3μMと0.3μMの間以外でより濃度が濃い群で有意に遺伝子発現が高かった。IL-1bでは全群間で濃度が濃い群に有意に遺伝子発現が高かった。IL-6では0.3μMと投与なし、3μMと投与なしの間で濃度が濃い群に有意に遺伝子発現が高かった。Cathepsin Kでは3μMと投与なし、3μMと0.3μMで濃度が濃い群に有意に遺伝子発現が高かった。Cathepsin Sでは0.3μMと投与なし、3μMと投与なしの間で濃度が濃い群に有意に遺伝子発現が高かった。その他はグループ間に有意差は認めなかった。In vivo 副作用思われるものとして全濃度で肛門出血を認めた。大動脈瘤径は群間で有意差は認めなかった。生食群に比べ20mg/kg/day Edoxavan群でやや小さくなっている傾向は認めたが、有意ではなかった。(p=0.123)。
    In vitro、及びIn vivoにおいて今回の実験では、Edoxavan投与でマクロファージに対する抗炎症効果は確認できず、また動脈瘤抑制、予防効果も明らかではなかった。
    前回アピキサバン、今回エドキザバンによる動脈瘤形成抑制、予防効果は確認できなかったが、現在いくつかのXa阻害剤がすでに臨床応用されている。今後は同様のモデルを使用して、他のXa阻害剤による動脈瘤形成抑制、予防効果を検討していく。さらにXa阻害剤には多面的な血管保護作用が期待される。特にASOをはじめとした動脈硬化性疾患は、マクロファージを中心とした慢性炎症を基盤として発症する。最近の研究から、複数の凝固因子が血栓形成のみならず、さまざまな細胞に発現するプロテアーゼ活性化受容体(PAR)を介して、炎症反応にも関与することが知られている。なかでも、PARのサブタイプPAR-2が慢性炎症に強く関与する可能性が示唆されている。PAR-2の主要なリガンドの一つであるFXaを直接的に阻害するリバーロキサバンなどのXa阻害剤は、抗凝固作用による血栓塞栓症の抑制のみならず、急性冠症候群患者における心血管イベント抑制にも有用であることが示されている。実際に動脈硬化モデルApo-E欠損マウスでは、FXaの作用受容体であるPAR-1、PAR-2の発現亢進を認め、FXa阻害薬であるリバーロキサバンの投与により、同モデルの動脈硬化の形成やプラークの不安定化が抑制され、大動脈の炎症性メディエーターの発現が減少した。動脈瘤以外の他の血管病に対するXa阻害剤の効果検討として、我々がすでにモデルを確立した静脈グラフト内膜肥厚やステント再狭窄の抑制効果を検討していく。また同様に下肢虚血モデルにおける血管新生能についても検討していく。

  3. 活性型ビタミンD投与による大動脈瘤形成抑制効果の検討

    研究課題/研究課題番号:17K10753  2017年4月 - 2020年3月

    新美 清章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    calsitriol投与でMCP-1の遺伝子発現抑制を示せた一方で、エラスチンを主成分とする弾性繊維などの細胞外マトリックスの分解を促進するMMP-9や炎症メディエーターのIL-1bとMMP-9では遺伝子発現を促進する結果となり、calcitriolのマクロファージに対する抗炎症効果は確認できず、活性型ビタミンDの動脈瘤抑制効果は認めなかった。一方、モデルの過程で、ぜんそく治療薬であるモンテルカストでのマウスの実験で動脈瘤抑制効果を認めた。
    今回当初目的としたcalsitriolが大動脈瘤の原因となる炎症メディエータの抑制効果を示せなかったが、研究の過程で腹部大動脈瘤モデルマウスの確立(イソフルレンにて麻酔したマウスの皮下に浸透圧ポンプを植え込み、アンギオテンシンⅡを1000ng/kg/minの容量で28日間投与)、さらに喘息治療薬であるロイコトリエン拮抗薬のモンテルカストで大動脈瘤抑制効果をマウスで確認できたことは今後の動脈瘤治療への1つの方向性を示すことができ、またマウスの動脈瘤モデル作製に精通したことより、今後の研究に生かせる意義がある。

  4. EDHFをターゲットとした新しい血管病の探索研究―血管内膜肥厚とEDHFの関連―

    研究課題/研究課題番号:17H04290  2017年4月 - 2020年3月

    古森 公浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    内皮細胞はNitric Oxide(NO)と内皮由来過分極因子(EDHF)を介して平滑筋を弛緩させることが知られている。静脈グラフトではNOとEDHFの反応がともに障害され高度な内膜肥厚を来すことを我々は既に報告している。今回の研究は異常血流動脈グラフトと正常血流動脈グラフトにおけるNOとEDHFの機能変化を比較した最初の研究である。正常血流グラフトではEDHFは低下しNOの産生が増強する。一方、異常血流グラフトではNOは低下する傾向にあり、EDHFの反応も低下していると考えられた。
    今回の結果より内皮由来過分極因子(EDHF)と血管内膜肥厚との関連が示唆され、EDHFをターゲットとした新しい治療戦略への発展が期待される。EDHFとグラフト内膜肥厚への関与、さらにはステント再狭窄との関連の研究は、閉塞性動脈硬化症だけではなく虚血性心血管病患者の晩期障害となる自家静脈、自家動脈グラフトの狭窄・閉塞、ステント再狭窄の病態解明を企図するもので、EDHFをターゲットとした新たな心血管病治療の可能性示唆し臨床的にも有用な結果であると思われた。

  5. 大動脈形態の3D画像解析によるステントグラフト長期予後規定因子の分析

    研究課題/研究課題番号:16K10657  2016年4月 - 2019年3月

    杉本 昌之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    3Dワークステーション(Aquarius; TeraRecon)を用いてステントグラフト治療を施行した腹部大動脈(瘤)の形態を術前から術後長期まで経時的に三次元的計測・定量化し、長期予後を含めた臨床データと併せて統計学的解析を行った。結果、1)海外の大規模研究と比較した我々の患者群の特徴を明らかにした、2)術前・術後の形態学的データと長期臨床成績との関連を解析し、ステントグラフト留置術後の瘤縮小に寄与する因子を明らかにするなど、複数の統計学的に有意な予後規定因子を明らかにした。とくにendoleakの発生とそれによる治療後の瘤径拡大に関連する予測因子に関して新たな知見が得られた。
    腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術の日本導入から十年以上が経過し、従来の人工血管置換術と並ぶ第一選択の治療として認知されている。我々の施設においても患者の60%がステントグラフトによって治療され、症例数が急速に増加する一方、長期的にはendoleakなどのグラフト関連合併症の発生が問題化している。我々の研究結果は、腹部大動脈瘤の形態学的計測とその解析を術前に行うことでステントグラフト関連合併症の発生を予測し、必要に応じた早期に適切な再治療を行う(場合によっては初回手術において開腹人工血管置換術を選択する)ことでステントグラフト治療の適応の適正化と長期成績の改善に寄与するものと考える。

  6. アディポサイトカインをターゲットとした大動脈瘤形成抑制効果の検討

    研究課題/研究課題番号:25462160  2013年4月 - 2016年3月

    徳永 晴策

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腹部大動脈瘤は動脈硬化が原因で発症すると考えられているが、その機序は不明である。我々は、動脈瘤形成とインスリン抵抗性との関連について基礎的検討を行った。マウス腹部大動脈瘤モデル作成を確立し、インスリン抵抗性改善作用薬 PPAR-ガンマagonistが動脈瘤抑制効果を有することを見出した。さらにPPAR-ガンマ agonistが、アディポネクチン濃度を増加させた。アディポネクチン遺伝子欠損マウス (APN-KO)に動脈瘤モデルを作成したところ、APN-KOマウスの動脈瘤径は、野生型マウスと同程度であった。その動脈瘤抑制効果は、アディポネクチン非依存性であると考えられた。

  7. 血管内膜肥厚の成因とその制御-EDHFをターゲットとした新しい探索研究-

    研究課題/研究課題番号:25293295  2013年4月 - 2016年3月

    古森 公浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、自家動脈グラフト血管内膜肥厚と EDHF (Endoyhelim - derived hyperpolarizing factor : 内皮由来過分極因子)との関連を検討し、新たな血管病治療戦略を探索することにある。
    静脈グラフトでは、内皮依存性弛緩反応と EDHFの反応がともに障害されるのに対し、動脈グラフトでは静脈グラフトと異なり内皮依存性弛緩反応が増大することがわかった。その機序として、動脈グラフトの EDHFの反応は低下するが、一方で NOの機能が亢進することで弛緩反応が増強すると考えられた。このグラフト内皮機能の違いが動脈グラフトの良好な開存の要因のひとつと考えられた。

  8. PPARsをターゲットとした血管内膜肥厚抑制

    研究課題/研究課題番号:24591873  2012年4月 - 2015年3月

    杉本 昌之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    血管内膜肥厚による再狭窄は、遠隔成績向上の障害となっている。本研究ではPPARα agonistであるfibrateの内膜肥厚抑制効果を検討する。一方で、DPP-4阻害薬の内膜肥厚抑制効果についても検討した。
    【PPARαのagonistであるfibrateの内膜肥厚抑制効果】ウサギモデルの作成、薬剤投与まで試みたがfibrateの内膜肥厚抑制効果までの結果は得られなかった。
    【他の薬剤の内膜肥厚抑制効果】DPP-4阻害薬(Vilda)は、GLP-1依存性および非依存性の抗動脈硬化作用を有する。VildaはGLP-1濃度を上昇させ,血糖非依存的にウサギ自家静脈グラフトの内膜肥厚を抑制した。

  9. 糖尿病治療薬をターゲットとした新しい血管病治療の探索研究

    研究課題/研究課題番号:24659586  2012年4月 - 2014年3月

    古森 公浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    【目的】マウス下肢虚血モデルを用いて2型糖尿病治療薬であるメトフォルミン投与による血管新生効果を検討した。【方法】野生型マウスとeNOS遺伝子欠損マウスを、メトフォルミン投与群(M群)と非投与群(C群)に分類し下肢虚血モデルを作製【結果】野生型マウスM群で有意に虚血/健肢血流比が改善した。毛細血管密度とAMPK/eNOSリン酸化率もM群で有意に高かった。一方eNOS遺伝子欠損マウスでAMPKリン酸化率はM群で有意に高かったが、血流と毛細血管密度は両群で差はなかった【結論】メトフォルミンは下肢虚血状態で血流を改善した。その機序としてAMPK/eNOS活性血路による血管新生促進作用が考えられた。

▼全件表示