Updated on 2021/04/02

写真a

 
KAWANO Asuka
 
Organization
Graduate School of Education and Human Development Department of Educational Sciences Lifelong Education and Development Associate professor
Graduate School
Graduate School of Education and Human Development
Undergraduate School
School of Education
Title
Associate professor

Degree 1

  1. 博士(教育学) ( 2009.3   九州大学 ) 

Research Interests 4

  1. 中央アジア

  2. 成人教育

  3. 生涯学習

  4. 社会教育学

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Education  / 社会教育、生涯学習

Current Research Project and SDGs 4

  1. 成人教育における域内連携と国際ネットワークの構築

  2. 旧ソ連中央アジアにおける理論と実践を通した域内連携と比較社会教育学の構築

  3. 個人能力に合った生涯教育と社会教育プラットフォームの構築

  4. 中央アジアにおける社会教育のエリア型ディシプリンと実践知の国際的援用の検討

Professional Memberships 2

  1. 日本比較教育学会

  2. 日本公民館学会

 

Papers 2

  1. 「ウズベキスタンにおける教育改革と地域社会の接続・連携―1997年から2016年までの期間に焦点を当てて―」

    河野明日香

    『社会教育研究年報』   ( 35 ) page: 13 - 22   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  2. 「イギリスにおける成人・コミュニティ教育実践の動向」

    文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)「社会教育・福祉・コミュニティ支援を統合するシステムと理論、専門職形成の比較研究」(研究代表:松田武雄)研究成果報告書・その2『社会教育と福祉とコミュニティ支援の比較研究』   ( 2 ) page: 42 - 47   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

Books 8

  1. 「コラム6 ウズベキスタンにおける女性の学習とコミュニティー活動」

    長沢栄治監修、服部美奈/小林寧子編著

    明石書店  2020.12 

     More details

    Responsible for pages:234-237   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. 「第7章 ウズベキスタンにおける社会教育・福祉・地域づくりをつなぐ :地域リーダーの現状と課題」『社会教育と福祉と地域づくりをつなぐ―日本・アジア・欧米の社会教育職員と地域リーダー』

    松田武雄編著( Role: Joint author)

    大学教育出版  2019.3 

     More details

    Total pages:188   Responsible for pages:129-144   Language:Japanese

  3. 「第11章 中央アジアにおける生涯学習―「継承」と「創造」の観点から―」『世界の生涯学習―現状と課題』

    新海英行、松田武雄編著( Role: Joint author)

    大学教育出版  2016.10 

     More details

    Total pages:292   Responsible for pages:197-213   Language:Japanese

  4. 「国際成人教育と開発途上国の生涯学習」『新版現代の社会教育と生涯学習』

    松田武雄編著( Role: Joint author)

    九州大学出版会  2015.5 

     More details

    Total pages:249   Responsible for pages:221-244   Language:Japanese

  5. 「第7章 ウズベキスタンにおける社会教育と社会福祉」『社会教育福祉の諸相と課題―欧米とアジアの比較研究―』

    松田武雄編著( Role: Joint author)

    大学教育出版  2015.4 

     More details

    Total pages:274   Responsible for pages:117-132   Language:Japanese

  6. Mahalla and its Educational Role Nation-Building and Community Education in Uzbekistan

    ASUKA KAWANO( Role: Sole author)

    Kyushu University Press  2015.3  ( ISBN:978-4-7985-0161-1

     More details

    Language:English

  7. 「国際成人教育と開発途上国の生涯学習」『現代の社会教育と生涯学習』

    松田武雄編( Role: Joint author)

    九州大学出版会  2013.3 

     More details

    Responsible for pages:203-226   Language:Japanese

  8. 「教育」する共同体ーウズベキスタンにおける国民形成と地域社会教育

    河野明日香( Role: Sole author)

    九州大学出版会  2010.9  ( ISBN:978-4-7985-0026-3

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 2

  1. 「ウズベキスタンにおける女性の学習とコミュニティー活動」

    河野明日香

    第三世界の教育研究会3月例会  2021.3.19  第三世界の教育研究会

     More details

    Event date: 2021.3

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  2. The Trends and Issues of Lifelong Learning: Focusing on Practices in Uzbekistan and Japan International conference

    Asuka Kawano

    2021.2.25 

     More details

    Event date: 2021.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Uzbekistan  

Other research activities 1

  1. 「地域に根付くESD―イギリスの学校教育と教会の活動」

    2020.2

     More details

    ESD活動支援センター、海外通信員レポート

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 9

  1. FUTUREライフスタイル社会共創拠点

    2020.12

    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  共創の場形成支援プログラム 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  2. 社会教育・福祉・予防医療の連携とコミュニティ・エンパワーメントの実証的比較研究

    Grant number:18H00983  2018.4 - 2023.3

    松田 武雄

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本年度で最も大きな研究実績は、『社会教育と福祉と地域づくりをつなぐ』(大学教育出版、2019年3月)と題する単行本を刊行したことである。本の出版のために調査し、検討会を開き、年度末に刊行した。
    日本の地域調査は、新たな事例を発掘して、取り組みが進んだ。まず島根県松江市の調査を引き続き行い、特に公民館に地区社会福祉協議会が設置されて、社会教育と地域福祉が一体となって地域づくりが行われている実態を明らかにした。考察した論文は、前記の単行本に掲載した。関連して福岡県大牟田市も、公民館に地区社会福祉協議会が設置されており、生涯学習課、地域コミュニティ推進課と2つの公民館を調査し、松江市と比較した。そのほか福岡市花畑公民館では、地域包括支援センターと連携して活動に取り組んでおり、その活動の様子を調査した。また、沖縄県那覇市の指定管理者制度を導入している2つの公民館について、地域包括支援センターや地域づくりとの関連を調査した。
    予防医療との連携については、松本市で、フレイル予防と公民館との連携に取り組む試行的実践の可能性を追求するために、松本市の生涯学習課と地域づくり課および松本市歯科医師会と協議したが、実現には至っていない。福岡県飯塚市では、フレイル予防の実践を早くから取り組んでおり、公民館との連携を探るために調査した。
    本年度は予算の関係で海外の調査はほとんどしないという計画であったが、カナダのトロントのヨーク大学付属難民研究センターで開催された難民支援サマーコースに参加し、その内容について調査した。サマーコースの概要とその考察については、前記の単行本に掲載した。
    以上、本年度は海外の調査にあまり取り組めなかったが、これまでの調査研究の成果を単行本にまとめることができたのは大きな成果であった。また、『社会教育と福祉とコミュニティ支援の比較研究』第2集を刊行した。
    おおむね当初の計画通り順調に進んでいる。第一の課題であった単行本の刊行については、検討会を重ね、年度末に刊行することができた。海外の調査は予定通りカナダ1国にとどまったが、難民支援という新たな対象へと広げることができた。日本の地域調査は計画通りにいくつかの地域で取り組むことができた。特に大牟田市など新たに発掘した事例の調査も行うことができ、比較研究の対象が広がった。以上のように研究対象を広げつつ、全体として順調に研究は進んでいる。
    日本の調査については次の通り取り組む。①福岡県大牟田市では、公民館内に地域包括支援センターが設置されており、まさに社会教育 と地域福祉がしっかりと連携した実践を展開し、それがコミュニティ・エンパワーメントにつながっている。研究代表者と分担者でチームをつくり調査する。その結果をまとめ学会で報告して、報告集に論文を掲載する。②福岡市早良区においても、公民館と地域包括支援センターの連携に取り組んでおり、別のチームをつくって調査する。③松本市と松江市については継続的に調査しているが、今年度も調査を継続して、松本モデルと松江モデルとして提示していく。
    海外の調査では、①イギリスにおけるSocial Pedagogyの動向について調査研究する。②ドイツにおける若者支 援とSoc1al Pedagogyとの関連について調査研究する。③Highlander Research and Education CenterのCommunity Organizing Worksh op(地域づくりのリーダー養成プログラム)に参加し、参与観察するとともに調査研究する。この結果については、日本社会教育学会で報告す るとともに報告集に掲載する。④ウズベキスタンにおける社会教育と地域福祉、予防医療の取り組みについて、マハッラでの実践とその実践 にどのような人々が関わっているのかについて、現地調査を実施する。⑤韓国の教育福祉の理論と施策、中 国の社区教育の動向について引き続き調査研究する。
    ヨーロッパにおけるSocial Pedagogyの理論動向について、日本の社会教育との関連で考察する。特にNatorpの理論と社会教育との関連性について歴史的に検証し、日本社会教育学会で発表するとともに、ヨーロッパのジャーナルに英語論文を投稿する。

  3. 中央アジアにおける社会教育のエリア型ディシプリンと実践知の国際的援用の検討

    Grant number:18K02364  2018.4 - 2021.3

    河野 明日香

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    2019年度は、ヨーロッパ諸国とウズベキスタンにおける資料収集、フィールドワークを実施した。ケンブリッジ大学教育学部にて関連資料の収集、分析を行うとともに、イギリス国内の関連施設やケンブリッジ市内公立図書館などを訪問し、イギリス国内の教育、Social Pedagogyについての情報収集を行った。また、ロンドン市内の2か所のコミュニティセンターを訪問し、館内の視察や情報収集を実施した。さらに、イギリスにおけるSocial Pedagogy研究者や実践者に会い、またはオンラインミーティングを通し、研究や実践についての意見交換・情報交換を実施した。その他、関連資料の収集を行った。加えて、イギリス国内におけるESD、環境活動、社会教育と社会サービスなどについての情報収集を行った。
    さらに、ウズベキスタンの研究者と社会教育、生涯学習、Social Pedagogyについての情報交換を行った。ウズベキスタンでのフィールドワークは計2回行い、地域社会の就労支援を行っている施設や博物館などの視察を実施した。
    北欧諸国でもフィールドワークを進め、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーにおいて調査を行った。主に、フィンランドとスウェーデンのSocial Pedagogy研究者や移民の教育に関する研究を専門とする研究者との面談や研究打ち合わせを行った。
    フィンランド・クオピオ市では、移民に対する支援活動、教育活動を展開している多文化センターを訪問し、移民に対して行っている活動についての聞き取り調査や施設視察、資料収集を実施した。さらに、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーの社会教育関連施設を訪問し、資料収集や視察を行った。
    2019年度は、ヨーロッパ諸国やウズベキスタンにおいて、複数回にわたりフィールドワーク、資料収集が実施できたため、おおむね順調に進展していると考えられる。ヨーロッパ諸国の社会教育関連機関や教育機関において、視察、資料収集を実施できたことにより、本科研テーマに関するデータを収集することができた。また、複数の施設でのフィールドワークの実施により、施設間、地域間の比較がある程度可能になったと考えられる。
    さらに、ヨーロッパ諸国を中心に、Social Pedagogyの研究者とのネットワーク拡大ができたことも理由の一つに挙げられる。イギリス、北欧諸国を中心に、現在Social Pedagogy研究を進める研究者、実践者と研究交流を行うことができ、今後の共同研究の可能性が広がったといえる。
    2019年度のフィールドワーク及び研究ネットワークの成果をもとに、2020年度の研究を進めていきたいと考えている。特に、2020年度は本科研の最終年度であるため、フォローアップの調査や資料収集を行いながら、研究の総括を行う。
    具体的には、これまでのフィールドワークなどで収集したデータを分析するとともに、論文の執筆を進めていく。特に、本研究を進める中で培った国際的な研究ネットワークに基づき、国内外のさまざまな学術雑誌などにおいて研究の発表を行いたい。
    また、本研究テーマを継続させ、さらに発展させた研究を展開することができるよう、2019年度に形成した研究ネットワークをもとに、国際連携を深め、国際的共同研究の可能性を模索していく予定である。

  4. Interregional Comparative Study on Independent-minded Islamic Education Reforms Proceeding in Muslim Residential Areas

    Grant number:17H02682  2017.4 - 2021.3

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  5. 社会教育・福祉・コミュニティ支援を統合するシステムと理論、専門職形成の比較研究

    2015.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    松田武雄

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  6. System and Theory that Integrates Social Education, Social Work and Community Support-A Comparative Study of Professional Development

    Grant number:15H03472  2015.4 - 2019.3

    Matsuda Takeo

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    We examined regional systems and theories that have integrated the functions of social education, community social work, and community support and fostered well-being in local communities. Further, we analyzed the training of professionals responsible for the integrated practices including relevant dynamics and explored the potential of the formation of new professions. At this time, we conducted an analysis of the typical Japanese municipalities and a comparative research across nine countries. Focusing on Japan, we classified the countries into Asian, Germanic, and Anglo-Saxon types and examined the systems and theories of each country. Moreover, by analyzing the formation of professions, we presented a new image of professionals who integrate social education, community social work, and community support. As a result, the “Social Education, Social Work and Community Development:The Profession and Practice in Asian and Western Countries”was published.

  7. 旧ソ連中央アジアにおける理論と実践を通した域内連携と比較社会教育学の構築

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    河野明日香

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  8. Study on Regional Cooperation and Discipline of Comparative Social Pedagogy: Focusing on Theory and Practices in Central Asia

    Grant number:15K17344  2015.4 - 2018.3

    Kawano Asuka

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3900000 ( Direct Cost: \3000000 、 Indirect Cost:\900000 )

    This study has collected materials on Social Pedagogy and conducted interviews at related facilities in Central Asia and EU. The articles on Social Pedagogy have been reviewed, and its characteristics and current situation, in particular, have been examined. In addition, the concept of Social Education has been defined, and the theory and practices on Social Pedagogy in Central Asia have been reviewed. Regarding theory, European Social Pedagogy has an impact on the Social Pedagogy in Russia as well as areas in Central Asia. However, additional researches are needed to confirm the impact of European Social Pedagogy in Central Asia. On the other hand, practices linked to education and welfare were started in Central Asia. Possibilities of constructing Comparative Social Pedagogy Discipline based on theory and practices regarding education and welfare were clarified by this study.

  9. 成人教育における域内連携と国際ネットワークの構築:中央アジアと国際的連帯の検討

    2012.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 4

  1. Lecture on Social Education 1

    2020

  2. Seminar on Social Education 2

    2020

  3. Principles and Organization of Lifelong Education

    2020

  4. Seminar on Adult and Lifelong Education III, IV

    2020