Updated on 2022/04/01

写真a

 
URATA Mayu
 
Organization
Graduate School of Informatics Department of Social Informatics 2 Associate professor
Graduate School
Graduate School of Informatics
Undergraduate School
School of Informatics Department of Human and Social Informatics
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス
Profile
名古屋大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了。博士(情報科学)。専門分野は情報社会設計論、社会情報学、観光情報学。
名古屋大学大学院国際開発研究科助教、名古屋大学大学院情報学研究科講師を経て、現在、同研究科准教授。
デジタル庁 オープンデータ伝道師、総務省 地域情報化アドバイザー。
自治体や企業、地域コミュニティと連携し、社会情報学の視点に基づいて、地域の活性化や情報化を促す実践的な研究を展開。

Degree 3

  1. 博士(情報科学) ( 2011.3   名古屋大学 ) 

  2. 修士(情報科学) ( 2008.3   名古屋大学 ) 

  3. 学士(情報文化) ( 2006.3   金城学院大学 ) 

Research Interests 3

  1. スマートスピーカーの活用

  2. オープンデータ推進

  3. ICT・IoT利活用

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Library and information science, humanistic and social informatics  / 情報社会設計論

Current Research Project and SDGs 3

  1. 情報社会設計

  2. ICT利活用/DX推進

  3. オープンデータ推進

Research History 5

  1. Nagoya University   Associate professor

    2021.10

      More details

    Country:Japan

  2. Nagoya University   Lecturer

    2017.4 - 2021.9

      More details

    Country:Japan

  3. Nagoya University   Assistant Professor

    2011.12 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  4. Japan Society for Promotion of Science

    2011.4 - 2011.11

  5. Japan Society for Promotion of Science

    2010.4 - 2011.3

      More details

    Country:Japan

Education 3

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Information Science

    - 2011.3

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Graduate School, Division of Information Science

    - 2008.3

      More details

    Country: Japan

  3. Kinjo Gakuin University   Faculty of Modern Culture

    - 2006.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 10

  1. 自治体学会   会員

    2021.6

  2. 情報通信学会   研究企画委員

    2021.5

  3. 観光情報学会   表彰委員

    2017.12

  4. 情報文化学会中部支部   副支部長

    2016.11

  5. とうかい観光情報学研究会   幹事

    2016.4

  6. 観光情報学会   論文査読委員

    2015.4

  7. 芸術科学会   中部支部 専門委員

    2014.11

  8. 社会情報学会   ネットワーク委員、中部支部運営委員(会計)、学会誌編集委員(R3〜)

    2012.4

  9. コンピュータ利用教育学会   会員

  10. 情報文化学会   会員

▼display all

Committee Memberships 2

  1. デジタル庁   オープンデータ伝道師  

    2019.4   

      More details

    Committee type:Government

    (2019年〜2021年 内閣官房 IT総合戦略室)

  2. 総務省   地域情報化アドバイザー(幹事)  

    2017.6   

      More details

    Committee type:Government

Awards 31

  1. ビジネス・プロフェッショナル部門 優秀賞(発表者:堀涼)

    2022.3   アーバンデータチャレンジ2021 with 土木学会インフラデータチャレンジ2021   高山市におけるAIカメラを活用したデータ収集と地域での活用に向けて

    名古屋大学 安田・遠藤・浦田研究室

     More details

    Country:Japan

  2. 優秀発表賞(共著 発表者:後藤 久乃)

    2021.12   第 12 回社会情報学会中部支部研究会・第 7 回芸術科学会中部支部研究会・第 10 回情報文 化学会中部支部研究会 合同研究会   高齢者の栄養ケアのためのスマートスピーカー活用

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  3. 優秀発表賞(共著 発表者:野原 裕太)

    2021.12   第 12 回社会情報学会中部支部研究会・第 7 回芸術科学会中部支部研究会・第 10 回情報文 化学会中部支部研究会 合同研究会   3Dデータを活用した埋蔵文化財業務の効率化―実測図自動作成手法の提案―

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  4. 研究発表会優秀賞(共著 発表者:滝顕匠)

    2021.11   観光情報学会第20回研究発表会  

     More details

    Country:Japan

  5. 学生論文奨励賞

    2021.5   2020年度情報処理学会東海支部  

    共著 発表者:小栗真弥

     More details

    Country:Japan

  6. 2021年IEEE名古屋支部国際会議研究発表賞

    2021.3   2021 IEEE Nagoya Section Conference Presentation Award  

    共著 発表者:小栗真弥

     More details

    Country:Japan

  7. GCCE2020 Excellent Student Paper Award

    2020.10   2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics Silver Prize (GCCE2020)  

    共著 発表者:小栗真弥

     More details

    Country:Japan

  8. UDC/IDC実行委員会特別賞(発表者:鈴木彩音、河野祐希)

    2020.3   Urban Data Challenge 2019   写真オープンデータ公開に向けて

    名古屋大学 安田・遠藤・浦田研究室

     More details

    Country:Japan

  9. 学生奨励賞(共著 発表者: 屠 芸豪)

    2020.3   情報処理学会第82回全国大会  

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  10. 優秀賞(共著 発表者:櫃石祥歌)

    2019.12   第10回社会情報学会中部支部・第5回芸術科学会中部支部・第8回情報文化学会中部支部研究会 合同研究会   自宅での介護予防のためのスマートスピーカーアプリケーションの開発と実証

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  11. ベストペーパー賞(共著 発表者:河野祐希)

    2019.12   第10回社会情報学会中部支部・第5回芸術科学会中部支部・第8回情報文化学会中部支部研究会 合同研究会   AI を活用した顔検出による写真のオープンデータ化支援システムの試作と展望

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  12. 研究発表優秀賞(共著 発表者:渡辺 優樹)

    2019.9   一般社団法人 社会情報学会 2018年度学会大会  

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  13. アクティビティ部門 銀賞(発表者:渡辺優樹)

    2019.3   Urban Data Challenge 2018   防災啓発アプリ

    名古屋大学 安田・遠藤・浦田研究室

     More details

    Country:Japan

  14. 優秀賞(共著 発表者:小倉優悟)

    2018.12   第9回社会情報学会中部支部・第4回芸術科学会中部支部合同研究会  

     More details

    Country:Japan

  15. 優秀賞(共著 発表者:鵜飼凌央)

    2018.1   第8回社会情報学会中部支部・第3回芸術科学会中部支部合同研究会  

     More details

    Country:Japan

  16. ベストプレゼンテーション賞(共著 発表者:津田明日香)

    2018.1   第8回社会情報学会中部支部・第3回芸術科学会中部支部合同研究会  

     More details

    Country:Japan

  17. 研究発表優秀賞(共著 発表者:荻島和真)

    2017.9   社会情報学会 2016年度学会大会  

     More details

    Country:Japan

  18. 研究発表優秀賞(共著 発表者:松井健)

    2016.11   第7回社会情報学会中部支部・第2回芸術科学会中部支部合同研究会  

     More details

    Country:Japan

  19. 2016年度論文奨励賞佳作(共著 発表者:荻島和真)

    2016.9   一般社団法人社会情報学会   観光イベント情報を活用したオープンデータ化の試行と実践

    荻島和真他

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  20. Best Paper Award (共著 発表者:高橋朋矢)

    2016.8   IEEE the 11th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE2016)  

     More details

    Country:Japan

  21. 研究発表会奨励賞(共著 発表者:荻島和真)

    2016.7   観光情報学会第12回研究発表会  

     More details

    Country:Japan

  22. 研究発表優秀賞(共著 発表者:中根貴和)

    2015.12   第1回芸術科学会中部支部研究会  

     More details

    Country:Japan

  23. FIT奨励賞(共著 発表者:長尾聡輝)

    2013.9   第12回科学技術フォーラム  

     More details

    Country:Japan

  24. 研究発表優秀賞(共著 発表者:加藤福己)

    2013.6   第一回社会情報学会中部支部研究会  

     More details

    Country:Japan

  25. 学生論文賞(共著 発表者:髙木英輔)

    2012.8   2012 PCカンファレンス  

     More details

    Country:Japan

  26. 研究発表優秀賞

    2011.9   2010年日本社会情報学会(JASI&JSIS)合同研究大会  

     More details

    Country:Japan

  27. 学生論文賞(共著 発表者:平松幸恵)

    2011.8   2011 PCカンファレンス  

     More details

    Country:Japan

  28. 学会賞

    2010.11   第16回情報文化学会  

     More details

    Country:Japan

  29. 学術奨励賞

    2008.7   名古屋大学  

     More details

    Country:Japan

  30. 学生奨励賞

    2007.3   第69回情報処理学会全国大会  

     More details

    Country:Japan

  31. 優秀ポスター賞(共著 発表者:林美帆)

    2006.8   2006 PCカンファレンス  

     More details

    Country:Japan

▼display all

 

Papers 73

  1. 埋蔵文化財保護行政における3Dデータ活用-機械学習を活用した須恵器杯蓋の産地同定手法- Reviewed

    堀涼,井上隼多,川西康友,梶原義実,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    情報文化学会誌   Vol. 28 ( 2 ) page: 11 - 18   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. A System for Determining Road Prices Based on Machine Learning Using Public and Private Sector Data Reviewed

    2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech 2022), Osaka     page: 361 - 364   2022.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 画像オープンデータ化推進のための人工知能技術を活用した支援システムの構築と実践 Reviewed

    屠 芸豪, 河野祐希, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    実践政策学   Vol. 7 ( 2 ) page: 231 - 239   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 土地評価業務のための人工知能技術と官民データを利活用した地目判定システムの構築 Reviewed

    屠芸豪, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 島崎寛和, 木村智行

    情報文化学会誌   Vol. 28 ( 1 ) page: 12 - 19   2021.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. 【国際会議】Development of Land Use Judgment System using Deep Learning to Support Land Evaluation Reviewed

    Yunhao Tu, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda, Hirokazu Shimazaki, Tomoyuki Kimura

    2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) (Kyoto, Japan) (2022.10.12-15)     page: 358 - 362   2021.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  6. 【国際会議】Hand Tracking-Based VR Ikebana Manipulation Reviewed

    Ayano Miyazaki, Hiroko Ota, Kumiko Iwazaki, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) (Kyoto, Japan) (2022.10.12-15)     page: 788 - 791   2021.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  7. How to Use Smart Speakers to Support the Lives of Elderly People Reviewed

    Mayu Urata, Satoko TAKASHIMA, Hiroka HITSUISHI, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    Journal of Japan Information-Culturology Society   Vol. 27 ( 2 ) page: 11 - 18   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. Counting entering strollers with AI and analyzing patterns at a sightseeing spot

    Hori Ryo, Misaki Hikaru, Uga Tomoki, Urata Mayu, Endo Mamoru, Yasuda Takami

    Journal of Global Tourism Research   Vol. 6 ( 1 ) page: 67 - 72   2021

     More details

    Language:English   Publisher:International Society for Tourism Research  

    Nowadays, it is thought important to make a decision based on data to use limited resources effectively. Strollers, one of the main targets of sightseeing places for children, are believed to be important for such places, but ticket sales or technology recently utilized are not suitable to grasp the movements of the strollers, therefore, this research focused on strollers through the use of a camera and artificial intelligence. We, first, recorded an entrance, and fine-tuned prepared models to create original object detection artificial intelligence. Then, we counted the number of entering strollers, and analyzed the entering patterns. We discovered several patterns, and suggest that there is a difference between strollers in the weekdays and weekends. Lastly, for future prospects, we mention two things, a real-time counting system with GPU installed small computers, and simultaneous counting of strollers’ companions.

    DOI: 10.37020/jgtr.6.1_67

    CiNii Research

  9. A New Method of Spatial Effect to Japanese-style Room by Shoji Projection Mapping Reviewed

    Shinya Oguri, Shinji MIzuno, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    The Journal of the Society for Art and Science   Vol. 19 ( 5 ) page: 86 - 97   2020.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 【論文】インタラクティブプロジェクションマッピングを用いた伝統的茶会における”おもてなし”の演出 Reviewed

    小栗真弥, 水野慎士, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報処理学会論文誌   Vol. 61 ( 12 ) page: 1960 - 1968   2020.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 【論文】Questionnaire survey on carrying capacity of Japanese registered tangible cultural properties as regional tourism resources Reviewed

    Shinya Oguri, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2020.12.1)   Vol. 5 ( 2 ) page: 127 - 134   2020.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 【論文】Supporting the information transmission via social media of local sightseeing volunteer guides Reviewed

    Mana Fukuyasu, Yuka Hasegawa, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2020.12.1)   Vol. 5 ( 2 ) page: 149 - 154   2020.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 【国際会議】Data Model for Registered Tangible Cultural Properties Using Linked Data Reviewed

    Shinya OGURI, Mayu URATA, Mamoru ENDO, Takami YASUDA

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) (Kobe, Japan) (2020.10.13-16)     page: 226 - 229   2020.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  14. 【論文】Introduction of a license number authentication system and utilization of collected data to promote regional tourism Reviewed

    Mayu Urata, Kensho Taki, Satoshi Yamamoto, Mamoru Endo, and Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2020.5.1)   Vol. 5 ( 1 ) page: 89 - 96   2020.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. Evaluation of Ikebana Works for Education Employing VR Environments --How Influential Layout of Line Elements in Evaluation -- Reviewed

    Ayano Miyazaki, Kumiko Iwazaki, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda, Hiroko Ota, Masashi Yamada

    Journal of Japan Information-Culturology Society   Vol. 26 ( 1 ) page: 11 - 18   2019.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 【国際会議】 Curving Leaves in VR Ikebana Reviewed

    Ayano Miyazaki, Hiroko Ota, Kumiko Iwazaki, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda, Masashi Yamada

    2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2019) (Osaka Senri Life Science Center, Japan) (2019.10.15-18)     page: 633 - 636   2019.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  17. 【国際会議】 Mashup Local Tourism Resources for Sustainable Tourism by SHOJI Digital Picture-Story Show Reviewed

    Shinya Oguri, Shinji Mizuno, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2019) (Osaka Senri Life Science Center, Japan) (2019.10.15-18)     page: 642 - 645   2019.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  18. 【論文】官民データ利活用社会にむけたモノづくりオープンデータ推進 ―長野県須坂市におけるオープンデータ推進とその展開―

    遠藤 守, 兼松篤子, 浦田真由, 安田孝美

    情報文化学会誌   Vol. 25 ( 2 ) page: 3 - 10   2018.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. Promotion of Local Government Open Data on Disaster Prevention Information Reviewed

    Mayu Urata, Kazuma Ogishima, Hiroki CHUJO, Mamoru Endo, and Takami Yasuda

    Socio-Informatics   Vol. 7 ( 1 ) page: 1 - 17   2018.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  20. 【論文】複合現実感(Mixed Reality)を用いた文化財建造物の活用に関する研究 ―障子プロジェクションマッピングによる国登録有形文化財建造物活用へのアプローチ― Reviewed

    小栗 真弥, 水野 慎士, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美

    情報文化学会誌   Vol. 25 ( 1 ) page: 11 - 18   2018.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. 【論文】Proposals and implementation of tourism resource stimulation using public and private sector data: The case of Suzaka city zoo Reviewed

    Atsuko Kanematsu, Mamoru Endo, Mayu Urata, and Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2018.7)   Vol. 3 ( 1 ) page: 37 - 42   2018.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  22. 【論文】Development of a guidance system for tourism by using archived data Reviewed

    Mari Endo, Kiyofumi Motoyama, Mamoru Endo, Mayu Urata, and Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2018.7)   Vol. 3 ( 1 ) page: 31 - 36   2018.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 【論文】地域資源の収集と活用のための地域魅力投稿サイトの提案と開発

    福安 真奈, 劉 迪, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美, 杉山 幸一

    観光と情報(20180501)   Vol. 14 ( 1 ) page: 71 - 84   2018.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. 【国際会議】Use and application of ICT and IoT in public services and Japanese regional vitalization

    Aurelio Eduardo PINERO, Atsuko KANEMATSU, Mamoru ENDO, Mayu URATA, Takami YASUDA

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2018)(2018.4.1-3), Osaka Japan   Vol. 12 ( 1 ) page: 183 - 198   2018.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  25. 【国際会議】 Analysis of Tap Operations Characteristics in Elderly Tablet Terminal Use Reviewed

    Shinya OGURI, Mayu URATA, Mamoru ENDO, Takami YASUDA, Kayo NOMURA, Daisuke TOMITA

    IEEE 2017 Global Conf. on Consumer Electronics (2017.10.24-27)     page: 525 - 526   2017.10

     More details

    Language:English  

  26. 【国際会議】Development of an English Words Learning System Utilizes 3D Markers with Augmented Reality Technology Reviewed

    Zhenming BI, Mayu URATA, Mamoru ENDO, Takami YASUDA

    IEEE 2017 Global Conf. on Consumer Electronics (2017.10.24-27)     page: 241 - 242   2017.10

     More details

    Language:English  

  27. 【論文】Creating open data sets on tourism information through citizen collaboration Reviewed

    Mayu Urata, Kazuma Ogishima, Runa Usui, Mana Fukuyasu, Mamoru Endo, and Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2017.6)   Vol. 2 ( 1 ) page: 59 - 65   2017.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 【論文】Promotion of local government open data for sightseeing events Reviewed

    Mayu Urata, Kazuma Ogishima, Mana Fukuyasu, Mamoru Endo, and Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2016.12.25)   Vol. 1 ( 2 ) page: 133 - 138   2016.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. 【論文】 オープンデータ推進のためのモノづくりワークショップの提案と実証 Reviewed

    兼松篤子 浦田真由 遠藤 守 安田 孝美

    情報文化学会誌   Vol. 23 ( 2 ) page: 27 - 34   2016.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. 【論文】A Proposal for Open Data of Sightseeing Event Information Reviewed

    Mayu URATA, Kazuma OGISHIMA, Mana FUKUYASU, Mamoru ENDO, Takami YASUDA

    Journal of Socio-Informatics   Vol. 9 ( 1 ) page: 29 - 46   2016.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. 【国際会議】Construction and Evaluation of an Information-Sharing Environment Using Cloud Storage Service for Community Welfare Supporters Reviewed

    Tomoya Takahashi, Mana Fukuyasu, Mayu Urata, Mamoru ENDO, Takami Yasuda, Yuzuru Takahashi, Sugiyama Koichi

    IEEE the 11th International Conference on Computer Science & Education (ICCSE2016) (2016.08.25)     page: 133 - 138   2016.8

     More details

    Language:English  

  32. 【論文】Local PR model by establishing open API for tourism information and related issues Reviewed

    Mana Fukuyasu, Masahiro Ura, Mayu Urata, Masashi Yamada, Mamoru Endo, Shinya Miyazaki, Takami Yasuda

    Journal of Global Tourism Research (JGTR) (2016.06.23)   Vol. 1 ( 1 ) page: 41 - 46   2016.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 【論文】 観光イベント情報を活用したオープンデータ化の試行と実践 Reviewed

    荻島和真, 福安真奈,浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    社会情報学   Vol. 4 ( 2 ) page: 1 - 16   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  34. 【論文】 住民自治組織におけるICT利活用のための継続的な運用モデルの構築と考察 Reviewed

    福安真奈, 島かさね, 若田弥里, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会誌   Vol. 22 ( 2 ) page: 3 - 10   2015.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. 【国際会議】Development of a Real-World Oriented Smartphone AR Supported Learning System for Seasonal Constellation Observation

    Ke Tian, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Mamoru Endo, Takami Yasuda, Jien Kato

    The 23rd International Conference on Computers in Education (ICCE2015), (2015.11.30-12.4) , Hangzhou, China     page: 390 - 395   2015.11

     More details

    Language:English  

  36. 【国際会議】Developing an Astronomy Education System in Science Museum Using Push Notifications

    Chiaki Kudo, Naoki Kohara, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda, Takumi Hamatani, Katsuhiro Mouri

    IEEE 2015 Global Conf. on Consumer Electronics(IEEE GCCE2015) (2015.10.27-30) , Osaka Int'l Convention Ctr. , JAPAN     page: 614 - 618   2015.10

     More details

    Language:English  

  37. 【国際会議】Proposal of a Mobile Application to Support the Teaching of a Community's Historical Tradition in an After-School Activity

    Mana Fukuyasu, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    IEEE 2015 Global Conf. on Consumer Electronics(IEEE GCCE2015) (2015.10.27-30) , Osaka Int'l Convention Ctr. , JAPAN     page: 235 - 239   2015.10

     More details

    Language:English  

  38. 【論文】Using Science Museum Curator's Knowledge to Create Astronomy Educational Content Reviewed

    George Moroni Teixeira Batista, Mamoru Endo, Takami Yasuda, Mayu Urata and Katsuhiro Mouri

    International Journal of Advanced Computer Research (IJACR) (2015.09.07)   Vol. 5 ( 20 ) page: 284 - 297   2015.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  39. 【論文】Revised Dynamic Teaching Materials Concept for Community Learning Reviewed

    George Moroni Teixeira Batista, Mayu Urata, Mamoru Endo, Takami Yasuda

    International Journal of Soft Computing and Engineering (2015.09.05)   Vol. 5 ( 4 ) page: 112 - 117   2015.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  40. 【論文】 ICTを用いた地域福祉活動のための情報活用環境の設計と実証 Reviewed

    高橋朋矢, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 杉山幸一, 酒井敏也

    情報文化学会誌   Vol. 22 ( 1 ) page: 8 - 15   2015.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  41. 【国際会議】Using Patterns to Guide Teachers and Teaching Materials Evolution Reviewed

    George Moroni Teixeira Batista, Mayu Urata, Mamoru Endo, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    The Seventh International Conferences on Pervasive Patterns and Applications (2015.3.22-27), Nice, France     page: 8 - 14   2015.3

     More details

    Language:English  

  42. 【論文】 地域観光を支援するためのフォトラリーシステムの開発 Reviewed

    浦田真由, 長尾聡輝, 加藤福己, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会誌   Vol. 21 ( 2 ) page: 11 - 18   2014.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  43. 【国際会議】M-VSARL System in Secondary School Science Education: Lunar Phase Class Case Study

    Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    IEEE 2014 Global Conf. on Consumer Electronics(IEEE GCCE2014) (2014.10.7-10) , Makuhari Messe, JAPAN     page: 321 - 322   2014.10

     More details

    Language:English  

  44. 【論文】 Multi-Viewpoint Smartphone AR-Based Learning System for Astronomical Observation

    Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    International Journal of Computer Theory and Engineering (IJCTE)   Vol. 6 ( 5 ) page: 396 - 400   2014.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  45. 【論文】Multi-viewpoint Smartphone AR-based Learning System for Solar Movement Observations Reviewed

    Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    International Journal of Interactive Mobile Technologies (iJIM)   Vol. 8 ( 3 ) page: 11 - 18   2014.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  46. 【国際会議】Creating Astronomy Dynamic e-Learning Content Reviewed

    George Moroni, Katsuhiro Mouri, Mayu Urata, Mmamoru Endo, Takami Yasuda

    Proceedings of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology 2014 (2014.4.2-4), Nagoya University, JAPAN     page: 1117 - 1139   2014.4

     More details

    Language:English  

  47. 【国際会議】Ubiquitous Augmented Reality Mobile Learning System for Solar Motion Observation Reviewed

    Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    Proceedings of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology 2014 (2014.4.2-4), Nagoya University, JAPAN     page: 1027 - 1042   2014.4

     More details

    Language:English  

  48. 【論文】Lunar Observation Support System Using Smartphone AR for Astronomy Education Reviewed

    Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    International Journal of Interactive Mobile Technologies (iJIM)   Vol. 8 ( 1 ) page: 32 - 39   2014.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    t is possible to improve learners' understanding of the concept of lunar phases by using Observation based Learning (OBL). In this research, Smartphone Augmented Reality (AR) technology was used to develop a multi-viewpoint AR-based mobile learning (M-VARML) system for moon observation that can be used in the real world environment. An experiment was conducted to evaluate the usefulness of our system. Participants were given five moon observation tasks, which they had to perform manually and using the M-VARML system. After each task, they were given follow-up questionnaires on the usefulness of the functions in the system. Finally, they were asked about the operational usability and the effect our system had in motivating them to pursue lunar observation. The results show that the M-VARML system is effective in improving the observation and learning of students and in enhancing their motivation to pursue lunar learning.

  49. 【国際会議】Development of a Multi-Viewpoint AR-Based Mobile Learning System for Supporting Lunar Observation Reviewed

    Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    International Workshop on Smart Learning Environments at the 9th International Conference on Signal-Image Technology and Internet-Based Systems (SITIS 2013) (2013.12.2-5), Kyoto Terrsa Conference Center, JAPAN     page: 1034 - 1041   2013.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  50. 【国際会議】UBIQUITOUS AUGMENTED REALITY MOBILE LEARNING SYSTEM FOR SUPPORTING MOON OBSERVATION

    Ke TIAN, Mamoru ENDO, Mayu URATA, Katsuhiro MOURI, Takami YASUDA

    International Conference on Information and Social Science (2013.9.24) , ANA Crowne Plaza Hotel Grand Court Nagoya, JAPAN     page: 223 - 242   2013.9

     More details

    Language:English  

  51. 【国際会議】DEVELOPMENT OF SMARTPHONE-BASED SUPPORTING SYSTEM FOR TOURIST Reviewed

    Satoki NAGAO, Fukumi KATO, Mayu URATA, Takami YASUDA

    International Conference on Information and Social Science (2013.9.24), ANA Crowne Plaza Hotel Grand Court Nagoya, JAPAN     page: 243 - 253   2013.9

     More details

    Language:English  

  52. 【国際会議】 Version Management of the Dynamic Teaching Materials

    George Moroni Teixeira Batista, Mayu Urata, Takami Yasuda

    ELSEVIER Procedia Computer Science 22(2013), 17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2013 (2013.9.10), Kitakyusyu, JAPAN     page: 430 - 439   2013.9

     More details

    Language:English  

  53. 【論文】 科学館と大学間の「つながり」がもたらす可能性とその試み―名古屋市科学館開館50周年記念イベントにおける展示開発と実践― Reviewed

    岩崎公弥子, 遠藤守, 水野慎士, 浦田真由, 高木英輔, 後藤昌人, 毛利勝廣, 安田孝美

    情報文化学会誌(2013.8.31)   Vol. 20 ( 1 ) page: 10 - 17   2013.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  54. 【論文】 地域コミュニティにおけるICTの利活用とその役割 ―地域情報発信のためのICT― Reviewed

    浦田真由,安田孝美

    情報文化学会誌   Vol. 19 ( 2 ) page: 18 - 18   2012.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  55. 【論文】The Dynamic Teaching Materials System: a way to make teaching materials evolve Reviewed

    George Moroni Teixeira BATISTA, Mayu URATA, Takami Yasuda

    International Journal of Knowledge and Web Intelligence (IJKWI)(2012.12)   Vol. 3 ( 4 ) page: 343 - 360   2012.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  56. 【国際会議】Fundamental Functions of Dynamic Teaching Materials System Reviewed

    George Moroni Teixeira BATISTA, Mayu URATA, Takami YASUDA

    Intelligent Interactive Multimedia: Systems & Services, SIST 14, (KES2012),Nagaragawa Convention Center, Gifu, Japan, (2012.5.23-25)     page: 279 - 287   2012.5

     More details

    Language:English  

  57. 【国際会議】Development of a Web-based for Supporting Observation of the Brightness of the Night Sky Reviewed

    Sachie HIRAMATSU, Mayu URATA, Katsuhiko MOURI, Takami YASUDA

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2012) , Hong Kong, (2012.3.30-4.1)     page: 833 - 844   2012.3

     More details

    Language:English  

  58. 【国際会議】 Development and evaluation of a mobile museum guide for supporting continuous learning from planetarium to displays Reviewed

    Eisuke TAKAGI, Mayu URATA, Katsuhiro MOURI, Takami YASUDA

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2012), (2012.3.30-4.1)     page: 1349 - 1359   2012.3

     More details

    Language:English  

  59. 【国際会議】 Development of a Web System to Support Community Activities Reviewed

    Mayu URATA, Megumi TANAKA, Aki HARA, Takami YASUDA

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2012) , Hong Kong, (2012.3.30-4.1)     page: 820 - 832   2012.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

  60. 【論文】Astronomy News Explorer in use of Curatorial Platform for Knowledge and Content Management of Science Education Reviewed

    Yulin Chen, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    Computer Technology and Application, (2012.2.25)   Vol. 3   page: 114 - 125   2012.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  61. 【論文】Developing Integrated Astronomy NewsInformation System based on CuratorialKnowledge and Content Management Reviewed

    Yulin Chen, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    Journal of Computing (2012.2)   Vol. 4 ( 2 ) page: 154 - 163   2012.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  62. 【論文】Design of a Time and Special Visualization System of Astronomy System Reviewed

    Yulin Chen, Mayu Kondo, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda

    Innovative Computing, Information and Control Express Letters (ICICEL)   Vol. 5 ( 6 ) page: 1935-1939   2011.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  63. 【国際会議】Curation for Web in Social Activities Reviewed

    Mayu Kondo and Takami Yasuda

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2011) , Tokyo, JAPAN, (2011.1.18-20)     page: 1443 - 1453   2011.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

    To sufficiently utilize the Web, the selection, preservation, maintenance, collection, and archiving of data have become important: their curation. In this study, we verify a curating Web method in social activity practice and consider its specific techniques.

  64. 【国際会議】 A New Mobile Social Networking and Learning System for Science Museums Reviewed

    Saulo Pinto de Oliveira, Mayu Kondo and Takami Yasuda

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2011) , Tokyo, JAPAN, (2011.1.18-20)     page: 1421 - 1441   2011.1

     More details

    Language:English  

  65. 【国際会議】Design and Evaluation of a Time and Special Visualization System of Astronomy News Reviewed

    Yulin Chen, Mayu Kondo, Katsuhiro Moouri and Takami Yasuda

    The Fifth International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC-2010), Xi'an, CHINA, (2010.12.20-22)     page: 1935 - 1939   2010.12

     More details

    Language:English  

  66. 【論文】 地域サイトの継続促進のための情報管理・運営方法に関する研究 Reviewed

    近藤真由, 後藤昌人, 安田孝美, 横井茂樹

    日本社会情報学会 『社会情報学研究』   Vol. 14 ( 1 ) page: 17 - 31   2010.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本研究の目的は,地域サイトの役割と運営方法を見直し,地域サイトの継続促進のための情報管理・運営方法を実証実験によって明らかにすることであり,地域サイトの役割と運営方法を見直し,聞き取り調査によって我々が運営している地域サイトの現状を明らかにした.その結果,ユーザの偏りや情報投稿の停滞が課題となっていることが明らかとなったため,その解決方法を提案し,実証実験を行った.

  67. 【国際会議】Development of a Web-based Teaching Resource Management System for Astronomy Education Reviewed

    Mayu Kondo, Masato Goto, Kumiko Iwazaki, Mamoru Endo, Katsuhiro Mouri and Takami Yasuda

    Proc. of International Conference on e-Commerce, e-Administration, e-Society, e-Education, and e-Technology (e-CASE & e-Tech 2010) , Macau, CHINA, (2010.1.19-21)     page: 1359 - 1373   2010.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

    In this paper, we introduce our research project and propose an improvement to the system. Particularly, we describe a method that utilizes information that couldn't previously be collected, and its educational effect.

  68. 【論文】 天文教育における学芸員を支援するためのICTの活用とその効果 Reviewed

    近藤真由, 後藤昌人, 岩崎公弥子, 安田孝美

    情報文化学会 『情報文化学会誌 』   Vol. 16 ( 2 ) page: 52 - 59   2009.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本研究では,野外での星座観測を支援する天文教材を開発し,ICTを活用した教材配信を実現する天文教材管理システムを開発した.学芸員が日々の活動で実践している教育方法を取り入れた教材を開発・配信することで,既存のデジタル天文教材では伝えられなかった「本物の星を自分で見つける楽しさや嬉しさ」を伝えられるよう工夫した.学習者による実証実験の結果,一定の効果が示された.

  69. 【国際会議】Astronomy News Element Analysis and Visualization System for the Web Reviewed

    Yulin Chen, Mayu Kondo, Katsuhiro Moouri and Takami Yasuda

    The Fourth International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC-2009) Kaohsiung, TAIWAN, (2009.12.7-9)     page: 776 - 779   2009.12

     More details

    Language:English  

    We investigated online astronomy news, exploited the individual space concept, and developed a news timeline to construct an interactive astronomy visualization system that integrates time and spatial concepts. Before constructing our system, we referred to the essential factor of astronomy news display modes and chose well-known astronomy websites as the survey objects. We investigated news interfaces and determined their interactive problems.

    DOI: 10.1109/ICICIC.2009.115

  70. 【論文】A Multiplatform Content Management System for Curators to Provide Teaching Materials in Astronomy Education Reviewed

    Mayu Kondo, Katsuhiro Mouri and Takami Yasuda

    Journal of Theoretical and Applied Information Technology   Vol. 4 ( 9 ) page: 874 - 881   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Since it is difficult for curators who are not information field specialists to provide teaching materials on the Internet, we built a content management system to support the delivery of teaching materials on the Internet. Specifically, our system, which allows correspondence between various platforms, considers the distribution method of teaching materials in cooperation with an actual planetarium program.

  71. 【国際会議】Astronomy Teaching Resources Management System for Curators using Information Technology Reviewed

    Mayu Kondo, Takami Yasuda, Shigeki Yokoi, Masahiro Ura, Mamoru Endo, Masato Goto, Kumiko Iwazaki, Katsuhiro Mouri and Manabu Noda

    Proceedings of the 2008 3rd International Conference on Innovative Computing Information and Control, Dalian, CHINA, (2008.6.18-20)     page: CD-ROM   2008.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

    In this paper, we present a system research and development project that comprehensively supports various kinds of astronomy education by curators who can use information technology based on these activities.

    DOI: 10.1109/ICICIC.2008.172

  72. 【論文】 地域イベントの情報発信におけるWebを活用したコンテンツ管理手法 Reviewed

    近藤真由, 岩崎公弥子, 安田孝美, 横井茂樹

    コンピュータ利用教育協議会 『Computer&Education』   Vol. 22   page: 28 - 32   2007.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本研究では,愛・地球博開催時に実施された,学生発のインターネット放送局excampus(エクスキャンパス)の活動事例を元に,学生によるWebサイト運営を支援するコンテンツ管理システムの提案を行った.アンケート調査により,本システムは更新作業を複数の学生に分担させる事ができ,円滑なプロジェクト運営に役立つ事が明らかになった.

  73. 【国際会議】A Multi-platform Contents Management System for Online Constellation Learning Reviewed

    Mayu Kondo, Takami Yasuda,Shigeki Yokoi, Masahiro Ura, Mamoru Endo, Kumiko Iwazaki, Katsuhiro Mouri and Manabu Noda

    Proceedings of the Sixth IASTED International Conference Communications, Internet and Information Technology (CIIT 2007), Banff, CANADA, (2007.6.2-4)     page: 73 - 78   2007.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

    In this study, in cooperation with the Nagoya City Science Museum, we have developed a site called "online constellation" that not only offers online learning material by PC but also material appropriate for outdoor learning environments.

▼display all

Books 1

  1. Sustainable Tourism for Rural Revitalization

    Takashi Oyabu, Masahide Yamamoto, Kayoko H. Murakami, and Mayu Urata( Role: Joint author)

    Union Press  2019.10  ( ISBN:978-4-946428-97-5

     More details

    Total pages:212   Language:English Book type:Scholarly book

MISC 187

  1. 自治体における観光施策に向けたSNS分析の活用

    伊神花織,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    第8回とうかい観光情報学研究会(2022.3.16), オンライン     page: 1 - 4   2022.3

     More details

    Language:Japanese  

  2. 観光まちづくりのためのビッグデータ利活用の推進-交差点における通行・交通経路の分析-

    堀涼,有我友希,浦田真由,遠藤守,安田孝美,山田雅彦

    第8回とうかい観光情報学研究会(2022.3.16), オンライン     page: 9 - 12   2022.3

     More details

    Language:Japanese  

  3. 高齢者の栄養ケアのためのスマートスピーカー活用

    後藤久乃,長元真実,浦田真由,遠藤 守,安田孝美,井上愛子

    第12回 社会情報学会中部⽀部研究会・第7回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第10回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2021.12.18), ナゴヤイノベーターズガレージ/オンライン     page: 51-54   2021.12

     More details

    Language:Japanese  

  4. 地域高齢者のICT利活用を支援する体制に関する検討 ~豊山町におけるスマートスピーカーを用いた実践を通して~

    長元真実 ,浦田真由,遠藤 守,安田孝美,井上愛子,藤田康介,宇野千晴

    第12回 社会情報学会中部⽀部研究会・第7回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第10回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2021.12.18), ナゴヤイノベーターズガレージ/オンライン     page: 9-12   2021.12

     More details

    Language:Japanese  

  5. 3D データを活用した埋蔵文化財業務の効率化―実測図自動作成手法の提案―

    野原裕太, 堀 涼, 井上隼多, 川西康友, 梶原義実, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第12回 社会情報学会中部⽀部研究会・第7回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第10回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2021.12.18), ナゴヤイノベーターズガレージ/オンライン     page: 1-4   2021.12

     More details

    Language:Japanese  

  6. 高山市における都市OS活用の実践

    大前裕輝,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    第3回 飛騨高山学会(2021.12.04), 飛騨・世界生活文化センター     page: 21-22   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  7. 高山市中心部におけるAIを用いた通行量データ収集とその分析

    堀 涼,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    第3回 飛騨高山学会(2021.12.04), 飛騨・世界生活文化センター     page: 23-24   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  8. 自治体による観光施策のためのSNS分析活用環境の構築

    伊神花織,浦田真由,遠藤 守,安田孝美

    観光情報学会第17回全国大会(2021.11.20), オンライン     page: 21-22   2021.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  9. 産学官連携によるICT利活用におけるプライバシー情報取扱に関する検討

    荒井慶介, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会第29回全国大会講演予稿集(2021.10.30), オンライン     page: 25 - 28   2021.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  10. 科学館の展示解説動画における一人称視点と三人称視点の比較

    浜中志奈子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣

    情報文化学会第29回全国大会講演予稿集(2021.10.30), オンライン     page: 33 - 34   2021.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  11. 【口頭発表】AIカメラと小型PCを用いた観光まちづくりのための通行量・交通量計測システムの構築

    堀 涼, 大前裕輝, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    令和3年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会(2021.09.07-8), 愛知工業大学(オンライン開催)     page: K1 - 1   2021.9

     More details

    Language:Japanese  

  12. 【口頭発表】岐阜県飛騨市の観光推進に向けたTwitterのテキスト分析

    伊神花織, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    観光情報学会 第22回研究発表会講演論文集(2021.09.04), オンライン     page: 5 - 8   2021.9

     More details

    Language:Japanese  

  13. 【口頭発表】観光まちづくり推進のためのエッジAIを用いた通行量・交通量データの収集

    堀 涼, 大前裕輝, 山田雅彦, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    観光情報学会 第22回研究発表会講演論文集(2021.09.04), オンライン     page: 17 - 20   2021.9

     More details

    Language:Japanese  

  14. 【口頭発表】都市OSを活用したまちづくりのための検討と実践

    大前裕輝, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第35回 自治体学会大会 on the WEB 2021(2021.8.22), オンライン     2021.8

     More details

    Language:Japanese  

  15. 【口頭発表】都市OS実装に向けた検討と課題―高山市役所窓口における混雑状況可視化の実践―

    大前裕輝, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2021年度春季(第44回)情報通信学会大会(2021.6.26), オンライン     2021.6

     More details

    Language:Japanese  

  16. 【口頭発表】飛騨高山地域におけるICTを用いた観光推進のためのデータ利活用

    山本悟史, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第7回とうかい観光情報学研究会(2021.3.18), オンライン     page: 9 - 12   2021.3

     More details

    Language:Japanese  

  17. 【口頭発表】子供向け観光施設での人工知能を活用したベビーカ入場台数の計測

    堀涼, 見崎輝, 有賀友希, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第7回とうかい観光情報学研究会(2021.3.18), オンライン     page: 17 - 20   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  18. 【ポスター発表】図表でみる医学 部のジェンダー問題 -UNESCO,OECD,及び政府統計のデータを中心に-

    丸山和昭, 岡田亜弥, 郷通子, 山本英子, 浦田真由, 古藪真紀子

    大学教育改 革フォーラムin東海2021(2021.3.6), オンライン     page: 9 - 12   2021.3

     More details

    Language:Japanese  

  19. 【口頭発表】固定資産税路線価の検証業務への予測値分布を考慮した機械学習の活用

    河野祐希, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 島崎寛和, 木村智行

    第11回 社会情報学会中部⽀部研究会・第6回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第9回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2020.12.12), オンライン     page: 1-4   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  20. 【口頭発表】高齢者の ICT 利活用に向けた担い手の育成に関する研究

    長元真実, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第11回 社会情報学会中部⽀部研究会・第6回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第9回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2020.12.12), オンライン     page: 55-58   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  21. 【口頭発表】オンライン動画投稿サービスを用いた高齢者の生きがいづくりに関する研究

    杉岡なつこ, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第11回 社会情報学会中部⽀部研究会・第6回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第9回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2020.12.12), オンライン     page: 49-50   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  22. 【口頭発表】自治体における画像オープンデータ標準化に向けた取り組み

    鈴木彩音, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第11回 社会情報学会中部⽀部研究会・第6回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第9回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2020.12.12), オンライン     page: 41-44   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  23. 【口頭発表】パンデミック後の社会における遠隔サイエンスコミュニケーションのための ICT 利活用の提案

    ⼩⽥敦也, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, ⽑利勝廣

    第11回 社会情報学会中部⽀部研究会・第6回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第9回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2020.12.12), オンライン     page: 19-22   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  24. 【口頭発表】文化財行政におけるデジタル化

    堀涼, 井上隼多, 大西遼, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第11回 社会情報学会中部⽀部研究会・第6回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第9回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2020.12.12), オンライン     page: 11-14   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  25. 【口頭発表】高山市における顔認識システムを用いた来訪者の分析

    山本悟史, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 深谷洋, 岡元昌哉

    第2回~繋がるキャンパス~飛騨高山学会 予稿集(2020.12.5), 飛騨・世界生活文化センター     page: 39-40   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  26. 【寄稿】災害対策としてのオープンデータ整備――平時からの備えを

    浦田真由

    都市問題   Vol. 111 ( 8 ) page: 63-72   2020.8

     More details

    Language:Japanese  

  27. 【口頭発表】深層学習を用いた土地用途判定システムの構築及び現地調査への利活用

    屠芸豪, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 島崎寛和, 木村智行, 片山高也

    情報処理学会創立60周年記念第82回全国大会(2020.3.5-3.7), 金沢工業大学     page: 2-225-2-226   2020.3

     More details

    Language:Japanese  

  28. 【口頭発表】顔認証システムを用いた観光来訪者の分析 〜 高山市宮川朝市の事例 〜

    山本悟史, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第6回とうかい観光情報学研究会(2020.2.28), 静岡大学浜松キャンパス・静岡県立大学・名古屋大学・他(オンライン発表会)     page: 9-12   2020.2

     More details

    Language:Japanese  

  29. 【口頭発表】航空写真画像を用いたソーラーパネル検出に向けたAIモデルの作成と⼟地評価への応⽤

    加藤拓史, 遠藤 守, 浦田真由, 安田孝美, 島崎寛和

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 5-8   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  30. 【口頭発表】科学館における匿名性に配慮した 顔アイコン生成システムの開発と実践

    辺 明秀, 遠藤 守, 浦田真由, 安田孝美, 毛利勝廣

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 47-50   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  31. 【口頭発表】スマートスピーカーを活用した星空情報提供システム

    小田 敦也, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 43-46   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  32. 【口頭発表】科学館におけるグループ来館者の興味に基づいた 展示推薦システム

    岩田浩暉, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 毛利勝廣

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 35-38   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  33. 【口頭発表】ログ情報に基づく自治体職員向け データ利活用の提案と実践

    宮川慎也, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 25-28   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  34. 【口頭発表】AIを活⽤した顔検出による写真のオープンデータ化⽀援システムの試作と展望

    河野祐希, 鈴⽊彩⾳, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 1-4   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  35. 【口頭発表】地域防災情報発信のための自治体オープンデータ活用の実践

    鬼頭昭大, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 冨田大輔

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 19-22   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  36. 【口頭発表】自宅での介護予防のためのスマートスピーカーアプリケーションの開発と実証

    櫃石祥歌, 高嶋恵子, 宮崎彩乃, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 冨田大輔

    第10回 社会情報学会中部⽀部研究会・第5回 芸術科学会中部⽀部研究会・ 第8回 情報⽂化学会中部⽀部研究会 合同研究会(2019.12.14), 名古屋大学     page: 15-18   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  37. 【口頭発表】自治体における観光振興のための画像公開方法の検討

    鈴木彩音, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    観光情報学会 第20回研究発表会講演論文集(2019.11.9-10), 沖縄県市町村自治会館     page: 25 - 28   2019.11

     More details

    Language:Japanese  

  38. 【口頭発表】スマートスピーカーを用いた自治体観光情報のリアルタイム発信

    滝顕匠, 山本悟史, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    観光情報学会 第20回研究発表会講演論文集(2019.11.9-10), 沖縄県市町村自治会館     page: 13 - 16   2019.11

     More details

    Language:Japanese  

  39. 【口頭発表】伝統工芸としての建具とデジタル技術の融合による和室演出の試み

    小栗真弥 水野慎士 浦田真由 遠藤 守 安田 孝美

    芸術科学会NICOGRAPH2019(2019.11.2-4), 名古屋市立大学     page: 66-71   2019.11

     More details

    Language:Japanese  

  40. 【口頭発表】スマートスピーカーを用いた高齢者介護予防プログラムの開発

    宮崎彩乃 高嶋恵子 櫃石祥歌 浦田真由 遠藤 守 安田 孝美 冨田大輔

    芸術科学会NICOGRAPH2019(2019.11.2-4), 名古屋市立大学     page: 23-26   2019.11

     More details

    Language:Japanese  

  41. 【口頭発表】スマートスピーカーを活用した高齢者の生活補助手法の構築

    高嶋恵子, 宮崎彩乃, 櫃石祥歌, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 冨田大輔

    情報文化学会第27回全国大会講演予稿集(2019.10.5), 東京大学     page: 38-41   2019.10

     More details

    Language:Japanese  

  42. 【口頭発表】深層学習を活用した地目判定システムの開発

    屠芸豪, 島崎寛和, 遠藤守, 浦田真由, 安田孝美, 木村智行

    第22回 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2019)(2019.7.29-8.1), グランキューブ大阪     page: PS1-20   2019.7

     More details

    Language:Japanese  

  43. 【口頭発表】自治体における口コミ情報と駐車場情報を活用した観光分析

    滝顕匠, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    観光情報学会第16回全国大会(2019.6.29-30), 米子コンベンションセンター     page: 5-6   2019.6

     More details

    Language:Japanese  

  44. 【口頭発表】スマートスピーカー向け観光アプリを用いたオープンデータの質改善の検討

    川村駿, 渡辺優樹, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    観光情報学会第16回全国大会(2019.6.29-30), 米子コンベンションセンター     page: 41-42   2019.6

     More details

    Language:Japanese  

  45. 【口頭発表】デジタル紙芝居を用いた地域観光資源のマッシュアップ

    小栗真弥, 水野慎士, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    観光情報学会第16回全国大会(2019.6.29-30), 米子コンベンションセンター     page: 29-30   2019.6

     More details

    Language:Japanese  

  46. 【口頭発表】博物館来館者を対象とした展示資料解釈および共有支援システムの提案

    岩崎絵里加, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣

    第5回とうかい観光情報学研究会(2019.2.18), 名古屋大学     page: 21 - 24   2019.2

     More details

    Language:Japanese  

  47. 【口頭発表】音声アシスタントを活用した観光地情報の多言語配信の検討

    宮川慎也,兼松篤子,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    第5回とうかい観光情報学研究会(2019.2.18), 名古屋大学     page: 5 - 8   2019.2

     More details

    Language:Japanese  

  48. 【口頭発表】自治体オープンデータにおける画像公開方法の検討

    鈴木彩音, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第5回とうかい観光情報学研究会(2019.2.18), 名古屋大学     page: 17 - 20   2019.2

     More details

    Language:Japanese  

  49. 【口頭発表】自治体の観光推進に向けた口コミ情報と駐車場利用情報の分析と可視化

    滝顕匠, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第5回とうかい観光情報学研究会(2019.2.18), 名古屋大学     page: 13 - 16   2019.2

     More details

    Language:Japanese  

  50. 【口頭発表】エンターテインメントとしての 茶会におけるプロジェクションマッピングの試み

    小栗真弥, 水野慎士, 小栗宏次, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    第50回情報処理学会エンターテインメントコンピューティング研究会(2018.12.21), はこだて未来大学   Vol. 2018-EC-50 ( 3 ) page: 1-6   2018.12

     More details

    Language:Japanese  

  51. 【口頭発表】文化財情報の活用についての課題と検討~愛知県登録有形文化財の台風21号被害調査から~

    小栗真弥, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    第9回社会情報学会中部支部研究会(SSICJ2018-1) 第4回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.12.15), 名古屋大学     page: 5 - 8   2018.12

     More details

    Language:Japanese  

  52. 【口頭発表】データ連携利用のためのモバイルアプリ開発手法の提案と試作

    小倉優悟, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    第9回社会情報学会中部支部研究会(SSICJ2018-1) 第4回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.12.15), 名古屋大学     page: 17 - 20   2018.12

     More details

    Language:Japanese  

  53. 【口頭発表】飛騨市の観光推進に向けたソーシャルメディアと駐車場利用情報の分析

    滝顕匠, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    観光情報学会 第18回研究発表会講演論文集(2018.11.17), 広島経済大学     page: 83 - 86   2018.11

     More details

    Language:Japanese  

  54. 【口頭発表】オープンデータとスマートスピーカーを活用した観光支援アプリの開発

    渡辺優樹, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    観光情報学会 第18回研究発表会講演論文集(2018.11.17), 広島経済大学     page: 20 - 23   2018.11

     More details

    Language:Japanese  

  55. 【口頭発表】スマートポスターを活用した天文情報提供手法の開発と実践

    永井一輝, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 毛利勝廣

    観光情報学会 第18回研究発表会講演論文集(2018.11.17), 広島経済大学     page: 8 - 11   2018.11

     More details

    Language:Japanese  

  56. 【口頭発表】博物館におけるWebリソースを用いた展示物推薦システムの提案

    和田颯馬, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 毛利勝廣

    観光情報学会 第18回研究発表会講演論文集(2018.11.17), 広島経済大学     page: 57 - 60   2018.11

     More details

    Language:Japanese  

  57. 【口頭発表】文化財構造物の茶室を活用したプロジェクションマッピングによる新しい茶会演出の試み

    小栗真弥, 水野慎士, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会第26回全国大会講演予稿集(2018.10.6), 東京大学     page: 27 - 30   2018.10

     More details

    Language:Japanese  

  58. 【口頭発表】行政サービスにおけるスマートスピーカーの活用に向けた研究 ースマートスピーカーと機能の選定に関する予備実験ー

    高嶋恵子, 福安 真奈, 渡辺 優樹, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 富田大輔

    情報文化学会第26回全国大会講演予稿集(2018.10.6), 東京大学     page: 63 - 65   2018.10

     More details

    Language:Japanese  

  59. Author: Michiko OHKURA "KAWAII" Engineering

      Vol. 6 ( 3 ) page: 79 - 80   2018.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  60. 【口頭発表】天体観望会における天文スマートポスターの活用方法の検討と実践

    永井一輝, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第7回情報文化学会中部支部研究会(2018.9.22), 名古屋大学     page: 1 - 4   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  61. 【口頭発表】地域におけるセキュリティ人材育成の現状調査と考察

    宮川 慎也, 遠藤 守, 浦田 真由, 安田 孝美

    第7回情報文化学会中部支部研究会(2018.9.22), 名古屋大学     page: 7 - 9   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  62. 【口頭発表】飛騨市におけるICT/IoTの観光への活用と公開ー口コミ情報と観光客属性の分析と可視化ー

    滝 顕匠, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美

    平成30年度第1回かが・のと観光情報学研究会(2018.9.13), 金沢     page: -   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  63. 【口頭発表】 オープンデータを活用したイベント情報共有プラットフォームの検討 〜国内IODD2018の実施状況とその分類手法から〜

    小栗 真弥, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美

    2018年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2018.9.8-9), 島根大学     page: 207 - 210   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  64. 【口頭発表】 行政データのオープンデータ化に向けたスマートスピーカーの活用 〜自治体データを活用したごみ出し情報アプリの開発~

    浦田 真由, 渡辺 優樹, 遠藤 守, 安田 孝美

    2018年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2018.9.8-9), 島根大学     page: 143 - 146   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  65. 【口頭発表】 自治体におけるルート情報管理公開活用に向けた提案と考察

    浦田 真由, 矢神 優, 遠藤 守, 安田 孝美

    2018年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2018.9.8-9), 島根大学     page: 138 - 142   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  66. 【口頭発表】 モノづくり×オープンデータ推進による地域活性化

    遠藤 守, 兼松 篤子, 浦田 真由, 安田 孝美, 下山 紗代子, 豊田 哲郎

    2018年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2018.9.8-9), 島根大学     page: 37 - 40   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  67. 【口頭発表】 地域子育て支援のための子育て情報の整備とその活用

    福安 真奈, 浦田 真由, 遠藤 守, 安田 孝美

    2018年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2018.9.8-9), 島根大学     page: 67 - 70   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  68. 【口頭発表】機械学習を用いた星空観測を促す適時情報通知システムの開発

    鉾館陸, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣

    第24回CLE研究発表会, 情報処理学会研究報告(2018.3.20-22), 京都大学   Vol. 2018-CLE-24 ( 12 ) page: 1 - 7   2018.3

     More details

    Language:Japanese  

  69. 【口頭発表】地域の魅力を収集・活用するための写真投稿システムの提案と実証

    劉迪, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第4回とうかい観光情報学研究会予稿集(2018.2.19), 静岡県立大学     page: 19 - 22   2018.2

     More details

    Language:Japanese  

  70. 【口頭発表】地域ガイドによる観光ブログのための情報発信支援ツールの提案と試作

    藤川千瑛, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第4回とうかい観光情報学研究会予稿集(2018.2.19), 静岡県立大学     page: 15 - 18   2018.2

     More details

    Language:Japanese  

  71. 【口頭発表】地方自治体におけるICT/IoTを活用した地域活性化のための試行と考察

    ピネロアウレリオ, 兼松篤子, 遠藤守, 浦田真由, 安田孝美

    第8回社会情報学会中部支部研究会・第3回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.1.27), 名古屋大学   Vol. SSICJ2017 ( 1 ) page: 5 - 8   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

  72. 【口頭発表】AI技術を活用した航空写真画像および地目データの利活用

    鵜飼凌央, 遠藤守, 浦田真由, 安田孝美

    第8回社会情報学会中部支部研究会・第3回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.1.27), 名古屋大学   Vol. SSICJ2017 ( 1 ) page: 1 - 4   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

  73. 【口頭発表】ICTを用いた民生委員のための情報利活用環境の設計と構築

    津田明日香, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第8回社会情報学会中部支部研究会・第3回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.1.27), 名古屋大学   Vol. SSICJ2017 ( 1 ) page: 21 - 24   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

  74. 【口頭発表】リアルタイム星空計算による WebGL を用いた天文教材システムの開発

    何雨瀟, 遠藤守, 浦田真由, 安田孝美, 毛利勝廣

    第8回社会情報学会中部支部研究会・第3回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.1.27), 名古屋大学   Vol. SSICJ2017 ( 1 ) page: 9 - 12   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

  75. 【口頭発表】地域における防災啓発活動のためのWebアプリケーションの提案と開発

    中條裕基, 渡辺優樹, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第8回社会情報学会中部支部研究会・第3回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.1.27), 名古屋大学   Vol. SSICJ2017 ( 1 ) page: 25 - 28   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

  76. 【口頭発表】地域子育てネットワークにおけるチャットボット型情報案内システムの提案と試作

    藤本光, 渡辺優樹, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第8回社会情報学会中部支部研究会・第3回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2018.1.27), 名古屋大学   Vol. SSICJ2017 ( 1 ) page: 29 - 32   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

  77. 【口頭発表】 地域資源発掘のための地域魅力投稿サイトの開発

    福安真奈,劉迪,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    観光情報学会 第16回研究発表会講演論文集 (2017.11.18), 鳥取大学     page: 28 - 31   2017.11

     More details

    Language:Japanese  

  78. 【口頭発表】 尾三地区自治体におけるコミュニティバス情報の標準化に向けた課題と考察

    矢神 優

    情報文化学会第25回全国大会講演予稿集(2017.10.7), 名古屋文理大学     page: 67 - 70   2017.10

     More details

    Language:Japanese  

  79. 【口頭発表】 自治体オープンデータ推進のための防災啓発アプリの提案と試作 ―防災啓発のための避難所情報のオープンデータ化―

    渡辺 優樹

    情報文化学会第25回全国大会講演予稿集(2017.10.7), 名古屋文理大学     page: 63 - 66   2017.10

     More details

    Language:Japanese  

  80. 【口頭発表】 自治体オープンデータ推進のための ビーコンプラットフォームの構築と活用

    遠藤 守, 兼松篤子, 浦田 真由, 安田 孝美, 下山 紗代子, 豊田 哲郎

    2017年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2017.9.16-17), 駒沢大学     page: PDF   2017.9

     More details

    Language:Japanese  

  81. 【口頭発表】 地域コミュニティの情報共有サイトを利用した地域広報誌作成システムの提案

    福安 真奈, 浦田 真由, 中 貴俊, 山田 雅之, 遠藤 守, 宮崎 慎也, 安田 孝美

    2017年社会情報学会(SSI) 学会大会 講演予稿集(2017.9.16-17), 駒沢大学     page: PDF   2017.9

     More details

    Language:Japanese  

  82. 【口頭発表】 オープンデータを活用した観光情報収集手法の検討

    小栗真弥, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    第14回観光情報学会全国大会 講演予稿集(2017.7.1-2), 静岡県立大学     page: 53 - 54   2017.7

     More details

    Language:Japanese  

  83. 【口頭発表】 科学系博物館におけるデジタルコンテンツを用いた解説支援のためのモバイルガイドの提案と開発

    永井一輝, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 毛利勝廣

    情報処理学会第79回全国大会(2017.3.16-18), 名古屋大学   Vol. 4   page: 961 - 962   2017.3

     More details

    Language:Japanese  

  84. 【口頭発表】 高齢者のタブレット使用におけるタッチ操作特徴の分析

    小栗真弥, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 野村佳代, 高橋 謙

    情報処理学会第79回全国大会(2017.3.16-18), 名古屋大学   Vol. 4   page: 597 - 598   2017.3

     More details

    Language:Japanese  

  85. 【口頭発表】 構造材料分野におけるweb技術を活用した可視化プラットフォームの構築

    横田佳代子, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 小山敏幸

    情報処理学会第79回全国大会(2017.3.16-18), 名古屋大学   Vol. 4   page: 741 - 742   2017.3

     More details

    Language:Japanese  

  86. 【口頭発表】 画像解析を用いた星空観測の適時情報通知システムの開発

    鉾館 陸, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美, 毛利勝廣

    情報処理学会第79回全国大会(2017.3.16-18), 名古屋大学   Vol. 4   page: 959 - 960   2017.3

     More details

    Language:Japanese  

  87. 【口頭発表】 農作業名称の標準化に基づいた作業記録アプリケーションの開発

    山森滉二, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤 守, 安田孝美

    情報処理学会第79回全国大会(2017.3.16-18), 名古屋大学   Vol. 1   page: 555 - 556   2017.3

     More details

    Language:Japanese  

  88. 【口頭発表】 市民による地域観光情報のオープンデータ化の実践

    臼井瑠那, 荻島和真, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第3回とうかい観光情報学研究会予稿集(2017.2.22), 静岡大学     page: 31 - 34   2017.2

     More details

    Language:Japanese  

  89. 【口頭発表】 VRscope®を用いた簡易VRコンテンツによる星空観望会支援

    中根貴和,浦田真由,遠藤守,安田孝美,毛利勝廣,浜谷卓美

    観光情報学会 第14回研究発表会講演論文集 (2016.11.25), 近畿大学     page: 32 - 35   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  90. 【口頭発表】 市民協働による観光情報のオープンデータ化の試行

    荻島和真,臼井瑠那,福安真奈,浦田真由,遠藤守,安田孝美

    観光情報学会 第14回研究発表会講演論文集 (2016.11.25), 近畿大学     page: 72 - 75   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  91. 【口頭発表】 天文学におけるサイエンスコミュニケーションの支援を目的としたデジタルコンテンツの活用と実践

    黒川響子, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 中貴俊, 岩崎公弥子, 毛利勝廣

    第20回教育学習支援情報システム(CLE)研究発表会(2016.11.18-19), 徳島大学   Vol. 2016-CLE-20 ( 8 ) page: 1 - 8   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  92. 【口頭発表】 科学館における実物展示に対する透過スクリーンを用いた解説手法の提案

    野中敢生, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣, 浜谷卓美

    第7回社会情報学会中部支部研究会・第2回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2016.11.12), 名古屋大学   Vol. SSICJ2016 ( 1 ) page: -   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  93. 【口頭発表】 自治体オープンデータを活用した防災啓発アプリの企画・開発

    松井健, 荻島和真, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 杉山幸一

    第7回社会情報学会中部支部研究会・第2回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2016.11.12), 名古屋大学   Vol. SSICJ2016 ( 1 ) page: -   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  94. 【口頭発表】 地方自治体におけるビーコンを用いた オープンデータ利活用基盤の設計と構築

    服部洋明, 兼松篤子,浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会第24回全国大会講演予稿集(2016.11.5), 東京大学     page: 37 - 40   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  95. 【口頭発表】 地域福祉現場のためのクラウドサービスを活用した 情報共有環境の構築

    高橋朋矢, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 高橋謙, 杉山幸一

    情報文化学会第24回全国大会講演予稿集(2016.11.5), 東京大学     page: 27 - 30   2016.11

     More details

    Language:Japanese  

  96. 【口頭発表】 動物園における BLE ビーコンを用いた人流解析アプリケーションの提案

    内田祐嗣, 服部洋明 , 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第6回情報文化学会中部支部研究会(2016.9.24), 名古屋大学     page: -   2016.9

     More details

    Language:Japanese  

  97. 【口頭発表】 スマートデバイスを用いた農作物の収穫量記録に関する提案と試行

    山森滉二,兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第6回情報文化学会中部支部研究会(2016.9.24), 名古屋大学     page: -   2016.9

     More details

    Language:Japanese  

  98. 【口頭発表】 防災情報における自治体オープンデータの現状と展望 〜市民利用を見据えた災害時生活情報のオープンデータ化〜

    荻島和真, 松井健, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2016年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2016.9.10-11), 札幌学院大学     page: -   2016.9

     More details

    Language:Japanese  

  99. 【口頭発表】 オープンデータとIoTの融合による自治体の情報化施策の提案と試行

    遠藤守, 服部洋明, 兼松篤子, 浦田真由, 安田孝美, 下山紗代子, 豊田哲郎

    2016年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2016.9.10-11), 札幌学院大学     page: -   2016.9

     More details

    Language:Japanese  

  100. 【口頭発表】 社会科見学に向けた郷土史学習システムの提案と開発

    福安真奈, 西下慧, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2016年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2016.9.10-11), 札幌学院大学     page: -   2016.9

     More details

    Language:Japanese  

  101. 【口頭発表】 文学作品におけるオープンデータ化の取り組みとその展望

    兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2016 PC Conference 論文集(2016.8.10-12), 大阪大学     page: 77 - 80   2016.8

     More details

    Language:Japanese  

  102. Trial of Market Prediction Using Recurrent neural network

        page: 111 - 116   2016.3

     More details

    Language:Japanese  

  103. 【口頭発表】 プラネタリウムの教育的機能の補助を目的とした「VRscope」の活用と考察

    中根貴和, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣, 浜谷卓美

    第2回とうかい観光情報学研究会予稿集(2016.2.22), 名古屋大学     page: 26 - 29   2016.2

     More details

    Language:Japanese  

  104. 【口頭発表】 溶接を題材とした可視化シミュレーションとWebブラウザによる教育システムに関する考察と試行

    横田佳代子, 鈴木健志, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 小山敏幸

    第6回社会情報学会中部支部研究会・第1回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2015.12.26), 名古屋大学   Vol. SSICJ2015 ( 2 ) page: 5 - 8   2015.12

     More details

    Language:Japanese  

  105. 【口頭発表】 農業分野における統計および地理情報を活用した情報表現手法の検討と試作

    山森滉二, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第6回社会情報学会中部支部研究会・第1回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2015.12.26), 名古屋大学   Vol. SSICJ2015 ( 2 ) page: 1 - 4   2015.12

     More details

    Language:Japanese  

  106. 【口頭発表】 「VRscope」を用いた星空仮想体験システムの提案

    中根貴和, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣, 浜谷卓美

    第6回社会情報学会中部支部研究会・第1回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2015.12.26), 名古屋大学   Vol. SSICJ2015 ( 2 ) page: 39 - 42   2015.12

     More details

    Language:Japanese  

  107. 【口頭発表】 地域歴史伝承を目的とした社会科見学におけるウェブアプリケーションの開発

    樋口茉奈, 西下慧, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第6回社会情報学会中部支部研究会・第1回芸術科学会中部支部研究会 合同研究会(2015.12.26), 名古屋大学   Vol. SSICJ2015 ( 2 ) page: 29 - 32   2015.12

     More details

    Language:Japanese  

  108. 【口頭発表】 観光イベントにおける自治体オープンデータ推進の実践

    荻島和真, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    観光情報学会 第12回研究発表会講演論文集 (2015.11.27), 静岡県立大学     page: 40 - 43   2015.11

     More details

    Language:Japanese  

  109. 【口頭発表】 観光イベント支援を目的としたタブレットによる天文学習教材の活用に関する実践と考察

    黒川響子, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 中貴俊, 岩崎公弥子, 毛利勝廣

    観光情報学会 第12回研究発表会講演論文集 (2015.11.27), 静岡県立大学     page: 9 - 12   2015.11

     More details

    Language:Japanese  

  110. 【口頭発表】 住民自治組織におけるタブレット端末を用いた地域情報活用環境の構築

    島かさね, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 杉山幸一, 酒井敏也

    情報文化学会第23回全国大会講演予稿集(2015.10.10), 東京大学     page: 19 - 22   2015.10

     More details

    Language:Japanese  

  111. 【口頭発表】 地域福祉活動におけるICT利活用の検証と考察 ~地域支援者による情報活用の事例から~

    高橋朋矢, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 杉山幸一, 酒井敏也

    情報文化学会第23回全国大会講演予稿集(2015.10.10), 東京大学     page: 15 - 18   2015.10

     More details

    Language:Japanese  

  112. 【口頭発表】 科学系博物館における星空の可視化提供システムの提案

    鉾舘陸, 工藤智祥, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣

    第5回情報文化学会中部支部研究会(2015.9.19), 名古屋大学     page: -   2015.9

     More details

    Language:Japanese  

  113. 【口頭発表】 高齢者の継続的なタブレット活用促進のための研究

    荒井亮磨, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第5回情報文化学会中部支部研究会(2015.9.19), 名古屋大学     page: -   2015.9

     More details

    Language:Japanese  

  114. 【口頭発表】 産学官民連携によるオープンデータ推進の現状と試行

    遠藤守, 服部洋明, 兼松篤子, 浦田真由, 安田孝美, 下山紗代子, 豊田哲郎

    2015年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2015.9.11-13), 明治大学     page: 170 - 173   2015.9

     More details

    Language:Japanese  

  115. 【口頭発表】 地域子育てネットワークの情報発信・共有モデルの構築

    福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2015年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2015.9.11-13), 明治大学     page: 103 - 106   2015.9

     More details

    Language:Japanese  

  116. 【口頭発表】 自治体オープンデータのための語彙共通化に関する考察~観光イベント情報における活用事例から~

    荻島和真, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2015年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2015.9.11-13), 明治大学     page: 204 - 209   2015.9

     More details

    Language:Japanese  

  117. 【口頭発表】 地域資源を活用した地域振興のための歴史伝承アプリの提案

    福安真奈, 西下慧, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    観光情報学会 第11回研究発表会講演論文集 (2015.8.24), 小樽商科大学     page: 33 - 36   2015.8

     More details

    Language:Japanese  

  118. 【口頭発表】 コミュニケーションによって情報を伝える生き物図鑑Webアプリの開発と評価

    近藤彩乃, 岩崎公弥子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2015 PC Conference 論文集(2015.8.20-22), 富山大学     page: 81 - 82   2015.8

     More details

    Language:Japanese  

  119. 【口頭発表】 地域歴史伝承を支援する社会科見学向けアプリの構築

    西下慧, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2015 PC Conference 論文集(2015.8.20-22), 富山大学     page: 77 - 80   2015.8

     More details

    Language:Japanese  

  120. 【口頭発表】 自治体におけるオープンデータ推進のためのSNS活用の提案と試行

    服部洋明, 兼松篤子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 下山紗代子, 豊田哲郎

    第5回社会情報学会中部支部研究会(2015.7.4), 名古屋大学   Vol. SSICJ2015-1 ( 3 ) page: 10 - 13   2015.7

     More details

    Language:Japanese  

  121. 【口頭発表】 地域子育て支援ネットワークにおけるイベント情報収集モデルの提案

    畢振名, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第5回社会情報学会中部支部研究会(2015.7.4), 名古屋大学   Vol. SSICJ2015-1 ( 3 ) page: 6 - 9   2015.7

     More details

    Language:Japanese  

  122. Developing an Appreciation Supporting System in Science Museum Linked with Planetarium

      Vol. 115 ( 125 ) page: 51 - 56   2015.7

     More details

    Language:Japanese  

    Astronomy education needs flexible education programs in accordance with various seasonal phenomena. But panels or exhibits in science museums are often too static to behave dynamically to serve the purpose. This paper show the way to accomplish that purpose, developing an easily-updatable mobile guiding system, which also gives push notifications to encourage visitors to approach to exhibits.

  123. 【口頭発表】 近距離無線通信を用いた科学系博物館における天文教育システムの提案

    工藤智祥, 小原直輝, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣, 濱谷卓美

    第77回情報処理学会全国大会予稿集(2015.3.17), 京都大学   Vol. 1 ( 1P-08 ) page: 711 - 712   2015.3

     More details

    Language:Japanese  

  124. 【口頭発表】 観光イベント情報のオープンデータ化とその実証

    荻島和真, 加藤福己, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第1回とうかい観光情報学研究会予稿集(2015.2.18), 静岡県立大学     page: 5 - 8   2015.2

     More details

    Language:Japanese  

  125. 【口頭発表】 観光イベント情報のオープンデータ化とその活用

    荻島和真, 加藤福己, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第4回社会情報学会中部支部研究会(2014.12.20), 名古屋大学   Vol. SSICJ2014 ( 2 ) page: 32 - 35   2014.12

     More details

    Language:Japanese  

  126. 【口頭発表】 地域コミュニティによる地域情報発信における継続的な運用モデルの構築とその応用

    島かさね, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第4回社会情報学会中部支部研究会(2014.12.20), 名古屋大学   Vol. SSICJ2014 ( 2 ) page: 36 - 39   2014.12

     More details

    Language:Japanese  

  127. 【口頭発表】 Deep Learningを用いたアプリストアランキングの予測に関する研究

    菊池祥太郎, 小池優希, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 水野政司

    情報処理学会研究報告情報システムと社会環境(IS)(2014.12.8), 産業技術大学院大学   Vol. 2014-IS-130 ( 3 ) page: 1 - 6   2014.12

     More details

    Language:Japanese  

  128. 【口頭発表】 ICTを用いた地域支援者のための情報活用環境の設計

    高橋朋矢, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会第22回全国大会講演予稿集(2014.11.15), 東京大学     page: 80 - 81   2014.11

     More details

    Language:Japanese  

  129. 【口頭発表】 観光イベント参加者のためのガイドアプリの提案-オープンデータを用いた市民主体のアプリ開発-

    加藤福己, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    情報文化学会第22回全国大会講演予稿集(2014.11.15), 東京大学     page: 34 - 37   2014.11

     More details

    Language:Japanese  

  130. 【口頭発表】 ソーシャルメディアにおける情報伝播に着目したアプリストアランキングの予測と解析

    菊池祥太郎, 小池優希, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 水野政司

    第4回情報文化学会中部支部研究会(2014.9.27), 名古屋大学     page: -   2014.9

     More details

    Language:Japanese  

  131. 【口頭発表】 科学博物館のオープンデータ推進の現状と展望

    松木友里恵, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美, 毛利勝廣

    第4回情報文化学会中部支部研究会(2014.9.27), 名古屋大学     page: -   2014.9

     More details

    Language:Japanese  

  132. 【口頭発表】 都道府県におけるLinkDataを活用したミニマムオープンデータ推進戦略

    遠藤守, 浦田真由, 中貴俊, 山田雅之, 宮崎慎也, 下山紗代子, 豊田哲郎, 安田孝美

    2014年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2014.9.19-21), 京都大学     page: 367 - 370   2014.9

     More details

    Language:Japanese  

  133. 【口頭発表】 コミュニケーション支援型生き物図鑑Webアプリの提案

    近藤彩乃, 岩崎公弥子, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2014年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2014.9.19-21), 京都大学     page: 241 - 244   2014.9

     More details

    Language:Japanese  

  134. 【口頭発表】 地域歴史伝承活動を支援するアプリの提案と開発

    西下慧, 肥田昌平, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    2014年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2014.9.19-21), 京都大学     page: 99 - 102   2014.9

     More details

    Language:Japanese  

  135. 【口頭発表】 オープンデータプラットフォームを活用した学術論文共同執筆のためのオープンアクティビティ

    遠藤守, 浦田真由, 中貴俊, 山田雅之, 宮崎慎也, 下山紗代子, 豊田哲郎, 安田孝美

    第3回社会情報学会中部支部研究会(2014.6.28), 名古屋大学   Vol. SSICJ2014 ( 1 ) page: 37 - 40   2014.6

     More details

    Language:Japanese  

  136. 【口頭発表】 オープンデータ推進のための地域情報化の取り組みと今後の展望

    小池優希, 福安真奈, 浦田真由, 遠藤守, 中貴俊, 山田雅之, 宮崎慎也, 安田孝美

    第3回社会情報学会中部支部研究会(2014.6.28), 名古屋大学   Vol. SSICJ2014 ( 1 ) page: 33 - 36   2014.6

     More details

    Language:Japanese  

  137. 【口頭発表】 科学に浸透し研究を加速させるビジュアルコミュニケーション

    比留川治子, 遠藤守, 浦田真由, 宮崎亜矢子, 佐藤綾人, 茂登山清文, 安田孝美

    第3回社会情報学会中部支部研究会(2014.6.28), 名古屋大学   Vol. SSICJ2014 ( 1 ) page: 25 - 28   2014.6

     More details

    Language:Japanese  

  138. 【口頭発表】 情報社会をデザインする安田・遠藤研究室

    松木友里恵, 二宮将, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美

    第3回社会情報学会中部支部研究会(2014.6.28), 名古屋大学   Vol. SSICJ2014 ( 1 ) page: 1 - 8   2014.6

     More details

    Language:Japanese  

  139. 【口頭発表】 地域子育て情報発信の現状及び地域密着子育て情報アプリの提案

    安海順, 福安真奈, 浦田真由, 安田孝美

    第2回社会情報学会中部支部研究会(2013.12.7), 名古屋大学   Vol. SSICJ2013巻 ( 2 ) page: 25 - 28   2013.12

     More details

    Language:Japanese  

  140. 【口頭発表】 フォトラリーアプリによる観光支援効果の検討

    加藤福己, 長尾聡輝, 浦田真由, 安田孝美

    情報文化学会第21回全国大会講演予稿集(2013.10.12), 東京大学     page: 17 - 21   2013.10

     More details

    Language:Japanese  

  141. 【口頭発表】 科学系博物館における継続的なガイドシステム運用の検討と開発

    小原直樹, 高木英輔, 浦田真由, 毛利勝廣, 安田孝美

    情報文化学会第21回全国大会講演予稿集(2013.10.12), 東京大学     page: 21 - 24   2013.10

     More details

    Language:Japanese  

  142. 【口頭発表】 フォトラリーを用いた観光支援システムの提案と開発

    加藤福己, 長尾聡輝, 浦田真由, 安田孝美

    2013年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2013.9.13-15), 東京大学     page: 195 - 198   2013.9

     More details

    Language:Japanese  

  143. 【口頭発表】 地域コミュニティにおけるICTの利活用と継続的な運営に関する研究

    若田弥里, 浦田真由, 安田孝美

    2013年社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集(2013.9.13-15), 東京大学     page: 133 - 136   2013.9

     More details

    Language:Japanese  

  144. 【口頭発表】 CMSと連携したユーザ参加型モバイル観光支援システムの開発

    長尾聡輝, 加藤福己, 浦田真由, 安田孝美

    FIT2013第12回情報科学技術フォーラム (2013.9.4), 鳥取大学     page: 353 - 358   2013.9

     More details

    Language:Japanese  

  145. 【口頭発表】 クラウドサービスを活用した地域コミュニティの運営支援の提案

    若田弥里, 浦田 真由, 安田孝美

    2013 PC Conference 論文集(2013.8.3-5), 東京大学     page: 315 - 318   2013.8

     More details

    Language:Japanese  

  146. 【口頭発表】 スマートフォンを用いた観光支援システムの開発

    長尾聡輝, 加藤福己, 浦田真由, 安田孝美

    2013PC Conference 論文集, (全国大会), 東京大学, (2013.8.3-5)     page: 321 - 324   2013.8

     More details

    Language:Japanese  

  147. 【口頭発表】 科学館における学芸員のための展示解説支援システムの開発

    小原直輝, 高木英輔, 浦田真由, 安田孝美

    第1回社会情報学会中部支部研究会, (2013.6.29)   Vol. SSICJ2013 ( 1 ) page: 16 - 19   2013.6

     More details

    Language:Japanese  

  148. 【口頭発表】 観光支援のためのフォトラリーアプリの構想と実証

    加藤福己, 長尾聡輝, 浦田真由, 安田孝美

    第1回社会情報学会中部支部研究会, (2013.6.29)   Vol. SSICJ2013 ( 1 ) page: 24 - 27   2013.6

     More details

    Language:Japanese  

  149. 【口頭発表】 スマートフォンを用いた観光アルバム作成アプリケーションの開発

    長尾聡輝, 加藤福己, 浦田真由, 安田孝美

    情報処理学会デジタルコンテンツクリエーション(DCC)研究会 IPSJ SIG Technical Report, (研究会), 愛知工業大学, (2012.10.18)   Vol. 2012-DCC-2 ( 22 ) page: 1 - 4   2012.10

     More details

    Language:Japanese  

  150. 【口頭発表】 スマートフォンのカメラ機能を用いた観光支援アプリの試作

    加藤福己,長尾聡輝,浦田真由,安田孝美

    情報文化学会第20回全国大会講演予稿集, 東京大学, (2012.10.6)     page: 48 - 51   2012.10

     More details

    Language:Japanese  

  151. 【口頭発表】 学芸員による継続的な更新が可能なミュージアムモバイルガイドシステムの提案

    髙木英輔,浦田真由,毛利勝廣,安田孝美

    情報文化学会第20回全国大会講演予稿集, 東京大学, (2012.10.6)     page: 52 - 55   2012.10

     More details

    Language:Japanese  

  152. 【口頭発表】 地域コミュニティ運営を支援するためのICT利活用

    浦田真由, 安田孝美

    2012年日本社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集, (全国大会), 群馬大学, (2012.9.14-16)     page: 175 - 180   2012.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究は,自治会・町内会の運営を支援するためのICT利活用を目的とする.我々は2007年より名古屋市東区を対象とした地域サイトを運営しており,市民主体による地域サイトの設計および継続的な運営を実現してきた.本稿では,この事例をもとに,名古屋市瑞穂区御劔学区へ適応するための具体的方法および,そこから見えてきた町内会運営業務におけるICT利活用支援について事例を紹介すると共に,今後の取り組みについて報告する.

  153. 【口頭発表】 天文学芸員による夜空の明るさ観測を支援するためのWebシステムの設計と構築

    平松幸恵,浦田真由,毛利勝廣,安田孝美

    2012PC Conference 論文集, (全国大会), 京都大学, (2012.8.4-6)     page: 171 - 174   2012.8

     More details

    Language:Japanese  

  154. 【口頭発表】 プラネタリウムと展示をつなぐモバイルガイドシステムの開発と評価

    髙木英輔,浦田真由,毛利 勝廣,安田孝美

    2012PC Conference 論文集, (全国大会), 京都大学, (2012.8.4-6)     page: 183 - 186   2012.8

     More details

    Language:Japanese  

  155. Dynamic Teaching Materials System

    BATISTA George, URATA Mayu, YASUDA Takami

    第2回情報文化学会中部支部研究会(2012.6.16), 名古屋大学     page: -   2012.6

     More details

    Language:English  

  156. 【口頭発表】 地域コミュニティにおけるICTの利活用とその役割

    浦田真由, 安田孝美

    第2回情報文化学会中部支部研究会(2012.6.16), 名古屋大学     page: -   2012.6

     More details

    Language:Japanese  

  157. 【口頭発表】 地域文化活動支援のためのWebシステムの設計と試作 ―名古屋市中区錦二丁目「長者町地区」の地域サイト「まちの会所hanare」の事例から―

    田中愛, 原愛樹, 近藤真由, 安田孝美

    情報文化学会第19回全国大会講演予稿集, 東京大学, (2011.10.8)     page: 92 - 95   2011.10

     More details

    Language:Japanese  

  158. Interface Settings and the Improvement Proposal of the Astronomy News Integrated System for the Museum Curator

        page: 331 - 334   2011.9

     More details

    Language:English  

  159. 【口頭発表】 市民主体による地域サイトの構築と継続的な運営に関する研究

    浦田真由,後藤昌人,安田孝美

    2011年日本社会情報学会(JASI&JSIS)合同研究大会研究発表論文集, (全国大会), 静岡大学, (2011.9.9-12)     page: 351 - 356   2011.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,市民が主体となった地域サイトの構築と継続的運営の実現方法を明らかにすることを目的とする.「ひがしネット」の事例から見た,市民主体による地域サイトの設計と構築,運営方法を整理すると共に,瑞穂区御劔学区への適応方法および今後の取組みについて報告する.

  160. 【口頭発表】 動画配信サービスによる市民参加型イベントの配信実験と考察

    吉川遼,近藤真由,安田孝美

    2011PC Conference 論文集, (全国大会), 熊本大学, (2011.8.6-8)     page: 208 - 211   2011.8

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,市民参加型イベントでのライブ配信サービスによるイベント配信実験を実施し,広範囲かつ複数の会場で同時進行されるイベントを,スマートフォン,PC等複数の機材を組み合わせたマルチチャンネルな体制で配信することによって参加者のイベント体験の促進を図った.

  161. 【口頭発表】 光害観測活動支援のためのWebシステムの構築

    平松幸恵,近藤真由,毛利勝廣,安田孝美

    2011PC Conference 論文集, (全国大会), 熊本大学, (2011.8.6-8)     page: 164 - 167   2011.8

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,モバイル機器から手軽に観測結果の投稿や閲覧ができ,地図上にリアルタイムで結果を表示することのできるWebシステムを構築した.

  162. 【口頭発表】 生涯学習向け天文教育におけるタイムリー性を高めたWebの設計

    近藤真由,安田孝美

    情報文化学会第18回全国大会講演予稿集, 東京大学, (2010.11.20)     page: 27 - 30   2010.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,これまで開発してきた天文教材を,生涯学習向きにより身近なものとして活用するためのWeb設計を行った.Webキュレーションの概念を取り入れ,“今”の天文情報に焦点を絞り,タイムリー性のあるコンテンツと連携することによって,星空を見ることに対する興味・関心が高められるよう設計した.

  163. 【口頭発表】 Webの進化が地域サイトにもたらすもの-名古屋市東区地域サイト「ひがしネット」の事例から-

    近藤真由,後藤昌人,安田孝美

    名古屋大学若手女性研究者 サイエンスフォーラム 要旨集, 名古屋大学, (2010.11.13)     page: 14   2010.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,Webの変化と共に地域サイトはこれまでにどのように変化してきたのかを考察すると共に,今後どのように変化していくのかを検討した.特にWebの仕組みによって,地域サイトに関わる「人」の行動がどのように変化するのかに着目した.

  164. Development of a Museum Visitor's Mobile Guide Interface and SNS for a User-Generated Geospatial Content Experience

        page: 71 - 74   2010.11

     More details

    Language:English  

  165. 【口頭発表】 Webの進化が地域サイトにもたらすもの-名古屋市東区地域サイト「ひがしネット」の事例から-

    近藤真由,後藤昌人,安田孝美

    2010年日本社会情報学会(JASI&JSIS)合同研究大会 研究発表論文集, (全国大会), 長崎県立大学シーボルト校, (2010.9.4-6)     page: 50 - 55   2010.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,Webの進化と共に地域サイトがどのように変わってきているのかを,「ひがしネット」の事例をもとに考察した.Web技術が進化することで様々な地域情報の発信が可能になること,また,地域のニーズに適した情報発信方法を取り入れていくことの重要性が明らかとなった.

  166. 【口頭発表】 WORD PRESSを用いたブログでつなぐ地域コンテンツ配信環境

    山田有佳里,川合由記,佐藤美咲,立松恵里奈,堀尾真里,松本 知子,近藤 真由,後藤 昌人

    2010PC Conference 論文集, (全国大会), 東北大学, (2010.8.7-9)     page: 103 - 104   2010.8

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,個人が運用するブログを機能させたブログポータル的なサイトをWordPress をベースに構築し,市民が自分主体のオリジナルコンテンツが自由に配信できる環境やそれをサポートする地元のIT ボランティアによる市民向けのブログ活用講座などの取り組み,学生によるオリジナルコンテンツの制作などの実践してきたことを報告した.

  167. 【口頭発表】 静的サイトとブログCMSの連携による学部サイトの構築・運営

    近藤真由,安田孝美,横井茂樹

    2010PC Conference 論文集, (全国大会), 東北大学, (2010.8.7-9)     page: 195 - 198   2010.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,静的なHTMLサイトとCMSの連携による学部サイトの構築方法および学部内における運営体制について報告した.公式学部サイトリニューアルのモデルケースとして,従来の学部サイトで提供してきたOfficial情報と,より即時性のあるTimely情報などをどのような技術・体制によって発信可能にしたのかを明らかにした.

  168. 【口頭発表】 データベースメディアの活用による生涯学習向け天文教育に関する研究

    近藤真由,後藤昌人,岩崎公弥子,遠藤守,毛利勝廣,安田孝美

    情報文化学会第17回全国大会講演予稿集, 東京大学, (2009.11.21)     page: 75 - 78   2009.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,学芸員によるオンラインへの教材提供を支援する天文教材管理システムについて述べると共に,Webビジネスにおいて注目されているデータベースメディアの概念を取り入れた新たな機能の提案を行った.

  169. 【口頭発表】 データベースメディアを活用した地域サイトの設計

    近藤真由,後藤昌人,安田孝美

    2009年日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会研究発表論文集, (全国大会), 新潟大学, (2009.9.12-13)     page: 140 - 143   2009.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,データベースメディアの概念を取り入れた地域サイトの設計を行った.データベースメディアは,独自のデータベースを構築し,そこに多くのユーザが参加し,データを加えることによって,Webサイトで提供できるコンテンツの価値を高めるという特徴を持つが,その効果を得るためには,サイトの運営体制を明確にし,地域との実コミュニティでの繋がりが重要となる.

  170. 【口頭発表】 地域コンテンツの創造環境及び質に関する検討

    後藤昌人,近藤真由,遠藤守,安田孝美

    2009年日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会研究発表論文集, (全国大会), 新潟大学, (2009.9.12-13)     page: 98 - 101   2009.9

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,多くの制約の中で,より品質の高い地域コンテンツを創造するための環境構築と,曖昧になりがちな地域コンテンツの品質に関しての両面から検討を行った.

  171. 【口頭発表】 学芸員との共同開発によるWeb星座図鑑のコンテンツに関する研究

    河田早織,川上恵里,河野有貴子,倉田麻未,新川祐理菜,舟橋知里,後藤昌人,岩崎公弥子,近藤真由,遠藤守,毛利勝廣,安田孝美

    2009PC Conference 論文集, (全国大会), 愛媛大学, (2009.8.9-11)     page: 107 - 108   2009.8

     More details

    Language:Japanese  

    長年に渡って行ってきた学芸員とのコンテンツ制作における工夫や,コンテンツ制作の作業効率面での改善点をはじめ,完成した星座図鑑を実際に利用してもらった実験アンケートの分析結果を報告した.

  172. 【口頭発表】 天文教育における学芸員を支援するためのWebシステムの開発

    近藤真由,後藤昌人,岩崎公弥子,遠藤守,毛利勝廣,安田孝美

    情報文化学会中部支部研究発表会発表予稿集, (全国大会), 名古屋大学, (2009.3.14)     page: 25 - 26   2009.3

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,天文教育向け教材のオンラインでの配信を支援するWebシステムを開発した.学芸員による教育活動を分析し,天文教材の特徴および,それに適した配信方法を明らかにした.

  173. 【口頭発表】 地域サイトの継続促進のための情報収集プロセスの構築と運営

    近藤真由,佐藤美矢子,後藤昌人,安田孝美,横井茂樹

    日本社会情報学会若手研究者支援ワークショップ, 名古屋大学, (2009.3.15)     page: -   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,情報収集プロセスを含めたコンテンツ管理の側面から地域サイトの運営方法を提案し,運営実験を実施した.

  174. 【口頭発表】 地域情報発信サイトの継続促進のためのコンテンツ管理

    近藤真由, 佐藤美矢子, 後藤昌人, 安田孝美, 横井茂樹

    第2回日本社会情報学会大学院生研究発表大会発表要旨集, (全国大会), 学習院大学, (2008.11.29)     page: 13 - 16   2008.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    オープンソースCMSを用いたサイト構築・運営における実践的な場で見えてきた課題を分析することによって,地域サイトに求められるコンテンツ管理のための要件を示した.

  175. 【口頭発表】 動画を用いた地域情報配信による中心商業地の活性化実験~総務省「戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)」による取り組み~

    近藤真由,安田孝美,宇佐美理

    2008年日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会研究発表論文集, (全国大会), 東京大学, (2008.9.12-14)     page: 342 - 345   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本プロジェクトでは,危機意識を持って活発な取り組みを始めている地元企業・個人の組織と行政との連携のもと,情報関連のインフラ整備を基礎に,豊かなコンテンツ制作と情報発信によって,ICTによる新しい街づくりを追究した.

  176. 【口頭発表】 地域情報における専門情報と草の根情報の融合によるコンテンツ開発の可能性について

    後藤昌人,近藤真由,服部哲,安田孝美,横井茂樹

    2008年日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会研究発表論文集, (全国大会), 東京大学, (2008.9.12-14)     page: 346 - 349   2008.9

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,地域情報における専門情報と草の根情報の融合について,事例をもとに社会的な関係の中で開発する要件なども含めながらその可能性について考察を行った.

  177. 【口頭発表】 地域ポータルサイトにおけるCMSの実践的活用と今後の課題

    近藤真由,後藤昌人,服部哲,安田孝美,横井茂樹

    情報処理学会 第103回 情報システムと社会環境研究発表会, (研究会), 専修大学, (2008.3.4-5)   Vol. 2008-IS ( 103 ) page: 29 - 34   2008.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,地域ポータルサイトにおけるCMSの活用によるサイト管理および運営手法について提案し,名古屋市東区において実践的に検証した.

  178. 【口頭発表】 天文教育におけるマルチプラットフォームコンテンツ生成のためのフレームワークの構築

    浦正広,近藤真由,遠藤守,山田雅之,宮崎真也,岩崎公弥子,安田孝美,横井茂樹

    電子情報通信学会 MVE研究会, 名城大学, (2007.10.4)     page: 53 - 58   2007.10

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,多様な利用機器や学習環境を考慮した,マルチプラットフォームコンテンツの配信を実現するフレームワークを構築した.

  179. 【口頭発表】 CMSの活用による市民を主体とした地域ポータルサイトの管理・運営

    近藤真由,後藤昌人,服部哲,安田孝美,横井茂樹

    2007年日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会研究発表論文集, (全国大会), 名古屋大学, (2007.9.8-10)     page: 44 - 47   2007.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,市民を主体とした地域ポータルサイトの構築における,CMS の活用および管理・運営体制について述べた.サイトのコンセプトを明確にし,様々な議論により実運用に向けた検討を行うことで,運営コストを削減するだけでなく,サイトの信頼性・信憑性を保たせ,管理権限による円滑なサイト運営を行うことが可能となった.

  180. 【口頭発表】 天文教育におけるポッドキャスト配信に向けたコンテンツ管理手法の提案

    近藤真由,浦正広,遠藤守,岩崎公弥子,毛利勝廣,野田学,安田孝美,横井茂樹

    2007PC Conference 論文集, (全国大会), 北海道大学, (2007.8.2-4)     page: 267 - 270   2007.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,星座データベースを活用し,天文教育のためのポッドキャスト配信を実現した.オンライン星座図鑑は,野外へコンテンツを持ち運び学習することを想定しており,ポッドキャスト配信の活用は天文教育の視点からも効果的となった.

  181. 【口頭発表】 市民を主体とした地域ポータルサイトの構築と運用について

    後藤昌人,服部哲,近藤真由,安田孝美,横井茂樹

    2007PC Conference 論文集, (全国大会), 北海道大学, (2007.8.2-4)     page: 65 - 66   2007.8

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,市民ベースで継続的に運営管理が可能な地域Web サイトの構築を目的とした.特に,地域に関する情報を扱うサイトを,少額予算でボランティアをベースとして運営するケースについて検討を行った.

  182. 【口頭発表】 天文教育におけるマルチプラットフォーム向けオンライン星座図鑑の設計と開発

    近藤真由,浦正広,遠藤守,岩崎公弥子,毛利勝廣,野田学,安田孝美,横井茂樹

    第69回情報処理学会全国大会論文集, (全国大会), 早稲田大学, (2007.3.6-8)     page: 4-521 - 4-522   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,多様な利用機器や学習環境を考慮したマルチプラットフォーム向けのオンライン星座図鑑を名古屋市科学館と共同製作した.天文教育におけるデータベースの活用による効率的なコンテンツ管理手法を提案し,学習環境を考慮したより効果的な情報配信を実現した.

  183. 【口頭発表】 市民によるインターネット放送局運営のための提案

    近藤真由,岩崎公弥子,安田孝美,横井茂樹

    2006年日本社会情報学会(JSIS)(JASI)合同研究大会,(全国大会), 学習院大学, (2006.9.12-13)     page: 179 - 180   2006.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本稿では学生発のインターネット放送局excampusを取り上げ,学生が高品質・高頻度で情報発信を行うための工夫,及びインターネット放送局の運営を支援するためのWebシステムの提案を行った.

  184. 【口頭発表】 インターネット放送局運営を支援するためのWebシステムの提案

    近藤真由,岩崎公弥子,安田孝美

    2006PC Conference 論文集, (全国大会), 立命館大学, (2006.8.3-5)     page: 189 - 192   2006.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    本研究では,愛・地球博開催時に実施された,学生発のインターネット放送局excampus(エクスキャンパス)の事例を元に,市民によるインターネット放送局の運営方法を検証した.

  185. 【口頭発表】 星座観測を支援するWeb教材「星座図鑑」の開発

    林美帆,浦井悠子,鈴木淳子,寺澤菜美果,中山阿希子,近藤真由,遠藤守,毛利勝廣,岩崎公弥子,安田孝美

    2006PC Conference 論文集, (全国大会), 立命館大学, (2006.8.3-5)     page: 405 - 408   2006.8

     More details

    Language:Japanese  

    本研究では,名古屋市科学館と共同で,天文初心者による星座観測を支援するWeb教材「星座図鑑」の開発を行った.

  186. 【口頭発表】 学芸員の知識を野外で活かす「Web星座図鑑」の開発

    岩崎公弥子,遠藤守,毛利勝廣,近藤真由,野田学,安田孝美

    日本教育工学会 研究会, (2006.7.8)     page: 9 - 12   2006.7

     More details

    Language:Japanese  

    プラネタリウムの学芸員が音声や動画を使って星座の探し方を解説する「星座図鑑」、プラネタリウムの番組と連動して情報提供を行う「プラネタリウム」、今日の星空等を検索することができる「星座検索」等のコンテンツを開発した.

  187. 【口頭発表】 愛・地球博「地球大交流」を促進させるインターネット放送の試み

    近藤真由,岩崎公弥子,舘輝和

    2005PC Conference論文集 (全国大会) 新潟大学, (2005.8.5-7)     page: 125 - 128   2005.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    愛知県の大学生約50名が学生の視点で「2005年日本国際博覧会」を取材し,情報発信するサイトを産学連携で立ち上げ,テーマとなっている「地球大交流」を促進させる効果的な動画Web教材の制作を試みた.

▼display all

Presentations 37

  1. オープンデータの意義と民間サービスによる利活用 Invited

    浦田 真由

    あいち電子自治体推進協議会 共通課題研究会 オープンデータ勉強会  2022.3.2  あいち電子自治体推進協議会

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  2. 住民サービスにおけるICT利活用

    浦田 真由

    令和3年度 愛知県弁護士会行政連携センター シンポジウム 地域における支え合いと情報共有の在り方  2022.2.2  愛知県弁護士会行政連携センター

     More details

    Event date: 2022.2

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:愛知弁護士会館  

  3. 地域DXへ向けたオープンデータ推進

    浦田 真由

    日進市 オープンデータ研修  日進市役所

     More details

    Event date: 2021.12

  4. 地域DXへ向けたオープンデータ推進

    浦田 真由

    小牧市 オープンデータ研修  小牧市役所

     More details

    Event date: 2021.11

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  5. 情報通信技術がもたらす未来社会とは

    浦田 真由

    名大研究室の 扉 in 河合塾 

     More details

    Event date: 2021.10

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  6. デジタル社会の実現へ向けて

    浦田 真由

    名古屋大学オンラインセミナー "MEBINAR" 第4回『アカデミアと考えるこれからのデジタル化社会』  2021.8.20  名古屋大学 MEBINAR運営事務局

     More details

    Event date: 2021.8

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  7. デジタル社会の実現へ向けて

    浦田 真由

    女子中高生理系進学推進セミナー 

     More details

    Event date: 2021.8

    Venue:オンライン  

  8. 地域DXへ向けたオープンデータ推進

    浦田 真由

    大府市 オープンデータ研修  2021.7.30  大府市役所

     More details

    Event date: 2021.7

  9. 地域DXに向けて

    浦田 真由

    東海国立大学機構デジタルユニバーシティシンポジウム 第1回「デジタルユニバーシティって?」  東海国立大学機構 デジタルユニバーシティ室

     More details

    Event date: 2021.7

    Venue:オンライン  

  10. 「地域」のデジタル化推進

    浦田 真由

    町村からの地域情報化研究会   2021.6.30  全国町村会

     More details

    Event date: 2021.6

  11. 日本の電気通信技術誕生から未来の超コミュニティ社会まで

    浦田 真由

    TMI公開討論会  卓越大学院プログラム TMI

     More details

    Event date: 2021.4

    Venue:名古屋大学 NIC館  

  12. スマートスピーカーで生活をより便利に!

    浦田真由

    杉村学区民生委員向け講座(名古屋市北区)  2021.3.31  杉村学区民生委員

     More details

    Event date: 2021.3

    Venue:杉村コミュニティーセンター  

  13. デジタルトランスフォーメーションとは

    浦田真由

    デジタルトランスフォーメーション・DXで地域課題や行政課題はどうなる!?オンライントークセッション  2021.3.14  Code for AICHI

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  14. 名古屋大学浦田研究室での写真オープンデータ支援の取り組み

    浦田真由

    OpenPhotoウェビナー 第2回「広域連携で進める写真オープンデータ」  2021.3.12 

     More details

    Event date: 2021.3

  15. デジタル社会とは何か?デジタルの本質とは何か?

    浦田真由

    デジタルの未来  2021.3.11  中部圏イノベーション推進機構

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:ナゴヤイノベーターズガレージ  

  16. オープンデータに取り組むには?〜事例紹介〜

    浦田真由

    北海道オープンデータセミナー  2021.2.28  北海道庁情報政策課

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  17. ICTで生活が便利になる?

    浦田真由

    北区ICT講座  2021.1.28  名古屋市北区

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  18. 民間サービスによるオープンデータの活用

    浦田真由

    オープンデータシンポジウム2020 オープンデータ伝道師大集合  2020.12.16  株式会社三菱総合研究所

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン  

  19. [パネルディスカッション]司会

    浦田真由

    東海情報通信懇談会主催プレミアトーク「オープンデータ活用の現場を紹介します ~東海地域のコロナウィルス感染症対策サイトの立ち上げ~」  2020.12.15  東海情報通信懇談会

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese  

    Venue:オンライン  

  20. オープンデータ推進ワークショップ 〜写真オープンデータ × スマートスピーカー〜

    浦田真由

    犬山市 総務省 地域情報化アドバイザー派遣  2020.11.9  犬山市役所

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:犬山市役所  

  21. オープンデータの意義・必要性

    浦田真由

    総務省・新潟県 オープンデータ研修(基礎編)  2020.11.4  総務省

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  22. 官民データ利活用社会の実現に向けた オープンデータ推進

    浦田真由

    犬山市 総務省 地域情報化アドバイザー派遣  2020.10.26  犬山市役所

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:犬山市役所  

  23. スマートスピーカーで生活をより便利に!

    浦田真由

    民生委員協議会会長連絡会(名古屋市北区)  2020.10.9  民生委員協議会

     More details

    Event date: 2020.10

    Venue:名古屋市北区役所  

  24. スマートスピーカーで生活をより便利に!

    浦田真由

    豊山町健康長寿大学  2020.9.24  豊山町・名古屋大学

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:豊山町社会教育センター  

  25. ICTを活用した地域創生に向けて

    浦田真由

    ICTを活用し、魅力ある地域づくり実現に向けて〜情報通信セミナー2020〜  2020.9.17  東海情報通信懇談会

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン  

  26. 社会におけるデジタルユニバーシティの役割

    浦田真由

    第1回 東海機構ポストコロナフォーラム・イン・ウェビナー 『加速するDXとデジタルユニバーシティ構想』  2020.6.10  名古屋大学

     More details

    Event date: 2020.6

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  27. オープンデータの定義と意義

    オープンデータ化支援研修(春日井市,碧南市,新城市)  総務省

     More details

    Event date: 2019.2

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  28. 地域におけるオープンデータ推進支援

    浦田真由

    オープンデータリーダ育成研修(愛知県)  総務省

     More details

    Event date: 2019.1

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  29. コーディネータ(子育て分野)

    第1回NPOと行政のテーマ別意見交換会〜オープンデータを活用した地域課題の解決〜  2018.12.10 

     More details

    Event date: 2018.12

  30. 広域連携による自治体オープンデータの推進

    平成30年度経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業「碧海地区オープンデータ連携ワークショップ」  2018.11.8 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  31. 防災情報におけるオープンデータ推進

    浦田真由

    ICT利活用サミットin熊本  2018.10.16  総務省 九州総合通信局, APPLIC

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:熊本  

  32. Society5.0に向けた地域ICT/IoT利活用

    浦田真由

    ICT利活用サミットin熊本  2018.10.15  総務省 九州総合通信局, APPLIC

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:熊本  

  33. 地域ICT利活用のための自治体オープンデータの推進

    浦田真由

    地域ICT/IoT実装推進セミナーin東海 

     More details

    Event date: 2018.1

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:ウィンクあいち   Country:Japan  

  34. オープンデータを活かしたまちづくり

    浦田真由

    長久手市 オープンデータ講演会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:長久手市役所   Country:Japan  

  35. 自治体アプリに求められるもの

    浦田真由

    第3回春日井市プラットフォームアプリ開発検討会議 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:春日井市役所   Country:Japan  

  36. ICTやオープンデータを活用した市民サービスと相互交流

    浦田真由

    春日井市 ICTWG・GISWGメンバー向け講演会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Country:Japan  

  37. オープンデータが地域の未来を拓く~官民協働による地域活性化~

    浦田真由

    東海総合通信局地域情報化部会勉強会 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:ウインクあいち   Country:Japan  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 14

  1. フレイル予防へ向けた ICT の利活用に関するコンサルティング

    2021.10 - 2022.3

    学術コンサルティング 

    浦田真由, 安田孝美

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. 愛知万博での活用から始まる統一フォーマットの自治体での活用に関する学術コンサルティング

    2021.10

    学術コンサルティング 

    安田孝美, 浦田真由

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  3. 地域コミュニティにおけるICTの利活用に関する学術コンサルティング

    2021.3 - 2022.3

    学術コンサルティング 

    浦田真由, 安田孝美

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  4. Hatch Technology NAGOYA 自動走行ロボットによる来庁者への窓口案内実証

    2019.10 - 2020.3

    学術コンサルティング 

  5. スマートスピーカーを活用した高齢者の生活支援モデルの構築

    2019.9 - 2021.9

    研究助成 

    浦田真由

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  6. 地域課題解決のためのICT/IoT利活用

    2019.6

    国内共同研究 

  7. オープンデータ推進のための自治体広域連携モデルの構築

    2018.10 - 2020.3

    研究助成 

    浦田真由

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  8. 官民データとAI技術による繊維産業と小売業とを繋ぐ連携基盤技術の研究開発

    2018.6 - 2019.3

    総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) ICT重点研究開発分野推進型(3年枠) 

    遠藤守

      More details

    Grant type:Competitive

  9. 自治体をフィールドとしたICT活用に関する研究

    2017.4

    国内共同研究 

  10. 松坂屋名古屋店 ICT/IoTの活用による百貨店デジタルプロモーションの開発及び栄エリアの活性化に関する研究

    2017.4 - 2021.3

    国内共同研究 

  11. 名古屋市科学館等における情報配信アプリケーションの共同開発

    2014.9 - 2017.3

    国内共同研究 

  12. 地域ICT化の研究

    2014.4

    国内共同研究 

  13. Development of a Web System to Support Community Activities

    2012.3

  14. Development of a Web-based Teaching Resource Management System for Astronomy Education

    2010.1

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 9

  1. 超高齢社会における健康増進のためのICT/IoT利活用に関する研究

    Grant number:21K12593  2021.4 - 2024.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    浦田 真由, 安田 孝美, 井上 愛子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    超高齢社会において,高齢者の社会的孤立をいかに防ぐかは自治体の大きな課題となっているが,新型コロナウイルス感染症の影響により,地域での高齢者支援サービスの実施が困難となっている。本研究では,地域在住高齢者の健康増進のためのICT/IoT利活用を社会情報学と老年医学の学際研究として取り組み,地域への実装によってその効果を検証する。健康寿命を延ばすためのモデルを構築し,地域のICT/IoT 利活用を支える担い手の育成を行うことで,研究期間後も取り組みを継続させることを目指している。

  2. 画像認識技術による観光客属性データの収集・分析と観光施策への利活用

    Grant number:20K12545  2020.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    安田 孝美, 浦田 真由

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本研究では,飛騨高山の観光地に画像認識技術(画像による人物像分析システムおよび車両ナンバー認識システム)を応用し,観光客の属性データを収集・分析し,分析結果を市の観光課や地元観光事業者等に活用してもらうためのアプリケーションを開発することで,データ分析に基づく観光マーケティングを実践できるようにする。主に,画像認識システムを用いた観光客属性データの収集と観光クラウド基盤の構築を行い,観光データを用いた分析・可視化ツールを開発し,観光マーケティングに活かすと共に,スマートフォンやスマートスピーカー等のアプリケーションを開発し,観光客誘致や地域活性化に繋がる観光施策への利活用を実現する。
    本研究では、飛騨高山の観光地に画像認識技術(画像による人物像分析システムおよび車両ナンバー認識システム)を応用し、観光客の属性データを収集・分析し、分析結果を市の観光課や地元観光事業者等に活用してもらうためのアプリケーションを開発することで、データ分析に基づく観光マーケティングを実践できるようにすることを目的としている。主に、画像認識システムを用いた観光客属性データの収集と観光クラウド基盤の構築を行い、観光データを用いた分析・可視化ツールを開発し、観光マーケティングに活かすと共に観光客誘致や地域活性化に繋がる観光施策への利活用を実現する。
    飛騨市観光地の駐車場に車両ナンバー認識システムを設置し、車数・種類・地域などの観光客属性データの収集を行っている。また、高山市の駅前および古い町並み等には、画像による人物像分析システムを設置し、カメラ画像から自動で人物・顔を検出し、年齢・性別情報を取得し,観光客の動き(導線)を把握することで、人流解析を行っている。また、予備実験では、オフラインのPCを使用していたが、本研究が目指す行動分析や属性比較、リアルタイムでの分析等を実現するため、両システムで得られる認識結果のログデータをクラウド環境へ収集している。一方、シングルボードコンピュータを用いてカメラ画像による人数・台数カウントシステムを別途構築し、それらから取得できるデータとの連携についても検討している。今後は、観光クラウド基盤を用いて、その他の観光関連データと連携し、ログデータの分析と可視化を行い、観光振興へ役立てる仕組みについても検討していく。
    2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、活動にやや影響が出たものの、当初の研究目標はおおむね順調に進展している。特に、既存のシステムに加え、新たに画像認識システムを設置した他、得られたデータのクラウドへの自動アップロードやリアルタイム可視化の実証実験を実施した。飛騨市では、車両ナンバー認識ログデータからコロナ禍における来訪者分析も実施した。
    画像認識システムを用いて、観光客の動向やその変化を把握することで、証拠に基づいた観光政策立案を支援すると共に、観光分野におけるデータ利活用の事例創出を実施した。
    車両ナンバー認識ログデータから、車種(バス・レンタカー・自家用車)、台数、地域、滞在時間などを分析する。また、画像による人物像分析ログデータから、性別・年齢・人流(移動方向)などを分析する。一方、独自に開発・設置しているシステムで取得したデータとの連携方法も検討し、観光地間での観光客の周遊状況等について分析する。また、それらの取得できるデータを観光クラウド基盤に集めるための方法についても検討を行う。
    分析結果については、地元のまちづくりとしても役立てられるよう、地元の方々との意見交換も行う。得られたデータについては、非識別加工処理を実施した上で公開し、関係者が分析結果を活用できるようにする。また、観光課や観光事業者も分析結果を分かりやすく伝えるための,可視化ツールを構築する。必要に応じてBIツール(ビジネスインテリジェンススール)を用いて開発することで、オンラインからのアクセスが可能となり、リアルタイムで分析結果を表示することができる。

  3. A Comparative Study on the Promotion of Gender Equality in STEM Fields of Higher Education: An International Perspective

    Grant number:18KK0063  2018.10 - 2023.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Fund for the Promotion of Joint International Research (Fostering Joint International Research (B))

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. 官民データ利活用社会に向けたオープンデータ活用プラットフォームの構築と実践

    Grant number:18H03493  2018.4 - 2022.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    遠藤 守, 遠藤 麻里, 鈴木 裕利, 安田 孝美, 浦田 真由

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本年度は,中間実証試験の評価と開発システム・ツールの改良を実施した.以下にその具体的な取り組み内容を挙げる.
    まず,前年度に試作構築した官民データ活用情報プラットフォームを活用し,実際のフィールドにおいて,最終年度に向けた開発システムの調整および改良を実施した.愛知県・岐阜県・長野県の各フィールドにおける各自治体・民間企業・教育機関等からの協力を得つつ,構築済みのIoT基盤と連動する形で行うことで,当プラットフォームの本格的運用を開始した.
    つぎに,中間実証試験実施時に構築した,Webアプリケーション,スマートフォンアプリケーション,スマートスピーカー用アプリケーション等各種のアプリケーションに対して,それぞれの実施フィールドにおいて取得した評価結果をもとに改良を行った.改良の際には,当該地域の自治体やコミュニティとの更なる連携を推進しつつ実施した.また当該地域周辺の自治体や企業などへのヒアリングや,追加の実証試験なども行った.
    加えて、前年度に実施した愛知県,岐阜県,長野県の各自治体との中間実証試験の結果に基づき,それぞれのフィールドから得られた評価を統合した.これにより,これまで設計・構築してきたIoT基盤および官民データ活用情報プラットフォーム,また両システムを活用した各種アプリケーションに対し,相互に更なる調整・改良を実施した.本調整および改良は,最終年度に実施予定の本格的実証実験に備える上で有用であったものと評価する.
    世界的な新型コロナウィルス感染症の感染拡大の影響により,当研究の遂行においても,今年度実施予定であったいくつかの実証試験が中止を余儀なくされた.一方,フィールドにおけるイベント中止等で実証実験ができなかった地域においては,関連するアプリケーションやデータベース等の改良に注力することにより,最終年度に実施予定の本格的実証試験に備えることとした.
    また今年度は文部科学省により前倒しされたGIGAスクール構想における教育現場への情報端末および通信インフラ整備の事業が急遽進められた.本研究のフィールドである各自治体においても整備端末やネットワークインフラの活用についての相談が寄せられたことにより,本年度実施予定の実証実験の一つとして,開発プラットフォームの教育現場における活用と有効性の評価を実施した.
    以上により当初予期していなかった事案も発生したが,結果としては当初の計画以上に進展したものと考える.
    最終年度となる2021年度は,本年度に実施した各種の実証試験および評価の結果をもとに更なる改良を重ね,以下の点を遂行する.
    まず,過年度までに構築した基盤システムおよび情報プラットフォームについて,今年度実施する本格的運用を通じて,プラットフォームシステムとしての有用性を検証・評価する.あわせて当システムが研究期間終了後も持続的かつ安定的に運用することが可能な維持管理方法の体系化を目指す.
    つぎに,中間実証試験を通じて実証した官民データを活用する各種のアプリケーションを,今年度において広範に利活用する.なおアプリケーションの活用にあっては,研究参画者らの実証フィールドにおける各自治体・企業・学校・地域コミュニティらと連携しつつ実施する.
    最後に,2021年度に実施する本格的運用および実証試験の結果から,当研究が提案する産官学の連携による官民データを活用した各種の提案,構築システムおよびアプリケーションが当研究の目的達成に有効に機能したかどうかについて,総合的に評価・分析を行う.

  5. 市民コミュニティのためのオープンデータ活用推進に関する研究

    Grant number:15K16097  2015.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  6. サイエンスミュージアムにおけるオープンデータ利活用基盤に関する研究

    Grant number:15K00448  2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    遠藤守

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. 拡張可能なスマートデバイスを用いた生涯学習向け天文教育プラットフォームの開発

    Grant number:25280131  2013.3 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    安田孝美

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  8. 市民向けWebメディアの利活用へ向けたキュレーションに関する研究

    Grant number:24800030  2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

    浦田真由

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  9. 生涯学習および地域情報サイトにおけるデータベースメディアの活用に関する研究

    Grant number:10J07552  2010.4 - 2012.3

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Social Contribution 33

  1. 小牧市行政改革推進懇談会委員

    Role(s):Advisor

    小牧市  2021.11 - 2023.3

  2. 名古屋市いじめ対策検討会議 委員

    Role(s):Advisor

    名古屋市教育委員会  2021.6 - 2023.6

  3. 町村からの地域情報化研究会 委員

    Role(s):Advisor

    2021.5 - 2023.5

  4. 全国町村会 町村からの地域情報化研究会 委員

    Role(s):Advisor

    全国町村会  2021.5 - 2023.5

  5. 安城市行政改革審議会委員

    Role(s):Advisor

    安城市  2021.5 - 2023.4

  6. 高齢者が活躍できるスマートモビリティ共創まちづくり研究会,アドバイザー

    Role(s):Advisor

    名古屋まちづくり公社  2021.3 - 2022.3

  7. 名古屋市スタートアップ企業の社会実証実験のメンタリング,アドバイザー

    Role(s):Advisor

    名古屋市   2020.8 - 2020.3

  8. 北区ICT利活用推進プロジェクト, 委員

    名古屋市北区  2020.6 - 2021.3

  9. スーパー・メガリージョン効果の広域波及に向けた歩行者ナビゲーションシステムを活用した都心のスマート化構想検討業務委託に係る事業者評価委員

    Role(s):Advisor

    名古屋市   2019.10

  10. 名古屋市民間保育所等保育士就職マッチングシステム開発・保守業務委託事業者評価委員

    Role(s):Advisor

    名古屋市   2019.9

  11. 春日井市行政運営懇話会 委員

    Role(s):Advisor

    春日井市  2019.8 - 2022.8

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  12. 菱野団地再生計画推進協議会 委員

    Role(s):Advisor

    瀬戸市   2019.5 - 2023.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  13. 春季地域公共交通セミナーにおける講演

    Role(s):Appearance

    中部運輸局岐阜運輸支局  岐阜県庁  2019.5

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Lecture

  14. 内閣官房 オープンデータ伝道師

    Role(s):Advisor

    2019.4

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  15. 第3回RESASアプリコンテスト審査委員会 審査委員

    Role(s):Commentator

    内閣府 地方創生推進室   2019.1

  16. 平成30年度・平成31年度 総務省事業「オープンデータを推進する地域公共団体職員の人材育成に関する実証」 地域メンター

    Role(s):Advisor

    2018.11

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

    総務省

  17. 総務省5G利活用アイディアコンテスト審査員

    総務省  2018.11 - 2019.1

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  18. 平成30年度経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業「オープンデータを活用した事業機会創出に関する調査研究」愛知県碧海地区外部有識者

    Role(s):Advisor

    一般財団法人 日本情報経済社会推進協会  2018.8 - 2019.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  19. あいち電子自治体推進協議会 共通課題研究会 オブザーバー

    Role(s):Advisor

    愛知県  2018.6

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  20. 尾三地区自治体間連携マップ検討会議

    Role(s):Advisor

    2018.5

  21. 名古屋市 ICT活用基本方針有識者懇談会(旧:情報化基本方針) 委員

    Role(s):Advisor

    名古屋市  2017.12

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  22. 豊田市 Wi-Fi環境を活かしたまちづくり プロポーザル選考委員およびアドバイザー

    Role(s):Advisor

    豊田市  2017.12 - 2018.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  23. 菱野団地再生計画策定検討委員会 委員

    Role(s):Advisor

    瀬戸市  2017.11 - 2019.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  24. 春日井市 プラットフォームアプリ開発検討会議 委員

    Role(s):Advisor

    春日井市  2017.11 - 2018.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  25. 三重県亀山市 ICT利活用アドバイザリ 委員補佐

    Role(s):Advisor

    亀山市  2017.10 - 2019.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  26. 一宮市・名古屋大学ICT活用ワーキンググループ 構成員

    一宮市  2017.7

  27. 総務省 地域情報化アドバイザー

    Role(s):Advisor

    総務省  2017.6

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  28. 半田市 オープンデータ活用推進会議 アドバイザー

    Role(s):Advisor

    半田市役所  2016.12

  29. 近隣7市町 オープンデータ推進会議(旧:オープンデータ検討会)講師

    Role(s):Lecturer

    尾三地区自治体(日進市役所ほか)  2016.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  30. オープンデータに関する基礎的知識及び動向に関する勉強会 講師

    Role(s):Lecturer

    尾三地区自治体間連携(日進市役所ほか)  2016.10

     More details

    Audience: Governmental agency

  31. 平成28年度 第2回尾東統計研究協議会 講師

    Role(s):Lecturer

    尾東統計研究協議会  2016.10

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Lecture

  32. 瀬戸市スマートフォン用アプリケーション「せとまちナビ」開発検討会議 委員

    Role(s):Advisor

    瀬戸市  2016.8 - 2017.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Other

  33. Seto CG Kid's Program

    2011.8

▼display all

Media Coverage 61

  1. スマホの悩み 丁寧に解消 安城 名大生 高齢者にアドバイス Newspaper, magazine

    中日新聞 西三河版  2022.3

  2. 飛騨市観光戦略 SNS分析活用を Newspaper, magazine

    中日新聞 飛騨版  2022.3

  3. SNS分析で飛騨に観光客誘客 名古屋大学の学生が提案 Internet

    NHK 東海 NEWS WEB  2022.3

  4. 岐阜飛騨市 名大生が研究成果報告 誘客に向けSNSの分析を提案 TV or radio program

    NHKニュース「おはよう東海」  2022.3

  5. 観光振興 飛騨市など連携 名古屋大の学生が成果を報告 TV or radio program

    NHKニュース「まるっと!ぎふ」  2022.3

  6. 飛騨市の観光振興に向け 名古屋大学の学生が研究成果を報告 Internet

    NHK 岐阜 NEWS WEB  2022.3

  7. 飛騨市職員、SNS学ぶ Newspaper, magazine

    岐阜新聞 飛騨地域  2021.12

  8. 名大生ICTで観光サポート Newspaper, magazine

    朝日新聞 愛知版  2021.12

  9. 飛騨高山観光、ICTでスマートに 名大生が街づくりに取り組む Internet

    朝日新聞デジタル  2021.12

  10. 高山観光ICTでスマートに Newspaper, magazine

    朝日新聞 岐阜版  2021.12

  11. AI活用 高山の観光提案 市と名大など実証実験 Newspaper, magazine

    中日新聞広域岐阜  2021.11

  12. 高山市役所混み具合 サイトで 名大生「低予算」開発 Newspaper, magazine

    朝日新聞 岐阜版  2021.5

  13. 高山市役所の混み具合は 名大生がサイト開発 Internet

    朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASP5L724LP5LOHGB007.html  2021.5

  14. 名大生がAI駆使 混雑把握 高山市の窓口 特設サイトに情報 Newspaper, magazine

    朝日新聞 愛知版  2021.5

  15. ICTを利用した地域活性化を議論 名大で討論会 Newspaper, magazine

    中日新聞   2021.4

  16. AI活用、混雑可視化の実証実験=岐阜県高山市 Internet

    時事通信社  2021.4

  17. 高山市役所 利便性向上 窓口の混み具合をウェブに掲載 Newspaper, magazine

    岐阜新聞飛騨国版  2021.4

  18. 混雑状況 AIが観測 高山市が市民課に導入 Newspaper, magazine

    毎日新聞  2021.3

  19. 窓口混雑AIで可視化 高山市役所で名大と実証実験 Newspaper, magazine

    中日新聞飛騨版  2021.3

  20. 市住民係窓口の混雑度が一目で ネットで分かるシステムを導入 Newspaper, magazine

    高山市民時報  2021.3

  21. シンポジウム 「デジタルの未来」 新たな社会 変革に挑め Newspaper, magazine

    中日新聞  2021.3

  22. デジタル化 未来どうなる 名古屋でシンポ Newspaper, magazine

    中日新聞  2021.3

  23. 北区役所 放送局始めました ネット活用 音声で情報配信 Newspaper, magazine

    中日新聞市民総合  2020.12

  24. 観光戦略にICT活用 高山市,名古屋大などと連携協定

    中日新聞飛騨版  2020.10

  25. 高山市,名古屋大,NEC関連会社 ICTでまちづくり 協定結ぶ Newspaper, magazine

    岐阜新聞  2020.10

  26. ICT活用してまちづくり 市が産官学の連携協定結ぶ Newspaper, magazine

    高山市民時報  2020.10

  27. AIスピーカー活用 思い出写真クイズ 高浜で実証実験 Newspaper, magazine

    中日新聞西三河版  2020.10

  28. AI顔認識で人の流れ計測=岐阜県高山市 Internet

    時事通信社  2020.5

  29. GW間近 外出自粛徹底を 計測AI活用 Newspaper, magazine

    朝日新聞岐阜版  2020.4

  30. AI活用人の流れ計測 高山駅前にカメラ設置 Newspaper, magazine

    毎日新聞岐阜版  2020.4

  31. AIと雑談認知症予防 北区が社会実験へ 搭載スピーカー 高齢者に貸し出し Newspaper, magazine

    中日新聞市民版  2020.2

  32. 走るロボが庁内案内 市役所で実証実験開始 Newspaper, magazine

    中日新聞  2020.1

  33. 名古屋市役所がをロボットが案内 TV or radio program

    CBCテレビ  2020.1

  34. 期待 歩くロボットが庁舎を案内 市役所の混雑緩和へ TV or radio program

    中京テレビ  2020.1

  35. 実験 ロボットが来庁者を目的場所に案内 名古屋市役所 TV or radio program

    名古屋テレビ  2020.1

  36. 出現 大きな顔したロボット登場 名古屋市役所で案内役 TV or radio program

    東海テレビ  2020.1

  37. AIで土地用途判別 名大,企業と実験 評価業務負担減へ Newspaper, magazine

    読売新聞  2019.12

  38. 松坂屋名古屋店で5G実証実験 デジタルサイネージ設置 東海の商業施設で初 Newspaper, magazine

    中部経済新聞  2019.11

  39. あなたに合った広告どうぞ 松坂屋名古屋店で顔認識カメラ実験 Newspaper, magazine

    中日新聞  2019.11

  40. AI使い土地用途判別 半田市と名大 航空写真で実証実験 Newspaper, magazine

    中日新聞県内版  2019.11

  41. 半田市が公式LINE 給食情報を自動応答 Newspaper, magazine

    中日新聞知多版  2019.11

  42. 松坂屋名古屋店 電子看板の実証実験 TV or radio program

    東海テレビ ニュースOne  2019.11

  43. 介護予防 AIの声で スマートスピーカー活用 尾張旭市など実験 Newspaper, magazine

    中日新聞なごや東版  2019.10

  44. AIのスピーカー 高齢者の生活支援 尾張旭市が実証実験 Newspaper, magazine

    朝日新聞  2019.9

  45. 一宮市の業務ICT活用を 初のセミナーに職員130人 Newspaper, magazine

    中日新聞尾張版  2019.5

  46. 経路検索 コミバスも対応 元名大院生 自治体向けマニュアル作成 Newspaper, magazine

    中日新聞なごや東版  2019.4

  47. 尾張旭市など開発「防災アプリ」銀賞 名大、デンソー連携 Newspaper, magazine

    中日新聞なごや東版  2019.4

  48. 国内初アナウンサー音声によるAIスピーカー店舗案内・受付―サービス、松坂屋名古屋店で実証実験開始 Internet

    時事コム, 朝日新聞デジタル, CNET Japan  2019.2

  49. AIスピーカーで案内 松坂屋名古屋店が実験 Newspaper, magazine

    日本経済新聞  2019.2

  50. “AIで売り場を案内”実証実験 TV or radio program

    NHKニュース  2019.2

  51. 観光案内スマートスピーカーで 市と名大が取り組み 県内で初めて Newspaper, magazine

    中日新聞県内版  2019.2

  52. スマートスピーカーで窓口案内 尾張旭市役所が県内で初の試行 Newspaper, magazine

    中日新聞県内版   2019.1

  53. 車のナンバーで観光統計 飛騨市と名大が実証実験 Newspaper, magazine

    中日新聞飛騨版  2019.1

  54. 避難や防災 アプリ開発 尾張旭市と名大、デンソー 一般公開し意見募集 Newspaper, magazine

    中日新聞なごや東版  2018.8

  55. AI スピーカー実証実験 尾張旭市など 行政サービス導入探る Newspaper, magazine

    中日新聞なごや東版  2018.7

  56. スマホで簡単 市長に意見 来月から尾張旭市 つながるポスター掲示 Newspaper, magazine

    中日新聞なごや東版  2018.6

  57. 写真から課題を仕分け 長久手投稿システムの研修 Newspaper, magazine

    中日新聞 なごや東版  2017.1

  58. 長久手写真で発信 投稿システム 市民参加し実験 Newspaper, magazine

    中日新聞 なごや東版  2016.11

  59. 写真投稿システム実証実験 TV or radio program

    東海NHK NEWS  2016.11

  60. 防災啓発アプリ勉強会 名大とデンソー開発 尾張旭市民「情報すぐ閲覧」 Newspaper, magazine

    中日新聞 なごや東版  2016.11

  61. 写真投稿サイト実証実験 長久手市民参加型の街づくりへ Newspaper, magazine

    中日新聞 なごや東版  2016.11

▼display all