2021/07/16 更新

写真a

マスダ ユウジ
増田 雄司
MASUDA Yuji
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 分子医薬学 准教授
大学院医学系研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1995年3月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 生化学

経歴 7

  1. 名古屋大学大学院医学研究科総合医学専攻・准教授           名古屋大学環境医学研究所・准教授

    2013年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学環境医学研究所・准教授

    2011年10月 - 2013年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 広島大学原爆放射線医科学研究所・助教

    2007年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 広島大学原爆放射線医科学研究所・助手

    2002年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 広島大学原爆放射能医学研究所・助手

    1998年7月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. ハーバード大学公衆衛生大学院・博士研究員

    1996年9月 - 1998年6月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  7. 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科・教務職員

    1995年4月 - 1996年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京大学   農学生命科学研究科   応用生命工学

    - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 埼玉大学   理学部   生化学科

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本癌学会

  2. 日本放射線影響学会

  3. 日本分子生物学会

  4. 日本遺伝学会

  5. 環境変異原学会

受賞 4

  1. 日本遺伝学会第88回大会 ベストペーパー賞

    2017年3月   日本遺伝学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 日本遺伝学会第83回大会 ベストペーパー賞

    2012年3月   日本遺伝学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本遺伝学会第82回大会 ベストペーパー賞

    2011年3月   日本遺伝学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本遺伝学会奨励賞

    2008年   日本遺伝学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 19

  1. Stepwise multipolyubiquitination of p53 by the E6AP-E6 ubiquitin ligase complex.

    Masuda Y, Saeki Y, Arai N, Kawai H, Kukimoto I, Tanaka K, Masutani C

    The Journal of biological chemistry   294 巻 ( 41 ) 頁: 14860-14875   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA119.008374

    PubMed

  2. Spatiotemporal regulation of PCNA ubiquitination in damage tolerance pathways

    Masuda Yuji, Masutani Chikahide

    CRITICAL REVIEWS IN BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY   54 巻 ( 5 ) 頁: 418 - 442   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10409238.2019.1687420

    Web of Science

    PubMed

  3. Preferential digestion of PCNA-ubiquitin and p53-ubiquitin linkages by USP7 to remove polyubiquitin chains from substrates

    Masuda Yuji, Kanao Rie, Kawai Hidehiko, Kukimoto Iwao, Masutani Chikahide

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 11 ) 頁: 4177 - 4187   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA118.005167

    Web of Science

    PubMed

  4. Regulation of HLTF-mediated PCNA polyubiquitination by RFC and PCNA monoubiquitination levels determines choice of damage tolerance pathway.

    Masuda Y, Mitsuyuki S, Kanao R, Hishiki A, Hashimoto H, Masutani C

    Nucleic acids research     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gky943

    PubMed

  5. Overexpression of Rev1 promotes the development of carcinogen-induced intestinal adenomas via accumulation of point mutation and suppression of apoptosis proportionally to the Rev1 expression level. 査読有り

    Sasatani M, Xi Y, Kajimura J, Kawamura T, Piao J, Masuda Y, Honda H, Kubo K, Mikamoto T, Watanabe H, Xu Y, Kawai H, Shimura T, Noda A, Hamasaki K, Kusunoki Y, Zaharieva EK, Kamiya K*

    Carcinogenesis. 2017 May 1;38(5):570-578. doi: 10.1093/carcin/bgw208.   38 巻 ( 5 ) 頁: 570-578   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1093/carcin/bgw208

  6. Overexpression of Rev1 promotes the development of carcinogen-induced intestinal adenomas via accumulation of point mutation and suppression of apoptosis proportionally to the Rev1 expression level

    Sasatani Megumi, Xi Yang, Kajimura Junko, Kawamura Toshiyuki, Piao Jinlian, Masuda Yuji, Honda Hiroaki, Kubo Kei, Mikamoto Takahiro, Watanabe Hiromitsu, Xu Yanbin, Kawai Hidehiko, Shimura Tsutomu, Noda Asao, Hamasaki Kanya, Kusunoki Yoichiro, Zaharieva Elena Karamfilova, Kamiya Kenji

    CARCINOGENESIS   38 巻 ( 5 ) 頁: 570 - 578   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/carcin/bgw208

    Web of Science

  7. USP7 Is a Suppressor of PCNA Ubiquitination and Oxidative-Stress-Induced Mutagenesis in Human Cells. 査読有り

    Kashiwaba S#, Kanao R#, Masuda Y#, Kusumoto-Matsuo R, Hanaoka F, Masutani C* (#: co-first author)

    Cell Rep.   13 巻 ( 10 ) 頁: 2072-2080   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2015.11.014

  8. Short CCG repeat in huntingtin gene is an obstacle for replicative DNA polymerases, potentially hampering progression of replication fork. 査読有り

    Le HP, Masuda Y, Tsurimoto T, Maki S, Katayama T, Furukohri A*, Maki H

    Genes Cells   20 巻 ( 10 ) 頁: 817-833   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12275

  9. Different types of interaction between PCNA and PIP boxes contribute to distinct cellular functions of Y-family DNA polymerases 査読有り

    Masuda Y#, Kanao R#, Kaji K, Ohmori H, Hanaoka F, Masutani C* (#: co-first author)

    Nucleic Acids Res.   43 巻 ( 16 ) 頁: 7898-7910   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 43(16):7898-910

  10. Repair synthesis step involving ERCC1-XPF participates in DNA repair of the Top1-DNA damage complex 査読有り

    Takahata C, Masuda Y, Takedachi A, Tanaka K, Iwai S and Kuraoka I*

    Carcinogenesis   36 巻 ( 8 ) 頁: 841–851   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgv078

  11. Relevance of Simultaneous Mono-Ubiquitinations of Multiple Units of PCNA Homo-Trimers in DNA Damage Tolerance 査読有り

    Kanao R, Masuda Y, Deguchi S, Yumoto-Sugimoto M, Hanaoka F, Masutani C*

    PLoS One. 9:e104279. 2014.   10 巻   頁: e0118775   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0118775

  12. A Novel ATM/TP53/p21-Mediated Checkpoint Only Activated by Chronic γ-Irradiation. 査読有り

    Cao L, Kawai H*, Sasatani M, Iizuka D, Masuda Y, Inaba T, Suzuki K, Ootsuyama A, Umata T, Kamiya K, Suzuki F.

    PLoS One. 9:e104279. 2014.   9 巻   頁: e104279   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1371/journal.pone.0104279

  13. Guanine-5-carboxylcytosine base pairs mimic mismatches during DNA replication. 査読有り

    Shibutani T, Ito S, Toda M, Kanao R, Collins LB, Shibata M, Urabe M, Koseki H, Masuda Y, Swenberg JA, Masutani C, Hanaoka F, Iwai S, Kuraoka I.*

    Sci Rep.   4 巻   頁: 5220   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1038/srep05220

  14. A novel interplay between the Fanconi anemia core complex and ATR-ATRIP kinase during DNA cross-link repair. 査読有り

      41 巻 ( 14 ) 頁: 6930-6941   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkt467

  15. Strand breakage of (6–4) photoproduct-containing DNA at neutral pH and its repair by the ERCC1–XPF protein complex. 査読有り

      11 巻 ( 21 ) 頁: 3526-3534   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3ob00012e

  16. En bloc transfer of polyubiquitin chains to PCNA in vitro is mediated by two different human E2-E3 pairs. 査読有り

    Masuda Y*, Suzuki M, Kawai H, Hishiki A, Hashimoto H, Masutani C, Hishida T, Suzuki F, Kamiya K*.

    Nucleic Acids Res.     2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gks763

  17. In Vitro Studies of Exchanges between Replicative and Translesion DNA Polymerases in the Eukaryotic Post-replication Repair Pathway 招待有り 査読有り

    Masuda Y*

    Genes and Environment   34 巻 ( 2 ) 頁: 70-76   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3123/jemsge.34.70

  18. Molecular nature of radiation injury and DNA repair disorders associated with radiosensitivity. 招待有り 査読有り

    Masuda Y, Kamiya K*

    International Journal of Hematology   95 巻 ( 3 ) 頁: 239-245   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI 10.1007/s12185-012-1008-y

  19. Asymmetric nature of two subunits of RAD18, a RING-type ubiquitin ligase E3, in the human RAD6A-RAD18 ternary complex 査読有り

    Masuda Y*, Suzuki M, Kawai H, Suzuki F, Kamiya K.

    Nucleic Acids Research   40 巻 ( 3 ) 頁: 1065-1076   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    RAD18, a RING-type ubiquitin ligase (E3) that plays an essential role in post-replication repair, possesses distinct domains named RING, UBZ, SAP and the RAD6-binding domain (R6BD) and forms a dimer. RAD6, an ubiquitin-conjugating enzyme (E2), stably associates with R6BD in the C-terminal portion. In this study, we established a method to distinguish between the two subunits of RAD18 by introduction of different tags, and analyzed mutant complexes. Our results, surprisingly, demonstrate that RAD6A and RAD18 form a ternary complex, RAD6A-(RAD18)(2) and the presence of only one R6BD in the two RAD18 subunits is sufficient for ternary complex formation and the ligase activity. Interestingly, ligase activity of a mutant dimer lacking both R6BDs is not restored even with large amounts of RAD6A added in solution, suggesting a requirement for precise juxtaposition via interaction with R6BD. We further show that mutations in both subunits of either RING or SAP, but not UBZ, strongly reduce ligase activity, although inactivation in only one of two subunits is without effect. These results suggest an asymmetric nature of the two RAD18 subunits in the complex.

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. チェックポイント機能を欠如したがん細胞特異的に化学療法の効果を増感させる薬剤の開発

    2011年12月 - 2012年7月

    研究成果最適展開支援プログラムA-STEPフィージビリティスタディステージ 探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 哺乳類での突然変異誘発の分子機構の解明

    2003年4月 - 2007年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 8

  1. 誘発変異頻度を規定する損傷トレランス経路の時空間的制御の分子基盤の確立

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    増田雄司

  2. 誘発変異頻度を規定する損傷トレランス経路の時空間的制御の分子基盤の確立

    研究課題/研究課題番号:18H03371  2018年4月 - 2022年3月

    増田 雄司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    放射線や環境変異原によって引き起こされる重要な生物影響の一つは変異の誘発であり、 その分子機構の解明は当該研究分野の重要課題である。誘発変異の主要な原因となる損傷トレランス機構は、損傷のあるゲノムDNAの複製を、損傷を除去することなく完了する分子機構であり、 二つのサブ経路「忠実度の低い損傷乗り越えDNAポリメラーゼを介したTranslesion DNA synthes is(TLS)」と 「忠実度の高いDNAポリメラーゼ を介したTemplate switch (TS)」が存在し、DNA複製の補助因子であるPCNAのユビキチン化によって制御される。損傷部位でのTLSまたはTSへの振り分けは、変異誘発リスクに直結し、遺伝的安定性の維持に極めて重要である。本研究では、ユビキチン化PCNAを標的とする様々な因子の機能解析を通してTLSとTSの振り分けメカニズムを明らかにすることで、変異誘発のリスクを最適化する分子機構の解明を目指している。
    本研究は、次の三つの課題、1) ポリユビキチン化PCNAと相互作用する新規なTS制御因子の解析、 2) ポリユビキチン化PCNAの脱ユビキチン酵素の同定と機能解析、3) PCNAのポリユビキチン化酵素、HLTFによるPCNAのポリユビキチン化の時空間的制御機構の解析、に焦点をしぼり研究 を推進している。本年度はそれぞれの課題について次の通り研究を行った。
    1) ポリユビキチン化PCNAと相互作用する新規制御因子、PPIF破壊細胞の解析を行った。2) 前年度に引き続き、HeLa細胞の抽出液中に見出されたポリユビキチン化PCNAの脱ユビキチン酵素活性の精製を進めた。3) DNA損傷を与える薬剤で処理した細胞の各細胞周期におけるHLTFの動態を解析した。また、前年度に樹立したHLTF破壊細胞株の薬剤感受性について検討した。
    研究成果の一部を論文に纏め発表した。
    計画通りに研究を推進する。

  3. ユビキチン化PCNAの新規脱ユビキチン酵素による複合的損傷トレランス経路選択機構

    研究課題/研究課題番号:16K12594  2016年4月 - 2018年3月

    増田 雄司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    複製後修復機構として知られる損傷トレランス機構は、PCNAのユビキチン化によって制御される。モノユビキチン化PCNAは忠実度が低い損傷乗り越えDNA合成を、ポリユビキチン化PCNAは忠実度が高いtemplate switch経路を促進することから、その経路選択は遺伝的安定性の維持にとって極めて重要である。ところがヒト細胞ではポリユビキチン化PCNAがほとんど検出されず、その制御機構は不明な点が多い。本研究では、ユビキチン化PCNAの新規脱ユビキチン酵素を同定することによって、ヒトでの損傷トレランス制御機構を解析した。

  4. 誘発突然変異頻度を適切に制御する損傷トレランス経路の生化学的分子基盤の確立

    研究課題/研究課題番号:15H02818  2015年4月 - 2019年3月

    増田 雄司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:12610000円 ( 直接経費:9700000円 、 間接経費:2910000円 )

    変異誘発は放射線や環境変異原によって引き起こされる重要な生物影響の一つであるが、その分子機構は不明な点が多く当該研究分野の重要課題である。誘発変異の主要な原因であるDNA損傷トレランスの二つの経路は、DNA複製の補助因子であるPCNAのユビキチン化によって制御され、複製の忠実度の低い損傷乗り越えDNA合成は点変異の誘発に関与し、鋳型鎖交換反応を介した経路は遺伝子重複等に関与することが指摘されている。従って、複製後修復経路の制御は遺伝的安定性の維持に極めて重要である。本研究では、ユビキチン化PCNAを標的とする様々な因子の機能解析を通して、 突然変異を制御する分子機能の解析を行った。
    DNA損傷トレランスは紫外線などによるDNA損傷から生体を防御する分子機構であるが、一方で、変異誘発の原因となることから、その生物影響は所謂「諸刃の剣」である。またがん治療においては、ある種の抗がん剤への耐性や抗がん剤による変異誘発などに関与する。DNA損傷トレランスには二つの分子機構が知られており、その二つの分子機構の選択は、紫外線やDNA損傷を誘発する抗がん剤に暴露した細胞の生死や遺伝子変異の誘発リスクを適切に制御する上でとても重要である。本研究成果は、変異誘発についての科学的知見を新たにするだけでなく、紫外線や抗がん剤などによる生体応答を理解する上での知的基盤を与えるものである。

  5. 誘発突然変異頻度を適切に制御する損傷トレランス経路の生化学的分子基盤の確立

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. PCNAの新規脱ユビキチン酵素群の同定と複製後修復経路の多重制御メカニズム

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

  7. 誘発突然変異と複製後修復経路の制御機構の解明に向けた生化学的分子基盤の確立

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 突然変異誘発に関与する複製後修復経路の分子機構の解明に向けた生化学的基盤の確立

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示