2023/09/12 更新

写真a

クバ ヒロシ
久場 博司
KUBA Hiroshi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 細胞科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 1997年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 聴覚

  2. 多光子レーザー顕微鏡

  3. カルシウム

  4. 可塑性

  5. シナプス

  6. 受容体

  7. チャネル

  8. 軸索起始部

  9. 神経細胞

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 音源定位の神経回路機構

  2. 軸索起始部での神経可塑性機構

経歴 6

  1. 京都大学大学院医学研究科・准教授

    2010年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. オレゴン健康科学大学・客員研究員

    2009年9月 - 2010年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学大学院医学研究科・講師

    2007年7月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学大学院医学研究科・助手

    2003年4月 - 2007年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 国立病院九州医療センター・脳外科研修医

    1999年2月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 九州大学医学部付属病院・脳外科研修医

    1997年6月 - 1999年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 京都大学   医学研究科   脳統御医科学系

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 九州大学   医学部

    1991年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本生理学会

  2. 日本神経科学学会

  3. 北米神経科学学会

委員歴 1

  1. 日本生理学会   理事  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. NIKON JOICO AWARD2019特別賞受賞

    2019年12月   株式会社NIKON  

    関川博、江川遼、久場博司

  2. 日本生理学会奨励賞

    2008年3月   日本生理学会  

    久場博司

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本神経科学学会奨励賞

    2006年7月   日本神経科学学会  

    久場博司

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 31

  1. CDK5/p35-dependent microtubule reorganization contributes to homeostatic shortening of the axon initial segment. 査読有り

    Jahan I, Adachi R, Egawa R, Nomura H, Kuba H

    J. Neurosci.   14 巻 ( 3 ) 頁: 359 - 372   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.0917-22.2022

    PubMed

  2. Cellular Strategies for Frequency-Dependent Computation of Interaural Time Difference. 査読有り

    Yamada R, Kuba H

    Front. Synaptic. Neurosci.   14 巻   頁: 891740   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnsyn.2022.891740

    PubMed

  3. Dendritic synapse geometry optimizes binaural computation in a sound localization circuit 査読有り

    Yamada R, Kuba H

    Sci. Adv.   7 巻 ( 48 ) 頁: eabh0024   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abh0024

  4. Tonotopic specializations in number, size, and reversal potential of GABAergic inputs fine-tune temporal coding at avian cochlear nucleus. 査読有り

    Al-Yaari M, Onogi C, Yamada R, Adachi R, Kondo D, Kuba H

    J. Neurosci.     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.0884-21.2021

    PubMed

  5. Structural and functional refinement of the axon initial segment in avian cochlear nucleus during development. 査読有り 国際共著

    Akter N, Fukaya R, Adachi R, Kawabe H, Kuba H

    J. Neurosci.   40 巻   頁: 6709-6721   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3068-19.2020

    PubMed

  6. Excitatory-inhibitory synaptic coupling in avian nucleus magnocellularis. 査読有り

    Al-Yaari M, Yamada R, Kuba H

    J. Neurosci.   40 巻   頁: 619-631   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1124-19.2019

    PubMed

  7. Tonotopic Differentiation of Coupling between Ca2+ and Kv1.1 Expression in Brainstem Auditory Circuit 査読有り

    Adachi R, Yamada R, Kuba H

    iScience   13 巻   頁: 199-213   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2019.02.022

    Web of Science

    PubMed

  8. Auditory Input Shapes Tonotopic Differentiation of Kv1.1 Expression in Avian Cochlear Nucleus during Late Development. 査読有り

    Akter N, Adachi R, Kato A, Fukaya R, Kuba H.

    J. Neurosci.   38 巻 ( 12 ) 頁: 2967-2980   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2472-17.2018

    PubMed

  9. Tonotopic Variation of the T-Type Ca2+ Current in Avian Auditory Coincidence Detector Neurons. 査読有り

    Fukaya R, Yamada R, Kuba H

    J. Neurosci.   38 巻   頁: 335-346   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2237-17.2017

    PubMed

  10. Structural and Functional Plasticity at the Axon Initial Segment 査読有り

    Yamada R, Kuba H

    Front. Cell Neurosci.   10 巻   頁: 250   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fncel.2016.00250

    PubMed

  11. Activity-dependent regulation of excitable axonal domains 招待有り 査読有り 国際共著

    Susuki K, Kuba H

    J. Physiol. Sci.   66 巻   頁: 66-96   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s12576-015-0413-4

    PubMed

  12. Redistribution of Kv1 and Kv7 enhances neuronal excitability during structural axon initial segment plasticity 査読有り

    Kuba H, Yamada R, Ishiguro G, Adachi R

    Nat. Commun.   6 巻   頁: 8815   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms9815

    PubMed

  13. Plasticity of the axonal trigger zone 招待有り 査読有り

    Adachi R, Yamada R, Kuba H

    Neuroscientist   21 巻   頁: 255-265   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1177/1073858414535986

    PubMed

  14. Activity-dependent and activity-independent development of the axon initial segment 査読有り

    Kuba H, Adachi R, Ohmori H

    J. Neurosci.   34 巻   頁: 3443-3453   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4357-13.2014

    PubMed

  15. Calcium-dependent phospholipid scramblase activity of TMEM16 protein family members 査読有り

    Suzuki J, Fujii T, Imao T, Ishihara K, Kuba H, Nagata S

    J. Biol. Chem.   288 巻   頁: 13305-13316   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M113.457937

    PubMed

  16. The cooperation of sustained and phasic inhibitions increases the contrast of ITD-tuning in low-frequency neurons of the chick nucleus laminaris 査読有り 国際共著

    Yamada R, Okuda H, Kuba H, Nishino E, Ishii TM, Ohmori H

    J. Neurosci.   33 巻   頁: 3927-3938   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2377-12.2013

    PubMed

  17. Activation of metabotropic glutamate receptors improves the accuracy of coincidence detection by presynaptic mechanisms in the nucleus laminaris of the chick 査読有り

    Okuda H, Yamada R, Kuba H, Ohmori H

    J. Physiol. (Lond.)   591 巻   頁: 365-378   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2012.244350

    PubMed

  18. Structural tuning and plasticity at the axon initial segment in auditory neurons 招待有り 査読有り

    Kuba H

    J. Physiol. (Lond.)   590 巻   頁: 5571-5579   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2012.237305

    PubMed

  19. Inhibition of presynaptic Na(+)/K(+)-ATPase reduces readily releasable pool size at the avian end-bulb synapse 査読有り

    Taruno A, Ohmori H, Kuba H

    Neurosci. Res.   72 巻   頁: 117-128   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2011.11.003

    PubMed

  20. Short- and long-term plasticity at the axon initial segment 招待有り 査読有り

    Grubb MS, Shu Y, Kuba H, Rasband MN, Wimmer VC, Bender KJ

    J. Neurosci.   31 巻   頁: 16045-16055   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4064-11.2011

    PubMed

  21. Plasticity at the axon initial segment 招待有り 査読有り

    Kuba H

    Commun. Integr. Biol.   3 巻   頁: 597-598   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.4161/cib.3.6.13242

    PubMed

  22. Presynaptic activity regulates Na+ channel distribution at the axon initial segment 査読有り

    Kuba H, Oichi Y, Ohmori H

    Nature   465 巻   頁: 1075-1078   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature09087

    PubMed

  23. Roles of axonal sodium channels in precise auditory time coding at nucleus magnocellularis of the chick 査読有り

    Kuba H, Ohmori H

    J. Physiol. (Lond.)   587 巻   頁: 87-100   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2008.162651

    PubMed

  24. Sound-intensity dependent compensation for the small interaural time difference cue for sound source localization 査読有り

    Nishino E, Yamada R, Kuba H, Hioki H, Furuta T, Kaneko T, Ohmori H

    J. Neurosci.   28 巻   頁: 7153-7164   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4398-07.2008

    PubMed

  25. Cellular and molecular mechanisms of avian auditory coincidence detection 招待有り 査読有り

    Kuba H

    Neurosci. Res.   59 巻   頁: 370-376   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.neures.2007.08.003

    PubMed

  26. Axonal site of spike initiation enhances auditory coincidence detection 査読有り

    Kuba H, Ishii TM, Ohmori H

    Nature   444 巻   頁: 1069-1072   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature05347

    PubMed

  27. Hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated cation channels regulate auditory coincidence detection in nucleus laminaris of the chick 査読有り

    Yamada R, Kuba H, Ishii TM, Ohmori H

    J. Neurosci.   25 巻   頁: 8867-8877   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2541-05.2005

    PubMed

  28. Tonotopic specialization of auditory coincidence detection in nucleus laminaris of the chick 査読有り

    Kuba H, Yamada R, Fukui I, Ohmori H

    J. Neurosci.   25 巻   頁: 1924-1934   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4428-04.2005

    PubMed

  29. Evaluation of the limiting acuity of coincidence detection in nucleus laminaris of the chicken 査読有り

    Kuba H, Yamada R, Ohmori H

    J. Physiol. (Lond.)   552 巻   頁: 611-620   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2003.041574

    PubMed

  30. Development of membrane conductance improves coincidence detection in the nucleus laminaris of the chick 査読有り

    Kuba H, Koyano K, Ohmori H

    J. Physiol. (Lond.)   540 巻   頁: 529-542   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2001.013365

    PubMed

  31. Synaptic depression improves coincidence detection in the nucleus laminaris in brainstem slices of the chick embryo 査読有り

    Kuba H, Koyano K, Ohmori H

    Eur. J. Neurosci.   15 巻   頁: 984-990   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1460-9568.2002.01933

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 聴覚神経回路での入力依存的な神経活動制御

    2010年10月 - 2016年3月

    さきがけ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 10

  1. 生体脳での軸索起始部の観察と操作を可能にする技術基盤の確立

    研究課題/研究課題番号:22K19358  2022年6月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    久場 博司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    神経細胞における活動生成の場である軸索起始部(AIS)は、分布が細胞毎に異なり、かつ可塑的に変化することが明らかとなり、その神経活動制御における重要性が注目されている。しかしながら、生体脳でのAIS分布のダイナミクス、さらにはその脳の機能や病態に及ぼす効果への理解は進んでいない。これは生体脳でAISの観察や操作を行う技術がないことが主な理由である。本研究では、ゲノム編集による内在性蛋白質の蛍光標識と遺伝子ノックアウト技術を駆使することで、生体脳においてAIS分布を連続的に観察する技術と人為的に操作する技術の確立を目指す。

  2. 神経回路の成熟と動作に興奮性軸索ドメインが果たす役割の解明

    研究課題/研究課題番号:21H02577  2021年4月 - 2024年3月

    久場 博司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

  3. 軸索コンパートメントにおけるスクラップ&ビルド

    2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 軸索起始部の形成原理と分子基盤の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 聴覚ニューロンの軸索起始部での新規可塑性

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. トリ層状核における両耳間時間差検出機構の解明

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 活動電位の発生部位が聴覚情報処理に果たす役割の解明

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. トリ層状核における両耳間時間差検出機構の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 聴覚同時検出器細胞における樹状突起の機能解明

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. トリ層状核における両耳間時間差検出機構の解明

    2005年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 基礎セミナーB

    2019

  2. 生体の機能講義

    2019

  3. 生物学基礎2

    2019