2024/04/02 更新

写真a

キムラ マコト
木村 真
KIMURA Makoto
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1995年12月   東京大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 応用微生物学

  2. 食の安全

  3. 植物保護

  4. 物質生産

  5. 酵素

  6. 二次代謝

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 応用微生物学

  2. 環境・農学 / 植物保護科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 作物細胞壁の微生物分解と発酵に関する研究

  2. 糸状菌の二次代謝制御に関する研究

経歴 11

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科  教授

    2021年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科  准教授

    2011年8月 - 2021年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 明治大学農学部 兼任講師

    2010年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 茨城大学農学部 非常勤講師

    2008年10月 - 2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 理化学研究所基幹研究所 専任研究員

    2008年4月 - 2011年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 理化学研究所中央研究所 研究ユニットリーダー

    2005年8月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 理化学研究所 先任研究員

    2003年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 理化学研究所植物科学研究センター サブチームリーダー

    2000年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. カリフォルニア州立大学バークレー校(Department of Plant & Microbial Biology)リサーチフェロー

    1998年9月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  10. 理化学研究所 研究員

    1996年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 理化学研究所 研究員補

    1991年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京大学   農学系研究科

    - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   農学部   農芸化学

    - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 糸状菌分子生物学研究会

    2008年1月 - 現在

  2. 日本マイコトキシン学会

    2003年12月 - 現在

  3. 日本農芸化学会

    1990年1月 - 現在

委員歴 8

  1. 日本マイコトキシン学会   会長  

    2024年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本農芸化学会   英文誌編集委員  

    2023年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本農芸化学会   代議員  

    2022年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本マイコトキシン学会   会長補佐  

    2020年1月 - 2023年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本農芸化学会   中部支部選挙管理委員  

    2017年9月 - 2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 日本農芸化学会   大会実行委員  

    2016年12月 - 2019年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 日本農芸化学会   中部支部庶務幹事  

    2016年5月 - 2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 日本マイコトキシン学会   幹事  

    2010年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 1

  1. 日本農芸化学会奨励賞

    2005年3月   日本農芸化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 119

  1. Microorganisms and their metabolism affecting quality, safety and functionality of agricultural products 査読有り 国際誌

    Liew MXX, Nakajima Y, Maeda K, Kitamura N, Kimura M

    Frontiers in Microbiology   14 巻   頁: 1148771   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2023.1215112

    DOI: 10.3389/fmicb.2023.1215112

    その他リンク: https://www.frontiersin.org/journals/microbiology

  2. Regulatory mechanism of trichothecene biosynthesis in Fusarium graminearum 査読有り 国際誌

    Liew MXX, Nakajima Y, Maeda K, Kitamura N, Kimura M

    Frontiers in Microbiology   14 巻   頁: 1148771   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2023.1148771

    DOI: 10.3389/fmicb.2023.1148771

    その他リンク: https://www.frontiersin.org/journals/microbiology

  3. Synergistic effect of amino acid substitutions in CYP51B for prochloraz resistance in Fusarium fujikuroi 査読有り 国際誌

    Li F, Ebihara A, Sakahara Y, Matsumoto S, Ueno R, Bao W, Kimura M, Fuji S, Shimizu M, Kageyama K, Suga H

    Pesticide Biochemistry and Physiology   189 巻   頁: 105291   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pestbp.2022.105291

    DOI: 10.1016/j.pestbp.2022.105291

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/journal/pesticide-biochemistry-and-physiology

  4. cAMP signaling factors regulate carbon catabolite repression of hemicellulase genes in Aspergillus nidulans 査読有り 国際誌

    Kunitake E, Uchida R, Asano K, Kanamaru K, Kimura M, Kimura T, Kobayashi T

    AMB Express   12 巻   頁: 126   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13568-022-01467-x

    DOI: 10.1186/s13568-022-01467-x

    その他リンク: https://amb-express.springeropen.com/

  5. Generation of mitochondrial reactive oxygen species through a histidine kinase, HysA in Aspergillus nidulans 査読有り

    Kanamaru K, Izuhara K, Kimura M, Kobayashi T

    Journal of General and Applied Microbiology   68 巻   頁: 17 - 23   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2323/jgam.2021.09.001

    DOI: 10.2323/jgam.2021.09.001

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jgam/-char/en

  6. First report of Fusarium armeniacum isolated from rice in Aichi Prefecture. 査読有り

    Sano T, Mizuki, M, Matsui, K, Takahashi-Ando, N, Kimura, M, and Nakajima, Y

    JSM Mycotoxins   72 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 3   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.72-1-1

    DOI: 10.2520/myco.72-1-1

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/myco/-char/en

  7. 4-O-glucosylation of trichothecenes by Fusarium species: a phase II xenobiotic metabolism for t-type trichothecene producers. 査読有り 国際誌

    Matsui, K, Takeda, H, Shinkai, K, Kakinuma, T, Koizumi, Y, Kase, M, Yoshinari, T, Minegishi, H, Nakajima, Y, Aikawa, S, Takahashi-Ando, N, and Kimura, M

    International Journal of Molecular Sciences   22 巻   頁: 13542   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms222413542

    DOI: 10.3390/ijms222413542

    その他リンク: https://www.mdpi.com/journal/ijms

  8. Accumulation of 4-deoxy-7-hydroxytrichothecenes, but not 4,7-dihydroxytrichothecenes, in axenic culture of a transgenic nivalenol chemotype expressing the NX-type FgTri1 gene. 査読有り 国際誌

    Maeda K, Nakajima Y, Koizumi Y, Takahashi-Ando N, Kimura M, and Ohsato S

    International Journal of Molecular Sciences   22 巻   頁: 11428   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms222111428

    DOI: 10.3390/ijms222111428

    その他リンク: https://www.mdpi.com/journal/ijms

  9. Nicotinamide mononucleotide potentiates resistance to biotrophic invasion of fungal pathogens in barley. 査読有り 国際誌

    Ueda K, Nakajima Y, Inoue H, Kobayashi K, Nishiuchi T, Kimura M, and Yaeno T

    International Journal of Molecular Sciences   22 巻   頁: 2696   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms22052696

    その他リンク: https://www.mdpi.com/journal/ijms

  10. Nicotinamide effectively suppresses Fusarium Head Blight in wheat plants. 査読有り 国際誌

    Sidiq Y, Nakano M, Mori Y. Yaeno T. Kimura M, and Nishiuchi T

    International Journal of Molecular Sciences   22 巻   頁: 2968   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms22062968

    DOI: 10.3390/ijms22062968

    その他リンク: https://www.mdpi.com/journal/ijms

  11. Synthetic liquid media for the study of trichothecene biosynthesis regulation in Fusarium graminearum. 査読有り

    Nakao, A, Nakajima, Y, Akasaka, M, Kitou Y, Maeda, K, Kanamaru, K, Kobayashi, T, and Kimura, M

    JSM Mycotoxins   70 巻 ( 2 ) 頁: 59-61   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.70-2-6

  12. Impact of nitrogen metabolism-associated culture pH changes on regulation of Fusarium trichothecene biosynthesis: revision of roles of polyamine agmatine and transcription factor AreA. 査読有り 国際誌

    Nakajima, Y, Akasaka, M, Shiobara, T, Kitou Y, Maeda, K, Kanamaru, K, Ohsato, S, Kobayashi, T, Nishiuchi, T, and Kimura, M

    Current Genetics   66 巻 ( 6 ) 頁: 1179–1190   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00294-020-01102-x

    PubMed

  13. Substrate specificities of Fusarium biosynthetic enzymes explain the genetic basis of a mixed chemotype producing both deoxynivalenol and nivalenol-type trichothecenes. 査読有り

    Maeda K, Tanaka Y, Matsuyama M, Sato M, Sadamatsu K, Suzuki T, Matsui K, Nakajima Y, Tokai T, Kanamaru K, Ohsato S, Kobayashi T, Fujimura M, Nishiuchi T, Takahashi-Ando N, and Kimura M

    International Journal of Food Microbiology   320 巻   頁: 108532   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijfoodmicro.2020.108532

    PubMed

  14. Reduced toxicity of trichothecenes, isotrichodermol, and deoxynivalenol, by transgenic expression of the Tri101 3-O-acetyltransferase gene in cultured mammalian FM3A cells. 査読有り

    Tanaka N, Takushima R, Tanaka A, Okada A,Matsui K, Maeda K, Aikawa S, Kimura M, and Takahashi-Ando N

    Toxins   11 巻   頁: 654   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/toxins11110654

    PubMed

  15. Identification of amino acids negatively affecting Fusarium trichothecene biosynthesis. 査読有り

    Shiobara T, Nakajima Y, Maeda K, Akasaka M, Kitou Y, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, and Kimura M

    Antonie van Leeuwenhoek   112 巻 ( 3 ) 頁: 471-478   2019年3月

     詳細を見る

  16. Comparison of HPLC-UV and LC-MS methods for evaluating the amount of deoxynivalenol-type trichothecenes in axenic solid culture of Fusarium graminearum. 査読有り

    Tanaka A, Shinkai K, Maeda K, Nakajima Y, Ishii S, Yoshida S, Kimura M, Takahashi-Ando N

    JSM Mycotoxins   69 巻 ( 1 ) 頁: 15-17   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.69-1-2

  17. Inhibition of Fusarium trichothecene biosynthesis by yeast extract components extractable with ethyl acetate. 査読有り

    Tanaka Y, Nakajima Y, Maeda K, Matsuyama M, Kanamaru K, Kobayashi T, Ohsato S, and Kimura M

    International Journal of Food Microbiology   280 巻   頁: 24-29   2019年1月

     詳細を見る

  18. Comparison of the paralogous transcription factors AraR and XlnR in Aspergillus oryzae. 査読有り

    Ishikawa K, Kunitake E, Kawase T, Atsumi M, Noguchi Y, Ishikawa S, Ogawa M, Koyama Y, Kimura M, Kanamaru K, Kato M, and Kobayashi T

    Current Genetics   64 巻   頁: 1245-1260   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00294-018-0837-5

    PubMed

  19. Exploring an artificial metabolic route in Fusarium sporotrichioides: production and characterization of 7-hydroxy T-2 toxin. 査読有り

    Kamata K, Sato H, Maeda K, Furihata K, Aikawa S, Adachi K, Tanaka A, Tokai T, Nakajima Y, Yoshida Y, Sakuda S, Kimura M, and Takahashi-Ando N

    Journal of Natural Products   81 巻 ( 4 ) 頁: 1041-1044   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jnatprod.7b00398

    PubMed

  20. Identification and characterization of small molecule compounds that modulate trichothecene production by Fusarium graminearum. 査読有り

    Maeda K, Ichikawa H, Nakajima Y, Motoyama T, Ohsato S, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, Osada H, and Kimura M

    ACS Chemical Biology   13 巻 ( 5 ) 頁: 1260-1269   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acschembio.8b00044

    研究データ保存先URL: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=26379

    PubMed

  21. Increased metabolite production by deletion of an HDA1-type histone deacetylase in the phytopathogenic fungi, Magnaporthe oryzae (Pyricularia oryzae) and Fusarium asiaticum. 査読有り

    Maeda K, Izawa M, Nakajima Y, Jin Q, Hirose T, Nakamura T, Koshino H, Kanamaru K, Ohsato S, Kamakura T, Kobayashi T, Yoshida M, and Kimura M

    Letters in Applied Microbiology   65 巻 ( 5 ) 頁: 446-452   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/lam.12797

    研究データ保存先URL: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=26380

    PubMed

  22. L-Threonine and its analogue added to autoclaved solid medium suppress trichothecene production by Fusarium graminearum. 査読有り

    Maeda K, Nakajima Y, Tanahashi Y, Kitou Y, Miwa A, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, and Kimura M

    Archives of Microbiology   199 巻 ( 6 ) 頁: 945-952   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00203-017-1364-3

    研究データ保存先URL: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=24775

    PubMed

  23. Nicotinamide mononucleotide and related metabolites induce disease resistance against fungal phytopathogens in Arabidopsis and barley. 査読有り

    Miwa A, Sawada Y, Tamaoki D, Yokota-Hirai M, Kimura M, Sato K, and Nishiuchi T

    Scientific Reports   7 巻 ( 1 ) 頁: 6389   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-06048-8

    PubMed

  24. Identification of a trichothecene production inhibitor by chemical array and library screening using trichodiene synthase as a target protein. 査読有り

    Maeda K, Nakajima Y, Motoyama T, Kondoh Y, Kawamura T, Kanamaru K, Ohsato S, Nishiuchi T, Yoshida M, Osada H, Kobayashi T, and Kimura M

    Pesticide Biochemistry and Physiology   138 巻   頁: 1-7   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pestbp.2017.03.006

    研究データ保存先URL: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=26381

    PubMed

  25. Accumulation of an unusual trichothecene shunt metabolite in liquid culture of Fusarium graminearum with methionine as the sole nitrogen source. 査読有り

    Nakajima Y, Tanaka Y, Matsui K, Maeda K, Kitou Y, Kanamaru K, Ohsato S, Kobayashi T, Takahashi-Ando N, and Kimura M

    JSM Mycotoxins   67 巻 ( 1 ) 頁: 7-9   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.67-1-9

  26. Acetyltransferase activity in Pseudomonas sp. capable of acetylating the C-4 hydroxyl group of nivalenol-type trichothecenes.

    Tanaka A, Saikawa S, Suzuki T, Echigo A, Maeda K, Sato M, Fujimura M, Tokai T, Usami R, Yoshida Y, Kimura M, and Takahashi-Ando N

    Journal of General and Applied Microbiology   62 巻 ( 6 ) 頁: 326-329   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2323/jgam.2016.05.002

    PubMed

  27. McmA-dependent and -independent regulatory systems governing expression of ClrB-regulated cellulase and hemicellulase genes in Aspergillus nidulans. 査読有り

    Li N, Kunitake E, Aoyama M, Ogawa M, Kanamaru K, Kimura M, Koyama Y, and Kobayashi T

    Molecular Microbiology   102 巻 ( 5 ) 頁: 810-826   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.13493

    PubMed

  28. Oligosaccharides containing an α-(1→2) (glucosyl/xylosyl)-fructosyl linkage as inducer molecules of trichothecene biosynthesis for Fusarium graminearum.

    Nakajima Y, Maeda K, Jin Q, Takahashi-Ando N, Kanamaru K, Kobayashi T, and Kimura M

    International Journal of Food Microbiology   218 巻   頁: 215-221   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijfoodmicro.2016.09.011

    PubMed

  29. Characterization of the acivicin effects on trichothecene production by Fusarium graminearum species complex.

    Maeda K, Nakajima Y, Tanahashi Y, Kosaki T, Kitou Y, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, and Kimura M

    Journal of General and Applied Microbiology   62 巻 ( 5 ) 頁: 272-276   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2323/jgam.2016.04.002

    PubMed

  30. Hydroxylations of trichothecene rings in the biosynthesis of Fusarium trichothecenes: evolution of alternative pathways in the nivalenol chemotype. 査読有り

    Maeda K, Tanaka A, Sugiura R, Koshino H, Tokai T, Sato M, Tanahashi Y, Nakajima Y, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, Fujimura M, Takahashi-Ando N, and Kimura M

    Environmental Microbiology   18 巻 ( 11 ) 頁: 3798-3811   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1462-2920.13338

    PubMed

  31. Involvement of an SRF-MADS protein McmA in regulation of extracellular enzyme production and asexual/sexual development in Aspergillus nidulans.

    Li N, Kunitake E, Endo Y, Aoyama M, Kanamaru K, Kimura M, Kato M, and Kobayashi T

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   80 巻 ( 9 ) 頁: 1820-1828   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2016.1146074

    PubMed

  32. Regulation of genes encoding cellulolytic enzymes by Pal-PacC signaling in Aspergillus nidulans.

    Kunitake E, Hagiwara D, Miyamoto K, Kanamaru K, Kimura M, and Kobayashi T

    Applied Microbiology and Biotechnology   100 巻 ( 8 ) 頁: 3621-3635   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-016-7409-8

    PubMed

  33. Re-examination of genetic and nutritional factors related to trichothecene biosynthesis in Fusarium graminearum. 査読有り

    Kitou Y, Nakajima Y, Maeda K, Jin Q, Nishiuchi T, Kanamaru K, Kobayashi T, and Kimura M

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   80 巻 ( 2 ) 頁: 414-417   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2015.1088374

    PubMed

  34. Trichothecene production in axenic liquid culture of Fusarium graminearum using xylose as a carbon source.

    Kitou Y, Kosaki T, Maeda K, Tanahashi K, Nakajima Y, Kanamaru K, Kobayashi T, and Kimura M

    JSM Mycotoxins   66 巻 ( 1 ) 頁: 17-19   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.17

  35. Nuclear localization and relative stability of the zinc finger domain of TRI6 trichothecene regulator. 査読有り

    Nakajima Y, Maeda M, Ohsato S, Kanamaru K, Kobayashi T, and Kimura M

    JSM Mycotoxins   66 巻 ( 1 ) 頁: 13-15   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.13

  36. Introduction of a leptomycin-sensitive mutation into Fusarium graminearum.

    Nakajima Y, Maeda K, Ohsato S, Kanamaru K, Kobayashi T, and Kimura M

    JSM Mycotoxins   66 巻 ( 1 ) 頁: 9-11   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.9

  37. 2,4-Dihydroxy-7-methoxy-2H-1,4-benzoxazin-3(4H)-one (DIMBOA) inhibits trichothecene production by Fusarium graminearum through suppression of Tri6 expression.

    Etzerodt T, Maeda K, Nakajima Y, Laursen, B., Fomsgaard, I.S., and Kimura M

    International Journal of Food Microbiology   214 巻   頁: 123-128   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijfoodmicro.2015.07.014

    PubMed

  38. Precocene II, a trichothecene production inhibitor, binds to voltage-dependent anion channel and increases the superoxide level in mitochondria of Fusarium graminearum.

    Furukawa K, Sakamoto N, Suzuki M, Kimura M, Nagasawa H, and Sakuda S

    PLoS One   10 巻   頁: e0135031   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0135031

    PubMed

  39. Effect of disrupting the trichothecene efflux pump encoded by FgTri12 in the nivalenol chemotype of Fusarium graminearum. 査読有り

    Nakajima Y, Koseki N, Sugiura R, Tominaga N, Maeda K, Tokai T, Izawa M, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, Yoshida M, and Kimura M

    Journal of General and Applied Microbiology   61 巻 ( 3 ) 頁: 93-96   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2323/jgam.61.93

    PubMed

  40. Evaluation of toxicities of 7-hydroxyisotrichodermin and 8-hydroxyisotrichodermin, shunt intermediates in the biosynthetic grid of deoxynivalenol, by using a sensitive yeast assay. 査読有り

    Kamata K, Tanaka A, Maeda K, Takushima R, Sato H, Aikawa S, Yoshida Y, Kimura M, and Takahashi-Ando N

    JSM Mycotoxins   65 巻 ( 1 ) 頁: 7-9   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.65.7

  41. Effects of acivicin on growth, mycotoxin production and virulence of phytopathogenic fungi. 査読有り

    Maeda K, Nakajima Y, Motoyama T, Kitou Y, Kosaki T, Saito T, Nishiuchi T, Kanamaru K, Osada H, Kobayashi T, and Kimura M

    Letters in Applied Microbiology   59 巻 ( 4 ) 頁: 377-383   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/lam.12289

    PubMed

  42. A set of heterologous promoters useful for investigating gene functions in Fusarium graminearum. 査読有り

    Nakajima Y, Tokai T, Maeda K, Tanaka A, Takahashi-Ando N, Kanamaru K, Kobayashi T, and Kimura M

    JSM Mycotoxins   64 巻 ( 2 ) 頁: 147-152   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.64.147

  43. Site-specific DNA double-strand break generated by I-SceI endonuclease enhances ectopic homologous recombination in Pyricularia oryzae. 査読有り

    Arazoe T, Younomaru T, Ohsato S, Kimura M, Arie T, and Kuwata S.

    FEMS Microbiology Letters   352 巻 ( 2 ) 頁: 221-229   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1574-6968.12396

    PubMed

  44. Identification and characterization of an inhibitor of trichothecene 3-O-acetyltransferase, TRI101, by the chemical array approach. 査読有り

    Nakajima Y, Kawamura, T, Maeda K, Ichikawa H, Motoyama T, Kondo Y, Saito T, Kobayashi T, Yoshida M, Osada H, and Kimura M.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77 巻 ( 9 ) 頁: 1958--1960   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.130153

    PubMed

  45. A promoter of Fusarium graminearum Tri4 does not function when placed at the end of the trichothecene gene cluster. 査読有り

    Tokai T, Nakajima Y, Ichikawa H, Maeda K, Nishiuchi T, Kobayashi T, and Kimura M.

    Mycotoxins   63 巻 ( 1 ) 頁: 17-25   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.63.17

  46. The secreted antifungal protein thionin 2.4 in Arabidopsis thaliana suppresses the toxicity of fungal fruit body lectin from Fusarium graminearum.

    Asano T, Miwa A, Maeda K, Kimura M, and Nishiuchi T.

    PLoS Pathogens   9 巻   頁: e1003581   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1003581

    PubMed

  47. Production of 3-acetylnivalenol by transgenic Fusarium graminearum expressing Tri13 of type A trichothecene-producer: participation of the encoded cytochrome P450 monooxygenase in type B trichothecene biosynthesis.

    Maeda K, Tokai T, Ichikawa H, Takahashi-Ando N, Ogura N, Yoneyama K, Yoshida M, and Kimura M.

    Mycotoxins   62 巻 ( 2 ) 頁: 83-90   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.62.83

  48. The defense response in Arabidopsis thaliana against Fusarium sporotrichioides. 査読有り

    Asano T, Kimura M, and Nishiuchi T.

    Proteome Science   10 巻   頁: 61. doi:10.1186/1477-5956-10-61   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-5956-10-61

    PubMed

  49. Development of a simultaneous liquid chromatography/tandem mass spectrometric method for the determination of type B trichothecenes, their derivatives, and precursors in wheat. 査読有り

    Kadota T, Kimura M, Hirano S, Tajima O, Nakajima T, Kamata Y, and Sugita-Konishi Y

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   25 巻 ( 23 ) 頁: 3481-3490   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm.5250

    PubMed

  50. Characterization of QoI resistance in Botrytis cinerea and identification of two types of mitochondrial cytochrome b gene. 査読有り

    Banno S, Yamashita K, Fukumori F, Okada K, Uekusa H, Takagaki M, Kimura M, and Fujimura M.

    Plant Pathol.   58 巻   頁: 120-129   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Inhibition of histone deacetylase causes reduction of appressorium formation in the rice blast fungus Magnaporthe oryzae. 査読有り

    Izawa M, Takekawa O, Arie T, Teraoka T, Yoshida M, Kimura M, and Kamakura T.

    J. Gen. Appl. Microbiol.   55 巻   頁: 489-498   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 4-O-Acetylation and 3-O-acetylation of trichothecenes by trichothecene 15-O-acetyltransferase encoded by Fusarium Tri3. 査読有り

    Tokai T, Takahashi-Ando N, Izawa M, Kamakura T, Yoshida M, Fujimura M, and Kimura M.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   72 巻 ( 9 ) 頁: 2485-2489   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. AtNFXL1, an Arabidopsis homologue of the human transcription factor NF-X1, functions as a negative regulator of the trichothecene phytotoxin-induced defense response. 査読有り

    Asano T, Masuda D, Yasuda M, Nakashita H, Kudo T, Kimura M, Yamaguchi K, and Nishiuchi T.

    Plant J.   53 巻   頁: 450-464   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. ATF-1 transcription factor regulates the expression of ccg-1 and cat-1 genes in response to osmotic stress in Neurospora crassa. 査読有り

    Yamashita K, Shiozawa A, Watanabe S, Fukumori F, Kimura M, and Fujimura M.

    Fungal Genet. Biol.   45 巻   頁: 1562-1569   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Multilocus genotyping and molecular phylogenetics resolve a novel head blight pathogen within the Fusarium graminearum species complex from Ethiopia.

    O'Donnell K, Ward TJ, Aberra D, Kistler HC, Aoki T, Orwig N, Kimura M, Bjørnstad Å, and Klemsdal SS.

    Fungal Genet. Biol.   45 巻   頁: 1514-1522   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. The AtNFXL1 gene functions as a signaling component of the type A trichothecene-dependent response.

    Asano T, Yasuda M, Nakashita H, Kimura M, Yamaguchi K and Nishiuchi T.

    Plant Signal Behav.   3 巻   頁: 991-992   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. An easy method to identify 8-keto-15-hydroxytrichothecenes by thin-layer chromatography. 査読有り

    Takahashi-Ando N, Tokai T, Yoshida M, Fujimura M, and Kimura M.

    Mycotoxins   58 巻   頁: 115-117   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Spiroethers of German chamomile inhibit production of aflatoxin G1 and trichothecene mycotoxin by inhibiting cytochrome P450 monooxygenases involved in their biosynthesis. 査読有り

    Yoshinari T, Yaguchi A, Takahashi-Ando N, Kimura M, Takahashi H, Nakajima T, Sugita-Konishi Y, Nagasawa H, and Sakuda S.

    FEMS Microbiol. Lett.   284 巻   頁: 184-190   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. A screening system for inhibitors of trichothecene biosynthesis: hydroxylation of trichodiene as a target. 査読有り

    Takahashi-Ando N, Ochiai N, Tokai T, Ohsato S, Nishiuchi T, Yoshida M, Fujimura M, and Kimura M.

    Biotechnol. Lett.   30 巻   頁: 1055-1059   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Genotyping of benzimidazole-resistant and dicarboximide-resistant mutations in Botrytis cinerea using real-time polymerase chain reaction assays.

    Banno S, Fukumori F, Ichiishi A, Okada K, Uekusa H, Kimura M, and Fujimura M.

    Phytopathology   98 巻   頁: 397-404   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. OS-2 mitogen activated protein kinase regulates the clock-controlled gene ccg-1 in Neurospora crassa. 査読有り

    Watanabe S, Yamashita K, Ochiai N, Fukumori F, Ichiishi A, Kimura M and Fujimura M.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   71 巻 ( 11 ) 頁: 2856-2859   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Molecular and genetic studies of Fusarium trichothecene biosynthesis: pathways, genes, and evolution. 招待有り 査読有り

      71 巻 ( 9 ) 頁: 2105-2123   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  63. Fusarium Tri4 encodes a key multifunctional cytochrome P450 monooxygenase for four consecutive oxygenation steps in trichothecene biosynthesis. 査読有り

    Tokai T, Koshino H, Takahashi-Ando N, Sato M, Fujimura M, and Kimura M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   353 巻   頁: 412-417   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Crystal structures of blasticidin S deaminase (BSD): implications for dynamic properties of catalytic zinc. 査読有り

    Kumasaka T, Yamamoto M, Furuichi M, Nakasako M, Teh A-H, Kimura M, Yamaguchi I, and Ueki T.

    J. Biol. Chem.   282 巻   頁: 37103-37111   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Involvement of the osmosensor histidine kinase and osmotic stress-activated protein kinases in the regulation of secondary metabolism in Fusarium graminearum.

    Ochiai N, Tokai T, Nishiuchi T, Takahashi-Ando N, Fujimura M, and Kimura M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   363 巻   頁: 639-644   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Involvement of OS-2 MAP kinase in regulation of the large-subunit catalases CAT-1 and CAT-3 in Neurospora crassa. 査読有り

    Yamashita K, Shiozawa A, Banno S, Fukumori F, Ichiishi A, Kimura M, and Fujimura M.

    Genes Genet. Syst.   82 巻   頁: 301-310   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Genetically engineered Fusarium as a tool to evaluate the effects of environmental factors on initiation of trichothecene biosynthesis. 査読有り

    Ochiai N, Tokai T, Takahashi-Ando N, Fujimura M, and Kimura M.

    FEMS Microbiol. Lett.   275 巻   頁: 53-61   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Identification of multiple highly similar XIP-type xylanase inhibitor genes in hexaploid wheat.

    Takahashi-Ando N, Inaba M, Ohsato S, Igawa T, Usami R, and Kimura M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   360 巻   頁: 880-884   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Phytotoxic effects of trichothecenes on the growth and morphology in Arabidopsis thaliana.

    Masuda D, Ishida M, Yamaguchi K, Yamaguchi I, Kimura M, and Nishiuchi T.

    J. Exp. Bot.   58 巻   頁: 1617-1626   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Transgenic rice plants expressing trichothecene 3-O-acetyltransferase show resistance to the Fusarium phytotoxin deoxynivalenol.

    Ohsato S, Ochiai-Fukuda T, Takahashi-Ando N, Nishiuchi T, Koizumi S, Hamamoto H, Kudo T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Plant Cell Rep.   26 巻   頁: 531-538   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Roles of putative His-to-Asp signaling modules HPT-1 and RRG-2, on viability and sensitivity to osmotic and oxidative stresses in Neurospora crassa. 査読有り

    Banno S, Noguchi R, Yamashita K, Fukumori F, Kimura M, Yamaguchi I, and Fujimura M.

    Curr. Genet.   51 巻   頁: 197-208   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Reduced contamination by the Fusarium mycotoxin zearalenone in maize kernels through genetic modification with a detoxification gene. 査読有り

    Igawa T, Takahashi-Ando N, Ohsato S, Ochiai N, Shimizu T, Kudo T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Appl. Environ. Microbiol.   73 巻   頁: 1622-1629   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Identification of OS-2 MAP kinase-dependent genes induced in response to osmotic stress, antifungal agent fludioxonil, and heat shock in Neurospora crassa. 査読有り

    Noguchi R, Banno S, Ichikawa R, Fukumori S, Ichiishi A, Kimura M, Yamaguchi I, and Fujimura M.

    Fungal Genet. Biol.   44 巻   頁: 208-218   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Cloning and characterization of six highly similar endo-1,3-ß-glucanase genes in hexaploid wheat.

    Higa-Nishiyama A, Ohsato S, Banno S, Woo SH, Fujimura M, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Plant Physiol. Biochem.   44 巻   頁: 666-673   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. The 1.48 Å resolution crystal structure of the homotetrameric cytidine deaminase from mouse.

    Teh AH, Kimura M, Yamamoto M, Tanaka N, Yamaguchi I, and Kumasaka T.

    Biochemistry   45 巻   頁: 7825-7833   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. High resolution analysis of plant growth using non-contact inkjet marking. 査読有り

    Hamamoto H, Kimura M, and Yamaguchi I.

    Exp. Environ. Bot.   57 巻   頁: 62-69   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Molecular biology and biotechnology for reduction of Fusarium mycotoxin contamination.

    Kimura M, Takahashi-Ando N, Nishiuchi T, Ohsato S, Tokai T, Ochiai N, Fujimura M, Kudo T, Hamamoto H, and Yamaguchi I.

    Pestic. Biochem. Physiol.   86 巻   頁: 117-123   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  78. Circumnutation of Arabidopsis thaliana inflorescence stems under light and dark conditions. 査読有り

    Someya N, Niinuma K, Kimura M, Yamaguchi I, and Hamamoto H.

    Biologia Plant.   50 巻   頁: 287-290   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Conferring cadmium resistance to mature tobacco plants through metal-adsorbing particles of tomato mosaic virus vector. 査読有り

    Shingu Y, Yokomizo S, Kimura M, Ono Y, Yamaguchi I, and Hamamoto H.

    Plant Biotechnol. J.   4 巻   頁: 281-288   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Fusarium phytotoxin trichothecenes have an elicitor-like activity in Arabidopsis thaliana, but the activity differed significantly among their molecular species. 査読有り

    Nishiuchi T, Masuda D, Ichimura K, Shinozaki K, Nakashita H, Yoshida S, Kimura M, Yamaguchi I, and Yamaguchi K.

    Mol. Plant-Microbe Interact.   19 巻   頁: 512-520   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. A fluorescent antibiotic resistance marker for rapid production of transgenic rice plants.

    Ochiai-Fukuda T, Takahashi-Ando N, Ohsato S, Igawa T, Kadokura K, Hamamoto H, Nakasako M, Kudo T, Shibata T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    J. Biotechnol.   122 巻   頁: 521-520   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Survey of mutations of a histidine kinase gene BcOs1 in dicarboximide-resistant filed isolates of Botrytis cinerea. 査読有り

    Oshima M, Banno S, Okada, K Takeuchi T, Kimura M, Ichiishi A, Yamaguchi I, and Fujimura M.

    J. Gen. Plant Pathol.   72 巻   頁: 65-73   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. A wheat xylanase inhibitor gene Xip-I, but not Taxi-I, is significantly induced by biotic and abiotic signals that trigger plant defense. 査読有り

    Igawa T, Tokai T, Kudo T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   69 巻 ( 5 ) 頁: 1058-1063   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Concordant evolution of trichothecene 3-O-acetyltransferase and an rDNA species phylogeny of trichothecene-producing and non-producing fusaria and other ascomycetous fungi. 査読有り

    Tokai T, Fujimura M, Inoue H, Aoki T, Ohta K, Shibata T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Microbiology   151 巻   頁: 509-519   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Copper elicits an increase in cytosolic free calcium in cultured tobacco cells.

    Inoue H, Kudo T, Kamada H, Kimura M, Yamaguchi I, and Hamamoto H.

    Plant Physiol. Biochem.   43 巻   頁: 1089-1094   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Pyrrolnitrin interferes with osmotic signal transduction in Neurospora crassa.

    Okada A, Banno S, Ichiishi A, Kimura M, Yamaguchi I, and Fujimura M.

    J. Pestic. Sci.   30 巻   頁: 378-383   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. A model transgenic cereal plant with detoxification activity for the estrogenic mycotoxin zearalenone. 査読有り

    Higa-Nishiyama A, Takahashi-Ando N, Shimizu T, Kudo T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Transgenic Res.   14 巻   頁: 713-717   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Screening of putative oxygenase genes in the Fusarium graminearum genome sequence database for their role in trichothecene biosynthesis. 査読有り

    Tokai T, Koshino H, Kawasaki T, Igawa T, Suzuki Y, Sato M, Fujimura M, Eizuka T, Watanabe H, Kitahara T, Ohta K, Shibata T, Kudo T, Inoue H, Yamaguchi I, and Kimura M.

    FEMS Microbiol. Lett.   251 巻   頁: 193-201   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Circadian rhythm of circumnutation in inflorescence stems of Arabidopsis. 査読有り

    Niinuma K, Someya N, Kimura M, Yamaguchi I, and Hamamoto H.

    Plant Cell Physiol.   46 巻   頁: 1423-1427   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Efficient decontamination of zearalenone, the mycotoxin of cereal pathogen, by transgenic yeasts through the expression of a synthetic lactonohydrolase gene.

    Takahashi-Ando N, Tokai T, Hamamoto H, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Appl. Microbiol. Biotechnol.   67 巻   頁: 838-844   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Characterization of genes encoding metal tolerance proteins isolated from Nicotiana glauca and Nicotiana tabacum. 査読有り

    Shingu Y, Kudo T, Ohsato S, Kimura M, Ono Y, Yamaguchi I, and Hamamoto H.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   331 巻   頁: 675-680   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. A catalytic subunit of cyclic AMP-dependent protein kinase, PKAC-1, regulates asexual differentiation in Neurospora crassa. 査読有り

    Banno S, Ochiai N, Noguchi R, Kimura M, Yamaguchi I, Kanzaki S, Murayama T, and Fujimura M.

    Genes Genet. Syst.   80 巻   頁: 25-34   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Metabolism of zearalenone by genetically modified organisms expressing the detoxification gene from Clonostachys rosea.

    Takahashi-Ando N, Ohsato S, Shibata T, Hamamoto H, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Appl. Environ. Microbiol.   70 巻   頁: 3239-3245   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. New TAXI-type xylanase inhibitor genes are inducible by pathogens and wounding in hexaploid wheat. 査読有り

    Igawa T, Ochiai-Fukuda T, Takahashi-Ando N, Ohsato S, Shibata T, Yamaguchi I, and Kimura M.

    Plant Cell Physiol.   45 巻   頁: 1347-1360   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Pattern of N gene-mediated systemic hypersensitive response and turnover of viral replicase protein in tobbaco.

    Someya N, Niinuma K, Kimura M, Yamaguchi I, and Hamamoto H.

    Arch. Virol.   149 巻   頁: 2105-2113   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Proteome analysis of wheat lemma.

    Woo SH, Kimura M, Higa-Nishiyama A, Dohmae N, Hamamoto H, Jong SK, and Yamaguchi I.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   67 巻 ( 11 ) 頁: 2486-2491   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Expression in cereal plants of genes that inactivate Fusarium mycotoxins.

    Higa A, Kimura M, Mimori K, Ochiai-Fukuda T, Tokai T, Takahashi-Ando N, Nishiuchi T, Igawa T, Fujimura M, Hamamoto H, Usami R, and Yamaguchi I.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   67 巻 ( 4 ) 頁: 914-918   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Trichothecene non-producer Gibberella species have both functional and non-functional 3-O-acetyltransferase genes.

    Kimura M, Tokai T, Matsumoto G, Fujimura M, Hamamoto H, Yoneyama K, Shibata T, and Yamaguchi I.

      163 巻   頁: 677-684   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. The trichothecene biosynthesis gene cluster of Fusarium graminearum F15 contains a limited number of essential pathway genes and expressed nonessential genes.

    Kimura M, Tokai T, O'Donnell K, Ward TJ, Fujimura M, Hamamoto H, Shibata T, and Yamaguchi I.

    FEBS Lett.   539 巻   頁: 105-110   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Isolation and characterization of genes specifically expressed during infection stages in the rice blast fungus.

    Banno S, Kimura M, Tokai T, Kasahara S, Higa-Nishiyama A, Takahashi-Ando N, Hamamoto H, Fujimura M, Staskawicz BJ, and Yamaguchi I.

    FEMS Microbiol. Lett.   222 巻   頁: 223-229   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Biotransformation of the mycotoxin, zearalenone, to a non-estrogenic compound by a fungal strain of Clonostachys sp.

    Kakeya H, Takahashi-Ando N, Kimura M, Onose R, Yamaguchi I, and Osada H.

      66 巻 ( 12 ) 頁: 2723-2726   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. The flexible C-terminal region of Aspergillus terreus blasticidin S deaminase: identification of its functional roles with deletion enzymes.

    Kimura M, Furuichi M, Yamamoto M, Kumasaka T, Mizuno H, Miyano M, and Yamaguchi I.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   290 巻   頁: 421-426   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. A novel lactonohydrolase responsible for the detoxification of zearalenone: enzyme purification and gene cloning.

    Takahashi-Ando N, Kimura M, Kakeya H, Osada H, and Yamaguchi I.

    Biochem. J.   365 巻   頁: 1-6   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Microbial toxins in plant-microbe interactions: biosynthesis, resistance mechanisms, and significance.

    Kimura M, Anzai H, and Yamaguchi I.

    J. Gen. Appl. Microbiol.   47 巻   頁: 149-160   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  105. A trichothecene efflux pump encoded by Tri102 in the biosynthetic gene cluster of Fusarium graminearum.

    Wuchiyama J, Kimura M, and Yamaguchi.

    J. Antibiot.   53 巻   頁: 196-200   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Expression, purification, and characterization of blasticidin S deaminase (BSD) from Aspergillus terreus: the role of catalytic zinc in enzyme structure.

    Kimura M, Sekido S, Isogai Y, and Yamaguchi I.

    J. Biochem.   127 巻   頁: 955-963   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. The trichothecene biosynthesis regulatory gene from the type B producer Fusarium strains: sequence of Tri6 and its expression in Escherichia coli.

    Matsumoto G, Wuchiyama J, Shingu Y, Kimura M, Yoneyama K, and Yamaguchi I.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   63 巻 ( 11 ) 頁: 2001-2004   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of blasticidin S deaminase from Aspergillus terreus.

    Nakasako M, Kimura M, and Yamaguchi I.

    Acta Crystallogr. D Biol. Crystallogr.   55 巻   頁: 547-548   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Features of Tri101, the trichothecene 3-O-acetyltransferase gene, related to the self-defense mechanism in Fusarium graminearum.

    Kimura M, Shingu Y, Yoneyama K, and Yamaguchi I.

    Biosci. Biotechnol. Biochem   62 巻 ( 5 ) 頁: 1033-1036   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Trichothecene 3-O-acetyltransferase protects both the producing organism and transformed yeast from related mycotoxins. Cloning and characterization of Tri101.

    Kimura M, Kaneko I, Komiyama M, Takatsuki A, Koshino H, Yoneyama K, and Yamaguchi I.

    J. Biol. Chem.   273 巻   頁: 1654-1661   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. The mystery of the trichothecene 3-O-acetyltransferase gene. Analysis of the region around Tri101 and characterization of its homologue from Fusarium sporotrichioides.

    Kimura M, Matsumoto G, Shingu Y, Yoneyama K, and Yamaguchi I.

    FEBS Lett.   435 巻   頁: 163-168   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Convergent transcription units and their promoters at both ends of Pot2, an inverted repeat transposon from the rice blast fungus.

    Kimura M and Yamaguchi I.

    J. Biochem.   124 巻   頁: 268-273   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Immunological detection of endopolygalacturonase secretion by Fusarium oxysporum in plant tissue and sequencing of its encoding gene.

    Arie T, Gouthu S, Shimazaki S, Kamakura T, Kimura M, Inoue M, Takio K, Ozaki A, Yoneyama K, and Yamaguchi I.

    Ann. Phytopathol. Soc. Jpn.   64 巻   頁: 7-15   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Recent development in the use of blasticidin S, a microbial fungicide, as a useful reagent in molecular biology.

    Kimura M and Yamaguchi I.

    Pestic. Biochem. Physiol.   56 巻   頁: 243-248   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  115. Blasticidin S deaminase gene (BSD): a new selection marker gene for transformation of Arabidopsis thaliana and Nicotiana tabacum.

    Tamura K, Kimura M, and Yamaguchi I.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   59 巻 ( 12 ) 頁: 2336-2338   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. A novel transformation system for Pyricularia oryzae: adhesion of regenerating fungal protoplasts to collagen-coated dishes.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   59 巻 ( 6 ) 頁: 1177-1180   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. GTPase activity in rice plasma membrane preparation enhanced by a priming effector for plant defense reactions.

    Sekizawa Y, Aoyama H, Kimura M, and Yamaguchi I.

    J. Pestic. Sci.   20 巻   頁: 165-168   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Cloning of the blasticidin S deaminase gene (BSD) from Aspergillus terreus and its use as a selectable marker for Schizosaccharomyces pombe and Pyricularia oryzae.

    Kimura M, Kamakura T, Tao QZ, Kaneko I, and Yamaguchi I

    Mol. Gen. Genet.   242 巻   頁: 121-129   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Blasticidin S deaminase gene from Aspergillus terreus (BSD): a new drug resistance gene for transfection of mammalian cells.

    Biochim. Biophys. Acta   1219 巻   頁: 653-659   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 25

  1. 安全で効果的な赤かび病防除剤の開発に向けて

    西内 巧、木村 真( 担当: 共著)

    日本マイコトキシン学会  2021年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   担当ページ:13-19  

    DOI: 10.2520/myco.71-1-1

  2. トリコテセン耐性に関わる側鎖修飾と異種異属のトリコテセン生産菌を利用したトリコテセンライブラリーの構築

    安藤 直子、松井 宏介、鈴木 将、貞松 和樹、小豆畑 隼、岡田 彩希、松尾 元暉、武田 博音、小泉 慶明、木村 真( 担当: 共著)

    日本マイコトキシン学会  2020年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:8   担当ページ:67-74   記述言語:日本語

    DOI: 10.2520/myco.70-2-3

  3. トリコテセン系マイコトキシンの汚染防除にむけた研究の動向

    木村 真( 担当: 単著)

    北隆社  2018年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. ムギ類赤かび病菌が産生するトリコテセン系かび毒の植物における作用機構と低減化へのアプローチ

    西内 巧、木村 真、佐藤 和広( 担当: 共著)

    日本マイコトキシン学会  2015年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:143-147   記述言語:日本語

    DOI: 10.2520/myco.65.143

  5. トリコテセン系毒素産生制御機構の解明と汚染低減化に向けた基盤研究

    前田 一行、中嶋 佑一、市川 雛代、鬼頭 良幸、古﨑 貴大、斎藤 臣雄、本山 高幸、長田 裕之、小林 哲夫、木村 真( 担当: 共著)

    日本マイコトキシン学会  2014年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:6   担当ページ:69-74   記述言語:日本語

    DOI: 10.2520/myco.64.69

  6. 薬剤ストレス処理により誘導される糸状菌の体細胞相同組換えを利用したマイコトキシンバイオアッセイ系への展開

    荒添 貴之、大里 修一、木村 真、有江 力、桑田 茂( 担当: 共著)

    日本マイコトキシン学会  2014年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:8   担当ページ:87-94   記述言語:日本語

    DOI: 10.2520/myco.64.87

  7. チミジンキナーゼ遺伝子を利用したフザリウム属菌のゲノム加工技術とマイコトキシン産生制御機構研究への応用

    中嶋 佑一、市川 雛代、前田 一行、西内 巧、小林 哲夫、木村 真( 担当: 共著)

    日本マイコトキシン学会  2013年 

     詳細を見る

    総ページ数:8   担当ページ:85-92   記述言語:日本語

    DOI: 10.2520/myco.63.85

  8. Nivalenol (Fungal Sesquiterpenes). Natural Products: Phytochemistry, Botany and Metabolism of Alkaloids, Phenolics and Terpenes

    Sugita-Konishi Y and Kimura M.( 担当: 共著)

    Springer Verlag, Berlin-Heiderberg  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. Toxins of microorganisms. Comprehensive Natural Product Chemistry II Vol. 4 Chemical Ecology (Mori, K. ed.), ISBN: 978-0-08-045381-1

    Sakuda S and Kimura M.( 担当: 単著)

    Elsevier Science B.V., Amsterdam  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 病原糸状菌の浸透圧応答シグナル伝達経路

    田中 千尋、泉津 弘佑、吉見 啓、清水 公徳、木村 真、本山 高幸( 担当: 共著)

    日本農芸化学会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. カビ毒を自ら解毒する遺伝子組換え作物

    安藤 直子、井川 智子、木村 真( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. Biotechnology for Fusarium resistance and mycotoxin decontamination in cereal grains. Proceedings of the International Symposium on Mycotoxicology in Bangkok 2006 (Kumagai, S., ed.), ISSN 0285-1466

    Kimura M, Tokai T, and Takahashi-Ando N. ( 担当: 共著)

    Japanese Society of Mycotoxicology  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 殺菌剤ブラストサイジンSを選抜薬剤として用いるイネの効率的形質転換

    福田 徹子、安藤 直子、大里 修一、濱本 宏、木村 真、山口 勇( 担当: 共著)

    日本農薬学会  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. Control of Fusarium head blight and mycotoxin contamination in grains - Towards transgenic strategies for disease management. Modern Fungicides and Antifungal Compounds IV (Dehne, H. W., Gisi, U., Kuck K. H., Russel, P. E., and Lyr H., eds.), ISBN: 1-901396-39-8

    Yamaguchi I, Igawa T, Ochiai-Fukuda T, Takahashi-Ando N, and Kimura M.( 担当: 共著)

    The British Crop Protection Council, Hampshire  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. 埼玉県で見つかったイワゼニゴケ

    井藤賀 操、木村 真、山口 勇、古木 達郎( 担当: 共著)

    日本蘚苔類学会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. バイオテクノロジーとムギ類赤かび病の制御  植物防疫

    木村 真、安藤 直子、井川 智子、東海 武史、山口 勇( 担当: 単著)

    日本植物防疫協会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Biotechnology for Fusarium resistance and mycotoxin decontamination in cereal grains. Collaborative Research for Fusarium Head Blight Resistance in Wheat and Barley (Ban, T. ed.), ISSN 1341-710X

    Kimura M, Tokai T, Kadokura K, Igawa T, Ochiai-Fukuda T, Ohsato S, Higa-Nishiyama A, Takahashi-Ando N, and Yamaguchi I. ( 担当: 共著)

    JIRCAS, Tsukuba  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. Fusarium mycotoxins: biosynthesis and biodegradation. New Horizon of Mycotoxicology for Assuring Food Safety. Proceedings of the International Symposium of Mycotoxicology in Kagawa 2003 (Yoshizawa, T., ed.), ISBN 4-938236-86-9 C3045

    Kimura M, Tokai T, Takahashi-Ando N, and Yamaguchi I. ( 担当: 共著)

    Bikohsha, Takamatsu  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. 植物機能統御機構解明の新展開—植物バイオテクノロジーと環境

    山口 勇、濱本 宏、木村 真、本山 高幸( 担当: 共著)

    日本農芸化学会  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. Molecular biology and genetics of trichothecene mycotoxin producers: progress and perspective. Production of Secondary Metabolites by Microorganisms: Biosynthesis, Genetics, and Regulation (Fierro, F. and Martin, J. F., eds.), ISBN: 81-7736-113-9

    Kimura M, Fujimura M, Hamamoto H, Tokai T, and Yamaguchi I.( 担当: 単著)

    Research Signpost, Trivandrum  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. An unexpected gift from fungicide metabolism studies: blasticidin S deaminase (BSD) from Aspergillus terreus. Progress in Biotechnology vol. 22. Molecular Anatomy of Cellular Systems (Endo, I., Kudo, T., Osada, H., Shibata, T., and Yamaguchi, I. eds.), ISBN: 0-444-50739-6

    Kimura M, Yamamoto M, Furuichi M, Kumasaka T, and Yamaguchi I.( 担当: 共著)

    Elsevier Science B.V., Amsterdam  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. The mystery of the trichothecene 3-O-acetyltransferase gene: Tri101 evolved independent of other trichothecene biosynthetic genes in the gene cluster. - Extended Summary (9th International Congress of Pesticide Chemistry).

    Kimura M and Yamaguchi I.( 担当: 共著)

    Pestic. Sci.   1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  23. 農業用抗生物質ブラストサイジンS—不活化酵素の発見とその遺伝子の利用  バイオサイエンスとバイオインダストリー 

    木村 真、山口 勇( 担当: 共著)

    バイオインダストリー協会  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. ブラストサイジンS利用の新展開—農業用抗生物質から分子生物学研究用選択薬剤へ 化学と生物

    木村 真、山口 勇( 担当: 共著)

    日本農芸化学会  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. 安全で効果的な赤かび病防除剤の開発に向けて

    西内 巧、木村 真( 担当: 共著)

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 18

  1. 安定・安全な食糧供給の実現を目指した革新的なバイオコントロール技術の開発

    2021年12月 - 2023年3月

    国立大学イノベーション創出環境強化事業交付金(重点支援③) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3200000円

  2. コーヒー抽出後の残渣SCGを利用した食品カビの効率的増殖を目指した萌芽研究

    2021年9月 - 2022年8月

    2021年度「キーコーヒー柴田裕記念財団」研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. トリコテセン系かび毒生合成制御の分子機構

    研究課題番号:G-2021-2-098  2021年4月 - 2023年3月

    公益財団法人発酵研究所  公益財団法人発酵研究所 2021年度一般研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  4. 天然物を活用した作物病害防除とかび毒汚染制御

    研究課題番号:28007AB  2019年4月 - 2022年3月

    農業・食品産業技術総合研究機構:イノベーション創出強化研究推進事業 

    木村真

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:104338400円

  5. アミノ酸代謝シグナルを利用したマイコトキシン産生抑制機構の解明

    研究課題番号:2017S056  2017年6月 - 2018年3月

    2017年度 旗影会研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  6. 天然素材を活用した穀類のかび毒汚染低減化技術の創成

    研究課題番号:28007  2016年7月 - 2019年3月

    農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 シーズ創出ステージ 

    木村真

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:27500000円

  7. トリコテセン系かび生合成進化の解明と標準化合物ライブラリーの構築

    研究課題番号:H27 Joint Research No.11  2016年5月 - 2017年4月

    平成27年度 飯島記念食品科学振興財団学術研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円

  8. セスキテルペン代謝工学に向けた基盤研究

    2015年4月 - 2016年3月

    野田産研研究助成 

    木村真

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  9. オカラ細胞壁の可溶化と機能性成分の探索にむかう食用カビの基盤研究

    2015年 - 2016年

    平成27年度 研究助成金 

    木村真

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. トリコテセン系かび毒産生制御技術の開発にむけた基盤研究

    2013年6月 - 2014年4月

    平成25年度 学術奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 「ケミカルバイオロジーを基盤とした革新的な農薬等の探索研究」のうち分担課題「ムギ類赤かび病菌制御化合物の探索」

    2011年8月 - 2016年3月

    イノベーション創出基礎的研究推進事業 

    長田裕之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. ニバレノール型カビ毒の迅速で正確な酵素免疫学的測定のための前処理法の開発

    2011年5月 - 2012年4月

    平成22年度 飯島記念食品科学振興財団学術研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 穀類の安全を脅かすニバレノール型カビ毒の後期生合成の解明

    2010年5月 - 2011年4月

    平成21年度 飯島記念食品科学振興財団学術研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 未来世代のための革新的もの作り‐植物病原菌を利用した医薬原料の圃場的大量生産にむけて

    2006年4月 - 2007年3月

    平成18年度 化学素材研究開発振興財団記念基金「グラント」研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 天然環境毒素による重要穀類の汚染低減化にむけた技術創成

    2005年8月 - 2008年3月

    新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業 

    木村真

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. 国産技術を応用した病害抵抗性・微生物毒素非蓄積性組換え穀類の開発

    2004年10月 - 2005年9月

    産業界連携制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 平成15〜17年度農林水産省受託研究「食品の安全性及び機能性に関する総合研究」のうち分担課題「 赤かび病菌マイコトキシン不活化・解毒遺伝子の穀類における発現と産生抑制技術の開発」

    2003年4月 - 2005年3月

  18. トリコテセン生合成遺伝子の探索と解析

    1997年6月 - 1998年3月

    平成9年度 研究奨励費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 7

  1. フザリウムのユニークな二次代謝生合成制御機構の解明

    2022年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    木村 真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 新規糖抱合masked mycotoxinーその生産機構と食へのリスク検証(分担)

    2021年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    安藤 直子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 新規かび毒の探索・創出と先進的な食の安全検査体制の整備に向けた基盤研究(分担)

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    安藤 直子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. ニバレノール系カビ毒の側鎖統一に向けた技術創成とその検出への応用利用(分担)

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    安藤 直子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. フザリウム属菌を宿主としたセスキテルペンの代謝工学

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    木村 真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 生物間相互作用に関わるセスキテルペンの構造多様性を生み出す遺伝的メカニズムの解明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    木村 真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. 様々なトリコテセン毒素を生産するフザリウム属菌の毒素生合成遺伝子の単離と解析

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    木村 真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 1

  1. ブラストサイジンSデアミナーゼ遺伝子

    山口 勇、木村 真、鎌倉 高志

     詳細を見る

    出願番号:特開平06-070768  出願日:1994年3月

    出願国:国内  

    微生物源農薬であるブラストサイジンSの不活性化酵素遺伝子(BSD)を選択マーカー遺伝子とした動物細胞、植物、微生物等の形質転換系

 

担当経験のある科目 (本学) 85

  1. 応用微生物学特論

    2023

  2. 微生物学2

    2023

  3. 微生物学

    2023

  4. 微生物学1(生命)

    2023

  5. 微生物学1

    2023

  6. 微生物学2

    2022

  7. 微生物学

    2022

  8. 農学部応用生命科学実験

    2022

  9. 応用生命科学実験実習1

    2022

  10. 応用微生物学特論

    2022

  11. 応用生命科学実験実習2

    2022

  12. 微生物学1(生命)

    2022

  13. 農学セミナー1

    2022

  14. 情報リテラシー入門

    2021

  15. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2021

  16. 微生物学2

    2021

  17. 微生物学

    2021

  18. 応用微生物学特論

    2021

  19. 微生物学1

    2021

  20. 修士論文研究1

    2021

  21. 生命農学演習4

    2021

  22. 生命農学演習3

    2021

  23. 生命農学演習2

    2021

  24. 生命農学演習1

    2021

  25. 修士論文研究4

    2021

  26. 修士論文研究3

    2021

  27. 修士論文研究2

    2021

  28. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2020

  29. 微生物学1

    2020

  30. 情報リテラシー入門

    2020

  31. 微生物学2

    2020

  32. 修士論文研究4

    2020

  33. 修士論文研究3

    2020

  34. 修士論文研究2

    2020

  35. 修士論文研究1

    2020

  36. 生命農学演習4

    2020

  37. 生命農学演習3

    2020

  38. 生命農学演習2

    2020

  39. 生命農学演習1

    2020

  40. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験) (2019年度)

    2019

  41. 微生物学1 (学部2年)

    2019

  42. 分子細胞機構学特論IV

    2019

  43. 分子細胞機構学演習IV

    2019

  44. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2019

  45. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2018

  46. 微生物学2(学部3年)

    2018

  47. 微生物学1 (学部2年)

    2018

  48. 分子細胞機構学特論IV

    2018

  49. 分子細胞機構学演習IV

    2018

  50. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験) (2018年度)

    2018

  51. 分子細胞機構学演習IV

    2017

  52. 分子細胞機構学特論IV

    2017

  53. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2017

  54. 微生物学2(学部3年)

    2017

  55. 微生物学1 (学部2年)

    2017

  56. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験) (2017年度)

    2017

  57. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験)

    2016

  58. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2016

  59. 分子細胞機構学演習IV

    2016

  60. 分子細胞機構学特論IV

    2016

  61. 微生物学1 (学部2年)

    2016

  62. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験)

    2015

  63. 分子細胞機構学演習IV

    2015

  64. 分子細胞機構学特論IV

    2015

  65. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2015

  66. 微生物学1 (学部2年)

    2015

  67. 応用生命科学科実験実習(実験基礎)

    2014

  68. Microbiology (G30 program 3rd year Spring semester)

    2014

  69. 微生物学1 (学部2年)

    2014

  70. 分子細胞機構学特論IV

    2014

  71. 分子細胞機構学演習IV

    2014

  72. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験)

    2014

  73. バイオテクノロジー(理系教養科目)

    2014

  74. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験)

    2013

  75. 応用生命科学科実験実習(実験基礎)

    2013

  76. 分子細胞機構学特論IV

    2013

  77. 分子細胞機構学演習IV

    2013

  78. バイオテクノロジー(理系教養科目)

    2013

  79. 微生物学1 (学部2年)

    2013

  80. 微生物学1 (学部2年)

    2012

  81. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験)

    2012

  82. 分子細胞機構学特論IV

    2012

  83. 分子細胞機構学演習IV

    2012

  84. バイオテクノロジー(理系教養科目)

    2012

  85. 応用生命科学科実験実習(分子生物学実験)

    2011

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 名大 MIRAI GSC(次世代人材育成時事業グローバルサイエンスキャンプ)

    役割:実演

    2018年7月 - 2018年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

学術貢献活動 5

  1. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry: Editor 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    2023年3月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  2. Frontiers in Microbiology: Associate Editor 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    2022年5月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  3. International Journal of Molecular Sciences: Editorial Board Member 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    2019年10月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  4. JSM Mycotoxins: Advisory Board Member 国際学術貢献

    役割:監修, 審査・評価, 査読

    2017年1月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  5. JSM Mycotoxins: Editor-in-Chief 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    2010年1月 - 2016年12月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言