2022/10/26 更新

写真a

キリュウ スミコ
桐生 寿美子
KIRYU-SEO Sumiko
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

研究キーワード 10

  1. 神経変性

  2. ミトコンドリア

  3. メタロプロテアーゼ

  4. 神経筋接合部

  5. グリア細胞

  6. 軸索

  7. 運動ニューロン

  8. 神経再生

  9. 軸索輸送

  10. ストレス応答

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 神経科学一般

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 神経再生•変性に関わる分子メカニズム

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学   准教授

    2011年8月 - 現在

  2. 大阪市立大学・大学院医学研究科・准教授

    2008年7月 - 2011年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大阪市立大学・大学院医学研究科・講師

    2004年10月 - 2008年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 大阪市立大学・大学院医学研究科・助手

    2001年4月 - 2004年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 旭川医科大学・助手

    1998年10月 - 2001年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    1998年4月 - 1998年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会 5

  1. 日本神経化学会

  2. 北米神経科学会

  3. 日本解剖学会

  4. 日本神経科学会

  5. 北米神経科学会

委員歴 3

  1. 日本解剖学会   学術委員会  

    2020年4月 - 現在   

  2. 日本神経化学会   ダイバーシティー推進委員会委員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本解剖学会   情報技術委員会  

    2015年4月 - 2019年3月   

受賞 3

  1. 大阪市医学会市長賞

    2008年2月   大阪市医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 大阪市医学会市長賞

    2007年2月   大阪市医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本解剖学会奨励賞

    2004年8月   日本解剖学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 72

  1. Impaired disassembly of the axon initial segment restricts mitochondrial entry into damaged axons 査読有り

    Sumiko Kiryu-Seo, Reika Matsushita, Yoshitaka Tashiro, Takeshi Yoshimura, Yohei Iguchi, Masahisa Katsuno, Ryosuke Takahashi, Hiroshi Kiyama

    EMBO J   41 巻 ( 20 )   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.15252/embj.2021110486

  2. Damage-induced neuronal endopeptidase (DINE) enhances axonal regeneration potential of retinal ganglion cells after optic nerve injury

    Kaneko Aoi, Kiryu-Seo Sumiko, Matsumoto Sakiko, Kiyama Hiroshi

    CELL DEATH & DISEASE   8 巻 ( 6 ) 頁: e2847   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/cddis.2017.212

    Web of Science

    PubMed

  3. ECEL1 mutation implicates impaired axonal arborization of motor nerves in the pathogenesis of distal arthrogryposis

    Nagata Kenichi, Kiryu-Seo Sumiko, Tamada Hiromi, Okuyama-Uchimura Fumi, Kiyama Hiroshi, Saido Takaomi C.

    ACTA NEUROPATHOLOGICA   132 巻 ( 1 ) 頁: 111-126   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00401-016-1554-0

    Web of Science

    PubMed

  4. Mitochondrial fission is an acute and adaptive response in injured motor neurons

    Kiryu-Seo Sumiko, Tamada Hiromi, Kato Yukina, Yasuda Katsura, Ishihara Naotada, Nomura Masatoshi, Mihara Katsuyoshi, Kiyama Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   6 巻   頁: 28331   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep28331

    Web of Science

    PubMed

  5. Motor Nerve Arborization Requires Proteolytic Domain of Damage-Induced Neuronal Endopeptidase (DINE) during Development

    Matsumoto Sakiko, Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   36 巻 ( 17 ) 頁: 4744-4757   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3811-15.2016

    Web of Science

    PubMed

  6. The nuclear events guiding successful nerve regeneration

    Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi

    FRONTIERS IN MOLECULAR NEUROSCIENCE   4 巻   頁: 53   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnmol.2011.00053

    Web of Science

    PubMed

  7. Demyelination increases axonal stationary mitochondrial size and the speed of axonal mitochondrial transport.

    Kiryu-Seo S, Ohno N, Kidd GJ, Komuro H, Trapp BD

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30 巻 ( 19 ) 頁: 6658-66   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.5265-09.2010

    PubMed

  8. Unique anti-apoptotic activity of EAAC1 in injured motor neurons. 査読有り

    Kiryu-Seo S, Gamo K, Tachibana T, Tanaka, K and Kiyama H.

    EMBO J   25 巻   頁: 3411-3421   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Damage-induced neuronal endopeptidase (DINE) is a unique metallopeptidase expressed in response to neuronal damage and activates superoxide scavengers

    Kiryu-Seo S, Sasaki M, Yokohama H, Nakagomi S, Hirayama T, Aoki S, Wada K, Kiyama H

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   97 巻 ( 8 ) 頁: 4345-4350   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  10. Expression of ATP-binding cassette transporter A1 is induced by nerve injury and its deficiency affects neurite tip morphology and elongation in cultured neurons 査読有り

    J Chem Neuroanat   125 巻   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Axonal injury alters the extracellular glial environment of the axon initial segment and allows substantial mitochondrial influx into axon initial segment 査読有り

    Hiromi Tamada, Sumiko Kiryu-Seo, Sohgo Sawada, Hiroshi Kiyama

    J Comp Neurol   529 巻 ( 16 ) 頁: 3621 - 3632   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Axonal injury alters the extracellular glial environment of the axon initial segment and allows substantial mitochondrial influx into axon initial segment

    Tamada Hiromi, Kiryu-Seo Sumiko, Sawada Sohgo, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   529 巻 ( 16 ) 頁: 3621 - 3632   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.25212

    Web of Science

    PubMed

  13. Zonisamide ameliorates neuropathic pain partly by suppressing microglial activation in the spinal cord in a mouse model

    Koshimizu Hiroyuki, Ohkawara Bisei, Nakashima Hiroaki, Ota Kyotaro, Kanbara Shunsuke, Inoue Taro, Tomita Hiroyuki, Sayo Akira, Kiryu-Seo Sumiko, Konishi Hiroyuki, Ito Mikako, Masuda Akio, Ishiguro Naoki, Imagama Shiro, Kiyama Hiroshi, Ohno Kinji

    LIFE SCIENCES   263 巻   頁: 118577   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2020.118577

    Web of Science

    PubMed

  14. TC10, a Rho family GTPase, is required for efficient axon regeneration in a neuron-autonomous manner 査読有り

    Koinuma Shingo, Negishi Ryota, Nomura Riko, Sato Kazuki, Kojima Takuya, Segi-Nishida Eri, Goitsuka Ryo, Iwakura Yoichiro, Wada Naoyuki, Koriyama Yoshiki, Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi, Nakamura Takeshi

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY     2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.15235

    Web of Science

  15. New Insights of a Neuronal Peptidase DINE/ECEL1: Nerve Development, Nerve Regeneration and Neurogenic Pathogenesis.

    Kiryu-Seo S, Nagata K, Saido TC, Kiyama H

    Neurochemical research     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11064-018-2665-x

    PubMed

  16. Mitochondrial behavior during axon regeneration/degeneration in vivo.

    Kiryu-Seo S, Kiyama H

    Neuroscience research     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2018.08.014

    PubMed

  17. Distinct functional consequences of ECEL1/DINE missense mutations in the pathogenesis of congenital contracture disorders

    Nagata Kenichi, Takahashi Mika, Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi, Saido Takaomi C.

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   5 巻 ( 1 ) 頁: 83   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-017-0486-9

    Web of Science

    PubMed

  18. Three-dimensional analysis of somatic mitochondrial dynamics in fission-deficient injured motor neurons using FIB/SEM

    Tamada Hiromi, Kiryu-Seo Sumiko, Hosokawa Hiroki, Ohta Keisuke, Ishihara Naotada, Nomura Masatoshi, Mihara Katsuyoshi, Nakamura Kei-ichiro, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   525 巻 ( 11 ) 頁: 2535-2548   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.24213

    Web of Science

    PubMed

  19. The mitochondrial dynamics after neuronal injury

    Kiryu-Seo S., Kiyama H.

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   134 巻   頁: 92-92   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  20. Proteolipid protein cannot replace P0 protein as the major structural protein of peripheral nervous system myelin.

    Yin X, Kiryu-Seo S, Kidd GJ, Feltri ML, Wrabetz L, Trapp BD

    Glia   63 巻 ( 1 ) 頁: 66-77   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/glia.22733

    PubMed

  21. MICRORNA-124 IS DOWN REGULATED IN NERVE-INJURED MOTOR NEURONS AND IT POTENTIALLY TARGETS MRNAS FOR KLF6 AND STAT3

    Nagata K., Hama I., Kiryu-Seo S., Kiyama H.

    NEUROSCIENCE   256 巻   頁: 426-432   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2013.10.055

    Web of Science

  22. Expression analysis of the regenerating gene (Reg) family members Reg-III beta and Reg-III gamma in the mouse during development

    Matsumoto Sakiko, Konishi Hiroyuki, Maeda Rie, Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   520 巻 ( 3 ) 頁: 479-494   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.22705

    Web of Science

    PubMed

  23. Cleavage of Neuregulin-1 by BACE1 or ADAM10 Protein Produces Differential Effects on Myelination

    Luo Xiaoyang, Prior Marguerite, He Wanxia, Hu Xiangyou, Tang Xiaoying, Shen Weizhen, Yadav Satya, Kiryu-Seo Sumiko, Miller Robert, Trapp Bruce D., Yan Riqiang

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   286 巻 ( 27 ) 頁: 23967-23974   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.251538

    Web of Science

    PubMed

  24. Myelination and axonal electrical activity modulate the distribution and motility of mitochondria at CNS nodes of Ranvier.

    Ohno N, Kidd GJ, Mahad D, Kiryu-Seo S, Avishai A, Komuro H, Trapp BD

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31 巻 ( 20 ) 頁: 7249-58   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.0095-11.2011

    PubMed

  25. Altered expression of mRNA for the low-density lipoprotein receptor (LDLR) in injured motor neurons of rodent

    Hama Isuzu, Kiryu-Seo Sumiko, Konishi Hiroyuki, Kim Dong-Ho, Saeki Shigeru, Kiyama Hiroshi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   71 巻   頁: E339 - E340   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2011.07.1489

    Web of Science

  26. Damage-Induced Neuronal Endopeptidase Is Critical for Presynaptic Formation of Neuromuscular Junctions

    Nagata Kenichi, Kiryu-Seo Sumiko, Maeda Mitsuyo, Yoshida Kayo, Morita Takashi, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   30 巻 ( 20 ) 頁: 6954-6962   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4521-09.2010

    Web of Science

    PubMed

  27. Molecular characterization and expression of the low-density lipoprotein receptor-related protein-10, a new member of the LDLR gene family

    Jeong Young-Hee, Ishikawa Kayoko, Someya Yoshimi, Hosoda Akemi, Yoshimi Tomohiko, Yokoyama Chikako, Kiryu-Seo Sumiko, Kang Man-Jong, Tchibana Taro, Kiyama Hiroshi, Fukumura Tomoe, Kim Dong-Ho, Saeki Shigeru

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   391 巻 ( 1 ) 頁: 1110-1115   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.12.033

    Web of Science

    PubMed

  28. PROLONGED STRESS AFFECTS THE HYPOTHALAMIC DOPAMINE SYSTEM AND CAUSES DEGENERATION OF THE PITUITARY CELLS

    Ogawa T., Shishioh-Ikejima N., Konishi H., Makino T., Kiryu-Seo S., Tanaka M., Watanabe Y., Kiyama H.

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   110 巻   頁: 196-196   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  29. PROLONGED STRESS AFFECTS THE HYPOTHALAMIC DOPAMINE SYSTEM AND CAUSES DEGENERATION OF THE PITUITARY CELLS

    Ogawa T, Shishioh-Ikejima N, Konishi H, Makino T, Kiryu-Seo S, Tanaka M, Watanabe Y, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   110 巻   頁: 196-196   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Chronic stress elicits prolonged activation of alpha-MSH secretion and subsequent degeneration of melanotroph

    Ogawa Tokiko, Shishioh-Ikejima Nobue, Konishi Hiroyuki, Makino Tetsuya, Sei Hiroyoshi, Kiryu-Seo Sumiko, Tanaka Masaaki, Watanabe Yasuyoshi, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   109 巻 ( 5 ) 頁: 1389-1399   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1471-4159.2009.06057.x

    Web of Science

    PubMed

  31. G-Protein-Coupled Receptor Screen Reveals a Role for Chemokine Receptor CCR5 in Suppressing Microglial Neurotoxicity

    Gamo Kazushige, Kiryu-Seo Sumiko, Konishi Hiroyuki, Aoki Shunsuke, Matsushima Kouji, Wada Keiji, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   28 巻 ( 46 ) 頁: 11980-11988   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2920-08.2008

    Web of Science

    PubMed

  32. Neuronal injury-inducible gene is synergistically regulated by ATF3, c-Jun, and STAT3 through the interaction with Sp1 in damaged neurons

    Kiryu-Seo Sumiko, Kato Ryuichi, Ogawa Tokiko, Nakagomi Saya, Nagata Kenichi, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   283 巻 ( 11 ) 頁: 6988-6996   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M707514200

    Web of Science

    PubMed

  33. Suture of transected nerve suppresses expression of BH3-only protein noxa in nerve-transected motor neurons of C57BL/6J mouse

    Gamo Kazushige, Kiryu-Seo Sumiko, Yoshikawa Hideki, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROTRAUMA   24 巻 ( 5 ) 頁: 876-884   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/neu.2006.0187

    Web of Science

    PubMed

  34. Altered expression of Smad family members in injured motor neurons of rat

    Okuyama Noriko, Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi

    BRAIN RESEARCH   1132 巻 ( 1 ) 頁: 36-41   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2006.11.019

    Web of Science

    PubMed

  35. Unique anti-apoptotic activity of EAAC1 in injured motor neurons

    Kiryu-Seo Sumiko, Gamo Kazushige, Tachibana Taro, Tanaka Kohichi, Kiyama Hiroshi

    EMBO JOURNAL   25 巻 ( 14 ) 頁: 3411-3421   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.emboj.7601225

    Web of Science

    PubMed

  36. Identification and functional analysis of damage-induced neuronal endopeptidase (DINE), a nerve injury associated molecule

    Kiryu-Seo Sumiko

    ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL   81 巻 ( 1 ) 頁: 1-6   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  37. Localization and ontogeny of damage-induced neuronal endopeptidase mRNA-expressing neurons in the rat nervous system

    Nagata K., Kiryu-Seo S., Kiyama H.

    NEUROSCIENCE   141 巻 ( 1 ) 頁: 299-310   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2006.03.032

    Web of Science

  38. Transcriptional regulation of DINE in response to nerve injury

    Kiryu-Seo Sumiko, Kato Ryuichi, Kiyama Hiroshi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   55 巻   頁: S218 - S218   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Induced expressions of Rab24 GTPase and LC3 in nerve-injured motor neurons

    Egami Y, Kiryu-Seo S, Yoshimori T, Kiyama H

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   337 巻 ( 4 ) 頁: 1206-1213   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.09.171

    Web of Science

    PubMed

  40. Altered expression of neprilysin family members in the pituitary gland of sleep-disturbed rats, an animal model of severe fatigue

    Ogawa T, Kiryu-Seo S, Tanaka M, Konishi H, Iwata N, Saido T, Watanabe Y, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   95 巻 ( 4 ) 頁: 1156-1166   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1471-4159.2005.03436.x

    Web of Science

    PubMed

  41. Altered expression of Neprilysin family members in pituitary gland of chronically sleep disturbed rat

    Ogawa T, Kiryu-Seo S, Tanaka M, Iwata N, Saido TC, Watanabe Y, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   94 巻   頁: 242-242   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  42. The p53-independent nuclear translocation of cyclin G1 in degenerating neurons by ischemic and traumatic insults

    Maeda M, Ampo KI, Kiryu-Seo S, Konishi H, Ohba N, Kadono C, Kiyama H

    EXPERIMENTAL NEUROLOGY   193 巻 ( 2 ) 頁: 350-360   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.expneurol.2005.01.018

    Web of Science

    PubMed

  43. Noxa is a critical mediator of p53-dependent motor neuron death after nerve injury in adult mouse

    Kiryu-Seo S, Hirayama T, Kato R, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   25 巻 ( 6 ) 頁: 1442-1447   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4041-04.2005

    Web of Science

    PubMed

  44. Expression of damage-induced neuronal endopeptidase (DINE) mRNA in peri-infarct cortical and thalamic neurons following middle cerebral artery occlusion

    Ohba N, Kiryu-Seo S, Maeda M, Muraoka M, Ishii M, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   91 巻 ( 4 ) 頁: 956-964   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1471-4159.2004.02784.x

    Web of Science

    PubMed

  45. Dine (damage induced neuronal endopeptidase)

    Kiryu-Seo S, Kiyama H

    PROTEIN AND PEPTIDE LETTERS   11 巻 ( 5 ) 頁: 451-460   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  46. Transgenic mouse overexpressing the Akt reduced the volume of infarct area after middle cerebral artery occlusion

    Ohba N, Kiryu-Seo S, Maeda M, Muraoka M, Ishii M, Kiyama H

    NEUROSCIENCE LETTERS   359 巻 ( 3 ) 頁: 159-162   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2004.02.029

    Web of Science

    PubMed

  47. Critical role for DP5/Harakiri, a Bcl-2 homology domain 3-only Bcl-2 family member, in axotomy-induced neuronal cell death

    Imaizumi K, Benito A, Kiryu-Seo S, Gonzalez V, Inohara N, Leiberman AP, Kiyama H, Nunez G

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   24 巻 ( 15 ) 頁: 3721-3725   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.5101-03.2004

    Web of Science

    PubMed

  48. Vesicular acetylcholine transporter can be a morphological marker for the reinnervation to muscle of regenerating motor axons

    Maeda M, Ohba N, Nakagomi S, Suzuki Y, Kiryu-Seo S, Namikawa K, Kondoh W, Tanaka A, Kiyama H

    NEUROSCIENCE RESEARCH   48 巻 ( 3 ) 頁: 305-314   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2003.11.008

    Web of Science

    PubMed

  49. Dine (damage induced neuronal endopeptidase) 招待有り 査読有り

    Kiryu-Seo S,. Kiyama H.

    Protein Pept. Lett.   11 巻   頁: 451-460   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Cavernous nerve injury elicits GAP-43 mRNA expression but not regeneration of injured pelvic ganglion neurons

    Kato R, Kiryu-Seo S, Sato Y, Hisasue S, Tsukamoto T, Kiyama H

    BRAIN RESEARCH   986 巻 ( 1-2 ) 頁: 166-173   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0006-8993(03)03249-9

    Web of Science

    PubMed

  51. Collapsin response mediator protein-2 accelerates axon regeneration of nerve-injured motor neurons of rat

    Suzuki Y, Nakagomi S, Namikawa K, Kiryu-Seo S, Inagaki N, Kaibuchi K, Aizawa H, Kikuchi K, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   86 巻 ( 4 ) 頁: 1042-1050   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1471-4159.2003.01920.x

    Web of Science

    PubMed

  52. Expression of the activating transcription factor 3 prevents c-Jun N-terminal kinase-induced neuronal death by promoting heat shock protein 27 expression and Akt activation.

    Nakagomi S, Suzuki Y, Namikawa K, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 巻 ( 12 ) 頁: 5187-96   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  53. Expression of the activating transcription factor 3 prevents c-Jun N-terminal kinase-induced neuronal death by promoting heat shock protein 27 expression and Akt activation

    Nakagomi S, Suzuki Y, Namikawa K, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   23 巻 ( 12 ) 頁: 5187-5196   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  54. Identification of an axotomy-induced glycosylated protein, AIGP1, possibly involved in cell death triggered by endoplasmic reticulum-Golgi stress.

    Aoki S, Su Q, Li H, Nishikawa K, Ayukawa K, Hara Y, Namikawa K, Kiryu-Seo S, Kiyama H, Wada K

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   22 巻 ( 24 ) 頁: 10751-60   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  55. Damage-induced neuronal endopeptidase (DINE/ECEL) expression is regulated by leukemia inhibitory factor and deprivation of nerve growth factor in rat sensory ganglia after nerve injury

    Kato R, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   22 巻 ( 21 ) 頁: 9410-9418   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  56. Neprilysin degrades both amyloid beta peptides 1-40 and 1-42 most rapidly and efficiently among thiorphan- and phosphoramidon-sensitive endopeptidases

    Shirotani K, Tsubuki S, Iwata N, Takaki Y, Harigaya W, Maruyama K, Kiryu-Seo S, Kiyama H, Iwata H, Tomita T, Iwatsubo T, Saido TC

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   276 巻 ( 24 ) 頁: 21895-21901   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  57. A disintegrin and metalloprotease with thrombospondin type1 motifs (ADAMTS-1) and IL-1 receptor type 1 mRNAs are simultaneously induced in nerve injured motor neurons

    Sasaki M, Seo-Kiryu S, Kato R, Kita S, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   89 巻 ( 1-2 ) 頁: 158-163   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  58. Endothelin-converting enzymes and endothelin receptor B messenger RNAs are expressed in different neural cell species and these messenger rnas are coordinately induced in neurons and astrocytes respectively following nerve injury

    Nakagomi S, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    NEUROSCIENCE   101 巻 ( 2 ) 頁: 441-449   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  59. Discordant expression of c-Ret and glial cell line-derived neurotrophic factor receptor alpha-1 mRNAs in response to motor nerve injury in neonate rats

    Tsujino H, Mansur K, Kiryu-Seo S, Namikawa K, Kitahara T, Tanabe K, Ochi T, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   70 巻 ( 2 ) 頁: 298-303   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  60. Dimethylarginine dimethylaminohydrolase (DDAH) as a nerve-injury-associated molecule: mRNA localization in the rat brain and its coincident up-regulation with neuronal NO synthase (nNOS) in axotomized motoneurons

    Nakagomi S, Kiryu-Seo S, Kimoto M, Emson PC, Kiyama H

    EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE   11 巻 ( 6 ) 頁: 2160-2166   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  61. Expressed-sequence-tag approach to identify differentially expressed genes following peripheral nerve axotomy

    Tanabe K, Nakagomi S, Kiryu-Seo S, Namikawa K, Imai Y, Ochi T, Tohyama M, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   64 巻 ( 1 ) 頁: 34-40   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  62. A sequence-specific splicing activator, Tra2 beta, is up-regulated in response to nerve injury

    Kiryu-Seo S, Matsuo N, Wanaka A, Ogawa S, Tohyama M, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   62 巻 ( 2 ) 頁: 220-223   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  63. Up-regulation of thioredoxin expression in motor neurons after nerve injury

    Mansur K, Iwahashi Y, Kiryu-Seo S, Su Q, Namikawa K, Yodoi J, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   62 巻 ( 1 ) 頁: 86-91   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  64. Enhancement of extracellular glutamate scavenge system in injured motoneurons

    Toki H, Namikawa K, Su QN, Kiryu-Seo S, Sato K, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   71 巻 ( 3 ) 頁: 913-919   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  65. Enhanced expression of 14-3-3 family members in injured motoneurons

    Namikawa K, Su QN, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   55 巻 ( 2 ) 頁: 315-320   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  66. Alternative expression of Shc family members in nerve-injured motoneurons

    Tanabe K, Kiryu-Seo S, Nakamura T, Mori N, Tsujino H, Ochi T, Kiyama H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   53 巻 ( 1-2 ) 頁: 291-296   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  67. Selective upregulation of cytokine receptor subchain and their intracellular signalling molecules after peripheral nerve injury

    Yao GL, Kato H, Khalil M, Kiryu S, Kiyama H

    EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE   9 巻 ( 5 ) 頁: 1047-1054   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  68. p53-independent cyclin G expression in a group of mature neurons and its enhanced expression during nerve regeneration

    Morita N, Kiryu S, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   16 巻 ( 19 ) 頁: 5961-5966   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  69. Nerve injury enhances rat neuronal glutamate transporter expression: Identification by differential display PCR

    Kiryu S, Yao GL, Morita N, Kato H, Kiyama H

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   15 巻 ( 12 ) 頁: 7872-7878   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  70. UP-REGULATION OF FERRITIN HEAVY-CHAIN MESSENGER-RNA EXPRESSION IN THE RAT SKELETAL-MUSCLE AFTER DENERVATION - DETECTED BY MEANS OF DIFFERENTIAL DISPLAY

    KITAHARA T, KIRYU S, TAKEDA N, KUBO T, KIYAMA H

    NEUROSCIENCE RESEARCH   23 巻 ( 4 ) 頁: 353-360   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  71. REGULATION OF MESSENGER-RNA EXPRESSION INVOLVED IN RAS AND PKA SIGNAL PATHWAYS DURING RAT HYPOGLOSSAL NERVE REGENERATION

    KIRYU S, MORITA N, OHNO K, MAENO H, KIYAMA H

    MOLECULAR BRAIN RESEARCH   29 巻 ( 1 ) 頁: 147-156   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  72. UP-REGULATION OF ERK (MAP KINASE) AND MEM (MAP KINASE KINASE) TRANSCRIPTION AFTER RAT FACIAL-NERVE TRANSECTION

    KITAHARA T, KIRYU S, OHNO K, MORITA N, KUBO T, KIYAMA H

    NEUROSCIENCE RESEARCH   20 巻 ( 3 ) 頁: 275-280   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

MISC 3

  1. Noxa is a critical mediator of p53-dependent motor neuron death after nerve injury in adult mouse. 査読有り

    Kiryu-Seo S, Hirayama T, Kato R, Kiyama H  

    J Neurosci25 巻   頁: 1442-1447   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  2. Damage Induced Neuronal Endopeptidase (DINE/ECEL1) expression is regulated by LIF and deprivation of NGF in rat sensory ganglia after nerve injury. J. 査読有り

    Kato R, Kiryu-Seo S, Kiyama H  

    J Neurosci22 巻   頁: 9410-9418   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  3. p53 independent cyclin G expression in a group of mature neurons and its implication for nerve regeneration. 査読有り

    Morita N, Kiryu S, Kiyama H  

    J Neurosci16 巻   頁: 5961-5966   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 23

  1. 障害を受けた運動ニューロンが軸索変性を免れる新たな仕組み

    桐生寿美子

    第12回名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム  2022年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 軸索初節の可塑性と神経変性・神経炎症

    桐生寿美子、木山博資

    Neuro2022  2022年7月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  3. 神経損傷に応答した軸索起始部のダイナミクス

    桐生寿美子、木山博資

    第64回神経化学会  2021年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  4. Injured motor neurons lose polarity in a proteasome–dependent manner to increase the mitochondrial transport into regenerative axons

    Sumiko Kiryu-Seo, Reika Matsushita, Yoshitaka Tashiro, Ryosuke Takahashi, Takeshi Yoshimura, Yohei Iguchi, Masahisa Katsuno, Hiroshi Kiyama

    2021年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 損傷運動ニューロンの軸索再生・変性に関わるプロテアソーム依存性ストレス応答

    桐生寿美子、松下鈴佳、田代善崇、高橋良輔、吉村武、井口洋平、勝野雅央、木山博資

    第10回名古屋大学医学系研究科・ 生理学研究所合同シンポジウム  2020年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  6. プロテアソームによるAISの可塑性制御は損傷運動ニューロン軸索のミトコンドリア輸送に関与する

    桐生寿美子、松下鈴佳、田代善崇、高橋良輔、吉村武、井口洋平、勝野雅央、木山博資

    第63回日本神経化学会大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 損傷運動ニューロンにおいてプロテアソームが関わる新たな神経再生メカニズム

    桐生寿美子、松下鈴佳、田代善崇、高橋良輔、吉村武、木山博資

    第125回日本解剖学会総会・全国学術集会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  8. 神経損傷に応答するプロテアーゼDINEの新たな可能性

    桐生寿美子

    第92回日本生化学大会  2019年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜  

  9. Mitochondria in the regenerating and degenerating neurons after nerve injury 招待有り

    APICA  2018年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  10. The mitochondrial dynamics after motor neuronal injury 国際会議

    Sumiko Kiryu-Seo

    International Society for Neurochemistry 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:オーストラリア連邦  

  11. DINE functions as a protease required for the motor nerve terminal arborization and neuromuscular junction formation

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. Nerve injury-induced mitochondrial fission is an essential adaptive response to maintain neuronal survival and promote axonal regeneration 国際会議

    Sumiko Kiryu-Seo, Hiromi Tamada, Yukina Kato, Naotada Ishihara, Masatoshi Nomura, Katsuyoshi Mihara, Hiroshi Kiyama

    Neuroscience2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  13. Enzymatic activity of Damage-induced neuronal endopeptidase/Endothelin-converting enzyme-like 1 (DINE/ECEL1) is crucial for neuromuscular junction formation during development. 国際会議

    Sakiko Matsumoto, Sumiko Kiryu-Seo, Hiroshi Kiyama

    Neuroscience2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  14. DINEのプロテアーゼ活性は脊髄運動ニューロン軸索終末分枝及び神経筋接合部形成に必須である

    松本早紀子、桐生寿美子、木山博資

    第57回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:奈良   国名:日本国  

  15. Aberrant axonal arborization of motor nerves in Damage-Induced Neuronal Endopeptidase deficient limb 国際会議

    Nagata K, Kiryu-Seo S, Kiyama H, Saido TC.

    Cold spring harbor meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  16. The protease activity of DINE/ECEL1 is required for the motor nerve terminal arborization and the neuromuscular junction formation 国際会議

    Matsumoto S, Kiryu-Seo S, Kiyama H.

    6th special conference of the international society for neurochemistry  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 神経損傷に応答するミトコンドリア

    桐生寿美子, 木山博資

    第57回日本神経化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:奈良   国名:日本国  

  18. 軸索に存在するDINEはシュワン細胞と相互作用することにより適切な軸索ブランチングおよび神経筋接合部形成を促す。

    桐生寿美子, 松本早紀子, 木山博資

    日本神経科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  19. DINE欠損運動神経の骨格筋支配の発生学的異常

    永田健一, 桐生寿美子, 斉藤貴志, 木山博資

    日本神経科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  20. 損傷神経細胞の再生能力に関わる分子メカニズム

    桐生寿美子, 木山博資

    日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:香川県   国名:日本国  

  21. 脱髄による軸索内ミトコンドリアのサイズと輸送速度の変化

    桐生寿美子, 大野伸彦, Grahame J. Kidd, 小室仁, Bruce D. Trapp

    Neuro2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  22. The protease activity of DINE/ECEL1 is required for the motor nerve terminal arborization and the neuromuscular junction formation

    Matsumoto S, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    6th special conference of the international society for neurochemistry  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo  

  23. Injured motor neurons lose polarity in a proteasome–dependent manner to increase the mitochondrial transport into regenerative axons

    Sumiko Kiryu-Seo, Reika Matsushita, Yoshitaka Tashiro, Ryosuke Takahashi, Takeshi Yoshimura, Yohei Iguchi, Masahisa Katsuno, Hiroshi Kiyama

    2021年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 11

  1. 組織修復を神経因性に制御する新たなメカニズム

    2020年1月 - 現在

    三菱財団自然科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 上皮組織損傷治癒を神経依存性に調節する新たなメカニズムの解明

    2018年3月 - 現在

    武田科学振興財団生命科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 角膜創傷治癒を促す新たな分子メカニズム

    2017年11月 - 2018年10月

    日本医学会総会記念医学振興基金 

    桐生寿美子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. ダメージを受けた運動ニューロンの樹状突起ダイナミクスの解明

    2017年11月 - 2018年10月

    豊秋奨学会 

    桐生寿美子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. プロテアーゼDINEが視神経再生を促進するメカニズム

    2017年3月 - 2018年4月

    堀科学芸術振興財団研究助成 

    桐生寿美子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 軸索-シュワン細胞間の相互作用を制御するDINE複合体蛋白質の同定

    2013年4月 - 2016年3月

    武田科学振興財団医学系研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 神経損傷•修復過程におけるDINEの機能

    2007年4月 - 2009年3月

    奨励研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. DINEによる損傷神経細胞修復の分子メカニズム

    2007年4月 - 2008年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 神経損傷応答分子DINEのコンディショナルノックアウトマウス作製

    2006年4月 - 2007年3月

    基礎医学医療研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 損傷運動ニューロンの生と死

    2005年4月 - 2006年4月

    学内共同研究 

  11. 疲労時下垂体に発現するG蛋白結合型受容体(GPCR)の機能的意義の解明へ向けて

    2005年4月 - 2006年3月

    学内共同研究 

▼全件表示

科研費 12

  1. 損傷運動ニューロンのリプログラミングに関わる遺伝子発現制御機構の網羅的解析

    2107年9月 - 現在

    日本学術振興会  科研費  挑戦的研究(萌芽)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 上皮組織損傷をスイッチとして稼働する神経依存性の新たな創傷治癒メカニズム

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B) 

    桐生 寿美子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 損傷神経軸索内ミトコンドリアの品質管理のメカニズム

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    桐生寿美子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 損傷神経軸索におけるミトコンドリアのダイナミクス

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 神経再生現象を融合する分子発現制御のメカニズムの解析

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 損傷運動ニューロンにおけるDNAメチル化と遺伝子発現制御

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. グリア・ニュ ロン相互作用による神経機能維持メカニズムとその加齢変化の解析

    研究課題/研究課題番号:15082205  2003年 - 2007年

    科学研究費助成事業  特定領域研究

    木山 博資, 中込 咲綾, 小西 博之, 前田 光代, 桐生 寿美子, 濤川 一彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    グリア・ニューロン相互作用の変化を解析するために,各種神経損傷モデルを用いて,神経・グリア相互作用に関係するミクログリアの作用と各種分子の同定を行った。本年度は(1)ミクログリアの応答と神経細胞死の関連,(2)ミクログリアに発現するGPCRの神経機能維持に関する解析,を中心に行った。(1)マウス運動神経は軸索損傷により半数以上が緩やかな細胞死をする。この時のミクログリアの動態を電子顕微鏡で観察した所,ミクログリアの接着のない運動ニューロンが存在し,それらは細胞死に至ることが新たに明らかになった。このことは,軸索損傷後ミクログリアは運動ニューロンを取り囲み生存のための環境を作りだしている可能性を示唆していると考えられた。(2)約300の蛋白共役型受容体のプライマーと,神経損傷側と健常側の神経核から抽出したRNAを用い,神経再生過程で発現が上昇するGPCRのスクリーニングを行った。この結果得られた遺伝子のうち,CCR5に注目してCCR5のリガンドであるRantesの発現動態を解析した。この結果受容体はミクログリアにリガンドは損傷運動ニューロンで発現していることが明らかになった。また,CCR5ノックアウトマウスでは運動ニューロンの細胞死が加速した。このことから,軸索損傷後にミクログリアで発現するCCR5は損傷運動ニューロンとリガンドを介して運動ニューロンの生存にポジティブに作用していることが推測された。10年ほど前から使用していたPCR用のPCR Thermal Cyclerとデータ取り込みのための顕微鏡デジタルカメラがいずれも老朽化のため何れも本研究中に修理不能となり,研究の取りまとめに多大な影響をきたしたので,当初予定していなかったが,主な物品として急遽購入した。

  8. 損傷神経細胞におけるDINEのストレス応答機構の解析

    2002年2月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. アデノウイルスを用いた神経系細胞種特異的遺伝子導入法の開発と神経再生への応用

    研究課題/研究課題番号:12558087  2000年 - 2001年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    木山 博資, 濤川 一彦, 瀬尾 寿美子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    アデノウイルスベクターを用いて、ある特定の遺伝子を局所的にしかもグリアと神経細胞を区別して導入し、より高度な「神経温存再生」を可能にすることが本研究の目的である。強力なプロモーター下にloxP-Stuffer(ストップコドン)-loxP-GFP(またはLacZ)をコードしているアデノウイルスと、細胞種特異的なプロモーターの下流でCreを発現するアデノウイルスベクターを構築し、これらの共感染により標的蛋白を神経系・アストロ系・シュワン系・骨格筋の各種細胞に特異的に発現させることを目指した。ニューロン特異的プロモーターとしてSCG10プロモーター、アストロサイト特異的プロモーターとしてGFAPプロモーターを用い、それぞれの細胞種特異的発現をするCre発現ウィルスを作成した。SCG10プロモーターについては、特異性を向上させるため、神経特異的サイレンサーエレメント(NRSE)を複数付加した。これらウィルスを培養系にてCre誘導性GFP発現ウィルスと2重感染させると、細胞種特異的にCre/loxPシステムが働き、CAGプロモーターからの強いGFPの発現が誘導された。さらに、この細胞種特異的発現はラット脳内へウィルス接種することでも、神経特異性やアストロサイト特異性は比較的保たれた。しかし、脳の部位によるプロモーターの活性の違いが若干影響し、一部の領域の神経細胞では、発現が弱かった。一方、シュワン細胞特異的プロモーターとして、当初BDNFのタイプIVプロモーターを考えていたが、より高い特異性とプロモーターの短縮化をはかるため、Oct6のプロモーターを組み込んだアデノウイルスの作成を試みた。Oct6は損傷後のシュワン細胞やシュワノーマなどの腫瘍細胞で強い発現が見られるため、シュワン細胞特異的な遺伝子導入のほか、シュワノーマの治療にも応用できる可能性が期待される。

  10. 新規損傷神経関連遺伝子による生存・再生のメカニズム

    研究課題/研究課題番号:12031201  2000年

    特定領域研究(A)

    瀬尾 寿美子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

    神経損傷応答遺伝子として得られたメタロプロテアーゼDINE(Damage induced neuronal endopeptidase)の解析を行った。昨年度までに我々はDINEが中枢・末梢神経系の軸索障害に対して鋭敏に発現応答すること、細胞死防御活性を持つことを明らかにしている。今年度はこの点に着目し、(1)神経細胞死防御のための細胞内シグナリング、(2)DINE遺伝子の5'上流領域の解析を行った。
    (1)DINEを介した細胞内シグナリング
    神経細胞でのDINE過剰発現を目的として、DINEを組み込んだアデノウイルスを作製した。神経細胞により近い分化PC12細胞にこれを過剰発現させたところ、NGF除去後のアポトーシスが有意に抑制された。これはDINEによりプロセッシングを受けた未同定の基質が、G蛋白共役型受容体を介して生存シグナルを活性化させるためであることが明らかになった。しかし、DINEの基質は未だ不明であること、DINE以外の生存シグナル活性化分子は極めて多く報告されていることから、DINE特有の機能を明らかにすることが今後の課題として残された。
    (2)DINE遺伝子5'上流領域の解析
    様々な長さのDINE遺伝子5'上流領域をレポーター遺伝子に結合させたコンストラクトを作製し、神経細胞、非神経細胞におけるプロモーター解析を行った。この結果、極めて特異的に神経細胞にプロモーター活性を示すことが明らかになった。同様のアデノウイルスを作製し、初代培養系やラット大脳皮質への遺伝子導入実験を行った結果、神経細胞特異的発現が証明された。さらに、サイトカイン刺激によりDINEプロモーター活性が上昇することから、これが神経障害後の鋭敏な発現応答の一因と考えられた。以上のことは、グリア細胞などが混在する神経系において、損傷を受けた神経細胞に標的を絞った遺伝子導入が可能となることを示唆するものである。

  11. 軸索損傷神経細胞の生存・再生の分子メカニズムの解析

    研究課題/研究課題番号:11157202  1999年

    特定領域研究(A)

    瀬尾 寿美子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

    当研究室で既に確立しているディファレンシャル・ディスプレイにより新たな神経再生関連遺伝子探索を行ったところ、いくつもの候補クローンが得られた。昨年度のcDNA全長クローニングにより、得られた候補遺伝子のうちのひとつは新規膜一回貫通型メタロプロテアーゼであることが明らかとなっていたため今年度はその機能解析を中心に進めた。本分子の特徴は神経系特異的に発現していること、末梢・中枢神経軸索損傷に対して極めて効率良く発現応答する点であることから、我々はDINE(Damage Induced Neuronal Endopeptidase)と名付けた。DINEはECE(Endothelin Converting Enzyme)とファミリーを形成しており、ニューロペプチドやサイトカインなどの前駆体プロセッシング酵素である可能性が高い。これらの分子群の発現は障害後の神経細胞において顕著に上昇することが従来より知られており、障害神経細胞に対し何らかの保護作用を持つものと考えられている。そこで、培養細胞を用いてDINEの生存維持活性性を検討した。その結果DINE過剰発現細胞ではセラミドによる細胞死が軽減されることが明らかとなった。このような生命維持活性を示す理由の一つとして、フリーラジカルスカベンジャーであるSOD(superoxide dismutase)が活性化することを我々は見いだした。SODへ至るシグナリング経路は不明でありこの点が今後の課題とされる。またin vivoでのDINEの機能評価を行うため、現在作製したアデノウイルスを用いて神経障害モデル動物への遺伝子導入を試みている。

  12. アデノウイルスを用いた新たな時間空間的遺伝子相同組換え法による神経障害応答の解析

    研究課題/研究課題番号:10044227  1998年 - 2000年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    木山 博資, 瀬尾 寿美, 加藤 英政, EMSON Piers C., SKYNNER Michael J., ALLEN Nicholas D., EMSON Piers, SKYNNER Mich, ALLEN Nichol

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    この実験系は大きく2本建てより成っている.1つは目的の細胞(この場合傷害神経細胞)に限局して組み換えを起こすことであるが、もう1つはいかに少数の遺伝子操作で効果が見られるかにある.我々が従来用いたような組織特異性の乏しいプロモーターでアデノウイルス感染細胞に発現を誘導した場合、神経切断断端より取り込まれ発現するものに加え、図らずも感染部位周辺の非神経細胞にも発現が現れてしまう.標的となる遺伝子が広く細胞の生存・維持に関わる場合などには、この厳密な時間空間的制御が強く要求される.このためアデノウイルスで用いるプロモーターに神経特異性を持たせる試みを行った.ウイルスに組み込む場合、そのサイズが有限であることが問題となるため、比較的小さなSCG10/RESTを用いて試行を繰り返したところ、ある程度の特異性は得られたものの、Creリコンビナーゼを発現させ解析したところ、'切れの良い'発現制御は得られていない.更にトランスジェニックマウスを用いた神経細胞特異的プロモーターの検索も(GAP-43,nestin enhancer)それぞれに問題点を残すことになった.しかし今後もこれらのチューニングを通じて、厳密な発現制御をまずは目指したい.次に標的とする遺伝子についても興味深い結果を得た.従来、神経細胞の生死決定を司る転写因子の1つとして、c-jun(特にそのリン酸化)が注目されていた.我々もこれを重視し、当初からサイレントノックアウトの候補に挙げている.また独立した実験系にて、このc-junに加えて別のAP-1ファミリーであるAtf-3が、神経細胞生死決定に関与する可能性を強く示唆するデータが得られた.今後は当遺伝子についても加えて検討を計画している.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 人体形態学

    2020

  2. 肉眼解剖実習

    2020

  3. 組織学

    2020

  4. 基礎医学セミナー

    2020

  5. 組織学

    2014

  6. 人体形態学

    2014

  7. 人体形態学

    2014

  8. 組織学

    2012

  9. 人体形態学

    2012

  10. 解剖学実習

    2012

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 神経解剖学

    大阪市立大学)