2024/04/03 更新

写真a

ムツガ マサト
六鹿 雅登
MUTSUGA Masato
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態外科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2009年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 補助人工心臓

  2. 低侵襲手術

  3. 僧帽弁手術

  4. 大動脈手術

  5. 形状記憶ポリマー

  6. 薬剤溶出性デバイス

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 心臓血管外科学  / ナノファイバー

  2. ライフサイエンス / 心臓血管外科学

経歴 7

  1. 名古屋大学   心臓外科   准教授

    2020年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   心臓外科   講師

    2018年6月 - 現在

  3. 名古屋大学   心臓外科   病院講師

    2014年4月 - 2018年5月

  4. 名古屋大学   心臓外科   特任助教

    2011年7月 - 2014年3月

  5. カナダ アルバータ大学   心臓外科クリニカルフェロー(小児心臓、心移植肺移植、補助人工心臓)   クリニカルフェロー

    2009年7月 - 2011年6月

  6. 名古屋大学   心臓外科   医員

    2006年10月 - 2009年6月

  7. 大垣市民病院   胸部外科   医員

    1996年5月 - 2006年9月

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学部大学院大学   胸部機能外科学心臓外科

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学研究科

    1990年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本胸部外科学会

  2. 日本移植学会

  3. 日本心臓血管外科学会

  4. 日本循環器学会

  5. 日本小児循環器学会

  6. 日本外科学会

  7. 日本人工臓器学会

▼全件表示

 

論文 247

  1. Patient management important for long-term support beyond 5 years in the BTT: republication of the article published in the Japanese Journal of Artificial Organs.

    Mutsuga M

    Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs     2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10047-024-01441-3

    PubMed

  2. Thromboelastographic evaluation after cardiac surgery optimizes transfusion requirements in the intensive care unit: a single-center retrospective cohort study using an inverse probability weighting method

    Tamura, T; Suzuki, S; Fujii, T; Hirai, T; Imaizumi, T; Kubo, Y; Shibata, Y; Narita, Y; Mutsuga, M; Nishiwaki, K

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   72 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 23   2024年1月

     詳細を見る

  3. Impact of aortopulmonary collaterals on adverse events after total cavopulmonary connection

    Osawa, T; Schaeffer, T; Borgmann, K; Schmiel, M; Staehler, H; Di Padua, C; Heinisch, PP; Piber, N; Mutsuga, M; Hager, A; Ewert, P; Hörer, J; Ono, M

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   64 巻 ( 6 )   2023年12月

     詳細を見る

  4. Development of novel waxy bone haemostatic agents composed of biodegradable polymers with osteogenic-enhancing peptides in rabbit models

    Ohno, T; Suenaga, H; Yamawaki-Ogata, A; Kanie, K; Kato, R; Uto, K; Ebara, M; Ito, H; Narita, Y; Usui, A; Mutsuga, M

    INTERDISCIPLINARY CARDIOVASCULAR AND THORACIC SURGERY   37 巻 ( 5 )   2023年11月

     詳細を見る

  5. Surgical reconstruction after resection of cardiac metastasis from oropharyngeal carcinoma: a case report

    Nishi, T; Fujimoto, KL; Hiramatsu, M; Okada, T; Suzuki, Y; Shimoyama, Y; Terazawa, S; Tokuda, Y; Mutsuga, M; Usui, A

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   85 巻 ( 4 ) 頁: 875 - 879   2023年11月

     詳細を見る

  6. Hypopharyngeal Injury by Transesophageal Echocardiography During Cardiac Surgery

    Aoki, Y; Tamura, T; Uchida, W; Morioka, H; Yamamoto, M; Yuhara, S; Nishio, N; Mutsuga, M; Furune, S; Suzuki, S; Nishiwaki, K

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA   37 巻 ( 10 ) 頁: 2027 - 2031   2023年10月

     詳細を見る

  7. Cadaver surgical training for brain-dead donor lung procurement: Educational note

    Nakamura, S; Ueno, H; Mutsuga, M; Chen-Yoshikawa, TF

    JTCVS TECHNIQUES   21 巻   頁: 261 - 264   2023年10月

     詳細を見る

  8. Fabrication of pH-responsive poly(vinyl alcohol)-based microfibers crosslinked with copolymers containing benzoxaborole and carboxy groups

    Momose, T; Takeuchi, K; Uchida, H; Saito, S; Nakada, K; Mutsuga, M; Yamawaki-Ogata, A; Narita, Y; Kotsuchibashi, Y

    POLYMER   283 巻   2023年9月

  9. [Perioperative Management of Coagulation After the Weaning of Cardiopulmonary Bypass in Cardiac Surgery].

    Mutsuga M

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   76 巻 ( 10 ) 頁: 824 - 828   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  10. A review of current status of cell-based therapies for aortic aneurysms

    Yamawaki-Ogata, A; Mutsuga, M; Narita, Y

    INFLAMMATION AND REGENERATION   43 巻 ( 1 ) 頁: 40   2023年8月

     詳細を見る

  11. Transcatheter Aortic Valve Replacement for Bicuspid Aortic Stenosis With a Severely Calcified Raphe Using An Under-Sized SAPIEN 3 Valve: Sizing by the Circle Method and Deployment by the Pressure-Regulated Method

    Tobe, A; Tanaka, A; Tokuda, Y; Shirai, Y; Miyazaki, T; Yuhara, S; Akita, S; Furusawa, K; Ishii, H; Mutsuga, M; Murohara, T

    CARDIOVASCULAR REVASCULARIZATION MEDICINE   53 巻   頁: S149 - S152   2023年8月

     詳細を見る

  12. Hybrid Repair of Extensive Aortic Arch Aneurysms: Outcomes of Isolated Frozen Elephant Trunk Repair and of Elephant Trunk with Second Stage Thoracic Endovascular Aortic Repair

    Tokuda, Y; Terazawa, S; Yoshizumi, T; Ito, H; Banno, H; Mutsuga, M

    EUROPEAN JOURNAL OF VASCULAR AND ENDOVASCULAR SURGERY   66 巻 ( 2 ) 頁: 284 - 285   2023年8月

     詳細を見る

  13. Cardiac rehabilitation in a heart-failure patient using customized "cardiac support net" treatment: a case report

    Kobayashi, K; Akita, T; Akita, S; Ito, H; Terazawa, S; Mutsuga, M; Usui, A

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   85 巻 ( 3 ) 頁: 626 - 634   2023年8月

     詳細を見る

  14. Incidence and clinical impact of silent pancreatitis after aortic arch surgery

    Ohno, T; Mutsuga, M; Saito, S; Tokuda, Y; Nagai, K; Umemoto, N; Abe, T; Usui, A

    ASIAN CARDIOVASCULAR & THORACIC ANNALS   31 巻 ( 4 ) 頁: 303 - 311   2023年5月

     詳細を見る

  15. Contractile pericarditis-like hemodynamics in dilated-phase hypertrophic cardiomyopathy with giant atrium.

    Morimoto R, Ito R, Araki T, Mizutani T, Kimura Y, Kazama S, Oishi H, Kuwayama T, Sugiura Y, Hiraiwa H, Kondo T, Okumura T, Kobayashi K, Mutsuga M, Murohara T

    Journal of cardiology cases   27 巻 ( 5 ) 頁: 199 - 202   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2023.01.005

    PubMed

  16. Clinical implications of the cardio-ankle vascular index before and after transcatheter aortic valve implantation

    Miki, Y; Tanaka, A; Tokuda, Y; Tobe, A; Shirai, Y; Yuhara, S; Akita, S; Furusawa, K; Ishii, H; Mutsuga, M; Murohara, T

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR MEDICINE   24 巻 ( 5 ) 頁: 302 - 307   2023年5月

     詳細を見る

  17. Increased risk of purge system malfunction after Impella 5.0 replacement: a case series

    Oishi, H; Morimoto, R; Ito, R; Kazama, S; Kimura, Y; Araki, T; Mizutani, T; Kuwayama, T; Hiraiwa, H; Kondo, T; Okumura, T; Mutsuga, M; Usui, A; Murohara, T

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   26 巻 ( 1 ) 頁: 79 - 83   2023年3月

     詳細を見る

  18. Administration of anti-inflammatory M2 macrophages suppresses progression of angiotensin II-induced aortic aneurysm in mice

    Ashida, S; Yamawaki-Ogata, A; Tokoro, M; Mutsuga, M; Usui, A; Narita, Y

    SCIENTIFIC REPORTS   13 巻 ( 1 ) 頁: 1380   2023年1月

     詳細を見る

  19. Impact of Albuminuria on the Prognosis After Transcatheter Aortic Valve Implantation

    Tobe, A; Tanaka, A; Tokuda, Y; Shirai, Y; Miyazaki, T; Yuhara, S; Akita, S; Furusawa, K; Ishii, H; Mutsuga, M; Murohara, T

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   186 巻   頁: 156 - 162   2023年1月

     詳細を見る

  20. Higher F-wave frequency associates with poor procedural success rate after Maze procedure

    Usui, R; Mutsuga, M; Narita, Y; Tokuda, Y; Terazawa, S; Ito, H; Uchida, W; Inden, Y; Murohara, T; Usui, A

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   70 巻 ( 12 ) 頁: 997 - 1004   2022年12月

     詳細を見る

  21. Effectiveness of the scheduled transfusion strategy for factor V deficiency with platelet dysfunction during coronary artery surgery

    Morita, K; Mutsuga, M; Uchida, W; Usui, A

    JOURNAL OF CARDIAC SURGERY   37 巻 ( 12 ) 頁: 5493 - 5495   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/jocs.17002

    Web of Science

    PubMed

  22. Methods for confirming the safety of radiation therapy in patients with left ventricular assist device: a case of extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type

    Oishi, H; Kondo, T; Kawamura, M; Shimada, K; Mutsuga, M; Kurokawa, T; Kuwayama, T; Hiraiwa, H; Morimoto, R; Okumura, T; Nishida, T; Kiyoi, H; Naganawa, S; Usui, A; Murohara, T

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   25 巻 ( 3 ) 頁: 274 - 278   2022年9月

     詳細を見る

  23. [Traumatic Thoracic Aortic Injury].

    Mutsuga M

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   75 巻 ( 10 ) 頁: 759 - 762   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  24. Multiple giant coronary artery aneurysms with extended coronary ectasia emerging 12years after previous coronary artery bypass grafting

    Fujii, T; Mutsuga, M; Narita, Y; Tokuda, Y; Terazawa, S; Ito, H; Uchida, W; Yuhara, S; Usui, A

    SAGE OPEN MEDICAL CASE REPORTS   10 巻   頁: 2050313X221116681   2022年8月

     詳細を見る

  25. Lateralized Purplish Skin Discoloration Due to Aortic Dissection.

    Ishida S, Mutsuga M, Fujita T, Yagami K

    Circulation reports   4 巻 ( 7 ) 頁: 332   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1253/circrep.CR-22-0018

    PubMed

  26. Surgical techniques for infectious endocarditis of the mitral valve with hypertrophic cardiomyopathy in Costello syndrome.

    Ishida S, Mutsuga M, Fujita T, Yagami K

    Journal of cardiology cases   25 巻 ( 6 ) 頁: 367 - 369   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2021.12.010

    PubMed

  27. Flexion limitation of the Impella 5.0 when implanted using the femoral approach in patients with small stature

    Hiraiwa, H; Kimura, Y; Morimoto, R; Ito, R; Araki, T; Mizutani, T; Kazama, S; Oishi, H; Kuwayama, T; Kondo, T; Furusawa, K; Okumura, T; Mutsuga, M; Usui, A; Murohara, T

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   25 巻 ( 2 ) 頁: 182 - 183   2022年6月

     詳細を見る

  28. Plaster technique for filling up a future entry at the suture hole in type A aortic dissection

    Ishida, S; Mutsuga, M; Fujita, T; Yagami, K

    INDIAN JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   38 巻 ( 3 ) 頁: 339 - 341   2022年5月

     詳細を見る

  29. Impella5.0 "ILIPELLA" Approach for a Fulminant Myocarditis Patient With a Small Peripheral Artery

    Mutsuga, M; Banno, H; Okumura, T; Morimoto, R; Kondo, T; Kimura, Y; Hiraiwa, H; Murohara, T; Usui, A

    HEART LUNG AND CIRCULATION   31 巻 ( 5 ) 頁: E72 - E74   2022年5月

     詳細を見る

  30. Impact of an Improved Standardized Strategy and Individually Tailored Protocol for Heartmate II and Heartmate 3 Left Ventricular Assist Devices on the Incidence of Driveline Infections

    Mutsuga, M; Okumura, T; Morimoto, R; Kondo, T; Ito, H; Uchida, W; Terazawa, S; Tokuda, Y; Narita, Y; Murohara, T; Usui, A

    JOURNAL OF HEART AND LUNG TRANSPLANTATION   41 巻 ( 4 ) 頁: S489 - S489   2022年4月

     詳細を見る

  31. Relationship between spleen size and exercise tolerance in advanced heart failure patients with a left ventricular assist device

    Hiraiwa, H; Okumura, T; Sawamura, A; Araki, T; Mizutani, T; Kazama, S; Kimura, Y; Shibata, N; Oishi, H; Kuwayama, T; Kondo, T; Furusawa, K; Morimoto, R; Adachi, T; Yamada, S; Mutsuga, M; Usui, A; Murohara, T

    BMC RESEARCH NOTES   15 巻 ( 1 ) 頁: 40   2022年2月

     詳細を見る

  32. Late detection of communication between juxtaposed atrial appendages

    Ishida, S; Mutsuga, M; Fujita, T; Yagami, K

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   70 巻 ( 2 ) 頁: 190 - 192   2022年2月

     詳細を見る

  33. Alternative therapeutic strategy for existing aortic aneurysms using mesenchymal stem cell-derived exosomes

    Kozakai, M; Narita, Y; Yamawaki-Ogata, A; Fujimoto, KL; Mutsuga, M; Tokuda, Y; Usui, A

    EXPERT OPINION ON BIOLOGICAL THERAPY   22 巻 ( 1 ) 頁: 95 - 104   2022年1月

     詳細を見る

  34. Late-phase left ventricular pseudoaneurysm after three-time mitral valve surgery

    Ishida, S; Mutsuga, M; Fujita, T; Yagami, K

    JOURNAL OF SURGICAL CASE REPORTS   2022 巻 ( 1 )   2022年1月

  35. Surgical Management for Systolic Anterior Motion (SAM) of the Mitral Valve in Obstructive Hypertrophic Myopathy

    Usui, A; Mutsuga, M

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   28 巻 ( 4 ) 頁: 239 - 248   2022年

     詳細を見る

  36. Comparison of Impella 5.0 and extracorporeal left ventricular assist device in patients with cardiogenic shock

    Kondo, T; Morimoto, R; Mutsuga, M; Fujimoto, K; Okumura, T; Shibata, N; Kazama, S; Kimira, Y; Oishi, H; Kuwayama, T; Hiraiwa, H; Usui, A; Murohara, T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   44 巻 ( 11 ) 頁: 846 - 853   2021年11月

     詳細を見る

  37. Sudden circulatory collapse caused by mechanical obstruction of the left main coronary trunk with infective endocarditis vegetation: a case report

    Usui, R; Mutsuga, M; Narita, Y; Tokuda, Y; Terazawa, S; Ito, H; Uchida, W; Usui, A

    SURGICAL CASE REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 223   2021年10月

     詳細を見る

  38. "Double Cuff" Technique for Modified Bentall Procedure.

    Mutsuga M, Usui A

    Heart, lung & circulation     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.hlc.2021.05.073

    PubMed

  39. Predictors of failure of mitral valve repair using artificial chordae.

    Mutsuga M, Narita Y, Tokuda Y, Uchida W, Ito H, Terazawa S, Nakaguro M, Usui A

    The Annals of thoracic surgery     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.04.084

    PubMed

  40. Pericardioperitoneal and pericardiopleural windows: A drainage technique for the treatment of recurrent cardiac tamponade. A case report.

    Ishida S, Yagami K, Fujita T, Mutsuga M

    International journal of surgery case reports   83 巻   頁: 105962   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2021.105962

    PubMed

  41. "Millefeuille Technique" by Using Excised Intimal Layers in Repair of Type A Aortic Dissection.

    Mutsuga M, Yagami K, Fujita T, Ishida S, Usui A

    Heart, lung & circulation     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.hlc.2021.04.003

    PubMed

  42. A surgical case for pregnancy-related spontaneous coronary artery dissection.

    Usui R, Mutsuga M, Yoshizumi T, Oshima H, Usui A

    The Annals of thoracic surgery     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.04.023

    PubMed

  43. Midterm Outcomes of Zone 0 Antegrade Endograft Implantation During Type I Hybrid Aortic Arch Repair.

    Banno H, Mutsuga M, Sugimoto M, Tokuda Y, Kodama A, Usui A, Komori K

    European journal of vascular and endovascular surgery : the official journal of the European Society for Vascular Surgery     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ejvs.2021.02.044

    PubMed

  44. Coronary artery aneurysm complicated by pneumothorax with a history of Kawasaki disease

    Ishida Shinichi, Mutsuga Masato, Fujita Takashi, Ito Masao, Okamoto Sawako, Yagami Kei

    JOURNAL OF SURGICAL CASE REPORTS   2021 巻 ( 3 ) 頁: rjab053   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/jscr/rjab053

    Web of Science

    PubMed

  45. [Surgical treatment for aortic root dilatation and aortic regurgitation after arterial switch operation].

    Mutsuga M, Tamaki S, Yokoyama Y, Ishikawa H, Ishimoto N, Usui A, Ueda Y

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   61 巻 ( 12 ) 頁: 1043 - 7   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  46. Factors associated with postsurgical muscle weakness in patients who undergo thoracic aortic surgery: a retrospective cohort study 国際誌

    Shimizu, M; Adachi, T; Kobayashi, K; Mutsuga, M; Oshima, H; Usui, A; Yamada, S

    PHYSIOTHERAPY THEORY AND PRACTICE   39 巻 ( 10 ) 頁: 2180 - 2188   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09593985.2022.2068168

    Web of Science

    PubMed

  47. Cardiac rehabilitation in a heart failure patient using customized “cardiac support net” treatment: A case report 査読有り

    Kiyonori Kobayashi, Toshiaki Akita, Sho Akita, Hideki Ito, Sachie Terazawa, Masato Mutsuga, Akihiko Usui

    Nagoya J Med Sci   85 巻 ( 3 ) 頁: 626 - 634   2023年8月

     詳細を見る

  48. Cardiac Rehabilitation in Severe Heart Failure Patients with Impella 5.0 Support via the Subclavian Artery Approach Prior to Left Ventricular Assist Device Implantation

    Shimizu, M; Hiraiwa, H; Tanaka, S; Tsuchikawa, Y; Ito, R; Kazama, S; Kimura, Y; Araki, T; Mizutani, T; Oishi, H; Kuwayama, T; Kondo, T; Morimoto, R; Okumura, T; Ito, H; Yoshizumi, T; Mutsuga, M; Usui, A; Murohara, T

    JOURNAL OF PERSONALIZED MEDICINE   13 巻 ( 4 ) 頁: 630 - 630   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jpm13040630

    Web of Science

    PubMed

  49. Impact of an improved driveline management for HeartMate II and HeartMate 3 left ventricular assist devices 国際誌

    Mutsuga, M; Okumura, T; Morimoto, R; Kondo, T; Ito, H; Terazawa, S; Tokuda, Y; Narita, Y; Nishida, K; Murohara, T; Usui, A

    ARTIFICIAL ORGANS   47 巻 ( 2 ) 頁: 387 - 395   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aor.14426

    Web of Science

    PubMed

  50. Impact of Early Ambulation on the Prognosis of Coronary Artery Bypass Grafting Patients

    Tsuchikawa, Y; Tokuda, Y; Ito, H; Shimizu, M; Tanaka, S; Nishida, K; Takagi, D; Fukuta, A; Takeda, N; Yamamoto, H; Hori, M; Nishida, Y; Mutsuga, M

    CIRCULATION JOURNAL   87 巻 ( 2 ) 頁: 306 - +   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-22-0416

    Web of Science

    PubMed

  51. Relationship between muscle strength and rehospitalization in ventricular assist device patients 国際誌

    Kobayashi, K; Mutsuga, M; Usui, A

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 50 - 50   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-04002-3

    Web of Science

    PubMed

  52. 胸部大動脈手術患者における術後筋力低下の関連因子

    清水 美帆, 足立 拓史, 小林 聖典, 六鹿 雅登, 大島 英揮, 碓氷 章彦, 山田 純生

    日本臨床生理学会雑誌   51 巻 ( 4 ) 頁: 60 - 60   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床生理学会  

  53. 左室補助人工心臓患者における6分間歩行距離の遠隔期成績に関する検討

    小林 聖典, 六鹿 雅登, 高木 大地, 堀 将也, 服部 慶子, 伊藤 英樹, 碓氷 章彦

    日本臨床生理学会雑誌   51 巻 ( 4 ) 頁: 60 - 60   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床生理学会  

  54. Left brachiocephalic vein aneurysm: a case report

    Ueno Harushi, Yazawa Mari, Tsubouchi Hideki, Nakanishi Keita, Sugiyama Tomoshi, Kadomatsu Yuka, Goto Masaki, Ozeki Naoki, Nakamura Shota, Fukui Takayuki, Mutsuga Masato, Yoshikawa Toyofumi Fengshi Chen

    SURGICAL CASE REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 66   2021年3月

  55. Associations between hemodynamic parameters at rest and exercise capacity in patients with implantable left ventricular assist devices

    Kondo Toru, Okumura Takahiro, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Kuwayama Tasuku, Haga Tomoaki, Yokoi Tsuyoshi, Hiraiwa Hiroaki, Fukaya Kenji, Sawamura Akinori, Morimoto Ryota, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   44 巻 ( 3 ) 頁: 174 - 180   2021年3月

  56. Beating-heart total arch replacement for an octogenarian patient with severe heart failure

    Mutsuga Masato, Banno Hiroshi, Tokuda Yoshiyuki, Usui Akihiko

    JOURNAL OF CARDIAC SURGERY   36 巻 ( 3 ) 頁: 1126 - 1129   2021年3月

     詳細を見る

  57. Beating heart left ventricle thrombectomy through mini-left-anterior thoracotomy for a patient with cardiogenic shock

    Mutsuga Masato, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   69 巻 ( 3 ) 頁: 614 - 617   2021年3月

  58. Sutures on the Anterior Mitral Leaflet to Prevent Systolic Anterior Motion.

    Tokuda Y, Fujimoto K, Narita Y, Mutsuga M, Usui A

    The Annals of thoracic surgery   111 巻 ( 3 ) 頁: e213 - e215   2021年3月

  59. Predictors of residual mitral regurgitation after left ventricular assist device implantation

    Kimura Yuki, Okumura Takahiro, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kuwayama Tasuku, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Kondo Toru, Morimoto Ryota, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   44 巻 ( 2 ) 頁: 101 - 109   2021年2月

  60. Hypofibrinogenemia can be estimated by the predictive formula in aortic surgery

    Nishi Toshihiko, Mutsuga Masato, Akita Toshiaki, Narita Yuji, Fujimoto Kazuro, Tokuda Yoshiyuki, Nishida Kazuki, Matsui Shigeyuki, Nishiwaki Kimitoshi, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY     2021年1月

  61. Cor triatriatum in adulthood with mitral valve regurgitation and atrial fibrillation

    Ishida Shinichi, Yagami Kei, Fujita Takashi, Mutsuga Masato

    JOURNAL OF CARDIAC SURGERY   36 巻 ( 1 ) 頁: 309 - 311   2021年1月

     詳細を見る

  62. Long-term outcome 10 years after free gastroepiploic artery graft for coronary artery bypass surgery.

    Yamamoto T, Mutsuga M, Matsuura A, Miyahara K, Takemura H, Saito S, Otsuka R, Usui A

    The Annals of thoracic surgery     2020年12月

  63. Aortic insufficiency associated with Impella that required surgical intervention upon implantation of the durable left ventricular assist device

    Oishi Hideo, Kondo Toru, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Morimoto Ryota, Hirano Ken-ichi, Sawamura Akinori, Kazama Shingo, Kimura Yuki, Shibata Naoki, Kato Hiroo, Arao Yoshihito, Kuwayama Tasuku, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   23 巻 ( 4 ) 頁: 378 - 382   2020年12月

  64. Upper thoracoabdominal aortic repair through partial posterior incision of the diaphragm via left thoracotomy

    Ito Hideki, Mutsuga Masato, Tokuda Yoshiyuki, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   68 巻 ( 12 ) 頁: 1594 - 1595   2020年12月

  65. Exclusion Technique for Entire Shaggy Aorta Followed by One-Stage Repair of the Aortic Arch and Descending Aorta

    Mutsuga Masato, Ito Hideki, Usui Akihiko

    HEART LUNG AND CIRCULATION   29 巻 ( 11 ) 頁: E269 - E272   2020年11月

  66. Which is superior, the frozen elephant trunk technique alone or the classical elephant trunk technique followed by second-stage thoracic endovascular aortic repair for extensive aortic arch repair?

    Mutsuga Masato, Banno Hiroshi, Narita Yuji, Komori Kimihiro, Usui Akihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 657 - 666   2020年11月

  67. Mid-term results of Biological Bentall using a larger valve implantation technique

    Mutsuga Masato, Narita Yuji, Usui Akihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 645 - 655   2020年11月

  68. Is Hybrid Repair for an Entire Shaggy Aorta Feasible?

    Mutsuga M, Tokuda Y, Narita Y, Terazawa S, Ito H, Usui A

    Heart, lung & circulation     2020年10月

     詳細を見る

  69. Do meteorological factors influence the occurrence of acute aortic dissection? A 10-year retrospective institutional study

    Usui Rena, Mutsuga Masato, Yoshizumi Tomo, Oshima Hideki, Eda Tadahito, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY     2020年10月

  70. Commentary: Continuous steady development is made by taking 2 steps forward, 1 step back.

    Mutsuga M, Chen-Yoshikawa TF

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery     2020年10月

     詳細を見る

  71. [Covering Suture Line Using Bovine Pericardium during Mitral Valve Replacement for Third Time Infectious Endocarditis;Report of a Case].

    Ishida S, Fujita T, Yagami K, Mutsuga M

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   73 巻 ( 11 ) 頁: 950 - 953   2020年10月

     詳細を見る

  72. Impella 5.0 for Cardiogenic Shock After Thrombectomy in a Patient With Intraventricular Thrombosis

    Kimura Yuki, Kondo Toru, Mutsuga Masato, Morimoto Ryota, Kazama Shingo, Shibata Naoki, Oishi Hideo, Arao Yoshihito, Kuwayama Tasuku, Kato Hiroo, Yamaguchi Shogo, Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Fujimoto Kazuro, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    CANADIAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   36 巻 ( 10 )   2020年10月

  73. Surgery for anomalous papillary muscle directly into the anterior mitral leaflet. 査読有り 国際誌

    Mutsuga M, Tokuda Y, Fujimoto K, Terazawa S, Ito H, Narita Y, Usui A

    The Annals of thoracic surgery     2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.07.031

    PubMed

  74. Association between splenic volume and pulsatility index in patients with left ventricular assist devices

    Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Sawamura Akinori, Kondo Toru, Kazama Shingo, Kimura Yuki, Shibata Naoki, Arao Yoshihito, Oishi Hideo, Kato Hiroo, Kuwayama Tasuku, Yamaguchi Shogo, Furusawa Kenji, Morimoto Ryota, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS     2020年9月

  75. Efficacy of Plasma free Hemoglobin for detecting centrifugal pump thrombosis

    Kuroda Taiyo, Mutsuga Masato, Yamada Masao, Yamakawa Masato, Yuhara Satoshi, Hasegawa Hiroki, Yokote Jun, Yokoyama Yukifusa, Yamada Tetsuya, Koyama Tomio, Usui Akihiko

    PERFUSION-UK     2020年9月

  76. IMPELLAとVA-ECMOの併用により管理をし得た重症心不全の一症例

    平岩 宏章, 山本 尚範, 尾崎 将之, 沼口 敦, 後藤 縁, 奥村 貴裕, 室原 豊明, 六鹿 雅登, 碓氷 章彦, 松田 直之

    日本集中治療医学会雑誌   27 巻 ( Suppl. ) 頁: 720 - 720   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

  77. Bilateral versus single internal thoracic artery grafting in hemodialysis patients

    Munakata Hisaaki, Tajima Kazuyoshi, Kato Wataru, Tanaka Keisuke, Tokuda Yoshiyuki, Mutsuga Masato, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   68 巻 ( 8 ) 頁: 768 - 773   2020年8月

  78. Modified sutureless repair using left atrial appendage flap for acquired left-sided pulmonary vein stenosis

    Ito Hideki, Mutsuga Masato, Tokuda Yoshiyuki, Usui Akihiko

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   58 巻 ( 2 ) 頁: 395 - 397   2020年8月

  79. The incidence and risk factors of hypofibrinogenemia in cardiovascular surgery

    Nishi Toshihiko, Mutsuga Masato, Akita Toshiaki, Narita Yuji, Fujimoto Kazuro, Tokuda Yoshiyuki, Terazawa Sachie, Ito Hideki, Nishiwaki Kimitoshi, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   68 巻 ( 4 ) 頁: 335 - 341   2020年4月

  80. 肺高血圧治療部門新規開設施設におけるCTEPHに対するPEA/BPA中期成績の検討

    寺澤 幸枝, 安藤 太三, 足立 史郎, 近藤 隆久, 石田 真一, 矢野 大介, 秋田 翔, 西 俊彦, 芦田 真一, 宗像 寿祥, 内田 亘, 松村 泰基, 伊藤 英樹, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 成田 裕司, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   50回 巻   頁: O11 - 3   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  81. Pathological changes of the myocardium in reworsening of anthracycline-induced cardiomyopathy after explant of a left ventricular assist device

    Hiraiwa Hiroaki, Okumura Takahiro, Shimizu Shinya, Arao Yoshihito, Oishi Hideo, Kato Hiroo, Kuwayama Tasuku, Yamaguchi Shogo, Haga Tomoaki, Yokoi Tsuyoshi, Kondo Toru, Sugiura Yuki, Kano Naoaki, Watanabe Naoki, Fukaya Kenji, Furusawa Kenji, Sawamura Akinori, Morimoto Ryota, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 129 - 134   2020年2月

  82. Spinal cord injury following aortic arch replacement

    Tokuda Yoshiyuki, Fujimoto Kazuro, Narita Yuji, Mutsuga Masato, Terazawa Sachie, Ito Hideki, Matsumura Yasumoto, Uchida Wataru, Munakata Hisaaki, Ashida Shinichi, Ono Tsukasa, Nishi Toshihiko, Yano Daisuke, Ishida Shinichi, Kuwabara Fumiaki, Akita Toshiaki, Usui Akihiko

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 2 ) 頁: 106 - 113   2020年2月

  83. A Floating Stitch on the Anterior Mitral Leaflet Can Eliminate Systolic Anterior Motion in Hypertrophic Obstructive Cardiomyopathy

    Mutsuga Masato, Narita Yuji, Usui Akihiko

    SEMINARS IN THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   32 巻 ( 2 ) 頁: 266 - 268   2020年

  84. Total resection of an infected aortic arch aneurysm caused by Mycobacterium avium: a case report

    Yagami Kei, Fujita Takashi, Ishida Shinichi, Mutsuga Masato

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC SURGERY   14 巻 ( 1 )   2019年8月

  85. A functional evaluation of cerebral perfusion for coronary artery bypass grafting patients

    Teramoto Chikao, Mutsuga Masato, Kawaguchi Osamu, Araki Yoshimori, Matsuda Joe, Usui Akihiko

    HEART AND VESSELS   34 巻 ( 7 ) 頁: 1122 - 1131   2019年7月

  86. Neurologic Deficit After Aortic Arch Replacement: The Influence of the Aortic Atherosclerosis

    Tokuda Yoshiyuki, Narita Yuji, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Terazawa Sachie, Ito Hideki, Uchida Wataru, Usui Akihiko

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   108 巻 ( 1 ) 頁: 107 - 114   2019年7月

  87. The efficacy of immediate bridging thoracic endovascular aortic repair for ruptured infected thoracic aortic aneurysms

    Ito Hideki, Mutsuga Masato, Oshima Hideki, Usui Akihiko

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY CASES AND INNOVATIVE TECHNIQUES   5 巻 ( 2 ) 頁: 152 - 155   2019年6月

  88. 術前の神経筋電気刺激療法を併用した理学療法が有効であった植込型補助人工心臓装着術症例

    服部 慶子, 小林 聖典, 羽賀 智明, 六鹿 雅登, 寺井 千晶, 高木 大地, 奥村 貴裕, 碓氷 章彦, 室原 豊明

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回 巻   頁: CP31 - 6   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

  89. Hemodynamics of cardiac tamponade during extracorporeal membrane oxygenation support in a patient with fulminant myocarditis. 査読有り

    Kondo T, Morimoto R, Yokoi T, Yamaguchi S, Kuwayama T, Haga T, Hiraiwa H, Sugiura Y, Watanabe N, Kano N, Ichii T, Fukaya K, Sawamura A, Okumura T, Yoshizumi T, Mutsuga M, Fujimoto K, Matsuda N, Usui A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   19 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 24   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.08.009

    PubMed

  90. Usefulness of lymphography and computed tomography for detecting the site of chyle leakage

    Ito Hideki, Usui Akihiko, Uchida Wataru, Mutsuga Masato

    INDIAN JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   35 巻 ( 1 ) 頁: 104 - 107   2019年1月

  91. Stem Cell Therapy for Aortic Aneurysm: Does the Administered Cell Type Influence the Therapeutic Effects? 査読有り

    Yamawaki-Ogaka A, Fujimoto KL, Mutsuga M, Tokuda Y, Usui A, Narita Y

    J Regen Med.   8 巻 ( 1 )   2019年

  92. Strategy of Cardiovascular Surgery for Patients With Dementia as Evaluated by Mini-Mental State Examination

    Terazawa Sachie, Oshima Hideki, Narita Yuji, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Tokuda Yoshiyuki, Yoshizumi Tomo, Ito Hideki, Uchida Wataru, Usui Akihiko

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 12 ) 頁: 2998 - 3004   2018年12月

  93. The oral administration of clarithromycin prevents the progression and rupture of aortic aneurysm

    Uchida Wataru, Narita Yuji, Yamawaki-Ogata Aika, Tokuda Yoshiyuki, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro Lee, Abe Tomonobu, Oshima Hideki, Usui Akihiko

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   68 巻 ( 6 ) 頁: 82S - +   2018年12月

  94. The Possibility of Clarithromycin for the Treatment of Type B Aortic Dissection.

    Uchida Wataru, Yamawaki-Ogata Aika, Hideki Ito, Sachie Tarazawa, Tokuda Yoshiyuki, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro L., Yuji Narita, Usui Akihiko

    CIRCULATION   138 巻   2018年11月

     詳細を見る

  95. Aortic sarcoidosis complicated by a pulmonary artery aneurysm

    Uchida Wataru, Tokuda Yoshiyuki, Mutsuga Masato, Usui Akihiko

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   54 巻 ( 4 ) 頁: 786 - 788   2018年10月

  96. Usefulness of lymphography and computed tomography for detecting the site of chyle leakage. 査読有り

    Hideki Ito, Akihiko Usui, Wataru Uchida, Masato Mutsuga

    Indian Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery volume   35 巻   頁: 104 - 107   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  97. Promising method for management of venoarterial extracorporeal membrane oxygenation: A case of severe heart failure successfully stabilized by "high-flow/vasodilation method". 査読有り

    Kondo T, Sawamura A, Okumura T, Kano N, Morimoto R, Watanabe N, Hiraiwa H, Kuwayama T, Sugiura Y, Haga T, Yamaguchi S, Fukaya K, Yokoi T, Fujimoto K, Mutsuga M, Yoshizumi T, Matsuda N, Usui A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   18 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 84   2018年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.05.002

    Scopus

    PubMed

  98. 破裂性感染性胸部大動脈瘤に対するBridging TEVARの有効性

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋

    日本血管外科学会雑誌   27 巻 ( Suppl. ) 頁: PR10 - 1   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

  99. 大血管浸潤癌に対する血管外科的治療戦略 上大静脈再建を要する上大静脈浸潤腫瘍に対する治療成績

    寺本 慎男, 秋田 利明, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 川口 晃司, 福井 高幸, 横井 香平, 碓氷 章彦

    日本血管外科学会雑誌   27 巻 ( Suppl. ) 頁: PD3 - 2   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

  100. 急性A型解離での脳保護 頸動脈Static Obstructionに対するAorto Carotid Bypassの試み

    阿部 知伸, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本血管外科学会雑誌   27 巻 ( Suppl. ) 頁: SS(M)3 - 5   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

  101. Nonbacterial Thrombotic Endocarditis Associated With Crohn Disease

    Uchida Wataru, Mutsuga Masato, Ito Hideki, Oshima Hideki, Usui Akihiko

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   105 巻 ( 5 ) 頁: E199 - E201   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2017.12.005

    Web of Science

    PubMed

  102. 術中凝固障害の危険因子の検討 術中最低フィブリノーゲン値からの考察

    西 俊彦, 秋田 利明, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋

    日本集中治療医学会雑誌   25 巻 ( Suppl. ) 頁: [P32 - 8]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

  103. 自己弁温存手術時代のBio-Bentallの意義

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 672 - 672   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  104. 大動脈性状が弓部置換の成績に与える影響

    徳田 順之, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 110 - 110   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  105. 大動脈手術後のSecondary graft-esophageal fistula7例の経験

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 400 - 400   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  106. 大動脈術後人工血管感染19例における検討

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 921 - 921   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  107. 大動脈解離術後に認めた膵虚血性変化

    大野 司, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 寺本 慎男, 吉住 朋, 伊藤 英樹, 増子 雄二, 内田 亘, 宗像 寿祥, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 104 - 104   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  108. 弓部大動脈手術における脊髄障害に関する検討

    徳田 順之, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 414 - 414   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  109. 当院におけるRITA-LAD開存症例に対する再開心術の検討

    増子 雄二, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋, 伊藤 英樹, 寺本 慎男, 内田 亘, 宗像 寿祥, 大河 秀行, 大野 司, 西 俊彦, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 185 - 185   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  110. 当院における僧帽弁形成術後僧帽弁再手術の検討

    内田 亘, 西 俊彦, 大野 司, 大河 秀行, 宗像 寿祥, 増子 雄二, 寺本 慎男, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 811 - 811   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  111. 心大血管手術におけるフレイル評価と周術期成績の検討

    寺澤 幸枝, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 小林 聖典, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 289 - 289   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  112. 急性大動脈解離術後、吻合部仮性瘤破裂に対する治療戦略

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 987 - 987   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  113. 植込み型LVAD術後および心臓移植後の社会復帰への集学的チームアプローチ

    藤本 和朗, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 伊藤 英樹, 寺澤 幸恵

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 829 - 829   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  114. 機械弁による弁置換後のAnticoagulation Related Hemorrhageの発生と年齢との関係

    阿部 知伸, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 786 - 786   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  115. 大伏在静脈Sequential AnastomosisでのParallel Anastomosisの応用

    阿部 知伸, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 821 - 821   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  116. LVOTO、SAMを有するMRに対するcine-CT/MRIを用いた正確な僧帽弁形成術

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋, 伊藤 英樹, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 67 - 67   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  117. Sapien XTにて術中にopen stuckをきたした1例

    宗像 寿祥, 秋田 利明, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 碓氷 章彦

    日本集中治療医学会雑誌   25 巻 ( Suppl. ) 頁: [P42 - 7]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

  118. Stent graft治療後に胸部大動脈open surgeryを要した17症例の検討

    吉住 朋, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 673 - 673   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  119. 人工弁周囲逆流に対する治療

    西 俊彦, 秋田 利明, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋, 伊藤 英樹, 寺本 慎男, 増子 雄二, 内田 亘, 宗像 寿祥, 大河 秀行, 大野 司, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 886 - 886   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  120. CABG手術時に合併する中等度MRに対する治療成績 冠動脈バイパス手術施行時に中等度機能性MRに対する介入を行うべきか

    宗像 寿祥, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 吉住 朋, 伊藤 英樹, 寺本 慎男, 増子 雄二, 内田 亘, 大河 秀行, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 430 - 430   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  121. A型急性大動脈解離でのCentral RepairとAorto-Carotid Bypassの同時施行

    阿部 知伸, 伊藤 英樹, 吉住 朋, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 巻   頁: 727 - 727   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  122. [Future Aspects of Bio-Bentall Procedure].

    Mutsuga M, Usui A

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   71 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 42   2018年1月

     詳細を見る

  123. Hemorrhagic Pericardial Cyst Complicated with Constrictive Pericarditis

    Oguri Mitsutoshi, Ohguchi Shiou, Takahara Kunihiko, Kawamura Yoshihiro, Yokoi Yuki, Izumi Kazuhiro, Fujita Takashi, Yagami Kei, Mutsuga Masato

    INTERNAL MEDICINE   57 巻 ( 24 ) 頁: 3565 - 3568   2018年

  124. Virtual angioscopy with multidetector computed tomography for the diagnosis of pannus formation in mechanical aortic valves

    Mutsuga Masato, Narita Yuji, Oshima Hideki, Usui Akihiko

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   52 巻 ( 6 ) 頁: 1233 - 1233   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezx234

    Web of Science

    PubMed

  125. Clinical outcomes and quality of life after surgery for dilated ascending aorta at the time of aortic valve replacement; wrapping versus graft replacement

    Abe Tomonobu, Terazawa Sachie, Ito Hideki, Tokuda Yoshiyuki, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Narita Yuji, Oshima Hideki, Usui Akihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 4 ) 頁: 443 - 451   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.4.443

    Web of Science

    PubMed

  126. ここまできた日本の補助人工心臓 DT時代に向けてのVAD治療の現状

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本臨床外科学会雑誌   78 巻 ( 増刊 ) 頁: 384 - 384   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  127. 植込み型LVAD患者の社会復帰への課題 植込み型LVAD患者の社会復帰の重要性

    藤本 和朗, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 徳田 順之

    人工臓器   46 巻 ( 2 ) 頁: S - 32   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  128. 当院におけるリズムコントロールデバイスの経静脈的リード抜去症例の検討 合併症ゼロを目指して

    成田 裕司, 西 俊彦, 大野 司, 大河 秀行, 宗像 寿祥, 内田 亘, 増子 雄二, 寺本 慎男, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   46 巻 ( 2 ) 頁: S - 105   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  129. 心原性ショックに対するVAD治療 体外式拍動流型と遠心ポンプの使い分け 当院におけるINTERMACS profile 1-2に対する体外式VADの治療戦略

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   46 巻 ( 2 ) 頁: S - 35   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  130. Entire Circumferential Reconstruction of the Right Atrium Surrounded by Angiosarcoma

    Hibino Makoto, Abe Tomonobu, Oshima Hideki, Narita Yuji, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro L., Tokuda Yoshiyuki, Yamana Koji, Kuroda Taiyo, Usui Akihiko

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   103 巻 ( 6 ) 頁: E483 - E485   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2016.11.032

    Web of Science

    PubMed

  131. 慢性B型大動脈解離に対する治療戦略

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 山名 幸治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和郎, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本血管外科学会雑誌   26 巻 ( Suppl. ) 頁: O5 - 2   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

  132. [Total Arch Replacement Using Manufactured Frozen Elephant Trunk after Acute Type-A Dissection Repair].

    Hibino M, Mutsuga M, Oshima H, Narita Y, Abe T, Fujimoto K, Tokuda Y, Usui A

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   70 巻 ( 4 ) 頁: 281-285   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  133. The efficacy and risk of cerebrospinal fluid drainage for thoracoabdominal aortic aneurysm repair: a retrospective observational comparison between drainage and non-drainage

    Sugiura Junya, Oshima Hideki, Abe Tomonobu, Narita Yuji, Araki Yoshimori, Fujimoto Kazuro, Mutsuga Masato, Usui Akihiko

    INTERACTIVE CARDIOVASCULAR AND THORACIC SURGERY   24 巻 ( 4 ) 頁: 609 - 614   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivw436

    Web of Science

    PubMed

  134. 胸腹部大動脈瘤に対する二期的TEVARを目的としたHybrid手術

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 山名 幸治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和郎, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 巻   頁: PS - 8   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  135. 我が国の人工心臓治療の現況と展望 日本における重症心不全に対してVAD治療が主流となる時代の予測(Prediction of dominant VAD therapy era for severe heart failure in Japan)

    藤本 和朗, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 徳田 順之

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 巻   頁: SY - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  136. 東海地区心臓移植実施施設の検討 名古屋大学の補助人工心臓治療の現状を踏まえて

    藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    移植   52 巻 ( 1 ) 頁: 88 - 88   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

  137. ビッグデータ時代の外科医療 JACVSD/NCDビッグデータの臨床応用への課題

    徳田 順之, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 山名 孝治, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 巻   頁: SY - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  138. 【胸部大動脈に対するステントグラフト治療up-to-date】Stanford A型大動脈解離術後の慢性解離性大動脈瘤に対する企業製frozen elephant trunkを用いた弓部置換術の手術成績

    日尾野 誠, 六鹿 雅登, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 徳田 順之, 碓氷 章彦

    胸部外科   70 巻 ( 4 ) 頁: 281 - 285   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    Stanford A型大動脈解離術後の慢性解離性大動脈瘤に対してJ Graft Open Stent Graft(JOSG)を使用して弓部置換術を施行した11例(男性6名、女性5名、平均66.2±8.0歳)を対象とした。全例独歩退院した。合併症は軽度感覚障害のみ遺残した不全対麻痺を1例に認めた。ほかの合併症としては創感染2例、間質性肺炎1例を認めた。術後平均2.1±1.9ヵ月時にCTで大動脈を評価し、JOSG末梢端は7例で大動脈弁、4例で肺門部に位置した。全例で術前に認めた弓部のエントリーは、術後には末梢側吻合部を含む胸部には認めず、残存する主要エントリーは全例で、術前のリエントリーである腹部大動脈以下に限局した。腹部分枝閉塞は認めなかった。中期遠隔(平均観察9.2ヵ月、最長14ヵ月)に死亡例は認めなかったが大動脈関連合併症は4例に認めた。下行大動脈の切迫破裂2例、下行大動脈の偽腔拡大1例、下行大動脈の再解離1例で、全3例に再手術を要した。早期、中期とも死亡例は認めなかった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20170406170010&doc_link_id=40021150487&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40021150487&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  139. LVAD装着周術期の上腕周囲径変化は骨格筋蛋白分解を反映する可能性がある

    小林 聖典, 六鹿 雅登, 奥村 貴裕, 清水 美帆, 山田 純生, 碓氷 章彦

    日本循環器学会学術集会抄録集   81回 巻   頁: CA - 09   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

  140. 術前の握力低下は胸部大血管手術患者における長期人工呼吸器管理のリスク因子である

    清水 美帆, 山田 純生, 大島 英揮, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 成田 裕司, 阿部 知伸, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 686 - 686   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  141. 虚血性僧帽弁閉鎖不全に対する僧帽弁輪形成と両尖温存弁置換術の長期成績の比較

    阿部 知伸, 伊藤 英樹, 山名 孝治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 144 - 144   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  142. 胸部大動脈手術において脳保護法が高次脳機能に及ぼす影響の検討

    寺澤 幸枝, 林 和寛, 大野 司, 内田 亘, 増子 雄二, 寺本 慎男, 伊藤 英樹, 山名 孝治, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 成田 裕司, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 270 - 270   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  143. 広範囲弓部大動脈瘤に対するType III hybrid arch repairの遠隔成績

    徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 古森 公浩, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 237 - 237   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  144. 心臓血管肉腫に対する、広範両心房・上大静脈切除と、右房左房別個再建

    阿部 知伸, 成田 裕司, 日尾野 誠, 大野 司, 内田 亘, 増子 雄二, 寺本 慎男, 伊藤 英樹, 山名 孝治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 493 - 493   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  145. 慢性B型解離の治療戦略

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 山名 幸治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和郎, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 234 - 234   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  146. 冠動脈瘤を合併した冠動脈瘻に対する外科手術

    増子 雄二, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 山名 孝治, 伊藤 英樹, 寺本 慎男, 内田 亘, 大野 司, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 334 - 334   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  147. Modified double patch法によるpost-infarction VSP修復術

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 45 - 45   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  148. unprotected LMTに対するPCI及びCABGによる血行再建の治療成績

    寺本 慎男, 碓氷 章彦, 大島 英輝, 成田 祐司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 山名 孝治, 伊藤 英樹, 増子 雄二, 内田 亘, 大野 司

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 175 - 175   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  149. 上行置換術後の再手術弓部全置換術におけるtrifurcate graft使用の有用性

    山名 孝治, 大島 英揮, 大野 司, 内田 亘, 増子 雄二, 伊藤 英樹, 寺本 慎男, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 58 - 58   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  150. 人工心肺離脱困難症例に対する補助循環導入症例の検討

    増子 雄二, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 山名 孝治, 伊藤 英樹, 寺本 慎男, 内田 亘, 大野 司, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 789 - 789   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  151. 僧帽弁手術における、左房内腔からの僧帽弁輪直接エコーによる冠状動脈回旋枝の描出

    阿部 知伸, 内田 亘, 伊藤 英樹, 山名 孝治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和郎, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 568 - 568   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  152. 僧帽弁手術時に三尖弁に介入しなかった症例の予後

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 山名 孝治, 寺本 慎男, 増子 雄二, 内田 亘, 大野 司, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 524 - 524   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  153. 冠動脈バイパス術のグラフト選択、術式選択(on-or off-pump) 透析、糖尿病、肥満、高齢患者での選択と理由 70歳以上高齢者におけるONCABとOPCABの比較 早期および遠隔成績

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 山名 孝治, 伊藤 英樹, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 730 - 730   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  154. Clarithromycinの大動脈瘤発生抑制効果の作用機序の解明

    内田 亘, 成田 裕司, 緒方 藍歌, 伊藤 英樹, 山名 孝治, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 巻   頁: 850 - 850   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  155. Early and Late Outcomes of Thoracic Aortic Surgery in Hemodialysis Patients (vol 102, pg 1282, 2016)

    M. Hibino, H. Oshima, Y. Narita, T. Abe, M. Mutsuga, K. L. Fujimoto, Y. Tokuda, S. Terazawa, H. Ito, A. Usui

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   103 巻 ( 1 ) 頁: 366 - 366   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

  156. The changes of aortic diameter after aortic repair with aortic tailoring technique for chronic type B aortic dissection 査読有り

    Suenaga Hiroto, Usui Akihiko, Mutsuga Masato, Oshima Hideki, Abe Tomonobu, Narita Yuji, Fujimoto Kazuro, Tokuda Yoshiyuki

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   50 巻 ( 6 ) 頁: 1118 - 1123   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezw240

    Web of Science

    PubMed

  157. The long-term results and changing patterns of biological valves at the mitral position in contemporary practice in Japan

    Abe Tomonobu, Ito Hideki, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Terazawa Sachie, Narita Yuji, Oshima Hideki, Usui Akihiko

    Nagoya Journal of Medical Science   78 巻 ( 4 ) 頁: 369 - 376   2016年11月

  158. Early and Late Outcomes of Thoracic Aortic Surgery in Hemodialysis Patients 査読有り

    Hibino Makoto, Oshima Hideki, Narita Yuji, Abe Tomonobu, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro L., Tokuda Yoshiyuki, Terazawa Sachie, Ito Hideki, Usui Akihiko

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   102 巻 ( 4 ) 頁: 1282 - 1288   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2016.03.073

    Web of Science

    PubMed

  159. 植込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理 長期植心移植待機時代の植え込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理

    藤本 和朗, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登

    人工臓器   45 巻 ( 2 ) 頁: S - 58   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  160. 中・長期成績からみた透析患者に対する人工弁選択 機械弁・生体弁による透析患者の弁置換後の長期予後 マイクロシミュレーション

    阿部 知伸, 岡田 典隆, 田嶋 一喜, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   45 巻 ( 2 ) 頁: S - 71   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  161. Extended total arch replacement via the L-incision approach: single-stage repair for extensive aneurysms of the aortic arch 査読有り

    Tokuda Yoshiyuki, Oshima Hideki, Narita Yuji, Abe Tomonobu, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Terazawa Sachie, Ito Hideki, Hibino Makoto, Uchida Wataru, Komori Kimihiro, Usui Akihiko

    INTERACTIVE CARDIOVASCULAR AND THORACIC SURGERY   22 巻 ( 6 ) 頁: 750 - 755   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivw034

    Web of Science

    PubMed

  162. A型解離術後の慢性解離性大動脈瘤に対する弓部大動脈置換術

    日尾野 誠, 碓氷 章彦, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮

    日本血管外科学会雑誌   25 巻 ( Suppl. ) 頁: 322 - 322   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

  163. [Aortic Valve Replacement of Quadricuspid Valve with Regurgitation].

    Yagami K, Oshima H, Narita Y, Abe T, Araki Y, Fujimoto K, Mutsuga M, Terazawa S, Ito H, Kuwabara F, Usui A

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   69 巻 ( 4 ) 頁: 321 - 4   2016年4月

     詳細を見る

  164. 臨床経験 閉鎖不全を呈した大動脈四尖弁に対する弁置換術

    八神 啓, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 寺澤 幸枝, 伊藤 英樹, 桑原 史明, 碓氷 章彦

    胸部外科   69 巻 ( 4 ) 頁: 321 - 324   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    症例は60〜72歳の男性3例、女性1例であった。いずれも呼吸苦を主訴とした大動脈弁閉鎖不全症による心不全症状で、前医から著者らの施設へ紹介となった。術前の冠状動脈造影では全例、異常はみられなかった。1例は術前経胸壁エコーによる術前診断が可能であったが、3例は術中にはじめて大動脈四尖弁と診断された。Hurwitz分類ではtype aが1例、type bが2例、type cが1例であった。4症例とも人工弁による大動脈弁置換術が施行された。その結果、病理所見では全例で切除弁尖に粘液腫様の変性を認めた。術後経過も合併症なく経過良好で、独歩退院となった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20160405010019&doc_link_id=40020777450&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40020777450&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  165. 脳合併症を伴う活動期感染性心内膜炎に対する治療戦略

    寺澤 幸枝, 伊藤 英樹, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: OP5 - 4   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  166. 大動脈瘤に対する幹細胞療法 効果のメカニズムに関して

    成田 裕司, 緒方 藍歌, 小坂井 基史, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: OP10 - 2   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  167. 弓部大動脈瘤の治療戦略 A型解離術後の慢性解離性大動脈瘤に対するJOSGを用いた弓部置換術

    日尾野 誠, 碓氷 章彦, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PR7 - 2   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  168. 当院における弁膜症再手術の初期および遠隔成績

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 杉浦 純也, 内田 亘, 小坂井 基司, 日尾野 誠, 小西 康信, 大野 司, 末永 啓人, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PP - 192   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  169. 心臓外科医が母になること 如何にbalanceを保ちゆくか

    寺澤 幸枝, 伊藤 英樹, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: SP6 - 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  170. 活動性感染性心内膜炎に対する外科的介入の治療戦略

    藤本 和朗, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 阿部 知伸, 成田 裕司, 六鹿 雅登, 寺澤 幸枝, 伊藤 英樹

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PP - 057   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  171. 胸腹部大動脈瘤Open Surgeryにおける左腎動脈の先行再建

    阿部 知伸, 大島 英揮, 成田 裕司, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 杉浦 純也, 伊藤 英樹, 日比野 誠, 小坂井 基史, 小西 康信, 内田 亘, 末永 啓人, 大野 司, 碓永 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: VP10 - 2   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  172. 大動脈弁位機械弁生体弁の長期予後 単施設540例20余年のフォローアップ

    阿部 知伸, 大島 英揮, 成田 裕司, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 杉浦 純也, 伊藤 英樹, 日比野 誠, 小坂井 基史, 小西 康信, 内田 亘, 黒田 太陽, 藤田 山, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: OP3 - 4   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  173. Type III hybrid arch repairによる広範大動脈瘤の治療 L字切開広範弓部置換との比較

    徳田 順之, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 古森 公浩, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PP - 245   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  174. ハイリスク・高齢者の大動脈弁狭窄症に対する弁置換術 費用対効果からの検討

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PP - 041   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  175. 低左心機能、慢性大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁置換術の長期成績

    末永 啓人, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 伊藤 英樹, 小坂井 基史, 内田 亘, 日尾野 誠, 大野 司, 小西 康信, 黒田 太陽

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: OP20 - 2   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  176. HD患者の弁種選択 機械弁か生体弁か? 一般患者の人工弁選択基準を血液透析患者にあてはめることは妥当か? モデル解析

    阿部 知伸, 岡田 典隆, 大島 英揮, 成田 裕司, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 杉浦 純也, 伊藤 英樹, 日比野 誠, 小坂井 基史, 小西 康信, 内田 亘, 田嶋 一喜, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PD4 - 7   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  177. 65歳以上の患者に対する大動脈弁温存時代のBio-Bentallの意義

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 杉浦 純也, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PP - 172   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  178. 80歳以上の高齢者の大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術の手術成績

    藤田 山, 伊藤 英樹, 杉浦 純也, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: OP3 - 2   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  179. CABG術後再手術におけるliving graftと心筋保護 to cramp or not to cramp

    黒田 太陽, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 杉浦 純也, 伊藤 英樹, 小坂井 基史, 日尾野 誠, 内田 亘, 小西 康信, 大野 司, 末永 啓人, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回 巻   頁: PR2 - 3   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  180. Hybrid versus open repair of aortic arch aneurysms: comparison of postoperative and mid-term outcomes with a propensity score-matching analysis 査読有り

    Tokuda Yoshiyuki, Oshima Hideki, Narita Yuji, Abe Tomonobu, Araki Yoshimori, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Terazawa Sachie, Yagami Kei, Ito Hideki, Yamamoto Kiyoto, Komori Kimihiro, Usui Akihiko

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   49 巻 ( 1 ) 頁: 149 - 156   2016年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezv063

    Web of Science

    PubMed

  181. 慢性解離性大動脈瘤の術後トラネキサム酸投与の有用性

    日尾野 誠, 碓氷 章彦, 伊藤 英樹, 寺澤 幸枝, 藤本 和郎, 六鹿 雅登, 成田 祐司, 阿部 知伸, 大島 英揮

    日本集中治療医学会雑誌   23 巻 ( Suppl. ) 頁: 792 - 792   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

  182. An Epicardial Mesothelial Cyst Attached to the Ascending Aorta 査読有り

    Suenaga Yoshihito, Abe Tomonobu, Mutsuga Masato, Araki Yoshimori, Usui Akihiko

    HEART SURGERY FORUM   18 巻 ( 5 ) 頁: E194 - E195   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1532/hsf.1293

    Web of Science

    PubMed

  183. 人工弁の遠隔成績からみた選択 メタアナリシスから見た本邦の機械弁置換術後長期成績の特徴とそれが人工弁選択に与える影響

    阿部 知伸, 伊藤 英樹, 杉浦 純也, 寺澤 幸枝, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   44 巻 ( 2 ) 頁: S - 59   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  184. Destination Therapyに向けての植込み型補助人工心臓の展望と問題点

    六鹿 雅登, 藤本 和朗, 伊藤 英樹, 杉浦 純也, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   44 巻 ( 2 ) 頁: S - 153   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  185. The number of cardiovascular surgeries in Japan may decrease after 2020

    Usui Akihiko, Abe Tomonobu, Araki Yoshimori, Narita Yuji, Mutsuga Masato, Oshima Hideki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   77 巻 ( 3 ) 頁: 389 - 398   2015年8月

     詳細を見る

  186. Impact of Surgical Stroke on the Early and Late Outcomes After Thoracic Aortic Operations 査読有り

    Okada Noritaka, Oshima Hideki, Narita Yuji, Abe Tomonobu, Araki Yoshimori, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro L., Tokuda Yoshiyuki, Usui Akihiko

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   99 巻 ( 6 ) 頁: 2017 - 2023   2015年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2015.01.033

    Web of Science

    PubMed

  187. Influence of the characteristics of Japanese patients on the long-term outcomes after aortic valve replacement: results of a microsimulation 査読有り

    Abe Tomonobu, Oshima Hideki, Narita Yuji, Araki Yoshimori, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro, Tokuda Yoshiyuki, Terazawa Sachie, Yagami Kei, Usui Akihiko

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   63 巻 ( 5 ) 頁: 260 - 266   2015年5月

     詳細を見る

  188. Open stentの適応と問題点 広範囲弓部瘤に対するFrozen Elephant Trunk;FET法の適応と問題点

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 阿部 知伸, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本血管外科学会雑誌   24 巻 ( 3 ) 頁: 302 - 302   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

  189. An L-Shaped Incision for an Extensive Thoracic Aortic Aneurysm and Coronary Artery Bypass Using the Left Internal Thoracic Artery. 査読有り

    Abe T, Suenaga H, Oshima H, Araki Y, Mutsuga M, Fujimoto K, Usui A

    Aorta (Stamford, Conn.)   3 巻 ( 2 ) 頁: 86 - 9   2015年4月

  190. 心臓血管 B型解離性大動脈瘤の治療戦略

    荒木 善盛, 碓永 章彦, 大島 英揮, 阿部 知伸, 成田 裕司, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 伊藤 英樹, 藤井 恵

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 巻   頁: OP - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  191. 大動脈弁狭窄ハイリスク症例に対する治療 その適応と成績 心臓血管 ハイリスク高齢者大動脈弁狭窄症に対するTAVRの適応 risk-SCOREと医療費からの検討

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 伊藤 英樹, 碓氷 章彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回 巻   頁: PD - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  192. IMPACT OF THE INTRAOPERATIVE USE OF FIBRINOGEN CONCENTRATE FOR HYPOFIBRINOGENEMIA DURING THORACIC AORTIC SURGERY 査読有り

    Yoshimori Araki, Akihiko Usui, Hideki Oshima, Tomonobu Abe, Kazuro Fujimoto, Masato Mutsuga, Yoshiyuki Tokuda, Sachie Terazawa, Kei Yagami, Hideki Ito

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   77 巻 ( 1-2 ) 頁: 265 - 273   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    Thoracic aortic surgery often causes massive bleeding due to coagulopathy. Hypofibrinogenemia is one of the major causative factors, but the utility of the intraoperative administration of fibrinogen concentrate has not yet been proven. The aim of this study was to estimate incidence of hypofibrinogenemia and to evaluate efficacy of using fibrinogen concentrate intraoperatively. The perioperative serum fibrinogen levels (SFL) had routinely been measured in consecutive 216 thoracic aortic surgeries performed from 2010 to 2012. Fibrinogen concentrate was principally used for hypofibrinogenemia (< 150 mg/dl of SFL) at cardiopulmonary bypass (CPB) termination. The patients who received fibrinogen concentrate (FIB group) were compared with the patients who did not received (non Fib group). There were 147 patients (68%) in FIB group at a dose of 5.5 +/- 3.5 g. The SFL were dramatically decreased with values of 164 +/- 71 mg/dl at CPB termination, compared to the preoperative SFL of 352 +/- 131 mg/dl. In the FIB group, the intraoperative and postoperative SFLs were 139 +/- 53 and 262 +/- 75 (mg/dl), respectively. Thus the SFL was recovered quickly by the administration. 110 cases (51%) showed hypofibrinogenemia at the termination of CPB. The predictors of hypofibrinogenemia were preoperative SFL < 250 mg/dl, emergency surgery and thracoabdominal aortic surgery. Hypofibrinogenemia frequently was observed at the termination of CPB during thoracic aortic surgery. Administering intraoperative fibrinogen concentrate appears to be a useful option to treat coagulopathy.

    Web of Science

  193. 胸部大血管手術におけるフィブリノゲン製剤使用の実際

    荒木 善盛, 伊藤 英樹, 八神 啓, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 342 - 342   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  194. 大動脈弁治療の現在と未来 術式と人工弁の選択 本邦の大動脈置換術後の弁関連合併症の特徴と、それが人工弁選択に与える影響

    阿部 知伸, 大島 英揮, 成田 裕司, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 藤本 和郎, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 伊藤 英樹, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 149 - 149   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  195. 当院における胸部人工血管感染に対する再血行再建術の術後成績

    大野 司, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 伊藤 英樹, 蒔苗 永, 藤井 恵, 末永 啓人, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 497 - 497   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  196. 心臓移植実施施設の必要性の検討 拡大か縮小か?地域の重症心不全治療からの考察

    藤本 和朗, 碓氷 章彦, 大島 英輝, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 508 - 508   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  197. 胸部大動脈再手術症例の現況とその手術戦略

    六鹿 雅登, 伊藤 英樹, 八神 啓, 寺澤 幸枝, 徳田 順行, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 436 - 436   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  198. 多発瘤形成を伴うCervical Aortic Archに対する外科的治療例

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 蒔苗 永, 藤井 恵, 大野 司, 末永 啓人

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 497 - 497   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  199. TEVAR後ステントグラフト抜去を伴う開胸大動脈手術を要した症例の検討

    寺澤 幸枝, 大島 英揮, 末永 啓人, 大野 司, 藤井 恵, 蒔苗 永, 伊藤 英樹, 八神 啓, 徳田 順之, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 荒木 善盛, 成田 裕司, 阿部 知伸, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 324 - 324   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  200. ガイドライン施行後の冠血行再建術 2011年ガイドライン施行後にみられる外科的冠血行再建術における変化

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 173 - 173   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  201. 三尖弁輪形成術 遠隔期にmoderate以上の逆流が残存する危険因子の検討

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 蒔苗 永, 藤井 恵, 大野 司, 末永 啓人

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 234 - 234   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  202. 冠動脈疾患を合併する胸部大動脈手術症例の検討

    伊藤 英樹, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 八神 啓, 蒔苗 永, 藤井 恵, 大野 司, 末永 啓人

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 437 - 437   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  203. Entire shaggy aortaの治療方針

    八神 啓, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 蒔苗 永, 伊藤 英樹, 大野 司, 末永 啓人

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 322 - 322   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  204. Debranching TEVARの合併症対策と手技上の工夫

    徳田 順之, 末永 啓人, 藤井 恵, 伊藤 英樹, 八神 啓, 寺澤 幸枝, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 荒木 善盛, 成田 裕司, 阿部 知伸, 大島 英揮, 山本 清人, 古森 公浩, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 巻 ( Suppl. ) 頁: 326 - 326   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  205. 植え込み型人工心臓(HeartMate II)患者管理の集学的向上への試み

    藤本 和朗, 六鹿 雅登, 大島 英輝, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 徳田 順之, 碓氷 章彦

    人工臓器   43 巻 ( 2 ) 頁: S - 214   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  206. 人工臓器感染に対する治療戦略 ペースメーカー等(Cardiovascular Implantable Electrical Devices)感染に対する治療戦略

    成田 裕司, 末永 啓人, 大野 司, 松村 泰基, 藤井 恵, 蒔苗 永, 伊藤 英樹, 八神 啓, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   43 巻 ( 2 ) 頁: S - 64   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  207. 心臓血管外科領域の難治感染症に対するFDG-PET/CTの応用

    徳田 順之, 大島 英揮, 阿部 知伸, 成田 裕司, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 寺澤 幸枝, 蒔苗 永, 八神 啓, 大野 司, 末永 啓人, 碓氷 章彦

    日本外科学会雑誌   115 巻 ( 臨増2 ) 頁: 486 - 486   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  208. 心臓再手術のPitfalls 胸部大動脈再手術症例の検討

    碓氷 章彦, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 大島 英揮

    日本外科学会雑誌   115 巻 ( 臨増2 ) 頁: 172 - 172   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  209. 胸腹部慢性解離性大動脈瘤に対する計画的二期的手術例の検討

    八神 啓, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 岡田 正穂, 寺澤 幸枝, 蒔苗 永, 森脇 博夫, 大野 司, 末永 啓人

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 352 - 352   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  210. 当院における大動脈基部再建術の長期予後および遠隔期QOL

    六鹿 雅登, 寺澤 幸枝, 岡田 正穂, 徳田 順行, 藤本 和朗, 成田 裕司, 荒木 善盛, 阿部 知伸, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 287 - 287   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  211. 感染性弓部大動脈瘤破裂に対するbridging TEVAR

    大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 徳田 順之, 末永 啓人, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 305 - 305   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  212. 本邦の大動脈弁位生体弁の至適年齢は? micro simulationと再手術死亡率による感度分析

    阿部 知伸, 大島 英揮, 荒木 善盛, 成田 裕司, 藤本 和郎, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 岡田 正穂, 寺澤 幸枝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 278 - 278   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  213. 機械弁の植込み時年齢が高いと出血性合併症の発生率も高い メタ回帰による解析

    阿部 知伸, 大島 英揮, 荒木 善盛, 成田 裕司, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 岡田 正穂, 寺澤 幸枝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 277 - 277   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  214. 同一アプローチによる胸部大動脈再手術症例の検討

    末永 啓人, 碓氷 章彦, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 蒔苗 永, 八神 啓, 大野 司

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 465 - 465   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  215. Maze術後カテーテルアブレーションを要した症例の検討

    成田 裕司, 末永 啓人, 大野 司, 八神 啓, 蒔苗 永, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 岡田 正穂, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 366 - 366   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  216. Double sewing ring法を用いた改変型生物学的Bentall手術(Modified Biological-Bentall procedure with the double sewing ring technique)

    六鹿 雅登, 寺澤 幸枝, 岡田 正穂, 徳田 順行, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 成田 裕司, 阿部 知伸, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    日本心臓血管外科学会雑誌   43 巻 ( Suppl. ) 頁: 559 - 559   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  217. A comparative study of two types of sternal pins used for sternal closure: poly-L-lactide sternal pins versus uncalcined hydroxyapatite poly-L-lactide sternal pins 査読有り

    Fu Xian-ming, Oshima Hideki, Araki Yoshimori, Narita Yuji, Mutsuga Masato, Okada Noritaka, Tsunekawa Tomohiro, Usui Akihiko

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   16 巻 ( 4 ) 頁: 458 - 463   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10047-013-0727-z

    Web of Science

    PubMed

  218. [Surgical strategy for extended aortic arch aneurysm].

    Araki Y, Mutsuga M, Tokuda Y, Okada M, Abe T, Oshima H, Usui A

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   66 巻 ( 11 ) 頁: 960 - 4   2013年10月

     詳細を見る

  219. 【弓部大動脈瘤-こだわりの術式と遠隔期成績】広範囲弓部大動脈瘤に対する外科治療の変遷

    荒木 善盛, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 岡田 正穂, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    胸部外科   66 巻 ( 11 ) 頁: 960 - 964   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    広範囲弓部瘤に対するL字開胸法(L群)、frozen elephant trunk法(F群)、long elephant trunk法(E群)、debranched TEVAR法(D群)を比較検討した。非解離性大動脈で待機手術を行った241例を対象とした。L群28例、F群30例、E群21例、D群10例であった。胸骨正中切開で行った弓部置換術152例(K群)を対照とした。術後合併症としては、L群では脳梗塞合併率が25.0%と高く、F群では脊髄障害の発生率が23.3%と高かった。E群は脊髄障害の発生はなかったが脳梗塞は19%で、D群では脳梗塞を40%と高率に認めた。呼吸不全はL群、E群で高率であった。入院死亡率はL群0%、F群6.7%、E群4.8%、D群20%、K群0.7%であった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20130926210006&doc_link_id=40019809964&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019809964&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  220. 当院における生体弁機能不全手術症例の検討

    岡田 正穂, 末永 啓人, 大野 司, 岡田 典隆, 蒔苗 永, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 成田 裕司, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   42 巻 ( 2 ) 頁: S - 226   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  221. 弁膜症手術症例のQOLとペースメーカ

    蒔苗 永, 荒木 善盛, 大島 英揮, 成田 裕司, 阿部 知伸, 六鹿 雅登, 碓氷 章彦

    人工臓器   42 巻 ( 2 ) 頁: S - 225   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  222. 当院におけるデバイス感染に伴うリード抜去症例の検討

    成田 裕司, 末永 啓人, 大野 司, 岡田 典隆, 蒔苗 永, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 岡田 正穂, 六鹿 雅登, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 阿部 知伸, 大島 英揮, 碓氷 章彦

    人工臓器   42 巻 ( 2 ) 頁: S - 225   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  223. 劇症型心筋炎に対するBIVAD治療 Cannulation techniqueによる簡易BIVAD

    六鹿 雅登, 寺澤 幸枝, 岡田 正穂, 徳田 順行, 藤本 和朗, 荒木 善盛, 阿部 知伸, 成田 裕司, 大島 英輝, 碓氷 章彦

    人工臓器   42 巻 ( 2 ) 頁: S - 211   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  224. Detection of thoracic aortic prosthetic graft infection with 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography 査読有り

    Yoshiyuki Tokuda, Hideki Oshima, Yoshimori Araki, Yuji Narita, Masato Mutsuga, Katsuhiko Kato, Akihiko Usui

    European Journal of Cardio-thoracic Surgery   43 巻 ( 6 ) 頁: 1183 - 1187   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To investigate the diagnostic value of 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography (FDG-PET/CT) in detecting thoracic aortic prosthetic graft infection. METHODS: Nine patients with clinically suspected thoracic aortic graft infection underwent FDG-PET/CT scanning. In these patients, the diagnoses could not be confirmed using conventional modalities. The patients' clinical courses were retrospectively reviewed. RESULTS: On the basis of surgical, microbiological and clinical follow-up findings, the aortic grafts were considered infected in 4 patients and not infected in 5. All 4 patients with graft infection (root: 2 cases, arch: 1 case and descending: 1 case) eventually underwent in situ re-replacement. Two of the 4 patients also had abdominal grafts
    however, only the thoracic grafts were replaced because uptake was low around the abdominal grafts. The maximal standardized uptake value (SUVmax) in the perigraft area was higher in the infected group than in the non-infected group (11.4 ± 4.5 vs 6.9 ± 6.4), although the difference was not statistically significant. According to the receiver operating characteristic analysis, SUVmax &gt
    8 appeared to be the cut-off value in distinguishing the two groups (sensitivity: 1.0 and specificity: 0.8). CONCLUSIONS: FDG-PET/CT is useful for confirming the presence of graft infection by detecting high uptake around grafts and excluding other causes of inflammation. An SUVmax value greater than 8 around a graft suggests the presence of graft infection. In addition, FDG-PET/CT can be used to clarify the precise extent of infection. This is especially useful if multiple separated prosthetic grafts have been implanted. © The Author 2013. Published by Oxford University Press on behalf of the European Association for Cardio-Thoracic Surgery. All rights reserved.

    DOI: 10.1093/ejcts/ezs693

    Scopus

    PubMed

  225. [Recurrence of cardiac myxoma in the left atrial after 28 years; report of a case].

    Takanohashi A, Usui A, Mutsuga M, Tokuda Y, Araki Y, Narita Y, Oshima H, Ueda Y

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   65 巻 ( 12 ) 頁: 1089 - 92   2012年11月

     詳細を見る

  226. Fast-track extubation after modified Fontan procedure. 査読有り

    Mutsuga M, Quiñonez LG, Mackie AS, Norris CM, Marchak BE, Rutledge JM, Rebeyka IM, Ross DB

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   144 巻 ( 3 ) 頁: 547 - 52   2012年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2012.05.047

    Web of Science

    PubMed

  227. The Clinical Outcomes of Prolonged Donor Ischemic Time in Adult Patients Undergoing Heart Transplantation. A Single Center Experiences in Canada

    Mutsuga M., Wang S., MacArthur R., Mullen J., Modry D., Ross D., Meyer S.

    JOURNAL OF HEART AND LUNG TRANSPLANTATION   31 巻 ( 4 ) 頁: S93 - S94   2012年4月

     詳細を見る

  228. Spinal cord protection during a thoracoabdominal aortic repair for a chronic type B aortic dissection using the aortic tailoring strategy 査読有り

    Mutsuga Masato, Narita Yuji, Araki Yoshimori, Maekawa Atsuo, Oshima Hideki, Usui Akihiko, Ueda Yuichi

    INTERACTIVE CARDIOVASCULAR AND THORACIC SURGERY   11 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 18   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1510/icvts.2009.223099

    Web of Science

    PubMed

  229. Effects of Extracellular Matrix on Differentiation of Human Bone Marrow-Derived Mesenchymal Stem Cells into Smooth Muscle Cell Lineage: Utility for Cardiovascular Tissue Engineering 査読有り

    Suzuki Shuichi, Narita Yuji, Yamawaki Aika, Murase Yosuke, Satake Makoto, Mutsuga Masato, Okamoto Hideki, Kagami Hideaki, Ueda Minoru, Ueda Yuichi

    CELLS TISSUES ORGANS   191 巻 ( 4 ) 頁: 269 - 280   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000260061

    Web of Science

    PubMed

  230. Development of novel drug-eluting biodegradable nano-fiber for prevention of postoperative pulmonary venous obstruction. 査読有り

    Mutsuga M, Narita Y, Yamawaki A, Satake M, Kaneko H, Usui A, Ueda Y

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   8 巻 ( 4 ) 頁: 402 - 6; discussion 406   2009年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1510/icvts.2008.192831

    Scopus

    PubMed

  231. A new strategy for prevention of anastomotic stricture using tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber 査読有り

    Mutsuga Masato, Narita Yuji, Yamawaki Aika, Satake Makoto, Kaneko Hiroaki, Suematsu Yoshihiro, Usui Akihiko, Ueda Yuichi

    JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   137 巻 ( 3 ) 頁: 703 - 709   2009年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2008.11.017

    Web of Science

    PubMed

  232. Acute occlusion of left coronary ostium associated with congenital quadricuspid aortic valve. 査読有り

    Mutsuga M, Tamaki S, Yokoyama Y, Kato N, Yokote J, Ohata N, Suzuki T

    The Annals of thoracic surgery   79 巻 ( 5 ) 頁: 1760 - 1   2005年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2003.11.052

    Web of Science

    PubMed

  233. Pseudoaneurysm from the mitral-aortic intervalvular fibrosa following endocarditis. 査読有り

    Yokoyama Y, Tamaki S, Kato N, Yokote J, Mutsuga M

    The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   51 巻 ( 8 ) 頁: 374 - 7   2003年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/BF02719470

    Scopus

    PubMed

  234. 新生児・乳児の人工心肺に対する血液浄化法の工夫 充填血液に対するSingle Pass HDF及び持続的HDFの効果

    小山 富生, 玉木 修治, 横山 幸房, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   50 巻 ( Suppl. ) 頁: 283 - 283   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胸部外科学会  

  235. PCPS長期補助例における血液浄化の有用性

    横山 幸房, 玉木 修治, 伊藤 正夫, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司

    ICUとCCU   25 巻 ( 12 ) 頁: 974 - 975   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

  236. Right atrial myxoma associated with atrial septal defect: a case report and review of the literature 査読有り

    H Murayama, S Tamaki, N Kato, N Yuji, J Yokote, M Mutsuga, M Okada

    Ann Thorac Cardiovasc Surg   7 巻 ( 3 ) 頁: 166 - 169   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Repair of intercostal arteries in thoracoabdominal aneurysm 査読有り

    Y. Yokoyama, S. Tamaki, M. Ito, N. Kato, J. Yokote, M. Mutsuga, M. Okada

    Asian Cardiovascular and Thoracic Annals   9 巻 ( 3 ) 頁: 221 - 222   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asia Publishing Exchange Pte Ltd  

    A parallel aortic graft composed of a 20-mm graft with two 10-mm accessory grafts was used in the repair of a large thoracoabdominal aneurysm in a 50-year-old man. The graft was attached to 6 intercostal arteries and used immediately for spinal cord perfusion before repairing the aneurysm. The patient recovered quickly without paraplegia.

    DOI: 10.1177/021849230100900315

    Scopus

  238. 体外循環におけるbronchial returnの左室ベント流量に及ぼす影響

    成田 裕司, 玉木 修治, 横山 幸房, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 雅穂, 小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司

    人工臓器   29 巻 ( 3 ) 頁: S - 99   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  239. 大動脈弁位手術における左室vent流量測定の意義 逆流評価方法として

    成田 裕司, 玉木 修治, 横山 幸房, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 雅穂, 小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司

    日本心臓血管外科学会雑誌   29 巻 ( Suppl. ) 頁: 187 - 187   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

  240. 弓部全置換術におけるsequential method施行中の脳内酸素環境について NIRを用いて

    玉木 修治, 岡田 正穂, 六鹿 雅登, 横手 淳, 加藤 紀之, 成田 裕司, 伊藤 正夫, 小山 富生

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   47 巻 ( Suppl. ) 頁: 298 - 298   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胸部外科学会  

  241. 大動脈弁形成術の新しい術中評価方法

    成田 裕司, 玉木 修治, 伊藤 正夫, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 小山 富生

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   47 巻 ( Suppl. ) 頁: 222 - 222   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胸部外科学会  

  242. 大動脈弁位の手術における新しい逆流評価方法

    成田 裕司, 玉木 修治, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司, 高木 理守

    人工臓器   28 巻 ( 4 ) 頁: S76 - S76   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  243. これからの体外循環 今後求められる人工心肺システム

    小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司, 高木 理守, 玉木 修治, 横山 幸房, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登

    体外循環技術   26 巻 ( 3 ) 頁: 25 - 25   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本体外循環技術医学会編集委員会  

  244. 人工心肺の補助手段を目的とした低陰圧制御装置の開発

    小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司, 高木 理守, 玉木 修治, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登

    人工臓器   28 巻 ( 2 ) 頁: 517 - 522   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL ORGANS  

    人工心肺の血液吸引操作および脱血の補助手段として, ハードシェル静脈リザーバーを低陰圧に保つ定圧制御装置を開発した. 装置は静脈リザーバーと陰圧源の間に設置し, リザーバー内の目標制御圧を維持するために, 陰圧源の過剰な吸引量を大気から吸い込むアスピレーションバルブである. 陰圧源に160L/rninのバキュームポンプを使用して, 臨床模撥回路の吸引回路3本を同時に全開閉させた場合の圧力の変動幅を評価値とした場合, 制御圧が-10mmHgからバルブが完全閉塞する一70mmHg (開放時大気吸引流量135L/min) まで4rnmHg以内の圧力変動で安定した. リザーバー内圧が安定することで脱血に及ぼす影響は減少し操作性が向上した. 本制御装置は落差脱血のバキュームアシストのみならず同時に血液回収も可能であり, 人工心肺の補助装置として様々な応用が期待できる.

    DOI: 10.11392/jsao1972.28.517

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1999238271

  245. 拍動流体外循環時の脳内酸素環境の検討

    村山 弘臣, 玉木 修治, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登, 小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司, 高木 理守

    人工臓器   27 巻 ( 4 ) 頁: S - 57   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  246. 人工心肺の血液回収用低陰圧制御装置の開発

    小山 富生, 山田 哲也, 片山 浩司, 高木 理守, 玉木 修治, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登

    人工臓器   27 巻 ( 4 ) 頁: S - 115   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

  247. 生体適合性材料を使用した開心術体外循環の検討

    山田 哲也, 小山 富生, 片山 浩司, 高木 理守, 玉木 修治, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登

    体外循環技術   25 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 24   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine  

    要旨人工肺,遠心ポンプ,回路チューブに対して,生体適合性処理の施された材料と従来の材料とを比較検討し,生体適合性材料を使用した体外循環の有用性を検討した。対象は,待機的に行われた成人開心術症例17例を,生体適合性材料を使用しなかったもの9例(CABG 7例, DVR2例)をNC群,生体適合性材料を使用したもの8例(CABG 7例,AVR 1例)をHC群とし比較検討した。おのおのの群について麻酔導入後および体外循環開始後10分, 60分,体外循環終了時の, FPA値(fiblinopeptide A), C3a値,顆粒球エラスターゼ値,血小板数,血小板凝集能,β-TG値,血漿ヘモグロビン値を測定し, 2群間の比較を行った。なお血小板数は帰室時,第1病日,第2病日の比較も行った。その結果,比較したすべての検査値において生体適合性材料の優位性を示す統系学的有意差は認めず,生体適合性材料の有用性は確認されなかった。

    DOI: 10.7130/hokkaidoshakai.25.21

▼全件表示

MISC 28

  1. LVAD装着術後患者の退院時下肢筋力は再入院と関連する

    小林聖典, 奥村貴裕, 奥村貴裕, 平岩宏章, 平岩宏章, 近藤徹, 近藤徹, 六鹿雅登, 六鹿雅登, 藤本和朗, 藤本和朗, 碓氷章彦, 碓氷章彦, 室原豊明, 室原豊明  

    日本心不全学会学術集会プログラム・抄録集24th (CD-ROM) 巻   2020年

     詳細を見る

  2. 植込み型LVAD装着患者における積極的な術前リハ介入の経験

    久野智之, 奥村貴裕, 六鹿雅登, 小林聖典, 清水美帆, 林和寛, 碓氷章彦, 室原豊明  

    日本心不全学会学術集会プログラム・抄録集20th 巻   2016年

     詳細を見る

  3. PD-2-7 胸部大動脈再手術症例の検討(PD-2 パネルディスカッション(2)心臓再手術のPitfalls,第114回日本外科学会定期学術集会)

    碓氷 章彦, 成田 裕司, 阿部 知伸, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 寺澤 幸枝, 大島 英揮  

    日本外科学会雑誌115 巻 ( 2 ) 頁: 172 - 172   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  4. OP-097-1 心臓血管外科領域の難治感染症に対するFDG-PET/CTの応用(OP-097 心臓 その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    徳田 順之, 大島 英揮, 阿部 知伸, 成田 裕司, 荒木 善盛, 藤本 和朗, 六鹿 雅登, 岡田 正穂, 寺澤 幸枝, 蒔苗 永, 八神 啓, 大野 司, 末永 啓人, 碓氷 章彦  

    日本外科学会雑誌115 巻 ( 2 ) 頁: 486 - 486   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  5. 左室補助循環サポートBridge to Recoveryをなしえた薬剤性心筋症の一例

    奥村 貴裕, 六鹿 雅登, 深谷 兼次, 澤村 昭典, 森本 竜太, 清水 真也, 河野 裕治, 平敷 安希博, 坂東 泰子, 山田 純生, 竹村 元三, 碓永 章彦, 室原 豊明  

    日本心臓病学会誌8 巻 ( Suppl.I ) 頁: 425 - 425   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

  6. 劇症型心筋炎で心不全状態が遷延した症例に対し,心臓リハビリテーションを実施し独歩退院した1例

    清水美帆, 小林聖典, 清水優子, 清水真也, 奥村貴裕, 六鹿雅登, 山田純生, 碓氷章彦, 室原豊明  

    日本理学療法学術大会(Web)48th 巻   2013年

     詳細を見る

  7. LVAD装着患者に対する経時的な筋力測定に基づく多面的心臓リハビリテーションが有効であった1例

    小林聖典, 清水美帆, 六鹿雅登, 碓氷章彦, 熊谷宗一郎, 平敷安希博, 室原豊明, 貝沼関志, 河野裕治, 岩津弘太郎, 山田純生  

    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web)18th 巻   2012年

     詳細を見る

  8. 臨床経験 動脈スイッチ手術後の大動脈基部拡張および大動脈弁閉鎖不全に対する外科治療

    六鹿 雅登, 玉木 修治, 横山 幸房  

    胸部外科61 巻 ( 12 ) 頁: 1043 - 1047   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2009052481

  9. DP-056-6 高度低左心機能の虚血性心筋症に対するSAVE手術・僧帽弁形成術後の僧帽弁置換術・左室形成再々手術の経験(第108回日本外科学会定期学術集会)

    田村 高廣, 市原 利彦, 佐々木 通雄, 堀 昭彦, 六鹿 雅登, 上田 裕一  

    日本外科学会雑誌109 巻 ( 2 ) 頁: 457 - 457   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  10. DP-055-8 弁膜症における再手術の検討 : その動向と原因(第108回日本外科学会定期学術集会)

    市原 利彦, 佐々木 通雄, 堀 昭彦, 六鹿 雅登, 上田 裕一  

    日本外科学会雑誌109 巻 ( 2 ) 頁: 455 - 455   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  11. 98)重症心不全に対し左室形成術とCRTを併用した2例(第129回日本循環器学会東海地方会)

    佐々木 通雄, 市原 利彦, 長内 宏之, 味岡 正純, 六鹿 雅登, 上田 裕一  

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society71 巻   頁: 1023 - 1023   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  12. 49)慢性大動脈解離に対するAortic Tailoring techniqueのPitfall(第129回日本循環器学会東海地方会)

    六鹿 雅登, 加藤 亙, 荒木 義盛, 大島 英揮, 秋田 利明, 碓氷 章彦, 上田 裕一  

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society71 巻   頁: 1017 - 1017   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  13. HIV陽性患者に対する冠動脈バイパス術の経験

    六鹿 雅登, 玉木 修治, 横山 幸房, 横手 淳, 石本 直良  

    日本心臓血管外科学会雑誌35 巻 ( 3 ) 頁: 140 - 143   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会  

    HIV (human immunodeficiency virus)陽性患者に対し体外循環を用いた冠動脈バイパス手術症例を経験した.症例は68歳,男性.平成6年より狭心症に対し,当院循環器科で経過観察されていた.平成16年4月左冠動脈主幹部の狭窄の進行を認め,手術適応とされた.術前感染症スクリーニング検査(EIA法)でHIV陽性であり,精査でHIV-I陽性と診断された.後天性免疫症候群AIDS (acquired immunodeficiency syndrome)の発症はなく,CD4 count, HIVウイルス量の結果に基づき手術適応と判断した.術中は従来の感染症患者に準ずる感染対策に基づき定型的手術を施行した.術後は,免疫不全に基づく合併症もなく経過良好で術後12日目に退院した.

    CiNii Books

  14. 胸部大動脈手術に用いたKnitted Dacron人工血管(Gelseal)の術後拡張に関する検討

    石本 直良, 玉木 修治, 横山 幸房, 重光 希公生, 横手 淳, 六鹿 雅登, 中村 彰太  

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY53 巻 ( Suppl.II ) 頁: 582 - 582   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  15. 活動期結核性収縮性心膜炎の1手術例

    横手 淳, 玉木 修治, 横山 幸房, 六鹿 雅登, 中島 正彌  

    日本心臓血管外科学会雑誌34 巻 ( 4 ) 頁: 276 - 278   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会  

    結核菌感染活動期に, 急速に進行した収縮性心膜炎に対して心膜切除術を施行し, 血行動態の改善を認めた1例を経験した.症例は60歳, 男性.食欲不振を主訴に受診, 胸水および心嚢水の貯留を認め入院, 精査の結果結核性心膜炎と診断し, 薬剤治療を行った.しかし, 心不全の改善が得られず, 収縮性心膜炎への移行と判断し, 体外循環補助を使用せずに心膜部分切除術を施行した.術後は症状の軽快を認め, 術後39日に退院した.退院後の精査では, 心膜の肥厚は消失し, 血行動態も改善していた.

    CiNii Books

  16. 両側頸部病変を有する冠動脈バイパス術の検討(第105回日本外科学会定期学術集会)

    六鹿 雅登, 玉木 修治, 横山 幸房, 重光 希公生, 横手 淳, 中島 正彌, 中村 彰太  

    日本外科学会雑誌106 巻   頁: 349 - 349   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

  17. 胸部大動脈瘤術後乳糜胸に対するオクトレオチドの使用経験

    六鹿 雅登, 玉木 修治, 横山 幸房, 横手 淳, 中島 正彌  

    日本心臓血管外科学会雑誌34 巻 ( 1 ) 頁: 48 - 50   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会  

    ソマトスタチンのアナログ製剤であるオクトレオチドが効奏した乳糜胸症例を経験した.症例は66歳,男性.遠位弓部大動脈瘤に対し,下行大動脈人工血管置換術を施行した.第3病日に乳糜胸を認め,中心静脈栄養,低脂肪食への変更を行ったが改善しなかった.第13病日よりオクトレオチドを投与し,第24病日目に乳糜胸は消失した.オクトレオチドは,術後の乳糜胸の治療に有効と思われた.

    CiNii Books

  18. 123) PTMC後の急性僧帽弁閉鎖不全に対する一手術例(第123回日本循環器学会東海地方会)

    中島 正彌, 玉木 修治, 横山 幸房, 横手 淳, 六鹿 雅登  

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society68 巻   頁: 918 - 918   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  19. 大動脈弁尖と大動脈壁の癒合に起因する冠動脈閉塞の1例

    横山 幸房, 玉木 修治, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 大畑 賀央  

    日本心臓血管外科学会雑誌32 巻 ( 6 ) 頁: 366 - 369   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会  

    大動脈弁尖が大動脈壁と癒合し,冠動脈起始部を閉塞したと思われるまれな症例を経験したので報告する.症例は75歳,女性.労作時の胸痛を主訴に入院精査された.大動脈弁狭窄,左冠動脈起始部異常と診断され手術となった.手術所見では,大動脈弁は三尖弁であったが,左冠尖が大動脈壁と癒合し嚢胞を形成していた.この嚢胞に直径約1.5mmの小口が存在し,ここから左冠動脈への血流が維持されていた.嚢胞を切開,切除すると底部に左冠動脈主幹部がほぼ正常に開口していた.大動脈弁を切除後,人工弁置換術を施行した.術後経過は良好で,狭心症状もなく軽快退院した.日心外会誌32巻6号:366-369 (2003)

    CiNii Books

  20. 102) 大動脈解離に対するtotal arch replacement, elephant trunk の pitfall

    大畑 賀央, 玉木 修治, 横山 幸房, 重光 希公生, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登  

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society66 巻   頁: 1069 - 1069   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  21. 109)下大静脈に穿通破裂し、うっ血性心不全を呈した総腸骨動脈瘤の一例(日本循環器学会 第116回東海・第101回北陸合同地方会)

    水谷 圭吾, 玉木 修治, 横山 幸房, 伊藤 正夫, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登  

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society66 巻   頁: 933 - 933   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  22. <抄録>自然気胸の胸腔鏡下手術におけるYAGレーザーによる胸膜焼灼術(第6回岐阜内視鏡外科研究会)

    伊藤 正夫, 玉木 修治, 横山 幸房, 加藤 紀之, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 正穂  

    岐阜大学医学部紀要 = Acta scholae medicinalis universitatis in Gifu50 巻 ( 2 ) 頁: 53 - 53   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  23. 8) 著明なTR, MRを認め,両弁置換により心機能の著しい改善を認めたDCMの一例

    坪井 英之, 曽根 孝仁, 近藤 潤一郎, 武川 博昭, 香曽我部 泰, 上杉 道伯, 大橋 能理, 石黒 裕規, 岡田 正穂, 六鹿 雅登, 横手 淳, 成田 祐司, 加藤 紀之, 伊藤 正夫, 横山 幸房, 玉木 修治  

    Japanese circulation journal64 巻   頁: 897 - 897   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  24. 91)解離性大動脈瘤に対する弓部再建のpitfall

    加藤 紀之, 玉木 修治, 村山 弘臣, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登, 岡田 正穂  

    Japanese circulation journal63 巻 ( 3 ) 頁: 864 - 864   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  25. 2)大動脈炎症候群に対してCABG後くり返しPTCAを必要とした1例

    近藤 潤一郎, 曽根 孝仁, 坪井 英之, 武川 博昭, 高木 克昌, 神谷 宏樹, 今井 元, 玉木 修治, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登  

    Japanese circulation journal63 巻 ( 3 ) 頁: 856 - 856   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  26. 98)LMT病変を有する活動期大動脈炎症候群に対するCABGの1例

    横手 淳, 玉木 修治, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 成田 裕司, 六鹿 雅登  

    Japanese circulation journal63 巻 ( 2 ) 頁: 743 - 743   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  27. 207)特異な形態を示した人工血管置換術後腹部仮性動脈瘤破裂の一治験例

    六鹿 雅登, 玉木 修治, 村山 弘臣, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳  

    Japanese circulation journal63 巻 ( 2 ) 頁: 753 - 753   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Books

  28. P-591 大動脈弁置換術における人工弁サイズ決定に関する検討

    村山 弘臣, 玉木 修治, 加藤 紀之, 成田 裕司, 横手 淳, 六鹿 雅登  

    日本外科学会雑誌100 巻   頁: 459 - 459   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Books

▼全件表示

講演・口頭発表等 1

  1. 広範囲弓部大動脈瘤に対するfrozen elephant trunk法とclassical elephant trunk法の比較

    六鹿雅登 藤本和朗 荒木善盛 成田裕司 阿部知伸 大島英揮 碓氷章彦

    第68回日本胸部外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

科研費 13

  1. 感染を予防・制御する抗菌性ポリマー人工血管の創出

    研究課題/研究課題番号:22K08954  2022年4月 - 2025年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円

  2. 経カテーテル僧帽弁置換のための安定した経心房中隔アクセス法の確立

    研究課題/研究課題番号:22K08955  2022年4月 - 2025年3月

  3. 生体タンパク模倣短鎖ペプチドの創成と低侵襲的大動脈瘤治療法開発の試み

    研究課題/研究課題番号:22H03155  2022年4月 - 2025年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 抗菌性ポリマーを利用した感染制御性人工血管の開発

    研究課題/研究課題番号:20K21630  2020年7月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    碓氷 章彦, 齋藤 明広, 成田 裕司, 小土橋 陽平, 緒方 藍歌, 六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    人工物を留置する手術では、術後感染が発症すると難治化しやすく、基本的にはその人工物を除去しなければ治癒しない。そのため、安定した抗菌作用を持った人工血管の開発が望まれている。本研究では、Poly[2-(methacryloyloxy) ethyl] trimethylammo-nium chloride) を基材とした長期安定的な抗菌作用を有する新規人工血管の創出を試みる。ポリマーの構造デザイン検討、細胞毒性試験や血液適合性、物性試験などを行ったのち、人工血管置換術による感染制御性などについて評価する。
    感染した人工血管は摘出およびデブリードマンを行い再置換するが、何らかの感染対策を施さないと再感染の危険性が高い。一般的には、感染予防のために抗生物質リファンピシンを浸漬した人工血管が用いられるが、効果期間が短く、抗菌スペクトラムによってはMRSAなどに対し効果が減弱することもあり、効果的な感染予防方法は確立されていない。我々は、殺菌性・抗菌性を持つことが知られている高分子poly(METAC) を用い、PVAと共重合することで抗菌性を維持しつつもフィルム状や繊維状への成形加工が可能な高分子構造制御ができた。本研究成果は、感染制御性人工血管を創出するための基盤研究として有用であると考える。
    人工血管感染は、生命予後を規定する重篤な合併症の一つであり、いかに感染を制御するかが患者の予後を大きく左右する。しかし、現在の確立された抗菌性人工血管はない。本研究では、人工血管として用い感染を制御できるような抗菌ポリマー一次構造の条件検討を行い、抗菌性を維持しつつも紡糸できる高分子設計に成功した。抗菌性維持のための構造的・機能的な高分子デザインの最適化をした本研究成果は国内外に類がなく学術的意義がある。また、紡糸した抗菌ポリマーで人工血管を作れることができれば、今まで救命できなかった人工血管感染症例を救うことができる可能性があり、医学的意義は高いと考える。

  5. 補助人工心臓ドライブライン感染制御等のための抗菌ポリマーを用いた部材の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09240  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    寺澤 幸枝, 成田 裕司, 緒方 藍歌, 小土橋 陽平, 齋藤 明広, 六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植込型補助人工心臓は、駆動電源確保のための「ドライブライン」が皮膚を貫通して存在し、常に感染のリスクを包含している。人工臓器感染は難治性で、心不全患者においては致命的となることも少なくない。長期にわたっていかに感染を制御できるかが、患者の予後を大きく左右する。しかし現状のドライブライン管理に確立した方法はない。本研究では、殺菌性や化学的安定性を有するpoly([2-(methacryloyloxy)ethyl]trimethylammonium chlorideを基材とした長期安定的な抗菌作用を有する新規感染制御材料の創出を試み、動物実験での基礎的検討を主体にドライブライン管理材料を開発する。
    重症心不全患者に対し用いられる植込型補助人工心臓は、駆動電源確保のための「ドライブライン」が皮膚を貫通して存在し、常に感染のリスクを包含している。本研究ではドライブライン感染を予防するため、殺菌性を有するカオチン性ポリマーPoly(METAC) による部材を開発することを目的とした。METAC基を含有する共重合体を合成し、ポリビニルアルコール(PVA)と熱架橋することでフィルムの成形加工に成功した。このフィルムは、不水溶性、抗菌作用、血液適合性を示し、ドライブライン感染予防のための部材として有用である可能性が示唆された。
    カオチン性ポリマーが抗菌作用を持つことは知られているが、Poly(METAC)による抗菌性医療デバイス開発に向けた研究報告はない。本研究で明らかとなった共重合体合成による一次構造の制御や形成加工、抗菌効果は学術的意義の高い成果である。また、本研究で開発したPVA/Poly(METAC)フィルムはドライブライン感染を予防するだけでなく、創部の場所や状態に合わせてシートやガーゼなど様々な形状へ加工することで、他の皮膚貫通性ライン(体外式VAD送脱血管、中心静脈、IABP、ドレーンなど)へ応用することも可能であることから、臨床的意義の高い研究であると考える。

  6. クラリスロマイシンとモンテルカストによる大動脈瘤治療と閉塞性肺疾患との逆説解明

    研究課題/研究課題番号:19K09265  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    成田 裕司, 碓氷 章彦, 緒方 藍歌, 内田 亘, 六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    小径大動脈瘤や大動脈瘤手術後の残存病変、慢性期B型大動脈解離(B型解離)などに対する積極的な予防治療法は確立されていない。我々は、クラリスロマイシン(CAM)とモンテルカスト(Mont)が、動物実験で大動脈瘤発症・瘤径拡大を抑制することを明らかにした。一方、CAMとMontは慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対して用いられるが、COPDは大動脈瘤の罹患率、破裂等のリスクファクターである。本研究では、CAMとMont両剤併用による大動脈瘤への作用を動物実験で明らかにする。また、後ろ向き臨床研究で単剤または両剤を投与されたCOPD患者を追跡し、大動脈瘤・慢性B型解離に対する瘤拡大抑制効果を検討する。
    これまでにクラリスロマイシン(CAM)とモンテルカスト(Mont)の抗炎症作用を介した大動脈瘤発症進展抑制効果を報告してきた。CAMとMontは慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対し使われる治療薬である。また、COPDは大動脈瘤の罹患率、破裂や死亡のリスクファクターである。本研究では、COPD併発大動脈瘤モデルマウスに対するCAMとMontの両剤投与による大動脈瘤進展への影響を検証した。その結果、COPDは大動脈瘤を進展させること、COPDを罹患していてもCOPD治療薬の投与により大動脈瘤進展を抑制できることが明らかとなった。COPD併発大動脈瘤に対する予後の改善効果が期待できる可能性がある。
    喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)は大動脈瘤の罹患率、破裂や死亡のリスクファクターだが、クラリスロマイシンとモンテルカストを服用した際の大動脈瘤がどのような挙動を示すかは不明であった。また、大動脈瘤との関係性を検討した報告は皆無であったため、これら治療薬投与の有用性が示唆された場合、大動脈瘤・大動脈解離に対する新たな薬剤介入療法が創出できる可能性がある。本研究では、COPD併発大動脈瘤に対する両剤服用時における大動脈瘤関連リスク(径拡大や瘤破裂など)が低下することを明らかにしたことから、本研究成果は学術的および医学的意義のある研究であると考える。

  7. 大動脈瘤に対する新規バイオ医薬の開発

    研究課題/研究課題番号:19H03737  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    碓氷 章彦, 荏原 充宏, 宇都 甲一郎, 加藤 竜司, 成田 裕司, 緒方 藍歌, 蟹江 慧, 六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    大動脈瘤に対する人工血管置換術は侵襲が大きく、新たな低侵襲な治療法の開発が望まれる。我々は、これまでに間葉系幹細胞(MSC)静脈内投与による大動脈瘤治療の有効性を示してきた。治癒メカニズムにはMSCのパラクライン作用が示唆され、MSC産生因子の中に抗炎症作用・組織修復に関わる因子としてProgranulin(PGRN)およびSLPIを同定し、それらによる大動脈瘤治療効果の可能性を見出した。
    本研究は、リコンビナントタンパクPGRN, SLPI投与による効果検証を行ったのち、合成ペプチド医薬として大動脈瘤治療の検討を行い、ペプチド医薬としての有効性を明らかにする。
    大動脈瘤は破裂すると死に至るため、破裂予防のために人工血管置換術が行われるが、侵襲が大きく新たな低侵襲治療法の開発が求められる。間葉系幹細胞が産生する白血球型セリンプロテアーゼ阻害因子(SLPI)は、大動脈瘤モデルマウスにおいて抗炎症作用を介した瘤径拡大抑制効果を示し、SLPIのアミノ酸配列から設計した3-4残基ペプチドは、炎症性マクロファージが産生する一酸化窒素(NO)の産生抑制がみられ、SLPIを模倣したペプチド医薬創出の可能性が示唆された。しかし効果が弱かったため、培養条件や評価系の見直しが必要であることが判明した。見直した培養条件と評価系は、ペプチド探索に有用であることが示された。
    本研究においてSLPIタンパク投与により大動脈瘤径拡大抑制効果が示されたことから、研究成果には医学的意義および社会学的意義があると考える。タンパク医薬は効果は期待出来る反面、高価で抗原性・免疫刺激性の問題もある。一方、ペプチド医薬は、比較的安価で化学合成でき、抗原性がなく生体への安全性は高い。その一方でタンパクに比して効果が減弱される可能性がある。我々が設計したSLPI模倣性短鎖ペプチドは、抗炎症作用を示したものの効果が弱く、評価の見直しが必要となった。しかし、再検討により得られた結果は、ペプチド医薬創成のための基礎研究として学術的意義を持つと考える。

  8. 慢性大動脈解離entry閉鎖を目的とした生体適合性形状記憶ポリマーの開発

    研究課題/研究課題番号:15K10239  2015年4月 - 2019年3月

    六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    今回の研究目的は、慢性期Stanford B型解離においてentry閉鎖可能な生体適合性形状記憶ポリマーを開発して、実験的モデルを作成し、臨床応用に結びつけるものである。平成30年度は、昨年までと同様に作成したポリ(e-カプロラクトン)(PCL)誘導体を使用し、in-vitro、in-vivoの実験系の確立にあて、開発した担体の有用性を検討する予定であったが、理想とする生体適合性形状記憶ポリマーの開発に難渋し、完成にはいたらなかった。そのため、予定していた、大動物の大動脈モデルを設置し、in-vitroの実験系の作成や、大動物でのin-vivoの実験に到達することがかなわないまま終了した。
    慢性大動脈解離は、胸部下行大動脈以下にできるentryが残存し、偽腔の瘤化、拡大、破裂の経過をたどり、生命を脅かす病態である。本研究の学術的意義は、カテーテル治療もしくは、手術時に血管内膜を損傷することなく、低侵襲でentryを閉鎖することである。
    血液温度で、形状が変化する生体適合性形状記憶ポリマーを開発し、entryにこのポリマーを通過させ、形状が血液温度で変化し、ポリマーが内外で形状が変化し、圧着し閉鎖させるものである。

  9. 心室中隔穿孔に対するカテーテル治療の開発

    研究課題/研究課題番号:23592033  2011年 - 2013年

    碓氷 章彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    心室中隔穿孔をカテーテル治療により治療するために左心室内に留置可能なステントグラフトの開発を行った。金属糸を編み込んだネット状ステントグラフトを作成し、初期モデルとして左室心尖部から挿入固定する円錐状のステントグラフトを作成したが乳頭筋部位の留置が困難なためステントグラフトを改良しグラフト装着部位は中隔側のみに留め心尖部のみを被覆するものとした。しかし中隔心基部側の圧着力が弱いことが判明したため中隔側の圧着性を高めるデザイン変更を進めている。またステントグラフトを左室内留置するためにdelivery sheath を作成しpeal off しながらdeploy する挿入方法を開発した。

  10. 総肺静脈還流異常症術後、肺静脈閉塞を予防する生体吸収性薬剤 溶出ナノファイバーの開発

    2008年4月 - 2009年3月

    公益財団法人 宮田心臓病研究振興基金  医学研究者の学究等に対する奨励金 

    六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  11. 中膜平滑筋層を有した心臓血管組織再生法の開発

    研究課題/研究課題番号:19790970  2007年 - 2008年

    六鹿 雅登

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3690000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:390000円 )

    再生医療では理論的には理想的な移植材料を創出しうるが、心臓血管組織の様に「強靱」かつ「しなやか」な組織再生は未だ困難である。
    そこで本研究では、心臓血管組織の機械特性を担う「中膜平滑筋層の再生」を目指した研究を行った。
    まず、平滑筋細胞へ分化可能な骨髄由来間葉系幹細胞を効率的に分化するための手法を検討し、培養液中の添加因子としてTGF-b1とアスコルビン酸、細胞外マトリクスとしてラミニン、動脈同様の機械刺激環境下での培養などそれぞれの有効性を発見した。
    またそれらの細胞を脱細胞化組織へ磁力を用いて層状に播種する手法を開発した。さらに、中膜平滑筋層の再生を促す、生体吸収性材料を用いた血管の再生を試みた。

  12. M2マクロファージによる効率的大動脈瘤治療法の確立

    研究課題/研究課題番号:22K08933 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 大動脈瘤におけるマクロファージAIM炎症機構の解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:22K08932 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 薬剤溶出コットンの開発

    六鹿 雅登

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-111236  出願日:2008年4月

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 先天性心疾患

    2021

  2. 人工心臓

    2021

  3. 心臓移植

    2021

 

社会貢献活動 1

  1. 鶴舞公開講座

    役割:講師

    名古屋大学  ここまで身近になった!移植医療の最新事情  2018年12月