2024/05/15 更新

写真a

ウエノ トモナガ
上野 智永
UENO Tomonaga
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 材料化学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
ホームページ
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2011年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 超軽量材料

  2. 高分子材料の難燃化

  3. 非平衡化学

  4. システム化学

研究分野 3

  1. ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  2. ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  3. ナノテク・材料 / 高分子材料

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 超軽量電磁波遮蔽・吸収材料

  2. 超軽量吸音・遮音材料

  3. 軽量断熱材

  4. 高分子材料の信頼性向上

  5. 非線形化学反応の制御による自己組織化

  6. 液中プラズマ反応場の制御と分子技術への応用

▼全件表示

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科化学システム工学専攻   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科マテリアル理工学専攻   助教

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   グリーンモビリティ連携研究センター   助教

    2011年7月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科マテリアル理工学専攻   助教

    2011年4月 - 2011年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会   特別研究員(DC1)

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   工学系研究科   マテリアル工学専攻

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   マテリアル理工学専攻

    2006年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   物理工学科

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 高分子学会

  2. 応用物理学会

  3. 日本MRS

  4. 日本化学会

委員歴 5

  1. 未来のくらしと水の科学研究会   庶務幹事  

    2021年6月 - 現在   

  2. 日本材料科学会 カーボンバリュー研究会   委員  

    2023年4月 - 現在   

  3. 日本学術振興会 水の先進理工学第183委員会    庶務幹事・運営委員  

    2017年7月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  4. 一般社団法人難燃材料研究会   運営委員  

    2020年4月 - 2021年9月   

  5. 日本材料科学会 スマートマテリアル研究会   委員  

    2018年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 4

  1. 第17回わかしゃち奨励賞 優秀賞

    2022年12月   愛知県   超軽量材料による空中浮遊技術の開発

    上野智永

  2. ライジングスター賞

    2014年   JST-CREST  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. ライジングスター賞

    2013年   JST-CREST  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. マテリアルライフ学会論文賞

    2011年   マテリアルライフ学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 70

  1. High-speed and scalable combustion fabrication of ultralight carbon nanotube aerogels below air density 査読有り

    Yanagi, R; Okuno, A; Ueno, T

    CARBON   216 巻   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Carbon  

    In this study, we introduce a fast, scalable method to fabricate ultralight carbon nanotube (CNT) aerogels with a bulk density (ρ) lower than air, using a combustion process. Typical fabrication methods for ultralight nanocarbon aerogels (ρ ≤ 1.0 mg cm−3) often involve intricate steps, such as high-temperature annealing and thermal reduction. These processes are time-consuming and pose scalability challenges. Here, we propose a high-speed fabrication process for ultralight CNT aerogels by combusting cellulose nanofibers (CNF) as a sacrificial template. The combustion process for CNT/CNF composite aerogels in an open environment takes only a few seconds, and the fabricated CNT aerogels with a lower-than-air density (ρ ≥ 0.48 mg cm−3) have high light absorption and good thermal and mechanical stability. We further illustrate the capability of these ultralight CNT aerogels to achieve levitation upon heating like a hot air balloon. Ultralight CNT aerogels capable of levitation by heating, fabricated by our fast and scalable method, hold the potential to replace traditional motor-driven unmanned aerial vehicles and conventional stratospheric platforms, such as high-altitude balloons, with sunlight-driven materials.

    DOI: 10.1016/j.carbon.2023.118572

    Web of Science

    Scopus

  2. Light-induced levitation of ultralight carbon aerogels via temperature control 査読有り

    Yanagi, R; Takemoto, R; Ono, K; Ueno, T

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 )   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Scientific Reports  

    We demonstrate that ultralight carbon aerogels with skeletal densities lesser than the air density can levitate in air, based on Archimedes' principle, when heated with light. Porous materials, such as aerogels, facilitate the fabrication of materials with density less than that of air. However, their apparent density increases because of the air inside the materials, and therefore, they cannot levitate in air under normal conditions. Ultralight carbon aerogels, fabricated using carbon nanotubes, have excellent light absorption properties and can be quickly heated by a lamp owing to their small heat capacity. In this study, an ultralight carbon aerogel was heated with a halogen lamp and levitated in air by expanding the air inside as well as selectively reducing its density. We also show that the levitation of the ultralight carbon aerogel can be easily controlled by turning the lamp on and off. These findings are expected to be useful for various applications of aerogels, such as in communication and transportation through the sky.

    DOI: 10.1038/s41598-021-91918-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Color-Changing Paper: Cellulose Nanofiber Films Incorporating Mechanochromic Fluorenylidene-Acridane 査読有り

    Keisuke Ogumi, Takehiro Arakawa, Bungo Okudera, Yuki Takimoto, Kohki Nagata, Kentaro Mishiba, Eiji Abe, Tomonaga Ueno, Junko Hieda, Kenji Omote, Hao-Sheng Lin, and Yutaka Matsuo

    ACS Applied Engineering Materials   2 巻 ( 2 ) 頁: 397 - 403   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1021/acsaenm.3c00702

  4. Basic study on improvement of electromagnetic wave absorption for ultra-lightweight materials by insulation of CNT surface

    IEICE Technical Report; IEICE Tech. Rep.   123 巻 ( 283 ) 頁: 24 - 28   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  5. Synergistic flame retardancy of solid acid, hindered N-alkoxy amine, and halogen compound for polypropylene 査読有り

    Nakashima, E; Hosokawa, Y; Ueno, T

    JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE   140 巻 ( 41 )   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Polymer Science  

    Polypropylene (PP) is a thermoplastic resin widely used in various industrial applications. However, the flammability of PP is a severe drawback that lowers operational safety. This study demonstrates the development of flame-retardant PP. The co-adding with various solid acids and a hindered N-alkoxy amine (NOR116 – Flamestab® NOR 116 FF) affects the combustion behavior of PP in a vertical flame test. The co-adding of silica alumina (SA) and NOR116 with PP promoted the melt drip, suppressed upward combustion heat, and shorter the combustion time. The decomposition products of NOR116 induced the cleavage of the main chain of PP, and it quenched the radicals on the surface of the SA particles because SA has abundant acidic sites and large pores, facilitating the adsorption of a substantial quantity of NOR116. The molecular weight of PP was controlled to 103 ~ 104 before the combustion to achieve an increase in the melt flow ability and suppress the upward combustion. Furthermore, a small amount of a halogen-based flame retardant was incorporated into the PP/SA/NOR116 sample, and the specimens could instantly self-extinguish on the gas phase by radical trap.

    DOI: 10.1002/app.54511

    Web of Science

    Scopus

  6. A study on flat-plate electromagnetic field modeling of electromagnetic wave absorbing and shielding materials using CNTs 招待有り 査読有り

    Eiji Kurumada, Sho Muroga, Motoshi Tanaka, Tomonaga Ueno, Reo Yanagi, Kishio Hidaka, Akira Ito, Shuhei Shimada, Johta Awano, Osamu Kawasaki

    IEICE Technical Report; IEICE Tech. Rep.   122 巻 ( 206 ) 頁: 68 - 71   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  7. Ultralight Single-Walled Carbon Nanotube Aerogels for Low-Frequency Sound Absorption 査読有り

    Yanagi, R; Segi, T; Oda, R; Ueno, T

    ADVANCED ENGINEERING MATERIALS   24 巻 ( 9 ) 頁: 2200357   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Engineering Materials  

    Absorbing low-frequency sound below 1000 Hz with an ultralight material is a critical challenge. Nanofibrous sound-absorbing materials have many interfaces for air-borne sound loss. In addition, nanofibers with a high elastic modulus can increase the loss of sound propagating in the solid, enabling good, low-frequency sound absorption. Herein, a composite aerogel based on single-walled carbon nanotubes (SWCNTs) and carboxymethyl cellulose (CMC) as an ultralight material that effectively absorbs low-frequency sound is reported. This ultralight aerogel has a hierarchical porous structure composed of high-modulus SWCNT–CMC composite nanofibers. A sample with an areal density of 20 mg cm−2 (bulk density: 5 mg cm−3, thickness: 39 mm) achieves a sound-absorption coefficient of 0.44 at 500 Hz. The sound-absorption behavior is sufficiently described by the Biot–Johnson–Champoux–Allard model, indicating the significant effect of the high elastic modulus of the nanofibers on the sound-absorption performance. The article presents a new design principle for ultralight materials with low-frequency sound absorption that takes into consideration both the porous structure and the elastic modulus of the material framework.

    DOI: 10.1002/adem.202200357

    Web of Science

    Scopus

  8. Carbon-nanotube-based ultralight materials for ultrabroadband electromagnetic wave shielding and absorption 査読有り

    Yanagi, R; Segi, T; Ito, A; Ueno, T; Hidaka, K

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   60 巻 ( 8 )   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    In this paper, we report ultralight carbon-nanotube (CNT)-infused materials with high electromagnetic shielding and absorption performance over an ultrabroadband frequency range. By controlling the CNT content and thickness of ultralight aerogels composed of CNTs during fabrication, their electromagnetic shielding/absorbing performance can be tuned over a wide frequency range (5.6-110 GHz). Samples with 40 wt% CNTs exhibit excellent shielding performance in an intensity range of 30-90 dB in all frequency ranges. Samples with less than 5 wt% CNTs show improved electromagnetic wave absorption performance of more than 10 dB. In addition, in samples with 2 and 4 wt% CNTs, strong absorption of over 25 dB occurs at certain frequencies. These CNT aerogels, which are ultralight (bulk density: 10 mg cm-3) and exhibit good mechanical properties, are expected to become a new material for electromagnetic shielding and absorption in advanced engineering applications.

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac14a5

    Web of Science

    Scopus

  9. Elastic Recovery Properties of Ultralight Carbon Nanotube/Carboxymethyl Cellulose Composites 査読有り

    Matsushima, K; Ono, K; Yanagi, R; Shioura, N; Segi, T; Ueno, T

    MATERIALS   14 巻 ( 14 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials  

    Ultralight materials exhibit superelastic behavior depending on the selection, blending, and carbonization of the materials. Recently, ultimate low-density materials of 5 mg/cm3 or less have attracted attention for applications such as sensors, electrodes, and absorbing materials. In this study, we fabricated an ultralight material composed of single-walled carbon nanotubes (CNT) and sodium carboxymethyl cellulose (CMC), and we investigated the effect of density, composition, and weight average molecular weight of CMC on elastic recovery properties of ultralight CNT/CMC composites. Our results showed that the elastic recovery properties can be improved by reducing the density of the composite, lowering the mass ratio of CNTs, and using CMC with small molecular weight.

    DOI: 10.3390/ma14144059

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Image analysis of flame behavior for polyolefins and polystyrene in vertical flame test 査読有り

    Hosokawa, Y; Nakashima, E; Ueno, T

    JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE   138 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Polymer Science  

    Although the UL-94 vertical flame test is often used to evaluate the flammability of polymers based on ignition time and combustion duration parameters, a significant amount of information regarding the time course of combustion is difficult to analyze in detail. Herein, image analysis of the time course of the upper and lower end heights, total area, and color division of flame was performed for polyolefins and polystyrene with different molecular weights in the vertical flame test. The combustion process was classified into two stages: before and after the first drip. In the first stage, the upward spread velocity, oscillation, and color of flame were analyzed. It was assumed that the difference in the fuel production rates or thermal decomposition products depends on the molecular structure. In the second stage, the melt flowability, flame position, and combustion continuity differed vastly depending on the molecular structure or molecular weight.

    DOI: 10.1002/app.49845

    Web of Science

    Scopus

  11. Fabrication and Characterization of Porous Silica/Carbon Nanotube Composite Insulation 査読有り

    Shioura, N; Matsushima, K; Osato, T; Ueno, T; Isu, N; Hashimoto, T; Yana, T

    MRS ADVANCES   5 巻 ( 33-34 ) 頁: 1791 - 1798   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MRS Advances  

    In recent years, the demand for high performance thermal insulations has increased. While foam and aerogels have been researched for high performance thermal insulation, novel material design is required for further improvement. A porous silica has been found to have the potential to form a new thermal insulation material. However, porous silica is a powder and is difficult to form the porous compact. Therefore, we propose a composite insulation of powdered porous silica (p-SiO2), carbon nanotubes (CNTs) and sodium carboxy methyl cellulose (CMC). The fine voids and bulky structure of p-SiO2 greatly suppress gas and solid heat transfer. The composite of CNT can improve the moldability and enhance the mechanical properties. The moldability of thermal insulating materials improved even with the addition of 1 wt% CNT. With the addition of 1 wt% CNT, the increase in thermal conductivity was less than 0.01 W·m-1·K-1.

    DOI: 10.1557/adv.2020.252

    Web of Science

    Scopus

  12. Pattern Formation in Heterostructured Gel by the Ferrocyanide-lodate-Sulfite Reaction 査読有り

    Ueno, T; Yoshida, R

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A   123 巻 ( 24 ) 頁: 5013 - 5018   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry A  

    Pattern formation in the reaction-diffusion systems for the ferrocyanide-iodate-sulfite reaction has been investigated. Previous studies have been conducted in a uniform medium. However, in this study, we reported the pattern formation in heterostructured gels with different network densities. The chemical states of the gel depend on the diffusivity, which in turn depends on the network density of the gel. Consequently, a pH pattern reflecting the heterostructured gel emerged. Furthermore, adjusting the condition produces novel patterns in the heterostructured gel.

    DOI: 10.1021/acs.jpca.9b02264

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Solution Plasma Reactions and Materials Synthesis

    Panomsuwan, G; Ueno, T; Yui, H; Nakamura, J; Saito, N

    MOLECULAR TECHNOLOGY, VOL 3: MATERIALS INNOVATION     頁: 137 - 172   2019年

     詳細を見る

  14. Mechanistic aspect based on the role of reactive oxidizing species (ROS) in macroscopic level on the glycerol photooxidation over defected and defected-free TiO<sub>2</sub> 査読有り

    Jedsukontorn, T; Ueno, T; Saito, N; Hunsom, M

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   367 巻   頁: 270 - 281   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry  

    The activity of commercial (defected-free) TiO2 and black (defected) TiO2 photocatalysts was comparatively tested in the glycerol photooxidation reaction. The preliminary results demonstrated that similar compounds, including glyceraldehyde (GCD), dihydroxyacetone (DHA), glycolic acid (GCOA), formaldehyde (FMD) and glycolaldehyde (GCAD), were generated from the photocatalytic oxidation of glycerol via both photocatalysts, but they differed in their yields. The black TiO2 exhibited a higher photocatalytic activity to convert glycerol than the commercial TiO2, due to the presence of some defective structure and its low band gap energy, and also promoted the generation of GCAD as the main product. In contrast, the commercial TiO2 promoted the formation of GCD as the major product. The principle reactive oxidizing species (ROS) contributing for glycerol conversion via black TiO2 can be ranked in the order of O2•->O12>OHb•>h+/OHs•>h+. The dominate ROS related to the conversion of glycerol to GCD and DHA were O2•- and OHb•, respectively. The main ROS to alter GCD and DHA to GCAD/FMD was O2•-, while the h+ was the principle ROS to convert GCD to GCOA. Finally, the pathway of glycerol conversion and product distribution over black TiO2 via various ROS in the presence of oxygen as electron acceptor is proposed.

    DOI: 10.1016/j.jphotochem.2018.08.030

    Web of Science

    Scopus

  15. Narrowing band gap energy of defective black TiO<sub>2</sub> fabricated by solution plasma process and its photocatalytic activity on glycerol transformation

    Jedsukontorn, T; Ueno, T; Saito, N; Hunsom, M

    JOURNAL OF ALLOYS AND COMPOUNDS   757 巻   頁: 188 - 199   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Alloys and Compounds  

    Defective black titania (TiO2) was synthesized by the solution plasma technique at ambient temperature and pressure. The effects of the electrolyte solution medium type (KCl and HNO3) and concentration (0.3 and 3.0 mM) as well as the plasma discharge time (1–4 h) with a Ti electrode were investigated. The 3.0 mM HNO3 solution provided the highest energy per second discharging into the plasma, resulting in both a high synthesis rate of black TiO2 and a high degree of defective structures, as monitored in terms of the Ti3+/Ti4+ ratio, which can shorten the band gap energy (Eg) of the obtained black TiO2. A long plasma discharge time (4 h) induced the formation of large particles of black TiO2, which appeared as a highly defective structure. Overall, the black TiO2 prepared by discharged plasma for 4 h in 3.0 mM HNO3 solution (BTN-304) provided the highest photocatalytic activity for glycerol conversion (58.49% at 24 h) and 4.85, 3.32, 2.11, 2.15, 39.15 and 26.61% yield of glyceraldehyde, dihydroxyacetone, hydroxypyruvic acid, glycolic acid, glycolaldehyde and formaldehyde, respectively. Pathway of glycerol conversion and product distribution over black TiO2 was attempted to propose. Finally, the reusability of the best black TiO2 was explored.

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2018.05.046

    Web of Science

    Scopus

  16. In vitro cytotoxicity of carbon black nanoparticles synthesized from solution plasma on human lung fibroblast cells

    Panomsuwan, G; Chokradjaroen, C; Rujiravanit, R; Ueno, T; Saito, N

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57 巻 ( 1 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    Carbon black nanoparticles (CB-NPs) have been synthesized from liquid benzene by a solution plasma method at room temperature and atmospheric pressure. The morphological observation by scanning electron microscopy revealed the agglomeration of aggregated fine particles. The synthesized CB-NPs were predominantly amorphous as confirmed by X-ray diffraction. The in vitro cytotoxicity of CB-NPs on the human lung fibroblast (MRC-5) cell line was assessed by the 3-(4,5-dimethylthiazole-2-yl)-2,5-diphenyltetrazolium bromide (MTT) assay and systematically compared with those of two types of commercial carbon blacks (i.e., Vulcan XC-72 and Ketjenblack EC-600JD). Cell viabilities were studied at different concentrations of 32.5, 65, 125, and 250 μg/mL. It was found that the CB-NPs derived from solution plasma exhibited a lower cytotoxicity on the MRC-5 cells than the other two comparative carbon blacks. The viability of MRC-5 cells exposed to CB-NPs remained higher than 90% even at a high concentration of 250 μg/mL. This result preliminarily confirmed the biosafety and potential use of CB-NPs in the field of biological applications.

    DOI: 10.7567/JJAP.57.0102BG

    Web of Science

    Scopus

  17. Solution Plasma Process-Derived Defect-Induced Heterophase Anatase/Brookite TiO<sub>2</sub> Nanocrystals for Enhanced Gaseous Photocatalytic Performance

    Pitchaimuthu, S; Honda, K; Suzuki, S; Naito, A; Suzuki, N; Katsumata, K; Nakata, K; Ishida, N; Kitamura, N; Idemoto, Y; Kondo, T; Yuasa, M; Takai, O; Ueno, T; Saito, N; Fujishima, A; Terashima, C

    ACS OMEGA   3 巻 ( 1 ) 頁: 898 - 905   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Omega  

    We report a simple room-temperature synthesis route for increasing the reactivity of a TiO2 photocatalyst using a solution plasma process (SPP). Hydrogen radicals generated from the SPP chamber interact with the TiO2 photocatalyst feedstock, transforming its crystalline phase and introducing oxygen vacancy defects. In this work, we examined a pure anatase TiO2 as a model feedstock because of its photocatalytic attributes and well-characterized properties. After the SPP treatment, the pure anatase crystalline phase was transformed to an anatase/brookite heterocrystalline phase with oxygen vacancies. Furthermore, the SPP treatment promoted the absorption of both UV and visible light by TiO2. As a result, TiO2 treated by the SPP for 3 h showed a high gaseous photocatalytic performance (91.1%) for acetaldehyde degradation to CO2 compared with the activity of untreated TiO2 (51%). The SPP-treated TiO2 was also more active than nitrogen-doped TiO2 driven by visible light (66%). The overall photocatalytic performance was related to the SPP treatment time. The SPP technique could be used to enhance the activity of readily available feedstocks with a short processing time. These results demonstrate the potential of this method for modifying narrow-band gap metal oxides, metal sulfides, and polymer composite-based catalyst materials. The modifications of these materials are not limited to photocatalysts and could be used in a wide range of energy and environment-based applications.

    DOI: 10.1021/acsomega.7b01698

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Facile preparation of defective black TiO<sub>2</sub> through the solution plasma process: Effect of parametric changes for plasma discharge on its structural and optical properties

    Jedsukontorn, T; Ueno, T; Saito, N; Hunsom, M

    JOURNAL OF ALLOYS AND COMPOUNDS   726 巻   頁: 567 - 577   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Alloys and Compounds  

    Defective TiO2 or black TiO2 nanoparticles (NPs) are remarkably attractive for photocatalytic applications, since the defect-disordered structure crucially affects the optical properties. In this work, high visible light-active black TiO2 NPs were synthesized by an innovative solution plasma process (SPP) with a titanium (Ti) electrode in HNO3 solution. The effects of the plasma operating parameters, in terms of the pulse frequency (20–80 kHz) and pulse width (0.5–2.0 μs) under two different HNO3 concentrations (0.3 mM and 3.0 mM) on the morphology, structural and optical properties of the obtained black TiO2 NPs were explored. Increasing the pulse frequency, pulse width and concentration of HNO3 all increased the input energy per pulse and energy per second, which induced an increased volume-based particle size, synthesis rate and Ti3+/Ti4+ ratio, but decreased the rutile mass fraction, the Ti-OH/TiO ratio and the band gap energy of the obtained black TiO2 NPs. Among all the prepared black TiO2 NP samples, those prepared at a pulse frequency of 20 kHz, pulse width of 2 μs (energy input per second of 17.3 J) in 3.0 mM HNO3 exhibited the highest visible-light absorption capability (the lowest band gap energy of ∼2.44 eV). The variation in the band gap energy was more strongly dependent on the Ti3+/Ti4+ ratio than the Ti-OH/TiO ratio in the structure of black TiO2 NPs.

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2017.08.028

    Web of Science

    Scopus

  19. Simple introduction of carboxyl head group with alkyl spacer onto multiwalled carbon nanotubes by solution plasma process

    Nemoto, S; Ueno, T; Watthanaphanit, A; Hieda, J; Bratescu, MA; Saito, N

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   56 巻 ( 9 )   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    A simple method of fabricating carboxyl-terminated multiwalled carbon nanotubes (MWCNTs) with alkyl spacers was developed to improve the dispersion quality of MWCNTs in aqueous solutions using solution plasma (SP) in a 6-aminocaproic acid solution. The formation of SP in the solution led to better dispersion of MWCNTs in aqueous solutions. Fourier transform infrared spectroscopy (FT-IR) results indicate that a carboxyl group with an alkyl spacer can be introduced by SP treatment in the 6-aminocaproic acid solution. Sedimentation tests show that the SP-treated MWCNTs in the 6-aminocaproic acid solution retained their good dispersion quality in aqueous solutions of pHs 5 6 and 9. The alkyl spacer plays an important role in the preservation of dispersion states particularly at pH 6.

    DOI: 10.7567/JJAP.56.096202

    Web of Science

    Scopus

  20. Solution plasma synthesis of a boron-carbon-nitrogen catalyst with a controllable bond structure

    Lee, S; Heo, Y; Bratescu, MA; Ueno, T; Saito, N

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   19 巻 ( 23 ) 頁: 15264 - 15272   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Chemistry Chemical Physics  

    Synthesis of boron-carbon-nitrogen (BCN) nanocarbon with a controllable bond structure for enhanced oxygen reduction reaction (ORR) activity and durability was performed using a new method of discharge in organic solution mixtures named the 'Solution Plasma Process'. Using selected precursors a new strategy for the simultaneous synthesis of nanocarbon co-doped with heteroatoms was found. The synergistic effect of N and B in an uncoupling bond state improved the formation of new active sites for the ORR performance by changing the electronic structure of the base carbon. Meanwhile, when B and N are bonded together, the BCN catalyst contributes to a reduced ORR activity by forming a balanced electronic structure in carbon. The BCN nanocarbon with an uncoupling bond state exhibits an enhanced ORR activity under alkaline conditions, with an onset potential of -0.25 V versus -0.31 V for B/N coupling and 3.43 transferred electrons during the ORR. Although the ORR activity of the B/N uncoupling nanocarbon was not as good as the typical Pt/C, the durability of this synthesized material (15.1% current decrease after 20000 s of operation) was significantly better than that of the Pt/C catalyst (61.5% current drop under the same conditions). After the durability test, the increase of the chemical states containing oxygen was higher for Pt/C than B/N uncoupling.

    DOI: 10.1039/c6cp06063c

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Crystallinity and surface state of cellulose in wet ball-milling process

    Nemoto, S; Ueno, T; Watthanaphanit, A; Hieda, J; Saito, N

    JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE   134 巻 ( 22 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Polymer Science  

    We report the effect of wet ball-milling process under mild neutral salt conditions on the alteration of crystallinity and surface state of microcrystalline cellulose (MC). The ball-milling experiments were performed when the MC was immersed in H2O, NaCl aqueous solution, and KCl aqueous solution. Two collation groups, i.e., MC immersed in H2O2 and nonimmersed MC were additionally investigated for comparison. Except when H2O2 was present, the highest decrease in the cellulose crystallinity index (CI) was observed in dilute KCl. On the other hand, the CI of wet-milled MC/NaCl was greater than that of the wet-milled MC/H2O, however, still lower than that of the non-immersed MC. XPS results showed that the carbonization progressed in dry-milled MC and wet-milled MC/NaCl surfaces. Though, the surface oxidization progressed in wet-milled MC/H2O and wet-milled MC/KCl. Lastly, the ball-milling processes in different solutions led to various decreases of the crystallinity and the surface degradation due to carbonization and/or oxidization. © 2017 Wiley Periodicals, Inc. J. Appl. Polym. Sci. 2017, 134, 44903.

    DOI: 10.1002/APP.44903

    Web of Science

    Scopus

  22. ソリューションプラズマを用いて作製した酸化亜鉛ナノ粒子の粒径に及ぼすプラズマ生成パラメータの影響 査読有り

    根本心平、上野智永、Anyarat Watthanaphanit、 稗田純子、 齋藤永宏

    表面技術   68 巻 ( 3 ) 頁: 147-152   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1

  23. 逆ミセル構造を利用するソリューションプラズマ合成ナノカーボンの比表面積制御 査読有り

    森下哲典,上野智永,吉田彰仁, 稗田純子, 齋藤永宏

    表面技術   68 巻 ( 3 ) 頁: 153-157   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1

  24. New insights into vegetable oil pyrolysis by cold plasma technique

    Meeprasertsagool Phimpaka, Watthanaphanit Anyarat, Ueno Tomonaga, Saito Nagahiro, Reubroycharoen Prasert

    2017 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ALTERNATIVE ENERGY IN DEVELOPING COUNTRIES AND EMERGING ECONOMIES   138 巻   頁: 1153 - 1158   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Energy Procedia  

    Green liquid fuels are alternatively produced by pyrolysis of vegetable oil. Still, this process requires high processing temperature and high energy consumption per unit cost. Recently, solution/liquid-phase plasma (cold plasma) is the novel method to provide the direct energy at highly excited energy state. In this study, the investigation of the green fuel synthesis from vegetables oils using cold plasma was examined. The cold plasma reactor was connected to a bipolar pulsed power supply under 200 ml of palm oil, the pulse frequency adjusted from 15-45 kHz and the voltage adjusted in ranges of 1.2-1.5 kV with 40 minutes of discharge times, pulse width 2 μs, electrode distance 0.5 mm. Properties of generated plasma were investigated by optical emission spectroscopy (OES) methods. The liquid products were analysed by GC-MS. In order to identify components of the liquid product, a GC-MS chromatogram was carried out; the main peaks were oleic acid and palmitic acid. Therefore, the other peak showed which products were cracked to short-chain hydrocarbon and hexadecane was one of the compounds which were cracked in palm oil. In conclusion, the results showed that plasma has potential and enough energy to convert vegetable oils in liquid fuels at room temperature which can also provide the direct energy better than pyrolysis.

    DOI: 10.1016/j.egypro.2017.10.224

    Web of Science

    Scopus

  25. Synthesis of carbon nanoparticles from used motor oil and benzene via solution plasma process

    Seangarunthong N., Khongthong P., Panomsuwan G., Ueno T., Saito N., Eiad-Ua A.

    Key Engineering Materials   751 KEM 巻   頁: 773 - 778   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Key Engineering Materials  

    Carbon nanoparticles (CNPs) were successfully synthesized from the mixture of used motor oil and benzene via a solution plasma process (SPP). The synthesis was achieved within a single step at room temperature and atmospheric pressure. The effects of mixing ratio between used motor oil and benzene on the physical and chemical properties of CNPs were investigated by means of field-emission scanning electron microscopy (FESEM), Fourier transform infrared spectroscopy (FTIR), X-ray diffraction (XRD), and Raman spectroscopy. The results revealed that there were no significant changes in morphological feature and chemical functional groups on CNPs at different mixing ratios. The CNPs exhibited the aggregates of fine particles with the diameter of about 20-30 nm. The crystallinity of CNPs was found to be slightly increased when synthesized under the presence of used motor oil, possibly due to the effect of aliphatic hydrocarbons and polycyclic aromatic hydrocarbons in used motor oil. We expect that the conversion of used motor oil into CNPs by SPP could be another attractive way to add the value to used motor oil prior to disposing.

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.751.773

    Scopus

  26. Differences in intermediate structures and electronic states associated with oxygen adsorption onto Pt, Cu, and Au clusters as oxygen reduction catalysts 査読有り

    T Morishita, T Ueno, G Panomsuwan, J Hieda, MA Bratescu, N Saito

    Journal of Physics D: Applied Physics   49 巻 ( 41 ) 頁: 415305   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1088/0022-3727/49/41/415305

  27. DFT calculation of oxygen adsorption on a core-single shell ZnNb catalyst 査読有り

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito

    RSC Advances   6 巻 ( 100 ) 頁: 98091-98095   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C6RA19311K

  28. ソリューションプラズマ-スパッタ法を用いた金ナノ粒子合成速度に与える溶媒組成の影響 査読有り

    簾智仁, 上野智永, ワッタナパーニット アンヤラット, 齋藤永宏

    表面技術   67 巻 ( 2 ) 頁: 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Synthesis of heteroatom-carbon nanosheets by solution plasma processing using N-methyl-2-pyrrolidone as precursor 査読有り

    K. Hyun, T. Ueno, O. L. Li, N. Saito

    RSC Advances   6 巻 ( 9 ) 頁: 6990-6996   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5RA23659B

  30. Heterocarbon nanosheets incorporating iron phthalocyanine for oxygen reduction reaction in both alkaline and acidic media 査読有り

    K. Hyun, T. Ueno, G. Panomsuwan, O. L. Li, N. Saito

    Physical Chemistry Chemical Physics   18 巻 ( 16 ) 頁: 10856-10863   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5CP07739G

  31. Fastest Formation Routes of Nanocarbons in Solution Plasma Processes

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Gasidit Panomsuwan, Junko Hieda, Akihito Yoshida, Maria Antoaneta Bratescu, Nagahiro Saito

    Scientific Reports   6 巻   頁: 36880   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep36880

  32. Synthesis of nitrogen-containing carbon by solution plasma in aniline with high-repetition frequency discharges 査読有り

    K Hyun, T Ueno, N Saito

    Japanese Journal of Applied Physics   55 巻 ( 1S ) 頁: 01AE18   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Verification of Radicals Formation in Ethanol Water Mixture Based Solution Plasma and Their Relation to the Rate of Reaction

    T Sudare, T Ueno, A Watthanaphanit, N Saito

    The Journal of Physical Chemistry A   119 巻 ( 48 ) 頁: 11668-11673   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. The Effect of Electrode Gap Distance on the Synthesis of Carbon Materials by Using Solution Plasma Process 査読有り

    H Lee, T Ueno, N Saito

    JOM   67 巻 ( 11 ) 頁: 2550-2556   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. ナフタレンおよびアントラセンの微量添加による ソリューションプラズマ合成カーボン材料の導電性向上 査読有り

    リ フンソン, 上野智永, 齋藤永宏

    表面技術   9 巻   頁: 0   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 0

  36. Accelerated nanoparticles synthesis in alcohol water mixture based solution plasma 査読有り

    T Sudare, T Ueno, A Watthanaphanit, N Saito

    Physical Chemistry Chemical Physics   17 巻 ( 45 ) 頁: 30255-30259   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Synthesis of mono-dispersed nanofluids using solution plasma 査読有り

    YK Heo, MA Bratescu, T Ueno, N Saito

    Journal of Applied Physics   116 巻 ( 2 ) 頁: 024302   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Pyrolysis and Combustion of Polystyrene and Polypropylene with Different Molecular Weights 査読有り

    E Nakashima, T Ueno, R Ichino, K Takeda

    KOBUNSHI RONBUNSHU   71 巻 ( 4 ) 頁: 159-168   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Autonomous viscosity oscillation via metallo-supramolecular terpyridine chemistry of branched poly (ethylene glycol) driven by the Belousov-Zhabotinsky reaction 査読有り

    T Ueki, Y Takasaki, K Bundo, T Ueno, T Sakai, Y Akagi, R Yoshida

    Soft matter   10 巻 ( 9 ) 頁: 1349-1355   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Solution plasma exfoliation of graphene flakes from graphite electrodes 査読有り

    H Lee, MA Bratescu, T Ueno, N Saito

    RSC Advances   4 巻 ( 93 ) 頁: 51758-51765   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. ソリューションプラズマ分子技術 (特集 表面・界面のメゾスコピックサイエンス) 招待有り

    上野 智永, 齋藤 永宏

    材料の科学と工学 : 日本材料科学会誌   51 巻 ( 4 ) 頁: 142-145   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  42. Solution Plasma Sputtering Processes for the Synthesis of PtAu/C Catalysts for Li-Air Batteries

    Terashima Chiaki, Iwai Yujiro, Cho Sung-Pyo, Ueno Tomonaga, Zettsu Nobuyuki, Saito Nagahiro, Takai Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ELECTROCHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 4 ) 頁: 5407-5420   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. ソリューションプラズマによるナノ粒子合成(ヘッドライン:プラズマの新展開-大気圧・液中プラズマ-) 招待有り

    上野 智永, 齋藤 永宏

    化学と教育   60 巻 ( 9 ) 頁: 376-379   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. ポリエチレンの熱分解と分子量変化が及ぼす燃焼性

    中島 江梨香, 伊藤 雅俊, 上野 智永, 市野 良一, 武田 邦彦

    高分子論文集   69 巻 ( 11 ) 頁: 631-638   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Effect of Molecular Weight of Polyethylene on Its Flammability

    Nakashima Erika, Ueno Tomonaga, Yukumoto Masao, Takeda Kunihiko

    JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE   122 巻 ( 1 ) 頁: 436-443   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/app.34167

    Web of Science

  46. Effect of Gel Network on Pattern Formation in the Ferrocyanide-Iodate-Sulfite Reaction

    T. Ueno, R. Yoshida

    The Journal of Physical Chemistry A   115 巻   頁: 5231-5237   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 触媒による加熱過程における高分子構造制御

    中島 江梨香, 上野 智永, 行本 正雄, 武田 邦彦

    高分子論文集   68 巻 ( 7 ) 頁: 464-472   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Autonomous Viscosity Oscillation by Reversible Complex Formation of Terpyridine-terminated Poly(ethylene glycol) in the BZ reaction 査読有り

    T. Ueno, K. Bundo, Y. Akagi, T. Sakai, R. Yoshida

    Soft matter   6 巻   頁: 6072-6074   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Quantitative Analysis of Random Scission and Chain-end Scission in the Thermal Degradation of Polyethylene 査読有り

    T. Ueno, E. Nakashima, K. Takeda

      95 巻   頁: 1862-1869   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. ゲルの新規バイオミメティック材料としての展開 招待有り

    上野智永, 桶葭興資, 吉田 亮

    機能材料   30 巻 ( 12 ) 頁: 56-60   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  51. 分子量の違いによるエポキシ樹脂の燃焼性と熱分解 査読有り

    石川朝之, 宮原康弘, 渡邉佑典, 上野智永, 水野孝志郎, 武田邦彦

    材料   58 巻 ( 3 ) 頁: 251-256   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. ポリエチレンの燃焼に及ぼす分解生成物と分子量の影響 査読有り

    中島江梨香, 上野智永, 行本正雄, 武田邦彦

    材料   58 巻 ( 1 ) 頁: 35-40   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. ポリウレタンを中心とした燃焼生成ガスと安全性 査読有り

    宮原康弘, 渡邉佑典, 上野智永, 水野孝志郎, 石川朝之, 武田邦彦

    材料   58 巻 ( 9 ) 頁: 747-752   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. ポリウレタンの燃焼性と熱分解 査読有り

    石川朝之, 宮原康弘, 渡邉佑典, 上野智永, 水野孝志郎, 武田邦彦

    マテリアルライフ学会誌   20 巻 ( 2 ) 頁: 82-89   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 金属酸化物触媒を用いたPLAの燃焼抑制 査読有り

    山下武彦, 水野孝志郎, 上野智永, 石川朝之, 武田邦彦

    高分子論文集   65 巻 ( 4 ) 頁: 288-294   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. ABSおよびPC/ABSの難燃性 査読有り

    水野孝志郎, 渡邉佑典, 上野智永, 山下武彦, 石川朝之. 武田邦彦

    マテリアルライフ学会誌   20 巻 ( 1 ) 頁: 27-35   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Flame Retardancy of Polybutylene terephthalate Blended with Various Oxides

      109 巻   頁: 910-917   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. ポリオレフィンおよびポリスチレンの燃焼炎の位置と熱分解生成物 査読有り

    水野孝志郎, 山下武彦, 渡邉佑典, 上野智永, 石川朝之, 武田邦彦

    高分子論文集   65 巻 ( 2 ) 頁: 164-170   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. パラフィンおよびポリエチレンの燃焼に及ぼす分子量の影響

    水野 孝志郎, 山下 武彦, 渡邉 佑典, 上野 智永, 石川 朝之, 武田 邦彦

    高分子論文集   65 巻 ( 2 ) 頁: 171-177   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    パラフィンおよびポリエチレン(PE)を用いて,高分子材料の分子量と燃焼との関係について検討した.パラフィンから超高分子量 PE までの分子量の大きく異なる飽和炭化水素の垂直燃焼実験の結果から,揮発ガス比率が 1 wt%程度とほとんど揮発ガス成分が生成せず,全く燃焼継続しない分子量の領域が存在することがわかり,しかも,その範囲はパラフィンの 240 から PE の一部である 35000 程度にまで及ぶことがわかった.PE の高分子のからみ合いと粘度および温度の関係について検討した結果,Mw が 35000 程度の場合,融点 130℃ から分解開始温度である 400℃ までの比較的広い温度帯で液体として存在しうることがわかった.PE は粘度の温度依存性が小さく,分子量依存性が大きいため,Mw 50000 以上になると燃焼表面温度の 530℃ に達して激しく熱分解し,溶融しながら燃焼する.このことから,分子量の制御によって燃焼性を抑制できる可能性が示唆された.

  60. Thermal degradation and flame retardancy of polynorbornene by a zeolite

    MIZUNO Kohshiroh, UENO Tomonaga, HIRATA Akihiro, ISHIKAWA Tomoyuki, TAKEDA Kunihiko

    Polym Degradation Stab   92 巻 ( 12 ) 頁: 2257-2263   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polymdegradstab.2006.11.021

    J-GLOBAL

  61. Contribution of Shape on Ignition of Polymeric Materials

    ENDOH Kotaroh, MIZUNO Kohshiroh, UENO Tomonaga, ISHIKAWA Tomoyuki, YUKUMOTO Masao, TAKEDA Kunihiko

    J Appl Polym Sci   105 巻 ( 4 ) 頁: 1930-1936   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/app.26247

    J-GLOBAL

  62. 新しい測定方法を用いた高分子材料の燃焼性の評価 査読有り

    水越 俊翼, 中島 貴裕, 上野 智永, 梶屋 貴史, 水野 孝志郎, 石川 朝之, 近藤 俊一, 武田 邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 11 ) 頁: 765-771   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 微量な超強酸塩が添加されたポリカーボネートの熱分解と燃焼挙動 査読有り

    梶屋貴史, 上野智永, 水野孝志郎, 石川朝之, 武田邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 2 ) 頁: 102-107   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. PPE/HIPSアロイとの比較におけるPC/ABSアロイの熱分解 査読有り

    上野 智永, 東尾 悠司, 石川 朝之, 武田邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 9 ) 頁: 553-560   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 非相溶性アロイであるポリカーボネート/ポリ乳酸の燃焼挙動とケージ効果 査読有り

    伊賀 研次郎, 上野 智永, 水野 孝志郎, 石川 朝之,武田 邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 6 ) 頁: 380-386   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. 微量の銅を含むポリアミドの耐熱性と化学構造 査読有り

    新井 剛, 上野 智永, 梶屋 貴史, 石川 朝之, 武田 邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 6 ) 頁: 380-386   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. ポリエチレンナフタレートの熱分解の分解生成物および残渣 査読有り

    上野 智永, 水野 孝志郎, 木下 英司, 石川 朝之, 武田 邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 9 ) 頁: 583-589   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. ポリエステルの熱による主鎖開裂 査読有り

    上野 智永, 梶屋 貴史, 石川 朝之, 武田 邦彦

    高分子論文集   64 巻 ( 9 ) 頁: 578-582   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 高分子による環境汚染の予防的研究-高分子分解生成物の環境に対する毒性 査読有り

    遠藤小太郎, 上野智永, 大川朋寛, 行本正雄, 武田邦彦

    高分子論文集   63 巻 ( 6 ) 頁: 368-382   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. モデル物質を用いたポリカーボネートの熱分解生成物の定量的解析 査読有り

    上野智永,後藤宏太, 石川朝之, 武田邦彦

    高分子論文集   63 巻 ( 12 ) 頁: 791-798   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 12

  1. ポリマーアロイ/ブレンドにおける 相溶性・分散条件の最適設計,評価応用の最新技術

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ポリマーアロイの熱分解と燃焼および難燃化)

    2020年11月  ( ISBN:978-4-86104-813-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. カーボンナノチューブの表面処理・分散技術と複合化事例

    松嶋一樹, 上野智永( 担当: 分担執筆 ,  範囲: カーボンナノチューブ超軽量材料の開発)

    技術情報協会  2019年12月  ( ISBN:978-4-86104-772-5

     詳細を見る

    総ページ数:456   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. Novel Structured Metallic and Inorganic Materials

    N Saito, T Ueno, MA Bratescu, J Hieda( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Synthesis of Nanomaterials Using Solution Plasma Process)

    Springer  2019年7月  ( ISBN:978-981-13-7611-5

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. Molecular Technology, Volume 3: Materials Innovation

    G Panomsuwan, T Ueno, H Yui, J Nakamura, N Saito( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Solution Plasma Reactions and Materials Synthesis)

    John Wiley & Sons  2019年3月  ( ISBN:9783527341610

     詳細を見る

    総ページ数:376   担当ページ:137-172   記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. Solution plasma reactions and materials synthesis

    Panomsuwan G., Ueno T., Yui H., Nakamura J., Saito N.

    Molecular Technology: Energy Innovation  2018年12月  ( ISBN:9783527345885

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    Electrical discharge in liquid, termed as solution plasma (SP), has become a booming research interest in the area of materials synthesis and processing owing to its flexible use of liquid mediums, which creates various reactive species and novel reaction fields. This successful approach has paved the way to designing and exploring novel materials for a broader field of applications. This chapter presents an overview of SP and its overall progress in materials synthesis and processing from the past to present, which is classified by the type of materials (metal nanoparticles, metal oxide, carbon materials, composites, etc.). Furthermore, current trend and future challenges of SP in both experimental and theoretical aspects are proposed as guidelines for further development and study. We expect that this chapter will serve as a valuable and handy reference for researchers who are studying SP and multidisciplinary fields of materials science and nanotechnology.

    DOI: 10.1002/9783527823987.vol3_c7

    Scopus

  6. Micro-Nano Mechatronics (Chapter 6 Synthesis of Nanomaterials by Solution Plasma Processing)

    ( 担当: 分担執筆)

    2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. 薄膜の評価技術ハンドブック(第6章3節 電池電極特性)

    上野智永,齋藤永宏( 担当: 共著)

    テクノシステム  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 太陽エネルギー社会を築く材料テクノロジー(II)

    上野智永,齋藤永宏( 担当: 共著)

    コロナ社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命(分担執筆) 3章 物理化学処理

    上野智永,齋藤永宏( 担当: 共著)

    コロナ社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 次世代バイオミメティクス研究の最前線-生物多様性に学ぶ- (ゲルの新規バイオミメティック材料としての展開: 分担執筆)

    上野智永, 桶葭興資, 吉田亮( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2011年8月  ( ISBN:978-4-7813-0410-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 大気圧プラズマの技術とプロセス開発 (新しい材料合成反応場としてのソリューションプラズマ:分担執筆)

    上野智永, 稗田純子, 是津信行, 齋藤永宏( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2011年8月  ( ISBN:978-4-7813-0407-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 1. 電子/電気製品の発火・不良原因の究明技術と安全対策 (実装材料の劣化の基礎と緩和技術:分担執筆)

    上野智永, 武田邦彦( 担当: 共著)

    技術情報協会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 3

  1. Beyond 5Gに対応する電磁波シールド・吸収材料の設計技術 招待有り

    日髙貴志夫, 上野智永  

    まぐね16 巻 ( 3 )   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  2. 液中プラズマ処理によるナノカーボンの合成 招待有り

    仁科勇太, 上野智永  

    静電気学会誌45 巻 ( 4 ) 頁: 150   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  3. 5G/Beyond5Gに対応した電磁波シールド・吸収材料設計の考え方 (特集 5G,車載ミリ波レーダーに向けた電磁波透過/吸収材料の開発事例) 招待有り

    日髙貴志夫, 上野智永  

      20 巻 ( 9 ) 頁: 35 - 41   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

講演・口頭発表等 271

  1. CNTを利用した超軽量材料の 電磁波吸収機構に関する一検討

    鈴木暖, 室賀翔, 遠藤恭, 荒井真世, 田中元志, 伊藤彰, 川村基, 上野智永, 日高貴志夫, 川崎治

    第38回エレクトロニクス実装学会春季講演大会  2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  2. 方形導波管の測定とFEMシミュレーションを利用した電波吸収体の電気特性の一推定 国際共著

    荒井真世, 三上貴大, 田中元志, 室賀翔, 上野智永, 日髙貴志夫, 伊藤彰, 川村基, 川崎治

    第38回エレクトロニクス実装学会春季講演大会  2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  3. Fabrication of ultralight materials by 3D printing and levitation in the air 国際会議

    Toko Hattori, Airi Okuno, Tomonaga Ueno

    MRM2023  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto   国名:日本国  

  4. Flame Retardancy of Polypropylene by Controlled Pyrolysis and Addition of Halogenated Compounds 国際会議

    Yuya Nakanishi, Erika Nakashima, Tomonaga Ueno

    MRM2023  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  5. Functionalization of carbon nanotube based ultra-lightweight materials 国際会議

    Tomonaga Ueno

    MRM2023  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. データ駆動型高分子難燃材料開発に向けた燃焼画像解析技術

    上野 智永, 中西 優矢 , 中島 江梨香

    第32回ポリマー材料フォーラム  2023年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月 - 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  7. 超軽量素材による空中浮遊オブジェ

    上野 智永 , 服 部 透子, 柳 伶旺

    第32回ポリマー材料フォーラム  2023年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月 - 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  8. 超軽量電磁波吸収体のCNT表面の絶縁化処理による吸収性能向上技術の基礎検討

    岩渕まひろ, 室賀翔, 金子千明, 日髙貴志夫, 伊藤彰, 上野智永, 田中元志, 荒井真世, 三上貴大, 川崎治

    環境電磁工学研究会 若手研究者発表会  2023年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  9. 超軽量電磁波遮蔽材料の開発

    伊藤 彰, 川村 基, 上野 智永, 日髙 貴志夫, 室賀 翔, 田中 元志, 車田 英 次, 川崎 治

    第67回宇宙科学技術連合講演会  2023年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

  10. 高分子材料の燃焼挙動解析による特徴量抽出と樹脂の自動判別

    中西 優矢・中島 江梨香・上野 智永

    第72回高分子討論会  2023年9月28日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川大学  

  11. 難燃剤添加ポリプロピレンの燃焼挙動解析による特徴抽出

    中西優矢・中島江梨香・上野智永

    第69回高分子研究発表会  2023年7月14日  高分子学会関西支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  12. カーボンナノチューブ強化シリカエアロゲル複合断熱材の作製と三次元構造解析

    辻野響也, 上野智永

    11 th NUSR Symposium  2023年1月16日  名古屋大学シンクロトロン光研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  13. 超軽量電磁波遮蔽材料の開発

    伊藤彰、上野智永、日髙貴志夫、粟野譲太、嶋田修平、川崎治

    第66回宇宙科学技術連合講演会  2022年11月1日  日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  14. CNTを用いた電磁波吸収及び遮蔽材料の平板電磁界モデル化に関する一検討

    車田 英次, 室賀 翔, 田中 元志, 上野 智永, 柳 伶旺, 日髙 貴志夫, 伊藤 彰, 嶋田 修平, 粟野 穰太, 川崎 治

    電磁環境研究会  2022年10月  IEE Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. カーボンナノチューブを用いた超軽量吸音材料の開発

    織田 涼也, 柳伶旺, 瀬木貴裕, 上野 智永

    2022年秋季研究発表会  2022年9月15日  日本音響学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道科学大学   国名:日本国  

  16. 宇宙と空と超軽量材料 招待有り

    上野智永

    第79回イノベーションデザインラボ  2022年9月9日  一般社団法人 イノベーションデザインラボ

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. カーボンナノチューブ強化ポリビニルアルコール/シリカエアロゲル複合断熱材の作製と特性評価

    辻野 響也, 上野 智永

    第71回高分子討論会  2022年9月5日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  18. 表面処理によるCNT/CMC超軽量吸音材料の高性能化

    織田 涼也, 上野 智永

    第71回高分子討論会  2022年9月6日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  19. 熱分解制御とハロゲン系化合物の添加によるポリプロピレンの難燃化

    中西 優矢, 中島 江梨香, 上野 智永

    第71回高分子討論会  2022年9月6日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  20. 究極の超軽量材料の機能化 招待有り

    上野智永

    JAEA 東濃第3回イノベーションセミナー  2022年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  21. 超軽量材料の開発~電磁波遮蔽材料、吸音材料への応用~ 招待有り

    上野智永

    信州大学 先鋭領域融合研究群次代クラスター研究センター ELab2 センター 第1回講演会  2021年12月21日  信州大学 先鋭領域融合研究群次代クラスター研究センター ELab2 センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  22. Functionalization of carbon nanotube based ultra-lightweight materials 招待有り 国際会議

    Tomonaga Ueno

    MRM2021  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. Improving recovery performance of carbon nanotube / carboxymethyl cellulose ultralight material by hydrophobization 国際会議

    Kenta Ono, Kazuki, Matsushima, Tomonaga Ueno

    MRM2021  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Light‑induced Levitation of Ultralight Carbon Aerogels via Temperature Control 国際会議

    Reo Yanagi, Ren Takemoto, Kenta Ono, Tomonaga Ueno

    MRS Fall meeting 2021  2021年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  25. ポリカーボネートにおける透明性と難燃化の両立

    竹本凌大,中島江梨香,上野智永

    令和3年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2021年11月30日  (一社)表面技術協会 中部支部 · (公社)腐食防食学会 中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー  

  26. 超軽量カーボンナノチューブ/カルボキシメチルセルロース複合材料の表面疎水化による弾性回復特性の向上

    大野健太, 上野智永

    令和3年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2021年11月30日  (一社)表面技術協会 中部支部 · (公社)腐食防食学会 中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー   国名:日本国  

  27. 超軽量材料の機能化と太陽光を利用した空中浮遊

    上野智永

    第4回 次世代スマート・マテリアルの創製と応用展開に関する研究会  2021年11月12日  一般社団法人日本材料科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  28. 太陽光によって空中浮遊する空気密度以下の超軽量材料

    柳伶旺, ⽵本恋, ⼤野健太, 上野智永

    第4回 次世代スマート・マテリアルの創製と応用展開に関する研究会  2021年11月12日  一般社団法人日本材料科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  29. ポリプロピレンの燃焼挙動に及ぼす固体酸とN-アルコキシヒンダードアミン共添加の効果

    中⻄優⽮, 細川佳史, 中島江梨⾹, 上野智永

    第4回 次世代スマート・マテリアルの創製と応用展開に関する研究会  2021年11月12日  一般社団法人日本材料科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  30. CNT超軽量材料における電磁波吸収性能のCNT濃度依存性

    柳 伶旺, 上野 智永, 日髙 貴志夫, 伊藤 彰

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月13日  公益社団法人応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  31. 空中浮遊する空気密度以下の超軽量材料

    柳 伶旺, 竹本 恋, 大野 健太, 上野 智永

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月13日  公益社団法人応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  32. 超軽量カーボンナノチューブ/カルボキシメチルセルロース 複合材料の疎水化処理が弾性回復特性に及ぼす影響

    大野健太、松嶋一樹、上野智永

    第70回高分子討論会  2021年9月7日  公益社団法人高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  33. 高分子材料の分解と燃焼 招待有り

    『難燃・教育講座ー基礎編』2021  2021年9月3日  一般社団法人難燃材料研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:WEB開催  

  34. 空気密度以下のカーボンナノチューブ超軽量材料の浮遊性評価

    柳 伶旺, 竹本恋, 大野健太, 上野智永

    第67回高分子研究発表会  2021年7月9日  公益社団法人高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  35. 超軽量カーボンナノチューブ/カルボキシメチルセルロース複合材料の弾性回復挙動

    大野健太, 松嶋一樹, 上野智永

    第67回高分子研究発表会  2021年7月9日  公益社団法人高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  36. カリウム塩を添加したポリカーボネートの燃焼性評価

    竹本凌大 , 中島江梨香, 上野智永

    第67回高分子研究発表会  2021年7月9日  公益社団法人高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

  37. CNT超軽量電磁波シールド・吸収材料の開発

    柳 伶旺, 瀬木 貴裕, 上野 智永, 日髙 貴志夫, 伊藤 彰

    第68回応用物理学会春期学術講演会  2021年3月16日  公益社団法人応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  38. オレフィン系およびスチレン系高分子の熱分解と燃焼挙動

    上野 智永, 細川 佳史, 中島江梨香

    プラスチック成形加工学会 第28回秋季大会  2020年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 画像処理を⽤いた垂直燃焼試験における⾼分⼦材料の燃焼 挙動解析

    細川佳史, 上野智永

    プラスチック成形加工学会 第28回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 固体酸と N-アルコキシヒンダードアミンを共添加したポリプ ロピレンの燃焼挙動

    細川 佳史, 上野 智永

    第29回ポリマー材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. CNT 超軽量材料の吸音材料への応用

    瀬木 貴裕, 上野 智永, 飯盛 浩司

    第29回ポリマー材料フォーラム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. ナノファイバー/多孔質シリカ複合断熱材の伝熱特性評価

    本棒深也,塩浦尚人,上野智永

    令和2年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 多層構造超軽量材料の作製およびその展望

    瀬木貴裕,上野智永

    令和2年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. ナノファイバー/多孔質シリカ複合断熱材の伝熱特性評価

    本棒 深也, 塩浦 尚人, 上野 智永, 井須 紀文, 橋本 剛, 八名 拓実

    第57回日本伝熱シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 多層構造超軽量材料の作製と評価

    瀬木 貴裕,上野 智永

    第69回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 分子量違いの高分子材料における燃焼挙動の解析

    細川 佳史, 上野 智永

    第69回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Pattern formation in heterostructured medium by reaction-diffusion system 国際会議

    Tomonaga Ueno

    Materials Research Meetings 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. Fabrication of Porous Silica / Carbon Nanotube Composite Materials for Thermal Insulator 国際会議

    Naoto SHIOURA, Kazuki MATSUSHIMA, Tomoki OSATO, Tomonaga UENO, Norifumi ISU, Takeshi HASHIMOTO, Takumi YANA

    Materials Research Meetings 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. Fabrication of Structural Controlled Carbon Nanotube Ultralight Material 国際会議

    Kazuki MATSUSHIMA, Naoto SHIOURA, Tomonaga UENO

    Materials Research Meetings 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Thermal Decomposition and Combustion of Polymer 招待有り 国際会議

    Tomonaga Ueno

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  51. カーボンナノチューブ超軽量材料の高弾性化 国際会議

    上野 智永,松嶋一樹, 瀬木貴裕

    第68回高分子研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. ポリオレフィンおよびポリスチレンの垂直燃焼試験に おける燃焼挙動解析 国際会議

    上野智永, 細川 佳史, 中島 江梨香

    第68回高分子研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 高分子材料の垂直燃焼試験における燃焼挙動解析手法の確立 国際会議

    細川 佳史 , 上野 智永

    第65回高分子研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県民会館   国名:日本国  

  54. 高弾性カーボンナノチューブ/エラストマーコンポジット軽量材料の作製と伝熱特性評価

    瀬木 貴裕 ・松嶋 一樹・塩浦 尚人・上野 智永

    第68回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 空間空隙制御カーボンナノチューブ超軽量材料の作製と機械特性評価

    松嶋 一樹・塩浦 尚人・上野 智永

    第68回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立国際会議場   国名:日本国  

  56. 多孔質シリカ断熱材料におけるカーボンナノチューブ・セルロースナノファイバーの複合化と特性評価 国際会議

    塩浦尚人・松嶋一樹・大里智樹・上野智永・井須紀文・橋本剛・八名拓実

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. SWCNT結合助剤繊維によるシリカ粉末圧粉体の作製 国際会議

    大里 智樹、松嶋 一樹、塩浦 尚人、上野 智永、井須 紀文、橋本 剛、八名 拓実

    資源素材学会平成31年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. 配向CNTシートを用いた 高強度薄肉FRPの創製と機械特性評価 国際会議

    大里 智樹, 後藤 健, 島村 佳伸, 井上 翼, 上野 智永

    第34回 宇宙・構造材料シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. 配向CNTシートを用いた高強度薄肉FRPの創製と機械特性評価 国際会議

    大里 智樹, 後藤 健, 島村 佳伸, 井上 翼, 上野 智永

    第62回宇宙科学技術連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米シティプラザ   国名:日本国  

  60. Development study of Thin Aligned Carbon Nanotube Sheet Reinforced Poly(vinyl alcohol) Composite 国際会議

    Tomoki Osato, Ken Goto, Tran Huu Nam, Yoshinobu, Shimamura, Yoku Inoue, Tomonaga Ueno

    18th US-Japan Conference on Composite Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Seattle   国名:アメリカ合衆国  

  61. カーボンナノチューブ/カルボキシメチルセルロースによる超軽量コンポジット材料の作製 国際会議

    松嶋一樹, 上野智永

    第79回応用物理学会秋期学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  62. 多孔質シリカ/カーボンナノチューブコンポジット材料の作製と熱伝導率評価

    塩浦尚人, 大里智樹, 上野智永, 井須紀文, 橋本剛, 八名拓実

    日本ゾルゲル学会第16回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. ソリューションプラズマ化学による高機能ナノカーボン材料の開発 国際会議

    上野智永、稗田純子、齋藤永宏

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  64. ソリューションプラズマのカーボン合成 プロセスにおける反応解析

    上野智永、森下哲典、牟田幸浩、吉田彰仁、稗田純子、Maria A. Bratescu, 齋藤永宏

    平成28年度表面技術若手研究者・技術者研究交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. ソリューションプラズマを用いたグラファイトの 剥離・修飾による機能化グラフェンシートの作製

    蔡尚佑、上野智永、稗田純子、Maria A. Bratescu, 齋藤永宏

    平成28年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. ソリューションプラズマによるカーボン系触媒の開発 国際会議

    上野智永, 玄 光龍, 李 承效, 橋見一生, Maria-A. Bratescu, 稗田純子, 齋藤永宏

    2016年電気化学会北海道支部・東海支部合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. ソリューションプラズマを用いたメソポーラスカーボンの合成

    吉田彰仁、上野智永、齋藤永宏

    第25回日本MRS年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. The Proposal of Novel Oxygen Reduction Reaction Catalyst Supported by First-Principles Calculation

    T. Morishita, T. Ueno, N, Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. ソリューションプラズマによる ヘテロカーボン触媒の合成 国際会議

    上野智永, 齋藤永宏

    第25回日本MRS年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. The Proposal of Novel Oxygen Reduction Reaction Catalyst Supported by First-Principles Calculation 国際会議

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 第一原理計算を用いた酸素還元反応に対する白金の触媒性起源解明

    森下哲典、上野智永、齋藤永宏

    平成27年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. Non-Platinum Catalyst Design for Fuel Cell Cathode Based on the Computational Analysis 国際会議

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

    2015 MRS Fall Meeting & Exhibit 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月 - 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. ソリューションプラズマによるカーボン材料の表面修飾とコンポジット材料への応用 国際会議

    上野智永, 原田大, 齋藤永宏

    日本セラミックス協会第28回秋期シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Control of Carbon Conductivity with Induction of Naphthalene and Anthracene by Using Solution Plasma Process

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. ソリューションプラズマによるメソポーラスカーボンの合成

    吉田彰仁、上野智永、齋藤永宏

    第76回 応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. ソリューションプラズマ分子技術 -ヘテロカーボン材料の創成- 招待有り 国際会議

    上野智永、齋藤永宏

    表面技術協会 第132回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. ナフタレンおよびアントラセンの微量添加によるソリューションプラズマ合成カーボン材料の導電性向上

    リフンソン、上野智永、齋藤永宏

    表面技術協会第132回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. マイクロ波プラズマCVDによる窒化炭素の合成

    平田泰章、上野智永、齋藤永宏

    表面技術協会第132回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. ソリューションプラズマ合成カーボン材料の細孔構造制御

    吉田彰仁、上野智永、齋藤永宏

    表面技術協会第132回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. 高繰り返し周波数領域でのソリューションプラズマによるカーボン合成

    玄 光龍,上野智永,齋藤永宏

    表面技術協会第132回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. A Investigation of Metal Nanocluster Structure and Electric Property 国際会議

    T. Ueno, T. Morishita, M. Mizushita, N. Saito, K. Takenaka, Y. Setsuhara, G. Uchida

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  82. ソリューションプラズマによるカーボン合成における細孔構造制御

    吉田彰仁、上野智永、齋藤永宏

    平成27年度日本材料科学会学術講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  83. ソリューションプラズマの安定性に対する気泡形成過程の影響

    簾智仁、上野智永、 齋藤永宏

    平成27年度 日本材料科学会 学術講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. Synthesis of Carbon Nitride by Dual Microwave Plasma CVD 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  85. The Specificity of Platinum Electric States as Oxygen Reduction Catalyst in Fuel Cells 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, N. Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  86. One Step Synthesis of Nitrogen-Containing Carbon by Plasma Discharge in Aniline and Evaluation for Oxygen Reduction Reaction 国際会議

    K. Y. Hyun, T. Ueno, N. Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  87. Synergistically Enhanced Electrochemical Activity (ORR) Nitrogen and Boron Doped Nanocarbon by Solution Plasma Process 国際会議

    Seunghyo Lee, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  88. Direct and Controllable Synthesis of Nitrogen-Doped Carbon for Oxygen Reduction Reaction by Solution Plasma Process 国際会議

    K. Y. Hyun, T. Ueno, N. Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. Influence of Temperature on Free Radical Generation in Water Ethanol Mixture Based Solution Plasma Due to Hydrogen Bonding Network 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  90. CNx Nanosheets as Metal-Free Catalysts for the Oxygen Reduction Reaction by Solution Plasma Process 国際会議

    SEUNGHYO LEE, TOMONAGA UENO AND NAGAHIRO SAITO*

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  91. A Computational Investigation of Metal Nanocluster Structure and Electronic Property 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, N. Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 水-アルコール混合溶液中ソリューションプラズマ反応場の解明: 気/液界面への水素結合の影響

    簾智仁, 上野智永, 齋藤永宏

    第62回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  93. ソリューションプラズマによるカーボン合成における溶媒の効果

    吉田彰仁、上野智永、齋藤永宏

    表面技術協会第131回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  94. デュアルマイクロ波プラズマCVDによる窒化炭素膜の合成

    平田泰章、上野智永、齋藤永宏

    表面技術協会第131回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  95. ソリューションプラズマプロセスによる窒素とホウ素の異種元素ドーピング2Dカーボン材料の合成

    李 承效, 上野 智永, 齋藤 永宏

    表面技術協会第131回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. ソリューションプラズマ分子技術~ヘテロ系カーボン触媒の創成 招待有り

    上野智永, 齋藤永宏

    2014年度先端化学セミナー ―界面の修飾および制御による高機能化― 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  97. Controllable Synthesis of Conductive Nitrogen Doped Carbon with Graphitic Walls by Solution Plasma Process 国際会議

    K. Y. Hyun, T. Ueno, N. Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  98. Hydrocarbon structure effect on the production of carbon materials by the solution plasma process 国際会議

    A. Yoshida, T. Ueno, N. Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月 - 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  99. ソリューションプラズマによる炭化水素化合物を溶媒としたカーボン合成速度の解析

    吉田彰仁, 上野智永, 齋藤永宏

    日本材料科学会 平成26年度学術講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学 新宿キャンパス   国名:日本国  

  100. ソリューションプラズマ分子技術

    上野智永, 齋藤永宏

    日本材料科学会 平成26年度学術講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:工学院大学 新宿キャンパス   国名:日本国  

  101. ソリューションプラズマによる窒素含有カーボンの合成と窒素配置の計測

    玄光龍, 上野智永,齋藤永宏

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  102. ソリューションプラズマ反応場におけるヘテロカーボン生成機構の解明

    簾智仁, 上野智永, 齋藤永宏

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  103. ソリューションプラズマによるカーボンナノチューブ表面の化学修飾と分散性の向上

    原田大,上野智永,齋藤永宏

    資源・素材学会平成26年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学生産技術研究所   国名:日本国  

  104. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子生成機構の解析:水-エタノール混合溶媒効果

    簾智仁, 上野智永, 齋藤永宏

    第61回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス   国名:日本国  

  105. ソリューションプラズマによるカーボン系触媒の合成

    上野智永

    グラフェンを「作る・測る・使う」技術開発の将来 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  106. 窒素含有カーボン材料の合成に辺り、窒素量や窒素配置の制御

    玄光龍, 上野智永,齋藤永宏

    一般社団法人表面技術協会 第129回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  107. Kinetics in Gold Nanoparticles Formation by Solution Plasma 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno, N. Saito

    6th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials / 7th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science (ISPlasma 2014 / IC-PLANTS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  108. ソリューションプラズマによる触媒ナノ材料の合成

    上野智永

    日本金属学会 触媒材料研究会 ミニシンポジウム「ナノ組織制御材料の新展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:NIMS, Tsukuba, Japan   国名:日本国  

  109. Reactions of hydrocarbons in Solution Plasma 国際会議

    Akihito Yoshida, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

    The 14th International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-14) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  110. The Surface Modification of CNT for High Dispersion in Water 国際会議

    T. Ueno, H. Harada, N. Saito

    International Union of Materials Research Society (IUMRS-ICA 2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  111. Analysis of the Activated Species for the Reaction of Solution Plasma in Water-Alcohol Mixture by Electron Spin Resonance 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno, N. Saito

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 - Innovation for Smart Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. Study on Surface Modification Mechanism of the CNT by the Solution Plasma Treatment 国際会議

    Hiroshi Harada, Tomonaga Ueno , Nagahiro Saito

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 - Innovation for Smart Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. Improvement of the Dispersibility of CNT by Solution Plasma (SP)

    Hiroshi Harada, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. 水-アルコール混合溶液中ソリューションプラズマに反応場における生成ラジカル種の解明

    簾智仁,上野智永,齋藤永宏

    平成25年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市工業研究所   国名:日本国  

  115. UPSによる酸素還元活性を示す金属ナノ粒子の表面電子状態解析

    水下昌樹,上野智永,齋藤永宏

    平成25年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市工業研究所   国名:日本国  

  116. Chemical Modification of the Carbon Nanotubes by the Solution Plasma Processing 国際会議

    T. Ueno, H. Harada, N. Saito

    Materials Research Society (MRS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  117. ソリューションプラズマ分子技術による電池材料の開発

    上野智永

    表面技術協会 関東支部・第86回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  118. Solution Plasma Surface Modification of Nanocarbons for Nanocomposites 国際会議

    T. Ueno, H. Harada, N. Saito

    1st International Conference on Surface Engineering (ICSE2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  119. Surface Modification Mechanism of the CNT by the Solution Plasma Treatment 国際会議

    Hiroshi Harada, Tomonaga Ueno , Nagahiro Saito

    1st International Conference on Surface Engineering (ICSE2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  120. UPS probing onto the electronic structure of size-controlled metal nanoparticles 国際会議

    M. Mizushita, T. Ueno, N. Saito

    1st International Conference on Surface Engineering (ICSE2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  121. A DFT study on Mechanism of Oxygen Reduction Reaction on Metal Nanoclster 国際会議

    Tetsunori Morishita, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

    1st International Conference on Surface Engineering (ICSE2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  122. ソリューションプラズマによるグラファイト電極からのグラフェンの剝離

    上野智永,李 熏聲,齋藤永宏

    第128回表面技術協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡工業大学   国名:日本国  

  123. 紫外光電子分光法による金属ナノ粒子の電子状態とその粒径依存性

    水下昌樹,上野智永,齋藤永宏

    第128回表面技術協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡工業大学   国名:日本国  

  124. 密度汎関数法による金属ナノクラスター表面上酸素還元反応機構の解析

    森下哲典, 上野智永, 齋藤永宏

    第128回表面技術協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡工業大学   国名:日本国  

  125. ソリューションプラズマによる金属ナノ粒子の合成に及ぼす溶媒の影響

    上野智永,簾智仁,齋藤永宏

    日本金属学会2013年秋期(第153回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学角間キャンパス   国名:日本国  

  126. 分子軌道法計算による金属ナノクラスターの構造安定性と反応性に関する解析

    森下哲典, 上野智永, 齋藤永宏

    日本金属学会2013年秋期(第153回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学角間キャンパス   国名:日本国  

  127. 電子スピン共鳴法を用いた水−アルコール混合溶液中ソリューションプラズマ反応場の活性種の解明

    簾智仁,上野智永,齋藤永宏

    第74回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  128. アミノカプロン酸溶液中ソリューションプラズマによるカーボンナノチューブ表面修飾機構

    原田大、上野智永、齋藤永宏

    平成25年度 資源・素材関係学協会合同秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  129. First principle calculation of oxygen reduction reaction on metal nanoclusters 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, N. Saito

    2013 MRS Spring Meeting & Exibits 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  130. The effect of water-alcohol mixture solution on the synthesis of gold nano particle by solution plasma 国際会議

    Tomohito Sudare, Tomonaga Ueno, Nagahiro Saito

    2013 MRS Spring Meeting & Exibits 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  131. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子合成における水-アルコール系溶媒効果

    簾 智仁,上野智永,齋藤永宏

    第60回応用物理学会春期学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川工科大学   国名:日本国  

  132. ソリューションプラズマによるセルロースの分子構造変化

    根本心平,A. Watthanaphanit,上野智永,齋藤永宏

    表面技術協会 第127回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本工業大学   国名:日本国  

  133. The Effect of Water-Alcohol Mixture Solution on the Synthesis of Gold Nanoparticle by Solution Plasma 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno, N. Saito

    1st International Workshop on Solution Plasma and Moleculer Technologies(SPM-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  134. Decomposition of Cellulose Molecules by Solution Plasma Process 国際会議

    S. Nemoto, A. Watthanaphanit, T. Ueno, N. Saito

    1st International Workshop on Solution Plasma and Moleculer Technologies(SPM-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  135. 液相中の非平衡プラズマ誘起反応と応用

    上野智永、齋藤永宏

    プラズマ・核融合学会 第25回専門講習会 液中プラズマ技術と水処理・抗菌応用 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京工業大学    国名:日本国  

  136. The effect of water-alcohol solvent on solution plasma processing 国際会議

    T. Ueno, T.Sudare, N. Saito

    5th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials(ISPlasma2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月 - 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  137. Oxygen Reduction Analysis on Metal Nanocluster by First-Principle Calculation 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, N. Saito

    5th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials(ISPlasma2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月 - 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  138. The Effect of Water-Alcohol Mixture Solution on the Synthesis of Gold Nanoparticle by Solution Plasma 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno,N. Saito

    The 13th International Symposium on Biomimetic Materials Processing(BMMP-13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. Elucidation of the Influences on Cellulose by Solution Plasma Process 国際会議

    S. Nemoto, A. Watthanaphanit, T. Ueno, N. Saito

    The 13th International Symposium on Biomimetic Materials Processing(BMMP-13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  140. Oxygen Reduction Analysis on Metal Nanocluster by First-Principle Calculation 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, and N. Saito

    The 13th International Symposium on Biomimetic Materials Processing(BMMP-13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  141. Hydrophobic Coating using Colloidal Solution of Aluminum Nanoparticles 国際会議

    Y. K. Heo, O. Ikai, T. Ueno, M. A. Bratescu, N. Saito

    The 13th International Symposium on Biomimetic Materials Processing(BMMP-13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  142. ソリューションプラズマプロセスによるCNTの表面処理

    定末佳祐,上野智永,齋藤永宏

    平成24年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市工業研究所   国名:日本国  

  143. 金属ナノクラスター表面における酸素還元反応の論理的解析

    森下哲典, 上野智永, 齋藤永宏

    第22回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:豊橋サイエンスコア   国名:日本国  

  144. The effect of water-alcohol mixture solution on the synthesis of gold nanoparticle by solution plasma 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno, N. Saito

    ISAWST1 First International Symposium on Advanced Water Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  145. ソリューションプラズマによる金属ナノクラスターの合成

    上野 智永

    第42回結晶成長国内会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  146. Tailoring Size and Composition of Nanoparticles Synthesized in Solution Plasma 国際会議

    M.A. Bratescu, T. Ueno, N. Saito

    The 5th International Symposium on Designing,Processing and Properties of Advanced Engineering Materials ISAEM-2012 and The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structural Metallic and organic Materials AMDI-3 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. Optical Properties and Surface Radicals Content of GrapheneDecorated with Metal Nanoparticles 国際会議

    M.A. Bratescu, T. Ueno, O. Takai, N. Saito

    AVS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月 - 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  148. ソリューションプラズマによる材料合成

    上野 智永,齋藤 永宏

    第4回マイクロ・ナノ工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州国際会議場   国名:日本国  

  149. ソリューションプラズマプロセスを用いたCNTの表面処理

    定末 佳祐,上野 智永,齋藤 永宏

    第4回マイクロ・ナノ工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州国際会議場   国名:日本国  

  150. Pattern Formation in the ferrocyanide-iodate-sulfiteReaction 国際会議

    T. Ueno, N. Saito, R. Yoshida

    9th International gel symposium -Gelsympo 2012- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  151. Graphene Decorated with Bimetallic Nanocrystals for Enhanced Plasmonic Energy Conversion 国際会議

    M. A. Bratescu, T. Ueno , O. Takai, N. Saito

    11th APCPST & 25th SPSM 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  152. 分子軌道法を用いた金属ナノクラスター表面での酸素還元反応の解析

    森下哲典,上野智永,齋藤永宏

    表面技術協会 第127回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:室蘭工業大学   国名:日本国  

  153. 分子軌道法を用いた金属ナノクラスター表面での酸素還元反応の解析

    森下哲典,上野智永,齋藤永宏

    表面技術協会 第126回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:室蘭工業大学   国名:日本国  

  154. Analysis of Oxygen Reduction Reaction on Metal Nanocluster by Ab-Initio MO Calculation 国際会議

    T. Ueno, T. Morishita, N. Zettsu, N. Saito

    IUMRS-ICEM2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  155. Heat Transfer Characteristics of the Synthesized Nanofluids Using Solution Plasma 国際会議

    Y. K. Heo, T. Ueno, S. P. Cho, M. A. Bratescu, N. Saito

    IUMRS-ICEM2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  156. Opitical Properties and Catalytic Activity of Gold-Silver Alloy Nanoparticles Synthesized by Solution Plasma Processing 国際会議

    M. A. Bratescu, T. Ueno, S. P. Cho, O. Takai, N. Saito

    IUMRS-ICEM2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. Opitical Properties and Catalytic Activity of Gold-Silver Alloy Nanoparticles Synthesized by Solution Plasma Processing 国際会議

    M. A. Bratescu, T. Ueno, S. P. Cho, O. Takai, N. Saito

    IUMRS-ICEM2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  158. Heat Transfer Characteristics of the Synthesized Nanofluids Using Solution Plasma 国際会議

    Y. K. Heo, T. Ueno, S. P. Cho, M. A. Bratescu, N. Saito

    IUMRS-ICEM2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  159. Analysis of Oxygen Reduction Reaction on Metal Nanocluster by Ab-Initio MO Calculation 国際会議

    T. Ueno, T. Morishita, N. Zettsu, N. Saito

    IUMRS-ICEM2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  160. ソリューションプラズマプロセスによるリチウム空気電池の正極材料の作製

    上野 智永、齋藤 永宏

    第22回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ワールドポーターズ(横浜)   国名:日本国  

  161. 金属ナノクラスター上での酸素還元の理論的反応解析

    森下 哲典、上野 智永、齋藤 永宏

    第22回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ワールドポーターズ(横浜)   国名:日本国  

  162. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子合成における水-アルコール系溶媒効果の解析

    簾 智仁、上野 智永、齋藤 永宏

    第22回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ワールドポーターズ(横浜)   国名:日本国  

  163. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子合成における水-アルコール系溶媒効果の解析

    簾 智仁、上野 智永、齋藤 永宏

    第22回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ワールドポーターズ(横浜)   国名:日本国  

  164. ソリューションプラズマプロセスによるリチウム空気電池の正極材料の作製

    上野 智永、齋藤 永宏

    第22回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ワールドポーターズ(横浜)   国名:日本国  

  165. 金属ナノクラスター上での酸素還元の理論的反応解析

    森下 哲典、上野 智永、齋藤 永宏

    第22回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ワールドポーターズ(横浜)   国名:日本国  

  166. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子合成における水-アルコール系溶媒効果の解析

    根本 心平, ワッタナパーニット アンヤラット, 上野 智永, 齋藤 永宏

    第61回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  167. ソリューションプラズマによるセルロース分解プロセスの解明

    根本 心平, ワッタナパーニット アンヤラット, 上野 智永, 齋藤 永宏

    第61回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  168. 分子軌道法による金属ナノクラスター上酸素還元過程解析

    森下哲典, 上野智永, 齋藤永宏

    社団法人 日本金属学会 2012年秋期講演大会(第151回)プログラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北地区   国名:日本国  

  169. 分子軌道法による金属ナノクラスター上酸素還元過程解析

    森下哲典, 上野智永, 齋藤永宏

    社団法人 日本金属学会 2012年秋期講演大会(第151回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北地区   国名:日本国  

  170. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子合成における水-アルコール系溶媒効果の解析

    簾 智仁,上野智永,齋藤永宏

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北地区   国名:日本国  

  171. ソリューションプラズマによる金ナノ粒子合成における水-アルコール系溶媒効果の解析

    簾 智仁,上野智永,齋藤永宏

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北地区   国名:日本国  

  172. 分子軌道法による金属ナノクラスター上酸素還元過程解析

    森下哲典,上野智永,齋藤永宏

    資源素材学会 平成25年度秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学   国名:日本国  

  173. ソリューションプラズマプロセスによるカーボンナノ材料の表面処理

    定末佳祐,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    資源素材学会 平成25年度秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学   国名:日本国  

  174. 分子軌道法による金属ナノクラスター上酸素還元過程解析

    森下哲典,上野智永,齋藤永宏

    資源素材学会 平成25年度秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学   国名:日本国  

  175. ソリューションプラズマプロセスによるカーボンナノ材料の表面処理

    定末佳祐,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    資源素材学会 平成25年度秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学   国名:日本国  

  176. Conversion of Cellulose to Energy by Solution Plasma: Solid, Liquid and Gaseous By-Product Analyses 国際会議

    O. L. Li, K. Urashima, T. Ueno, N. Zettsu, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  177. Ab-Initio MO Calculation for Oxygen Reduction on Metal Nanocluster 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  178. Process Analysis for the Formation of Bimetallic Nano-Particles by Solution Plasma Processing 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  179. Synthesize of Ag Nanoclusters in Silica Mesopore by Solution Plasma Process 国際会議

    Y. Tanida, T. Ueno, N. Zettsu, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  180. Fabrication of Au / Pt Binary-Component Metal Nanodot Array by Electrostatistically-Driven Colloidal Self-Assembly 国際会議

    R. Sumi, N. Zettsu, T. Ueno , T. Hosoi, H. Watanabe, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  181. Process Analysis for the Formation of Bimetallic Nano-Particles by Solution Plasma Processing 国際会議

    T. Sudare, T. Ueno, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  182. Ab-Initio MO Calculation for Oxygen Reduction on Metal Nanocluster 国際会議

    T. Morishita, T. Ueno, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  183. Fabrication of Au / Pt Binary-Component Metal Nanodot Array by Electrostatistically-Driven Colloidal Self-Assembly 国際会議

    R. Sumi, N. Zettsu, T. Ueno , T. Hosoi, H. Watanabe, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  184. Synthesize of Ag Nanoclusters in Silica Mesopore by Solution Plasma Process 国際会議

    Y. Tanida, T. Ueno, N. Zettsu, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  185. Conversion of Cellulose to Energy by Solution Plasma: Solid, Liquid and Gaseous By-Product Analyses 国際会議

    O. L. Li, K. Urashima, T. Ueno, N. Zettsu, and N. Saito

    IUMRS-ICA 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  186. Catalytic Properties of Nanocluster 国際会議

    T. Ueno, T. Morishita, T. Sudare, N. Zettsu, N. Saito

    IUMRS International Conference of Young Researchers on Advanced Materials 2012 (IUMRS-ICYRAM 2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:シンガポール共和国  

  187. Effects of the variety surfactant on the synthesis of gold nanoparticles for nanofluid by solution plasma 国際会議

    YongKang Heo, Tomonaga Ueno, Nobuyuki Zettsu, Nagahiro Saito

    The 3rd Research Symposium on Petrochemical and Materials Technology and The 18th PPC Symposium on Petroleum, Petrochemicals, and Polymer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:タイ王国  

  188. Effects of the variety surfactant on the synthesis of gold nanoparticles for nanofluid by solution plasma 国際会議

    Y. Heo, T. Ueno, Nobuyuki Zettsu, N. Saito

    The 3rd Research Symposium on Petrochemical and Materials Technology and The 18th PPC Symposium on Petroleum, Petrochemicals, and Polymer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:タイ王国  

  189. ソリューションプラズマによるメソポーラスシリカ細孔内の機能化とAgナノクラスター合成

    谷田優也,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    日本金属学会2012年春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  190. 自己組織化メタルナノドットアレイの作製及びフローティングナノドットメモリへの応用

    鷲見竜太郎,是津信行,上野智永,齋藤永宏,細井卓治,渡辺平司

    日本金属学会2012年春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  191. バイアス印加アークイオンプレイティング法を用いて成膜したa-Cフィルムの機械的性質

    李熏聲,上野智永,是津信行,齋藤永宏,高井治

    資源・素材学会 平成24年度(2012年)春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  192. Analysis of Organic Pollutant Degradation in Pulsed Plasma by Coherent Anti-stokes Raman Spectroscopy

    M. Bratescu,上野智永,是津信行,高井治,齋藤永宏

    2012年春季 第59回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  193. シリカナノ細孔内における水のクラスター構造の調査

    青木淑恵,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    2012年春季 第59回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  194. ソリューションプラズマによるシリカ細孔内における銀ナノ粒子の合成

    上野智永,谷田優也,是津信行,齋藤永宏

    2012年春季 第59回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  195. 大気圧プラズマと気相成長法を用いた超はっ水膜の作製

    藤本大地,高橋英昭,上野智永,是津信行,高井治,齋藤永宏

    表面技術協会第125回講演大会,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  196. 自己組織化メタルナノドットアレイの作製及びフローティングナノドットメモリへの応用

    鷲見竜太郎,是津信行,上野智永,細井卓治,渡辺平治,高井治,齋藤永宏

    表面技術協会第125回講演大会,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  197. Mechanical Properties of a-C Films by Shielding Arc Ion Plating Using Bias Conditions

    李 熏聲,上野智永,是津信行,齋藤永宏,高井治

    表面技術協会第125回講演大会,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  198. Modification of Inside the Pores of Mesoporous Silica with Ag Nanoclusters by Solution Plasma Method 国際会議

    Y. Tanida, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    4th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  199. Effects of the Temperature on the Synthesis of Gold Nanoparticles for Nanofluid by Solution Plasma 国際会議

    Y. Heo, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    4th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  200. Rapid Synthesis of Conductive Carbon Nanoballs with Well Defined Pore Structures by Solution Plasma Process in Aromatic Hydrocarbo Solvent 国際会議

    J. Kang, T. Ueno, N. Zettsu, O. Takai, N. Saito

    4th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  201. Surface Modification of Multi Wall Carbon Nanotube by Solution Plasma 国際会議

    T. Ueno, T. Yamamoto, J. Kang, F. Tanabe, N. Zettsu, N. Saito

    4th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  202. Binary Monolayer of Au and Pt Nanoparticles Fabricated by Electrostatistically-driven Colloidal Self-assembly Approach 国際会議

    R. Sumi, N. Zettsu, T. Ueno, T. Hosoi, H. Watanabe, N. Saito

    Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  203. Ag Nanoclusters in Silica Mesopore Synthesized by Solution Plasma Process 国際会議

    Y. Tanida, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  204. Thermal Stability of Au-nanofluid Synthesized by Solution Plasma Process 国際会議

    Y. K. Heo, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  205. Fabrication of the Superhydrophobic Film by Atmospheric Pressure Plasma 国際会議

    D. Fujimoto, H. Takahashi, T. Ueno, N. Zettsu, O. Takai, N. Saito

    Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  206. Size-controlled Gold Nanoparticles Synthesized in Solution Plasma 国際会議

    M. A. Bratescu, S.-P. Cho, T. Ueno, N. Zettsu, O. Takai, N. Saito

    Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  207. Influence of Amino Acid Sequence and Surface Functional Group on Peptide Adsorption 国際会議

    F. Watarai, T. Ueno, N. Zettsu, C. Terashima, N. Saito, O. Takai

    Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  208. Effect of Surface Functional Groups and Surface Electric Charge on Peptide Adsorption 国際会議

    F. Watarai, T. Ueno, N. Zettsu, C. Terashima, N. Saito, O. Takai

    Nagoya Univ.-Tsinghua Univ.-Toyota Motor Corp.-Hokkaido Univ.-Univ. Electron. Sci. Tech. China Joint Symposium, Chengdu, China) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  209. PS@Au plasmonic nanoshells with conical shape for highly-sensitive NIR-light responsible LSPR sensor

    N. Zettsu, S. Uchida, Y. Yamamoto, T. Ueno,N. Saito

    第21回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  210. 表面官能基の異なるSAM表面におけるペプチド吸着挙動

    渡会冬樹,上野智永,是津信行,寺島千晶,齋藤永宏,高井治

    第21回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  211. Spectrophotometrical Analysis of Solution Plasma by Coherent Anti-Stokes Raman Spectroscopy, International Symposium on EcoTopia Science'11 国際会議

    D. Fujimoto, M. A. Bratescu, T. Ueno, N. Zettsu, O.Takai, N. Saito

    Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  212. Chemical Structures and Mechanical Characteristics of a-C and a-CN Films by Shielding Arc Ion Plating as Functions of Bias Voltages 国際会議

    H. Lee, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito, O.Takai

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  213. Fabrication of 111)-oriented SrTiO3/BaTiO3 SuperLattices by Ion Beam Deposition 国際会議

    G. Panomsuwan, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito, O.Takai

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  214. Behavior of Specific Water on Polyelectrolyte Brush 国際会議

    Y. Aoki, T. Ueno, N. Zettsu, T. Fujima, N. Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  215. Fabrication of Single-nano-sized Pt Cluster Supported on Graphene Nanosheets by Solution Plasma 国際会議

    K. Sadasue, N. Zettsu, T. Ueno, N. Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  216. Growth of Carbon Nanotubes from Carbon Nanoballs Surface 国際会議

    K. Ohno, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  217. Thin film Lithium Ion Battery using Li 3PO4 Solid Electrolyte 国際会議

    K. Sawa, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  218. High-dense Decoration of Mesoporous Silica with Ag Nanoclusters by Solution Plasma 国際会議

    Y.Tanida, T. Ueno, N. Zettsu, N.Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11, Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  219. Effects of the Applied Voltage on the Synthesis of Gold Nanoparticles for Nanofluid by Solution Plasma 国際会議

    Y.K. Heo, T. Ueno, N. Zettsu, N.Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  220. Effect of Surface Functional Groups and pH Condition on Peptide Adsorption 国際会議

    F. Watarai, T. Ueno, N. Zettsu, C. Terashima, N. Saito, O. Takai

    International Symposium on EcoTopia Science'11  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  221. One-step synthesis of nanocarbon-supported metal nanoparticle catalysts by modified solution plasma processing 国際会議

    K. Jun, T. Ueno, N. Zettsu, O. Takai, N. Saito

    International Symposium on EcoTopia Science'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  222. ソリューションプラズマを用いたメソポーラスシリカ細孔内での銀ナノクラスター合成

    谷田優也,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    平成23年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  223. 自己組織化メタルナノドットアレイの作製及びフローティングナノドットメモリへの応用

    鷲見竜太郎,上野智永,是津信行,細井卓治,渡部平司,高井治,齋藤永宏

    平成23年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  224. ペプチド吸着におけるアミノ酸配列と表面官能基の影響

    渡会冬樹,上野智永,是津信行,寺島千晶,齋藤永宏,高井治

    平成23年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  225. 大気圧プラズマと熱処理を用いた超はっ水膜の作製

    藤本大地,高橋英昭,上野智永,是津信行,高井治,齋藤永宏

    平成23年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  226. Thin Film Lithium Ion Battery using Li3PO4 Solid Electrolyt 国際会議

    K. Sawa, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  227. Single-Nano-sized Pt Cluster Supported on Graphene, Nanosheets Synthesized by Solution Plasma 国際会議

    K. Sadasue, N. Zettsu, T. Ueno, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  228. Effect of Surface Wettability and Surface Functional Groups on Peptide Adsorption 国際会議

    F. Watarai, T. Ueno, N. Zettsu, C. Terashima, N. Saito, O. Takai

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  229. Growth of Metallic Carbon Naotubes From Carbon Nanoballs Surface 国際会議

    K. Ohno, N. Zettsu, T. Ueno, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  230. Surface Properties of Nanocarbon Materials Covered with High-density Amino Functional Groupslicon 国際会議

    F. Tanabe, T. Yamamoto, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito, O. Takai

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  231. Synthesis of Organic/Inorganic Hybrid Material by Controlling Reaction Field by Oscillating Reaction 国際会議

    T. Sudare, N. Zettsu, T. Ueno, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  232. High-dense Decoration of Mesoporous Silica Inner Wallswith Ag Nanoclusters through a Modified SolutionPlasma Processing 国際会議

    Y. Tanida, N. Zettsu,T. Ueno, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  233. Solution Plasma-assisted Surface Functionalization of Grapheme Sheets for Enhancement of the Solubility in Water 国際会議

    N. Tsuda, T. Ueno, S.P.Cho, N. Zettsu, O. Takai, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  234. Spectroscopic Characterization of Specific Water in Silica Nano Pores 国際会議

    Y. Aoki, T. Ueno, M.A. Bratescu, N. Zettsu, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  235. Synthesis and Characterization of Gold Nanoparticles Through Solution Plasma Process 国際会議

    Y. K. Heo, T. Ueno, N. Zettsu, N. Saito

    15th International Conference on Thin Films 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  236. Soluthion Plasma-Assisted Surface Functionalization of Chemicaly Converted Graphene Sheet toward an Enhancement of Solubility in Solution 国際会議

    N. Tsuda, T. Ueno, N. Zettsu, S.P. Cho, O. Takai, N. Saito

    AVS 58th International Sympposium & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  237. Synthesis of Carbon Nanoballs, Covered by CNTs with Metallic Conductivity 国際会議

    K. Ohno, N. Zettsu, T. Ueno, O. Takai, N. Saito

    AVS 58th International Sympposium & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  238. Solution Plasma Assisted Surface Decoration of Chemically Converted Graphene Sheet with Various Metallica Nanoparticles 国際会議

    K. Sadasue, N. Zettsu, T. Ueno, O. Takai, N. Saito

    AVS 58th International Sympposium & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  239. ソリューションプラズマ法によるグラフェンの化学修飾

    津田典明,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    第58回材料と環境討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  240. 振動反応による反応場制御による有機/無機ハイブリッド材料の創製

    簾智仁,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    第60回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  241. ヘテロ構造ゲルを媒体に用いた反応拡散系におけるパターン形成

    上野智永,齋藤永宏,吉田亮

    第60回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  242. ペプチド吸着における表面の濡れ性及び表面官能基の影響

    渡会冬樹,上野智永,是津信行,寺島千晶,齋藤永宏,高井治

    第60回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  243. アミノ基を高密度に導入したナノカーボン材料の表面特性

    田辺郁,カン ジュン,山本泰望,上野智永,是津信行,齋藤永宏,高井治

    平成23年度資源・素材関係学協会合同秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  244. シリカナノ細孔内水の分光学的調査

    青木淑恵,ブラテスク マリア アントアネッタ,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    平成23年度資源・素材関係学協会合同秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  245. ソリューションプラズマ場における金ナノクラスター合成のための水のかご効果の分析

    藤本大地,上野智永,是津信行,高井治,齋藤永宏

    平成23年度資源・素材関係学協会合同秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  246. ソリューションプラズマを用いたカーボン材料の表面修飾と分散性の向上

    上野智永,野口陽平,是津信行,高井治,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  247. 分光法を用いたメソポーラスシリカ細孔内水の振動解析

    青木淑恵,上野智永,M. A. Bratescu,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  248. ソリューションプラズマを用いた銀ナノクラスター担持メソポーラスシリカ触媒の作製

    谷田優也,是津信行,上野智永,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  249. 酸化銀をドープした酸化スズ-グラフェンナノ複合材料の特性評価

    S. Jirapong,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  250. 振動反応による反応場制御による有機/無機ハイブリッド材料お創製

    簾智仁,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  251. Layer Thickness Dependence on Crystallographic and Surface Structure of SrTiO3 Base Superlattices Fabricated by Ion Beam Deposition

    P. Gasidit,上野智永,是津信行,齋藤永宏,高井治

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  252. ソリューションプラズマによるシリカ合成及びその析出形態に及ぼすpHの影響

    山本泰望,上野智永,是津信行,齋藤永宏,高井治

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  253. ソリューションプラズマを用いた金ナノ流体の合成での電圧効果

    許容康,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  254. 機能性表面におけるペプチド吸着挙動の分析

    渡会冬樹,上野智永,是津信行,寺島千晶,齋藤永宏,高井治

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  255. 真空蒸着法によるチオリシコンの作製

    澤昴平,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  256. 金属型CNT-CNBハイブリッド材料の開発

    大野一佳,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  257. ソリューションプラズマによるグラフェンシートの化学修飾

    津田典明,趙星彪,上野智永,是津信行,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  258. ソリューションプラズマを利用した金属空気電極用ナノカーボン物質の合成

    カン ジュン,上野智永,是津信行,高井治,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  259. ソリューションプラズマプロセスを用いたPtナノ粒子担持グラフェンの作製

    定末佳祐,是津信行,上野智永,齋藤永宏

    表面技術協会第124回講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  260. ソリューションプラズマプロセスにより作製したPtナノ粒子担持グラフェン

    定末佳祐,是津信行,上野智永,高井治, 齋藤永宏

    第72回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  261. Pattern formation in the FIS reaction using heterostructure gel medium 国際会議

    T. Ueno and R. Yoshida

    Eleventh International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  262. Terpyridine末端修飾PEG 鎖の可逆的な錯形成を利用したBZ 反応中での粘度振動

    上野智永, 文堂可織, 赤木友紀, 酒井崇匡, 吉田亮

    第22回 高分子ゲル研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  263. Effect of gel properties on pattern formation in the ferrocyanide-iodate -sulphite reaction 国際会議

    T. Ueno and R. Yoshida

    Non-Linear Dynamics and Self-Organization in Chemical Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  264. Terpyridine末端修飾PEG鎖の可逆的な錯形成を利用したBZ反応中での粘度振動

    上野智永, 文堂可織, 赤木友紀, 酒井崇匡, 吉田亮

    第59回 高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  265. ゲルを媒体とした反応拡散系におけるパターン形成

    上野智永

    応用数学連携フォーラム 第13回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  266. 刺激応答性高分子ゲルを用いた反応拡散系でのパターン形成の制御

    上野智永, 桶葭興資, 吉田亮

    第59回 高分子年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  267. Temperature Control of Pattern Formation in Reaction-Diffusion System 国際会議

    T. Ueno and R. Yoshida

    Tenth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  268. ゲルを媒体とした反応拡散系における自己複製パターンの制御

    上野智永, 吉田亮

    第21回 高分子ゲル研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  269. Control of pattern formation in reaction-diffusion system using gel 国際会議

    T. Ueno, K. Takeda and R. Yoshida

    11th Pacific polymer conference2009 (PPC11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  270. ゲルを媒体とした反応拡散系における自己複製パターンの制御

    上野智永, 吉田亮

    第58回 高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学   国名:日本国  

  271. 高分子の熱分解解析におけるPy-GC/MS測定と燃焼解析への応用 国際会議

    上野智永、武田邦彦

    第27回TMS研究講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:能美防災(株)   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 25

  1. 超軽量吸音・遮音材料技術を用いた次世代エアモビリティの低騒音化技術の開発

    2023年10月 - 2024年3月

    JAXA航空イノベーションチャレンジ 共同研究フェーズ 

    上野智永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9500000円 ( 直接経費:7307693円 、 間接経費:2192307円 )

  2. データ駆動型高分子難燃材料開発に向けたデータベース構築

    2023年6月 - 2024年7月

    公益財団法人 内藤科学技術振興財団  研究助成金 

    上野智永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円

  3. 超軽量空中浮遊素材の浮遊姿勢制御

    2023年3月 - 2024年3月

    永井科学技術交流財団  奨励金 

    上野智永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:500000円

  4. 常温環境下で浮遊する超軽量空中浮遊素材の 開発

    2022年11月 - 2023年10月

    公益財団法人 中部科学技術センター  学術・みらい助成 

      詳細を見る

    資金種別:その他

    配分額:300000円

  5. 無線UWBとカメラ画像分析を組合せたリアルタイム3D位置測位・組込システムの開発・評価

    2022年10月 - 2025年3月

    日本原子力研究開発機構  英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業 課題解決型廃炉研究プログラム 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 究極の軽さで、宇宙・空の新時代を切り拓く ~超軽量構造材料イノベーションの創出

    2022年9月 - 2023年3月

    次期「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の課題候補「マテリアルプロセスイノベーション基盤技術の整備」に係るフィージビリティスタディ(FS)実施に関する調査研究 個別テーマの技術実現性等調査  

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2208000円 ( 直接経費:1920000円 、 間接経費:288000円 )

  7. 次世代空モビリティの騒音を低減する超軽量吸音・遮音材料技術

    2022年8月 - 2023年3月

    宇宙航空研究開発機構  JAXA 航空イノベーションチャレンジ2022 powered by DBJ 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 超軽量材料に関する共同研究

    2022年8月 - 2023年3月

    共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 難燃材料に関する共同研究

    2022年6月 - 現在

    共同研究 

  10. 超軽量電磁波遮蔽材料の開発

    2022年6月 - 2024年5月

    JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 課題解決型 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  11. 空飛ぶクルマ・大型ドローン用途向け超軽量 吸音・遮音材料の開発

    2021年5月 - 2022年3月

    NEDO先導研究プログラム 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  12. オレフィン系高分子材料の触媒添加による難燃化

    2021年4月 - 2022年3月

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)トライアウト 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  13. 難燃材料の研究

    2021年3月 - 2022年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  14. 空気に浮く超軽量材料の開発

    2020年10月 - 2021年9月

    公益財団法人 立松財団 一般研究助成 

    上野智永

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 超軽量電磁波遮蔽材料の開発

    2020年1月 - 2020年12月

    JAXA宇宙探査イノベーションハブ RFP5 アイディア型 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. 超軽量CNT構造体を用いた断熱・伝熱スイッチング

    2019年10月 - 2020年9月

    公益財団法人谷川熱技術振興基金平成31年度研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. シンクロトロン光と先端計測技術によるモノづくり産業の加速

    2019年8月 - 2022年3月

    知の拠点あいち重点研究プロジェクトIII期 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  18. 超軽量材料の研究

    2019年4月 - 現在

    国内共同研究 

  19. カーボンナノチューブ超軽量材料の作製と応用

    2019年4月 - 2020年3月

    一般財団法人新素材情報財団 一般研究助成 

    上野智永

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 難燃材料の研究

    2018年10月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  21. カーボンナノチューブを基盤にした熱スイッチング材料の創成

    2018年1月 - 2018年12月

    公益財団法人前川報恩会 学術研究助成 

    上野智永

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  22. カーボンナノチューブ/シリカ多孔体コンポジット材料による軽量断熱材量の開発

    2016年12月 - 2017年11月

    太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ アイディア型 

    上野智永

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  23. 革新的CNTドーピング技術による透明導電膜電極の開発

    2015年1月 - 2015年12月

    研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) 探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  24. 革新的ソリューションプラズマプロセスによるカーボンナノ材料表面修飾技術の開発

    2013年8月 - 2014年3月

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  25. カーボン材料による超軽量材料の創成

    2013年8月 - 2014年3月

    ライジング・スター賞 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. マイクロ波プラズマCVD法による複合超撥水膜の作製と耐久性の向上

    研究課題/研究課題番号:19K05037  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    高井 治, 稗田 純子, 上野 智永

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:780000円 ( 直接経費:600000円 、 間接経費:180000円 )

    材料表面の超撥水性は、表面の疎水性と凹凸構造により発現する。本研究課題では、超撥水膜の耐久性向上を目的として、凹凸構造の形状変化と撥水性の劣化との関係を明らかにする。さらに、高分子材料とのコンポジット化により、強度、耐摩耗性や撥水性の長期持続等、耐久性の高い超撥水膜を開発する。マイクロ波化学気相蒸着法を用いた有機シランによる凹凸形成と高分子膜の作製を同時に行い、コンポジット化することで、耐久性の向上を試みる。
    本研究では、超撥水膜の耐久性の向上を目的として、超撥水性の発現に必要な凹凸構造を耐久性の高いシリカで形成し、さらに、その表面を硬質なアモルファス炭素で被覆することで疎水性にし、強度や耐摩耗性等に優れる高耐久性超撥水複合膜を作製できた。マイクロ波プラズマCVD法で作製した膜は撥水性が高いが軟質であり、高周波プラズマCVD法で作製したアモルファス炭素膜の方が硬質であった。そのため、マイクロ波プラズマと高周波プラズマを適度に組み合わせることで、耐久性と撥水性両方に優れる膜が作製できる可能性があることがわかった。
    本研究成果は、自動車や航空機などの輸送機器、建物の外壁等、対候性・耐久性が求められる場所で使用可能な実用材料としての応用につながる。水は、最も身近な物質であり、生活や産業に様々な影響を及ぼす。そのため、水の挙動を理解し、制御することが望まれる。今後、本研究で作製した超撥水膜を用いて、実使用環境における撥水性の経時変化などの研究および超撥水膜の劣化機構の解明に関する研究が進めば、超撥水発現機構の基礎研究の発展に貢献できる。

  2. ナノカーボン系超軽量材料による熱スイッチング

    研究課題/研究課題番号:19K05058  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    上野 智永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究は, 弾性的に体積変化可能な超軽量材料を作製し, 圧縮による収縮・復元により, 『伝熱』⇔『断熱』を制御できる熱スイッチング材料を実現する. 圧縮による繰り返し変形に耐える超軽量材料を作製し, 断熱性と圧縮時の高熱伝導性を両立させ,大幅な熱伝導率スイッチングを達成する. 本研究では, (1) ナノカーボン材料を基盤とした繰り返し変形に耐える弾性超軽量材料の作製, (2) 断熱性能を向上させるための気体伝熱・輻射伝熱の制御, (3) 高熱伝導化のための圧縮時界面熱抵抗の低減を行う.
    圧縮負荷および除荷により弾性的に収縮・復元する材料を用いて熱伝導率を可逆的に変化させることができる熱マネジメント材料の創出を行った。カーボンナノチューブをベースに高分子材料とコンポジットさせた密度10 mg/cm3以下の材料を作製した。材料表面を疎水化させるための表面処理を施すことで、収縮・復元の回復率を高めた。これら材料の熱伝導率を評価し、圧縮時には固体伝熱が支配的な熱伝導材料、除荷時には気体伝熱が支配的な断熱材料を得た。
    本研究は、伝熱を制御するための新たな熱マネジメント材料を提案するものであり、熱マネジメントが重要とされる電気自動車や家電製品などへの活用が期待される。学術的には、弾性回復する材料を得るための作製指針の獲得や、弾性回復を阻害していた要因を特定できたことに学術的位置がある。また、圧縮負荷および除荷時の材料の熱伝導率を評価し、各状態において支配的な伝熱形態を明かにすることができ、学術的な進展が見られた。

  3. ソリューションプラズマによるβ-C3N4の合成と評価

    研究課題/研究課題番号:16K14449  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽

    齋藤 永宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    β-C3N4はダイヤモンドより硬い物質と期待されているが、未だ合成例はない。そこで、ソリューションプラズマ(SP)プロセスを用いてβ-C3N4の合成を試みた。生成物はSEM観察から数十ミクロンの中空六角柱の構造であり、XRD分析より分子性結晶であった。シート抵抗は絶縁物相当である。このことは、原料分子のsp3構造の存在を示唆している。等温吸着線はIII型を示した。これは、マイクロポアへのガス吸着である。窒素含有が多いためガスとの相互作用も大きい。比表面積はカーボンより二桁低い。最終的に、目的物質は得られなかったが、分子レベルでβ-C3N4の骨格を持つ高分子材料を得た。

  4. デュアルマイクロ波プラズマによるβ-C3N4の合成

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 複合クラスターにおける酸素還元反応の分子軌道計算

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

    上野智永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ソリューションプラズマを用いた炭分解グラフェンナノフィラーの開発

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 高分子電解質ブラシ上束縛水の挙動解明とイオン伝導性材料の開発

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    齋藤永宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 反応拡散系の制御による刺激応答性高分子ゲル上でのパターン形成と機能化

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金 

    上野智永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 学生実験2

    2022

  2. 学生実験1

    2022

  3. 材料工学実験1

    2021

  4. 材料工学実験2

    2021

  5. マテリアル工学概論

    2020

  6. 材料化学特別実験及び演習2

    2020

  7. 材料化学特別実験及び演習1

    2020

  8. 材料化学セミナー1D

    2020

  9. 材料化学セミナー1C

    2020

  10. 卒業研究B

    2020

  11. 材料化学セミナー1A

    2020

  12. 物理工学科概論

    2011

▼全件表示

 

社会貢献活動 7

  1. 未来のくらしと水の科学研究会の運営

    役割:企画

    2022年4月 - 現在

  2. 第4回スマート・マテリアル研究会の運営

    役割:運営参加・支援

    日本材料科学会  第4回スマート・マテリアル研究会  2021年11月

  3. 『難燃・教育講座ー基礎編』2021の運営

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援

    一般社団法人難燃材料研究会  『難燃・教育講座ー基礎編』2021  2021年9月

  4. 未来のくらしと水の科学研究会の設立および運営

    役割:企画, 運営参加・支援

    2021年4月 - 現在

  5. 日本MRS年次大会 オーガナイザー

    2015年5月 - 2015年12月

  6. ISPlasma2015/IC-PLANTS2015 実行委員

    2014年4月 - 2015年3月

  7. 「週末ワークショップ」はかせとあそぼ!

    2013年3月

     詳細を見る

    トヨタテクノミュージアム産業技術記念館主催
    小中高生対象の科学実験講座

▼全件表示

メディア報道 2

  1. 超軽量電磁波遮蔽材料 インターネットメディア

    日経 X Tech  2022年9月

  2. 電磁波遮蔽材料 新聞・雑誌

    日刊工業新聞社  2022年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 3

  1. materials 国際学術貢献

    役割:査読

    2021年2月

  2. Energies 国際学術貢献

    役割:査読

    2021年1月

  3. Energies 国際学術貢献

    役割:査読

    2021年1月