2021/04/03 更新

写真a

シモカタ トモヤ
下方 智也
SHIMOKATA Tomoya
所属
医学部附属病院 化学療法部 病院講師
職名
病院講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2010年11月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 臨床腫瘍学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 臨床腫瘍学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. がん薬物療法における臨床薬理

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本内科学会

  2. 日本呼吸器学会

  3. 日本癌学会

  4. 日本呼吸器内視鏡学会

  5. 日本肺癌学会

  6. 日本臨床薬理学会

  7. 日本臨床腫瘍学会

▼全件表示

 

論文 15

  1. Phase I study of the antiprogrammed cell death-1 Ab spartalizumab (PDR001) in Japanese patients with advanced malignancies

    Minami Hironobu, Doi Toshihiko, Toyoda Masanori, Imamura Yoshinori, Kiyota Naomi, Mitsuma Ayako, Shimokata Tomoya, Naito Yoichi, Matsubara Nobuaki, Tajima Takeshi, Tokushige Kota, Ishihara Kae, Cameron Scott, Ando Yuichi

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 2 ) 頁: 725 - 733   2021年2月

     詳細を見る

  2. Chemotherapy for biliary tract cancer: real-world experience in a single institute

    Maeda Osamu, Ebata Tomoki, Shimokata Tomoya, Matsuoka Ayumu, Inada-Inoue Megumi, Morita Sachi, Takano Yuko, Urakawa Hiroshi, Miyai Yuki, Sugishita Mihoko, Mitsuma Ayako, Ando Masahiko, Mizuno Takashi, Nagino Masato, Ando Yuichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 725 - 733   2020年11月

  3. Solitary fibrous tumor/hemangiopericytoma treated with temozolomide plus bevacizumab: a report of four cases and literature review

    Maeda Osamu, Ohka Fumiharu, Maesawa Satoshi, Matsuoka Ayumu, Shimokata Tomoya, Mitsuma Ayako, Urakawa Hiroshi, Nakamura Shota, Shimoyamas Yoshic, Nakaguro Masato S., Wakabayashi Toshihiko, Ando Yuichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 631 - 644   2020年11月

  4. 5-FU, Irinotecan, Nab-Paclitaxel in Gastrointestinal Cancers-Letter

    Maeda Osamu, Shimokata Tomoya, Ando Yuichi

    CLINICAL CANCER RESEARCH   26 巻 ( 14 ) 頁: 3889 - 3889   2020年7月

  5. Clinical value of serum bone resorption markers for predicting clinical outcomes after use of bone modifying agents in metastatic bone tumors: A prospective cohort study

    Urakawa Hiroshi, Ando Yuichi, Hase Tetsunari, Kikumori Toyone, Arai Eisuke, Maeda Osamu, Mitsuma Ayako, Sugishita Mihoko, Shimokata Tomoya, Ikuta Kunihiro, Ishiguro Naoki, Nishida Yoshihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 12 ) 頁: 3504 - 3515   2020年6月

     詳細を見る

  6. Detection of bacteria in blood circulation in patients receiving cancer chemotherapy

    Ota Akiko, Morita Sachi, Matsuoka Ayumu, Shimokata Tomoya, Maeda Osamu, Mitsuma Ayako, Yagi Tetsuya, Asahara Takashi, Ando Yuichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 1 ) 頁: 210 - 215   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01521-y

    Web of Science

    PubMed

  7. Correlation Between the Metabolic Conversion of a Capecitabine Metabolite, 5 '-Deoxy-5-fluorocytidine, and Creatinine Clearance

    Inaishi Takahiro, Fujita Ken-Ichi, Matsumoto Natsumi, Shimokata Tomoya, Maeda Osamu, Kikumori Toyone, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Ando Yuichi

    IN VIVO   34 巻 ( 6 ) 頁: 3539 - 3544   2020年

  8. Phase 1 study of olaratumab plus doxorubicin in Japanese patients with advanced soft-tissue sarcoma

    Yonemori Kan, Kodaira Makoto, Satoh Taroh, Kudo Toshihiro, Takahashi Shunji, Nakano Kenji, Ando Yuichi, Shimokata Tomoya, Mori Joji, Inoue Koichi, Oakley Gerard J., Sakaguchi Sachi, Tamura Kenji

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 12 ) 頁: 3962 - 3970   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13846

    Web of Science

    PubMed

  9. Reporting harms more transparently in trials of cancer drugs

    Gyawali Bishal, Shimokata Tomoya, Honda Kazunori, Ando Yuichi

    BMJ-BRITISH MEDICAL JOURNAL   363 巻   頁: k4383   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmj.k4383

    Web of Science

    PubMed

  10. Outpatient chemotherapy for patients with unresectable or metastatic bone sarcomas

    Urakawa Hiroshi, Nishida Yoshihiro, Mitsuma Ayako, Maeda Osamu, Sugishita Mihoko, Shimokata Tomoya, Mizutani Takeshi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Hamada Shunsuke, Ota Takehiro, Ishiguro Naoki, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   頁: .   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  11. Feasibility of dose-dense epirubicin and cyclophosphamide with subcutaneous pegfilgrastim 3.6 mg support: a single-center prospective study in Japan

    Morita Sachi, Kikumori Toyone, Tsunoda Nobuyuki, Inaishi Takahiro, Adachi Yayoi, Ota Akiko, Shibata Masahiro, Matsuoka Ayumu, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Mizutani Takefumi, Shimokata Tomoya, Hayashi Hironori, Maeda Osamu, Ando Yuichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23 巻 ( 1 ) 頁: 195 - 200   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1177-z

    Web of Science

    PubMed

  12. Real-world experience with FOLFIRINOX and gemcitabine plus nab-paclitaxel in the treatment of pancreatic cancer in Japan

    Maeda O., Yokoyama Y., Yamaguchi J., Ota A., Matsuoka A., Morita S., Inoue M., Mizutani T., Shimokata T., Urakawa H., Mitsuma A., Nagino M., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: 69-69   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. Gemcitabine plus cisplatin and S-1 for biliary tract cancer: a single institute analysis

    Maeda Osamu, Shimokata Tomoya, Mizutani Takefumi, Inoue Megumi, Matsuoka Ayumu, Ota Akiko, Mizuno Takashi, Ebata Tomoki, Nagino Masato, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: 50-50   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  14. Correlation and differences in Effect sizes between Progression Free Survival (PFS) and Overall Survival (OS) among PD-1 inhibitors

    Gyawali B., Shimokata T., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: .   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. Risk of serious adverse events and fatal adverse events with sorafenib in patients with solid cancer: a meta-analysis of phase 3 randomized controlled trials. 査読有り

    Bishal Gyawali, Tomoya Shimokata, Masahiko Ando, Kazunori Honda, Yuichi Ando

    Annals of Oncology   28 巻 ( 2 ) 頁: 246-253   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1093/annonc/mdw549

▼全件表示

MISC 8

  1. Chemotherapy in locally advanced head and neck squamous cell carcinoma 査読有り

    Gyawali Bishal, Shimokata Tomoya, Honda Kazunori, Ando Yuichi  

    CANCER TREATMENT REVIEWS44 巻   頁: 10-16   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ctrv.2016.01.002

    Web of Science

  2. Opioid-induced constipation. 査読有り

    Gyawali B, Hayashi N, Tsukuura H, Honda K, Shimokata T, Ando Y  

    Scandinavian journal of gastroenterology50 巻 ( 11 ) 頁: 1331-8   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3109/00365521.2015.1054423

    PubMed

  3. Association between severe toxicity of nilotinib and UGT1A1 polymorphisms in Japanese patients with chronic myelogenous leukemia. 査読有り

    Shibata T, Minami Y, Mitsuma A, Morita S, Inada-Inoue M, Oguri T, Shimokata T, Sugishita M, Naoe T, Ando Y  

    International journal of clinical oncology19 巻 ( 2 ) 頁: 391-6   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10147-013-0562-5

    PubMed

  4. Carboplatin dosing for adult Japanese patients. 査読有り

    Ando Y, Shimokata T, Yasuda Y, Hasegawa Y  

    Nagoya journal of medical science76 巻 ( 1-2 ) 頁: 1-9   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  5. Genetic polymorphisms associated with oxaliplatin-induced peripheral neurotoxicity in Japanese patients with colorectal cancer. 査読有り

    Oguri T, Mitsuma A, Inada-Inoue M, Morita S, Shibata T, Shimokata T, Sugishita M, Nakayama G, Uehara K, Hasegawa Y, Ando Y  

    International journal of clinical pharmacology and therapeutics51 巻 ( 6 ) 頁: 475-81   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.5414/CP201851

    PubMed

  6. Association between bevacizumab-related hypertension and vascular endothelial growth factor (VEGF) gene polymorphisms in Japanese patients with metastatic colorectal cancer. 査読有り

    Morita S, Uehara K, Nakayama G, Shibata T, Oguri T, Inada-Inoue M, Shimokata T, Sugishita M, Mitsuma A, Ando Y  

    Cancer chemotherapy and pharmacology71 巻 ( 2 ) 頁: 405-11   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00280-012-2028-2

    PubMed

  7. Prospective evaluation of pharmacokinetically guided dosing of carboplatin in Japanese patients with cancer. 査読有り

    Shimokata T, Ando Y, Yasuda Y, Hamada A, Kawada K, Saito H, Matsuo S, Kondo M, Imaizumi K, Hasegawa Y  

    Cancer science101 巻 ( 12 ) 頁: 2601-5   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01729.x

    PubMed

  8. Pharmacokinetic analysis of carboplatin in patients with cancer who are undergoing hemodialysis. 査読有り

    Oguri T, Shimokata T, Inada M, Ito I, Ando Y, Sasaki Y, Hasegawa Y  

    Cancer chemotherapy and pharmacology66 巻 ( 4 ) 頁: 813-7   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00280-010-1366-1

    PubMed

▼全件表示

科研費 6

  1. がん薬物療法における抗がん薬曝露に対する科学的エビデンスの創出

    研究課題/研究課題番号:19K07083  2019年04月 - 2023年03月

    満間 綾子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    新規抗がん薬の開発により、外来化学療法で取り扱う抗がん薬レジメンは増加する一方である。外来化学療法室の利用患者は年々増加し、多様なニーズに応えるがん薬物療法に習熟した医療者の関わりが重要となっている。がん薬物療法を専門とする医療者の育成、拡充にあたっては、専門的な教育・訓練とともに抗がん薬を扱う現場における医療者の安全、職場環境の整備も提唱されている。曝露防止のための機器開発が進む中で過去の報告は現状と乖離しており、医療者がコストと時間をかけてどこまで曝露対策を行うかの科学的実証は未確立である。本研究では、抗がん薬曝露の実態を経年的・経時的に調査し現状に即したエビデンスを創出する。
    本研究では、がん薬物療法における抗がん薬曝露の実態を調査し、繰り返しモニタリングを行うことで、国内での閾値の設定や予防の根拠となるエビデンスを創出することを目的としている。当院外来化学療法室では、院内すべての点滴抗がん薬の外来投与を専任の医療者が担当している。年間10000件以上の実施にあたり、職業性曝露のモニタリングとして環境モニタリングと生物学的モニタリングの経年的実施を行う。
    <環境モニタリング>
    当院外来化学療法室での環境モニタリングを行うにあたり、モニタリングの手法、場所を絞り込んだ後に、抗がん薬曝露予防を目的とした機器導入、マニュアルの改訂・整備の現状を把握できている。閉鎖式薬物移送システム(closed system drug transfer device: CSTD) は、当院において抗がん薬のミキシングすべてには使用していない。揮発性抗がん薬であるベンダムスチン、イホスファミド、シクロホスファミドにはCSTDを使用しているのが実情であり、現状でのモニタリングを進めている。
    <生物学的モニタリング>
    外来化学療法室で実施する膀胱内注入後の抗がん薬曝露について、同意を得た患者および医療者の排尿より生物学的モニタリングを行う。ドキソルビシンの投与が予定されており、投与量、排尿回数など臨床薬理学的解析を加えて経時的変化を観察する予定であったが、治療対象者が乏しい状況が続いている。がん関連学会での情報収集を継続し、侵襲の程度が少ない新たな手法(唾液検体からの検出)について検討中である。
    環境モニタリングは順調に推移している。生物学的モニタリングは対象患者が乏しい状況があった。
    生物学的モニタリングの対象となる泌尿器疾患の患者が前年度と比較し減少あり、このまま減少していれば、協力可能な新たな対象者を検討する。がん薬物療法の分野では新たな治療法の開発により治療選択が変遷する場合もあり、状況に応じて研究代表者および研究分担者とも討議し研究の推進に努める。
    また、生物学的モニタリングの検体として排尿時の尿検体を対象としていたが、新たに唾液採取からの検出手法が開発されており、侵襲が少なく簡便な手段として検討する。

  2. 抗がん薬による下痢・腸炎の病態解明と新治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K08950  2017年04月 - 2020年03月

    安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒトの腸内細菌が循環血液中に移動する現象であるバクテリアルトランスロケーションに着目して,ヒト血液中の細菌を高感度に検出する検査法を用いて,抗がん薬の副作用の発症との関連を調べた.その結果,がん患者は抗がん薬の投与に関わらず常にバクテリアルトランスロケーションが発生しやすい状態であることが判明した.バクテリアルトランスロケーションは抗がん薬の副作用である発熱性好中球減少症や感染症,さらに下痢・腸炎の誘因となっている可能性が考えられた.
    一般に,抗がん薬の副作用は骨髄細胞をはじめとする正常細胞の傷害によって引き起こされる.本研究では,抗がん薬の投与による腸管壁細胞の傷害とは直接関係なく,がん患者ではバクテリアルトランスロケーションが常に発生しやすい状態であること,それが副作用の発症に関わっている可能性を見出した.抗がん薬の副作用の新しい治療法の開発につながる可能性がある.

  3. がん薬物療法における血管新生阻害作用に関連した臨床薬理研究

    研究課題/研究課題番号:16K08906  2016年04月 - 2020年03月

    満間 綾子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    がん薬物療法において新たに開発された抗がん薬の中には、血管新生阻害作用により有害事象として出血・血栓症を引き起こす薬物が含まれる。また、がん患者の生存期間の延長、高齢化により、合併症として心・脳血管障害のために抗凝固薬を併用する患者が増加している。本研究では、がん患者における出血・血栓症の出現リスクについて、関連する薬物相互作用などを含め外来通院治療を行ったがん患者を対象に検討した。海外から提唱されている予測モデルとの比較を行った。特定の抗凝固薬における治療経過に違いは認められず、がん薬物療法の治療経過、患者状態により血栓症の経過に影響がみられた。
    がん患者における血栓症のリスクは海外から予測モデルが提唱されているが、日本での出現頻度、臨床経過についての検討は少なく、確立されたモデルは存在しない。本研究による解析から、国際的な予測モデルは参考になる面もあるが、特に高齢者では予測リスクゼロであっても血栓症の発症者がみられ、慎重な観察が求められた。また、薬物相互作用の影響は観察されなかったが、多職種でのチーム医療が奏効し、全身状態が保たれた状態でがん薬物療法を継続する患者が多かったことにも起因する。無症候での血栓症発症者は抗凝固薬での治療後にがん治療が再開できており、適切な治療介入により安全ながん薬物療法の推進につながるものと考えられる。

  4. がん悪液質におけるサルコペニア発症機序の解明

    2015年04月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. がん悪液質におけるサルコペニア発症機序の解明

    研究課題/研究課題番号:15K08906  2015年04月 - 2019年03月

    下方 智也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    悪液質にいたる過程において、サルコペニアに加え脂肪組織も重要な役割を果たしているという仮説を検証するため、がん薬物療法を受ける患者を被験者として筋肉量、脂肪組織量の評価を行った。6ヶ月以上mTOR阻害薬の単剤治療を受けた患者における体組成変化の推移を後ろ向きに解析し、筋肉量は有意に減少したが脂肪組織量は有意な変化を認めなかった。また進行がん患者を被験者として体組成変化や代謝量を前向きに評価するコホート研究を行った。28例を集積し、現在最終解析を行っている。
    がん悪液質はがん患者における死因の一つとして重要な症候群であるが、発症メカニズムの詳細はいまだ不明である。悪液質の特徴の中でもサルコペニアは特に重要な病態であるが、発症に脂肪組織が重要な役割を果たしている可能性が最近指摘されている。がん悪液質におけるサルコペニアと脂肪組織の関係を臨床的に評価した本研究の結果により、今後更にがん悪液質の予防や治療に展開するための研究基盤を確立する重要な情報となりうる。

  6. がん薬物療法におけるサルコペニアの臨床的意義

    研究課題/研究課題番号:26460626  2014年04月 - 2018年03月

    安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    サルコペニアを有するがん患者ではがん薬物療法による副作用が強く,また治療の耐容性が低いという仮説を検証するため,がん薬物療法を受ける患者を被験者としてサルコペニアの評価を行った.mTOR阻害薬の単剤治療を受けた患者において筋肉量の推移をレトロスペクティブに解析し,治療によって筋肉量が有意に減少したことを報告した.続いて、mTOR阻害薬を含むキナーゼ阻害薬を単剤投与される患者28例に対して,サルコペニアを前向きに評価する観察研究を行った.28例のうち17例が6ヶ月の時点まで,7例が3ヶ月の時点まで治療を継続できた.現在最終解析を行っている.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 臨床腫瘍学入門

    2020

  2. 臨床腫瘍学入門

    2019

  3. 臨床腫瘍学入門

    2018

  4. 臨床腫瘍学入門

    2017