2021/04/01 更新

写真a

ナカタニ ハジメ
中谷 肇
NAKATANI Hajime
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学 講師
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2007年3月   名古屋大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 2

  1. バイオフィルム工学による有用微生物叢の構築

  2. 細胞表層工学による有用微生物の作出

経歴 9

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学   講師

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 バイオマテリアル   講師

    2016年2月 - 2017年3月

  3. 名古屋大学大学院工学研究科 助教

    2012年11月 - 2016年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院工学研究科研究員

    2011年5月 - 2012年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 三重大学生物資源学研究科研究員

    2009年10月 - 2011年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 三重大学ベンチャービジネスラボラトリー研究員

    2009年1月 - 2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. わかやま産業振興財団プロジェクト研究員

    2007年12月 - 2008年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. GCOEプレフェロー研究員

    2007年9月 - 2007年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学大学院 生命農学研究科 博士研究員

    2007年4月 - 2007年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 名古屋大学   生命農学研究科

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本農芸化学会   正会員

  2. 日本生物工学会   正会員

  3. 化学工学会   正会員

 

論文 19

  1. Establishing a Percutaneous Infection Model Using Zebrafish and a Salmon Pathogen 査読有り

    Nakatani Hajime, Hori Katsutoshi

    BIOLOGY-BASEL   10 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/biology10020166

    Web of Science

  2. On-fiber display of a functional peptide at sites distant from the cell surface using a long bacterionanofiber of a trimeric autotransporter adhesin

    Nakatani Hajime, Kanie Junichi, Hori Katsutoshi

    BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING   116 巻 ( 2 ) 頁: 239 - 249   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bit.26857

    Web of Science

  3. Immobilization of Enterobacter aerogenes by a trimetric autotransporter adhesin, AtaA, and its application to biohydrogen production

    Hajime Nakatani, Nan Ding, Yuki Ohara, Katsutoshi Hori

    Catalysts   8 巻 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Biological hydrogen production by microbial cells has been extensively researched as an energy-efficient and environmentally-friendly process. In this study, we propose a fast, easy method for immobilizing Enterobacter aerogenes by expressing ataA, which encodes the adhesive protein of Acinetobacter sp. Tol 5. AtaA protein on the E. aerogenes cells carrying the ataA gene was demonstrated by immunoblotting and flow cytometry. The AtaA-producing cells exhibited stronger adherence and auto-agglutination characteristics than wild-type cells, and were successfully immobilized (at approximately 2.5 mg/cm3) on polyurethane foam. Hydrogen production from the cell-immobilized polyurethane foams was monitored in repetitive batch reactions and flow reactor studies. The total hydrogen production in triple-repetitive batch reactions reached 0.6 mol/mol glucose, and the hydrogen production rate in the flow reactor was 42 mL·h−1·L−1. The AtaA production achieved simple and immediate immobilization of E. aerogenes on the foam, enabling repetitive and continuous hydrogen production. This report newly demonstrates the production of AtaA on the cell surfaces of bacterial genera other than Acinetobacter, and can simplify and accelerate the immobilization of whole-cell catalysts.

    DOI: 10.3390/catal8040159

    Web of Science

    Scopus

  4. Reversible bacterial immobilization based on the salt-dependent adhesion of the bacterionanofiber protein AtaA

    Shogo Yoshimoto, Yuki Ohara, Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori

    MICROBIAL CELL FACTORIES   16 巻   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Immobilization of microbial cells is an important strategy for the efficient use of whole-cell catalysts because it simplifies product separation, enables the cell concentration to be increased, stabilizes enzymatic activity, and permits repeated or continuous biocatalyst use. However, conventional immobilization methods have practical limitations, such as limited mass transfer in the inner part of a gel, gel fragility, cell leakage from the support matrix, and adverse effects on cell viability and catalytic activity. We previously showed a new method for bacterial cell immobilization using AtaA, a member of the trimeric autotransporter adhesin family found in Acinetobacter sp. Tol 5. This approach is expected to solve the drawbacks of conventional immobilization methods. However, similar to all other immobilization methods, the use of support materials increases the cost of bioprocesses and subsequent waste materials.
    Results: We found that the stickiness of the AtaA molecule isolated from Tol 5 cells is drastically diminished at ionic strengths lower than 10 mM and that it cannot adhere in deionized water, which also inhibits cell adhesion mediated by AtaA. Cells immobilized on well plates and polyurethane foam in a salt solution were detached in deionized water by rinsing and shaking, respectively. The detached cells regained their adhesiveness in a salt solution and could rapidly be re- immobilized. The cells expressing the ataA gene maintained their adhesiveness throughout four repeated immobilization and detachment cycles and could be repeatedly immobilized to polyurethane foam by a 10- min shake in a flask. We also demonstrated that both bacterial cells and a support used in a reaction could be reused for a different type of reaction after detachment of the initially immobilized cells from the support and a subsequent immobilization step.
    Conclusions: We invented a unique reversible immobilization method based on the salt- dependent adhesion of the AtaA molecule that allows us to reuse bacterial cells and supports by a simple manipulation involving a deionized water wash. This mitigates problems caused by the use of support materials and greatly helps to enhance the efficiency and productivity of microbial production processes.

    DOI: 10.1186/s12934-017-0740-7

    Web of Science

  5. Cell surface protein engineering for high-performance whole-cell catalysts

    Nakatani Hajime, Hori Katsutoshi

    FRONTIERS OF CHEMICAL SCIENCE AND ENGINEERING   11 巻 ( 1 ) 頁: 46-57   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11705-017-1609-3

    Web of Science

  6. 密度勾配遠心分離とSDS ゲル電気泳動を用いた分泌膜小胞結合タンパク質の解析 査読有り

    中谷 肇, 安枝武彦, 大島健司, 松田 幹

    電気泳動     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2198/electroph.61.1

  7. An Acinetobacter trimeric autotransporter adhesin reaped from cells exhibits its nonspecific stickiness via a highly stable 3D structure. 査読有り

    Yoshimoto S, Nakatani H, Iwasaki K, and Hori K

    Scientific Reports     2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep28020

  8. A protective effect of milk-fat globule EGF factor VIII (MFG-E8) on the spontaneous fusion of milk fat globules in breast milk

    Takehiko Yasueda, Kenzi Oshima, Hajime Nakatani, Kanji Tabuchi, Daita Nadano and Tsukasa Matsuda

    J. Biochemistry   158 巻 ( 1 ) 頁: 25-35   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Effectiveness of direct immobilization of bacterial cells onto material surfaces using the bacterionanofiber protein AtaA 査読有り

    Katsutoshi Hori, Yuki Ohara, Masahito Ishikawa, and Hajime Nakatani

    J Appl Microbiol.   99 巻 ( 12 ) 頁: 5025-5032   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Characterization of N-Myristoyltransferases in Vertebrate Embryos by Using Zebrafish: Appearance of Low Molecular Weight N-Myristoyltransferase 1 in Early Development. 査読有り

    Nakatani H, Nukada N, Avşar-Ban E, Ishikawa H, Akiyama S

    J Glycomics Lipidomics   4 巻 ( 120 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.4172/2153-0637.10001201

  11. Repression of mammary adipogenesis by genistein limits mammosphere formation of human MCF-7 cells 査読有り

    Maria Theresa E Montales, Omar M Rahal, Hajime Nakatani, Tsukasa Matsuda, Rosalia C M Simmen

    Journal of Endocrinology   218 巻 ( 1 ) 頁: 135-149   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1530/JOE-12-0520

  12. Re-evaluation of milk-fat globule EGF-Factor VIII (MFG-E8) as an i ntrinsic component on the mouse milk-fat globule membrane 査読有り

    Nakatani H, Yasueda T, Oshima K, Nadano D and Matsuda T

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry     頁: 2055-2060   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. AtaA, a New Member of the Trimeric Autotransporter Adhesins from Acinetobacter sp. Tol 5 Mediating High Adhesiveness to Various Abiotic Surfaces 査読有り

    Ishikawa, M. Nakatani, H. and Hori, K

    PLOS ONE     2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0048830

  14. Post-weaning increases in the milk-fat globule EGF-factor VIII on fat globules in mouse milk and in the uptake of the fat globules by HC11 mammary epithelial cells. 査読有り

    Nakatani H, Yasueda T, Oshima K, Okajima T, Nadano D, Flint D and Matsuda T

    Journal of Biochemistry     頁: 31-41   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Transplantation of a Mammary Stromal Cell Line into a Mammary Fat Pad: Development of the Site-Specific in Vivo Analysis System for Mammary Stromal Cells 査読有り

    Nakatani H, Aoki N, Nadano D, Matsuda T

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry     頁: 550-555   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Isolation of bovine milk-derived microvesicles carrying mRNAs and microRNAs. 査読有り

    Hata T, Murakami K, Nakatani H, Yamamoto Y, Matsuda T, Aoki N.

    Biochemical and Biophysical Research Communications     頁: 528-533   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Establishment of a mammary stromal fibroblastic cell line for in vitro studies in mice of mammaryadipocyte differentiation. 査読有り

    Nakatani, H., Aoki, N., Okajima, T., Nadano, D., Flint, D., and Matsuda T.

    Biology of Reproduction     頁: 44-53   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Antioxidant and Antibacterial Genes Are Upregulated in Early Involution of the Mouse Mammary Gland: Sharp Increase of Ceruloplasmin and Lactoferrin in Accumulating Breast Milk 査読有り

    Nakamura M, Tomita A, Nakatani H, Matsuda T,and Nadano D

    DNA and Cell Biology     頁: 491-500   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity. 査読有り

    Nakatani, H. Aoki, N. Yoshimi Nakagawa, Y. Jin-no, S. Aoyama, K. Oshima, K. Ohira, S. Sato, C. Nadano, D. Matsuda, T

    Biochemical Journal     頁: 21-30   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 細菌の付着とバイオフィルム形成に関わる表層分子たち

    中谷 肇( 担当: 単著)

    日本生物工学会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 暗発酵による水素生産

    丁楠, 中谷肇, 堀克敏( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. ミルクMFG-E8/lactadherinの乳脂肪品質管理における役割

    安枝武彦,大島健司,西尾俊亮,中谷肇,灘野大太,松田 幹( 担当: 共著)

    日本酪農科学会 (ミルクサイエンス)  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Research and Development of Biotechnologies Using Zebrafish and Its Application on Drug Discovery

    Yutaka Tamaru,Hisayoshi Ishikawa,Eriko AvsharBan,Hajime Nakatani,Hideo Miyake,Shinichi Akiyama( 担当: 共著)

    InTech  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 44

  1. 飼育環境によるニジマス表皮細菌叢の変遷

    中谷肇(名大院工)山田尚毅(名大院工)荒川友子(名大院工)橋本直樹(三重大院生資)小幡宏志郎(三重大院生資)岡崎文美(三重大院生資)田丸浩(三重大院生資)堀克敏(名大院工)

    日本水産学会 春季大会  2021年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  2. Yersinia ruckeriを用いた経皮感染モデルの構築と 経皮感染における表皮細菌叢への影響解析

    中谷肇 堀克敏

    日本魚病学会 春季大会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  3. Analysis of epidermal bacterial flora of fish: Basic knowledge for probiotics. 国際会議

    Hori, K., Nakatani, H., Arakawa, T., Okazaki, F. & Tamaru, Y

    Joint Conference of the 12th International Marine Biotechnology Conference and the 12th Asia Pacific Marine Biotechnology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shizuoka, Japan   国名:日本国  

  4. Analysis of the skin bacterial flora of trout in fish farm: relation to the susceptibility of Y.ruckeri infection 国際会議

    Hajime Nakatani, Yuya Tsukamoto, Naoki Yamada, Tomoko Arakawa, Katsutoshi Hori

    Joint Conference of the 12th International Marine Biotechnology Conference and the 12th Asia Pacific Marine Biotechnology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Shizuoka, Japan   国名:日本国  

  5. On-fiber display of a functional peptide at sites distant from the cell surface using a trimeric autotransporter adhesin 国際会議

    Hajime Nakatani, Junichi Kanie, and Katsutoshi Hori

    FEMS 2019 8th Congress of European Microbiologists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow, Scotland   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  6. Distant variable peptide display system on bacterial cells utilizing long bacterionanofibers of a trimeric autotransporter adhesin 国際会議

    iBio-N 2018, The Symposium on Biorefinery and Biprocess Topics, 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  7. Effectiveness of the cell surfaces display depends on the distance from the cell surface 国際会議

    Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori

    i-BioS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:SINGAPORE   国名:日本国  

  8. SNAP-tag融合AtaAタンパク質の細胞表層提示条件の検討

    松崎 由紀, 蟹江 純一, 中谷 肇, 堀 克敏

    化学工学会 第49回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  9. Integration of bacterial immobilization and surface display by a bacterial surface fiber protein 国際会議

    Nakatani Hajime, Ohara Yuki, Hori Katsutoshi

    YABEC 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. グラム陰性菌由来のファイバータンパク質による微生物の固定化と表層提示技術の統合

    中谷肇, 小原優季, 堀克敏

    日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. バイオフィルムの形成メカニズムと細胞表層分子の役割 国際会議

    中谷 肇

    膜工学サロン 講演会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. アシネトバクター属由来の表層ナノファイバーを用いたペプチド提示技術の開発

    中谷 肇 堀克敏

    化学工学会第81年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 機能性ナノファイバーで覆われた高付着微生物細胞の創出

    蟹江純一, 小原優季, 中谷肇, 堀克敏

    化学工学会 第81年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 接着性バクテリオナノファイバーAtaAのグラム陰性細菌への導入とその応用

    小原優季 松田祐毅 中谷肇 堀克敏

    化学工学会 第81年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. Application of a fibrous trimeric autotransporter adhesin from Acinetobacter sp. Tol 5 to the nanofiber display system

    The 6th iBioK Asian Symposium  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 接着性ナノファイバー蛋白質AtaAを用いた様々な材料表面に対する微生物の固定化

    小原優季 石川聖人 中谷肇 堀克敏

    第67回日本生物工学会大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. Biophysical characterization of a trimeric autotransporter adhesin, AtaA, from the highly adhesive bacterium Acinetobacter sp. Tol 5 国際会議

    Shogo Yoshimoto, Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori

    The 6th Congress of European Microbiologists (FEMS2015)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オランダ王国  

  18. Molecular characterization of a Trimeric Autotransporter Adhesin from Acinetobacter sp. Tol 5 mediating high adhesiveness to various abiotic surfaces 国際会議

    Shogo Yoshimoto, Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori

    4th International SFB 766 Symposium at Tübingen  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  19. Adhesion property of the nanofiber protein AtaA from the highly adhesive bacterium

    YOSHIMOTO, Shogo; NAKATANI, Hajime; IWASAKI, Keita; HORI, Katsutoshi

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 多機能性ナノファイバーで覆われた被毛微生物細胞の創出

    蟹江純一, 中谷肇, 堀克敏

    化学工学会 第80年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 高付着性細菌由来ナノファイバータンパク質AtaAの分離精製と接着特性解析

    吉本将悟, 中谷肇, 堀克敏

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Purification and adhesion analysis of the nanofiber protein AtaA from a highly adhesive bacterium

    IGER Annual Meeting 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Characterization of a Trimeric Autotransporter Adhesin from a highly adhesive bacterium Acinetobacter sp. Tol 5 国際会議

    Shogo Yoshimoto, Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori

    The III International Conference on Antimicrobial Research (ICAR2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  24. 高付着性細菌アシネトバクターTol 5由来接着タンパク質AtaAの

    中谷肇 吉本将悟 鈴木淳巨 堀克敏

    日本化学会バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. ナノファイバー蛋白質AtaAによる微生物接着の制御

    吉本将悟, 中谷肇, 堀克敏

    第66回 日本生物工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. バクテリオナノファイバーAtaAのポストアッセンブリー修飾

    永谷和子, 中谷肇, 堀克敏

    第66回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. ナノファイバー蛋白質AtaAの接着特性に基づく微生物の可逆的固定化法

    吉本将悟, 中谷肇, 堀克敏

    化学工学会第79回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜大学   国名:日本国  

  28. 蛍光ナノファイバーで覆われた被毛微生物細胞の創出

    蟹江 純一,中谷 肇,堀 克敏

    化学工学会第79回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 機能性周毛で覆われた細菌の創出

    中谷肇、蟹江純一、堀克敏

    化学工学会第79回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. Reversible bacterial immobilization based on the adhesive property of a novel adhesin from Acinetobacter sp. Tol 5

    Yoshimoto, H. Nakatani, A. Suzuki, K. Hori

    IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. M. Ishikawa, K. Hori; Construction of the functionally hairy bacteria with a novel trimeric autotransporter adhesin from Acinetobacter sp. Tol 5 strain 国際会議

    H. Nakatani, M. Ishikawa, K. Hori

    IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Construction of a reporter gene system for Acinetobacter and measurement of the promoter activity of ataA gene of strain Tol 5

    E. Terada, H. Nakatani, M. Ishikawa, K. Hori

    IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. Construction of novel bacterium immobilization model using high adhesiveness nanofiber protein AtaA

    Y. Ohara, M. Ishikawa, H. Nakatani. K. Hori

    IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. Functional evaluation of the membrane anchor domain-chimera of the highly adhesive protein, AtaA

    M. Nagai, M. Ishikawa, H. Nakatani, K. Hori

    IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. Functional analysis of Fim gene clusters in a highly adhesive bacterium, Acinetobacter sp. Tol 5 国際会議

    Okano, M. Ishikawa, H. Nakatani, K. Hori

    IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. AtaA, a highly adhesive bacterionanofiber, mediates ionic strength dependent-bacterial adhesion 国際会議

    Shogo Yoshimoto, Hajime Nakatani, Atsuo Suzuki and Katsutoshi Hori

    The 5th Congress of European Microbiologists (FEMS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  37. AtaA, a new member of the trimeric autotransporter adhesins from Acinetobacter sp. Tol 5 mediating high adhesiveness to various abiotic surfaces 国際会議

    Masahito Ishikawa, Hajime Nakatani, Kotaro Koiwai, Katsutoshi Hori

    3rd Interational Symposium on The Bacterial Cell Envelope 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  38. 接着性ナノファイバー蛋白質AtaAを用いたグラム陰性細菌の固定化

    小原優季, 石川聖人, 吉本将悟, 中谷肇, 重盛一希, 堀克敏

    化学工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. バクテリオナノファイバー蛋白質AtaAを介したAcinetobacter sp. Tol 5の付着特性

    吉本将悟, 石川聖人, 重盛一希, 中谷肇, 鈴木淳巨, 堀克敏

    化学工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Immobilization of Enterobacter aerogenes by a trimetric autotransporter adhesin, AtaA and its application to bio-hydrogen production 国際会議

    DING Nan, Hajime Nakatani, Katsutoshi Hori

    Asia Biohydrogen and Bioenergy (ABHL2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. Adhesion profiles of Acinetobacter sp. Tol 5 mediated by nanofiber. 国際会議

    Shogo Yoshimoto, Masahito Ishikawa, Kazuki Shigemori, Hajime Nakatani, Atsuo Suzuki, Katsutoshi Hori

    4th International Symposium on Advanced Biological Engineering and Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  42. Genistein-mediated inhibition of mammary stromal adipocyte differentiation limits expansion of mammary stem/progenitor cells by paracrine signaling 国際会議

    Maria Theresa E. Montales, Samantha Scanlon, Hajime Nakatani, Tsukasa Matsuda, Rosalia C.M. Simmen

    Experimental Biology 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  43. Development of high-throughput protein production system using zebrafish embryos 国際会議

    H. Miyake, H. Nakatani , M. Obata, M. Hashimoto, Y. Tamaru

    Pacifichem 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  44. Preparation and characterization of novel membrane vesicle complexes in bovine milk 国際会議

    Kosuke Murakami, Hajime Nakatani, Tsukasa Matsuda

    IDF World Dairy Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. グラム陰性菌由来の毛状タンパク質による微生物の固定化と表層提示技術の統合

    2014年4月 - 2015年3月

科研費 3

  1. 病害防御機能を持つ魚類表皮由来プロバイオティクス の作用メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:20H02539  2020年4月 - 2023年3月

    中谷 肇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    水産養殖の生産拡大につれ、魚病対策が重要視される中、プロバイオティクスを用いた魚病対策が研究されている。申請者は最近の研究で、水中に投入した表皮由来の有用細菌(表皮由来プロバイオティクス)が表皮に付着し、病原菌の魚への感染を防ぐことを明らかにしてきたが、その作用メカニズムは不明であった。本研究では、水中に投入した魚類表皮由来プロバイオティクスの作用機序を、表皮細菌フローラおよび病原菌との関係、ホストの表皮免疫機構との関係に注目して明らかにする。これにより、病害防除に有効な表皮細菌フローラを魚類に構成するための方法論である「魚類表皮版プロバイオティクス」とうい新たな病害防除の実現可能性を示す。

  2. 閉鎖環境における微生物の変遷

    2015年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 天然AtaAファイバー切り出し技術を用いた非特異的吸着機構の解明

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 分子生命環境プロセス

    2017

  2. 微生物学

    2016

  3. 生物機能工学実験実習

    2015

  4. 物理化学実験

    2015