2021/04/01 更新

写真a

ニシウチ シュンサク
西内 俊策
NISHIUCHI Shunsaku
所属
大学院生命農学研究科 附属フィールド科学教育研究センター 植物生産科学部門 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士 (農学) ( 2010年3月   東京大学 ) 

  2. 修士 (農学) ( 2007年3月   東京大学 ) 

  3. 学士 (農学) ( 2005年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 育種

  2. 情報通信技術

  3. イネ

研究分野 3

  1. 環境・農学 / 遺伝育種科学

  2. 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

  3. 環境・農学 / 作物生産科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 先端技術による農業支援

経歴 2

  1. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2013年4月 - 2014年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 研究員

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   農学系研究科   生産・環境生物学専攻

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   農学系研究科   生産・環境生物学専攻

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   農学部   応用生命科学課程

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本育種学会

委員歴 1

  1. 一般社団法人日本育種学会   男女共同参画推進委員会 委員  

    2020年3月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 日本育種学会優秀発表賞

    2014年3月   日本育種学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本育種学会優秀発表賞

    2012年9月   日本育種学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 26

  1. Mutation of OUR1/OsbZIP1, which encodes a member of the basic leucine zipper transcription factor family, promotes root development in rice through repressing auxin signaling. 招待有り 査読有り

    Tomomi Hasegawa, Nonawin Lucob-Agustin, Koki Yasufuku, Takaaki Kojima, Shunsaku Nishiuchi, Atsushi Ogawa, Misuzu Takahashi-Nosaka, Mana Kano-Nakata, Mayuko Inari-Ikeda, Moeko Sato, Hiroyuki Tsuji, Cornelius Mbathi Wainaina, Akira Yamauchi, Yoshiaki Inukai.

    Plant Science     2021年

  2. QTL analysis for carbon assimilate translocation-related traits during maturity in rice (Oryza sativa L.) 査読有り

    Huan Danh Phung, Sugiura Daisuke, Sunohara Hidehiko, Maldhara Daigo, Kondo Motohiko, Nishiuchi Shunsaku, Doi Kazuyuki

    BREEDING SCIENCE   69 巻 ( 2 ) 頁: 289-296   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Problems with carbon assimilate translocation from source organs to sink (grains) during ripening cause yield losses in rice (<i>Oryza sativa</i> L.), especially in high-sink-capacity varieties. We conducted a genetic analysis of traits related to such translocation by using recombinant inbred lines. Shoot weight (SW) of T65, a <i>japonica</i> parent, was retained from heading to late maturity, whereas that of DV85, an <i>aus</i> parent, was greater than that of T65 at 5 days after heading (DAH) and then decreased until 20 DAH. This difference was observed clearly under standard-fertilizer but not low-fertilizer conditions. Non-structural carbohydrate (NSC) contents in the parents showed a tendency similar to that for SW. QTL analysis revealed pleiotropic QTLs on chromosomes 5 and 10, probably by associations with heading date QTLs. A QTL associated with harvest index and NSC at 5 DAH was detected on chromosome 1. By considering the temporal changes of the traits, we found a QTL for decrease in SW on chromosome 11; the DV85 allele of this QTL facilitated assimilate translocation and suppressed biomass growth. A suggestive QTL for NSC decrease was located on chromosome 2. These QTLs could represent potential targets for controlling carbon assimilate translocation in breeding programs.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.18203

    Web of Science

    CiNii Article

  3. Analysis of the rrl3 mutants reveals the importance of arginine biosynthesis in the maintenance of root apical meristem in rice 査読有り

    Shelley, I. J, Watanabe, S, Ozaki, H, Nagasawa, N, Ogawa, A, Takahashi-Nosaka, M, Nishiuchi, S, Yamauchi, A, Kitano, H, Inukai, Y

    Journal of Plant Studies   7 巻   頁: 36-46   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. OsPIN2, which encodes a member of the auxin efflux carrier proteins, is involved in root elongation growth and lateral root formation patterns via the regulation of auxin distribution in rice. 査読有り

    Inahashi H, Shelley IJ, Yamauchi T, Nishiuchi S, Takahashi-Nosaka M, Matsunami M, Ogawa A, Noda Y, Inukai Y

    Physiologia plantarum     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ppl.12707

    PubMed

  5. 水稲の栽培環境の設計に関する検討 査読有り

    神野 悦太郎, 西内 俊策, 北 栄輔

    設計工学・システム部門講演会講演論文集   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study is to design the cultivation environment scenario in the rice plant cultivation by using data mining technique and optimization algorithm. The use of the multi-layer neural network model predicts the yield and the quality in the rice cultivation. As the objective function, the income is defined as the product of the yield and the quality. The scenario of the daily average temperature is changed in order to maximize the objective function. The result shows that the daily temperature in Nagoya is too high for the rice Oryza sativa ’Koshihikari’.

    DOI: 10.1299/jsmedsd.2018.28.2413

    CiNii Article

  6. 水稲の栽培スケジュールの設計に関する研究 査読有り

    出射 香菜, 神野 悦太郎, 前田 佑一郎, 菅井 友駿, 西内 俊策, 北 栄輔

    設計工学・システム部門講演会講演論文集   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The schedule prediction in the rice cultivation is very important for controlling the cultivation process and then, for enhancing the farmer’s income. The aim of this study is to predict the planting and the reaping days in the rice cultivation from the weather data by using the multiple linear regression analysis. The yield and the quality of the rice cultivation are also predicted from the weather data. The rice cultivation farmer’s income is maximized by changing the heading and the reaping days in the rice cultivation. The algorithms are applied for Koshihikari and Aichinokaori in Aichi Prefecture in order to discuss the effectiveness of the present algorithms.

    DOI: 10.1299/jsmedsd.2018.28.2414

    CiNii Article

  7. 機械学習手法による水稲の出穂日予測について 査読有り

    前田 佑一郎, 神野 悦太郎, 五葉谷 太一, 西内 俊策, 北 栄輔

    設計工学・システム部門講演会講演論文集   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study is to predict the heading day of rice by using machine learning. The heading day denotes the blooming day in the rice cultivation, which is one of the important days in the rice cultivation stage. The number of days from the planting day to the heading day is taken as the objective variable. The cultivation variables such as the weather data, the position of the field and so on are taken as the explanatory variables. The prediction model is defined by using Xgboost algorithm. The prediction model showed that the average error is 3.19 days.

    DOI: 10.1299/jsmedsd.2018.28.2412

    CiNii Article

  8. 水稲農家の収入リスクに関する研究 査読有り

    出射 香菜, 神野 悦太郎, 柘植 綾香, 西内 俊策, 太田垣 駿吾, 松本 省吾, 北 栄輔

    設計工学・システム部門講演会講演論文集   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The agriculture farmer income strongly depends on the weather conditions. Therefore, the income risk evaluation is very important for sustainable development of agricultural business. The aim of this study is to evaluate the income risk in the rice cultivation farmer. The income, which is defined as the product of the yield and the quality, is predicted by using Deep Neural Network. Then, the value at risk (VaR) in the income is evaluated by Monte Carlo simulation. The result is compared with the value at the real data.

    DOI: 10.1299/jsmedsd.2018.28.2415

    CiNii Article

  9. A major locus involved in the formation of the radial oxygen loss barrier in adventitious roots of teosinte Zea nicaraguensis is located on the short-arm of chromosome 3 査読有り

    Watanabe Kohtaro, Takahashi Hirokazu, Sato Saori, Nishiuchi Shunsaku, Omori Fumie, Malik Al Imran, Colmer Timothy David, Mano Yoshiro, Nakazono Mikio

    PLANT CELL AND ENVIRONMENT   40 巻 ( 2 ) 頁: 304-316   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12849

    Web of Science

    PubMed

  10. 水稲栽培における予測とその応用 査読有り

    河邊 悦太郎, 久保 望, 西内 俊策, 北野 英巳, 北 栄輔

    計算力学講演会講演論文集   2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study is to design the cultivation environment scenario in the rice plant cultivation. The use of the neural network determines the prediction model which predicts the yield and the quality of the rice from the environmental scenario. The objective function, which is defined from the yield and the quality, is maximized by changing the scenario of the daily average temperature. The result shows that the temperature before the heading date in Nagoya is too high for the rice Oryza sativa &rsquo;Koshihikari&rsquo;.

    DOI: 10.1299/jsmecmd.2017.30.018

    CiNii Article

  11. イネの生育予測精度向上を目指した農業情報の利用 査読有り

    近藤 拓也, 西内 俊策

    人工知能学会全国大会論文集   2017 巻 ( 0 ) 頁: 2E4OS36b2-2E4OS36b2   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>本研究は、手軽な農業ITとして普及が期待されるオンサイト圃場情報を利用することで、イネの収量と品質の両立を前提とした栽培管理を支援することを目的とします。本発表ではこれまでに記録された日本各地のイネ栽培レコードをどの様に用いるか、その手法について検討を行い、農業現場において重要なイネの出穂予測精度の向上に繋がるかどうか検証を行います。</p>

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2017.0_2E4OS36b2

    CiNii Article

  12. RCN1/OsABCG5, an ATP-binding cassette (ABC) transporter, is required for hypodermal suberization of roots in rice (Oryza sativa) 査読有り

    Shiono, Katsuhiro and ANDO, Miho and Nishiuchi, Shunsaku and Takahashi, Hirokazu and Watanabe, Kohtaro and NAKAMURA, Motoaki and MATSUO, Yuichi and Yasuno, Naoko and Yamanouchi, Utako and FUJIMOTO, Masaru and Takanashi, Hideki and Ranathunge, Kosala and Franke, Rochus B and SHITAN, Nobukazu and Nishizawa, Naoko K and Takamure, Itsuro and Yano, Masahiro and Tsutsumi, Nobuhiro and Schreiber, Lukas and Yazaki, Kazufumi and Nakazono, Mikio and Kato, Kiyoaki

    The Plant Journal     頁: n/a--n/a   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.12614

  13. {SLL1, which encodes a member of the stearoyl-acyl carrier protein fatty acid desaturase family, is involved in cell elongation in lateral roots via regulation of fatty acid content in rice 査読有り

    Shelley, Israt Jahan and Nishiuchi, Shunsaku and Shibata, Kyosuke and Inukai, Yoshiaki

    Plant Science   207 巻   頁: 12--17   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2013.01.003

  14. {Does suberin accumulation in plant roots contribute to waterlogging tolerance? 査読有り

    Watanabe, Kohtaro and Nishiuchi, Shunsaku and Kulichikhin, Konstantin and Nakazono, Mikio

    Frontiers in plant science   4 巻   頁: 178   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2013.00178

  15. [Tissue specific expression of metallothionein gene during aerenchyma formation]. 査読有り

    Yamauchi T, Nishiuchi S, Nakazono M

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84 巻 ( 10 ) 頁: 857-62   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  16. {Mechanisms for coping with submergence and waterlogging in rice 査読有り

    Nishiuchi, Shunsaku and Yamauchi, Takaki and Takahashi, Hirokazu and Kotula, Lukasz and Nakazono, Mikio

    Rice   5 巻 ( 1 ) 頁: 1--14   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1939-8433-5-2

  17. {[Tissue specific expression of metallothionein gene during aerenchyma formation]. 査読有り

    Yamauchi, T and Nishiuchi, Shunsaku and Nakazono, Mikio

    Seikagaku The Journal of {\ldots   84 巻 ( 10 ) 頁: 857--862   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Identification of an ATP-binding cassette (ABC) transporter that is required for formation of suberin lamellae and the apoplastic barrier at the hypodermis in rice (Oryza sativa) 査読有り

    SHIONO Katsuhiro, ANDO Miho, NAKAMURA Motoaki, MATSUO Yuichi, YASUNO Naoko, TAKAHASHI Hirokazu, NISHIUCHI Shunsaku, FUJIMOTO Masaru, TAKANASHI Hideki, RANATHUNGE Kosala, FRANKE Rochus, SHITAN Nobukazu, NISHIZAWA Naoko K, TAKAMURE Itsuro, TSUTSUMI Nobuhiro, SCHREIBER Lukas, YAZAKI Kazufumi, NAKAZONO Mikio, KATO Kiyoaki

      20 巻 ( 5 ) 頁: .   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  19. Ectopic Expression of the K+ Channel β Subunits from Puccinellia tenuiflora (KPutB1) and Rice (KOB1) Alters K+ Homeostasis of Yeast and Arabidopsis 査読有り

    Sintho Wahyuning Ardie, Shunsaku Nishiuchi, Shenkui Liu, and Tetsuo Takano

    Mol. Biotechnol.     2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12033-010-9349-3

  20. Identification of genes expressed in maize root cortical cells during lysigenous aerenchyma formation using laser microdissection and microarray analyses. 査読有り

    Imene Rajhi*, Takaki Yamauchi*, Hirokazu Takahashi, Shunsaku Nishiuchi, Katsuhiro Shiono, Ryosuke Watanabe, Ahmed Mliki, Yoshiaki Nagamura, Nobuhiro Tsutsumi, Naoko K. Nishizawa and Mikio Nakazono

    New Phytologist     2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11103-007-9133-3

  21. {Analysis of expressed sequence tags from a NaHCO(3)-treated alkali-tolerant plant, Chloris virgata. 査読有り

    Nishiuchi, Shunsaku and Fujihara, Kazumasa and Shennkui, Liu and Takano, Tetsuo

    Plant physiology and biochemistry : PPB / Soci{\'e   48 巻 ( 4 ) 頁: 247--255   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plaphy.2010.01.024

  22. Characterization of two plasma membrane protein 3 genes (PutPMP3) from the alkali grass, Puccinellia tenuiflora, and functional comparison of the rice homologues, OsLti6a/b from rice 査読有り

    Zhang Chang-Qing, Shunsaku Nishiuchi, Liu Shenkui, and Takano Tetsuo

    BMB Reports   41 巻 ( 6 ) 頁: 448-454   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Expression of an NADP-malic enzyme gene in rice (Oryza sativa. L) is induced by environmental stresses; over-expression of the gene in Arabidopsis confers salt and osmotic stress tolerance. 査読有り

    Shenkui Liu, Yuxiang Cheng, Xinxin Zhang, Qingjie Guan, Shunsaku Nishiuchi, Kenichi Hase, and Tetsuo Takano

    Plant Mol Biol     2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11103-007-9133-3

  24. {Isolation and characterization of a metallothionein-1 protein in Chloris virgata Swartz that enhances stress tolerances to oxidative, salinity and carbonate stress in Saccharomyces cerevisiae. 査読有り

    Nishiuchi, Shunsaku and Shennkui, Liu and Takano, Tetsuo

    Biotechnology Letters   29 巻 ( 8 ) 頁: 1301--1305   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10529-007-9396-4

  25. {Expression of Rice OsAPX1 Gene and its Salt Tolerance in Tobacco 査読有り

    Guan, Qingjie and Qiuxiang, Luo and Dexi, Xia and Yaowen, Li and Han, Liang and XinXin, Zhang and Nishiuchi, Shunsaku and Takanoo, Tetsuo and Shennkui, Liu

    Molecular Plant Breeding   5 巻 ( 1 ) 頁: 1--7   2007年

     詳細を見る

    記述言語:中国語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. {The Relationship of Arabidopsis thaliana Thioredoxin M-type 1 (AtTRX m1)Gene with Environmental Stress 査読有り

    Dexi, Xia and Qingjie, Guan and shumei, jin and Yujia, Li and Han, Liang and XinXin, Zhang and Nishiuchi, Shunsaku and Takano, Tetsuo and Shenkui, Liu

    Molecular Plant Breeding   5 巻 ( 1 ) 頁: 21--26   2007年

     詳細を見る

    記述言語:中国語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC 6

  1. 台中65号とLijiangxintuanheigu(LTH)の交雑で見出されたイネの新規F<sub>2</sub>弱勢遺伝子hwj1とhwj2

    國枝真依, 鈴木竜, 田崎三香子, 西内俊策, 西内俊策, 土井一行, 春原英彦  

    育種学研究20 巻   頁: 247   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  2. イネ品種DadahupとMilyang23を用いた鉄過剰耐性形質に関するQTL解析

    平川嵩久, 高橋宏和, 西内俊策, 春原英彦, 村瀬潤, 土井一行, 犬飼義明, 中園幹生  

    育種学研究18 巻   頁: 22   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  3. 長期有機物連用圃場の植物病害抑止性と微生物叢

    村瀬潤, 西内俊策, 亀岡笑, 田原保樹, 日置真優, 伊達康博, 菊地淳, 北野英己, 柘植尚志  

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2016 巻   頁: 87   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  4. P3-1-13 異なる有機物資材の長期施用が畑土壌の細菌群集に及ぼす影響(ポスター,3-1 土壌生物の生態と機能,2015年度京都大会)

    村瀬 潤, 田原 保樹, 日置 真優, 西内 俊策, 北野 英己, 柘植 尚志  

    日本土壌肥料学会講演要旨集61 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本土壌肥料学会  

    CiNii Article

  5. テオシントが持つ根に関する耐湿性関連形質を導入したトウモロコシ系統の作出

    間野吉郎, 大森史恵, 玉置宏之, 黄川田智洋, 高橋亘, 三ツ橋昇平, 佐藤尚, 渡邊宏太郎, 西内俊策, 中園幹生  

    根の研究23 巻 ( 4 ) 頁: 119   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  6. 植物の通気組織形成過程におけるメタロチオネインの組織特異的な発現制御. 招待有り 査読有り

    山内卓樹, 西内俊策, 中園幹生  

    生化学84 巻 ( 10 ) 頁: 857 - 862   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 大規模衛星データの農業利用を目的としたデータAPI、及びアプリケーションの開発

    研究課題番号:IDEAS202001  2020年07月 - 2021年03月

    2020年度共同研究 特定課題研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:600000円 ( 直接経費:600000円 )

  2. 育種ビッグデータの整備および情報解析技術を活用した高度育種システムの開発

    2018年10月 - 2023年03月

    戦略的プロジェクト研究推進事業 

    米丸 淳一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. 遺伝型・表現型が支配する水稲根圏の微生物食物連鎖構造と機能

    研究課題/研究課題番号:20H02887  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村瀬 潤, 中園 幹生, 土井 一行, 西内 俊策

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    根圏は植物と土壌微生物の相互作用のホットスポットである。植物根が土壌微生物に特徴的な生育環境を提供する一方、植物の良好で健全な生長は根圏微生物群集の構成やはたらきと深い関係にある。原生生物による捕食作用は、細菌・糸状菌の群集構造や活性に影響を与える重要なファクターであると認識されているが、根圏での原生生物のはたらきが他の微生物および植物の生育に与える影響はほとんど明らかにされていない。本研究では、水稲根圏における微生物食物連鎖の構造とその機能を解析し、イネの品種と根圏微生物との連関を明らかにする。

  2. レガシーデータに基づくイネの品質と生産性に関わる因果関係の解析と機械学習を用いたオンサイト生育診断技術の開発

    2016年10月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  さきがけ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 有機性廃棄物連用土壌の微生物叢と作物生産性

    2014年07月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    柘植 尚志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. イネ細胞壁の芳香族化合物蓄積を制御するWRKY型転写因子の機能解析とその利用

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究の目的は、イネ転写因子OsWRKY23がイネの細胞壁に含まれる芳香族成分の蓄積にどのように関わるのかを明らかにし、植物の形質に与える影響を明らかにする事であった。
    OsWRKY23-SRDX系統では長鎖脂肪酸の生合成に関与する遺伝子やリグニン、スベリンモノマーの重合に働く遺伝子の発現の変動が見られたが、PAM配列に隣接する領域に変異を導入したOsWRKY23欠損変異体では、期待したASFT11の発現減少は見られず、芳香族成分の蓄積への直接の関与は確認されなかった。本解析から、OsWRKY23が芳香族成分の蓄積に間接的に関与することが示された。

  5. イネの耐湿性及び耐乾性に寄与する根の外皮特異的なスベリン蓄積制御機構の解明

    2013年04月 - 2014年07月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 植物分子育種学特論

    2020

  2. 植物ゲノム利用学

    2020

  3. 情報リテラシー

    2020

  4. 資源生物科学実験実習

    2020

 

メディア報道 1

  1. 米のトータル生産コスト低減を目指して 会誌・広報誌

    JAあいち経済連  かけはし  Timely News  2019年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 2

  1. 露地におけるドローンの農業利用について

    パネル司会・セッションチェア等

    愛知県農業総合試験場広域指導室  2020年12月8日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  2. ドローンの農業利用

    パネル司会・セッションチェア等

    東海農政局 生産部 生産技術環境課  2019年2月5日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等