Updated on 2023/03/13

写真a

 
ITOH, Akihiro
 
Organization
Graduate School of Education and Human Development Department of Educational Sciences Foundations of Education and Human Development Professor
Institute of Liberal Arts and Sciences Headquarters Part-time faculty member
Graduate School
Graduate School of Education and Human Development
Undergraduate School
School of Education
Title
Professor
Contact information
メールアドレス

Degree 2

  1. 博士(教育学) ( 名古屋大学 ) 

  2. 教育学修士 ( 名古屋大学 ) 

Research Interests 1

  1. higher education, sociology of education, history of higher education

Research Areas 4

  1. Others / Others  / Higher Education Policy

  2. Others / Others  / History of Higher Education

  3. Others / Others  / Sociology of Education

  4. Humanities & Social Sciences / Sociology  / historical sociology

Current Research Project and SDGs 4

  1. 戦時期および戦後占領期における私立大学の経営行動

  2. Historical Sociology of Modern Japanese Higher Education

  3. Higher Education Policy in Post-war Japan

  4. 近代日本における私立大学の有する人的ネットワークに関する実証的研究

Education 1

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Education   Education

    - 1986

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. 日本教育社会学会

  2. 日本高等教育学会

Committee Memberships 3

  1. 日本高等教育学会   研究紀要編集委員会委員長  

    2021.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  2. 日本高等教育学会   理事  

    2020.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  3. 日本教育社会学会   理事  

    2000.4   

      More details

    Committee type:Academic society

 

Papers 17

  1. 高度成長期と技術者養成教育-高等教育機関をめぐって

    伊藤彰浩

    日本労働研究雑誌   ( 634 ) page: 40-51   2013.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 戦争と私立大学─戦時期・戦後改革期の私大財政を中心に

    伊藤彰浩

    大学論集   Vol. 44   page: 97-113   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 戦時期と進学熱ー高等教育をめぐって

    伊藤彰浩

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   Vol. 56 ( 2 ) page: 79-96   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 戦時期私立大学の経営と財務ー『苦難の日』だったのか?

    伊藤彰浩

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   Vol. 55巻 ( 2号 ) page: 47-66   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Public and Private Sectors in the Process of Higher Education Expansion : The Case of Inter-war Japan Invited

    The Journal of Educational Sociology   ( 52 ) page: 36-54   1993

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. *"Development of Historical Studies of Japanese HigherEducaiton, Invited

    Akihito Itoh

    Higher Education Research in Japan, Vol.4   Vol. Vol.4   page: 51-75   2007.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 近代日本の高等教育の歴史研究の展開 Invited

    伊藤彰浩

    『大学論集』   Vol. 36   page: 149ー168   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本論文は、1993年以降の日本高等教育史を対象とした諸研究の動向をレビューし、それらの研究が量的に増加しつつあるともに、対象とする領域をも拡大しつつあること、その背後に学術研究をめぐるいくつかの要因があること、そしてそうした「隆盛」のなかにあっても克服すべき課題が存在することを明らかにした。

  8. 戦後高等教育拡大と国会『請願』-1947~1967-

    伊藤彰浩

    『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)』   Vol. 52 ( 1 ) page: 1-16   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. *Higher Education Reform in Perspective: The Japanese Experience Invited

    Akihito Itoh

    Higher Education   Vol. 43 ( 1 ) page: 7-25   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. Japan's Period of Rapid Economic Growth and Science and Technology Education: The Role of Higher Education Institutions Invited

    Akihiro Itoh

    Japan Labor Review   Vol. 11 ( 3 ) page: 35-57   2014

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. Government and Quality Assurance in Higher Education

    Bulletin of the Graduate School of Education and Human Development(Educational Sciences)   Vol. 47 ( 1 ) page: 31-44   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. The Political Process of Higher Educational Expansion in Taisyo Era Reviewed

    The Journal of Educational Sociology   ( 41 ) page: 110-124   1986

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. Historical Studies in Sociology of Education: A Review 1990-1995 Invited

    The Journal of Educational Sociology   ( 57集 ) page: 41-54   1995

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. Recent Trends in Historical Studies of Japanese Higher Education Invited

    Research in Higher Education   ( 22 ) page: 141-161   1993

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. The Manpower Policy and Higher Education during W. W. II Japan

    Research in Higher Education   ( 18 ) page: 127-148   1989

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 戦間期アメリカにおける州立高等教育システムと研究大学(その1)

    伊藤彰浩

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   Vol. 63 ( 2 ) page: 19−33   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. Government-University Relations in Wartime Japan: Empirical Aspects of Policy Responses at Private Universes.

    Akihito Itoh

      Vol. 64 ( 1 ) page: 33−47   2017

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 11

  1. Private Universities in Wartime Japan

    Akihiro Itoh( Role: Sole author)

    University of Nagoya Press  2021.4  ( ISBN:978-4-8158-1024-5

     More details

    Total pages:338   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. Japanese Higher Education in Interwar Periocl

    ( Role: Sole author)

    Tamagawa University Press  1999 

     More details

    Language:Japanese

  3. 大学大衆化への過程ー戦後日本における量的拡大と学生層の変容

    伊藤彰浩( Role: Sole author)

    広田他編『大衆化する大学』(シリーズ大学2)岩波書店  2013.4 

     More details

    Language:Japanese

  4. Higher Education Expansion and New Middle Class

    ( Role: Sole author)

    Modern Japanese History  1993 

     More details

    Language:Japanese

  5. 帝国大学の大学教授市場

    伊藤彰浩( Role: Joint author)

    山野井敦徳編著『日本の大学教授市場』玉川大学出版部  2007 

     More details

    Language:Japanese

  6. 大卒者の就職・採用のメカニズム-日本的移行過程の形成と変容-

    ( Role: Joint author)

    寺田編『キャリア形成・就職メカニズムの国際比較』晃洋書房  2004.5 

     More details

    Language:Japanese

  7. 社会のなかの学校とその改革

    伊藤彰浩( Role: Joint author)

    今津・馬越・早川編『新しい教育の原理』名古屋大学出版会  2005.3 

     More details

    Language:Japanese

  8. University Council and Higher Education Policy

    Higher Education and Policy Evaluation  2000 

     More details

    Language:Japanese

  9. 教育原理を組み直すー変革の時代をこえて

    松下晴彦、伊藤彰浩、服部美奈( Role: Joint editor)

    名古屋大学出版会  2021.10 

     More details

    Total pages:325   Responsible for pages:123-139   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  10. 教育と学びの原理

    早川操、伊藤彰浩編著( Role: Joint author)

    名古屋大学出版会  2015.7 

     More details

    Language:Japanese

  11. 高等教育の社会学

    ガンポート著、伊藤彰浩・橋本鉱市・阿曽沼明裕監訳( Role: Joint author)

    玉川大学出版部  2015.6 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 9

  1. 戦争と私立大学―戦中・戦後改革期の私大財務を中心に―

    伊藤彰浩

    日本高等教育学会第15回大会 

     More details

    Event date: 2012.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京医大額   Country:Japan  

  2. 戦時期・戦後初期の私立大学 ―“戦時バブル”とその後―

    伊藤彰浩

    日本教育社会学会第63回プログラム 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  3. 高等教育機関授業料の戦前と戦後 分布と変動

    伊藤彰浩

    日本高等教育学会第13回大会 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:関西国際大学   Country:Japan  

  4. 戦時期私立大学と政府ー「苦難」の時代だったのか?ー、日本教育社会学会、2008年9月19日、上越教育大学

    伊藤彰浩

    日本教育社会学会第60回大会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  5. 「高等遊民」のゆくえ-学生・就職・公共性

    伊藤彰浩

    「国民文化を再考する-帝国日本における日常と公共性」プレ・シンポジウム 

     More details

    Event date: 2005.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  6. 戦後高等教育拡大と国会「請願」-1947~1968-

    伊藤彰浩

    日本教育社会学会第54回大会 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  7. 戦間期日本の高等教育"縮小"政策

    伊藤彰浩

    高等教育計画・財政研究会 

     More details

    Event date: 2001.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  8. 戦時期日本における高等教育進学 -私立大学を中心に-

    伊藤彰浩

    日本教育社会学会第61回 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  9. 忘れられた私立大学団体:戦間期〜戦後初期の私立大学と全国私立大学連合会

    伊藤彰浩

    日本高等教育学会第22回大会  2019.6.8  日本高等教育学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢市  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 1

  1. 戦時期日本における私立大学と高等教育政策に関する実証的研究

    2006

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 4

  1. 戦前期から戦後初期における私立大学の有する人的ネットワークに関する実証的研究

    Grant number:22K02349  2022.4 - 2026.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    伊藤 彰浩

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3640000 ( Direct Cost: \2800000 、 Indirect Cost:\840000 )

    本研究の目的は、明治中期から第二次大戦後初期にいたる間の、私立大学がもつ人的ネットワークの実態を、当該時期の大学ガバナンスに関わる会議体のメンバーおよび同窓会役員の属性分析によって明らかにしていくことである。 分析は1945年の第二次世界大戦敗戦時に大学としての法的地位をもっていた27の私立大学を対象として、明治期中期から昭和戦後期まで5時点についておこなう。

  2. 1950年代の私立大学経営に関する基礎的研究

    Grant number:18K02723  2018.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    伊藤 彰浩

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4030000 ( Direct Cost: \3100000 、 Indirect Cost:\930000 )

    本研究は1950年代の私立大学経営の実態を、個別大学データと政策環境、そして学生の進学行動の3側面から明らかにすることを目的とする。戦後占領期と高度経済成長期の間にはさまれたこの時期の私立大学に関しては、本格的な先行研究は皆無と言ってよく、またそれに関わる基本的なデータすら整理されていない。本研究はそうした空白を埋めるとともに、大拡張の時代を準備した時期とはいかなるものだったのかを、敗戦後の混乱から経済成長への社会変動期のなかに私立大学を位置づけ、さらにはこれまでの申請者による戦間期・戦時期・戦後占領期の私立大学研究に関する知見と合わせて、長いスパンで明らかにすることをめざした。
    具体的には、個々の私立大学にかかわる沿革史や数量データなどの収集とともに、私立大学団体の資料、さらに政府の私立大学政策関連の資料等の収集をすすめた。加えて、私大経営の全体像をみるには、初等・中等教育機関等の設置の状況も重要になるため、それらの法人に関するデータも収集した。また学生数データに加えて教員数データの調査もおこなった。
    以上のデータは、研究補助者とともに、データ入力をおこない、データベースを作成している。それらのデータの本格的な分析は今後の課題でもあるが、それら私立大学間でかなり多様な経営行動がみられるということが改めてわかってきた。 他方で、私立大学団体に関しては、さし当たりはそれらの団体が刊行する機関誌等の収集をすすめている。さらに日本私立大学連盟の機関誌の調査をおこない、各記事内容についてもデータベース化をすすめている。それら機関誌からは私立大学自体にかかわる動向のみならず、当時の政府の私立大学政策に関しても有用な情報が得られることがわかった。
    研究開始当初は研究課題は順調にすすみつつあったが、2020年に入ってから、感染症の影響で遠方への出張がしにくくなった。本研究では国会図書館等の東京所在の図書館・資料館や各私立大学での調査が非常に重要であるが、出張による調査ができなかったため、資料収集が中途で止まってしまっている。また一時は、やはり感染症の影響で、研究補助の学生に作業を依頼することも難しくなり、データベース作成でも作業が中断した状態にあった。全体としてみれば、おおよそ研究機関の半分程度の期間については順調に作業がすすんだが、その後については予定していたものが必ずしも計画通りには進まなかったといわざるをえない。
    2022年度にも一部の研究経費をもちこしており、今後感染症の状況が改善に向かえば、これまでできなかった研究課題の実施をおこなう予定である。

  3. アメリカ各州における高等教育機関の機能分化と研究大学

    2014.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  4. The Functional Differentiation of Higher Education Institutuions and Research Universities in US States

    Grant number:26285189  2014.4 - 2019.3

    Itoh Akihito

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\14170000 ( Direct Cost: \10900000 、 Indirect Cost:\3270000 )

    First, our field survey provided insights into the positive or limited roles the US states played for the foundation of public research universities. In particular, the states played a role in maintaining a framework for the size and scope of these research universities, while the financial support was seen as a function where the federal government played a major role. Second, by examining the macrostructure and factors of functional differentiation in California, using data such as IPEDS, the actual states of functional differentiation regarding the scale, scope, education-research environment, and economic basis of higher education institutions were revealed. Third, by analyzing the historical development of research universities, the context-dependence of functional differentiation among the public higher education sectors in several states was clarified. Fourth, we examined the advanced statistical analysis needed to carry out this study and explored its applicability.

 

Teaching Experience (On-campus) 12

  1. 教育学

    2021

  2. 高等教育基礎論1

    2021

  3. 教育社会学研究Ⅱ

    2021

  4. 教育社会学研究Ⅰ

    2021

  5. 研究方法基礎論Ⅱ

    2021

  6. 教育方法基礎論Ⅰ

    2021

  7. 教育社会学講義Ⅳ

    2021

  8. 国際社会における教育と文化

    2021

  9. 教育社会学研究Ⅱ

    2020

  10. 教育社会学研究Ⅰ

    2020

  11. 高等教育基礎論1

    2020

  12. 概説社会学

    2020

▼display all

 

Media Coverage 2

  1. 理・工・農 私大の転換課題 Newspaper, magazine

    読売新聞  読売新聞2023年1月28日朝刊、11面  2023.1

     More details

    Author:Other 

  2. 大学への「飛び入学」 後編 Newspaper, magazine

    中日新聞  朝刊教育4面 11頁  2021.10

     More details

    Author:Other