2021/03/26 更新

写真a

オカザキ ヤスマサ
岡﨑 泰昌
OKAZAKI, Yasumasa
所属
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻 病理病態学 講師
職名
講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2005年3月   岡山大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 酸化ストレスと鉄代謝、中皮腫

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 実験病理学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 動物モデルの悪性中皮腫発生過程におけるmicroRNAの役割

  2. 生体における鉄代謝

  3. 中皮腫に対するプラズマ医療

  4. カーボンナノチューブの毒性評価

  5. 酸化ストレスと腎発がんモデル

経歴 5

  1. 名古屋大学医学系研究科 生体反応病理学 講師

    2012年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学系研究科 附属医学教育研究支援センター(生体反応病理学) 流動助教

    2009年7月 - 2012年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 岡山大学医歯薬学総合研究科 第一病理 助教

    2007年7月 - 2009年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. Louisiana State University Health Sciences Center,Feist-Weiller Cancer Center, Hematology/Oncology, Postdoctoral fellow.

    2005年7月 - 2007年7月

  5. 岡山大学医歯学研究科 第一病理(病態探究医学) 助手

    2005年4月 - 2005年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 岡山大学   医学系研究科   病態探究医学

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岡山大学   医学部

    1994年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本病理学会 ID:10110   病理専門医 (2849)

    2010年7月 - 現在

  2. 日本臨床細胞学会 ID:12002150   細胞診専門医(2979)

    2012年12月 - 現在

  3. 日本鉄バイオサイエンス学会   事務局 幹事(201207~201907まで)代議員(202009から)

    2004年9月 - 現在

  4. 日本酸化ストレス学会   評議員

    2015年7月 - 現在

  5. 日本癌学会 ID:046395

  6. 日本組織細胞化学会

  7. アメリカ生理学会 ID:103441

  8. アメリカ癌学会 ID:343669

  9. 日本過酸化脂質・抗酸化物質学会

▼全件表示

受賞 9

  1. 学術研究賞(A演説)

    2020年11月   日本病理学会   アスベストによる中皮細胞傷害と発がん機構の解析

    岡崎泰昌

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition High Citation Award

    2017年6月   Society for Free Radical Research Japan   J Clin Biochem Nutr, 2014, 55(3)207-215

    OKAZAKI, Yasumasa

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 平成27年度 学術奨励賞 

    2016年5月   日本病理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 2015年度八木記念学術奨励賞

    2015年6月   日本酸化ストレス学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 6th Biennial Meeting of SFRR (Society for Free Radical Research) Asia, Informa Healthcare Prestigious Poster Award

    2013年10月   SFRR Asia  

     詳細を見る

    受賞国:台湾

  6. 5th Biennial Meeting of SFRR (Society for Free Radical Research) Asia, SFRR Japan Young Investigator Award

    2011年9月   SFRR Japan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 第64回日本酸化ストレス学会学術奨励賞

    2011年7月   日本酸化ストレス学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. SFRR Japan Young Investigator Award 2010

    2010年11月   Society for Free Radical Research Japan  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  9. Travel award

    2007年4月   Second Congress of International BioIron Society  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 57

  1. L-Dehydroascorbate efficiently degrades non-thermal plasma-induced hydrogen peroxide 査読有り 国際誌

    Okazaki Yasumasa, Ishidzu Yuuri, Ito Fumiya, Tanaka Hiromasa, Hori Masaru, Toyokuni Shinya

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   700 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2021.108762

    Web of Science

  2. Overexpression of miR-199/214 is a distinctive feature of iron-induced and asbestos-induced sarcomatoid mesothelioma in rats 査読有り 国際誌

    Okazaki Yasumasa, Chew Shan Hwu, Nagai Hirotaka, Yamashita Yoriko, Ohara Hiroki, Jiang Li, Akatsuka Shinya, Takahashi Takashi, Toyokuni Shinya

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 6 ) 頁: 2016 - 2027   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14405

    Web of Science

  3. Frequent homozygous deletion of Cdkn2a/2b in tremolite-induced malignant mesothelioma in rats 査読有り 国際誌

    Okazaki Yasumasa, Misawa Nobuaki, Akatsuka Shinya, Kohyama Norihiko, Sekido Yoshitaka, Takahashi Takashi, Toyokuni Shinya

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 4 ) 頁: 1180 - 1192   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14358

    Web of Science

  4. Mth1 deficiency provides longer survival upon intraperitoneal crocidolite injection in female mice 査読有り 国際誌

    Funahashi Satomi, Okazaki Yasumasa, Akatsuka Shinya, Takahashi Takashi, Sakumi Kunihiko, Nakabeppu Yusaku, Toyokuniaf Shinya

    FREE RADICAL RESEARCH   54 巻 ( 2-3 ) 頁: 195 - 205   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2020.1743285

    Web of Science

  5. L-Dehydroascorbic acid recycled by thiols efficiently scavenges non-thermal plasma-induced hydroxyl radicals 査読有り 国際誌

    Okazaki Yasumasa, Tanaka Hiromasa, Hori Masaru, Toyokuni Shinya

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   669 巻   頁: 87 - 95   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2019.05.019

    Web of Science

  6. A fluorescent metal-sensor study provides evidence for iron transport by transcytosis in the intestinal epithelial cells 査読有り 国際共著 国際誌

    Ma Yuxiang, Okazaki Yasumasa, Glass Jonathan

    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   62 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 55   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.17-74

    Web of Science

    PubMed

  7. Global overexpression of divalent metal transporter 1 delays crocidolite-induced mesothelial carcinogenesis in male mice 査読有り 国際誌

    Funahashi Satomi, Okazaki Yasumasa, Nishiyama Takahiro, Ohyoshi Hidekazu, Yasui Hiroyuki, Nishida Kazuki, Matsui Shigeyuki, Toyokuni Shinya

    FREE RADICAL RESEARCH   52 巻 ( 9 ) 頁: 1030 - 1039   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2018.1514604

    Web of Science

    PubMed

  8. Induction of cancer cell-specific ferroptosis by non-thermal plasma exposure 招待有り 査読有り 国際誌

    Okazaki Yasumasa, Toyokuni Shinya

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   59 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. Carcinogenesis as Side Effects of Iron and Oxygen Utilization: From the Unveiled Truth toward Ultimate Bioengineering 招待有り 査読有り 国際誌

    Toyokuni Shinya, Kong Yingyi, Cheng Zhen, Sato Kotaro, Hayashi Shotaro, Ito Fumiya, Jiang Li, Yanatori Izumi, Okazaki Yasumasa, Akatsuka Shinya

    CANCERS   12 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers12113320

    Web of Science

  10. Asbestos conceives Fe(II)-dependent mutagenic stromal milieu through ceaseless macrophage ferroptosis and beta-catenin induction in mesothelium 査読有り 国際誌

    Ito Fumiya, Yanatori Izumi, Maeda Yuki, Nimura Kenta, Ito Satoki, Hirayama Tasuku, Nagasawa Hideko, Kohyama Norihiko, Okazaki Yasumasa, Akatsuka Shinya, Toyokuni Shinya

    REDOX BIOLOGY   36 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.redox.2020.101616

    Web of Science

  11. Oxidative stress-dependent and -independent death of glioblastoma cells induced by non-thermal plasma-exposed solutions 査読有り 国際誌

    Tanaka Hiromasa, Mizuno Masaaki, Katsumata Yuko, Ishikawa Kenji, Kondo Hiroki, Hashizume Hiroshi, Okazaki Yasumasa, Toyokuni Shinya, Nakamura Kae, Yoshikawa Nobuhisa, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Hori Masaru

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-50136-w

    Web of Science

  12. Twist1 was detected in mesenchymal cells of mammary fibroadenoma and invasive components of breast carcinoma in rats 査読有り 国際誌

    Funahashi Satomi, Okazaki Yasumasa, Nagai Hirotaka, Chew Shan Hwu, Ogawa Kumiko, Toyoda Takeshi, Cho Young-Man, Toyokuni Shinya

    JOURNAL OF TOXICOLOGIC PATHOLOGY   32 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 26   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1293/tox.2018-0029

    Web of Science

  13. Glioblastoma Cell Lines Display Different Sensitivities to Plasma-Activated Medium 査読有り 国際誌

    Tanaka Hiromasa, Mizuno Masaaki, Ishikawa Kenji, Takeda Keigo, Hashizume Hiroshi, Nakamura Kae, Utsumi Fumi, Kajiyama Hiroaki, Okazaki Yasumasa, Toyokuni Shinya, Akiyama Shinichi, Maruyama Shoichi, Kikkawa Fumitaka, Hori Masaru

    IEEE TRANSACTIONS ON RADIATION AND PLASMA MEDICAL SCIENCES   2 巻 ( 2 ) 頁: 99 - 102   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TRPMS.2017.2721973

    Web of Science

  14. Phlebotomy as a preventive measure for crocidolite-induced mesothelioma in male rats 査読有り 国際誌

    Ohara Yuuki, Chew Shan-Hwu, Shibata Takahiro, Okazaki Yasumasa, Yamashita Kyoko, Toyokuni Shinya

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 2 ) 頁: 330 - 339   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13460

    Web of Science

  15. Role of catalytic iron and oxidative stress in nitrofen-induced congenital diaphragmatic hernia and its amelioration by Saireito (TJ-114) 査読有り 国際誌

    Hirako Shima, Tsuda Hiroyuki, Ito Fumiya, Okazaki Yasumasa, Hirayama Tasuku, Nagasawa Hideko, Nakano Tomoko, Imai Kenji, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka, Toyokuni Shinya

    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   61 巻 ( 3 ) 頁: 176 - 182   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.17-17

    Web of Science

  16. Protoporphyrin IX Regulates Peripheral Benzodiazepine Receptor Associated Protein 7 (PAP7) and Divalent Metal Transporter 1 (DMT1) in K562 Cells 査読有り

    Okazaki Y and Glass J.

    Biochem Biophys Rep   10 巻   頁: 26-31   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2017.02.007

    PubMed

  17. Astaxanthin ameliorates ferric nitrilotriacetate-induced renal oxidative injury in rats 査読有り 国際誌

    Okazaki Yasumasa, Okada Shigeru, Toyokuni Shinya

    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   61 巻 ( 1 ) 頁: 18 - 24   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.16-114

    Web of Science

  18. Iron and thiol redox signaling in cancer: An exquisite balance to escape ferroptosis 招待有り 査読有り 国際誌

    Toyokuni Shinya, Ito Fumiya, Yamashita Kyoko, Okazaki Yasumasa, Akatsuka Shinya

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   108 巻   頁: 610 - 626   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.04.024

    Web of Science

  19. Non-thermal plasma induces a stress response in mesothelioma cells resulting in increased endocytosis, lysosome biogenesis and autophagy 査読有り 国際共著 国際誌

    Shi Lei, Ito Fumiya, Wang Yue, Okazaki Yasumasa, Tanaka Hiromasa, Mizuno Masaaki, Hori Masaru, Hirayama Tasuku, Nagasawa Hideko, Richardson Des R., Toyokuni Shinya

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   108 巻   頁: 904 - 917   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.04.368

    Web of Science

  20. Stapled BIG3 helical peptide ERAP potentiates anti-tumour activity for breast cancer therapeutics 査読有り 国際誌

    Yoshimaru Tetsuro, Aihara Keisuke, Komatsu Masato, Matsushita Yosuke, Okazaki Yasumasa, Toyokuni Shinya, Honda Junko, Sasa Mitsunori, Miyoshi Yasuo, Otaka Akira, Katagiri Toyomasa

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-01951-6

    Web of Science

  21. Rheostatic CD44 isoform expression and its association with oxidative stress in human malignant mesothelioma 査読有り 国際誌

    Chew Shan Hwu, Okazaki Yasumasa, Akatsuka Shinya, Wang Shenqi, Jiang Li, Ohara Yuuki, Ito Fumiya, Saya Hideyuki, Sekido Yoshitaka, Toyokuni Shinya

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   106 巻   頁: 91 - 99   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.02.011

    Web of Science

  22. Protein kinase A inhibition facilitates the antitumor activity of xanthohumol, a valosin-containing protein inhibitor 査読有り 国際誌

    Shikata Yuki, Yoshimaru Tetsuro, Komatsu Masato, Katoh Hiroto, Sato Reiko, Kanagaki Shuhei, Okazaki Yasumasa, Toyokuni Shinya, Tashiro Etsu, Ishikawa Shumpei, Katagiri Toyomasa, Imoto Masaya

    CANCER SCIENCE   108 巻 ( 4 ) 頁: 785 - 794   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13175

    Web of Science

  23. Biphasic effects of l-ascorbate on the tumoricidal activity of non-thermal plasma against malignant mesothelioma cells. 査読有り

    Shi L, Wang Y, Ito F, Okazaki Y, Tanaka H, Mizuno M, Hori M, Richardson DR, Toyokuni S.

    Arch Biochem Biophys.   605 巻   頁: 109-116   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2016.05.016

    PubMed

  24. Role of hemoglobin and transferrin in multi-wall carbon nanotube-induced mesothelial injury and carcinogenesis. 査読有り

    Wang Y, Okazaki Y, Shi L, Kohda H, Tanaka M, Taki K, Nishioka T, Hirayama T, Nagasawa H, Yamashita Y, Toyokuni S

    Cancer Sci   107 巻 ( 3 ) 頁: 250-257   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12865

    PubMed

  25. Asbestos and multi-walled carbon nanotubes generate distinct oxidative responses in inflammatory cells. 査読有り

    Funahashi S, Okazaki Y, Ito D, Asakawa A, Nagai H, Tajima M, Toyokuni S.

    J Clin Biochem Nutr   56 巻 ( 2 ) 頁: 111-117   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.14-92

    PubMed

  26. Plasma Medical Science for Cancer Therapy: Toward Cancer Therapy Using Nonthermal Atmospheric Pressure Plasma 招待有り 査読有り

    *Tanaka H, Mizuno M, Ishikawa K, Takeda K, Nakamura K, Utsumi F, Kajiyama H, Kano H, Okazaki Y, Toyokuni S, Maruyama S, Kikkawa F, Hori M.

    IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE   42 巻 ( 12 ) 頁: 3760-3764   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TPS.2014.2353659

  27. Direct exposure of non-equilibrium atmospheric pressure plasma confers simultaneous oxidative and ultraviolet modifications in biomolecules. 査読有り

    Okazaki Y, Wang Y, Tanaka H, Mizuno M, Nakamura K, Kajiyama H, Kano H, Uchida K, Kikkawa F, Hori M, *Toyokuni S.

    J Clin Biochem Nutr.   55 巻 ( 3 ) 頁: 207-215   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.14-40

  28. Rat model demonstrates a high risk of tremolite but a low risk of anthophyllite for mesothelial carcinogenesis. 査読有り

    Aierken D, Okazaki Y, Chew SH, Sakai A, Wang Y, Nagai H, Misawa N, Kohyama N, *Toyokuni S

    Nagoya J Med Sci   76 巻 ( 1-2 ) 頁: 149-160   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Cancer-promoting role of adipocytes in asbestos-induced mesothelial carcinogenesis through dysregulated adipocytokine production. 査読有り

    Chew SH, Okazaki Y, Nagai H, Misawa N, Akatsuka S, Yamashita K, Jiang L, Yamashita Y, Noguchi M, Hosoda K, Sekido Y, Takahashi T, *Toyokuni S

    Carcinogenesis   35 巻 ( 1 ) 頁: 164-172   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgt267.

  30. Deferasirox induces mesenchymal-epithelial transition in crocidolite-induced mesothelial carcinogenesis in rats 査読有り

    Nagai H, Okazaki Y, Chew SH, Misawa N, Yasui H, *Toyokuni S

    Cancer Prev Res (Phila)   6 巻 ( 11 ) 頁: 1222-1230   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Intraperitoneal administration of tangled multiwalled carbon nanotubes of 15 nm in diameter does not induce mesothelial carcinogenesis in rats 査読有り

    Nagai H, Okazaki Y, Chew SH, Misawa N, Miyata Y, Shinohara H, *Toyokuni S

    Pathol Int   63 巻 ( 9 ) 頁: 457-462   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.12093.

  32. CD146 and insulin-like growth factor 2 mRNA-binding protein 3 predict prognosis of asbestos-induced rat mesothelioma 査読有り

    Okazaki Y, Nagai H, Chew SH, Li J, Funahashi S, Tsujimura T, *Toyokuni S

    Cancer Sci   104 巻 ( 8 ) 頁: 989-995   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/cas.12185

  33. Metamorphosis of mesothelial cells with active horizontal motility in tissue culture 査読有り

    Nagai H, Chew SH, Okazaki Y, Funahashi S, Namba T, Kato T, Enomoto A, Jiang L, Akatsuka S, *Toyokuni S

    Sci Rep   ( 3 ) 頁: 1144   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/srep01144

  34. Bovine lactoferrin ameliorates ferric nitrilotriacetate-induced renal oxidative damage in rats 査読有り

    Okazaki Y, Kono I, Kuriki T, Funahashi S, Fushimi S, Iqbal M, Okada S, *Toyokuni S

    J Clin Biochem Nutr   51 巻 ( 2 ) 頁: 84-90   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Fenton reaction induced cancer in wild type rats recapitulates genomic alterations observed in human cancer. 査読有り

    Akatsuka S, Yamashita Y, Ohara H, Liu YT, Izumiya M, Abe K, Ochiai M, Jiang L, Nagai H, Okazaki Y, Murakami H, Sekido Y, Arai E, Kanai Y, Hino O, Takahashi T, Nakagama H, *Toyokuni S.

    PLoS One   7 巻 ( 8 ) 頁: e43403   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. *DMT1 (IRE) expression in intestinal and erythroid cells is regulated by peripheral benzodiazepine receptor-associated protein 7. 査読有り

    Okazaki Y, Ma Y, Yeh M, Yin H, Li Z, Yeh KY, *Glass J.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol.   302 巻 ( 10 ) 頁: G1180-1190   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Diameter and rigidity of multi-walled carbon nanotubes are critical factors in mesothelial injury and carcinogenesis 査読有り

    Nagai H, Okazaki Y, Chew SH, Misawa N, Yamashita Y, Akatsuka S, Ishihara T, Yamashita K, Yoshikawa Y, Yasui H, Jiang L, Ohara H, Takahashi T, Ichihara G, Kostarelos K, Miyata Y, Shinohara H, *Toyokuni S.

    Proc Natl Acad Sci USA   108 巻 ( 49 ) 頁: E1330-1338   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Asbestos surface provides a niche for oxidative modification 査読有り

    Nagai H, Ishihara T, Lee WH, Ohara H, Okazaki Y, Okawa K, *Toyokuni S.

    Cancer Sci   102 巻 ( 12 ) 頁: 2118-2125   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Systemic but asymptomatic transthyretin amyloidosis 8 years after domino liver transplantation. 査読有り

    *Koike H, Kiuchi T, Iijima M, Ueda M, Ando Y, Morozumi S, Tomita M, Kawagashira Y, Watanabe H, Katsuno M, Shimoyama Y, Okazaki Y, Kamei H, *Sobue G.

    J Neurol Neurosurg Psychiatry.   82 巻 ( 11 ) 頁: 1287-1290   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. miR-375 Is Activated by ASH1 and Inhibits YAP1 in a Lineage-Dependent Manner in Lung Cancer 査読有り

    Nishikawa E, *Osada H, Okazaki Y, Arima C, Tomida S, Tatematsu Y, Taguchi A, Shimada Y, Yanagisawa K, Yatabe Y, Toyokuni S, Sekido Y, *Takahashi T

    Cancer Res   71 巻 ( 19 ) 頁: 6165-6173   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Dietary fish oil promotes colonic apoptosis and mitochondrial proton leak in oxidatively stressed mice 査読有り

    Fan YY, Ran Q, Toyokuni S, Okazaki Y, Callaway ES, Lupton JR, *Chapkin RS

    Cancer Prev Res (Phila)   8 巻   頁: 1267-1274   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. アスベスト誘発中皮腫発がん機構の解明 招待有り 査読有り

    豊国伸哉、蒋麗、胡茜、永井裕崇、岡崎泰昌、赤塚慎也、山下依子

    日本衛生学会誌   66 巻 ( 3 ) 頁: 562-567   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Stage-specific roles of fibulin 5 during oxidative stress-induced renal carcinogenesis in rats 査読有り

    Ohara S, Akatsuka S, Nagai H, Liu Y-T, Jiang L, Okazaki Y, Yamashita Y, Nakamura T, *Toyokuni S.

    Free Radical Res.   45 巻 ( 2 ) 頁: 211-220   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. A beverage containing fermented black soybean ameliorates ferric nitrilotriacetate-induced renal oxidative damage in rats 査読有り

    Okazaki Y, Iqbal M, Kawakami N, Yamamoto Y, *Toyokuni S, Okada S.

    J Clin Biochem Nutr   47 巻 ( 3 ) 頁: 198-207   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Suppression of SLC11A2 expression is essential to maintain duodenal integrity during dietary iron overload. 査読有り

    Shirase T, Mori K, Okazaki Y, Itoh K, Yamamoto M, Tabuchi M, Kishi F, Jiang L, Akatsuka S, Nakao K, *Toyokuni S.

    Am J Pathol   177 巻 ( 2 ) 頁: 677-685   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Homozygous deletion of CDKN2A/2B is a hallmark of iron-induced high-grade rat mesothelioma. 査読有り

    Hu Q, Akatsuka S, Yamashita Y, Ohara H, Nagai H, Okazaki Y, Takahashi T, *Toyokuni S.

    Lab Invest.   90 巻 ( 3 ) 頁: 360-373   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 壊死と扁平上皮化生を伴う耳下腺Warthin 腫瘍の1例 査読有り

    岡崎泰昌、中本周、竹内裕一、能登原憲司、岡田茂

    鳥取医学雑誌   37 巻 ( 1/2 ) 頁: 20-23   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  48. Curcumin attenuates oxidative damage in animals treated with a renal carcinogen, ferric nitrilotriacetate (Fe-NTA): implications for cancer prevention. 査読有り

    *Iqbal M, Okazaki Y, Okada S.

    Mol Cell Biochem   324 巻 ( (1-2) ) 頁: 157-164   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Pathophysiology of sepsis and recent patents on the diagnosis, treatment and prophylaxis for sepsis. 招待有り 査読有り

    Okazaki Y, *Matsukawa A

    Recent Pat Inflamm Allergy Drug Discov   3 巻 ( 1 ) 頁: 26-32   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  50. Probucol modulates iron nitrilotriacetate (Fe-NTA)-dependent renal carcinogenesis and hyperproliferative response: diminution of oxidative stress. 査読有り

    *Iqbal M, Okazaki Y, Okada S.

    Mol Cell Biochem   304 巻 ( 1-2 ) 頁: 61-69   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Suppressive effects of dietary curcumin on the increased activity of renal ornithine decarboxylase in mice treated with a renal carcinogen, ferric nitrilotriacetate. 査読有り

    Okazaki Y, Iqbal M, *Okada S.

    Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease   1740 巻 ( 3 ) 頁: 357-366   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 脾原発の炎症性筋線維芽腫瘍の1例 査読有り

    中本周、岡崎泰昌、能登原憲司

    岡山外科病理雑誌   41 巻 ( 1/2 ) 頁: 24-25   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  53. 膵solid pseudopapillary tumor の1例 査読有り

    大森昌子、岡崎泰昌、秋田みどり、井上博文、藤田勝、松岡博美、森下由美子、濱崎周次

    日本臨床細胞学会 岡山支部会誌   23 巻   頁: 37-38   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. Nitroglycerin, a nitric oxide generator attenuates ferric nitrilotriacetate-induced renal oxidative stress, hyperproliferative response and necrosis in ddY mice. 査読有り

    Iqbal M, Okazaki Y, Sharma SD, *Okada S.

    Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects,   1623 巻 ( 2-3 ) 頁: 98-108   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. In vitro curcumin modulates ferric nitrilotriacetate (Fe-NTA) and hydrogen peroxide (H2O2)-induced peroxidation of microsomal membrane lipids and DNA damage. 査読有り

    Iqbal M, Okazaki Y, *Okada S.

    Teratog Carcinog Mutagen.   Suppl. 巻 ( 1 ) 頁: 151-160   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Dietary supplementation of curcumin enhances antioxidant and phase II metabolizing enzymes in ddY male mice: possible role in protection against chemical carcinogenesis and toxicity. 査読有り

    Iqbal M, Sharma SD, Okazaki Y, Fujisawa M, *Okada S.

    Pharmacol Toxicol.   92 巻 ( 1 ) 頁: 33-38   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 鼻道分泌液細胞診が有用であった涙囊原発悪性黒色腫の一例 査読有り

    岡崎泰昌、松岡博美、森下由美子、秋田みどり、大原信哉、濱崎周次

    日本臨床細胞学会 岡山支部会誌   21 巻   頁: 37-38   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. ロビンス 基礎病理学 原書10版 

    監訳 豊國伸哉、高橋雅英( 担当: 共訳 ,  範囲: 第17章 膵臓)

    丸善出版 エルゼビア ジャパン  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Plasma Medical Science

    Editor; Hori M, Ikehara Y, Kikkawa F and Toyokuni S.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 5-3. Pathology of oxidatve stress)

    Elsevier  2018年1月  ( ISBN:978-0-12-815004-7

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 改訂第2版 酸化ストレスの医学

    監修 吉川敏一 編集 内藤裕二 豊國伸哉( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2014年9月  ( ISBN:978-4-7878-2118-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. ロビンス 基礎病理学 原書9版 第16章 膵臓

    監訳 豊國伸哉、高橋雅英( 担当: 共訳)

    丸善出版 エルゼビア ジャパン  2014年8月  ( ISBN:978-621-08698-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 活性酸素の本当の姿

    編集 鈴木敬一郎( 担当: 分担執筆)

    ナップ  2014年2月  ( ISBN:978-4-905168-29-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. モデル動物利用マニュアルseries 疾患モデルの作成と利用 がん 中皮腫

    編集 中村卓郎( 担当: 分担執筆)

    エル・アイ・シー  2012年10月  ( ISBN:978-4-900487-52-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. モデル動物利用マニュアルseries 疾患モデルの作成と利用 がん 腎癌誘発モデル

    編集 中村卓郎( 担当: 分担執筆)

    エル・アイ・シー  2012年10月  ( ISBN:978-4-900487-52-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 慢性肝疾患における鉄毒性と除鉄治療~C型慢性肝炎を中心に~ 

    編集 日本鉄バイオサイエンス学会 ( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社  2012年9月  ( ISBN:978-4-7532-2567-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. ロビンス 基礎病理学 原書8版 第17章 膵臓

    監訳 豊國伸哉、高橋雅英( 担当: 共訳)

    丸善出版  2011年9月  ( ISBN:978-4-621-08425-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 血液フロンティア・鉄による発がん

    企画 川端浩( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. series モデル動物利用マニュアル疾患モデルの作成と利用 循環器疾患

    編集 北徹 堀内久徳 柳田素子 猪原匡史 冨本秀和 並河徹( 担当: 共著)

    株式会社 エル・アイ・シー  2010年8月  ( ISBN:978-4-900487-47-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    鉄ニトリロ三酢酸を投与すると、腎臓の近位尿細管に、参加ストレスを生じる。この鉄ニトリロ三酢酸を反復投与することにより、腎がんを誘発することができる。この研究モデルを紹介した。

▼全件表示

講演・口頭発表等 13

  1. アスベストによる中皮細胞傷害と発がん機構の解析

    岡崎泰昌

    第66回日本病理学会秋季特別総会  2020年11月13日  椙村春彦

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  2. 活性酸素と病理学 ~病気の原因を探る~

    岡崎泰昌

    第10回プラズマ医療 サイエンスの扉 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 VBLベンチャーホール   国名:日本国  

  3. 非平衡大気圧プラズマは、生体高分子を紫外線と活性酸素で同時に修飾する

    岡崎泰昌

    新学術領域「プラズマ医療科学の創成」合同公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  4. Non-equilibrium atmospheric pressure plasma (NEAPP) generates oxidative injury 国際会議

    Okazaki Y, Wang Y, Tanaka H, Mizuno M, Nakamura K, Kajiyama H, Kano H, Uchida K, Kikkawa F, Hori M, Toyokuni S

    IWPCT2 (International Workshop on Plasma for Cancer Treatment-2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. Non-equilibrium atmospheric pressure plasma (NEAPP) generates oxidative injury 国際会議

    Okazaki Y, Wang Y, Tanaka H, Mizuno M, Nakamura K, Kajiyama H, Kano H, Kikkawa F, Hori M, Toyokuni S

    ICPM5 (5th International Conference on Plasma Medicine) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. DAP (DMT1 Associated Protein) regulates cell proliferation through the regulation of DMT1 (IRE) 国際会議

    Okazaki Y, Nagai H, Funahashi S, Chew SH, Yeh M, Yeh KY, Glass J, Toyokuni S.

    6th Biennial Meeting of SFRR (Society for Free Radical Research) Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:台湾  

  7. Detection and functional analyses of microRNA in high-grade phenotype of iron saccharate-induced mesothelioma in rats 国際会議

    5th Biennial Meeting of SFRR (Society for Free Radical Research) Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月 - 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. Homozygous deletion of CDKN2A/2B is a hallmark of iron-induced high-grade rat mesothelioma 国際会議

    Yasumasa Okazaki, Quan Hu, Shinya Akatsuka, Hiroki Ohara, Hirotaka Nagai, Takashi Takahashi, and Shinya Toyokuni

    Society for Free Radical Research (SFRR) International XV biennial meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  9. Absence of Spred-2 enhances innate immunity during septic peritonitis. 国際会議

    The 9th world congress on inflammation (in Tokyo) 2009. July 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. DMT1 expression is regulated by DMT1 Associated Protein (DAP) in K562 cells. 国際会議

    The 49th American Society of Hematology meeting (in Atlanta, U.S.A.) 2007.December 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. A fluorescent metal sensor study providing evidence for iron transport in intestinal epithelial cells by transcytosis. 国際会議

    2nd congress of BioIron society (in Kyoto) 2007.April 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. I. Protoporphyrin IX down-regulates DMT1 Associated Protein (DAP) in K562 cells. II. DMT1 expression is regulated by DMT1 Associated Protein (DAP) in K562 cells. 国際会議

    2nd congress of BioIron society (in Kyoto) 2007.April 2nd congress of BioIron society (in Kyoto). 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. Protoporphyrin IX down-regulates DMT1 Associated Protein (DAP) in K562 cells. 国際会議

    The 48th American Society of Hematology meeting (in Orlando, U.S.A.) 2006.December 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 13

  1. Protoporphyrin IX を用いた活性酸素による新規がん治療法への基礎研究

    2017年1月 - 2017年12月

    出資金による受託研究 

  2. 酸化ストレスを介した動物発がんモデルに対するクルクミン細粒化製剤の化学予防効果の検討

    2015年4月 - 2016年3月

    出資金による受託研究 

  3. 過剰鉄による酸化ストレスを介した発がん機構の解析

    2014年4月 - 2017年4月

    出資金による受託研究 

  4. 鉄による酸化ストレス傷害の修復機構とその破綻に伴う、肝・腎・発がん機構の解析

    2013年4月 - 2014年3月

    那須基金 医学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. DMT1(Divalent Metal Transporter 1)トランスジェニックマウスを利用した食餌鉄吸収機構の解析

    2012年9月 - 2013年8月

    糧食研究会 平成24年度 一般公募研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. ラット腹膜中皮腫において、高悪性度肉腫型中皮腫を誘発するシグナル伝達機構の解析

    2012年4月 - 2013年3月

    日比野基金 医学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 赤白血病細胞株(K562)におけるDAP (DMT1 Associated Protein)のシグナル伝達機構の解析

    2012年4月 - 2013年3月

    北村記念血液疾患研究基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 繊維性無機物質の発がん評価法の開発

    2011年4月 - 2012年3月

    日本化学工業協会 長期自主研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. Homozygous deletion of CDKN2A/2B is a hallmark of iron-induced high-grade rat mesothelioma

    2010年10月

    組織的な若手研究者等海外派遣プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 動物悪性中皮腫モデルの発癌過程におけるmicroRNA の役割

    2009年9月 - 2010年3月

    名古屋大学 学術振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 腎臓障害、腎嚢胞の発生と腎癌の誘導に対する抗酸化剤の有効性に関する研究

    2005年4月 - 2006年4月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    鉄ニトリロ三酢酸による腎傷害モデルを用い、アスタキサンチンの抗酸化機能を、ラットを用いて、科学的に検証した。研究成果を上げ、学会発表を行った。論文準備中(Astaxanthin ameliorates ferric nitrilotriacetate-induced renal oxidative injury in rats.)

  12. 岡山県産黒豆エキス含有のクエン酸飲料と乳清飲料の開発

    2003年3月 - 2004年3月

    バイオアクティブ岡山(岡山県庁) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. in vivoおよび in vitro の系を使っての黒豆抽出物の抗酸化作用の研究

    2002年4月 - 2003年3月

    バイオアクティブ岡山(岡山県庁) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 3

  1. 発がん動物モデルを用いた悪性中皮腫におけるTwist-1 の機能解析

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    岡崎泰昌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 細胞増殖・鉄代謝に関連するDAP分子の機能解析

    研究課題/研究課題番号:15K08398  2015年10月 - 2018年3月

    基盤研究(C)

    岡崎 泰昌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    細胞での鉄輸送はDMT1に担われる。本研究では赤芽球モデルであるK562細胞株を用いDAPの発現変化を検討した。DAPにはPPIXと共通する受容体がアミノ酸配列から想定され、DAPとPPIXは相互作用を持つと考えて実験を行った。PPIX投与後のDAP, DMT1, TfR1, FTHの蛋白量とmRNA量の発現変化を調べた。PPIXはDAP, DMT1の蛋白量を減少させ、DMT1mRNAの低下はDMT1の転写因子であるC/EBPaの発現低下が原因と考えた。PPIXはFTH, DAP, DMT1の減少を誘導し、ライソソーム阻害剤とプロテアソーム阻害剤の併用はFTHの蛋白分解作用を最も阻害した。

  3. 鉄ダイナミクスと多層オミクス解析による酸化ストレス発がん克服のための基盤形成

    研究課題/研究課題番号:17H04064  2017年4月 - 2020年3月

    豊國 伸哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究は生体における鉄ダイナミクスを多面的に理解することにより、がん克服の基盤を築くことを目的とした。細胞レベルで鉄依存性制御性壊死として新たな細胞死フェロトーシスの概念形成を行った。ラットモデルで中皮腫予防に瀉血が有効であった。鉄誘発腎がんはMutyh欠損マウスで発生増加傾向を、アスベスト誘発中皮腫はDmt1トランスジェニックマウスで発生遅延、Mth1欠損マウスで発生低下を認めた。炭酸脱水酵素9は中皮腫にフェロトーシス抵抗性を賦与していることが判明した。
    新たな細胞死である2価鉄依存性制御性壊死フェロトーシスはがん細胞死のみならず、種々の病的・生理的状態にも関与していることが判明し、今後の研究の新たな切り口となった。瀉血による中皮腫予防効果がラットで確認され、種々の鉄代謝・酸化的DNA傷害修復遺伝子の鉄発がんへの作用が明らかとなった。炭酸脱水酵素9はフェロトーシス抵抗性を賦与しており、新たな治療標的となる。

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 病理学実習

    2011

     詳細を見る

    病理解剖を行った実際の症例を使用し、臨床経過、病理所見の理解を深め、臨床現場における病理解剖の意義を学ぶ

  2. 病因と病態学

    2011

     詳細を見る

    病理学総論、各論の講義

  3. 基礎医学セミナー

    2011

     詳細を見る

    3年生の病理学的考え方、研究の指導

  4. 基礎セミナーA

    2011

     詳細を見る

    英語で医学を学べるように

  5. レーザーマイクロダイセクション

    2011

     詳細を見る

    レーザーマイクロダイセクションの使用方法

  6. [研究室配属]

    2011

     詳細を見る

    学部1年生で、研究に関心を持っている学生に1カ月ほど、研究指導を行う。

▼全件表示