2021/04/01 更新

写真a

シバタ ヒデキ
柴田 秀樹
SHIBATA, Hideki
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 准教授
大学院生命農学研究科
農学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(理学) ( 2001年9月   神戸大学 ) 

  2. 理学修士

研究キーワード 1

  1. カルシウム結合タンパク質 細胞内物質輸送

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 応用生物化学

  2. ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  3. ライフサイエンス / 機能生物化学  / 機能生物化学

  4. ライフサイエンス / 細胞生物学

  5. ライフサイエンス / 分子生物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. カルシウム結合蛋白質ALG-2の機能解析

  2. コラーゲン分泌を調節するカルシウム制御ネットワークの解析

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科 助教

    2007年4月 - 2010年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科 助手

    2000年7月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 神戸大学理学部 助手

    1999年2月 - 2000年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 神戸大学   自然科学研究科

    1997年4月 - 1999年1月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 神戸大学   自然科学研究科   生物学

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 神戸大学   理学部   生物学科

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本農芸化学会

  2. 日本生化学会

  3. 日本細胞生物学会

  4. 日本分子生物学会

受賞 1

  1. 農芸化学奨励賞

    2011年5月   日本農芸化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 77

  1. The Novel ALG-2 Target Protein CDIP1 Promotes Cell Death by Interacting with ESCRT-I and VAPA/B. 査読有り

    Inukai R, Mori K, Kuwata K, Suzuki C, Maki M, Takahara T, Shibata H

    International journal of molecular sciences   22 巻 ( 3 )   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms22031175

    PubMed

  2. The Penta-EF-Hand ALG-2 Protein Interacts with the Cytosolic Domain of the SOCE Regulator SARAF and Interferes with Ubiquitination 査読有り

    Zhang Wei, Muramatsu Ayaka, Matsuo Rina, Teranishi Naoki, Kahara Yui, Takahara Terunao, Shibata Hideki, Maki Masatoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 17 )   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21176315

    Web of Science

    PubMed

  3. Amino acid-dependent control of mTORC1 signaling: a variety of regulatory modes 招待有り 査読有り

      27 巻 ( 1 ) 頁: 87   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12929-020-00679-2

    Web of Science

    PubMed

  4. ATeam technology for detecting early signs of viral cytopathic effect 査読有り

      82 巻 ( 3 ) 頁: 387 - 393   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.20-0021

    Web of Science

    PubMed

  5. SH3YL1 cooperates with ESCRT-I in the sorting and degradation of the EGF receptor 査読有り

      132 巻 ( 19 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/jcs.229179

    Web of Science

    PubMed

  6. Adaptor functions of the Ca<sup>2+</sup>-binding protein ALG-2 in protein transport from the endoplasmic reticulum.

    Shibata H

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   83 巻 ( 1 ) 頁: 20-32   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2018.1525274

    PubMed

  7. Cellular Ca<sup>2+</sup>-Responding Nanoluciferase Reporter Gene System Directed by Tandemly Repeated Pseudo-palindromic NFAT-Response Elements.

    Zhang W, Takahara T, Achiha T, Shibata H, Maki M

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1929 巻   頁: 95-109   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-9030-6_7

    PubMed

  8. High Sensitive Quantitative Binding Assays Using a Nanoluciferase-Fused Probe for Analysis of ALG-2-Interacting Proteins.

    Zhang W, Matsuo R, Takahara T, Shibata H, Maki M

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1929 巻   頁: 501-516   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-9030-6_31

    PubMed

  9. A microtubule-associated protein MAP1B binds to and regulates localization of a calcium-binding protein ALG-2

    Takahara Terunao, Arai Yumika, Kono Yuta, Shibata Hideki, Maki Masatoshi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   497 巻 ( 2 ) 頁: 492-498   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.02.048

    Web of Science

    PubMed

  10. Nanoluciferase Reporter Gene System Directed by Tandemly Repeated Pseudo-Palindromic NFAT-Response Elements Facilitates Analysis of Biological Endpoint Effects of Cellular Ca2+ Mobilization

    Zhang Wei, Takahara Terunao, Achiha Takuya, Shibata Hideki, Maki Masatoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   19 巻 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms19020605

    Web of Science

    PubMed

  11. The calcium-binding protein ALG-2 regulates protein secretion and trafficking via interactions with MISSL and MAP1B proteins. 査読有り

    Terunao Takahara, Kuniko Inoue, Yumika Arai, Keiko Kuwata, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Journal of Biological Chemistry   292 巻 ( 41 ) 頁: 17057-17072   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M117.800201.

  12. Mutations in the vesicular trafficking protein annexin A11 are associated with amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Bradley N. Smith, Simon D. Topp, Claudia Fallini, Hideki Shibata, Han-Jou Chen, Claire Troakes, Andrew King, Nicola Ticozzi, Kevin P. Kenna, Athina Soragia-Gkazi, Jack W. Miller, Akane Sato, Diana Marques Dias, Maryangel Jeon, Caroline Vance, Chun Hao Wong, Martina de Majo, Wejdan Kattuah, Jacqueline C. Mitchell, Emma L. Scotter, Nicholas W. Parkin, Peter C. Sapp, Matthew Nolan, Peter J. Nestor, Michael Simpson, Michael Weale, Monkel Lek, Frank Baas, J. M. Vianney de Jong, Anneloor L. M. A. ten Asbroek, Alberto Garcia Redondo, Jesús Esteban-Pérez, Cinzia Tiloca, Federico Verde, Stefano Duga, Nigel Leigh, Hardev Pall, Karen E. Morrison, Ammar Al-Chalabi, Pamela J. Shaw, Janine Kirby, Martin R. Turner, Kevin Talbot, Orla Hardiman, Jonathan D. Glass, Jacqueline De Belleroche, Masatoshi Maki, Stephen E. Moss, Christopher Miller, Cinzia Gellera, Antonia Ratti, Safa Al-Sarraj, Robert H. Brown Jr., Vincenzo Silani, John E. Landers, Christopher E. Shaw

    Science Translational Medicine   9 巻 ( 388 ) 頁: eaad9157   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/scitranslmed.aad9157

  13. The calcium-binding protein ALG-2 promotes endoplasmic reticulum exit site localization and polymerization of Trk-fused gene (TFG) protein. 査読有り

    Takashi Kanadome, Hideki Shibata, Keiko Kuwata, Terunao Takahara, Masatoshi Maki

    The FEBS Journal   284 巻 ( 1 ) 頁: 56-76   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.13949

  14. Multifaceted Roles of ALG-2 in Ca2+-Regulated Membrane Trafficking. 査読有り

    Masatoshi Maki, Terunao Takahara, Hideki Shibata

    International Journal of Molecular Sciences   17 巻 ( 9 ) 頁: E1401   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms17091401.

  15. Tubby-like protein superfamily member PLSCR3 functions as a negative regulator of adipogenesis in mouse 3T3-L1 preadipocytes by suppressing induction of late differentiation stage transcription factors. 査読有り

    Akira Inokawa, Tatsutoshi Inuzuka, Terunao Takahara, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Bioscience Reports   36 巻 ( 1 ) 頁: e00287   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BSR20150215

  16. A New Role for Annexin A11 in the Early Secretory Pathway via Stabilizing Sec31A Protein at the Endoplasmic Reticulum Exit Sites (ERES). 査読有り

    Hideki Shibata, Takashi Kanadome, Hirofumi Sugiura, Takeru Yokoyama, Minami Yamamuro, Stephen E. Moss, Masatoshi Maki

    The Journal of Biological Chemistry   290 巻 ( 8 ) 頁: 4981-4993   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.592089

  17. Structural Analysis of the Complex between Penta-EF-Hand ALG-2 Protein and Sec31A Peptide Reveals a Novel Target Recognition Mechanism of ALG-2 査読有り

    Takeshi Takahashi, Kyosuke Kojima, Wei Zhang, Kanae Sasaki, Masaru Ito, Hironori Suzuki, Masato Kawasaki, Soichi Wakatsuki, Terunao Takahara, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    International Journal of Molecular Sciences   16 巻 ( 2 ) 頁: 3677-3699   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms16023677

  18. Involvement of calpain-7 in epidermal growth factor receptor degradation via the endosomal sorting pathway. 査読有り

    Yuki Maemoto, Yasuko Ono, Satomi Kiso, Hideki Shibata, Terunao Takahara, Hiroyuki Sorimachi, Masatoshi Maki

    FEBS J.   281 巻 ( 16 ) 頁: 3642-3655   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Nuclear ALG-2 protein interacts with Ca2+ homeostasis endoplasmic reticulum protein (CHERP) Ca2+-dependently and participates in regulation of alternative splicing of inositol trisphosphate receptor type 1 (IP3R1) pre-mRNA. 査読有り

    Kanae Sasaki-Osugi, Chiaki Imoto, Terunao Takahara, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    J. Biol. Chem.   288 巻 ( 46 ) 頁: 33361-33375   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. VPS37 isoforms differentially modulate the ternary complex formation of ALIX, ALG-2, and ESCRT-I. 査読有り

    Mayumi Okumura, Angela M. Katsuyama, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   77 巻 ( 8 ) 頁: 1715-1721   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Identification of phosphorylation sites in the C-terminal region of charged multivesicular body protein 1A (CHMP1A). 査読有り

    Yuki Maemoto, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   77 巻 ( 6 ) 頁: 1317-1319   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Mammalian ESCRT-III-related protein IST1 has a distinctive Met-Pro repeat sequence that is essential for interaction with ALG-2 in the presence of Ca2+. 査読有り

    Mayumi Okumura, Takeshi Takahashi, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   77 巻 ( 5 ) 頁: 1049-1054   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Analysis of limited proteolytic activity of calpain-7 using non-physiological substrates in mammalian cells. 査読有り

    Yuki Maemoto, Satomi Kiso, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    FEBS J.   280 巻 ( 11 ) 頁: 2594-2607   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. ALG-2-interacting Tubby-like protein superfamily member PLSCR3 is secreted by an exosomal pathway and taken up by recipient cultured cells. 査読有り

    Tatsutoshi Inuzuka, Akira Inokawa, Cen Chen, Kumiko Kizu, Hiroshi Narita, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Biosci. Rep.   33 巻 ( 2 ) 頁: e00026   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Biochemical and immunological detection of physical interactions between penta-EF-hand protein ALG-2 and its binding partners. 査読有り

    Kanae Osugi, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Methods Mol Biol.   963 巻   頁: 187-200   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-62703-230-8_12.

  26. Prediction of a New Ligand-Binding Site for Type 2 Motif based on the Crystal Structure of ALG-2 by Dry and Wet Approaches. 査読有り

    Takeshi Takahashi, Hironori Suzuki, Tatsutoshi Inuzuka, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Int J Mol Sci.   13 巻 ( 6 ) 頁: 7535-7549   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Identification of the P-body component PATL1 as a novel ALG-2-interacting protein by in silico and far-Western screening of proline-rich proteins. 査読有り

    Kanae Osugi, Hironori Suzuki, Tomomi Nomura, Yasuo Ariumi, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    J Biochem.   151 巻 ( 6 ) 頁: 657-666   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Evolutionary and physical linkage between calpains and penta-EF-hand Ca2+-binding proteins. 査読有り

    Masatoshi Maki, Yuki Maemoto, Yohei Osako, Hideki Shibata

    FEBS J.   279 巻 ( 8 ) 頁: 1414-1421   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1742-4658.2012.08560.x.

  29. Calpain-7 binds to CHMP1B at its second α-helical region and forms a ternary complex with IST1. 査読有り

    Yuki Maemoto, Yohei Osako, Emi Goto, Eri Nozawa, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    J. Biochem.   150 巻 ( 4 ) 頁: 411-421   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Structure and function of ALG-2, a penta-EF-hand calcium-dependent adaptor protein. 査読有り

    Masatoshi Maki, Hironori Suzuki, Hideki Shibata

    Sci China Life Sci.   54 巻 ( 8 ) 頁: 770-779   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Autolytic activity of human calpain 7 is enhanced by ESCRT-III-related protein IST1 through MIT-MIM interaction. 査読有り

    Yohei Osako, Yuki Maemoto, Ryohei Tanaka, Hironori Suzuki, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    FEBS J.   277 巻 ( 21 ) 頁: 4412-4426   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. *The ALG-2 binding site in Sec31A influences the retention kinetics of Sec31A at the endoplasmic reticulum exit sites as revealed by live-cell time-lapse imaging. 査読有り

    Shibata H, Inuzuka T, Yoshida H, Sugiura H, Wada I, Maki M.

    Biosci Biotechnol Biochem.   74 巻 ( 9 ) 頁: 1819-1826   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ALG-2, a member of the penta-EF-hand protein family, interacts Ca²+-dependently with a COPII component, Sec31A. In this study, we first established HeLa cells stably expressing green fluorescent protein-fused ALG-2 (GFP-ALG-2) and red fluorescent protein-fused Sec31A (Sec31A-RFP). After inducing Ca²+-mobilization, the cytoplasmic distribution of GFP-ALG-2 changed from a diffuse to a punctate pattern, which extensively overlapped with the Sec31A-RFP-positive structures, indicating that ALG-2 is recruited to the endoplasmic reticulum exit sites (ERES) in living cells. Next, overlay experiments with biotin-labeled ALG-2 were done to dissect the ALG-2 binding site (ABS). They revealed that a sequence comprising amino acid residues 839-851 in the Pro-rich region was necessary and sufficient for direct binding to ALG-2. Finally, fluorescence recovery after photobleaching analysis indicated that the ABS deletion reduced the high-affinity population of Sec31A to the ERES, suggesting that the ABS is one of the key determinants of the retention kinetics of Sec31A at ERES.

  33. Distinct functions of human MVB12A and MVB12B in the ESCRT-I dependent on their posttranslational modifications. 査読有り

    Takumi Tsunematsu, Emiko Yamauchi, Hideki Shibata, Masatoshi Maki, Takeshi Ohta, Hiroaki Konishi

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   399 巻 ( 2 ) 頁: 232-237   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Molecular basis for defect in Alix-binding by alternatively spliced isoform of ALG-2 (ALG-2DeltaGF122) and structural roles of F122 in target recognition. 査読有り

    Tatsutoshi Inuzuka, Hironori Suzuki, Masato Kawasaki, Hideki Shibata, Soichi Wakatsuki, Masatoshi Maki

    BMC Struct. Biol.   10 巻   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1186/1472-6807-10-25

  35. *Penta-EF-hand protein ALG-2 functions as a Ca2+-dependent adaptor that bridges Alix and TSG101. 査読有り

    Okumura M, Ichioka F, Kobayashi R, Suzuki H, Yoshida H, Shibata H, Maki M.

    Biochem Biophys Res Commun.   386 巻 ( 1 ) 頁: 237-241   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. The mechanism of Ca2+-dependent recognition of Alix by ALG-2: insights from X-ray crystal structures. 査読有り

    Suzuki H, Kawasaki M, Inuzuka T, Okumura M, Kakiuchi T, Shibata H, Wakatsuki S, Maki M.

    Biochem Soc Trans.   37 巻 ( Pt1 ) 頁: 190-194   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. Crystallization and X-ray diffraction analysis of N-terminally truncated human ALG-2. 査読有り

    Hironori Suzuki, Masato Kawasaki, Tatsutoshi Inuzuka, Mayumi Okumura, Takeshi Kakiuchi, Hideki Shibata, Soichi Wakatsuki, Masatoshi Maki

    Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun.   64 巻 ( Pt11 ) 頁: 974-977   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. *Structural basis for Ca2+-dependent formation of ALG-2/Alix peptide complex: Ca2+/EF3-driven arginine switch mechanism. 査読有り

    Hironori Suzuki, Masato Kawasaki, Tatsutoshi Inuzuka, Mayumi Okumura, Takeshi Kakiuchi, Hideki Shibata, Soichi Wakatsuki, Masatoshi Maki

    Structure   16 巻 ( 10 ) 頁: 1562-1573   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. *Human calpain7/PalBH associates with a subset of ESCRT-III-related proteins in its N-terminal region and partly localizes to endocytic membrane compartments. 査読有り

    Chiharu Yorikawa, Emi Takaya, Yohei Osako, Ryohei Tanaka, Yoshinori Terasawa, Takao Hamakubo, Yasuhiro Mochizuki, Hiroko Iwanari, Tatsuhiko Kodama, Tatsuya Maeda, Kiyotaka Hitomi, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    J. Biochem.   143 巻 ( 6 ) 頁: 731-745   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. *Identification of Alix-type and Non-Alix-type ALG-2-binding sites in human phospholipid scramblase 3: differential binding to an alternatively spliced isoform and amino acid-substituted mutants. 査読有り

    Hideki Shibata, Hironori Suzuki, Takeshi Kakiuchi, Tatsutoshi Inuzuka, Haruna Yoshida, Takako Mizuno, Masatoshi Maki

    J. Biol. Chem.   283 巻 ( 15 ) 頁: 9623-9632   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Brox, a novel farnesylated Bro1 domain-containing protein that associates with charged multivesicular body protein 4 (CHMP4). 査読有り

    Fumitaka Ichioka, Ryota Kobayashi, Keiichi Katoh, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    FEBS J.   275 巻 ( 4 ) 頁: 682-692   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Identification of substrates for transglutaminase in Physarum polycephalum, an acellular slime mold, upon cellular mechanical damage. 査読有り

    Fumitaka Wada, Hiroki Hasegawa, Akio Nakamura, Yoshiaki Sugimura, Yoshiki Kawai, Narie Sasaki, Hideki Shibata, Masatoshi Maki, Kiyotaka Hitomi

    FEBS J.   274 巻 ( 11 ) 頁: 2766-2777   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. *ALG-2 directly binds Sec31A and localizes at endoplasmic reticulum exit sites in a Ca2+-dependent manner. 査読有り

    Hideki Shibata, Hironori Suzuki, Haruna Yoshida, Masatoshi Maki

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   353 巻 ( 3 ) 頁: 756-763   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. HD-PTP and Alix share some membrane-traffic related proteins that interact with their Bro1 domains or proline-rich regions. 査読有り

    Fumitaka Ichioka, Emi Takaya, Hironori Suzuki, Sachiko Kajigaya, Vladimir L. Buchman, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Arch. Biochem. Biophys.   457 巻 ( 2 ) 頁: 142-149   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. The penta-EF-hand protein ALG-2 and its interacting proteins. 査読有り

    Masatoshi Maki, Hideki Shibata

    Calcium Binding Proteins   2 巻   頁: 4-10   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  46. CHMP7, a novel ESCRT-III-related protein, associates with CHMP4b and functions in the endosomal sorting pathway. 査読有り

    Mio Horii, Hideki Shibata, Ryota Kobayashi, Keiichi Katoh, Chiharu Yorikawa, Jiro Yasuda, Masatoshi Maki

    Biochem. J.   400 巻 ( 1 ) 頁: 23-32   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Reevaluation of the Predicted Gene Structure of Dictyostelium Cyctatin A3 (cpiC) by Nucleotide Sequence Determination of its cDNA and its Phylogenetic Position in the Cyctatin Superfamily 査読有り

    Medhat S. El-Halawany, Hideki Shibata, Kiyotaka Hitomi, Masatoshi Maki

    Molecular Biology Reports   32 巻 ( 4 ) 頁: 257-264   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. The penta-EF-hand protein ALG-2 interacts directly with the ESCRT-I component TSG101, and Ca2+-dependently co-localizes to aberrant endosomes with dominant-negative AAA ATPase SKD1/Vps4B 査読有り

    Keiichi Katoh, Hidenori Suzuki, Yoshinori Terasawa, Takako Mizuno, Jiro Yasuda, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Biochemical Journal   391 巻 ( Pt 3 ) 頁: 677-685   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Human CHMP6, a myristoylated ESCRT-III protein, interacts directly with an ESCRT-II component EAP20 and regulates endosomal cargo sorting 査読有り

    Chiharu Yorikawa, Hideki Shibata, Satoshi Waguri, Kazumi Hatta, Mio Horii, Keiichi Katoh, Toshihide Kobayashi, Yasuo Uchiyama, Masatoshi Maki

    Biochemical Journal   387 巻 ( Pt 1 ) 頁: 17-26   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Identification of Rab GTPase-Activating Protein-Like Protein (RabGAPLP) as a Novel Alix/AIP1-Interacting Protein 査読有り

    Fumitaka Ichioka, Mio Horii, Keiichi Katoh, Yoshinori Terasawa, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   69 巻 ( 4 ) 頁: 861-865   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Dictyostelium discoideum requires an Alix/AIP1 homolog, DdAlix, for morphogenesis in alkaline environments 査読有り

    Susumu Ohkouchi, Hajime Saito, Fumika Aruga, Tatsuya Maeda, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    FEBS Letters   579 巻 ( 7 ) 頁: 1745-1750   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. DdAlix, an Alix/AIP1 homolog in Dictyostelium discoideum, is required for multicellular development under low Ca2+ conditions 査読有り

    Susumu Ohkouchi, Medhat S. El-Halawany, Fumika Aruga, Hideki Shibata, Kiyotaka Hitomi, Masatoshi Maki

    Gene   337 巻   頁: 131-139   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Identification of cysteine protease inhibitors that belong to cystatin family 1 in the cellular slime mold Dictyostelium discoideum 査読有り

    Medhat S. El-Halawany, Susumu Ohkouchi, Hideki Shibata, Kiyotaka Hitomi, Masatoshi Maki

    Biological Chemistry   385 巻 ( 6 ) 頁: 547-550   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Protein kinase PKN1 associates with TRAF2 and is involved in TRAF2-NF-kappaB signaling pathway 査読有り

    Yusuke Gotoh, Kumiko Oishi, Hideki Shibata, Akiko Yamagiwa, Takayuki Isagawa, Tamako Nishimura, Emiko Goyama, Mikiko Takahashi, Hideyuki Mukai, Yoshitaka Ono

    Biochemical and Biophysical Research Communications   314 巻 ( 3 ) 頁: 688-694   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. The Penta-EF-Hand Protein ALG-2 Interacts with a Region Containing PxY Repeats in Alix/AIP1, Which Is Required for the Subcellular Punctate Distribution of the Amino-Terminal Truncation Form of Alix/AIP1 査読有り

    Hideki Shibata, Keiko Yamada, Takako Mizuno, Chiharu Yorikawa, Hiroshi Takahashi, Hirokazu Satoh, Yasuyuki Kitaura, Masatoshi Maki

    The Journal of Biochemistry   135 巻 ( 1 ) 頁: 117-128   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. CHMP4b is a major binding partner of the ALG-2-interacting protein Alix among the three CHMP4 isoforms 査読有り

    Keiichi Katoh, Hideki Shibata, Kazumi Hatta, Masatoshi Maki

    Archives of Biochemistry and Biophysics   421 巻 ( 1 ) 頁: 159-165   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. The ALG-2-interacting Protein Alix Associates with CHMP4b, a Human Homologue of Yeast Snf7 That Is Involved in Multivesicular Body Sorting 査読有り

    Keiichi Katoh, Hideki Shibata, Hidenori Suzuki, Atsuki Nara, Kazumi Ishidoh, Eiki Kominami, Tamotsu Yoshimori, Masatoshi Maki

    The Journal of Biological Chemistry   278 巻 ( 40 ) 頁: 39104-39113   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. The penta-EF-hand domain of ALG-2 interacts with amino-terminal domains of both annexin VII and annexin XI in a Ca2+-dependent manner 査読有り

    Hirokazu Satoh, Yoshimi Nakano, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Biochimica et Biophysica Acta   1600 巻 ( 1-2 ) 頁: 61-67   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Structures, functions and molecular evolution of the penta-EF-hand Ca2+-binding proteins 査読有り

      1600 巻 ( 1-2 ) 頁: 51-60   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  60. ALG-2 Interacts with the Amino-Terminal Domain of Annexin XI in a Ca2+-Dependent Manner 査読有り

    Hirokazu Satoh, Hideki Shibata, Yoshimi Nakano, Yasuyuki Kitaura, Masatoshi Maki

    Biochemical and Biophysical Research Communications   291 巻 ( 5 ) 頁: 1166-1172   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Both ALG-2 and Peflin, Penta-EF-hand (PEF) Proteins, Are Stabilized by Dimerization through Their Fifth EF-Hand Regions 査読有り

    Yasuyuki Kitaura, Hirokazu Satoh, Hiroshi Takahashi, Hideki Shibata, Masatoshi Maki

    Archives of Biochemistry and Biophysics   399 巻 ( 1 ) 頁: 12-18   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. PKNbeta Interacts with the SH3 Domains of Graf and a Novel Graf Related Protein, Graf2, Which Are GTPase Activating Proteins for Rho Family 査読有り

    Hideki Shibata, Kumiko Oishi, Akiko Yamagiwa, Mikiko Matsumoto, Hideyuki Mukai, Yoshitaka Ono

    The Journal of Biochemistry   130 巻 ( 1 ) 頁: 23-31   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Interaction of PKN with a neuron-specific basic helix-loop-helix transcription factor, NDRF/NeuroD2 査読有り

    Hideki Shibata, Hisanobu Oda, Hideyuki Mukai, Kumiko Oishi, Kazuyo Misaki, Hiroaki Ohkubo, Yoshitaka Ono

    Brain Reserch Molecular Brain Reserch   74 巻 ( 1-2 ) 頁: 126-134   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Identification and characterization of PKNbeta, a novel isoform of protein kinase PKN: expression and arachidonic acid dependency are different from those of PKNalpha 査読有り

    Kumiko Oishi, Hideyuki Mukai, Hideki Shibata, Mikiko Takahashi, Yoshitaka Ono

    Biochemical and Biophysical Research Communications   261 巻 ( 3 ) 頁: 808-814   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Characterization of a novel giant scaffolding protein, CG-NAP, that anchors multiple signaling enzymes to centrosome and the golgi apparatus 査読有り

    Mikiko Takahashi, Hideki Shibata, Masaki Shimakawa, Masaaki Miyamoto, Hideyuki Mukai, Yoshitaka Ono

    The Journal of Biological Chemistry   274 巻 ( 24 ) 頁: 17267-17274   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Interaction of the small G protein RhoA with the C terminus of human phospholipase D1 査読有り

    "Masakazu Yamazaki, Yue Zhang, Hiroshi Watanabe, Takeaki Yokozeki, Shigeo Ohno, Kozo Kaibuchi, Hideki Shibata, Hideyuki Mukai, Yoshitaka Ono, Michael A. Frohman, Yasunori Kanaho"

    The Journal of Biological Chemistry   274 巻 ( 10 ) 頁: 6035-6038   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. PKN interacts with a paraneoplastic cerebellar degeneration-associated antigen, which is a potential transcription factor 査読有り

    Hiromi Takanaga, Hideyuki Mukai, Hideki Shibata, Masanao Toshimori, Yoshitaka Ono

    Experimental Cell Research   241 巻 ( 2 ) 頁: 363-372   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Domain-specific phosphorylation of vimentin and glial fibrillary acidic protein by PKN 査読有り

    Kaori Matsuzawa, Hidetaka Kosako, Naoyuki Inagaki, Hideki Shibata, Hideyuki Mukai, Yoshitaka Ono, Mutsuki Amano, Kozo Kaibuchi, Yoshiharu Matsuura, Ichiro Azuma, Masaki Inagaki

    Biochemical and Biophysical Research Communications   234 巻 ( 3 ) 頁: 621-625   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Interaction of PKN with alpha-actinin 査読有り

    Hideyuki Mukai, Masanao Toshimori, Hideki Shibata, Hiromi Takanaga, Michinori Kitagawa, Masako Miyahara, Masaki Shimakawa, Yoshitaka Ono

    The Journal of Biological Chemistry   272 巻 ( 8 ) 頁: 4740-4746   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Translocation of PKN from the cytosol to the nucleus induced by stresses 査読有り

    Hideyuki Mukai, Masako Miyahara, Hiroko Sunakawa, Hideki Shibata, Masanao Toshimori, Michinori Kitagawa, Masaki Shimakawa, Hiromi Takanaga, Yoshitaka Ono

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   93 巻 ( 19 ) 頁: 10195-10199   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Characterization of the interaction between RhoA and the amino-terminal region of PKN. 査読有り

    Hideki Shibata, Hideyuki Mukai,Yoshimasa Inagaki, Yoshimi Homma, Kazushi Kimura, Kozo Kaibuchi, Shuh Narumiya, Yoshitaka Ono

    FEBS Letters   385 巻 ( 3 ) 頁: 221-224   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. PKN associates and phosphorylates the head-rod domain of neurofilament protein 査読有り

    Hideyuki Mukai, Masanao Toshimori, Hideki Shibata, Michinori Kitagawa, Masaki Shimakawa, Masako Miyahara, Hiroko Sunakawa, Yoshitaka Ono

    The Journal of Biological Chemistry   271 巻 ( 16 ) 頁: 9816-9822   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. The role of the unique motifs in the amino-terminal region of PKN on its enzymatic activity 査読有り

    Michinori Kitagawa, Hideki Shibata, Masanao Toshimori, Hideyuki Mukai, Yoshitaka Ono

    Biochemical and Biophysical Research Communications   220 巻 ( 3 ) 頁: 963-968   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Identification of Schizosaccharomyces pombe gene psk1+, encoding a novel putative serine/threonine protein kinase, whose mutation conferred resistance to phenylarsine oxide." 査読有り

    Hideyuki Mukai, Masako Miyahara, Hiromi Takanaga, Michinori Kitagawa, Hideki Shibata, Masaki Shimakawa, Yoshitaka Ono

    Gene   166 巻 ( 1 ) 頁: 155-159   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Purification and characterization of a fatty acid-activated protein kinase (PKN) from rat testis 査読有り

    Michinori Kitagawa, Hideyuki Mukai, Hideki Shibata, Yoshitaka Ono"

    Biochemical Journal   310 巻 ( Pt 2 ) 頁: 657-664   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Xenopus PKN: cloning and sequencing of the cDNA and identification of conserved domains 査読有り

    Hideyuki Mukai, Kazuya Mori, Hiromi Takanaga, Michinori Kitagawa, Hideki Shibata, Masaki Shimakawa, Masako Miyahara, Yoshitaka Ono"

    Biochimica et Biophysica Acta   1261 巻 ( 2 ) 頁: 296-300   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Activation of PKN, a novel 120-kDa protein kinase with leucine zipper- like sequences, by unsaturated fatty acids and by limited proteolysis 査読有り

    Biochemical and Biophysical Research Communications   204 巻 ( 1 ) 頁: 348-356   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. カルシウム依存的相互作用因子から探るpenta-EF-handファミリーの機能 査読有り

    牧正敏,高原照直,柴田秀樹( 担当: 共著)

    日本生化学会  2019年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:191-209   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2019.910191

  2. 小胞体からの分子輸送におけるALG-2の役割 査読有り

    柴田秀樹, 高原照直, 京卓志, 牧正敏( 担当: 共著)

    北隆館/ニュー・サイエンス社  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 「エンドソームでの輸送選別に働くESCRT装置」メンブレントラフィック : 膜・小胞による細胞内輸送ネットワーク(第6章) 査読有り

    柴田秀樹, 牧正敏( 担当: 共著)

    化学同人  2016年7月  ( ISBN:9784759817232

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等 19

  1. 損傷リソソームへのCa2+結合タンパク質ALG-2動員の分子機構解析

    川野琢己、舟橋里帆、森花菜子、桑田啓子、牧正敏、高原照直、柴田秀樹

    第43回日本分子生物学会年会  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  2. ストア作動性カルシウム流入制御因子SARAFの二量体形成におけるALG-2の役割

    河原由衣、高原照直、柴田秀樹、牧正敏

    第187回日本農芸化学会中部支部例会  日本農芸化学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  3. アミノ酸応答シグナル経路におけるカルシウムを介した新規制御機構の解明

    雨宮優奈、池田奈央、柴田秀樹、牧正敏、高原照直

    第187回日本農芸化学会中部支部例会  日本農芸化学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  4. Ca2+結合タンパク質ALG-2の損傷リソソーム動員機構の解析

    川野琢己、舟橋里帆、高原照直、牧正敏、柴田秀樹

    第72回日本細胞生物学会大会  2020年6月  日本細胞生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:Web開催  

  5. 近接依存性標識法を用いた初期分泌経路制御タンパク質の探索

    伊藤駿、松下明理、桑田啓子、鄭光傑、高原照直、柴田秀樹

    第72回日本細胞生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:Web開催  

  6. カルシウム応答性NFATレポーター測定によるTRPチャネルの機能評価

    阿知波卓也,張維,高原照直,柴田秀樹,牧正敏

    日本農芸化学会2019年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農業大学   国名:日本国  

  7. アミノ酸によるmTORC1活性化の新規メカニズムの解析

    高原照直, 池田奈央, 石井千愛, 柴田秀樹, 牧正敏

    日本農芸化学会2019年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農業大学   国名:日本国  

  8. リソソーム傷害部位へのカルシウム結合タンパク質ALG-2の動員

    林本敬大, 柴田秀樹, 川野琢己, 高原照直, 牧正敏

    日本農芸化学会2019年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農業大学   国名:日本国  

  9. 損傷リソソームへのアネキシンA11とALG-2の動員とその生理的役割の解析

    林本敬大, 川野琢己, 高原照直, 牧正敏, 柴田秀樹

    第4回日本アネキシン研究会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学農学部   国名:日本国  

  10. DNA傷害誘発性アポトーシスにおけるカルシウムイオン結合タンパク質ALG-2のアポトーシス促進性機能の解析

    犬飼隆太、森可奈子、高原照直、柴田秀樹、牧正敏

    第41回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  11. SARAFのユビキチン修飾におけるALG-2の役割とPPxY配列の関与

    村松彩夏, 張維, 寺西直樹, 河原由衣, 髙原照直, 柴田秀樹, 牧正敏

    第41回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  12. SARAFとNedd4 ファミリーE3ユビキチンリガーゼとの相互作用解析

    寺西直樹, 村松彩夏, 張維, 髙原照直, 柴田秀樹, 牧正敏

    第41回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. アミノ酸によるmTORC1活性調節におけるカルシウムシグナルの役割の解析

    池田奈央, 石井千愛, 渡邊穂実, 王悦, 中村奈央, 高原照直, 柴田秀樹, 牧正敏

    第41回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 微小管結合タンパク質MAP1Bを介したアポトーシス誘導経路の解析

    河野雄太、新居裕美香、高原照直、柴田秀樹、牧正敏

    第41回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 近接ラベリング手法を用いたコラーゲン分泌制御因子の網羅的探索

    松下明理,柴田秀樹,桑田啓子, 高原照直,牧正敏

    日本農芸化学会第183回中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. The penta-EF-hand ALG-2 protein interacts with the SOCE regulator SARAF and interferes with ubiquitylation 国際会議

    Masatoshi Maki, Wei Zhang, Ayaka Muramatsu, Naoki Teranishi, Rio Matsuo, Terunao Takahara, Hideki Shibata

    European Calcium Society 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hamburg, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  17. Adaptor function of a calcium-binding protein ALG-2 in doxorubicin-induced apoptosis

    Kanako Mori, Ryuta Inukai, Terunao Takahara, Masatoshi, Maki, Hideki Shibata

    Joint Annual Meeting of JSCB 51st and JSCB 70th 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. 小胞体からのタンパク質の搬出におけるカルシウム結合タンパク質の生理的役割

    京卓志、横山健、山室南、三宅博、牧正敏、柴田秀樹

    日本農芸化学会中部支部 第165回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. The penta-EF-hand protein ALG-2 stabilises a COPII component Sec31A at ER exit sites by recruiting Annexin A11 国際会議

    Hideki Shibata, Takashi Kanadome, Minami Yamamuro, Stephen E. Moss, Masatoshi Maki

    12th symposium of the European Calcium Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 線維性コラーゲンの分泌機構の解明とその制御を目指す基礎研究

    2021年2月 - 現在

    公益財団法人 小柳財団  2021年度研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  2. カルシウム依存性ユビキチン化修飾を介するコラーゲン分泌調節機構に関する研究

    2018年4月 - 現在

    堀科学芸術振興財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. カルシウム振動による物質輸送制御機構の解析

    2011年11月 - 2013年10月

    豊秋奨学会 研究費助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. カルシウム振動のシグナル変換機構の解明

    2009年

    上原記念生命科学財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

科研費 6

  1. 神経変性過程の抑制を標的としたエンドソーム経路の機能改変

    2019年6月 - 現在

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    柴田 秀樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

  2. コラーゲン分泌を調節するカルシウム制御ネットワークの解析

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    柴田 秀樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 小胞体から出芽する輸送小胞の形成調節機構の解明と応用

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 初期分泌経路におけるカルシウム振動シグナル変換機構の解析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. カルシウム結合タンパク質ALG-2による小胞体からの輸送小胞出芽の制御機構の解析

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    柴田 秀樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. カルシウム結合タンパク質ALG-2による小胞体-ゴルジ体間小胞輸送制御機構の解明

    2007年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:19770107

    柴田 秀樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 応用生命科学実験実習2

    2020

  2. 遺伝子の世界

    2020

  3. 分子細胞生物学1

    2018

  4. Basics of Bioagricultural Sciences

    2018

  5. 分子細胞生物学特論1

    2018

  6. 応用生命科学実験実習2

    2018

  7. 遺伝子の世界

    2018

  8. 細胞生物学3

    2018

▼全件表示