2021/03/15 更新

写真a

マスタニ チカヒデ
益谷 央豪
MASUTANI, Chikahide
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 教授
大学院医学系研究科
職名
教授

学位 1

  1. 薬学博士 ( 1991年3月   東京大学 ) 

経歴 8

  1. 名古屋大学環境医学研究所 教授

    2010年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 大阪大学大学院生命機能研究科 准教授

    2007年4月 - 2010年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大阪大学大学院生命機能研究科 助教授

    2005年7月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. ピッツバーグ大学癌研究所 日米がん派遣研究者

    2003年6月 - 2003年8月

  5. 大阪大学大学院生命機能研究科 助手

    2002年4月 - 2005年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 大阪大学細胞生体工学センター 助手

    1995年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 理化学研究所 研究員

    1994年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 理化学研究所 基礎科学特別研究員

    1991年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京大学   薬学系研究科

    1986年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   薬学部

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 104

  1. Stepwise multipolyubiquitination of p53 by the E6AP-E6 ubiquitin ligase complex

    Masuda Yuji, Saeki Yasushi, Arai Naoko, Kawai Hidehiko, Kukimoto Iwao, Tanaka Keiji, Masutani Chikahide

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 41 ) 頁: 14860 - 14875   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA119.008374

    Web of Science

    PubMed

  2. Spatiotemporal regulation of PCNA ubiquitination in damage tolerance pathways

    Masuda Yuji, Masutani Chikahide

    CRITICAL REVIEWS IN BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY   54 巻 ( 5 ) 頁: 418 - 442   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10409238.2019.1687420

    Web of Science

    PubMed

  3. Preferential digestion of PCNA-ubiquitin and p53-ubiquitin linkages by USP7 to remove polyubiquitin chains from substrates.

    Masuda Y, Kanao R, Kawai H, Kukimoto I, Masutani C

    The Journal of biological chemistry     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA118.005167

    PubMed

  4. Regulation of HLTF-mediated PCNA polyubiquitination by RFC and PCNA monoubiquitination levels determines choice of damage tolerance pathway. 査読有り

    Masuda Y, Mitsuyuki S, Kanao R, Hishiki A, Hashimoto H, Masutani C

    Nucleic acids research     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gky943

    PubMed

  5. Regulation of DNA damage tolerance in mammalian cells by post-translational modifications of PCNA

    Kanao Rie, Masutani Chikahide

    MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS   803 巻   頁: 82 - 88   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mrfmmm.2017.06.004

    Web of Science

    PubMed

  6. USP7 is a suppressor of PCNA ubiquitination and oxidative-stress-induced mutagenesis in human cells. 査読有り

    Kashiwaba, S., Kanao, R., Masuda, Y., Kusumoto-Matsuo, R., Hanaoka, F., Masutani, C.

    Cell Reports   13 巻   頁: 2072-2080   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j. celrep.2015.11.014

  7. Different types of interaction between PCNA and PIP boxes contribute to different cellular functions of Y-family DNA polymerases 査読有り

    Masuda Y., Kanao R., Kaji K., Ohmori H., Hanaoka F., Masutani C.

    Nucleic Acids Reserch   43 巻 ( 16 ) 頁: 7898-7910   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkv712.

  8. The BAH domain of BAF180 is required for PCNA ubiquitination. 査読有り

    Niimi A, Hopkins SR, Downs JA, Masutani C

    Mutation Research   779 巻   頁: 16-23   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.mrfmmm.2015.06.006.

  9. UV-induced mutations in epidermal cells of mice defective in DNA polymerase η and/or ι. 査読有り

    Kanao R., Yokoi M., Ohkumo T., Sakurai Y., Dotsu K., Kura S., Nakatsu Y., Tsuzuki T., Masutani C., Hanaoka F.

    DNA Repair (Amst)   29 巻   頁: 139-146   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.dnarep.2015.02.006.

  10. Relevance of simultaneous mono-ubiquitnations of multiple units of PCNA homo-trimers in DNA damage tolerance. 査読有り

    Kanao R, Masuda Y, Deguchi S, Yumoto-Sugimoto M, Hanaoka F, Masutani C

    PLoS One   10 巻 ( 2 ) 頁: e0118775   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0118775

  11. Sphingosine: A Modulator of Human Translesion DNA Polymerase Activity. 査読有り

    Kamath-Loeb AS, Balakrishna S, Whittington D, Shen JC, Emond MJ, Okabe T, Masutani C, Hanaoka F, Nishimura S, Loeb LA.

    Journal of Biological Chemistry     2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: jbc.M114.570242.

  12. Guanine- 5-carboxylcytosine base pairs mimic mismatches during DNA replication. 査読有り

    Shibutani T, Ito S, Toda M, Kanao R, Collins LB, Shibata M, Urabe M, Koseki H, Masuda Y, Swenberg JA, Masutani C, Hanaoka F, Iwai S, Kuraoka I.

    Scientific Reports     2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep05220

  13. A cyclobutane thymine-N4-methylcytosine dimer is resistant to hydrolysis but strongly blocks DNA synthesis 査読有り

    Yamamoto J, Oyama T, Kunishi T, Masutani C, Hanaoka F, Iwai S.

    Nucleic Acids Research   42 巻 ( 3 ) 頁: 2075-2084   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkt1039

  14. En bloc transfer of poly-ubiquitin chains to PCNA in vitro is mediated by two human E2-E3 pairs. 査読有り

    *Masuda, Y., Suzuki, M., Kawai, H., Hishiki, A., Hashimoto, H., Masutani, C., Hishida, T., Suzuki, F., *Kamiya. K.

    Nucl. Acids Res.   40 巻 ( 20 ) 頁: 10394-10407   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. NBS1 recruits RAD18 via a RAD6-like domain and regulates Polh-dependent translesion DNA synthesis. 査読有り

    Yanagihara, H., Kobayashi, J., Tateishi, S., Kato, A., Matsuura, S., Tauchi, H., Yamada, K., Takwzawa, J., Sugasawa, K., Masutani, C., Hanaoka, F., Weemaes, C.M., Mori, T., Zou, L., Komatsu. K.

    Mol. Cell   43 巻 ( 5 ) 頁: 788-797   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Molecular chaperone Hsp90 regulates REV1-mediated mutagenesis 査読有り

    Pozo, F.M., Oda, T., sekimoto, T., Murakumo, Y., Masutani, C., Hanaoka, F., Yamashita, T.

    Mol. Cell. Biol.   31 巻 ( 16 ) 頁: 3396-3409   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Photosensitized [2+2] cycloaddition of N-acetylated cytosine affords stereoselective formation of cyclobutane pyrimidine dimer. 査読有り

    Yamamoto, J., nishiguchi, K., Manabe, K., Masutani, C., Hanaoka, F., Iwai, S.

    Nucl. Acids Res.   39 巻   頁: 1165-1175   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Simultaneous disruption of two DNA polymerases, Polh and Polz, in Avian DT40 cells unmasks the role of Polh in cellular response to various DNA lesions. 査読有り

    Hirota, K., Sonoda, E., Kawamoto, T., Motegi, A., Masutani, C., Hanaoka, F., Szuts, D., Iwai, S., Sale, J.E., Lehmann, A., Takeda, S.

    PLoS Genet.   6 巻 ( 10 )   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: pii: e1001151

  19. Characterization of a Y-family DNA polymerase h from the eukaryotic thermophile Alvinella pompejana. 査読有り

    Kashiwagi, S., kuraoka, I., fujiwara, Y., Hitomi, K., Cheng, Q.J., Fuss, J.O., Shin, D.S., Masutani, C., Tainer, J.A., Hanaoka, F., Iwai, S.

    J. Nucl. Acids   2010 巻   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: pii: 701472

  20. Structure and mechanism of human DNA polymerase h. 査読有り

    Biertümpfel, C., Zhao, Y., Kondo, Y., Ramón-Maiques, S., Gregory, M., Lee, J.Y., Masutani, C., Lehmann, A. R., *Hanaoka, F., and *Yang, W.

    Nature   465 巻   頁: 1044-1048   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Polymerization by DNA polymerase h is blocked by cis-diamminedichloroplatinum(II) 1,3-d(GpTpG) crosslink: Implications for cytotoxic effects in nucleotide excision repair-negative tumor cells. 査読有り

    Chijiwa, S., Masutani, C., Hanaoka, F., Iwai, S., and *Kuraoka, I.

    Carcinogenesis   31 巻   頁: 388-393   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Critical amino acids involved in erroneous incorporation of oxidized nucleotides by human DNA polymerase h and k. 査読有り

    Katafuchi, A., Sassa, A., Niimi, N., Gruz, P., Fujimoto, H., Masutani, C., Hanaoka, F., Ohta, T., and *Nohmi, T.

    Nucl. Acids Res.   38 巻   頁: 859-867   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. The molecular chaperone Hsp90 regulates accumulation of DNA polymerase h at replication stalling sites in UV-irradiated cells. 査読有り

    Sekimoto, T., Oda, T., Pozo, F. M., Murakumo, Y., Masutani, C., Hanaoka, F., and *Yamashita, T.

    Mol. Cell   37 巻   頁: 79-89   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. A novel interaction between human DNA polymerase h and MutLa. 査読有り

    Kanao, R., Hanaoka, F., and *Masutani, C.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   389 巻   頁: 40-45   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Translesional DNA synthesis through a C8-guanyl adduct of 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine (PhIP) in vitro: REV1 inserts dC opposite the lesion and DNA polymerase k potentially catalyzes extension reaction from the 3'-dC terminus. 査読有り

    Fukuda, H., Takamura-Enya, T., Masuda, Y., Nohmi, T., Seki, C., Kamiya, K., Sugimura, T., Masutani, C., Hanaoka, F., and *Nakagama, H.

    J. Biol. Chem.   284 巻   頁: 25585-25592   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Interaction with DNA polymerase h is required for nuclear accumulation of REV1 and suppression of spontaneous mutations in human cells. 査読有り

    Akagi, J., *Masutani, C., Kataoka, Y., Kan, T., Ohashi, E., Mori, T., Ohmori, H., and Hanaoka, F.

    DNA Repair   8 巻   頁: 585-599   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Penicilliols A and B, novel inhibitors specific to mammalian Y-family DNA polymerases. 査読有り

    Kimura, T., Takeuchi, T., Kumamoto-Yonezawa, Y., Ohashi, E., Ohmori, H., Masutani, C., Hanaoka, F., Sugawara, F., Yoshida, H., and *Mizushina, Y.

    Bioorg. Medicinal Chem.   17 巻   頁: 1811-1816   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Specificity of mutations induced by incorporation of oxidized dNTPs into DNA by human DNA polymerase h. 査読有り

    Hidaka, K., Yamada, M., Kamiya, H., Masutani, C., Harashima, H., Hanaoka, F., and *Nohmi, T.

    DNA Repair   7 巻   頁: 497-506   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Miscoding property of 2'-deoxyinosine, a nitric oxide-derived DNA adduct, during translesion synthesis catalyzed by human DNA polymerases. 査読有り

    *Yasui, M., Suenaga, E., Koyama, N., Masutani, C., Hanaoka, F., Gruz, P., Shibutani, S., Nohmi, T., Hayashi, M., and Honma, M.

    J. Mol. Biol.   377 巻   頁: 1015-1023   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Efficient and erroneous incorporation of oxidized DNA precursors by human DNA polymerase h. 査読有り

    Shimizu, M., Gruz, P., Kamiya, H., Masutani, C., Xu, Y., Sugiyama, H., Harashima, H., Hanaoka, F., and Nohmi, T.

    Biochemistry   46 巻   頁: 5515-5522   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. A second PCNA loader complex, Ctf18-RFC, specifically stimulates DNA polymerase h activity. 査読有り

    Shiomi, Y., Masutani, C., Hanaoka, F., Kimura, H., and *Tsurimoto, T.

    J. Biol. Chem.   282 巻   頁: 20906-20914   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 2-Hydroxy-2'-deoxyadenosine 5'-triphosphate enhances A.T --> C.G mutations caused by 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine 5'-triphosphate by suppressing its degradation upon replication in a HeLa extract. 査読有り

    Satou, K., Kasai, H., Masutani, C., Hanaoka, F., Harashima, H., and Kamiya, H.

    Biochemistry   46 巻   頁: 6639-6646   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. DNA polymerase h and q function in the same genetic pathway to generate mutations at A/T during somatic hypermutation of Ig genes. 査読有り

    Masuda, K., Ouchida, R., Hikida, M., Kurosaki, T., Yokoi, M., Masutani, C., Seki, M., Wood, R.D., Hanaoka, F., and O-Wang, J.

    J. Biol. Chem.   282 巻   頁: 17387-17394   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Deficiency of the Caenorhabditis elegans DNA polymerase h homologue increases sensitivity to UV radiation during germ-line development. 査読有り

    Ohkumo, T., Masutani, C., Eki, T., and Hanaoka, F.

    Cell Struct. Funct.   31 巻   頁: 29-37   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Ultraviolet B radiation induces epithelial tumors in mice lacking Polh and mesenchymal tumors in mice deficient for Poli. 査読有り

    Ohkumo, T., Kondo, Y., Yokoi, M., Tsukamoto, T., Yamada, A., Sugimoto, T., Kanao, R., Higashi, Y., Kondoh, H., Tatematsu, M., Masutani, C., and Hanaoka, F.

    Mol. Cell. Biol.   26 巻   頁: 7696-7706   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. A human DNA polymerase h complex containing Rad18, Rad6 and Rev1; proteomic analysis and targeting of the complex to the chromatin-bound fraction of cells undergoing replication fork arrest. 査読有り

    Yuasa S., M., Masutani, C., Hirano, A., Cohn, M.A., Yamaizumi, M., Nakatani, Y., and Hanaoka, F.

    Genes Cells   11 巻   頁: 731-744   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Different mutationsignatures in DNA polymerase h- and MSH6-deficient mice suggest separate roles in antibody diversification. 査読有り

    Martomo, S.A., Yang, W.W., Wersto, R.P., Ohkumo, T., Kondo, Y., Yokoi, M., Masutani, C., Hanaoka, F., and Gearhart, P.J.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   102 巻   頁: 8656-8661   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Dual roles for DNA polymerase h in homologous DNA recombination and translesion DNA synthesis. 査読有り

    Kawamoto, T., Araki, K., Sonoda, E., Yamashita, Y.M., Harada, K.K., Kikuchi, K., Masutani, C., Hanaoka, F., Nozaki, K., Hashimoto, N., and Takeda, S.

    Mol. Cell   20 巻   頁: 793-799   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Error-prone translesion synthesis by human DNA polymerase h on DNA containing deoxyadenosine adducts of 7.8-dihydroxy-9,10-epoxy-7,8,9,10-tetrahydrobenzo[a]pyrene. 査読有り

    Chiapperino, D., Cai, M., Sayer, J.M., Yagi, H., Kroth, H., Masutani, C., Hanaoka, F., Jerina, D.M., and Cheh, A.M.

    J. Biol. Chem.   280 巻   頁: 39684-39692   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Centrin 2 stimulates nucleotide excision repair by interacting with xeroderma pigmentosum group C protein. 査読有り

    Nishi, R., Okuda, Y., Watanabe, E., Mori, T., Iwai, S., Masutani, C., Sugasawa, K., and Hanaoka, F.

    Mol. Cell. Biol.   25 巻   頁: 5664-5674   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Preferential cis-syn thymine dimer bypass by DNA polymerase h occurs with biased fidelity. 査読有り

    McCulloch, S.D., Kokoska R.J., Masutani, C., Iwai, S., Hanaoka, F., and Kunkel, T.A.

    Nature   428 巻   頁: 97-100   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. DNA binding properties of human DNA polymerase h: Implication for polymerase switching. 査読有り

    Kusumoto, R., Masutani, C., Simmyo, S., Iwai, S., and Hanaoka, F.

    Genes Cells   9 巻   頁: 1139-1150   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. High-efficiency bypass of DNA damage by human DNA polymerase Q. 査読有り

    Seki, M., Masutani, C., Yang, L.W., Schuffert, A., Iwai, S., Bahar, I., and Wood, R.D.

    EMBO J.   23 巻   頁: 4484-4494   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Interaction of hREV1 with three human Y-family DNA polymerases. 査読有り

    Ohashi, E., Murakumo, Y., Kanjo, N., Akagi, J., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohmori, H.

    Genes Cells   9 巻   頁: 523-531   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Translesion synthesis past estrogen-derived DNA adducts by human DNA polymerases h and k. 査読有り

    Suzuki, N., Itoh, S., Poon, K., Masutani, C., Hanaoka, F., Ohmori, H., Yoshizawa, I., and Shibutani, S.

    Biochemistry   43 巻   頁: 6304-6311   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Chemical synthesis and translesion replication of a cis-syn cyclobutane thymine-uracil dimer. 査読有り

    Takasawa, K., Masutani, C., Hanaoka, F., and Iwai, S.

    Nucl. Acids Res.   32 巻   頁: 1738-1745   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Palm mutants in DNA polymerases a and h alter DNA replication fidelity and translesion activity. 査読有り

    Niimi, A., Limsirichaikul, S., Yoshida, S., Iwai, S., Masutani, C., Hanaoka, F., Kool, E. T., Nishiyama, Y., and Suzuki, M.

    Mol. Cell. Biol.   24 巻   頁: 2734-2746   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Erroneous incorporation of oxidized DNA precursors by Y-family DNA polymerases. 査読有り

    Shimizu, M., Gruz, P., Kamiya, H., Kim, S.-R., Pisani, F.M., Masutani, C., Kanke, Y., Harashima, H., Hanaoka, F., and Nohmi, T.

    EMBO Reports   4 巻   頁: 269-273   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Efficiency of extension of mismatched primer termini across from cisplatin and oxaliplatin adducts by human DNA polymerases b and h in vitro. 査読有り

    Bassett, E., Vaisman, A., Havener, J. M., Masutani, C., Hanaoka, F., and Chaney, S.G.

    Biochemistry   42 巻   頁: 14197-14206   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Identification and characterization of an intermediate in the alkali degradation of (6-4) photoproduct-containing DNA. 査読有り

    Higurashi, M., Ohtsuki, T., Inase, A., Kusumoto, R., Masutani, C., Hanaoka, F., and Iwai, S.

    J. Biol. Chem.   278 巻   頁: 51968-51973   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 8-Hydroxyguanine in a mutational hotspot of c-Ha-ras gene causes misreplication, “action-at-a-distance" mutagenesis and inhibition of replication. 査読有り

    Jaloszynski, P., Masutani, C., Hanaoka, F., Perwz, A.B., and Nishimura, S.

    Nucl. Acids Res.   31 巻   頁: 6085-6095   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 129-derived strains of mice are deficient in DNA polymerase i and have normal immunoglobulin hypermutation. 査読有り

    McDonald, J.P., Frank, E.G., Plosky, B.S., Rogozin, I.B., Masutani, C., Hanaoka, F., Woodgate, R., and Gearhart, P.J.

    J. Exp. Med.   198 巻   頁: 635-643   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Molecular analysis of mutations in DNA polymerase h in xeroderma pigmentosum-variant patients. 査読有り

    Broughton, B.C., Cordonnier, A., Kleijer, W.J., Jaspers, N.G.J., Fawcett, H., Raams, A., Garritsen, V.H., Stary, A., Avril, M.-F., Boudsocq, F., Masutani, C., Hanaoka, F., Fuchs, R.P., Sarasn, A., and Lehmann, A.R.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   99 巻   頁: 815-820   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Frameshifts and deletions during in vitro translesion synthesis past Pt-DNA adducts by DNA polymerase b and h. 査読有り

    Bassett, E., Vaisman, A., Tropea, K.A., McCall, C.M., Masutani, C., Hanaoka, F., and Chaney, S.G.

    DNA Repair   1 巻   頁: 1003-1016   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Detection of reduced RNA synthesis in UV-irradiated Cockayne syndrome group B cells using an isolated nuclear system. 査読有り

    Yamada, A., Masutani, C., and Hanaoka, F.

    Biochim. Biophys. Acta   1592 巻   頁: 129-134   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. The carboxy-terminal domain of the XPC protein plays a crucial role in nucleotide excision repair through interactions with transcription factor IIH. 査読有り

    Uchida, A., Sugasawa, K., Masutani, C., Dohmae, N., Araki, M., Yokoi, M., Ohkuma, Y., and Hanaoka, F.

    DNA Repair   1 巻   頁: 449-461   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Translesion synthesis by human DNA polymerase h across thymine glycol lesions. 査読有り

    Kusumoto, R., Masutani, C., Iwai, S., and Hanaoka, F.

    Biochemistry   41 巻   頁: 6090-6099   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Preferential misincorporation of purine nucleotides by human DNA polymerase h opposite benzo[a]pyrene 7,8-diol 9,10-epoxide deoxyguanosine adducts. 査読有り

    Chiapperino, D., Kroth, H., Kramarczuk, I. H., Sayer, J.M., Masutani, C., Hanaoka, F., Jerina, D.M., and Cheh, A.M.

    J. Biol. Chem.   277 巻   頁: 11765-11771   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Proofreading of DNA polymerase h-dependent replication errors. 査読有り

    Bebenek, K., Matsuda, T., Masutani, C., Hanaoka, F., and Kunkel, T.A.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 2317-2320   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Oxygen free-radical damage to DNA: translesion synthesis by human DNA polymerase h and resistance to exonuclease action at cyclopurine deoxynucleoside residues. 査読有り

    Kuraoka, I., Robins, P., Masutani, C., Hanaoka, F., Gasparutto, D., Cadet, J., Wood, R.D., and Lindahl, T.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 49283-49288   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Error rate and specificity of human and murin DNA polymerase h. 査読有り

    Matsuda, T., Bebenek, K., Masutani, C., Rogozin, I.B., Hanaoka, F., and Kunkel, T.A.

    J. Mol. Biol.   312 巻   頁: 335-346   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Translesion DNA synthesis catalyzed by human pol h and pol k across 1,N6-ethenodeoxyadenosine. 査読有り

    Levine, R.L., Miller, H., Grollman, A., Ohashi, E., Ohmori, H., Masutani, C., Hanaoka, F., and Moriya, M.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 18717-18721   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Centrosome protein centrin 2/caltractin 1 is part of the xeroderma pigmentosum group C complex that initiates global genome nucleotide excision repair. 査読有り

    Araki, M., Masutani, C., Takemura, M., Uchida, A., Sugasawa, K., Kondo, J., Ohkuma, Y., and Hanaoka, F.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 18665-18672   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Mutagenic and non-mutagenic bypass of DNA lesions by Drosophila DNA polymerases dpolh and dpoli. 査読有り

    Ishikawa, T., Uematsu, N., Mizukoshi, T., Iwai, S., Iwasaki, H., Masutani, C., Hanaoka, F., Ueda, R., Ohmori, H., and Todo, T.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 15155-15163   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. ATP-dependent chromatin remodeling facilitates nucleotide excision repair of UV-induced DNA lesions in synthetic dinucleosomes. 査読有り

    Ura, K., Araki, M., Saeki, H., Masutani, C., Ito, T., Iwai, S., Mizukoshi, T., Kaneda, Y., and Hanaoka, F.

    EMBO J.   20 巻   頁: 2004-2014   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Diversity of the damage recognition step in the global genomic nucleotide excision repair in vitro. 査読有り

    Kusumoto, R., Masutani, C., Sugasawa, K., Iwai, S., Araki, M., Uchida, A., Mizukoshi, T., and Hanaoka, F.

    Mutation Res.   485 巻   頁: 219-227   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. A multistep damage recognition mechanism for global genomic nucleotide excision repair. 査読有り

    Sugasawa, K., Okamoto, T., Shimizu, Y., Masutani, C., Iwai, S., and Hanaoka, F.

    Genes Dev.   15 巻   頁: 507-521   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Reconstitution of damage DNA excision reaction from SV40 minichromosomes with purified nucleotide excision repair proteins. 査読有り

    Araki, M., Masutani, C., Maekawa, T., Watanabe, Y., Yamada, A., Kusumoto, R., Sakai, D., Sugasawa, K., Ohkuma, Y., and Hanaoka, F.

    Mutation Res.   459 巻   頁: 147-160   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Genomic structure, chromosomal localization and identification of mutations in the xeroderma pigmentosum variant (XPV) gene. 査読有り

    Yuasa, M., Masutani, C., Eki, T., and Hanaoka, F.

    Oncogene   19 巻   頁: 4721-4728   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. 3-methyladenine-DNA glycosylase (MPG protein) interacts with human RAD23 proteins. 査読有り

    Miao, F., Bouziane, M., Dammann, R., Masutani, C., Hanaoka, F., Pfeifer, G., and O'Connor, T.R.

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 28433-28438   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Error-prone bypass of certain DNA lesions by the human DNA polymerase h. 査読有り

    Ohashi, E., Ogi, T., Kusumoto, R., Iwai, S., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohmori, H.

    Genes Dev.   14 巻   頁: 1589-1594   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Complementation of defective translesion synthesis and ultraviolet light sensitivity in xeroderma pigmentosum variant cells by human and mouse DNA polymerase h. 査読有り

    Yamada, A., Masutani, C., Iwai, S., and Hanaoka, F.

    Nucl. Acids Res.   28 巻   頁: 2473-2480   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Mechanisms of accurate translesion synthesis by human DNA polymerase h. 査読有り

    Masutani, C., Kusumoto, R., Iwai, S., and Hanaoka, F.

    EMBO J.   19 巻   頁: 3100-3109   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Modulation of TFIIH-associated kinase activity by complex formation and its relationship with CTD phosphorylation of RNA polymerase II. 査読有り

    Watanabe, Y., Fujimoto, H., Watanabe, T., Maekawa, T., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohkuma, Y.

    Genes Cells   5 巻   頁: 407-423   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Low fidelity DNA synthesis by human DNA polymerase h. 査読有り

    Matsuda, T., Bebenek, K., Masutani, C., Hanaoka, F., and Kunkel, T.A.

    Nature   404 巻   頁: 1011-1013   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Efficient translesion replication past oxaliplatin and cisplatin GpG adducts by human DNA polymerase eta. 査読有り

    Vaisman, A., Masutani, C., Hanaoka, F., and Chaney, S.G.

    Biochemistry   39 巻   頁: 4575-4580   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. The xeroderma pigmentosum group C protein complex XPC-HR23B plays an important role in the recruitment of TFIIH to damaged DNA. 査読有り

    Yokoi, M., Masutani, C., Maekawa, T., Sugasawa, K., Ohkuma, Y., and Hanaoka, F.

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 9870-9875   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Benzimidazolium triflate-activated synthesis of (6-4) photoproduct-containing oligonucleotides and its application. 査読有り

    Iwai, S., Mizukoshi, T., Fujiwara, Y., Masutani, C., Hanaoka, F., and Hayakawa, Y.

    Nucl. Acids Res.   27 巻   頁: 2299-2303   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Interaction of hHR23 with S5a: The ubiquitin-like domain of hHR23 mediates interaction with S5a subunit of 26S proteasome. 査読有り

    Hiyama, H., Yokoi, M., Masutani, C., Sugasawa, K., Maekawa, T., Tanaka, K., Hoeijmakers, J.H.J., and Hanaoka, F.

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 28019-28025   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Characterization of DNA recognition by the human UV-damaged-DNA binding protein. 査読有り

    Fujiwara, Y., Masutani, C., Mizukoshi, T., Kondo, J., Hanaoka, F., and Iwai, S.

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 20027-20033   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. The XPV (xeroderma pigmentosum variant) gene encodes human DNA polymerase h. 査読有り

    Masutani, C., Kusumoto, R., Yamada, A., Dohmae, N., Yokoi, M., Yuasa, M., Araki, M., Iwai, S., Takio, K., and Hanaoka, F.

    Nature   399 巻   頁: 700-704   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Xeroderma pigmentosum variant (XP-V) correcting protein from HeLa cells has a thymine dimer bypass DNA polymerase activity. 査読有り

    Masutani, C., Araki, M., Yamada, A., Kusumoto, R., Nogimori, T., Maekawa, T., Iwai, S., and Hanaoka, F.

    EMBO J.   18 巻   頁: 3491-3501   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. A new Drosophila ultraviolet light-damaged DNA recognition endonuclease that selectively nicks a (6-4) photoproduct site. 査読有り

    Kai, M., Todo, T., Wada, M., Ryo, H., Masutani, C., Kobayashi, H., Morioka, H., Ohtsuka, E., Hanaoka, F., and Sakaguchi, K.

    Biochim. Biophys. Acta   1397 巻   頁: 180-188   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Xeroderma pigmentosum group C protein complex is the initiator of global genome nucleotide excision repair. 査読有り

    Sugasawa, K., Ng, J.M.Y., Masutani, C., Iwai, S., van der Spek, P.J., Eker, A.P.M., Hanaoka, F., Bootsma, D., and Hoeijmakers, J.H.J.

    Mol. Cell   2 巻   頁: 223-232   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Identification and characterization of XPC-binding domain of hHR23B. 査読有り

    Masutani, C., Araki, M., Sugasawa, K., van der Spek, P.J., Yamada, A., Uchida, A., Maekawa, T., Bootsma, D., Hoeijmakers, J.H.J., and Hanaoka, F.

    Mol. Cell. Biol.   17 巻   頁: 6915-6923   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Two human homologues of Rad23 are functionally interchangeable in complex formation and stimulation of XPC repair activity. 査読有り

    Sugasawa, K., Ng, J.M.Y., Masutani, C., Maekawa, T., Uchida, A., van der Spek, P.J., Eker, A., Rademakers, S., Visser, C., Aboussekhra, A., Wood, R.D., Hanaoka, F., Bootsma, D., and Hoeijmakers, J.H.J.

    Mol. Cell. Biol.   17 巻   頁: 6924-6931   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. XPC and human homologs of RAD23: intracellular localization and relationship to other nucleotide excision repair complexes. 査読有り

    van der Spek, P.J., Eker, A., Rademakers, S., Visser, C., Sugasawa, K., Masutani, C., Hanaoka, F., Bootsma, D., and Hoeijmakers, J.H.J.

    Nucl. Acids Res.   24 巻   頁: 2551-2559   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Sequential binding of DNA repair proteins RPA and ERCC1 to XPA in vitro. 査読有り

    Saijo, M., Kuraoka, I., Masutani, C., Hanaoka, F., and Tanaka, K.

    Nucl. Acids Res.   24 巻   頁: 4719-4724   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. c-jun stimulates origin-dependent DNA unwinding by polyomavirus large T antigen. 査読有り

    Ito, K., Asano, M., Hughes, P., Kohzaki, H., Masutani, C., Hanaoka, F., Kerppola, T., Curran, T., Murakami, Y., and Ito, Y.

    EMBO J.   15 巻   頁: 5636-5646   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. HHR23B, a human RAD23 homologue, stimulates XPC protein in nucleotide excision repair in vitro. 査読有り

    Sugasawa, K., Masutani, C., Uchida, A., Maekawa, T., van der Spek, P.J., Bootsma, D., Hoeijmakers, J.H.J., and Hanaoka, F.

    Mol. Cell. Biol.   16 巻   頁: 4852-4861   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Comparison of incorporation and extension of nucleotides in vitro opposite 8-hydroxyguanine (7,8 dihydro-8-oxoguanine) in hot spots of the c-Ha-ras gene. 査読有り

    Kamiya, H., M-Kamiya, N., Fujimuro, M., Kido, K., Inoue, H., Nishimura, S., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohtsuka, E.

    Jpn. J. Cancer Res.   86 巻   頁: 270-276   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Stimulation of DNA synthesis by mouse DNA helicase B in a DNA replication system containing eukaryotic replication origins. 査読有り

    Matsumoto, K., Seki, M., Masutani, C., Tada, S., Enomoto, T., and Ishimi, Y.

    Biochemistry   34 巻   頁: 7913-7922   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. 8-Hydroxyadenine (7,8-dihydro-8-oxoadenine) induces misincorporation in in vitro DNA synthesis and mutations in NIH 3T3 cells. 査読有り

    Kamiya, H., Miura, H., M-Kamiya, N., Ishikawa, H., Sakaguchi, T., Inoue, H., Sasaki, T., Masutani, C., Hanaoka, F., Nishimura, S., and Ohtsuka, E.

    Nucl. Acids Res.   23 巻   頁: 2893-2899   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. DNA repair protein XPA binds replication protein A (RPA). 査読有り

    Matsuda, T., Saijo, M., Kuraoka, I., Kobayashi, T., Nakatsu, Y., Nagai, A., Enjoji, T., Masutani, C., Sugasawa, K., Hanaoka, F., Yasui, A., and Tanaka, K.

    J. Biol. Chem.   270 巻   頁: 4152-4157   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Purification and cloning of a nucleotide excision repair complex involving the xeroderma pigmentosum group C protein and a human homolog of yeast RAD23. 査読有り

    Masutani, C., Sugasawa, K., Yanagisawa, J., Sonoyama, T., Ui, M., Enomoto, T., Takio, K., Tanaka, K., van der Spek, P.J., Bootsma, D., Hoeijmakers, J.H.J., and Hanaoka, F.

    EMBO J.   13 巻   頁: 1831-1843   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Chromosomal localization of three repair genes: the xeroderma pigmentosum group C gene and two human homologs of yeast RAD23. 査読有り

    van der Spek, P.J., Smit, E.M.E., Beverloo, H.B., Sugasawa, K., Masutani, C., Hanaoka, F., Hoeijmakers, J.H.J., and Hagemeijer, A.

    Genomics   23 巻   頁: 651-658   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Cell-free repair of UV-damaged simian virus 40 chromosomes in human cell extracts: I. Development of a cell-free system detecting excision repair of UV-irradiated SV40 chromosomes in human cell extracts. 査読有り

    Sugasawa, K., Masutani, C., and Hanaoka, F.

    J. Biol. Chem.   268 巻   頁: 9098-9104   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Cyclobutane thymine dimers in a ras proto-oncogene hot spot activate the gene by point mutation. 査読有り

    Kamiya, H., Murata, N., Murata, T., Iwai, S., Matsukage, A., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohtsuka, E.

    Nucl. Acids Res.   21 巻   頁: 2355-2361   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Cell-free repair of UV-damaged simian virus 40 chromosomes in human cell extracts: II. Defective DNA repair synthesis by xeroderma pigmentosum cell extracts. 査読有り

    Masutani, C., Sugasawa, K., Asahina, H., Tanaka, K., and Hanaoka, F.

    J. Biol. Chem.   268 巻   頁: 9105-9109   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. An abasic site analogue activates a c-Ha-ras gene by a point mutation at modified and adjacent positions. 査読有り

    Kamiya, H., Suzuki, M., Komatsu, Y., Miura, H., Kikuchi, K., Sakaguchi, T., Murata, N., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohtsuka, E.

    Nucl. Acids Res.   20 巻   頁: 4409-4415   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. In vitro replication study of modified bases in ras sequences. 査読有り

    Kamiya, H., Sakaguchi, T., Murata, N., Fujimuro, M., Miura, H., Ishikawa, H., Shimizu, M., Inoue, H., Nishimura, S., Matsukage, A., Masutani, C., Hanaoka, F., and Ohtsuka, E.

    Chem. Pharm. Bull.   40 巻   頁: 2792-2795   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Mouse DNA primase plays the principal role in determination of permissiveness for polyomavirus DNA replication. 査読有り

    Eki, T., Enomoto, T., Masutani, C., Miyajima, A., Takada, R., Murakami, Y., Ohno, T., Hanaoka, F., and Ui, M.

    J. Virol.   65 巻   頁: 4874-4881   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. DNA primase stimulatory factor from mouse FM3A cells has an RNase H activity. 査読有り

    Masutani, C., Enomoto, T., Suzuki, M., Hanaoka, F., and Ui, M.

    J. Biol. Chem.   265 巻   頁: 10210-10216   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. DNA primase-DNA polymerase eta assembly from mouse FM3A cells: purification of constituting enzymes, reconstitution, and analysis of RNA priming as coupled to DNA synthesis. 査読有り

    Suzuki, M., Enomoto, T., Masutani, C., Hanaoka, F., Yamada, M., and Ui, M.

    J. Biol. Chem.   264 巻   頁: 10065-10071   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 24

  1. Translesion DNA synthesis (in "DNA Repair Disorders" edited by Nishigori and Sugasawa)

    Chikahide Masutani, Fumio Hanaoka( 担当: 共著)

    Springer  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Translesion DNA synthesis and damage tolerance pathways (in DNA Replication, Recombination, and Repair - Molecular Mechanisms and Pathology" edited by Hanaoka and Sugasawa)

    Yuji Masuda, Fumio Hanaoka, Chikahide Masutani( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. DNA polymerase eta (in "Function of Translesion DNA Polymerases in Genome Stability" edited byMariorano and Hoffmann)

    Chikahide Masutani, Rie Kanao, Fumio Hanaoka( 担当: 共著)

    Research Signpost  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. Human DNA polymerase eta and its regulatory mechanisms.

    Masutani, C.( 担当: 単著)

    Genes and Environment  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. 動物細胞の紫外線DNA損傷の修復と複製

    益谷央豪( 担当: 単著)

    蛋白質核酸酵素2009年3月号増刊「染色体サイクル」  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. Xeroderma Pigmentosum Variant, XP-V: its product and biological roles.

    Masutani, C., Hanaoka, F., and *Ahmad, S.I.( 担当: 共著)

    Adv. Exp. Med. Biol.  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. Use of RNAi in C. elegans.

    Ohkumo, T., Masutani, C., Eki, T., and *Hanaoka, F.( 担当: 共著)

    Methods Mol. Biol.  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. 真核細胞のDNA合成酵素pp219-226、プライマーゼ―真核細胞pp260-263

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    生物薬科学実験講座8遺伝子II(名取俊二/中西義信・編集 廣川書店)  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 真核生物が獲得した天然の日焼け止めクリーム―XP-V群色素性乾皮症遺伝子産物;DNAポリメラーゼh(イータ)について-

    大雲剛志、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    放射線生物研究  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. DNAポリメラーゼh:DNA修復欠損遺伝病の研究から損傷乗り越え型DNAポリメラーゼの発見へ

    花岡文雄、益谷央豪( 担当: 共著)

    生化学  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 色素性乾皮症バリアントにおける損傷乗り越えDNA複製の異常

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    蛋白質核酸酵素(共立出版)増刊『DNA修復ネットワークとその破綻の分子病態』  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. Xeroderma pigmentosum variant: From a human genetic disorder to a novel DNA polymerase.

    Masutani, C., Kusumoto, R., Yamada, A., Yuasa, M., Araki, M., Nogimori, T., Yokoi, M., Eki, T., Iwai, S., and Hanaoka, F.( 担当: 共著)

    Cold Spring Harbor Symp. Quantit. Biol.  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. バリアント型色素性乾皮症と損傷乗り越えDNA複製

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    医学のあゆみ(医歯薬出版)  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. V群色素性乾皮症遺伝子産物 DNAポリメラーゼh(イータ)について

    楠本理加、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    ファルマシア  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 損傷を乗り越える新規DNAポリメラーゼ

    山田亜夕美、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    生化学  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 色素性乾皮症バリアント群の原因遺伝子のクローニング遺伝子医学

    湯浅真弓、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    メディカルドゥ  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. ヌクレオチド除去修復の分子機構

    荒木真理人、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    蛋白質核酸酵素(共立出版)  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 色素性乾皮症研究の最前線-DNA修復欠損と損傷DNA複製欠損

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    実験医学(羊土社)  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 色素性乾皮症バリアント(XPV)遺伝子はDNAポリメラーゼhをコードする

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    実験医学(羊土社)  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 真核細胞のヌクレオチド除去修復

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    実験医学(羊土社)  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. DNA修復と細胞周期制御

    横井雅幸、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    蛋白質核酸酵素(共立出版)  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 染色体複製の機構

    益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    細胞増殖の制御(豊島久真男編集)南江堂(東京)第2刷  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 真核細胞のヌクレオチド除去修復

    益谷央豪、菅澤薫、花岡文雄( 担当: 共著)

    細胞工学(秀潤社)  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. 無細胞系を用いたクロマチンDNAの複製と修復

    菅澤薫、益谷央豪、花岡文雄( 担当: 共著)

    実験医学(羊土社)  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

科研費 5

  1. ヒト細胞のDNA損傷トレランスの分子機構と細胞レベルの機能の解析

    研究課題/研究課題番号:20H04335  2020年4月 - 2023年3月

    益谷 央豪

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    細胞は、ゲノム上に未修復のDNA損傷を残したまま、DNA複製を継続・完了する、DNA損傷トレランスと総称される機構を備えている。ヒト細胞における主要な経路は、DNAポリメラーゼ・イータによる損傷乗り越えDNA合成(TLS: translesion synthesis)であり、その制御機構の解析を行う。DNA損傷トレランスは、DNA複製因子PCNAのモノ‐及びポリ‐ユビキチン化によって制御されるが、さらに、PCNAホモ3量体中の複数の分子が同時に修飾を受けるマルチ‐ユビキチン化により活性化される新経路を見出している。本計画では、この新経路に関わる分子を同定しその機能を解析する。

  2. ヒト細胞のDNA損傷トレランスの連携制御メカニズムの解析

    2016年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    益谷 央豪

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ヒト細胞のDNA損傷トレランスの連携制御メカニズムの解析

    研究課題/研究課題番号:16H01775  2016年4月 - 2020年3月

    益谷 央豪

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:41340000円 ( 直接経費:31800000円 、 間接経費:9540000円 )

    ヒトDNAポリメラーゼ・イータ(Polh)による損傷乗り越えDNA合成(TLS)の制御機構に関して、3つのPCNA相互作用領域の重要性を示し、また、従来の報告とは異なるRAD18相互作用領域を見出した。また、DNA損傷トレランス機構間の切り替えに重要なPCNAのモノユビキチン(Ub)化とポリUb鎖の形成・変換機構を分子レベルで明らかにし、DNA複製の進行停止状況に応じたPCNAのモノUb化とポリUb化の変換機構モデルを提唱した。さらに、USP7による脱Ub化の分子機構を示した。加えて、PCNAホモ3量体のマルチ修飾によって制御されるDNA損傷トレランスの解析系を構築した。
    DNA損傷トレランスとは、DNA損傷を受けたゲノムDNAの複製を完了させる機構であり、紫外線や抗がん剤などによって生じるDNA損傷によってゲノムが不安定化し細胞死やがん化を防いでいます。DNA損傷トレランスには複数の経路があると考えられていますが、その制御機構は明らかではありませんでした。本研究により、DNA損傷トレランスの2つの経路の選択に関わるメカニズムの分子基盤が解明されました。紫外線や抗がん剤に対する制対応等を理解する上での知的基盤に加えて、新たな抗がん剤開発のための基盤の構築に貢献したと考えています。

  4. DNA損傷による複製阻害を回避するメカニズムの包括的理解

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

  5. タンパク質のマルチ翻訳後修飾による損傷乗り越えDNA複製の制御

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 自然環境と人間

    2011