2022/04/12 更新

写真a

シミズ タカシ
清水 貴史
SHIMIZU, Takashi
所属
大学院理学研究科 理学専攻 生命理学 准教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部 生命理学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1996年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 小脳

  2. 神経発生

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 神経科学一般

  2. その他 / その他  / 分子生物学

  3. その他 / その他  / 発生生物学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 小脳神経回路の機能解明

  2. 小脳における神経発生の分子機構

  3. 脊椎動物における体軸形成機構の解析

経歴 3

  1. 名古屋大学生物機能開発利用研究センター・准教授

    2009年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 理化学研究所、発生・再生科学総合研究センター、研究員

    2002年3月 - 2009年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大阪大学医学系研究科、助手

    2000年4月 - 2002年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 金沢大学   薬学部   薬学科

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 金沢大学   薬学研究科

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   医学研究科   放射線生物医学

    1992年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本発生生物学会

  2. 日本分子生物学会

  3. 日本神経科学学会

 

論文 54

  1. Cfdp1 controls the cell cycle and neural differentiation in the zebrafish cerebellum and retina 査読有り

    Itoh Tsubasa, Inoue Shinsuke, Sun Xiaoding, Kusuda Ryo, Hibi Masahiko, Shimizu Takashi

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   250 巻 ( 11 ) 頁: 1618 - 1633   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvdy.371

    Web of Science

  2. Involvement of cerebellar neural circuits in active avoidance conditioning in zebrafish 査読有り

    Koyama Wataru, Hosomi Ryo, Matsuda Koji, Kawakami Koichi, Hibi Masahiko, Shimizu Takashi

    ENEURO   8 巻 ( 3 ) 頁: 507 - 520   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/ENEURO.0507-20.2021

    Web of Science

  3. Gsx2 is required for specification of neurons in the inferior olivary nuclei from Ptf1a-expressing neural progenitors in zebrafish 査読有り

    Itoh Tsubasa, Takeuchi Miki, Sakagami Marina, Asakawa Kazuhide, Sumiyama Kenta, Kawakami Koichi, Shimizu Takashi, Hibi Masahiko

    DEVELOPMENT   147 巻 ( 19 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.190603

    Web of Science

  4. Role of Reelin in cell positioning in the cerebellum and the cerebellum-like structure in zebrafish

    Nimura Takayuki, Itoh Tsubasa, Hagio Hanako, Hayashi Takuto, Di Donato Vincenzo, Takeuchi Miki, Itoh Takeaki, Inoguchi Fuduki, Sato Yoshikatsu, Yamamoto Naoyuki, Katsuyama Yu, Del Bene Filippo, Shimizu Takashi, Hibi Masahiko

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   455 巻 ( 2 ) 頁: 393 - 408   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2019.07.010

    Web of Science

  5. Tracing of Afferent Connections in the Zebrafish Cerebellum Using Recombinant Rabies Virus

    Dohaku Ryuji, Yamaguchi Masahiro, Yamamoto Naoyuki, Shimizu Takashi, Osakada Fumitaka, Hibi Masahiko

    FRONTIERS IN NEURAL CIRCUITS   13 巻   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fncir.2019.00030

    Web of Science

  6. Roles of maternal wnt8a transcripts in axis formation in zebrafish. 査読有り

    Hino H, Nakanishi A, Seki R, Aoki T, Yamaha E, Kawahara A, Shimizu T, Hibi M

    Devlopmental Biology   434 巻 ( 1 ) 頁: 96-107   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2017.11.016. Epub 2017 Dec 5.

  7. Roles of maternal wnt8a transcripts in axis formation in zebrafish

    Hino Hiromu, Nakanishi Akiko, Seki Ryoko, Aoki Tsubasa, Yamaha Etsuro, Kawahara Atsuo, Shimizu Takashi, Hibi Masahiko

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   434 巻 ( 1 ) 頁: 96-107   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2017.11.016

    Web of Science

  8. Axis Formation and Its Evolution in Ray-Finned Fish

    Hibi Masahiko, Takeuchi Masaki, Hashimoto Hisashi, Shimizu Takashi

    REPRODUCTIVE AND DEVELOPMENTAL STRATEGIES: THE CONTINUITY OF LIFE     頁: 709-+   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-4-431-56609-0_32

    Web of Science

  9. Granule cells control recovery from classical conditioned fear responses in the zebrafish cerebellum

    Matsuda Koji, Yoshida Masayuki, Kawakami Koichi, Hibi Masahiko, Shimizu Takashi

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-10794-0

    Web of Science

  10. Granule cells control recovery from classical conditioned fear responses in the zebrafish cerebellum. 査読有り

    Matsuda K, Yoshida M, Kawakami K, Hibi M, Shimizu T.

    Scientific reports   7 巻 ( 1 )   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-10794-0.

  11. Medaka and zebrafish contactin1 mutants as a model for understanding neural circuits for motor coordination. 査読有り

    Takeuchi M, Inoue C, Goshima A, Nagao Y, Shimizu K, Miyamoto H, Shimizu T, Hashimoto H, Yonemura S, Kawahara A, Hirata Y, Yoshida M, Hibi M1

    Genes to Cells   22 巻 ( 8 ) 頁: 723-741   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12509. Epub 2017 Jun 22.

  12. Medaka and zebrafish contactin1 mutants as a model for understanding neural circuits for motor coordination

    Takeuchi Miki, Inoue Chikako, Goshima Akiko, Nagao Yusuke, Shimizu Koichi, Miyamoto Hiroki, Shimizu Takashi, Hashimoto Hisashi, Yonemura Shigenobu, Kawahara Atsuo, Hirata Yutaka, Yoshida Masayuki, Hibi Masahiko

    GENES TO CELLS   22 巻 ( 8 ) 頁: 723-741   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12509

    Web of Science

  13. Gene expression profiling of granule cells and Purkinje cells in the zebrafish cerebellum

    Takeuchi Miki, Yamaguchi Shingo, Sakakibara Yoshimasa, Hayashi Takuto, Matsuda Koji, Hara Yuichiro, Tanegashima Chiharu, Shimizu Takashi, Kuraku Shigehiro, Hibi Masahiko

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   525 巻 ( 7 ) 頁: 1558-1585   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.24114

    Web of Science

  14. Evolutionary mechanisms that generate morphology and neural-circuit diversity of the cerebellum

    Hibi Masahiko, Matsuda Koji, Takeuchi Miki, Shimizu Takashi, Murakami Yasunori

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   59 巻 ( 4 ) 頁: 228-243   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12349

    Web of Science

  15. Gene expression profiling of granule cells and Purkinje cells in the zebrafish cerebellum. 査読有り

    Takeuchi M., Yamaguchi S., Sakakibara M., Hayashi T., Matsuda K., Hara Y., Tanegashima C., Shimizu T., Kuraku S., Hibi M.

    J Comp Neurol.     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/cne.24114

  16. Responses of cerebellar Purkinje cells during fictive optomotor behavior in larval zebrafish. 査読有り

    Scalise K., Shimizu T., Hibi M., Sawtell NB.

    J Neurophysiol.     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/jn.00042.2016

  17. Establishment of Gal4 transgenic zebrafish lines for analysis of development of cerebellar neural circuitry 査読有り

    Takeuchi M, Matsuda K, Yamaguchi S, Asakawa K, Miyasaka N, Lal P, Yoshihara Y, Koga A, Kawakami K, Shimizu T, Hibi M.

    Developmental Biology   1606 巻 ( 16 ) 頁: doi:10.1016/j.ydbio.2014.09.030   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.ydbio.2014.09.030

  18. Type IV Collagen Controls the Axogenesis of Cerebellar Granule Cells by Regulating Basement Membrane Integrity in Zebrafish. 査読有り

    Takeuchi M, Yamaguchi S, Yonemura S, Kakiguchi K, Sato Y, Higashiyama T, Shimizu T, Hibi M.

    PLOS genetics     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Development of the Cerebellum and Cerebellar Neural Circuts

    Masahiko Hibi and Takashi Shimizu

    Developmental Neurobiology     2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/dneu.20875

  20. Atypical Protein Kinase C Regulates Primary DendriteSpecification of Cerebellar Purkinje Cells by Localizing Golgi Apparatus 査読有り

    Koji Tanabe, Shuichi Kani, Takashi Shimizu, Young-Ki Bae, Takaya Abe, Masahiko Hibi

    Journal of Neuroscience   30 巻   頁: 16983-16992   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Proneural gene-linked neurogenesis in zebrafish 査読有り

    Shuichi Kani, Young-Ki Bae, Takashi Shimizu, Koji Tanabe, Chie Satou, Michael J. Parson, Ethan Scott, Masahiko Hibi

    Developmental Biology   343 巻 ( 1-2 ) 頁: 1-17   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In mammals, cerebellar neurons are categorized as glutamatergic or GABAergic, and are derived from progenitors that express the proneural genes atoh1 or ptf1a, respectively. Similarly, in the zebrafish, three atoh1 genes, atoh1a, atoh1b, and atoh1c, are expressed in overlapping, but distinct expression domains in the upper rhombic lip (URL): ptf1a is expressed exclusively in the ventricular zone (VZ). We traced the lineages of the cerebellar neurons using transgenic zebrafish lines expressing fluorescent proteins under the control of the proneural genes' regulatory elements. We found the atoh1+ progenitors gave rise not only to granule cells but also to neurons of the ventral mesencephalon. The ptf1a+progenitors generated Purkinje cells. The olig2+ eurydendroid cells, which are glutamatergic and equivalent to the neurons of the deep cerebellar nuclei of mammals, were derived mostly from ptf1a+ progenitors in the VZ, but some originated from the atoh1+ progenitors in the URL. Our data indicate that proneural gene-linked neurogenesis is evolutionarily conserved in the cerebellum among vertebrates.

  22. Zinc finger genes Fezf1 and Fezf2 control neuronal differentiation by repressing Hes5 expression in the forebrain. 査読有り

    Shimizu T, Nakazawa M, Kani S, Bae YK, Shimizu T, Kageyama R, Hibi M.

    Development   137 巻 ( 11 ) 頁: 1875-1885   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Precise control of neuronal differentiation is necessary for generation of a variety of neurons in the forebrain. However, little is known about transcriptional cascades, which initiate forebrain neurogenesis. Here we show that zinc finger genes Fezf1 and Fezf2, which encode transcriptional repressors, are expressed in the early neural stem (progenitor) cells and control neurogenesis in mouse dorsal telencephalon. Fezf1- and Fezf2-deficient forebrains display upregulation of Hes5 and downregulation of neurogenin 2, which is known to be negatively regulated by Hes5. We show that FEZF1 and FEZF2 bind to and directly repress the promoter activity of Hes5. In Fezf1- and Fezf2-deficient telencephalon, the differentiation of neural stem cells into early-born cortical neurons and intermediate progenitors is impaired. Loss of Hes5 suppresses neurogenesis defects in Fezf1- and Fezf2-deficient telencephalon. Our findings reveal that Fezf1 and Fezf2 control differentiation of neural stem cells by repressing Hes5 and, in turn, by derepressing neurogenin 2 in the forebrain.

  23. Syntabulin, a motor protein linker, controls dorsal determination. 査読有り

    Nojima H, Rothhämel S, Shimizu T, Kim CH, Yonemura S, Marlow FL, Hibi M.

      137 巻 ( 6 ) 頁: 923-933   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In amphibian and teleost embryos, the dorsal determinants (DDs) are believed to be initially localized to the vegetal pole and then transported to the prospective dorsal side of the embryo along a microtubule array. The DDs are known to activate the canonical Wnt pathway and thereby promote the expression of genes that induce the dorsal organizer. Here, by identifying the locus of the maternal-effect ventralized mutant tokkaebi, we show that Syntabulin, a linker of the kinesin I motor protein, is essential for dorsal determination in zebrafish. We found that syntabulin mRNA is transported to the vegetal pole during oogenesis through the Bucky ball (Buc)-mediated Balbiani body-dependent pathway, which is necessary for establishment of animal-vegetal (AV) oocyte polarity. We demonstrate that Syntabulin is translocated from the vegetal pole in a microtubule-dependent manner. Our findings suggest that Syntabulin regulates the microtubule-dependent transport of the DDs, and provide evidence for the link between AV and dorsoventral axis formation.

  24. *Anatomy of zebrafish cerebellum and screen for mutations affecting its development. 査読有り

    Bae Y.-K, Kani S., Shimizu T., Tanabe K., Nojima H., Kimura Y., Higashijima S., Hibi M.

    Developmental Biology   336 巻   頁: 406-426   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Initial specification of the epibranchial placode in zebrafish embryos depends on the fibroblast growth factor signal. 査読有り

    Nikaido, M., Doi, K., Shimizu, T., Hibi, M., Kikuchi, Y., Yamasu, Y.

    Developmental Dynamics   236 巻   頁: 564-571   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Sizzled controls dorso-ventral polarity by repressing cleavage of the Chordin protein. 査読有り

    Muraoka, O., Shimizu, T., Yabe, T., Nojima, H., Bae, Y.-K., Hashimoto, H., Hibi, M.

    Nature Cell Biology   8 巻   頁: 329-338   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. *Cdx-Hox code controls competence for responding to Fgfs and retinoic acid in zebrafish neural tissue. 査読有り

    Shimizu, T., Bae, Y.-K., Hibi, M.

    Development   133 巻   頁: 4709-4719   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. *E-cadherin is required for gastrulation movements in zebrafish. 査読有り

    Shimizu , T., Yabe, T., Muraoka, O., Yonemura S., Aramaki, S., Hatta, K., Bae, Y.-K., Nojima, H., Hibi, M.

    Mechanisms of Development   122 巻   頁: 747-763   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. *Interaction of Wnt and caudal-related genes in zebrafish posterior body formation. 査読有り

    Shimizu , T., Bae, Y.-K., Muraoka, O., Hibi, M.

    Developmental Biology   279 巻   頁: 125-141   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Patterning of proneuronal and inter-proneuronal domains by hairy- and enhancer of split-related genes in zebrafish neuroectoderm. 査読有り

    Bae, Y.-K., Shimizu , T., Hibi, M.

    Development   132 巻   頁: 1375-1385   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Genetic evidence for involvement of maternally derived Wnt cannonical signaling in dorsal determination in zebrafish. 査読有り

    Nojima, H., Shimizu, T., Kim, C.-H., Yabe, T., Bae, Y.-K., Muraoka, O., Hirata, T., Hirano, T., Hibi, M.

    Mechanisms of Development   121 巻   頁: 371-386   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Expression of sax1/nkx1.2 and sax2/nkx1.1 in zebrafish. 査読有り

    Bae, Y.-K., Shimizu, T., Muraoka, O., Yabe, T., Hirata, T., Nojima, H., Hirano, T., Hibi, M.

    Gene Expression Patterns   4 巻   頁: 481-486   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Ogon/Secreted Frizzled functions as a negative feedback regulator of Bmp signaling. 査読有り

    Yabe T., Shimizu T., Muraoka O., Bae Y-K., Hirata T., Nojima H., Kawakami A., Hirano T., Hibi M.

    Development   130 巻   頁: 2705-2716   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. A homeobox gene, pnx is involved in the formation of posterior neurons in zebrafish. 査読有り

    Bae Y-K., Shimizu T., Yabe T., Kim C-H., Hirata T., Nojima H., Muraoka O., Hirano T., Hibi M.

    Development   130 巻   頁: 1853-1865   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. A novel repressor-type homeobox gene, ved, is involved in dharma/bozozok- mediated dorsal organizer formation in zebrafish. 査読有り

    Shimizu T., Yamanaka Y., Nojima H., Yabe Y., Hibi M., HiranoT.

    Mechanisms of Development   118 巻   頁: 125-138   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. DNA damage response pathway in radioadaptive response. 査読有り

    Sasaki MS., Ejima Y., Tachibana A., Yamada T., Ishizaki K., Shimizu T.,Nomura T.

    Mutation Research   504 巻 ( 1-2 ) 頁: 101-118   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Stat3 controls cell movements during zebrafish gastrulation. 査読有り

    Yamashita S., Miyagi C., Carmany-Rampey A., Shimizu T., Fujii R, Schier A.F., Hirano T.

    Developmental Cell   2 巻 ( 3 ) 頁: 363-375   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Regulation of dharma/bozozok by the Wnt pathway. 査読有り

    Ryu, S-L., Fujii, R., Yamanaka, Y., Shimizu, T., Yabe, T., Hirata, T., Hibi, M., Hirano, T.

    Developmental Biology   231 巻   頁: 397-409   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Expression of the zinc finger fez-like in zebrafish forebrain. 査読有り

    Hashimoto H., Yabe T., Hirata T., Shimizu T., Bae Y-K., Yamanaka Y., Hirano T., Hibi M.

    Mechanisms of Development   97 巻 ( 1-2 ) 頁: 191-195   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Zebrafish Dkk1 functions in forebrain specification and axial mesendoderm formation 査読有り

    Hashimoto H, Itoh M, Yamanaka Y, Yamashita S, Shimizu T, Solnica-Krezel L, Hibi M, Hirano T.

    Developmental Biology   217 巻 ( 1 ) 頁: 138-152   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Novel mutations of the FANCG gene causing alternative splicing in Japanese Fanconi anemia. 査読有り

    Yamada T, Tachibana A, Shimizu T, Mugishima H, Okubo M, Sasaki MS.

    Journal of Human Genetics   45 巻 ( 3 ) 頁: 159-166   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. *Cooperative roles of Bozozok/Dharma and Nodal-related proteins in the formation of the dorsal organizer in zebrafish 査読有り

    Shimizu T, Yamanaka Y, Ryu SL, Hashimoto H, Yabe T, Hirata T, Bae YK, Hibi M, Hirano T.

    Mechanisms of Development   91 巻 ( 1-2 ) 頁: 293-303   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Novel mix-family homeobox genes in zebrafish and their differential regulation. 査読有り

    Hirata T, Yamanaka Y, Ryu SL, Shimizu T, Yabe T, Hibi M, Hirano T.

    Biochem Biophys Res Commun.   271 巻 ( 3 ) 頁: 603-609   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Coordinated regulation of radioadaptive response by protein kinase C and p38 mitogen-activated protein kinase. 査読有り

    Shimizu T, Kato T Jr, Tachibana A, Sasaki MS.

    Exprimental Cell Research   251 巻 ( 2 ) 頁: 424-432   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Mutation and sequence variability of the FANCA gene in japanese Fanconi amemia.

    Tachibana A., Kato T., Ejima Y., Yamada T., Shimizu T., Yang L., Tsunematsu Y., Sasaki MS.

    Human Mutation   37 巻   頁: 237-244   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Overexpression of neurogenin induces extopic expression of HuC in zebrafish. 査読有り

    Kim C.-H., Bae Y.-K., Yamanaka Y., Yamashita S., Shimizu T., Fuji R., Park H.-C., Yeo S.-Y., Huh T.-L., Hibi M., Hirano T.

    Neurosci. Lett   239 巻   頁: 113-116   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. A high prevalence of functional inactivation by methylation modification of p16INK4A/CDKN2/MTS1 gene in primary urothelial cancers. 査読有り

    Akao T, Kakehi Y, Itoh N, Ozdemir E, Shimizu T, Tachibana A, Sasaki MS, Yoshida O.

    Jpn J Cancer Res.   88 巻 ( 11 ) 頁: 1078-1086   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Genomic imprinting of the human serotonin-receptor (HTR2) gene involved in development of retinoblastoma. 査読有り

    Kato MV, Shimizu T, Nagayoshi M, Kaneko A, Sasaki MS, Ikawa Y.

    American Journal of Human Genetics   59 巻 ( 5 ) 頁: 1084-1090   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Loss of heterozygosity on chromosome 17 and mutation of the p53 gene in retinoblastoma. 査読有り

    Kato MV, Shimizu T, Ishizaki K, Kaneko A, Yandell DW, Toguchida J, Sasaki MS.

    Cancer Lett.   106 巻 ( 1 ) 頁: 75-82   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Delayed development of retinoblastoma associated with loss of a maternal allele on chromosome 13. 査読有り

    Kato MV, Ishizaki K, Shimizu T, Toguchida J, Kaneko A, Sasaki MS.

    Int J Cancer   64 巻 ( 1 ) 頁: 3-8   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Parental origin of germ-line and somatic mutations in the retinoblastoma gene. 査読有り

    Kato MV, Ishizaki K, Shimizu T, Ejima Y, Tanooka H, Takayama J, Kaneko A, Toguchida J, Sasaki MS.

    Human Genetics   94 巻 ( 1 ) 頁: 31-38   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Mutations in the retinoblastoma gene and their expression in somatic and tumor cells of patients with hereditary retinoblastoma. 査読有り

    Kato MV, Ishizaki K, Toguchida J, Kaneko A, Takayama J, Tanooka H, Kato T, Shimizu T, Sasaki MS

    Human Mutation   3 巻 ( 1 ) 頁: 44-51   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Detection of mutations of the RB1 gene in retinoblastoma patients by using exon-by-exon PCR-SSCP analysis. 査読有り

    Shimizu T, Toguchida J, Kato MV, Kaneko A, Ishizaki K, Sasaki MS.

    American Journal of Human Genetics   54 巻 ( 5 ) 頁: 793-800   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Mutation spectrum of the retinoblastoma gene in osteosarcomas. 査読有り

    Wadayama B, Toguchida J, Shimizu T, Ishizaki K, Sasaki MS, Kotoura Y, Yamamuro T.

    Cancer Research   54 巻 ( 11 ) 頁: 3042-3048   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. New Principles in Developmental Processes

    Hibi M. and Shimizu T.( 担当: 共著)

    Springer  2104年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Deciphering Cerebellar Neural Circuitry Involved in Higher Order Functions Using the Zebrafish Model.

  2. ゼブラフィッシュ 実験ガイド

    平田普三(編著)( 担当: 共著 ,  範囲: 第17章 実験に必要な手続き)

    朝倉書店  2020年11月  ( ISBN:978-4-254-17173-0

     詳細を見る

    総ページ数:135   担当ページ:8   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 魚類発生学の基礎

    大久保範聡, 吉崎悟郎, 越田澄人( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. Reproductive and Developmental Strategies

    Hibi M, Takeuchi M, Hashimoto H, Shimizu T.( 担当: 共著 ,  範囲: Axis Formation and Its Evolution in Ray-Finned Fish.)

    Springer  2018年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:33   記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 1

  1. ゼブラフィッシュ 小脳神経回路の発生と機能 招待有り

    清水貴史 日比正彦  

    生体の科学72 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 8   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

講演・口頭発表等 25

  1. Role of the zebrafish cerebellar neural circutry in social behavior 国際会議

    S. Hosaka, M. Hibi and T.Shimizu

    The 27th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting  2021年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tsukuba  

  2. Involvement of cerebellar neural circuits in active avoidance conditioning in zebrafish 国際会議

    W. Koyama, R. Hosomi, K. Matsuda, K. Kawakami, M. Hibi and T. Shimizu

    The 27the Japanese Medaka and Zebrafish Meeting  2021年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba  

  3. Investigations of effectivity of novel optogenetic tools controlling intracellular second messengers in neurons and the heart muscle 国際会議

    Wataru Koyama, Hanako Hagio, Aysenur Deniz Cayirtepe, Shiori Hosaka, Janchiv Narantsatsral, Koji Matsuda, Takashi Shimizu, Mitsumasa Koyanagi, Shoko Hososhima, Satoshi P. Tsunoda, Akihisa Terakita, Hideki Kandori, and Masahiko Hibi

    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  4. Function of the cerebellar neural circuitry in zebrafish social behavior 国際会議

    Shiori Hosaka, Masahiko Hibi, Takashi Shimizu

    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  5. Investigations of effectivity of novel optogenetic tools controlling intracellular second messengers in neurons and the heart muscle 国際会議

    Hagio, H., Koyama, W., Hosaka, S., Narantsatsral, J., Matsuda, K., Shimizu, T., Koyanagi, M., Hosohima, S., Tsunoda, S.P., Terakita, A, Kandori, H, Hibi, M.

    26th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting  2020年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Molecular mechanisms that control differentiation of Purkinje cells in zebrafish 国際会議

    Itoh, T., Yura, S., Nakanishi, A., Uehara, M., Shimizu, T., Hibi, M.

    26th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting  2020年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 細胞内二次メッセンジャーの光操作開発 国際会議

    清水 貴史、萩尾 華子、Janchiv Narantsatsral、松田 光司、小柳 光正、寺北 明久、細島 頌子、角田 聡、神取 秀樹、日比 正彦

    第43回日本神経科学大会  2020年7月31日  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 能動的回避学習におけるゼブラフィッシュの小脳の役割

    小山 航, 細見 椋, 松田 光司, 川上 浩一, 日比 正彦, 清水 貴史

    第43回日本神経科学大会  2020年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. Transcriptional regulators controlling differentiation of Purkinje cells and inferior olivary nucleus neurons in zebrafish 国際会議

    2020年5月  日本発生生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  10. Molecular mechanisms that control the development of Purkinje cells and inferior olivary nucleus neurons in zebrafish 国際会議

    Itoh, T., Takeuchi, M., Yura, S., Nakanishi, A., Sakagami, M., Uehara, M., Shimizu, T., Hibi, M.

    53rd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. Cfdp1 regulates cell cycle and differentiation of granule cells in the zebrafish cerebellum.

    Shimizu T, Inoue S, Xiaodoing Sun, Hibi M.

    2019年5月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. Optogenetic manipulation of zebrafish neural circuits toward understanding higher order function of the cerebellum. 招待有り

    Shimizu T, Matsuda K, Hibi M.

    2018年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  13. Genetic control for development of cerebellar neurons and neural circuits in zebrafish

    Takashi Shimizu, Shuichi Kani, Young-Ki Bae, Koji Tanabe, Ryo Kusuda and Masahiko Hibi

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  14. Neurogenesis in Zebrafish Cerebellum

    Takashi Shimizu, Shuichi Kani, Young-Ki Bae, Koji Tanabe, and Masahiko Hibi

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  15. Neurogenesis in Zebrafish Cerebellum 国際会議

    Takashi Shimizu, Shuichi Kani, Young-Ki Bae, Koji Tanabe, and Masahiko Hibi

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  16. Screen for mutations affecting development of zebrafish cerebellum.

    Takashi Shimizu, Shuichi Kani, Young-Ki Bae, Koji Tanabe, Masahiko Hibi

    日本発生生物学会第42回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. Anterior-posterior patterning of neural tissue by Fgfs,retinoic acid and cdx-hox codes. 国際会議

    Takashi Shimizu, Young-Ki Bae, Masahiko Hibi

    5th European Zebrafish Genetics and Development Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  18. Fgf- and retinoic acid-dependent ectopic formation of posterior hindbrain with altered cdx-hox codes 国際会議

    7th International Conference on Zebrafish Development and Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. cdx遺伝子機能阻害胚における異所的な後方菱脳節の形成

    清水貴史、Bae Young-ki、日比正彦

    日本発生生物学会第39回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. ゼブラフィッシュ初期発生におけるE-カドへリンの役割

    日本発生生物学会第38回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. ゼブラフィッシュ後方組織形成におけるwntとcaudal遺伝子との相互作用

    清水貴史、Bae Young-Ki、村岡修、日比正彦

    第27回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. Interaction of wnt and caudal-related genes in the tail formation. 国際会議

    Takashi Shimizu, Young-Ki Bae, Osamu Muraoka, Masahiko Hib

    6th International Conference on Zebrafish Development and Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. ゼブラフィッシュ胚の後方組織形成におけるWntシグナルの役割

    清水貴史、Bae Young-Ki、村岡修、日比正彦

    日本発生生物学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Characterization of a maternal-effect mutation that affects the dorsal organizer formation in zebrafish. 国際会議

    Takashi Shimizu, Hideaki Nojima, Cheol-Hee Kim, Taijiro Yabe, Ajay Chitnis, Toshio Hirano, Masahiko Hibi

    3rd European Conference on Zebrafish and Medaka Genetics and Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  25. A novel ventrally-expressed homeobox gene,ved, is involved in dharma/bozozok-mediated dorsal organizer formation 国際会議

    Takashi Shimizu, Yojiro Yamanaka, Taijiro Yabe, Masahiko Hibi, Toshio Hirano

    5th International Conference on Zebrafish Development and Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

科研費 8

  1. 恐怖条件付けにおける小脳の役割の解明

    研究課題/研究課題番号:18K06333  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    清水 貴史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では、ゼブラフィッシュをモデル動物として小脳神経回路の恐怖条件づけにおける役割の解明を試みた。ゼブラフィッシュ成魚は電気ショックなどの恐怖を伴う刺激(無条件刺激)とライトの点灯などの無害な刺激(条件刺激)を繰り返し与えると両者の関連を学習し、条件刺激のみで逃避行動(能動的回避学習)をとる。小脳神経回路を阻害した魚においてこの学習が著しく低下していたことから、自由遊泳下の恐怖条件付けに小脳が重要な働きをしていることが明らかとなった。また、小脳神経回路阻害魚において社会性行動に異常が観察された。以上のことから、小脳は恐怖条件付け、回避学習や社会性行動に関与していることが明らかとなった。
    本研究では、ゼブラフィッシュを用いて小脳神経回路が恐怖条件付けや回避学習に関与していることを明らかとした。自由遊泳下では恐怖応答に関与する連合学習に小脳神経回路が重要な役割を果たしていると考えられた。さらにセブらフィッシュにおいても社会性行動に小脳神経回路が関与しており、社会性行動の神経基盤は魚類から哺乳類に到るまで保存されている可能性が示唆された。また、これらの結果は自閉症などの神経疾患の原因解明に有効であると考えられる。

  2. 恐怖条件付けにおける小脳の役割の解明

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ゼブラフィッシュを用いた小脳神経回路の発生とその機能の解析

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    清水貴史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. ゼブラフィッシュ変異体を用いた小脳発生機構の解析

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. Cdx-Hoxコードによる神経管前後軸形成機構の分子生物学的研究

    2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)、19570215

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ゼブラフィッシュ尾形成におけるWntシグナルの役割についての研究

    2005年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)、17570185

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. ゼブラフィッシュ初期発生における背側オーガナイザー形成機構の解明

    2003年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)、15570184

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 脊椎動物体軸形成におけるDharma遺伝子の作用機構の解明

    2001年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)、13670013

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 15

  1. 生物学基礎II

    2021

  2. 基礎生物学演習1

    2018

  3. 基礎生化学II

    2018

  4. 基礎生物学演習II

    2017

  5. 基礎生化学II

    2017

  6. 基礎生化学II

    2016

  7. 基礎生物学演習II

    2016

  8. 基礎生化学II

    2015

  9. 基礎生物学演習II

    2015

  10. 基礎生物学演習1

    2014

  11. 基礎生化学II

    2014

  12. 基礎生化学II

    2013

  13. 基礎生物学演習1

    2013

  14. 基礎生物学演習2

    2012

  15. 基礎セミナーA

    2011

▼全件表示