2022/05/17 更新

写真a

ナカダ ミノル
中田 実
NAKADA, Minoru
所属
大学院環境学研究科 社会環境学専攻 経済環境論 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
経済学部
情報文化学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(経済学) ( 2003年3月   京都大学 ) 

  2. 環境資源経済学修士 ( 1997年11月   ロンドン大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 環境政策と経済成長、経済発展、エネルギー資源市場と技術進歩、新政治経済学,立地論,貿易と環境

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 環境経済学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 環境変動と移民

  2. 環境汚染・所得分布と居住地立地

  3. 所得分配・環境と新政治経済学

  4. 経済成長と環境

経歴 14

  1. ブリティッシュコロンビア大学客員准教授

    2018年8月

      詳細を見る

    国名:カナダ

  2. ブリティッシュコロンビア大学客員准教授

    2015年10月 - 2016年8月

      詳細を見る

    国名:カナダ

  3. 京都大学経済研究所非常勤講師

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 豊田工業大学工学部非常勤講師

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋市立大学経済学部非常勤講師

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院環境学研究科・准教授

    2008年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 滋賀大学経済学部・准教授

    2007年4月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 滋賀大学経済学部・助教授

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 滋賀大学経済学部・講師

    2003年11月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 京都大学大学院経済学研究科・研究員(COE)

    2003年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 京都大学大学院経済学研究科・研修員

    2003年4月 - 2003年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 日本学術振興会・特別研究員(PD)

    2002年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 日本学術振興会・特別研究員(DC)

    2001年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. (財)地球環境戦略研究機関・研究員

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   経済学研究科   経済動態分析専攻

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. ロンドン大学ユニバーシティーカレッジロンドン   経済学研究科   環境資源経済学専攻

    1996年9月 - 1997年9月

  3. 慶應義塾大学   経済学部

    1991年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. ヨーロッパ環境資源経済学会

  2. 米国環境資源経済学会

  3. 日本経済学会

  4. 環境経済政策学会

  5. 応用地域学会

委員歴 6

  1. 環境経済政策学会   2021年大会実行委員  

    2021年4月 - 2021年9月   

  2. 科研費委員会   書面審査員  

    2016年12月 - 2017年3月   

  3. 科研費委員会   書面審査員  

    2014年12月 - 2015年3月   

  4. 環境経済政策学会   2013年大会プログラム委員  

    2013年4月 - 2013年9月   

  5. 環境経済政策学会   2010年大会実行委員  

    2010年4月 - 2010年9月   

  6. 環境経済政策学会   2007年大会実行委員  

    2007年4月 - 2007年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文 17

  1. Effect of Feed-In Tariff with Deregulation on Directed Technical Change in the Energy Sector 査読有り 国際誌

    Nakada Minoru

    B E JOURNAL OF MACROECONOMICS   forthcoming 巻   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/bejm-2021-0177

    Web of Science

  2. The impact of environmental tax revenue allocation on the consequence of lobbying activities 査読有り

    Nakada Minoru

    Economics of Governance   21 巻 ( 4 ) 頁: 335 - 349   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s10101-020-00243-6

    Web of Science

  3. Free Trade Agreements with Environmental Standards 国際共著

    Konishi, H., M. Nakada and A. Shibata

    Boston College Working Papers in Economics, Boston College Department of Economics.   972 巻   頁: 1-27   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. *Trade liberalization in environmental goods 査読有り 国際共著

    Wan Rui, Nakada Minoru, Takarada Yasuhiro

    Resource and Energy Economics   51 巻   頁: 44-66   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1016/j.reseneeco.2017.11.001

    Web of Science

  5. *Distance to Hazard: an Environmental Policy with Income Heterogeneity 査読有り

    Environment and Development Economics   22 巻 ( 1 ) 頁: 55-65   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press  

    DOI: 10.1017/S1355770X16000231

  6. *Environmental Tax Reform and Growth: Income Tax Cuts or Profits Tax Reduction 査読有り

    Nakada, M.

    Environmental and Resource Economics   47 巻 ( 4 ) 頁: 549-565   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s10640-010-9392-3

  7. *Sulphur Emission Control in China: Domestic Policy and Regional Cooperative Strategy 査読有り

    Nakada, M. and K. Ueta

    Energy and Environment   18 巻 ( 2 ) 頁: 195-206   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Journals  

    This paper examines the economic costs of sulfur dioxide (SO2) pollution in China and their impacts on human health and ecosystems in Northeast Asia, specifically China and Japan. We compare estimated optimal charges for SO2 emissions in 1990 and 1995, and contrast these with an actual emission charge in China. Our analysis demonstrates that the actual of SO2 emission charge in China is still less than the estimated domestic optimum. If the damage costs attributed to acid rain are considered, the emission charge is increased. Moreover, willingness to pay of Japan for reducing SO2 emitted from China has risen, because the SO2 emitted in northeast China, located close to Japan, has considerably increased. Efficient strategies to reduce SO2 emissions in this region may first be to disseminate information on such damage and to implement a regionally optimal policy framework for mitigating the damages caused by SO2 emissions in Northeast Asia.

    DOI: 10.1260/095830507780682165

  8. *Distributional Conflicts and the Timing of Environmental Policy 査読有り

    Nakada, M.

    International Environmental Agreements: Politics, Law and Economics   6 巻   頁: 29-38   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    This paper examines the timing of adopting a policy for tackling an environmental issue such as climate change from a viewpoint of distributional conflicts. A dynamic game of providing public goods (Alesina and Drazen 1991) is applied to the argument, modified by including abatement costs as well as the loss in the environment. In this framework, even if the immediate adoption of environmental policy is socially optimal, a disproportionate burden of pollution reduction leads to a delay in policy adoption. This is because the disproportionate burden increases the gain from waiting for each individual hoping that the other will agree to bear the heavier burden. The impact of income distribution on the timing is also examined. The level of averting behavior is assumed to depend on the level of income. If the distribution of income is more dispersed, the regional disparities in environmental degradation become larger because the poor tend to avert less and get more loss than the rich due to their tighter budget constraints. Under asymmetric information on damages, as the disparities in income become more dispersed, each individual expects that his/her opponent's damage becomes severe; then, he/she gives in first. Thus, each individual holds out longer so that the timing of policy implementation is delayed further. Finally, the theoretical result is empirically tested by both probit and discriminant analyses to examine whether income distribution has an impact on the timing of ratifying the Kyoto Protocol in practice.

    DOI: 10.1007/s10784-004-7861-2

  9. *Deregulation in an Energy Market and its Impact on R&D for Low-carbon Energy Technology 査読有り

    Nakada, M.

    Resource and Energy Economics   27 巻 ( 4 ) 頁: 306-320   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    This paper analyzes the impact of deregulation in an energy market on R&D activities for new energy technology when climate policy is implemented. A model of growth with vertical innovation is modified by including an oligopolistic energy supply sector for demonstrating to what extent deregulation in the energy supply sector will affect R&D activities for low-carbon energy technology, provided that carbon taxation is implemented. The analysis shows that, when the elasticity of substitution between input factors is less than unity, deregulation will drive energy R&D activities and reduce CO2 accumulation if the energy market is highly concentrated in the beginning.

    DOI: 10.1016/j.reseneeco.2005.03.001

  10. *Does Environmental Policy Necessarily Discourage Growth? 査読有り

    Nakada, M.

    Journal of Economics   81 巻 ( 3 ) 頁: 249-275   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    This paper analyzes the long-run impact of an environmental policy on economic growth. A growth model with vertical innovation is modified by including intermediate goods as a source of pollution. Taxation on pollution reduces profits of intermediate firms as well as final outputs. However, it increases their mark-ups and alleviates the profit losses. In this setting, the profit losses are offset by the general equilibrium effect; thus, the tax enhances R&Ds which drive economic growth while it reduces pollution. If the government provide an R&D subsidy, the growth rate will be accelerated.

    DOI: 10.1007/s00712-002-0609-y

  11. Sulfur Emissions Control in China: Domestic or Regional Cooperative Strategies?

    CAEA Discussion Paper Series   41 巻   頁: 1-22   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  12. 環境政策と内生的成長理論 招待有り 査読有り

    中田 実

    環境経済・政策学会年報   ( 6 ) 頁: 55-68   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 気候変動抑制に向けた国際協力メカニズム

    中田 実

    かんきょう (財)日本環境協会     頁: 9-10   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  14. 日本の酸性化対策としての国際協力の費用効果性 査読有り

    杉山大志、中田 実、本藤祐樹、明日香寿川、市川陽一

    エネルギー資源   20 巻 ( 3 ) 頁: 66-73   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. *Acid Rain in East Asia, an Analysis of Side-Payments 査読有り 国際共著

    Nakada, M. and D. W. Pearce

    Energy and Environment   10 巻 ( 6 ) 頁: 705-720   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Journals  

    The acid rain problem in East Asia is discussed, specifically in the context of China, South Korea, and Japan. The main objective is to analyse the mechanism of transboundary pollution, and propose an efficient policy to deal with this issue. A downwind country such as Japan is a net importer of sulphur deposition from China and South Korea. Such international externalities will not be internalised without a co-operative framework because there is no supra-national authority to internalise the externalities, or international law to enforce the agreement. Thus, it would be necessary for all participants including polluters to benefit more from co-operating than not in order to achieve a regional optimal solution. A possible strategy side-payments by Japan to S. Korea and China will be analysed. Moreover, the cost reduction in pollution abatement by using less expensive technology or cleaner production technology will be effective for enlarging the optimal level of abatement in the long run.

    DOI: 10.1260/0958305991499847

  16. Issues and options in the design of the Clean Development Mechanism

    Matsuo, M., A. Maruyama, M. Hamamoto, M. Nakada and K. Enoki

        頁: 1-40   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    その他リンク: https://www.jstor.org/stable/resrep00828

  17. Acid Rain in East Asia, Side-payments and Cost Reduction in Abatement Technology 国際共著

    Nakada M. and D.W.Pearce

    CSERGE Working Paper   GEC 98-29 巻   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:University College London, University of London  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 経済成長と環境

    中田 実, 環境経済・政策学会編『環境経済・政策学事典』( 担当: 単著)

    丸善出版  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:4   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  2. Domestic or Regional Cooperative Strategy?, in Ueta K.(ed.), CDM and Sustainable Development in China

    Nakada, M. and K. Ueta( 担当: 共著)

    Kyoto University Press and Hong Kong University Press  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 「環境経済論(1)環境と経済成長」

    竹内恒夫, 高村ゆかり, 溝口常俊, 川田稔 (編)『社会環境学の世界』 ( 担当: 共著)

    日本評論社  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 資源経済学と環境経済学

    環境経済政策学会編,『環境経済・政策学の基礎知識』,第2章( 担当: 単著)

    岩波書店  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 環境保全と経済成長は両立可能か

    植田和弘,中田 実.加藤尚武編,『スーパーゼミナール環境学』 第15章( 担当: 共著)

    東洋経済新報社  2001年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 環境・資源経済学,アルク編集部編『環境学』

    中田 実( 担当: 単著)

    アルク  2000年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 22

  1. 環境と経済発展 招待有り

    中田 実

    学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島修道大学   国名:日本国  

  2. Distance to Hazard: an Environmental Policy with Income Heterogeneity 国際会議

    Nakada, M.

    UBC Environmental and Resource Economics Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of British Columbia, Vancouver, Canada   国名:カナダ  

  3. Distance to Hazard: an Environmental Policy with Income Heterogeneity

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 経済成長と環境保全 招待有り

    中田 実

    学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島修道大学   国名:日本国  

  5. Distance to Hazard: A Political Economy of an Urban Environmental Policy

    Nakada, M.

    Urban Economics Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. A Political Economy of an Urban Environmental Policy

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Distance to Hazard: A Political Economy of an Urban Environmental Policy 国際会議

    Nakada, M.

    The Third Asian Seminar in Regional Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hualien, Taiwan   国名:台湾  

  8. Distance to Hazard: A Political Economy of an Urban Environmental Policy 国際会議

    Nakada, M.

    EAERE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  9. Deregulation in an Energy Market and Energy R&D: An Empirical Analysis of the U.S. Electric Industry

    Nakada, M. and K. Tanaka

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Environmental Taxation, Reform and Economic Growth

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Environmental Tax Reform and Growth: Income Tax Cuts or Profits Tax Reduction

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Environmental Tax Reform and Growth with Vertical Innovation

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Deregulation in an Energy Market and its Impact on R&D for Low-carbon Energy Technology

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 地域経済の持続可能な発展:経済活動と環境保全のバランス

    中田 実

    RIEBセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Does Environmental Policy Necessarily Discourage Growth?

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Deregulation and Its Impact on R&D Behavior for Environmental Technology

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Deregulation in the Resource Sector and its Impact on R&D Behavior for Environmental Technology

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Environmental Policy and Endogenous Growth: Monopolistic Competition in the Resource Sector 国際会議

    Nakada, M.

    APRU Doctoral Student Conference, Association of Pacific Rim Universities 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taiwan   国名:台湾  

  19. Environmental Policy and Endogenous Growth: Monopolistic Competition in the Resource Sector

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. Environmental Policy and Endogenous Growth: Monopolistic Competition in the Resource Sector

    Nakada, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Acid Rain in East Asia, an Analysis of Side-Payments

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 北東アジアの酸性雨,国際補助金制度と排出削減技術のコスト削減政策

    中田 実

    環境経済・政策学会1998年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. 資源経済学,J.M. コンラッド著 中田 実,岡 敏弘共訳

    2002年6月

     詳細を見る

    発表場所:岩波書店  

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 新規課題検討調査研究(FS)

    2005年4月 - 2007年3月

    地球環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 戦略的研究開発プロジェクト

    2004年4月 - 2007年3月

    地球環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 6

  1. 途上国の農村・都市間移住,労働市場と環境

    研究課題/研究課題番号:21K01441  2021年4月 - 2025年3月

    中田 実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  2. 環境と移民のフィードバック効果

    研究課題/研究課題番号:17K03682  2017年4月 - 2021年3月

    中田 実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  3. 環境政策と立地の政治経済学

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  4. 環境税と産業の生産性

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    中田 実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 科学研究費補助金(若手研究(B))

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 科学研究費補助金(若手研究(B))

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 39

  1. 環境経済学

    2021

  2. 経済発展論

    2021

  3. 社会と環境

    2021

  4. 経済環境解析セミナーA

    2021

  5. 経済環境解析セミナーB

    2021

  6. 経済環境解析セミナーC

    2021

  7. 経済環境解析セミナーD

    2021

  8. 経済環境総合セミナーE

    2021

  9. 経済環境総合セミナーF

    2021

  10. 経済環境解析セミナーE

    2021

  11. 経済環境解析セミナーF

    2021

  12. 経済環境解析セミナーF

    2020

  13. 経済環境解析セミナーE

    2020

  14. 経済環境総合セミナーF

    2020

  15. 経済環境総合セミナーE

    2020

  16. 経済環境解析セミナーD

    2020

  17. 経済環境解析セミナーC

    2020

  18. 経済環境解析セミナーB

    2020

  19. 経済環境解析セミナーA

    2020

  20. 環境経済学

    2018

  21. 環境法律経済系演習

    2018

  22. 基礎セミナーA

    2018

  23. 経済解析1

    2018

  24. 環境経済学

    2017

  25. 社会と環境

    2017

  26. 応用経済分析2

    2017

  27. 環境経済学

    2016

  28. 経済解析1

    2016

  29. 基礎セミナーB

    2016

  30. 社会と環境

    2015

  31. 応用経済分析2

    2015

  32. 環境経済学

    2015

  33. 環境法律経済系演習

    2014

  34. 環境経済学

    2014

  35. 経済解析1

    2014

  36. 社会と環境

    2014

  37. 環境経済学

    2012

  38. 基礎セミナーA

    2011

  39. 応用経済分析2

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 経済学入門

    2013年4月 - 現在 豊田工業大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目