2022/04/15 更新

写真a

ウエヤマ ジユン
上山 純
UEYAMA, Jun
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2009年3月   金沢大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 環境検査学・病態検査学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 農薬曝露評価に向けたヒトバイオモニタリング手法の開発

  2. 尿中化学物質の網羅的分析による農薬類曝露マーカーの探索と分析法の開発

  3. Biomonitoring method for neonicotinoid insecticides in urine of non-toilet-trained children using LC-MS/MS

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学   准教授

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   助手

    2006年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院検査部

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻教務職員

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 金沢大学   医学系研究科   循環医科学専攻

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻   保健学研究科   医療技術学専攻

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本衛生学会   評議員

    2006年6月 - 現在

  2. 日本産業衛生学会   東海産業衛生技術部会委員(2012年から2019年まで)、許容濃度委員会起案委員

    2004年4月 - 現在

  3. 日本医用マススペクトル学会   評議員

    2013年4月 - 現在

  4. 日本臨床検査医学会

    2005年4月 - 現在

  5. 日本毒性学会

    2006年4月 - 現在

  6. International Society of Exposure Science

    2011年4月 - 現在

  7. 健康食品管理士会

    2005年4月 - 現在

  8. 日本臨床化学会

    2004年4月 - 現在

▼全件表示

委員歴 8

  1. 名古屋大学   教育・FD委員会委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 広報・地域貢献委員会委員(2019年度委員長)  

    2016年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    2018年度は委員長として、ホームカミングデーにおける市民公開講座を主催

  3. ネットワーク委員会委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. 国際交流委員会委員  

    2014年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. 化学小部会  

    2011年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. 動物実験委員会委員  

    2011年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  7. 国際交流委員会委員  

    2010年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  8. 就職委員  

    2006年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 7

  1. 日本衛生学会奨励賞

    2017年3月   日本衛生学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. TOBIRA賞

    2019年5月   東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合   発色試薬を用いた簡易酸化型アルブミン測定法開発

    上山純

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 若手優秀ポスター賞

    2017年9月   日本医用マススペクトル学会  

    上田裕子、上山純

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 優秀発表賞

    2013年8月   日本臨床検査学教育学会学術大会  

    本山めぐみ、上山純

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 甕哲司賞

    2010年12月   予防医学研究海外研修奨学助成金:甕哲司賞  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 奥谷賞

    2009年6月   奥谷賞選考委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    選考委員:奥谷賞記念事業実行委員会会長 深谷幸生(愛知文教女子短期大学教授)名古屋市立大学公衆衛生学教室同門会会長 徳留信寛産業衛生学会東海支部および東海公衆衛生学会の学識経験者

  7. 平成20年度日本衛生学会最優秀論文賞

    2009年3月   日本衛生学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 117

  1. Temporal trend and cross-sectional characterization of urinary concentrations of glyphosate in Japanese children from 2006 to 2015. 査読有り

    Nomura H, Hamada R, Wada K, Saito I, Nishihara N, Kitahara Y, Watanabe S, Nakane K, Nagata C, Kondo T, Kamijima M, Ueyama J

    International journal of hygiene and environmental health   242 巻   頁: 113963   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijheh.2022.113963

    PubMed

  2. Periosteum-derived podoplanin-expressing stromal cells regulate nascent vascularization during epiphyseal marrow development. 査読有り

    Tamura S, Mukaide M, Katsuragi Y, Fujii W, Odaira K, Suzuki N, Tsukiji N, Okamoto S, Suzuki A, Kanematsu T, Katsumi A, Takagi A, Ikeda K, Ueyama J, Hirayama M, Suzuki-Inoue K, Matsushita T, Kojima T, Hayakawa F

    The Journal of biological chemistry     頁: 101833   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbc.2022.101833

    PubMed

  3. Intestinal Collinsella may mitigate infection and exacerbation of COVID-19 by producing ursodeoxycholate 査読有り

    Hirayama Masaaki, Nishiwaki Hiroshi, Hamaguchi Tomonari, Ito Mikako, Ueyama Jun, Maeda Tetsuya, Kashihara Kenichi, Tsuboi Yoshio, Ohno Kinji

    PLOS ONE   16 巻 ( 11 ) 頁: e0260451   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0260451

    Web of Science

    PubMed

  4. Human Nonmercaptalbumin Is a New Biomarker of Motor Function 査読有り

    Ito Sadayuki, Nakashima Hiroaki, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Machino Masaaki, Seki Taisuke, Ishizuka Shinya, Kanbara Shunsuke, Inoue Taro, Koshimizu Hiroyuki, Fujii Ryosuke, Yamada Hiroya, Ando Yoshitaka, Ueyama Jun, Kondo Takaaki, Suzuki Koji, Hasegawa Yukiharu, Imagama Shiro

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   10 巻 ( 11 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10112464

    Web of Science

    PubMed

  5. Association of self-reported moderate vegetable juice intake with small decline in kidney function in a five-year prospective study 査読有り

    Fujii Ryosuke, Kondo Takaaki, Tsukamoto Mineko, Kawai Sayo, Sasakabe Tae, Naito Mariko, Kubo Yoko, Okada Rieko, Tamura Takashi, Hishida Asahi, Ueyama Jun, Hayashi Yumi, Ohnishi Joji, Hamajima Nobuyuki, Takeuchi Kenji, Wakai Kenji

    NUTRITION   84 巻   頁: 111114   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nut.2020.111114

    Web of Science

    PubMed

  6. Non-linear model analysis of the relationship between cholinesterase activity in rats exposed to 2, 2-dichlorovinyl dimethylphosphate (dichlorvos) and its metabolite concentrations in urine 査読有り

    Sato Hirotaka, Ito Yuki, Hanai Chinami, Nishimura Masaya, Ueyama Jun, Kamijima Michihiro

    TOXICOLOGY   450 巻   頁: 152679   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tox.2021.152679

    Web of Science

    PubMed

  7. Cumulative exposure assessment of neonicotinoids and an investigation into their intake-related factors in young children in Japan 査読有り

    Oya Naoko, Ito Yuki, Ebara Takeshi, Kato Sayaka, Ueyama Jun, Aoi Arisa, Nomasa Karin, Sato Hirotaka, Matsuki Taro, Sugiura-Ogasawara Mayumi, Saitoh Shinji, Kamijima Michihiro

    SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT   750 巻   頁: 141630   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2020.141630

    Web of Science

    PubMed

  8. Occupational exposure limits for acetaldehyde, 2-bromopropane, glyphosate, manganese and inorganic manganese compounds, and zinc oxide nanoparticle, and the biological exposure indices for cadmium and cadmium compounds and ethylbenzene, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications 招待有り 査読有り

    Araki Atsuko, Azuma Kenichi, Endo Ginji, Endo Yoko, Fukushima Tetsuhito, Hara Kunio, Harada Kouji, Hori Hajime, Horie Seichi, Horiguchi Hyogo, Ichiba Masayoshi, Ichihara Gaku, Ishitake Tatsuya, Ito Akiyoshi, Ito Yuki, Iwasawa Satoko, Kakamu Takeyasu, Kamijima Michihiro, Karita Kanae, Kawai Toshio, Kawamoto Toshihiro, Kishi Reiko, Kumagai Shinji, Matsumoto Akiko, Miyagawa Muneyuki, Miyauchi Hiroyuki, Morimoto Yasuo, Nagano Kasuke, Naito Hisao, Nakajima Tamie, Nakano Makiko, Nomiyama Tetsuo, Okuda Hirokazu, Okuda Masayuki, Omae Kazuyuki, Sato Kazuhiro, Sobue Tomotaka, Suwazono Yasushi, Takebayashi Toru, Takeshita Tatsuya, Takeuchi Akito, Takeuchi Ayano, Tanaka Shigeru, Tsuji Mayumi, Tsukahara Teruomi, Ueno Susumu, Ueyama Jun, Umeda Yumi, Yamamoto Kenya, Yamano Yuko, Yamauchi Takenori, Yano Eiji

    JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH   63 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1348-9585.12294

    Web of Science

  9. Optimization and validation of a highly sensitive method for determining glyphosate in human urine by solid-phase extraction and liquid chromatography with tandem mass spectrometry: a methodological study 査読有り

    Nomura Hiroshi, Hamada Risa, Saito Isao, Nakane Kunihiko, Sawa Ritsuko, Ukai Miwa, Shibata Eiji, Sato Mitsuo, Kamijima Michihiro, Ueyama Jun

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE   25 巻 ( 1 ) 頁: 83   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-020-00918-w

    Web of Science

    PubMed

  10. Meta-Analysisof Gut Dysbiosis in Parkinson's Disease 査読有り

    Nishiwaki Hiroshi, Ito Mikako, Ishida Tomohiro, Hamaguchi Tomonari, Maeda Tetsuya, Kashihara Kenichi, Tsuboi Yoshio, Ueyama Jun, Shimamura Teppei, Mori Hiroshi, Kurokawa Ken, Katsuno Masahisa, Hirayama Masaaki, Ohno Kinji

    MOVEMENT DISORDERS   35 巻 ( 9 ) 頁: 1626 - 1635   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mds.28119

    Web of Science

    PubMed

  11. Within-individual and interlaboratory variability analyses of urinary metabolites measurements of organophosphorus insecticides 査読有り

    Ito Yuki, Ueyama Jun, Nakayama Shoji F., Isobe Tomohiko, Oya Naoko, Sato Hirotaka, Ebara Takeshi, Yoshimasu Kouichi, Tsuno Kanami, Tatsuta Nozomi, Nakai Kunihiko, Kamijima Michihiro

    JOURNAL OF EXPOSURE SCIENCE AND ENVIRONMENTAL EPIDEMIOLOGY   30 巻 ( 4 ) 頁: 721 - 729   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41370-019-0124-7

    Web of Science

    PubMed

  12. Associations between Exposure to Tobacco Smoke and Behavioral Problems in Preschool Japanese Children 査読有り

    Wada Keiko, Ueyama Jun, Konishi Kie, Goto Yuko, Koda Sachi, Mizuta Fumi, Tamura Takashi, Watanabe Kaori, Ando Kyoko, Kondo Takaaki, Nagata Chisato

    JOURNAL OF ENVIRONMENTAL AND PUBLIC HEALTH   2020 巻   頁: 7591263   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2020/7591263

    Web of Science

    PubMed

  13. Association between redox state of human serum albumin and exercise capacity in older women: A cross-sectional study 査読有り

    Ashikawa Hironobu, Adachi Takuji, Ueyama Jun, Yamada Sumio

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 3 ) 頁: 256 - 260   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13849

    Web of Science

    PubMed

  14. Ten-year temporal trends (2006-2015) and seasonal-differences in urinary metabolite concentrations of novel, hygiene-used pyrethroids in Japanese children. 査読有り

    Hamada R, Ueda Y, Wada K, Saito I, Nomura H, Kamijima M, Nakane K, Nagata C, Kondo T, Ueyama J.

    Int J Hyg Environ Health   225 巻   頁: 113448   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijheh.2019.113448

  15. Occupational exposure limits for ethyl benzene, dimethyl terephthalate and hydrogen fluoride, and carcinogenicity and reproductive toxicant classifications The Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health

    Araki Atsuko, Azuma Kenichi, Endo Ginji, Endo Yoko, Fukushima Tetsuhito, Hara Kunio, Hori Hajime, Ichiba Masayoshi, Ishitake Tatsuya, Ichihara Gaku, Ito Akiyoshi, Ito Yuki, Iwasawa Satoko, Kakamu Takeyasu, Kamijima Michihiro, Karita Kanae, Katoh Takahiko, Kawai Toshio, Kawamoto Toshihiro, Kishi Reiko, Kumagai Shinji, Kusaka Yukinori, Miyagawa Muneyuki, Miyauchi Hiroyuki, Morimoto Yasuo, Nagano Kasuke, Naito Hisao, Nakajima Tamie, Nakano Makiko, Nomiyama Tetsuo, Okuda Hirokazu, Okuda Masayuki, Omae Kazuyuki, Sato Kazuhiro, Sobue Tomotaka, Suwazono Yasushi, Takebayashi Toru, Takeshita Tatsuya, Tsukahara Teruomi, Tsunoda Masashi, Ueyama Jun, Umeda Yumi, Yamamoto Kenya, Yamano Yuko, Yamauchi Takenori, Yano Eiji

    JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH   62 巻 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1348-9585.12151

    Web of Science

  16. Short-Chain Fatty Acid-Producing Gut Microbiota Is Decreased in Parkinson's Disease but Not in Rapid-Eye-Movement Sleep Behavior Disorder 査読有り

    Nishiwaki Hiroshi, Hamaguchi Tomonari, Ito Mikako, Ishida Tomohiro, Maeda Tetsuya, Kashihara Kenichi, Tsuboi Yoshio, Ueyama Jun, Shimamura Teppei, Mori Hiroshi, Kurokawa Ken, Katsuno Masahisa, Hirayama Masaaki, Ohnoa Kinji

    MSYSTEMS   5 巻 ( 6 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mSystems.00797-20

    Web of Science

    PubMed

  17. Biomonitoring method for neonicotinoid insecticides in urine of non-toilet-trained children using LC-MS/MS.

    Ueyama J, Aoi A, Ueda Y, Oya N, Sugiura Y, Ito Y, Ebara T, Kamijima M

    Food additives & contaminants. Part A, Chemistry, analysis, control, exposure & risk assessment     頁: 1-12   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/19440049.2019.1696020

    PubMed

  18. Prenatal exposure to organophosphate pesticides, maternal paraoxonase 1 genotype, and childhood neurodevelopment at 24 months of age in Shandong, China.

    Wang Y, Zhang Y, Ji L, Zhou Y, Shi R, Kamijima M, Ueyama J, Gao Y, Tian Y

    Environmental science and pollution research international     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11356-019-06740-4

    PubMed

  19. Freeze-drying enables homogeneous and stable sample preparation for determination of fecal short-chain fatty acids.

    Ueyama J, Oda M, Hirayama M, Sugitate K, Sakui N, Hamada R, Ito M, Saito I, Ohno K

    Analytical biochemistry     頁: 113508   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ab.2019.113508

    PubMed

  20. Exposure levels of organophosphate pesticides in Japanese diapered children: Contributions of exposure-related behaviors and mothers' considerations of food selection and preparation.

    Oya N, Ito Y, Ebara T, Kato S, Hioki K, Aoi A, Ueyama J, Oguri T, Shoji N, Sugiura-Ogasawara M, Saitoh S, Kamijima M

    Environment international   134 巻   頁: 105294   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.envint.2019.105294

    PubMed

  21. Occupational exposure limits for cumene, 2,4-dichlorophenoxy acetic acid, silicon carbide whisker, benzyl alcohol, and methylamine, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications

    Araki Atsuko, Azuma Kenichi, Endo Ginji, Endo Yoko, Fukushima Tetsuhito, Hara Kunio, Harada Koji, Hori Hajime, Horie Seichi, Ichiba Masayoshi, Ichihara Gaku, Ikeda Masayuki, Ito Akiyoshi, Ito Yuki, Iwasawa Satoko, Kakumu Takeyasu, Kamijima Michihiro, Karita Kanae, Katoh Takahiko, Kawai Toshio, Kawamoto Toshihiro, Kumagai Shinji, Kusaka Yukinori, Matsumoto Akiko, Miyagawa Muneyuki, Miyauchi Hiroyuki, Morimoto Yasuo, Nagano Kasuke, Naito Hisao, Nakajima Tamie, Nakano Makiko, Nomiyama Tetsuo, Okuda Hirokazu, Okuda Masayuki, Omae Kazuyuki, Sakurai Haruhiko, Sato Kazuhiro, Sobue Tomotaka, Suwazono Yasushi, Takebayashi Toru, Takeshita Tatsuya, Takeuchi Akito, Takeuchi Ayano, Tanaka Masatoshi, Tanaka Shigeru, Tsukahara Teruomi, Tsunoda Masashi, Ueno Susumu, Ueyama Jun, Umeda Yumi, Yamamoto Kenya, Yamano Yuko, Yamauchi Takenori, Yano Eiji

    JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH   61 巻 ( 4 ) 頁: 328 - 330   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1348-9585.12073

    Web of Science

  22. Association between exposure to household smoking and dental caries in preschool children: a cross-sectional study.

    Goto Y, Wada K, Konishi K, Uji T, Koda S, Mizuta F, Yamakawa M, Watanabe K, Ando K, Ueyama J, Kondo T, Nagata C

    Environmental health and preventive medicine   24 巻 ( 1 ) 頁: 9   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-019-0764-1

    PubMed

  23. Intra-individual variations of organophosphate pesticide metabolite concentrations in repeatedly collected urine samples from pregnant women in Japan.

    Hioki K, Ito Y, Oya N, Nakayama SF, Isobe T, Ebara T, Shibata K, Nishikawa N, Nakai K, Kamida T, Ueyama J, Sugiura-Ogasawara M, Kamijima M

    Environmental health and preventive medicine   24 巻 ( 1 ) 頁: 7   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-019-0761-4

    PubMed

  24. Human Serum Albumin Redox State is Associated with Decreased Renal Function in a Community-Dwelling Population.

    Fujii R, Ueyama J, Kanno T, Suzuki K, Hamajima N, Wakai K, Hasegawa Y, Kondo T

    American journal of physiology. Renal physiology     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00138.2018

    PubMed

  25. 生物学的モニタリングによる殺虫剤曝露評価から健康リスク評価へ ―地域・職域集団を対象とした基礎的検討― 招待有り 査読有り

    上山純

    日本衛生学雑誌   73 巻 ( 3 ) 頁: 247-256   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1265/jjh.73.247

  26. A sensitive and efficient procedure for the high-throughput determination of nine urinary metabolites of pyrethroids by GC-MS/MS and its application in a sample of Japanese children

    Ueda Yuko, Oda Masaya, Saito Isao, Hamada Risa, Kondo Takaaki, Kamijima Michihiro, Ueyama Jun

    ANALYTICAL AND BIOANALYTICAL CHEMISTRY   410 巻 ( 24 ) 頁: 6207-6217   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00216-018-1229-x

    Web of Science

    PubMed

  27. A new method for simultaneous quantification of fosphenytoin, phenytoin and its primary metabolite 5-(4-hydroxyphenyl)-5-phenylhydantoin in whole blood by ultra-performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry.

    Suzuki T, Ogawa T, Ueyama J, Iwai M, Kondo F, Seno H

    Legal medicine (Tokyo, Japan)   34 巻   頁: 64-69   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2018.08.006

    PubMed

  28. Occupational Exposure Limits for ethylidene norbornene, ethyleneimine, benomyl, and 2,3-epoxypropyl methacrylate, and classifications on carcinogenicity

    Araki Atsuko, Azuma Kenichi, Endo Ginji, Endo Yoko, Fukushima Tetsuhito, Hara Kunio, Hori Hajime, Horie Seichi, Horiguchi Hyogo, Ichiba Masayoshi, Ichihara Gaku, Ikeda Masayuki, Ishitake Tatsuya, Ito Akiyoshi, Ito Yuki, Iwasawa Satoko, Kakumu Takeyasu, Kamijima Michihiro, Karita Kanae, Katoh Takahiko, Kawai Toshio, Kawamoto Toshihiro, Kumagai Shinji, Kusaka Yukinori, Matsumoto Akiko, Miyagawa Muneyuki, Miyauchi Hiroyuki, Morimoto Yasuo, Nagano Kasuke, Naito Hisao, Nakajima Tamie, Nakano Makiko, Nomiyama Tetsuo, Okuda Hirokazu, Okuda Masayuki, Omae Kazuyuki, Sakurai Haruhiko, Sato Kazuhiro, Sobue Tomotaka, Suwazono Yasushi, Takebayashi Toru, Takeshita Tatsuya, Takeuchi Akito, Takeuchi Ayano, Tanaka Masatoshi, Tanaka Shigeru, Tsukahara Teruomi, Tsunoda Masashi, Ueno Susumu, Ueyama Jun, Umeda Yumi, Yamamoto Kenya, Yamano Yuko, Yamauchi Takenori, Yano Eiji

    JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH   60 巻 ( 4 ) 頁: 333-335   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1539/joh.2018-0137-OP

    Web of Science

    PubMed

  29. Common variant of BCAS3 is associated with gout risk in Japanese population: the first replication study after gout GWAS in Han Chinese

    Sakiyama Masayuki, Matsuo Hirotaka, Nakaoka Hirofumi, Kawamura Yusuke, Kawaguchi Makoto, Higashino Toshihide, Nakayama Akiyoshi, Akashi Airi, Ueyama Jun, Kondo Takaaki, Wakai Kenji, Sakurai Yutaka, Yamamoto Ken, Ooyama Hiroshi, Shinomiya Nariyoshi

    BMC MEDICAL GENETICS   19 巻 ( 1 ) 頁: 96   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12881-018-0583-z

    Web of Science

    PubMed

  30. Effects of processing and cooking on the reduction of dinotefuran concentration in Japanese rice samples.

    Watanabe M, Ueyama J, Ueno E, Ueda Y, Oda M, Umemura Y, Tanahashi T, Ikai Y, Saito I

    Food additives & contaminants. Part A, Chemistry, analysis, control, exposure & risk assessment     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/19440049.2018.1451659

    PubMed

  31. Oxidized human serum albumin as a possible correlation factor for atherosclerosis in a rural Japanese population: the results of the Yakumo Study

    Fujii Ryosuke, Ueyama Jun, Aoi Arisa, Ichino Naohiro, Osakabe Keisuke, Sugimoto Keiko, Suzuki Koji, Hamajima Nobuyuki, Wakai Kenji, Kondo Takaaki

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE   23 巻 ( 1 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-017-0690-z

    Web of Science

  32. (-)-Epigallocatechin-3-gallate Down-regulates Doxorubicin-induced Overexpression of P-glycoprotein Through the Coordinate Inhibition of PI3K/Akt and MEK/ERK Signaling Pathways. 査読有り

    HANA SATONAKA, KUMIKI ISHIDA, MIHO TAKAI, RYOJI KOIDE, RYOTA SHIGEMASA, JUN UEYAMA, TETSUYA ISHIKAWA, KAZUHIKO HAYASHI, HIDEMI GOTO and SHINYA WAKUSAWA

    Anticancer Res   37 巻 ( 11 ) 頁: 6071-6077   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12055

    PubMed

  33. Nitric Oxide Plasma Level as a Barometer of Endothelial Dysfunction in Factory Workers

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Hara Yuki, Ueyama Jun, Kitaichi Kiyoyuki, Kondo Takaaki, Koike Yasuo

    EXPERIMENTAL AND CLINICAL ENDOCRINOLOGY & DIABETES   125 巻 ( 10 ) 頁: 684-689   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0043-110054

    Web of Science

    PubMed

  34. Association Between Organophosphate Pesticide Exposure and Thyroid Hormones in Pregnant Women. 査読有り

    Yiwen Wang; Limei Chen; Caifeng Wang; Yi Hum; Yu Gao; Yijun Zhou; Rong Shi; Yan Zhang; Michihiro Kamijima; Jun Ueyama; Ying Tian

    Epidemiology   2017 巻 ( 28 ) 頁: S35–S40   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/EDE.0000000000000721

    PubMed

  35. Prenatal and postnatal exposure to organophosphate pesticides and childhood neurodevelopment in Shandong, China 査読有り

    Yiwen Wang, Yan Zhang, Lin Ji, YiHu, Jingjing Zhang, Caifeng Wang, Guodong Ding, Limei Chen, Michihiro Kamijima, Jun Ueyama, Yu Gao c, Ying Tian

    Environment International   108 巻   頁: 119-126   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.envint.2017.08.010

    PubMed

  36. Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant. 招待有り 査読有り

    Kenichi Azuma, Ginji Endo, Yoko Endo, Tetsuhito Fukushima, Kunio Hara, Hajime Hori, Seichi Horie, Hyogo Horiguchi, Masayoshi Ichiba, Gaku Ichihara, Masayuki Ikeda, Tatsuya Ishitake, Akiyoshi Ito, Yuki Ito, Satoko Iwasawa, Michihiro Kamijima, Kanae Karita, Takahiko Katoh, Toshio Kawai, Toshihiro Kawamoto, Reiko Kishi, Shinji Kumagai, Yukinori Kusaka, Akiko Matsumoto, Muneyuki Miyagawa, Hiroyuki Miyauchi, Yasuo Morimoto, Kasuke Nagano, Hisao Naito, Tamie Nakajima, Tetsuo Nomiyama, Hirokazu Okuda, Kazuyuki Omae, Haruhiko Sakurai, Kazuhiro Sato, Tomotaka Sobue, Yasushi Suwazono, Toru Takebayashi, Tatsuya Takeshita, Akito Takeuchi, Ayano Takeuchi, Masatoshi Tanaka, Shigeru Tanaka, Teruomi Tsukahara, Masashi Tsunoda, Susumu Ueno, Jun Ueyama, Yumi Umeda, Yuko Yamano, Takenori Yamauchi and Eiji Yano

    J Occup Health   59 巻 ( 4 ) 頁: 364-366   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1539/joh.17-0148-OP

    PubMed

  37. Quantitative analysis of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from disposable diapers of toddlers in Japan. 査読有り

    NaokoOya, Yuki Ito, Keisuke Hioki, Yuya Asai, Arisa Aoi, Yuka Sugiura, Jun Ueyama, Tomoko Oguri, Sayaka Kato, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima

    International Journal of Hygiene and Environmental Health   220 巻 ( 2 ) 頁: 209-216   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1016/j.ijheh.2016.10.009

    PubMed

  38. Modulation of immunological activity on macrophages induced by diazinon. 査読有り

    Nanako Ogasawara, Miyoko Matsushima, Nami Kawamura, Kazuko Atsumi, Takehiro Yamaguchi, Haruka Ochi, Yuto Kusatsugu, Sayaka Oyabu, Naozumi Hashimoto, Yoshinori Hasegawa, Jun Ueyama, Tsutomu Kawabe

    Toxicology   379 巻   頁: 22-30   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tox.2017.01.014

    PubMed

  39. Exposure characterization of three major insecticide lines in urine of young children in Japan-neonicotinoids, organophosphates, and pyrethroids. 査読有り

    Osaka A, Ueyama J, Kondo T, Nomura H, Sugiura Y, Saito I, Nakane K, Takaishi A, Ogi H, Wakusawa S, Ito Y, Kamijima M.

    Environmental Research   147 巻   頁: 89-96   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.envres.2016.01.028.

  40. Temporal Levels of Urinary Neonicotinoid and Diaklyphosphate Concentrations in Japanese Women Between 1994-2011 査読有り

    Jun Ueyama, Kouji H Harada, Akio Koizumi, Yuka Sugiura, Takaaki Kondo, Isao Saito, and Michihiro Kamijima

    Environmental Science & Tachinology   49 巻 ( 24 ) 頁: 14522-14528   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.est.5b03062

  41. Effects of Paraoxonase 1 gene polymorphisms on organophosphate insecticide metabolism in Japanese pest control workers. 査読有り

    Sato H, Ito Y, Ueyama J, Kano Y, Arakawa T, Gotoh M, Kondo T, Sugiura Y, Saito I, Shibata E, Kamijima M.

    Journal of Occupational Health   58 巻 ( 1 ) 頁: 56-65   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1539/joh.15-0175-OA.

  42. Lack of contribution of multidrug resistance-associated protein and organic anion-transporting polypeptide to pharmacokinetics of Regorafenib, a novel multi-kinase inhibitor, in rats. 査読有り

    HOTTA Kazuo, UEYAMA Jun, TATSUMI Yasuaki, YSUKIYAMA Ikuto, SUGIURA Yuka, SAITO Hiroko, MATSUURA Katsuhiko, HASEGAWA Takaaki

    Anticancer Res   35 巻 ( 9 ) 頁: 4681-4689   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMedID:26254357

  43. Comparison of different urine pretreatments for biological monitoring of pyrethroid insecticides. 査読有り

    TOSHIMA Hiroki, YOSHINAGA Jun, SHIRAISHI Hiroaki, ITO Yuki, KAMIJIMA Michihiro, UEYAMA Jun

    Journal of Analytical Toxicology   39 巻 ( 2 ) 頁: 133-136   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jat/bku142

  44. Biological Monitoring Method for Urinary Neonicotinoid Insecticides Using LC-MS/MS and Its Application to Japanese Adults. 査読有り

    UEYAMA Jun, NOMURA Hiroshi, KONDO Takaaki, SAITO Isao, ITO Yuki, OSAKA Aya, KAMIJIMA Michihiro

    Journal of Occupational Health   56 巻   頁: 461-468   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1539/joh.14-0077-OA

  45. A revised method for determination of dialkylphosphate levels in human urine by solid-phase extraction and liquid chromatography with tandem mass spectrometry: application to human urine samples from Japanese children. 査読有り

    UEYAMA Jun, SAITO Isao, TAKAISHI Akiko, NOMURA Hiroshi, NOUE Mai, OSAKA Aya, SUGIURA Yuka, HAYASHI Yumi, WAKUSAWA Shinya, OGI Hiroko, INUZUKA Kimio, KAMIJIMA Michihiro, KONDO Takaaki

    Environmental Health and Preventive Medicine   19 巻 ( 6 ) 頁: 405-413   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12199-014-0407-5.

  46. Contribution of plasma proteins, albumin and alpha 1-acid glycoprotein, to pharmacokinetics of a multi-targeted receptor tyrosine kinase inhibitor, sunitinib, in analbuminemic rats. 査読有り

    TOYAMA Yukio, UEYAMA Jun, NOMURA Hiroshi, TSUKIYAMA Ikuto, SAITO Hiroko, HISADA Tatsuya, MATSUURA Katsuhiko, HASEGAWA Takaaki

    Anticancer Res   34 巻 ( 5 ) 頁: 2283-2289   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMedID: 24778032

  47. A non-invasive biomonitoring method for assessing levels of urinary pyrethroid metabolites in diapered children by gas chromatography-mass spectrometry. 査読有り

    SAITO Shun, UEYAMA Jun, KONDO Takaaki, SAITO Isao, SHIBATA Eiji, GOTOH Masahiro, NOMURA Hiroshi, WAKUSAWA Shinya, NAKAI Kunihiko, KAMIJIMA Michihiro.

    J Expo Sci Environ Epidemiol   24 巻 ( 2 ) 頁: 200-7   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 23756699

  48. A revised method for determination of serum mercaptalbumin and nonmercaptalbumin by high performance liquid chromatography coupled with post-column bromocresol green reaction. 査読有り

    UEYAMA Jun, ISHIKAWA Yusuke, KONDO Takaaki, MOTOYAMA Megumi, MATSUMOTO Hiroyuki, MATSUSHITA Tadashi

    Ann Clin Biochem.   in press 巻   頁: in press   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: in press

  49. Biochemical staging of the chronic hepatic lesions of Wilson disease. 査読有り

    Katano Y, Hayashi K, Hattori A, Tatsumi Y, Ueyama J, Wakusawa S, Yano M, Toyoda H, Kumada T, Mizutani N, Hayashi H, Goto H.

    Nagoya J Med Sci.   76 巻 ( 1-2 ) 頁: 139-148   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Ursodeoxycholic acid inhibits overexpression of P-glycoprotein induced by doxorubicin in HepG2 cells. 査読有り

    Komori Y, Arisawa S, Takai M, Yokoyama K, Honda M, Hayashi K, Ishigami M, Katano Y, Goto H, Ueyama J, Ishikawa T, Wakusawa S.

    Eur J Pharmacol.   724 巻   頁: 161-167   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2013.12.023.

  51. Quantitation of neonicotinoid metabolites in human urine using GC-MS. 査読有り

    NOMURA Hiroshi, UEYAMA Jun, KONDO Takaaki, SAITO Isao, MURATA Katsuyuki, IWATA Toyoto, WAKUSAWA Shinya, KAMIJIMA Michihiro

    Journal of Chromatography B   941 巻   頁: 109-115   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jchromb.2013.10.012.

  52. Drug interaction between sunitinib and cimetidine and contribution of the efflux transporter ATP-binding cassette C2 to biliary excretion of sunitinib in rats. 査読有り

    ARAKAWA-TODO Mika, UEYAMA Jun, NOMURA Hiroshi, ABE Fumie, TSUKIYAMA Ikuto, MATSUURA Katsuhiko, HASEGAWA Takaaki

    Anticancer Research   33 巻 ( 8 ) 頁: 3089-3097   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 308-3097

  53. Preparation of dealcholized onetaxotere®, docetaxel injection formulation and its pharmacokinetics in rats. 査読有り

    Onishi Katsuhiro, TSUKIYAMA Ikuto, UEYAMA Jun, ABE Fumie, SAITO Hiroko, MATSUURA Katsuhiko, NADAI Masayuki, HASEGAWA Takaaki

    Gan To Kagaku Ryoho.   40 巻 ( 7 ) 頁: 891-986   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Various copper and iron overload patterns in the livers of patients with Wilson disease and idiopathic copper toxicosis 査読有り

    HAYASHI Hisao, HATTORI Ai, TATSUMI Yasuaki, HAYASHI Kazuhiko, KATANO Yoshiaki, UEYAMA Jun, WAKUSAWA Shinya, YANO Motoyoshi, GOTO Hidemi

    Med Mol Morphol.   22 巻   頁: 00-00   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Evidence for diazinon-mediated inhibition of cis-permethrin metabolism and its effects on reproductive toxicity in adult male mice 査読有り

    WANG Dong, KAMIJIMA Michihiro, OKAMURA Ai, ITO Yuki, YANAGIBA Yukie, JIA Xiao-fang, NAITO Hisao, UEYAMA Jun, NAKAJIMA Tamie

    Reprod Toxicol.   34 巻   頁: 489-497   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Urinary concentrations of organophosphorus insecticide metabolites in Japanese workers 査読有り

    UEYAMA Jun, SAITO Isao, KONDO Takaaki, TAKI Tomoko, KIMATA Akiko, SAITO Shun, ITO Yuki, MURATA Katsuyuki, IWATA Toyoto, GOTOH Masahiro, SHIBATA Eiji, WAKUSAWA Shinya, KAMIJIMA Michihiro

    Chemosphere   87 巻   頁: 1403-1409   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Prevalence of Helicobacter Pylori Infection Measured with Urinary Antibody in an Urban Area of Japan, 2008-2010 査読有り

    TAMURA Takashi, MORITA Emi, KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, TANAKA Tetsuya, KIDA Yuto, HORI Yoko, INOUE Shigeru, TOMITA Koutaro, OKADA Rieko, KAWAI Sayo, HISHIDA Asahi, NAITO Mariko, WAKAI Kenji and HAMAJIMA Nobuyuki

    Nagoya Journal of Medical Science   74 巻   頁: 63-70   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. New analytical method for sensitive quantification of urinary 3-methyl-4-nitrophenol to assess fenitrothion exposure in general population and occupational sprayers 査読有り

    OKAMURA Ai, SAITO Isao, UEYAMA Jun, ITO Yuki, NAKAJIMA Tamie, KAMIJIMA Michihiro

    Toxicol Lett.   210 巻 ( 2 ) 頁: 220-224   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Panipenem does not alter the pharmacokinetics of the active metabolite of irinotecan SN-38 and inactive metabolite SN-38 glucuronide (SN-38G) in rats 査読有り

    KATO Ayako, UEYAMA Jun, ABE Fumie, HOTTA Kazuo, TSUKIYAMA Ikuo, OSHIMA Taeyuki, KONDO F, SAITO Hiroko, HASEGAWA Takaaki.

    Anticancer Res.   31 巻 ( 9 ) 頁: 2915-2922   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID21868538
    The present study has investigated the effect of panipenem, a widely used antibiotic, on the pharmacokinetics of an active metabolite of irinotecan (CPT-11), 7-ethyl-10-hydroxy-camptothecin (SN-38) and SN-38 glucuronide (SN-38G) produced by uridine-diphosphate glucuronosyltransferase (UGT) 1A isoform-mediated glucuronidation in rats. Rats received a 1 h infusion with panipenem at a loading dose of 10 mg/kg and a maintenance dose of 15 mg/min/kg once a day for 5 days. When the effect of pretreatment with panipenem on glucuronidation activities of substrates for hepatic UGT1A isoforms was investigated using substrates 4-methylumbelliferone (4MU), estradiol and SN-38, the rate of 4MU glucuronide formation was significantly increased, but that of estradiol glucuronide formation was unchanged. However, the rate of SN-38G formation showed a tendency to increase. One hour after the final infusion of panipenem or saline, SN-38 (2 mg/kg) was administered intravenously in rats with or without bile duct cannulation. Pretreatment with panipenem had no effect on the plasma concentration-time curves and biliary excretion of SN-38 and SN-38G in rats with and without bile duct cannulation. There were also no significant differences in the relative extent of glucuronidation of SN-38 to SN-38G (AUC(2 h, SN-38G)/AUC(2 h, SN-38)) between panipenem-treated and untreated rats. These findings suggest that pretreatment with panipenem does not alter the pharmacokinetics of SN-38 and SN-38G, suggesting the possibility that panipenem can be used safely for cancer patients undergoing irinotecan chemotherapy.

  60. Study Profile on Baseline Survey of Daiko Study in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study (J-MICC Study) 査読有り

    MORITA Emi, HAMAJIMA Nobuyuki, HISHIDA Asahi, AOYAMA Kyoko, OKADA Rieko, KAWAI Sayo, TOMITA Koutaro, KURIKI Sayaka, TAMURA Takashi, NAITO Mariko, KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, HORI Yoko, HOSHINO Junko, HAMAMOTO Ritsuko, TSUKAMOTO Sanae, ONISHI Johji, HAGIKURA Shoichi, NAITO Hisao, HIBI Satoshi, ITO Yoshinori and WAKAI Kenji

    Nagoya Journal of Medical Science   73 巻   頁: 187-195   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Effect of DDVP on urinary excretion levels of pyrethroid metabolite 3-phenoxybenzoic acid in rats 査読有り

    HIROSAWA Naoko, UEYAMA Jun, KONDO Takaaki, KAMIJIMA Michihiro, TAKAGI Kenji, FUJINAKA Sanae, HIRATE Ayaka, HASEGAWA Takaaki, WAKUSAWA Shinya.

    Toxicol Lett.   203 巻 ( 1 ) 頁: 28-32   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:21471973
    Pyrethroid insecticide (PYR) is used worldwide in agriculture and for indoor extermination of harmful insects. Urinary PYR metabolites (e.g. 3-phenoxybenzoic acid, 3PBA) have been used as the most sensitive biomarker for environmental PYR exposure since the late 1990's. In this study, we examined the effect of organophosphorus insecticide (OP) dichlorvos (DDVP) on excretion levels of urinary cis-permethrin-derived 3PBA in rats. Concentration of urinary 3PBA and cis-permethrin in plasma were monitored using gas chromatography-mass spectrometry and high-performance liquid chromatography after cis-permethrin injection (20mg/kg) via the tail vein of rats pretreatmented intraperitoneally with DDVP (low dose, 0.3mg/kg; high dose, 1.5mg/kg). The amount of urinary 3PBA excretion over 48h after cis-permethrin administration in control was 21.5±5.1μg (mean±S.D.). In the low- and high-dose DDVP groups, the amounts of urinary 3PBA excretion were decreased to 81.1% (17.4±2.7μg) and 70.3% (15.1±2.6μg) of control, respectively. The plasma concentrations of cis-permethrin-derived 3-phenoxybenzyl alcohol (3PBAlc), which is a metabolite derived following hydrolysis of cis-permethrin, in high-dose DDVP group (0.18±0.01μg) were significantly lower than in control (0.23±0.03μg) 1h after cis-permethrin injection. Both in the control and high-dose DDVP group, no differences were observed in the excretion levels of urinary 3PBA after injection of 3PBAlc (25mg/kg, i.v). These results suggested that the effect of DDVP on the amount of urinary 3PBA excretion was caused by the DDVP-induced modification of the cis-permethrin metabolic pathway. In conclusion, the possible decrease in urinary excretion level of 3PBA due to co-exposure to OPs should be considered in the biological monitoring of PYR exposure.

  62. Mechanism underlying the efficacy of combination therapy with losartan and hydrochlorothiazide in rats with salt-sensitive hypertension. 査読有り

    YAMADA Yuichiro, TSUBOI Koji, HATTORI Takuya, MURATE Takashi, OHTAKE Masafumi, FRUKAWA Mayuko, UEYAMA Jun, NISHIYAMA Akira, MUROHARA Toyoaki, NAGATA Kohzo.

    Hypertens Res   34 巻 ( 7 ) 頁: 809-816   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID21471973
    Although thiazide diuretics are commonly used to supplement angiotensin receptor blockers for treatment of hypertension, the mechanism underlying the therapeutic effects of this drug combination remains unclear. We investigated the antihypertensive and cardioprotective effects of combination therapy with losartan (LOS) and hydrochlorothiazide (HCTZ), in comparison with those of either drug alone, in Dahl salt-sensitive hypertensive rats. Rats fed a high-salt diet from 6 weeks of age were treated with LOS, HCTZ, both drugs (COMB) and vehicle from 6 to 11 weeks. The salt-induced increase in systolic blood pressure was attenuated moderately by LOS and to a greater extent by HCTZ and COMB. Left ventricular (LV) hypertrophy and fibrosis, diastolic dysfunction, as well as angiotensin-converting enzyme and angiotensin II type 1A (AT(1A)) receptor gene expression were attenuated similarly by LOS and HCTZ and more so by COMB. LOS downregulated expression of the AT(1A) receptor gene, without affecting that of the AT(2) receptor gene, in the aorta. In contrast, neither HCTZ nor COMB affected aortic expression of the AT(1A) receptor gene, but both markedly upregulated that of the AT(2) receptor gene. The salt-induced decrease in the plasma concentration of nitric oxide metabolites was attenuated substantially by LOS and abolished by both HCTZ and COMB. In conclusion, the combination of LOS and HCTZ attenuated hypertension, as well as LV remodeling and diastolic dysfunction, more effectively than did LOS or HCTZ alone in rats with salt-sensitive hypertension. Modulation of the cardiac and vascular renin-angiotensin system may have contributed to these beneficial effects of the drug combination.

  63. Association of UGT1A1 Gly71Arg with urine urobilinogen 査読有り

    KATAOKA Ryuji, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, HIROSAWA Naoko, UEYAMA Jun, KONDO Takaaki, OKADA Rieko, KAWAI Sayo, HISHIDA Asahi, NAITO Mariko, MORITA Emi, WAKITA Kenji, HAMAJIMA Nobuyuki

    Nagoya Journal of Medical Science   73 巻 ( 1-2 ) 頁: 33-40   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:21614935

  64. Involvement of sulfate conjugation and multidrug resistance-associated protein 2 (MRP2) in sex-related differences in the pharmacokinetics of garenoxacin in rats 査読有り

    HAYASHI Tamon, ABE Fumie, KATO Miki, SAITO Hiroko, UEYAMA Jun, KONDO Yuya, IMAI Kuniyuki, KATOH Miki, NADAI Masayuki, HASEGAWA Takaaki

    J Infect Chemother   17 巻 ( 1 ) 頁: 24-29   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:20676911

  65. Beta-glucuronidase activity is a more sensitive biomarker than cholinesterase inhibition for organophosphorus insecticide exposure 査読有り

    UEYAMA Jun, SATOH Tetsuo, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, SHIBATA Eiji, GOTO Masahiro, KIMATA Akiko, SAITO Isao, HASEGAWA Takaaki, WAKUSAWA Shinya, KAMIJIMA Michihiro.

    Toxicol Lett   193 巻 ( 1 ) 頁: 115-119   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:20026393

  66. Endotoxin does not alter the pharmacokinetics of micafungin,but it impairs biliary excretion of micafungin via multidrugresistance-associated protein 2 (ABCC2/Mrp2) in rats 査読有り

    NODA Takayuki, ABE Fumie, UEYAMA Jun, KATO Miki, KATOH Miki, NADAI Masayuki, SAITO Hiroko, HASEGAWA Takaaki

    J Infect Chemother     2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:20835743
    Micafungin, a newly developed echinocandin-type antifungal agent, is widely used for the treatment of deep-seated fungal infections including those of Candida species and Aspergillus species. In the present study, the possible alterations in the pharmacokinetics and biliary excretion of micafungin were investigated in endotoxemic rats induced by Klebsiella pneumoniae endotoxin. Endotoxin (2 mg/kg) was injected intraperitoneally 24 h before an intravenous injection of micafungin (1 mg/kg). No significant differences in the plasma concentration-time curves and pharmacokinetic parameters of micafungin were observed between endotoxin-treated and endotoxin-untreated rats. When endotoxin-treated rats received a constant-rate infusion of micafungin, the biliary clearance of micafungin was significantly decreased, whereas the steady-state plasma concentration did not change. By protein immunoblot analysis, a significant decrease in the expression of hepatic multidrug resistance-associated protein 2 (ABCC2/Mrp2), which is an efflux protein for micafungin, was observed in endotoxin-treated rats. These results suggest that endotoxin-induced decrease in the hepatobiliary excretion of micafungin is caused, at least in part, by the reduction of Mrp2-mediated hepatobiliary transport ability. The present study may provide information suggesting that micafungin can be used for patients with endotoxemia without the need for dosage adjustment.

    DOI: 10.1007/s10156-010-0118-9

  67. Preliminary study on spontaneous hepatitis in long-evans cinnamon rats: a blood echange may improve the fetal hepatitis 査読有り

    UEYAMA Jun, WAKUSAWA Shinya, TATSUMI Yasuyuki, HATTOEI Ai, YANO Motoyoshi, HAYASHI Hisao

    Nagoya J Med Sci   72 巻 ( 3-4 ) 頁: 173-177   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:20942273

  68. Toxicokinetics of pyrethroid metabolites in male and female rats 査読有り

    UEYAMA Jun, HIROSAWA Naoko, MOCHIZUKI Aiko, KIMATA Akiko, KAMIJIMA Michihiro, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, WAKUSAWA Shinya, HASEGAWA Takaaki

    Environmental Toxicology and Pharmacology   30 巻 ( 1 ) 頁: 88-91   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.etap.2010.03.017

  69. Revised method for routine determination of urinary dialkyl phosphates using gas chromatography-mass spectrometry 招待有り 査読有り

    UEYAMA Jun, KAMIJIMA Michihiro, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, SHIBATA Eiji, HASEGAWA Takaaki, WAKUSAWA Shinya, TAKI Tomoko, GOTO Masahiro, SAITO Isao

    J Chromatogra B   878 巻 ( 17-18 ) 頁: 1257-1263   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID:20207202

  70. Analysis and evaluation of pyrethroid exposure in human population based on biological monitoring of urinary pyrethroid metabolites 査読有り

    UEYAMA Jun, SAITO Isao, KAMIJIMA Michihiro

    Journal of Pesticide Science   35 巻 ( 2 ) 頁: 87-98   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  71. 健常成人における成熟にんにくの血管内皮機能へ及ぼす影響 査読有り

    宮田聖子、野田明子、永井万由佳、大嶽正文、上山純、古池保雄

    日本臨床生理学会雑誌   40 巻 ( 2 ) 頁: 103-108   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Measurement of forearm blood flow of healthy young men and women using strain-gauge plethysmography 査読有り

    KONDO Takaaki, YAMADA Chie, FURUTA Takako, YOSHITAKE Junko, SHIROTORI AYA, OKADA Yoshiko, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, UEYAMA Jun, SAKAKIBARA Hisataka, FUKAYA Yukio

    Bull Aichi Bunkyo Women's Coll   31 巻   頁: 27-34   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  73. Comparison of urinary concentrations of 3-phenoxybenzoic acid among general residents in rural and suburban areas and employees of pest control firms 査読有り

    KIMATA Akiko, KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, YAMAMOTO K, YOSHITAKE Junko, TAKAGI Kenji, SUZUKI Koji, INOUE Takashi, ITO Yoshinori, HAMAJIMA Nobuyuki, KAMIJIMA Michihiro, GOTOH Masahiro, SHIBATA Eiji.

    Int Arch Occup Environ Health   82 巻 ( 10 ) 頁: 1173-1178   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Broken sperm, cytoplasmic droplets and reduced sperm motility are principal markers of decreased sperm quality due to organophosphorus pesticides in rats 査読有り

    OKAMURA Ai, KAMIJIMA Michihiro, OHTANI Katsumi, YAMANOSHITA Osamu, NAKAMURA Daichi, ITO Yuki, MIYATA Maiko, UEYAMA Jun, SUZUKI Takayoshi, IMAI Ryota, TAKAGI Kenji, NAKAJIMA Tamie.

    J Occup Health   51 巻 ( 6 ) 頁: 478-487   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Relationship between dietary habits and urinary concentrations of 3-phenoxybonzoic acid in a middle-aged and elderly general population in Japan 査読有り

    KIMATA Akiko, KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, YAMAMOTO Kanami, KAMIJIMA Michihiro, SUZUKI Koji INOUE Takashi, ITO Yoshinori, HAMAJIMA Nobuyuki.

    Environ Health Prev Med   14 巻 ( 3 ) 頁: 173-179   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Possible involvement of interleukin-6 (IL-6) in down-regulation of hepatic breast cancer resistance protein (Bcrp/ABCG2) in endotoxemic mice 査読有り

    ZHAO Ying Lan, CEN X, ABE Fumie, UEYAMA Jun, HOTTA K, KATO S, ITO S, SAGA S, FUKAYA Yukio, WANG L, WEI Y, HASEGAWA Takaaki

    Bull Aichi Bunkyo Women's Coll   30 巻   頁: 27-42   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  77. Multilevel analyses of effects of variation in body mass index on serum lipid concentrations in middle-aged Japanese men 査読有り

    KONDO Takaaki, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, UEYAMA Sayoko, UEYAMA Jun, Yatsuya H, TAMAKOSHI K, HORI Yoko

    Nagoya J Med Sci.   71 巻 ( 1-2 ) 頁: 19-28   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Urinary excretion of 3-phenoxybenzoic acid in middle-aged and elderly general population of Japan 査読有り

    UEYAMA Jun, KIMATA Akiko, KAMIJIMA Michihiro, HAMAJIMA Nobuyuki, ITO Yuki, SUZUKI Koji, INOUE Takashi, YAMAMOTO Kanami, TAKAGI Kenji, SAITO Isao, MIYAMOTO K, HASEGAWA Takaaki, KONDO Takaaki

    Environ Res   109 巻 ( 2 ) 頁: 175-180   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Limited data are available on the background levels of exposure to synthetic pyrethroid (PYR) in Japan, despite their frequent application for agriculture and indoor extermination and possible effects of chronic and/or low-dose PYR exposure on human health. This study was conducted to describe the level and distribution of one of the major PYR metabolites, 3-phenoxybenzoic acid (3-PBA), in urine samples collected from a general population in Japan. The subjects were 535 individuals (184 men and 351 women; 61.5+/-9.8 years of age, mean+/-S.D.) residing in a town in Hokkaido, a dairy and agricultural area. Urinary 3-PBA was found detectable in 98% of samples above the limit of detection of 0.02 microg/l. The geometric mean values of urinary 3-PBA in occupationally exposed farmers (n=87) and the remaining general group without occupational exposure (n=448) were 0.38 and 0.29 microg/l, respectively, ranging from <LOD to 17.09 microg/l. No significant differences in urinary 3-PBA concentrations were shown between these two groups. Moreover, 3-PBA concentrations were found comparable to those reported in some countries. The present study is, to our knowledge, the first report of a biological monitoring study of urinary 3-PBA, which elucidated the background environmental exposure level of PYR in the Japanese general population without occupational exposure. Further nationwide studies covering different seasons and age distribution are needed to monitor the urinary 3-PBA levels in Japan.

  79. Effects of short-term variation in body mass index on blood pressure in middle-aged Japanese male workers. 査読有り

    KONDO Takaaki, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, UEYAMA Sayoko, UEYAMA Jun, HORI Yoko

    J Health Sci   55 巻 ( 1 ) 頁: 62-71   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Relationship between urinary pesticide metabolites and pest control operation among occupational pesticide sprayers 査読有り

    KIMATA Akiko, KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, YAMAMOTO Kanami, KAMIJIMA Michihiro, SUZUKI Koji, INOUE Takashi, ITO Yuki, HAMAJIMA Nobuyuki.

    J Occup Health   51 巻 ( 1 ) 頁: 100-105   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Use of waist circumference and ultrasonographic assessment of abdominal fat distribution in predicting metabolic risk factors in healthy Japanese adults 査読有り

    KONDO Takaaki, ABE Maimi, UEYAMA Jun, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, HORI Yoko.

    J Physiol Anthropo   28 巻 ( 1 ) 頁: 7-14   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Ursodeoxycholic acid induces glutathione synthesis through activation of PI3K/Akt pathway in HepG2 cells 査読有り

    ARISAWA Sakiko, ISHIDA Kumiki, KAMEYAMA Natsumi, UEYAMA Jun, HATTORI Ai, TATSUMI Yasuaki, HAYASHI Hisao, YANO Motoyoshi, HAYASHI Kazuhiko, KATANO Yoshiaki, GOTO Hidemi, TAKAGI Kenji, WAKUSAWA Shinya

    Biochem Pharmacol   77 巻 ( 5 ) 頁: 858-866   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Effect of the organophosphorus pesticide diazinon on glucose tolerance in type 2 diabetic rats 査読有り

    UEYAMA Jun, KAMIJIMA Michihiro, ASAI Kazumi, MOCHIZUKI Aiko, WANG Dong, KONDO Takaaki, SUZUKI Takayuki, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenji, KANAZAWA Hiroaki, MIYAMOTO Ken-ichi, WAKUSAWA Shinya, HASEGAWA Takaaki.

    Toxicol Lett   182 巻 ( 1-3 ) 頁: 42-47   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DZN deteriorates the glucose tolerance in GK rats. It is unlikely that this phenomenon is due to differences in ChE activity and/or DZN-oxon production levels between Wistar and GK rats.

  84. Role of plasma proteins in pharmacokinetics of micafungin, an antifungal antibiotic, in analbuminemic rats 査読有り

    ABE Fumie, UEYAMA Jun, KAWASUMI Noriyo, NADAI Masayuki, HAYASHI Tamon, KATO Miki, OHNISHI Masafumi, SAITO Hiroko, TAKEYAMA Naoshi, HASEGAWA Takaaki.

    Antimicrob Agents Chemother   52 巻 ( 9 ) 頁: 3454-3456   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Involvement of multidrug resistance-associated protein 2 (ABCC2/Mrp2) in biliary excretion of micafungin in rats 査読有り

    ABE Fumie, UEYAMA Jun, KIMATA Akiko, KATO Miki, Hayashi T, NADAI Masayuki, SAITO Hiroko, TAKEYAMA Naoshi, NOGUCHI Hiroshi, HASEGAWA Takaaki.

    Life Sci   83 巻 ( 7-8 ) 頁: 229-235   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Effect of thalidomide on endotoxin-induced decreases in activity and expression of hepatic cytochrome P450 3A2 査読有り

    UEYAMA Jun, NADAI Masayuki, ZHAO Ying Lan, KANAZAWA Hiroaki, TAKAGI Kenji, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenzo, WAKUSAWA Shinya, ABE Fumie, SAITO Hiroko, MIYAMOTO K, HASEGAWA Takaaki.

    Biol Pharm Bull   31 巻 ( 8 ) 頁: 1596-1600   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Involvement of -pro-inflammatory mediators in endotoxin-induced overproduction of inducible nitric oxide synthase and decrease in expression of hepatic cytochrome P450 査読有り

    UEYAMA Jun, WAKUSAWA Shinya, FUKAYA Yukio, HASEGAWA Takaaki.

    Bull Aichi Bunkyo Women's Coll   29 巻   頁: 39-49   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  88. Permethrin may induce adult male mouse reproductive toxicity due to cis isomer not trans isomer 査読有り

    ZHANG Shu-Yun, UEYAMA Jun, ITO Yuki, YANAGIBA Yukie, OKAMURA Ai, KAMIJIMA Michihiro, NAKAJIMA Tamie.

    Toxicology   248 巻 ( 2-3 ) 頁: 136-141   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Acute effect of exercise on blood pressure among fitness facility users, with special reference to influence of body mass index 査読有り

    KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, KIMATA Akiko, YAMAMOTO K, FUKAYA Yukio.

    Bull Aichi Bunkyo Women's Coll   29 巻   頁: 27-37   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  90. Increase in P-glycoprotein accompanied by activation of protein kinase C alpha and NF-kappa B p65 in the livers of rats with streptozotocin-induced diabetes 査読有り

    KAMEYAMA Natsumi, ARISAWA Sakiko, UEYAMA Jun, KAGOTA Satomi, SHINOZUKA Kazumasa, HATTORI Ai, TATSUMI Yasuaki, HAYASHI Hisao, TAKAGI Kenji, WAKUSAWA Shinya

    Biochim Biophys Acta   1782 巻 ( 5 ) 頁: 355-360   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Association of serum NOx level with clustering of metabolic syndrome components in middle-aged and elderly general populations in Japan 査読有り

    UEYAMA Jun, KONDO Takaaki, IMAI Ryota, KIMATA Akiko, YAMAMOTO Kanami, SUZUKI Koji, INOUE Takashi, ITO Yoshinori, MIYAMOTO Ken-ichi, HASEGAWA Takaaki, HAMAJIMA Nobuyuki.

    Environ Health Prev Med   13 巻 ( 1 ) 頁: 36-42   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The results of ANCOVA confirmed that the serum lnNO( x ) level was significantly correlated with the clustering of MetS components in both men and women (p < 0.0001 for trend). CONCLUSION: Our results suggest that an increase in the clustering of MetS components was associated with the increase in serum NO levels in our general population.

  92. Association of glycemic profiles with whole blood polyamine among middle-aged Japanese men: colorimetric assay using oat and barley seedling polyamine oxidase 査読有り

    KONDO Takaaki, YAMAMOTO Kanami, KIMATA Akiko, UEYAMA Jun, HORI Yoko, TAKAGI Kenji.

    Environ Health Prev Med   13 巻 ( 1 ) 頁: 43-51   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Direct analysis of permethrins in human blood by SPE-GC/MS 査読有り

    OGATA-KAWATA H, MATSUDA M, ONDA N, UEYAMA Jun, KAMIJIMA Michihiro, SHIBATA Eiji, OGAWA M, ENDO Y.

    Chromatography   28 巻 ( 3 ) 頁: 119-124   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. 健常成人男性で体重が血圧に与える影響 -経年的測定データの多重レベル解析- 査読有り

    近藤高明, 上山純, 木全明子, 山本佳那実, 堀容子.

    厚生の指標   54 巻 ( 13 ) 頁: 7-13   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    職域集団の男性4,588名の1997年から2000年の健診受診データを用いて,血圧変動と体重変動との関連を多重レベルモデルにより解析した。BMIの変動は収縮期血圧,拡張期血圧とも有意に正の関連を示した。またその切片と傾きには個人間変動が有意に大きいことを明らかにした。

  95. Biological monitoring of pyrethroid exposure for pest control workers in Japan 査読有り

    WANG Dong, KAMIJIMA Michihiro, IMAI Ryota, SUZUKI Takayuki, KAMEDA Yohei, ASAI Kazumi, OKAMURA Ai, NAITO Hisao, UEYAMA Jun, SAITO Isao, NAKAJIMA Tamie, GOTO Masahiro, SHIBATA Eiji, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenzo, WAKUSAWA Shinya.

    J Occup Health   49 巻 ( 6 ) 頁: 509-514   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Lack of effect of aerobic physical exercise on endothelium-derived nitric oxide concentrations in healthy young subjects. 査読有り

    YAMAMOTO Kanami, KONDO Takaaki, KIMATA Akiko, UEYAMA Jun, SHIROTORI Aya, OKADA Yoshiko, SAKUI Daisuke, NAKASHIMA Masahiro, YAMADA Sumio

    Nagoya J Med Sci.   69 巻 ( 3-4 ) 頁: 167-172   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Permethrin may disrupt testosterone biosynthesis via mitochondrial membrane damage of Leydig cells in adult male mouse 査読有り

    ZHANG Shu-Yun, ITO Yuki, YAMANOSHITA Osamu, YANAGIBA Yukie, KOBAYASHI Miya, Taya Kazuyoshi, LI ChunMei, OKAMURA Ai, Miyata Maiko, UEYAMA Jun, LEE Chul-Ho, KAMIJIMA Michihiro, NAKAJIMA Tamie.

    Endocrinology   148 巻 ( 8 ) 頁: 3941-3949   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Association of a polymorphism in the ornithine decarboxylase gene with whole blood polyamine concentrations in a non-smoking healthy population 査読有り

    KONDO Takaaki, HAMAJIMA Nobuyuki, NISHIO Kazuko, ISHIDA Yoshiko, IMAI Ryota, UEYAMA Jun, TORITA Shoko, KASAI Yurie, YAMAMOTO Ryoko, SUZUKI Koji, ITO Yoshinori.

    J Health Sci   53 巻 ( 4 ) 頁: 406-412   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Toxicity of diazinon and its metabolites increases in diabetic rats 査読有り

    UEYAMA Jun, WANG Dong, KONDO Takaaki, SAITO Isao, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenzo, KAMIJIMA Michihiro, NAKAJIMA Tamie, MIYAMOTO K, WAKUSAWA Shinya, HASEGAWA Takaaki.

    Toxicol Lett   170 巻 ( 3 ) 頁: 229-237   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Lack of Effect of Aciclovir on Metabolism of Theophylline andExpression of Hepatic Cytochrome P450 1A2 in Rats 査読有り

    NADAI Masayuki, KATO Miki, YASUI Kazumasa, KIMURA Masao, ZHAO Ying Lan, UEYAMA Jun, TSUNEKAWA Yoshimi, YOSHIZUMI Hideo, HASEGAWA Takaaki.

    Biol Pharm Bull   30 巻 ( 3 ) 頁: 562-568   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Serial Variations in Serum Hepatic Profiles among Occupational Pesticide Sprayers: Multilevel Analyses of 14-Year Health Check-up Data 査読有り

    KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, FUKAYA Yukio, GOTO Masahiro.

    Bull Aichi Bunkyo Women's Coll   28 巻   頁: 1-7   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  102. Involvement of nitric oxide (NO) in endotoxin-induced decrease in expression of hepatic cytochrome P450 査読有り

    UEYAMA Jun, KONDO Takaaki, FUKAYA Yukio, HASEGAWA Takaaki.

    Bull Aichi Bunkyo Women's Coll   28 巻   頁: 9-16   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  103. 8-Hydroxydeoxyguanosine levels in human leukocyte and urine according to exposure to organophosphorus pesticides and paraoxonase 1 genotype 査読有り

    LEE Chul-Ho, KAMIJIMA Michihiro, KIM Heon, SHIBATA Eiji, UEYAMA Jun, SUZUKI Takayoshi, TAKAGI Kenji, SAITO Isao, GOTO Masahiro, HIBI Hattsuki, NAITO Hisao, NAKAJIMA Tamie.

    Int Arch Occup Environ Health   80 巻 ( 3 ) 頁: 217-227   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Association of abdominal circumference with serum nitric oxide concentration in healthy population 査読有り

    KONDO Takaaki, UEYAMA Jun, IMAI Ryota, SUZUKI Koji, ITO Yoshinori

    Environ Health Prev Med   11 巻 ( 6 ) 頁: 321-325   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Protein kinase Cbeta isoform down-regulates the expression of MDR3 P-glycoprotein in human Chang liver cells 査読有り

    SUZUKI Satoshi, HAYASHI Hisao, TAKAGI Kenji, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, UEYAMA Jun, WAKUSAWA Shinya.

    Biochim Biophys Acta   1760 巻 ( 10 ) 頁: 1552-1557   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. 健常成人集団での加齢と経年的血圧変動との関連性 -一般線形混合モデルの適用- 査読有り

    近藤高明、渡邊ゆかり、上山 純、堀 容子、八谷 寛、玉腰浩司、豊嶋英明.

    日循予防誌   41 巻 ( 2 ) 頁: 55-61   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    職域での健常男性集団の4年間の健診データを用いて,肥満度と血圧との関連を明らかにするため多重レベル解析を実施した。BMIは収縮期血圧,拡張期血圧と有意な正の関連を示した。変量効果の推定値から,この直線関係での切片と傾きでは,個人間の変動が有意に大きいことも示した。

  107. 人工重力とエルゴメータ運動の併用により、無為臥床により惹起される心萎縮は防止可能である 査読有り

    岩瀬三紀, 武市康志, 石木良治, 稲垣春夫, 岩瀬 敏, 井澤英夫, 永田浩三, 上山 純, 加藤洋介, 野田明子, 古池保雄, 横田充弘.

    心臓   38 巻   頁: 20-23   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性無為臥床による擬似低重力により惹起される心萎縮は、人工重力および律動運動の両者併用により防止可能であり、心臓不適応も軽減可能である。

  108. Simultaneous determination of urinary dialkyl phosphate metabolites of organophosphorus pesticides using gas chromatography-mass spectrometry 査読有り

    UEYAMA Jun, SAITO Isao, KAMIJIMA Michihiro, NAKAJIMA Tamie, GOTOH Masahiro, SUZUKI Takayuki, SHIBATA Eiji, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, MIYAMOTO Ken-ichi, TAKAMATSU Junki, HASEGAWA Takaaki, TAKAGI Kenzo

    J Chromatogr B   832 巻   頁: 58-66   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present method, which does not require special equipment except for GC-MS, is quick, safe, and sensitive enough to be adopted in routine biological monitoring of non-occupational as well as occupational exposure to organophosphorus pesticides.

  109. A comprehensive evaluation of the testicular toxicity of dichlorvos in Wistar rats 査読有り

    OKAMURA Ai, KAMIJIMA Michihiro, SHIBATA Eiji, OHTANI Katsumi, TAKAGI Kenji, UEYAMA Jun, WATANABE Yukari, OMURA Minoru, WANG Hailan, ICHIHARA Gaku, KONDO Takaaki, NAKAJIMA Tamie.

    Toxicology   213 巻   頁: 129-137   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. 生活習慣病患者における血漿NOの検討 査読有り

    宮田聖子, 野田明子, 安藤晃禎, 吉村敦子, 上山 純, 北市清幸, 黒木祥子, 助川真代, 古池保雄, 横田充弘.

    日本臨床生理学会雑誌   35 巻 ( 1 ) 頁: 39-43   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    生活習慣病患者における血漿NOxの検討において、HbA1Cは血管内皮機能を反映する血漿NOx値低下の有意な要因と考えられた。

  111. Endotoxin from various gram-negative bacteria has differential effects on function of hepatic cytochrome P450 and drug transporters 査読有り

    UEYAMA Jun, NADAI Masayuki, KANAZAWA Hiroaki, IWASE Mitsunori, NAKAYAMA Hironao, HASHIMOTO Katsunori, YOKOI T, BABA Kenji, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenzo, HASEGAWA Takaaki.

    Eur J Pharmacol   510 巻   頁: 127-134   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Role of tumor necrosis factor-alpha in down-regulation of hepatic cytochrome P450 and P-glycoprotein by endotoxin 査読有り

    MIYOSHI Mika, NADAI Masayuki, NITTA Atsumi, UEYAMA Jun, SHIMIZU Akemi, TAKAGI Kenji, NABESHIMA Toshitaka, TAKAGI Kenji, SAITO Kuniaki, HASEGAWA Takaaki.

    Eur J Pharmacol   507 巻   頁: 229-237   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Possible involvement of P-glycoprotein in renal excretion of pazufloxacin in rats 査読有り

    SHIMIZU Akemi, MIYOSHI Mika, SUGIE Masami, UEYAMA Jun, YAMAGUCHI Takuji, SASAKI Toshinobu, TAKAGI Kenji, JIN Mingji, MIYAMOTO Ken-ichi, TSUJI Akira, HASEGAWA Takaaki.

    Eur J Pharmacol   501 巻   頁: 151-159   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Effect of pioglitazone on endotoxin-induced decreases in hepatic drug-metabolizing enzyme activity and expression of CYP3A2 and CYP2C11 査読有り

    UEYAMA Jun, KITAICHI Kiyoyuki, NADAI Masayuki, IWASE Mitsunori, TOMYO Nao, KANAZAWA Hiroaki, SUZUKI Ryojiro, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenzo, HASEGAWA Takaaki.

    Eur J Pharmacol   498 巻   頁: 257-265   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Down-regulation of cytochrome P450 proteins and its activities by Shiga-like toxin II from Escherichia coli O157:H7 査読有り

    KITAICHI Kiyoyuki, NAKAYAMA Hironao, UEYAMA Jun, NADAI Masayuki, BABA Kenji, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenzo, OHTA Michio, HASEGAWA Takaaki

    Biochem Pharmacol   67 巻   頁: 1427-1435   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Application of ultrafiltration method to measurement of catecholamines in plasma of human and rodents by high-performance liquid chromatography 査読有り

    UEYAMA Jun, KITAICHI Kiyoyuki, IWASE Mitsunori, TAKAGI Kenji, TAKAGI Kenzo, HASEGAWA Takaaki

    J Chromatogr B   798 巻   頁: 35-41   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Increased plasma concentration and brain penetration of methamphetamine in behaviorally sensitized rats 査読有り

    KITAICHI Kiyoyukiiyoyuki, MORISHITA Yuki, DOI Yuko, UEYAMA Jun, MATSUSHIMA Miyoko, ZHAO Ying Lan, TAKAGI Kenji, HASEGAWA Takaaki

    Eur J Pharmacol   464 巻   頁: 39-48   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. メディカル テクノロジー・大学教員として働く

    上山純( 担当: 分担執筆)

    医歯薬出版株式会社  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. PEST CONTROL NEWS・健康診断の豆知識 その2

    上山純( 担当: 単著)

    愛知県ペストコントロール協会  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 日本人幼児における3つの主要な殺虫剤への曝露実態ー尿中曝露マーカーの分析ー

    上山純、上島通浩( 担当: 共著)

    環境ホルモン学会  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:1   記述言語:日本語

  4. 知の未来へ 短半減期化学物質の生物学的曝露モニタリング

    名大トピック( 担当: 共著)

    名古屋大学  2012年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:1   記述言語:日本語

  5. Anticholinesterase pesticides: metabolism, neurotoxicity, and epidemiology -Novel biomarkers of organophosphate exposure-

    SATOH Tetsuo, INAYAT-HUSSAIN Salmaan, KAMIJIMA Michihiro, UEYAMA Jun( 担当: 共著)

    Wiley  2011年2月  ( ISBN:978-0-470-41030-1

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 分子予防環境医学・Ⅲ-14 農薬類

    上島通浩、伊藤由起、上山純( 担当: 共著)

    本の泉社  2010年12月  ( ISBN:4780706017

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版)2-その数値をどう読むか2010年増刊号

    上島通浩、上山純、高木健次、柴田英治( 担当: 共著)

    日本臨床  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 覚醒剤の生体内運命.「覚せい剤依存と麻薬依存」 佐藤光源、櫻井映子 編

    北市清幸、森下友貴、土井悠子、上山純、松島充代子、巽康彰、高木健次、柴田英治、高木健三、長谷川高明( 担当: 共著)

    東北大学出版会  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 2

  1. Cohort profile: Aichi regional sub-cohort of the Japan Environment and Children's Study (JECS-A). 査読有り

    Ebara T, Yamada Y, Shoji N, Ito Y, Nakagawa A, Miyachi T, Ozaki Y, Omori T, Suzuki S, Kojima M, Ueyama J, Tomizawa M, Kato S, Oguri T, Matsuki T, Sato H, Oya N, Sugiura-Ogasawara M, Saitoh S, Kamijima M  

    BMJ open9 巻 ( 11 ) 頁: e028105   2019年11月

     詳細を見る

  2. Within-individual and interlaboratory variability analyses of urinary metabolites measurements of organophosphorus insecticides. 査読有り

    Ito Y, Ueyama J, Nakayama SF, Isobe T, Oya N, Sato H, Ebara T, Yoshimasu K, Tsuno K, Tatsuta N, Nakai K, Kamijima M.  

    J Expo Sci Environ Epidemiol.   頁: Epub ahead of print]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

講演・口頭発表等 91

  1. 人囮法によるヒトスジシマカ雌成虫の捕獲数を予測する モデルの開発

    渡邉 悟、北原 悠吾、西原 奈波、中根 邦彦、 近藤 高明、上山 純

    第92回日本衛生学会学術総会  2022年3月22日  日本衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  2. 尿中有機リン系殺虫剤代謝物濃度と便中短鎖脂肪酸濃 度の関係

    林 舞衣、平山 正昭、角田 菜緒、北原 悠吾、斎藤 勲、 伊藤 美佳子、大野 欽司、上山 純

    第92回日本衛生学会学術総会  2022年3月22日  日本衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  3. 尿中忌避剤および代謝物同時測定法の妥当性評価とそ の応用

    西原 奈波、藪本 奈那、白石 愛深、髙木 麻衣、 磯部 友彦、上山 純

    第92回日本衛生学会学術総会  2022年3月22日  日本衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  4. 生体試料を用いた化学物質ばく露評価研究 招待有り

    上山純

    LaMer公開シンポジウム  2022年1月27日  愛媛大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. 見る聞く触る 現場からまなぶ自動化の実際 招待有り

    Laboratory Automation Developers Conference 2021  2021年12月17日  Laboratory Automation Supplier's Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン  

  6. 昆虫食におけるヒ素・重金属のリスク評価

    北原悠吾, 野村洸司, 上田琢也, 西原奈波, 斎藤勲, 上山純

    日本食品衛生学会第117回学術講演会  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    会議種別:ポスター発表  

  7. LC-MS/MSを用いた生物学的モニタリング手法による日本人小児のグリホサート曝露レベルの特徴

    野村洸司、和田恵子、斎藤 勲、渡邉 悟、西原奈波、白石愛深、藪本奈那、永田知里、上島通浩、上山純

    第46回日本医用マススペクトル学会年会  2021年9月17日  日本医用マススペクトル学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  8. ヒト尿中およびパーソナルケア製品中の フェノール性内分泌かく乱化学物質:濃度変動と曝露評価

    大浦 奏、田上 瑠美、上山 純、小栗 朋子、磯部 友彦、国末 達也

    第23回環境ホルモン学会研究会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. 尿サンプルを対象とした自動サンプル 前処理システムの導入の理想と現実 招待有り

    上山純

    Laboratory Automation月例勉強会  2021年8月20日  Laboratory Automation Supplier's Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  10. web調査を利用した蚊の穿刺被害把握の試み

    上山純、中根邦彦、渡邉悟、中根敏裕、青山政美、服部悟、西原奈波、北原悠吾、近藤高明、斎藤勲

    第67回東海公衆衛生学会学術大会  2021年7月3日  東海公衆衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  11. 日常的に使用する殺虫剤や忌避剤のばく露を把握する 招待有り

    上山純

    第91回日本衛生学会市民公開講座  2021年3月6日  日本衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:富山、web開催   国名:日本国  

  12. 1.5歳児を対象としたピレスロイド系殺虫剤代謝物の一斉定量分析

    上山純、伊藤由起、大矢奈穂子、浜田梨沙、上田裕子、小田昌也、加藤沙耶香、佐藤博貴、榎原毅、上島通浩

    第91回 日本衛生学会学術総会   2021年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山    国名:日本国  

  13. 尿中新規忌避剤ピカリジンの高感度測定法の検討

    西原奈波、高須未波、野村洸司、斎藤勲、上山純

    第91回 日本衛生学会学術総会   2021年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山    国名:日本国  

  14. 国内衛生行政による蚊のサーベイランス実態調査および成虫発生予測の試み

    渡邉 悟、余合 結、中根邦彦、上山 純

    第91回 日本衛生学会学術総会   2021年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山    国名:日本国  

  15. 尿中曝露マーカー測定におけるクレアチニン調整希釈法の有用性の検討

    北原 悠吾、野村洸司、浜田梨沙、藤原 有花、斎藤勲、上山純

    第91回 日本衛生学会学術総会   2021年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山    国名:日本国  

  16. LC-MS/MSを用いた尿中グリホサート分析法の開発 招待有り

    上山純

    アジレント・テクノロジー サンプル前処理ウェビナー2020特別講演  2020年10月16日  アジレントテクノロジー株式会社

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:web開催   国名:日本国  

  17. 害虫忌避剤ディートの尿中代謝物高感度測定法の開発

    上山純, 上瀬佳菜,浜田梨沙,中根邦彦,近藤高明,佐藤光夫,斎藤勲

    第89回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  18. 1才半児におけるジノテフラン曝露量と生活環境および食意識との関連

    大矢奈穂子,伊藤由起,上山純,加藤沙耶香,松木太郎,佐藤博貴,齋藤伸治,杉浦真弓,榎原毅,上島通浩

    第89回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  19. 便中短鎖脂肪酸分析における測定前変動要因の解明と便凍結乾燥処理の有用性の検証

    小田真也, 杉立久仁代, 佐久井徳広, 瀧本圭一, 伊藤美佳子, 平山正昭, 大野欽司, 上山純

    第88回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  20. 日本の幼児における有機リン系殺虫剤曝露と生活環境との関連

    伊藤由起、大矢奈穂子、日置啓介、上山 純、青井亜里沙、小栗朋子、加藤沙耶香、齋藤伸治、榎原 毅、上島通浩

    第88回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  21. 使用済み紙おむつを用いた1歳半児における尿中ネオニコチノイド系殺虫剤の測定

    大矢奈穂子、伊藤由起、上山 純、青井亜里沙、小栗朋子、加藤沙耶香、榎原 毅、齋藤伸治、上島通浩

    第88回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  22. 新規ピレスロイド系殺虫剤代謝物の3歳児尿中濃度に関する基礎的調査

    上田裕子、市川みずき、斎藤勲、大坂彩、野村洸司、近藤高明、中根邦彦, 上山純

    第88回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  23. バイオモニタリング手法を用いた日本人小児ピレスロイド系殺虫剤曝露レベルの国際比較

    上山 純、上田裕子、伊藤由起、榎原 毅、大矢奈穂子、加藤沙耶香、小栗朋子、庄司直人、齋藤伸治、上島通浩

    第88回 日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  24. 日本人妊婦の尿中ネオニコチノイド系農薬濃度

    飴田 玲伽、青井 亜里沙、上山 純、西浜 柚季子、 吉永 淳、久田 文、下平 和久、加藤 進昌

    環境ホルモン学会 第19回研究発表会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城県つくば市   国名:日本国  

  25. ラットを用いた殺虫剤アセタミプリドおよび代謝物の血中および尿中動態

    生田勇太郎、上山純、青井亜里沙、近藤高明、涌澤伸哉、伊藤由起、上島通浩、斎藤勲

    第86回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:旭川   国名:日本国  

    【目的】アセタミプリド(acetamiprid, ACE)はネオニコチノイド系殺虫剤の一種で、安定的で効率的な農産物生産に使用されているだけでなく、ガーデニングや林業(松枯れ防除等)にも用いられており、身近な化学物質として生活環境中に存在している。近年、バイオモニタリング手法を用いたACE曝露評価の試みが進んでいる。すなわち、尿中に排泄されるACEおよびその代謝物を定量分析し、曝露量推定を実施するという試みである。ACE曝露量と尿中排泄量の関係は不明な点もあり、本研究ではラットを用いたACEおよびその代謝物の体内動態、特に尿中排泄動態の把握を目的とした。
    【方法】ラット(n=6)にACEを頸静脈内投与および経口投与し(7.1 mg/kg, 2年間慢性毒性/発がん性併合試験の無毒性量7.1 mg/kg 体重/日を参考)、経時的に採尿および採血を行った。採取検体からACEおよび代謝物であるdesmethyl-ACE(des-ACE)を液体クロマトグラフ―四重極質量分析計、6-Chloronicotinic Acid(6CN)をガスクロマトグラフ―質量分析計で測定し、動態解析を行った。
    【結果と考察】静脈内投与実験で得られたACEの血中半減期(t1/2)は3.0±0.4 hrであり、血中薬物濃度−時間曲線下面積より生物学的利用率は82%と算出された。経口投与されたACEは168時間以内に尿中(mol換算)に未変化体として約5%、des-ACEは約18%および6CNは約10%が排泄され、バラツキはそれぞれ23%、32%および37% (CV%)であった。投与後の最高尿中濃度時間はACE6 hr以内、des-ACEおよび6CNで6 hrから12 hrであった。未変化体は代謝物に比べて尿中に排泄される割合は小さいが、排泄量のバラツキが少ないこと、比較的早期に尿中に排泄されるという体内動態の特徴を明らかにした。

  26. 尿中有機リン系殺虫剤代謝物測定の個人間変動と施設間差についての検討

    伊藤由起、上山純、中山祥嗣、磯部友彦、佐藤博貴、大矢奈穂子、仲井邦彦、上島通浩

    第86回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:旭川   国名:日本国  

  27. 使用済みオムツを用いた1歳半児における尿中有機リン系殺虫剤曝露量の測定

    大矢奈穂子、伊藤由起、日置啓介、浅井祐哉、青井愛里沙、上山純、小栗朋子、加藤沙耶香、榎原毅、上島通浩

    第86回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:旭川   国名:日本国  

  28. Measurement of concentrations of organophosphate insecticide metabolites in urine extracted from used diapers in 1.5-year-old children 国際会議

    Naoko Oya, Yuki Ito, Keisuke Hioki, Yuya Asai, Arisa Aoi, Yuka Sugiura, Jun Ueyama, Tomoko Oguri, Sayaka Kato, Takeshi Ebara, Michihiro Kamijima

    2nd international conference on human biomonitoring 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  29. Concentration s of urinary pyrethroid metabolites in Japanese women between 1994-2011 国際会議

    Jun Ueyama, Koouji H Harada, Akio Koizumi, Yutaro Ikuta, Takaaki Kondo, Isao Saito, Michihiro Kamijima

    2nd international conference on human biomonitoring 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  30. Interlaboratory and intraindividual variability analysis in measurements of urinary metabolites of organophosphorus insecticides 国際会議

    Yuki Ito, Jun Ueyama,Shoji Nakayama, Tomohiko Isobe, Hirotaka Sato, Naoko Oya, Koichi Yoshimasu, Kanami Tsuno, Nozomi Tatsuta, Kunihiko Nakai, Michihiro Kamijima

    2nd international conference on human biomonitoring 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  31. バイオモニタリング手法を用いたネオニコチノイド系殺虫剤の曝露評価

    上山純,末永隆次郎,永美大志,夏川周介,柴田英治,近藤高明,上島通浩,斎藤勲

    平成27年度日本産業衛生学会 東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  32. 有機リン系殺虫剤分解酵素活性と尿中代謝物の関連

    佐藤博貴,伊藤由紀,上山純,加納裕也,荒川朋弥,五藤雅博,近藤高明,杉浦友香,斎藤勲,柴田英治,上島通浩

    平成27年度日本産業衛生学会 東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  33. 使用済みオムツを利用した尿中代謝物一斉分析法の開発 国際会議

    杉浦友香、上山純、上田裕子、伊藤由起、涌澤伸哉、上島通浩

    第43回産業中毒・生物学的モニタリング研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知県   国名:日本国  

  34. 尿中有機リン系殺虫剤代謝物測定の施設間、個人間変動についての検討

    伊藤由起、上山 純、中山祥嗣、磯部友彦、佐藤博貴、仲井邦彦、上島通浩

    第43回産業中毒・生物学的モニタリング研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 殺虫剤類の個人曝露量測定と健康リスク評価

    上島通浩、伊藤由起、上山純

    第42回 日本毒性学会学術年会 シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月 - 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  36. 使い捨てオムツを用いた尿中低分子代謝物類の網羅的分析

    杉浦友香、上山純、上田裕子、涌澤伸哉、上島通浩

    第85回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. 日本人における尿中殺虫剤曝露指標濃度の過去20年間の経年推移

    上山純、原田浩二、杉浦友香、大坂彩、小泉昭夫、上島通浩

    第85回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 3歳児における尿中殺虫剤曝露指標の相関関係

    上山純、大坂彩、野村洸司、斎藤勲、近藤高明、 黄木弘子、高石亜有子、伊藤由起、上島通浩

    第85回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. 3歳児を対象とした有機リン系・ピレスロイド系・ネオニコチノイド系殺虫剤の 尿中曝露指標一斉分析

    大坂彩, 上山純, 野村洸司, 斎藤勲, 近藤高明, 黄木弘子, 高石亜有子, 伊藤由起, 上島通浩

    第42回産業中毒・生物学的モニタリング研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本市   国名:日本国  

  40. 日本人における尿中ネオニコチノイド系 殺虫剤とその代謝物の濃度分布

    上山純, 野村洸司, 斎藤勲, 近藤高明, 岩田豊人, 村田勝敬, 涌澤伸哉, 上島通浩

    第41回日本毒性学会学術年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 日本人小児を対象とした尿中ピレスロイド系殺虫剤代謝物の高感度分析

    大坂彩, 上山純, 近藤高明, 野村洸司, 斎藤勲, 犬塚君雄, 黄木弘子, 高石亜有子, 上島通浩

    第84回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. LC-MS/MSによる尿中のネオニコチノイド系殺虫剤同時定量分析法の開発

    上山純, 野村洸司, 斎藤勲, 近藤高明, 伊藤由起, 上島通浩

    第84回に本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山市   国名:日本国  

  43. パラオキソナーゼ1遺伝子多型と腎機能評価指標との関連-予備的解析-

    上山純、本郷あやの、近藤高明、森田えみ、川合紗世、岡田理恵子、伊藤宜則、内藤真理子、若井健志、浜島信之

    第82回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  44. 血清脂肪酸(FA)とFA摂取量およびメタボリックシンドローム(MetS)リスク

    田中哲也、近藤高明、喜田優人、上山純、鈴木康司、井上孝、伊藤宜則、若井健志、浜島信之

    第82回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  45. 殺虫剤撒布職域従事者における尿中クレアチニン分析値の検討

    大坂彩、上山純、近藤高明、五藤雅博、柴田英治、涌澤伸哉、斎藤勲、上島通浩

    第82回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  46. Concentration of urinary organophosphorus insecticide metabolites in Japanese workers 国際会議

    Jun Ueyama, Isao Saito, Takaaki Kondo, Taki Tomoko, Akiko Kimata, Shun Saito, Katsuyuki Murata, Toyoto Iwata, Masahiro Goto, Eiji Shibata, Shinya Wakusawa, Michihiro Kamijima

    21st Annual Meeting of The International Society of Exposure Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    Determination of urinary dialkylphosphate (DAP) levels enables us to monitor the systemic organophosphorus insecticide (OP) exposure at individual levels. Limited data are available on the background levels and occupational OP exposures in Japan, despite frequent OP application for agriculture and indoor extermination. The purpose of this study was to reveal the distribution and seasonal difference of urinary dialkylphosphate (DAP) concentrations in Japanese workers. Urine samples were collected in both summer and winter seasons from 339 Japanese adults who engage in the food distribution (FD, n=164), apple farming (AF, n=147) and pest control operation (PCO, n=28). Statistical analysis for group and seasonal differences of urinary DAPs were performed by Wilcoxon signed-rank and Kruskal-Wallis test, respectively, each followed by multiple comparisons. This is one of the first studies to document fundamental characteristics of urinary DAP concentrations in Japanese adults. Further nationwide studies covering different areas and wider age spans are needed to investigate detailed characteristics of OP exposure level in Japan.

  47. 使い捨て紙オムツを利用した尿中殺虫剤代謝物測定法の検討

    齋藤峻、上山純、斎藤勲、近藤高明、涌澤伸哉、 五藤雅博、柴田英治、近並由佳、仲井邦彦、上島通浩

    第 39 回 産業中毒・生物学的モニタリング研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:昭和大学医学部 1 号館 7 階 講堂   国名:日本国  

    【目的】現在、未熟な解毒能力やその生活様態から化学物質による健康影響リスクが高いと予想されている新生児や乳児を対象として、殺虫剤の健康影響に関する研究が進んでいる。生活環境中での殺虫剤曝露レベルの評価には、尿中の代謝物を高感度にモニタリングする方法が主に用いられるが、排尿が自立していない新生児や乳児からの採尿は困難であり、疫学調査実施の障害となっている。今回我々は、使い捨て紙オムツからピレスロイド系殺虫剤代謝物である3-phenoxybenzoic acid (3-PBA) およびtrans-chrysanthemumdicarboxylic acid (CDCA) を抽出および分離分析し、検出感度および再現性が良好な測定法の開発を試みた。
    【方法】使い捨て紙オムツの皮膚接触部分である表面材には尿中3-PBAおよびCDCAの吸着が認められなかったため、尿の吸収材(綿状パルプ+高分子吸収ポリマー)を約150 mg採取し、これに既知の濃度の尿2 mlを添加および1時間の室温放置した後に各種検討を行った。固相抽出用カラムにサンプルを充填し、アセトン5 mlを流速1 ml/minで代謝物を溶出した。窒素ガスによる抽出液の濃縮後、精製水で2 mlまでメスアップしたものを既報に従って定量分析した。分離分析にはガスクロマトグラフ質量分析計(Agilent社製)を用いた。再現性の検討は日本および米国企業の計3社5製品の使い捨てオムツ(diaper A-E)について行った。また、27名の殺虫剤散布職域従事者から得た尿を用いて、尿を直接分析する従来法とオムツ抽出法による測定値の比較検討を行った。
    【結果】5種の使い捨てオムツにおける絶対回収率を求めた結果、国内企業のdiaper Aが最も高い回収率を示した。diaper Aにおける3-PBA濃度0.4から20.4 µg/Lでの絶対回収率は90.3–118.1 %、CDCA濃度0.5から20.0 µg/Lでは50.0–86.8 %であり、良好な直線性の検量線を作成することができた(3-PBA, r2 = 0.9998; CDCA, r2 = 0.9977)。同様の代謝物濃度域における日内変動および日差変動のCV%は、3-PBAで5.3-16.0%および3.7-11.7%、CDCAで4.0-8.7%および4.2-8.1%であった。2 mlの尿を含む吸収材から分析した場合の検出限界値は、それぞれ0.026 µg/L (3-PBA) および0.17 µg/L (CDCA) であった。diaper BからEを用いた場合、検出限界はdiaper Aに劣るものの、いずれも代謝物濃度範囲0.5-20 µg/Lにおいてr2 = 0.9967以上の直線性を得ることができた。殺虫剤散布職域従事者尿を用いた検討において、従来法およびオムツ抽出法から得られた濃度のスピアマンの相関係数は、3-PBAでは濃度範囲1.5-129.5 µg/Lにおいて0.994、1.5-16.8 µg/Lにおいて0.992、CDCAでは濃度範囲0.3-22.7 µg/Lにおいて0.993、0.3-10.9 µg/Lにおいて0.983であった。
    【考察・結論】本研究では、1)使い捨てオムツから殺虫剤代謝物を含む尿を比較的少量の溶媒で溶出可能であること、2)この抽出法は良好な再現性を示し、採取オムツの種類に合わせた検量線を作成することにより、一般健常人尿における低い代謝物濃度でも従来法とほぼ同等の感度で定量できることを明らかにした。
    発表ではさらにサンプル保存性に関する検討結果を追加する予定である。本測定法は、新生児や乳児に調査のための負担をかけることなく、使用後の紙オムツを用いてピレスロイド系殺虫剤代謝物量をモニタリングできる優れた測定法であることが示唆された。

  48. 一般生活集団における血清中脂肪酸とメタボリックシンドローム診断項目との関連

    田中哲也, 近藤高明, 喜田優人, 上山純, 浜島信之, 鈴木康司, 井上孝, 倉岡光穂, 王音晴, 蓮井恵子

    第81回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 異なる前処理による尿中ピレスロイド代謝産物測定値の変動

    登島弘基, 吉永淳, 白石寛明, 伊藤由起, 上島通浩, 上山純

    第81回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. 殺虫剤曝露指標の実践的応用を目指した基礎的研究

    上山純, 近藤高明, 斎藤勲, 五藤雅博, 長谷川高明, 上島通浩

    第81回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  51. 日本人の一般健常集団における種々の疾患歴とH.pylori感染との関連

    喜田優人, 近藤高明, 上山純,田中哲也, 川合紗世, 森田えみ, 伊藤宜則, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之

    第81回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 24時間尿中クレアチニン排泄量予測値を用いた24時間尿中殺虫剤代謝物排泄量の推定

    齋藤峻, 上山純, 近藤高明, 田中哲也, 廣澤菜緒子, 北洞久美子, 高木健次, 上島通浩, 涌澤伸哉

    第81回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 問診票による身体活動量推定量と血圧や血清生化学検査値との関連

    近藤高明, 加藤千秋, 喜田優人, 田中哲也, 上山純

    第81回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. ペルメトリン由来3-フェノキシ安息香酸の尿中排泄量に対する有機リン系殺虫剤の影響

    藤中沙奈恵, 上山純, 廣澤奈緒子, 近藤高明, 上島通浩, 高木健次, 平手彩夏, 長谷川高明, 涌澤伸哉

    第 38 回有機溶剤中毒研究会・第 43 回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会合同研究会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 非喫煙成人女性での尿中コチニン値と受動喫煙との関連

    喜田優人, 近藤高明, 田中哲也, 中川優子, 木下香織, 鈴木麻予, 服部由花, 一ノ谷英憲, 木全明子, 上山純, 森田えみ, 田村高志, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之

    第56回東海公衆衛生学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 健常成人集団での血清carotenoid値とmetabolic syndrome診断項目集積数との関連

    田中哲也, 近藤高明, 田優人, 一ノ谷英憲, 山本佳那実, 鈴木麻予, 服部由花, 木全明子, 上山純

    第56回東海公衆衛生学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 健常成人集団での血清carotenoid値と高密度との関連

    近藤高明, 一ノ谷秀憲, 山本佳那実, 木全明子, 鈴木麻予, 服部由花, 木下香織, 中川優子, 上山純

    第80回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. ピレスロイド系殺虫剤代謝に関与するUDP-グルクロン酸転移酵素分子種の同定

    齋藤峻, 上山純, 廣澤奈緒子, 望月愛子, 木全明子, 高木健次, 涌澤伸哉

    第80回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. 使い捨て紙おむつを利用した尿中殺虫剤代謝物測定の試み

    上山純, 伊藤牧, 齋藤勲, 高木健次, 近藤高明, 涌澤伸哉, 仲井邦彦, 佐藤洋, 上島通浩

    第80回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 一般生活者集団および殺虫剤散布職域集団の尿中有機リン系殺虫剤代謝物量

    廣澤奈緒子, 上山純, 上島通浩, 木全明子, 岡村愛, 那須民江, 柴田英治, 五藤雅博、深谷幸生, 近藤高明, 高木健次, 涌沢伸哉

    第36回日本トキシコロジー学会学術年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 日本人中高齢者における尿中ピレスロイド系殺虫剤代謝物および血中酸化ストレス指標との関連性

    上山純, 木全明子, 上島通浩, 濱島信之, 鈴木康司, 井上孝, 伊藤宜則, 宮本謙一, 長谷川高明 ,高木健次, 涌沢伸哉, 近藤高明

    第79回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. 害虫防除作業者集団におけるフェニトロチオン散布とその尿中代謝物量との関連

    岡村愛, 上島道浩, 上山純、 高木健次, 柴田英治, 内藤久雄、五藤雅博, 斉藤勲、那須民江.

    第79回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. 健常成人集団における血清8-iso-PGF2αと骨密度との関連

    近藤高明、上山純、木全明子、山本佳那美、鈴木康司、井上孝、伊藤宣則、浜島信之

    第79回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. ピレスロイド系殺虫剤代謝産物の体内動態における性差

    "廣澤奈緒子1) , 上山純1,2) , 望月愛子1) , 木全明子1) , 高木健次1) , 近藤高明1) , 高木健三1) , 涌澤伸哉1) , 長谷川高明3)"

    第79回日本衛生学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. Testicular toxicity in mice after combined exposure to pyrethroid and organophosphorus insecticides

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. Patterns of beta-glucuronidase in pesticide self- poisoning. 国際会議

    7th Asia Pacific Association of Medical Toxicolog 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. ダイアジノンとcis-ペルメトリンの混合曝露によるマウス精巣への影響

    王棟、上島道浩、岡村愛、伊藤由起、柳場由絵、上山純、那須民江

    平成20年日本産業衛生学会東海地方学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 一般生活集団における合成ピレスロイド系化合物の尿中代謝物濃度

    上山純、木全明子、上島通浩、高木健次、涌く澤伸哉、高木健三、斎藤勲、宮本謙一、長谷川高明

    第35回日本トキシコロジー学会学術年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. 男性健常成人集団における血中polyamine値の分布とmetabolic risk factorとの関連性

    山本佳那美、近藤高明、木全明子、上山純、高木健次

    第78回日本衛生学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 合成ピレスロイド系殺虫剤ペルメトリン(trans;cis体)のマウス生殖毒性に関する研究

    張淑芸、伊藤由起、柳場由絵、上山純、岡村愛、上島道浩、那須民江

    第78回日本衛生学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. ガスクロマトグラフ質量分析計によるフェニトロチオンの特異的尿中代謝産物3-メチル-4-ニトロフェノールの高感度測定法の開発

    岡村愛、上島道浩、斉藤勲、市原学、伊藤由起、五藤雅博、柴田英治、髙木健次、近藤高明、上山純、那須民江

    第78回日本衛生学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  72. 健常成人集団でのCETP TaqIB遺伝子多型と血管内皮由来NO濃度との関連性

    近藤高明、上山純、吉武順子、木全明子、山本佳那美、鈴木康司、井上孝、伊藤宣則、浜島信之

    第78回日本衛生学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 男性健常成人集団における血中polyamine値の分布とmetabolic risk factorとの関連性

    木全明子、上山純、近藤高明、山本佳那美、上島通浩、柴田英治、後藤雅博、深谷幸生、高木健次、那須民江、斉藤勲

    第78回日本衛生学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. 有機リン系殺虫剤ダイアジノンが及ぼす2型糖尿病モデルラットの耐糖能への影響

    浅井佳寿美、上山純、望月愛子、三河由佳、王棟、上島道浩、近藤高明、長谷川高明、高木健次、高木健三、涌澤伸哉

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. ラットにおけるミカファンギンの胆汁排泄におけるMrp2およびP糖タンパク質の関与

    安部文江、上山純、加藤美樹、灘井雅行、川澄紀代、木村匡男、斉藤寛子、武山直志、野口宏、長谷川高明

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  76. 生活習慣病モデルラットSHR/NDmcr-cpおよびSHRSP.ZFの肝臓における薬物トランスポーターの発現解析

    有沢早葵子、亀山なつみ、佐野雅幸、石田空美季、上山純、篠塚和正、涌澤伸哉

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  77. HepG2細胞におけるdoxorubicinのP-glycoprotein発現誘導に与えるepigallocatechin gallateの影響

    石田空美季、佐野雅幸、亀山なつみ、有沢早葵子、上山純、高木健次、涌澤伸哉

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  78. ウェスタンブロット法の内部標準物質に及ぼすエンドトキシンの影響

    望月愛子、上山純、浅井佳寿美、王棟、安部文江、長谷川高明、近藤高明、高木健三、高木健次、涌澤伸哉

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. 職業的有機リン系殺虫剤曝露が及ぼす血漿中βグルクロニダーゼ活性値への影響

    上山純、上島通浩、小笠原将人、木全明子、近藤高明、高木健三、宮本謙一、長谷川高明、佐藤哲男、斉藤勲、高木健次、涌沢伸哉

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. streptozotocin誘発糖尿病ラットでのP糖タンパク誘導に伴うPKCαおよびNF-κBの発現変化

    亀山なつみ、有沢早葵子、佐野雅幸、石田空美季、上山純、高木健次、涌澤伸哉

    日本薬学会第128年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  81. Toxicity of diazinon and its metabolites increases in diabetic rats 国際会議

    The seventh international symposium on biological monitoring in occupational & environmental health 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  82. Biological monitoring of exposure to organophosphorus and pyrethroid insecticides in Japan - from the viewpoint of testicular toxicity assessment- 国際会議

    The seventh international symposium on biological monitoring in occupational & environmental health 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. Decrease in rat sperm motility is associated with cholinesterase activity inhibition by dichlorvos and diazinon treatment. 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  84. Permethrin may disrupt testosterone production in male mice. 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  85. Biological monitoring of pyrethroid exposure for pest control workers. 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  86. Effect of pioglitazone on endotoxin-induced decreases in hepatic drug-metabolizing enzyme activity and expression of CYP3A2 and CYP2C11. 国際会議

    The 8th Conference of the International Endotoxin Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  87. The lack of involvement of TNF-a, IL-1 and PAF in endotoxin-induced decrease in hepatic drug-metabolizing enzyme activity. 国際会議

    The 18th International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  88. Methamphetamine sensitization and pharmacokinetics. 国際会議

    XII World Congress of Psychiatry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. Pharmacokinetic changes of methamphetamine and their mechanisms in rats having behavioral sensitization to methamphetamine. 国際会議

    23rd Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  90. Altered disposition of methamphetamine in rats repeatedly treated with methamphetamine: the possible involvement of organic cation transporters. 国際会議

    31th Annual Meeting Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  91. Repeated administration of methamphetamine alters pharmacokinetic parameters of methamphetamine in rats: the possible involvement of organic cation transporters. 国際会議

    Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum, Regional meeting, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 化学物質体内動態モデル及び曝露逆推計モデル構築システムの開発

    研究課題番号:5-2003  2020年4月 - 2024年3月

    環境省環境研究総合推進費  安全確保領域

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. '脳の発達臨界期にあたる幼児期の殺虫剤ばく露量モニタリング

    研究課題番号:5-1551  2015年4月 - 2018年3月

    環境省環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 労働衛生学的なバイオモニタリング解析手法の統合に関する研究

    2015年4月 - 2016年3月

    那須基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では職業的な化学物質の曝露レベルを一つの分析機器を用いて網羅的に評価できるスクリーニング法を開発する。つまり1)既存の化学物質曝露マーカーをガスクロマトグラフ質量分析計を用いて迅速に検出できる系統的分析法の開発を行い、2)新規の化学物質曝露マーカーを探索・有用性についての評価を行う。

  4. 日本人における尿中殺虫剤代謝物レベル基本特性の包括的研究

    2012年7月

    海外派遣助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    農薬等の予測的環境毒性試験や環境リスクアセスメント、環境中毒性物質のリスクとリスク管理、ヒトリスクを理解するための毒性学に関する最新の知見を入手し、当該研究の方向性および研究内容の発展性を明確化させることが目的で海外派遣助成を応募した。

  5. 炎症疾患における肝代謝能の低下に対するサリドマイドの効果及び分子機構論的作用機序解明

    2005年4月 - 2006年3月

    名古屋大学学術振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 11

  1. バイオモニタリングによる除草剤のヒト曝露実態の理解とリスク評価への応用

    研究課題/研究課題番号:20K10450  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    上山 純

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    除草剤は、農業分野や林業分野のみならず一般家庭でも使用されている身近な化学物質で、その生体影響に関する懸念が近年増加している。本研究では、大量のヒト尿サンプルに応用可能な尿中除草剤曝露マーカー測定法を世界に先駆けて開発し、既存の尿サンプルへの大規模応用により、集団ごとの曝露レベルの分布(個人間変動)、個人内変動、地域差、経年変化などの変動要因を解明するとともに、バイオモニタリングデータによるリスク評価指標を算出することである。
    本年度は予定通りグリホサートを主とした除草剤の高感度および信頼性を最重視した測定法を高速液体クロマトグラフ-タンデム質量分析計(LC-MS/MS)で開発した。この測定法を自動前処理装置エクストラヘラに応用することで、信頼性を担保したままハイスループット化に成功した。グリホサートは金属配位性があるなど、高感度測定は難しいとされているが、メタルフリーカラム、リン酸等によるLC配管や固相カラムのコーティング、アジレント社製のピークシャープナーを併用することで約40%の一般健常人からグリホサートが検出できるようになった。尿の濃淡が測定の精度に影響することが判明したことから、creatinine-matching dilution method(CreMDi法)を提案し、その有効性を証明した。すなわち、CreMDi法により、各人から採取した尿におけるターゲット物質の回収率向上、高速液体クロマトグラフィーの保持時間の安定化、マトリックス効果の低減に成功した。ただし、この方法は尿クレアチニン測定後、その濃度を0.05g/Lに合わせるように水で希釈する必要があるために、人的な手間と時間が必要となり、改善する予定である。
    小児、一般成人、農業従事者からそれぞれ20, 24, 10名に本測定法を応用した。その結果、尿中グリホサート濃度は、他国から報告されている濃度と比較して、同等かそれ以下であった。小児を含めた日本人の尿中グリホサート濃度の報告は本研究が初めてである。
    計画書通り、1年目の測定法開発は十分な性能を確認できたために終了し、次のフェーズに移行できることから順調に研究は進展していると評価した。
    尿バイオモニタリングは、尿の濃淡によるターゲット物質の測定のしづらさがあった。しかし、本研究ではCreMDi法という新しい尿測定法の概念を提案し、その有用性を証明し実践する必要がある。グリホサートではこれは達成したが、他の物質でも同様に有効かどうかを確認する予定である。

  2. 幼児期に摂取する肥満促進性環境化学物質のカクテル効果に関するコホート研究

    研究課題/研究課題番号:19H01078  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    上島 通浩, 上山 純, 加藤 沙耶香, 榎原 毅, 佐藤 博貴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究は愛知県における出生コホート調査参加児4,457人を対象集団として、1歳半、3歳、8歳時点の肥満促進物質(obesogen、以下OBと略す)および候補物質への曝露量を、尿中の特定物質の分析及び網羅的測定(ノンターゲット分析)により評価し、8歳時点での体格指標および血中肥満マーカーとの関連を縦断的・横断的に調べる。また、各種OBの消化管吸収量を修飾する腸内細菌叢及びその化学物質代謝酵素発現を、3歳までと8歳の時点間で比較する。本研究により小児肥満へのOBの寄与、特にリスクの大きさを明らかにする。

  3. 家庭用ピレスロイド系殺虫剤曝露の理解に向けたバイオモニタリングの実践応用

    研究課題/研究課題番号: 17H04132   2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    上山純

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 低用量殺虫剤曝露の代謝物プロファイリング:エクスポソーム導入へのマイルストーン

    研究課題/研究課題番号:16H05259  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    上島通浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 尿中化学物質の網羅的分析による農薬類曝露マーカーの探索と分析法の開発

    研究課題/研究課題番号:26460799   2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. 胎児期の非蓄積性殺虫剤曝露の解明と出生児の成長・発達への影響に関するコホート研究

    研究課題/研究課題番号:25293151   2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    上島通浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. 殺虫剤の生体影響リスク評価へのメタボノミクスの導入

    研究課題/研究課題番号:20310035  2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    上島通浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  8. 殺虫剤曝露指標の実践的応用を目指した基礎的研究

    研究課題/研究課題番号:21790551   2009年4月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:21790551

    上山純

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 健常成人集団で腹部脂肪蓄積が血管内皮機能に及ぼす影響の分析化学的・生理学的評価

    研究課題/研究課題番号:19590626   2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    近藤高明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  10. 一般集団での殺虫剤曝露が健康へ及ぼす影響に関する実験的・疫学的評価

    研究課題/研究課題番号:19790404   2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    上山 純

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  11. 一般生活集団における殺虫剤曝露状況および疾患罹患時の体内動態の解明に関する研究

    研究課題/研究課題番号:17790364   2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    上山 純

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 薬物動態実習

    2010年4月 - 2011年3月 愛知医科大学)

 

社会貢献活動 4

  1. 岡崎市との蚊の対策に関する取り組み

    役割:調査担当

    2020年4月 - 現在

  2. 環境省 化学物質の人へのばく露量モニタリング調査に関するタスクフォース会合委員

    環境省  2018年4月 - 現在

  3. 愛知県衛生研究所運営委員会委員

    役割:運営参加・支援

    愛知県  2017年10月 - 現在

  4. 【エコチル調査】曝露評価専門委員会精度管理分科会

    環境省  2017年4月 - 現在

メディア報道 2

  1. 日本人小児における除草剤グリホサートの曝露実態を初めて観察 -バイオモニタリングを用いたリスク評価の発展に期待-

    名古屋大学医学部 研究トピック  2022年4月

  2. NUトピックス 先生に一問一答

    名古屋大学  NUトピックス  表紙、先生に一問一答  2021年2月