2022/04/13 更新

写真a

タケダ シン
武田 真
TAKEDA, Shin
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1995年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 非膜系オルガネラ

  2. ストレス応答・耐性機構 エピジェネティクス ゲノムメンテナンス 

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 植物生理・分子

  2. その他 / その他  / 応用分子細胞生物学

  3. その他 / その他  / 遺伝・ゲノム動態

  4. その他 / その他  / 応用生物化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 植物細胞での人為的非膜系オルガネラの構築

  2. 植物のストレス耐性機構

  3. 植物のゲノムメンテナンスとエピジェネティクス

経歴 8

  1. 名古屋大学生命農学研究科 准教授

    2019年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学生物機能開発利用研究センター 准教授

    2007年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学生物機能開発利用研究センター 助教授

    2005年12月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. ジュネーブ大学 (ジュネーブ、スイス) 助手

    2003年7月 - 2005年11月

  5. Friedrich Miescher Institute (バーゼル、スイス)博士研究員

    2002年8月 - 2003年6月

  6. 農業生物資源研究所 博士研究員

    2002年4月 - 2002年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 生物系特定産業技術研究推進機構 博士研究員

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 農業生物資源研究所 COE特別研究員

    1994年10月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   農学研究科

    1991年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学研究科

    1989年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   農芸化学科

    1985年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本植物生理学会

  2. 日本分子生物学会

 

論文 40

  1. RICE SALT SENSITIVE 3 forms a ternary complex with JAZ and class-C bHLH factors, and regulates JA-induced gene expression and root cell elongation. 査読有り

    Toda, Y., Tanaka, M., Ogawa, D., Kurata, K., Kurotani, K., Habu, Y., Ando, T., Sugimoto, K., Mitsuda, N., Katoh, E., Abe, K., Miyao, A., Hirochika, H., Hattori, T., and Takeda, S.

    Plant Cell   25 巻   頁: 1709–1725   2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1105/tpc.113.112052

  2. RSS1 regulates the cell cycle and maintains meristematic activity under stress conditions in rice 査読有り

    Ogawa, D., Abe, K., Miyao, A., Kojima, M., Sakakibara, H., Mizutani, M. Morita, H., Toda, Y. Hobo, T. Sato, Y., Hattori, T., Hirochika, H. and Takeda, S.

    Nature Communications   2 巻 ( 278 )   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Plant growth and development are sustained by continuous cell division in the meristems, which is perturbed by various environmental stresses. For the maintenance of meristematic functions, it is essential that cell division be coordinated with cell differentiation. However, it is unknown how the proliferative activities of the meristems and the coordination between cell division and differentiation are maintained under stressful conditions. Here, we report that a rice protein, RSS1, whose stability is controlled by cell cycle phases, contributes to the vigour of meristematic cells and viability under salinity conditions. These effects of RSS1 are exerted by regulating the G1-S transition, possibly through an interaction of RSS1 with protein phosphatase 1, and are mediated by the phytohormone, cytokinin. RSS1 is conserved widely in plant lineages, except eudicots, suggesting that RSS1-dependent mechanisms might have been adopted in specific lineages during the evolutionary radiation of angiosperms.

    DOI: 10.1038/ncomms 1279

  3. Genetic approaches to crop improvement: responding to environmental and population changes. 招待有り 査読有り

    Takeda, S. and Matsuoka, M.

    Nature Review Genetics   9 巻   頁: 444-457   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    Crop production is threatened by global climate change, and recent demands for crops to produce bio-fuels have started to affect the worldwide supply of some of
    the most important foods. How can we support a growing human population in such circumstances? One potential solution is the improvement of crops to increase yield from both irrigated and non-irrigated lands, and to create novel varieties that are more tolerant to environmental stresses. Recent progress has been made in the isolation and functional analyses ofIgenes controlling yield and tolerance to abiotic stresses. In addition, promisingnew methods are being developed for identifying additional genes and variants of interest and putting these to practical use in crop improvement.

    DOI: https://doi.org/10.1038/nrg2342

  4. High-resolution spatiotemporal transcriptome analyses during cellularization of rice endosperm unveil the earliest gene regulation critical for aleurone and starchy endosperm cell fate specification 査読有り

    Takafuji, Y., Shimizu-Sato, S., Nhung Ta, K., Suzuki, T., Nosaka-Takahashi, M., Oiwa, T., Kimura, W., Katoh, H., Fukai, M., Takeda, S.*, Sato, Y.*, and Hattori, T*.

    Journal of Plant Research   134 巻   頁: 1061 - 1081   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s10265-021-01329-w

  5. Acetic-acid-induced jasmonate signaling in root enhances drought avoidance in rice 査読有り

    Ogawa, D., Suzuki, Y., Yokoo, T., Katoh, E., Teruya, M., Muramatsu, M., Ma, J. F., Yoshida, Y., Isaji, S., Ogo, Y., Miyao, M., Kim, J.-M., Kojima, M., Takebayashi, Y., Sakakibara, H., Takeda, S., Okada, K., Mori, N., Seki, M. and Habu Y.

    Scientific Reports     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41598-021-85355-7

  6. The wheat TdRL1 is the functional homolog of the rice RSS1 and promotes plant salt stress tolerance 査読有り

    Mahjoubi Habib, Tamari Yutaka, Takeda Shin, Bouchabke-Coussa Oumaya, Hanin Moez, Herzog Etienne, Schmit Anne-Catherine, Chaboute Marie-Edith, Ebel Chantal

    PLANT CELL REPORTS   37 巻 ( 12 ) 頁: 1625-1637   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00299-018-2333-2

    Web of Science

  7. Rice SNF2 family helicase ENL1 is essential for syncytial endosperm development 査読有り

    Hara, T., Katoh, H., Ogawa, D., Kagaya, Y., Sato, Y., Kitano, H., Nagato, Y., Ishikawa, R., Ono, A., Kinoshita, T., Takeda, S. and Hattori, T.

        頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1111/tpj.12705

  8. Elevated levels of CYP94 family gene expression alleviate the jasmonate response and enhance salt tolerance in rice 査読有り

    Kurotani, K., Hayashi, K., Hatanaka, S., Toda, Y., Ogawa, D., Ichikawa, H., Ishimaru, Y., Tashita, R., Suzuki, T., Ueda, M., Hattori, T. and Takeda S.

    Plant Cell Physiol     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/pcp/pcv006

  9. The Arabidopsis transcription factor NAI1 is required for enhancing the active histone mark but not for removing the repressive mark on PYK10 査読有り

    Yoshii, M., Yamamoto, A., Kagaya, Y., Takeda S. and Hattori, T.

    Plant Signaling & Behavior     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Stress-tolerance profiling of a collection of extant salt-tolerant rice varieties and transgenic plants overexpressing abiotic stress tolerance genes 査読有り

    Kurotani, K., Yamanaka, K., Toda, Y., Ogawa, D., Tanaka, M., Kozawa, H., Nakamura, H., Hakata, M., Ichikawa, H., Hattori, T. and Takeda S.

    Plant Cell Physiol.     2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/pcp/pcv106

  11. Overexpression of a CYP94 family gene CYP94C2b increases internode length and plant height in rice 査読有り

    Kurotani, K., Hattori, T. and Takeda S

    Plant Signaling & Behavior   10 巻   頁: e1046667   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/15592324.2015.1046667

  12. Overexpression of the JAZ factors with mutated Jas domains causes pleiotropic defects in rice spikelet development 査読有り

    Hori, Y., Kurotani, K., Toda, Y., Hattori, T., and Takeda, S.

    Plant Signaling & Behavior   9 巻   頁: e970414   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.4161/15592316.2014.970414

  13. BRU1 maintains configuration of the euchromatic subchromosomal domain in the nucleus of Arabidopsis. 査読有り

    Ohno, Y., Nishimura, T., Hattori, T., and Takeda, S.

      32 巻   頁: 19-27.   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s11105-013-0596-x

  14. Life and death under salt stress: same players, different timing? 査読有り 国際共著

    Ismail, A., Takeda, S and Nick, P.

    J. Exp. Bot.   65 巻   頁: 2963 - 2979   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/jxb/eru159

  15. Cell-by-cell developmental transition from embryo to postgermination phase revealed by heterochronic gene expression and ER-body formation in Arabidopsis leafy cotyledon mutants 査読有り

    Yamamoto, A., Yoshii, M., Murase, S., Fujita, M., Kurata, N., Hobo, T., Kagaya, Y., Takeda, S. and Hattori, T.

    Plant Cell Physiol.   55 巻   頁: 2112-2125   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1093/pcp/pcu139

  16. alpha-tubulin is rapidly phosphorylated in response to hyperosmotic stress in rice and Arabidopsis. 査読有り

    Ban, Y., Kobayashi, Y., Hara, T., Hamada, T., Hashimoto, T., Takeda, S. and Hattori. T.

    Plant Cell Physiol.   54 巻   頁: 848-858.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1093/pcp/pct065.

  17. RICE SALT SENSITIVE3 binding to bHLH and JAZ factors mediates control of cell wall plasticity in the root apex. 査読有り

    Toda, Y., Yoshida, M., Hattori, T., and Takeda, S.

    Plant Signaling & Behavior.   8 巻   頁: e26256   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.4161/psb.26256

  18. Molecular characterization of the rice protein RSS1 required for meristematic activity under stressful conditions. 査読有り

    Ogawa, D., Morita, H., Hattori, T., and Takeda, S.

    Plant Physiol. Biochem.   61 巻   頁: 54-60   2012年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.plaphy.2012.09.006

  19. Pleiotropic Effects of the Wheat Dehydrin DHN-5 on Stress Responses in Arabidopsis 査読有り

    Brini, F. Yamamoto, A., Jlaeil, L., Takeda, S., Hobo, T., Dinh, H.Q., Hattori, T., Masmoudi, K. and Hanin, M.

    Plant Cell Physiol   52 巻   頁: 676-688   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Ectopic gene expression and organogenesis in Arabidopsis mutants missing BRU1 required for genome maintenance 査読有り

    Ohno, Y., Narangajavana, J., Yamamoto, A., Hattori, T., Kagaya,Y., Paszkowski,J., Gruissem,W., Hennig, L., and Takeda, S.

    Genetics   189 巻   頁: 83-95   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1534/genetics.111.130062.

  21. Plant dehydrins and stress tolerance: versatile proteins for complex mechanisms 査読有り 国際共著

    Hanin, M., Brini, F., Ebel, C., Toda, Y., Takeda, S. and Masmoudi, K.

    Plant Signaling & Behavior   6 巻   頁: 1503 - 1509   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.4161/psb.6.10.17088

  22. Diverse roles and mechanisms of gene regulation by the Arabidopsis seed maturation master regulator FUS3 revealed by microarray analysis. 査読有り

    Yamamoto, A., Kagaya, Y., Usui, H., Hobo, T, Takeda, S. and Hattori, T.

    Plant Cell Physiol.   in press 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Arabidopsis NF-YB subunits LEC1 and LEC1-LIKE activate transcription by interacting with seed-specific ABRE-binding factors. 査読有り

    Yamamoto, A., Kagaya, Y., Toyoshima, R., Kagaya, M., Takeda, S. and Hattori, T.

    Plant Journal   58 巻   頁: 843–856   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. アブシジン酸受容体

    服部束穂、伴佳典、加賀谷安章、武田真

    植物の生長調節   43 巻   頁: 123-134   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  25. DNA methylation and epigenetic inheritance during plant gametogenesis 招待有り 査読有り

    Takeda, S. and Paszkowski, J.

    Chromosoma   115 巻   頁: 27-35   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  26. Chromatin assembly factor 1 ensures the stable maintenance of silent chromatin states in Arabidopsis 査読有り

    Ono, T., Kaya H., Takeda, S., Abe, M., Ogawa, Y., Kato, M., Kakutani, T., Mittelsten Scheid, O., Araki, T. and Shibahara, K.

    Genes Cells   11 巻   頁: 153-162   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. An overview of gibberellin metabolism enzyme genes and their related mutants in rice 査読有り

    Sakamoto, T., Miura, K., Itoh, H., Tatsumi, T., Ueguchi-Tanaka, M., Ishiyama, K., Kobayashi, M., Agrawal, G.K., Takeda, S., Abe, K., Miyao, A., Hirochika, H., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant Physiol.   134 巻   頁: 1642-1653   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. BRU1, a novel link between responses to DNA damage and epigenetic gene silencing in Arabidopsis 招待有り 査読有り 国際共著

    Takeda, S., Tadele, Z., Hofmann, I., Probst, A.V., Angelis, K.J., Kaya, H., Araki, T., Mengiste, T., Mittelsten Scheid, O., Shibahara, K., Scheel, D. and Paszkowski, J.

    Genes & Dev.   18 巻   頁: 782-793   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DNA repair associated with DNA replication is important for the conservation of genomic sequence information, whereas reconstitution of chromatin after replication sustains epigenetic information. We have isolated and characterized mutations in the BRU1 gene of Arabidopsis that suggest a novel link between these underlying maintenance mechanisms. Bru1 plants are highly sensitive to genotoxic stress and show stochastic release of transcriptional gene silencing and show increased intrachromosomal homologous recombination and constitutively activated expression of AtPARP-2, the induction of which is associated with elevated DNA damage. Bru1 mutations affect the stability of heterochromatin organization without changing in genome-wide DNA methylation. BRU1 encodes a novel nuclear protein with two predicted protein-protein interaction domains. Comparison of bru1 with mutations in genes encoding subunits of CAF-1, the condensin complex, or MRE11 indicates cooperative roles in the replication and stabilization of chromatin structure, providing a novel link between chromatin replication, epigenetic inheritance, S-phase DNA damage checkpoints, and the regulation of meristem development.

    DOI: https://doi.org/10.1101/gad.295404

  29. Target site specificity of the Tos17 retrotransposon shows a preference for insertion within genes and against insertion in retrotransposon-rich regions of the genome 査読有り

      15 巻   頁: 1771-1780   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Transcriptional activation mediated by binding of a plant GATA-type zinc finger protein AGP1 to the AG-motif (AGATCCAA) of the wound-inducible Myb gene NtMyb2 査読有り

    Sugimoto, K., Takeda, S. and Hirochika, H.

    Plant Journal   36 巻   頁: 550-564   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Linear DNA intermediates of the Tto1 retrotransposon in Gag particles accumulated in stressed tobacco and Arabidopsis thaliana 査読有り

    Takeda, S., Sugimoto, K., Kakutani, T. and Hirochika, H.

    Plant Journal   28 巻   頁: 307-317   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. MYB-related transcription factor NtMYB2 induced by wounding and elicitors is a regulator of the tobacco retrotransposon Tto1 and defense-related genes 査読有り

    Sugimoto, K., Takeda, S., and Hirochika, H.

    Plant Cell   12 巻   頁: 2511-2527   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. A 13-bp cis-regulatory element in the LTR promoter of the tobacco retrotransposon Tto1 is involved in responsiveness to tissue culture, wounding, methyl jasmonate and fungal elicitors 査読有り

    Takeda, S., Sugimoto, K., Otsuki, H. and Hirochika, H.

    Plant Journal   18 巻   頁: 383-393   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. トランスポゾンを利用した植物遺伝子の機能解析

    武田真、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    育種学研究   1 巻   頁: 243-248   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  35. Transcriptional activation of the tobacco retrotransposon Tto1 by wounding and methyl jasmonate 査読有り

    Takeda, S., Sugimoto, K., Otsuki, H. and Hirochika, H.

    Plant Mol. Biol.   36 巻   頁: 365-376   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Autonomous transposition of the tobacco retrotransposon Tto1 in Rice 査読有り

    Hirochika, H., Otsuki, H., Yoshikawa, M., Otsuki, Y., Sugimoto, K. and Takeda, S.

    Plant Cell   8 巻   頁: 725-734   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Spatial patterns of sucrose-inducible and polygalacturonic acid-inducible expression of genes that encode sporamin and b-amylase in sweet potato 査読有り

    Takeda, S., Kowyama, Y., Takeuchi, Y., Matsuoka, K., Nishimura, M. and Nakamura, K.

    Plant Cell Physiol.   36 巻   頁: 321-333   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Inhibitors of protein phosphatases 1 and 2A block the sugar-inducible gene expression in plants 査読有り

    Takeda, S., Mano, S., Ohto, M. and Nakamura, K.

    Plant Physiol.   106 巻   頁: 567-574   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. The presequence of a precursor to the d-subunit of sweet potato mitochondrial F1ATPase is not sufficient for the transport of b-glucuronidase (GUS) into mitochondria of tobacco, rice and yeast cells 査読有り

    Kimura, T., Takeda, S., Kyozuka, J., Asahi, T., Shimamoto, K. and Nakamura, K.

    Plant Cell Physiol.   34 巻   頁: 345-355   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Primary structure of a precursor for the d-subunit of sweet potato mitochondrial F1ATPase deduced from full-length cDNA 査読有り

    Kimura, T., Takeda, S., Asahi, T. and Nakamura, K

    J. Biol. Chem.   265 巻   頁: 6079-6085   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 化学と生物 「バーゼルおよびジュネーブでの植物エピジェネティクス研究」

    武田真( 担当: 単著)

    学会出版センター  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Methods in Molecular Biology - Mobile genetic elements; Protocols and genomic application"Biochemical analysis of long terminal repeat retrotransposons."

    Bachmair, A., Garber, K., Takeda, S., Sugimoto, K., Kakutani, T. and Hirochika, H.( 担当: 共著)

    Humana Press Inc., Totowa, USA  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. 植物細胞工学「実験講座 遺伝子発現の組織、細胞レベルでの検出法2 - in situ ハイブリダイゼーション法によるmRNAの検出」

    武田真、神山康夫、中村研三( 担当: 共著)

    秀潤社  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 植物細胞工学(臨時増刊、旭正 監修) 「イモの形成と主要タンパク質遺伝子の発現制御」

    中村研三、石川敦司、武田真、大藤雅章( 担当: 共著)

    1991年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 127

  1. シロイヌナズナのシュート再生効率に関与するエピ変異の同定

    若林荘太朗、前地弘基、平沢巽、太田英惠、西脇優作、山本章子、佐瀬英俊、永野惇、武田真、服部束穂、西村泰介

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  2. 植物細胞における人為的な非膜系オルガネラ構築に向けた凝集性タンパク質の改変

    古謝良人、荒川卓也、寄高雄介、上嶋有羽、郷遥香、袴田凪沙、加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    会議種別:ポスター発表  

  3. 植物細胞における人為的非膜系オルガネラ構築に向けたJAZ2とNup98凝縮体の改変

    古謝良人、上嶋有羽、荒川卓也、寄高雄介、郷遥香、袴田凪沙、加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    第62回日本植物生理学会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:松江  

  4. 人為的非膜系オルガネラ構築に向けた植物の凝集性タンパク質の解析

    古謝良人、上嶋有羽、郷遥香、袴田凪沙、加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    第84回日本植物学会年会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  5. 植物の凝集性タンパク質を用いた人為的非膜系オルガネラの構築に関する研究

    古謝良人、上嶋有羽、郷遥香、袴田凪沙、加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    第61回日本植物生理学会年会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:吹田  

  6. イネ胚乳変異体の遺伝学的解析

    加藤大和、小林裕子、小林一成、北野英己、武田真、服部束穂

    第61回日本植物生理学会年会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:吹田  

  7. イネ胚乳の発生におけるプラスチドシグナリングの関与

    加藤大和、深井麻央、阿南秀、佐藤豊、志水佐江、北野英己、小林裕子、小林一成、武田真、服部束穂

    第60回日本植物生理学会年会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  8. シュート再生効率に関与するエピ変異同定の試み

    平沢巽、前地弘基、太田英惠、山本章子、佐瀬英俊、永野惇、武田真、服部束穂、西村泰介

    第60回日本植物生理学会年会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  9. イネのJAZ2タンパク質の凝集性に関する研究

    上嶋有羽、袴田凪沙、加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    第60回日本植物生理学会年会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  10. イネのJAZタンパク質因子の凝集性の解析

    上嶋有羽、袴田凪沙、加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    第41回日本分子生物学会年会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  11. 異所的なアリューロン様細胞を生じるイネ新規変異体abnormal alueurone layer 2の解析

    加藤大和、小林裕子、小林一成、北野英己、武田真、服部束穂

    日本育種学会第134回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  12. Involvement of jasmonate signaling and chromatin regulation in abiotic stress responses in rice 国際会議

    Yoshida, Y., Numa H., Takeda, S. and Habu, Y.

    16th International Symposium on Rice Functional Genomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  13. Exploring factors expressed in shoot and root apices and required for growth and viability under stressful conditions in rice 国際会議

    Kaseda, H., Toda, Y., Hayashi, K., Handa, N., Tanaka, M., Kurotani, K., Ogawa, D., Hattori, T. and Takeda, S.

    The Cold Spring Harbor Asia conference on Latest Advances in Plant Development & Environmental Responses 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Awaji   国名:日本国  

  14. イネJAZ 相互作用因子RSS3 のホモログの機能解析

    加瀬田日向子、服部束穂、武田真

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  15. An epigenetic recombinant inbred line with high shoot regeneration efficiency

    Hirasawa, T., Ohta, H., Yamamoto, A., Suzuki, T., Higashiyama, T., Takeda, S., Hattori, T., Nishimura, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. イネ小穂の発生を制御する遺伝的機構とジャスモン酸作用

    廣川拓也、佐藤大輔、田中若奈、黒谷賢一、畑中彩希、高牟禮逸朗、武田真、平野博之

    日本育種学会第129回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  17. アリューロンが多層化するイネ胚乳変異体abnormal aleurone layer 1 (aal1) の解析

    加藤大和、深井麻央、黒谷賢一、佐藤豊、北野英己、長戸康郎、小林裕子、小林一成、武田真、服部束穂

    日本育種学会第128回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  18. イネ胚乳発生異常変異体endosperm defective 1 (end1)の原因遺伝子はシキミ酸経路初発酵素をコードする

    黒谷賢一、加藤大和、高藤良典、小林裕子、小林一成、佐藤豊、桧原健一郎、長戸康郎、北野英己、In-Sun Yoon、武田真、服部束穂

    日本育種学会第128回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  19. CYP94ファミリー遺伝子の発現上昇はイネの塩処理条件下での生存能を高める

    黒谷賢一、林憲志、畑中彩希、戸田陽介、小川大輔、市川裕章、石丸泰寛、田下諒、鈴木健史、上田実、服部束穂、武田真

    第56回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  20. 細胞リプログラミング過程に異常を示すシロイヌナズナ新規エピ変異体の探索

    西村泰介、山本章子、太田英惠、武田真、服部束穂

    第37回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  21. Rice ENDOSPERMLESS1, an SNF2 family chromatin remodeling helicase, plays an essential role in nuclear proliferation during syncytial endosperm development in rice 国際会議

    Katoh, H., Hara, T., Ogawa, D., Kagaya, Y., Sato, Y., Kitano, H., Nagato, Y., Ishikawa, R., Ono, A., Kinoshita, T., Kruotani, K., Miyata, Y., Nishio, M., Kojima, S., Takeda, S. and Hattori, T.

    XII France-Japan Workshop on Plant Science 2014 -Plant Responses to Environment 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  22. Kurotani, K., Katoh, H. Suzuki, T., Kobayashi Y., Kobayashi, I., Sato, Y., Nagato, Y., Kitano, H., Yoon, I-S., Takeda, S. and Hattori, T. 国際会議

    Kurotani, K., Katoh, H. Suzuki, T., Kobayashi Y., Kobayashi, I., Sato, Y., Nagato, Y., Kitano, H., Yoon, I-S., Takeda, S. and Hattori, T.

    Characterization of Rice Seed Mutants --- Toward Identification of Mutated Loci Using NGS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 細胞リプログラミング過程に異常を示す新規エピ変異体の探索

    西村泰介、山本章子、武田真、服部束穂

    日本植物学会第78回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. 脱分化・再分化過程に異常を示す新規エピ変異体

    西村泰介、山本章子、武田真、服部束穂

    第32回日本植物細胞分子生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡   国名:日本国  

  25. Jasドメインに変異をもつJAZ因子の発現によるイネ小穂の貫生化の誘発

    堀佑太朗、黒谷賢一、戸田陽介、服部束穂、武田真

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  26. 新規エピジェネティック因子SMOM3はヘテロクロマチン遺伝子の発現を正に制御する

    西村泰介、山本章子、Larissa Broger、山口勝司、重信秀治、Gregory Theiler、Markus Kaufmann、加藤悦子、冨田洋子、武田真、服部束穂、Jerzy Paszkowski

    第54回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  27. RSS3 forms a complex with JAZ and bHLH factors, and controls adaptive root growth under salinity stress in rice. 国際会議

    Toda, Y., Tanaka, M., Ogawa, D., Kurata, K., Kurotani, K., Habu, Y., Sugimoto, K., Yano, M., Mitsuda, N., Ohme-Takagi, M., Tsuchida-Mayama, T., Ichikawa, H., Abe, K., Miyao, A., Hirochika, H., Hattori, T. and Takeda S.

    10th International Congress on Plant Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. ENDOSPERMLESS1, an SNF2 family chromatin remodeling helicase, plays a vital role in nuclear proliferation during syncytial endosperm development in rice. 国際会議

    Katoh, H., Hara, T., Ogawa, D., Kagaya, Y., Sato, Y., Kitano, H., Nagoto, Y., Ishikawa, R., Kinoshita, T., Takeda S. and Hattori, T.

    10th International Congress on Plant Molecular Biology  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. RSS1 required for maintenance of cell proliferation activity under stress conditions ensures G1-S transition in rice. 国際会議

    Ogawa, D., Abe, K., Miyao, A., Kojima, M., Sakakibara, H., Mizutani, M., Morita, H., Toda, Y., Hobo, T., Sato, Y., Hattori, T., Hirohiko, H. and Takeda S.

    10th International Congress on Plant Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. ストレスに応答した根の生長に関与するイネRSS3因子の解析

    戸田陽介、武田真

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良   国名:日本国  

  31. A JAZ-binding protein RSS3 regulates root cell elongation adaptive to environmental conditions in rice.

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 種子発芽における遺伝子発現プログラムの転換

    服部束穂、山本章子、村瀬祥子、岩田昇悟、吉居正勝、大崎莉奈、武田真、加賀谷安章

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  33. RSS1 regulates the cell cycle and maintains meristematic activity under enviromental stress conditions in rice. 国際会議

    Ogawa, D., Abe, K., Miyao, A., Kojima, M., Sakakibara, H., Mizutani, M., Morita, H., Toda, Y., Hobo, T., Sato, Y., Hattori, T., Hirochika H., and Takeda S.

    XXII International congress on sexual plant reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. Evaluation of rice genes by comparative analysis of environmental stress tolerance profile using rice FOX lines.

    Kurotani, K., Yamanaka, K., Ogawa, D., Mizutani, M., Toda, Y., Tanaka, M., Yamamoto, A., Kato, H., Ichikawa, H., Hattori, T., and Takeda S.

    International Symposium "Strategies of Plants against Global Environmental Change 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. RSS1 regulates the cell cycle and maintains meristematic activity under salt stress conditions in rice.

    Ogawa, D., Abe, K., Miyao, A., Kojima, M., Sakakibara, H., Mizutani, M., Morita, H., Toda, Y., Hobo, T., Sato, Y., Hattori, T., Hirochika H., and Takeda S.

    International Symposium "Strategies of Plants against Global Environmental Change 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. 塩ストレス条件下でのメリステム活性の維持に必要なRSS1はProtein phosphatase 1と相互作用する

    小川大輔、阿部清美、宮尾安藝雄、小嶋美紀子、榊原均、水谷恵、森田悠、戸田陽介、保浦徳昇、佐藤豊、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第52回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  37. Seed dormancy and germination: a view from gene expression program switching

    Hattori, T., Yamamoto, A. Murase, S*. Takeda, S. and Kagaya, Y.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  38. Instability of epigenetic gene regulation in the loss of function mutant of BRU1 in Arabidopsis

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  39. イネFOX系統を利用した環境ストレス耐性遺伝子の同定と解析

    黒谷賢一、山中一将、小川大輔、戸田陽介、田中舞子、山本章子、加藤大和、市川裕章、服部束穂、武田真

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. イネ種子の吸水・発芽時におけるトランスクリプトーム解析と植物ホルモン生合成遺伝子のダイナミックな発現変化

    岩田昇吾、加藤大和、保蒲徳昇、杉本和彦、矢野昌裕、武田真、服部束穂

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. A novel nuclear factor RSS3 controlling root development interacts with a bHLH transcription factor in rice

    田中舞子、戸田陽介、小川大輔、黒谷賢一、土生 芳樹、阿部清美、杉本和彦、安藤露、矢野昌裕、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. ストレス条件下での細胞分裂活性の維持に必要なイネRSS1の機能解析

    森田悠、小川大輔、阿部清美、宮尾安藝雄、小嶋美紀子、榊原均、水谷恵、戸田陽介、保浦徳昇、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. イネSNF2ヘリカーゼ様タンパク質をコードするENDOSPERMLESS1 (ENL1)の欠損は胚乳核の分裂異常を示す

    原睦美、加藤大和、佐藤豊、北野英己、長戸康郎、石川亮、木下哲、武田真、服部束穂

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Dynamic changes in expression of plant hormone biosynthesis genes during rice seed imbibition and germination 国際会議

    Iwata, S. , Kato, H., Hobo, T., Sugimoto, K., Yano, M., Takeda S. and Hattori, T.

    IPGSA Conference 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月 - 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. Stability of gene regulation and of cell division cycle in plants. 国際会議

    Bioseminars in Univ. Geneva 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  46. RSS1, a novel rice factor essential for the maintenance of cell division activity under salt stress conditions.” 国際会議

    Ogawa, D., Abe, K., Miyao, A., Kojima, M., Sakakibara, H., Mizutani, M., Morita, H., Toda, Y., Hobo, T., Hattori, T., Hirohiko, H. and Takeda, S.

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. Instability of sub-chromosomal gene regulation in the loss-of-function mutant of BRU1, a nuclear factor affecting epigenetic inheritance. 国際会議

    Ohno, Y., Narangajavana, J., Yamamoto, A., Hattori, T., Kagaya, Y., Paszkowski, J., Gruissem, W., Hennig, L and Takeda, S.

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. RSS1, a novel rice factor crucial for the maintenance of cell division activity under salt stress conditions. 国際会議

    Gordon Research Conference / Salt & Water Stress in Plants -From Molecules to Crops. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  49. leafy cotyledon 型変異体の異時的性質に関する解析

    山本 章子, 加賀谷 安章, 村瀬 祥子, 松島 良, 西村 いく子, 黒谷 賢一, 武田 真, 服部 束穂

    日本植物生理学会第51回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  50. Instability of sub-chromosomal gene regulation in the loss-of-function mutant of BRU1, affecting epigenetic inheritance in Arabidopsis

    International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction – from pollination to fertilization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. イネのRSS1は塩ストレス条件下でのメリステム活性の維持に必要である

    小川大輔、阿部清美、宮尾安藝雄, 小嶋美紀子、榊原均、水谷恵、森田悠、戸田陽介、保浦徳昇、服部束穂, 廣近洋彦, 武田真

    日本植物生理学会第51回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. イネ核内因子RSS3は塩ストレス条件下での根の正常な細胞列の形成に必要とされる

    戸田陽介、小川大輔、田中舞子、阿部清美、杉本和彦、安藤露、矢野昌裕、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    日本植物生理学会第51回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. FOXハンティングシステムを利用したイネの環境ストレス耐性関連遺伝子のスクリーニング

    黒谷賢一、山中一将、小川大輔、水谷恵、戸田陽介、田中舞子、山本章子、加藤大和、市川裕章、服部束穂、武田真

    日本植物生理学会第51回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. イネCAF-1変異体のジーンターゲティングへの利用

    阿部清美、刑部敬史、遠藤真咲、雑賀啓明、野中聡子、大槻並枝、武田真、宮尾安藝雄、廣近洋彦、土岐精一

    第32回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  55. FOX hunting systemを利用したイネの環境ストレス耐性関連遺伝子の探索

    黒谷賢一、山中一将、小川大輔、水谷恵、戸田陽介、田中舞子、山本章子、加藤大和、市川裕章、服部束穂、武田真

    第32回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. Analysis of a nuclear factor RSS3, involved in root growth and salt tolerance in rice

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. イネの環境ストレス耐性遺伝子RSS1は塩ストレス条件での細胞分裂活性の維持に寄与する

    小川大輔、阿部清美、宮尾安藝雄、小嶋美紀子、榊原均、水谷恵、森田悠、戸田陽介、保浦徳昇、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第32回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. 高浸透圧ストレスに応答したαチューブリンのリン酸化と微小管の制御

    伴佳典、小林裕子、山本章子、濱田隆宏、橋本隆、武田真、服部束穂

    日本植物生理学会第50回年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. ゲノムメンテナンスとエピジェネティック制御に関与するシロイヌナズナ核内因子BRUSHY1(BRU1)の機能欠損変異体における遺伝子発現プロファイルの解析

    大野裕介、Narangajavana. J., 山本章子、森仁志、服部束穂、Paszkowski, J., Gruissem, W., Hennig, L., 武田真

    日本植物生理学会第50回年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. イネの環境ストレス耐性に関わる単子葉植物特異的遺伝子RSS1の解析

    小川大輔、水谷恵、 保浦徳昇、阿部清美、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    日本植物生理学会第50回年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. FOXハンティング法を利用したイネの環境ストレス耐性遺伝子の探索

    黒谷賢一、山中一将、小川大輔、水谷恵、戸田陽介、田中舞子、山本章子、加藤大和、市川裕章、服部束穂、武田真

    日本植物生理学会第50回年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. イネの根の生長に関わるrss3変異体の解析

    戸田陽介、小川大輔、田中舞子、阿部清美、杉本和彦、安藤露、矢野昌裕、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    日本植物生理学会第50回年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. 高浸透圧ストレスに応答したα-tubulinのリン酸化と微小管制御機構

    伴佳典、小林裕子、濱田隆宏、橋本隆、武田真、服部束穂

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. イネの塩ストレス耐性に関与するRSS3の解析

    戸田陽介、小川大輔、田中舞子、阿部清美、杉本和彦、安藤露、矢野昌裕、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. 単子葉植物に特異的なイネの環境ストレス耐性遺伝子RSS1の機能解析

    小川大輔、水谷恵、阿部清美、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. Functional analysis of BRU1, a nuclear factor involved in genome integrity and epigenetic regulation in Arabidopsis.

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. Hyperosmotic stress-induced alpha-tubulin phosphorylation and microtubule regulation. 国際会議

    The 6th International Symposium of Rice Functional Genomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  68. Functional analysis of RSS1, a monocot specific gene involved in abiotic stress tolerance. 国際会議

    The 6th International Symposium of Rice Functional Genomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  69. ゲノムメンテナンスとエピジェネティック制御に関与するシロイヌナズナ核内因子BRU1の機能解析

    大野裕介、Narangajavana, J.、森仁志、武田真

    特定領域研究“植物の生殖仮定におけるゲノム障壁”2008年度若手研究者ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  70. Genome maintenance and epigenetic gene regulation in Arabidopsis thaliana.

    Ohno, Y., Narangajavana, J., Paszkowski, J., and Takeda, S.

    第2回日本エピジェネティクス研究会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. 環境ストレス耐性に関与するイネ遺伝子RSS1の機能解析

    小川大輔、水谷恵、阿部清美、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    日本植物生理学会第49回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  72. イネα-tubulinサブユニットは高浸透圧ストレスに応答して迅速にリン酸化される

    伴佳典、小林裕子、筒井悠、小川大輔、武田真、服部束穂

    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. Biochemical analysis of BRU1 involved in genome maintenance and epigenetic gene regulation in Arabidopsis.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. イネの環境ストレス耐性に関与するRSS1の解析

    小川大輔、水谷恵、阿部清美、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Genetic analysis of rice genes involved in abiotic stress tolerance. 国際会議

    The 5th International Symposium of Rice Functional Genomics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  76. イネの塩感受性変異体 (rss) の単離とその特性解析

    小川大輔、阿部清美、杉本和彦、宮尾安藝雄、水谷恵、森上敦、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    日本植物生理学会第48回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. イネ塩感受性変異体の単離と解析

    小川大輔、阿部清美、杉本和彦、宮尾安藝雄、服部束穂、廣近洋彦、武田真

    日本分子生物学会2006フォーラム (名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  78. BRU1: a molecular link between genome maintenance and epigenetic regulations in plants

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  79. A novel salt-sensitive mutant in rice 国際会議

    Gordon Research Conference / Salt&Water Stress in Plants (Oxford) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

  80. BRU1, a novel link between DNA damage responses and epigenetic regulation Arabidopsis 国際会議

    EMBO / FEBS Conference on Nuclear Structure and Dynamics (La Grande Motte) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語  

  81. BRU1, a novel link between epigenetic gene silencing and DNA damage responses in Arabidopsis 国際会議

    69th Cold Spring Harbor Symposium on Quantitative Biology: Epigenetics. (Cold Spring Harbor) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

  82. BRU1, a novel nuclear factor required for DNA repair and epigenetic regulation in Arabidopsis 国際会議

    7th International Congress of Plant Molecular Biology. (Barcelona) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語  

  83. Behaviour and regulation of the tobacco retrotransposon, Tto1, in the original and heterologous host plants 国際会議

    International Rice Genome Meeting (Tsukuba) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年2月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  84. Regulatory mechanisms of plant retrotransposons

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  85. イネレトロトランスポゾンTos17の挿入によって得られたクロマチン重合因子機能欠損変異体の解析

    阿部清美、武田真、村田和優、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    第24回日本分子生物学会年会(横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  86. レトロトランスポゾンTos17の挿入によって誘発されたイネcurly root変異体の解析

    阿部清美、武田真、澤木弘道、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    第24回日本分子生物学会年会(横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  87. ミュータントパネルを利用した、塩ストレス耐性に関わる新規イネ遺伝子の単離同定と解析

    武田真、阿部清美、小島直子、矢野昌裕、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    第24回日本分子生物学会年会(横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  88. Systematic analysis of causes of somaclonal variation in rice

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  89. ストレス応答に関わるMYB遺伝子の解析

    杉本和彦、武田真、廣近洋彦

    日本植物生理学会2001年度年会(福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  90. In vitro 幼植物体を用いたイネ変異株の同定とトランスポゾン・タギングによるイネ遺伝子の機能解析

    武田真、阿部清美、村田和優、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    第23回日本分子生物学会年会(神戸) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  91. Functional analysis of rice genes, involved in root/shoot development and response to salt, using the retrotransposon Tos17 国際会議

    Cold Spring Harbor Meeting on Arabidopsis Genome. (Cold Spring Harbor) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語  

  92. A rice retrotransposon Tos17 as a tool for gene-tagging 国際会議

    In Rice Genetics IV, IRRI (Los Bannos) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:英語  

  93. Retrotransposons of rice as a tool for the functional analysis of genes 国際会議

    In Rice Genetics IV, IRRI (Los Bannos) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:英語  

  94. Knockout rice for the functional analysis of genes 国際会議

    6th International Congress of Plant Molecular Biology. (Quebec) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:英語  

  95. Functional analysis of rice genes involved in shoot/root development and response to salt by transposon tagging 国際会議

    6th International Congress of Plant Molecular Biology. (Quebec) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:英語  

  96. Transcriptional regulation of the tobacco retrotransposon Tto1 in response to wounding: involvement of a Myb-related protein, GATA-type Zinc finger protein and MAPK cascade 国際会議

    6th International Congress of Plant Molecular Biology. (Quebec) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:英語  

  97. 傷、エリシターにより誘導されるMyb様転写調節因子LBM1の発現調節機構およびLBM1を過剰発現する植物体の解析

    杉本和彦、武田真、広近洋彦

    日本植物生理学会2000年度年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  98. Transcriptional regulation of the tobacco retrotransposon Tto1 in responsse to wounding : involvement of a GATA-type zinc finger protein and MAPK cascade 国際会議

    Keystone symposia on Transposition and other genome rearrangements (Santa Fe) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:英語  

  99. 傷、エリシターにより誘導されるMyb様転写調節因子LBM1の発現調節機構およびLBM1を過剰発現する植物体の解析

    杉本和彦、武田真、廣近洋彦

    第22回日本分子生物学会年会(福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  100. ミュータントパネルを用いた塩ストレス応答性及び根の形態形成に関わるイネ変異株のスクリーニング

    武田真、阿部清美、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    第22回日本分子生物学会年会(福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  101. タバコ・レトロトランスポゾンTto1の病傷害ストレスによる活性化

    武田真、杉本和彦、広近洋彦

    日本植物生理学会1999年度年会(仙台) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  102. GATA-type zinc finger protein, LBP1; a putative regulator of Myb like protein, LBM1 which was rapidly induced by wounding and elicitor 国際会議

    Keystone symposia on Interactions and Intersections in plant signaling pathways (Coeur d'Alene) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年2月

    記述言語:英語  

  103. 傷、エリシターにより誘導されるMyb様転写調節因子LBM1の発現制御に関わるタバコGATA様転写因子LBP1のリン酸化による調節機構の解析

    杉本和彦、武田真、広近洋彦

    第21回日本分子生物学会年会(横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  104. タバコレトロトランスポゾンTto1のVLPの解析

    武田真、杉本和彦、広近洋彦

    第21回日本分子生物学会年会(横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  105. タバコレトロトランスポゾン(Tto1)の傷、エリシターによる誘導に関わるMyb様転調節因子LBM1とその制御

    杉本和彦、武田真、広近洋彦

    日本植物生理学会 第38回シンポジウム(札幌) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  106. Wound- and elicitor-inducible Myb-related transcription factor, LBM1; a putative regulator of the tobacco retrotransposon Tto1 and defense-related genes 国際会議

    The 7th NIAR/COE International Symposium (Tokyo) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  107. シロイヌナズナにおける異種レトロトランスポゾンの機能の解析

    岡本裕行、角谷徹仁、武田真、広近洋彦

    第20回日本分子生物学会年会(京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  108. タバコレトロトランスポゾン、Tto1の13bpシスエレメントを介したストレス応答性遺伝子発現の解析

    武田真、杉本和彦、岡本裕行、広近洋彦

    第20回日本分子生物学会年会(京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  109. 傷、エリシターにより誘導され、タバコレトロトランスポゾンTto1の転写制御に関わるMyb様転写調節因子LBM1の解析

    杉本和彦、武田真、広近洋彦

    第20回日本分子生物学会年会(京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  110. Myb-related transcription factor LBM1 which was induced by wounding and elicitors as a putative regulator of the tobacco retrotransposon Tto1 国際会議

    5th International Congress of Plant Molecular Biology (Singapore) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:英語  

  111. Identification of a functional cis-regulatory element in the promoter of the tobacco retrotransposon Tto1, responsive to tissue culture, wounding and methyl jasmonate 国際会議

    5th International Congress of Plant Molecular Biology (Singapore) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:英語  

  112. MYB-like transcription factor LBM1 which was induced by wounding and protoplasting as a putative regulator of the tobacco retrotransposon Tto1 国際会議

    Keystone symposia on molecular and cellular biology; evolution of plant development (Taos) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年1月

    記述言語:英語  

  113. Analysis of stress responsive elements in LTR of the tobacco retrotransposon Tto1 国際会議

    Keystone symposia on molecular and cellular biology; evolution of plant development (Taos) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年1月

    記述言語:英語  

  114. 傷、プロトプラスト化により誘導され、タバコレトロトランスポゾンTto1の転写制御に関わるMyb様転写調節因子LBM1の解析

    杉本和彦、武田真、広近洋彦

    第19回日本分子生物学会年会(札幌) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  115. タバコレトロトランスポゾンTto1のLTR領域に存在するストレス応答性シスエレメントの解析

    武田真、杉本和彦、大槻寛、広近洋彦

    第19回日本分子生物学会年会(札幌) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  116. タバコのレトロトランスポゾン(Tto1)の転写制御に関わるトランス因子の解析

    杉本和彦、武田真、大槻寛、広近洋彦

    第18回日本分子生物学会年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  117. 傷害およびメチルジャスモン酸によるタバコレトロトランスポゾンTto1の活性化

    武田真、杉本和彦、大槻寛、広近洋彦

    第18回日本分子生物学会年会(名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  118. Inhibitors of protein phosphatase 1 and 2A block the sucrose- and polygalacturonic acid-inducible gene expression in the sweet potato 国際会議

    4th International Congress of Plant Molecular Biology (Amsterdam) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年6月

    記述言語:英語  

  119. サツマイモ塊根主要タンパク質遺伝子の発現;ショ糖およびポリガラクツロン酸による誘導とプロテインホスファターぜ(タイプ1、2A)特異的阻害剤によるその抑制

    武田真、真野昌二、大藤雅章、中村研三

    日本植物生理学会1994年度年会(つくば) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  120. Effects of protein phosphatase inhibitors on sucrose- and polygalacturonic acid-inducible expression of sporamin and b-amylase genes of the sweet potato 国際会議

    XV International Botanical Congress (Yokohama) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年8月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  121. In situ ハイブリダイゼーションによる植物遺伝子の発現の細胞レベルでの解析

    武田真

    第1回植物遺伝子応答ワークショップ(八王子) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  122. Sucrose-induction and polygalacturonic acid-induction of sporamin and b-amylase genes of sweet potato 国際会議

    3rd International Congress of Plant Molecular Biology (Tucson) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年10月

    記述言語:英語  

  123. In situ ハイブリダイゼーション法によるサツマイモ塊根主要タンパク質の遺伝子発現の解析

    武田真、神山康夫、中村研三

    日本植物生理学会1991年度年会(岡山) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  124. サツマイモのスポラミン遺伝子発現の細胞特異性

    武田真、神山康夫、中村研三

    第13回日本分子生物学会年会(京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  125. 形質転換植物を用いた植物ミトコンドリアへの輸送シグナルの解析

    木村哲哉、武田真、旭正、中村研三

    第63回日本生化学会大会(吹田) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  126. サツマイモ葉柄における塊根主要タンパク質とデンプンのショ糖処理による蓄積誘導

    大藤雅章、武田真、中村研三

    日本植物生理学会1990年度大会(東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  127. 植物ミトコンドリア F1ATPase 核支配 dサブユニット前駆体の全構造

    武田真、木村哲哉、中村研三、旭正

    日本農芸化学会平成元年度大会(新潟) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年4月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. FOX系統を利用したストレス耐性関連遺伝子の探索と利用

    2008年4月 - 2013年2月

    国内共同研究 

  2. 塩ストレス耐性に関わるイネ遺伝子の単離と機能解析

    2006年4月 - 2008年3月

    国内共同研究 

  3. モデル植物を利用した、DNA複製期におけるDNA修復応答と遺伝子のエピジェネティック制御の双方に関わる新規因子群の機能解析

    2006年4月 - 2008年3月

    国内共同研究 

科研費 2

  1. ストレス環境下における植物メリステムの細胞分裂活性維持機構の解明

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 植物のゲノムメンテナンスとエピジェネティック制御機構の解析

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(スタートアップ),課題番号:18870012

    武田 真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

産業財産権 6

  1. Gene to provide environmental stress tolerance and the use thereof.

    Takeda, S., Hattori, T., Kurotani, K. and Ichikawa, H.

     詳細を見る

    出願番号:15/399,214  出願日:2017年1月

    出願国:外国  

  2. 環境ストレス耐性を付与する遺伝子及びその利用

    武田真、服部束穂、黒谷賢一、市川裕章

     詳細を見る

    出願番号:2014-235085  出願日:2014年11月

    出願国:国内  

  3. Novel rice gene controlling tolerance to salt stress

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2/08041  出願日:2002年8月

    出願国:外国  

  4. 塩ストレス耐性を制御する新規イネ遺伝子

     詳細を見る

    出願人:武田真、阿部清美、宮尾安藝雄、廣近洋彦

    出願番号:2001-239980  出願日:2001年8月

    出願国:国内  

  5. Novel rice gene regulating salt stress tolerance

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:AU 2002355512  登録日:2006年4月 

    出願国:外国  

  6. Rice gene for controlling tolerance to salt stress

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:US 7034139  登録日:2006年4月 

    出願国:外国  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 11

  1. 修士論文研究4

    2021

  2. 修士論文研究3

    2021

  3. 修士論文研究2

    2021

  4. 修士論文研究1

    2021

  5. 生命農学演習4

    2021

  6. 生命農学演習3

    2021

  7. 生命農学演習2

    2021

  8. 生命農学演習2

    2021

  9. 遺伝子の世界(工学系)

    2021

  10. 応用生命科学実験実習(分子遺伝学)

    2020

  11. 植物生理学特論

    2020

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 愛知淑徳高等学校 進路講演会

    2011年6月

     詳細を見る

    高校2年生を対象に「大学で何を学ぶか 大学の学問にふれる」との趣旨で、講演を行なう。

メディア報道 3

  1. ストレス環境下の植物生育 必要タンパク質特定 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2011年4月

  2. 厳しい条件下でも育成促すイネの遺伝子特定 新聞・雑誌

    朝日新聞  2011年4月

  3. 津波被害の水田 希望の種

    中日新聞  2011年4月