Updated on 2022/04/25

写真a

 
LEE Tack ung
 
Organization
Administrative Support Organizations International Education & Exchange International Language Center Division of Japanese Language and Cultural Education Associate professor
Graduate School
Graduate School of Humanities
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 2

  1. 文学修士 ( 2000.3   名古屋大学 ) 

  2. 文学博士 ( 2003.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 4

  1. 類義語の分析

  2. 多義語の分析

  3. 日本語教育文法

  4. 日韓語彙の比較分析

Research Areas 3

  1. Humanities & Social Sciences / Japanese linguistics  / 意味論・文法論(認知言語学)

  2. Humanities & Social Sciences / Linguistics  / 日韓対照

  3. Humanities & Social Sciences / Japanese language education  / 日本語教育

Current Research Project and SDGs 4

  1. 現代日本語における形容詞派生動詞の意味研究

  2. 現代日本語における意図性副詞の意味研究

  3. 日本語の類義語・多義語の研究

  4. 日韓対照研究

Research History 7

  1. Associate Professor   Associate professor

    2007.6

      More details

    Country:Japan

  2. Associate Professor   Associate professor

    2017.4

      More details

    Country:Japan

  3. Education Center for International Students/Asst.Prof.   Associate professor

    2004.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  4. Education Center for International Students/Asst.Prof.   Lecturer

    2003.4 - 2007.5

      More details

    Country:Japan

  5. 愛知学院大学・非常勤講師

    2008.4

      More details

    Country:Japan

  6. 名古屋YWCA・非常勤講師

    2008.4

      More details

    Country:Japan

  7. 南山大学・非常勤講師

    2004.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 2

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Language and Culture

    2000.4 - 2003.3

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Graduate School, Division of Language and Culture

    1998.4 - 2000.3

      More details

    Country: Japan

Committee Memberships 7

  1. 日本語教育学会学会誌『日本語教育』査読委員会   査読協力委員  

    2004.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  2. 日本韓国語教育学会   中部地区理事  

    2022.1 - 2023.12   

      More details

    Committee type:Academic society

  3. 名古屋韓国総領事館 領事サービス革新協議会   協議会委員  

    2019.3   

      More details

    Committee type:Government

  4. 『日本語教育国際研究大会』大会準備委員会   委員会委員  

    2012.8   

      More details

    Committee type:Academic society

  5. 日本認知言語学会全国大会査読委員会   査読委員  

    2009.6 - 2013.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  6. 第2言語習得学術雑誌査読委員会   査読委員  

    2008.4 - 2012.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  7. 日本語教育学会研究集会委員会   委員会委員長  

    2007.6 - 2011.6   

      More details

    Committee type:Academic society

▼display all

Awards 3

  1. 日本語教育学会『学会活動貢献賞』

    2017.5   公益社団法人 日本語教育学会  

    李澤熊

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  2. 名誉修了生賞

    2007.10   名古屋大学大学院国際言語文化研究科  

    李澤熊

     More details

    Country:Japan

  3. 海外日本語学習成績優秀者

    1995.9   国際交流基金日本語国際センター  

    李澤熊

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:Japan

    2週間国費研修(日本国内)

 

Papers 75

  1. 動詞「増える」の意味分析-日本語教育の観点から-

    李澤熊

    名古屋大学人文学研究論集   ( 5 ) page: 161 - 175   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  2. 動詞「ふやす」の意味分析-schematic-network modelの観点から-

    李澤熊

    大韓日語日文學會『2021年度 第66回 秋季國際學術大會 予稿集』   Vol. 66   page: 21 - 24   2021.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  3. 「広げる」と「広める」の類義語分析-フレームの観点から- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会論文集』   Vol. 21   page: 440 - 445   2021.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  4. 動詞「広まる」と「広める」の意味分析―日本語教育の観点から-

    李澤熊

    名古屋大学人文学研究論集   ( 4 ) page: 227 - 243   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  5. 「広げる」と「広める」の類義語分析-フレームの観点から- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会第21回大会予稿集』   Vol. 21   page: 15 - 18   2020.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  6. 動詞「あつまる」の意味分析―日本語教育の観点から-

    李澤熊

    名古屋大学人文学研究論集   ( 3 ) page: 209 - 219   2020.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  7. 「決める」と「定める」の意味分析-韓国語動詞「정하다(jeonghada)」と比較して- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会論文集』   Vol. 19   page: 537 - 542   2019.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 動詞「のびる」の多義構造

    李澤熊

    名古屋大学人文学研究論集   ( 2 ) page: 177 - 195   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  9. 動詞「殺す」の多義構造-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 26 ) page: 1 - 14   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  10. 「決める」と「定める」の意味分析-韓国語動詞「정하다(jeonghada)」と比較して- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会第19回大会予稿集』   Vol. 19   page: 14 - 17   2018.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  11. 「腐る」と「腐敗する」の意味分析-百科事典的意味観に基づく日韓対照研究- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会論文集』   Vol. 18   page: 209 - 219   2018.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 「とく」と「とける」の多義構造-日本語教育の観点から-

    李澤熊

    名古屋大学人文学研究論集   ( 1 ) page: 345 - 363   2018.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  13. 動詞「おさえる」の多義構造-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 25 ) page: 1 - 16   2018.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  14. 韓国語動詞만들다[mandeulda]の多義構造-「つくる」と比較して- Reviewed

    李澤熊

    語研紀要   Vol. 43 ( 1 ) page: 107 - 135   2018.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  15. 日韓対照研究-「決める」と「정하다(jeonghada)」の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    日本韓国語教育学会学術大会   ( 8 ) page: 59 - 65   2017.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  16. 「腐る」と「腐敗する」の意味分析-百科事典的意味観に基づく日韓対照研究- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会第18回大会予稿集』   Vol. 18   page: 150 - 153   2017.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  17. 動詞「ひく」の意味分析-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 24 ) page: 1 - 25   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  18. The Polysemic Structure of kaeru and kaesu: From the Viewpoint of Japanese Language Education

    LEE Tackung

      Vol. 38 ( 2 ) page: 3 - 18   2017.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  19. 「決まる」と「決める」の意味分析

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 38 ( 1 ) page: 17 - 29   2016.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  20. 日韓対照言語研究-多義的別義の認定をめぐって- Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会論文集』   Vol. 16   page: 518 - 523   2016.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. 「決まる」と「決める」の多義構造-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    日本語教育学会研究集会第2回     page: 9 - 12   2016.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  22. 動詞「つくる」の意味分析

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 23 ) page: 75-99   2016.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 動詞「おす」の意味分析-日本語教育の観点から-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 37 ( 1 ) page: 3-14   2015.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  24. 日韓対照言語研究-多義的別義の認定をめぐって- Reviewed

    李澤熊

    日本認知言語学会第16回大会予稿集     page: 6-9   2015.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  25. 動詞「つくる」の意味分析-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    第32回国際学術発表大会論文集     page: 85-90   2015.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  26. 動詞「来る」の意味分析

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 22 ) page: 119-142   2015.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 「余裕」と「ゆとり」の意味分析-ベースとプロファイルの観点から-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 36 ( 1 ) page: 3-14   2014.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 動詞「来る」の多義構造-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    日本語教育学会研究集会第3回     page: 55-58   2014.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  29. 韓国人日本語学習者のための日韓対照言語研究-多義語分析を中心に Reviewed

    李澤熊

    『日本認知言語学会論文集』   Vol. 14   page: 667-672   2014.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. 補助動詞「~てくる」の意味分析-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    韓日語文論集   Vol. 18   page: 95-112   2014.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. 韓国人日本語学習者のための日韓対照言語研究-多義語分析を中心に Reviewed

    李澤熊

    日本認知言語学会第14回大会予稿集     page: 35-38   2013.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  32. 韓国人日本語学習者のための日韓対照言語研究-「習慣」「癖」「病みつき」と「습관」「버릇」- Reviewed

    李澤熊

    韓日語文論集   Vol. 17   page: 19-31   2013.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 「重なる」「ダブる」「かぶる」の類義語分析

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 20 ) page: 67-84   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  34. 「여기」と「이곳」の類義語分析-「ここ」と比較して-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 34 ( 2 ) page: 3-14   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. 日本人韓国語学習者のための類義語分析-「안(an)と(속sok)」-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 34 ( 1 ) page: 3-18   2012.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  36. 動詞「のばす」の多義構造-日本語教育の観点から- Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学 日本語・日本文化論集   ( 27 ) page: 1 - 29   2012.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  37. 「韓国人日本語学習者のための類義語分析-名詞を中心に-」

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 33 ( 1 ) page: 3-16   2011.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  38. 『確実に』の意味分析-『確かに』『間違いなく』と比較して- Reviewed

    李澤熊

    韓日語文論集   Vol. 15   page: 91-100   2011.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  39. 日本人韓国語学習者のための日韓対照言語研究 Reviewed

    李澤熊

    語研紀要   Vol. 36 ( 1 ) page: 171-190   2011.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  40. 「韓国語の副詞的成分『어느새(eoneusae)』『어느덧(eoneudeos)』『나도 모르게(nado moreuge)』の意味分析」

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 32 ( 1 ) page: 81-96   2010.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  41. 類義語「重なる」「ダブる」「かぶる」の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    韓国日本語教育学会第53回国際学術発表大会予稿集     page: 135-140   2010.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  42. 皆/すべて/全部の意味分析-統合的スキーマと離散的スキーマの観点から- Reviewed

    李澤熊

    日本認知言語学会論文集   Vol. 10   page: 335-342   2010.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  43. 『たちまち、あっという間に、またたく間に』の意味分析-ベースとプロファイルの観点から-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 31 ( 2 ) page: 37-48   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  44. 韓国語動詞겹치다[gyeopchida]の多義構造

    李澤熊

    『言語文化論集』   Vol. 31 ( 1 ) page: 235-246   2009.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  45. 皆/すべて/全部の意味分析-統合的スキーマと離散的スキーマの観点から- Reviewed

    李澤熊

    日本認知言語学会第10回大会予稿集     page: 238-241   2009.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  46. 韓国語の接続表現후에[hue]と뒤에[dwie]の意味分析

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 30 ( 2 ) page: 293-301   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  47. 『確かに』と『間違いなく』の意味分析

    李澤熊

    異文化としての日本     page: 83-92   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  48. 動詞『ダブる』の意味分析-『重なる』と比較して-

    李澤熊

    名古屋大学日本語・日本文化論集   Vol. 16   page: 27-44   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  49. 韓国語の副詞的成分서둘러[seodulleo]、얼른[eolleun]、어서[eoseo]の意味分析

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 30 ( 1 ) page: 157-170   2008.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  50. 動詞「重なる」の多義構造-類義語の違いに着目して-

    李澤熊

    日本語教育研究集会   ( 6 ) page: 22-25   2008.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  51. 韓国語の副詞的成分빨리[p'alli]、일찍[ilchik]の意味分析-「はやく」との対照の観点から-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 29 ( 2 ) page: 377-390   2008.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  52. 「たちまち、あっという間に、またたく間に」の意味分析-ベースとプロファイルの観点から- Reviewed

    李澤熊

    日本言語学会第135回大会予稿集     page: 250-255   2007.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  53. 韓国語の副詞的成分이따가[ittaga]と나중에[nazunge]の意味分析-日本語の「あとで」/「のちほど」との対照の観点から-

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 29 ( 1 ) page: 45-62   2007.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  54. 「いきなり」「突然」「急に」の意味分析-ベースとプロファイルの観点から-

    李澤熊

    日本語教育研究集会   ( 5 ) page: 22-25   2007.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  55. 韓国語副詞급히[geubpi]と서둘러[seodulloe]の意味分析-日本語の「急に」/「急いで」との対照の観点から

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 28 ( 2 ) page: 181-193   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    本稿では、類義関係にある韓国語副詞[kubpi]と[sədullə]について、日本語の「急に」/「急いで」との関連性を指摘しながら、相互の意味の類似点・相違点を明らかにした。
    [sədullə]:<主体の><行為の開始直前の様子に注目し><その進行程度が><何らかの基準に比べて><大きい様子>
    [kubpi]:<別義1>:<ある事柄の><開始直後の様子に注目し><その進行程度が><何らかの基準に比べて><大きい様子>。<別義2>:<ある事柄の><傾斜・角度・高度等が><何らかの基準に比べて><大きい様子>
    類似点:<主体の行為の開始部に注目し、その進行程度が何らかの基準に比べて大きい様子>。相違点:[sədullə]は「主体の行為の開始直前の様子」に注目し、「その進行程度が何らかの基準に比べて大きい様子」を表す場合に用いられる。それに対して、[kubpi]は「事柄(行為・出来事)の開始直後の様子」に注目し、「その進行程度が何らかの基準に比べて大きい様子」を表す場合に用いられる。また、[sədullə]はもっぱら人間の行為にのみ用いられるのに対し、[kubpi]は人間の行為の他に、時間の経過を伴う出来事にも用いられる。

  56. 時間の早さを表す副詞の意味分析

    李澤熊

    日本語・日本文化論集   ( 14 ) page: 45-71   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    本稿はいわゆる時間の早さを表す副詞「いきなり」「突然」「急に」を取りあげ、「ベース(base)」と「プロファイル(profile)」の概念を用いて相互の意味の類似点・相違点を明らかにしたものである。「いきなり」「突然」「急に」はともに「話し手によってある事柄が前触れなく瞬間的に発生・成立するととらえられる」場合に用いられる(同一のプロファイル)。ただし、「いきなり」は「話し手がある事柄の発生・成立前の状況に注目し、一般的に想定される手順を踏んでいないととらえる」ことを表す場合に用いられる。それに対して、「突然」は「話し手がある事柄の発生・成立点そのものに注目し、まったく予想外の、前触れのない瞬間的なものであるととらえる」ことを表す場合に用いられる。一方、「急に」は「話し手がある事柄の発生・成立点の様子(進行過程)に注目し、その進行過程が何らかの基準に比べて大きいととらえる」ことを表す場合に用いられる。

  57. *「あっという間に」と「たちまち」の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    日本研究(韓国高麗大学)   Vol. 7   page: 144-158   2007.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      本稿は、時間の早さを表す副詞「あっという間に」と「たちまち」の2語を取りあげ、認知言語学の枠組みから、相互の意味の類似点・相違点を明らかにしたものである。分析結果を簡単にまとめると以下のようになる。
      まず、「あっという間に」と「たちまち」はともに「話し手によってある事柄(「行為・出来事・状態」など)が短時間で実現するものとしてとらえられる」場合に用いられる(同一のベース)。ただし、「あっという間に」は「事柄の変化開始後に注目して述べる」場合に用いられるのに対して、「たちまち」は「事柄の変化開始前に注目して述べる」場合に用いられる(プロファイルの違い)。なお、この2語の意味は次のようにまとめられる。「あっという間に」:<話し手が><ある事柄の変化開始後に注目し><(その事柄が)短時間で実現する><ととらえる>。「たちまち」:<話し手が><ある事柄の変化開始前に注目し><(その事柄が)短時間で実現する><ととらえる>。

  58. 「副詞の類義語分析」

    李澤熊

    言語文化論集   Vol. 26 ( 2 ) page: 161-173   2006.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  59. 「副詞の性質に関する一考察~類義語分析を通して~」

    李澤熊

    名古屋大学日本語・日本文化論集   ( 13 ) page: 41-69   2006.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

     本稿は、副詞の持つ複雑な性質の一要因として考えられる「連続性」について、「プロトタイプに基づくカテゴリー化」理論の立場から検討したものである。具体的には、「副詞の分類」に注目し、「早(速)く」と「急いで」の類義語分析を通して、その「連続性」を明らかにした。つまり、「早く」と「急いで」は「(典型的な)様態副詞」と「時間関係の副詞」の両方の性質を持ちつつ、語によってはその一方の性質をより強く持つという「連続的な性質」を持っているということである。
     また、「早く」と「急いで」の類似点・相違点についても明らかにした。

  60. *非意図的であることを表す副詞の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    日本認知言語学会論文集   ( 5 ) page: 588-591   2005.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本稿では「うっかり(と)、うかつに」と「思わず、つい」を取りあげ、認知言語学の枠組みから、相互の意味の類似点・相違点を明らかにした。なお、「うっかり(と)、うかつに」は「プロファイルは同一であるが、ベースは異なる」ものであり、「思わず、つい」は「ベースは同一であるが、プロファイルが異なる」ものであることを明らかにした。

  61. 疑問詞「どこ」について Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学日本語・日本文化論集   ( 12 ) page: 1-25   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  62. 副詞(的機能を持つ表現)の類義語分析-敢えて、強いて、無理に、無理矢理に- Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学日本語・日本文化論集   ( 11 ) page: 1-23   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  63. 主体の意図にかかわる副詞的成分について Reviewed

    李澤熊

    日本語文法学会4大会予稿集   ( 4 ) page: 123-132   2003.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  64. 副詞の類義語分析-敢えて、強いて、無理に、無理矢理に- Reviewed

    李澤熊

    2003年度日本語教育学会秋季大会予稿集     page: 83-88   2003.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  65. 主体の意図にかかわる副詞(的機能を持つ表現)の意味研究 Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学大学院国際言語文化研究科 博士論文     2003.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

  66. *副詞の類義語分析-どことなく、何となく、それとなく- Reviewed

    李澤熊

    日本語教育(日本語教育学会)   Vol. 116   page: 69-78   2003.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  67. *非意図的であることを表す副詞(的機能を持つ表現)の意味分析-うっかり(と)、うかうか(と)、うかつに、うかつにも- Reviewed

    李澤熊

    日本語科学(国立国語研究所)   Vol. 12   page: 153-168   2002.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  68. 「何だか」と「何となく」の意味分析 Invited

    李澤熊

    沙平 裴俊鎬教授華甲記念論叢(韓国)     page: 177-200   2001.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  69. 副詞(的機能を持つ表現)の意味分析-思わず、無意識に、我知らず、知らず知らず、いつの間にか、いつしか- Reviewed

    李澤熊

    世界の日本語教育(国際交流基金)   Vol. 11   page: 179 - 193   2001.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  70. 「何気なく、さり気なく、それとなく」の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    言葉と文化(名古屋大学)   Vol. 2   page: 95-107   2001.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  71. 「思わず、つい、ふと(ふっと)、何気なく」の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    韓日語文論集(釜山外国語大学)   Vol. 4   page: 217-233   2000.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  72. 「思わず、つい、ふと(ふっと)、何気なく」の意味分析 Reviewed

    李澤熊

    韓日日語日文学会『招待講演及び学術発表大会(予稿集)』     page: 151-154   2000.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  73. 主体の意図にかかわる副詞(的機能を持つ表現)について-非意図的であることを表す語を中心に- Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学日本語・日本文化論集   Vol. 8   page: 43-73   2000.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  74. 主体の意図に関わる副詞(的機能を持つ表現)の意味分析‐非意図的であることを表す語を中心に‐ Reviewed

    李澤熊

    名古屋大学大学院国際言語文化研究科 修士論文     2000.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Master’s thesis  

  75. 「思わず」「ふと」「つい」「うっかり」の意味分析

    李澤熊

    日本語・日本文化研修コース 研究レポート集     page: 1 - 18   1997.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

▼display all

Books 4

  1. 日本語の意味研究の新たな扉を開く 意味分析の方法と実際 Reviewed

    李澤熊( Role: Sole author)

    開拓社  2020.11  ( ISBN:978-4-7589-2293-7

     More details

  2. 『多義動詞分析の新展開と日本語教育への応用』(プラシャント・パルデシ・籾山洋介・砂川有里子・今井新悟・今村泰也編) Reviewed

    李澤熊( Role: Sole author ,  第9章)

    開拓社  2019.10 

  3. 『留学生のための専門講義の日本語-工学(土木・建築)編-』

    李澤熊他(監修・執筆)

    名古屋大学国際化拠点整備事業  2010.3 

     More details

    Total pages:215   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  4. 『ことばのダイナミズム』(森雄一・西村義樹・山田進・米山三明編) Reviewed

    李澤熊( Role: Sole author ,  第3部 語の分析 形容詞「正しい」の意味分析)

    くろしお出版  2008.9 

     More details

    Total pages:370   Responsible for pages:155-170   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    本稿では形容詞「正しい」について多義語の立場から意味分析を行った。「正しい」を多義語と認める根拠としては,籾山 (1993) が提示している多義語認定の基準の中の「類義語の違い」,「反義語の違い」,「意味分野の違い」の3つの基準と,「複数の語が外国語の1語に対応(または,その逆)」という基準が有効であることを示した。
    また,多義語と単義語の関係に関する先行研究を検討した結果,「正しい」は<問題となる事柄が><理想と考える><原則に><合う>と<問題となる事柄が><理想と考える><理屈に><合う>という複数の意味に加えて,<問題となる事柄が><理想と考える><(何らかの)基準に><合う>というスキーマ的意味も問題なく想起されるため,多義語として認めた。

MISC 7

  1. 多義動詞の分析 ― 特徴の記述と分析方法の精緻化 Reviewed

    木下りか、李澤熊、有薗智美、野田大志

    日本認知言語学会論文集   Vol. 19   page: 518 - 518   2019.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  2. 多義語への多角的アプローチ Reviewed

    李澤熊(代表)、籾山洋介、木下りか、有薗智美

    日本認知言語学会論文集   Vol. 16   page: 511 - 511   2016.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  3. 書評:『日本語研究のための認知言語学』(籾山洋介著)

    李澤熊

    名古屋大学大学院国際言語文化研究科年報Bulletin L&C     2015.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  4. 書評:『日本語表現で学ぶ 入門からの認知言語学』(籾山洋介著)

    李澤熊

    名古屋大学大学院国際言語文化研究科年報Bulletin L&C     2009.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  5. 類義表現の意味の異なり:認知的基盤の検討 Reviewed

    籾山洋介、鷲見幸美、李澤熊

    日本認知言語学会論文集   Vol. 5   page: 579 - 579   2005.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  6. 現代日本語意味論・文法論研究会

    李澤熊、籾山洋介

    留学生センター 紀要   ( 2 ) page: 82 - 82   2004.9

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  7. 日研生教育のニーズ-名古屋大学ニーズ調査を例に

    李澤熊

    第3回 日研生教育改善研究会     page: 3 - 7   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Meeting report  

▼display all

Presentations 49

  1. 動詞「ふやす」の意味分析-schematic-network modelの観点から- International conference

    李澤熊

    大韓日語日文學會 2021年度 第66回 秋季國際學術大會  2021.11  大韓日語日文学会

     More details

    Event date: 2021.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催   Country:Korea, Republic of  

  2. 韓国語教育のための日韓対照研究-語彙・文法項目を中心に- Invited

    李澤熊

    名古屋韓国語学校研修会  2020.11.25 

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Korean   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋韓国学校   Country:Japan  

  3. 意味分析の方法と実際-認知言語学の概念を援用した分析を通して

    李澤熊(代表)、栗木久美、閔ソラ、滝理江

    日本認知言語学会第21回全国大会  2020.9  日本認知言語学会

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

  4. 「広げる」と「広める」の類義語分析―フレームの観点から―

    李澤熊

    日本認知言語学会第21回全国大会  2020.9  日本認知言語学会

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

  5. 「広げる」と「広める」の類義語分析―フレームの観点から―

    李澤熊

    現代日本語学研究会 第183回  2020.8 

     More details

    Event date: 2020.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  6. 「決める」と「定める」の意味分析-韓国語動詞「정하다(jeonghada)」と比較して-

    李澤熊

    日本認知言語学会(第19回) 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:静岡大学   Country:Japan  

  7. 多義動詞の分析 ― 特徴の記述と分析方法の精緻化

    木下りか、李澤熊、有薗智美、野田大志

    日本認知言語学会(第19回) 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:静岡大学   Country:Japan  

  8. 現代日本語の意味研究-日本語教育への応用- Invited

    李澤熊

    中部地区・大学院日本語学・日本語教育セミナー 

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  9. 「決める」と「定める」の意味分析-韓国語動詞「정하다(jeonghada)」と比較して-

    李澤熊

    現代日本語学研究会 第174回 

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  10. 日韓対照研究-「決める」と「정하다」の意味分析

    李澤熊

    日本韓国語教育学会学術大会(第8回) 

     More details

    Event date: 2017.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知学院大学   Country:Japan  

  11. 「腐る」と「腐敗する」の意味分析-百科事典的意味観に基づく日韓対照研究-

    李澤熊

    日本認知言語学会第18回大会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪大学   Country:Japan  

  12. 「腐る」と「腐敗する」の意味分析-百科事典的意味観に基づく日韓対照研究-

    李澤熊

    現代日本語学研究会 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  13. 外国語に対する恐れと自信 International conference

    李澤熊

    BUFS グローバルチャレンジー 

     More details

    Event date: 2016.9

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:韓国釜山   Country:Korea, Republic of  

  14. 日本語と韓国語の比較

    李澤熊

    韓国語講師研修会 

     More details

    Event date: 2016.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:新潟   Country:Japan  

  15. 「決まる」と「決める」の多義構造-日本語教育の観点から-

    李澤熊

    日本語教育学会研究集会第2回 

     More details

    Event date: 2016.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知県立大学   Country:Japan  

  16. 語義の認定をめぐってー別義の立て方と第一義の認定

    李澤熊

    「基本動詞ハンドブック」 

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:松本市商工会議所   Country:Japan  

  17. 日韓対照言語研-多義的別義の認定をめぐって-

    李澤熊

    日本認知言語学会(第16回全国大会) 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:同志社大学   Country:Japan  

  18. 動詞「つくる」の意味分析-日本語教育の観点から- International conference

    李澤熊

    第32回国際学術発表大会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:韓国通信放送大学校   Country:Korea, Republic of  

  19. 多義語への多角的アプローチ

    李澤熊(代表)、籾山洋介、木下りか、有薗智美

    日本認知言語学会(第16回全国大会) 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:同志社大学   Country:Japan  

  20. 日韓対照言語研究ー多義的別義の認定をめぐってー

    李澤熊

    現代日本語学研究会 第154回 

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  21. 日本語と韓国語の類義語分析-「ゆとり:余裕」「うら:うしろ」「바르다(bareuda):옳다(olta)」-

    李澤熊

    現代日本語学研究会 

     More details

    Event date: 2015.4

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  22. 動詞「来る」の多義構造-日本語教育の観点から-

    李澤熊

    日本語教育学会研究集会第3回 

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知大学   Country:Japan  

  23. 韓国人日本語学習者のための日韓対照言語研究-多義語分析を中心に

    李澤熊

    日本認知言語学会(第14回全国大会) 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  24. 韓国人日本語学習者のための日韓対照言語研究-多義語分析を中心に-

    李澤熊

    現代日本語学研究会第139回 

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  25. 韓国人日本語学習者のための日韓対照言語研究-語彙分析を中心に-

    李澤熊

    現代日本語学研究会 

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  26. ハングルの誕生と私たち

    李澤熊

    多文化ネット「クミヨ」 

     More details

    Event date: 2013.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:ウィルあいち   Country:Japan  

  27. 類義語『重なる』『ダブる』『かぶる』の意味分析-再考-

    李澤熊

    現代日本語学研究会 

     More details

    Event date: 2012.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  28. 私と釜山外大、そして日本語 International conference

    李澤熊

    釜山外国語大学特別講演会 

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:韓国釜山   Country:Korea, Republic of  

  29. 「類義語『重なる』『ダブる』『かぶる』の意味分析」 International conference

    李澤熊

    韓国日本語教育学会 

     More details

    Event date: 2010.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  30. 日本とコリアをつなぐ言葉とならわし

    李澤熊

    ポラムティア学習交流会 

     More details

    Event date: 2010.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  31. 「皆/すべて/全部』の意味分析―統合的スキーマと離散的スキーマの観点から

    李澤熊

    日本認知言語学会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  32. 総体の意を表す副詞的成分の意味分析ー「皆/すべて/全部』―

    李澤熊

    現代日本語学研究会第114回 

     More details

    Event date: 2009.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  33. 「確かに」と「間違いなく」の意味分析

    李澤熊

    国際シンポジウム-異文化としての日本- 

     More details

    Event date: 2008.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  34. 動詞『重なる』の多義構造-類義語の違いに着目して-

    李澤熊

    第6回日本語教育研究集会 

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  35. 「たちまち」「あっという間に」「またたく間に」の意味分析-ベースとプロファイルの観点から-

    李澤熊

    日本言語学会(第135回全国大会) 

     More details

    Event date: 2007.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  36. 「たちまち」「あっという間に」「またたく間に」の意味分析-ベースとプロファイルの観点から-

    李澤熊

    現代日本語学研究会(第108回) 

     More details

    Event date: 2007.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  37. 「たちまち」「あっという間に」「またたく間に」の意味分析-ベースとプロファイルの観点から-

    李澤熊

    日本言語学会(第135回全国大会) 

     More details

    Event date: 2007.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  38. 「いきなり」「突然」「急に」の意味分析

    李澤熊

    第5回日本語教育研究集会 

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  39. 「形容詞『正しい』の意味分析-韓国語[baleuda]/[olta]との対照の観点から-」

    李澤熊

    言語のダイナミズム 

     More details

    Event date: 2006.6

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  40. 「形容詞『正しい』の意味分析-韓国語[baleuda]/[olta]との対照の観点から-」

    李澤熊

    現代日本語学研究会第102回 

     More details

    Event date: 2006.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  41. 疑問詞「どこ」について

    李澤熊

    現代日本語学研究会第99回 

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  42. 「非意図的であることを表す副詞の意味分析」

    李澤熊

    日本認知言語学会第5回大会 

     More details

    Event date: 2004.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Country:Japan  

  43. 類義表現の意味の異なり:認知的基盤の検討

    籾山洋介、鷲見幸美、李澤熊

    日本認知言語学会第5回大会 

     More details

    Event date: 2004.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Country:Japan  

  44. 日研生教育のニーズ-名古屋大学ニーズ調査を例に

    李澤熊

    第3回日研生教育改善研究会 

     More details

    Event date: 2004.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢大学   Country:Japan  

  45. 「主体の意図にかかわる副詞的成分について」

    李澤熊

    日本語文法学会第4回大会 

     More details

    Event date: 2003.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  46. 「主体の意図にかかわる副詞(的機能を持つ表現)について」

    李澤熊

    名古屋言語研究会例会第6回 

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  47. 「副詞の類義語分析-敢えて、強いて、無理に、無理矢理(に)-」

    李澤熊

    日本語教育学会 

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  48. 『思わず,つい,ふと(ふっと),何気なく』の意味分析 International conference

    李澤熊

    韓日日語日文学会 

     More details

    Event date: 2000.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  49. 主体の意図に関わる副詞(的機能を持つ表現)の意味分析-非意図的であることを表す語を中心に-

    李澤熊

    現代日本語学研究会 

     More details

    Event date: 1999.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

▼display all

Works 26

  1. web基本動詞ハンドブック『送る・贈る』執筆

    李澤熊

    2022.2

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  2. web基本動詞ハンドブック『生まれる』執筆

    李澤熊

    2022.2

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  3. web基本動詞ハンドブック『増やす』執筆

    李澤熊

    2021.10

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  4. web基本動詞ハンドブック『増える』執筆

    李澤熊

    2021.10

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  5. web基本動詞ハンドブック『広める』執筆

    李澤熊

    2021.7

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  6. web基本動詞ハンドブック『広まる』執筆

    李澤熊

    2021.7

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  7. web基本動詞ハンドブック『集まる』執筆

    李澤熊

    2020.2

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  8. web基本動詞ハンドブック『集める』執筆

    李澤熊

    2020.2

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  9. web基本動詞ハンドブック『ころす』執筆

    李澤熊

    2019.11

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  10. web基本動詞ハンドブック『のびる』執筆

    李澤熊

    2019.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  11. web基本動詞ハンドブック『のばす』執筆

    李澤熊

    2019.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  12. web基本動詞ハンドブック『おさえる』執筆

    李澤熊

    2018.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  13. web基本動詞ハンドブック『とく』執筆

    李澤熊

    2017.12

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  14. web基本動詞ハンドブック『とける』執筆

    李澤熊

    2017.12

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  15. web基本動詞ハンドブック『かえる』執筆

    李澤熊

    2017.1

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  16. web基本動詞ハンドブック『きまる』執筆

    李澤熊

    2016.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  17. web基本動詞ハンドブック『きめる』執筆

    李澤熊

    2016.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  18. web基本動詞ハンドブック『かえす』執筆

    李澤熊

    2015.9

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  19. web基本動詞ハンドブック『引く』執筆

    李澤熊

    2015.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  20. web基本動詞ハンドブック『押す』執筆

    李澤熊

    2015.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  21. web基本動詞ハンドブック『来る』執筆

    李澤熊

    2014.3
    -
    2014.9

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  22. web基本動詞ハンドブック『作る』執筆

    李澤熊

    2014.3
    -
    2014.9

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  23. web基本動詞ハンドブック『~てくる』執筆

    李澤熊

    2014.3
    -
    2014.9

     More details

    Work type:Educational material   Location:国立国語研究所  

  24. 初中級日本語文法教材

    李澤熊

    2006.9
    -
    2007.3

     More details

    Work type:Educational material  

  25. 中上級日本語文法教材

    李澤熊

    2004.4
    -
    2005.3

     More details

    Work type:Educational material  

  26. 中級日本語聴解インターネット教材

    李澤熊他

    1999.3

     More details

    Work type:Educational material   Location:名古屋大学  

▼display all

Other research activities 18

  1. 第20期 日韓共同理工系学部留学生予備教育コース報告

    2021.3

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 7 ) 頁: 35 - 36

  2. 全学向け日本語プログラム 活動報告(2018年度)

    2019.12

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 6 ) 頁: 28 - 31

  3. 全学向け日本語プログラム 活動報告(2017年度)

    2018.8

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 5 ) 頁: 16 - 20

  4. 全学向け日本語プログラム 活動報告(2016年度)

    2017.8

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 4 ) 頁: 19 - 23

  5. 全学向け日本語プログラム 活動報告(2015年度)

    2016.8

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 3 ) 頁: 18 - 22

  6. 全学向け日本語プログラム 活動報告(2014年度)

    2015.8

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 2 ) 頁: 21 - 24

  7. 全学向け日本語プログラム 活動報告(2013年度)

    2014.9

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 国際言語センター 年報 ( 1 ) 頁: 21 - 24

  8. 全学向け日本語講座 2012年度報告

    2013.8

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 11 ) 頁: 53 - 56

  9. 全学向け日本語講座 2011年度報告

    2012.7

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 10 ) 頁: 77 - 80

  10. 全学向け日本語講座 2010年度報告

    2011.8

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 9 ) 頁: 49 - 52

  11. 全学向け日本語講座 2009年度報告

    2010.9

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 8 ) 頁: 54 - 56

  12. 全学向け日本語講座 2008年度報告

    2009.10

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 7 ) 頁: 51 - 54

  13. 全学向け日本語講座 2007年度報告

    2008.10

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 6 ) 頁: 85 - 88

  14. 全学向け日本語講座 2006年度報告

    2007.10

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 5 ) 頁: 36 - 40

  15. 全学向け日本語講座 2005年度報告

    2006.10

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 4 ) 頁: 69 - 73

  16. 第5期 日韓理工系学部留学生予備教育コース

    2005.9

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 3 ) 頁: 71 - 72

  17. 全学向け日本語講座 2004年度報告

    2005.9

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 3 ) 頁: 54 - 56

  18. 全学向け日本語講座 2003年度報告

    2004.9

     More details

    コーディネーター(主)李澤熊 留学生センター 紀要 ( 2 ) 頁: 62 - 64

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 4

  1. 日本語学習者のコミュニケーションの多角的解明 基本動詞ハンドブック

    2016.4

    国立国語研究所  国内共同研究 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  2. 述語構造の意味範疇の普遍性と多様性 プロジェクト 基本動詞ハンドブック

    2013.4 - 2016.3

    国内共同研究 

  3. 言語のダイナミズム

    2006.4 - 2007.4

    国内共同研究 

  4. 「忍耐」を表す動詞の日韓対照研究

    2003.4 - 2004.3

    赤﨑記念研究奨励事業 

    李澤熊

      More details

    Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 2

  1. 現代日本語における形容詞派生動詞の意味研究―自他対応動詞を中心に―

    Grant number:22K00586  2022.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学研究費  基盤研究 (C)

    李澤熊

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\520000 ( Direct Cost: \400000 、 Indirect Cost:\120000 )

  2. 現代日本語における意図性副詞の意味研究-認知意味論の観点から-

    Grant number:22HP5059  2022.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費  研究成果公開促進費(学術図書)

    李澤熊

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1200000 ( Direct Cost: \1200000 )

 

Teaching Experience (On-campus) 74

  1. 基礎セミナー(日本語教育文法)

    2022

  2. 博士論文研究Ⅱb

    2022

  3. 博士論文研究Ⅱa

    2022

  4. 日本語文法研究

    2022

  5. ことばの不思議(言語学入門)

    2022

  6. 初級日本語レベル2(留学生向け)

    2021

  7. 日本語学・日本語教育学(入門講義)

    2021

  8. PhD Thesis Seminar IIa

    2021

  9. General Seminar on Japanese Semantics a

    2021

  10. Theoretical Studies in Japanese Grammar I

    2021

  11. 初級日本語レベル3(留学生向け)

    2021

  12. 中級Ⅱ日本語 作文(留学生向け)

    2021

  13. General Seminar on Japanese Semantics b

    2021

  14. PhD Thesis Seminar IIb

    2021

  15. 漢字レベル2(留学生向け)

    2020

  16. 日本語学・日本語教育学(入門講義)

    2020

  17. 初級日本語レベル2(留学生向け)

    2020

  18. 日本語文法論Ⅰ(大学院)

    2020

  19. 初中級日本語 会話(留学生向け)

    2020

  20. 日本語意味論総合演習a/b・博士論文研究(大学院)

    2020

  21. テクスト学Ⅰ(大学院)

    2019

  22. 中級日本語文法(日韓コース・留学生向け)

    2019

  23. 日本語文法論Ⅰ(大学院)

    2019

  24. 初中級日本語 会話(留学生向け)

    2019

  25. 日本語学・日本語教育学(入門講義)

    2019

  26. 日本語中級Ⅲ 会話(留学生向け)

    2019

  27. 日本語意味論総合演習a/b・博士論文研究(大学院)

    2019

  28. テクスト学Ⅰ(大学院)

    2018

  29. 日本語文法論Ⅰ(大学院)

    2018

  30. 日本語意味論総合演習a/b・博士論文研究(大学院)

    2018

  31. 日本語学・日本語教育学(入門講義)

    2018

  32. 日本語中級 読解(留学生向け)

    2018

  33. 日本語初中級 会話(留学生向け)

    2018

  34. 中級日本語文法(日韓コース・留学生向け)

    2018

  35. 日本語意味論総合演習a/b・博士論文研究(大学院)

    2017

  36. 中級日本語文法(日韓コース)

    2017

  37. 日本語中上級 文法・談話

    2017

  38. 日本語初中級 文法・談話

    2017

  39. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2017

  40. 日本語文法論Ⅰ(大学院)

    2017

  41. テクスト学Ⅰ(大学院)

    2017

  42. 日本語文法論(大学院)

    2016

  43. 中級日本語文法(日韓コース)

    2016

  44. 日本語中上級 文法・談話

    2016

  45. 日本語初中級 文法・談話

    2016

  46. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2016

  47. 研究レポート(日本語日本文化研修コース)

    2016

  48. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2015

  49. 日本語初中級 文法・談話

    2015

  50. 日本語中上級 文法・談話

    2015

  51. 中級日本語文法(日韓コース)

    2015

  52. 研究レポート(日本語日本文化研修コース)

    2015

  53. 日本語文法論(大学院)

    2015

  54. 日本語文法論(大学院)

    2014

  55. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2014

  56. 中級日本語文法(日韓コース)

    2014

  57. 日本語中上級 文法・談話

    2014

  58. 日本語初中級 文法・談話

    2014

  59. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2013

  60. 日本語初中級 文法・談話

    2013

  61. 日本語中上級 文法・談話

    2013

  62. 中級日本語文法(日韓コース)

    2013

  63. 日本語文法論(大学院)

    2013

  64. 日本語文法論

    2012

  65. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2012

  66. 日本語初中級 文法・談話

    2012

  67. 日本語中上級 文法・談話

    2012

  68. 中級日本語文法(日韓コース)

    2012

  69. 日本語中上級 文法・談話

    2011

  70. 日本語初中級 文法・談話

    2011

  71. 中級日本語文法(日韓コース)

    2011

  72. 日本語文法論

    2011

  73. 日本語学・日本語教育学(入門)

    2011

  74. 中級日本語文法(日韓コース)

    2010

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 5

  1. 韓国語

    2008.4 愛知学院大学)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  2. 「日本語教育文法」、「日韓対照」

    2008.4 名古屋YWCA)

  3. 日本語教授法

    2008.4 愛知学院大学)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  4. 韓国文化事情

    2008.4 - 2019.3 愛知学院大学)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  5. 韓国語

    2004.4 - 2017.3 南山大学)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

 

Social Contribution 21

  1. 2022韓日エッセイコンテストin名古屋 審査委員

    Role(s):Advisor

    駐名古屋大韓民国領事館  2022.4

  2. 日本語教員養成講座「日韓対照言語」

    Role(s):Lecturer

    名古屋YWCA   2022.2 - 2022.3

  3. 名古屋大学日本語ボランティア団体 さくらの会 秋季研修会

    Role(s):Lecturer

    さくらの会  2021.11 - 2021.12

  4. 名古屋韓国学校 開校59周年記念祭 スピーチ大会審査委員 

    Role(s):Commentator, Advisor

    名古屋韓国学校  名古屋韓国学校 開校59周年記念祭 スピーチ大会  2021.11

     More details

    Audience: Schoolchildren

    Type:Science festival

  5. 名古屋大学日本語ボランティア団体 さくらの会 春季研修会

    Role(s):Lecturer

    さくらの会  2021.5 - 2021.6

  6. 日本語教員養成講座「日本語教育文法」

    Role(s):Lecturer

    名古屋YWCA   2021.5

  7. 2021韓日エッセイコンテストin名古屋 審査委員

    Role(s):Advisor

    駐名古屋大韓民国領事館  2021.4

  8. 日本語教員養成講座「日韓対照言語」

    Role(s):Lecturer

    名古屋YWCA   2021.2

  9. 名古屋韓国学校初等部 スピーチ大会審査委員 

    Role(s):Commentator, Advisor

    名古屋韓国学校  名古屋韓国学校初等部 スピーチ大会  2020.9

     More details

    Audience: Schoolchildren

    Type:Science festival

  10. 名古屋大学日本語ボランティア団体 さくらの会(世話人)

    Role(s):Advisor

    さくらの会  2020.4

  11. 日本語教員養成講座「日本語教育文法」

    Role(s):Lecturer

    名古屋YWCA   2019.4 - 2019.5

  12. 日本語日本文化研修~日韓対照の観点から~

    Role(s):Lecturer

    駐名古屋大韓民国総領事館  駐名古屋大韓民国総領事館  2018.11 - 2019.2

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  13. 留学生のための日本語スピーチコンテスト 審査委員

    Role(s):Commentator

    名古屋大学留学生センター 、名古屋栄ライオンズクラブ  2009.1

     More details

    Audience: Schoolchildren

    Type:Science festival

  14. 地域の国際化と日本語教育

    Role(s):Lecturer

    名古屋市生涯学習推進センター・名古屋大学留学生センター  名古屋市生涯学習推進センター  2007 - 2010

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  15. 国際交流の第一歩~身近なアジアを学ぶ~韓国

    Role(s):Lecturer

    名古屋市千種生涯学習センター  名古屋市千種生涯学習センター  2005.6 - 2005.7

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  16. いろいろな国際理解~愛・地球博を記念して~韓国

    Role(s):Lecturer

    名古屋市中川生涯学習センター  名古屋市中川生涯学習センター  2005.5 - 2005.6

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  17. 初めてのハングル

    Role(s):Lecturer

    名古屋市名東生涯学習センター  名古屋市名東生涯学習センター  2002.5 - 2002.7

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  18. 世界の国からこんにちは「なるほど韓国」

    Role(s):Lecturer

    名古屋市名東生涯学習センター  名古屋市名東生涯学習センター  2001.12

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  19. 【国際派】宣言!~世界とつながる~韓国

    Role(s):Lecturer

    名古屋市瑞穂生涯学習センター  名古屋市瑞穂生涯学習センター  2001.11

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  20. 国際理解講座「韓国」

    Role(s):Lecturer

    名古屋市中川生涯学習センター  名古屋市中川生涯学習センター  2001.1 - 2001.3

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  21. 中川女性セミナー~韓国理解~

    Role(s):Lecturer

    名古屋市中川生涯学習センター  名古屋市中川生涯学習センター  2000.6

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

▼display all

Academic Activities 15

  1. 日本語教育学会学会誌『日本語教育』査読委員 International contribution

    Role(s):Peer review

    日本語教育学会  2004.4

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  2. 現代日本語学研究会 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    現代日本語学研究会開催委員会  2003.4

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  3. 日本韓国語教育学会 中部地区理事 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本韓国語教育学会  2022.1 - 2023.12

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  4. 日本認知言語学会 第16回大会

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    日本認知言語学会  2015.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  5. 『日本語文法学会』全国大会準備委員会委員 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本語文法学会  2012.10

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  6. 日本認知言語学会 第13回大会

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    日本認知言語学会  2012.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  7. 『日本語教育国際研究大会』大会準備委員 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本語教育学会  2012.8

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  8. 日本認知言語学会全国大会査読委員 International contribution

    Role(s):Peer review

    日本認知言語学会  2009.6 - 2013.6

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  9. 『日本認知言語学会』全国大会準備委員会委員 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本認知言語学会  2008.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  10. 第2言語習得学術雑誌査読委員 International contribution

    Role(s):Peer review

    第2言語習得研究会  2008.4 - 2012.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  11. 第5回日本語教育研究集会

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    日本語教育研究集会実行委員会  2007.8

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  12. 日本語教育学会研究集会委員 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本語教育学会  2007.6 - 2011.6

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  13. 第4回日本語教育研究集会

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    日本語教育研究集会実行委員会  2006.8

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  14. 第3回日本語教育研究集会

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    日本語教育研究集会実行委員会  2005.8

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  15. 現代日本語意味論・文法論研究会 International contribution

    Role(s):Planning, management, etc.

    名古屋大学留学生センター  2004.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

▼display all