Updated on 2024/03/27

写真a

 
ODA Hirotaka
 
Organization
Institute for Space-Earth Environmental Research Division for Chronological Research Assistant Professor
Graduate School
Graduate School of Environmental Studies
Title
Assistant Professor

Degree 2

  1. Doctor of Science ( 2000.3   Nagoya University ) 

  2. Master of Science ( 1995.3   Nagoya University ) 

Research Interests 1

  1. Radiocarbon dating, Ancient Japanese document, Kohitsugire calligraphy, AMS

Research Areas 2

  1. Others / Others  / Cultural Asset Science

  2. Others / Others  / Radiochemistry

Current Research Project and SDGs 4

  1. Radiocarbon dating of kohitsugire calligraphy by accelerator mass spectrometry

  2. Radiocarbon dating of ancient Japanese documents by acceleraton mass spectrometry

  3. Radiocarbon dating of archaeological samples by accelerator mass spectrometry

  4. 青銅器の放射性炭素年代測定法の開発

Research History 6

  1. 名古屋大学宇宙地球環境研究所   助教

    2015.10

      More details

    Country:Japan

  2. 名古屋大学年代測定総合研究センター助教

    2007.4 - 2015.9

      More details

    Country:Japan

  3. 中部大学非常勤講師

    2001.4 - 2004.9

      More details

    Country:Japan

  4. 名古屋大学年代測定総合研究センター助手

    2000.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  5. 名古屋大学年代測定資料研究センター助手

    1997.5 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

  6. 社会保険中京看護専門学校非常勤講師

    1996.6 - 2003.2

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 3

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Natural Science

    1995.4 - 1997.5

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Graduate School, Division of Natural Science

    1993.4 - 1995.3

      More details

    Country: Japan

  3. Nagoya University   Faculty of Science

    1989.4 - 1993.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. The Japan Sciety of Nuclear and Radiochemical Sciences

  2. 日本文化財科学会

Committee Memberships 7

  1. 2014日本放射化学会年会・第58回放射化学討論会実行員会   事務局代表  

    2013.10 - 2014.9   

  2. 第25回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会実施委員会   実行委員  

    2012.5 - 2012.7   

  3. 日本植生史学会第25回大会実行委員会   実行委員  

    2010.3 - 2010.11   

  4. 日本文化財科学会第26回大会(名古屋大会)実行委員会   実行委員  

    2008.12 - 2009.7   

  5. 第5回考古科学シンポジウム実行委員会   実行委員  

    2003.6 - 2003.11   

  6. The Editional Committee for Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B 223-224 (2004)   The Editional Committee for Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B 223-224 (2004)  

    2002.9 - 2004.8   

  7. The Organizing Committee for Ninth Inetrnational Conference on Accelerator Mass Spectrometry (AMS-9)   The Organizing Committee for Ninth Inetrnational Conference on Accelerator Mass Spectrometry (AMS-9)  

    2001.5 - 2002.9   

▼display all

Awards 7

  1. 日本文化財科学会 論文賞

    2018.7   日本文化財科学会   加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定-「北東アジアのシルクロード」の起源を求めて-

    小田寛貴,中村和之

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  2. 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2010.4   文部科学大臣  

     More details

    Country:Japan

    業績名「放射性炭素年代測定法を用いた古文書・古筆切の研究」

  3. 日本文化財科学会 奨励論文賞

    2009.7   日本文化財科学会  

     More details

    Country:Japan

  4. 日本放射化学会賞 奨励賞

    2007.9   日本放射化学会  

     More details

    Country:Japan

  5. Ecological Research Paper Award

    2013.3   Ecological Reserch  

     More details

    Country:Japan

  6. Analytical Sciences Poster Presentation Award

    2011.5   IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011  

     More details

    Country:Japan

  7. 日本陸水学会 学会賞(吉村賞)

    2004.9   日本陸水学会  

     More details

    Country:Japan

    受賞論文:Tsugeki, N., Oda, H. and Urabe, J. (2003) Fluctuation of zooplankton community in Lake Biwa during the 20th century: a paleolimnological analysis. Limnology 4, 101-107.

▼display all

 

Papers 224

  1. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2020)

    中村俊夫,南我代,山根雅子,小田寛貴,池田晃子,小坂由紀子,西田真砂美,若杉勇輝,佐藤里名,澤田陸,酢屋徳啓,北川浩之

    名古屋大学年代測定研究   Vol. 5   page: 65 - 74   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)   Publisher:奈良大学  

  2. 礫岩質ピーチロックの正確な形成年代の決定法(3)

    小元久仁夫,藁谷哲也,北側浩之,加藤丈典,大八木英男,小田寛貴,横尾頼子,池田晃子

    名古屋大学年代測定研究   Vol. 5   page: 6 - 11   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)   Publisher:奈良大学  

  3. 加速器質量分析法による美福門院願経および伝鎌倉時代紺紙金泥経の14C年代測定

    小田寛貴

    古代~中世の「鍮石」「真鍮」の研究-金に等しい価値があったころ-2019年度研究報告     page: 47 - 51   2021.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:奈良大学  

  4. Paper fragments from the Tibetan Samye Monastery: Clues for an unusual sizing recipe implying wheat starch and milk in early Tibetan papermaking Reviewed

    Bin Han, Jijia Niang, Huiyun Rao, Nanning Lyu, Hirotaka Oda, Shouji Sakamoto, Yimin Yang, Michel Sablier

    Journal of Archaeological Science   Vol. 36   page: 1 - 13   2021.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Accelerator Mass Spectrometry Sheds Light on the Medieval History of Northeast Asia

    Nakamura, K., Oda, H.

    Journal of Sakhalin Museum   Vol. 3 ( 32 ) page: 87 - 101   2020.9

     More details

    Language:Russian   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 加速器質量分析法による歴史資料の年代測定-放射性炭素でみた古文書の世界-

    小田寛貴

    第55回 RI・放射線利用促進セミナー     page: 19 - 22   2020.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  7. AMS法が切り拓く北東アジアの中世史

    小田寛貴,中村和之

    日本史の研究   Vol. 265   page: 49 - 52   2019.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 高麗版経典用紙の分析 Reviewed International journal

    坂本昭二, 小田寛貴

    传统技艺与现代科技 东亚文化遗产保护学会第六次国际学术研讨会文集     page: 480 - 485   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:復担大学出版社  

  9. Paper Analysis of Tripitaka Korean Printing. Traditional Techniques and Modern Technology – Reviewed

    Sakamoto, S., Oda, H.

    The Proceeding of the Sixth Symposium of the Society for Conservation of Cultural Heritage in East Asia     page: 494 - 498   2019.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  10. 放射化学から見た古筆切の世界 Invited

    小田寛貴

    化学と教育   Vol. 66 ( 8 ) page: 380-383   2018.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定-「北東アジアのシルクロード」の起源を求めて- Reviewed

    小田寛貴,中村和之

    考古学と自然科学   Vol. 75   page: 41-58   2018.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 新 古筆切の年代測定II-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   ( 269 ) page: 25-36   2018.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  13. 北海道函館市鉄山遺跡において発見された鉄滓の14C年代測定と鉄山町付近の製鉄に関する文献史料からの検討 Reviewed

    小田寛貴,中村和之,江波大樹,竹内 孝,中村俊夫

    考古学と自然科学   Vol. 74   page: 15-27   2017.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 新 古筆切の年代測定I-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   ( 264 ) page: 35-56   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  15. 名古屋大学タンデトロンAMSシステムの現状(2015年度)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,箱崎真隆,太田友子,西田真砂美,吉田澪代,池盛文数,椋本ひかり,藤沢純平

    第18回AMSシンポジウム報告集     page: 71-75   2016.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 顕微鏡観察と書誌学的考察を併用した古筆切の14C年代測定

    小田寛貴,安 裕明,坂本昭二,池田和臣

    第18回AMSシンポジウム報告集     page: 168-171   2016.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 14C年代測定のための青銅器資料の試料調製法の開発と考古資料への適用

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也

    第18回AMSシンポジウム報告集     page: 76-79   2016.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. ラボラトリーマネジメントの試論的検討―大学院理系研究室のマネジメント―

    谷口勇仁,小田寛貴

    経済学研究   Vol. 66 ( 1 ) page: 13-22   2016.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 古筆切の年代測定 補遺-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   ( 259 ) page: 1-20   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  20. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2014年度)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,箱崎真隆,城森由佳,太田友子,西田真砂美,池盛文数,國田圭佑,冨山慎二,椋本ひかり

    第17回AMSシンポジウム報告集     page: 25-29   2015.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  21. 顕微鏡観察と書誌学的考察を併用した「非破壊」14C年代測定―鑑真将来四分律を例として―

    小田寛貴,安 裕明,坂本昭二,池田和臣

    第17回AMSシンポジウム報告集     page: 138-141   2015.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  22. 青銅器の14C年代測定の可能性と道成寺鐘巻銅鐸への適用

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也,加藤丈典

    第17回AMSシンポジウム報告集     page: 130-133   2015.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  23. Historical changes in the ecosystem condition of a small mountain lake over the past 60 years as revealed by plankton remains and Daphnia ephippial carapaces stred in lake sediments Reviewed

    Ohtsuki, H., Awano, T., Tsugeki, K. N., Ishida, S., Oda, H., Makino, W. and Urabe, J.

    PLOS ONE   Vol. 10 ( 3 ) page: 1-19   2015.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2014)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,箱崎真隆,城森由佳,太田友子,西田真砂美,池盛文数,國田圭佑,冨山慎二,椋本ひかり

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 26   page: 17-22   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  25. 古筆切の年代測定Ⅵ-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   ( 254 ) page: 19-36   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  26. 中世の版本料紙の比較分類

    坂本昭二, 小田寛貴

        page: 86-87   2015

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 羅州五良洞窯跡出土木炭の14C年代測定―2008年(2次)発掘調査での出土資料について―

    小田寛貴

    羅州五良洞窯址Ⅱ 5~6차발굴조사보고서     page: 326-332   2014.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  28. 니주 오량동 요지 출토 목탄의 14C연대측정―2008년(2차)발굴조사의 출토 자료에 대하여―

    오다 히로타카

    羅州五良洞窯址Ⅱ 5~6차발굴조사보고서     page: 319-325   2014.11

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  29. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2013)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,一木絵理,箱崎真隆,太田友子,西田真砂美,池盛文数,城森由佳,加藤ともみ,早田 葵,國田圭佑,冨山慎二

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 25   page: 30-39   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  30. 古筆切の年代測定Ⅴ-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   ( 249 ) page: 21-41   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  31. 山形県畑谷大沼堆積物の花粉分析に基づく過去60年間の植生とスギ花粉年間堆積量の変化 Reviewed

    林 竜馬,槻木玲美,小田寛貴,大槻 朝,粟野 将,牧野 渡,占部城太郎

    日本花粉学会会誌   Vol. 60 ( 1 ) page: 13-25   2014.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  32. 210Pbを用いた堆積速度測定法(210Pb年代測定法)の原理と堆積物への適用

    小田寛貴

    号外地球『第四紀研究における年代測定法の新展開:最近10年間の進展』   ( 63 ) page: 39-50   2014.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  33. 知覧門之浦に伝来した絵巻物「門之浦伝来絵巻」の14C年代測定

    小田寛貴,上田 耕,坂元恒太

    ミュージアム知覧紀要・館報   ( 13 ) page: 13-24   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  34. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2012)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,一木絵理,伊藤一充,宮田佳樹,箱崎真隆,太田友子,西田真砂美,池盛文数,城森由佳,加藤ともみ,早田 葵,長谷和磨,冨山慎二

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 24   page: 13-24   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  35. 北海道のゾウ化石とその研究の到達点

    高橋啓一,添田雄二,出穂雅実,小田寛貴,大石 徹

    化石研究会会誌   Vol. 45 ( 2 ) page: 44-54   2013

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  36. 北広島市音江別川流域から産出した象類臼歯化石の14C年代測定結果

    添田雄二,高橋啓一,小田寛貴

    北方地域の人と環境の関係史 2010-2012年度調査報告,北海道開拓記念館     page: 5-10   2013

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  37. Radiocarbon dating of Miidera-gire attributed to Enchin and the historical period when an ancient Monzen manuscript was written Reviewed

    Oda, H., Yasu, H., Ikeda, K., Sakamoto, M.

    Bulletin of the National Museum of Japanese History   Vol. 176   page: 141-150   2012.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. 自然科学的年代と歴史学的年代-較正暦年代の問題点-

    小田寛貴

    考古学ジャーナル   Vol. 632   page: 5-10   2012.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  39. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2011)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,池盛文数,城森由佳,近藤宏樹,吉光貴裕,坂田 健,加藤ともみ,長谷和磨

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 23   page: 18-26   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  40. Eutrophication of mountain lakes in Japan due to increasing deposition of anthropogenically produced dust Reviewed

    Tsugeki, K. N., Agusa, T., Ueda, S., Kuwae, M., Oda, H., Tanabe, S., Tani, Y., Toyoda, K., Wang Wan-lin, Urabe, J.

    Ecological Reserch   Vol. 27 ( 6 ) page: 1041-1052   2012

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  41. A new development in the study on hand-copied sutras: Radiochemical and microscopic investigations on a calligraphy sheet of Shi-bun-ritsu Vol. 27 Reviewed

    Yasu, H., Oda, H., Sakamoto, S.

    All Japan College Calligraphic Studies   ( 5 ) page: 51-60   2012

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  42. Radiocarbon dating of ancient Japanese calligraphy sheets and the discovery of 45 letters of a lost manuscript Reviewed

    Oda, H. Yasu, H., Ikeda, K., Sakamoto, M., Yoshizawa, Y.

    Proc. Radiochimica Acta   Vol. 1   page: 331-334   2011.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  43. 極札をもつ古筆切の14C年代測定と歴史学・書跡史学・古典文学上の意義について

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,吉澤康和,中村俊夫

    第13回AMSシンポジウム報告集     page: 89-92   2011.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  44. 名古屋大学タンデトロンAMSの現状(2010)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,本庄浩司,松本佳納,城森由佳,近藤宏樹,吉光貴裕,坂田 健

    第13回AMSシンポジウム報告集     page: 19-22   2011.8

     More details

    Language:Japanese  

  45. 古サハリン北海道半島と周辺地域のテフラと年代.B.年代測定結果報告

    出穂雅実,小田寛貴

    東京大学常呂実習施設研究報告,第8集,環日本北部地域における後期更新世の環境変動と人間の相互作用に関する総合的研究(大学共同利用機関法人・人間文化研究機構・総合地球環境学研究所平成18~22年度プロジェクト5-3「日本列島における人間・自然相互関係の歴史的・文化的検討」サハリン・沿海州班研究成果報告書)     page: 87-88   2011.3

     More details

    Language:Japanese  

  46. 古筆切の年代測定Ⅲ-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   Vol. 234   page: 35-72   2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  47. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2010).

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,本庄浩司,松本佳納,城森由佳,近藤宏樹,吉光貴裕,坂田 健,森 健太,オヨンバザル エンフツォルモン

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 22   page: 37-43   2011.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  48. 年代既知の古文書・古経典・古記録についての14C年代測定.

    小田寛貴,増田 孝,池田和臣,安 裕明,吉澤康和,中村俊夫

    第12回AMSシンポジウム報告集     page: 81-84   2011.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  49. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2009).

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,本庄浩司,松本佳納

    第12回AMSシンポジウム報告集     page: 13-16   2011.1

     More details

    Language:Japanese  

  50. 科学分析データによる料紙の比較分類 Reviewed

    坂本昭二,倉石沙織,小田寛貴,江南和幸,岡田至弘,安 裕明,池田和臣,河野益近

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(人文科学とコンピューターシンポジウム論文集 人文工学の可能性~異分野融合による「実質化」の方法~)   Vol. 2010 ( 15 ) page: 19-26   2010.12

     More details

    Language:Japanese  

  51. 名古屋大学AMS14C測定の現状と応用(2010)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,林和樹,本庄浩司,松本佳納,城森由佳,近藤宏樹,吉光貴裕,坂田 健

    第23回「タンデム加速器およびその周辺技術の研究会」報告集     page: 37-40   2010.11

     More details

    Language:Japanese  

  52. 羅州伏岩里遺跡出土遺物の14C年代測定

    小田寛貴,金 恵貞

    문화재청 국립나주문화재연구소 편『羅州伏岩里遺蹟Ⅰ 1~3차 발굴조사보고서 분석』     page: 177-183   2010.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  53. 나주 복암리유적 출토유물의14C연대측정

    오다 히로타카,김 혜정,번역:이은선

    문화재청 국립나주문화재연구소 편『羅州伏岩里遺蹟Ⅰ 1~3차 발굴조사보고서 분석』     page: 184-189   2010.9

     More details

    Authorship:Lead author  

  54. 古典文学と炭素14年代測定法.

    小田寛貴

    ISOTOPE NEWS   Vol. 676   page: 20-23   2010.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  55. *Radiocarbon dating of kohitsugire calligraphies attributed to Asukai Masatsune and the periods of origin of Genji Monogatari Emaki and Ban-dainagon Ekotoba. Reviewed

    Oda, H., Ikeda, K.

    Radiocarbon   Vol. 52 ( 2-3 ) page: 520-525   2010.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  56. 伝飛鳥井雅経筆古筆切の放射性炭素年代と源氏物語絵巻の制作年代

    小田寛貴,池田和臣

    第11回AMSシンポジウム報告集     page: 58   2010.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  57. *Radiocarbon dating of kohitsugire calligraphies attributed to Fujiwara Shunzei: Akihiro-gire, Oie-gire, and Ryosa-gire. Reviewed

    Oda, H., Ikeda, K.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   Vol. 268   page: 1041-1044   2010.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  58. 続 古筆切の年代測定-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   Vol. 229   page: 1-46   2010.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  59. 加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定

    小田寛貴,中村和之,天野 光,吉田澪代,瀧本壽史

    第2回JAEAタンデトロンAMS利用報告会論文集     page: 48-51   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  60. 名古屋大学AMS14C測定の現状と応用(2009).

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,本田印南,大森貴之,西本寛,林和樹,本庄浩司,松本佳納,城森由佳,山崎香奈

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 21   page: 18-24   2010.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  61. 加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定

    小田寛貴,中村和之,天野 光,吉田澪代,瀧本壽史

    第22回「タンデム加速器およびその周辺技術の研究会」報告集     page: 92-95   2010.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  62. 名古屋大学AMS14C測定の現状と応用(2009)

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,宮田佳樹,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,林和樹,本庄浩司,松本佳納,城森由佳

    第22回「タンデム加速器およびその周辺技術の研究会」報告集     page: 34-38   2010.2

     More details

    Language:Japanese  

  63. Geoarchaeological Investigations at the upper Paleolithic site of Kamihoronai-Moi, Hokkaido, Japan. Reviewed

    Izuho, M., Nakazawa, Y., Akai, F., Soda, T. and Oda, H.

    Geoarchaeology   Vol. 24 ( 4 ) page: 492-517   2009

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  64. 名古屋大学AMS14C測定の現状と応用(2008).

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,工藤雄一郎,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,林和樹,酢屋徳啓,関野達也

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 20   page: 24-30   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  65. 名古屋大学AMS14C測定の現状と応用

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,工藤雄一郎,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,林和樹,酢屋徳啓,関野達也

    第21回「タンデム加速器およびその周辺技術の研究会」報告集     page: 67-70   2009

     More details

    Language:Japanese  

  66. 蝦夷錦の年代測定による「北のシルクロード」に関する年代学的研究

    小田寛貴・中村和之

    第21回「タンデム加速器およびその周辺技術の研究会」報告集     page: 71-74   2009

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  67. 古筆切の年代測定-加速器質量分析法による炭素14年代測定-

    池田和臣,小田寛貴

    中央大学文学部紀要   Vol. 224   page: 1-41   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  68. Reexamination of the Churui specimen of Palaeoloxodon naumanni (Proboscidea) from Churui, Hokkaido, Japan. Reviewed

    Takahashi, K., Kitagawa, H., Soeda, Y. and Oda, H.

    Fossiles   Vol. 84   page: 74-80   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  69. 名古屋大学タンデトロンAMSシステムの現状(2007年).

    中村俊夫,南雅代,小田寛貴,池田晃子,工藤雄一郎,太田友子,西田真砂美,大森貴之,西本寛,林和樹

    第10回AMSシンポジウム報告集     page: 13-16   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  70. 炭素14で古筆切を見る. Invited

    小田寛貴

    放射線取扱主任者部会主任者ニュース   Vol. 14   page: 6-10   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  71. 北海道勇払郡厚真町上幌内モイ遺跡旧石器地点の放射性炭素年代.

    出穂雅実,小田寛貴

    論集忍路子   Vol. II   page: 13-18   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  72. 古文書・古筆切の放射性炭素年代測定. Invited

    小田寛貴

    放射化学ニュース   Vol. 17   page: 11-12   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  73. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状と利用(2007年)

    中村俊夫,南雅代,小田寛貴,工藤雄一郎,池田晃子,大森貴之,西本寛,林和樹,太田友子,西田真砂美,酢屋徳啓,関野達也

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. XIX   page: 39-45   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  74. 恵那市上矢作町の地名「海」は天正地震の堰止め湖に由来した

    鈴木和博,中村俊夫,加藤丈典,池田晃子,後藤晶子,小田寛貴,南雅代,上久保寛,梶塚泉,足立香織,壷井基裕,常盤哲也,太田友子,西田真砂美,江坂直子,田中敦子,森忍,ダニエル・ダンクリー,モニカ・クシャク,鈴木里子,丹生越子,中崎峰子,仙田量子,金川和代,熊沢裕代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. XIX   page: 26-38   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  75. *Radiocarbon dating of an ancient Japanese document ''Minamoto no Yoritomo Sodehan Migyosho'' by accelerator mass spectrometry Reviewed

    Oda, H., Akiyama, M., Masuda, T. and Nakamura, T.

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   Vol. 272 ( 2 ) page: 439-442   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    We measured radiocarbon age of an ancient document ''Minamoto no Yoritomo Sodehan Migyosho''. The content tells that it was issued in 1189 by Minamoto no Yoritomo known as the virtually first shogun in Japan to grant Matsugi family the privilege of controlling craftsmen of foundry industry. Paleographical views, however, suggested that it can be a counterfeit. The radiocarbon dating clarified that the document was written not in the 12th but after the 16th century.

  76. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状と利用

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,池田晃子,渡邊隆広,宮原ひろ子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. XVIII   page: 91-97   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  77. 伝説と,遺跡と文書とC14-村松白根遺跡出土遺物の14C年代測定-.

    小田寛貴,三浦太一,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. XVIII   page: 195-200   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  78. Present status of AMS 14C facility of Nagoya University and its applications to archeology and geology.

    Nakamura, T., Minami, M., Oda, H., Ikeda, A., Watanabe, T., Miyahara, H., Ohta, T., Yoshioka, S. and Nishida, M.

    Proceedings of the International Symposium on Radiometric Dating Studies -Frontier of Technical Developments and Apprications of CHIME and 14C Dating Methods -     page: 31-32   2007

     More details

    Language:English  

  79. Radiocarbon dating of ancient Japanese document and kohitsugire calligraphy.

    Oda, H., Masuda T., Ikeda K. and Nakamura, T.

    Proceedings of the International Symposium on Radiometric Dating Studies -Frontier of Technical Developments and Apprications of CHIME and 14C Dating Methods -     page: 56-57   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

  80. Research Report.

    Nakamura, T., Okuno, M., Kimura, K., Mitsutani, T., Moriwaki, H, Ishizuka, Y., Kim, K.H., Jing, B.L., Oda, H., Minami, M. and Takada, H.

    Tree-Ring Research   Vol. 63 ( 1 ) page: 37-46   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  81. High precision 14C measurements and wiggle-match dating of tree rings at Nagoya University Reviewed

    Nakamura, T.,Miyahara, H., Masuda, K., Menjo, H., Kuwana, K. Kimura, K., Okuno, M., Minami, M., Oda, H., Rakowski, A., Ohta, T., Ikeda, A. and Niu, E.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   Vol. 259   page: 408-413   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  82. Marine reservoir effect deduced from 14C dates on marine shells and terrestrial remains at archeological sites in Japan Reviewed

    Nakamura, T., Nishida, I., Takada, H., Okuno, M., Minami, M. and Oda, H.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   Vol. 259   page: 453-459   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  83. *Radiocarbon age of the kohitsugire calligraphy and the kiwamefuda certificate Reviewed

    Oda, H., Ikeda, K. and Nakamura, T.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   Vol. 259   page: 374-377   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Kohitsugire are ancient paper sheets with elegant calligraphy. They were originally leaves of ancient manuscripts written mainly from the 8th to the 15th century. Old manuscripts are rarely discovered as complete books; therefore, kohitsugire can be significant materials for historical studies if the written ages or the calligraphists or both are known. Most of kohitsugire have kiwamefuda certificates which identify the calligraphists. This is also a clue about the written age. In this study, we determined the written ages of kohitsugire from three viewpoints: radiocarbon dating, calligaphical investigation and the kiwamefuda. Comparison of radiocarbon age and the calligraphical evidence of each kohitsugire give fair agreement. The results are, however, in obvious conflict with the age of the calligraphist noted on the kiwamefuda, and showed the doubtful reliability of kiwamefuda.

  84. Application of AMS 14C measurements to criminal investigations Reviewed

    Nakamura, T., Kojima, S., Ohta, T., Nishida, M., Rakowski, A., Ikeda, A., Oda, H. and Niu, E.

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   Vol. 272 ( 2 ) page: 327-332   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  85. 村松白根遺跡出土遺物の14C年代測定.

    小田寛貴,三浦太一,中村俊夫

    茨城県教育財団文化財調査報告第284集「村松白根遺跡2 大強度陽子加速器施設事業に伴う埋蔵文化財調査報告書   Vol. 下   page: 581-584   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  86. 中米・エルサルバドル共和国サンサルバドル県北部で発見された3~5世紀の巨大噴火で埋もれた森

    北村 繁,小田寛貴,山本直人

    植生史研究   Vol. 15 ( 1 ) page: 55-57   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  87. 加速器質量分析法による歴史時代資料の14C年代測定-和紙資料の測定を中心に- Reviewed

    小田寛貴

    国立歴史民俗博物館研究報告   Vol. 137   page: 227-243   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    14C年代測定というと,縄文時代・弥生時代の資料が対象という印象が強いが,加速器質量分析法(AMS)の登場と較正曲線の整備とにより,古文書や古経典など歴史時代の和紙資料についても,14C年代測定を行うことが原理的に可能なものとなるに至った.しかしながら,古文書に限らず,考古学資料や歴史学資料について14C年代測定を行う本来の目的は,その資料が何らかの役割を持った道具として歴史の中に登場した年代を探究するところにあるはずである.14C年代測定によって得られる結果は,歴史学的に意味のある年代そのものではない.この自然科学的年代が,歴史学的年代を明らかにするための情報となりうるかが問題なのである.そこで本研究においては,まずは,書風や奥書・記述内容などから書写年代が判明している古文書・古経典・版本などについて14C年代測定を行った.奈良時代から江戸時代にかけての年代既知資料の測定結果から,和紙はいわゆるold wood effectによる年代のずれが小さく,古文書・古経典の書写年代を判定する上でAMS14C年代が有益な情報の一つとなることが示された.その上で,書写年代の明らかにされていない和紙資料についても14C年代測定を行った.特に古筆切とよばれる古写本の断簡についての測定である.平安・鎌倉時代に書写された物語や家集の写本で,完本の形で現存しているものは極めて稀であるが,こうした断簡の形ではかなりの量が現在まで伝わっている.古筆切は,稀少な写本の内容や筆跡を一部分ながらも伝えるものであり,大変高い史料的価値を有するものである.しかし,古筆切の中には,その美しい筆跡を手本とした後世の臨書や,掛け軸などにするために作製された偽物なども多く含まれている.それゆえ,こうした問題を有する古筆切に焦点をあて,書風・字形・筆勢など書跡史学的な視点に,AMS14C年代測定法という自然科学的視点を加え,書写年代の吟味を行った.

  88. Osteological Description of the Lapita - associated Human Skeleton Discovered on Moturiki Island, Fiji Reviewed

    Katayama, K., Nunn, P. D., Kumar, R., Matararaba, S., Minagawa, M., Oda, H.

    People and Culture in Oceania   Vol. 23   page: 73-98   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  89. High precision 14C measurements with AMS and applications in archeology and geology at Nagoya University.

    Nakamura, T., Miyahara, H., Masuda, K., Menjo, H., Kuwana, K., Kimura, K., Okuno, M., Minami, M., Oda, H., Ohta, T., Ikeda, A. and Niu, E.

    Proceedings of the first East Asian symposium on accelerator mass spectrometry     page: 57-62   2006

     More details

    Language:English  

  90. 名古屋大学AMS14C測定の現状と応用.

    中村俊夫,南 雅代,小田寛貴,渡邊隆広,池田晃子,吉岡茂雄,太田友子,西田真砂美

    第19回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 38-42   2006

     More details

    Language:Japanese  

  91. 偽文書・写しの年代測定-「源頼朝袖判御教書」「木食応其書状」を例にして-.

    小田寛貴,秋山晶則,増田 孝,中村俊夫

    第19回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 77-80   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  92. 日本古代・中世の資史料の炭素14年代測定.

    小田寛貴

    平成17年度名古屋大学大学院文学研究科プロジェクト「物質文化の歴史学創成」報告書「物質文化の歴史学再考-「文化コンテクスト学」の構築をめざして-」     page: 25-41   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  93. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状と利用.

    中村俊夫,南雅代,小田寛貴,池田晃子,渡邊隆広,太田友子,吉岡茂雄,西田真砂美

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. XVII   page: 7-13   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  94. 加速器質量分析法による春日切・三輪切の14C年代測定

    小田寛貴,池田和臣,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. XVII   page: 135-140   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  95. 村松白根遺跡出土遺物の14C年代測定.

    小田寛貴,三浦太一,中村俊夫

    第8回AMSシンポジウム報告集     page: 29-32   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  96. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状と利用

    中村俊夫,丹生越子,小田寛貴,池田晃子,渡邊隆広,太田友子,西田真砂美

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 7-12   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  97. 琵琶湖の湖底堆積物ならびに流入河川堆積物の炭素同位体比から探る堆積環境

    南 雅代,種 紀彦,小田寛貴,横田喜一郎

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 73-83   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  98. 西アフリカ史のなかのメマ-ガーナ王国とマリ帝国を支えた経済活動 Reviewed

    竹沢尚一郎,ママドゥ・シセ,小田寛貴

    アフリカ研究   Vol. 66   page: 31-46   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  99. 古筆切の書跡史学的年代・炭素14年代・極札による年代の関係

    小田寛貴,池田和臣,中村俊夫

    第18回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 43-46   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  100. アムール川下流域の遺跡から出土した土器の14C年代測定-バリシャヤブフタ1,カルチョーム3,スターラヤ・カコルマ遺跡出土の土器についての測定結果-.

    小田寛貴,本庄かや子,イゴーリ=シェフコムード,熊木俊朗,臼杵 勲,福田正宏

    東京大学常呂実習施設研究報告 第2集「間宮海峡先史文化の復元と日本列島への文化的影響-ニコラエフスク空港1遺跡の発掘調査報告とその成果に関する考古学論文集-」     page: 151-158   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  101. 炭素十四法で覗いた古墳時代のはじまり

    小田寛貴

    安城市史だより   ( 21 ) page: 4-6   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  102. 古筆切の年代判定.

    小田寛貴

    歴博(編集発行:大学共同利用機関法人・人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館)   ( 130 ) page: 6-9   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  103. 加速器質量分析法による和紙資料の14C年代測定-名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機と同2号機の測定結果の比較-

    小田寛貴,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 206-209   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  104. 加速器質量分析法による「源頼朝袖判御教書」の14C年代測定

    小田寛貴,秋山晶則

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 198-205   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  105. 上磯町矢不来3遺跡出土の擦文土器に付着した炭化物の14C年代測定

    小田寛貴,本庄かや子,森 靖裕,安西雅希

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 181-190   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  106. 擦文時代の遺跡から出土した遺物の14C年代測定-旭川市の擦文遺跡から出土した土器の付着炭化物を中心に-

    本庄かや子,瀬川拓郎,小田寛貴,中田裕香,澤井 玄,中村和之,竹内 孝,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 105-112   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  107. 弥生・古墳時代の土器に付着した炭化物のAMS14C年代測定-愛知・石川県の遺跡から出土した土器について-

    木野瀬正典,小田寛貴,赤塚次郎,山本直人,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 16   page: 95-104   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  108. 蝦夷錦の14C年代測定が明らかにしたこと

    中村和之,小田寛貴,熊﨑農夫博

    北東アジア国際シンポジウム「サハリンから北東日本海域における古代・中世交流史の考古学的研究」予稿集   Vol. 第1分冊   page: 181-182   2004

     More details

    Language:Japanese  

  109. Non-destructive NIR spectra measurement of dendrochronologically dated antique wood.

    Yonenobu, H., Tsuchikawa, S., Haraguchi, Y., Oda, H. and Nakagawa, T.

    Near Infrared Spectroscopy: Proceedings of the 11th International Conference     page: 1077-1081   2004

     More details

    Language:English  

  110. 加速器質量分析法による考古学資料・歴史学資料の14C年代測定-歴史学的年代の探求という目的に対して,14C年代という自然科学的情報がもつ価値-.

    小田寛貴

    アルカ研究論集   ( 2 ) page: 1-18   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  111. 古文書のAMS14C年代測定-「木食応其の書状の写し」についての測定結果-

    小田寛貴,増田 孝

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 228-231   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  112. 古筆切・古文書のAMS14C年代測定-平安・鎌倉時代の古筆切を中心に-

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 215-227   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  113. 年輪年代と14C年代の比較

    中村俊夫,福本浩士,光谷拓実,丹生越子,小田寛貴,池田晃子,太田友子,藤根 久

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 206-214   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  114. 琵琶湖湖底堆積物の化学的特徴

    南 雅代,平野靖幸,小田寛貴,横田喜一郎

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 181-198   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  115. 鉄製遺物の14C年代測定法のための基礎研究

    江波大樹,小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 83-102   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  116. 近赤外分光法を用いた新しい非破壊年代測定法の開発

    米延仁志,土川 覚,小田寛貴,Heinz W. Siesler

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 74-82   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  117. 尾張地域の弥生時代・古墳時代の土器に付着した炭化物の放射性炭素年代

    木野瀬正典,赤塚次郎,小田寛貴,山本直人,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 15   page: 18-25   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  118. Radiocarbon dating of the sutra container excavated at Minagi Daibutsuyama site, Fukuoka Prefecture, Japan. Reviewed

    Oda, H., Nakamura, T. and Tsukamoto, T.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   Vol. 223-224   page: 686-690   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The historical age of a sutra container (Kyozutsu) excavated at the Minagi Daibutsuyama site was estimated by the AMS method. Radiocarbon ages for samples of the charred sutra kept in the container range from 950 to 1000 BP, corresponding to the first half of the 11th or the middle of the 12th century in the calibrated ages. The radiocarbon ages of wood charcoal blocks excavated around the container range from 1000 to 1100BP, corresponding to calibrated ages from the 10th to the early 11th century. Since the radiocarbon age of wood charcoal can be decades older than the age of production as a result of the old wood effect, the historical age of the sutra container formation is estimated at the first half of the 11th century.

  119. The earliest-known humans in Fiji and their pottery: the first dates from the 2002 excavations at Naitabale (Naturuku), Moturiki Island Reviewed

    Kumar, R., Nunn, P.D., Katayama, K., Oda, H., Matararaba, S. and Osborne, T.

    South Pacific Journal of Natural Science   Vol. 22   page: 15-21   2004

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  120. AMS 14C dating of iron artifacts: Development and application. Reviewed

    Enami, H., Nakamura, T., Oda, H., Yamada, T. and Tsukamoto, T.

    Radiocarbon   Vol. 46 ( 1 ) page: 219-230   2004

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  121. High precision 14C measurements with the HVEE Tandetron AMS system at Nagoya University Reviewed

    Nakamura, T., Niu, E., Oda, H., Ikeda, A., Minami, M., Ohta, T. and Oda, T.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   Vol. 223-224   page: 124-129   2004

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  122. *Radiocarbon dating of Kohitsugire (paper fragments) attributed to Japanese calligraphists in the Heian-Kamakura period Reviewed

    Oda, H., Ikeda, K., Masuda, T. and Nakamura, T.

    Radiocarbon   Vol. 46 ( 1 ) page: 369-375   2004

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Kohitsugire is a paper fragment of an old manuscript written mainly in the Heian and Kamakura period. Although they have significant information for historical, literary and paleographical study because of their antique handwriting and description of historical incidents, there are many copies and counterfeits written several centuries later. In this study, radiocarbon ages of Kohitsugire were measured by the AMS method. On the Kohitsugire attributed to the famous calligraphists in the Kamakura period (Fujiwara no Sadaie and the Prince Munetaka), radiocarbon dating indicated that they were not genuine and should be excluded from the materials for study on the calligraphists. Calibrated radiocarbon ages of the Kohitsugire attributed to Fujiwara no Yukinari indicated the middle Heian period. This calligraphy was written on Tobikumogami paper, which has billowing cloud pattern decorated with indigo blue dyed fiber. Although it was commonly accepted that the Tobikumogami is peculiar to the middle 11th - early 12th century, the results from radiocarbon dating also suggested that the origin of the Tobikumogami would date back to the last 10th or the early 11th century when Fujiwara no Yukinari flourished as a calligraphist. The calibrated radiocarbon age of the Kohitsugire attributed to Nijo Tameuji and Reizei Tamesuke showed that they are fragments of old manuscripts describing lost tales, and were written in the 13th-14th century. Accordingly, radiocarbon dating clarified the existence of ancient tales which had been unknown, and indicated their worth as a material for the study of classical Japanese literature.

  123. 年代既知試料の14C年代測定「加速器質量分析法による歴史時代資料の放射性炭素年代測定-古文書・古筆切・元寇船などの測定結果を中心に-」.

    小田寛貴

    第4回考古科学シンポジウム     page: 33-40   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  124. 愛知県朝日遺跡・月縄手遺跡出土の土器付着炭化物の放射性炭素年代

    木野瀬正典,赤塚次郎,小田寛貴,中村俊夫,山本直人

    第5回考古科学シンポジウム発表要旨     page: 95-101   2003

     More details

    Language:Japanese  

  125. 加速器質量分析法による鉄製遺物の14C年代測定法の開発と応用

    江波大樹,中村俊夫,小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫

    第5回考古科学シンポジウム発表要旨     page: 87-93   2003

     More details

    Language:Japanese  

  126. AMS14C年代測定法の歴史時代資料への適用とその成果-和紙資料の14C年代測定を中心に-.

    小田寛貴

    第5回考古科学シンポジウム発表要旨     page: 61-76   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  127. AMS14C年代測定法と暦年代較正

    小田寛貴

    第44回名大祭考古学研究集会 AMS14C年代測定法による尾張・三河の古墳出現期の年代―現状と課題を中心に―     page: 3-9   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  128. 有機金属の環境指標としての有用性の検討

    安藤邦彦・南雅代・小田寛貴・横田喜一郎・山本鋼志

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 14   page: 155-169   2003

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  129. 琵琶湖における現生珪藻の堆積過程

    尾田武文・有働文雄・小田寛貴・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 14   page: 141-154   2003

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  130. 鉄製遺物における14C年代測定(加速器質量分析法)の有効性と問題点について

    江波大樹・中村俊夫・小田寛貴・丹生越子・山田哲也・塚本敏夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 14   page: 108-116   2003

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  131. 加速器質量分析法による歴史時代資料の放射性炭素年代測定-古文書・古経典・古筆切・版本の測定結果から-

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 14   page: 48-57   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  132. *AMS radiocarbon dating of ancient Japanese documents of known age Reviewed

    Oda, H., Masuda, T., Niu, E. and Nakamura, T.

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   Vol. 255 ( 2 ) page: 375-379   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  133. Fluctuation of zooplankton community in Lake Biwa during the 20th century: a paleolimnological analysis Reviewed

    Tsugeki, N., Oda, H. and Urabe, J.

    Limnology   Vol. 4   page: 101-107   2003

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  134. Non-destructive near infrared spectroscopic measurement of antique washi calligraphic scrolls Reviewed

    Yonenobu, H., Tsuchikawa, S. and Oda, H.

    Journal of Near Infrared Spectroscopy   Vol. 11 ( 5 ) page: 407-411   2003

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  135. Neutron activation analysis of trace elements at sediment-water interface in the Biwa Lake, Japan Reviewed

    Kojima, S., Saito, T., Takada, J., Furukawa, M., Oda, H., Nakamura, T. and Yokota, K.

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   Vol. 255 ( 1 ) page: 119-123   2003

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  136. 14C年代測定の国際比較研究FIRIの結果について

    中村俊夫,小田寛貴,丹生越子,池田晃子,南 雅代,高橋 浩,太田友子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 29-40   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  137. AMSによる天然放射性核種測定における実験室間比較検定の計画

    中村俊夫と日本のAMS研究者一同

    第15回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 104-107   2002

     More details

    Language:Japanese  

  138. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状

    丹生越子・中村俊夫・小田寛貴・池田晃子・太田友子・石塚友希夫・江波大樹

    第15回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 17-20   2002

     More details

    Language:Japanese  

  139. 土器付着炭化物の加速器質量分析法による14C年代測定

    小田寛貴,山本直人

    金沢市藤江C遺跡Ⅳ・Ⅴ:金沢西部地区土地区画整理事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書   Vol. 12 ( 第1分冊(縄文時代編) ) page: 118-119   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  140. 加速器質量分析法による山岸文庫蔵『伝公条本源氏物語』の14C年代測定.

    小田寛貴,横井 孝,野村精一,上野英子,丹生越子,中村俊夫

    実践女子大学文芸資料研究所年報   Vol. 21   page: (1)-(15)   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  141. 古文書のAMS14C年代―年代既知の古文書五点と伝藤原行成古筆切の測定結果―.

    小田寛貴,増田 孝

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 189-194   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  142. 青銅爵付着物について測定された14C濃度の報告

    小田寛貴,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 186-188   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  143. 愛知県安城市堀内貝塚の14C年代測定

    小田寛貴,山本直人

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 170-176   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  144. 縄文土器のAMS14C年代(6)

    山本直人,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 167-169   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  145. 弥生土器・古式土師器のAMS14C年代.

    小田寛貴,山本直人

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 161-166   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  146. 福岡県三奈木大佛山遺跡出土経筒の14C年代―経筒内炭化紙片・経塚石室内木炭の測定結果から―

    小田寛貴,中村俊夫,塚本敏夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 139-146   2002

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  147. 琵琶湖南湖の湖底堆積物のSr同位体比

    南 雅代,小田寛貴,小島貞男,横田喜一郎,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 13   page: 71-81   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  148. Termite ecology in a dry evergreen forest in Thailand in terms of stable- (δ13C and δ15N) and radio(14C, 137Cs and 210Pb) isotopes Reviewed

    Tayasu, I., Nakamura, T., Oda, H., Hyodo, F., Takematsu, Y. and Abe, T.

    Ecological Research   Vol. 17   page: 195-206   2002

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  149. 名古屋大学タンデトロン1号機・2号機による古文書の14C年代測定

    小田寛貴,増田 孝,丹生越子,中村俊夫

    「第3回加速器質量分析シンポジウム-我が国におけるAMS研究」第9回東京大学原子力研究総合センターシンポジウム     page: 155-158   2001

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  150. IAEA標準試料の14CAMS測定とFIRIの結果.

    中村俊夫・小田寛貴・丹生越子・池田晃子・南 雅代・高橋 浩・太田友子

    第14回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 88-91   2001

     More details

    Language:Japanese  

  151. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状.

    丹生越子・中村俊夫・小田寛貴・池田晃子・太田友子

    第14回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書     page: 15-18   2001

     More details

    Language:Japanese  

  152. 加速器質量分析法と歴史学―古文書のAMS14C年代測定―

    小田寛貴

        page: 1-6   2001

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  153. 縄文土器のAMS14C年代(5).

    山本直人,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 215-219   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  154. 縄文後・晩期集落の存続期間に関する一試行-石川県御経塚遺跡を中心に-.

    山本直人,小田寛貴,吉田 淳

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 113-117   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  155. 製鉄遺跡の14C年代測定.

    山田哲也,塚本敏夫,小田寛貴,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 103-112   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  156. 加速器質量分析法による智者山神社・敬満大井神社棟札等の14C年代測定

    宮本 勉,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 93-102   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  157. 加速器質量分析法による古筆切および古文書の14C年代測定.

    池田和臣,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 89-92   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  158. 山岸文庫蔵『伝公条本源氏物語』のAMS14C年代

    横井 孝,小田寛貴,野村精一,中村俊夫,上野英子,丹生越子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 80-88   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  159. 江戸初期の版本の14C年代測定.

    吉沢康和,小田寛貴,中村俊夫,藤田恵子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 72-79   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  160. 古文書のAMS14C年代-近世の古文書と浄瑠璃寺阿弥陀如来像印仏の測定結果-

    小田寛貴,増田 孝

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 63-71   2001

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  161. 加速器質量分析法による古文書・古経典等の14C年代測定-年代既知資料による検証とその応用研究-.

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 44-62   2001

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  162. 名古屋大学タンデトロン2号機による14C濃度既知の標準試料(IAEA C1-C8)の測定-測定精度と正確度の検定-

    中村俊夫,小田寛貴,丹生越子,池田晃子,南 雅代,高橋 浩,太田友子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 12   page: 35-43   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  163. Fluctuations of nitrogen isotope ratio of gobiid fish (Isaza) specimens and sediments in Lake Biwa, Japan during the 20th century Reviewed

    Ogawa, O. N., Koitabashi, T., Oda, H., Nakamura, T., Ohkouchi, N and Wada, E.

    Limnology and Oceanography   Vol. 46 ( 5 ) page: 1228-1236   2001

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  164. Radiocarbon dating of charred residues on the earliest pottery in Japan Reviewed

      Vol. 43 ( 2B ) page: 1129-1138   2001

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  165. 縄文土器のAMS14C年代と較正年代 -石川県の縄文前期~晩期を中心に- Reviewed

    小田寛貴,山本直人

    考古学と自然科学   Vol. 42   page: 1-13   2001

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  166. Holocene dwarf mammoth teeth from Wrangel Island in the Siberian Arctic Reviewed

    Ohta, K., Akiyama, M., Inuzuka, N., Arai, K., Nakamura, T., Oda, H. and Tikhonov, AN

    Earth Science   Vol. 55 ( 6 ) page: 357-360   2001

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  167. AMS 14C dating of wooden anchors and planks excavated from submerged wrecks located at Takashima in Imari Bay, Nagasaki Prefecture Reviewed

    Suzuki, K., Oda, H., Ogawa, M., Niu, E., Ikeda, A., Nakamura, T. and Matsuo, A.

    Proceedings of the Japan Academy   Vol. 77B ( 7 ) page: 131-134   2001

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  168. 加速器質量分析法による古文書の14C年代測定

    小田寛貴

    愛知文教大学地域文化センター叢刊   Vol. 11   page: 5-8   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  169. 加速器質量分析法による14C年代測定-その基本的原理と古文書への適用-

    小田寛貴

    放射線と産業   Vol. 86   page: 28-33   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  170. 加速器質量分析計による古文書の放射性炭素年代測定-「十一面観音法」紙背書状・吉田冬方奉御教書の年代測定の試み-

    小田寛貴,増田 孝

    明治大学学芸員養成課程紀要   Vol. 11   page: 9-18   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  171. 八ヶ岳崩壊で発生した大月川岩屑流堆積物中の埋れ木の14C年代測定.

    奥田陽介,川上紳一,中村俊夫,小田寛貴,池田晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 11   page: 195-199   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  172. 弥生土器のAMS14C年代(1)

    山本直人,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 11   page: 162-163   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  173. 縄文土器のAMS14C年代(4).

    山本直人,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 11   page: 160-161   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  174. 加速器質量分析法による古文書および古経典の14C年代測定

    小田寛貴,増田 孝,吉沢康和,藤田恵子,中村俊夫,古川路明

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 11   page: 123-145   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  175. 名古屋大学タンデトロン1号機の共同利用実績と現状

    中村俊夫,小田寛貴,池田晃子,丹生越子,南 雅代,吉岡茂雄,太田友子,高橋 浩,足立 守

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 11   page: 38-50   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  176. *AMS radiocarbon dating of ancient Japanese sutras Reviewed

    Oda, H., Yoshizawa, Y., Nakamura, T. and Fujita, K.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B.   Vol. 172   page: 736-740   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  177. The HVEE Tandetron AMS system at Nagoya University Reviewed

    Nakamura, T. Niu, E. Oda, H. Ikeda, A. Minami, M. Takahashi, H. Adachi, M. Pals, L. Gottdang, A. and Suya, N.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B.   Vol. 172   page: 52-57   2000

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  178. 沖縄県与那国島の遺跡様海底地形関連試料の放射性炭素年代測定

    中村俊夫,木村政昭,石川賀子,小田寛貴

    月刊地球「沖縄の海底遺跡(?)と地殻変動」   Vol. 22 ( 2 ) page: 93-100   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  179. クック諸島マンガイア島ワイロロンガ遺跡出土木炭の放射性炭素年代

    小田寛貴,中村俊夫,片山一道

    第12回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 73-76   2000

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  180. A wet method of carbon extraction from iron artifacts for 14C age measurement with AMS Reviewed

    Oda, H., Nakamura, T. and Furukawa, M.

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   Vol. 239 ( 3 ) page: 561-564   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  181. 名古屋大学タンデトロン年代測定システムⅠ,Ⅱの現状

    中村俊夫,小田寛貴,丹生越子,池田晃子,南雅代,太田友子,高橋浩,ルディ・パルス

    第11回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 11-16   1999

     More details

    Language:Japanese  

  182. 八剣貝塚・東端貝塚の放射性炭素年代測定

    山本直人,小田寛貴

    安城市史だより   Vol. 5   page: 5   1999

     More details

    Language:Japanese  

  183. 14C concentration of DIC in Pacific Ocean water from 1968 to 1969.

    Nakamura, T., Tsubota, H., Nakai, N. and Oda, H.

        page: 539-543   1999

     More details

    Language:English  

  184. A study of accelerator mass spectrometric radiocarbon dating of palm leaf manuscripts from India

    Sunder, S., Oda, H. and Nakamura, T.

      Vol. 15   page: 23-28   1999

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  185. AMS14C年代測定法-測定の原理と古文書への適用-

    小田寛貴

    「いま,歴史資料を考える」名古屋大学文学部創設50周年記念公開シンポジウム報告集     page: 75-89   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  186. 名古屋大学加速器年代測定システムⅠ,Ⅱ号機の現状

    中村俊夫,小田寛貴,池田晃子,丹生越子,南雅代,吉岡茂雄,太田友子,高橋浩,足立守,ルディ パルス

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 10   page: 5-17   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  187. 製鉄実験による鉄製品の14C年代測定原理の検証と展望

    山田哲也,塚本敏夫,小野直俊,小田寛貴,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 10   page: 87-96   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  188. 古代鉄の製法技術に関する冶金学的,年代学的考察.

    小野直俊,佐野正道,桑原 守,中村俊夫,小田寛貴,平沢政広

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 10   page: 77-86   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  189. 香川県高松市福岡町におけるボーリング・コアのAMS14C年代測定-高松平野第四紀層中の火山灰の同定-

    川村教一,小田寛貴,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 10   page: 185-188   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  190. クック諸島マンガイア島ワイロロンガ遺跡出土木炭の放射性炭素年代

    小田寛貴,中村俊夫,片山一道

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 10   page: 103-111   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  191. 加速器質量分析計による古文書の14C年代測定-書跡史の立場から見たその可能性と限界-

    小田寛貴,増田孝,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 10   page: 60-67   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  192. 加速器質量分析による高精度14C年代測定.

    中村俊夫,丹生越子,小田寛貴

    月刊地球「高精度年代決定法とその応用-第四紀を中心として-」   ( 号外(26) ) page: 14-22   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  193. AMS radiocarbon dating of ancient Japanese documents.

        page: 215-218   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

  194. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機による古文書資料の14C年代測定

    小田寛貴,吉沢康和,中村俊夫,藤田恵子

    加速器質量分析シンポジウム「加速器質量分析法(AMS)の世界-我が国におけるAMS研究-」     page: 57-60   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  195. 名古屋大学加速器年代測定システムⅠ,Ⅱの現状.

    中村俊夫,小田寛貴,丹生越子,池田晃子,南雅代,太田友子,高橋浩,ルディ・パルス

    加速器質量分析シンポジウム「加速器質量分析法(AMS)の世界-我が国におけるAMS研究-」     page: 22-29   1999

     More details

    Language:Japanese  

  196. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫

    第11回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 108-111   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  197. 14C dating ancient Japanese documents. Reviewed

    Oda, H., Nakamura, T. and Furukawa, M.

    Radiocarbon   Vol. 40 ( 2 ) page: 701-705   1998

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  198. Isotopic analysis and cycling of dissolved inorganic carbon at Lake Biwa, Central Japan Reviewed

    Nakamura, T., Kojima, S., Ohta, T., Oda, H., Ikeda, A., Okuno, M., Yokota, K., Mizutani, Y. and Kretschmer, W.

    Radiocarbon   Vol. 40 ( 2 ) page: 933-944   1998

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  199. 14C年代測定用鉄試料からの湿式炭素抽出法

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    国立環境研究所タンデム加速器分析施設レポートNo.2(第10回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告書)     page: 80-83   1998

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  200. 古代鉄の製法技術に関する冶金学的および年代学的考察

    小野直俊,桑原 守,佐野正道,平出正孝,中村俊夫,小田寛貴,平沢政広

    名古屋大学古川総合研究資料館報告   Vol. 14   page: 27-35   1998

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  201. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計による古文書資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 9   page: 324-334   1998

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  202. 愛媛県西宇和郡三崎町名取梶谷鼻沖で採取されたナウマン象の臼歯のAMS14C年代.

    中村俊夫,太田友子,宮本雅三,南雅代,小田寛貴,池田晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 9   page: 286-297   1998

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  203. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機および2号機の現状

    中村俊夫,小田寛貴,池田晃子,南雅代,足立守

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 9   page: 126-139   1998

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  204. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計による文化財資料の放射性炭素年代測定

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 9   page: 108-119   1998

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  205. 角筆および和紙の加速器質量分析法による14C年代測定 Reviewed

    吉沢康和,藤田恵子,小田寛貴,中村俊夫,小林芳規

    考古学と自然科学   Vol. 34   page: 21-36   1997

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  206. 加速器質量分析法による木曽ヒノキ年輪試料の14C年代測定-試料調製法,ならびに,既存較正曲線との比較結果-

    小田寛貴,米延仁志,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 8   page: 17-23   1997

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  207. 加速器質量分析(AMS)法による14C年代測定の現状と考古学・文化財科学への応用

    中村俊夫,小田寛貴

    月刊地球「南九州の火山噴火と遺跡の年代」   Vol. 19 ( 4 ) page: 201-207   1997

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  208. 中世・古代鉄器の年代測定

    山田淳子,平沢政広,中村俊夫,井垣謙三,小田寛貴,青木浩

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 8   page: 267-270   1997

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  209. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計による金唐革-消失した西洋の皮革工芸技法-の14C年代測定.

    小田寛貴,徳力雪哉,中村俊夫,亀永孝義

    名古屋大学古川総合研究資料館報告   Vol. 13   page: 85-90   1997

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  210. 加速器質量分析計による木曽ヒノキ年輪試料・古文書資料の14C年代測定-14C年代・暦年代・歴史学的年代の関係-

    小田寛貴,米延仁志,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    加速器質量分析シンポジウム     page: 120-125   1997

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  211. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機,2号機の現状と将来計画

    中村俊夫,小田寛貴,池田晃子,吉岡茂雄,太田友子,足立守

    加速器質量分析シンポジウム     page: 1-11   1997

     More details

    Language:Japanese  

  212. 14C年代測定用鉄試料からの湿式炭素抽出法

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 8   page: 258-266   1997

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  213. 加速器質量分析計による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 7   page: 21-30   1996

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  214. 加速器質量分析法による樹木年輪試料の14C年代測定

    小田寛貴,米延仁志,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    第9回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 72-75   1996

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  215. 名古屋大学タンデトロン加速器年代測定施設の現状

    中村俊夫,池田晃子,太田友子,奥野充,伊藤誠介,小田寛貴,青木浩,足立守

    第9回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 18-21   1996

     More details

    Language:Japanese  

  216. 加速器質量分析法による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    第8回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 66-69   1996

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  217. 名古屋大学タンデトロン加速器施設の現状

    中村俊夫,池田晃子,太田友子,奥野充,小田寛貴,青木浩,柴田賢

    第8回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 20-25   1996

     More details

    Language:Japanese  

  218. 加速器質量分析計による14C/13C比測定における同位体効果の補正(Ⅱ)-t14CとD14Cとの関係式についての問題-

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計報告書   Vol. 7   page: 310-320   1996

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  219. 『今昔物語集』「鈴鹿本」の加速器質量分析法による14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 6   page: 99-117   1995

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  220. 現在の日本文化財科学に加えられる問題点-今後の克服のために-

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   Vol. 6   page: 227-231   1995

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  221. 加速器質量分析計による14C/13C比測定における同位体効果の補正

    小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計報告書   Vol. 5   page: 244-251   1994

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  222. 加速器質量分析法による文化財関連資料のC-14年代測定とその問題点

    中村俊夫,小田寛貴,池田晃子,太田友子,古川路明

    第7回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会報告集     page: 100-105   1994

     More details

    Language:Japanese  

  223. 樹木年輪を利用した火山噴火の年代決定-浅間山天明の噴火(1783年)を例にして-

    熊谷博之,小田寛貴,中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計報告書   Vol. 5   page: 217-236   1994

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  224. タンデトロン加速器質量分析計による14C測定における同位体分別の補正について-14C年代算出の手引き-

    中村俊夫,池田晃子,小田寛貴

    名古屋大学加速器質量分析計報告書   Vol. 5   page: 237-243   1994

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

▼display all

Books 14

  1. 加速器質量分析法による和紙資料の14C年代測定法-測定法の原理と古文書・古筆切への適用-.木俣元一,近本謙介 編『宗教遺産テクスト学の創生』

    小田寛貴( Role: Contributor)

    勉誠出版  2022.3  ( ISBN:978-4-653-04048-4

     More details

    Total pages:728   Language:Japanese

  2. 歴史時代資料の14C年代測定―古文書・古筆切の測定を中心に―.中條利一郎,酒井英男,石田 肇 編『考古学を科学する』

    小田寛貴( Role: Sole author)

    臨川書店  2011.9  ( ISBN:978-4-653-04048-4

     More details

    Language:Japanese

  3. 中国・北朝鮮国境白頭山の10世紀巨大噴火―放射性炭素法による高精度年代測定法―.中條利一郎,酒井英男,石田 肇 編『考古学を科学する』

    中村俊夫,奥野 充,小田寛貴,南 雅代( Role: Joint author)

    臨川書店  2011.9  ( ISBN:978-4-653-04048-4

     More details

    Language:Japanese

  4. ヌルガン都司の設置と先住民との交易-銅雀台瓦硯と蝦夷錦をめぐって-.『中世東アジアの周縁世界』,,179-189.

    中村和之,小田寛貴( Role: Joint author)

    同成社  2009.11 

     More details

    Language:Japanese

  5. 蝦夷錦と北のシルクロード.『アイヌ文化の成立と変容-交易と交流を中心として【下】北東アジアのなかのアイヌ世界』

    中村和之,小田寛貴( Role: Joint author)

    岩田書院  2008.11 

     More details

    Language:Japanese

  6. 第1章 縄文時代,特論6 堀内貝塚の放射性炭素年代測定.安城市史編集委員会 編『新編 安城市史10 資料編 考古』

    小田寛貴( Role: Sole author)

    安城市  2004 

     More details

    Language:Japanese

  7. 第5章 中世,特論6 木戸城跡の放射性炭素年代測定.安城市史編集委員会 編『新編 安城市史10 資料編 考古』

    小田寛貴( Role: Sole author)

    安城市  2004 

     More details

    Language:Japanese

  8. 第3章 古墳時代,特論3 釈迦山遺跡・中挟間遺跡の放射性炭素年代測定.安城市史編集委員会 編『新編 安城市史10 資料編 考古』

    小田寛貴,加納俊介( Role: Joint author)

    安城市  2004 

     More details

    Language:Japanese

  9. 第一部 考古,第一章 縄文時代,第三節 御経塚遺跡の自然科学的分析,(二)土器付着炭化物の放射性炭素年代.野々市町史編纂専門委員会 編『野々市町史 資料編1 考古,古代・中世』

    小田寛貴,山本直人( Role: Joint author)

    石川県野々市町  2003 

     More details

    Language:Japanese

  10. Concentration and oxidation states of iron related to sediment - water interaction in Lake Biwa, Japan. Environmental Radiochemical Analysis

    The Royal Society of Chemistry( Role: Joint author)

    Kojima, S., Furukawa, M., Sakai, Y., Ohshita, K., Oda, H., Nakamura, T., Yokota, K. and Yamamoto, M.  1999 

     More details

    Language:English

  11. Radiocarbon dating of charcoal samples excavated from Vairoronga site, Mangaia island, Southern Cook Islands, Polynesia. Prehistoric Cook Islands: people, life and language. Part 1. Anthropology and Archaeology. Katayama, K. and Shibata, N. eds.

    Oda, H., Nakamura, T. and Katayama, K.( Role: Joint author)

    The Cook Islands Library and Museum Society  1999 

     More details

    Language:English

  12. 加速器質量分析計による炭素-14年代測定法. 平尾良光,山岸良二 編『文化財を探る科学の目 第一巻「化石・骨・木製品を探る」』

    小田寛貴,中村俊夫( Role: Joint author)

    国土社  1998 

     More details

    Language:Japanese

  13. 14C法によるバイカル湖湖底堆積物の年代測定. 井上源喜,柏谷健二,箕浦幸治 編『地球環境変動の科学-バイカル湖ドリリングプロジェクト-』

    中村俊夫,小田寛貴( Role: Joint author)

    古今書院  1998 

     More details

    Language:Japanese

  14. 鈴鹿本今昔物語集の年代測定. 安田章 編『鈴鹿本「今昔物語集」-影印と考証-』

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明( Role: Joint author)

    京都大学学術出版会  1997 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 195

  1. 炭素14で見た古文書・古筆切no世界 Invited

    小田寛貴

    宇宙地球環境研究所談話会  2023.12.20 

     More details

    Event date: 2023.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市   Country:Japan  

  2. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業(名古屋大学模擬授業)  2023.12.9 

     More details

    Event date: 2023.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋大学情報学研究科棟(名古屋)   Country:Japan  

  3. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校進路講演会  2023.5.11 

     More details

    Event date: 2023.5

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立名東高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  4. 青銅器への炭素14年代測定法適用の可能性-道成寺鐘巻銅鐸・出雲大社垂木先金具の測定結果から-

    小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫

    貨幣考古学2022年度研究会  2022.12.16 

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:淑徳大学東京キャンパス(東京都)   Country:Japan  

  5. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業(名古屋大学模擬授業)  2022.12.10 

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋大学情報学研究科棟(名古屋)   Country:Japan  

  6. 14C年代測定による妖怪「千々乱風」の復活

    小田寛貴,三浦太一

    第23回AMSシンポジウム  2022.12.1 

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:ホテルキャッスル山形(山形市)   Country:Japan  

  7. 青銅器に対する炭素14年代測定の可能性と寛治元年銘経筒の炭素14年代

    小田寛貴

    寛治元年銘経筒検討会  2022.10.1 

     More details

    Event date: 2022.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良市   Country:Japan  

  8. 炭素14で探る歴史時代-蝦夷錦・古文書・鉄の年代測定- Invited

    小田寛貴

    令和4年度函館市北方民族資料館特別企画  2022.8.6 

     More details

    Event date: 2022.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:函館市   Country:Japan  

  9. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校進路講演会  2022.5.9 

     More details

    Event date: 2022.5

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立名東高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  10. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  2021.12.10 

     More details

    Event date: 2021.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋大学文学部(名古屋市)   Country:Japan  

  11. 放射性炭素で古文書を読む Invited

    小田寛貴

    NPO法人放射線教育フォーラム2021年度第2回勉強会  2021.11.23 

     More details

    Event date: 2021.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:(オンライン)   Country:Japan  

  12. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2021.10.18 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  13. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2021.9.27 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)(オンライン)   Country:Japan  

  14. 妖怪 千々乱風 復活-伝説と,遺跡と文書と,C14- Invited

    小田寛貴,三浦太一

    2021年度核化学夏の学校  2021.8.26 

     More details

    Event date: 2021.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:(オンライン)   Country:Japan  

  15. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校進路講演会  2021.5.10 

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立名東高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  16. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  2020.12.5 

     More details

    Event date: 2020.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:岐阜県立加納高等学校(岐阜市)   Country:Japan  

  17. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2020.10.26 

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  18. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2020.9.28 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  19. 美福門院藤原得子発願紺紙金字一切経の放射性炭素年代測定-平安時代におけるZn利用に関する自然科学的物証-

    小田寛貴,西山要一,池田和臣

    日本放射化学会第64回討論会  2020.9.9 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪大学主催(オンライン)   Country:Japan  

  20. 奈良・平安・鎌倉時代の金泥・銀泥経とされる古写経の放射性炭素年代測定:美福門院願経(荒川経)の書写年代を中心に

    小田寛貴,西山要一,池田和臣

    文化財科学会第37回大会  2020.9.5 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:別府大学主催(オンライン)   Country:Japan  

  21. 加速器質量分析法による歴史資料の年代測定-放射性炭素でみた古文書の世界- Invited

    小田寛貴

    第55回 RI・放射線利用促進セミナー  2020.2.21 

     More details

    Event date: 2020.2

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋商工会議所第5会議室(名古屋市)   Country:Japan  

  22. 青銅器の放射性炭素年代測定法の可能性と問題点-加熱分解温度の上昇に伴う年代値の変化-

    小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫,山形秀樹,竹原弘展,中村賢太郎,加藤丈典

    第2回文理融合シンポジウム 量子ビームで歴史を探る -加速器が紡ぐ文理融合の地平-  2019.12.26 

     More details

    Event date: 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪大学中之島センター(大阪府)   Country:Japan  

  23. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  2019.12.21 

     More details

    Event date: 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋大学研究所共同館II(名古屋市)   Country:Japan  

  24. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2019.10.28 

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  25. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2019.9.30 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  26. J-PARC(大強度陽子加速器施設)内村松白根遺跡出土遺物の14C年代と東海村村松虚空蔵堂所蔵文書と千々乱風伝説の関係

    小田寛貴,三浦太一

    日本放射化学会第63回討論会  2019.9.26 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:いわき産業創造館(福島県いわき市)   Country:Japan  

  27. 青銅器の炭素14年代測定の可能性と問題点:緑青の加熱分解炭素抽出法について

    小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫,山形秀樹,竹原弘展,中村賢太郎,加藤丈典

    文化財科学会第36回大会  2019.6.2 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京藝術大学(東京都)   Country:Japan  

  28. Radiocarbon dating of kohitsugire calligraphies that have been thought to be written in Insei period (AD1050–AD1190) by kana letter International conference

    Oda, H., Ikeda, K.

    Radiocarbon and archaeology 9th International Symposium  2019.5.21 

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:The Athens Classic Center, Athens, Georgia (USA)   Country:United States  

  29. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校進路講演会  2019.5.13 

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立名東高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  30. 放射性炭素でみた古文書の世界

    小田寛貴

    平成31年度放射性同位元素等取扱者継続登録者教育訓練  2019.4.9 

     More details

    Event date: 2019.4

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:大阪大学吹田キャンパス,コンベンションセンター3F,MOホール(大阪府吹田市)   Country:Japan  

  31. 放射性炭素でみた古文書の世界

    小田寛貴

    平成31年度放射性同位元素等取扱者継続登録者教育訓練  2019.4.10 

     More details

    Event date: 2019.4

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:大阪大学吹田キャンパス,コンベンションセンター3F,MOホール(大阪府吹田市)   Country:Japan  

  32. Radiocarbon dating of ancient Japanese documents by AMS: Check with paper samples of known age and application to kohitsugire calligraphy International conference

    Oda, H.

    Gardens: History. Reception, and Scientific Analyses  2019.2.24 

     More details

    Event date: 2019.2

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Nagoya University (Japan)   Country:Japan  

  33. 古文書の書跡学的年代と自然科学的年代との関係-特に,平安末期から鎌倉初期の書風について-

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,吉澤康和,坂本昭二,中村俊夫

    第31回(2018年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2019.1.31 

     More details

    Event date: 2019.1 - 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  34. 大学院理系研究室におけるPIのリーダーシップ行動

    谷口勇人,小田寛貴

    第31回(2018年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2019.1.31 

     More details

    Event date: 2019.1 - 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  35. 鉄器の湿式試料調製法にみられる外来炭素汚染の評価

    小田寛貴,江波大樹,中村俊夫

    第31回(2018年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2019.1.31 

     More details

    Event date: 2019.1 - 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  36. 青銅器の乾式試料調製法にみられる外来炭素汚染の評価

    小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫,加藤丈典

    第31回(2018年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2019.1.31 

     More details

    Event date: 2019.1 - 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  37. 伝説に関連する可能性の高い遺跡と古文書およびその年代測定

    小田寛貴,三浦太一,中村俊夫

    第31回(2018年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2019.1.31 

     More details

    Event date: 2019.1 - 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  38. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  2018.12.22 

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋大学研究所共同館II(名古屋市)   Country:Japan  

  39. 青銅器の緑青を試料とした14C年代測定の可能性

    小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫

    ミューオンによる非破壊分析の可能性-考古学・文化財への応用を考える-  2018.11.13 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市)   Country:Japan  

  40. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2018.11.5 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  41. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2018.10.15 

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  42. 放射性炭素年代と古記録から探る山丹交易の起源について

    小田寛貴,中村和之

    2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会  2018.9.19 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:京都大学吉田キャンパス(京都市)   Country:Japan  

  43. 歴史上有名な人物の手になるとされる書の自然科学的真贋判定

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明,坂本昭二

    2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会  2018.9.18 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:京都大学吉田キャンパス(京都市)   Country:Japan  

  44. 加速器質量分析法による古文書・古経典・古筆切の放射性炭素年代測定 -作成年代・書写年代・印刷年代・制作年代既知史料の測定により求めた書跡学的年代および書風と自然科学的年代の関係-

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,坂本昭二

    2018年度日本地球化学会第65回年会  2018.9.13 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良女子大学(奈良市)   Country:Japan  

  45. 奈良時代に書写・印刷された経切の14C年代測定

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明,坂本昭二

    文化財科学会第35回大会  2018.7.7 

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良女子大学(奈良市)   Country:Japan  

  46. Dating the ages of ancient calligraphy fragments attributed to important persons in Japanese history: Nakatomi no Kamatari, Ono no Tōfū, Saigyō, and Retired Emperor Gotoba International conference

    Oda, H., Ikeda, K. and Yasu, H.

    The 23rd International Radicarbon Conference  2018.6.18 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Trondheim (Norway)   Country:Norway  

  47. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-,大学進学のため,高校時代に何をすべきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校進路講演会  2018.5.7 

     More details

    Event date: 2018.5

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市立名東高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  48. 蝦夷錦の14C年代測定と山丹交易の開始について

    小田寛貴,中村和之

    第30回(2017年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2018.2.1 

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  49. 古写経切の14C年代測定-奈良時代古写経を中心に-

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明,坂本昭二

    第30回(2017年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム  2018.2.1 

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  50. Radiocarbon dating of bronze implement Invited International conference

    Oda, H., Yasu, H., Sakamoto, S. and Ikeda, K.

    Invite lecture at the Russian Academy of Science 

     More details

    Event date: 2017.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Vladivostok (Russia)   Country:Russian Federation  

  51. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  52. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  53. Indirect radiocarbon dating of the Shibunritu sutra brought by the priest Ganjin International conference

    Oda, H., Yasu, H., Sakamoto, S. and Ikeda, K.

    6th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC 17) 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Jeju (Korea)   Country:Korea, Republic of  

  54. 飛鳥・奈良・平安時代の代表的な古経典の14C年代測定

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明

    2017日本放射化学会年会・第61回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:筑波大学筑波キャンパス(茨城県つくば市)   Country:Japan  

  55. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-,大学進学のため,高校時代に何をすべきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校大学訪問講演会 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学研究所共同館II(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  56. Radiocarbon dating of the ancient Japanese calligraphies attributed to famous calligraphists International conference

    Oda, H. and Ikeda, K.

    14th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Ottawa (Canada)   Country:Canada  

  57. 院政期書写とされる仮名古筆切の14C年代-伝藤原行成筆未詳散らし歌切および伝源俊頼筆民部切を例に-

    小田寛貴,池田和臣

    文化財科学会第34回大会 

     More details

    Event date: 2017.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東北芸術工科大学(山形県山形市)   Country:Japan  

  58. 無量光院跡出土の青銅製飾り金具の14C年代測定

    小田寛貴

    科学研究費挑戦萌芽研究「奥州藤原氏と蝦夷が島の砂金」研究会議 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:函館工業高等専門学校専攻科棟3階プレゼンルーム(北海道函館市)   Country:Japan  

  59. 年代測定はどうしてできるのか-北斗市矢不来3遺跡出土土器,古文書・古筆切への応用を例にして- Invited

    小田寛貴

    北斗市『成人大学講座』 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北斗市郷土資料館交流スペース(北海道北斗市)   Country:Japan  

  60. 北海道伊達市有珠オヤコツ遺跡出土鐔の14C年代測定

    小田寛貴

    国際シンポジウム「中近世のアイヌ文化の再構築をめざした学融合的研究」 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:函館工業高等専門学校専攻科棟3階プレゼンルーム(北海道函館市)   Country:Japan  

  61. 「院政期書写」の仮名古筆切の14C年代測定

    小田寛貴,池田和臣

    名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム 

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  62. 大学院理系研究室のマネジメント

    谷口勇人,小田寛貴

    名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム 

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  63. 顕微鏡観察と書誌学的考察によるツレ判定を併用した古筆切の間接的14C年代測定

    小田寛貴,安 裕明,坂本昭二,池田和臣

    名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム 

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  64. 塩基性炭酸銅・緑青・孔雀石の自己分解温度と14C年代測定に最適な緑青の分解温度

    小田寛貴,山田哲也,塚本敏夫,加藤丈典

    名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム 

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学宇宙地球環境研究所(名古屋市)   Country:Japan  

  65. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  66. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合講演会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  67. 青銅器の緑青を用いた年代測定の可能性

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也・加藤丈典

    名古屋大学宇宙地球環境研究所・年代測定研究部シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流館(名古屋市)   Country:Japan  

  68. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校1年学びの講演会 

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  69. Indirect radiocarbon dating using microscopic observation and bibliographical evaluation of calligraphy International conference

    Oda, H., Yasu, H., Sakamoto, S. and Ikeda, K.

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (PACIFICHEM2015) 

     More details

    Event date: 2015.12

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:United States  

  70. Radiocarbon Dating of Ancient Japanese Document and Calligraphy International conference

    Oda, H., Ikeda, K., Yasu, H. and Sakamoto, S.

    Founding Symposium for the Institute for Space-Earth Environmental Research 

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Nagoya (Japan)   Country:Japan  

  71. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会 

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  72. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題 Invited

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  73. 青銅器に対する炭素14年代測定の可能性―出雲大社本殿垂木先金具の測定結果から―

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也

    2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)   Country:Japan  

  74. 理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学) 

     More details

    Event date: 2015.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  75. 青銅器の炭素14年代測定の可能性と考古学資料への適用

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也,加藤丈典

    文化財科学会第32回大会 

     More details

    Event date: 2015.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京学芸大学武蔵小金井キャンパス(東京都小金井市)   Country:Japan  

  76. 歴史時代資料の年代測定-古文書・古筆切の炭素14年代測定

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明,坂本昭二

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     More details

    Event date: 2015.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:筑波大学大学会館(茨城県つくば市)   Country:Japan  

  77. 炭素14年代測定法の原理と古筆切への適用

    小田寛貴

    古筆の会in名古屋 

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:GS第一伏見ビルぎゃらり壺中天(名古屋市)   Country:Japan  

  78. 青銅器の14C年代測定の可能性と有珠オヤコツ遺跡出土の鐔への適用

    小田寛貴

    基盤(B)「中近世のアイヌ文化の再構築をめざした学融合的研究」平成26年度研究会議 

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:函館工業高等学校プレゼンテーションルーム(北海道函館市)   Country:Japan  

  79. 青銅器の14C年代測定の可能性と道成寺鐘巻銅鐸への適用

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也,加藤丈典

    第17回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:筑波大学大学会館(茨城県つくば市)   Country:Japan  

  80. 顕微鏡観察と書誌学的考察を併用した「非破壊」14C年代測定法―鑑真将来四分律等を例として―

    小田寛貴,坂本昭二,安 裕明,池田和臣

    第17回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:筑波大学大学会館(茨城県つくば市)   Country:Japan  

  81. 炭素14で見た古文書・古筆の世界-理系と文系の境界での研究-

    小田寛貴

    平成26年度「土岐市民大学講座」 

     More details

    Event date: 2014.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:セラトピア土岐(岐阜県土岐市)   Country:Japan  

  82. 古筆切の顕微鏡観察・書誌学的考察を用いた間接的14C年代測定法―鑑真将来四分律等を例として―

    小田寛貴,坂本昭二,安 裕明,池田和臣

    2014日本放射化学会年会・第58回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学工学部IB電子情報館   Country:Japan  

  83. 青銅器に対する14C年代測定法適用の可能性

    小田寛貴,塚本敏夫,山田哲也,加藤丈典

    2014日本放射化学会年会・第58回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学工学部IB電子情報館   Country:Japan  

  84. 理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学) 

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  85. 鑑真が将来した四分律と,正倉院聖語蔵経巻およびある四分律の古写経切との関係-年代測定・顕微鏡観察・書誌学的考察の結果から-

    小田寛貴,坂本昭二,安 裕明

    日本文化財科学会第31回大会 

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良教育大学講義棟   Country:Japan  

  86. 古文書・古経典・古筆切の年代測定とその史料的価値の判定―現在までの21年間の共同研究を総括し,今後の展望を述べる―

    小田寛貴,増田 孝,池田和臣,安 裕明,坂本昭二,中村俊夫,吉澤康和,古川路明

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2014.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学環境総合館1Fレクチャーホール   Country:Japan  

  87. Radiocarbon Dating of Ancient Japanese Calligraphy Sheets:Check with Ancient Documents of Known Age and Its Application to Kohitsugire Calligraphies International conference

    Oda, H., Ikeda, K., Yasu, H., Sakamoto, S.

    5th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC 13) 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  88. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-,大学進学後のため,高校時代に何をすべきか

    小田寛貴

    名古屋市立名東高等学校大学見学会講演会 

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学博物館(名古屋)   Country:Japan  

  89. 理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学) 

     More details

    Event date: 2013.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  90. 古文書・古経典・古筆切の炭素14年代と書跡史学的年代

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,坂本昭二

    第50回アイソトープ・放射線研究発表会 

     More details

    Event date: 2013.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学弥生講堂(東京都文京区)   Country:Japan  

  91. 長崎県鷹島海底遺跡出土木石碇の14C年代測定-歴史時代資料の14C年代測定におけるold wood effectについて-

    小田寛貴,池田晃子

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2013.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流会館(名古屋市)   Country:Japan  

  92. 名古屋の大気中浮遊塵に含まれる福島第一原子力発電所由来の放射性核種の観測結果

    小田寛貴,池田晃子,張 子見,高橋成人,二宮和彦,篠原 厚,齋藤 敬

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2013.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流会館(名古屋市)   Country:Japan  

  93. 青銅器の14C年代測定-その可能性と研究計画について

    小田寛貴,加藤丈典,山田哲也,塚本敏夫

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2013.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流会館(名古屋市)   Country:Japan  

  94. 青銅器の14C年代測定-その可能性と研究計画について

    小田寛貴

    「中近世のアイヌ文化の再構築をめざした学融合的研究」2012年度研究会 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道大学アイヌ・先住民研究センター会議室・学術交流会館(札幌市)   Country:Japan  

  95. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会 

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  96. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  97. 理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか

    小田寛貴

    名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学) 

     More details

    Event date: 2012.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立緑高等学校(名古屋市)   Country:Japan  

  98. 文理融合型研究の最前線 ― 古文書・古筆切の年代測定 ―

    小田寛貴

    信州大学コアサイエンスティーチャ―(CST)プロジェクト特別授業 

     More details

    Event date: 2012.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:信州大学教育学部西校舎506講義室(長野市)   Country:Japan  

  99. 文理融合型学際研究による古筆切の史料的価値の判定-総括と展望について-

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,坂本昭二,吉田澪代,吉澤康和

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2012.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流会館(名古屋市)   Country:Japan  

  100. 古墳出現期の土器付着炭化物の14C年代-愛知県・石川県の古式土師器の測定結果に見られる「不自然な空白期間」について-

    小田寛貴,木野瀬正典,赤塚次郎,山本直人

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2012.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流会館(名古屋市)   Country:Japan  

  101. 名古屋の大気中浮遊塵に含まれる福島第一原子力発電所由来の放射性核種

    小田寛貴,池田晃子,張 子見,高橋成人,篠原 厚,齋藤 敬

    名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2012.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流会館(名古屋市)   Country:Japan  

  102. 名大で学ぶということ,そのために必要なこと-名大の先生と学生によるパネルディスカッション

    町田 健,小田寛貴

    進研ゼミ受験準備講座「名大合格対策スタートセミナー」 

     More details

    Event date: 2011.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋栄ビルディング(愛知県名古屋市)   Country:Japan  

  103. 古文書の年代測定―14Cで見た古文書・古筆切の世界―

    小田寛貴

    小牧市古文書調査会講演会 

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知文教大学国際交流会会館(愛知県小牧市)   Country:Japan  

  104. 名古屋の大気中浮遊塵に含まれる福島第一原子力発電所由来の放射性核種

    小田寛貴,池田晃子, 張 子見, 中村宏平, 塩原直也, 安田勇輝, 篠原 厚, 高橋成人, 齊藤 敬

    2011年「環境放射能・放射線夏の学校」 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:三河湾・三谷温泉松風園(愛知県蒲郡市)   Country:Japan  

  105. Radiocarbon Dating of Ancient Japanese Calligraphy Sheets International conference

    IUPAC International Congress on Analytical Scences 2011 (ICAS 2011) 

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  106. Radiocarbon ages and paleographical styles of ancient Japanese calligraphies attributed to famous calligraphists International conference

    Radiocarbon and archaeology 6th International Symposium 

     More details

    Event date: 2011.4

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Cyprus  

  107. Radiocarbon dating of ancient calligraphy attributed to Fujiwara Teika: The genuine handwritings, copies, and counterfeits of the famous calligraphist International conference

    12th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 2011.3

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:New Zealand  

  108. 極札をもつ古筆切の14C年代測定と歴史学・書跡史学・古典文学上の意義について

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,吉澤康和,中村俊夫

    第13回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2011.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:ホテルキャッスル(山形県山形市)   Country:Japan  

  109. 古文書・古筆切の14C年代測定-書風と書写年代と極札-

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,安 裕明,吉澤康和,中村俊夫

    第23回(2010年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2011.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流館(名古屋市)   Country:Japan  

  110. 炭素14で見た「北のシルクロード」-蝦夷錦の年代測定-

    小田寛貴,中村和之,天野 光,坂本昭二,吉田澪代,瀧本壽史,中村俊夫

    第23回(2010年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 2011.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学野依記念学術交流館(名古屋市)   Country:Japan  

  111. Radiocarbon dating of ancient Japanese paper: Comparison with ancient documents of known age and application to kohitsugire calligraphy. International conference

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) 

     More details

    Event date: 2010.12

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  112. 和紙試料の14C年代がもつold wood effectについて-書写年代既知の古文書の14C年代測定から-.

    小田寛貴,増田 孝,池田和臣,中村俊夫

    日本植生史学会第25回大会 

     More details

    Event date: 2010.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  113. 古筆切の14C年代と書写年代・書風・伝承筆者の関係.

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明

    第54回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  114. 炭素14年代測定法を用いた古筆切の伝承筆者と書写年代との相違に関する研究-伝中臣鎌足筆,伝宗尊親王筆古筆切等を例にして-.

    小田寛貴,池田和臣,安 裕明

    日本文化財科学会第27回大会 

     More details

    Event date: 2010.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  115. 年代既知の古文書・古経典・古記録についての14C年代測定.

    小田寛貴,中村俊夫,増田 孝,池田和臣,安 裕明,吉澤康和

    第12回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  116. Radiocarbon age of Miidera-gire attributed to Enchin and the historical age in which an ancient manuscript of Monzen was written. International conference

    4th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry '09 

     More details

    Event date: 2009.12

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  117. 加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定.

    小田寛貴,中村和之,天野 光,吉田澪代,瀧本壽史

    第2回JAEAタンデトロンAMS利用者報告会 

     More details

    Event date: 2009.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  118. 加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定

    小田寛貴,中村和之,天野 光,吉田澪代,瀧本壽史

    第22回タンデム加速器およびその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 2009.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  119. 八王子古宮式から宇田式期の土器に付着した炭化物の14C年代-Jcalによる暦年代較正-

    小田寛貴

    日本文化財科学会第26回大会 

     More details

    Event date: 2009.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  120. 伝円珍筆三井寺切の放射性炭素年代と紙背『文選』断簡の書写年代.口頭,

    小田寛貴,安 裕明,坂本 稔

    日本文化財科学会第26回大会 

     More details

    Event date: 2009.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  121. On the execution ages of kohitsugire calligraphies attributed to Asukai Masatsune. International conference

    20th International Radiocarbon Conference 

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  122. 伝飛鳥井雅経筆古筆切の放射性炭素年代と源氏物語絵巻の制作年代.

    小田寛貴,池田和臣

    第11回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2009.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  123. 古筆切の伝承筆者と書跡史学的年代・14C年代との相違に関する研究-古筆切の14Cから見た源氏物語絵巻の成立年代-

    小田寛貴・池田和臣

    第52回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  124. Radiocarbon dating of kohitsugire calligraphies attributed to Fujiwara Shunzei: Akihiro-gire, Oie-gire and Ryosa-gire. International conference

    11th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  125. 蝦夷錦の年代測定による「北のシルクロード」に関する年代学的研究.

    小田寛貴・中村和之

    第21回タンデム加速器およびその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  126. 古筆切の伝承筆者と書跡史学的年代・14C年代との相違に関する研究-伝藤原俊成筆顕広切・御家切・了佐切を中心に-

    小田寛貴・池田和臣

    日本文化財科学会第25回大会 

     More details

    Event date: 2008.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  127. 加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定.

    小田寛貴・本庄かや子・中村和之

    第51回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  128. 古文書・古筆切の放射性炭素年代測定.

    小田寛貴

    第51回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  129. 弥生終末期から古墳前期の土器に付着した炭化物の14C年代-愛知県安城市釈迦山遺跡・中狭間遺跡の例を中心に-.

    小田寛貴・山本直人・赤塚次郎・加納俊介・木野瀬正典・中村俊夫

    日本文化財科学会第24回大会 

     More details

    Event date: 2007.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  130. 伝説と,遺跡と文書とC14-村松白根遺跡出土遺物の14C年代測定-.

    小田寛貴,三浦太一,中村俊夫

    第19回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 2007.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  131. Radiocarbon dating of ancient Japanese document and kohitsugire calligraphy. International conference

    International Symposium on Radiometric dating Studies: frontier of Technical Developments and Applications of CHIME and AMS 14C Dating Method 

     More details

    Event date: 2007.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  132. 偽文書・写しの年代測定-「源頼朝袖判御教書」「木食応其書状」を例にして-.

    小田寛貴,秋山晶則,増田 孝,中村俊夫

    第19回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 2006.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  133. AMS radiocarbon dating of ancient Japanese sutras, books and documents of known age. International conference

    19th International Radiocarbon Conference 

     More details

    Event date: 2006.4

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  134. 村松白根遺跡出土遺物の14C年代測定

    小田寛貴,三浦太一,中村俊夫

    第8回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2006.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  135. 春日切・三輪切の14C年代測定

    小田寛貴,池田和臣,中村俊夫

    第18回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 2006.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  136. 日本古代・中世の資史料の炭素14年代測定.

    小田寛貴

    名古屋大学大学院文学研究科プロジェクト 物質文化の歴史学再考-「文化コンテクスト学」の構築をめざして- 第二部シンポジウム 

     More details

    Event date: 2006.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  137. Radiocarbon dating of a Japanese ancient document ''Minamoto no Yoritomo Sodehan Migyosho'' by AMS International conference

    Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry-05 (APSORC-05) 

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  138. Radiocarbon age of kohitsugire calligraphy and the kiwamefuda certificate International conference

    10th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 2005.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  139. 加速器質量分析法による函館市鉄山遺跡鉄滓資料の14C年代測定

    小田寛貴,江波大樹,中村和之,竹内 孝,中村俊夫

    日本文化財科学会第22回大会 

     More details

    Event date: 2005.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  140. 古筆切の書跡史学的年代・炭素14年代・極札による年代の関係.

    小田寛貴,池田和臣,中村俊夫

    第18回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 2005.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  141. 歴史時代資料の炭素14年代測定

    小田寛貴

    第8回名古屋大学博物館特別展「時を測る-地球誕生から中世まで-」特別講演会 

     More details

    Event date: 2005.4

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  142. 歴史資料の炭素14年代測定.

    小田寛貴

    文部科学省21世紀COEプログラム 名古屋大学「同位体が拓く未来:同位体科学の基盤から応用まで」平成16年度成果報告会 

     More details

    Event date: 2005.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  143. 弥生後期~古墳前期の土器付着炭化物の14C年代-三河地域の事例の報告と今後の課題について-

    小田寛貴

    第16回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 2004.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  144. 加速器質量分析法による古筆切の14C年代測定-伝藤原行成筆佚名本朝佳句切・伝藤原定家筆古今集切などの測定結果-

    小田寛貴

    第6回AMSシンポジウム 

     More details

    Event date: 2003.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  145. 加速器質量分析法による歴史時代資料の14C年代測定

    小田寛貴

    第24回南北海道考古学情報交換会 

     More details

    Event date: 2003.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  146. AMS14C年代測定法の歴史時代資料への適用とその成果-和紙資料の14C年代測定を中心に-

    小田寛貴

    第5回考古科学シンポジウム 

     More details

    Event date: 2003.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  147. 古筆切のAMS14C年代とその書跡史学的意味.

    小田寛貴,池田和臣,増田 孝,中村俊夫

    第47回放射科学討論会 

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  148. Radiocarbon dating of ancient manuscripts attributed to Japanese calligraphists in Heian-Kamakura period International conference

    18th International Radiocarbon Conference 

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  149. AMS14C年代測定法と暦年代較正

    小田寛貴

    第44回名大祭考古学研究集会 AMS14C年代測定法による尾張・三河の古墳出現期の年代-現状と課題を中心に- 

     More details

    Event date: 2003.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  150. 加速器質量分析法による歴史時代資料の放射性炭素年代測定-古文書・古経典・古筆切・版本の測定結果から-

    小田寛貴

    第15回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 2003.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  151. 年代既知試料の14C年代測定「加速器質量分析法による歴史時代資料の放射性炭素年代測定-古文書・古筆切・元寇船などの測定結果を中心に-」

    小田寛貴

    第4回考古科学シンポジウム 

     More details

    Event date: 2003.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  152. 加速器質量分析法による古筆切の14C年代測定

    小田寛貴,池田和臣,中村俊夫

    2002日本放射化学会年会・第46回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  153. Radiocarbon dating of the sutra container excavated at Minagi Daibutsuyama site, Fukuoka Prefecture, Japan. International conference

    Ninth International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  154. 福岡県三奈木大佛山遺跡出土経筒の14C年代―経筒内炭化紙片・経塚石室内木炭の測定結果から―

    小田寛貴,中村俊夫,塚本敏夫

    第14回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 2002.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  155. 年代測定 炭素14Cで安城の歴史を語る

    小田寛貴

    安城市歴史博物館土曜宇講座 

     More details

    Event date: 2001.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  156. AMS radiocarbon dating ancient Japanese documents of known age International conference

    2001 Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry 

     More details

    Event date: 2001.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  157. 鷹島海底から出土した木石碇の炭素14年代測定

    小田寛貴

    名古屋大学年代測定総合研究センター学内・市民シンポジウム「蒙古襲来の新研究 

     More details

    Event date: 2001.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  158. 加速器質量分析法と歴史学

    小田寛貴

    第2回「環境放射能」研究会 

     More details

    Event date: 2001.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  159. 古文書・古経典のAMS14C年代測定の現状

    小田寛貴

    第13回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 2001.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  160. 名古屋大学タンデトロン1号機・2号機による古文書の14C年代測定

    小田寛貴,増田 孝,丹生越子,中村俊夫

    第9回東京大学原子力研究総合センターシンポジウム-新エネルギーはどこまで来たか-(第3回AMSシンポジウム) 

     More details

    Event date: 2001.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  161. 加速器質量分析法による古文書・古経典の14C年代測定

    小田寛貴,増田 孝,吉沢康和,藤田恵子,中村俊夫,古川路明

    第44回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  162. 加速器質量分析法による古文書および古経典の14C年代測定

    小田寛貴,増田 孝,吉沢康和,藤田恵子,中村俊夫,古川路明

    日本文化財科学会第17回大会 

     More details

    Event date: 2000.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  163. AMS14C測定の文化財科学・考古学への応用 -古文書・古経典の14C年代測定-

    小田寛貴,増田 孝,吉沢康和,藤田恵子,中村俊夫,古川路明

    第48回質量分析総合討論会 

     More details

    Event date: 2000.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  164. 加速器質量分析法による古文書の14C年代測定

    小田寛貴

    愛知文教大学・NHK中部ブレーンズ共同書跡史料研究会 

     More details

    Event date: 1999.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  165. 安城市東端貝塚・八剣貝塚のAMS14C年代と較正年代

    山本直人,小田寛貴

    動物考古学研究会第4回研究集会 

     More details

    Event date: 1999.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  166. 加速器質量分析法による14C年代測定と与那国島海底遺跡試料の14C年代

    小田寛貴,木村政昭,石川賀子,中村俊夫

    口頭,東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム,東京大学海洋研究所(東京). 

     More details

    Event date: 1999.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  167. AMS radiocarbon dating of ancient Japanese sutras International conference

    8th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 1999.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  168. クック諸島マンガイア島ワイロロンガ遺跡出土木炭の放射性炭素年代

    小田寛貴

    1999年度核化学夏の学校 

     More details

    Event date: 1999.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  169. クック諸島マンガイア島ワイロロンガ遺跡出土木炭の放射性炭素年代

    小田寛貴,中村俊夫,片山一道

    第12回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 1999.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  170. AMS14C年代測定法の古文書資料への適用

    小田寛貴,増田孝,中村俊夫

    日本文化財科学会第16回大会 

     More details

    Event date: 1999.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  171. タンデトロン1号機による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴

    第11回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 1999.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  172. AMS radiocarbon dating of ancient Japanese documents International conference

    International Workshop on Frontiers in Accelerator Mass Spectrometry 

     More details

    Event date: 1999.1

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  173. 名古屋大学タンデトロン1号機を用いた古文書資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,吉沢康和,藤田恵子

    第7回東京大学原子力研究総合センターシンポジウム 

     More details

    Event date: 1998.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  174. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計による木曽ヒノキ年輪試料の14C年代測定

    小田寛貴,米延仁志,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    1998年度日本地球化学会年会 

     More details

    Event date: 1998.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  175. 古文書の年代推定と年代測定の試み

    小田寛貴,増田孝

    第31回日本古文書学会大会 

     More details

    Event date: 1998.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  176. AMS14C年代測定「測定の原理と古文書への適用」

    小田寛貴

    名古屋大学文学部創設50周年記念シンポジウム 

     More details

    Event date: 1998.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  177. タンデトロン加速器質量分析計による古文書資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    日本文化財科学会第15回大会 

     More details

    Event date: 1998.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  178. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫

    第11回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 1998.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  179. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計による文化財資料の放射性炭素年代測定

    小田寛貴

    第10回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 1998.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  180. 琵琶湖南湖堆積物のC-14年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,小島貞男,横田喜一郎,田中里志,山崎博史

    堆積学研究会1997年秋季研究集会 

     More details

    Event date: 1997.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  181. A wet method of carbon extraction from iron artifacts for 14C age measurement with AMS International conference

    Asia-Pacific Symposium on RadioChemistry `97 

     More details

    Event date: 1997.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  182. 今昔物語集「鈴鹿本」の測定結果

    小田寛貴

    1997年度核化学夏の学校 

     More details

    Event date: 1997.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  183. 14C年代測定用鉄試料からの乾式炭素抽出法

    小田寛貴,山田淳子,中村俊夫,平沢政広,井垣謙三,古川路明

    第9回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 1997.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  184. 14C年代測定用鉄試料からの湿式炭素抽出法

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    第10回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 1997.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  185. 14C年代測定用鉄試料からの湿式炭素抽出法

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    第9回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 1997.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  186. Radiocarbon dating of the broken piece of a Japanese ancient document International conference

    16th International Radiocarbon Conference 

     More details

    Event date: 1997.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  187. 加速器質量分析法による木曽ヒノキ年輪試料・古文書資料の14C年代測定-14C年代・暦年代・歴史学的年代の関係について-

    小田寛貴,米延仁志,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    加速器質量分析シンポジウム 

     More details

    Event date: 1997.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  188. 加速器質量分析法による木曽ヒノキ年輪試料の14C年代測定-試料調製法,ならびに,既存較正曲線との比較結果-

    小田寛貴

    第8回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 1997.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  189. 加速器質量分析計による古文書の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    第40回放射化学討論会 

     More details

    Event date: 1996.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  190. 加速器質量分析法による樹木年輪試料の14C年代測定

    小田寛貴,米延仁志,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    第9回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 1996.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  191. 加速器質量分析法による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴

    第7回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     More details

    Event date: 1996.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  192. 『今昔物語集』「鈴鹿本」の加速器質量分析法による14C年代測定(加速器質量分析法を用いた環境試料の14C濃度の測定

    小田寛貴,太田友子,池田晃子,中村俊夫,古川路明

    第32回理工学における同位元素研究発表会 

     More details

    Event date: 1995.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  193. 加速器質量分析法による文化財資料の14C年代測定

    小田寛貴,中村俊夫,古川路明

    第8回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 

     More details

    Event date: 1995.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  194. 文化財資料の加速器法による14C年代測定

    小田寛貴,米延仁志,太田友子,池田晃子,中村俊夫,吉沢康和,古川路明

    日本文化財科学会第11回大会 

     More details

    Event date: 1994.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  195. 名古屋における降水中の7Be濃度の季節変化

    小田寛貴,篠原厚,古川路明,小島貞男

    第30回理工学における同位元素研究発表会 

     More details

    Event date: 1993.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

▼display all

Works 85

  1. 「蝦夷錦」分析、明・元代からの交易明らかに 特別企画展示「北のシルクロードと蝦夷錦」 函館市北方民族資料館.北のシルクロードと蝦夷錦 炭素14年代測定法で明かされた蝦夷錦の制作年代.

    2022.8

  2. 蝦夷錦 貴重な10点展示.函館・北方民族資料館.豪華な龍、波の刺しゅう.中国と北海道結ぶ交易ルート示す.

    2022.8

  3. 蝦夷錦いつ日本に?炭素14年代測定法で調査.小田さんが講演.

    2022.8

  4. 歴史探偵「本当に鎖国だったのか!?」

    2022.1

  5. 北の交易路 起源判明.15世紀初頭「蝦夷錦」分析で裏付け

    2018.8

  6. 函館・鉄山町で見つかった「鉄滓」.17世紀末に製鉄.史料と合致.

    2016.10

  7. 青銅のさび 年代推定の鍵.炭素の含有量手掛かり.古代以降の研究に期待.誤差修正にも一役

    2015.11

  8. 青銅器 さびで年代推定.名古屋大など.弥生時代研究 応用へ.放射性炭素の含有量分析.

    2015.11

  9. 青銅器 さびで年代推定.名大など.弥生時代研究に応用も.

    2015.11

  10. 青銅器のさびで年代推定.名古屋大など研究.放射性炭素の含有量分析.

    2015.11

  11. 青銅器,さびで年代推定.炭素取り出し含有量分析.名大チーム新手法.弥生期の遺物に応用へ

    2015.11

  12. 編集員報告 特別篇.極東 はるかなる旅人 林蔵の道.➄最果ての村.「カラフトは島」確信.北に開く海 潮流も北へ.

    2014.11

  13. 唐で書写の可能性.来日前の年代示す.唐経四分律.鑑真が持参?.放射性炭素年代測定.

    2014.7

  14. マンモスゾウナウマンゾウ共存か.北海道の化石.年代が一致.

    2013.8

  15. マンモスとナウマンゾウ 北海道では共存?.歯の化石「同年代」と測定.開拓記念館など共同研究.

    2013.8

  16. マンモスゾウとナウマンゾウ共存か.北海道・北広島出土の化石.定説崩れる可能性.

    2013.7

  17. 歴史迷宮 解.古筆の年代測定 下.未詳歌に吹く西行の風.

    2012.5

  18. 歴史迷宮 解.古筆の年代測定 中.よみがえる「蜻蛉日記絵巻」.

    2012.4

  19. 歴史迷宮 解.古筆の年代測定 上.原初『新古今』の断片か.

    2012.3

  20. 地震 直前予知は無理.「全長の測定 不確実」堆積層の研究 予測に.湖底の「年縞」研究者ら.「災害周期は分かる」.

    2011.8

  21. 道風の筆」科学が否定.放射性炭素年代測定.行成の可能性.

    2010.10

  22. 西行自筆の和歌か.中大教授 断簡 同時代と判明.真筆の確認 2首のみ.

    2010.2

  23. 自然現象と文明盛衰.「年縞」から因果関係.地震や水害1年単位で.

    2009.10

  24. 最古級 奈良時代の「文選」.茨城の教諭所有 炭素年代測定で判明.

    2009.7

  25. C14濃度に局所的むら.年代測定「箸墓は卑弥呼の墓」説に難題.日本文化財科学会大会より.

    2009.7

  26. 国内最古級の「文選」断簡.奈良時代に作成 名大が測定.

    2009.7

  27. 土器の年代,卑弥呼の没年と重なる.狗奴国の有力地,濃尾平野.名大など 放射性炭素測定で判明.

    2009.7

  28. 「狗奴国」隆盛浮かぶ.候補地・愛知の遺跡土器.2世紀後半~3世紀に集中.

    2009.7

  29. 文選 最古級写本の一部.国内の古文書断簡 名大で年代測定.

    2009.7

  30. 「文選」最古級写本か.「平安時代前期」文書を名大測定.

    2009.7

  31. 明代の蝦夷錦発見.十三湊でも交易か.

    2009.5

  32. 八幡平高山湖沼に“異変”.プランクトン急増.車,工場の煙など影響.東北大調査.

    2009.4

  33. 「源氏」時代のかな見えた.「古筆切」千年前の紙と判明.爛熟期少ない資料.切り刻まれ確認難航.美的な洗練進んだ時期.

    2009.3

  34. 古書・古筆 鑑定に威力.炭素14法.

    2009.3

  35. 「蝦夷錦」研究展望.明代資料 南部地方に眠る?.現存品分析,すべて清代

    2008.7

  36. 「藤原俊成の書」別人の筆.「顕広切」年代測定で判明

    2008.7

  37. 「藤原俊成の顕広切」別人の筆.古今和歌集 写本の断簡.年代測定 没後120年以上経過

    2008.7

  38. 蝦夷錦の年代測定から分かること.資料のほとんど「清代」.いまだ「明代」確認できず.道内,東北,サハリンに現存.

    2008.6

  39. 筆者 俊寛とは別人.名大14世紀と測定 仮説裏付け.古今和歌集 写本の一枚.

    2006.2

  40. 「三輪切」俊寛と別人の書.名大分析で14世紀と判明.古今和歌集写本.

    2006.2

  41. 俊寛じゃなかった.名大が放射性炭素測定.「14世紀に別人が筆者」と判明.古今和歌集の写本「三輪切」の筆者.

    2006.2

  42. 俊寛とは別人が筆写.古今和歌集の写本の一枚.名大調査で判明.

    2006.2

  43. 天正地震でできた“湖”に由来?恵那・上矢作の地名「海」.「天然ダム湖」確認.強震域,県内ほぼ全域か.

    2005.9

  44. 地名が伝える災害史.恵那・上矢作町海の“湖”跡.

    2005.9

  45. 古筆切AMS技術で真贋解明.名大年代測定総合研究センター.『伝行成筆佚名本朝佳句切』真筆の可能性.『伝定家筆古今集』江戸期と判明.

    2004.2

  46. 元寇にイスラム商人関与?遺物の分析結果解釈の再考迫る.

    2004.2

  47. 過去の「炭素14測定資料」に光.歴博の新説が後押し/年代設定見直しも.

    2003.10

  48. 古墳時代も100年早い.名大教授ら今日発表.土器付着の炭化物分析.西暦80年東海に強固な権力者?

    2003.6

  49. 書論の広場「飛雲紙の年代測定―「藤原行成筆使佚名本朝佳句切」の飛雲紙について―池田和臣」

    2003.4

  50. 碇石は元軍の置き土産.年代測定で明らかに.名古屋大グループ.

    2003.4

  51. 仏像年代測定法.ハイテクで制作年代真贋どこまで判る?.

    2003.3

  52. 古文書の年代測定の実際

    2003

  53. 名古屋大学年代測定総合研究センター.研究成果でシンポ.平安の経筒製造期特定も.

    2002.1

  54. 化学と歴史を融合させたい.「炭素14」による年代測定で古文書の作成時期に迫る.小田寛貴さん.

    2001.3

  55. 古文書年代測定に画期的な科学技術.仏像画 炭素分析に成功.ねつ造なんて,すぐバレそうだ.名大の小田助手 特殊計器で難問クリア.

    2001.2

  56. 元寇700年後 科学が解明.年代,史実と一致.炭素の年代測定決め手.長崎・鷹島町 海底から船体の一部発見.探れるか当時の船の姿.

    2001.2

  57. 「蒙古襲来」の元寇船 長崎で木片見つかる.

    2001.2

  58. よみがえる「元寇」.船体の木塊 初めて発見.名大など年代測定.

    2001.2

  59. ずいひつ史楽百景「歴史学と化学のあいだで」

    2001

  60. 放射性炭素測って古文書の年代特定.広島大名誉教授ら成功.

    1998.2

  61. 放射性炭素で年代特定成功.平安後期の経典に科学的メス.

    1998.2

  62. 古文書の年代 放射性炭素使い特定.平安期の経典で成功.

    1998.2

  63. 放射性炭素法で和紙の年代測定.国内初.広島大名誉教授ら成功.古文書研究に新たな道開く.

    1998.1

  64. 今昔物語「鈴鹿本」.写本でなく原本か.作成年代は平安末期.名大測定.

    1995.8

  65. 最古の写本は原本? 今昔物語集・鈴鹿本を年代測定.不明の作者解明にも光.

    1995.8

  66. 今昔物語集鈴鹿本.名古屋大年代測定.最古の写本実は原本? 通説より古い平安末作成.

    1995.8

  67. 最古の写本は原本? 「今昔物語集」を年代測定.作者像にも手掛かり.

    1995.8

  68. 今昔物語集の最古の写本「鈴鹿本」原本? 年代測定.通説覆す平安末.

    1995.8

  69. 現存最古の写本「鈴鹿本」は原本? 「今昔物語集」を年代測定.平安末期の制作.作者像にも手掛かり.

    1995.8

  70. 今昔物語集を年代測定.作者像にも手掛かり.最古の写本は原本?

    1995.8

  71. 今昔物語集・鈴鹿本.写本 今は昔…原本説が浮上,こよりを分析「平安末期作」.名大調査.作者 奈良の寺院説を補強.

    1995.8

  72. 今昔最古の写本「鈴鹿本」は原本? 名大院生らが作製年代を測定.平安末期内容と重なる.

    1995.7

  73. 今昔物語集の写本「鈴鹿本」原本の可能性.名大グループ年代測定.平安末期作と判明.作者像にも手掛かり.

    1995.7

  74. 「鈴鹿本」実は原本? 今昔物語集最古の写本通説より古い平安末.年代測定で判明.作者像にも手掛かり.

    1995.7

  75. 今昔物語集を年代測定.現存最古の写本「鈴鹿本」は原本? 名古屋大研究グループ.作者像にも手掛かり.

    1995.7

  76. 今昔物語集「最古の写本」は原本の可能性.炭素14測定「平安末期」執筆年代と重なる.

    1995.7

  77. 鈴鹿本は原本か.「今昔物語集」現存最古の写本.名大で年代測定.通説より古く平安末期.作者像に光.

    1995.7

  78. 今昔物語 最古の写本 実は原本? 炭素14測定法で新事実.

    1995.7

  79. 最古の写本は原本? 今昔物語集.名古屋大が年代測定.通説の鎌倉中期より古い平安末期.作者像にも手掛かり.

    1995.7

  80. 今昔写本「鈴鹿本」とじひも科学鑑定.鎌倉中期の制作実証.重要文化財指定申請へ.

    1994.7

  81. 「幻の写本」9巻再生.今昔物語集「鈴鹿本」の補修完成.

    1994.7

  82. 鈴鹿本を修復.「今昔物語集」最古の写本.

    1994.7

  83. “幻の写本”修復完了.「今昔物語集」京大図書館が公開.

    1994.7

  84. 今昔物語集最古の写本.補修終え京大で公開.年代ほぼ判明.

    1994.7

  85. 「諸桑の古船」弥生のくり船!?名大で木片年代測定.「古墳期」定説,覆るかも.江戸末期佐織町で出土.

    1994.4

▼display all

Other research activities 1

  1. 函館市北方民族資料館特別企画展示「北のシルクロードと蝦夷錦-炭素14年代測定で明かされた蝦夷錦の制作年代-」

    2022.7
    -
    2022.11

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 2

  1. 蝦夷錦・青玉の化学分析

    2004.4 - 2005.3

    財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構,研究・出版助成(研究(文化)) 

      More details

    Grant type:Competitive

  2. 加速器質量分析計による古文書の放射性炭素(14C)年代測定

    1998.4 - 1999.3

    平成9年度財団法人福武学術文化振興財団助成金 

      More details

    Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 40

  1. 東ユーラシアにおける貨幣考古学の基盤構築を目指した学際的研究

    Grant number:20H01351  2020.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(科学研究費補助金)  基盤研究(B)

    三宅俊彦

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  2. 緑青からの炭素抽出法の開発と,青銅器に対して炭素14年代測定法がもつ有効性の実証

    Grant number:20K20718  2020.4 - 2024.3

    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  挑戦的研究(萌芽)

    小田 寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\6240000 ( Direct Cost: \4800000 、 Indirect Cost:\840000 )

  3. サハリンアイヌの交易と文化変容,その学際的研究

    Grant number:20H01306  2020.4 - 2024.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(科学研究費補助金)  基盤研究(B)

    中村和之

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. ラボラトリーマネジメントの経営学的実証研究-理系大学院研究室の制度と文化の解明-

    Grant number:18K18561  2018.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

    谷口勇仁

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  5. 佐波理製柄鏡の総合調査をもとにした佐波理製作技術の起源に関する研究

    Grant number:18H00750  2018.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    清水康二

      More details

    Authorship:Other 

  6. 青銅器の特異な磁性を解読する研究方法の開発

    Grant number:17K18509  2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

    酒井英男

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. ラボラトリーマネジメントの探求 ―理系研究室マネジメントの経営学的実証研究

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    谷口勇仁

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  8. 放射性炭素年代測定のための青銅器の新試料調製法の開発と考古資料への適用

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    小田 寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  9. 中近世のアイヌ文化の再構築をめざした学融合的研究

    2014.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村和之

      More details

    Authorship:Other 

  10. 奥州藤原氏と蝦夷ヶ島の砂金

    2014.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    中村和之

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  11. 古筆切の年代測定・顕微鏡観察・元素分析による散逸古写本の復元に関する研究

    2012.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    小田 寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  12. 青銅器の放射性炭素年代測定に向けた基礎研究

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    小田 寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  13. 中近世のアイヌ文化の再構築をめざした学融合的研究

    2011.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村和之

      More details

    Authorship:Other 

  14. 樹木年輪の14C年代測定の実験室間比較による高精度の暦年代較正データの確立

    2010.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    中村俊夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  15. 放射性炭素年代測定を利用した古筆切の史料的価値の判定

    2008.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    小田 寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  16. 地球・地域環境変化と生物進化:ミジンコ休眠卵を用いた古生物学的解析

    2007.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    占部城太郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  17. ヒノキ及びスギ標準年輪曲線の延長と気候復元の高精度化

    2007.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    米延仁志

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  18. ウイグルマッチング法による木製文化財の高精度年代推定のための必要条件の検討

    2007.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村俊夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  19. 炭素14法を利用した古筆切の伝承筆者と書跡史学的年代との相違に関する研究

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    小田 寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  20. AMS法による古代鉄製品の放射性炭素年代測定

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山田哲也

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  21. 蝦夷錦の作成年代と流通に関する研究

    2005.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    中村和之

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  22. 『鉄さい』を用いた考古学資料(出土鉄製品)の埋設・保存環境解析

    2005.4 - 2008.3

    科学研究費補助金 

    吉田英一

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  23. 樹木年輪14C年代ウイグルマッチングによる1年精度による年代決定の研究

    2004.4 - 2007.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村俊夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  24. メソアメリカに於ける古代都市の発展に関する研究

    2004.4 - 2007.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    伊藤伸幸

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  25. 加速器質量分析放射性炭素年代測定にもとづく古筆切の年代学的研究

    2004.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    小田寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  26. 中世都市遺跡の電磁気調査と14C年代法による編年の研究

    2003.4 - 2007.3

    科学研究費補助金  特定領域研究

    酒井英男

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  27. 古代製鉄遺跡における操業形態の実態把握

    2002.4 - 2004.4

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山田哲也

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  28. 加速器質量分析放射性炭素年代測定を利用した古文書・古筆切の年代判定法の開発.

    2002.4 - 2004.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    小田寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  29. 加速器C-14年代測定の実験室間の比較検定

    2002.4 - 2003.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    中村俊夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  30. 埋没樹木の14C年代ウイグルマッチングによる火山噴火の高精度年代決定

    2001.4 - 2004.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村俊夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  31. サハリンから北東日本海域における古代・中世交流史の考古学的研究

    2001.4 - 2004.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    前川 要

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  32. ラピタ人からポリネシア人への変容過程を探る先史学的研究

    2000.4 - 2004.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    片山一道

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  33. 加速器質量分析法による古文書の放射性炭素年代測定-年代既知の文書資料による検証-

    2000.4 - 2002.3

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    小田寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  34. 加速器質量分析放射性炭素年代測定法による縄文時代集落の存続期間に関する研究

    1999.4 - 2002.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本直人

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  35. 研考古遺跡で出土した古人骨および動物遺物の 総合台帳を整備作成する研究.

    1999.4 - 2002.3

    科学研究費補助金 

    片山一道

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  36. 14C年代測定を用いた古代鉄生産に関する研究-古代鉄製品制作工程の実体把握の解明に向けて-.

    1999.4 - 2001.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山田哲也

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  37. エキゾチックアトムによる文化財資料の非破壊元素分析法の開発

    1999.4 - 2000.3

    科学研究費補助金  萌芽的研究

    篠原 厚

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  38. 加速器質量分析計による放射性炭素年代の暦年代較正法の開発と その古文書資料への適用

    1998.4 - 2000.3

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    小田寛貴

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  39. 高精度14C年代測定と14Cウイグルマッチによる埋没樹木の年代決定法の研究

    1998.4 - 2000.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    中村俊夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  40. 古代鉄製品年代測定に関する基礎的研究 -古代製鉄復元実験による14C年代測定原理の検証と確立-

    1997.4 - 1999.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山田哲也

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

▼display all

 

Teaching Experience (Off-campus) 28

  1. 基礎工学実験

    2012.9 Daido University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  2. 化学1

    2012.4 Daido University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  3. 化学2

    2012.4 Daido University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  4. 基礎化学(プライマリー)

    2011.4 Kinjo Gakuin University)

  5. 基礎化学(アドバンスト)

    2011.4 Kinjo Gakuin University)

  6. 基礎化学(アドバンスト)

    2010.4 - 2011.3 Kinjo Gakuin University)

  7. 考古学研究第一

    2010.4 - 2011.3 Tokyo Metropolitan University)

  8. 考古学特論第一

    2010.4 - 2011.3 Tokyo Metropolitan University)

  9. 考古学特殊講義Ⅰ

    2010.4 - 2011.3 Tokyo Metropolitan University)

  10. 基礎化学(プライマリー)

    2010.4 - 2011.3 Kinjo Gakuin University)

  11. 基礎化学(アドバンスト)

    2009.4 - 2010.3 Kinjo Gakuin University)

  12. 基礎化学(プライマリー)

    2009.4 - 2010.3 Kinjo Gakuin University)

  13. 基礎化学(プライマリー)

    2008.4 Kinjo Gakuin University)

  14. 基礎化学(プライマリー)

    2008.4 - 2009.3 Kinjo Gakuin University)

  15. 基礎化学(アドバンスト)

    2008.4 - 2009.3 Kinjo Gakuin University)

  16. 基礎化学(アドバンスト)

    2007.4 Kinjo Gakuin University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  17. 基礎化学(アドバンスト)

    2007.4 - 2008.3 Kinjo Gakuin University)

  18. 地球の科学A

    2004.4 - 2005.3 Chubu University)

  19. 地球の科学A

    2003.4 - 2004.3 Chubu University)

  20. 地球の科学A

    2002.4 - 2003.3 Chubu University)

  21. 情報科学

    2002.4 - 2003.3 社会保険中京看護専門学校)

  22. 地球の科学A

    2001.4 - 2002.3 Chubu University)

  23. 情報科学

    2001.4 - 2002.3 社会保険中京看護専門学校)

  24. 情報科学

    2000.4 - 2001.3 社会保険中京看護専門学校)

  25. 情報科学

    1999.4 - 2000.3 社会保険中京看護専門学校)

  26. 情報科学

    1998.4 - 1999.3 社会保険中京看護専門学校)

  27. 統計学

    1997.4 - 1998.3 社会保険中京看護専門学校)

  28. 統計学

    1996.4 - 1997.3 社会保険中京看護専門学校)

▼display all

 

Social Contribution 55

  1. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    岐阜県立加納高等学校  岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業(名古屋大学模擬授業)  名古屋市立緑高等学校  2022.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  2. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立名東高校  名古屋市立名東高校進路講演会  名古屋市立緑高等学校  2022.5

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  3. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    岐阜県立加納高等学校  岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  名古屋市立緑高等学校  2021.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  4. 放射性炭素で古文書を読む

    Role(s):Lecturer

    非営利活動法人放射線教育フォーラム  NPO法人放射線教育フォーラム2021年度第2回勉強会  名古屋市立緑高等学校  2021.11

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  5. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Panelist, Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2021.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  6. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校(オンライン)  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2021.9

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  7. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立名東高校  名古屋市立名東高校進路講演会  名古屋市立緑高等学校  2021.5

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  8. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    岐阜県立加納高等学校  岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  名古屋市立緑高等学校  2020.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  9. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Panelist, Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2020.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  10. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2020.9

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  11. 加速器質量分析法による歴史資料の年代測定-放射性炭素でみた古文書の世界-

    Role(s):Lecturer

    第55回 RI・放射線利用促進セミナー  名古屋市立緑高等学校  2020.2

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  12. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    岐阜県立加納高等学校  岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  名古屋市立緑高等学校  2019.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  13. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Panelist, Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2019.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  14. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2019.9

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  15. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立名東高校  名古屋市立名東高校進路講演会  名古屋市立緑高等学校  2019.5

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  16. 放射性炭素でみた古文書の世界

    Role(s):Lecturer

    大阪大学  大阪大学,平成31年度放射性同位元素等取扱者継続登録者教育訓練  名古屋市立緑高等学校  2019.4

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  17. 大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    岐阜県立加納高等学校  岐阜県立加納高等学校名古屋大学見学会Open授業  名古屋市立緑高等学校  2018.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  18. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Panelist, Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2018.11

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  19. 放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2018.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  20. 古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-;放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題;大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立名東高校  名古屋市立名東高校進路講演会  名古屋市立緑高等学校  2018.5

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  21. 名古屋市立緑高等学校人間総合講演会

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2017.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  22. 名古屋市立緑高等学校人間総合講演会

    Role(s):Panelist, Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  名古屋市立緑高等学校  2017.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」の題目で講演会を行った

  23. 名古屋市立名東高等学校大学訪問講演会

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立名東高等学校  名古屋市立名東高等学校大学訪問講演会  名古屋大学研究所共同館Ⅱ  2017.8

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    「古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-,大学進学のため,高校時代に何をすべきか」の題目での講演会を行った

  24. 北斗市『成人大学講座』

    Role(s):Lecturer

    北斗市  北斗市『成人大学講座』  2017.2

     More details

    Audience: General

    年代測定はどうしてできるのか-北斗市矢不来3遺跡出土土器,古文書・古筆切への応用を例にして-

  25. 名古屋市立緑高等学校人間総合講演会

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2016.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

  26. 名古屋市立緑高等学校人間総合講演会

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校人間総合講演会  2016.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題

  27. 名古屋市立緑高等学校1年学びの講演会

    Role(s):Lecturer

    名古屋市立緑高等学校  名古屋市立緑高等学校1年学びの講演会  2016.1

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

    大学進学のため,高校時代に「どのように学ぶ」べきか

  28. 名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会

    2015.11

     More details

    講演「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」

  29. 名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会

    2015.10

     More details

    講演「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」

  30. 名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学)

    2015.7

     More details

    講演「理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか」

  31. 平成26年度「土岐市民大学講座」

    2014.11

     More details

    講演「炭素14で見た古文書・古筆の世界-理系と文系の境界での研究-]

  32. 名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学)

    2014.7

     More details

    講演「理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか」

  33. 名古屋市立名東高等学校大学見学会講演会

    2013.8

     More details

    講演「古文書の理学的鑑定-文理融合型研究-」「大学進学後のため,高校時代に何をすべきか」

  34. 名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学)

    2013.7

     More details

    講演「理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか」

  35. 名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会

    2012.10

     More details

    講演「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」

  36. 名古屋市立緑高等学校人間総合進路講演会

    2012.9

     More details

    講演「放射能・放射線の基礎とトランス・サイエンスの問題」

  37. 名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学)

    2012.7

     More details

    講演「理学分野に進学するため,高校時代に何をすべきか」

  38. 信州大学コアサイエンスティーチャ―(CST)プロジェクト特別授業

    2012.2

     More details

    文理融合型研究の最前線 ― 古文書・古筆切の年代測定 ―

  39. 進研ゼミ受験準備講座「名大合格対策スタートセミナー」

    2011.12

  40. 小牧市古文書調査会講演会

    2011.10

     More details

    講演「古文書の年代測定―14Cで見た古文書・古筆切の世界―」

  41. 独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 平成22年度埋蔵文化財担当者専門研修「自然科学的年代決定法課程」

    2011.9

     More details

    研修「放射性炭素年代測定Ⅱ(1.14C年代測定法の概略.2.歴史時代資料の14C年代測定:和紙資料を中心に.3.誤差について)」

  42. 名古屋市立緑高等学校進路ガイダンス(理学)

    2011.7

     More details

    講演「古文書の理学的鑑定」

  43. 名古屋市立緑高等学校講演会「先輩の話を聞こう」

    2011.1

     More details

    講演「先輩の話を聞こう」

  44. 独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 平成22年度埋蔵文化財担当者専門研修「自然科学的年代決定法課程」

    2010.11

     More details

    研修「放射性炭素年代測定Ⅱ(1.14C年代測定法の概略.2.歴史時代資料の14C年代測定:和紙資料を中心に.3.誤差について)」

  45. 金沢大学 RI安全取扱講習会(継続者)

    2010.4

     More details

    講演「炭素14で見た古文書・古筆切の世界」

  46. 名古屋市立緑高等学校文化講演会

    2008.11

     More details

    講演「古文書の鑑定-文系と理系の狭間で研究をする-」

  47. 名古屋大学大学院文学研究科プロジェクト 物質文化の歴史学再考-「文化コンテクスト学」の構築をめざして-シンポジウム

    2006.1

     More details

    講演「日本古代・中世の資史料の炭素14年代測定」

  48. 大阪大学 平成17年度放射性同位元素等取扱に関する安全講習会

    2005.4

     More details

    特別講演「炭素14で 書の年代にせまる」

  49. 第8回名古屋大学博物館特別展「時を測る-地球誕生から中世まで-」特別講演会

    2005.4

     More details

    講演「歴史時代資料の炭素14年代測定」

  50. 文部科学省21世紀COEプログラム 名古屋大学「同位体が拓く未来:同位体科学の基盤から応用まで」平成16年度成果報告会

    2005.3

     More details

    招待講演「歴史資料の炭素14年代測定」

  51. 大阪大学 平成16年度吹田地区第3回放射性同位元素等取扱者継続登録者教育訓練

    2004.5

     More details

    特別講演「歴史資料の放射性炭素年代測定」

  52. 第44回名大祭考古学研究集会 AMS14C年代測定法による尾張・三河の古墳出現期の年代-現状と課題を中心に-

    2003.6

     More details

    講演「AMS14C年代測定法と暦年代較正」

  53. 安城市歴史博物館土曜講座

    2001.12

     More details

    講演「年代測定 炭素14Cで安城の歴史を語る」

  54. 名古屋大学年代測定総合研究センター学内・市民シンポジウム「蒙古襲来の新研究」

    2001.10

     More details

    講演「鷹島海底から出土した木石碇の炭素14年代測定」

  55. 愛知文教大学・NHK中部ブレーンズ共同書跡史料研究会

    1999.12

     More details

    講演「加速器質量分析法による古文書の14C年代測定」

▼display all

Media Coverage 1

  1. 本当に鎖国だったのか!? TV or radio program

    NHK  歴史探偵  2022.1