2021/11/13 更新

写真a

ゴトウ アキフミ
後藤 明史
GOTO, Akifumi
所属
情報基盤センター 教育情報メディア研究部門 准教授
大学院担当
大学院情報科学研究科
大学院情報学研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 教育学士 ( 1986年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 教育方法

  2. 授業研究

  3. 教育工学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 教育工学

  2. その他 / その他  / 教育方法学

  3. その他 / その他  / 教育学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 授業における教師と子どもの相互作用の研究

  2. 情報メディアを利用した学習支援

  3. 授業の記録・構成方法の研究

経歴 5

  1. 名古屋大学准教授(情報基盤センター)

    2009年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学准教授(情報メディア教育センター)

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学助教授(情報メディア教育センター)

    1998年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学助手(言語文化部)

    1991年4月 - 1998年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学助手(総合言語センター)

    1990年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 名古屋大学   教育学部   教育学科

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本教育工学会

  2. 日本教育方法学会

  3. 中部教育学会

  4. 日本道徳教育方法学会

    2020年4月 - 現在

受賞 2

  1. 情報文化学会 奨励賞

    2009年11月   情報文化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    地域読本「わたのすきな長者町」まちの三世代とつくる地域学習教材の提案

  2. 情報文化学会 学会賞

    2004年9月   情報文化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    国立七大学外国語CU(サイバー・ユニバーシティ)プロジェクト

 

論文 55

  1. 教師視点映像記録を活用した教職授業のカリキュラムマネージメントIII

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第26回大学教育研究フォーラム     頁: 190   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  2. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みV-授業者による事例分析に基づいて-

    平山勉, 中山真樹, 平山幸代, 後藤明史, 谷口正明, 竹内英人

    名城大学教職センター紀要   18 巻   頁: 25 - 44   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  3. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みV

    平山勉, 後藤明史, 谷口正明

    日本教育方法学会第56回大会発表要旨   2020 巻   頁: 148 - 149   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  4. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みIV

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明, 竹内英人

    名城大学教職センター紀要   17 巻   頁: 99 - 110   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  5. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みIV

    平山勉, 後藤明史, 谷口正明

    日本教育方法学会第55回大会発表要旨   2019 巻   頁: 126   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  6. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みIII

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明, 竹内英人

    名城大学教職センター紀要   16 巻   頁: 83-94   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  7. 教師の一人称視点映像を活用した教育実習事前指導の試み

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第23回大学教育研究フォーラム     頁: 226-227   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. 教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究 (3)

    後藤明史, 平山勉, 谷口正明

    日本教育工学会研究会報告集   17 巻 ( 1 ) 頁: 531-534   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  9. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試み

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第52回大会発表要旨     頁: 104   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. ティーム・ティーチングの授業実践を通した授業実践能力育成の可能性ー教師視点の映像記録を活用してー

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    名城大学教職センター紀要   13 巻   頁: 97-111   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  11. 授業満足度 100 点の事例分析に基づく大学授業スキルに関する一考察

    平山 勉, 後藤明史

    第22回大学教育研究フォーラム     頁: 216-217   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  12. ティーム・ティーチングの授業実践を通した授業実践能力育成の可能性-教師視点の映像記録を活用して-

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第51回大会発表要旨     頁: 143   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  13. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みV 査読有り

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    名城大学総合研究所紀要   20 巻   頁: 1-4   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  14. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した授業研究の試みIV

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    第21回大学教育研究フォーラム     頁: 152-153   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. Sakaiと連携した動画配信サービスの導入

    後藤明史, 太田芳博, 中務孝広, 田上奈緒, 大平茂輝, 出口大輔, 森健策

    Ja Sakai カンファレンス 2015     2015年3月

  16. The research on multifactorial record, analysis and construction with teacher's view using an eye tracking camera system 招待有り

    Tsutomu Hirayama, Akifumi Goto

    Science Education in Various Contexts: The Next Genertaration NTNU-HU-SNU Joint Symposium on Science Education & The 17th HU-SNU Joint Symposium-Sattelite Session     頁: 67-70   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  17. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みIV

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第50回大会発表要旨     頁: 73   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  18. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みIV 査読有り

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    名城大学総合研究所紀要   19 巻   頁: 129-132   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  19. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した授業研究の試みIII

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    第20回大学教育研究フォーラム     頁: 208-209   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. 名古屋大学におけるSakaiの利用状況およびリーディング大学院の活用事例の紹介

    中務孝広, 太田芳博, 田上奈緒, 大平茂輝, 後藤明史, 出口大輔, 森健策

    Ja Sakai カンファレンス 2014     2014年3月

  21. 教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究

    後藤明史, 平山勉

    JSET2015-1     頁: 200   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みIII

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第49回大会発表要旨     頁: 116   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  23. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した授業研究の試みⅡ

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    第19回大学教育研究フォーラム     頁: 208-209   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  24. 名古屋大学におけるSakaiの活用事例の紹介

    出口 大輔, 後藤 明史, 大平 茂輝, 太田 芳博, 田上 奈緒, 中務 孝広, 森 健策

    Ja Sakai カンファレンス 2013     2013年3月

  25. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みII

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第48回大会発表要旨     頁: 116   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みII 査読有り

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    名城大学総合研究所紀要   ( 17 ) 頁: 163-166   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  27. ユビキタス授業映像記録視聴システムを活用した授業研究の試み 査読有り

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    第18回大学教育研究フォーラム発表論文集   18 巻   頁: 71-72   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試み

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第47回大会発表要旨     頁: 107   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  29. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力支援の試み

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育方法学会第46回大会発表要旨     頁: 96   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    映像記録の特性を生かした授業研究の方法を追究し、2001年度から「授業の多元的な記録・分析・構成方法についての基礎的研究」を共同研究として遂行してきた本研究は、教育実習生及び初任者教師の授業実践能力の育成を支援するスキルクリエータシステムを開発し、教育現場での適用を通して、システムの改善を行い、教育現場と研究者の交流、校内研究・現職教育の活性化を目指している。本発表は、前回発表に引き続きユビキタス映像記録視聴システムをM大学の教職履修生の授業実践能力育成支援に試験的に取り入れた続報である。その事例紹介と今後の授業実践能力育成支援の可能性について報告する。

  30. *ユビキタス映像視聴システムを活用した教育実習生の授業実践能力支援の試みⅡ

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育方法学会第45回大会発表要旨     頁: 99   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    映像記録の特性を生かした授業研究の方法を追究し、2001年度から「授業の多元的な記録・分析・構成方法についての基礎的研究」を共同研究として遂行してきた本研究は、教育実習生及び初任者教師の授業実践能力の育成を支援するスキルクリエータシステムを開発し、教育現場での適用を通して、システムの改善を行い、教育現場と研究者の交流、校内研究・現職教育の活性化を目指している。本発表は、前回発表に引き続きユビキタス映像記録視聴システムをM大学の教職履修生の授業実践能力育成支援に試験的に取り入れた続報である。その事例紹介と今後の授業実践能力育成支援の可能性について報告する。

  31. *無線インターネット放送による中心商業地(名古屋市伏見・長者町地区)の活性化

    第5回戦略的情報通信研究開発推進制度成果発表会プログラム   平成21 巻   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    中心商業地(名古屋市伏見・長者町地区)の過疎化を解決、蘇生させるため、現在活動している地元住民や行政(名古屋市)との連携のもとに、無線インターネット放送という市民メディアを活用した新しいICT時代の街作りの形を追究し、実践を行った。住民の方々に講習会を行いりてらしーの向上をはかった。コミュニティーにとって有用なコンテンツを制作し相互に受発信することで街全体が放送局となるイメージを目指した。

  32. *天白-可児キャンパス間の遠隔講義システムを活用した教職履修学生の支援の試み

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育工学会研究報告集   08-01 巻 ( 12 ) 頁: 71-78   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 視線と対象:ロボットへの学習者の視線行動の特徴を中心に

    日本教育工学会研究報告集   08-01 巻 ( 12 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 視線と対象:ロボットへの学習者の視線行動の特徴を中心に

    日本教育工学会研究報告集   08-01 巻 ( 12 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 天白-可児キャンパス間の遠隔講義システムを活用した教職履修学生の支援の試み

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育工学会研究報告集   08-01 巻 ( 12 ) 頁: 71-78   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. *ユビキタス映像記録視聴システムを活用した教育実習生の授業実践能力育成支援の試み

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育方法学会第43回大会発表要旨     頁: 56   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. *授業記録アーカイブ・配信システムを活用した授業改善プログラムの開発 査読有り

    名城大学総合研究所紀要   12 巻   頁: 151-154   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Flashを用いた日本語教材の開発体制

    情報教育研究集会講演論文集   H18 巻   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. スキルクリエータシステムを活用した教育実習生及び初任者教師の授業実践能力育成の試みII

    日本教育方法学会第42回大会発表要旨   2006 巻   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  40. スキルクリエータシステムを活用した教育実習生及び初任者教師の授業実践能力育成の試み

    日本教育方法学会第41回大会発表要旨   2005 巻   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  41. 授業の多元的記録・分析・構成方法についての基礎的研究IV-「御幸山中学校」の授業実践の分析事例を通して-

    教育システム情報学会研究会報告書   2005 巻 ( 2 )   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 授業の多元的記録・分析・構成方法についての基礎的研究IIー大学授業の試みー」

    教育システム情報学会研究報告   19 巻 ( 2 ) 頁: 43-49   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 「授業の多元的記録・分析・構成方法についての研究-講義収録自動アーカイブ・配信システムの活用-」

    情報処理教育研究集会講演論文集   H16 巻   頁: 133-134   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 授業の多元的記録・分析・構成方法についての基礎的研究Ⅲ -「御作小学校」・「御幸山中学校」の実践例を通して-

    日本教育工学会研究報告集JET04-3   4 巻 ( 3 )   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 教育用コンテンツの開発システムと課題

    江川智昭

    情報処理教育研究集会講演論文集   H15 巻   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. キャンパスポータルによる教育研究用情報基盤の高度化 査読有り

    情報処理学会シンポジウムシリーズ分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2002論文集   2002 巻 ( 5 ) 頁: 3-8   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 授業の多元的記録・分析・構成方法についての基礎的研究ー講義集録自動アーカイブ・配信システムを活用した教職授業の事例検討を通してー

    日本教育工学会研究報告集   2 巻 ( 6 ) 頁: 11-16   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Basic Study of Method of Multifunctional Recording, Analyzing. Composing and Backcasting Classes -The Case of Using the System of Automatic Archiving and Streaming Classes-

  48. マルチアングル映像記録を活用した授業観察視点の抽出-生活科の映像記録の分析を通して-

    教育メディア研究   7 巻 ( 1 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 通信衛星を用いた言語教育の構想

    「マルチメディアネットワークを利用した外国語教育」特定研究シリーズ名古屋大学言語文化部   7 巻   頁: 23-29   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  50. 言語文化部における教育機器を中心とした教育・学習環境

    「言語文化情報の電子化とインターネット」特定研究シリーズ 名古屋大学言語文化部   6 巻   頁: 119-128   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. 「誤解」の解消という視点から見た授業の構造(その1)-小学校社会科の授業を例として-

    「誤解:その言語文化的諸相」特定研究シリーズ、名古屋大学言語文化部   5 巻   頁: 113-122   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  52. 授業の録画方法の検討-マルチカメラシステムによる記録事例をもとに-(共著)

    日本教育工学会研究報告書   95 巻 ( 4 ) 頁: 9-14   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 言語教育における教育工学 -言語教育工学授業作品の分析-

    名古屋大学言語文化部言語文化論集   15 巻 ( 2 ) 頁: 151-164   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 授業における発言の分析 -授業研究の意義と系譜-

    名古屋大学言語文化部「情報とコミュニケーション」特定研究シリーズ   4 巻   頁: 107-112   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  55. 授業における発言の分析-マルチメディア授業研究システムの開発(1)-

    名古屋大学言語文化部特定研究シリーズ   3 巻   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 学校現場発、これが本物の道徳科の授業づくり 主体的・対話的で深い学びの原点は道徳科の授業の中にある 教育方法学のすすめ

    平山勉, 後藤明史, 他( 担当: 共著 ,  範囲: 特別研究編 教師の一人称映像と注視点に着目した授業研究)

    黎明書房  2020年1月  ( ISBN:978-4-654-02327-1

  2. 本物のアクティブラーニングへの布石 授業を創る学校を創る 教育方法学のすすめ

    平山勉, 後藤明史, 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第6章)

    黎明書房  2016年1月  ( ISBN:978-4-654-01926-7

  3. *インターネットと英語学習

    名古屋大学言語文化部・国際言語文化研究科公開講座委員会( 担当: 共著)

    開文社  2001年3月  ( ISBN:978-4875716662

  4. *情報処理テキスト アプリケィション編

    今井昌彦, 後藤明史, 他( 担当: 共著)

    ぎょうせい  1990年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 2

  1. 教師視点映像記録を活用した教職授業のカリキュラムマネージメント

    平山勉, 後藤明史, 谷口正明  

    第25回大学教育研究フォーラム発表論文集   頁: 199   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  2. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みIII

    平山勉, 後藤明史, 谷口正明, 竹内英人  

    日本教育方法学会第54回大会発表要旨   頁: 124   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 41

  1. 教師視点映像記録を活用した教職授業のカリキュラムマネージメントIII

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第27回大学教育研究フォーラム  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学(オンライン)   国名:日本国  

  2. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みV

    平山勉, 後藤明史, 他

    日本教育方法学会第56回大会  2020年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  3. 道徳の時間のねらいを達成するために教師がしていること

    中山真樹, 平山勉, 後藤明史

    日本道徳教育方法学会第26回研究発表大会  2020年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学  

  4. 教師視点映像記録を活用した教職授業のカリキュラムマネージメントII

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第26回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学(オンライン)   国名:日本国  

  5. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みIV

    平山勉, 後藤明史, 他

    日本教育方法学会第55回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海学園大学   国名:日本国  

  6. 教師視点映像記録を活用した授業研究方法

    平山勉, 後藤明史, 他

    日本教育方法学会第55回大会  2019年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  7. Analysis of Teachers' first-person view and gaze points -- Development of lessons of a novice teacher -- 国際会議

    Masa-aki Taniguchi, Tsutomu Hirayama, Akifumi Goto

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

  8. 教師視点映像記録を活用した教職授業のカリキュラムマネージメント

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第25回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  9. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みⅢ

    平山勉, 後藤明史. 谷口正明

    第54回日本教育方法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山大学   国名:日本国  

  10. 教師の一人称視点映像を活用した教育実習事前指導の試みⅡ

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第24回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  11. Analysis of Teachers' View Using an Eye-tracking Camera System -- Improvement of Lessons of a Novice Teacher -- 国際会議

    Masa-aki Taniguchi, Tsutomu Hirayama, Akifumi Goto

    World Association of Lesson Studies (WALS) International Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

    We have been recording movies and gaze points of teachers in their classes using an eye tracking camera as well as conventional multi-angle movie record. We are studying relations between the class practice abilities of teachers and gaze points at which a teacher is looking during class. In this study, we recorded the lessons of the two classes of Teacher I, a junior high school science teacher. The lessons of these two classes were the same unit (for the second grade, science, the first field, "static electricity and current"). In the first period, she carried out a lesson in one class. In the second period, we looked back at classes with Teacher I, supervisor of teacher I, and three of us. Afterthat, Teacher I did the same unit lesson in another class. Teacher I was a faculty member who graduated from undergraduate department of biological system and had little consciousness because of lack of expert knowledge on this unit (electric field, physics). Nonetheless, she had understood the contents of the subject and was able to give lessons to the students even in the first period class. In the third period, the class was improved greatly, reflecting the review and advices in the second period. In other words, the field of view became wider and the way of taking intervals was improved, such that she slowly looked at all the students after questioning, nominated them, and explained. As the class was very successful, the activity of students increased and the class became very active. We analyze and quantitatively evaluate these on the basis of multi angle images and the numerical gaze data of the eye tracking camera.

  12. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試みII

    平山勉, 後藤明史, 谷口正明, 竹内英人

    日本教育方法学会第53回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学   国名:日本国  

  13. Analysis of Teachers' View Using an Eye-tracking Camera System -- Difference between an Expert Teacher and a Novice Teacher -- 国際会議

    Masa-aki Taniguchi, Tsutomu Hirayama, Akifumi Goto

    International Conference for Media in Education 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Hawaii at Mānoa   国名:アメリカ合衆国  

    In this study, we recorded the class of an expert teacher (Teacher Y) who had teacher experience for 17 years and a novice teacher (Teacher A) using an eye tracking camera in addition to usual movie cameras. Both teachers taught the same teaching unit of Japanese Language in their classes using the same teaching plans. We compared the teaching behaviors and analyzed the distributions of gaze points during classes.
    We classified the respective teaching behavior into a category of "designation", "guidance between the desk" and "a teacher explanation and a teacher question".
    In "designation", the gaze points of Teacher Y were significantly wider distributed than those of Teacher A in the horizontal direction. In "guidance between the desk", the distribution of the gaze points of Teacher Y was significantly wider than that of Teacher A both in the horizontal and vertical direction. Especially, there was very large significant difference in the vertical direction. In "a teacher explanation and a teacher question", the gaze points of Teacher Y were wider distributed than those of Teacher A, and the significant difference in the vertical direction was a little, but the very large significant difference was seen in the horizontal direction.

  14. 名古屋大学における紙レポートシステムの試験導入と課題

    戸田 智基,田上 奈緒,中務 孝広,松岡 孝,大平 茂輝,後藤 明史,出口 大輔

    Ja Skai カンファレンス2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  15. 教師の一人称視点映像を活用した教育実習事前指導の試み

    平山 勉, 後藤明史, 谷口正明

    第23回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  16. 教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究(3)

    後藤明史, 平山勉, 谷口正明

    日本教育工学会研究会17-1 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  17. 教師視点の映像記録を活用した授業実践能力育成支援の試み

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第52回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  18. 授業満足度 100 点の事例分析に基づく大学授業スキルに関する一考察

    平山勉, 後藤明史

    第22回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  19. 名古屋大学におけるSakai上での全講義登録のための教務連携システム開発

    田上奈緒, 中務孝広, 松岡孝, 太田芳博, 大平茂輝, 後藤明史, 出口大輔, 戸田智基, 森健策

    Ja Sakai カンファレンス2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:首都大学東京   国名:日本国  

  20. ティーム・ティーチングの授業実践を通した授業実践能力育成の可能性-教師視点の映像記録を活用して-

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第51回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学   国名:日本国  

  21. ユビキタス映像視聴システムを 活用した授業研究の試みIV

    平山勉, 後藤明史

    第21回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  22. Sakaiと連携した動画配信サービスの導入

    後藤明史, 太田芳博, 中務孝広, 田上奈緒, 大平茂輝, 出口大輔, 森健策

    情報メディア教育研究センター シンポジウム2015 / Ja Sakaiカンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:法政大学   国名:日本国  

  23. The research on multifactorial record, analysis and construction with teacher's view using an eye tracking camera system 国際会議

    Tsutomu Hirayama, Akifumi Goto

    Science Education in Various Contexts: The Nrxt Genertaration NTNU-HU-SNU Joint Symposium on Science Education & The 17th HU-SNU Joint Symposium-Sattelite Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  24. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した 教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みIV

    平山勉, 後藤明史

    日本教育方法学会第50回記念大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  25. 教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究II

    後藤明史, 平山勉

    中部教育学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知教育大学   国名:日本国  

  26. ユビキタス映像視聴システムを 活用した授業研究の試みIII

    平山勉, 後藤明史

    第20回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  27. 教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究

    後藤明史, 平山勉

    日本教育工学会研究会14-1 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工業大学   国名:日本国  

  28. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みIII

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第49回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学(文京キャンパス)   国名:日本国  

  29. 『篠岡百話2012』地域たんけんカルタづくり−子どもの社会参画を支援する地域+ 学校+専門家の取組み−

    原愛樹、後藤明史

    中部教育学会第62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  30. ユビキタス映像記録視聴システムを括用した授業研究の試みII

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    第19回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  31. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試みII

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第48回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学(文京キャンパス)   国名:日本国  

  32. ユビキタス映像記録視聴システムを括用した授業研究の試み

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    第18回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  33. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力育成支援の試み

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    日本教育方法学会第47回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学   国名:日本国  

  34. iPadを使用したe教材の検証-日本,中国,アメリカを比較して-

    諏訪純代, 何思穎, 渡辺悠平, 後藤明史

    中部教育学会第60回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

  35. ユビキタス映像記録視聴システムを括用した授業能力育成支援の試み

    平山勉, 後藤明史, 竹内英人

    教育工学会研究会JSET11-1 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

  36. ユビキタス映像視聴システムを活用した教職課程履修生の授業実践能力支援の試み

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育方法学会第46回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. ユビキタス映像視聴システムを活用した教育実習生の授業実践能力支援の試みⅡ

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育方法学会第45回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 無線インターネット放送による中心商業地(名古屋市伏見・長者町地区)の活性化に関する研究

    第5回戦略的情報通信研究開発推進制度成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. インターネットによる地域活性化–「長者町インターネット放送」の試み

    宇佐美理、山田昌臣、武市久美、加藤淳、後藤明史、安田孝美

    情報文化学会東海支部研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 天白-可児キャンパス間の遠隔講義システムを活用した教職履修学生の支援の試み

    平山勉、後藤明史、竹内英人

    日本教育工学会研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. 視線と対象:ロボットへの学習者の視線行動の特徴を中心に

    日本教育工学会研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 無線インターネット放送による中心商業地(名古屋市伏見・長者町地区)の活性化

    2007年4月 - 2009年3月

    総務省戦略的情報通信研究開発推進制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    中心商業地(名古屋市伏見・長者町地区)の過疎化を解決、蘇生させるため、現在活動している地元住民や行政(名古屋市)との連携のもとに、無線インターネット放送という市民メディアを活用した新しいICT時代の街作りの形を追究します。その際特に、動画情報の容易な受発信のためのインフラ整備により、街区の各所からコミュニティーにとって有用なコンテンツを制作し相互に受発信することで街全体が放送局となるイメージを想定しています。

科研費 8

  1. 教師視点を生かしたユビキタス映像記録視聴システムを活用した授業実践能力育成支援

    研究課題/研究課題番号:19K03037  2019年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    平山 勉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:780000円 ( 直接経費:600000円 、 間接経費:180000円 )

    教員を目指す教職課程履修生及び若手教師の授業実践能力育成を支援するためにこれまで開発し運用してきている「ユビキタス映像記録視聴システム」を改良し、本システムを学生時代に経験した、教諭の授業を継続的に授業収録を実施する。さらに、収録する授業も若手教員と熟練教員等のTT(ティーム・ティーチング)の形式、自身の担任クラスと担任以外のクラス(授業が想定通り実施できないクラス)等に適用していく。これらの分析・考察を通して、「教職授業」の提示教材の活用を含めたカリキュラムマネジメント、「教員育成指標」の教員の授業実践力育成のモデルを提唱していく。
    本研究プロジェクトは、教員を目指す教職課程履修生及び初任者教師の授業実践能力育成を支援するためにこれまで開発し運用してきている「ユビキタス映像記録視聴システム」を改良し、本システムを学生時代に経験した、現場の教諭の授業を継続的に授業収録及び自己研鑽及び研究会、授業研究ワークショップ、公開フォーラム等での活用を一層推進することを目標としている。2019年度は、これまでの継続を含め、5校(名古屋市立橘小学校、愛西市立立田中学校、高槻市立竹の内小学校、東浦町立東浦中学校、大府市立東山小学校)で、10授業の収録を行うことができた。小学校教諭の場合は、自身の教科専門の「算数」と「道徳」の授業収録、中学校教諭の場合は、担任学級とその他の学級(同一単元・同一指導案)を行った。今年度は、「道徳」の授業を4授業、特別支援学級の「国語」と「プログラミング教育」の2授業を収録し、分析考察中である。一方、年度末に全国的に新型コロナウィルス感染対応の観点から収録予定の高等学校の授業収録ができなくなってしまった事態もあった。
    成果の公開・公表ということでは、これまでの研究成果の一部を「WALS 2019、9月、オランダ・アムステルダム)、日本教育方法学会(9月、東海学園大学)、大学教育研究フォーラム(3月、京都大学)さらには、共著を1月に刊行し、成果の一部を発表した。8月、1月、3月(オンライン開催に変更)の公開研究会・フォーラム等も予定通り開催し、参加者と成果を共有することができた。
    教員を目指す教職課程履修生及び初任者教師の授業実践能力育成を支援するためにこれまで開発し運用してきている「ユビキタス映像記録視聴システム」にアイトラッキングカメラの教師視点を連携させるシステムの改良が試行錯誤の連続ではあるのが一定推進できている。これまで収録し分析した映像記録を教職課程の授業教材として活用も一部進んできている。日本教育方法学会の全国大会では、参加者企画のワークショップとして、「教師視点映像記録を活用した授業研究方法」のセッションを主催し、参加者との情報交流を推進することができた。収録授業も学生時代に本システムを経験した教諭の継続的な収録に加えて、新規に大阪府の研究協力学校で「道徳」の授業収録も実現できた。一方で、年度後半の新型コロナウィルス感染対応の観点から、高等学校の授業収録の中止等の影響も少なからずあった。
    2020年度は、世界規模での新型コロナウィルス感染の影響があり、学校活動も不透明なところも多く、新規の授業収録については、柔軟な対応が必要と考えている。幸い、これまでの収録事例の分析・考察により多くの時間を充当し、これまでの成果の一部を論文等での発表活動に共同研究者と連携し研究を進めていきたい。2020年時点で、全ての教育機関でオンライン教育が試みられているが、これまでの研究成果を少しでも外部に発信していく予定である。一方で、これまでの研究成果を教職課程の授業づくりに反映させていくカリキュラムマネージメントもオンライン授業の中で進めていく。毎年開催している成果の公表を含めた年間3回(8月、1月、3月)の公開研究会・フォーラムもオンライン開催代替対応も含めて継続させていく予定である。

  2. 教師は何を見てどう判断しているかー教師視点の映像記録を活用した意思決定過程の研究

    研究課題/研究課題番号:15K01065  2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金 

    後藤 明史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    教師の一人称映像と注視点の分析により、説明・発問時や指名時には、教職歴の長い教師は、指名した子どもだけでなく他の子どももより見ている可能性を提示している。また、教職経験の浅い教師の注視点の動きと比較して、説明や発問をしながら子ども の反応を広く探ろうとしている可能性を提示している。
    教職歴の浅い教師に対して授業改善のアドバイスを行った場合、アドバイス後の授業では1回の注視時間が長くなる傾向にあり、改善点を意識して授業に臨んだことが、子どもとのコミュニケーションの 1 つの形である注視の継続につながっている可能性を提示している。
    ビデオに録画された授業映像を教師らに見せ、注視点を分析する研究は度々行われているが、教師自身の一人称映像と注視点をデータとして取り出し可視化し、分析する方法を開発することに一定の成果を得られた。
    特に初任教員や経験の浅い教員が指導教員、ミドル教員、授業研究者の助けを借りながら自分自身の授業を振り返り、授業実践能力の向上を目指す方法として有効であると思われる。
    また、教職課程の教育方法論の中で、熟練教師などの一人称映像を視聴させるなどの実践を行ったが、教職課程履修生の授業観察視点の育成に効果があることを確認できている。

  3. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した初任者教師の授業実践能力育成支援

    研究課題/研究課題番号:15K01098  2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、初任者教師の授業実践能力育成支援のため、「ユビキタス映像記録視聴システム」に「教師視点の映像記録」を加えて改良し、研究協力校の授業及び大学卒業時から新任教員の授業に毎年適用し検証を積み上げた。研究成果として収録した同一指導案の熟練教員と新任教員の2つの教師視点の映像記録を教職課程の授業の提示教材として活用し初任者教師の授業実践育成に資することを実証した。
    より精緻な授業記録は、子どもの変容状況を継続的総合的に把握し、授業過程を検討するために必要である。この目的から、ビデオカメラによって撮影された授業の記録(以下、「映像記録」と呼称する)が活用されている。映像記録に眼球運動から視点の移動を推定し記録できるアイトラッキングカメラで撮影された教師視点映像記録を追加するることにより、初任者教師及び教職課程履修生の授業実践能力育成に資することができる。

  4. 教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 英語教育における課題遂行支援型の間接学習に関する研究

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. ユビキタス映像記録視聴システムを活用した多元的記録・分析・構成方法

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    平山勉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 仮想コンピューティング実験室によるクラウド型専門教育実習環境とその応用

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    梶田将司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 授業記録アーカイブ・配信システムの開発に基づく授業の多元的記録・分析・構成方法

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    平山勉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. メディアコンテンツ制作論a

    2011

     詳細を見る

    情報基盤センターのメディアスタジオを活用し、映像番組などを制作することを通して、メディアコンテンツの制作能力を習得する。コンテンツ制作に必要なビデオ、コンピュータ関連の基礎的な知識を講義し、企画、取材、撮影、編集を行い番組等を制作する.同時にコンピュータで、テキスト、画像、音声、映像を扱う技術を習得し、プレゼンテーション等に活用できるような実習も行う。

  2. 基礎セミナーA

    2011

     詳細を見る

    セミナーのテーマ:メディア研究・ビデオ制作を通したメディアリテラシーの獲得
    テレビ,新聞,インターネット,広告などのメディアを研究対象とし
    1.メディアと主体的に関わる能力を身につけよう
    2.メディアを介して自己を表現する能力を身につけよう
    3.コンピュータ,ビデオなどのメディア利用のスキルを身につけよう
    4.取材や調査を通して事実を探る楽しさを体験しよう
    5.グループでプロジェクトを成し遂げる達成感を味わおう

  3. 教育情報工学I

    2011

     詳細を見る

    本講義では国際言語文化研究科棟に設置されているビデオスタジオや編集室を用いビデオ制作実習を行います。ビデオ作品の制作を通して、メディア制作の実際を学び、自己表現の手段としての映像メディアリテラシーの獲得を目指します。

  4. 教育情報工学I(全学共通科目)

    2001

  5. 情報科学(全学共通科目)

    2001

  6. 映像技術論(国際開発研究科)

    2001

  7. 教育情報工学II(全学共通科目)

    2001

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 16

  1. 教育方法論

    2012年4月 - 2021年7月 名城大学)

  2. 教育情報論

    2012年4月 - 2013年3月 名城大学)

  3. 教育情報論

    2013年4月 - 2014年3月 名城大学)

  4. 教育方法論

    2013年4月 - 2014年3月 名城大学)

  5. 情報リテラシーI及びII

    2011年4月 - 2012年3月 名古屋学芸大学短期大学部)

  6. 教育情報論

    2011年4月 - 2012年3月 名城大学)

  7. 教育方法論

    2011年4月 - 2012年3月 名城大学)

  8. 教育情報論

    2010年4月 - 2011年3月 名城大学)

  9. 教育方法論

    2010年4月 - 2011年3月 名城大学)

  10. 情報リテラシー

    2010年4月 - 2011年3月 名古屋学芸大学短期大学部)

  11. 情報リテラシー

    2009年4月 - 2010年3月 名古屋学芸大学短期大学部)

  12. 教育情報論

    2009年4月 - 2010年3月 名城大学)

  13. 教育方法論

    2009年4月 - 2010年3月 名城大学)

  14. 情報リテラシー

    2008年4月 - 2009年3月 名古屋学芸大学短期大学部)

  15. 情報リテラシー

    2007年4月 - 2008年3月 名古屋学芸大学短期大学部)

  16. 情報リテラシー

    2006年4月 - 2007年3月 名古屋学芸大学短期大学部)

▼全件表示