2022/11/30 更新

写真a

ジンチエンコ アナトーリ
ジンチェンコ アナトーリ
ZINCHENKO, Anatoly
所属
大学院環境学研究科 都市環境学専攻 環境機能物質学 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
工学部 環境土木・建築学科
情報文化学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2004年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(化学) ( 2000年6月   モスクワ大学 ) 

研究キーワード 3

  1. DNA

  2. ナノ材料

  3. 高分子

研究分野 4

  1. ナノテク・材料 / 高分子化学

  2. ナノテク・材料 / ナノ構造化学

  3. 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

  4. 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 廃棄バイオマス・廃プラスチックの再資源化と材料化技術

経歴 4

  1. 南洋理工大学   客員准教授

    2016年9月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:シンガポール共和国

  2. 名古屋大学   環境学研究科   准教授

    2010年12月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   環境学研究科   講師

    2007年1月 - 2010年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学   理学部   外国人特別研究員(JSPS)

    2004年4月 - 2006年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   環境学研究科   都市環境学専攻

    2001年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. モスクワ大学   化学研究科   高分子

    1995年9月 - 2000年6月

所属学協会 3

  1. 日本化学会

  2. American Chemical Society

  3. 高分子学会

受賞 1

  1. 日本化学会第89春季年会 優秀講演賞(学術)

    2009年4月   (社) 日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    平成21年3月、日本化学会第89春季年会で発表した「単一分子DNA金属化によりDNA―金属ナノ構造体の形成」に対する受賞である。本講演では、天然高分子のDNAを鋳型として利用することにより、新たなナノ金属材料の創製へアプローチおよびDNA金属化に基づいたDNA構造分析法について講演をした。本受賞は、DNA高分子上の金属デホジット法による金属ナノ構造体(ナノワイヤー、等)の作製、DNA構造モニタリングへ応用等のDNA新機能開発の成功に対して評価を得た。

 

論文 92

  1. Reconstituted TAD-size chromatin fibers feature heterogeneous nucleosome clusters

    Korolev Nikolay, Zinchenko Anatoly, Soman Aghil, Chen Qinming, Wong Sook Yi, Berezhnoy Nikolay V, Basak Rajib, van der Maarel Johan R. C., van Noort John, Nordenskiold Lars

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 15558   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Large topologically associated domains (TADs) contain irregularly spaced nucleosome clutches, and interactions between such clutches are thought to aid the compaction of these domains. Here, we reconstituted TAD-sized chromatin fibers containing hundreds of nucleosomes on native source human and lambda-phage DNA and compared their mechanical properties at the single-molecule level with shorter ‘601’ arrays with various nucleosome repeat lengths. Fluorescent imaging showed increased compaction upon saturation of the DNA with histones and increasing magnesium concentration. Nucleosome clusters and their structural fluctuations were visualized in confined nanochannels. Force spectroscopy revealed not only similar mechanical properties of the TAD-sized fibers as shorter fibers but also large rupture events, consistent with breaking the interactions between distant clutches of nucleosomes. Though the arrays of native human DNA, lambda-phage and ‘601’ DNA featured minor differences in reconstitution yield and nucleosome stability, the fibers’ global structural and mechanical properties were similar, including the interactions between nucleosome clutches. These single-molecule experiments quantify the mechanical forces that stabilize large TAD-sized chromatin domains consisting of disordered, dynamically interacting nucleosome clutches and their effect on the condensation of large chromatin domains.

    DOI: 10.1038/s41598-022-19471-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Aminolysis-assisted hydrothermal conversion of waste PET plastic to N-doped carbon dots with markedly enhanced fluorescence 査読有り

    Kayee Chan, Anatoly Zinchenko

      10 巻 ( 3 ) 頁: 107749   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jece.2022.107749

    DOI: doi.org/10.1016/j.jece.2022.107749

    Web of Science

  3. Conversion of waste bottle PET to magnetic microparticles adsorbent for dye-simulated wastewater treatment 査読有り

    Chan Kayee, Zinchenko Anatoly

    Journal of Environmental Chemical Engineering   10 巻 ( 3 )   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Environmental Chemical Engineering  

    Mass production and consequent accumulation of plastic wastes in the environment urges the development of technologies for the efficient plastic wastes utilization and valorization to materials and products to support circular economy. Here, we report a novel conversion of PET plastic to a magnetic microparticles adsorbent prepared by co-precipitation of Fe3O4 nanoparticles with oligomeric products of PET aminolysis. The obtained adsorbent represents highly water-dispersible oligo(terephthalamide) particles of several tens μm size embedding magnetic nanoparticles randomly distributed in the organic matrix. The PET-derived magnetic adsorbent was used for the rapid and facile magnetic separation of an anionic dye (Congo Red, CR) from dye simulated water samples. The adsorbent containing plenty of amine groups showed superb adsorption capacity for CR of ca. 780 mg/g which is pH dependent and optimal at pH 6.5. Furthermore, the microparticular, non-aggregative state of the adsorbent coupled with its magnetic functionality provided rapid saturation of the adsorbent with dye by ca. 70% of the equilibrium adsorption capacity within 5 min and possibility of instantaneous removal from solution by a magnet. The proposed here material design addresses simultaneously the problem of plastic wastes utilization and preparation of cost-effective and efficient adsorbents for environmental cleaning purposes.

    DOI: 10.1016/j.jece.2022.108055

    Web of Science

    Scopus

  4. Efficient Stabilization of Soil, Sand, and Clay by a Polymer Network of Biomass-Derived Chitosan and Carboxymethyl Cellulose 査読有り

    Anatoly Zinchenko, Takayuki Sakai, Kohki Morikawa, Masaki Nakano

    Journal of Environmental Chemical Engineering   10 巻 ( 1 )   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Environmental Chemical Engineering  

    Biomass-derived polymers are being increasingly utilized as eco-friendly functional materials in fields ranging from medicine and food to agriculture and environmental engineering. In this report, we developed a novel efficient method for improvement of soil materials based on in situ gelation of a polyion complex formed by biomass-derived carboxymethyl cellulose (CMC) and chitosan (CS). Self-organized network of polymer films and microfibers assembled via electrostatic interactions between oppositely-charged polyions interconnects particles of soil material and imparts the resulted composite with a considerable mechanical strength. Treatment of soil even with a high water content (ca. 30%) by a mixture of CMC and CS at m(CMC + CS)/m(soil) ratio of ca. 1% is sufficient to gain up to 150 kPa compression strength that further increases up to ca. 1 MPa after drying. Similar reinforcement effect by CMC-CS complex was observed for sand, and much higher yield strengths were measured for clay. Mechanical properties of soil materials strengthened by CMC-CS complex depended on structure and stability of CMC-CS polyion network and controlled by the polymerization degrees of macromolecules and the charge ratio between them. Being composed entirely of biomass-derived polymers, the proposed soil treatment system is particularly attractive due to environmental friendliness and sustainability and it can be utilized not only for the soil improvement but also for the construction of functional platforms for soil pollution control and remediation.

    DOI: 10.1016/j.jece.2021.107084

    Scopus

  5. DNA-Chitosan Aerogels and Regenerated Hydrogels with Extraordinary Mechanical Properties 査読有り 国際共著

    Postnova Irina, Sarin Sergey, Zinchenko Anatoly, Shchipunov Yury

    ACS Applied Polymer Materials   4 巻 ( 1 ) 頁: 663 - 671   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Polymer Materials  

    It has recently been shown that native ds-DNA and chitosan can coassemble without common phase separation and precipitation, forming a translucent homogeneous hydrogel. This simple approach consists of progressive charging of the polysaccharide through gradual acidification of a solution in the presence of DNA, which slowly strengthens the electrostatic interactions between them, ruling out fast and uncontrolled cooperative association, which is a well-known problem associated with coacervation. Homogeneous hydrogels thus fabricated demonstrated mechanical properties characteristic of quite strong physical hydrogels. Extraordinary mechanical strength and elasticity have been observed in aerogels prepared from an original hydrogel and also in hydrogels, which were restored by the rehydration of aerogels. Aerogels match highly cross-linked synthetic polyurethane foams despite DNA with chitosan being bound only via electrostatic interactions without using a toxic cross-linking agent. Owing to their biocompatibility, biodegradability, and available renewable resources, hydrogels and aerogels might replace typical synthetic polymers. The fabrication of bionanocomposites with luminescent, sensing, and photocatalytic functionalities by entrapping quantum dots, titania nanoparticles, and dyes demonstrates some possible applications.

    DOI: 10.1021/acsapm.1c01585

    Web of Science

    Scopus

  6. Conversion of waste bottles' PET to a hydrogel adsorbent via PET aminolysis 査読有り

    Kayee Chan, Anatoly Zinchenko

    Journal of Environmental Chemical Engineering   9 巻 ( 5 ) 頁: 106129   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Environmental Chemical Engineering  

    To ensure sustainable use of natural resources and circulation of materials, efficient methods of waste plastic conversion into value chemicals and scenarios for utilization of the latter are increasingly demanded. Here, we propose a method of waste PET bottles conversion to cross-linked hydrogels through PET aminolysis using tri- and tetraamines as a method of plastic waste valorization. Water-soluble oligomeric products of PET aminolysis were cross-linked in water using diglycidyl ether to get mechanically stable hydrogels that show typical polyelectrolyte behavior of polycations. PET-derived hydrogels abundant with amino groups and aromatic moieties were tested as adsorbents for an anionic dye such as Congo Red, and their absorption capacity towards dye was found to be ca. 500 mg/g. Beside demonstrated here application of PET-derived hydrogels for water cleaning from an industrial dye, utilization of such hydrogel materials in fields of environment, agriculture, separation, etc. are also anticipated.

    DOI: 10.1016/j.jece.2021.106129

    Web of Science

    Scopus

  7. Metal Ions Sensing by Biodots Prepared from DNA, RNA, and Nucleotides 査読有り 国際共著 国際誌

    Wang Maofei, Tsukamoto Masaki, Sergeyev Vladimir G., Zinchenko Anatoly

    Biosensors   11 巻 ( 9 ) 頁: 333   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biosensors  

    Nucleic acids that exhibit a high affinity toward noble and transition metal ions have attracted growing attention in the fields of metal ion sensing, toxic metal ion removal, and the construction of functional metal nanostructures. In this study, fluorescent nanoparticles (biodots) were synthesized from DNA, RNA, and RNA nucleotides (AMP, GMP, UMP, and CMP) using a hydrothermal (HT) method, in order to study their metal ion sensing characteristics. The fluorescent properties of biodots differ markedly between those prepared from purine and pyrimidine nucle-obases. All biodots demonstrate a high sensitivity to the presence of mercury cations (Hg2+ ), while biodots prepared from DNA, RNA, and guanosine monophosphate (GMP) are also sensitive to Ag+ and Cu2+ ions, but to a lesser extent. The obtained results show that biodots inherit the metal ion recognition properties of nucleobases, while the nucleobase composition of biodot precursors affects metal ion sensitivity and selectivity. A linear response of biodot fluorescence to Hg2+ concentration in solution was observed for AMP and GMP biodots in the range 0–250 µM, which can be used for the analytic detection of mercury ion concentration. A facile paper strip test was also developed that allows visual detection of mercury ions in solutions.

    DOI: 10.3390/bios11090333

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Fluorescent Nanoparticles Synthesized from DNA, RNA, and Nucleotides 査読有り 国際共著

    Wang Maofei, Tsukamoto Masaki, Sergeyev Vladimir G., Zinchenko Anatoly

    Nanomaterials   11 巻 ( 9 ) 頁: 2265   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nanomaterials  

    Ubiquitous on Earth DNA and other nucleic acids are being increasingly considered as promising biomass resources. Due to their unique chemical structure, which is different from that of a more common carbohydrate biomass polymers, materials based on nucleic acids may exhibit new attractive characteristics. In this study, fluorescent nanoparticles (biodots) were prepared by a hydrothermal (HT) method from various nucleic acids (DNA, RNA, nucleotides, and nucleosides) to establish the relationship between the structure of precursors and fluorescent properties of biodots and to optimize conditions for preparation of the most fluorescent product. HT treatment of nucleic acids results in decomposition of sugar moieties and depurination/depyrimidation of nucleobases, while their consequent condensation and polymerization gives fluorescent nanoparticles. Fluorescent properties of DNA and RNA biodots are drastically different from biodots synthesized from individual nucleotides. In particular, biodots synthesized from purine-containing nucleotides or nucleosides show up to 50-fold higher fluorescence compared to analogous pyrimidine-derived biodots. The polymeric nature of a precursor disfavors formation of a bright fluorescent product. The reported effect of the structure of the nucleic acid precursor on the fluorescence properties of biodots should help designing and synthesizing brighter fluorescent nanomaterials with broader specification for bioimaging, sensing, and other applications.

    DOI: 10.3390/nano11092265

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Adsorptive Removal of Heavy Metal Ions, Organic Dyes, and Pharmaceuticals by DNA-Chitosan Hydrogel 招待有り 査読有り

    Chan K., Morikawa K., Shibata N., Zinchenko A.

    Gels   7 巻 ( 3 ) 頁: 112   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Bio Materials  

    DOI: 10.3390/gels7030112

    DOI: 10.3390/gels7030112

    Scopus

    その他リンク: https://www.mdpi.com/2310-2861/7/3/112/pdf

  10. DNA-Chitosan Hydrogels: Formation, Properties, and Functionalization with Catalytic Nanoparticles 査読有り 国際共著

    Morikawa K., Masubuchi Y., Shchipunov Y., Zinchenko A.

    ACS Applied Bio Materials   4 巻   頁: 1823 - 1832   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Bio Materials  

    DOI: 10.1021/acsabm.0c01533

    Scopus

  11. Internal Motion of Chromatin Fibers Is Governed by Dynamics of Uncompressed Linker Strands 査読有り 国際共著

    Basak Rajib, Rosencrans William, Yadav Indresh, Yan Peiyan, Berezhnoy Nikolay V, Chen Qinming, van Kan Jeroen A., Nordenskiold Lars, Zinchenko Anatoly, van der Maarel Johan R. C.

    Biophysical Journal   119 巻 ( 11 ) 頁: 2326 - 2334   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biophysical Journal  

    DOI: 10.1016/j.bpj.2020.10.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Compaction and self-association of megabase-sized chromatin are induced by anionic protein crowding 査読有り 国際共著

    Zinchenko Anatoly, Chen Qinming, Berezhnoy Nikolay V, Wang Sai, Nordenskiold Lars

    Soft Matter   16 巻 ( 18 ) 頁: 4366 - 4372   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Soft Matter  

    DOI: 10.1039/d0sm00162g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Amino Acid Sequence of Oligopeptide Causes Marked Difference in DNA Compaction and Transcription 査読有り

    Zinchenko Anatoly, Hiramatsu Hiroyuki, Yamaguchi Hideaki, Kubo Koji, Murata Shizuaki, Kanbe Toshio, Hazemoto Norio, Yoshikawa Kenichi, Akitaya Tatsuo

    Biophysical Journal   116 巻 ( 10 ) 頁: 1836 - 1844   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biophysical Journal  

    DOI: 10.1016/j.bpj.2019.04.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Small DNA Additives to Polyelectrolyte Multilayers Promote Formation of Ultrafine Gold Nanoparticles with Enhanced Catalytic Activity 招待有り 査読有り

    Nagahama C., Zinchenko A.

    Colloid and Polymer Science   297 巻   頁: 363–369   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00396-018-4432-6

  15. Hybrid porous magnetic bentonite-chitosan beads for selective removal of radioactive cesium in water. 査読有り

    Wang K, Ma H, Pu S, Yan C, Wang M, Yu J, Wang X, Chu W, Zinchenko A

    Journal of Hazardous Materials   362 巻   頁: 160 - 169   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Hazardous Materials  

    DOI: 10.1016/j.jhazmat.2018.08.067

    Scopus

    PubMed

  16. Encapsulation of Long Genomic DNA into a Confinement of a Polyelectrolyte Microcapsule: A Single-Molecule Insight 査読有り

    Zinchenko Anatoly, Inagaki Eisuke, Murata Shizuaki

    ACS OMEGA   4 巻 ( 1 ) 頁: 458 - 464   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Omega  

    DOI: 10.1021/acsomega.8b02865

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. A highly efficient magnetic chitosan "fluid" adsorbent with a high capacity and fast adsorption kinetics for dyeing wastewater purification 査読有り

    Ma Hui, Pu Shengyan, Hou Yaqi, Zhu Rongxin, Zinchenko Anatoly, Chu Wei

    Chemical Engineering Journal   345 巻   頁: 556 - 565   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cej.2018.03.115

    Web of Science

    Scopus

  18. Efficient prevention of nanomaterials transport in the porous media by treatment with polyelectrolytes 査読有り

    Soenaryo T., Murata S., Zinchenko A.

    Chemosphere   210 巻   頁: 567-576   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2018.07.037

  19. Compaction of Single Molecule Megabase-Long Chromatin under the Influence of Macromolecular Crowding 査読有り

    Zinchenko A., Berezhnoy N., Chen Q., Nordenskiöld L.

    Biophysical Journal   114 巻   頁: 2326–2335   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bpj.2018.04.012

  20. Stretch and Dynamics of Single Chromatin Molecules Confined in Nano-fluidic Channels

    William M. Rosencrans, Fan Liu, Nikolay V. Berezhnoy, Anatoly Zinchenko, Lars Nordenskiold, Johan R. C. van der Maarel

    BIOPHYSICAL JOURNAL   114 巻 ( 3 ) 頁: 599A - 599A   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    DOI: 10.1016/j.bpj.2017.11.3273

    Web of Science

  21. Single-Molecule Compaction of Megabase-Long Chromatin Molecules by Multivalent Cations 査読有り

    Zinchenko A., Berezhnoy N., Wang S, Rosencrans W., Korolev N., van der Maarel J., Nordenskiöld L.

    Nucleic Acids Research   2 巻   頁: 635-649   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx1135

  22. Removal of Carbon Nanomaterials by Co-Precipitation with Chitosan: A Facile Method for Water Pre-Treatment 査読有り

    Soenaryo T., Zinchenko A., Murata S.

    Environmental Science: Water Research Technolology   4 巻   頁: 265-271   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C7EW00283A

  23. Formation of Multi-Layered Chitosan Honeycomb Spheres via Breath-Figure-Like Approach in Combination with Co-Precipitation Processing 査読有り

    Ma H., Pu S.Y., Ma J., Yan C., Zinchenko A., Pei X., Chu W.

    Materials Letters   211 巻   頁: 91-95   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.matlet.2017.09.091

  24. DNA-based materials as chemical reactors for synthesis of metal nanoparticles

    Zinchenko A., Sergeyev V. G.

    Polymer Science Series C   59 巻 ( 1 ) 頁: 18-28   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1134/S1811238217010155

    Web of Science

  25. Novel highly porous magnetic hydrogel beads composed of chitosan and sodium citrate: an effective adsorbent for the removal of heavy metals from aqueous solutions 査読有り

    Pu S.Y., Ma H., Zinchenko A., Chu W.

    Environmental Science and Pollution Research   24 巻 ( 19 ) 頁: 16520-16530   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11356-017-9213-0

  26. Photoinduced Fusion of Lipid Bilayer Membranes 査読有り

    Suzuki Y., Nagai K., Zinchenko A., Hamada T.

    Languir   33 巻 ( 10 ) 頁: 2671-2676   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.7b00448

  27. An efficient heterogeneous fenton catalyst based on modified diatomite for degradation of cationic dye simulated wastewater 査読有り

    Pu S.Y., Xiang C., Zhu R., Ma H., Zinchenko A., Chu W.

    Desalination Water Treat.   79 巻   頁: 378-385   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5004/dwt.2017.20824

  28. 大学の廃棄物のキャンパスマインとしての活用への提言(1) ─ 名古屋大学における廃試薬の調査に基づく考察 査読有り

    ジンチェンコ アナトーリ, 竹田 裕哉, 三品 太志, 村田 静昭, 陳 寧

    環境と安全   7 巻   頁: 17   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Gold Nanoparticles in DNA-Based Multilayer Films: Synthesis, Size Control, and Influence of the Multilayer Structure on Au NP Catalytic Properties 査読有り

    Zinchenko A, Nagahama C, Murata. S

    ChemNanoMat   2016 巻 ( 2 ) 頁: 125-132 - 132   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cnma.201600012

    Web of Science

  30. DNA Conformational Behavior and Compaction in Biomimetic Systems: Toward Better Understanding of DNA Packaging in Cel 査読有り

    Zinchenko A.

    Adv. Colloid. Interface Sci.   2016 巻 ( 232 ) 頁: 70-79   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.cis.2016.02.005

  31. Decoration of DNA scaffold by gold nanoparticles formed in aqueous solutions 査読有り

    Lopatina L.I., Karpushkin E.A., Zinchenko A., Sergeyev V.G.

    Mendeleyev Comm.   26 巻   頁: 291‐292   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mencom.2016.07.007

  32. Metallization of DNA Hydrogel - Application of Soft Matter Host for Preparation and Nesting of Catalytic Nanoparticles 査読有り

    Zinchenko A., Che Y., Taniguchi S., Lopatina L.I., Sergeyev V.G.,Murata S.

    J.Nanopart. Res.   18 巻   頁: 179   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11051-016-3480-4

  33. Fabrication of Bimetallic Core-Shell and Alloy Ag-Au Nanoparticles on a DNA Template 査読有り

    Taniguchi S., Zinchenko A., Murata. S.

    Chem.Lett.   45 巻   頁: 610‐611   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.160180

  34. Divalent cation shrinks DNA but inhibits its compaction with trivalent cation 査読有り

    Tongu C., Kenmotsu T., Yoshikawa Y., Zinchenko A., Chen N., Yoshikawa K.*

    J. Chem. Phys.   144 巻   頁: 205101   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4950749

  35. 大学の廃棄物のキャンパスマインとしての活用への提言(1) ─ 名古屋大学における廃試薬の調査に基づく考察 査読有り

    ジンチェンコ アナトーリ, 竹田 裕哉, 三品 太志, 村田 静昭, 陳 寧

    環境と安全   7 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 23   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大学等環境安全協議会  

    大学の教育研究活動に伴って生じる廃棄物の削減と再利用・資源化を進めるために、2009年度から2012年度の4年間に、名古屋大学から不要試薬として排出処分された化学物質廃棄物中に含まれていた貴金属またはレアメタルからなる未使用化学物質の実体について、排出記録と回収現場の調査に基づき研究した。明らかになった名古屋大学の現状を基に、有害物質の分別、リユースを基本とした化学物質廃棄物の削減と有効利用、研究費の無駄使いにつながる試薬購入の問題点について考察した。さらに、改善方法の例として化学物質ストック情報の共有、希少元素ライブラリーの創設、有価物としての売却について提案した。

    DOI: 10.11162/daikankyo.15g1101

    CiNii Research

  36. Size Dependent Catalytic Activity of Gold Nanoparticles in DNA Hydrogels 査読有り

    Zinchenko A. Taniguchi S., Murata. S.

    Macromolecular Symposia   2015 巻 ( 129 ) 頁: 106-111   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/masy.201500062

  37. DNAの資源化

    ジンチェンコ アナトーリ

    化学と工業   68 巻 ( 9 ) 頁: 804-805   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Solubilization of MWCNT by DNA and Construction of DNA-MWCNT Hybrid Hydrogels 査読有り

    Zinchenko A, Taki Y, Sergeyev V.G, Murata S

    Nanomaterials   2015 巻 ( 5 ) 頁: 270-283   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Uptake of Aromatic Compounds by DNA: Toward the Environmental Application of DNA for Cleaning Water 査読有り

    Fernández-Solis C, Kuroda Y, Zinchenko A, Murata S

    Colloids Surf., B.   2015 巻 ( 129 ) 頁: 146–153   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Compaction of Double-Stranded DNA by Negatively Charged Proteins and Colloids 査読有り

    Zinchenko A, Yoshikawa K

    Curr. Opin. Colloid Interface Sci.   2015 巻 ( 20 ) 頁: 60-65   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Control of a Catalytic Activity of Gold Nanoparticles Embedded in DNA Hydrogel by Swelling/Shrinking the Hydrogel's Matrix 査読有り

    Che Y, Zinchenko A, Murata S

    J. Colloid Interface Sci.   2015 巻 ( 445 ) 頁: 364-370   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Entrapment and Removal of Carbon Nanotubes and Fullerenes by Co-Precipitation with Calcium Carbonate Beads 査読有り

    Pu S.Y, Zinchenko A.A, Chen N, Murata S

    ACS Sustainable Chem. Eng.   2014 巻 ( 2 ) 頁: 2275-2282   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Crowding by anionic nanoparticles causes DNA double-strand instability and compaction 査読有り

    Zinchenko, A.; Tsumoto, K.; Murata, S.; Yoshikawa, K.

    J. Phys. Chem.   118 巻 ( 5 ) 頁: 1256-1262   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Photochemical metallization to fabricate DNA-templated gold nanorings 査読有り

    Pu S.Y, Zinchenko A.A., Qina L., Xua M., M. Xu., Murata S.

    Mater. Lett.   130 巻   頁: 168-171   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. DNA Hydrogel as a Template for Synthesis of Ultrasmall Gold Nanoparticles for Catalytic Applications 査読有り

    Zinchenko A. A., Miwa, Y., Lopatina L.I., Sergeyev V.G., Murata S.

    ACS Appl. Mater. Interfaces   6 巻 ( 5 ) 頁: 3226–3232.   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Size Control of Gold Nanoparticles Synthesized in a DNA Hydrogel 査読有り

    Miwa, Y, Zinchenko A. A, Lopatina L.I, Sergeyev V.G, Murata S

    Polym. Int.   63 巻 ( 9 ) 頁: 1566-1571   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Extraction of Noble and Rare-Earth Metals from Aqueous Solutions by DNA Cross-Linked Hydrogel 査読有り

    Maeda Y., Zinchenko A. A., Murata S.

    ChemPlusChem   78 巻 ( 7 ) 頁: 619-622   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Entrapping of Fullerenes, Nanotubes, and Inorganic Nanoparticles by a DNA-Chitosan Complex: A Method for Nanomaterials Removal 査読有り

    Zinchenko A. A, Maeda N, Pu S.Y, Murata S

    Environ. Sci. Technol.   47 巻 ( 9 ) 頁: 4489-4496   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Templating of inorganic nanomaterials by biomacromolecules and their assemblies 招待有り 査読有り

      54 巻 ( 7 ) 頁: 1048-1055   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  50. Facile Control of DNA-Templated Inorganic Nanoshell Size 査読有り

      12 巻   頁: 635-641   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Photochemical Modulation of DNA Conformation by Organic Dications 査読有り

    Zinchenko A. A, Tanahashi M, Murata S

    ChemBioChem   13 巻   頁: 105-111   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Thiol-Mediated Anchoring of Silver Cations to DNA for Construction of Nanofibers on DNA Scaffold 査読有り

    Zinchenko A. A, Chen N, Baigl D, Lopatina L, Sergeyev V. G

    Biomacromolecules   13 巻 ( 6 ) 頁: 1787-1793   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. A Facile Method for the Assessment of DNA Damage Induced by UV-Activated Nanomaterials 査読有り

    Yamazaki Y, Zinchenko A. A, Murata S

    Nanoscale   3 巻 ( 7 ) 頁: 2909-2915   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Facile Control of DNA-Templated Inorganic Nanoshell Size 査読有り

    Pu S. Y., Zinchenko A. A., Murata S.

    J. Nanosci. Nanotechnol.     頁: in press   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. DNA-Assisted "Double-Templating" Approach for the Construction of Hollow Meshed Inorganic Nanoshells 査読有り

    Pu S. Y., Zinchenko A. A., Murata S.

    Langmuir   27 巻 ( 8 ) 頁: 5009-5013   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Conformational behavior of DNA-templated CdS inorganic nanowiren of Hollow Meshed Inorganic Nanoshells 査読有り

    Pu S. Y., Zinchenko A. A., Murata S.

    Nanotechnology   22 巻   頁: 375604   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Effects of Cationic and Anionic Nanoparticles on the Stability of the Secondary Structure of DNA 査読有り

    Kamata H., Zinchenko A. A., Murata S.

    Colloid Polym. Sci.   289 巻   頁: 1329-1335   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. DNA Compaction on Histone Mimics Prepared from Silica Nanoparticles

    TAKENAKA Toshio, ZINCHENKO Anatoly A., YOSHIKAWA Kenichi, MURATA Shizuaki

      39 巻 ( 1 ) 頁: 72 - 73   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  59. DNA Compaction on Histone Mimics Prepared from Silica Nanoparticles 査読有り

    Takenaka T., Zinchenko A. A., Yoshikawa K., Murata S.

    Chemistry Letters   39 巻   頁: 72-73   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Quantum dot probes for observation of single molecule DNA and a synthetic polyelectrolyte higher-order structure 査読有り

    Chen N., Zinchenko A. A., Yamazaki Y., Yoshikawa Y., Murata S., Yoshikawa K.

    Soft Matter   6 巻   頁: 2834 - 2841   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Roles of Mono- and Divalent Cations in DNA Compaction Induced by Histone-Mimic Nanoparticles 査読有り

    Takenaka T., Zinchenko A. A., Yoshikawa K., Murata S.

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   83 巻   頁: 643-650   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Thermo-Switching of the Conformation of Genomic DNA in Solutions of Poly(N-isopropylacrylamide) 査読有り

    Chen N, Zinchenko A. A, Kidoaki S, Murata S, Yoshikawa K

    Langmuir   26 巻 ( 5 ) 頁: 2995-2998   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. *Application of DNA condensation for removal of mercury ions from aqueous solutions 査読有り

    Zinchenko A. A, Sakai H, Matsuoka S, Murata S

    Journal of Hazardous Materials   168 巻 ( 1 ) 頁: 38-43   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では、材料科学や環境科学など生命科学以外の分野でもDNAの高次構造制御の有用性を示した。水産廃棄物から調製された安価なDNAが重金属と形成した不溶な安定錯体を形成するとこにより、重金属を除去する方法を開発した。

  64. Removal of heavy metal ions from aqueous solutions by complexation with DNA and precipitation with cationic surfactant 査読有り

    Sakai H., Matsuoka S., Zinchenko A. A., Murata S.

    Colloids Surf., A.   347 巻   頁: 210–214   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Assessment of the DNA damage using the fluorescence microscope 査読有り

    Yamazaki Y., Zinchenko A. A., Murata S.

    Nucleic Acids Symp. Ser.   53 巻   頁: 47-48   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. ATP-induced shrinkage of DNA with MukB protein and MukBEF complex of Escherichia coli 査読有り

    Chen N, Zinchenko A.A, Yoshikawa Y, Araki S, Adachi S, Yamazoe M, Hiraga S, Yoshikawa K

    Journal of Bacteriology   190 巻 ( 10 ) 頁: 3731-3737   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Fluorescence microscopic observation on individual T4 DNA molecules revealed that MukBEF complex (bacterial condensin) and its subunit MukB (a member of SMC superfamily) homodimer of Escherichia coli shrunk markedly large DNA molecules in the presence of hydrolysable ATP. Contrary, in the presence of ADP or ATP-γS, the conformation of DNA was almost not changed. This suggests that the ATPase activity of subunit MukB is essential to shrink large DNA molecules. Stretching experiment on the shrunken DNA in the presence of ATP and MukBEF indicated cross bridging interaction between DNA molecules.

  67. Photochemical Metallization of DNA 査読有り

    Zinchenko A. A, Chen N, Murata S

    Chemistry Letters   37 巻   頁: 1096-1097   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have shown that upon UV irradiation of silver(I) ion solutions containing alcohol as reduction agents, metal nanoparticles are grown on a DNA polymer chain. This metallization is independent of the DNA double-helicity and is controlled by the chemical structure of alcohol as well as by the wavelength of the light source.

  68. Conformational Behavior of Giant DNA through Binding with Ag+ and Metallization 査読有り

    Zinchenko A. A., Baigl D, Chen N., Pyshkina O. A., Endo K., Sergeyev V. G., Yoshikawa K.

    Biomacromolecules   9 巻   頁: 1981-1987   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Single-Molecule Observations of Giant DNA and Synthetic Polyelectrolyte by Labeling with Semiconductor "Quantum Dots" 査読有り

    Chen N., Yamazaki Y., Zinchenko A., Yoshikawa Y., Murata S., Yoshikawa K.

    Proceedings of International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science     頁: 140-144   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  70. A Novel Type Cationic Silica Nanoparticles and its Potential Application in Biomedicine 査読有り

    Li L., Takenaka T., Zinchenko A., Chen N., Ma Y., Yoshikawa K.

    Proceedings of International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering (ICBBE) 2008     頁: 1539-1542   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  71. Transcription of Giant DNA Complexed with Cationic Nanoparticles as a Simple Model of Chromatin 査読有り

    Zinchenko A. A., Luckel F., Yoshikawa K.

    Biophysical Journal   92 巻   頁: 1318-1325   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Dynamic Conformational Behavior and Molecular Interaction Discrimination of DNA/Binder Complexes by Single-Chain Stretching in a MicroDevice 査読有り

    Huang W.-H., Zinchenko A. A., Pawlak C., Chen Y., Baigl D.

    ChemBioChem   8 巻 ( 15 ) 頁: 1771-1774   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Visualization of Different Pathways of DNA Release from Interpolyelectrolyte Complex 査読有り

    Ayoubi M. A., Zinchenko A. A., Philippova O. E, Khokhlov A. R., Yoshikawa K.

    Journal of Physical Chemistry B   111 巻   頁: 8378-8378   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Fluorescence microscopy is used for visualizing the release of double-stranded DNA from its interpolyelectrolyte complex with positively charged poly(allylamine hydrochloride) though exchange reaction with added polyanion, poly(sodium styrenesulfonate). The switching of pathway of DNA release is due to the screening of electrostatic repulsion in charged sequences of naked DNA and the decrease of the osmotic pressure of counterions.

  74. Single-Chain Compaction of Long Duplex DNA by Cationic Nanoparticles: Modes of Interaction and Comparison with Chromatin 査読有り

    Zinchenko A. A, Sakaue T, Araki S, Yoshikawa K, Baigl D

    Journal of Physical Chemistry B   111 巻   頁: 3019 -3031   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The compaction of long duplex DNA by cationic nanoparticles (NP) used as a primary model of histone core particles has been investigated. We have systematically studied the effect of salt concentration, particle size, and particle charge by means of single-molecule observations-fluorescence microscopy (FM) and transmission electron microscopy (TEM)-and molecular dynamics (MD) simulations. We have found that the large-scale DNA compaction is progressive and proceeds through the formation of beads-on-a-string structures of various morphologies. The DNA adsorbed amount per particle depends weakly on NP concentration but increases significantly with an increase in particle size and is optimal at an intermediate salt concentration. Three different complexation mechanisms have been identified depending on the correlation between DNA and NPs in terms of geometry, chain rigidity, and electrostatic interactions: free DNA adsorption onto NP surface, DNA wrapping around NP, and NP collection on DNA chain.

  75. Compaction of DNA on nanoscale three-dimensional templates 招待有り

    Zinchenko A. A., Chen N.

    Journal of Physics: Condensed Matter   18 巻   頁: R453-R480   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  76. Na+ more strongly inhibits DNA compaction by spermidine (3+) than K+ 査読有り

    Hibino K, Yoshikawa Y, Murata S, Saito T, Zinchenko A. A, Yoshikawa K

    Chemical Physics Letters   426 巻   頁: 405-409   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Probing Biopolymer Conformation by Metallization with Noble Metals 査読有り

    Chen N, Zinchenko A. A, Yoshikawa K

    Nanotechnology   17 巻   頁: 5224-5232   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. *Compaction of single-chain DNA by histone-inspired nanoparticles 査読有り

    Zinchenko A. A., Yoshikawa K., Baigl D

    Physical Review Letters   95 巻 ( 22 ) 頁: 228101   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Na+ Shows a Markedly Higher Potential than K+ in DNA Compaction in a Crowded Environment 査読有り

    Zinchenko A. A., Yoshikawa K.

    Biophys. J.   88(6) 巻   頁: 4118-4123   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. DNA-templated silver nanorings 査読有り

    Zinchenko A. A., Yoshikawa K., Baigl D.

    Adv. Mater.   17 巻 ( 23 ) 頁: 2820-2823   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. How Does DNA Compaction Favor Chiral Selectivity with Cationic Species? Higher Selectivity with Lower Cationic Charge 査読有り

    Zinchenko A. A., Chen N., Murata S., Yoshikawa K.

    ChemBioChem   6(8) 巻   頁: 1419-1422   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Specific Formation of Beads-on-a-Chain Structures on Giant DNA Using a Designed Polyamine Derivative 査読有り

    Chen N., Zinchenko A. A., Murata S., Yoshikawa K.

    J. Am. Chem. Soc.   127 巻   頁: 10910-10916   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. DNA Compaction by the Divalent Cations: Structural Specificity Revealed by the Potentiality of the Designed Quaternary Diammonium Salts, 査読有り

    Zinchenko A. A., Sergeyev V. G., Yamabe K., Murata S., Yoshikawa K.

    ChemBioChem   5 巻 ( 3 ) 頁: 360-368   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Stereoisomeric Discrimination in DNA Compaction 査読有り

    Zinchenko A. A, Sergeyev V. G, Kabanov V. A, Murata S, Yoshikawa K

    Angewandte Chemie International Edition   43 巻 ( 18 ) 頁: 2378-2371   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究成果は、DNA による極めて選択的な不斉分子識別能力を示しただけでなく、DNAの折り畳み/解きほぐしに基づくオン/オフ転移を異なる凝縮剤の添加で制御できることおよび、分子デザインを用いて凝縮剤とDNA との様々なタイプの分子間相互作用を独立して制御できる可能性を実証した点で高く評価された。

  85. Controlling the Intrachain Segregation on a Single DNA Molecule 査読有り

    Zinchenko A. A., Sergeyev V. G., Murata S., Yoshikawa K.

    J. Am. Chem. Soc.   125 巻 ( 15 ) 頁: 4414 - 4415   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Ascorbic acid induces a marked conformational change in long duplex DNA 査読有り

    Yoshikawa Y., Suzuki M., Chen N., Zinchenko A. A., Murata S., Kanbe T., Nakai T., Oana H., Yoshikawa K.

    European Journal of Biochemistry   270 巻 ( 14 ) 頁: 3101-3106   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Mechanism of Interaction of DNA with Surfactants in Water-Alcohol Media and Structure of the Related Complexes 査読有り

    Sergeyev V. G., Pyshkina O. A., Zinchenko A. A., Zezin S. B., Zezin A. B., Kabanov V. A.

    Polymer Science, Seriya A   45 巻 ( 5 ) 頁: 814 - 822   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Secondary Structure of DNA is Recognized by Slightly Cross-Linked Cationic Hydrogel 査読有り

    Sergeyev V. G, Novoskoltseva O. A, Zinchenko O. A, Pyshkina O. A, Rogacheva V. B, Zezin A. B, Yoshikawa K, Kabanov V. A

    J. Am. Chem. Soc.   124 巻   頁: 11324-11333   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. The secondary structure determines the character of DNA interaction with a slightly cross-linked cationic hydrogel 査読有り

    Sergeyev V. G, Novoskoltseva O. A, Zinchenko A. A, Pyshkina O. A, Rogacheva V. B, Zezin A. B, Kabanov V. A

    Doklady Physical Chemistry   116 巻   頁: 218-222   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Interplay between Folding/Unfolding and Helix/Coil Transitions in Giant DNA 査読有り

    Mikhailenko S. V., Sergeyev V. G., Zinchenko A. A., Gallyamov M. O., Yaminsky I. V., Yoshikawa K.

    Biomacromolecules   1 巻 ( 4 ) 頁: 597-603   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. DNA-surfactant complexes in a water/alcohol mixture 査読有り

    Zinchenko A. A, Sergeyev V. G, Pyshkina O. A

    Progress in Polymer and Colloid Science   116 巻   頁: 21-25   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Interpolyelectrolyte Complexes Formed by DNA and Astramol TM Poly(propyleneimine) Dendrimers 査読有り

    Kabanov V. A, Sergeyev V. G, Pyshkina, O. A. Zinchenko A. A, Zezin A. B, Joosten J. G. H, Brackman J, Yoshikawa K

    Macromolecules   33 巻 ( 26 ) 頁: 9587-9593   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 相分離生物学の全貌

    湊元 幹太, ジンチェンコ アナトーリ( 担当: 共著 ,  範囲: 42. 細胞様構造と相分離:モデル実験によるアプローチ)

    東京化学同人  2020年11月  ( ISBN:9784807913466

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  2. リアルタイム計測による生命現象の解析 (R&D SERIES)・バイオ世界における自己組織化を利用したナノ構造・鋳型技術の進展

    ジンチェンコ アナトーリ, 鎌田宏幸( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2011年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:127-134   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  3. "Single DNA molecules: Compaction and decompaction" in DNA Interactions with Polymers and Surfactants, ed. Dias R.

    Zinchenko A. A., Pyshkina O. A., Lezov A. V., Sergeyev V. G., Yoshikawa K.( 担当: 共著)

    Willey-VCH  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    In this chapter we overview studies dedicated to the compaction of DNA by surfactants, multivalent cations and polymers, as well as decompaction, at single DNA molecule level.

  4. "Nanostructures and organizations of compacted single chains of polyelectrolytes" in Polymeric nanostructures and their applications

    Zinchenko A. A., Baigl D., Yoshikawa K.( 担当: 共著)

    American Scientific Publishers  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    In this chapter we describe how DNA molecule compaction approach can be used for preparation of well defined nanostructures. This review includes over 250 references on the procedures of DNA compaction and the nanostructures formation.

講演・口頭発表等 30

  1. Assembly, fluorescent properties, and metal ion sensing characteristics of biodots synthesized from DNA, RNA, and nucleotides 国際会議

    A. Zinchenko, M. Wang

    Pacifichem 2021  2021年12月18日  Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:アメリカ合衆国  

  2. Conversion of PET Bottles to Hydrogel Adsorbents via PET Aminolysis 国際会議

    K. Chan, A. Zinchenko

    6th Green and Sustainable Chemistry Conference  2021年11月18日  Elsevier

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. DNA-Chitosan Hydrogels: formation, properties, and environmental applications 国際共著 国際会議

    Zinchenko A., Chan K., Morikawa K., Shchipunov Y.

    7th Congress of Federation of Asian Polymer Societies  2021年6月15日  Federation of Asian Polymer Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. バイオマス由来の高分子材料の混合が地盤材料の変形・強度特性に及ぼす影響

    酒井崇之, 中野正樹, ジンチェンコアナトーリ

    令和2年度土木学会中部支部研究発表会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. DNA-Chitosan Hydrogels for Environmental and Materials Science Applications 国際会議

    K. Morikawa, A. Zinchenko

    5th Green and Sustainable Chemistry Conference  2020年11月11日  Elsevier

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. Preparation of complex gel from DNA and chitosan and its application as metal ion adsorption material

    Morikawa K., Zinchenko A.

    The 100th CSJ Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. Compaction of DNA and Chromatin under Influence of Neutral and Anionic Crowding 招待有り 国際共著 国際会議

    Zinchenko A.

    Okinawa Colloids 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  8. Encapsulation of Long DNA into Polyelectrolyte Capsules 国際会議

    Zinchenko A., Inagaki E., Murata S.

    The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Unimolecular compaction of megabase-long chromatin 国際会議

    Zinchenko A.

    Workshop on Polyelectrolytes in Chemistry, Biology and Technology 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  10. Application of DNA-Based Hydrogels and Multilayered Films for Templating of Inorganic Nanomaterials 招待有り 国際会議

    Zinchenko A.

    International Symposium on Polyelectrolytes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ロシア連邦  

  11. Novel Applications of DNA in Fields of Environment and Nanomaterials

    Zinchenko A. A.

    International Symposium on EcoTopia Science 2011  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. DNAを用いた二重鋳型法による中空ナノシェル構造創製 国際会議

    ジンチェンコ アナトーリ,蒲生彦,村田静昭

    ナノ学会第9回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. DNA スポンジを用いた水溶液中からの重金属イオン除去

    松岡紗緒里・酒井博臣・Zinchenko Anatoly・村田静昭

    第40中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Study on Interaction of DNA with Chiral Nanoparticles to Verify a Role of Molecular Chirality of Nanoscale Template in DNA Compaction 国際会議

    International Conference on Nanoscience and Technology "China Nano" 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  15. 単一分子DNA金属化によりDNAー金属ナノ構造体の形成

    Zinchenko, Anatoly・陳 寧・Baigl, Damien・吉川 研一

    第89日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Detection of Polymer Conformational Transition by Metallization with Noble Metals

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. Purification of Heavy Metal Ions from Aqueous Solutions by Incorporation into DNA-Surfactant Complexes 国際会議

    5th International Conference "Interfaces Against Pollution" (IAP 2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. A novel type cationic silica nanoparticles and its potential application in biomedicine

    Liu L.

    2nd International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering, iCBBE 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICBBE.2008.714

    Scopus

  19. 簡単なクロマチンモデルとして、DNA-カチオン性ナノ粒子複合体の形成

    第38回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Zinchenko Anatoly

  20. Biomimetic DNA compaction by cationic nanoparticles 国際会議

    American Chemical Society 231st National Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. Compaction of Single-Chain DNA by Histone-Inspired Nanoparticles 国際会議

    European Polymer Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  22. Compaction of DNA and Chromatin under Influence of Neutral and Anionic Crowding 招待有り

    Zinchenko A

    Okinawa Colloids 2019  2019年11月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okinawa, Japan  

  23. A novel type cationic silica nanoparticles and its potential application in biomedicine 国際会議

    Liu L

    2nd International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering, iCBBE 2008  2008年1月1日  2nd International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering, iCBBE 2008

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. Application of DNA-Based Hydrogels and Multilayered Films for Templating of Inorganic Nanomaterials 招待有り

    Zinchenko A

    International Symposium on Polyelectrolytes  2016年6月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  25. DNA-Chitosan Hydrogels for Environmental and Materials Science Applications

    K. Morikawa, A. Zinchenko

    5th Green and Sustainable Chemistry Conference  2020年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  26. DNAを用いた二重鋳型法による中空ナノシェル構造創製

    ジンチェンコ アナトーリ, 蒲生彦, 村田静昭

    ナノ学会第9回大会  2011年6月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Encapsulation of Long DNA into Polyelectrolyte Capsules

    Zinchenko A, Inagaki E, Murata S

    The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry  2018年11月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. Novel Applications of DNA in Fields of Environment and Nanomaterials 国際会議

    Zinchenko A. A

    International Symposium on EcoTopia Science 2011  2011年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  29. Preparation of complex gel from DNA and chitosan and its application as metal ion adsorption material 国際会議

    Morikawa K, Zinchenko A

    日本化学会 第100春季年会  2020年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  30. Unimolecular compaction of megabase-long chromatin

    Zinchenko A

    Workshop on Polyelectrolytes in Chemistry, Biology and Technology 2018  2018年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 7

  1. バイオマスDNAの加熱処理によるカーボンナノ材料の作製と特性評価

    研究課題/研究課題番号:21K12306  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    ジンチェンコ アナトーリ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    現在、糖由来のバイオマスがナノ材料の作製のため幅広く利用される一方、自然界に豊富に存在する核酸(DNA)からの材料作製技術がほとんど無い。本研究では、魚の白子から抽出させるDNAなどを用いて、DNAの水熱処理、マイクロ波処理および加熱分解処理によりカーボンナノ材料の作製技術を開発する。得られたナノ材料の特性評価を行い、吸着分離、センシング、バイオイメージングなどの分野において応用性を検討する。

  2. マイクロカプセルにおけるDNAの動的高次構造変化および機能の解明

    研究課題/研究課題番号:17K05611  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    ジンチェンコ アナトーリ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    真核細胞内では,1メートル以上の長さのDNA高分子は高密度に折り畳まれており、数μm大きさの空間の中に存在している。細胞内におけるDNAの高次構造および挙動を説明するため、人工的な実験モデルが必要とされている。本研究では、長さの異なったDNAを数μm大きさの高分子カプセルに閉じ込める方法を確立して、新しい人工細胞モデルを構築した。この人工細胞モデルを用いることにより、細胞大きさの空間に閉じ込めたDNAの物理学的特徴を明らかにし、外部刺激によるカプセル内でのDNAの高次構造変化をコントロールできることを示した。

  3. DNAの金属化による2次元および3次元ナノ構造の構築

    研究課題/研究課題番号:24710106  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    ジンチェンコ アナトーリ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では、サケの白子由来のDNAから2次元および3次元テンプレートを調製して、そのテンプレートを金属化することで2次元および3次元無機ナノ材料を作製した。具体的に、DNAゲル(3次元構造)およびDNA薄膜(2次元ナノ構造)を用いて、水溶液からの金属イオン(Ag,Au,Pt,Pdなど)を高効率で濃縮した。DNAテンプレートの中に濃縮した金属イオンを還元することによりDNAゲルやDNA薄膜において分散した数nmサイズの金属ナノ粒子を作製できた。その2次元および3次元ナノ材料は、触媒として利用できることを明らかにして、触媒ナノ粒子に対してテンプレートの構造や組成などが与える影響を解明した。

  4. ゲノムDNAのナノテンプレートによる構造と機能の制御

    研究課題/研究課題番号:20034025  2008年 - 2010年

    ZINCHENKO A.A.

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2900000円 ( 直接経費:2900000円 )

    本研究では、様々なナノテンプレート(ナノメーターサイズ物質)を用いて、DNAとの相互作用および形成されるコンプレックスの形態をプログラミングすることに、DNA高次構造と機能の制御を目的としたものである。本年度、球状テンプレート(シリカナノ粒子)および棒状テンプレート(金ナノロッド)はDNA二次構造と高次構造に与える影響について研究した。(1) DNAの溶液中安定性およびDNA二次構造(二重らせん)の安定性に対するナノ粒子の影響を調べた。アニオン性ナノ粒子の影響はなかったが、カチオン性ナノ粒子はDNAの溶液中安定性を乱し、DNAの沈殿を起こし、更に、DNAを沈殿させないナノ粒子の濃度においても、DNAの二重らせんが高くなると連れて、DNA二重らせんの溶解は大きく抑制された。この結果から、自然界で起こるDNAの二重らせん溶解が必要な過程(転写、複製)では、カチオン性ナノ粒子がこのような過程を妨げると考えられる。(2) 次は、DNAとナノ粒子の間の相互作用における生物学的に重要な一価と二価カチオンの影響について研究した。その結果は、全てのカチオンがナノ粒子によってDNA凝縮を促進し、Na^+とK^+またはMg^<2+>とCa^<2+>の間は大直径のカチオンの効果が高かった。(3) 最後に、DNAとカチオン性ナノロッドの間相互作用を徹底的に調べ、ナノロッド濃度によって様々なDNA-ナノロッド複合体のナノ構造を観察行った。カチオン性ナノロッドはDNA凝縮を誘起することにより、DNA鎖上のナノロッドが自己組織化する。DNA対ナノロッドの割合によって、DNA鋳型に沿うって並んでおり、ナノロードの高濃度においてはDNAが凝縮しながら、DNAとコンプレックスしたナノロッドが高秩序構造(結晶状の構造)に組織化することを明らかにした。

  5. 時空間秩序の自己組織と生命現象化

    2007年1月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  国際共同研究事業(ICORP),科学技術振興機構

    吉川 研一

      詳細を見る

    担当区分:その他 

  6. ナノ粒子による長鎖DNAの折り畳み:人工クロマチンモデルの構築

    研究課題/研究課題番号:18719001  2006年 - 2008年

    ジンチェンコ エ.エ.

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3740000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:240000円 )

    細胞内のゲノムDNAはヒストン蛋白質との複合体を形成し、高次構造へ階層的に折り畳まれている。このDNAとヒストンの複合体状態が変化することでDNA遺伝子活性が自然制御されている。本研究では、DNAとヒストンサイズのナノ粒子からなる「人工クロマチン」という単純なモデルを化学的構築し、DNAとナノ粒子との相互作用および自己組織化の制御へアプローチを開発した。そこで、人工クロマチン高次構造と人工クロマチン中のDNAの生物学的活性の関係を明らかにした。人工クロマチン系の展開により、将来の遺伝子治療の新技術としてDNAバイオ活性を化学的制御が可能になると期待されている。

  7. キラル低分子による長鎖DNAの折り畳み

    研究課題/研究課題番号:04F04154  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    吉川 研一; ジンチェンコ アナトーリ

      詳細を見る

    生物はキラルなアミノ酸を骨格にもつようなたんぱく質を活用することにより、キラリティを持つDNA分子と相互作用し、DNA分子の活性を制御していると考えられている。従来、DNAのキラリティの認識は、特異的な三次元構造を持つ高分子でなければ不可能であるとされてきたが、申請者らの研究により、3個程度の塩基性アミノ酸のオリゴマーを用いるだけでも、DNAの折り畳み構造についてほぼ100%のキラリティの認識を示すことを明らかにしてきた。このような成果をさらに発展させ、キラリティを認識するためには、何が必要となってくるのかについて、オリゴマーにかわる新たなキラリティをもつ物質を合成し、実験を積み重ねた。また、それの実験結果が、遺伝子発現についてどのように影響しているのかについて、化学的な立場からの考察を進めた。
    また、真核細胞の中では、DNAはヒストンと結合しクロマチンと呼ばれる複合体を形成して存在している。DNAは二重らせん構造をとることが良く知られているが、ヒストンと複合体を形成する際に、DNAのねじれが重要な役割を果たしていることが示唆されている。そこで、正電荷を帯びたナノ粒子をヒストンに見立てて、DNAとナノ粒子との複合体の形成に関して実験を行った。その結果、ナノ粒子を加えることによって、DNAはより凝縮しやすくなることを明らかにした。また、ヒストンと同じオーダーのナノ粒子を用いた時にもっともDNAが凝縮しやすくなることも明らかにした。この結果はクロマチン形成のメカニズムを議論する際に重要な役割を果たすことが期待される。

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 粒子材料及びその製造方法

    村田静昭, ジンチェンコ アナトーリ, 蒲生彦

     詳細を見る

    出願番号:特願 2010-234833  出願日:2010年10月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 13

  1. 持続可能性と環境学

    2020

  2. 環境物質学実験 2

    2018

  3. 環境物質学5

    2018

  4. 化学基礎I

    2018

  5. ナノテクノロジーと環境

    2018

  6. 環境物質学実験 2

    2017

  7. 環境物質学5

    2017

  8. ナノテクノロジーと環境

    2017

  9. 化学基礎I

    2017

  10. 化学実験

    2011

  11. 化学実験

    2009

  12. 環境物質5

    2009

  13. 環境ナノテクノロジー

    2009

▼全件表示

 

メディア報道 1

  1. 化学グランプリ(作題・実行)

    日本化学会  2014年9月