2021/04/02 更新

写真a

アベ オサム
阿部 理
ABE Osamu
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 物質循環科学 助教
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2004年6月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 4

  1. サンゴ年輪

  2. 物質循環

  3. 海洋学

  4. 安定同位体

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 環境動態解析

  2. その他 / その他  / 地球宇宙化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 水、二酸化炭素、酸素のO-17同位体組成に関する研究

  2. 溶存酸素同位体組成に関する研究

  3. サンゴ年輪を用いた古環境解析に関する研究

経歴 5

  1. Visiting Research Fellow, University of East Anglia

    2010年7月 - 2011年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. Visiting researcher, National Institute of Oceanography, India

    2008年12月

  3. 名古屋大学大学院環境学研究科助教

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻助手

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大気水圏科学研究所助手

    1997年6月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   理学研究科   大気水圏科学専攻

    - 1997年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東北大学   理学部   地学科

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本地球化学会

  2. 日本海洋学会

  3. 日本サンゴ礁学会

  4. 水文・水資源学会

  5. American Geophysical Union

受賞 2

  1. EAG Eminent Speakers Award

    2013年4月  

     詳細を見る

    受賞国:オーストリア共和国

  2. 日本海洋学会日高論文賞

    2012年3月   日本海洋学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 64

  1. 底生有孔虫群集の統計評価法の検討

    菊井重和・阿部 理・横井大作・森本真紀

    岐阜大学教育学部研究報告=自然科学=   45 巻   頁: 49 - 55   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  2. New constraints on biological production and mixing processes in the South China Sea from triple isotope composition of dissolved oxygen

    Jurikova Hana, Abe Osamu, Shiah Fuh-Kwo, Liang Mao-Chang

    Biogeosciences Discussion     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.5194/bg-2020-448

  3. Time-series observations of photosynthetic oxygen production in the subtropical western North Pacific by an underwater profiling buoy system 査読有り

    Fujiki Tetsuichi, Inoue Ryuichiro, Honda Makio C., Wakita Masahide, Mino Yoshihisa, Sukigara Chiho, Abe Osamu

    LIMNOLOGY AND OCEANOGRAPHY   65 巻 ( 5 ) 頁: 1072 - 1084   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/lno.11372

    Web of Science

  4. Seasonal and Interannual Variations in Nitrogen Availability and Particle Export in the Northwestern North Pacific Subtropical Gyre 査読有り

    Mino Y., Sukigara C., Honda M. C., Kawakami H., Wakita M., Sasaoka K., Yoshikawa C., Abe O., Kaiser J., Kimoto K., Kitamura M., Fujiki T., Matsumoto K., Saino T.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS   125 巻 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019JC015600

    Web of Science

  5. Carbon and oxygen isotope records of Tridacna squamosa shells from two different latitudes in the Ryukyu Islands 査読有り

    Kodama S., H. Takayanagi, K. Yoshii, T. T. N. Ha, R. Asami, O. Abe, Y. Iryu

    Paleontological Research     頁: in press   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2517/2020PR003

  6. Interannual changes in radiocesium concentrations in annually laminated tufa following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident 査読有り

    Katsuta Nagayoshi, Miyata Yoshiki, Murakami Takuma, Mino Yoshihisa, Naito Sayuri, Yasuda Koji, Ochiai Shinya, Abe Osamu, Yasuda Atsushi, Morimoto Maki, Kawakami Shin-ichi, Nagao Seiya

    APPLIED GEOCHEMISTRY   102 巻   頁: 34-43   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2019.01.002

    Web of Science

  7. Adsorption isotope effects of water on mesoporous silica and alumina with implications for the land-vegetation-atmosphere system 査読有り

    Lin Ying, Horita Juske, Abe Osamu

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   223 巻   頁: 520-536   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gca.2017.12.021

    Web of Science

  8. Paleoceanographic conditions at approximately 20 and 70 ka recorded in Kikaithyris hanzawai (Brachiopoda) shells 査読有り

    Takizawa Mamoru, Takayanagi Hideko, Yamamoto Koshi, Abe Osamu, Sasaki Keiichi, Iryu Yasufumi

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   215 巻   頁: 189-213   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gca.2017.08.002

    Web of Science

  9. A higher moisture level in the early Holocene in northern Mongolia as evidenced from sediment records of Lake Hovsgol and Lake Erhel 査読有り

    Katsuta Nagayoshi, Matsumoto Genki I., Tani Yukinori, Tani Eriko, Murakami Takuma, Kawakami Shin-ichi, Nakamura Toshio, Takano Masao, Matsumoto Eiji, Abe Osamu, Morimoto Maki, Okuda Takeyuki, Krivonogov Sergey K., Kawai Takayoshi

    QUATERNARY INTERNATIONAL   455 巻   頁: 70-81   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2017.06.032

    Web of Science

  10. 石西礁湖内に広く分布する黒点の解析とその応用 招待有り

    阿部理, 森本真紀, 野坂信之

    号外海洋   60 巻   頁: 63-69   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Comparison of carbon cycle between the western Pacific subarctic and subtropical time-series stations: highlights of the K2S1 project 招待有り 査読有り

    Honda Makio C., Wakita Masahide, Matsumoto Kazuhiko, Fujiki Tetsuichi, Siswanto Eko, Sasaoka Kosei, Kawakami Hajime, Mino Yoshihisa, Sukigara Chiho, Kitamura Minoru, Sasai Yoshikazu, Smith Sherwood L., Hashioka Taketo, Yoshikawa Chisato, Kimoto Katsunori, Watanabe Shuichi, Kobari Toru, Nagata Toshi, Hamasaki Koji, Kaneko Ryo, Uchimiya Mario, Fukuda Hideki, Abe Osamu, Saino Toshiro

    JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   73 巻 ( 5 ) 頁: 647-667   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10872-017-0423-3

    Web of Science

  12. Variations in triple isotope composition of dissolved oxygen and primary production in a subtropical reservoir

    Hana Jurikova, Tania Guha, Osamu Abe, Fuh-Kwo Shiah, Chung-Ho Wang, Mao-Chang Liang

    Biogeosciences   13 巻   頁: 6683-6698   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/bg-13-6683-2016

  13. Seasonal variations in the nitrogen isotopic composition of settling particles at station K2 in the western subarctic North Pacific 査読有り

    Yoshihisa Mino, Chiho Sukigara, Makio C Honda, Hajime Kawakami, Kazuhiko Matsumoto, Masahide Wakita, Minoru Kitamura, Tetsuichi Fujiki, Kosei Sasaoka, Osamu Abe, Jan Kaiser, Toshiro Saino

    Journal of Oceanography   72 巻 ( 6 ) 頁: 819-836   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10872-016-0381-1

  14. Primary productivity at the time-series stations in the northwestern Pacific Ocean: Is the subtropical station unproductive? 査読有り

    Kazuhiko Matsumoto, Osamu Abe, Tetsuichi Fujiki, Chiho Sukigara, Yoshihisa Mino

    Journal of Oceanography   72 巻 ( 3 ) 頁: 359-371   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10872-016-0354-4

  15. 石垣島の化石サンゴ年輪による9~12世紀の海洋環境復元

    阿部 理・森本真紀・浅海竜司

    総合地球環境学研究所気候適応史プロジェクト成果報告書1     頁: 39-45   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  16. Quantitative analysis of intraspecific variations in the carbon and oxygen isotope compositions of the modern cool-temperate brachiopod Terebratulina crossei 査読有り

    Hideko Takayanagi, Ryuji Asami, Tsuguo Otake, Osamu Abe, Toshihiro Miyajima, Hiroyuki Kitagawa, Yasufumi Iryu

    Geochimica et Cosmochimica Acta   170 巻   頁: 301-320   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Cryogenic separation of an oxygen-argon mixture in natural air samples for the determination of isotope and molecular ratios 査読有り

    Habeeb R Keedakkadan, Osamu Abe

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   29 巻 ( 8 ) 頁: 775-781   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm.7161

  18. 造礁サンゴ年輪を用いた古海洋研究における試料採取および分析技術の紹介 招待有り

    阿部 理

    名古屋大学理学部技術報告   19 巻   頁: 29-39   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  19. Intraspecific variations in carbon- and oxygen-isotope compositions of a brachiopod Basiliola lucida collected off Okinawa-jima, southwestern Japan 査読有り

    Hideko Takayanagi, Ryuji Asami, Osamu Abe, Toshihiro Miyajima, Hiroyuki Kitagawa, Keiichi Sasaki, Yasufumi Iryu

    Geochimica et Cosmochimica Acta   115 巻   頁: 115-136   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Precision and long-term stability of clumped isotope analysis of CO2 using a small sector isotope ratio mass spectrometer 査読有り

    Naohiro Yoshida, Mikhail Vasilev, Prosenjit Ghosh, Osamu Abe, Keita Yamada, Maki Morimoto

    Rapid Communications in Mass spectrometry   27 巻   頁: 207-215   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm.6431

  21. Reply to Nicholson's comment on "Consistent calculation of aquatic gross production from oxygen triple isotope measurements" by Kaiser (2011) 査読有り

    Jan Kaiser and Osamu Abe

    Biogeosciences   9 巻   頁: 2921-2933   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/bg-9-2921-2012

  22. Carbon- and oxygen-isotope compositions of a deep-water modern brachiopod Campagea japonica collected off Aguni-jima, Central Ryukyu Islands, southwestern Japan 査読有り

    Hideko Takayanagi, Ryuji Asami, Osamu Abe, Hiroyuki Kitagawa, Toshihiro Miyajima, and Yasufumi Iryu

    Geochemical Journal   46 巻 ( 2 ) 頁: 77-87   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Workshop on Clumped Isotopes(第一回、第二回)参加報告

    阿部 理・森本真紀・吉田尚弘

    日本地球化学会ニュース   207 巻   頁: 36-40   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. 伊勢湾・三河湾における現生底生有孔虫群集の分布 査読有り

    横井大作・阿部理・井龍康文

    化石   89 巻   頁: 15-26   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Determining the 17O/16O ratio of water using a water-CO2 equilibration method: application to glacial-interglacial changes in 17O-excess from the Dome Fuji ice core, Antarctica 査読有り

    Ryu UEMURA, Osamu ABE, Hideaki MOTOYAMA

    Geochimica et Cosmochimica Acta   74 巻 ( 17 ) 頁: 4919-4936   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Estimation of gas transfer velocity using triple isotopes of dissolved oxygen 査読有り

    Sarma VVSS, O. Abe, M. Honda and T. Saino

    Journal of Oceanography   66 巻 ( 4 ) 頁: 489-504   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Air-sea gas transfer in a shallow, flowing and coastal environment estimated by dissolved inorganic carbon and dissolved oxygen analyses 査読有り

    Osamu Abe, Atsushi Watanabe, VVSS Sarma, Yohei Matsui, Hiroya Yamano, Naohiro Yoshida, Toshiro Saino

    Journal of Oceanography   66 巻   頁: 363-372   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Under-ice salinity and stable isotope distribution of Saroma-ko Lagoon, Hokkaido, northern Japan 査読有り

    Maki MORIMOTO, Kyoko KAWANOBE, Osamu ABE, Takayoshi KAWAI, Toshiyuki KAWAMURA, and Kunio SHIRASAWA

    Hydrological Processes   24 巻   頁: 904-916   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Triple isotope composition of oxygen in atmospheric water vapor 査読有り

    Ryu Uemura,Eugeni Barkan, Osamu Abe, Boaz Luz

    Geophysical Research Letters   37 巻   頁: L04402   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. A 6.5-year continuous record of sea surface salinity and seawater isotopic composition at Harbor of Ishigaki Island, southwest Japan 査読有り

    Osamu ABE, Seizen AGATA, Maki MORIMOTO, Manabu ABE, Kei YOSHIMURA, Tetsuya HIYAMA, Naohiro YOSHIDA

    Isotopes in Environmental and Health Studies   45 巻   頁: 247-258   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Size-Isotope distribution of raindrops

    Osamu ABE, Keiko EGUCHI, Tetsuya HIYAMA, Stan Gedzelman

    Proceedings of the 4th International Symposium on Isotopomers, 4-8 October 2008, Tokyo, Japan.     頁: 66-67   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  32. Seasonal variation of O-17 anomaly in Antarctic precipitation

    Osamu ABE, Koji FUJITA, Naohiro YOSHIDA

    Proceedings of the 3rd International Symposium on Isotopomers, 27-31 August 2006, La Jolla, USA.     頁: 120   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. Spatial variations in time-integrated plankton metabolic rates in the Sagami Bay using triple oxygen isotopes and O2/Ar ratios 査読有り

    VVSS Sarma, Osamu Abe, and Toshiro Saino

    Limnology and Oceanography   53 巻 ( 5 ) 頁: 1776-1783   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Weight loss and isotopic shifts for water drops frozen on the liquid nitrogen 査読有り

    Keiko Eguchi, Osamu Abe, Tetsuya Hiyama

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   22 巻 ( 20 ) 頁: 3233-3237   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Spatial variations in time-integrated plankton metabolic rates using triple oxygen isotopes and O2:Ar rates 招待有り

    Sarma VVSS, Abe O, Saino T

    SOLAS News   8 巻   頁: 20-21   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  36. Isotope fractionation of molecular oxygen during adsorption/desorption by molecular seive zeolite 査読有り

    Osamu ABE

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   22 巻 ( 16 ) 頁: 2510-2514   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. 水の酸素・水素安定同位体を用いた地球水循環研究と今後の展望 査読有り

    檜山哲哉・阿部理・栗田直幸・藤田耕史・池田健一・橋本重将・辻村真貴・山中勤

    水文・水資源学会誌   21 巻 ( 2 ) 頁: 158-176   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Intensified mid-Holocene Asian monsoon recorded in corals from Kikai Island, subequatorial Northwestern Pacific 査読有り

    Maki Morimoto, Hajime Kayanne, Osamu Abe, Malcolm T. McCulloch

    Quaternary Research   67 巻 ( 2 ) 頁: 204-214   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 伊勢湾における年間堆積量の過去100年間の変化 査読有り

    盧学強・松本英二・阿部理

    水文・水資源学会誌   19 巻 ( 6 ) 頁: 491-495   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Continuous shipboard sampling system for determination of triple oxygen isotopes and O2/Ar ratio by Dual-inlet Mass Spectrometry 査読有り

    VVSS Sarma, Osamu ABE, Toshiro SAINO, Naohiro YOSHIDA

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   20 巻 ( 20 ) 頁: 3503-3508   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. *Stable isotopes in daily precipitation at Dome Fuji, East Antarctica 査読有り

    Koji Fujita and Osamu Abe

    Geophysical Research Letters   33 巻   頁: L18503   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Daily precipitation samples for stable isotope analysis
    were collected throughout 2003 at Dome Fuji Station,
    inland East Antarctica. Stable isotopes show significantly
    depleted values with a large seasonal variability, which have
    never been obtained. Temporal changes in d-T relation and
    d-excess are consistent with those found in geographical
    distribution. Precipitation was obtained almost everyday,
    though the amounts were quite small (27.6 mm water
    equivalent (w.e.) annual total and 0.08 mm w.e. daily
    average). Half of the annual precipitation was accumulated
    by only 11 events (18 days) without seasonality. Since the
    precipitation events occurred under warmer circumstances,
    the precipitation-weighted temperature, which should be
    related directly to the isotopes, was significantly warmer
    than the mean annual surface temperature, which has
    usually been adopted as isotopic thermometer. This study
    provides significant information to understand present-day
    seasonality of precipitation and its isotopic composition in
    inland Antarctica.

  42. International Workshop on Isotopic Effects in Evaporation参加報告

    芳村 圭・藤田耕史・栗田直幸・阿部 理

    水文・水資源学会誌   19 巻 ( 5 ) 頁: 420-423   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. Short-term variation of triple oxygen isotopes and gross oxygen production in the Sagami Bay, central Japan 査読有り

    Sarma, V. V. S. S., O. Abe, A. Hinuma, and T. Saino

    Limnology and Oceanography   51 巻 ( 3 ) 頁: 1432-1442   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We studied diurnal and daily variations in triple oxygen isotopes in the euphotic zone of the Sagami Bay during
    summer 2003 and 2004. There were sharp changes in physical processes, driven by changes in wind speeds, during
    the study period. Mixed-layer 17D anomalies were negatively correlated with wind speeds, whereas dissolved
    oxygen (DO) and chlorophyll a (Chl a) were positively correlated, suggesting that both physical and biological
    processes influence the 17D anomaly. Vertical mixing affected estimation of gross oxygen production (GOP) in the
    mixed layer, whereas horizontal advection was negligible in the Sagami Bay during the study period. Hourly GOP
    estimates are consistent with fast repetition rate fluorometer (FRRF) measurements; relatively higher estimates
    from the former method were due to the storing of past productivity signal. Daily integrated production estimated
    from 17D anomaly and FRRF were consistent during the entire study period, whereas the estimation from a 18O
    spike incubation technique showed good agreement with the other two techniques only when the water mass
    structure was unchanged in the mixed layer.

  44. 名古屋大学地球水循環研究センターにおける水安定同位体組成分析の現状 査読有り

    名古屋大学地球水循環研究センター水安定同位体分析システム運営委員会

    水文・水資源学会誌   18 巻 ( 5 ) 頁: 531-537   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Paleosalinity in a brackish lake during the Holocene based on stable oxygen and carbon isotopes of shell carbonate in Nakaumi Lagoon, southwest Japan 査読有り

    Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   224 巻 ( 4 ) 頁: 352-366   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Shock-induced isotope evolution of hydrogen and carbon in meteorites. 査読有り

    Koichi Mimura, Michioki Okamoto, Takeshi Nakatsuka, Kenichiro Sugitani, Osamu Abe

    Geophysical Research Letters   32 巻   頁: L11201   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Seasonal variations in triple oxygen isotopes and gross oxygen production in the Sagami Bay, Central Japan.

    Sarma, V.V.S.S., O. Abe, S. Hashimoto, A. Hinuma, T. Saino

    Limnology and Oceanography   50 巻 ( 2 ) 頁: 544-552   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Inter-annual sea surface salinity changes in the western Pacific from 1954 to 2000 based on coral isotope analysis 査読有り

    Iijima, H, H. Kayanne, M. Morimoto, O. Abe

    Geophysical Research Letters   32 巻   頁: L04608   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Diurnal variation of the oxygen three-isotope composition in the coral reef

    Abe, O., V.V.S.S. Sarma, H. Yamano, N. Yoshida, T. Saino

    Proceedings of the 2nd International Symposium on Isotopomers, Stresa, Italy, 4-6 November 2003     頁: 12-19   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  50. *Chromatographic separation of Nitrogen, Argon and Oxygen in Dissolved air for determination of triple isotopes by Dual-inlet Mass Spectrometry 査読有り

    VVSS Sarma, Osamu Abe, Toshiro Saino

    Analytical Chemistry   75 巻 ( 18 ) 頁: 4913-4917   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Influence of wave energy on Holocene coral-reef development: an example from Ishigaki Island, Ryukyu Islands, Japan 査読有り

    Hiroya Yamano, Osamu Abe, Eiji Matsumoto, Hajime Kayanne, Nobuyuki Yonekura, Paul Blanchon

    Sedimentary Geology   159 巻 ( 1-2 ) 頁: 27-41   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. *Partial pressure dependency of 17O/16O and 18O/16O of molecular oxygen in the mass spectrometer 査読有り

    Osamu Abe and Naohiro Yoshida

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   17 巻 ( 5 ) 頁: 395-400   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. "Air Drill" for submerged massive coral drilling 査読有り

    Hiroshi Adachi and Osamu Abe

    Marine Technology Society Journal   37 巻 ( 2 ) 頁: 31-36   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. *Salinity records for the 1997-1998 El Nino from Western Pacific corals 査読有り

    Morimoto M., O. Abe, H. Kayanne, N. Kurita, E. Matsumoto, and N. Yoshida

    Geophysical Research Letters   29 巻 ( 11 ) 頁: 35/1-4   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Coral reef evolution at the leeward side of Ishigaki Island, southwest Japan. 査読有り

    Yamano, Hiroya, Osamu Abe, Hiroyuki Kitagawa, Etsuko Niu, Toshio Nakamura

    Radiocarbon   43 巻 ( 2B ) 頁: 899-908   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Partial Pressure Dependency of Isotopic Composition of Oxygen Molecule in Mass Spectrometer

    Osamu Abe and Naohiro Yoshida

    Proceedings of 1st International Symposium on Isotopomers     頁: 228-236   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  57. Northwest Pacific marine reservoir correction estimated from annually banded coral from Ishigaki Island, southern Japan 査読有り

    Shinichiro Hideshima, Eiji Matsumoto, Osamu Abe, Hiroyuki Kitagawa

    Radiocarbon   43 巻 ( 2A ) 頁: 473-476   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Effect of Seasonal Difference in Growth Rate of Coral Skeletons on Oxygen Isotope Records

    Maki Morimoto, Hajime Kayanne, Nobuyuki Yonekura, Osamu Abe, and Eiji Matsumoto

    Coral Climatology by Annual Bands. Proceedings of Third International Marine Science Symposium.     頁: 30-35   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  59. サンゴ年輪から読みとる大気-海洋相互作用の変動性 招待有り 査読有り

    阿部 理・三ツ口丈裕・松本英二

    気象研究ノート   191 巻   頁: 15-34   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Paleo-SST Reconstruction during the Last Two Centuries by Ishigaki Coral. 査読有り

    Osamu Abe, Eiji Matsumoto, and Peter Isdale

    Coral Climatology by Annual Bands. Proceedings of Third International Marine Science Symposium.     頁: 8-15   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  61. *Mg/Ca Thermometry in Coral Skeletons 査読有り

    Takehiro Mitsuguchi, Eiji Matsumoto, Osamu Abe, Tetsuo Uchida, Peter J. Isdale

    Science   274 巻 ( 5289 ) 頁: 961-963   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Magnesium/calcium ratio of coral skeletons as a paleothermometer. 査読有り

    Takehiro Mitsuguchi, Eiji Matsumoto, Osamu Abe, Tetsuo Uchida, and Peter J. Isdale

    Proceedings of the 8th International Coral Reef Symposium     頁: 1701-1706   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  63. Distribution of marine organisms and its geological significance in the modern reef complex of the Ryukyu Islands 査読有り

    Yasufumi Iryu, Toru Nakamori, Shinya Matsuda, Osamu Abe

    Sedimentary Geology   99 巻 ( 3-4 ) 頁: 243-258   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. サンゴ骨格年輪から読む大気―海洋の変動性 招待有り

    松本英二・阿部理・三ツ口丈裕

    月刊海洋   27 巻 ( 9 ) 頁: 516-519   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 水温・塩分―サンゴ<造礁サンゴ骨格年輪を用いた過去の海洋環境復元>

    阿部 理・森本真紀( 担当: 分担執筆)

    臨川書店  2021年1月  ( ISBN:978-4-653-04502-1

     詳細を見る

    総ページ数:278   担当ページ:145-173   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. Methods of sampling, measurements and data acquisition for hydrogen and oxygen isotopic composition in rainwater

    ( 担当: 共著)

    Hydrogen and Oxygen Isotopes in Hydrology  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. The reconstruction of climate of recent centuries by Kuroshio coral

    Marine Environment: The Past, Present and Future  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 6

  1. Partitioning atmospheric and photosynthetic oxygen inventory using three-isotope of dissolved oxygen 国際会議

    Asia Oceania Geophysical Society (AOGS2009) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 南西諸島の造礁サンゴ年輪を用いた過去100年間の海洋環境復元

    阿部 理・小林文恵・森本真紀・勝田長貴・森本昭彦

    2008年度 日本地球化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  3. 南西諸島の造礁サンゴ年輪の安定同位体比が示す過去の黒潮流路変動

    阿部 理・小林文恵・森本真紀

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. Oxygen three-isotope in meteoric water

    International Symposium on Water Isotopes and Climates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. Estimation of Gross Productivity or Air-Water Gas Transfer Velocity using Three-Isotope of Dissolved Oxygen

    The Origin and Evolution of Natural Diversity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 環境試料の三種酸素安定同位体組成分析法

    阿部 理

    同位体科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. CO2量変動サンゴに聞け(取材記事)

    2006年12月

     詳細を見る

    発表場所:朝日新聞(中部版)夕刊  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 名古屋大学地球水循環研究センター共同研究課題

    2003年04月 - 2005年03月

    学内共同研究 

科研費 7

  1. 洞窟内での鍾乳石コア掘削による最終氷期以降の日本の気候変動の解明

    研究課題/研究課題番号:20H00628  2020年04月 - 2024年03月

    植村 立

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    長期間の気候変動データは、日射量等の変化に対する気候システムの応答を理解することに加え、気候シミュレーションの予測精度の向上のためにも必須といえる。近年、洞窟の鍾乳石の一種である石筍を用いた気候復元の研究が急速に拡大している。しかし、日本においては、大型の石筍が少なく、連続的なデータを得ることが困難であった。そこで、本計画では、洞窟内において、フローストーンと呼ばれる鍾乳石を掘削することで、連続かつ高時間分解能な気候変動データの取得を目指す。掘削したコアの安定同位体比や流体包有物の分析によって、過去の日本地域における気候変動の実態とその変動メカニズムを解明する。

  2. 陸域炭酸塩の年輪を用いた年代推定法と地域的環境影響検出法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K21661  2019年06月 - 2022年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    勝田 長貴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    人の活動の場である陸域の環境変動復元を季節レベルで行える研究試料として、トゥファ(方解石を主体とする縞状炭酸塩)が近年注目されている。一方で、その形成年代の決定には14Cや234U-230Thの年代測定法を利用できず、復元できる古気候記録は過去数年~十数年に限られるという課題がある。本研究は、これを克服するために、樹木年輪の代替指標に対応する代替指標をトゥファ年輪の安定同位体組成から抽出し、両者のパターンマッチングによる形成年代の新規決定法を構築する。これと共に、活火山地帯での生成が初めて確認されたトゥファを用いるため、形成当時の火山活動影響を安定同位体組成から検出することを試みる。
    人類の活動は、気候変動と密接に関係してきたことが古文書などの記録によって明らかにされてきた。しかし、気象観測記録が得られない歴史時代の気候を知る手掛かりとして、樹木、珊瑚、氷床・氷河の年輪から得られる代替指標が良く使用されている。これに匹敵する年代決定精度を持ち、人類の活動の場である陸域の気候や環境復元を行える媒体として、縞状炭酸塩堆積物のトゥファが知られている。トゥファは、汎世界的に分布する石灰岩地帯や火山・温泉地帯に普遍的に存在していることから、古気候学で課題とされる古気候記録の地理的偏在の補間が期待されている。その一方で、トゥファの形成年代については、炭素源である石灰岩や火山ガスからのCO2には放射性炭素が含まれないことから、従来の樹木や珊瑚なで利用されてきた放射性炭素年代法を適用することができない。また、それに代わる年代決定法として、鍾乳石や石筍の炭酸塩ではウラン・トリウム法が利用されてきた。しかし、高い空隙率を持つトゥファの炭酸塩では、234U-230Thに対して開放系であるため、年代決定は困難であることを応募者らの研究によって明らかにしてきた。これにより、トゥファにより復元できる代替指標の記録は、採取した年から遡って数十年間に限られていた。この課題を克服するために、本研究では、河床で現在生成中のトゥファと河岸段丘涯に埋没する古トゥファの高分解能安定同位体比分析により、古トゥファ形成年代法と地域的環境影響検出法(温泉地帯の場合は火山活動、石灰岩地帯の場合は土壌有機物生成)を構築することを目的とした。本年度は、対象地域の浅間火山の源泉と河川水の安定同位体比分析を実施し、トゥファ堆積場の水は源泉水の影響を受けている可能性が示唆された。
    本年度は、浅間火山の濁川源泉から下流4 kmの範囲に設置した7つの観測定点において、採水及び水質観測を実施した。観測は、8月、10月、12月、2月に行われた。8月の観測では、浅間火山の噴火警戒レベルが2に引き上げられ、濁川源泉2箇所と下流2箇所は立ち入り禁止となり、観測を実施できなかった。水の化学分析は、陽イオン・陰イオン濃度である。水の安定同位体比分析については、水同位体比分析計を用いたH2O-δ18O分析、S-IRMSによるBa固定試料のSO42--δ34S分析、炭酸塩-IRMSによるBa固定試料のDIC-δ13C分析を実施した。
    トゥファ堆積場における水の化学成分については、水温の季節変動に伴って、Ca濃度、アルカリ度、DO濃度は夏季に向けて減少傾向、冬季に向けて増加傾向を示す例年どおりの結果を得ている。これは、トゥファ方解石の生成が水温上昇に伴うCO2溶解度の低下で説明することができる。一方で、同地点の水のH2O-δ18O、DIC-δ13CとSO42--δ34Sについては、水温変動に伴う変動は認められなかった。このうち、H2O-δ18Oは年間を通じてほぼ一定に推移した。SO42--δ34Sについては河川流量と負の相関性が見られ、年間を通じて河川流量が最も低下する4月においてSO42--δ34S値が最高値を示すことが明らかとなった。SO42--δ34Sは源泉から下流にかけて減少傾向(35‰から28‰)を示すことから、4月のSO42--δ34S値の上昇は河川流量の減少による源泉水の希釈効果の低下によるものと考えられる。また、同様の関係性はDIC-δ13Cと河川流量でも若干認められた。今回の結果は、トゥファ堆積場の水源泉水の影響を強く受け、それがトゥファ年輪方解石に保持されている可能性を示唆する。
    令和2年度も引き続き、浅間火山・濁川源泉とその下流域での2ヶ月ごとの調査・試料採取と、水の化学分析・安定同位体比分析に継続する。今年度は4月以降の新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言により、4月と6月の観測は中止した。現時点では、8月以降に再開を予定している。これにより、前年度に得られたトゥファ堆積場における水のDIC-δ13C、SO42--δ34Sと源泉水の影響の可能性の検証と、H2O-δ18Oの年間を通じた一定の推移の経過観測を行う。また、SO42--δ34Sは、源泉から下流にかけて急激な減少傾向が認められ、源泉水中の硫化水素の酸化によって生じたものと考えられるため、新たに硫化物の硫黄同位体比分析を加えて、同位体のマスバランスによって検証を試みる。
    令和2年度では、既に採取済みの現生トゥファ試料と古トゥファ試料を用いて、トゥファ年輪方解石δ13C‧δ18O‧δ34Sの高分解能分析を本格的に進めていく。分析試料は高い空隙率(約40%)を持つため、低圧化のデシケータ内で超低粘度エポキシ樹脂を浸透させ固める。分析試料の高分解能サブサンプリングは、マイクロドリルを用いて行う。そしてトゥファ方解石のδ13C,δ18Oは炭酸塩-IRMS分析、δ34SはS-IRMS分析により地球研(京都市)にてそれぞれ行う。尚、使用したエポキシ樹脂のδ13C,δ18Oとδ34Sについては、炭酸塩-IRMS及びS-IRMS分析に影響が及ばないことを前年度に確認済みである。S-IRMS分析では、分析試料中の硫黄含有量を予め定量しておく必要がある。また、試料中の硫黄含有量に応じて、分析試料量が決められるため、多量のサンプルを必要とすることが考えられる。この場合には、塩酸処理によって方解石から硫黄を抽出し、BaCl2によるBaSO4固定法でのS-IRMS分析法で対処する。

  3. 石西礁湖のサンゴ年輪を用いた過去1500年間の表層海洋環境の復元

    研究課題/研究課題番号:18K11619  2018年04月 - 2021年03月

    阿部 理

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    琉球列島南西部に位置する石垣島南岸の登野城サンゴ礁に埋没していた、U/Th年代測定と年輪計数により、西暦845~1130年の間生息していたことが明らかとなった体高約5mの化石ハマサンゴ試料を採取し、骨格炭酸塩のSr/Caおよび酸素同位体比の分析結果から、およそ一か月の時間分解能で海水温と海洋塩分の復元を行った。
    これまで得られた石垣島の現生サンゴ記録、観測水温、観測塩分および海水の酸素同位体比よりSr/Caと海水温の関係式、酸素同位体と海水温および海水酸素同位体比の関係式を再構築し、Abe et al. (2009)によって得られた海水酸素同位体比と塩分の関係式と組み合わせることで、化石サンゴ年輪のSr/Caおよび酸素同位体比を水温と塩分へと変換した。
    得られたMCAの水温は期間全体を通して、夏季は現代よりも約2℃低く、冬季は現代よりも約1℃高く、さらに、西暦1040年を境に明瞭に上昇したことがわかった。その上昇量は年平均で0.9℃、夏季平均で0.7℃、冬季平均で約1.1℃であった。また、塩分も西暦990年を境に有意に上昇したことが明らかとなり、その上昇量は年平均、夏季平均、冬季平均いずれも0.8であった。
    本研究で見られた西暦1040年以降の水温と塩分の上昇は、Liu et al. (2014)が示した東アジア夏季モンスーン(EASM)の弱体化と調和的であった。本研究海域においては梅雨期の降水量の低下が塩分の上昇をもたらすとともに、雲量の低下によって海水温の局所的な上昇につながったと考えられる。
    本年度は2018年度に石西礁湖において採取した長尺の現生サンゴ年輪試料の、約10年間の安定同位体比および少量金属元素濃度比を分析し、現代の代表値として用いて再解析を行った。
    今年度は、総合地球環境学研究所のICP発光分光分析計を用いたサンゴ骨格年輪のSr/Ca比およびMg/Ca比の高速・高精度分析法の開発と、化石サンゴ1群体の部分測定を実施した。前年度導入した定量マイクロスパチュラ法からさらに高速化を図るため、今年度は粉末試料の削り出しと金属分析用バイアルへの定量分取を一体化した直接回収法を確立した。板状試料からの削り出しは、XYZステージ付エンドミルを用いているが、粉末の粒度とそのばらつきが大きく、マイクロスパチュラによる秤量誤差が大きくなったため、作成した粉末試料を一旦ガラス製のすりつぶし容器に収納し、ガラス棒ですりつぶしを行った後、マイクロスパチュラで分取していた。この過程を省略するため、より粒度の均質な粉末を削り出すことができるドリル刃を選定し、削り出した粉末を直接金属分析用のPPバイアルに収納する方式に変更した。前年度に、古代試料とみなしていた化石サンゴがU-Th年代によって中世試料であったことが明らかとなり、中世のほぼ同時期に生息した2つの長尺サンゴ年輪試料の同位体比および金属濃度比の結果を得た。当初目的よりも全体の復元期間は短縮せざるを得なくなるものの、過去に、同地点・同時期の長尺試料の化学分析を行った例はなく、本研究が初めてとなる。そこで本研究では新たに、従来の単一群体試料による環境復元に比べ統計的信頼性が向上した分析値を提供すること、および水温や塩分プロキシーとしての酸素同位体比・Sr/Ca比などの結果について、群体間の差異を長期間に亘り比較することにより、プロキシーとしての厳密な評価を行うことに取り組む。
    2020年度は引き続き現生サンゴ年輪の分析を実施し、Abe et al. (2009)の海水同位体組成の観測期間(1997~2004)と重複させ、精密なプロキシーデータと観測記録のすり合わせを行うと同時に、15世紀までの水温復元を行う。加えて16世紀と15世紀に生息したそれぞれ約80年間生息した化石サンゴ年輪試料、8世紀から10世紀に生息した化石サンゴ年輪試料の金属分析を行い、得られた記録を統合し、過去の水温・塩分の連続記録を復元し、傾向・周期解析等により、気候変動の原因を解明する。

  4. アイソトポログによる地球表層環境診断

    研究課題/研究課題番号:17H06105  2017年05月 - 2022年03月

    吉田 尚弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    環境物質の同位体置換分子種(アイソトポログ)の自然存在度を計測して、地質、生物、人為の各プロセスを精密に解析し、その相互作用で決まる地球表層環境を統一的に診断する方法創出の研究を開始した。アイソトポログには、分子内同位体分布(PSIA)、非質量依存同位体分別(MIF)、多重同位体置換(Clumped)の3つの置換モードがある。これら全ての先端計測解析が唯一可能な本グループは、その強みを生かし、要素ごと、および3 要素を融合した異次元のアイソトポログ計測法を構築し、世界標準とし、各プロセスとその相互作用を解析し、地球表層環境診断を行っている。
    昨年度の紫綬褒章受章などに続き、今年度も代表者、分担者は国内外で栄誉ある表彰を受けている。
    高分解能同位体質量分析計の導入やフッ化法、レーザー分光やNMRとの相互校正など、本研究チームが包括的に計測法の開発ができていることで、目標を超える進展があった。標準物質の作成や、国外の3つの同位体置換モードに特異的に強いグループともよく情報共有で来ているため、国際校正もスムーズに準備できており、一部はすでに実行している。
    計測法の開発に加えて、各プロセスの解析に必要な試料の入手や調整なども、バイオマーカーとしてのアイソトポログ計測に必要な試料量に応じて、大腸菌の培養や、様々な植物からの試料抽出・精製のノウハウが蓄積してきているので、各プロセスの解析が加速されると期待している。エアロゾル試料についても、時期により大気プロセスが大きく異なることが予想されるので、定期的およびイベント時には集中観測を行うことで、解析が大いに進むと考えられる。また、本研究チーム内にとどまらず、世界的にも共同研究の申し出を多く受けていて、1,2年度内に、これらの申し出の中から適切な共同研究先を厳選して推進することで、予定以上の成果が見込まれる。
    Nature誌を含む38編の原著論文、学会発表78件、うち招待講演9件、国際会議発表40件を公表。計測法開発に関わる特許も1件取得。
    昨年度の紫綬褒章受章に続き、研究代表者はGSのパターソンメダルとGS/EAGの地球化学フェローを受賞。研究分担者の松木篤らは日本エアロゾル学会ベストポスター賞を受賞。放送大学特別講義「分子の履歴を読み解く~地球環境の指標・アイソトポマー~」が随時放映され、本研究内容の啓蒙が促進される。以下、特筆すべき進捗の例を示す。
    A)計測法開発および国際標準化
    A-1)PSIA:EMPAの研究協力者らと共同でN2OのPSIAとClumped計測法開発、国際標準試料の作成を行い、世界の機関との比較較正を主導。A-2)Clumped:フッ化法とHR-IRMSにより硫酸塩の34S-18O-Clumped計測法を確立し、分子温度により現在の海水硫酸のΔ34S18O値は初期地球の硫酸塩鉱物よりも高いことを発見。フッ化法でC2有機分子の13C-13C-Clumpedの高精度計測を可能とし、生物起源有機分子を見分ける強力な指標を獲得。A-3)MIF:SO分子および硫黄二量体の紫外線吸収スペクトルの理論的決定を実施し、32,33,34,36SO2の紫外線吸収スペクトルの不確定性要素の解除方法を開発。
    B)各プロセスへの応用
    B-1)地質プロセス:コスタリカにおける異なる温度・pHの温泉から生じるガス及び溶存炭素を分析し、マントルから供給されるCO2のうち9割は地殻に炭酸塩として固定され残りは生物に固定されることを発見。B-2)生物プロセス:北米とオーストラリアのガス田から産出されたプロパン-PSIA分析により、熱分解起源と生物分解起源を判別し、ブタン-PSIA分析から天然ガスの発生源有機物の分解進行度と生成温度情報を得た。B-3)人為プロセス:海洋酸性化を模擬した海水の現場培養実験、硝化細菌の純粋培養実験を行い、酸性化でN2O生成速度が増加することを発見。
    本研究では、(A)同位体トレーサーの計測法開発および国際標準化を行い、(B)これをさまざまな環境試料に適用することで研究目的に述べた各プロセスを解明し、地質-生命-人為の相互作用を統一的に解析する診断法して提示する。次のように研究を実施する。
    A) 計測法開発と国際標準化
    PSIA、Clumped、MIFの新たな同位体分子計測法開発を継続して行う。N2Oについては全12種のうち10種の計測を可能としたので、これらについての国際標準化を進める。S-O-Clumped、C-C-Clumpedの国際標準試料の作成を行う。さらに新たな計測法の開発を進めるとともに、(B)で可能なものへの応用に進む。
    B)各プロセスへの応用
    B-1)地質プロセス:34S-18O Clumpedが持つ温度依存性・生物代謝依存性の解明を温度平衡実験・硫黄代謝菌の培養実験を通して行い、硫酸の起源(火山・大陸・大気・生物起源)の診断指標を確立する。B-2)生物プロセス:脂肪酸・有機酸・アミノ酸などより大きな代謝物の分子内同位体比数値計算モデルへ拡張することも進めており、ClumpedとPSIAを融合させた岩石圏から大気海洋系への供給過程診断・環境変化に伴う代謝変化の診断を行う。B-3)人為プロセス:昨年度までにイオン誘発核生成の関与が示唆されたことから、大気イオンの増加要因になりうる周辺環境パラメータを収集、解析する。エアロゾルの個数粒径分布の解析期間を増やし、新粒子生成イベントなどでの集中観測を行う。
    研究代表者が主宰者として提案し、2001年より日欧米で隔年開催している国際アイソトポマー会議の第10回を本年10月に東京で開催する予定であったが、延期した。来年2021年に真に20周年大会として開催して、より高い到達度となることが期待される本研究計画に関連する最先端の研究成果について討論を行うこととした。

  5. 石垣島のサンゴ年輪を用いた過去1300年間の海洋環境復元

    2012年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 二酸化炭素及び酸素の二重置換同位体組成解析法の解析

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 黒潮流域のサンゴ骨格年輪による過去数百年間の水循環変動解析

    2000年04月 - 2002年03月

    科学研究費補助金  奨励研究(A); 課題番号00293720

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 3

  1. 大気-海洋間の気体交換量の推定方法

    阿部 理、ベドゥラ・サルマ、才野敏郎

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特許出願2005-246960  出願日:2005年8月29日

    公開番号:特許公開2007-64630 

    出願国:国内  

    【課題】二酸化炭素を含む温室効果気体の大気-海洋間の交換量は気候変動を決定する重要な要素であるが、いまだに大きな誤差を含んでいる。
    【解決手段】海水中の溶存O2の三種安定同位体(16O、17O及び18O)の観測により新しい輸送係数の評価方法を確立した。具体的には、海洋水面下の混合層における総酸素生産量GOPを求める一方、混合層における溶存酸素O2の三種安定同位体比Δ17Oを求め、同位体収支式を使用し、その解を求めることにより、大気-海洋間の気体交換による輸送係数を算出する。

  2. 大気中又は溶存気体中の三種安定酸素同位体比測定方法及びそれに用いるO2単離装置

    ベドゥラ・サルマ、阿部 理、才野敏郎

     詳細を見る

    出願人:科学技術振興機構

    出願番号:特許出願2003-314837  出願日:2003年9月5日

    公開番号:特許公開2005-83839 

    出願国:国内  

    【課題】 測定精度が良く、且つ簡便に測定できる、大気中又は溶存気体中の三種安定酸素同位体比測定方法とそれに用いるO2 単離装置を提供する。
    【解決手段】 試料ガス導入部2と、モレキュラーシーブパックトカラム7と、分析部6を有するガスクロマトグラフィー装置において、モレキュラーシーブパックトカラム7を冷却する手段9を有し、試料導入部2にCO2 、N2 O及び水蒸気を吸着除去する第1のトラップ4と、O2 ガス、N2 ガス及びArガスを吸着捕集する第2のトラップ5とを有し、分析部出力端にO2 ガス吸着捕集用の第3のトラップ8を有しており、大気又は溶存気体から、O2 ガスを単離する。単離したO2 ガスをデュアルインレット型同位体質量分析計で同位体分別効果を補正して三種安定酸素同位体比を求める。

  3. 水安定同位体比測定用水電解装置及び水安定同位体比質量分析法

    吉田尚弘、阿部 理、植村 立、渡辺洋二

     詳細を見る

    出願人:スガ試験機株式会社、科学技術振興事業団、財団法人理工学振興会

    出願番号:特許出願2002-361726  出願日:2002年12月13日

    公開番号:特許公開2004-191271 

    特許番号/登録番号:特許第3457306号 

    出願国:国内  

    【課題】水安定同位体比測定用水電解装置及び水安定同位体比質量分析方法に関するものであって、簡易に、安全に、安価に、そして、ごく短時間で、多数の試料の分析が可能で、しかも17Oの迅速な分析ができる水安定同位体比測定用水電解装置及び水安定同位体比質量分析方法を提供すること。
    【解決手段】水素安定同位体比又は酸素安定同位体比の質量分析のための電解装置であって、白金、イリジウム、ロジウム又はイリジウム-ロジウム合金を無電解メッキしたフッ素樹脂系イオン交換膜を、白金メッキした多孔質チタンからなる陰極及び陽極で挟んであり、陽極側に水を接触させて陽極-陰極間に直流電流を印加することにより水を電気分解し、陽極で発生させた酸素ガス及び陰極で発生させた水素ガスを質量分析装置にそれぞれ流入させる水安定同位体比測定用水電解装置及びこれを利用した水安定同位体比質量分析方法。