2022/03/25 更新

写真a

マツシマ マサヤ
松島 正哉
MATSUSHIMA, Masaya
所属
医学部附属病院 放射線部 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2010年9月   名古屋大学 ) 

 

論文 7

  1. "Speckled Enhancement" on Gd-EOB-DTPA Enhanced MR Imaging of Primary Hepatic Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma.

    Hyodo R, Takehara Y, Nishida A, Matsushima M, Naganawa S

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2021-0069

    PubMed

  2. A case of stent-graft implantation for postpancreaticoduodenectomy hemorrhage in a patient with a reconstructed gastric tube.

    Komada T, Tachi Y, Nagasaka K, Yamada S, Matsushima M, Sakaki Y, Naganawa S

    Radiology case reports   15 巻 ( 12 ) 頁: 2710 - 2713   2020年12月

     詳細を見る

  3. Evaluation of segment 4 portal vein embolization added to right portal vein for right hepatic trisectionectomy: A retrospective propensity score-matched study

    Ito Jun, Komada Tomohiro, Suzuki Kojiro, Matsushima Masaya, Nakatochi Masahiro, Kobayashi Yumiko, Ebata Tomoki, Naganawa Shinji, Nagino Masato

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   27 巻 ( 6 ) 頁: 299 - 306   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/jhbp.723

    Web of Science

    PubMed

  4. Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration for Fundal Gastric Variceal Bleeding in a Small Child

    Komada Tomohiro, Suzuki Kojiro, Oshima Kazuo, Matsushima Masaya, Nagasaka Ken, Naganawa Shinji

    JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   30 巻 ( 10 ) 頁: 1624 - 1625   2019年10月

     詳細を見る

  5. Successful treatment of esophageal bleeding due to rupture of major aortopulmonary collateral arteries by transcatheter arterial embolization

    Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Matsushima Masaya, Kato Taichi, Hirooka Yoshiki

    CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: 20-24   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-018-0895-8

    Web of Science

    PubMed

  6. Efficacy of percutaneous transhepatic portal vein embolization using gelatin sponge particles and metal coils

    Komada Tomohiro, Suzuki Kojiro, Mizuno Takashi, Ebata Tomoki, Matsushima Masaya, Naganawa Shinji, Nagino Masato

    ACTA RADIOLOGICA OPEN   7 巻 ( 4 ) 頁: 2058460118769687   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2058460118769687

    Web of Science

    PubMed

  7. Portal Vein Bleeding after Pancreatectomy: Diagnosis and Stent Graft Repair - A Consecutive Case Series

    Suzuki Kojiro, Ebata Tomoki, Komada Tomohiro, Matsushima Masaya, Mizuno Takashi, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Yokoyama Yukihiro, Naganawa Shinji, Nagino Masato

    JOURNAL OF THE PANCREAS   18 巻 ( 4 ) 頁: 339-344   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

科研費 1

  1. 肝内門脈側副路の評価と肝静脈塞栓を組み込んだ拡大肝切除のためのIVRの新戦略

    研究課題/研究課題番号:21K07562  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    駒田 智大, 馬越 弘泰, 松島 正哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    門脈塞栓術は、拡大肝切除術前に切除予定部分の肝内門脈を塞栓し、残存予定部分の肝臓を肥大させることで、術後の肝不全を予防するIVRである。
    本研究の目的は、門脈塞栓術の前後で、Dual energy CTを搭載したIVR-CTで、門脈造影による肝実質ヨードマップを作製し、肝実質内のヨード濃度を計測することで、肝内門脈側副路の影響を調べ、残存予定葉の肥大との相関を明らかにすることである。また十分な残肝肥大が得られないと予想される症例に対して、肝静脈塞栓術を追加することで、肝肥大を向上させることができるかを明らかにする。