2023/09/26 更新

写真a

カトウ タイチ
加藤 太一
KATO, Taichi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 発育・加齢医学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2003年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 先天性心疾患 肺高血圧症 血管生物学 川崎病

  2. 先天性心疾患 肺高血圧症 血管生物学 川崎病

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学  / 小児循環器病学

  2. ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 肺高血圧病変形成の機序解明

  2. 川崎病における急性期治療戦略

  3. 川崎病における冠動脈瘤の予後

  4. 先天性心疾患における遺伝学的解析

  5. 学校心臓検診の基準と適正化

経歴 11

  1. 名古屋大学   成長発達医学   准教授

    2017年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院小児科 講師

    2011年11月 - 2017年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院小児科 助教

    2007年4月 - 2011年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院小児科 助手

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部附属病院小児科 医員

    2005年10月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 社会保険中京病院小児循環器科 医長

    2005年4月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 社会保険中京病院小児循環器科 医員

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 中津川市民病院小児科 医員

    1997年10月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学医学部附属病院小児科 医員

    1997年4月 - 1997年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋第一赤十字病院小児科 医員

    1996年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋第一赤十字病院 臨床研修医

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部

    1988年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 10

  1. 日本小児科学会   代議員

  2. 日本小児循環器学会   評議員、教育委員、社会制度委員会学校検診部会委員

    2000年4月 - 現在

  3. 日本循環器学会

  4. American Heart Association

  5. 日本川崎病学会   理事

  6. 日本人類遺伝学会

  7. 日本内科学会

  8. 日本超音波医学会

  9. 日本小児心筋疾患学会   幹事

  10. 日本肺高血圧肺循環学会

▼全件表示

委員歴 4

  1. 愛知県医師会学校健診委員会   学校健診委員  

    2010年4月 - 現在   

  2. 名古屋市学校医会心臓専門医委員   委員  

    2010年4月 - 現在   

  3. 愛知県医師会学校健診委員会   学校健診委員  

    2010年4月 - 現在   

  4. 名古屋市学校医会心臓専門医委員   委員  

    2010年4月 - 現在   

受賞 1

  1. 第43回小児循環器学会会長賞(優秀賞)

    2007年7月   日本小児循環器学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 53

  1. Analysis of Coronary Arterial Aneurysm Regression in Patients With Kawasaki Disease by Aneurysm Severity: Factors Associated With Regression. 査読有り 国際誌

    Kato T, Miura M, Kobayashi T, Kaneko T, Fukushima N, Suda K, Maeda J, Shimoyama S, Shiono J, Hirono K, Ikeda K, Sato S, Numano F, Mitani Y, Waki K, Ayusawa M, Fukazawa R, Fuse S, Z‐Score Project 2nd Stage Study Group *

    Journal of the American Heart Association   12 巻 ( 3 ) 頁: e022417   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Heart Association  

    Background Coronary arterial aneurysms (CAAs) associated with Kawasaki disease (KD) significantly affect prognosis. However, the clinical course of CAAs and factors associated with CAA regression have not been well analyzed. Methods and Results The cohort of the Z-Score 2nd Project Stage study, a multicenter, retrospective, cohort study involving 44 institutions in Japan including 1006 patients with KD, was examined. CAAs were classified by the z score of their internal diameter in the acute phase: small (z<5), medium (5≤z<10), and large (z≥10). The lower limit of small CAA was based on the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare criteria. In the right coronary artery, the CAA regression rates 10 years after diagnosis were 95.5% for small, 83.2% for medium, and 36.3% for large. In the proximal left anterior descending artery, the regression rates 10 years after diagnosis were 95.3% for small, 80.1% for medium, and 28.8% for large. Cox regression analysis showed that diagnosis under the age of 1 year and onset of KD in 2010 to 2012 for the right coronary artery and the left anterior descending artery, and female for the right coronary artery were significantly associated with a high regression rate, whereas large CAAs for the right coronary artery and the left anterior descending artery were significantly associated with a low regression rate. Conclusions The current study, the largest Japanese study of its kind, found that small aneurysm, recent onset, and diagnosis under the age of 1 year predict regression, and that even giant aneurysms could regress. These data may contribute to long-term management of coronary aneurysms. Registration URL: https://www.umin.ac.jp/ctr/; Unique identifier: UMIN000010606.

    DOI: 10.1161/JAHA.121.022417

    Scopus

    PubMed

  2. An electrocardiographic score to predict pulmonary hypertension in children with atrial septal defect. 査読有り 国際共著

    Indah K Murni, Taichi Kato, Muhammad Taufik Wirawan, Nadya Arafuri, Kristia Hermawan, Anggoro Budi Hartopo, Dyah Wulan Anggrahini, Sasmito Nugroho, Noormanto Noormanto, Noriaki Emoto and Lucia Kris Dinarti.

    BMC Pediatr.   23 巻 ( 1 ) 頁: 288   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-023-04102-1.

  3. Conception by assisted reproductive technology in infants with critical congenital heart disease in Japan. 査読有り

    Morimoto Y, Go K, Yamamoto H, Fukasawa Y, Nakai M, Morihana E, Yasuda K, Nishikawa H, Ohashi N, Takahashi Y, Kato T

    Reproductive biomedicine online   44 巻 ( 1 ) 頁: 163 - 170   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.rbmo.2021.10.005

    PubMed

  4. Successful treatment of a novel type I interferonopathy due to a de novo PSMB9 gene mutation with a Janus kinase inhibitor. 査読有り 国際誌

    Kataoka S, Kawashima N, Okuno Y, Muramatsu H, Miwata S, Narita K, Hamada M, Murakami N, Taniguchi R, Ichikawa D, Kitazawa H, Suzuki K, Nishikawa E, Narita A, Nishio N, Yamamoto H, Fukasawa Y, Kato T, Yamamoto H, Natsume J, Kojima S, Nishino I, Taketani T, Ohnishi H, Takahashi Y

    The Journal of allergy and clinical immunology   148 巻 ( 2 ) 頁: 639 - 644   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2021.03.010

    PubMed

  5. Phosphorylated proteome analysis of a novel germline ABL1 mutation causing an autosomal dominant syndrome with ventricular septal defect 査読有り 国際誌

    Yamamoto Hidenori, Hayano Satoshi, Okuno Yusuke, Onoda Atsuto, Kato Kohji, Nagai Noriko, Fukasawa Yoshie, Saitoh Shinji, Takahashi Yoshiyuki, Kato Taichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   326 巻   頁: 81 - 87   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2020.10.032

    Web of Science

    PubMed

  6. Revision of diagnostic guidelines for Kawasaki disease (6th revised edition). 査読有り 国際誌

    Kobayashi T, Ayusawa M, Suzuki H, Abe J, Ito S, Kato T, Kamada M, Shiono J, Suda K, Tsuchiya K, Nakamura T, Nakamura Y, Nomura Y, Hamada H, Fukazawa R, Furuno K, Matsuura H, Matsubara T, Miura M, Takahashi K

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   62 巻 ( 10 ) 頁: 1135 - 1138   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.14326

    PubMed

  7. Mesenchymal stem/stromal cells stably transduced with an inhibitor of CC chemokine ligand 2 ameliorate bronchopulmonary dysplasia and pulmonary hypertension 査読有り 国際誌

    Suzuki Toshihiko, Sato Yoshiaki, Yamamoto Hidenori, Kato Taichi, Kitase Yuma, Ueda Kazuto, Mimatsu Haruka, Sugiyama Yuichiro, Onoda Atsuto, Saito Shigeki, Takahashi Yoshiyuki, Nakayama Takayuki, Hayakawa Masahiro

    CYTOTHERAPY   22 巻 ( 4 ) 頁: 180 - 192   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcyt.2020.01.009

    Web of Science

    PubMed

  8. A non-selective endothelin receptor antagonist bosentan modulates kinetics of bone marrow-derived cells in ameliorating pulmonary hypertension in mice 査読有り 国際誌

    Kato Taichi, Mitani Yoshihide, Masuya Masahiro, Maruyama Junko, Sawada Hirofumi, Ohashi Hiroyuki, Ikeyama Yukiko, Otsuki Shoichiro, Yodoya Noriko, Shinohara Tsutomu, Miyata Eri, Zhang Erquan, Katayama Naoyuki, Shimpo Hideto, Maruyama Kazuo, Komada Yoshihiro, Hirayama Masahiro

    PULMONARY CIRCULATION   10 巻 ( 2 ) 頁: 2045894020919355   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2045894020919355

    Web of Science

    PubMed

  9. The ALK-1/SMAD/ATOH8 axis attenuates hypoxic responses and protects against the development of pulmonary arterial hypertension 査読有り 国際共著 国際誌

    Morikawa Masato, Mitani Yoshihide, Holmborn Katarina, Kato Taichi, Koinuma Daizo, Maruyama Junko, Vasilaki Eleftheria, Sawada Hirofumi, Kobayashi Mai, Ozawa Takayuki, Morishita Yasuyuki, Bessho Yasumasa, Maeda Shingo, Ledin Johan, Aburatani Hiroyuki, Kageyama Ryoichiro, Maruyama Kazuo, Heldin Carl-Henrik, Miyazono Kohei

    SCIENCE SIGNALING   12 巻 ( 607 ) 頁: eaay4430 - eaay4430   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/scisignal.aay4430

    Web of Science

    PubMed

  10. Frequent intragenic microdeletions of elastin in familial supravalvul araortic stenosis (vol 274, pg 290, 2019) 査読有り 国際誌

    Hayano Satoshi, Okuno Yusuke, Tsutsumi Makiko, Inagaki Hidehito, Fukasawa Yoshie, Kurahashi Hiroki, Kojima Seiji, Takahashi Yoshiyuki, Kato Taichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   292 巻   頁: 283 - 283   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2019.06.020

    Web of Science

    PubMed

  11. Investigation of novel variations of ORAI1 gene and their association with Kawasaki disease

    Thiha K., Mashimo Y., Suzuki H., Hamada H., Hata A., Hara T., Tanaka T., Ito K., Onouchi Y., Masuda H., Kobayashi T., Jibiki T., Yamazaki T., Ohkuma Y., Fujiwara M., Kobayashi T., Takeuchi H., Ouchi K., Mizuno Y., Fuse S., Fukazawa N., Saji T., Takatsuki S., Nishimura K., Hamada H., Fukazawa R., Nishumura H., Aso K., Matsubara T., Mizuno T., Iwashima S., Ayusawa M., Ikeda K., Kosuda T., Hashimoto K., Hirasawa K., Miura M., Somura J., Toba E., Hirono K., Nomura Y., Arakawa H., Ogata S., Kajino H., Kawamura S., Aoyagi H., Suzuki H., Ichinose K., Shimozono A., Kato Y., Higashikawa M., Kawamura Y., Misawa M., Nagai N., Kato T., Nagata D., Okamoto A., Suzuki H., Kishiro M., Shiono J., Higashi K., Yokoyama N., Ebata R., Onouchi Y.

    Journal of Human Genetics   64 巻 ( 6 ) 頁: 511 - 519   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    ORAI1 encodes a calcium channel essential in the store-operated calcium entry mechanism. A previous genetic association study identified a rare in-frame insertion variant of ORAI1 conferring Kawasaki disease (KD). To deepen our understanding of the involvement of rare variants of ORAI1 in KD pathogenesis, we investigated 3812 patients with KD and 2644 healthy individuals for variations in the protein-coding region of ORAI1. By re-sequencing the study participants’ DNA, 27 variants with minor allele frequencies (MAFs) < 0.01 that had not been examined in the previous study were identified. Although no significant association with KD was observed either in single-variant analyses or in a collapsing method analysis of the 27 variants, stratification by MAFs, variant types, and predicted deleteriousness revealed that six rare, deleterious, missense variants (MAF < 0.001, CADD C-score ≥ 20) were exclusively present in KD patients, including three refractory cases (OR = ∞, P = 0.046). The six missense variants include p.Gly98Asp, which has been demonstrated to result in gain of function leading to constitutive Ca2+ entry. Conversely, five types of frameshift variants, all identified near the N terminus and assumed to disrupt ORAI1 function, showed an opposite trend of association (OR = 0.35, P = 0.24). These findings support our hypothesis that genetic variations causing the upregulation of the Ca2+/NFAT pathway confer susceptibility to KD. Our findings also provide insights into the usefulness of stratifying the variants based on their MAFs and on the direction of the effects on protein function when conducting association studies using the gene-based collapsing method.

    DOI: 10.1038/s10038-019-0588-2

    Scopus

  12. Frequent intragenic microdeletions of elastin in familial supravalvular aortic stenosis 査読有り

    Hayano Satoshi, Okuno Yusuke, Tsutsumi Makiko, Inagaki Hidehito, Fukasawa Yoshie, Kurahashi Hiroki, Kojima Seiji, Takahashi Yoshiyuki, Kato Taichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   274 巻   頁: 290-295   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.09.032

    Web of Science

    PubMed

  13. Guidelines for Heart Disease Screening in Schools (JCS 2016/JSPCCS 2016) - Digest Version. 査読有り 国際誌

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 巻 ( 9 ) 頁: 2385 - 2444   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-66-0153

    Web of Science

    PubMed

  14. Association of Severity of Coronary Artery Aneurysms in Patients With Kawasaki Disease and Risk of Later Coronary Events. 査読有り 国際誌

    JAMA pediatrics   172 巻 ( 5 ) 頁: e180030   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/jamapediatrics.2018.0030

    PubMed

  15. A New Z-Score Curve of the Coronary Arterial Internal Diameter Using the Lambda-Mu-Sigma Method in a Pediatric Population. 査読有り

    Kobayashi T, Fuse S, Sakamoto N, Mikami M, Ogawa S, Hamaoka K, Arakaki Y, Nakamura T, Nagasawa H, Kato T, Jibiki T, Iwashima S, Yamakawa M, Ohkubo T, Shimoyama S, Aso K, Sato S, Saji T; Z Score Project Investigators.

    JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF ECHOCARDIOGRAPHY   2016 巻 ( 29 ) 頁: 794-801   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.echo.2016.03.017.

  16. Hydrogen ameliorates pulmonary hypertension in rats by anti-inflammatory and anti-oxidant effects. 査読有り

    Kishimoto Y, Kato T, Ito M, Azuma Y, Fukasawa Y, Ohno K, Kojima S.

    JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   150 巻 ( 3 ) 頁: 645-654.e3.   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Efficacy of immunoglobulin plus prednisolone for prevention of coronary artery abnormalities in severe Kawasaki disease: a prospective, randomised, open, blinded-endpoint trial. 査読有り

    Kobayashi T, Saji T, Otani T, Takeuchi K, Nakamura T, Arakawa H, Kato T, Hara T, Hamaoka K, Ogawa S, Miura M, Nomura Y, Fuse S, Ichida F, Seki M, Fukazawa R, Ogawa C, Furuno K, Tokunaga H, Takatsuki S, Hara S, Morikawa A, RAISE Study Group Investigators.

      379 巻   頁: 1613-1620   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Case report: High-dose epoprostenol therapy in pediatric patients with pulmonary hypertension and developmental lung disease. 査読有り

    Fukasawa Y, Yamamoto H, Ito M, Saito A, Go K, Morimoto Y, Yasuda K, Sato Y, Hayakawa M, Kato T

    Frontiers in pediatrics   11 巻   頁: 1116434   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Frontiers in Pediatrics  

    Pulmonary hypertension (PH) with developmental lung disease is a life-threatening disease and accounts for 10%–12% of pediatric PH patients. Administration of specific pulmonary vasodilators to pediatric PH patients has brought about improvement of their long-term prognosis. Intravenous epoprostenol therapy is a gold standard therapy for severe idiopathic pulmonary arterial hypertension (IPAH), but there are few reports demonstrating the efficacy of epoprostenol for pediatric PH patients with developmental lung disease, especially when treating with high doses of epoprostenol. Two cases of pediatric PH patients with alveolar capillary dysplasia with misalignment of pulmonary veins (ACD/MPV) and congenital diaphragmatic hernia (CDH) with bronchopulmonary dysplasia (BPD), respectively, treated with epoprostenol above 100 ng/kg/min are presented. In these two cases, severe PH was improved significantly by an aggressive increase of the epoprostenol infusion rate with administration of oral pulmonary vasodilators and appropriate respiratory management, without any significant adverse effects. High-dose epoprostenol therapy may be one of the therapeutic options in pediatric PH patients with developmental lung disease.

    DOI: 10.3389/fped.2023.1116434

    Scopus

    PubMed

  19. Effects of general anesthesia on the results of cardiac catheterization in pediatric patients with ventricular septal defect 査読有り

    Go K, Kato T, Kito M, Morimoto Y, Kawai S, Yamamoto H, Fukasawa Y, Yasuda K.

    congenital heart disease   18 巻 ( 2 ) 頁: 235 - 243   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Using Biomarkers to Predict Unresponsiveness to Initial Immunoglobulin for Kawasaki Disease Patients. 招待有り

    Kato T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   86 巻 ( 6 ) 頁: 984 - 985   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-21-0821

    PubMed

  21. Familial cardiac septal defect due to a novel nine-base deletion in TBX20. 査読有り

    Yamamoto H, Inagaki H, Hayano S, Kurahashi H, Kato T

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   64 巻 ( 1 ) 頁: e14995   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/ped.14995

    PubMed

  22. Tension hemothorax 1 week after pericardiocentesis associated with thrombocytopenia. 査読有り

    Yamamoto H, Go K, Morimoto Y, Fukasawa Y, Kato T

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   64 巻 ( 1 ) 頁: e15395   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/ped.15395

    PubMed

  23. Electrocardiographic Diagnosis of Hypertrophic Cardiomyopathy in the Pre- and Post-Diagnostic Phases in Children and Adolescents. 査読有り

    Yoshinaga M, Horigome H, Ayusawa M, Yasuda K, Kogaki S, Doi S, Tateno S, Ohta K, Hokosaki T, Nishihara E, Iwamoto M, Sumitomo N, Ushinohama H, Izumida N, Tauchi N, Kato Y, Kato T, Chisaka T, Higaki T, Yoneyama T, Abe K, Nozaki Y, Komori A, Kawai S, Ninomiya Y, Tanaka Y, Nuruki N, Sonoda M, Ueno K, Hazeki D, Nomura Y, Sato S, Hirono K, Hosokawa S, Takechi F, Ishikawa Y, Hata T, Ichida F, Ohno S, Makita N, Horie M, Matsushima S, Tsutsui H, Ogata H, Takahashi H, Nagashima M

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-21-0376

    PubMed

  24. Echocardiography Monitoring of Pulmonary Hypertension after Pediatric Hematopoietic Stem Cell Transplantation: Pediatric Pulmonary Arterial Hypertension and Pulmonary Veno-Occlusive Disease after Hematopoietic Stem Cell Transplantation. 査読有り 国際誌

    Kawashima N, Fukasawa Y, Nishikawa E, Ohta-Ogo K, Ishibashi-Ueda H, Hamada M, Ichikawa D, Narita A, Okuno Y, Muramatsu H, Nishio N, Kojima S, Kato T, Takahashi Y

    Transplantation and cellular therapy   27 巻 ( 9 ) 頁: 786.e1 - 786.e8   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtct.2021.05.017

    PubMed

  25. Serum tenascin-C predicts resistance to steroid combination therapy in high-risk Kawasaki disease: a multicenter prospective cohort study. 査読有り

    Yoshikane Y, Okuma Y, Miyamoto T, Hashimoto J, Fukazawa R, Kato T, Takeda A, Suda K, Matsushita T, Hiroe M, Imanaka-Yoshida K

    Pediatric rheumatology online journal   19 巻 ( 1 ) 頁: 82   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s12969-021-00562-w

    PubMed

  26. Comprehensive pathogen detection in sera of Kawasaki disease patients by high-throughput sequencing: a retrospective exploratory study 査読有り 国際誌

    Torii Yuka, Horiba Kazuhiro, Hayano Satoshi, Kato Taichi, Suzuki Takako, Kawada Jun-ichi, Takahashi Yoshiyuki, Kojima Seiji, Okuno Yusuke, Ogi Tomoo, Ito Yoshinori

    BMC PEDIATRICS   20 巻 ( 1 ) 頁: 482   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-020-02380-7

    Web of Science

    PubMed

  27. Two-incision technique for the subcutaneous implantable cardioverter defibrillator. 査読有り 国際誌

    Nomura Y, Kato T, Nishihara E, Morishima I, Kuraishi K

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   62 巻 ( 6 ) 頁: 736 - 738   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.14252

    Web of Science

    PubMed

  28. A Diversified Approach for the Prevention of Pediatric Sudden Cardiovascular Death in Japan 招待有り 国際誌

    Kato Taichi

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 4 ) 頁: 544 - 545   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0139

    Web of Science

    PubMed

  29. Influence of Percutaneous Occlusion of Atrial Septal Defect on Left Atrial Function Evaluated Using 2D Speckle Tracking Echocardiography 査読有り 国際誌

    Suzuki Kazutaka, Kato Taichi, Koyama Satoshi, Shinohara Tsutomu, Inukai Sachiko, Sato Jun, Yamamoto Hidenori, Omori Daisuke, Yoshida Shuichiro, Takeda Sho, Nishikawa Hiroshi, Ohashi Naoki, Sakurai Hajime, Saitoh Shinji

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   61 巻 ( 1 ) 頁: 83 - 88   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1536/ihj.19-173

    Web of Science

    PubMed

  30. Severe fetal cardiomegaly caused by multiple non-giant placental chorioangiomas. 査読有り 国際誌

    Yamamoto H, Fukasawa Y, Kato T

    Cardiology in the young   29 巻 ( 12 ) 頁: 1559 - 1560   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1047951119002567

    Web of Science

    PubMed

  31. Prediction of postnatal clinical course in primary congenital dilated cardiomyopathy 査読有り 国際誌

    Yamamoto Hidenori, Fukasawa Yoshie, Ohashi Naoki, Yokoyama Takehiko, Suzuki Kazutaka, Ota Takaya, Yasuda Kazushi, Omoya Kentaro, Takahashi Yoshiyuki, Kato Taichi

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   61 巻 ( 12 ) 頁: 1196 - 1201   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.14029

    Web of Science

    PubMed

  32. Ventricular tachycardia and chest pain due to foreign body in the pericardium caused by self-injurious behaviour. 査読有り

    Yamamoto H, Fukasawa Y, Kato T

    Cardiology in the young   29 巻 ( 9 ) 頁: 1217 - 1218   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1047951119001744

    Web of Science

    PubMed

  33. Successful treatment of esophageal bleeding due to rupture of major aortopulmonary collateral arteries by transcatheter arterial embolization. 査読有り

    Ito T, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Matsushima M, Kato T, Hirooka Y

    Clinical journal of gastroenterology   12 巻 ( 1 ) 頁: 20 - 24   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-018-0895-8

    Web of Science

    PubMed

  34. Identification of potential pathogenic viruses in patients with acute myocarditis using next-generation sequencing 査読有り

    Takeuchi Suguru, Kawada Jun-ichi, Okuno Yusuke, Horiba Kazuhiro, Suzuki Takako, Torii Yuka, Yasuda Kazushi, Numaguchi Atsushi, Kato Taichi, Takahashi Yoshiyuki, Ito Yoshinori

    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY   90 巻 ( 12 ) 頁: 1814-1821   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmv.25263

    Web of Science

    PubMed

  35. 小児循環器疾患の基礎研究から臨床への応用 家族性大動脈弁上狭窄において、遺伝子内微小欠失の頻度は高い 次世代シーケンサーによる7家系の解析と臨床応用への可能性 査読有り

    早野 聡, 奥野 友介, 堤 真紀子, 稲垣 秀人, 深澤 佳絵, 倉橋 浩樹, 小島 勢二, 高橋 義行, 加藤 太一

    日本小児循環器学会雑誌   34 巻 ( Suppl.1 ) 頁: s1 - 122   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

  36. Infliximab versus intravenous immunoglobulin for refractory Kawasaki disease: a phase 3, randomized, open-label, active-controlled, parallel-group, multicenter trial. 査読有り 国際誌

    Mori M, Hara T, Kikuchi M, Shimizu H, Miyamoto T, Iwashima S, Oonishi T, Hashimoto K, Kobayashi N, Waki K, Suzuki Y, Otsubo Y, Yamada H, Ishikawa C, Kato T, Fuse S

    Scientific reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 1994   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-18387-7

    PubMed

  37. Successful Infant Pneumonectomy with Unilateral Pulmonary Artery Occlusion Test. 査読有り

    Kato K, Kato T, Hayano S, Fukasawa Y, Numaguchi A, Hattori T, Saito A, Sato Y, Hayakawa M

    International heart journal   59 巻 ( 1 ) 頁: 237 - 239   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1536/ihj.16-606

    PubMed

  38. 先天性心疾患の手術非介入で経過している 18 トリソミーの検討 査読有り

    今井 祐喜 ,加藤 太一 ,加藤 有一 ,久保田 哲夫 ,服部 哲夫

    日小児循環器会誌   33 巻 ( 4 ) 頁: 312-317   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 遺伝性出血性末梢血管拡張症における肺動静脈瘻のスクリーニングと遺伝子検査

    加藤 太一

    日本小児循環器学会雑誌   33 巻 ( 3 ) 頁: 247 - 248   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本小児循環器学会  

    DOI: 10.9794/jspccs.33.247

    CiNii Research

  40. Primary psoas abscess caused by group A streptococcus in a child: Case report with microbiologic findings. 査読有り

    Kamiya Y, Hasegawa T, Takegami Y, Horiba K1, Ando S, Torii Y, Kidokoro H, Kato T, Natsume J, Kawada JI, Ito Y.

    J Infect Chemother   22 巻 ( 12 ) 頁: 811-814   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.06.011.

  41. Abnormal urinalysis on day 7 in patients with IgA vasculitis (Henoch-Schonlein purpura) 査読有り

    Kawashima N, Kawada J, Nishikado Y, Kitase Y, Ito S, Muramatsu H, Sato Y, Kato T, Natsume J, Kojima S.

    Nagoya J Med Sci   78 巻 ( 4 ) 頁: 359-368   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Feasibility and safety of transseptal puncture procedures for radiofrequency catheter ablation in small children weighing below 30 kg: single-center experience 査読有り

    Yoshida S, Suzuki T, Yoshida Y, Watanabe S, Nakamura K, Sasaki T, Kawasaki Y, Ehara E, Murakami Y, Kato T, Nakamura Y.

    Europace   2016 巻 ( 18 ) 頁: 1581-1586   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 病理組織診断でリウマチ熱による伝導路障害が死因であると疑われた1例 査読有り

    池田麻衣子,小沢広明,永田佳敬,馬場礼三,加藤太一,長井典子.

    日小児循環器会誌   2016 巻 ( 32 ) 頁: 423-428   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.echo.2016.03.017. Epub 2016 Jun 7.

  44. Abnormal urinalysis on day 7 in patients with IgA vasculitis (Henoch-Schonlein purpura) 査読有り

    Kawashima N, Kawada J, Nishikado Y, Kitase Y, Ito S, Muramatsu H, Sato Y, Kato T, Natsume J, Kojima S.

    Nagoya J Med Sci   2016 巻 ( 78 ) 頁: 359-367   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 門脈体循環シャントによる肺高血圧症及び肺内シャントを合併したNoonan症候群の1例 査読有り

    永田佳敬,加藤太一,牧田智,池田麻衣子,深澤佳絵,岸本泰明,沼口敦,長井典子

    日小児循環器会誌   31 巻 ( 4 ) 頁: 212-219   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Macitentan reverses early obstructive pulmonary vasculopathy in rats: Early intervention in overcoming the survivin-mediated resistance to apoptosis. 査読有り

    Shinohara T, Sawada H, Otsuki S, Yodoya N, Kato T, Ohashi H, Zhang E, Saitoh S, Shimpo H, Maruyama K, Komada Y, Mitani Y.

      308 巻 ( 6 ) 頁: L523-538   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Potential contribution of phenotypically modulated smooth muscle cells and related inflammation in the development of experimental obstructive pulmonary vasculopathy in rats. 査読有り

    Otsuki S, Sawada H, Yodoya N, Shinohara T, Kato T, Ohashi H, Zhang E, Imanaka-Yoshida K, Shimpo H, Maruyama K, Komada Y, Mitani Y.

    PLOS ONE     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1371/journal.pone.0118655.

  48. 左室心筋緻密化障害および肥大型心筋症様の所見を示したのちhistiocytoid cardiomyopathyと病理診断されたミトコンドリア病の一例 査読有り

    鬼頭 真知子、長井 典子、小沢 広明、加藤 太一 、馬場 礼三

    日小児循環器会誌   30 巻 ( 2 ) 頁: 205-214   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Lack of CD4(+)CD25 (+)FOXP3 (+) regulatory T cells is associated with resistance to intravenous immunoglobulin therapy in patients with Kawasaki disease. 査読有り

    Hirabayashi Y, Takahashi Y, Xu Y, Akane K, Villalobos IB, Okuno Y, Hasegawa S, Muramatsu H, Hama A, Kato T, Kojima S.

    EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRICS   172 巻 ( 6 ) 頁: 231-237   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Central venous pressure in mechanically ventilated neonates correlates with the diameter of the inferior vena cava. 査読有り

    Sato Y, Kawataki M, Hirakawa A, Toyoshima K, Kato T, Itani Y, Hayakawa M.

    ACTA PAEDIATRICA   102 巻 ( 6 ) 頁: e241-246   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Coronary arterial ectasia in a 2-year-old boy showing two symptoms of Kawasaki disease without manifesting fever. 査読有り

    Kato T, Numaguchi A, Ando H, Yasui M,Kishimoto Y, Yasuda K, Fukumi D, Yasuda T.

    RHEUMATOLOGY INTERNATIONAL   32 巻   頁: 1101-3   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Estrogen-like activity and dual roles in cell signaling of an Agaricus blazei Murrill mycelia-dikaryon extract. 査読有り

    Dong SJ, Furutani Y, Suto Y, Furutani M, Zhu Y, Yoneyama M, Kato T, Itabe H, Nishikawa T, Tomimatsu H, Tanaka T, Kasanuki H, Masaki T, Kiyama R, Matsuoka R.

    MICROBIOLOGICAL RESEARCH   167 巻   頁: 231-237   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Elevated levels of aldosterone in the amniotic fluid was observed in two cases of congenital mesoblastic nephroma 査読有り

    Tomomi Kotani, Seiji Sumigama, Hiromi Hayakawa, Yukio Mano, Hiroyuki Tsuda,Chisato Sugiyama, Fumitaka Kawachi, Masae Hironaka, Taichi Kato, Kenitiro Kaneko, Masahiro Hayakawa, Fumitaka Kikkawa

    ULTRASOUND IN OBSTETRICS & GYNECOLOGY   36 巻 ( 2 ) 頁: 256-258   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. 川崎病学改訂第2版

    加藤太一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 心疾患・冠動脈疾患の鑑別)

    診断と治療社  2021年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:4   担当ページ:115-118   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 発達段階からみた小児看護過程第4版

    加藤太一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 心室中隔欠損症)

    医学書院  2021年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:4   担当ページ:197-200   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 今日の小児治療指針第17版

    ( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 川崎病診断の手引きガイドブック

    ( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 川崎病学

    日本川崎病学会編集( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. 小児・成育循環器学

    日本小児循環器学会編( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. 学校心臓検診実践マニュアルQ&A

    ( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 発達段階からみた小児看護過程

    加藤太一( 担当: 単著)

    医学書院  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. Cardiovascular Development and Congenital Malformations-Molecular and Genetic Mechanisms-

    Mitsuhiro Kamisago, Kayoko Hirayama-Yamada, Taichi Kato,Shinichiro Imamura, Kunitaka Joo, Masahiko Ando, Atsuyoshi Takao, Kazuo Momma, Makoto Nakazawa, Rumiko Matsuoka( 担当: 共著)

    Blackwell Futura  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Missense mutations in the PTPN11 as a cause of cardiac defects associated with Noonan syndrome.

  10. Annual Review循環器2003

    加藤太一、松岡留美子( 担当: 共著 ,  範囲: Noonan症候群の遺伝子解析)

    中外医学社  2003年 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:99-103   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. 小児科診療マニュアル

    加藤太一( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 1

  1. 先天性心疾患の手術非介入で経過している 18 トリソミーの検討 査読有り

    今井 祐喜, 加藤 太一, 加藤 有一, 久保田 哲夫, 服部 哲夫  

    日小児循環器会誌33 巻 ( 4 ) 頁: 312-317   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 51

  1. Analysis of the Long-term Clinical Course and the Factors Associated with Coronary Arterial Aneurysm Regression in Kawasaki Disease Patients. 国際会議

    Kato T, Kobayashi T, Ayusawa M, Fukazawa R, Fuse S, Hirono K, Mitani Y, Suda K, Maeda J, Miura M.

    The 13th International Kawasaki Disease Symposium  2021年10月31日  International Kawasaki Disease Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  2. Screening by Electrocardiogram (Japan Experience) 招待有り 国際会議

    Kato T

    The 1st Multidisciplinary and Collaborative Approach on Pulmonary Artery Hypertension: International Summer Course Program  2021年9月28日  Department Cardiology and Vascular Medicine, Faculty of Medicine, Public Health and Nursing, Universitas Gadjah Mada

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:インドネシア共和国  

  3. Understanding the Pathophysiology of Idiopathic Pulmonary Arterial Hypertension 招待有り 国際会議

    Kato T

    The 16th Japan-China-Korea Pediatric Heart Forum  2021年7月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:奈良  

  4. Williams症候群の遺伝医学 招待有り

    加藤太一

    日本小児循環器学会第12回教育セミナーアドバンスコース  2021年2月7日  日本小児循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  5. ABL1変異は先天性心疾患を伴う症候群の原因となる~エクソーム解析と質量分析法を応用した遺伝性心室中隔欠損症の網羅的病態解明~

    山本 英範, 早野 聡, 奥野 友介, 小野田 淳人, 加藤 耕治, 長井 典子, 深澤 佳絵, 齋藤 伸治, 高橋 義行, 加藤 太一

    第56回日本小児循環器学会  2020年11月22日  日本小児循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

  6. 小児3群肺高血圧症に対する治療内容と効果の検討

    加藤太一、深澤佳絵、山本英範、沼口敦、伊藤美春、齊藤明子、佐藤義朗、内田広夫、 早川昌弘

    第56回日本小児循環器学会  2020年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  7. Analysis of the factors associated with coronary arterial aneurysm regression in patients with Kawasaki disease. 国際会議

    Kato T, Kobayashi T, Ayusawa M, Fukazawa R, Fuse S, Hirono K, Mitani Y, Suda K, Maeda J, Miura M

    American Heart Association Scientific Sessions 2019.  2019年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. 新生児領域での肺高血圧症に対する肺血管拡張薬治療の実際

    加藤太一

    第63回日本新生児成育医学会学術集会  2018年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  9. 内径のZ scoreによる冠動脈瘤退縮の解析 ~ZSP2 study サブ解析~

    加藤太一、小林徹、鮎沢衛、深澤隆治、布施茂登、廣野恵一、三谷義英、須田憲治、前田潤,三浦大

    第38回日本川崎病学会・学術集会  2018年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  10. 冠動脈病変合併リスクの高い川崎病患者に対する投与期間を短縮させた免疫グロブリン・ステロイド初期併用療法の検討

    加藤太一, 深澤佳絵, 山本英範, 沼口敦, 早野聡, 岸本泰明, 長井典子, 梶田光春, 足達武憲, 原紳也, 安藤昌彦, 高橋義行

    第38回日本川崎病学会・学術集会  2018年10月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  11. The Efficacy of Immunoglobulin plus Decreased Duration of Prednisolone for Kawasaki Disease Patients with High Risk for Coronary Abnormalities 国際会議

    Kato T, Fukawasa Y, Hayano S, Yamamoto H, Numaguchi A, Kishimoto Y, Nagai N, Ando M, Takahashi Y

    The 12th International Kawasaki Disease Symposium  2018年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. ZC4H2の機能喪失はEMD発現調節を介して徐脈性不整脈を呈する

    山本英範、宮井俊輔、郷清貴、森本美仁、深澤佳絵、倉橋浩樹、加藤太一

    第67回日本人類遺伝学会  2022年12月16日  日本人類遺伝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  13. 川崎病の急性期治療を改めて考える

    加藤太一

    第10回広島川崎病フォーラム  2022年9月2日  広島川崎病フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  14. 川崎病診療の今:救急医療にも役立つ最近の知識 招待有り

    加藤太一

    第35回日本小児救急医学会  2022年7月31日  日本小児救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  15. 肺高血圧診療における成人診療科への移行 招待有り

    加藤太一、足立史郎

    第58回日本小児循環器学会  2022年7月21日  日本小児循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:札幌  

  16. 長期生存し肺移植を行った非典型ACD/MPVの一例長期生存し肺移植を行った非典型ACD/MPVの一例

    齊藤明子、脇田浩正、郷清貴、森本美仁、山本英範、伊藤美春、村松友佳子、深澤佳絵、佐藤義朗、加藤太一、高橋義行、早川昌弘、安田和志、伊藤諒一

    第125回日本小児科学会  2022年4月15日  日本小児科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山  

  17. 愛知県における学校心臓検診二次検診対象者抽出精度管理の取り組み

    加藤太一、平光伸也、西脇毅、長嶋正實

    第25回日本小児心電学会学術集会  2021年11月27日  日本小児心電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン  

  18. Analysis of Causative Gene by Whole Exome Sequence in Familial Congenital Heart Disease 招待有り

    2021年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  19. 巨大気腫性嚢胞切除が有効であった慢性肺疾患、肺高血圧の1例

    郷清貴、森本美仁、山本英範、深澤佳絵、加藤太一、兵藤玲奈、鈴木俊彦、佐藤義朗、早川昌弘、横田一樹、内田広夫

    第6回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会  2021年5月6日  第6回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  20. ステロイドの投与期間を短縮した初期併用療法における追加治療を要した症例の検討

    加藤太一, 深澤佳絵, 山本英範, 森本美仁, 沼口敦, 早野聡, 平林優, 岸本泰明, 長井典子, 梶田光春, 足達武憲, 原紳也, 安藤昌彦, 高橋義行

    第40回日本川崎病学会  2020年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. 新生児慢性肺疾患に合併する肺高血圧症に対する治療の検討

    加藤太一、森本美仁、山本英範、深澤佳絵、沼口敦、伊藤美春、齊藤明子、佐藤義朗、 早川昌弘

    第5回日本肺高血圧・肺循環学会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. Analysis of the factors associated with coronary arterial aneurysm regression in patients with Kawasaki disease. 国際会議

    Kato T, Kobayashi T, Ayusawa M, Fukazawa R, Fuse S, Hirono K, Mitani Y, Suda K, Maeda J, Miura M.

    American Heart Association Scientific Sessions 2019.  2019年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. ステロイド投与期間を短縮した免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法の多施設共同ランダム化比較試験による検討

    加藤太一, 深澤佳絵, 山本英範, 沼口敦, 早野聡, 平林優, 徐銀燕, 岸本泰明, 長井典子, 梶田光春, 足達武憲, 原紳也, 安藤昌彦, 高橋義行

    第39回日本川崎病学会・学術集会  2019年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  24. 川崎病における冠動脈瘤内径のZ scoreに基づいた退縮の解析 ~ZSP2 study サブ解析~

    加藤太一, 小林徹, 鮎澤衛, 深澤隆治, 布施茂登, 廣野恵一, 三谷義英, 須田憲治, 前田潤, 三浦大

    第55回日本小児循環器学会  2019年6月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. 乳児肺高血圧症に対する高用量エポプロステノールの経験

    加藤太一, 深澤佳絵, 山本英範, 沼口敦, 脇田浩正, 伊藤美春, 齊藤明子, 佐藤義朗, 早川昌弘

    第4回日本肺高血圧・肺循環学会  2019年6月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. 乳児肺高血圧症に対する高用量エポプロステノールの経験

    加藤太一、深澤佳絵、山本英範、沼口敦、脇田浩正、伊藤美春、齊藤明子、佐藤義朗、早川昌弘

    第4回日本肺高血圧・肺循環学会  2019年6月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. 冠動脈病変合併リスクの高い川崎病患者に対する投与期間を短縮した免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法:多施設共同ランダム化比較試験による検証

    加藤 太一, 深澤 佳絵, 山本 英範, 沼口 敦, 早野 聡, 岸本 泰明, 長井 典子, 安藤 昌彦, 高橋 義行

    第54回日本小児循環器学会総会・学術集会  2018年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  28. 冠動脈病変合併リスクの高い川崎病患者に対する投与期間を短縮した免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法:多施設共同ランダム化比較試験による検証

    加藤 太一, 深澤 佳絵, 山本 英範, 沼口 敦, 早野 聡, 岸本 泰明, 長井 典子, 安藤 昌彦, 高橋 義行

    第54回日本小児循環器学会総会・学術集会  2018年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  29. 新生児慢性肺疾患に合併する肺高血圧症に対する多剤併用療法

    加藤太一, 深澤佳絵, 山本英範, 沼口敦, 伊藤美春, 齊藤明子, 佐藤義朗, 早川昌弘

    第3回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会  2018年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. 新生児慢性肺疾患に合併する肺高血圧症に対する多剤併用療法

    加藤太一,深澤佳絵,山本英範,沼口敦,伊藤美春,齊藤明子,佐藤義朗,早川昌弘

    第3回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会  2018年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. 川崎病患者における冠動脈描出と内径計測時の注意点 招待有り

    加藤 太一

    日本心エコー図学会第29回学術集会  2018年4月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  32. 愛知県における学校心臓検診の心電図精度管理

    加藤 太一

    第50回若年者心疾患・生活習慣病対策協議会総会  2018年2月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. 愛知県における学校心臓検診の心電図精度管理

    加藤 太一

    第50回若年者心疾患・生活習慣病対策協議会総会  2018年2月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. マウス肺高血圧モデルにおいて骨髄由来細胞は秒変形性に関与し、ボセンタンは骨髄由来細胞のhoming促進と炎症抑制によって病変のリモデリングを制御する。

    加藤太一,三谷義英,澤田博文,大橋啓之,池山夕起子,出口隆生,桝屋正浩,丸山淳子, 丸山一男,新保秀人,駒田美弘

    第48回日本小児循環器学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Risk stratification for unresponsiveness to retreatment with intravenous immunoglobulin in patients with Kawasaki disease. 国際会議

    Kato T, Kishimoto Y, Tokunaga H, Ushida H, Shinohara O, Sugiyama Y, Hasegawa M, Numaguchi A, Fukasawa Y, Baba R

    The 10th International Kawasaki Disease Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. マウス肺高血圧血管病変における骨髄由来幹細胞の関与とボセンタンの作用

    加藤太一,三谷義英,澤田博文,大橋啓之,池山夕起子,出口隆生,桝屋正浩,丸山淳子, 丸山一男,新保秀人,駒田美弘

    第47回日本小児循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  37. Contribution of bone marrow stem cells to the pathogenesis of pulmonary hypertension and pharmacological modulation of bone marrow-derived cells as a therapeutic target. 国際会議

    The 3rd Congress of Asia-Pacific Pediatric Cardiac Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Bosentan promotes incorporation of bone marrow-derived endothelial cells but inhibits infiltration of macrophages into pulmonary vascular lesions in mice exposed to chronic hypoxia: A novel concept of bosentan therapy in pulmonary hypertension 国際会議

    American Heart Association Scientific Sessions 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  39. Role of bone marrow stem cells in the pathogenesis of pulmonary hypertension and pharmacological modulation 国際会議

    10th International Symposium on Mechanisms of Vasodilatation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Bosentan Promotes Incorporation of Bone Marrow-Derived Endothelial Progenitor Cells but Inhibits Infiltration of Macrophages in Mice Exposed to Chronic Hypoxia.

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. Chronic Hypoxia Increases Bone Marrow-Derived Endothelial Cells of Non-Hematopoietic Stem Cell Origin, as Well as Macrophages of Hematopoietic Stem Cell Origin, in Pulmonary Vascular Legions in Mice: Differential Roles of Bone Marrow-Derived Hematopoietc and Non-Hematopoietic Stem Cells in Pulmonary Hypertension 国際会議

    American Heart Association Scientific Sessions 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  42. 骨髄由来細胞と造血幹細胞のマウス実験的肺高血圧への関与

    加藤太一,澤田博文,池山夕起子 ,出口隆生 ,桝屋正浩,丸山淳子,丸山一男,新保秀人,駒田美弘,三谷義英

    第43回日本小児循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 心臓原発横紋筋肉主の1例 -再発のモニタリングにおける問題点-

    加藤太一、谷ヶ崎博、大橋直樹、秋田利明、上田裕一、小島勢二

    第42回日本小児循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. 原発性肺高血圧症に対しsildenafil投与を行い改善が得られた3例の検討

    加藤太一、久保田勤也、西川浩、松島正氣、中山智孝、佐地勉

    第41回日本小児循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. 動脈管依存性心疾患に対するPGE1-CD製剤の投与量の検討

    加藤太一、牛田肇、西川浩、松島正氣、櫻井寛久、河村朱美、長谷川広樹、加藤紀之、櫻井一、秋田利明

    第40回日本小児循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. ファロー四徴症根治術後のVT症例に対する心拍変動解析

    加藤太一、安田東始哲、長嶋正實、中澤誠

    第38回日本小児循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Phenotype analysis of deletion 22q11.2 syndrome patients with GPIb-β hemizygosity. 国際会議

    The 23rd International Congress of Pediatrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  48. Thrombocytopenia and platelet dysfunction in del22q11.2 syndrome.

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. 乳児型多嚢胞腎の同胞例

    加藤太一,鬼頭修,深見英子,佐々木順子,三村俊二,早川昌弘

    第42回日本未熟児新生児学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 同種骨髄移植を施行した高IgM症候群

    加藤太一、小島勢二、谷ケ崎博、稲葉淳、加藤剛二、松山孝治、柘植郁哉

    第39回日本小児血液学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. 二次性腫瘍を発症した小児癌の5例

    加藤太一,松山孝治,小島勢二,加藤剛二,近藤勝

    第12回日本小児がん学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 川崎病冠動脈瘤発症予防のための急性期治療難治例予測診断法開発に直結するエビデンス創出研究

    研究課題番号:20314888  2020年4月 - 2024年3月

    難治性疾患実用化研究事業  

    加藤太一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. バイオマーカーを用いた川崎病急性期治療法選択に関する研究

    2017年4月 - 2020年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 炎症性動脈瘤形成症候群の治療法選択に関する研究

    2017年4月 - 2018年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 重症川崎病患者に対する免疫グロブリンと免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用投与のランダム化比較試験

    2010年4月 - 2011年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法の効果を多施設共同無作為化比較試験で検討するための臨床試験

科研費 9

  1. 網羅的プロテオーム解析に基づいた肺高血圧症病変における新規治療ターゲットの検証

    研究課題/研究課題番号:23K07329  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    加藤 太一, 佐藤 義朗, 山本 英範

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    肺高血圧症は、肺動脈が進行性に狭窄、閉塞する難治性疾患であり、重篤な場合、生命予後が不良な疾患です。我々は実験的に作成した肺高血圧モデルにおいて、血管が閉塞している部分と閉塞していない部分のそれぞれから蛋白質を抽出し、プロテオーム解析という手法で、両者で異なる蛋白質すなわち閉塞に関連する蛋白質を同定しました。この研究では、その蛋白の機能を検証することで、病気のメカニズムを解明することを目的としています。

  2. メタゲノム解析とオミクス解析を用いたFontan術後蛋白漏出性胃腸症の病態解明

    研究課題/研究課題番号:22K07912  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    郷 清貴, 加藤 太一, 山本 英範

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    蛋白漏出性胃腸症(Protein-Losing Enteropathy: 以下PLE)は単心室型の先天性心疾患に対する機能的修復術であるFontan手術後の患者に発症する予後不良な疾患である。しかし、その発症機序は解明されておらず、治療法も確立していない。近年、消化管疾患だけでなく、様々な疾患の発症や重症化と腸内細菌叢の関連が報告されているが、Fontan術後のPLEと腸内細菌叢の関連についての報告はない。本研究の目的は、次世代シークエンサーを用いたPLE患者に特異的な腸内細菌叢組成の探索と、便のメタボロームによる網羅的な解析により、PLEに関与する菌種、代謝物などの因子を同定することである。

  3. 心房中隔欠損症に伴う肺動脈性肺高血圧症の分子疫学的国際共同研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:20KK0219  2020年10月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    江本 憲昭, 加藤 太一, 片岡 雅晴, 谷口 悠

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    直接経費:200000円 )

    本研究では、インドネシアとの共同研究により、明確な治療ガイドラインが確立していない心房中隔欠損症に合併する肺高血圧症に対し、①最適な治療法を提供できるガイドラインの作成に資する臨床疫学データの収集・解析をインドネシアで行う、②日本が世界に誇る学校心臓検診システムをインドネシアに導入し、疫学研究を実施すると同時に、その費用対効果を含めた妥当性を検討する、③新規原因遺伝子の単離・同定および遺伝子工学技術を駆使した研究環境を整備する、ことを介して新たな病態メカニズムを探索する。
    将来的にこれらのプロジェクトに包括的に取り組むことのできる先天性心疾患に関する基礎臨床融合国際共同研究拠点の形成を目指す。
    本研究は、日本とインドネシアの国際共同研究として、以下の3つの課題について研究を遂行する予定であった。しかしながら、2021年度は依然として世界的なCovid19感染拡大のために研究の遂行が著しく妨げられた。インドネシアの共同研究者は感染の拡大に伴い臨床業務に忙殺され、研究遂行は著しく遅延した。また、渡航制限により研究代表者らによる現地での研究活動は不可能であった。よって、複数回にわたるオンライン会議システムを利用したディスカッションと日本およびインドネシアそれぞれが国内で遂行した研究が今年度の研究実績となる。
    課題1:心房中隔欠損症に合併する肺高血圧症(ASD-PH)に関する臨床疫学データ収集・解析については、インドネシアで症例登録を継続している。進捗状況についてはオンライン会議で確認している。また、心房中隔欠損症のうち肺高血圧症合併の有無を心電図から判定する基準を作成し、現在論文を作成中である。
    課題2:インドネシアにおける学校心臓検診システムの確立ならびにその有用性の評価として、インドネシア側スタッフが学校心臓検診を実施する予定であったが、2021年度も感染拡大防止の観点からも学校心臓検診を実施できなかった。これまでに収集した心電図を用いて日本で提唱された心電図判定基準の妥当性の検討について準備を進めている。
    課題3:ASD-PHの病態に関与する新規原因遺伝子同定と治療標的の探索として、これまでのインドネシアで収集した患者検体を用いて実施した全エキソンシークエンスの解析を進めた。2021年度は、2020年度に同定した疾患候補遺伝子から真に意味のある病原遺伝子をさらに絞り込むために年齢、性別を適合させたインドネシア人の健常人検体を対照群として収集した。同時に、これらの遺伝子変異と疾患との相関が再現できるかどうかを確認する目的で他のグループのASD-PHの検体を収集した。
    Covid19感染が依然として続いており、インドネシアでは研究活動が著しく遅延している状態であった。また、インドネシアの小学校はオンライン対応が続いており、学校心臓検診を実施することが不可能であった。これらの理由から、研究は当初の予定よりやや遅れていると判断した。
    Covid19感染は依然として日本およびインドネシアの両国ともに終息していないため、研究代表者らが、海外の研究者グループの研究拠点であるインドネシアのガジャマダ大学およびインドネシア大学に直接出向き、研究活動を実施することは今年度も難しいことが予想される。したがってオンライン会議システムを活用し、それぞれの施設で可能な限りの研究活動を継続する。
    課題1:心房中隔欠損症に合併する肺高血圧症(ASD-PH)に関する臨床疫学データ収集・解析については、データベースを作成した上でインドネシア側での症例登録を継続する。症例登録を加速する目的でインドネシア側で他施設のリクルートを積極的に推進する。心房中隔欠損症における肺高血圧症合併の有無を判定するための心電図基準については論文として発表する。
    課題2:インドネシアにおける学校心臓検診システムの確立ならびにその有用性の評価として、当面は現在利用可能な心電図と臨床データの解析を継続し、日本で提唱された心電図判定基準の妥当性を検討する。Covid19感染が制御され、インドネシア側スタッフによる学校心臓検診が可能となれば、可及的すみやかに再開する。
    課題3:ASD-PHの病態に関与する新規原因遺伝子同定と治療標的の探索については、対照群として2021年度に収集した正常検体の全エキソンシークエンスを行い、同定された遺伝子変異の病原性を解析する。また、2020年度に同定した遺伝子変異と疾患発症との関連性を確認する目的で、新たにASD-PH患者から収集された検体を用いて結果の再現性を確認する。

  4. 肺高血圧症の閉塞性病変における平滑筋細胞形質変換のプロテオームによる網羅的解析

    研究課題/研究課題番号:20K08155  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    加藤 太一, 佐藤 義朗, 山本 英範

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    肺高血圧症は、肺動脈が進行性に狭窄、閉塞する難治性疾患であり、重篤な場合、生命予後が不良な疾患です。この研究は実験的に作成した肺高血圧モデルにおいて、血管が閉塞している部分と閉塞していない部分のそれぞれから蛋白質を抽出し、プロテオーム解析という手法で、両者で異なる蛋白質すなわち閉塞に関連する蛋白質を同定し、その機能を検証することで、病気のメカニズムを解明することを目的としています。
    本研究では、ラット肺高血圧モデルにおいて、肺高血圧症の閉塞性病変における平滑筋細胞の形質変換に関与する蛋白を、レーザーマイクロダイセクション(LMD)法により閉塞性病変の組織を選択的に取得して、プロテオーム解析による網羅的探索を行うことで同定し、機能を検証することを目的としている。閉塞性病変を起こすラットSugen-低酸素モデルはVEGF受容体遮断薬のSugen5416をラットに皮下注後、0.5気圧下で3週間飼育したのちに通常気圧下で飼育することで徐々に閉塞性病変が進行する。研究代表者らの既報に従い、当初は低酸素3週間の後、通常気圧下5週時点での閉塞性病変と非閉塞病変の組織をLMD法にて得て比較する予定としていたが、閉塞性病変の比率が既報よりも少なく、時系列で病変の再検討を行った。7週齢の雄SDラットに対し、Sugen5416皮下注後3週間の低酸素と5週間(8週モデル)または10週間(13週モデル)の通常気圧下で飼育したラットを作成し、血行動態及び組織評価をした結果より、当初の8週モデルの同一個体内での閉塞病変と非閉塞病変の比較よりも、8週モデルと13週モデル間で病変を比較する方が解析に適切であると考えられた。昨年度各群6匹ずつのモデルラットを作成、血行動態評価、病理評価を行ったうえで、今年度はLMD法にて病変部位の組織の取得を行った。しかしながら、実際に得られた蛋白量は13週モデルでは十分量を取得できたが、8週モデルにおいては想定以上に少ない量しか取得できなかった。このため、組織処理の方法、蛋白抽出の方法について見直しを行った。いくつかの手法を検討し、最終的に実質臓器である肝臓を用いて、十分な蛋白量が得られたプロトコールを採用することとした。現在、改めて新しい手法で8週および13週モデルの肺各群6検体からLMD法での組織取得を行っている。
    本研究では、当初既報を元に8週モデルの同一個体内での閉塞病変と非閉塞病変の比較を行う予定であった。しかしながら、想定よりも8週モデルでの閉塞性病変が目立たなかった。そのため、モデル間の比較を最適化するための時系列を変えた病理評価が必要となり、検討の結果、8週モデルと13週モデル間で閉塞病変と非閉塞病変を比較する形がその後のレーザーマイクロダイセクションおよびプロテオーム解析に適していると判断した。また、当初予定していた組織処理および蛋白抽出のプロトコールでは8週モデルの組織からの取得蛋白量が十分ではなかったため、改めて多くの組織取得が望めるプロトコールを検討することに時間を要した。
    時系列評価によって適切な比較対象が確定し、また改変した組織処理、蛋白抽出法で十分な蛋白量が得られることが見込まれることから、現在はレーザーマイクロダイセクション法にて改めて新しいプロトコールで血管病変の取得を行っている。なお、肺血管の閉塞病変は50-200μm径のものが中心であり、プロテオーム解析に必要な蛋白量の検討のため、実質臓器(ラット肝臓)を用いて、同様のサイズのものについて何か所のダイセクションにより必要蛋白量を得られるかを検討し、その結果を踏まえて肺血管のレーザーマイクロダイセクションを行っている。8週モデルと13週モデルで各群6匹に対して組織の取得を行っており、間もなく全組織取得が終了し、プロテオーム解析に進む予定である。

  5. 家族性WPW症候群における全エクソーム解析による原因遺伝子の探索

    研究課題/研究課題番号:19K08319  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    深澤 佳絵, 加藤 太一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    直接経費:300000円 )

    WPW症候群は頻度が高い不整脈疾患であり、時に突然死を起こす。多くは孤発例だが、一部は家族性に発症する。家族性WPW症候群の原因遺伝子解析はSanger法を中心に行われていて、多くはPRKAG2遺伝子変異である。一方、この遺伝子に変異を認めない例も多く、未知の原因遺伝子が存在する可能性が高い。また、次世代シークエンサーによる遺伝子解析も一報の報告があるのみである。本研究はこれまでの報告で最大の7家系の家族性WPW症候群を対象に、原因遺伝子を次世代シークエンサーによる全エクソーム解析で同定する。本研究によって、家族性WPW症候群の発症機序や病態が明らかになり、適切な管理につながると考えられる。
    家族性WPW症候群の8家系で原因遺伝子探索を行った。原因遺伝子として知られるPRKAG2の病的バリアントが確認されたのは1家系のみだった。3世代以上に渡りWPW症候群を呈している1家系で肥大型心筋症の原因遺伝子(遺伝子X)のミスセンス変異が確認された。本遺伝子異常によるWPW症候群の報告は過去になく、新規表現型と考えられた。他6家系では原因遺伝子は特定できなかった。
    遺伝子Xの病的バリアントによりWPW症候群を呈することを証明すべく、機能解析実験を検討した。CRISPR-Cas9によるモデルマウスを作成し、埋め込み型心電計による解析を検討しているが、設備的金銭的問題により実現できていない。
    「家族性WPW症候群の原因遺伝子=PRKAG2」として知られているが、意外にもPRKAG2遺伝子の病的バリアントを有する確率は低いことが示された。また、PRKAG2遺伝子変異でもWPW症候群と肥大型心筋症と合併することが多いと報告されているが、この度確認された遺伝子Xについても肥大型心筋症の原因遺伝子であり、両疾患の発症には共通する分子メカニズムが存在する可能性が示唆された。

  6. "再生”を用いた新生児/小児肺高血圧症に対する新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K08250  2019年4月 - 2022年3月

    齊藤 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    直接経費:300000円 )

    新生児/小児の肺高血圧症(PAH)は、予後不良で難治の疾患である。
    PAHに伴う心拍出量低下や右心不全は患者のQOLを著しく低下させ、死亡率は依然として高い。
    現状では複数の薬剤を併用投与するが、その効果には限界があり、PAHの患者に見られる広範な微小血管床の喪失には無効である。
    PAHの新たな治療方策のひとつとして、再生/細胞療法が挙げられる。
    本研究では、A細胞がPAHにおいて有効であることを示し、新規治療につなげるための基礎研究を行う。

  7. 慢性肺疾患合併肺高血圧症に対する肺胞増殖を介した新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:15K09687  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    加藤 太一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究はラット新生仔に対する高酸素負荷慢性肺疾患モデルを用いて、EGFが肺胞増殖を促進するのか、さらにEGFによる肺胞増殖が肺高血圧治療に有効かを検証することを目的として行った。慢性肺疾患合併肺高血圧モデルの確立のため、ラット新生仔に対する高酸素負荷期間を検討し、14日間で肺胞構造の異常に加え、右室圧の著明な上昇と肺血管病変を確認した。EGF投与は肺高血圧病変及び肺胞構造をやや改善したが、有意ではなく、高酸素負荷で減少したBMPR2、FGFR1,MMP14の発現もEGFによる有意な増強は認めなかった。EGF単独治療では慢性肺疾患合併肺高血圧症の十分な改善は得られにくいことが示唆された。

  8. 肺高血圧における血管周囲交感神経の血管リモデリングへの関与とエンドセリンの役割

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 肺高血圧症に対する分子状水素による新規抗酸化療法の開発

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    加藤太一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ラット肺高血圧モデルにおいて分子状水素による抗酸化療法の有効性の検証と機序の解析

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 51

  1. 臨床実習II

    2022

     詳細を見る

    臨床実習

  2. 小児科学

    2022

     詳細を見る

    小児循環器病学一般の総説

  3. 臨床実習I

    2022

     詳細を見る

    先天性心疾患の血行動態シミュレーションを通じた病態考察

  4. 臨床実習II

    2021

     詳細を見る

    臨床実習

  5. 小児科学

    2021

     詳細を見る

    小児循環器病学一般の総説

  6. 臨床実習I

    2021

     詳細を見る

    先天性心疾患の血行動態シミュレーションを通じた病態考察

  7. 臨床実習II

    2020

  8. 臨床実習I

    2020

  9. 小児科学

    2020

  10. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2016

  11. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2016

  12. 小児科学(医学部医学科4年生)

    2016

  13. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2016

  14. 小児科学(医学部医学科4年生)

    2015

  15. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2015

  16. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2015

  17. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2015

  18. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2014

  19. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2014

  20. 小児科学(医学部医学科4年生)

    2014

  21. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2013

  22. 小児科学(医学部医学科4年生)

    2013

  23. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2013

  24. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2013

  25. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2012

  26. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2012

  27. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2012

  28. 小児科学(医学部医学科4年生)

    2012

  29. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2011

     詳細を見る

    救急・治療および循環器疾患を担当

  30. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2011

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  31. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2011

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  32. 小児科学 (医学部医学科4年生)

    2011

     詳細を見る

    小児循環器病学を担当

  33. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2010

     詳細を見る

    救急・治療および循環器疾患を担当

  34. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2010

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  35. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2010

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  36. 小児科学 (医学部医学科4年生)

    2010

     詳細を見る

    小児循環器病学を担当

  37. 小児科学 (医学部医学科4年生)

    2009

     詳細を見る

    小児循環器病学を担当

  38. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2009

     詳細を見る

    救急・治療および循環器疾患を担当

  39. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2009

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  40. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2009

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  41. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2008

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  42. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2008

     詳細を見る

    救急・治療および循環器疾患を担当

  43. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2008

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  44. 小児科学 (医学部医学科4年生)

    2008

     詳細を見る

    小児循環器病学を担当

  45. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2007

     詳細を見る

    救急・治療および循環器疾患を担当

  46. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2007

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  47. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2007

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  48. 小児科学 (医学部医学科4年生)

    2007

     詳細を見る

    小児循環器病学を担当

  49. 臨床実習I (医学部医学科5年生)

    2006

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

  50. 小児発達障害学 (保健学科理学療法学・作業療法学専攻3年用)

    2006

     詳細を見る

    救急・治療および循環器疾患を担当

  51. 臨床実習II (医学部医学科6年生)

    2006

     詳細を見る

    小児循環器疾患分野を担当

▼全件表示