2021/03/26 更新

写真a

ヤマモト エイコ
山本 英子
YAMAMOTO Eiko
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 母子保健

  2. 絨毛性疾患

  3. 産後うつ

  4. アジア

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 産婦人科学  / 絨毛性疾患

  2. ライフサイエンス / 産婦人科学  / Obstetrics and Gynecology

  3. ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない  / 国際保健

現在の研究課題とSDGs 4

  1. アジアの開発途上国における絨毛性疾患の実態調査と絨毛癌予防対策の研究

  2. 高等教育におけるSTEM分野のジェンダー平等推進に関する国際比較研究

  3. アジア途上国における産後うつとリスク因子

  4. ラオスにおける学齢期女性の月経時衛生管理改善を目指した学校保健教育の立案

経歴 4

  1. 名古屋大学   医療行政学   准教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   アジアサテライトキャンパス学院   特任准教授

    2014年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   産婦人科   講師

    2011年10月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   産婦人科   助教

    2006年4月 - 2011年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京医科歯科大学   医学部

    1990年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本産科婦人科学会   評議員

    2015年1月 - 現在

  2. 日本婦人科腫瘍学会

  3. 日本絨毛性疾患研究会   代表幹事

    2008年1月 - 現在

  4. 日本胎盤学会   理事

    2010年1月 - 現在

  5. 日本国際医療保健学会

  6. 日本癌学会

  7. 日本疫学会

▼全件表示

委員歴 3

  1. 名古屋大学   臨床研究審査委員会委員  

    2018年4月 - 2021年3月   

  2. 名古屋大学   介入研究専門審査委員会委員  

    2018年4月 - 2021年3月   

  3. 名古屋大学   臨床介入研究審査委員会委員  

    2016年4月 - 2018年3月   

受賞 3

  1. The Y.W. Loke Young Investigator Travel Award

    2005年9月   International Federation of Placenta Association 2005  

  2. 相馬賞

    2007年11月   日本胎盤学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    最優秀演題賞

  3. The Y.W. Loke Young Investigator Travel Award

    2008年9月   International Federation of Placenta Association 2008  

 

論文 84

  1. *N-acetylglucosaminyltransferase V Regulates Extravillous Trophoblast Invasion through Glycosylation of alfa5beta1 integrin 査読有り

    Yamamoto E, Ino K, Miyoshi E, Inamori KI, Abe A, Sumigama S, Iwase A, Kajiyama H, Shibata K, Nawa A, Kikkawa F.

    Endocrinology   150 巻 ( 2 ) 頁: 990-999   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    For successful human placentation, invasion of trophoblast cells into the uterus and its associated vasculature is essential, and the regulation of this process is controlled by many factors at the fetal-maternal interface. N-acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) is a key enzyme that catalyzes beta1, 6-N-acetylglucosamine (beta1-6GlcNAc) branching on asparagine-linked oligosaccharides of cell proteins. GnT-V and its product, beta1-6GlcNAc, are known to regulate cellular transformation and correlate with the metastatic potential of various cancer cells. The aim of the present study was to determine whether extravillous trophoblast (EVT) expressed this molecule and examine the role of GnT-V in the regulation of human trophoblast invasion. Immunohistochemistry showed that GnT-V was strongly expressed within the cytoplasm of EVT in the anchoring villi; this expression was down-regulated in EVTs invading the decidua. Suppression of beta1-6GlcNAc glycosylation by swainsonine enhanced the migratory potential and invasive capability of both primary EVTs and the EVT cell line, HTR-8/SVneo. Down-regulation of GnT-V expression by small interfering RNA in the choriocarcinoma cell line Jar consistently enhanced the migration and invasive capacity of these cells and elevated cellular adhesion to extracellular matrix proteins, such as fibronectin and collagen type I/IV. The extent of beta1-6 branching of alpha5beta1 integrin was significantly reduced in small interfering GnT-V-transfected Jar cells compared with mock transfectants, although the expression of alpha1, alpha5, alpha6, and beta1 integrin on the cell surface was not changed. These results suggest that GnT-V is expressed in human EVT and is involved in regulating trophoblast invasion through modifications of the oligosaccharide chains of alpha5beta1 integrin.

  2. *Ikaros is expressed in human extravillous trophoblasts and involved in their migration and invasion.

    Yamamoto E, Ito T, Abe A, Sido F, Ino K, Itakura A, Mizutani S, Dovat S, Nomura S, Kikkawa F.

    Molecular Human Reproduction   11 巻 ( 11 ) 頁: 825   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The transcriptional factor Ikaros was originally found to function as a key regulator of lymphocyte differentiation. In addition, we have reported that Ikaros regulates the human placental leucine aminopeptidase (P-LAP)/insulin-regulated aminopeptidase (IRAP) gene in choriocarcinoma trophoblastic cells, suggesting that Ikaros might be involved in placental development, while even its presence in human placenta remains undetermined. We therefore sought to clarify the location and roles of Ikaros in human placenta. Immunohistochemical analysis showed modest Ikaris expression in syncytium, and intense expression in extravillous trophoblasts (EVTs) in first trimester placenta. Western blot analysis showed that villous trophoblasts principally expressed Ikaros-2/3, while Ikaros-x (Ikx) was predominantly expressed in cultured EVTs. Furthermore, to investigate the functional role of Ikx in EVTs, the EVT cell line HTR-8/SVneo was infected with a retrovirus vector expressing the hemagglutinin (HA)-tagged dominant negative isoform Ikaros-6 (Ik6), which prevents the DNA-binding activity of Ikx. Antibody against HA showed successful transduction of Ik6 in HTR-8/SVneo cells on immunocytochemistry and Western blotting. Transduction of Ik6 significantly reduced the migratory and invasive abilities of HTR-8/SVneo cells. These results suggest that Ikx is involved in migration and invasion of EVTs in early placentation.

  3. *Expression of N-acetylglucosaminyltransferase V in Endometrial Cancer Correlates with Poor Prognosis 査読有り

    Yamamoto E, Ino K, Miyoshi E, Shibata K, Takahashi N, Kajiyama H, Nawa A, Nomura S, Nagasaka T, Kikkawa F

    British Journal of Cancer   97 巻 ( 11 ) 頁: 1538-1544   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    N-acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) is an enzyme that catalyses beta1-6 branching of N-acetylglucosamine on asparagine-linked oligosaccharides of cell proteins. The present study aimed to investigate GnT-V expression and its prognostic significance in endometrial cancer. N-acetylglucosaminyltransferase V expression was studied by immunohistochemistry in 74 surgically resected endometrial cancers, and the staining intensity was evaluated. High GnT-V expression in tumour cells was found in 43 (58.1%) of the 74 cases, and was positively correlated with advanced patient age, histological grade, and lymph vascular space involvement. Patients with high GnT-V expression had significantly impaired overall survival and progression-free survival (PFS) (P=0.0041 and P=0.0023, respectively) compared to patients with low expression of GnT-V. On multivariate analysis, GnT-V expression was an independent prognostic factor for PFS (P=0.0364). beta1-6 branching of asparagine-linked oligosaccharides was also detected in GnT-V-positive endometrial cancer cells by leukoagglutinating phytohaemagglutinin (L(4)-PHA) staining, and the molecular size of the major glycoproteins recognised by L(4)-PHA was approximately 60-200 kDa by lectin blot analysis. These results suggested that high GnT-V expression was correlated with an unfavourable clinical outcome, and that GnT-V is involved in the malignant potential of endometrial cancer by increasing the synthesis of beta1-6 branching of asparagine-linked oligosaccharides.

  4. *A pure nongestational choriocarcinoma of the ovary diagnosed with short tandem repeat analysis: case report and review of the literature. 査読有り

    Yamamoto E, Ino K, Yamamoto T, Sumigama S, Nawa A, Nomura S, Kikkawa F.

    International Journal of Gynecologic Cancer   17 巻 ( 1 ) 頁: 254-8   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nongestational pure choriocarcinoma of the ovary is a very rare germ cell tumor. Except in women before menarche, determination of the origin is very difficult without genetic analysis. We present a pure nongestational choriocarcinoma arising in the left ovary of a 19-year-old woman. Following surgery, pathologic findings of the tumor demonstrated pure choriocarcinoma without combination of other germ cell tumor elements. We confirmed its nongestational origin by DNA polymorphism analysis at 15 short tandem repeat loci. Multiple courses of chemotherapy with methotrexate, etoposide, and actinomycin-D were effective for this case. DNA polymorphism analysis is useful to determine genetic origin in pure choriocarcinoma of the ovary.

  5. Activator protein-2 impairs the invasion of a human extravillous trophoblast cell line. 査読有り

    Kotani Tomomi, Iwase Akira, Ino Kazuhiko, Sumigama Seiji, Yamamoto Eiko, Hayakawa Hiromi, Nagasaka Toshiro, Itakura Atsuo, Nomura Seiji, Kikkawa Fumitaka.

    Endocrinology   150 巻 ( 9 ) 頁: 4376-4385   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The reduced migration/invasion of extravillous trophoblasts (EVTs) is a key feature of the genesis of preeclampsia. We and others previously reported that transcriptional factors activator protein-2 (AP-2) alpha and AP-2gamma act as suppressors of tumor invasion. The present study examined the expressions of AP-2alpha and AP-2gamma in preeclamptic placenta vs. control placenta and investigated their effect on the function of EVTs. The expressions of AP-2alpha and AP-2gamma were elevated in the preeclamptic placentas in comparison with the gestational age-matched control placentas. Their expressions also increased in EVTs of the preeclamptic placentas. Thereafter, we transfected AP-2alpha or AP-2gamma into human EVT cell line, HTR-8/SVneo. The overexpression of AP-2alpha or AP-2gamma decreased the migratory and invasive abilities in HTR-8/SVneo cells. This was followed by the reduction of protease activated receptor-1 and matrix metalloproteinases and a significant induction of plasminogen activator inhibitor-1 and the tissue inhibitor of metalloproteinase-1. AP-2alpha and AP-2gamma were weakly expressed in the cultured EVTs and HTR-8/SVneo cells, whereas they were induced by TNF-alpha, which increases in preeclamptic placenta and impairs trophoblast invasion. In the presence of TNF-alpha, the invasion of the HTR-8/SVneo cells was partially restored by a blocking of AP-2 induction using small interfering RNA of AP-2. The present data suggest that AP-2 may suppress trophoblast migration and invasion, thus leading to a shallow placentation in preeclampsia.

  6. *High expression of N-acetylglucosaminyltransferase V in mucinous tumors of the ovary. 査読有り

    Takahashi Noriko, Yamamoto Eiko, Ino Kazuhiko, Miyoshi Eiji, Nagasaka Toshiro, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Nawa Akihiro, Kikkawa Fumitaka

    Oncology Report   22 巻 ( 5 ) 頁: 1027-1032   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    N-acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) is an enzyme that catalyzes beta1-6 branching of N-acetylglucosamine (GlcNAc) on asparagine-linked oligosaccharides of cell proteins. The present study aimed to investigate GnT-V expression and its prognostic significance in epithelial ovarian cancer. GnT-V expression was studied by immunohistochemistry in 83 surgically resected ovarian cancers, and the staining intensity was evaluated. High GnT-V expression in cancer cells was found in 17 (20.5%) of the 83 cases, and was positively correlated with early FIGO staging. In the histological type, mucinous adenocarcinoma showed significantly strong immunostaining compared to the non-mucinous type (P<0.001). In 36 mucinous tumors, the GnT-V immunostaining score was significantly higher in cancer than in benign and borderline tumors (P<0.001). NOM-1, a human ovarian mucinous adenocarcinoma cell line, expressed strong GnT-V protein and swainsonine treatment suppressed beta1-6GlcNAc branching and reduced migration ability significantly (P<0.001). These results suggested that GnT-V might be involved in the malignant potential of mucinous ovarian cancer.

  7. Tocilizumab inhibits interleukin-6-mediated matrix metalloproteinase-2 and -9 secretions from human amnion cells in preterm premature rupture of membranes. 査読有り

    Mano Y, Shibata K, Sumigama S, Hayakawa H, Ino K, Yamamoto E, Kajiyama H, Nawa A, Kikkawa F.

    Gynecol Obstet Invest.   68 巻 ( 3 ) 頁: 145-153.   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND/AIMS: In the present study, we investigated the participation of inflammatory cytokine-induced mediated matrix metalloproteinase (MMP) expressions and inhibition of interleukin (IL)-6-induced MMP secretion in amniotic epithelial cells by tocilizumab. METHODS: To investigate the role of MMP expressions, immunohistochemical staining was performed using membranes obtained from 10 patients with preterm premature rupture of membranes (PPROM) and from 10 patients who underwent a nonlabor cesarean section. We also investigated the regulation of MMP expression by inflammatory cytokines in human amnion cells. RESULTS: Immunohistochemical staining showed a significantly higher expression of MMP-2 and -9 in PPROM. Treatment of cultured WISH and primary amniotic epithelial cells with 10(-8) or 10(-7)M IL-6 or tumor necrosis factor (TNF)-alpha clearly increased the secretion of MMP-2 and -9. Treatment with 10(-8)M TNF-alpha or IL-6 significantly increased the invasion of WISH or primary amniotic epithelial cells, respectively, compared with the control. At a low concentration of 1 microg/ml, tocilizumab (anti-human IL-6 receptor monoclonal antibody) inhibited the IL-6-induced MMP secretion. CONCLUSIONS: This paper is the 1st report of tocilizumab inhibiting IL-6-induced MMP-2 and MMP-9 secretions from human amnion cells in PPROM.

  8. Fertility-sparing operation for recurrence of uterine cervical perivascular epithelioid cell tumor 査読有り

    Yamamoto E, Ino K, Sakurai M, Takigawa S, Iwase A, Kikkawa F.

    Rare Tumors     頁: 72-73   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 肝転移巣の破裂による腹腔内出血を契機に診断された絨毛癌の1例 査読有り

    林加奈子, 山本英子, 新美薫, 近藤紳司, 稲葉智子, 井箟一彦, 吉川史隆

    東海産科婦人科学会雑誌   46 巻   頁: 209-212   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 7歳女児に発症した子宮原発横紋筋肉腫の1例 査読有り

    新美薫、山本英子、東真規子、林加奈子、近藤紳司、河合智子、井箟一彦、吉川史隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   28 巻 ( 4 )   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Factors associated with neonatal mortality in a tertiary hospital in Phnom Penh, Cambodia 査読有り 国際共著

    Leak P, Yamamoto E, Noy P, Keo D, Krang S, Kariya T, Saw YM, Siek M, Hamajima N.

    Nagoya Jouranl of Medical Science   83 巻 ( 1 ) 頁: 113 - 124   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.113.

  12. Rate of achievement of therapeutic outcomes and factors associated with control of non-communicable diseases in rural east Malaysia: implications for policy and practice 査読有り 国際共著

    Keng ZY, Saw YM, Thung SC, Chong WW, Albert A, Kariya T, Yamamoto E, Hamajima N.

    Scientific Reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 3812 - 3812   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83168-2.

  13. Core 2 β1,6-N-acetylglucosaminyltransferases accelerate the escape of choriocarcinoma from natural killer cell immunity 査読有り

    Nakamura K, Niimi K, Yamamoto E, Ikeda Y, Nishino K, Suzuki S, Kajiyama H, Kikkawa F.

    Biochem Biophys Rep .   26 巻   頁: 100951 - 100951   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2021.100951.

  14. Trends and risk factors for infant mortality in the Lao People's Democratic Republic 査読有り 国際共著

    Louangpradith Viengsakhone, Yamamoto Eiko, Inthaphatha Souphalak, Phoummalaysith Bounfeng, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Hamajima Nobuyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-78819-9

    Web of Science

  15. Factors associated with postpartum depression among women in Vientiane Capital, Lao People's Democratic Republic: A cross-sectional study 査読有り 国際共著

    Inthaphatha Souphalak, Yamamoto Eiko, Louangpradith Viengsakhone, Takahashi Yuki, Phengsavanh Alongkone, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Hamajima Nobuyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 12 )   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0243463

    Web of Science

  16. Assessment of quality of life among elderly in urban and peri-urban areas, Yangon Region, Myanmar 査読有り 国際共著

    Zin Poe Ei, Saw Yu Mon, Saw Thu Nandar, Cho Su Myat, Hlaing Su Su, Noe May Thet Nu, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Lwin Kay Thi, Win Hla Hla, Hamajima Nobuyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241211

    Web of Science

  17. Geographic distribution and utilisation of CT and MRI services at public hospitals in Myanmar 査読有り 国際共著

    Khaing Moe, Saw Yu Mon, Thet Mon Than, Mon Aye Myat, Cho Su Myat, Saw Thu Nandar, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMC HEALTH SERVICES RESEARCH   20 巻 ( 1 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12913-020-05610-x

    Web of Science

  18. Determinants of diarrhea in children under the age of five in Afghanistan: a secondary analysis of the Afghanistan Demographic and Health Survey 2015 査読有り 国際共著

    Nasir Wasiq Ahmad, Saw Yu Mon, Jawidh Sultani, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 545 - 556   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.3.545

    Web of Science

  19. Estimation of the unvaccinated among those aged less than 25 years according to aimag and its association with incidence of measles outbreak 2015-2016 in Mongolia 査読有り 国際共著

    Sereenen Enkhbold, Saw Yu Mon, Erkhembayar Ryenchindorj, Volodya Baigal, Otgonbayar Dashpagma, Orsoo Oyunchimeg, Kariya Tetsuyoshi, Ochir Chimedsuren, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 437 - 447   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.3.437

    Web of Science

  20. Etiologic agents of acute diarrhea in sentinel surveillance sites in Vientiane Capital, Lao People's Democratic Republic, 2012-2015 査読有り 国際共著

    Houattongkham Souphatsone, Yamamoto Eiko, Sithivong Noikaseumsy, Inthaphatha Souphalak, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Vongduangchanh Arounnapha, Keosavanh Onechanh, Hamajima Nobuyuki

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES   39 巻 ( 6 ) 頁: 1115 - 1122   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10096-020-03827-6

    Web of Science

  21. Evaluation of a routine second curettage for hydatidiform mole: a cohort study 査読有り

    Yamamoto Eiko, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Watanabe Eri, Oda Yukari, Ino Kazuhiko, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 6 ) 頁: 1178 - 1186   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01640-x

    Web of Science

  22. The management of hydatidiform mole using prophylactic chemotherapy and hysterectomy for high-risk patients decreased the incidence of gestational trophoblastic neoplasia in Vietnam: a retrospective observational study 査読有り

    Yamamoto Eiko, Tien Dat Minh, Sekiya Yoko, Tamakoshi Koji, Xuan Phuoc Nguyen, Nishino Kimihiro, Kotani Kaoru Tomomi, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Quang Thanh Le, Kikkawa Fumitaka

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 2 ) 頁: 183 - 191   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.2.183

    Web of Science

  23. Prevalence of alcohol consumption and its risk factors among university students: A cross-sectional study across six universities in Myanmar 査読有り 国際共著

    Htet Hein, Saw Yu Mon, Saw Thu Nandar, Htun Nang Mie Mie, Mon Khaing Lay, Cho Su Myat, Thike Thinzar, Khine Aye Thazin, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0229329

    Web of Science

  24. Association between body mass index and ready-to-eat food consumption among sedentary staff in Nay Pyi Taw union territory, Myanmar 査読有り 国際共著

    Thike Thin Zar, Saw Yu Mon, Lin Htin, Chit Khin, Tun Aung Ba, Htet Hein, Cho Su Myat, Khine Aye Thazin, Saw Thu Nandar, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMC PUBLIC HEALTH   20 巻 ( 1 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12889-020-8308-6

    Web of Science

  25. Cross-sectional study on tobacco advertising, promotion and sponsorship (TAPS) and violations of tobacco sale regulations in Myanmar: do these factors affect current tobacco use among Myanmar high school students? 査読有り 国際共著

    Cho Su Myat, Saw Yu Mon, Latt Nyi Nyi, Saw Thu Nandar, Htet Hein, Khaing Moe, Than Thet Mon, Win Ei Mon, Aung Zaw Zaw, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMJ OPEN   10 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2019-031933

    Web of Science

  26. Outcome of cesarean scar pregnancy treated with local methotrexate injection 査読有り 国際共著

    Le Minh Tam, Kotani Tomomi, Tran Manh Linh, Phan Thi Minh Thu, Tran Viet Khanh, Nguyen Thi Kim Anh, Nguyen Tran Thao Nguyen, Moriyama Yoshinori, Yamamoto Eiko, Nguyen Vu Quoc Huy, Truong Quang Vinh, Cao Ngoc Thanh, Kikkawa Fumitaka

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 23   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.15

    Web of Science

  27. Estimating cost of hospitalization for childbirth at a tertiary hospital in Mongolia 査読有り 国際共著

    Taazan Bolorchimeg, Yamamoto Eiko, Baatar Bayart, Amgalanbaatar Avirmed, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 47 - 57   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.47

    Web of Science

  28. Disease frequency among inpatients at a tertiary general hospital in Lao PDR 査読有り 国際共著

    Louangpradith Viengsakhone, Phoummalaysith Bounfeng, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 113 - 121   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.113

    Web of Science

  29. Assessing risk factors and impact of cyberbullying victimization among university students in Myanmar: A cross-sectional study 査読有り 国際共著

    Khine Aye Thazin, Saw Yu Mon, Htut Zaw Ye, Khaing Cho Thet, Soe Htin Zaw, Swe Kyu Kyu, Thike Thinzar, Htet Hein, Saw Thu Nandar, Cho Su Myat, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0227051

    Web of Science

  30. The efficacy and toxicity of 4-day chemotherapy with methotrexate, etoposide and actinomycin D in patients with choriocarcinoma and high-risk gestational trophoblastic neoplasia 査読有り

    Sato Shizuka, Yamamoto Eiko, Niimi Kaoru, Ino Kazuhiko, Nishino Kimihiro, Suzuki Shiro, Kotani Tomomi, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 1 ) 頁: 203 - 209   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01540-9

    Web of Science

  31. Assessment of nutritional status and risk factors for malnutrition among the elderly in Loikaw, Myanmar 査読有り 国際共著

    Noe May Thet Nu, Saw Yu Mon, Saw Thu Nandar, Kyaw Yoon Pwint, Zin Poe Ei, Cho Su Myat, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Win Hla Hla, Wann Tin, Hamajima Nobuyuki

    NUTRITION   79-80 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nut.2020.110933

    Web of Science

  32. IFPA meeting 2018 workshop report II: Abnormally invasive placenta; inflammation and infection; preeclampsia; gestational trophoblastic disease and drug delivery 招待有り 査読有り 国際共著

    Albrecht Christiane, Chamley Larry, Charnock-Jones D. Stephen, Collins Sally, Fujiwara Hiroshi, Golos Thaddeus, Grayo Solene, Hannan Natalie, Harris Lynda, Ichizuka Kiyotake, Illsley Nicholas P., Iwashita Mitsutoshi, Kallol Sampada, Al-Khan Abdulla, Lash Gendie, Nagamatsu Takeshi, Nakashima Akitoshi, Niimi Kaoru, Nomoto Masataka, Redman Christopher, Saito Shigeru, Tanimura Kenji, Tomi Masatoshi, Usui Hirokazu, Vatish Manu, Wolfe Bryce, Yamamoto Eiko, O'Tierney-Ginn Perrie

    PLACENTA   84 巻   頁: 9 - 13   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.placenta.2019.02.006

    Web of Science

  33. Comparison of long-term oncologic outcomes between metastatic ovarian carcinoma originating from gastrointestinal organs and advanced mucinous ovarian carcinoma 査読有り

    Kajiyama Hiroaki, Suzuki Shiro, Utsumi Fumi, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Ikeda Yoshiki, Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Kawai Michiyasu, Shibata Kiyosumi, Nagasaka Tetsuro, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   24 巻 ( 8 ) 頁: 950 - 956   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01438-6

    Web of Science

  34. Multiple ruptured cerebral aneurysms at the National Hospital of the Kyrgyz Republic between 2008 and 2014: a departmental summary 査読有り 国際共著

    Yrysov Keneshbek, Tursunov Doniyorjon, Reyer Joshua A., Yamamoto Eiko, Yrysova Mirgul, Hamajima Nobuyuiki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 3 ) 頁: 511 - 518   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.3.511

    Web of Science

  35. Factors associated with HIV testing among the general male population in Cambodia: A secondary data analysis of the Demographic Health Survey in 2005, 2010, and 2014 査読有り 国際共著

    Narin Piseth, Yamamoto Eiko, Saw Yu Mon, Net Ny, Inthaphatha Souphalak, Kariya Tetsuyoshi, Hamajima Nobuyuki

    PLOS ONE   14 巻 ( 7 )   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0219820

    Web of Science

  36. Increased LIGHT leading to sFlt-1 elevation underlies the pathogenic link between hydatidiform mole and preeclampsia 査読有り

    Iriyama Takayuki, Wang Guan, MidoriYoshikawa, Mimura Nobuko, Matsui Haruka, Sayama Seisuke, Kumasawa Keiichi, Nagamatsu Takeshi, Koga Kaori, Kotani Tomomi, Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Kellems Rodney E., Xia Yang, Osuga Yutaka, Fujii Tomoyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-46660-4

    Web of Science

  37. Cognitive function measured with the Revised Hasegawa's Dementia Scale among elderly individuals in Lao PDR 査読有り 国際共著

    Kounnavong Sengchanh, Ratsavong Kethmany, Soundavong Khouanchay, Xayavong Syda, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Yamamoto Eiko, Horibe Kentaro, Toba Kenji, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 281 - 290   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.2.281

    Web of Science

  38. Outbreak detection of influenza-like illness in Prey Veng Province, Cambodia: a community-based surveillance 査読有り 国際共著

    Long-Hay Puthik, Yamamoto Eiko, Bun Sreng, Savuth Thai, Buntha So, Sokdaro Soy, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Sengdoeurn Yi, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 280   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.2.269

    Web of Science

  39. Consumption of foods containing prohibited artificial colors among middle-school children in Nay Pyi Taw union territory, Myanmar 査読有り 国際共著

    Oo Nwe, Saw Yu Mon, Aye Hnin Nwe Ni, Aung Zaw Zaw, Kyaw Hnin Nandar, Tun Ae Mon, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMC PUBLIC HEALTH   19 巻   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12889-019-6669-5

    Web of Science

  40. Survival rate and mortality risk factors among TB-HIV co-infected patients at an HIV-specialist hospital in Myanmar: A 12-year retrospective follow-up study 査読有り 国際共著

    Aung Zaw Zaw, Saw Yu Mon, Saw Thu Nandar, Oo Nwe, Aye Hnin Nwe Ni, Aung Sithu, Oo Htun Nyunt, Cho Su Myat, Khaing Moe, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   80 巻   頁: 10 - 15   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijid.2018.12.008

    Web of Science

  41. Antibiotic prescription for under-fives with common cold or upper respiratory tract infection in Savannakhet Province, Lao PDR 査読有り 国際共著

    Keohavong Bounxou, Vonglokham Manithong, Phoummalaysith Bounfeng, Louangpradith Viengsakhone, Inthaphatha Souphalak, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    TROPICAL MEDICINE AND HEALTH   47 巻   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s41182-019-0143-z

    Web of Science

  42. Free and universal access to primary healthcare in Mongolia: the service availability and readiness assessment 査読有り 国際共著

    Jigjidsuren Altantuya, Byambaa Tumurbat, Altangerel Enkhjargal, Batbaatar Suvd, Saw Yu Mon, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMC HEALTH SERVICES RESEARCH   19 巻   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12913-019-3932-5

    Web of Science

  43. Epidemiological characteristics and trends of a Nationwide measles outbreak in Mongolia, 2015-2016 査読有り 国際共著

    Orsoo Oyunchimeg, Saw Yu Mon, Sereenen Enkhbold, Yadamsuren Buyanjargal, Byambaa Ariunsanaa, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMC PUBLIC HEALTH   19 巻   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12889-019-6511-0

    Web of Science

  44. Factors associated with antenatal care visits in Afghanistan: secondary analysis of Afghanistan Demographic and Health Survey 2015 査読有り 国際共著

    Azimi Mohammad Walid, Yamamoto Eiko, Saw Yu Mon, Kariya Tetsuyoshi, Arab Ahmad Shekib, Sadaat Said Iftekhar, Farzad Fraidoon, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 1 ) 頁: 121 - 131   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.1.121

    Web of Science

  45. Patient satisfaction on the utilization of traditional and complementary medicine services at public hospitals in Malaysia 査読有り 国際共著

    Kaur Jaspal, Hamajima Nobuyuki, Yamamoto Eiko, Saw Yu Mon, Kariya Tetsuyoshi, Soon Goh Cheng, Amin Ariyani, Halim Adilla Nur, Aziz Farhana Abdul, Sharon Suraya Hani

    COMPLEMENTARY THERAPIES IN MEDICINE   42 巻   頁: 422 - 428   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ctim.2018.12.013

    Web of Science

  46. Knowledge, attitude, and usage pattern of tobacco among high school students in Nay Pyi Taw, Myanmar 査読有り 国際共著

    Myint Myat Noe Htin Aung, Yamamoto Eiko, Ko Min Htet, Khaing Moe, Reyer Joshua A., Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 79   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.1.65

    Web of Science

  47. Healthcare waste management at primary health centres in Mon State, Myanmar: the comparisons between hospital and non-hospital type primary health centres 査読有り 国際共著

    Win Ei Mon, Saw Yu Mon, Oo Kyi Lwin, Than Thet Mon, Cho Su Myat, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 91   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.1.81

    Web of Science

  48. The role of E2F8 in the human placenta 査読有り 国際共著

    Mizuno Masako, Miki Rika, Moriyama Yoshinori, Ushida Takafumi, Imai Kenji, Niimi Kaoru, Nakano Tomoko, Tsuda Hiroyuki, Sumigama Seiji, Yamamoto Eiko, Senga Takeshi, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka, Kotani Tomomi

    MOLECULAR MEDICINE REPORTS   19 巻 ( 1 ) 頁: 293 - 301   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mmr.2018.9617

    Web of Science

  49. Assessing the operational costs of routine immunization activities at the sub-center level in Myanmar: What matters for increasing national immunization coverage ?

    Aye Hnin Nwe Ni, Saw Yu Mon, Thar Aye Mya Chan, Oo Nwe, Aung Zaw Zaw, Tin Htun, Than Thet Mon, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    VACCINE   36 巻 ( 49 ) 頁: 7542 - 7548   2018年11月

  50. Myanmar language version of the Revised Hasegawa's Dementia Scale

    Saw Yu Mon, Than Thet Mon, Win Ei Mon, Cho Su Myat, Khaing Moe, Latt Nyi Nyi, Aung Zaw Zaw, Oo Nwe, Aye Hnin Nwe Ni, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 4 ) 頁: 435 - 450   2018年11月

  51. Associations of treatment completion against drug addiction with motivational interviewing and related factors in Afghanistan

    Rasekh Bakhtar, Saw Yu Mon, Azimi Sayed, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 329 - 340   2018年8月

  52. Tobacco Control Law awareness, enforcement, and compliance among high school students in Myanmar

    Latt Nyi Nyi, Saw Yu Mon, Cho Su Myat, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 379 - 389   2018年8月

  53. Factors associated with routine immunization coverage of children under one year old in Lao People's Democratic Republic

    Phoummalaysith Bounfeng, Yamamoto Eiko, Xeuatvongsa Anonh, Louangpradith Viengsakhone, Keohavong Bounxou, Saw Yu Mon, Hamajima Nobuyuki

    VACCINE   36 巻 ( 19 ) 頁: 2666 - 2672   2018年5月

  54. Dengue fever during pregnancy

    Trinh Tien Dat, Kotani Tomomi, Yamamoto Eiko, Shibata Kiyosumi, Moriyama Yoshinori, Tsuda Hiroyuki, Yamashita Mamoru, Kajiyama Hiroaki, Dien Duc Thien Minh, Le Quang Thanh, Kikkawa Fumitaka

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 241 - 247   2018年5月

  55. Waiting time in the outpatient clinic at a national hospital in Vietnam

    Suong Thi Thao Nguyen, Yamamoto Eiko, Mai Thi Ngoc Nguyen, Huy Bao Le, Kariya Tetsuyoshi, Yu Mon Saw, Cong Duc Nguyen, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 227 - 239   2018年5月

  56. Secondary cytoreductive surgery potentially improves the oncological outcomes of patients with recurrent uterine sarcomas

    Nakamura Kenichi, Kajiyama Hiroaki, Utsumi Fumi, Suzuki Shiro, Niimi Kaoru, Sekiya Ryuichiro, Sakata Jun, Yamamoto Eiko, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   8 巻 ( 3 ) 頁: 499 - 503   2018年3月

  57. Estimated costs for treatment and prophylaxis of newborn vitamin K deficiency bleeding in Tashkent, Uzbekistan

    Tursunov Doniyorjon, Yoshida Yoshitoku, Yrysov Keneshbek, Sabirov Dilmurad, Alimova Khilola, Yamamoto Eiko, Reyer Joshua A., Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 20   2018年2月

  58. Inhibition of ZEB1 leads to inversion of metastatic characteristics and restoration of paclitaxel sensitivity of chronic chemoresistant ovarian carcinoma cells

    Sakata Jun, Utsumi Fumi, Suzuki Shiro, Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Shibata Kiyosumi, Senga Takeshi, Kikkawa Fumitaka, Kajiyama Hiroaki

    ONCOTARGET   8 巻 ( 59 ) 頁: 99482 - 99494   2017年11月

  59. Medical facility statistics in Japan

    Hamajima Nobuyuki, Sugimoto Takuya, Hasebe Ryo, Cho Su Myat, Khaing Moe, Kariya Tetsuyoshi, Saw Yu Mon, Yamamoto Eiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 4 ) 頁: 515 - 525   2017年11月

  60. Unit cost of healthcare services at 200-bed public hospitals in Myanmar: what plays an important role of hospital budgeting?

    Than Thet Mon, Saw Yu Mon, Khaing Moe, Win Ei Mon, Cho Su Myat, Kariya Tetsuyoshi, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    BMC HEALTH SERVICES RESEARCH   17 巻   2017年9月

  61. Establishment and characterization of cell lines derived from complete hydatidiform mole. 査読有り

    Yamamoto E, Niimi K, Kiyono T, Yamamoto T, Nishino K, Nakamura K, Kotani T, Kajiyama H, Shibata K, Kikkawa F

    International Journal of Molecular Medicine   40 巻 ( 3 ) 頁: 614-622   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gestational trophoblastic diseases (GTDs) are a group of diseases characterized by abnormal cellular proliferation of atypical trophoblasts. A hydatidiform mole is an abnormal pregnancy caused by genetic fertilization disorders, and it can be classified as a complete hydatidiform mole (CHM) or a partial hydatidiform mole. The aim of this study was to establish cell lines from CHMs and to characterize the cells for future studies concerning GTD. HMol1-2C, HMol1-3B, HMol1-8 and HMol3-1B were established from primary cultures of CHM explants following the introduction of different combinations of genes including human telomerase reverse transcriptase (hTERT), a mutant form of CDK (CDK4R24C), cyclin D1, p53C234, MYC and HRAS. HMol1-2C, HMol1-3B, and HMol3-1B were confirmed to originate from trophoblasts of androgenic, homozygous CHMs. These three cell lines exhibited low human chorionic gonadotropin secretion, low migration and invasion abilities, and the potential to differentiate into syncytiotrophoblastic cells via forskolin treatment. These results suggest that these cells exhibit characteristics of trophoblastic cells, especially cytotrophoblastic cells. HMol1-8 was found to consist of diploid cells and originated from maternal cells, suggesting that they were derived from decidual cells. In conclusion, we successfully established three cell lines from CHMs by introduction of hTERT and other genes. Analysis revealed that the genetic origin of each cell line was identical with that of the original molar tissue, and the cell lines exhibited characteristics of trophoblastic cells, which are similar to undifferentiated cytotrophoblasts.

    DOI: 10.3892/ijmm.2017.3067.

  62. Establishment and characterization of cell lines derived from complete hydatidiform mole

    Yamamoto Eiko, Niimi Kaoru, Kiyono Tohru, Yamamoto Toshimichi, Nishino Kimihiro, Nakamura Kenichi, Kotani Tomomi, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   40 巻 ( 3 ) 頁: 614 - 622   2017年9月

  63. Inhibition of ZEB1 leads to inversion of metastatic characteristics and restoration of paclitaxel sensitivity of chronic chemoresistant ovarian carcinoma cells. 査読有り

    Sakata J, Utsumi F, Suzuki S, Niimi K, Yamamoto E, Shibata K, Senga T, Kikkawa F, Kajiyama H.

      8 巻 ( 59 ) 頁: 99482-99494   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.20107.

  64. Assessment of knowledge about snakebite management amongst healthcare providers in the provincial and two district hospitals in Savannakhet Province, Lao PDR

    Inthanomchanh Vongphoumy, Reyer Joshua A., Blessmen Joerg, Phrasisombath Ketkesone, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 3 ) 頁: 299 - 311   2017年8月

  65. Spontaneous regression of gestational trophoblastic neoplasia

    Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Nishino Kimihiro, Fujiwara Sawako, Ino Kazuhiko, Kikkawa Fumitaka

    GYNECOLOGIC ONCOLOGY REPORTS   21 巻   頁: 98 - 100   2017年8月

  66. Spontaneous regression of gestational trophoblastic neoplasia. 査読有り

    Niimi K, Yamamoto E, Nishino K, Fujiwara S, Ino K, Kikkawa F.

    Gynecolgic Oncology Reports   25 巻 ( 21 ) 頁: 98-100   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gore.2017.07.011.

  67. N-acetylglucosaminyltransferase IVa promotes invasion of choriocarcinoma. 査読有り

    Nishino K, Yamamoto E, Niimi K, Sekiya Y, Yamashita Y, Kikkawa F.

    Oncology reports   38 巻 ( 1 ) 頁: 440-448   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2017.5661.

  68. N-acetylglucosaminyltransferase IVa promotes invasion of choriocarcinoma

    Nishino Kimihiro, Yamamoto Eiko, Niimi Kaoru, Sekiya Yoko, Yamashit Yoriko, Kikkawa Fumitaka

    ONCOLOGY REPORTS   38 巻 ( 1 ) 頁: 440 - 448   2017年7月

  69. Knowledge of free delivery policy among women who delivered at health facilities in Oudomxay Province, Lao PDR

    Chankham Tengbriacheu, Yamamoto Eiko, Reyer Joshua A., Arafat Rahman, Khonemany Innoukham, Panome Sayamoungkhoun, Hongkham Dalavong, Bounfeng Phommalaysith, Anonh Xeuthvongsa, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 145   2017年5月

  70. Socio-economic and demographic determinants of full immunization among children of 12-23 months in Afghanistan

    Farzad Fraidoon, Reyer Joshua A., Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 179 - 188   2017年5月

  71. Lao language version of the Revised Hasegawa's Dementia Scale

    Kounnavong Sengchanh, Soundavong Khouanchay, Xayavong Syda, Vongpraserth Nialoun, Bounsavath Phongsavang, Houatthongkham Souphatsone, Phoummalaysith Bounfeng, Saw Yu Mon, Yamamoto Eiko, Toba Kenji, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 241 - 249   2017年5月

  72. Underlying Cause of Death Recorded during 2013 to 2015 at a Tertiary General Hospital in Vientiane Capital, Lao PDR

    Phoummalaysith Bounfeng, Louangpradith Viengsakhone, Manivon Tavanh, Keohavong Bounxou, Yamamoto Eiko, Hamajima Nobuyuki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 199 - 209   2017年5月

  73. c-Rel Promotes Invasion of Choriocarcinoma Cells via PI3K/AKT Signaling. 査読有り

      92 巻 ( 5 ) 頁: 299-310   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000458529.

  74. c-Rel Promotes Invasion of Choriocarcinoma Cells via PI3K/AKT Signaling

    Sekiya Yoko, Yamamoto Eiko, Niimi Kaoru, Nishino Kimihiro, Nakamura Kenichi, Kotani Tomomi, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    ONCOLOGY   92 巻 ( 5 ) 頁: 299 - 310   2017年

     詳細を見る

  75. High-dose chemotherapy with autologous peripheral blood stem cell transplantation for choriocarcinoma: A case report and literature review. 査読有り

    Yamamoto E, Niimi K, Fujikake K, Nishida T, Murata M, Mitsuma A, Ando Y, Kikkawa F.

    Molecular and Clinical Oncology   5 巻 ( 5 ) 頁: 660-664   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Choriocarcinoma is a malignant gestational trophoblastic neoplasia (GTN) and one of the curable types of gynecological cancer. However, 10% of choriocarcinoma patients have a poor prognosis, particularly when they have metastasis, apart from pulmonary metastasis, or do not go into remission by the second chemotherapeutic regimen. We herein present the case of a 36-year-old patient who had choriocarcinoma with metastases to the lungs, liver and kidneys. The 5th and 6th regimens with cisplatin for choriocarcinoma failed and the patient developed brain metastases. She was then treated with four cycles of high-dose ifosfamide, carboplatin and etoposide (ICE) with blood progenitor cell support after confirming the effectiveness of ICE at normal doses. The serum human chorionic gonadotropin (hCG) level was 140,009 mIU/ml at the start of high-dose ICE and the patient tolerated this regimen well. However, the beneficial effect was decreasing with each successive course of treatment, with the lowest level of hCG at 103 mIU/ml after the fourth course. The patient did not achieve complete remission and succumbed to the disease 4 months after the last chemotherapy. The findings of the present case and a review of the related literature suggest that high-dose ICE with stem cell rescue may be considered as a viable treatment option for a multi-drug resistant choriocarcinoma or GTN.

  76. Molecular hydrogen ameliorates several characteristics of preeclampsia in the Reduced Uterine Perfusion Pressure (RUPP) rat model. 査読有り

    Ushida T, Kotani T, Tsuda H, Imai K, Nakano T, Hirako S, Ito Y, Li H, Mano Y, Wang J, Miki R, Yamamoto E, Iwase A, Bando YK, Hirayama M, Ohno K, Toyokuni S, Kikkawa F.

    Free Radic Biol Med.   101 巻   頁: 524-533   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2016.10.491.

  77. Gestational Trophoblastic Neoplasia and Pregnancy Outcome After Routine Second Curettage for Hydatidiform Mole: A Retrospective Observational Study 査読有り

    Momo Kan, M.D., Eiko Yamamoto, M.D., Ph.D., Kaoru Niimi, M.D., Ph.D., Koji Tamakoshi, M.D., Ph.D., Yoko Sekiya, M.D., Kimihiro Nishino, M.D., Kazuhiko Ino, M.D., Ph.D., and Fumitaka Kikkawa, M.D., Ph.D.

    Journal of Reproductive Medicine   61 巻 ( 4 ) 頁: 373-379   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To investigate gestational trophoblastic neoplasia (GTN), fertility, and pregnancy outcome in molar patients who underwent routine second curettage.
    STUDY DESIGN: Eighty-two patients who visited our hospital for hydatidiform mole between 2002 and 2011 were registered in this study. All patients had second curettage around the 7th day after first evacuation. We performed retrospective analysis on several factors between a remission group and a GTN group.

    RESULTS: Fourteen patients (17.1%) had chemotherapy after being diagnosed with GTN. Multivariate analysis revealed that the hCG value before first evacuation was only one independent prognostic factor for GTN. The median follow-up period was 45.5 months, and 41 patients had 62 pregnancies after remission of hydatidiform mole and GTN. The fertility rate was 80% in 45 patients with desire for a baby, and 39 pregnancies (62.9%) ended in live births without congenital malformation.

    CONCLUSION: The incidence of GTN was not lower in hydatidiform mole with routine second curettage. An independent prognostic factor for GTN was the hCG value before the first evacuation in molar patients. Our results suggest that routine second curettage does not affect the fertility rate or increase a risk of adverse outcomes in subsequent pregnancies.

  78. Identification of causative pregnancy of gestational trophoblastic neoplasia diagnosed during pregnancy by short tandem repeat analysis. 査読有り

    Gynecolgic Oncolgy Case Report   2014 巻 ( 18 ) 頁: 3-6   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  79. Expression of chromobox homolog 7 (CBX7) is associated with poor prognosis in ovarian clear cell adenocarcinoma via TRAIL-induced apoptotic pathway regulation 査読有り

    Shinjo K, Yamashita Y, Yamamoto E, Akatsuka S, Uno N, Kamiya A, Niimi K, Sakaguchi Y, Nagasaka T, Takahashi T, Shibata K, Kajiyama H, Kikkawa F, Toyokuni S.

    Int J Cancer   135 巻 ( 2 ) 頁: 305   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Suppression of REV7 enhances cisplatin sensitivity in ovarian clear cell carcinoma cells. 査読有り

    Niimi K, Murakumo Y, Watanabe N, Kato T, Mii S, Enomoto A, Asai M, Asai N, Yamamoto E, Kajiyama H, Shibata K, Kikkawa F, Takahashi M.

    Cancer Sci.   105 巻 ( 5 ) 頁: 545-52   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Identification of causative pregnancy of gestational trophoblastic neoplasia diagnosed during pregnancy by short tandem repeat analysis. 査読有り

    Yamamoto E, Niimi K, Shinjo K, Yamamoto T, Fukunaga M, Kikkawa F.

    Gynecol Oncol Case Rep.   9 巻   頁: 3-6   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. A recurrence-predicting prognostic factor for patients with ovarian clear-cell adenocarcinoma at reproductive age. 査読有り

    Kajiyama H, Mizuno M, Shibata K, Umezu T, Suzuki S, Yamamoto E, Mitsui H, Sekiya R, Niimi K, Kawai M, Nagasaka T, Kikkawa F.

    Int J Clin Oncol.     2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-013-0645-3

  83. High expression of N-acetylglucosaminyltransferase IVa promotes invasion of choriocarcinoma 査読有り

    Niimi K, Yamamoto E, Fujiwara S, Shinjo K, Kotani T, Umezu T, Kajiyama H, Shibata K, Ino K, Kikkawa F

    Br J Cancer   107 巻 ( 12 ) 頁: 1969-1977   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 無心体の一例 査読有り

    山本 英子, 石川 智則, 渡辺 真夕, 蛭川 純子, 湯原 均, 阿部 史朗, 猪俣 吉廣, 宇野 雅哉, 稲坂 織恵, 宮坂 尚幸

    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報   ( 3 ) 頁: 347   2000年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 28

  1. やさしくわかる産科婦人科検査マスターブック(大須賀譲、高松潔、田中守、渡部洋編集).

    山本英子、新美薫、西野公博.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患のhCG.)

    診断と治療社  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 今日の治療指針(福井次矢、高木誠、小室一成総編集).

    山本英子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患.)

    医学書院  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 産婦人科処方のすべて2020(大道正英、亀井良政、久慈直昭編集).

    新美薫、山本英子、梶山広明.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患.)

    医学書院  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 産科婦人科疾患最新の治療2019-2021(吉川史隆、平松裕司、大須賀譲編集).

    新美薫、山本英子.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患.)

    南江堂  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 現代の母性看護(入山茂美、春名めぐみ、大林陽子編).

    ( 担当: 分担執筆)

    名古屋大学出版会  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 基礎と臨床の両側面からみた胎盤学(日本胎盤学会編集).

    山本英子.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患の臨床的分類、診断、治療、最近のトピックス.)

    メディカルレビュー社  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. 婦人科がん(第2版)‐最新の研究動向‐.

    山本英子、新美薫、西野公博.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患の疫学.)

    日本臨牀社  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 子宮体がん治療ガイドライン2018年版(日本婦人科腫瘍学会編).

    ( 担当: 分担執筆)

    金原出版  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 婦人科がん(第2版)‐最新の研究動向‐.

    新美薫、山本英子、梶山広明.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 中間型トロホブラスト腫瘍.)

    日本臨牀社  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 1336専門家による私の治療2017-2018年度版(監修 猿田享男、北村惣一郎).

    新美薫、山本英子、吉川史隆.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性腫瘍.)

    日本医事新報社  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 今日の治療指針(山口徹、北原光夫監修).

    山本英子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患.)

    医学書院  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 産科婦人科疾患最新の治療2016-2018(吉川史隆、倉智博久、平松裕司編集).

    新美薫、山本英子.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性疾患.)

    南江堂  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 患者さんとご家族のための子宮頸がん子宮体がん卵巣がん治療ガイドライン(日本婦人科腫瘍学会編).

    ( 担当: 分担執筆)

    金原出版  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 絨毛性疾患に対する妊孕性温存治療

    井箟 一彦, 馬淵 泰士, 山本 英子( 担当: 共著)

    医学書院  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 外来化学療法室 がん薬物療法カンファレンス(安藤雄一編).

    山本英子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 化学療法による妊孕性への影響.)

    南山堂  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 婦人科癌診療Q&A(鈴木直、岡本愛光、井箟一彦編).

    山本英子、三輪陽子、新美薫( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 侵入奇胎、絨毛癌の化学療法後の生殖機能、妊娠、分娩に与える影響について教えてください.)

    中外医学者  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 絨毛性腫瘍の治療・予後に関する絨毛癌診断スコアとFIGO 2000 systemの比較検討

    山本 英子, 藤原 多子, 菅 もも, 新美 薫, 新城 加奈子, 吉川 史隆( 担当: 共著)

    金原出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 子宮体がん治療ガイドライン2013年版(日本婦人科腫瘍学会編).

    ( 担当: 分担執筆)

    金原出版  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 山本 英子(名古屋大学 大学院医学系研究科発育・加齢医学(産婦人科学)), 藤原 多子, 菅 もも, 新美 薫, 新城 加奈子, 吉川 史隆

    山本英子,藤原多子,吉川史隆( 担当: 共著)

    医学書院  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 絨毛癌の診断と治療

    山本英子,藤原多子,吉川史隆( 担当: 共著)

    日本臨床  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 婦人科がん‐最新の研究動向‐.

    山本英子、藤原多子、吉川史隆.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛癌の診断と治療.)

    日本臨牀社  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 臨床婦人科産科 絨毛性疾患の病態・病因論 PSTT・存続絨毛症

    山本英子、吉川史隆( 担当: 共著)

    医学書院  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 産婦人科の実際・絨毛性疾患化学療法後の妊娠転帰

    山本英子、藤原多子、吉川史隆( 担当: 共著)

    金原出版  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. 絨毛性疾患取り扱い規約第3版(日本産科婦人科学会・日本病理学会編).

    ( 担当: 分担執筆)

    金原出版  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. がん診療のサポーティブケアガイド 「女性生殖器系の異常」

    山本英子( 担当: 単著)

    文光堂  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 産科と婦人科 高齢妊娠の諸問題 「胞状奇胎」

    山本英子, 井箟一彦, 吉川史隆( 担当: 共著)

    診断と治療社  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. がん診療のサポーティブケアガイド(安藤雄一編).

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 女性生殖器系の異常.)

    文光堂  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. 婦人科癌化学療法ポケットマニュアル

    山本英子、井箟一彦、吉川史隆.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 絨毛性腫瘍の化学療法.)

    メディカルレビュー社  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 37

  1. Proposal for guideline for management of gestational trophoblastic disease in Cambodia 招待有り 国際会議

    Eiko Yamamoto

    Society of Cambodian Gynecology Oncology 18th Annual Conference  2019年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カンボジア王国  

  2. Clinical management of trophoblastic diseases 招待有り 国際会議

    Eiko Yamamoto

    Society of Cambodian Gynecology Oncology 16th Annual Conference  2017年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カンボジア王国  

  3. Expression of N-acetylglucosaminyltransferase IVa in extravillous trophoblast and gestational trophoblastic disease 国際会議

    International Federation of Placenta Association 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Objectives: Hyperglycosylated hCG (hCG-H) is a glycoprotein variant of the hormone hCG and reported to be detected in serum and urine of early pregnant women, invasive mole and choriocarcinoma, but not of molar patients. N-acetylglucosaminyltransferase IVa (GnT-IVa) is one of glycosyltransferases to attach abnormal biantennary N-linked sugar chains to hCG. Our aim is to clarify the expression of GnT-IVa in gestational trophoblastic disease and extravillous trophoblasts (EVTs) in human placenta.

  4. 絨毛性疾患地域登録データ解析にもとづいた絨毛性疾患患者の背景と発生率の推移 招待有り

    山本英子、新美薫、西野公博、井箟一彦

    第38回日本絨毛性疾患研究会  2020年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  5. 胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する全国調査 招待有り

    兼城英輔、碓井宏和、山本英子、田代浩徳、矢幡秀昭、加藤聖子、宮本新吾、井箟一彦、八重樫伸生、榎本隆之

    第37回日本絨毛性疾患研究会  2019年11月29日  日本絨毛性疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:倉敷   国名:日本国  

  6. 絨毛性疾患の診断・治療

    山本英子

    第60回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  2018年9月16日  日本婦人科腫瘍学会(京都大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都   国名:日本国  

  7. 絨毛性疾患の画像評価 招待有り

    山本英子

    第35回日本絨毛性疾患研究会  2017年11月24日  日本絨毛性疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:長崎   国名:日本国  

  8. 複数レジメによる化学療法を行った難治性絨毛癌 招待有り

    山本英子

    第34回日本絨毛性疾患研究会  2016年11月25日  日本絨毛性疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

  9. ベトナムTuDu病院における胞状奇胎後続発症のリスク因子 招待有り

    山本英子、Trinh DT, LE QT

    日本リスク研究学会第28回年次大会  2015年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  10. 自己末梢血幹細胞移植併用化学療法を試みた難治性多発絨毛癌

    第33回日本絨毛性疾患研究会

    山本英子、藤掛佳代、新美薫、三輪陽子、西野公博、吉川史隆 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 難治性絨毛癌に対する自己末梢血幹細胞移植併用化学療法の試み

    山本英子、藤掛佳代、新美薫、三輪陽子、西野公博、吉川史隆

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  12. PSTTの最新情報

    山本英子

    第32回日本絨毛性疾患研究会  2014年10月3日  日本絨毛性疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  13. 糖鎖生物学を用いた絨毛細胞の悪性化機構と機能変化の解明

    山本英子

    第56回婦人科腫瘍学会学術集会  2014年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  14. 絨毛性腫瘍に対する化学療法施行中の問題と対策

    山本英子

    第31回日本絨毛性疾患研究会  2013年10月25日  日本絨毛性疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  15. 絨毛性疾患地域登録の書式改訂について

    山本英子

    第29回日本絨毛性疾患研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  16. ESTABLISHMENT OF IMMORTALIZED HUMAN COMPLETE HYDATIDIFORM MOLE CELL LINES 国際会議

    Eiko Yamamoto, Kaoru Niimi, Kanako Shinjo, Sawako Fujiwara, Yukio Mano, Tomomi Kotani and Fumitaka Kikkawa.

    IFPA 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 全胞状奇胎不死化細胞株の樹立

    山本英子 新城加奈子 新美薫 近藤紳司 東真規子 炭竈誠二 小谷友美 井箟 一彦 吉川史隆

    日本産科婦人科学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 妊娠に合併した胎盤部トロホブラスト腫瘍

    山本 英子、藤原 多子、新城 加奈子、近藤 紳司、東 真規子、新美 薫、水野 昌彦、加藤 省一、福永 真治、吉川 史隆

    第50回婦人科腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  19. 全胞状奇胎不死化細胞株の樹立

    山本英子、林加奈子、新美薫、炭竈誠二、小谷友美、吉川史隆

    第18回日本胎盤学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 胞状奇胎後経過非順調型症例の検討

    山本英子、林加奈子、近藤紳司、東真規子、稲葉智子、新美薫、井箟一彦、吉川史隆

    第48回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 胞状奇胎後hCG経過非順調型症例の検討

    山本 英子、井箟 一彦、近藤 紳司、新美 薫、林 加奈子、炭竈 誠二、小谷 友美、吉川 史隆

    第62回 日本産科婦人科学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 当院における胞状奇胎後hCG経過非順調型症例の検討:20週以降のhCG低単位持続症例の解析を含めて

    山本 英子、井箟 一彦、近藤 紳司、林 加奈子、新美 薫、吉川 史隆

    第27回 日本絨毛性疾患研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    【目的】わが国の胞状奇胎管理では、娩出後hCG値推移が判別線を上回る場合を経過非順調型と分類し続発症の精査・治療対象となるが、病巣を認めない低単位hCG値の症例では治療開始の判断に迷う場合もある。そこで、経過非順調型の転機と治療有無について検討することを目的とした。【対象】当院にて2002年1月~2009年5月に、胞状奇胎術後管理あるいは侵入奇胎・絨毛癌・存続絨毛症として治療や経過観察を要した91症例を対象とした。娩出後hCG値の推移より順調型と非順調型に分け、非順調型では判別線を越える時期を8週までと8週以降に分け

  23. N-acetylglucosaminyltransferase V Regulates Extravillous Trophoblast Invasion through Glycosylation of α5β1 integrin 国際会議

    International Federation of Placenta Association 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. INVOLVEMENT OF OLIGOSACCHARIDE CHANGES IN α5β1 INTEGRIN IN INVASION OF EXTRAVILLOUS TROPHOBLASTS

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. TRNASCRIPTIONAL FACTOR IKAROS-X MIGHT BE INVOLVED IN MIGRATORY AND INVASIVE ABILITY IN EXTRAVILLOUS TROPHOBLASTS. 国際会議

    International Federation of Placenta Association 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Objectives: Ikaros is a critical transcriptional factor in lymphopoiesis and there are more than 9 isoforms. We reported that Ikaros protein expressed in human placenta and isoform Ikaros-x (Ikx) was predominant in extravillous trophoblasts (EVTs). The aim of this work was to investigation the role of Ikx in EVTs. Methods: To suppress the normal ability of Ikx, we transfected a retrovirus vector expressing Ikaros-6 (dominant negative isoform) into the EVT cell line HTR-8/SVneo. Change of prolife

  26. LIGHT elevation underlies the sFlt-1 overproduction in patients with hydatidiform mole: An implication for the link between molar pregnancy and preeclampsia

    Matsui Haruka, Iriyama Takayuki, Wang Guan, Yoshikawa Midori, Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Kotani Tomomi, Nagamatsu Takeshi, Koga Kawori, Osuga Yutaka, Fujii Tomoyuki

    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY  2018年11月 

  27. Clinical features of gestational trophoblastic diseases in Japan 招待有り 国際共著 国際会議

    Eiko Yamamoto

    IFPA 2018 Meeting  2018年9月23日  IFPA

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  28. CLINICAL CHARACTERISTICS OF PSTT AND ETT IN JAPAN 国際会議

    Niimi K., Yamamoto E., Nishino K., Nakamura K., Ikeda Y., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  29. SHORT TANDEM REPEAT ANALYSIS DISTINGUISHING THE GENOTYPE OF CHORIOARCINOMA 国際会議

    Nishino K., Yamamoto E., Watanabe E., Nakamura K., Ikeda Y., Niimi K., Yamamoto T., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  30. ROLE OF CORE 2 beta 1, 6-N ACETYLGLCOSAMINYL TRANSFERASE IN EVASION MECHANISM THROUGH NK CELL IMMUNITY 国際会議

    NIimi Kaoru, Ikeda Yoshinori, Nishino Kimihiro, Yamamoto Eiko, Kikkawa Fumitaka

    PLACENTA  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  31. ROLE OF CORE 2 beta 1, 6-N ACETYLGLCOSAMINYL TRANSFERASE IN EVASION MECHANISM THROUGH NK CELL IMMUNITY 国際会議

    Nakamura K., Kaoru N., Ikeda Y., Nishino K., Yamamoto E., KIkkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  32. GENETIC STUDY ON ORIGINS OF CHORIOCARCINOMAS BY SHORT TANDEM REPEAT ANALYSIS 国際会議

    Nishino Kimihiro, Nakamura Kenichi, Ikeda Yoshiki, Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Yamamoto Toshimichi, Kikkawa Fumitaka

    PLACENTA  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  33. The role of N-acetylg lucosaminyltransferase IVa in choriocarcinoma progression

    Nishino Kimihiro, Yamamoto Eiko, Nakamura Kenichi, Niimi Kaoru, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE  2018年1月 

  34. ROLE OF GLYCOSYLTRANSFERASE C2GNT FOR THE EVASION MECHANISM OF NATURAL KILLER CELL IMMUNITY IN THE CHORIOCARCINOMA CELL 国際会議

    Nakamura K., Niimi K., NIshino K., Yamamoto E., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  35. Quality of health services- Medical facilities and professions 国際会議

    Eiko Yamamoto

    International Symposium on Universal Health Coverage  2016年6月13日  Nagoya University, Ministry of Health (Lao PDR)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Vientiane Capital   国名:ラオス人民民主共和国  

  36. A registration system and hCG check for hydatidiform mole patients for the eradication of choriocarcinoma 招待有り 国際会議

    Eiko Yamamoto

    Scientific meeting on Obstetrics-Gyne- cology Vietnam- Japan  2010年12月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hanoi   国名:ベトナム社会主義共和国  

  37. Regulation system and the incidence of gestational trophoblastic disease in Japan 招待有り

    Ino Kazuhiko, Yamamoto Eiko, Kikkawa Fumitaka

    14th World Congress on Gestational Trophoblastic Diseases  2007年11月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. ラオスにおける学齢期女性の月経時衛生管理改善を目指した学校保健教育の立案

    2021年4月 - 2022年3月

    アジア地域重点学術研究助成 

    山本英子、Alongkone Phengsavanh、Souphala Inthaphatha, Viengsakhone Louangpradith, Leyla Isin-Xiong

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1481000円 ( 直接経費:1481000円 )

  2. STR解析に基づいた絨毛癌の遺伝学的診断と新規治療薬の探索

    2018年4月 - 2019年3月

    第43回がんその他の悪性新生物研究助成金 

    山本英子、西野公博、新美薫、山本敏充

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    絨毛癌は妊娠性絨毛癌と非妊娠性絨毛癌に分類される。本研究では遺伝学的診断に基づいた非妊娠性絨毛癌、胞状奇胎由来妊娠性絨毛癌とそれ以外を由来とする妊娠性絨毛癌の化学療法有効性や予後を明らかにすることを目的とする。絨毛癌症例について、絨毛癌組織、患者およびパートナーから得たDNAを用いたSTR解析を行うことにより、絨毛癌が妊娠性かどうかの鑑別、妊娠性の場合には発生起源の妊娠が胞状奇胎(全胞状奇胎および部分胞状奇胎)、または、その他の妊娠かどうかの鑑別を行う。

  3. STR解析に基づいた絨毛癌の遺伝学的診断

    2017年4月 - 2018年3月

    第42回がんその他の悪性新生物研究助成金 

    山本英子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    絨毛癌は妊娠性絨毛癌と非妊娠性絨毛癌に分類される。本研究では遺伝学的診断に基づいた非妊娠性絨毛癌、胞状奇胎由来妊娠性絨毛癌とそれ以外を由来とする妊娠性絨毛癌の化学療法有効性や予後を明らかにすることを目的とする。絨毛癌症例について、絨毛癌組織、患者およびパートナーから得たDNAを用いたSTR解析を行うことにより、絨毛癌が妊娠性かどうかの鑑別、妊娠性の場合には発生起源の妊娠が胞状奇胎(全胞状奇胎および部分胞状奇胎)、または、その他の妊娠かどうかの鑑別を行う。

  4. 絨毛癌根絶を目的とした胞状奇胎患者登録システムのベトナム北部への普及

    2010年9月 - 2010年3月

    八木基金 海外研究交流助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    絨毛癌発症予防のために必要な胞状奇胎患者の管理法および登録システムは、日本では名古屋大学産婦人科学教室が確立し絨毛癌の発症および治療成績は飛躍的に改善した。ベトナム南部で行ってきた胞状奇胎患者の管理、登録を北部にも広げ、ベトナム全土における絨毛癌を日本と同様の治療成績および発症予防を目的として、ベトナム北部最大の都市であり南部とも合わせて中心的役割を果たす可能性のあるハノイ市の最大病院および大学において、教育と指導、管理センター設立の準備を行う。

  5. ベトナムにおける絨毛癌根絶のための胞状奇胎患者の管理と登録システムの普及

    2008年12月 - 2010年3月

    日東学術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    東南アジアでなど発展途上国では、絨毛癌の予後は不良だと言われている。ベトナムにおける絨毛癌の発生頻度および予後の詳細な調査は行われていない。日本では名古屋大学産婦人科が中心に、胞状奇胎患者を登録、管理することにより絨毛癌の発生および予後は劇的に改善した。ベトナムにおける絨毛癌根絶のため、胞状奇胎患者の診断、治療についての教育および管理登録システムの普及を目的とする。また、胞状奇胎および絨毛癌患者数、予後についての調査も同時に行う。

  6. ベトナムにおける産婦人科医療の教育と管理システム普及活動

    2008年4月 - 2008年5月

    国際共同研究 

      詳細を見る

    ベトナムにおける産婦人科医療の向上のため、疫学調査および治療技術の協力を行う。特に、絨毛性疾患については、絨毛癌の撲滅を目標として、当院が行っている胞状奇胎の診断および管理システムを教育、普及する。

  7. ヒト胎盤形成における糖転移酵素Gnt-Vの機能と絨毛外栄養膜細胞浸潤機構の解明

    2006年7月 - 2008年3月

    学内共同研究 

▼全件表示

科研費 8

  1. 高等教育におけるSTEM分野のジェンダー平等推進に関する国際比較研究

    研究課題/研究課題番号:18KK0063  2018年10月 - 2023年3月

    科学研究費補助金   国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    岡田 亜弥

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、高等教育におけるジェンダー平等推進の阻害要因を明らかにし、有効な解決策を探るための国際比較研究を行うことにある。具体的には、STEM
    (Science, Technology, Engineering and Mathematics) 分野における女子学生の就学および女性教員の登用の阻害要因、ならびにSTEM 分野における女性参画推進のための方策について国レベル・大学レベルの2層にわたる複層的かつ体系的比較分析を連携大学とともに実施する。
    2年目である2019年度には、研究分担者と月1回のペースで研究会を開催し、国際比較研究の第1フェーズとして、医学部におけるジェンダー問題に焦点を当て、事例国を米国、英国、スウェーデン、日本の4か国に決定し、各国に適用する共通の分析項目を決定するとともにデータ・文献収集を行った。
    また、第2フェーズで取り上げるジェンダー評価システムの国際比較についても検討を開始し、情報・システム研究機構と合同の研究会を3回開催し、英国・オーストラリア等で導入されているAthena SWANの制度的概要や導入・普及プロセスについて理解を深めた。
    2018年度に米国で現地調査を行ったが、同様に、2019年度には英国・スウェーデンで現地調査を計画したが、当初10月に計画した現地調査は先方の都合により延期になり、2月下旬に計画し、準備を整えたが、新型コロナウィルス感染拡大状況を鑑み、出発直前に渡航を中止した。他方、情報・システム研究機構の企画により実現したAthena SWANを運営・実施する英国・オーストラリアの組織の代表との3日間のビデオ会議(当初は公開シンポジウムを開催予定だったが、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言を受けて自粛し、ビデオ会議に切り替えた)に、研究代表者はモデレーターを務め、研究分担者全員が参加し、情報を共有した。
    当初2019年10月に計画した英国・スウェーデンでの現地調査は、先方の都合により延期になった。2020年2月に再度現地調査を行うべく受入れ機関と調整し、準備を整えたが、2月下旬に急速に欧州で拡大した新型コロナウィルス感染状況により、やむを得ず、間際に渡航を中止した。3月以降も状況は悪化し、ロックダウン、渡航禁止など訪問国側・日本側双方の理由により、海外出張ができず、研究に遅れが生じている。
    2020年度に入り、欧州ならびに日本における新型コロナウィルス感染拡大により海外渡航が困難な状況が続いているが、状況が改善し次第、海外調査を実施する予定である。

  2. ベトナムにおける妊産婦管理および婦人科rare tumorの学際的研究

    研究課題/研究課題番号:15H02660  2015年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  

    吉川 史隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ベトナムの産婦人科医療の発展のみならず、わが国へのフィードバック可能な医学的財産の構築および共同研究による世界に通用するエビデンスの創生を目的とし、ベトナムの複数施設における妊産婦管理および婦人科の稀少腫瘍について調査を実施した。血小板減少が問題となるデング熱合併妊娠の管理、帝王切開率の増加に伴う帝切創部妊娠の管理、胎児発育不全の児の超音波検査による心機能の評価など、母児の予後改善につながる知見を得た。稀少腫瘍として、胞状奇胎後の続発率が高いこと、それを改善するための予防法についての知見を得た。
    デング熱は日本においても散発例が報告されており(妊婦発症は未)、グローバル化が進む現在、これらの知見は将来日本で診療が必要となった際に貴重な情報となる可能性がある。また、日本においては妊婦の重症例に対する集学的医療が進められているが、一方で高コストや侵襲性が高いなどの問題点もある。今回の帝切創部妊娠の内科的治療の検討は症例によっては考慮されることが明らかとなった。

  3. 絨毛性腫瘍に特異的なhCG糖鎖構造をベースにした新規腫瘍マーカーの確立

    研究課題/研究課題番号:26462520  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    柴田清住

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4940000円

    胎盤栄養膜細胞に由来する絨毛性疾患の中で、侵入奇胎や絨毛癌は抗癌剤治療を要する絨毛性腫瘍である。現在腫瘍マーカーとして用いられているヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、正常な妊娠や流産、胞状奇胎からも分泌されるため、絨毛性腫瘍に特異的なマーカーとはいえない。hCGのN 型糖鎖解析により絨毛性腫瘍では三分岐鎖や異常二分岐鎖を特異的に認め、糖転移酵素GnT-IVa が絨毛性腫瘍では特異的に強く発現することが原因であることが明らかにされた。絨毛性腫瘍の特異的マーカーとして、GnT-IVa による三分岐鎖・異常二分岐鎖hCG 測定が可能になれば早期診断が可能になり、特に絨毛癌の治療成績向上につながる。特異的N型異常糖鎖付加hCG 抗体作成およびレクチンを用いたサンドイッチELISA 法による測定法の確立を目的とする。

  4. ベトナム戦争による枯葉剤が先天異常ならびに腫瘍発症に及ぼす影響に関する調査 国際共著

    研究課題/研究課題番号:22406028  2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金   基盤研究 (B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:9360000円

  5. 胎盤形成関連分子の糖鎖修飾による機能制御の解明と胎盤形成不全の治療への応用

    研究課題/研究課題番号:21791548  2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    山本英子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円

  6. ベトナム戦争による枯葉剤が先天異常ならびに腫瘍発症に及ぼす影響に関する調査

    研究課題/研究課題番号:18406036  2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金   基盤研究 (B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:7900000円

  7. 子宮体癌の新規予後規定分子IDOの同定・機能解析に基づくオーダーメイド治療の開発

    研究課題/研究課題番号:18591831  2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金   基盤研究 (C)

    井箟一彦、野村誠二、山本英子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3780000円

  8. ヒト胎盤形成における糖転移酵素GnT-Vの機能と絨毛外栄養膜細胞浸潤機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18799005  2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金   若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3100000円

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 46

  1. Healthcare Service Facilities and Professional (YLP)

    2020

  2. 医療行政学(特徴あるプログラム)

    2020

  3. 基礎医学セミナー

    2020

  4. 社会医学実習

    2020

  5. Seminar III (YLP)

    2020

  6. Healthcare Service Facilities and Professional (YLP)

    2019

  7. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2019

     詳細を見る

    ベトナム海外実地研修

  8. 基盤医科学実習

    2019

     詳細を見る

    医療行政施設見学

  9. 医療行政学(特徴あるプログラム)

    2019

  10. 医学英語(特徴あるプログラム)

    2019

  11. 基礎医学セミナー

    2019

  12. 社会医学実習

    2019

  13. Seminar III (YLP)

    2019

  14. 社会医学実習

    2018

  15. Healthcare Service Facilities and Professional (YLP)

    2018

  16. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2018

     詳細を見る

    カンボジア海外実地研修

  17. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2018

     詳細を見る

    ベトナム海外実地研修

  18. 基盤医科学実習

    2018

     詳細を見る

    医療行政施設見学

  19. 医療行政学(特徴あるプログラム)

    2018

  20. 医学英語(特徴あるプログラム)

    2018

  21. 基礎医学セミナー

    2018

  22. Seminar III (YLP)

    2018

  23. 社会医学実習

    2017

  24. Seminar III (YLP)

    2017

  25. Healthcare Service Facilities and Professional (YLP)

    2017

  26. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2017

     詳細を見る

    ベトナム海外実地研修

  27. 基盤医科学実習

    2017

     詳細を見る

    医療行政施設見学

  28. 医療行政学(特徴あるプログラム)

    2017

  29. 医学英語(特徴あるプログラム)

    2017

  30. 基礎医学セミナー

    2017

  31. 社会医学実習

    2016

  32. Seminar III (YLP)

    2016

  33. Healthcare Service Facilities and Professional (YLP)

    2016

  34. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2016

     詳細を見る

    カンボジア海外実地研修

  35. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2016

     詳細を見る

    ベトナム海外実地研修

  36. 基盤医科学実習

    2016

     詳細を見る

    医療行政施設見学

  37. 医療行政学(特徴あるプログラム)

    2016

  38. 医学英語(特徴あるプログラム)

    2016

  39. 基礎医学セミナー

    2016

  40. 基礎医学セミナー

    2015

  41. Seminar III (YLP)

    2015

  42. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2015

     詳細を見る

    ベトナム海外実地研修

  43. 基盤医科学実習

    2015

     詳細を見る

    医療行政施設見学

  44. 医療行政学(特徴あるプログラム)

    2015

  45. 医学英語(特徴あるプログラム)

    2015

  46. 海外実地研修 (Well-being in Asia)

    2014

     詳細を見る

    ベトナム海外実地研修

▼全件表示