2021/03/24 更新

写真a

ヨコヤマ ユキヒロ
横山 幸浩
YOKOYAMA, Yukihiro
所属
大学院医学系研究科 外科周術期管理学(ヤクルト) 特任教授
職名
特任教授
連絡先
メールアドレス

学位 4

  1. 工学士 ( 1983年3月 ) 

  2. 医学士 ( 1992年5月   名古屋大学 ) 

  3. Ph.D. in Biology/Physiology ( 2001年4月   University of North Carolina at Charlotte ) 

  4. 論文博士(医学) ( 2010年12月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 肝胆膵腫瘍外科、肝臓の病態生理学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 消化器外科学

現在の研究課題とSDGs 22

  1. 肝再生におけるエストロゲンの役割について

  2. 腎不全の肝再生におよぼす影響

  3. 肝切除後肝再生における小腸の役割について

  4. ストレスのない門脈枝結紮モデルを用いた肝再生早期シグナルの研究

  5. 胆管閉塞に伴う肝障害におけるPPAR gammaの役割について

  6. 胆管癌増殖におけるHedgehog Signalの役割について

  7. 閉塞性黄疸に対するインチンコウトウ投与の意義

  8. Nek2遺伝子を用いた癌分子標的治療の開発

  9. 肝再生早期におけるカルシトニンの役割とその分子機構

  10. シンバイオティックスにより周術期合併症の予防効果に関する前向き研究

  11. 複数の癌特異的遺伝子を標的にした分子標的治療の開発

  12. 膵頭十二指腸切除術におけるブラウン吻合の胃内容排泄遅延の発生予防効果の評価及び膵頭十二指腸切除術後の胆汁性逆流についての生理学的検討

  13. 胆管癌における術前胆汁細胞診の精度向上と定型化

  14. 肝切除術における周術期炭水化物+分岐鎖アミノ酸投与の術中バイタルサインおよび術後回復能への影響

  15. 肝臓・胆道・膵臓悪性腫瘍の高感度診断システムの開発

  16. 胆道再建を伴う肝切除例と膵頭十二指腸切除例における術中バクテリアルトランスロケーションの検討

  17. 閉塞性黄疸患者に対する茵チン蒿湯の利胆作用と腸内環境の関連に関する研究

  18. 肝外胆管切除を伴う大量肝切除術における肝切離前 ステロイド投与の術後肝障害抑制効果に関する研究

  19. 高度侵襲外科手術における術前運動・栄養療法導入の筋量・筋力増大および術後合併症抑制効果に関する研究

  20. Borderline resectable膵癌に対するFOLFIRINOXまたはnab-paclitaxel + gemcitabine術前補助化学療法のランダム化第II相試験

  21. 膵頭十二指腸切除術後胃排出遅延発症と胃・空腸の解剖学的位置関係についての研究

  22. 腸内環境が漢方製剤茵チン蒿湯の利胆作用に及ぼす影響に関する研究

▼全件表示

経歴 11

  1. 名古屋大学医学部附属病院消化器外科一 講師

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科 外科感染症学寄附講座 講師

    2009年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学腫瘍外科 助教

    2005年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 春日井市民病院外科 医長

    2005年4月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学器官調節外科(現腫瘍外科) 医員

    2004年1月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 愛知県済生会病院外科 医員

    2002年9月 - 2003年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. Postdoctoral research fellow (University of Alabama at Birmingham, Center of Surgical Research, Department of Surgery)

    2001年7月 - 2002年8月

  8. Adjunct Associate Researcher (University of North Carolina at Charlotte)

    1998年4月 - 2000年6月

  9. 名古屋大学第一外科(現腫瘍外科)医員

    1998年1月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 桐生厚生総合病院外科 医員

    1996年7月 - 1997年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 大垣市民病院外科 医員

    1993年4月 - 1996年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. University of North Carolina at Charlotte   Biology Department   Biology/Physiology

    1999年1月 - 2001年5月

  2. 名古屋大学   医学部   医学専攻科

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 金沢大学   工学部   機械工学科

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 24

  1. 日本外科学会   指導医

    2007年4月 - 現在

  2. 日本消化器外科学会   専門医

    2007年4月 - 現在

  3. 日本消化器外科学会   指導医

    2011年1月 - 現在

  4. 日本救急医学会

    2004年1月 - 現在

  5. 日本臨床外科学会   評議員

    2010年4月 - 現在

  6. 日本消化器病学会   専門医

    2009年4月 - 現在

  7. 日本肝胆膵外科学会   評議員

    2008年4月 - 現在

  8. 日本内視鏡外科学会

    2005年1月 - 現在

  9. 日本膵臓学会

    2006年1月 - 現在

  10. 日本胆道学会

    2006年1月 - 現在

  11. 日本癌学会

    2007年1月 - 現在

  12. 日本外科感染症学会

    2009年1月 - 現在

  13. Shock Society

    2001年1月 - 現在

  14. The American Physiological Society

    2004年1月 - 現在

  15. The American College of Surgeons (FACS)

    2008年4月 - 現在

  16. International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA)

    2008年1月 - 現在

  17. The American Association for the Study of Liver Diseases

    2009年1月 - 現在

  18. Surgical Infection Society

    2009年4月 - 現在

  19. 日本肝臓学会

    2011年1月 - 現在

  20. International Association of Pancreatology (IAP)

    2012年1月 - 現在

  21. Asian Pacific Hepato-Pancreto-Biliary Association (A-PHPBA)

    2012年1月 - 現在

  22. 日本外科代謝栄養学会

    2013年1月 - 現在

  23. 日本経腸静脈栄養学会

    2013年1月 - 現在

  24. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists

    2014年1月 - 現在

▼全件表示

受賞 4

  1. Best Oral Award

    2014年3月   11th World Congress of International Hepato-Pancreato-Biliary Association  

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  2. Travel Grant Award (Twenty-Fifth Annual Conference on Shock)

    2002年   Twenty-Fifth Annual Conference on Shock  

  3. Stone Fellowship Award (University of North Carolina at Charlotte)

    2000年   University of North Carolina at Charlotte  

  4. Scholarship for Young Researcher (Japan-North America Medical Exchange Foundation)

    1998年3月   Japan-North America Medical Exchange Foundation  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 291

  1. A Study on Radial Margin Status in Resected Perihilar Cholangiocarcinoma 査読有り

    Shinohara Kentaro, Ebata Tomoki, Shimoyama Yoshie, Mizuno Takashi, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGERY   273 巻 ( 3 ) 頁: 572 - 578   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000003305

    Web of Science

  2. Impact of Perioperative Steroid Administration in Patients Undergoing Major Hepatectomy with Extrahepatic Bile Duct Resection: A Randomized Controlled Trial 査読有り

    Onoe Shunsuke, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Watanabe Nobuyuki, Suzuki Shogo, Nishiwaki Kimitoshi, Ando Masahiko, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   28 巻 ( 1 ) 頁: 121 - 130   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08745-7

    Web of Science

  3. The survival benefit of neoadjuvant chemotherapy for resectable colorectal liver metastases with high tumor burden score 査読有り

    Yonekawa Yoshihiko, Uehara Kay, Mizuno Takashi, Aiba Toshisada, Ogura Atsushi, Mukai Toshiki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 126 - 134   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01793-9

    Web of Science

  4. New method for the assessment of perineural invasion from perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Tanaka Hiroshi, Igami Tsuyoshi, Shimoyama Yoshie, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Mori Kensaku, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   51 巻 ( 1 ) 頁: 136 - 143   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02071-x

    Web of Science

  5. Impact of the preoperative body composition indexes on intraoperative blood loss in patients undergoing pancreatoduodenectomy 査読有り

    Ishii Kenta, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   51 巻 ( 1 ) 頁: 52 - 60   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02054-y

    Web of Science

  6. Characteristics of primary and repeated recurrent retroperitoneal liposarcoma: outcomes after aggressive surgeries at a single institution 査読有り

    Ishii Kenta, Yokoyama Yukihiro, Nishida Yoshihiro, Koike Hiroshi, Yamada Suguru, Kodera Yasuhiro, Sassa Naoto, Gotoh Momokazu, Nagino Masato

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 12 ) 頁: 1412 - 1418   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa126

    Web of Science

  7. ASO Author Reflections: Real Prevalence of Microorganisms in Bile in Patients Undergoing Pancreatoduodenectomy 査読有り

    Suenaga Masaya, Yokoyama Yukihiro, Fujii Tsutomu

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻   頁: 761 - 762   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08662-9

    Web of Science

  8. ASO Author Reflections: Is Perioperative Steroids Administration Beneficial for Patients Undergoing Major Hepatectomy with Extrahepatic Bile Duct Resection? 査読有り

    Onoe Shunsuke, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻   頁: 808 - 809   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08804-z

    Web of Science

  9. Study of the Portal Branches Arising from the Cranial Part of the Umbilical Portion of the Left Portal Vein: Implications for Anatomic Right Hepatic Trisectionectomy 査読有り

    Minami Takayuki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   44 巻 ( 12 ) 頁: 4231 - 4235   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-020-05753-2

    Web of Science

  10. The influence of the preoperative thickness of the abdominal cavity on the gastrojejunal anatomic position and delayed gastric emptying after pancreatoduodenectomy 査読有り

    Watanabe Nobuyuki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Nagino Masato

    HPB   22 巻 ( 12 ) 頁: 1695 - 1702   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hpb.2020.03.016

    Web of Science

  11. How long should follow-up be continued after R0 resection of perihilar cholangiocarcinoma? 査読有り

    Nakahashi Koichi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    SURGERY   168 巻 ( 4 ) 頁: 617 - 624   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2020.04.068

    Web of Science

  12. Trefoil Factor Family 1 Inhibits the Development of Hepatocellular Carcinoma by Regulating beta-Catenin Activation 査読有り

    Ochiai Yosuke, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   72 巻 ( 2 ) 頁: 503 - 517   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.31039

    Web of Science

  13. Tumor marker recovery rather than major pathological response is a preferable prognostic factor in patients with pancreatic ductal adenocarcinoma with preoperative therapy 査読有り

    Yamada Suguru, Yokoyama Yukihiro, Sonohara Fuminori, Yamaguchi Junpei, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Onoe Shunsuke, Fujii Tsutomu, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   27 巻 ( 8 ) 頁: 487 - 495   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.748

    Web of Science

  14. Application of fluorescent cholangiography during single-incision laparoscopic cholecystectomy in the cystohepatic duct without preoperative diagnosis 査読有り

    Asai Yuichi, Igami Tsuyoshi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    ANZ JOURNAL OF SURGERY     2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ans.16162

    Web of Science

  15. Postoperative infectious complications caused by multidrug-resistant pathogens in patients undergoing major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection 査読有り

    Sugawara Gen, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Yamaguchi Junpei, Mizuno Takashi, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    SURGERY   167 巻 ( 6 ) 頁: 950 - 956   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2020.02.015

    Web of Science

  16. A case of retroperitoneal dedifferentiated liposarcoma successfully treated by neoadjuvant chemotherapy and subsequent surgery 査読有り

    Yokoyama Yukihiro, Nishida Yoshihiro, Ikuta Kunihiro, Nagino Masato

    SURGICAL CASE REPORTS   6 巻 ( 1 )   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-00865-2

    Web of Science

  17. ASO Author Reflections: Please Walk at Least 5000 Steps per Day before Major Hepato-Pancreato-Biliary (HPB) Surgeries for Malignancy 査読有り

    Yokoyama Yukihiro, Nakajima Hiroki, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 5 ) 頁: 1398 - 1399   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08294-z

    Web of Science

  18. Clinical characteristics and surgical outcomes of retroperitoneal tumors: a comprehensive data collection from multiple departments 査読有り

    Sassa Naoto, Yokoyama Yukihiro, Nishida Yoshihiro, Yamada Suguru, Uchida Hiroo, Kajiyama Hiroaki, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Gotoh Momokazu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 5 ) 頁: 929 - 936   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01620-1

    Web of Science

  19. How Many Steps Per Day are Necessary to Prevent Postoperative Complications Following Hepato-Pancreato-Biliary Surgeries for Malignancy? 査読有り

    Nakajima Hiroki, Yokoyama Yukihiro, Inoue Takayuki, Nagaya Motoki, Mizuno Yota, Kayamoto Azusa, Nishida Yoshihiro, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   27 巻 ( 5 ) 頁: 1387 - 1397   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08218-x

    Web of Science

  20. Predictive performance of Blumgart T staging for perihilar cholangiocarcinoma in a Japanese center 査読有り

    Ebata Tomoki, Mizuno Takashi, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   27 巻 ( 3 ) 頁: 132 - 140   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.694

    Web of Science

  21. Study on the Segmentation of the Right Posterior Sector of the Liver 査読有り

    Minami Takayuki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   44 巻 ( 3 ) 頁: 896 - 901   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-019-05238-x

    Web of Science

  22. In Situ Local pH Measurements with Hydrated Iridium Oxide Ring Electrodes in Neutral pH Aqueous Solutions 査読有り

    Yokoyama Yuko, Miyazaki Kohei, Kondo Yasuyuki, Miyahara Yuto, Fukutsuka Tomokazu, Abe Takeshi

    CHEMISTRY LETTERS   49 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 198   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.190856

    Web of Science

  23. Negative Thermal Expansion of beta-Cu1.8Zn0.2V2O7 Ceramic Fine Particles Synthesized by a Spray-Drying Method 査読有り

    Takenaka Koshi, Sato Miku, Nishikawa Tomohiro, Omura Takuya, Yamada Nobuya, Yokoyama Yasunori, Katayama Naoyuki, Okamoto Yoshihiko

    JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS AND MATERIALS   84 巻 ( 5 ) 頁: 161 - 166   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/jinstmet.J2019053

    Web of Science

  24. Tranexamic ACid during PancereaticoDuodenectomy (TAC-PD): study protocol for a multicentre randomised, blind, placebo-controlled trial 査読有り

    Ishii Kenta, Yokoyama Yukihiro, Yonekawa Yoshihiko, Ebata Tomoki

    BMJ OPEN   10 巻 ( 11 )   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2020-040914

    Web of Science

  25. A case of small in situ perihilar cholangiocarcinoma incidentally accompanied by benign bile duct stricture after open cholecystectomy 査読有り

    Maeda Takashi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    SURGICAL CASE REPORTS   5 巻 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-019-0745-z

    Web of Science

  26. Postoperative Pancreatic Fistula in Surgery for Perihilar Cholangiocarcinoma 査読有り

    Watanabe Nobuyuki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   43 巻 ( 12 ) 頁: 3094 - 3100   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-019-05127-3

    Web of Science

  27. Benign hilar bile duct strictures resected as perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Otsuka S., Ebata T., Yokoyama Y., Igami T., Mizuno T., Yamaguchi J., Onoe S., Watanabe N., Shimoyama Y., Nagino M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   106 巻 ( 11 ) 頁: 1504 - 1510   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.11257

    Web of Science

  28. Discrepancy between volume and functional recovery in early phase liver regeneration following extended hepatectomy with extrahepatic bile duct resection 査読有り

    Maeda Takashi, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Ando Masahiko, Nagino Masato

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 巻 ( 10 ) 頁: 1227 - 1235   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13378

    Web of Science

  29. TREFOIL FACTOR FAMILY 1 INHIBITS THE DEVELOPMENT OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA BY REGULATING B-CATENIN ACTIVATION 査読有り

    Ochiai Yosuke, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   70 巻   頁: 1196A - 1196A   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  30. Cholangiographic Tumor Classification for Simple Patient Selection Prior to Hepatopancreatoduodenectomy for Cholangiocarcinoma 査読有り

    Toyoda Yoshitaka, Ebata Tomoki, Mizuno Takashi, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 9 ) 頁: 2971 - 2979   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-019-07457-x

    Web of Science

  31. Occult synchronous liver metastasis from perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Ohiwa Takashi, Ebata Tomoki, Mizuno Takashi, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    SURGERY   166 巻 ( 3 ) 頁: 290 - 296   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2019.04.029

    Web of Science

  32. Preoperative course of patients undergoing endoscopic nasobiliary drainage during the management of resectable perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Maeda Takashi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Kawashima Hiroki, Nagino Masato

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   26 巻 ( 8 ) 頁: 341 - 347   2019年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.640

    Web of Science

  33. Left trisectionectomy combined with resection of the right hepatic vein and inferior vena cava after right hepatic vein embolization for advanced intrahepatic cholangiocarcinoma 査読有り

    Suzuki Toshihiro, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Mizuno Takashi, Igami Tsuyoshi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    SURGICAL CASE REPORTS   5 巻   2019年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-019-0655-0

    Web of Science

  34. Is constant negative pressure for external drainage of the main pancreatic duct useful in preventing pancreatic fistula following pancreatoduodenectomy? 査読有り

    Sunagawa Masaki, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Ebata Tomoki, Sugawara Gen, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Nagino Masato

    PANCREATOLOGY   19 巻 ( 4 ) 頁: 602 - 607   2019年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2019.04.002

    Web of Science

  35. Clinical value of additional resection of a margin-positive distal bile duct in perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Otsuka S., Ebata T., Yokoyama Y., Mizuno T., Tsukahara T., Shimoyama Y., Ando M., Nagino M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   106 巻 ( 6 ) 頁: 774 - 782   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.11125

    Web of Science

  36. Pleural dissemination of cholangiocarcinoma caused by percutaneous transhepatic biliary drainage during the management of resectable cholangiocarcinoma 査読有り

    Yamashita Hiromasa, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Watanabe Nobuyuki, Ando Masahiko, Nagino Masato

    SURGERY   165 巻 ( 5 ) 頁: 912 - 917   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2018.10.015

    Web of Science

  37. NEK2 Is an Effective Target for Cancer Therapy With Potential to Induce Regression of Multiple Human Malignancies 査読有り

    Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Tsunoda Nobuyuki, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   39 巻 ( 5 ) 頁: 2251 - 2258   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13341

    Web of Science

  38. Major hepatectomy with or without pancreatoduodenectomy for advanced gallbladder cancer 査読有り

    Mizuno T., Ebata T., Yokoyama Y., Igami T., Yamaguchi J., Onoe S., Watanabe N., Ando M., Nagino M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   106 巻 ( 5 ) 頁: 626 - 635   2019年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.11088

    Web of Science

  39. ASO Author Reflections: Is It Important to Do Exercise Before Surgery for HPB Malignancy? 査読有り

    Yokoyama Yukihiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 273 - 274   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-7080-7

    Web of Science

  40. Clinical Benefit of Preoperative Exercise and Nutritional Therapy for Patients Undergoing Hepato-Pancreato-Biliary Surgeries for Malignancy 査読有り

    Nakajima Hiroki, Yokoyama Yukihiro, Inoue Takayuki, Nagaya Motoki, Mizuno Yota, Kadono Izumi, Nishiwaki Kimitoshi, Nishida Yoshihiro, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 264 - 272   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-6943-2

    Web of Science

  41. Anti-tumor Effects of Deep Ultraviolet Irradiation for Pancreas Cancer 査読有り

    Yamazaki K., Kokuryo T., Yamaguchi J., Yokoyama Y., Nagino M.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1553 - 1553   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  42. Pharmacokinetics of Nek2 siRNA in Peritoneal Dissemination of Pancreatic Cancer 査読有り

    Kokuryo T., Yamaguchi J., Yokoyama Y., Nagino M.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1465 - 1465   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. Trefoil Factor Family 1 (TFF1) Inhibits Epithelial-mesenchymal Transition and Enhances the Chemosensitivity of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma (PDAC) 査読有り

    Yamaguchi J., Kokuryo T., Yokoyama Y., Ebata T., Nagino M.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1551 - 1552   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  44. Comparison between autologous and homologous blood transfusions in liver resection for biliary tract cancer: a propensity score matching analysis 査読有り

    Onoe Shunsuke, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Watanabe Nobuyuki, Nagino Masato

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   25 巻 ( 12 ) 頁: 550 - 559   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.592

    Web of Science

  45. Loss of trefoil factor 1 inhibits biliary regeneration but accelerates the hepatic differentiation of progenitor cells in mice 査読有り

    Hayashi Yuki, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   506 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 19   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.10.023

    Web of Science

  46. Surgery for perihilar cholangiocarcinoma from a viewpoint of age: Is it beneficial to octogenarians in an aging society? 査読有り

    Akashi Kumiko, Ebata Tomoki, Mizuno Takashi, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Yamaguchi Junpei, Onoe Shunsuke, Nagino Masato

    SURGERY   164 巻 ( 5 ) 頁: 1023 - 1029   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2018.05.051

    Web of Science

  47. Establishment of a rapid and footprint-free protocol for differentiation of human embryonic stem cells into pancreatic endocrine cells with synthetic mRNAs encoding transcription factors 査読有り

    Ida Hideomi, Akiyama Tomohiko, Ishiguro Keiichiro, Goparaju Sravan K., Nakatake Yuhki, Chikazawa-Nohtomi Nana, Sato Saeko, Kimura Hiromi, Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato, Ko Minoru S. H., Ko Shigeru B. H.

    STEM CELL RESEARCH & THERAPY   9 巻   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13287-018-1038-3

    Web of Science

  48. Application of three-dimensional print in minor hepatectomy following liver partition between anterior and posterior sectors 査読有り

    Igami Tsuyoshi, Nakamura Yoshihiko, Oda Masahiro, Tanaka Hiroshi, Nojiri Motoi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Mori Kensaku, Nagino Masato

    ANZ JOURNAL OF SURGERY   88 巻 ( 9 ) 頁: 882 - 885   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ans.14331

    Web of Science

    PubMed

  49. Exploration of serum biomarkers for predicting the response to Inchinkoto (ICKT), a Japanese traditional herbal medicine (vol 13, 155, 2017) 査読有り

    Uji Masahito, Yokoyama Yukihiro, Ohbuchi Katsuya, Tsuchiya Kazuaki, Sadakane Chiharu, Shimobori Chika, Yamamoto Masahiro, Nagino Masato

    METABOLOMICS   14 巻 ( 9 )   2018年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11306-018-1407-z

    Web of Science

  50. Trefoil factor 1 inhibits epithelial-mesenchymal transition of pancreatic intraepithelial neoplasm 査読有り

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Enomoto Atsushi, Nagino Masato

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   128 巻 ( 8 ) 頁: 3619 - 3629   2018年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI97755

    Web of Science

  51. Ethanol ablation for refractory bile leakage after complex hepatectomy 査読有り

    Ito A., Ebata T., Yokoyama Y., Igami T., Mizuno T., Yamaguchi J., Onoe S., Nagino M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   105 巻 ( 8 ) 頁: 1036 - 1043   2018年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.10801

    Web of Science

  52. Surgical resection for Bismuth type IV perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Ebata T., Mizuno T., Yokoyama Y., Igami T., Sugawara G., Nagino M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   105 巻 ( 7 ) 頁: 829 - 838   2018年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.10556

    Web of Science

  53. Impact of the gastrojejunal anatomic position as the mechanism of delayed gastric emptying after pancreatoduodenectomy 査読有り

    Nojiri Motoi, Yokoyama Yukihiro, Maeda Takashi, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   163 巻 ( 5 ) 頁: 1063 - 1070   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.11.016

    Web of Science

    PubMed

  54. Preoperative biliary colonization/infection caused by multidrug-resistant (MDR) pathogens in patients undergoing major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection 査読有り

    Sugawara Gen, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Yamaguchi Junpei, Mizuno Takashi, Yagi Tetsuya, Nagino Masato

    SURGERY   163 巻 ( 5 ) 頁: 1106 - 1113   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.12.031

    Web of Science

    PubMed

  55. Phase I study of chemoradiotherapy using gemcitabine plus nab-paclitaxel for unresectable locally advanced pancreatic cancer 査読有り

    Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Yokoyama Yukihiro, Kawashima Hiroki, Maeda Osamu, Suzuki Kojiro, Okada Tohru, Ono Eizaburo, Yamaguchi Junpei, Takano Nao, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Hirooka Yoshiki, Ito Yoshiyuki, Naganawa Shinji, Ando Yuichi, Nagino Masato, Goto Hidemi, Kodera Yasuhiro

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   81 巻 ( 5 ) 頁: 815 - 821   2018年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-018-3554-3

    Web of Science

  56. Recurrence after curative-intent resection of perihilar cholangiocarcinoma: analysis of a large cohort with a close postoperative follow-up approach 査読有り

    Komaya Kenichi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   163 巻 ( 4 ) 頁: 732 - 738   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.08.011

    Web of Science

    PubMed

  57. Pre-exposure to Fluorouracil Increased Trifluridine Incorporation and Enhanced its Anti-tumor Effect for Colorectal Cancer 査読有り

    Baba Taisuke, Kokuryo Toshio, Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Uehara Keisuke, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   38 巻 ( 3 ) 頁: 1427 - 1434   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12367

    Web of Science

  58. Inhibition of Toll-like receptor 4 ameliorates experimental postischemic injury in the cholestatic liver through inhibition of high-mobility group box protein b1 (HMGB1) signaling 査読有り

    Yokoi Tsuyoshi, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   163 巻 ( 2 ) 頁: 270 - 276   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.08.025

    Web of Science

    PubMed

  59. Does the intestinal microenvironment have an impact on the choleretic effect of inchinkoto, a hepatoprotective herbal medicine?

    Uji Masahito, Yokoyama Yukihiro, Asahara Takashi, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    HEPATOLOGY RESEARCH   48 巻 ( 3 ) 頁: E303-E310   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12985

    Web of Science

    PubMed

  60. Cells of origin of pancreatic neoplasms 査読有り

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   48 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 17   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1501-2

    Web of Science

    PubMed

  61. Duration of Antimicrobial Prophylaxis in Patients Undergoing Major Hepatectomy With Extrahepatic Bile Duct Resection: A Randomized Controlled Trial 査読有り

    Sugawara Gen, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Mizuno Takashi, Yagi Tetsuya, Ando Masahiko, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGERY   267 巻 ( 1 ) 頁: 142 - 148   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000002049

    Web of Science

    PubMed

  62. Application of fluorescent cholangiography during single-incision laparoscopic cholecystectomy for cholecystitis with a right-sided round ligament: Preliminary experience 査読有り

    Nojiri Motoi, Igami Tsuyoshi, Toyoda Yoshitaka, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    JOURNAL OF MINIMAL ACCESS SURGERY   14 巻 ( 3 ) 頁: 244 - 246   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/jmas.JMAS_159_17

    Web of Science

  63. Single-Incision Laparoscopic Splenectomy for an Unruptured Aneurysm of the Splenic Artery 査読有り

    Toyoda Yoshitaka, Igami Tsuyoshi, Ochiai Yosuke, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    MEDICAL PRINCIPLES AND PRACTICE   27 巻 ( 1 ) 頁: 95 - 98   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000485836

    Web of Science

  64. Prospective evaluation of the International Study Group for Liver Surgery definition of post hepatectomy liver failure after liver resection: an international multicentre study.

    HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association     2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hpb.2017.11.007

    PubMed

  65. Application of fluorescent cholangiography during single-incision laparoscopic cholecystectomy for cholecystitis with a right-sided round ligament: Preliminary experience.

    Nojiri M, Igami T, Toyoda Y, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M

    Journal of minimal access surgery     頁: .   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  66. Uneven acute non-alcoholic fatty change of the liver after percutaneous transhepatic portal vein embolization in a patient with hilar cholangiocarcinoma - a case report 査読有り

    Tsai Chun-Yi, Nojiri Motoi, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Mizuno Takashi, Nagino Masato

    BMC GASTROENTEROLOGY   17 巻 ( 1 ) 頁: 144   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-017-0715-5

    Web of Science

    PubMed

  67. Successful local treatment for repeated hepatic recurrences of cholangiolocellular carcinoma: a report on a long-term survivor

    Shinohara Kentaro, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Shimoyama Yoshie, Shiina Shuichiro, Tateishi Ryosuke, Arano Toru, Nagino Masato

    SURGICAL CASE REPORTS   3 巻 ( 1 ) 頁: 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0391-2

    Web of Science

    PubMed

  68. Exploration of serum biomarkers for predicting the response to Inchinkoto (ICKT), a Japanese traditional herbal medicine

    Uji Masahito, Yokoyama Yukihiro, Ohbuchi Katsuya, Tsuchiya Kazuaki, Sadakane Chiharu, Shimobori Chika, Yamamoto Masahiro, Nagino Masato

    METABOLOMICS   13 巻 ( 12 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11306-017-1292-x

    Web of Science

  69. Usefulness of endoscopic ultrasonography-elastography as a predictive tool for the occurrence of pancreatic fistula after pancreatoduodenectomy 査読有り

    Kuwahara Takamichi, Hirooka Yoshiki, Kawashima Hiroki, Ohno Eizaburo, Yokoyama Yukihiro, Fujii Tsutomu, Nakamura Shigeo, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato, Goto Hidemi

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   24 巻 ( 12 ) 頁: 649 - 656   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.514

    Web of Science

    PubMed

  70. Successful Post-Transplant Psychiatric Interventions During Long-Term Follow-Up of Patients Receiving Liver Transplants for Alcoholic Liver Disease 査読有り

    Kimura Hiroyuki, Onishi Yasuharu, Kishi Shinichi, Kurata Nobuhiko, Ogiso Satoshi, Kamei Hideya, Tsuboi Chisato, Yamaguchi Naoko, Shiga Azusa, Kondo Mai, Yokoyama Yushun, Takasato Fumika

    AMERICAN JOURNAL OF CASE REPORTS   18 巻   頁: 1215 - 1219   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12659/AJCR.906446

    Web of Science

  71. Clinical influence of preoperative factor XIII activity in patients undergoing pancreatoduodenectomy 査読有り

    Watanabe Nobuyuki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Sugawara Gen, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    HPB   19 巻 ( 11 ) 頁: 972 - 977   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hpb.2017.07.002

    Web of Science

    PubMed

  72. The Benefits of a Wound Protector in Preventing Incisional Surgical Site Infection in Elective Open Digestive Surgery: A Large-Scale Cohort Study

    Itatsu Keita, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Kamiya Satoaki, Terasaki Masaki, Morioka Atsushi, Iyomasa Shinsuke, Shirai Kazuhisa, Ando Masahiko, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 11 ) 頁: 2715-2722   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-017-4082-8

    Web of Science

    PubMed

  73. Real-world experience with FOLFIRINOX and gemcitabine plus nab-paclitaxel in the treatment of pancreatic cancer in Japan 査読有り

    Maeda O., Yokoyama Y., Yamaguchi J., Ota A., Matsuoka A., Morita S., Inoue M., Mizutani T., Shimokata T., Urakawa H., Mitsuma A., Nagino M., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: 69 - 69   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  74. Profile of preoperative fecal organic acids closely predicts the incidence of postoperative infectious complications after major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection: Importance of fecal acetic acid plus butyric acid minus lactic acid gap

    Yokoyama Yukihiro, Mizuno Takashi, Sugawara Gen, Asahara Takashi, Nomoto Koji, Igami Tsuyoshi, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    SURGERY   162 巻 ( 4 ) 頁: 926-934   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.04.022

    Web of Science

    PubMed

  75. Loss of trefoil factor 1 inhibits biliary regeneration but accelerates the differentiation of hepatic progenitors into hepatocytes in mice

    Hayashi Yuki, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 378A-379A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  76. The novel tumor suppressor Trefoil Factor Family 1 (TFF1) inhibits the development of hepatocellular carcinoma in mice

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 981A-982A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  77. Inhibition of Toll-Like Receptor 4 Ameliorates Experimental Post-Ischemic Injury in the Cholestatic Liver through Inhibition of High-Mobility Group Box Protein B1 (HMGB1) Signaling 査読有り

    Yokoi Tsuyoshi, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 153A - 153A   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  78. Residual Carcinoma In Situ at the Ductal Stump has a Negative Survival Effect An Analysis of Early-stage Cholangiocarcinomas- - 査読有り

    Tsukahara Tetsuo, Ebata Tomoki, Shimoyama Yoshie, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGERY   266 巻 ( 1 ) 頁: 126 - 132   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000001944

    Web of Science

    PubMed

  79. Clinicopathologic study on metachronous double cholangiocarcinomas of perihilar and subsequent distal bile duct origin 査読有り

    Shinohara Kentaro, Shimoyama Yoshie, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Mizuno Takashi, Nakaguro Masato, Nagino Masato

    SURGERY   162 巻 ( 1 ) 頁: 84 - 93   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.12.034

    Web of Science

    PubMed

  80. Long-term survival after multidisciplinary therapy for residual gallbladder cancer with peritoneal dissemination: a case report 査読有り

    Kuga Daisuke, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGICAL CASE REPORTS   3 巻 ( 1 ) 頁: 76   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0351-x

    Web of Science

    PubMed

  81. Study on the segmentation of the right anterior sector of the liver 査読有り

    Kobayashi Tomoki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   161 巻 ( 6 ) 頁: 1536 - 1542   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.12.020

    Web of Science

    PubMed

  82. Pulmonary Metastasis After Resection of Cholangiocarcinoma: Incidence, Resectability, and Survival 査読有り

    Yamada Mihoko, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 6 ) 頁: 1550 - 1557   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-017-3877-y

    Web of Science

    PubMed

  83. Novel therapy for pancreatic fistula using adipose-derived stem cell sheets treated with mannose 査読有り

    Kaneko Hirokazu, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Yamamoto Tokunori, Shibata Rei, Gotoh Momokazu, Murohara Toyoaki, Ito Akira

    SURGERY   161 巻 ( 6 ) 頁: 1561 - 1569   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.12.022

    Web of Science

    PubMed

  84. Feeding catheter gastrostomy with the round ligament of the liver prevents mechanical bowel obstruction after esophagectomy

    Kawai R., Abe T., Uemura N., Fukaya M., Saito T., Komori K., Yokoyama Y., Nagino M., Shinoda M., Shimizu Y.

    DISEASES OF THE ESOPHAGUS   30 巻 ( 6 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dote/dox009

    Web of Science

  85. Perineal alveolar soft part sarcoma treated by laparoscopy-assisted total pelvic exenteration combined with pubic resection 査読有り

    Aiba Toshisada, Uehara Keisuke, Tsukushi Satoshi, Yoshino Yasushi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Nagino Masato

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   10 巻 ( 2 ) 頁: 198 - 201   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12342

    Web of Science

    PubMed

  86. Gut microbiota and bacterial translocation in digestive surgery: the impact of probiotics

    Komatsu Shunichiro, Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato

    LANGENBECKS ARCHIVES OF SURGERY   402 巻 ( 3 ) 頁: 401-416   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00423-017-1577-6

    Web of Science

    PubMed

  87. The development of an automatically produced cholangiography procedure using the reconstructin of portal-phase multidetector-row computed tomography images: preliminary experience. 査読有り

    Hirose T, Igami T, Koga K, Hayashi Y, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Mori K, Nagino M

    Surgery Today   47 巻 ( 3 ) 頁: 365-374   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. The development of an automatically produced cholangiography procedure using the reconstruction of portal-phase multidetector-row computed tomography images: preliminary experience 査読有り

    Hirose Tomoaki, Igami Tsuyoshi, Koga Kusuto, Hayashi Yuichiro, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Mori Kensaku, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   47 巻 ( 3 ) 頁: 365 - 374   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1394-5

    Web of Science

    PubMed

  89. A clear difference between the outcomes after a major hepatectomy with and without an extrahepatic bile duct resection. 査読有り

    Takagi T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Ando M, Nagino M.

    World Journal of Surgery   41 巻 ( 2 ) 頁: 508-515   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Surgery-related muscle loss and its association with postoperative complications after major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection. 査読有り

    Otuji H, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M

    World Journal of Surgery   41 巻 ( 2 ) 頁: 498-507   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Adjuvant gemcitabine monotherapy for resectable perihilar cholangiocarcinoma with lymph node involvement: a propensity score matching analysis. 査読有り

    Mizuno T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Yamaguchi J, Nagino M.

    Surgery Today   47 巻 ( 2 ) 頁: 182-192   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Preoperative six-minute walk distance accurately predicts postoperative complications following surgeries for hepato-pancreato-biliary cancer. 査読有り

    Hayashi K, Yokoyama Y, Nakajima H, Nagino M, Inoue T, Nagaya M, Hattori K, Kadono I, Ito S, Nishida Y.

    Surgery   161 巻 ( 2 ) 頁: 525-532   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Anatomical features of independent right posterior portal vein variants: implications for left hepatic trisectionectomy. 査読有り

    Watanabe N, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M

    Surgery   161 巻 ( 2 ) 頁: 347-354   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Verification of the oncological inferiority of percutaneous biliary drainage to endoscopic drainage: A propensity score matching analysis of resectable perihilar cholangiocarcinoma. 査読有り

    Komaya K, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M

    Surgery   161 巻 ( 2 ) 頁: 394-404   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. The anti-cancer effect of novel alpha-bisabolol derivatives against pancreatic cancer. 査読有り

    185. Murata Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Yamaguchi J, Miwa T, Shibuya M, Yamamoto Y, Nagino M

    Anticancer Research   37 巻 ( 2 ) 頁: 589-598   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. The Anticancer Effects of Novel alpha-Bisabolol Derivatives Against Pancreatic Cancer 査読有り

    Murata Yoshihiko, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Miwa Tomohiro, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 2 ) 頁: 589 - 598   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11352

    Web of Science

    PubMed

  97. Surgery-Related Muscle Loss and Its Association with Postoperative Complications After Major Hepatectomy with Extrahepatic Bile Duct Resection 査読有り

    Otsuji Hidehiko, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 2 ) 頁: 498 - 507   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3732-6

    Web of Science

    PubMed

  98. Preoperative 6-minute walk distance accurately predicts postoperative complications after operations for hepato-pancreato-biliary cancer 査読有り

    Hayashi Kazuhiro, Yokoyama Yukihiro, Nakajima Hiroki, Nagino Masato, Inoue Takayuki, Nagaya Motoki, Hattori Keiko, Kadono Izumi, Ito Satoru, Nishida Yoshihiro

    SURGERY   161 巻 ( 2 ) 頁: 525 - 532   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.08.002

    Web of Science

    PubMed

  99. Anatomic features of independent right posterior portal vein variants: Implications for left hepatic trisectionectomy 査読有り

    Watanabe Nobuyuki, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   161 巻 ( 2 ) 頁: 347 - 354   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.08.024

    Web of Science

    PubMed

  100. Adjuvant gemcitabine monotherapy for resectable perihilar cholangiocarcinoma with lymph node involvement: a propensity score matching analysis 査読有り

    Mizuno Takashi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   47 巻 ( 2 ) 頁: 182 - 192   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1354-0

    Web of Science

    PubMed

  101. A Clear Difference Between the Outcomes After a Major Hepatectomy With and Without an Extrahepatic Bile Duct Resection 査読有り

    Takagi Takehiro, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Ando Masahiko, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 2 ) 頁: 508 - 515   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3744-2

    Web of Science

    PubMed

  102. Verification of the oncologic inferiority of percutaneous biliary drainage to endoscopic drainage: A propensity score matching analysis of resectable perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Komaya Kenichi, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   161 巻 ( 2 ) 頁: 394 - 404   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.08.008

    Web of Science

    PubMed

  103. Occult mucin-producing cholangiocarcinoma in situ: a rare clinical case with difficult tumour staging 査読有り

    Kiriyama Muneyasu, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGICAL CASE REPORTS   3 巻 ( 1 ) 頁: 6   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-016-0283-x

    Web of Science

    PubMed

  104. Benefit to perform indocyanine green clearance test; Reply to East or West, who grades liver failure after liver resection for perihilar cholangiocarcinoma best? 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M.

    World Journal of Surgery   41 巻 ( 1 ) 頁: 339-340   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Benefit to Perform Indocyanine Green Clearance Test: Reply 査読有り

    Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 1 ) 頁: 339 - 340   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3696-6

    Web of Science

    PubMed

  106. Risk Factors for Postoperative Delirium in Abdominal Surgery: A Proposal of a Postoperative Delirium Risk Score in Abdominal Surgery

    Miyagawa Yasuhiro, Yokoyama Yukihiro, Fukuzawa Shota, Fukata Shinji, Ando Masahiko, Kawamura Takashi, Yamada Kiyofumi, Nagino Masato

    DIGESTIVE SURGERY   34 巻 ( 2 ) 頁: 95-102   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000449044

    Web of Science

    PubMed

  107. Different Clinical Characteristics Between Distal Cholangiocarcinoma and Pancreatic Head Carcinoma With Biliary Obstruction 査読有り

    Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Sugawara Gen, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    PANCREAS   46 巻 ( 10 ) 頁: 1322 - 1326   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000942

    Web of Science

    PubMed

  108. Trefoil factor family 1 expression in the invasion front is a poor prognostic factor associated with lymph node metastasis in pancreatic cancer 査読有り

    Sunagawa Masaki, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Nagino Masato

    PANCREATOLOGY   17 巻 ( 5 ) 頁: 782 - 787   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2017.07.188

    Web of Science

    PubMed

  109. Effects of Synbiotics to Prevent Postoperative Infectious Complications in Highly Invasive Abdominal Surgery

    Yokoyama Yukihiro, Asahara Takashi, Nomoto Koji, Nagino Masato

    ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   71 巻   頁: 23-30   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000479920

    Web of Science

    PubMed

  110. Does Braun Anastomosis Have an Impact on the Incidence of Delayed Gastric Emptying and the Extent of Intragastric Bile Reflux Following Pancreatoduodenectomy? - A Randomized Controlled Study 査読有り

    Fujieda Hironori, Yokoyama Yukihiro, Hirata Akihiro, Usui Hiroaki, Sakatoku Yayoi, Fukaya Masahide, Nagino Masato

    DIGESTIVE SURGERY   34 巻 ( 6 ) 頁: 462 - 468   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000455334

    Web of Science

    PubMed

  111. Occult mucin-producing cholangiocarcinoma in situ: a rare clinical case with difficult tumour staging. 査読有り

    Kiriyama M, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    Surgical Case Reports   3 巻 ( 1 ) 頁: 6   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. TRIP13 is expressed in colorectal cancer and promotes cancer cell invasion. 査読有り

    Kurita K, Maeda M, Mansour MA, Kokuryo T, Uehara K, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T

    Oncology Letters.   12 巻 ( 6 ) 頁: 5240-5246   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Application of fluorescent cholangiography for determination of the resection line during a single-incision laparoscopic cholecystectomy for a benign lesion of the cystic duct: preliminary experience. 査読有り

    Nojiri M, Igami T, Tanaka H, Toyoda Y, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M

    Surg Laparosc Endosc Percutan Tech   26 巻 ( 6 ) 頁: e171-e173   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. The complete loss of tyrosine kinase receptors MET and RON is a poor prognostic factor in patients with extrahepatic cholangiocarcinoma. 査読有り

    Hayashi Y, Yamaguchi J, Kokuryo T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    Anticancer Research   36 巻 ( 12 ) 頁: 6585-6592   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. The effects of bevacizumab on intestinal anastomoticc healing in rabbits. 査読有り

    Nakamura H, Yokoyama Y, Uehara K, Kokuryo T, Junpei Y, Tsuzuki T, Nagino M.

    Surgery Today   46 巻 ( 12 ) 頁: 1456-1463   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Clinical value and pitfalls of fluorescent choloangiography during single-incision laparoscopic cholecystectomy. 査読有り

    Igami T, Nojiri M, Shinohara K, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    Surgery Today   46 巻 ( 12 ) 頁: 1443-1450   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Appraisal of inflammation-based prognostic scores in patients with unresectable perihilar cholangiocarcinoma. 査読有り

    Okuno M, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pnacreatic Science   23 巻 ( 10 ) 頁: 636-642   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Nek2 siRNA therapy using aportal venous port-catheter system for liver metastasis in pancreatic cancer. 査読有り

    Kokuryo T, Hibino S, Suzuki K, Watanabe K, Yokoyama Y, Nagino M, Senga T, Hamaguchi M.

    Cancer Science   107 巻 ( 9 ) 頁: 1315-1320   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Risk factors for postoperative delirium in abdominal surgery: A proposal of a postoperative delirium risk score in abdominal surgery. 査読有り

    Miyagawa Y, Yokoyama Y, Fukuzawa S, Fukata S, Ando M, Kawamura T, Yamada K, Nagino M.

    Digestive Surgery   34 巻 ( 2 ) 頁: 95-102   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Laparoscopic repeat hepatectomy after right hepatopancreaticoduodenectomy. 査読有り

    Igami T, Komaya K, Hirose T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    Asian Journal of Endoscopic Surgery   9 巻 ( 3 ) 頁: 211-214   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. The predictive value of indocyanine green clearance in future liver remnant for posthepatectomy liver failure following hepatectomy with extrahepatic bile duct resection. 査読有り

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    World Journal of Surgery   40 巻 ( 6 ) 頁: 1440-1447   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Prediction of early recurrence after the curative resection of colorectal liver metastasis and subsequent S-1 chemotherapy. 査読有り

    Yamauchi K, Kokuryo T, Yokoyama Y, Uehara K, Yamaguchi J, Nagino M.

    Anticancer Research   36 巻 ( 5 ) 頁: 2175-2179   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Retrocolic or antecolic Roux-en-Y reconstruction after distal gastrectomy: which is more effective in the prevention of postoperative gastroesophageal reflux disease? 査読有り

    Hirata A, Fukaya M, Yokoyama Y, Miyahara R, Funasaka K, Nagino M.

    Digestive Surgery   33 巻 ( 5 ) 頁: 371381   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Effect of perioperative synbiotic treatment on bacterial translocation and postoperative infectious complications after pancreatoduodenectomy. 査読有り

    Yokoyama Y, Miyake T, Kokuryo T, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    Digestive Surgery   33 巻 ( 3 ) 頁: 220-229   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Cholangiocarcinoma with intraductal tubular growth pattern versus intraductal papillary growth pattern. 査読有り

    Tsukahara T, Shimoyama Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nakamura S, Nagino M

    Modern Pathology   29 巻 ( 3 ) 頁: 293-301   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Proposal for a pancreatic configuration index for determining patients at high risk of pancreatic fistula following pancreatoduodenectomy. 査読有り

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    Digestive Surgery   33 巻 ( 3 ) 頁: 169-176   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. α-Bisabolol inhibits invasiveness and motility in pancreatic cancer through KISS1R activation. 査読有り

    Uno M, Kokuryo T, Yokoyama Y, Senga T, Nagino M

    Anticancer Research   36 巻 ( 2 ) 頁: 583-589   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Verification of WFA-sialylated MUC1 as a sensitive biliary biomarker for human biliary tract cancer. 査読有り

    Yamaguchi T, Yokoyama Y, Ebata T, Matsuda A, Kuno A, Ikehara Y, Shoda J, Narimatsu H, Nagino M.

    Annals of Surgical Oncology   23 巻 ( 2 ) 頁: 671-677   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. The value of preoperative screening colonoscopies in patients with biliary tract cancer. 査読有り

    Itatsu K, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Uehara K, Mizuno T, Ando M, Goto H, Nagino M.

    Journal of Gastroenterology   51 巻 ( 2 ) 頁: 138-143   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Evaluation of inflammation-based prognostic scores in patients undergoing hepatobiliary resection for perihilar cholangiocarcinoma. 査読有り

    Okuno M, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    Journal of Gastroenterology   51 巻 ( 2 ) 頁: 153-161   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Initial experience of laparoscopic pelvic exenteration and comparison with conventional open surgery. 査読有り

    Uehara K, Nakamura H, Yoshino Y, Arimoto A, Kato T, Yokoyama Y, Ebata T, Nagino M

    Surgical Endoscopy   30 巻 ( 1 ) 頁: 132-138   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Surgical and radiological studies on the length of the hepatic ducts. 査読有り

    Hirose T, Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Mori K, Ando M, Nagino M

    World Journal of Surgery   39 巻 ( 12 ) 頁: 2983-2985   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Liver regeneration following experimental major hepatectomy with choledocho-jejunostomy. 査読有り

    Takagi T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Yamaguchi J, Nagino M.

    British Journal of Surgery   102 巻 ( 11 ) 頁: 1410-1417   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. FOLFIRINOX-induced reversible dysarthria: A case report and review of previous cases. 査読有り

    Matsuoka A, Maeda O, Inada-Inoue M, Ohno E, Hirooka Y, Yokoyama Y, Fujii T, Nagino M, Goto H, Ando Y

    Oncology Letter   10 巻 ( 4 ) 頁: 2662-2664   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Percutaneous transhepatic portal vein stenting for malignant portal vein stenosis secondary to recurrent perihilar biliary cancer. 査読有り

    Mizuno T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mori Y, Suzuki K, Nagino M

    J Hepatobiliary Pancreat Sci   22 巻 ( 10 ) 頁: 740-745   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. . Long-term survival following extended hepatectomy with concomitant resectio of all major hepatic veins for intrahepatic cholangiocarcinoma: report of a case. 査読有り

    Kobayashi S, Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Nimura Y, Nagino M.

    Surgery Today   45 巻 ( 8 ) 頁: 1058-1063   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Combined extrahepatic bile duct resection for locally advanced gallbladder carcinoma: Does it work? 査読有り

    Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Shimoyama Y, Nagino M.

    World Journal of Surgery   39 巻 ( 7 ) 頁: 1810-1817   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Therapeutic potential of targeting protein for Xklp2 (TPX2) silencing for pancreatic cancer. 査読有り

    Miwa T, Kokuryo T, Yokoyama Y, Yamaguchi J, Nagino M.

    Cancer Medicine   4 巻 ( 7 ) 頁: 1091-1100   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Prognostic value of hepatocyte growth factor receptor expression in patients with perihilar cholangiocarcinoma. 査読有り

    Watanabe H, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Shimoyama Y, Nagino M.

    Annals of Surgical Oncology   22 巻 ( 7 ) 頁: 2235-2242   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Stent-graft treatment for extrahepatic portal vein hemorrhage after pancreaticoduodenectomy. 査読有り

    Suzuki K, Igami T, Komada T, Mori Y, Yokoyama Y, Ebata T, Naganawa S, Nagino M.

    Acta Radiologica Open   4 巻 ( 6 ) 頁: 1-4   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. The intermittent Pringle maneuver is unlikely to induce bacterial translocation to the portal vein: a study using bacterium-specific ribosomal RNA-targeted RT-PCR. 査読有り

    Yamaguchi N, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   22 巻 ( 6 ) 頁: 491-497   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Preoperative sarcopenia negatively impacts postoperative outcomes following major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection. 査読有り

    Otsuji H, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    World Journal of Surgery   39 巻 ( 6 ) 頁: 1494-1500   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Application of a Z-shaped umbilical incision and asaline-cooled radiofrequency device to single-incision laparoscopic surgery for a huge liver cyst: report of a case. 査読有り

    Igami T, Tsuchiya T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    International Surgery   100 巻 ( 6 ) 頁: 1098-1103   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. The impact of Girdin expression on recurence-free survival in patients with luminal-type breast cancer. 査読有り

    Nishimae K, Tsunoda N, Yokoyama Y, Kokuryo T, Iwakoshi A, Takahashi M, Nagino M.

    Breast Cancer   22 巻 ( 5 ) 頁: 445-451   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Single-incisin laparoscopic cholecystectomy after endoscopic nasogallbladder drainage: A case report. 査読有り

    Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Nagino M.

    Med Princ Pract.   24 巻 ( 5 ) 頁: 496-499   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Does inchinkoto, a herbal medicine, have hepatoprotective effects in major hepatectomy? A prospective randomized study. 査読有り

    Mizutani T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    HPB (Oxford)   17 巻 ( 5 ) 頁: 461-469   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Clinicopathological significance of mucin production in patients with papillary cholangiocarcinoma. 査読有り

    Onoe S, Shimoyama Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nakamura S, Nagino M.

      39 巻 ( 5 ) 頁: 1177-1184   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Assessment of percutaneous transhepatic portal vein embolization with portal vein stenting for perihilar cholangiocarcinoma with severe portal vein stenosis. 査読有り

    Hyodo R, Suzuki K, Ebata T, Komada T, Mori Y, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Naganawa S, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   22 巻 ( 4 ) 頁: 310-315   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Single-incision laparoscopic cholecystectomy for cholecystitis requiring percutaneous transhepatic gallbladder drainage. 査読有り

    Igami T, Aoba T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Nagino M.

    Surgery Today   45 巻 ( 3 ) 頁: 305-309   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Surgery for recurrent biliary tract cancer: A single-center experience with 74 consecutive resections. 査読有り

    Takahashi Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nimura Y, Nagino M.

    Annals of Surgery   262 巻 ( 1 ) 頁: 121-129   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Prospective Evaluation of the International Study Group for Liver Surgery Definition of Bile Leak after Liver Resection and the Role of Routine Operative Drainage: An International Multicentre Study. 査読有り

    Brooke-Smith M, Figueras J, Ullah S, Rees M, Vauthey JN, Hugh TJ, Garden OJ, Fan ST, Crawford M, Makuuchi M, Yokoyama Y, Büchler M, Weitz J, Padbury R.

    HPB (Oxford)   17 巻 ( 1 ) 頁: 46-51   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Application of a Z-shaped umbilical incision and asaline-cooled radiofrequency device to single-incision laparoscopic surgery for ha huge liver cyst: report of a case. 査読有り

    158. Igami T, Tsuchiya T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    International Surgery   100 巻 ( 6 ) 頁: 1098-1103   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Hepatopancreatoduodenectomy with arterial reconstruction for extrahepatic cholangiocarcinoma with celiac axis obstruction: report of a case. 査読有り

    Nakagawa A, Sugawara G, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Shingu Y, Nagino M.

    Surgery Today   44 巻 ( 12 ) 頁: 2374-2377   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Management strategy for biliary stricture following laparoscopic cholecystectomy. 査読有り

    Sugawara G, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Mizuno T, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   21 巻 ( 12 ) 頁: 889-895   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. A study of the right intersectional plane (right portal scissura) of the liver based on virtual left hepatic trisectionectomy.

    Sato F, Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    World Journal of Surgery   38 巻 ( 12 ) 頁: 3181-3185   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Application of a three-dimensional print of a liver in hepatectomy for small tumors invisible by intraoperative ultrasonography: preliminary experience. 査読有り

    Igami T, Nakamura Y, Hirose T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Mizuno T, Mori K, Nagino M.

    World Journal of Surgery   38 巻 ( 12 ) 頁: 3163-3166   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. The pathologic correlation between liver and portal vein invasion in perihilar cholangiocarcinoma: evaluating the oncologic rationale for the American Joint Committee on Cancer Definitions of T2 and T3 tumors. 査読有り

    Ito T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Shimoyama Y, Nagino M.

    World Journal of Surgery   38 巻 ( 12 ) 頁: 3215-3221   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. The adverse effects of preoperative cholangitis on the outcome of portal vein embolization and subsequent major hepatectomies. 査読有り

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    Surgery   156 巻 ( 5 ) 頁: 1190-1196   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Incidence and risk factors for incisional hernia after abdominal surgery. 査読有り

    Itatsu K, Yokoyama Y, Sugawara G, Kubota H, Tojima Y, Kurumiya Y, Kono H, Yamamoto H, Ando M, Nagino M.

      101 巻 ( 11 ) 頁: 1439-1447   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Incidence of and risk factors for incisional hernia after abdominal surgery. 査読有り

    Itatsu K, Yokoyama Y, Sugawara G, Kuobota H, Tojima Y, Kurumiya Y, Kono H, Ymamoto H, Ando M, Nagino M

    British Journal of Surgery   101 巻 ( 11 ) 頁: 1439-1447   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Review of hepatopancreatoduodenectomy for biliary cancer: an extended radical approach of Japanese origin. 査読有り

    Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   21 巻 ( 8 ) 頁: 550-555   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Surgical technique of hepatectomy combined with simultaneous resection of hepatic artery and portal vein for perihilar cholangiocarcinoma (with video). 招待有り 査読有り

    Ebata T, Ito T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   21 巻 ( 8 ) 頁: E57-61   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Risk factors for incisional surgical site infections in elective surgery for colorectal cancer: focus on intraoperative meticulous wound management. 査読有り

    Itatsu K, Sugawara G, Kaneoka Y, Kato T, Takeuchi E, Kanai M, Hasegawa H, Arai T, Yokoyama Y, Nagino M.

    Surgery Today   44 巻 ( 7 ) 頁: 1242-1252   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Postoperative complications following neoadjuvant bevacizumab treatment for advanced colorectal cancer. 査読有り

    Yoshioka Y, Uehara K, Ebata T, Yokoyama Y, Mitsuma A, Ando Y, Nagion M.

    Surgery Today   44 巻 ( 7 ) 頁: 1300-1306   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Postoperative complications following neoadjuvant bevacizumab treatment for advanced colorectal cancer. 査読有り

    Yoshioka Y, Uehara K, Ebata T, Yokoyama Y, Mitsuma A, Ando Y, Nagion M.

      44 巻 ( 7 ) 頁: 1300-1306   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Risk factors for incisional surgical site infections in elective surgery for colorectal cancer: focus on intraoperative meticulous wound management. 査読有り

    Itatsu K, Sugawara G, Kaneoka Y, Kato T, Takeuchi E, Kanai M, Hasegawa H, Arai T, Yokoyama Y, Nagino M.

    Surgery Today   44 巻 ( 7 ) 頁: 1242-1252   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Randomized controlled trial on timing and number of sampling for bile aspiration cytology. 査読有り

    Tsuchiya T, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Kato K, Shimoyama Y, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   21 巻 ( 6 ) 頁: 433-438   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Portal vein embolization using absolute ethanol: evaluation of its safety and efficacy. 査読有り

    Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Takahashi Y, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   21 巻 ( 9 ) 頁: 676-681   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Adenocarcinoma arising from sacrococcygeal mature teratoma in an adult female: report of a case. 査読有り

    Matsumoto N, Uehara K, Ando M, Arimoto J, Kato T, Nakamura H, Ebata T, Yokoyama Y, Nagino M

    Frontiers in Oncology   4 巻   頁: 117   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Two-stage operation for synchronous triple primary cancer of the esophagus, stomach, and ampulla of Vater: report of a case. 査読有り

    Fukaya M, Abe T, Yokoyama Y, Itatsu K, Nagino M.

    Surgery Today   44 巻 ( 5 ) 頁: 967-971   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Hepatopancreatoduodenectomy for anastomotic recurrence from residual cholangiocarcinoma: report of a case. 査読有り

    Natsume S, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Nagino M.

    Surgery Today   44 巻 ( 5 ) 頁: 952-956   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. Current scenario for the hepatoprotective effects of Inchinkoto (ICKT), a traditional herbal medicine, and its clinical application in liver surgery: A review. 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M.

      44 巻 ( 4 ) 頁: 384-394   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Predictive power of prothrombin time and serum total bilirubin for postoperative mortality after major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection. 査読有り

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Ando M, Nagino M.

    Surgery   155 巻 ( 2 ) 頁: 280-291   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. The detection of intraoperative bacterial translocation in the mesenteric lymph nodes is useful in predicting patients at high risk for postoperative infectious complications after esophagectomy. 査読有り

    Nishigaki E, Abe T, Yokoyama Y, Fukaya M, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    Annals of Surgery   259 巻 ( 3 ) 頁: 477-484   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Is the enteral replacement of externally drained pancreatic juice valuable after panreatoduodenectomy? 査読有り

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Nagino M

    Yokoyama Y   44 巻 ( 2 ) 頁: 252-259   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Prognostic delineation of papillary cholangiocarcinoma based on the invasive proportion: a single-institution study with 184 patients. 査読有り

    Onoe S, Shimoyama Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nakamura S, Nagion M.

    Surgery   155 巻 ( 2 ) 頁: 280-291   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Randomized clinical trial on the effect of perioperative synbiotics versus no synbiotics on bacterial translocation after oesophagectomy. 査読有り

    Yokoyama Y, Nishigaki E, Abe T, Fukaya M, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    British Journal of Surgery   101 巻 ( 3 ) 頁: 189-199   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Role of anatomical right hepatic trisectionectomy for perihilar cholangiocarcinoma. 査読有り

    Matsumoto N, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Shimoyama Y, Nagino M.

    British Journal of Surgery   101 巻 ( 3 ) 頁: 261-268   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Inihibition of Tol-like receptor 4 suppresses liver injury induced by biliary obstruction and subsequent intraportal lipopolysaccharide injection. 査読有り

    Oya S, Yokoyama Y, Kokuryo T, Uno M, Yamauchi K, Nagino M.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol.   306 巻 ( 3 ) 頁: G244-252   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. The determination of bile leakage in complex hepatectomy based on the guidelines of the International Study Group of Liver Surgery. 査読有り

    Taguchi Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Kokuryo T, Wakai K, Nagino M.

    World Journal of Surgery   38 巻 ( 1 ) 頁: 168-176   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Inflammation increases cells expressing ZSCAN4 and progenitor-cell markers in the adult pancreas.

    Ko S, Azuma S, Yokoyama Y, Yamamoto A, Kyokane K, Niida S, Ishiguro H, Ko M.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   304 巻 ( 12 ) 頁: G1103-16   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Quantitiative proteomic profiling identifies DPYSL3 as pancreatic ductal adenocarcinoma-associated molecule that regulates cell adhesion and migration by stabilization of focal adhesion complex. 査読有り

    Kawahara T, Hotta N, Ozawa Y, Kato S, Kano K, Yokoyama Y, Nagino M, Takahashi T, Yanagisawa K.

    PLOS ONE   8 巻 ( 12 ) 頁: e79654   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Hepatobiliary resection with concomitant resection of the inferior vena cava for advanced intrahepatic cholangiocarcinoma: report of a case. 査読有り

    Nakagawa A, Igami T, Sugawara G, Ebata T, Yokoyama Y, Takahashi Y, Ando H, Nagino M.

    Surgery Today   43 巻 ( 11 ) 頁: 1321-1325   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Combination therapy with single incision laparoscopic surgery and double-balloon endoscopy for small intestinal bleeding: report of three cases. 査読有り

    Uehara K, Yoshioka Y, Ebata T, Yokoyama Y, Nakamura M, Ohmiya N, Goto H, Nagino M.

    Surgery Today   43 巻 ( 9 ) 頁: 1062-1065   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Evolution of surgical treatment for perihilar cholangiocarcinoma: A single-center 34-year review of 574 consecutive resections. 査読有り

    Nagino M, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Nimura Y.

    Annals of Surgery   258 巻 ( 4 ) 頁: 129-140   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Salvage hepatectomy for perihilar malignancy treated initially with biliary self-expanding metallicv stents.

    Fukami Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    Surgery   153 巻 ( 5 ) 頁: 627-633   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Assessment of nodal status for perihilar cholangiocarcinoma: Location, number, or ratio of involved nodes.

    Aoba T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Nimura Y, Nagino M.

    Annals of Surgery   257 巻 ( 4 ) 頁: 718-725   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Protective effects of banched-chain amino acids on hepatic ischemia-reperfusion-induced liver injury in rats: a direct attenuation of Kupffer cell activation.

    Kitagawa T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Nagino M.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   304 巻 ( 4 ) 頁: G346-355   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Surgical treatment of perihilar cholangiocarcinoma in octogenarians: a single center experience.

    Takahashi Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci   20 巻 ( 3 ) 頁: 324-331   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. The effect of preoperative biliary drainage on infectious complications after hepatobiliary resection with choangiojejunostomy.

    Sugawara G, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Takahashi Y, Takara D, Nagino M.

    Surgery   153 巻 ( 2 ) 頁: 200-210   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Endothelial nitric oxide synthase plays a main role in producing nitric oxide in the super-acute phase of hepatic ischemia prior to the upregulation of inducible nitric oxide synthase.

    Miyake T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Mizutani T, Imamura A, Nagino M.

    Journal of Surgical Research   183 巻 ( 2 ) 頁: 742-51   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Single-incision laparoscopic cholecystectomy for porcelain gallbladder: A case report.

    Igami T, Usui H, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Takahashi Y, Nagino M.

    Asian J Endosc Surg   6 巻 ( 1 ) 頁: 52-54   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Calcitonin gene-related peptide regulates the early phase of liver regeneration.

    Mizutani T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Miyake T, Nagino M.

    Journal of Surgical Research   183 巻 ( 1 ) 頁: 138-45   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Seven-signal proteomic signature for detection of operable pancreatic ductal adenocarcinoma and their discrimination from autoimmune pancreatitis.

    Yanagisawa K, Tomida S, Matsuo K, Arima C, Kusumegi M, Yokoyama Y, Ko SB, Mizuno N, Kawahara T, Kuroyanagi Y, Takeuchi T, Goto H, Yamao K, Nagino M, Tajima K, Takahashi T.

    International Journal of Proteomics     頁: in press   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. An increased VWF/ADAMTS13 ratio may predict postoperative thrombotic complications following major hepatectomy.

    Kobayashi S, Yokoyama Y, Matsushita T, Kainuma M, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Nagino M.

    Archives of Surgery   147 巻 ( 10 ) 頁: 909-917   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Hepatopancreatoduodenectomy for cholangiocarcinoma: A single-center review of 85 consecutive patients.

    Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Nimura Y, Nagino M.

    Annals of Surgery   256 巻 ( 2 ) 頁: 297-305   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Toward a new concept of liver surgery: Real-time monitoring of liver damage during ischemia-reperfusion using a nitric oxide sensor in rat liver.

    Nakagawa A, Yokoyama Y, Suzuki H, Shoji K, Watanabe Y, Kokuryo T, Nagino M.

    British J Surgery   99 巻 ( 8 ) 頁: 1120-1128   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Clinical significance of left trisectionectomy for perihilar cholangiocarcinoma: an appraisal and comparison with left hepatectomy. 査読有り

    Natsume S, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Shimoyama Y, Nagino M.

    Annals of Surgery   255 巻 ( 4 ) 頁: 754-762   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Diagnostic ability of MDCT to assess right hepatic artery invasion by perihilar cholangiocarcinoma with left-sided predominance. 査読有り

    Fukami Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Suzuki K, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   19 巻 ( 2 ) 頁: 179-186   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Locally recurrent rectal cancer successfully treated by total pelvic exenteration with combined ischiopubic rami resection : report of a case. 査読有り

    Uehara K, Yoshioka Y, Taguchi Y, Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Tsukushi S, Nishida Y, Yoshino Y, Nagino M.

    Jpn J Clin Oncol.   42 巻 ( 1 ) 頁: 58-62   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Adipose tissue-derived mesenchymal stem cell transplantation promotes hepatic regeneration following hepatic ischemia-reperfusion and subsequent hepatectomy in rats.

    Seki T, Yokoyama Y, Nagsasaki H, Kokuryo T, Nagino M.

    Journal of Surgical Research   178 巻 ( 1 ) 頁: 63-70   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Portal vein embolization before extended hepatectomy for biliary cancer: Current technique and review of 494 consecutive embolizations. 査読有り

    Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Nagino M.

    Digestive Surgery   29 巻   頁: 23-29   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Antitumor effects of alpha-bisabolol against pancreatic cancer. 査読有り

    Seki T, Kokuryo T, Yokoyama Y, Suzuki H, Itatsu K, Nakagawa A, Mizutani T, Miyake T, Uno M, Yamauchi K, Nagino M.

    Cancer Science   102 巻 ( 12 ) 頁: 2199-2205   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Staging of peripheral-type intrahepatic cholangiocarcinoma: Appraisal of the new TNM classification and its modifications. 査読有り

    Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Takahashi Y, Nagion M.

    World J Surg.   35 巻 ( 11 ) 頁: 2501-2509   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Hepatolithiasis in the hepatic hilum mimicking hilar cholangiocarcinoma: A case report-Intrahepatic stone of unusual appearance-. 査読有り

    Senda Y, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    Surgery Today   41 巻 ( 9 ) 頁: 1243-1246   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Post-hepatectomy hemorrhage : a definition and grading by the international study group of liver surgery (ISGLS). 査読有り

    Rahbari NN, Garden OJ, Padbury R, Maddern G, Koch M, Hugh TJ, Fan ST, Nimura Y, Figueras J, Vauthey JN, Rees M, Adam R, DeMatteo RP, Greig P, Usatoff V, Banting S, Nagino M, Capussotti L, Yokoyama Y, Brooke-Smith M, Crawford M, Christophi C, Makuuchi M, Büchler MW, Weitz J.

    HPB (Oxford).   13 巻 ( 8 ) 頁: 528-535   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. “Supraportal” right posterior hepatic artery: an anatomic trap in hepatobiliary and transpolant surgery. 査読有り

    Yoshioka Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    World Journal of Surgery.   35 巻 ( 6 ) 頁: 1340-1344   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Posthepatectomy liver failure: A definition and grading by the International Study Group of Liver Surgery (ISGLS). 査読有り

    Rahbari NN, Garden OJ, Padbury R, Brooke-Smith M, Crawford M, Adam R, Koch M, Makuuchi M, Dematteo RP, Christophi C, Banting S, Usatoff V, Nagino M, Maddern G, Hugh TJ, Vauthey JN, Greig P, Rees M, Yokoyama Y, Fan ST, Nimura Y, Fiqueras J, Capussotti L, Buchler MW, Weitz J.

    Surgery   149 巻 ( 5 ) 頁: 713-724   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Bile leakage after hepatobiliary and pancreatic surgery: A definition and grading of severity by the International Study Group of Liver Surgery (ISGLS). 査読有り

    Koch M, Garden OJ, Padbury R, Rahbari NN, Adam R, Capussotti L, Fan ST, Yokoyama Y, Crawford M, Makuuchi M, Christophi C, Banting S, Brooke-Smith M, Usatoff V, Nagino M, Maddern G, Hugh TJ, Vauthey JN, Greig P, Rees M, Nimura Y, Fiqueras J, Dematteo RP, Buchler MW, Weitz J.

    Surgery   149 巻 ( 5 ) 頁: 680-688   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Gallbladder cancer involving the extrahepatic bile duct is worthy of resection. 査読有り

    Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    Annals of Surgery.   253 巻 ( 5 ) 頁: 953-960   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Preoperative biliary MRSA infection in patients undergoing hepatobiliary resection with cholangiojejunostomy: incidence, antibiotic treatment, and surgical outcome. 査読有り

    Takara D, Sugawara G, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Nagino M.

    World Journal of Surgery.   35 巻 ( 4 ) 頁: 850-857   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Segmental cholangitis impairs hepatic regneration capacity following partial hepatectomy in rats. 査読有り

    Watanabe K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M.

    HPB (Oxford).   12 巻 ( 1 ) 頁: 664-673   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Intraoperative bacterial translocation detected by bacterium-specific ribosomal RNA-targeted RT-PCR for the mesenteric lymph node strongly predicts postoperative infectious complications following major hepatectomy for biliary malignancies. 査読有り

    Mizuno T, Yokoyama Y, Nishio H, Ebata T, Sugawara G, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    Annals of Surgery   252 巻 ( 6 ) 頁: 1013-1019   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Suppression of TLK1 expression sensitizes cholangiocarcinoma cells to cisplatin-induced apoptosis. 査読有り

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Ito S, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T.

    Cancer Letter   296 巻 ( 1 ) 頁: 27-34   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Cytoplasmic expression of the JM403 antigen GlcAGlcNH3 on heparan sulfate glycosaminoglycan in mammary carcinomas – a novel proliferative biomarker for breast cancers with high malighnancy. 査読有り

    Fujii M, Yusa A, Yokoyama Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Oda K, Nagino M, Ishimaru T, Shimoyama Y, Utsunomiya H, Iwata H, Itoh Y, Itoh J, Kannagi R, Kyogashima M.

    Glycoconj J.   27 巻 ( 7-9 ) 頁: 661-672   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. Surgical treatment of hilar cholangiocarcinoma in the new era. The Nagoya University experience. 査読有り

    Igami T, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Nimura Y, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg   17 巻 ( 4 ) 頁: 449-454   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. Suppression of TLK1 expression sensitizes cholangiocarcinoma cells to cisplatin-induced apoptosis. 査読有り

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Ito S, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T.

    Cancer Letter   296 巻 ( 1 ) 頁: 27-34   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Surgical treatment of hilar cholangiocarcinoma in the “new era”: the Nagoya University experience. 査読有り

    Igami T, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Nimura Y, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg.   17 巻 ( 4 ) 頁: 449-454   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. A novel combination treatment for colorectal cancer using Nek2 siRNA and cisplatin. 査読有り

    Suzuki K, Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M.

    Cancer Science   101 巻 ( 5 ) 頁: 1163-1169   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Inchinkoto, an herbal medicine, exerts beneficial effects in the rat liver under stress with hepatic ischemia-reperfusion and subsequent hepatectomy. 査読有り

    Kawai K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Watanabe K, Kitagawa T, Nagino M.

    Annals of Surgery   251 巻 ( 4 ) 頁: 692-700   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. Future liver remnant ICG clearance in predicting outcome in biliary cancer surgery. 査読有り

    Yokoyama Y, Nishio H, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Nagino M.

    Br J Surg   97 巻 ( 8 ) 頁: 1260-1268   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. 15-Deoxy-delta12,14-prostaglandin J1 prevents inflammatory response and endothelial cell damage in rats with acute obstructive cholangitis. 査読有り

    Watanabe K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   298 巻 ( 3 ) 頁: G410-418   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Using the greater omental flap to cover the cut surgace of the liver for prevention of delayed gastric emtpying after left-sided hepatobiliary resection: a prospective randomized controlled trial. 査読有り

    Igami T, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci.   18 巻 ( 2 ) 頁: 176-183   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Estrogen promotes hepatic regeneration via activating serotonergic signal following portal vein branch ligation in rats. 査読有り

    Kitagawa T, Yokoyama Y, Kawai T, Nagino M, Nimura Y.

    Shock   31 巻 ( 6 ) 頁: 648-651   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. Advances in the treatment of pancreatic cancer. Limiations of surgery and evaluation of new therapeutic strategies. 査読有り

    Yokoyama Y, Nimura Y, Nagino M.

    Surgery Today   39 巻 ( 6 ) 頁: 466-475   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Clinicopathologic study of cholangiocarcinoma with superficial spread. 査読有り

    Igami T, Nagino M, Oda K, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Shimoyama Y.

    Annals of Surgery   249 巻 ( 2 ) 頁: 296-302   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. Nek1 as a novel molecular target for the treatment of breast cancer. 査読有り

    Tsunoda N, Kokuryo T, Oda K, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M.

    Cancer Science   100 巻 ( 1 ) 頁: 111-116   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. A rare surgical case of multiple liver resections for recurrent liver metastases from pancreatic gastrinoma: liver and vena cava resection. 査読有り

    Pachera S, Yokoyama Y, Nishio H, Oda K, Ebata T, Igami T, Abe T, Singu Y, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg   16 巻 ( 5 ) 頁: 692-698   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. Small pancreatic carcinoma misdiagnosed as superficially spreading cholangiocarcinoma. 査読有り

    Igami T, Yokoyama Y, Nishio H, Ebata T, Shimoyama Y, Nakamura S, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg   16 巻 ( 4 ) 頁: 579-584   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. A left hepatectomy and caudate lobectomy combined resection of the ventral segment of the right anterior sector for hilar cholangiocarcinoma. The efficacy of portal vein embolization in identifying the hepatic subsegment. Report of a case. 査読有り

    Igami T, Yokoyama Y, Nishio H, Ebata T, Sugawara G, Senda Y, Oda K, Abe T, Uehara K, Nagino M.

    Surgery Today   39 巻 ( 7 ) 頁: 628-632   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. Value of multidetector row CT in the assessment of longitudinal extension of cholangiocarcionoma. Correlation between MDCT and microscopic findings. 査読有り

    Senda Y, Nihio H, Oda K, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugiura T, Shimoyama Y, Nimura Y, Nagino M.

    World Journal of Surgery   33 巻 ( 7 ) 頁: 1459-1467   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. Superextended hepatectomy for resection of multiple giant hemangiomas: report of a case. 査読有り

    Pachera S, Nishio H, Yamada H, Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Abe T, Matsubara H, Koutarou H, Nagino M.

    Surgery Today   39 巻 ( 5 ) 頁: 452-455   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Choleretic effect of Inchin-ko-to (ICKT) for the patients with biliary obstruction due to bile duct carcinoma. 査読有り

    Watanabe S, Yokoyama Y, Oda K, Kokuryo T, Shoda J, Okada K, Utsunomiya H, Nagino M.

    Hepatology Research   39 巻   頁: 247-255   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. Treatment of pancreatic fistula after pancreatoduodenectomy using a hand-made T-tube. 査読有り

    Igami T, Kamiya Y, Yokoyama Y, Nishio H, Ebata T, Sugawara G, Nimura Y, Nagino M.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg   16 巻 ( 5 ) 頁: 661-667   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. Papillary hyperplasia of the gallbladder in pancreaticobiliary maljunction represents a senescence-related lesion induced by lysolecithin. 査読有り

    Yamaguchi J, Sasaki M, Harada K, Zen Y, Sato Y, Ikeda H, Itatsu K, Yokoyama Y, Ando H, Ohta T, Kukbota A, Shimizu K, Nimura Y, Nagino M, Nakanuma Y.

    Laobratory Investigation   89 巻 ( 9 ) 頁: 1018-1031   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. A patients with gallbladder cancer with para-aortic lympn node and hepatic metastasis who has survived more than twelve years after the primary extended radical operation. 査読有り

    Amemiya T, Yokoyama Y, Nagino M, Oda K, Nishio H, Ebata T, Igami T, Abe T, Nimura Y.

    J Hepatobiliary Pancreat Surg   15 巻 ( 6 ) 頁: 648-651   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Undifferentiated embryonal liver sarcoma. A case report and review of the literatures. 査読有り

    Pachera S, Nishio H, Takahashi Y, Yokoyama Y, Oda K, Ebata T, Igami T, Nagino M

    J Hepatobiliary Pancreat Surg   15 巻 ( 5 ) 頁: 536-544   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. Value of multidetector-row computed tomography in diagnosis of portal vein invasion by perihilar cholangiocarcinoma. 査読有り

    Sugiura T, Nishio H, Nagino M, Senda Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Oda K, Nimura Y.

    World J Surg   32 巻 ( 7 ) 頁: 1478-1484   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. The role of estrogen receptor subtypes on hepatic neutrophil accumulation following trauma-hemorrhage. Direct modulation of CINC-0 production by Kupffer cells. 査読有り

    Shimizu T, Suzuki T, Yu HP, Yokoyama Y, Choudhry MA, Bland KI, Chaudry IH.

    Cytokine   43 巻 ( 1 ) 頁: 88-92   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. Pancreatic metastasis from renal cell carcinoma: results of the surgical management and pathologic findings. 査読有り

    Koide N, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y.

    Pancreas   37 巻 ( 1 ) 頁: 104-107   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. Upregulated thromboxane production in the rat liver with biliary obstruction does not contribute to promote hepatic injury. 査読有り

    Yokoyama Y, Kawai T, Kawai S, Kitagawa T, Watanabe K, Kiyotaka K, Nagino M.

    Shock   29 巻 ( 6 ) 頁: 688-691   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. MEK inhibitor, U0125, enhances the inhibitory effect of imatinib on pancreatic cancer cell growth. 査読有り

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Senga T, Hamaguchi M.

    Cancer Letter   264 巻 ( 2 ) 頁: 241-249   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. Sex dimorphism in the outcome of preoperative right portal vein embolization. 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Oda K, Nishio H, Ebata T, Abe T, Igami T, Nimura Y

    Arch Surg   143 巻 ( 3 ) 頁: 254-259   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. New classification of cystic duct carcinoma. 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Oda K, Nishio H, Ebata T, Igami T, Abe T, Nimura Y

    World J Surg   32 巻 ( 4 ) 頁: 621-626   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Nek2 as an effective target for inhibition of tumorigenic growth and peritoneal dissemination of cholangiocarcinoma. 査読有り

    Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M

    Cancer Research   67 巻 ( 20 ) 頁: 9637-9642   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Recent advances in treatment of hilar cholangiocarcinoma: Portal vein embolization. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Yuasa N, Oda K, Nishio H, Ebata T, Igami T, Nimura Y

    J HPB Surg   14 巻 ( 5 ) 頁: 447-454   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. Which gender is better positioned in the process of liver surgery? Male or female? 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y

    Surg Today   37 巻   頁: 823-830   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. Clinicopathologic features of re-resected cases of intraductal papillary mucinous neoplasms (IPMNs). 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Nishio H, Ebata T, Abe T, Igami T, Nimura Y

    Surgery   142 巻 ( 2 ) 頁: 136-142   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. Mechanism of impaired hepatic regeneration in cholestatic liver. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y

    J HPB Surg   14 巻 ( 2 ) 頁: 159-166   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. The mechanism of oxygen radical-mediated bile flow reduction: the role of intracellular cyclic AMP. 査読有り

    Kawai S, Arai T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y

    J Gastroenterol Hepatol   22 巻 ( 3 ) 頁: 429-435   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. Mechanisms of hepatic regeneration comparing partial hepatectomy and portal vein embolization: A review. 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y

    W J Surg   31 巻 ( 2 ) 頁: 367-374   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. Does estrogen contribute to hepatic regeneration following portal vein ligation? 査読有り

    Kawai T, Yokoyama Y, Kawai S, Yokoyama S, Oda K, Nagasaka T, Nagino M, Chaudry IH, Nimura Y

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   292 巻 ( 2 ) 頁: G582-589   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Is there any effect of renal failure on the hepatic regeneration capacity following partial hepatectomy in rats? 査読有り

    Kawai T, Yokoyama Y, Kitagawa T, Nagino M, Nimura Y.

    Biochem Biophysic Res Commun   352 巻 ( 2 ) 頁: 311-316   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肝硬変などの肝機能障害に伴い腎機能も悪化することは良く知られているが、逆に腎不全が肝機能にどのような影響を及ぼすかはあまり調べられていない。特に肝再生に及ぼす影響についての情報は皆無である。本研究では、慢性腎不全の肝再生に及ぼす影響を分子生物学的、生理学的に検討した。

  254. Intrahepatic cholangiojejunostomy following hepatobiliary resection: Results in 422 consecutive cases. 査読有り

    Nagino M, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Nimura Y

    Br J Surg   94 巻 ( 1 ) 頁: 70-77   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Pancreatic and duodenal invasion in distal bile duct cancer: Paradox in the tumor classification of the American Joint Committee on Cancer. 査読有り

    Ebata T, Nagino M, Nishio H, Igami T, Yokoyama Y, Nimura Y.

    World J Surg   31 巻 ( 10 ) 頁: 2008-2015   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Infraportal bile duct of the caudate lobe. A troublesome anatomic variation in right sided hepatectomy for perihilar cholangiocarcinoma.

    Sugiura T, Nagino M, Kamiya J, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Nimura Y

    Ann Surg   246 巻 ( 5 ) 頁: 794-798   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. Aggressive surgery for stage IV gallbladder carcinoma; what are the contraindications? 査読有り

    Nishio H, Nagino M, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Nimura Y

    J HPB Surg   14 巻 ( 4 ) 頁: 351-357   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Hepati arterial flow becomes the primary supply of sinusoids following partial portal vein ligation. 査読有り

    Yokoyama Y, Wawrzyniak A, Sarmadi AM, Baveja R, Gruber HE, Clemens MG, Zhang JX.

    J Gastroenterol Hepatol   21 巻 ( 10 ) 頁: 1567-1574   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Biphasic activation of liver regeneration-associated signals at an early stage after portal vein branch ligation. 査読有り

    Yokoyama S, Yokoyama Y, Kawai T, Kobayashi S, Nagino M, Oda K, Nimura Y, Sokabe M.

    Biochem Biophysic Res Commun   349 巻 ( 2 ) 頁: 732-739   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Evaluation of hepatic interleukin-5 secretion following portal branch ligation using a minimal surgical stress model. 査読有り

    Kobayashi S, Nagino M, Yokoyama Y, Nimura Y, Sokabe M.

    J Surg Res   135 巻 ( 1 ) 頁: 27-33   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. Disruption of phospholipase C delta 3 gene modulates the liver regeneration in cooperation with nuclear protein kinase C. 査読有り

    Akutagawa A, Fukami K, Banno Y, Takenawa T, Kannagi R, Yokoyama Y, Oda K, Nagino M, Nimura Y, Yoshida S, Tamiya-Koizumi K.

    J Biochem   140 巻 ( 5 ) 頁: 619-625   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. Role of thromboxane in producing hepatic injury during hepatic stress. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Nimura Y, Nagino M, Bland KI, Chaudry IH

    Arch Surg   140 巻 ( 8 ) 頁: 801-807   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Intense PET signal in the degenerative necrosis superimposed on chronic pancreatitis. A case report. 査読有り

    Yokoyama Y, Nagino M, Yuasa N, Oda k, Arai T, Nishio H, Ebata T, Nimura Y

    Pancreas   31 巻 ( 2 ) 頁: 192-194   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Current understanding of gender dimorphism in hepatic pathophysiology. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Nimura Y, Nagino M, Bland KI, Chaudry IH

    J Surg Res   128 巻   頁: 147-156   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肝臓の病態生理には男女差があると考えられるが、本論文はこれまでに知られている肝臓病態生理の知見をレビューしまとめたものである。

  265. Insights into the role of IL-6 in the induction of hepatic injury after trauma-hemorrhagic shock. 査読有り

    Toth B, Yokoyama Y, Schwacha MG, George RL, Rue III LW, Bland KI, Chaudry IH

    J Appl Physiol   97 巻 ( 6 ) 頁: 2184-2189   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. Estradiol’s effects on portal response to endothelin-1 after trauma-hemorrhage. 査読有り

    Yokoyama Y, Toth B, Kitchens WC, Schwacha MG, Rue LW 3rd, Bland KI, Chaudry IH

    J Surg Res   121 巻 ( 1 ) 頁: 25-30   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    University of Alabama at Birmingham, Department of SurgeryのDr. Irshad H. Chaudryの指導により行った研究。ラットのtrauma-hemorrhageモデルを使い、血管収縮物質であるエンドセリンの門脈系収縮作用に対するエストロゲンの影響をみた。

  267. Remote trauma sensitizes hepatic microcirculation to endothelin via caveolin inhibition of eNOS activity. 査読有り

    Ashburn JH, Baveja R, Kresge N, Korneszczuk K, Keller S, Karaa A, Yokoyama Y, Zhang JX, Huynh T, Clemens MG

    Shock   22 巻 ( 2 ) 頁: 120-130   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. Alpha1-acid-glycoprotein protects against trauma-hemorrhagic shock. 査読有り

    Kuebler JF, Toth B, Yokoyama Y, Bland KI, Rue LW, Chaudry IH

    J Surg Res   119 巻 ( 1 ) 頁: 21-28   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. The role of IL-10 in regulating proinflammatory cytokine release by Kupffer cells following trauma-hemorrhage. 査読有り

    Yokoyama Y, Toth B, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    Am J Physiol   286 巻 ( 6 ) 頁: G942-946   2004年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Gender differences in small intestinal endothelial function: The inhibitory role of androgens. 査読有り

    Ba ZF, Yokoyama Y, Toth B, Rue III LW, Bland KI, Chaudry IH

    Am J Physiol   286 巻 ( 3 ) 頁: G452-457   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. Sex differences in hepatic heme oxygenase expression and activity following trauma and hemorrhagic shock. 査読有り

    Toth B, Yokoyama Y, Kuebler JF, Schwacha MG, Rue III LW, Bland KI, Chaudry IH

    Arch Surg   138 巻 ( 12 ) 頁: 1375-1382   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. Upregulation of hepatic prolactin receptor gene expression by 17beta-estradiol following trauma- hemorrhage. 査読有り

    Yokoyama Y, Williams KC, Toth B, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    J Appl Physiol   95 巻 ( 6 ) 頁: 2530-2536   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Effect of estradiol administration on splanchnic perfusion following trauma-hemorrhage and sepsis. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    Current Opinion in Critical Care   9 巻 ( 2 ) 頁: 137-142   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. Administration of progesterone after trauma and hemorrhagic shock prevents hepatocellular injury. 査読有り

    Kuebler JF, Yokoyama Y, Jarrar D, Toth B, Bland KI, Rue III LW, Wang P, Chaudry IH

    Arch Surg   138 巻 ( 7 ) 頁: 727-734   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. Role of thromboxane A2 (TXA2) in portal hypertension in bile duct ligated rat liver. 査読有り

    Yokoyama Y, Xu H, Kresge N, Sarmadi AH, Baveja R, Clemens MG, Zhang JX

    Am J Physiol   284 巻 ( 3 ) 頁: G453-460   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. Role of thromboxane in producing portal hypertension following trauma-hemorrhage. 査読有り

    Yokoyama Y, Toth B, Kuebler JF, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    Am J Physiol   285 巻 ( 6 ) 頁: G1293-1299   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. The role of female sex hormones in preventing mortality in sepsis. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    Advances in Sepsis   2 巻   頁: 127-132   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. Mechanism of the salutary effects of 17beta-estradiolfollowing trauma-hemorrhage: Direct downregulation of Kupffer cell proinflammatory cytokine production. 査読有り

    Yokoyama Y, Kuebler JF, Matsutani T, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    Cytokine   21 巻   頁: 1-7   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Endothelin-1 and heme oxygenase-1 as modulators of sinusoidal tone in the stress-exposed rat liver. 査読有り

    Rensing H, Bauer I, Zhang JX Paxian M, Pannen BH, Yokoyama Y, Clemens MG, Bauer M

    Hepatology   36 巻 ( 6 ) 頁: 1453-1465   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. Potentiated hepatic microcirculatory response to endothelin-1 during polymicrobial sepsis. 査読有り

    Baveja R, Kresge N, Ashburn JH, Keller S, Yokoyama Y, Sonin N, Zhang JX, Huynh T, and Clemens MG

    Shock   18 巻 ( 5 ) 頁: 415-422   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. Endothelin impairs oxygen delivery in livers from LPS-primed animals. 査読有り

    Baveja R, Yokoyama Y, Zhang JX, Clemens MG

    Shock   17 巻 ( 5 ) 頁: 383-388   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. LPS-induced imbalanced expression of hepatic vascular stress genes in cirrhosi: possible mechanism of increased susceptibilityto endotoxemia. 査読有り

    Baveja R, Yokoyama Y, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    Shock   17 巻 ( 4 ) 頁: 316-321   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. Endothelin receptor remodeling induces the portal venous hyper-response to endothelin-1 following endotoxin pretreatment. 査読有り

    Yokoyama Y, Baveja R, Kresge N, Sonin N, Nakanishi K, Zhang J, Gitzelmann C, Clemens MG

    Shock   17 巻 ( 1 ) 頁: 36-40   2002年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  284. Gender dimorphism in immune responses following trauma and hemorrhage. 招待有り 査読有り

    Yokoyama Y, Schwacha MG, Anantha Samy TS, Bland KI, Chaudry IH

    Immunologic Research   26 巻   頁: 121-134   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. Hepatic vascular response to elevated intraperitoneal pressure in the rat. 査読有り

    Yokoyama Y, Alterman DM, Sarmadi AH, Baveja B, Zhang JX, Huynh T, Clemens MG

    J Surg Res   150 巻 ( 2 ) 頁: 86-94   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. Altered endothelin receptor expression in prehepatic portal hypertension predisposes the liver to microcirculatory dysfunction in rats. 査読有り

    Yokoyama Y, Wawrzyniak A, Baveja R, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    J Hepatol   35 巻 ( 1 ) 頁: 29-36   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. Neovascularization of hepatic arterioles following partial portal vein ligation: A novel mechanism of chronic regulation in hepatic blood flow. 査読有り

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    Am J Physiol   280 巻   頁: G21-31   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. Functional significance of endothelin B receptors in mediating sinusoidal and extrasinusoidal effects of endothelins in the intact rat liver. 査読有り

    Bauer M, Bauer I, Sonin N, Kresge N, Baveja R, Yokoyama Y, Zhang J, Clemens MG

    Hepatology   31 巻 ( 4 ) 頁: 937-947   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  289. Primary carcinoid tumor of the gallbladder: resection of a case metastasizing to the liver and analysis of outcomes. 査読有り

    Yokoyama Y, Fujioka S, Kato K, Tomono H, Yoshida K, Nimura Y

    Hepatogastroenterology   47 巻 ( 31 ) 頁: 135-139   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  290. Altered endothelin receptor subtype expression in hepatic injury after ischemia/reperfusion. 査読有り

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Zhang J, Clemens MG

    Shock   13 巻 ( 1 ) 頁: 72-78   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  291. Thirty-six cases of obturator hernia; Does computed tomography contribute to postoperative outcome? 査読有り

    Yokoyama Y, Yamaguchi A, Isogai M, Hori A, Kaneoka Y.

    World J Surg   23 巻 ( 2 ) 頁: 214-216   1999年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 17

  1. 患者さんのための膵がん診療ガイドラインの解説

    横山幸浩( 担当: 単著)

    金原出版  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 核酸医薬開発の現状と展望

    國料俊男、横山幸浩、梛野正人( 担当: 共著)

    飯田橋パピルス  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. Cholangiocarcinoma

    Mizuno T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Nagino M.( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2015年 

     詳細を見る

    総ページ数:20   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 常在細菌叢が操るヒトの健康と疾患 高度外科侵襲手術における周術期シンバイティクス投与の有用性

    横山幸浩、梛野正人( 担当: 共著)

    羊土社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. The Current Scenario: Advanced Resectable Gallbladder Cancer, Diagnosis and Surgical Approach.

    Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Nagino M.( 担当: 共著)

    Elsevier Clinical Advisory Board  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 胆道がん 管理・治療・予後

    伊神剛、江畑智希、横山幸浩、菅原元、梛野正人( 担当: 共著)

    最新医学  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Venous Embolization of the Liver: Radiological and Surgical Practice. Biliary tract cancer.

    Yokoyama Y, Nagino M( 担当: 共著)

    2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. Venous Embolization of the Liver: Radiological and Surgical Practice. Sequential PVE and TAE for biliary tract cancer and liver metastases.

    Yokoyama Y, Nagino M( 担当: 共著)

    Springer  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. 膵臓がんの概観 膵臓とは

    横山幸浩( 担当: 単著)

    特定非営利活動法人 パンキャンジャパン  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 胆道外科の要点と盲点 第2版

    横山幸浩( 担当: 共著)

    文光堂  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. Female Hepatology; Impact of female sex against progression of liver disease: Gender dimorphic response to hepatic vascular stress

    Yukihiro Yokoyama, Irshad H. Chaudry( 担当: 共著)

    RESEARCH SIGNPOST  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. Cancer Imaging Vol2. Chronic pancreatitis versus pancreatic cancer: positron emission tomography

    Yukihiro Yokoyama, Masato Nagino, Yuji Nimura( 担当: 共著)

    Elsevier  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. 消化器外科学レビュー: 最新文献と解説: 胆嚢炎、胆管炎

    横山幸浩、梛野正人( 担当: 共著)

    総合医学社  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 肝再生の開始機構は何か?

    横山幸浩、小林聡、笹本彰紀、河合正巳、梛野正人( 担当: 共著)

    先端医学社  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. Endothelium Biomedicine. Trauma-hemorrhage and its effects on the endothelium with particular emphasis on gender dimorphism.

    Yukihiro Yokoyama, Irshad H. Chaudry( 担当: 共著)

    Cambridge University Press  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  16. 消化器外科学レビュー: 最新文献と解説: 胆嚢炎、胆管炎

    横山幸浩、梛野正人、二村雄次( 担当: 共著)

    総合医学社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. がんの新辞典 からだの科学: 膵がん

    横山幸浩、梛野正人、二村雄次( 担当: 共著)

    日本評論社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 79

  1. Surgeon initiated basic science research for the mechanisms of biliary obstruction-induced liver injury. 国際会議

    Yokoyama Y

    24th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. A predictive power of prothrombin time and serum total bilirubin for postoperative mortality after major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection. 国際会議

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nagino M.

    11th World Congress of International Hepato-Pancreato-Biliary Association. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. The adverse effect of preoperative cholangitis on the outcome of portal vein embolization and subsequent major hepatectomy. 国際会議

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Nagion M.

    11th World Congress of International Hepato-Pancreato-Biliary Association. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  4. Perioperative synbiotics treatment reduces postoperative bacteremia through suppression of bacterial translocation following highly invasive surgeries. 国際会議

    Yokoyama Y

    Seoul International Symposium of Surgical Oncology 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  5. Surgical basic sciences for the treatment against hepato-biliary-pancreatic cancer. A research work conducted by active surgeons. 国際会議

    Yokoyama Y

    Seoul International Symposium of Surgical Oncology 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  6. Perioperative synbiotics treatment reduces postoperative bacteremia through suppression of bacterial translocation following highly invasive surgeries. 国際会議

    Yokoyama Y

    8th Asia Pacific Conference on Clinicla Nutrition (APCCN2013).  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Gene profile related to the inhibitory effects of alpha-Bisabolol on cellular invasion of pancreas cancer. 国際会議

    Yokoyama Y, Uno M, Kokuryo T, Nagino M.

    9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  8. Risk factors of incisional surgical site infection (I-SSI) in the elective hepato-pancreato-biliary surgery: A multi-institutional prospective study. 国際会議

    Yokoyama Y, Itatsu K, Kaneoka Y, Kato T, Kanai M, Sugawara G, Nagino M.

    Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists, and Oncologists (IASGO).  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  9. The incidence of intraoperative bacterial translocation and its clinical impact on the postoperative course in highly invasive surgeries. 国際会議

    Yokoyama Y, Mizuno T, Abe T, Nishigaki E, Fukaya M, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists, and Oncologists (IASGO). 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  10. Intraoperative bacterial translocation detected by bacterium-specific ribosomal RNA-targeted RTqPCR for the mesenteric lymph node strongly predicts postoperative infectious complications. 国際会議

    Yokoyama Y, Mizuno T, Sugawara G, Asahara T, Nomoto K, Nagino M.

    The 25th European Congress on Surgical Infection.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スウェーデン王国  

  11. The effects of segmental cholangitis on hepatic regeneration capacity following partial hepatectomy. 国際会議

    Yokoyama Y, Watanabe K, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Nagino M.

    The 3rd Biennial Asian Pacific HPBA Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  12. Beneficial effects of inchinkoto, a herbal medicine, against the stress of major liver surgery. 国際会議

    Yokoyama Y, Kawai K, Kokuryo T, Watanabe K, Kitagawa T, Nagino M.

    The 3rd Biennial Asian Pacific HPBA Congress. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  13. Short-term outcomes of aggressive surgery for locally recurrent rectal cancer. 国際会議

    Uehara K, Ishiguro S, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Fukaya M, Itatsu K, Nagino M.

    The 15th European Society of Surgical Oncology.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  14. Investigation of gastroesophageal reflex diseases after distal gastrectomy with esophagogastric junction morphology, manometry, combined pH and bilirubin monitoring. 国際会議

    Fukaya M, Itatsu K, Uemura N, Miyata K, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Uehara K, Ishiguro S, Nagino M.

    The 12th World Congress of International Society for Diseases of the Esophagus.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. Margin length of the right posterior sectorial duct in left-sided hepatectomy for perihilar cholangiocarcinoma. 国際会議

    71. Natsume S, Ebata T, Sugawara G, Nishio H, Kokuryo T, Yokoyama Y, Tsunoda N, Fukaya M, Uehara K, Nagino M.

    9th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. Hepatopancreatoduodenectomy for advanced gallbladder cancer: a Nagoya experience in the 2000s. 国際会議

    Ebata T, Nishio H, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nimura Y, Nagino M.

    9th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:アルゼンチン共和国  

  17. Management of patients with MRSA-bactbilia for hepatobiliary resection. 国際会議

    9th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アルゼンチン共和国  

  18. Combined hepatic artery resction for perihilar cholangiocarcinoma: histologic analysis in 59 patients. 国際会議

    Fukami Y, Ebata T, Nishio H, Yokoyama Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Igami T, Sugawara G, Fukaya M, Uehara K, Shimoyama Y, Nagino M

    9th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Fukami Y, Ebata T, Nishio H, Yokoyama Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Igami T, Sugawara G, Fukaya M, Uehara K, Shimoyama Y, Nagino M

  19. Nek2 as an effective molecular target for cancer treatment. 国際会議

    Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Hagaguchi M.

    The 101th American Association for Cancer Research.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington DC.   国名:アメリカ合衆国  

  20. Cytoplasmic expression of Glc-GlcNh3+ on heparin sulfate closely correlates with malignancy of breast cancer. 国際会議

    Fujii M, Yuasa A, Yokoyama Y, Kokuryo T, Nagino M, Iwata H, Utsunomiya H, Ishimaru T, Kyogashima M, Knnagi R

    The 20th International Symposium on Glycoconjuate. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月 - 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:プエルトリコ  

  21. Nek2 as a novel molecular target for inhibition of tumorigenic growth and liver metastasis of pancreatic cancer. 国際会議

    Suzuki K, Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M

    GASTRO 2009 UEGW/WCOG 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  22. 15-Deoxy-Δ12,14-Prostaglandin J2 prevents inflammatory response and endothelial cell damage in rats with acute obstructive cholangitis. 国際会議

    Yokoyama Y, Watanabe K, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M.

    60th Annual Meeting of The American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. The mechanism of protective effect of PPAR gamma; activation on bile duct ligation-induced hepatic injury in rats. 国際会議

    60th Annual Meeting of The American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. The value of ICG clearance rate of the future liver remnant in predicting postoperative morbidity following major hepatectomy for biliary cancer. 国際会議

    4th Annual Academic Surgical Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. Pancreatic and duodenal invasion in distal bile duct cancer: paradox in the tumor classification of the American Joint Committiee on Cancer. 国際会議

    8th World Congress of the International Hepato Pancreato Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:インド  

  26. Five-year survivors after surgery for gallbladder cancer involving the extrahepatic bile duct. 国際会議

    8th World Congress of the International Hepato Pancreato Biliary Association. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Additional resection of margin-positive proximal bile duct does not improve survival in patients with hilar cholangiocarcinoma. 国際会議

    8th World Congress of the International Hepato Pancreato Biliary Association. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. Proposal of new classification for cystic duct carcinoma. 国際会議

    8th World Congress of the International Hepato Pancreato Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. The role of PPAR gamma; in bile duct ligation-induced hepatic injury in rats. 国際会議

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  30. Major hepatectomy with resection of the hilar bile duct and/or portal bifurcation for liver metastasis from colorectal cancer. 国際会議

    The 11th Congress of Asian Federation of Coloproctology. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. Clinicopathologic features of recurrent intraductal papillary neoplasms (IPMNs). 国際会議

    1st Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Does estrogen contribute to hepatic regeneration following portal branch ligation in rats? 国際会議

    1st Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. The new clinicopathological classification of mucin-producing bile duct tumors. 国際会議

    1st Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. Portal vein obstruction after hepatobiliary resection: countermeasure and treatment. 国際会議

    1st Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. Is there any effect of renal failure on the hepatic regeneration capacity following partial hepatectomy in rats. 国際会議

    2nd Academic Surgical Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  36. Clinicopathologic feature of recurrent cases of intraductal papillary mucinous neoplasms. Analysis of one hundred consecutive surgical cases in a single institution 国際会議

    Yokoyama Y, Nagino M, Oda K, Nishio H, Ebata T, Igami T, Nimura Y

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  37. Hepatic trisectionectomy for hilar cholangiocarcinoma: Is it worthwhile? 国際会議

    The 7th World Congress of the International Hepato-Pancreato Biliary Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  38. Mechanism of salutary effects of estradiol following trauma-hemorrhage. 国際会議

    Yokoyama Y, Toth B, Kuebler JF, Ba ZF, Chaudry IH

    3rd World Shock Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. The mechanism of oxygen radical-mediated bile flow reduction: the role of intracellular cyclic AMP. 国際会議

    Kawai S, Arai T, Yokoyama Y, Nimura Y

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  40. Gender dimorphism in the outcome of preoperative portal embolization for major hepatectomy. 国際会議

    Yokoyama Y, Nagino M, Yuasa N, Oda K, Arai T, Nishio H, Ebata T, Nimura Y

    19th-World Congress of International Society for Digestive Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. Pancreatic abscess in chronic pancreatitis with positron accumulation by FDG-PET-A case report. 国際会議

    Yokoyama Y, Hiromatsu T, Ebata T, Arai T, Oda K, Yuasa N, Nagino M, Nimura Y

    The 11th Meeting of the International Association of Pancreatology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. Immunopathogenesis following trauma-hemorrhagic shock and possibilities of immune modulation.

    Chaudry IH, Matsutani T, Yokoyama Y, Matsushima A, Suzuki T, Shimizu T, Choudhry M, Rue L, Schwacha M, Bland KI

    1st World Shock Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. Gender differences in small intestinal endothelial function: androgen plays an inhibitory role. 国際会議

    Ba ZF, Yokoyama Y, Bland KI, Chaudry IH

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  44. IL-6 plays a ;major role in producing hepatic injury following trauma-hemorrhage. 国際会議

    Toth B, Yokoyama Y, Schwacha M, Bland KI, Chaudry IH

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  45. Portal venous response to endothelin-1 is attenuated by 17-estradiol treatment following trauma-hemorrhage. 国際会議

    Yokoyama Y, Toth B, Kitchens WC, Schwacha MG, Bland KI, Chaudry IH

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  46. Gender dimorphism in hepatic heme oxygenase expression and activity after trauma and hemorrhagic shock. 国際会議

    Toth B, Yokoyama Y, Kuebler JF, Schawacha MG, Wang P, Bland KI, Chaudry IH

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  47. Mechanism of the salutary effect of 17beta-estradiol following trauma-hemorrhage: Direct downregulation of Kupffer cell IL-6 gene expression and release. 国際会議

    Yokoyama Y, Kuebler JF, Matsutani T, Bland KI, Wang P, Chaudry IH

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  48. Kuffper cells are the major source of thromboxane A2 (TXA2) in bile duct ligation induced cirrhosis. 国際会議

    Xu H, Yokoyama Y, Sarmadi AH, Clemens MG, Zhang JX

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  49. Role of thromboxane A2 (TXA2) in portal hypertension in bile duct ligated rat liver. 国際会議

    Yokoyama Y, Xu H, Sarmadi AH, Baveja R, Clemens MG, Zhang JX

    America Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  50. Altered in vivo response of the hepatic microcirculation to endothelin after remote trauma. 国際会議

    Baveja R, Ashburn J, Yokoyama Y, Zhang JX, Clemens MG, Huynh T.

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  51. Overexpression of Caveolin-1: a potential mechanism for a hyperresponse of hepatic microcirculation to endothelins during sepsis.

    Ashburn J, Baveja R, Yokoyama Y, Huynh T, Clemens MG

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  52. Hepatic vascular response to elevated intraperitoenal pressure in the rat. 国際会議

    Yokoyama Y, Alterman D, Baveja R, Zhang JX, Clemens MG

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月 - 2001年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  53. Altered vascular regulation in the hepatic portal circulation in fibrosis: role of nitric oxide and carbon monoxide.

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月 - 2001年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  54. Hepatic arterial flow as the primary blood supply feeding sinusoids in partial portal vein ligation (PPVL) induced portal hypertension. 国際会議

    Yokoyama Y, Wawrzyniak A, Baveja R, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月 - 2001年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  55. Remote trauma sensitizes hepatic microcirculation to endothelin: a potential mechanism for enhanced injury in sequential stresses. 国際会議

    Baveja R, Ashburn J, Yokoyama Y, Sonin N, Zhang JX, Clemens MG, Huynh T

    Surgical Infection Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  56. Low volume resuscitation exacerbates hepatic vascular stress gene dependent microvascular dysfunction in sepsis.

    Baveja R, Kresge N, Yokoyama Y, Sonin N, Zhang JX, Clemens MG, Huyng T

    34th Annual Meeting for the Association of Academic Surgenons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  57. Shunting of hepatic microcirculation after polymicrobial sepsis. 国際会議

    Baveja R, Kresge N, Yokoyama Y, Sonin N, Zhang JX, Clemens MG, Huynh T

    American College of Surgeon Surgical Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  58. Expression of vasoregulatory genes in the liver during progression of cirrhosis.

    Baveja R, X Bian, Yokoyama Y, Kresge N, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  59. Changes in expression of endothelin receptor subtypes in partial portal vein ligation-induced portal hypertension. 国際会議

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  60. Hyporesponse of hepatic microcirculation to endothelin in sepsis. 国際会議

    Baveja R, Kresge N, Yokoyama Y, Zhang JX, Huynh T, Clemens MG

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  61. Endothelin B receptors modulate hepatic metabolic response in endotoxin primed rats. 国際会議

    Baveja R, Harding D, Yokoyama Y, Sonin N, Zhang JX, Clemens MG

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  62. Functional role of endothelin receptor subtype distribution in endotoxemia. 国際会議

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Nakanishi K, JX Zhang, Clemens MG

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  63. Effects of fluid resuscitation on the pattern of vascular gene expression during abdominal sepsis. 国際会議

    Baveja R, Kresge N, Yokoyama Y, Sonin N, Zhang JX, Clemens MG

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  64. Intermittent hypoxia induces vasoregulatory gene expression. 国際会議

    Sonin N, Yokoyama Y, Zhang JX, Clemens MG

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  65. LPS-induced imbalanced expression of hepatic vascular stress genes in cirrhosis: mechanism of increased susceptibility to endotoxemia. 国際会議

    Baveja R, Yokoyama Y, Bian X, Sonin N, Clemens MG, Zhang JX

    Shock 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  66. Neovascularization of hepatic arterioles in partial portal vein ligation induced portal hypertension: a novel mechanism of chronic regulation in hepatic blood flow.

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Clemens MG, Zhang J

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  67. Microheterogeneity of liver PO2 and reduced pyridine nucleotide in response to Endothelin in vivo. 国際会議

    Baveja R, Sonin N, Yokoyama Y, Clemens MG, Zhang J

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  68. Effect of endotoxin on expression of vascular stress genes in liver cirrhosis. 国際会議

    Smilovichi S, Baveja R, Sonin N, Yokoyama Y, Clemens MG, Zhang J

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  69. Hepatic enothelin subtype expression in endotoxin treated rat. 国際会議

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Nakanishi K, Zhang J, Clemens MG.

    FASEB 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  70. Microheterogeneity of liver PO2 in response to Endothelin-1: exacerbation by LPS priming.

    Bauer M, Bauer I, Sonin N, Kresge N, Baveja R, Harding D, Yokoyama Y, Zhang J, Clemens MG

    Fourth International Shock Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  71. Expression and localization of endothelin B receptors in LPS priming. 国際会議

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Zhang J, Clemens MG

    Fourth International Shock Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  72. Functional significance of endothelin-B receptor expression in endotoxemia. 国際会議

    Bauer M, Bauer I, Sonin N, Kresge N, Baveja R, Harding D, Yokoyama Y, Zhang J, Clemens MG

    Fourth International Shock Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  73. Differential expression of vascular stress genes in hepatocellular injury induced by following liver cirrhosis. 国際会議

    Bauer I, Sonin N, Bian X, Kresge N, Baveja R, Yokoyama Y, Bauer M, Clemens MG, Zhang J

    Fourth International Shock Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  74. Microheterogeneity of liver PO2 and redox potential in response to endothelin in vivo. 国際会議

    Baveja R, Zhang J, Yokoyama Y, Sonin N, Clemens MG

    International Conference of Hepatic and Splanchnic Circulation in Health and Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  75. Effect of Bosentan on hepatic microcirculatory perfusion in rat biliary cirrhosis: evidence for a role of endothelin in hemodynamic abnormalities of liver cirrhosis. 国際会議

    Baveja R, Kresge N, Bin X, Yokoyama Y, Sonin N, Clemens MG, Zhang J

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  76. Altered Endothelin-B receptor expression and response in hepatic injury after ischemia / reperfusion. 国際会議

    Yokoyama Y, Baveja R, Sonin N, Nakanishi K, Zhang J, Clemens MG

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  77. Expression of vasoregulatory genes in the liver during progression of liver cirrhosis. 国際会議

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  78. Reciprocal changes in expression of vascular stress genes in hepatic parenchymal and nonparenchymal cells in response to endotoxin. 国際会議

    Sonin N, Baveja R, Yokayama Y, Zhang J, Clemens MG.

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  79. Decreased response to exogenous endothelin in the hepatic microvasculature of cirrhotic rat liver. 国際会議

    Baveja R, Smilovichi S, Sonin N, Yokoyama Y, Clemens MG, Zhang J

    American Association for the Study of Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 高齢者術後せん妄に対する予防法・治療法の標準化に関する研究

    2015年4月 - 2016年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 高度侵襲手術中に発生するバクテリアルトランスロケーションと腸内フローラの関係

    2014年4月 - 2015年3月

    ヤクルト・バイオサイエンス研究財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 高齢者術後せん妄に対する予防法・治療法の標準化に関する研究

    2011年4月 - 現在

    厚生労働省長寿医療研究開発費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. Nek2 siRNAと抗癌剤併用時のシグナル伝達系に関する基礎的研究

    2009年4月 - 2010年3月

    財団法人愛知県がん研究振興会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 胆膵領域癌に対するTLK1を標的とした新規分子標的治療法の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    上原記念生命科学財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 胆道癌肝切除における手術侵襲にともなうbacterial translocationと遺伝子多型に関する研究

    2008年4月 - 2009年3月

    ヤクルト・バイオサイエンス研究財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 37

  1. 肝虚血再潅流障害における分枝鎖アミノ酸の新規分子機構の探索

    2013年7月 - 2015年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    菅原元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. TLR7アプタマーによる内因性Danger Signalの制御と新規治療法の開発

    2013年7月 - 2016年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    上原圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 乳癌におけるChromothripsis変異を標的にした新規治療法の開発

    2013年7月 - 2016年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    角田伸行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 分子進化の概念に基づく新規遺伝子の探索と機能解析

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 膵癌細胞の早期転移とdormancyに関する機序解明とその治療法の検討

    研究課題/研究課題番号:20H03751  2020年4月 - 2025年3月

    山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    膵癌の根治には手術による切除が必要不可欠であるが、たとえ原発巣を切除し得ても遠隔転移の制御が困難な事がある。膵癌に多い遠隔転移形式は肝転移、肺転移、および腹膜播種であるが、これらは原発巣切除後数年経過してから顕在化することが少なくない。しかし一方では、膵癌細胞はその発生初期に全身に播種をきたすともされる。この原発巣と遠隔転移発生の時期的な不一致性はtumor dormancyとして長年認識されてはいるものの、その原因と機序は未だ明らかではない。本研究の目的は膵癌の早期転移およびそのdormancyにおける機序の解明と、さらには後期遠隔転移発生予防のための新たな治療戦略の開発を目指すことである。

  6. 血中循環腫瘍細胞の生着および非対称分裂・自己組織化に対する癌転移抑制法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09142  2019年4月 - 2022年3月

    相場 利貞

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    癌治療の開発を困難にしている原因の1つに癌の多様性がある。そのメカニズムとして特定の細胞に分化する細胞が作り出される非対称分裂と自己組織化が関与していると考えられる。本研究の目的は単一細胞解析によるCTCの生着メカニズムの解明、生着した癌細胞の非対称分裂と自己組織化のメカニズムの解明により、これまでと異なるコンセプトの新規癌転移抑制法を開発することである。CTCの単一細胞での網羅的遺伝子解析を行ない、CTCの生着関連遺伝子を同定する。ヒト癌細胞株、担癌動物モデルでのCTCの生着関連遺伝子の機能解析を行ない、新たな標的癌治療法を開発する。

  7. 脂肪幹細胞を用いた術後肝障害に対する新規予防治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09118  2019年4月 - 2022年3月

    尾上 俊介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高度な侵襲を伴う消化器外科手術において術後合併症、特に肝切除術後に発生する肝障害は大きな問題である。本研究の目的は術後肝障害に対する脂肪幹細胞を用いた新規周術期対策を開発することである。実際の臨床で行なわれている門脈塞栓、肝虚血・再潅流、術前化学療法などにより生じる肝障害に関して、各肝障害動物モデルへの脂肪幹細胞の投与によりその有効性およびメカニズムを解明する。また肝転移モデルを用いて癌に対する脂肪幹細胞の影響や脂肪幹細胞の多能性や分化誘導に関して、網羅的遺伝子解析などにより多角的に検討し、新たな分子機構の解明も行なう。

  8. Trefoil Factorと肝発癌の関連および肝癌新規治療法開発に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19K09141  2019年4月 - 2022年3月

    江畑 智希

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    TFF(Trefoil Factor Family)には3つのサブタイプが存在するが、それぞれが特徴的な癌抑制作用を有していることが示唆されている。またTFFは分泌型タンパクであり、血中に分泌されホルモンとして作用している可能性がある。この研究の目的は、肝発癌遺伝子改変マウスモデルとTFFノックアウトマウスを用いてTFFによる原発性肝癌抑制作用とその機序を解明し、またTFFに対する受容体を発見し腫瘍免疫への関与を突き止めることであり、さらにはTFFリコンビナントタンパクを用いた新規肝癌治療法を開発することである。
    Trefoil factor family (TFF)は消化管粘膜の再生に寄与するとされてきたが、同時に胃癌に対する癌抑制遺伝子としての機能を兼ね備えているという指摘がある。我々はこれまでの研究で、TFFは膵臓においても癌抑制因子として作用していることを突き止めた。一方、TFFと肝発癌との関連についてはこれまでに報告がないが、組織におけるTFF発現状況を鑑みれば、膵癌とは異なった機序により肝発癌に関与している可能性が高い。本研究の目的は、肝発癌におけるTFFの癌抑制遺伝子としての役割と機序を検討して明らかにすることであり、さらには肝細胞癌およびその他の悪性腫瘍に対する新たな治療戦略を開拓することである。TFFは低分子量の分泌型タンパクであるため、recombinant proteinを利用して将来的な肝細胞癌治療戦略に大きく寄与する可能性がある。
    これまでの研究で、TFF1は肝細胞癌の発生を抑制する作用を有していることが明らかとなった。すなわち、肝細胞癌培養細胞株に対してTFF1発現を導入すると、癌細胞の細胞死(アポトーシス)が増え、増殖が抑制されることが確認された。また肝細胞癌発癌モデルであるKC(Alb-Cre/LSL-KRAS)マウスにおいてTFF1遺伝子をノックアウトすると、肝細胞癌の発生が促進されることが確認された。さらにヒト肝細胞癌のDNAにおいては、エピジェネティックにTFF1の発現が抑制されていることが明らかとなった。つまり肝細胞癌が発生する際には癌抑制遺伝子であるTFF1の発現が抑制されることが示唆される。これらのTFF1による癌抑制作用はrecombinantタンパクによっても同様に導入されることが確認され、今後の肝細胞癌治療戦略において有用であると考えられる。
    TFFには3つのサブタイプが存在する(TFF1,TFF2およびTFF3)。これらはそれぞれに異なる作用機序を有しており、固有の癌抑制効果を持つことが示唆されているが、肝発癌における癌抑制作用はこれまでに報告がなく、詳細は明らかでない。我々の研究により、TFF1には肝細胞癌の発生を抑制する事が明らかとなった。これは、肝細胞癌進展に寄与するとされるWnt/beta-catenin経路を抑制することで引き起こされる現象であることも判明し、学会発表/論文としての発表も終えており、研究課題の進歩状況は順調であると考える。
    しかしながら肝発癌に関係する他の因子についても現在検討中であり、さらなる研究成果の発展が期待される。例えばTFF1による癌抑制作用を実際の肝細胞癌治療に応用できる可能性が高く、現在その方法および効果の予測に関する検討が進行中である。また他のTFFサブタイプ(TFF2)による肝癌抑制作用についての検討は現在進行中であり、マウスを用いた研究結果が待たれるところでもある。さらに、原発性肝癌には肝細胞癌と胆管細胞癌の2種類が広く認識されているが、胆管細胞癌に対するTFFの作用は未確認であり今後の検討課題となる。以上より、研究はおおむね順調に推移しているがまだ多くの課題が残されていると考えられる。
    現在in vivoの研究としてTFF1と同様にKCマウスの肝細胞癌発癌におけるTFF2のノックアウトによる効果を検討中である。一部のKC/TFF2KOでは特殊な組織型の悪性腫瘍の発生が確認されており、TFF2による特異的な癌抑制作用が示唆されている。しかしながらこれらのマウスの肝臓に腫瘍が発生するまでには生後約1年という長期間を要するため、いかに目的遺伝子を持ったマウスを効率的な入手方法、マウスを長期間維持するための飼育方法、さらには新たな発癌因子の追加による短期発癌モデルの開発など、様々な要素についてさらなる検討が必要である。
    in vitroの研究として、TFF2発現プラスミドと胆管癌培養細胞株を用いた検討が進行中である。すでにTFF2による腫瘍抑制効果の一端が明らかとなってはいるものの、その詳細の解明には依然として検討課題が多い。また強制発現モデルと同時にrecombinant proteinを用いた細胞外からの腫瘍抑制効果についてもさらなる検討が必要である。
    これらTFF1およびTFF2の腫瘍抑制効果の詳細が明らかになり次第、次のステップである癌治療への応用方法の検討を予定している。上記のようにKCマウスモデルは発癌に時間がかかるため、治療効果の確認に最適なモデルとは言い難い。よって、マウスに特殊な食事(CDE diet等)を与えることで脂肪肝、肝硬変、および肝細胞癌の導入を図る。このマウスモデルが確立すれば個体にTFFを投与してその発癌抑制効果、腫瘍縮小効果、抗癌剤治療効果などを検討することで、TFFによる肝癌治療応用への扉を開く研究とする予定である。

  9. Invisible膵癌に対する新規診断治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09168  2019年4月 - 2022年3月

    渡辺 伸元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    画像診断に基づく膵癌治療には限界があり、画像では診断できないinvisible膵癌(目に見えない膵癌)を診断し治療を行うことが必要である。本研究の目的は原発巣が膵癌と診断できる膵癌特異的なエクソソームの同定およびその機能を解明することにより、invisible膵癌の診断治療法を開発することである。膵液より回収した膵癌特異的なエクソソームを用いて網羅的遺伝子解析を行う。同定した膵癌特異的エクソソームに関連するマイクロRNAおよび遺伝子に対する標的治療法を開発し、その有効性の検討を行なう。また臨床病理学的検討を行い、バイオマーカーとしての有効性についても検討する。

  10. TFF1の膵癌抑制効果の検証と膵癌治療に対する有用性の検討

    研究課題/研究課題番号:17K10695  2017年4月 - 2020年3月

    山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    Trefoil Factor Family 1(TFF1)は粘液関連分泌型タンパクであり、胃癌抑制因子として作用するという報告がある。本研究ではヒト膵癌切除標本、培養膵癌細胞株および遺伝子改変マウスモデルを用いることで膵癌の発癌機構とTFF1との関連を検討した。結果、TFF1は上皮間質転換(EMT:Epithelial-mesenchymal transition)を制御する事により膵前癌病変からの悪性腫瘍発生を抑制していることが明らかとなった。今後はTFF1を用いた膵癌治療戦略の構築と高リスク患者の膵癌発生予防法を開発が期待される。
    膵癌は難治性の悪性疾患であり、患者全体の5年生存率は約5%と推定されている。膵癌患者の予後が不良な原因は、多くの患者が切除不能な状態で発見されることに加え、たとえ治癒切除が施行されたとしても術後の再発が多い事による。膵癌の予後を改善するためには再発進行膵癌に対する新たな治療戦略の開発が必須であるだけでなく、高リスク患者における膵癌発生を予防する事が重要である。本研究でTFF1は膵癌の浸潤および転移を抑制する作用があることが判明した。TFF1を用いた新規治療方法の開発は、進行再発膵癌に対する治療戦略になるのみならず膵癌発生予防にも有用である可能性がある。

  11. 術後肝障害に対するTLR4を標的にした予防治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10667  2017年4月 - 2018年3月

    菅原 元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    肝切除術後に発生する肝障害は重篤化することも多く早急に解決しなければいけない課題である。TLR4は免疫反応や炎症の制御に関わる分子であるToll様受容体の1つである。グラム陰性菌の外膜の成分であるリポ多糖(LPS)やグラム陽性菌のペプチドグリカン層にあるリポテイコ酸をリガンドとして認識する受容体である。ラット肝障害モデルへのTLR4阻害剤投与は肝機能を改善させ、肝障害を軽減させる傾向があった。一方で細胞株に対するTLR4阻害剤の研究において、TLR4阻害剤には細胞の増殖抑制効果を認めた。
    これまでの肝再生に関する研究において、肝障害時にTFF1(trefoil factor family1)の発現に変化が生じており、TFF1(trefoil factor family1)と胆管再生の関連性が示唆されている。われわれはTFF1(trefoil factor family1)をノックアウトしたマウスを作成しており、このTFF1をノックアウトしたマウスを用いてラット肝虚血・再潅流モデル、ラット胆管結紮による閉塞性黄疸モデル、CCl4(四塩化炭素)によるラット肝硬変モデルを作製した。ラット胆管結紮による閉塞性黄疸モデルでは、術後早期に死亡しており、正常マウス群と比較してTFF1のノックアウトマウス群での死亡率が高かった。また病理学的検討によりTFF1のノックアウトマウス群において胆管新生に抑制傾向を認めた。さらにTFF1のノックアウトマウス群の肝臓では有意に壊死組織の面積が多かった。CCl4(四塩化炭素)によるラット肝硬変モデルにおいて3か月の経過観察をおこなっているが、正常マウス群と比較して死亡率に関して特に差を認めなかった。

  12. Pre-metastatic nicheを制御する新規転移抑制治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K10568  2016年4月 - 2019年3月

    水野 隆史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    癌細胞株においてTPX2は高発現しており、TPX2 siRNAの導入によるTPX2抑制によりMCP1の発現が亢進していた。TPX2 siRNA 導入によりTPX2発現を抑制させた癌細胞株の培養液は、増殖能および浸潤能に抑制効果を有していた。TPX2の発現抑制による癌細胞からの分泌物が、副次的効果をおこしていると考えられた。
    また細胞株において、細胞傷害目的の低濃度の抗癌剤5FUでの培養液は増殖能を亢進させたが、浸潤能、運動能には有意差を認めなかった。これらの結果より癌細胞に対する細胞傷害の副次的効果が単純かつ画一的なものではないと考えられた。
    本研究により、TPX2抑制および抗癌剤5FUによる細胞傷害後の培養液に副次的効果があり、その効果が単純かつ画一的なものではないことを明らかにした。また、新たな知見が明らかになっただけでなく、新規治療法の可能性も示唆しており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  13. 癌幹細胞に対する新規治療戦略

    研究課題/研究課題番号:16K10454  2016年4月 - 2019年3月

    角田 伸行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    胆管癌細胞株より分離したc-Met陽性細胞はc-Met陰性細胞より増殖能が亢進していた。c-Met陽性かつCD49f陽性細胞ではviabilityの低下を認めた。大腸癌細胞株より分離したCD133陽性細胞は、CD133陰性細胞より増殖能が亢進していた。
    次世代シークエンサーによる融合遺伝子の探索により、938個の融合遺伝子の候補が同定された。p21 protein (Cdc42/Rac)-activated kinase 2 pseudogeneであるLOC646214は、多くの遺伝子と融合遺伝子を形成していた。タンパクを合成していないこれらの融合遺伝子は核酸医薬のよい標的と考えられた。
    本研究により、次世代シークエンサーによる融合遺伝子の探索により、p21 protein (Cdc42/Rac)-activated kinase 2 pseudogeneであるLOC646214が多くの遺伝子と融合遺伝子を形成していることを明らかにした。新たな融合遺伝子の候補の同定、核酸医薬による新規癌治療の可能性を明らかにしており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  14. ビサボロール誘導体の作用機序の解明と臨床応用

    研究課題/研究課題番号:16K10591  2016年4月 - 2019年3月

    國料 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒト癌細胞株においてビサボロール誘導体は増殖能、細胞死誘導能、運動能、浸潤能を抑制した。網羅的遺伝子解析にてビサボロール投与後にFAK(Focal adhesion kinase)の発現低下を認めた。
    マウス皮下発癌モデルへのビサボロール、ビサボロール誘導体の経口投与は腫瘍の増殖を有意に抑制した。また徐放性カプセルを用いたビサボロールの薬物投与法は、マウス皮下発癌モデルにおいてジェムシタビンと同様の抗腫瘍効果を示した。質量分析器によるラットの血中ビサボロール測定は定量性が不十分なため、体内動態を明らかにできなかった。更なる研究は必要であるが、ビサボロールによる新規治療法の可能性が示唆された。
    本研究により、ビサボロール、ビサボロール誘導体による抗腫瘍効果およびその作用機序としてのFAK(Focal adhesion kinase)の関与を明らかにした。新たな知見が明らかになっただけでなく、治療薬としての臨床応用の可能性を明らかにしており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  15. システインの肝障害抑制に関する作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:16K10567  2016年4月 - 2019年3月

    横山 幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    ラット肝星細胞においてシステインは肝星細胞の収縮を抑制し、エンドセリンによる細胞内カルシウムの上昇を強く抑制した。ラット敗血症性ショックモデルにおいてシステインにより血清ALT値が有意に低くなり、肝障害の抑制効果が示唆された。血清アルブミンは大腰筋面積と正の相関を示した。また手術前後の総大腿筋面積の筋肉量減少(サルコペニア)と術後在院日数、術後合併症発生数、腹腔内膿瘍、肝不全などの術後経過において、いずれにおいてもサルコペニア群での術後経過が不良であった。システインの共有結合部のほとんどがアルブミンに占められており、システインが手術に伴うサルコペニアの改善に有効である可能性が示唆された。
    本研究により、システインによる肝障害の抑制効果が示唆された。またシステインが手術に伴うサルコペニアの改善に有効である可能性も示唆された。新たな知見が明らかになっただけでなく、臨床応用への可能性も明らかにしており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  16. TLR7を標的にした新規癌治療法における作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:16K10531  2016年4月 - 2019年3月

    上原 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒト癌細胞株に対してTLR7アゴニストであるイミキモドは増殖能、細胞死誘導能、運動能、浸潤能の抑制効果を認め、投与12時間後にはearly apoptosisを認めた。イミキモド投与により小胞体ストレスのマーカーであるBiP(immunoglobulin heavy chain-binding protein)の発現が亢進しており、アポトーシスの原因として小胞体ストレスが考えられた。しかし、別な小胞体ストレスのマーカーであるPERK(PKR-like ER kinase)の発現は変化していなかった。更なる研究は必要であるが、TLR7の機能阻害による抗腫瘍効果の新たな作用機序を解明した。
    本研究により、TLR7アゴニストであるイミキモドの抗腫瘍効果およびその作用機序として小胞体ストレスによるアポトーシスの関与を明らかにした。新たな知見が明らかになっただけでなく、臨床応用への可能性も示唆されており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  17. 術後感染性合併症に対するRAGE活性化機序の解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:15K10092  2015年4月 - 2018年3月

    深谷 昌秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ラット胆管結紮への肝虚血再潅流の付加により、肝障害が重篤化し、肝組織でのRAGEの発現が亢進していたが、有意差は認めなかった。胆管結紮7日後/肝虚血再潅流モデルにTLR4阻害剤TAK242の投与を行ない、血清ALT、ASTの上昇の軽減、肝壊死面積の減少、IL-1β、IL-6の発現低下、血清HMGB1の低下を認め、肝障害が改善した。しかし、RAGEの発現減弱が認められず、ビサボロールの投与においてもRAGEの有意な発現の低下は認めなかった。更なる研究は必要であるが、TAK242を用いた肝障害に対する新規治療法の可能性が示唆された。

  18. 分子進化の概念に基づく新規遺伝子の探索と機能解析

    2013年7月 - 2016年6月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. 新規セリンスレオニンキナーゼ阻害剤による胆管 癌・膵癌治療法の開発

    2012年7月 - 2016年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    梛野正人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  20. 膵癌における新規治療抵抗性遺伝子の探索とその阻害剤による治療法の開発

    2012年7月 - 2015年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    國料俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  21. 肝切除時におけるリアルタイム肝機能モニタリングシステムの開発と臨床応用

    2012年7月 - 2014年6月

    科学研究費補助金 

    梛野正人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  22. 化学療法関連肝障害の外科手術への影響とその病態生理の解明

    2012年7月 - 2013年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    吉岡裕一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  23. 癌における細胞老化関連遺伝子の探索と臨床応用

    2011年7月 - 2014年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊神剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  24. 食道癌に対する相互マシンラーニング法によるHedgehog新規阻害剤の開発

    2011年7月 - 2014年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    深谷昌秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  25. 微小転移における網羅的遺伝子解析とその結果に基づく新規癌転移抑制療法の開発

    2010年7月 - 2012年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    角田伸行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  26. 大腸癌 microscopic abscess における網羅的遺伝子解析とその結果に基づく新規癌転移抑制療法の開発

    2010年7月 - 2012年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    上原圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  27. GGTトランスジェニックマウスを用いた肝虚血/再潅流障害メカニズムの解明

    2009年7月 - 2011年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    菅原元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  28. Nek2を標的にした包括的癌治療法の開発とそのトランスレーショナルリサーチ

    2008年7月 - 2012年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    二村雄次

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  29. 肝再生におけるカルシトニンの役割とその分子機構

    2008年7月 - 2010年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    横山幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  30. 急性胆管閉塞にともなう肝障害におけるPPARgammaの役割について

    2008年7月 - 2010年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊神剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  31. 複数の癌特異的遺伝子を標的にした分子標的治療の開発

    2008年7月 - 2010年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    國料俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  32. 肝門部胆管癌からの胆管癌幹細胞の分離と網羅的遺伝子解析に基づく分子標的治療の開発

    2007年7月 - 2010年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    梛野正人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    胆管癌より癌幹細胞を分離しこれに網羅的遺伝子解析を施行、癌特異遺伝子を同定し、分子標的治療を開発する。

  33. 慢性腎不全下における肝切除後肝再生のメカニズムについて

    2007年7月 - 2009年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西尾秀樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  34. 胆道癌におけるHegdehogシグナル系の発現解析

    2007年7月 - 2009年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    深谷昌秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  35. 胆管閉塞時にみられるパイエル板萎縮のメカニズムについて

    2006年7月 - 2007年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    横山幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  36. 血管内皮伸展刺激に着目した肝再生メカニズムに関する基礎実験的研究

    2005年7月 - 2007年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  37. 胆管細胞癌の網羅的遺伝子解析とそれに基づく分子標的制癌療法の開発

    2004年7月 - 2007年6月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    二村雄次

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 4

  1. 膵液漏の予防及び治療

    國料俊男、横山幸浩、山本徳則、柴田玲

     詳細を見る

    出願番号:特願 2014-147173  出願日:2014年7月

    出願国:国内  

  2. 内毒素による臓器不全予防剤

    横山幸浩, 國料俊男

     詳細を見る

    出願番号:2013-221492  出願日:2013年10月

    出願国:国内  

  3. Device for diagnosing condition of liver and method of examing condition of liver

    Yukihiro Yokoyama, Toshio Kokuryo

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2011/077851  出願日:2011年12月

    出願国:国内  

  4. 肝臓の状態を診断する装置及び肝臓の状態を検査する方法

    横山幸浩, 國料俊男, 中川陽史

     詳細を見る

    出願番号:2010-275543  出願日:2010年12月

    出願国:国内