2024/03/18 更新

写真a

イワノ シンゴ
岩野 信吾
IWANO, Shingo
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 高次医用科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 2001年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 10

  1. コンピュータ支援診断

  2. びまん性肺疾患

  3. 肺癌

  4. コンピュータ断層撮影(CT)

  5. 胸部画像診断

  6. 肺癌

  7. 画像診断

  8. 甲状腺癌

  9. 核医学

  10. 放射線医学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 放射線診断学

  2. その他 / その他  / 呼吸器学

  3. ライフサイエンス / 放射線科学  / 画像診断学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 肺癌のCT診断

  2. 胸部CTのコンピュータ支援診断(CAD)

  3. 間質性肺炎のCT診断

  4. 甲状腺癌のI-131内用療法

経歴 6

  1. 名古屋大学医学部附属病院   放射線科   診療教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科分子総合生物学専攻量子医学・准教授

    2010年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科 分子総合医学専攻   准教授

    2010年11月 - 現在

  4. 名古屋大学医学部附属病院放射線科講師

    2007年5月 - 2010年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部附属病院放射線科助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院放射線科助手

    2001年1月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学研究科   放射線科学

    1994年4月 - 1998年1月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本医学放射線学会

  2. 日本核医学会

  3. 日本肺癌学会

  4. 日本肺癌学会

  5. 日本核医学会

  6. 日本医学放射線学会

▼全件表示

 

論文 136

  1. Measurement of solid size in early-stage lung adenocarcinoma by virtual 3D thin-section CT applied artificial intelligence

    Iwano, S; Kamiya, S; Ito, R; Kudo, A; Kitamura, Y; Nakamura, K; Naganawa, S

    SCIENTIFIC REPORTS   13 巻 ( 1 )   2023年12月

  2. Airway involvement in inflammatory bowel disease: Inflammatory bowel disease patients have bronchial wall thickening 査読有り

    Majima, S; Wakahara, K; Iwano, S; Kinoshita, F; Nakamura, M; Hashimoto, N; Fujishiro, M; Hasegawa, Y

    RESPIRATORY INVESTIGATION   60 巻 ( 5 ) 頁: 713 - 719   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2022.06.003

    DOI: 10.1016/j.resinv.2022.06.003

    Web of Science

    PubMed

  3. Computer-Aided Volumetry by Multidetector Computed Tomography is Efficient for Prognostic Prediction of Early-Stage Solid Lung Cancers

    Kato, T; Iwano, S; Katsuya, R; Okado, S; Ito, T; Sato, K; Nakanishi, K; Kadomatsu, Y; Ueno, H; Ozeki, N; Nakamura, S; Fukumoto, K; Chen-Yoshikawa, TF

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   17 巻 ( 9 ) 頁: S206 - S207   2022年9月

     詳細を見る

  4. Right ventricular pressure overload related to residual thrombotic burden in patients 1 year after acute pulmonary embolism: From the Nagoya PE study

    Nakano, Y; Adachi, S; Nishiyama, I; Yasuda, K; Yoshida, M; Iwano, S; Kondo, T; Murohara, T

    THROMBOSIS RESEARCH   216 巻   頁: 113 - 119   2022年8月

     詳細を見る

  5. Usefulness of a refined computed tomography imaging method to assess the prevalence of residual pulmonary thrombi in patients 1 year after acute pulmonary embolism: The Nagoya PE study 査読有り

    Nakano, Y; Adachi, S; Nishiyama, I; Yasuda, K; Imai, R; Yoshida, M; Iwano, S; Kondo, T; Murohara, T

    JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   20 巻 ( 4 ) 頁: 888 - 898   2022年4月

     詳細を見る

  6. End-Systolic Eccentricity Index Obtained by Enhanced Computed Tomography Is a Predictor of Pulmonary Vascular Resistance in Patients with Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension 招待有り 査読有り

    Tsutsumi, Y; Adachi, S; Nakano, Y; Iwano, S; Abe, S; Kato, K; Naganawa, S

    LIFE-BASEL   12 巻 ( 4 ) 頁: 593   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/life12040593

    DOI: 10.3390/life12040593

    Web of Science

    PubMed

  7. Bronchial wall thickening is associated with severity of chronic rhinosinusitis

    Majima, S; Wakahara, K; Nishio, T; Nishio, N; Teranishi, M; Iwano, S; Hirakawa, A; Hashimoto, N; Sone, M; Hasegawa, Y

    RESPIRATORY MEDICINE   170 巻   頁: 106024   2020年8月

     詳細を見る

  8. An Empirical Study on the Use of Visual Explanation in Kidney Cancer Detection

    Takahashi, M; Kameya, Y; Yamada, K; Hotta, K; Takahashi, T; Sassa, N; Iwano, S; Yamamoto, T

    TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DIGITAL IMAGE PROCESSING (ICDIP 2020)   11519 巻   2020年

     詳細を見る

  9. Does I-131 uptake in the subhyoid portion or lymph nodes affect the outcome of low-dose ablation therapy for patients with differentiated thyroid cancer?

    Ito, S; Iwano, S; Kato, K; Naganawa, S

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   46 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S662 - S663   2019年10月

     詳細を見る

  10. Impact of Combined Evaluation Using Tumor Volume and Metastatic Nodal Extent in Stage III NSCLC Treated with CRT

    Tamiya, Y; Morise, M; Matsuzawa, R; Tanaka, I; Okada, T; Iwano, S; Hase, T; Hashimoto, N; Sato, M; Itoh, Y; Hasegawa, Y

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S909 - S910   2019年10月

  11. Postoperative recurrence of clinical early-stage non-small cell lung cancers: a comparison between solid and subsolid nodules

    Iwano, S; Umakoshi, H; Kamiya, S; Yokoi, K; Kawaguchi, K; Fukui, T; Naganawa, S

    CANCER IMAGING   19 巻 ( 1 ) 頁: 33   2019年6月

     詳細を見る

  12. Evaluation of intra-tumoral blood feeding to predict the effect of induction therapy in patients with locally advanced lung cancer

    Kawaguchi, K; Fukui, T; Goto, M; Nakamura, S; Hakiri, S; Ozeki, N; Kato, T; Mori, S; Hashimoto, K; Iwano, S; Yokoi, K

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 291 - 301   2019年5月

     詳細を見る

  13. Prediction of recurrence using volume-based metabolic index obtained by preoperative FDG-PET for non-small-cell lung cancer

    Ito, S; Iwano, S; Kato, K; Naganawa, S

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   45 巻   頁: S506 - S506   2018年10月

     詳細を見る

  14. Dense volumetric detection and segmentation of mediastinal lymph nodes in chest CT images

    Oda, H; Roth, HR; Bhatia, KK; Oda, M; Kitasaka, T; Iwano, S; Homma, H; Takabatake, H; Mori, M; Natori, H; Schnabel, JA; Mori, K

    MEDICAL IMAGING 2018: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   10575 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2287066

    Web of Science

  15. Risk Factor Evaluation of Programmed Death 1 Inhibitor Related Pneumonitis in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer

    Fukihara, J; Sakamoto, K; Iwano, S; Morise, M; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   197 巻   2018年

     詳細を見る

  16. Prognostic impact of highly solid component in early-stage solid lung adenocarcinoma 査読有り 国際誌

    Kato, T; Iwano, S; Hanamatsu, Y; Nakaguro, M; Emoto, R; Okado, S; Sato, K; Noritake, O; Nakanishi, K; Kadomatsu, Y; Ueno, H; Ozeki, N; Nakamura, S; Fukumoto, K; Takeuchi, T; Karube, K; Matsui, S; Chen-Yoshikawa, TF

    QUANTITATIVE IMAGING IN MEDICINE AND SURGERY   13 巻 ( 9 ) 頁: 5641 - +   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/qims-23-36

    Web of Science

    PubMed

  17. Virtual Bronchoscopy-Guided Transbronchial Biopsy Simulation Using a Head-Mounted Display: A New Style of Flexible Bronchoscopy 査読有り 国際誌

    Okachi, S; Ito, T; Sato, K; Iwano, S; Shinohara, Y; Itoigawa, H; Hashimoto, N

    SURGICAL INNOVATION   29 巻 ( 6 ) 頁: 811 - 813   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/15533506211068928

    DOI: 10.1177/15533506211068928

    Web of Science

    PubMed

  18. Diagnostic value and safety of endobronchial ultrasonography with a guide sheath transbronchial biopsy for diagnosing peripheral pulmonary lesions in patients with interstitial lung disease 査読有り 国際誌

    Ito, T; Okachi, S; Iwano, S; Kinoshita, F; Wakahara, K; Hashimoto, N; Chen-Yoshikawa, TF

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE   14 巻 ( 11 ) 頁: 4361 - 4371   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd-22-809

    DOI: 10.21037/jtd-22-809

    Web of Science

    PubMed

  19. Chest three-dimensional-computed tomography imaging data analysis for the variation of exercise capacity after lung lobectomy 査読有り 国際誌

    Ozeki, N; Iwano, S; Nakamura, S; Kawaguchi, K; Mizuno, Y; Inoue, T; Nagaya, M; Chen-Yoshikawa, TF

    CLINICAL PHYSIOLOGY AND FUNCTIONAL IMAGING   42 巻 ( 5 ) 頁: 362 - 371   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cpf.12777

    DOI: 10.1111/cpf.12777

    Web of Science

    PubMed

  20. 人工知能を応用したバーチャル3D thin-section CTを用いた肺腺癌の充実成分径の計測

    岩野 信吾, 神谷 晋一朗, 伊藤 倫太郎, 工藤 彰, 北村 嘉郎, 中村 圭児, 長縄 慎二

    断層映像研究会雑誌   49 巻 ( 2 ) 頁: 39 - 39   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:断層映像研究会  

  21. Features from MRI texture analysis associated with survival outcomes in triple-negative breast cancer patients 査読有り

    Kamiya, S; Satake, H; Hayashi, Y; Ishigaki, S; Ito, R; Kawamura, M; Taoka, T; Iwano, S; Naganawa, S

    BREAST CANCER   29 巻 ( 1 ) 頁: 164 - 173   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12282-021-01294-1

    DOI: 10.1007/s12282-021-01294-1

    Web of Science

    PubMed

  22. Incidental findings on computed tomography for preoperative assessment before transcatheter aortic valve implantation in Japanese patients 査読有り

    Tobe, A; Tanaka, A; Tokuda, Y; Miki, Y; Furusawa, K; Akita, S; Fujii, T; Tsutsumi, Y; Ishii, H; Iwano, S; Naganawa, S; Usui, A; Murohara, T

    HEART AND VESSELS   36 巻 ( 12 ) 頁: 1911 - 1922   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-021-01875-2

    DOI: 10.1007/s00380-021-01875-2

    Web of Science

    PubMed

  23. Diagnostic utility of metabolic parameters on FDG PET/CT for lymph node metastasis in patients with cN2 non-small cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Nakanishi, K; Nakamura, S; Sugiyama, T; Kadomatsu, Y; Ueno, H; Goto, M; Ozeki, N; Fukui, T; Iwano, S; Chen-Yoshikawa, TF

    BMC CANCER   21 巻 ( 1 ) 頁: 983 - 983   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-021-08688-6

    DOI: 10.1186/s12885-021-08688-6

    Web of Science

    PubMed

  24. 【COVID-19肺炎と肺疾患AI開発のフロントライン】COVID-19肺炎におけるAI研究の動向および問題点について

    伊藤 倫太郎, 岩野 信吾, 長縄 慎二

    医用画像情報学会雑誌   38 巻 ( 2 ) 頁: 32 - 40   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医用画像情報学会  

    COVID-19が世界中に広まり、COVID-19肺炎の診断に胸部CTや胸部単純X線の有用性が報告され、この画像所見を用いたAI開発が初期の段階から積極的に行われた。高性能なAIが多数存在するが、臨床において用いる際には注意すべき点が複数存在する。COVID-19肺炎に対して開発・使用された画像診断に関連するAI研究について、PubMedに2020年12月までに登録されたものを抽出しレビューを行った。

  25. cN2非小細胞肺癌のリンパ節転移に対するFDG PET/CTでの代謝パラメーターの診断的有用性に関する検討

    仲西 慶太, 矢澤 まり, 坪内 秀樹, 杉山 燈人, 門松 由佳, 上野 陽史, 後藤 真輝, 尾関 直樹, 中村 彰太, 福井 高幸, 岩野 信吾, 芳川 豊史

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  26. Factors associated with changes in the 12-m stair-climbing time after lung lobectomy 査読有り

    Ozeki, N; Fukui, T; Iwano, S; Hakiri, S; Nakamura, S; Kawaguchi, K; Mizuno, Y; Inoue, T; Nagaya, M; Chen-Yoshikawa, TFS

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   69 巻 ( 2 ) 頁: 282 - 289   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-020-01458-4

    DOI: 10.1007/s11748-020-01458-4

    Web of Science

    PubMed

  27. Iodine-related attenuation in contrast-enhanced dual-energy computed tomography in small-sized solid-type lung cancers is associated with the postoperative prognosis 査読有り 国際誌

    Iwano, S; Kamiya, S; Ito, R; Nakamura, S; Naganawa, S

    CANCER IMAGING   21 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 7   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40644-020-00368-1

    DOI: 10.1186/s40644-020-00368-1

    Web of Science

    PubMed

  28. A review on the use of artificial intelligence for medical imaging of the lungs of patients with coronavirus disease 2019 国際誌

    Ito, R; Iwano, S; Naganawa, S

    DIAGNOSTIC AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   26 巻 ( 5 ) 頁: 443 - 448   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5152/dir.2019.20294

    Web of Science

    PubMed

  29. Assessment of Severity in Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension by Quantitative Parameters of Dual-Energy Computed Tomography 国際誌

    Tsutsumi, Y; Iwano, S; Okumura, N; Adachi, S; Abe, S; Kondo, T; Kato, K; Naganawa, S

    JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY   44 巻 ( 4 ) 頁: 578 - 585   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RCT.0000000000001052

    Web of Science

    PubMed

  30. Well-differentiated fetal adenocarcinoma of the lung: positron emission tomography features and diagnostic difficulties in frozen section analysis-a case report 国際誌

    Hakiri, S; Fukui, T; Tsubouchi, H; Sakakibara, A; Iwano, S; Chen-Yoshikawa, TF

    SURGICAL CASE REPORTS   6 巻 ( 1 ) 頁: 152 - 152   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-00910-0

    Web of Science

    PubMed

  31. Psoas muscle mass in patients undergoing lung cancer surgery: a prognostic difference between squamous cell carcinoma and adenocarcinoma 査読有り

    Ozeki, N; Kawaguchi, K; Fukui, T; Nakamura, S; Hakiri, S; Mori, S; Goto, M; Iwano, S; Yokoi, K; Chen-Yoshikawa, TF

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 5 ) 頁: 876 - 884   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01624-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Unexpected radioactive iodine accumulation on whole-body scan after I-131 ablation therapy for differentiated thyroid cancer

    Iwano, S; Ito, S; Kamiya, S; Ito, R; Kato, K; Naganawa, S

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 2 ) 頁: 205 - 215   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.2.205

    Web of Science

    PubMed

  33. Reply to "Prognostic Impact and Risk Factors of Immune-Related Pneumonitis in Patients With NoneSmall-Cell Lung Cancer Who Received Programmed Death-1 Inhibitors" 国際誌

    Fukihara, J; Sakamoto, K; Koyama, J; Ito, T; Iwano, S; Morise, M; Ogawa, M; Kondoh, Y; Kimura, T; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    CLINICAL LUNG CANCER   21 巻 ( 3 ) 頁: E205 - E205   2020年5月

     詳細を見る

  34. 病期Iの肺癌切除症例の術後再発における残存慢性呼吸器疾患の影響に関する検討

    橋本 直純, 川口 晃司, 岩野 信吾

    肺癌   60 巻 ( 2 ) 頁: 143 - 143   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  35. 【基礎から学ぶ肺癌診断】肺癌の3次元CT・PET/CT診断 原発巣の診断と悪性度

    岩野 信吾, 伊藤 信嗣, 伊藤 倫太郎, 神谷 晋一朗, 加藤 克彦, 長縄 慎二

    画像診断   40 巻 ( 5 ) 頁: 439 - 446   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)Gakken  

    <文献概要>肺癌の臨床病期分類(TNM分類)は主に画像診断に基づいて行われる.2017年に改訂されたTNM分類では,T因子(サイズ)の診断が複雑になった.病理学的浸潤径に相当する充実成分径の計測はthinsection CTで行うのが基本であるが,3次元CTやPET/CTを利用することで精度の向上が期待できる.

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00235&link_issn=&doc_id=20200408090014&doc_link_id=10.15105%2FGZ.0000001656&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15105%2FGZ.0000001656&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  36. Micro-computed tomography images of lung adenocarcinoma: detection of lepidic growth patterns 査読有り

    Nakamura, S; Mori, K; Iwano, S; Kawaguchi, K; Fukui, T; Hakiri, S; Ozeki, N; Oda, M; Yokoi, K

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 31   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.25

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. 中枢神経系原発anaplastic lymphoma kinase陽性未分化大細胞リンパ腫の1例

    佐々木 裕太郎, 中道 玲瑛, 伊藤 信嗣, 川井 恒, 岩野 信吾, 田岡 俊昭, 加藤 克彦, 川島 直美, 下山 芳江, 長縄 慎二

    映像情報Medical   52 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 83   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:産業開発機構(株)  

  38. Kinetic volume analysis on dynamic contrast-enhanced MRI of triple-negative breast cancer: associations with survival outcomes 査読有り 国際誌

    Hayashi, Y; Satake, H; Ishigaki, S; Ito, R; Kawamura, M; Kawai, H; Iwano, S; Naganawa, S

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   93 巻 ( 1106 ) 頁: 20190712 - 20190712   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr.20190712

    Web of Science

    PubMed

  39. Prognostic Impact and Risk Factors of Immune-Related Pneumonitis in Patients With Non-Small-Cell Lung Cancer Who Received Programmed Death 1 Inhibitors 国際誌

    Fukihara, J; Sakamoto, K; Koyama, J; Ito, T; Iwano, S; Morise, M; Ogawa, M; Kondoh, Y; Kimura, T; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    CLINICAL LUNG CANCER   20 巻 ( 6 ) 頁: 442 - +   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2019.07.006

    Web of Science

    PubMed

  40. ディープラーニングを用いた胸部CT像中の肺結節の画像所見の検出および良悪性鑑別

    福嶋 一茂, 平野 靖, 木戸 尚治, 岩野 信吾

    MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY   37 巻 ( 5 ) 頁: 244 - 253   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    近年、コンピューター診断支援(computer-aided diagnosis;CADx)システムに関する研究では、ディープラーニングが使用される機会が多くなってきており、従来よりも高い性能を示すことが報告されている。肺結節の良悪性鑑別のためのCADxシステムでも同様の傾向があるが、それらはCT像などを入力とし、良性あるいは悪性の尤度のみを出力するか、クラス分類するものが一般的である。一方で、患者に対して医師が肺結節の診断結果を説明する際には、良悪性の尤度だけでは不十分であり、診断結果の根拠を説明することが求められる。そこで本研究ではディープラーニングの一形態であるCNN(convolutional neural network)を用いて、CT像中の肺結節が悪性であることを示唆する画像所見の存在の尤度を診断の根拠として提供し、さらにそれらの尤度を入力するNN(neural network)によって良悪性の鑑別結果を医師に提供するCADxシステムの構築を行った。55個の良性結節と120個の悪性結節を用いて本手法の性能を評価した結果、識別率は79.02±8.43[%]となった。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02087&link_issn=&doc_id=20200115200004&doc_link_id=%2Fen9meite%2F2019%2F003705%2F004%2F0244-0254%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fen9meite%2F2019%2F003705%2F004%2F0244-0254%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  41. Multi-window levels and widths imaging 画像変換による新たな読影手法の検討

    伊藤 倫太郎, 岩野 信吾, 小田 紘久, 森 健策, 長縄 慎二

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   55回 巻   頁: S531 - S532   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  42. Renewed Japanese spirometric reference variables and risk stratification for postoperative outcomes in COPD patients with resected lung cancer

    Okada, Y; Hashimoto, N; Iwano, S; Kawaguchi, K; Fukui, T; Sakamoto, K; Wakai, K; Yokoi, K; Hasegawa, Y

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 3 ) 頁: 427 - 438   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.3.427

    Web of Science

    PubMed

  43. Utility of Metabolic Parameters on FDG PET/CT in the Classification of Early-Stage Lung Adenocarcinoma Prediction of Pathological Invasive Size 査読有り 国際誌

    Iwano, S; Ito, S; Kamiya, S; Ito, R; Kato, K; Naganawa, S

    CLINICAL NUCLEAR MEDICINE   44 巻 ( 7 ) 頁: 560 - 565   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RLU.0000000000002591

    Web of Science

    PubMed

  44. 【人工知能が医療を変える!医療分野におけるAI研究開発最前線2019】領域別・画像診断におけるAI研究開発の最前線 胸部領域 胸部画像診断におけるAIと臨床研究について

    伊藤 倫太郎, 岩野 信吾, 長縄 慎二

    INNERVISION   34 巻 ( 7 ) 頁: 25 - 28   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)インナービジョン  

    2006年から始まった第三次AIブームによりAIの研究が加速度的に進み、現在ではスマートフォンのカメラや音声入力など身近なものに活用されている。放射線医学においては古くから人工知能(AI)を用いた研究が行われ、臨床にも応用されていた。最近では、さらに発展したAIを用いたCADの開発が盛んであり、世界中の研究者が開発を競っている。本稿では、加速度的に進歩するAIと放射線医学とのかかわりについて、主に胸部画像診断の観点から現在の状況と問題点についてまとめ、実際の研究例について提示する。(著者抄録)

  45. 画像診断と病理 食道平滑筋腫

    兵藤 良太, 岩野 信吾, 長縄 慎二, 宮田 一志, 島田 聡子

    画像診断   39 巻 ( 7 ) 頁: 662 - 663   2019年5月

  46. Association between chest computed tomography findings and respiratory adverse events in rheumatoid arthritis patients undergoing long-term biological therapy 査読有り

    Matsumoto, T; Iwano, S; Takahashi, N; Asai, S; Watanabe, T; Asai, N; Sobue, Y; Ito, S; Ishiguro, N; Kojima, T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATIC DISEASES   22 巻 ( 4 ) 頁: 626 - 635   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1756-185X.13434

    Web of Science

    PubMed

  47. FDG-PET/CTの腫瘍代謝容積に基づいた肺腺癌の臨床病期診断の試み

    岩野 信吾, 伊藤 倫太郎, 長縄 慎二

    肺癌   59 巻 ( 2 ) 頁: 189 - 189   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  48. Longitudinal changes in pulmonary function and respiratory impedance of rheumatoid arthritis 査読有り

    Isobe, Y; Ito, S; Matsuda, T; Iwano, S; Uchida, A; Takahashi, N; Kojima, T; Wakahara, K; Yamaguchi, E; Hasegawa, Y

    RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY   261 巻   頁: 1 - 8   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2018.12.008

    Web of Science

    PubMed

  49. Quantitative Follow-Up Assessment of Patients with Interstitial Lung Disease by 3D-Curved High-Resolution CT Imaging Parallel to the Chest Wall 査読有り

    Umakoshi, H; Iwano, S; Inoue, T; Li, YZ; Nakamura, K; Naganawa, S

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 53   2019年2月

     詳細を見る

  50. 原発性肺癌の術前臨床病期診断の正確性

    岩野 信吾, 馬越 弘泰, 伊藤 倫太郎, 島本 宏矩, 長縄 慎二

    Japanese Journal of Radiology   37 巻 ( Suppl. ) 頁: 25 - 25   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  51. Effect of blood glucose level on standardized uptake value (SUV) in <SUP>18</SUP>F- FDG PET-scan: a systematic review and meta-analysis of 20,807 individual SUV measurements 査読有り

    Eskian, M; Alavi, A; Khorasanizadeh, M; Viglianti, BL; Jacobsson, H; Barwick, TD; Meysamie, A; Yi, SK; Iwano, S; Bybel, B; Caobelli, F; Lococo, F; Gea, J; Sancho-Muñoz, A; Schildt, J; Tatci, E; Lapa, C; Keramida, G; Peters, M; Boktor, RR; John, J; Pitman, AG; Mazurek, T; Rezaei, N

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   46 巻 ( 1 ) 頁: 224 - 237   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00259-018-4194-x

    Web of Science

    PubMed

  52. ディープラーニングを用いた胸部CT像中の肺結節の画像所見の検出および良悪性鑑別

    福嶋 一茂, 平野 靖, 木戸 尚治, 岩野 信吾

    Medical Imaging Technology   37 巻 ( 5 ) 頁: 244 - 254   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    <p>近年,コンピューター診断支援(computer-aided diagnosis; CADx)システムに関する研究では,ディープラーニングが使用される機会が多くなってきており,従来よりも高い性能を示すことが報告されている.肺結節の良悪性鑑別のためのCADxシステムでも同様の傾向があるが,それらはCT像などを入力とし,良性あるいは悪性の尤度のみを出力するか,クラス分類するものが一般的である.一方で,患者に対して医師が肺結節の診断結果を説明する際には,良悪性の尤度だけでは不十分であり,診断結果の根拠を説明することが求められる.そこで本研究ではディープラーニングの一形態であるCNN(convolutional neural network)を用いて,CT像中の肺結節が悪性であることを示唆する画像所見の存在の尤度を診断の根拠として提供し,さらにそれらの尤度を入力とするNN(neural network)によって良悪性の鑑別結果を医師に提供するCADxシステムの構築を行った.55個の良性結節と120個の悪性結節を用いて本手法の性能を評価した結果,識別率は79.02±8.43[%]となった.</p>

    DOI: 10.11409/mit.37.244

  53. Generative Adversarial Networkを用いた肺結節の画像生成について

    伊藤 倫太郎, 岩野 信吾, 長縄 慎二

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   54回 巻   頁: S561 - S561   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  54. Impact of Patient Age and Histological Type on Radioactive Iodine Avidity of Recurrent Lesions of Differentiated Thyroid Carcinoma 査読有り

    Nakanishi, K; Kikumori, T; Miyajima, N; Takano, Y; Noda, S; Takeuchi, D; Iwano, S; Kodera, Y

    CLINICAL NUCLEAR MEDICINE   43 巻 ( 7 ) 頁: 482 - 485   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RLU.0000000000002078

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  55. Deep Learningを用いた胸部CT像中の肺結節の画像所見の検出および良悪性鑑別

    福嶋 一茂, 平野 靖, 木戸 尚治, 岩野 信吾

    日本医用画像工学会大会予稿集   37回 巻   頁: 173 - 181   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    近年、コンピュータ診断支援(Computer-Aided Diagnosis,CADx)システムに関する研究では、Deep Learningが使用される機会が多くなってきており、従来よりも高い性能を示すことが報告されている。肺結節の良悪性鑑別のためのCADxシステムでも同様の傾向があるが、それらはCT像等を入力とし、良性あるいは悪性の尤度のみを出力するか、クラス分類するものが一般的である。一方で患者に対して医師が肺結節の診断結果を説明する際には、良悪性の尤度だけでは不十分であり、診断結果の根拠を説明することが求められる。そこで本研究ではDeep Learningの一形態であるCNN(Convolutional Neural Network)を用いて、CT像中の肺結節が悪性であることを示唆する画像所見の存在の尤度を診断の根拠として提供し、さらにそれらの尤度を入力とするNN(Neural Network)によって良悪性の鑑別結果を医師に提供するCADxシステムの構築を行った。55個の良性結節と120個の悪性結節を用いて本手法の性能を評価した結果、識別率は79.02±8.43[%]となった。(著者抄録)

  56. Predictive factors for the outcomes of initial I-131 low-dose ablation therapy to Japanese patients with differentiated thyroid cancer 査読有り

    Ito, S; Iwano, S; Kato, K; Naganawa, S

    ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE   32 巻 ( 6 ) 頁: 418 - 424   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12149-018-1261-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  57. Computer-aided Volumetry of Part-Solid Lung Cancers by Using CT: Solid Component Size Predicts Prognosis 査読有り 国際誌

    Kamiya, S; Iwano, S; Umakoshi, H; Ito, R; Shimamoto, H; Nakamura, S; Naganawa, S

    RADIOLOGY   287 巻 ( 3 ) 頁: 1030 - 1040   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2018172319

    Web of Science

    PubMed

  58. 胸壁並行断面CTを用いた間質性肺炎の経時的評価

    馬越 弘泰, 岩野 信吾, 伊藤 倫太郎, 島本 宏矩, 長縄 慎二

    Japanese Journal of Radiology   36 巻 ( Suppl. ) 頁: 19 - 19   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  59. 非小細胞肺癌の局所浸潤性の予測に関する造影dual energy CTとFDG-PET/CTの比較

    伊藤 倫太郎, 岩野 信吾, 島本 宏矩, 馬越 弘泰, 伊藤 信嗣, 長縄 慎二, 加藤 克彦

    Japanese Journal of Radiology   36 巻 ( Suppl. ) 頁: 20 - 20   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  60. Thin-section computed tomography-determined usual interstitial pneumonia pattern affects the decision-making process for resection in newly diagnosed lung cancer patients: a retrospective study 査読有り

    Hashimoto, N; Ando, A; Iwano, S; Sakamoto, K; Okachi, S; Matsuzaki, A; Okada, Y; Wakai, K; Yokoi, K; Hasegawa, Y

    BMC PULMONARY MEDICINE   18 巻 ( 1 ) 頁: 2   2018年1月

     詳細を見る

  61. FDG PET/CT Overcomes Discordance Between Clinical and Pathologic TNM Classification of Small-size Primary Lung Cancer: Influence on Postoperative Prognosis 査読有り 国際誌

    Umakoshi, H; Iwano, S; Yokoi, K; Ito, S; Ito, R; Kawaguchi, K; Fukui, T; Naganawa, S

    CLINICAL LUNG CANCER   19 巻 ( 1 ) 頁: E37 - E45   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2017.05.021

    Web of Science

    PubMed

  62. A comparative analysis of dual-phase dual-energy CT and FDG-PET/CT for the prediction of histopathological invasiveness of non-small cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Ito, R; Iwano, S; Shimamoto, H; Umakoshi, H; Kawaguchi, K; Ito, S; Kato, K; Naganawa, S

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY   95 巻   頁: 186 - 191   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2017.08.010

    Web of Science

    PubMed

  63. Automated mediastinal lymph node detection from CT volumes based on intensity targeted radial structure tensor analysis. 査読有り

    Oda H, Bhatia KK, Oda M, Kitasaka T, Iwano S, Homma H, Takabatake H, Mori M, Natori H, Schnabel JA, Mori K

    Journal of medical imaging (Bellingham, Wash.)   4 巻 ( 4 ) 頁: 044502   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/1.JMI.4.4.044502

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  64. Quantitative evaluation of interstitial pneumonia using 3D-curved high-resolution CT imaging parallel to the chest wall: A pilot study 査読有り 国際誌

    Umakoshi, H; Iwano, S; Inoue, T; Li, YZ; Naganawa, S

    PLOS ONE   12 巻 ( 9 ) 頁: e0185532   2017年9月

     詳細を見る

  65. Dual Energy CTによる小型肺癌の造影評価

    島本 宏矩, 岩野 信吾, 馬越 弘泰, 伊藤 倫太郎, 長縄 慎二

    Japanese Journal of Radiology   35 巻 ( Suppl. ) 頁: 34 - 34   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  66. 胸壁並行断面CTを用いた間質性肺炎の定量的評価

    馬越 弘泰, 岩野 信吾, 伊藤 倫太郎, 長縄 慎二

    Japanese Journal of Radiology   35 巻 ( Suppl. ) 頁: 34 - 34   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

  67. ドパミントランスポータシンチグラフィにおける解析ソフトの有用性に関する研究

    松澤 伸一郎, 加藤 克彦, 国本 啓太, 本田 将之, 椋本 竜斗, 小田川 哲郎, 阿部 真治, 藤田 尚利, 櫻木 庸博, 伊藤 信嗣, 伊藤 倫太郎, 岩野 信吾, 長縄 慎二

    核医学   54 巻 ( 1 ) 頁: 663 - 663   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

  68. FDG-PETによる非小細胞肺癌の予後予測因子の検討 SUVmaxと体積を考慮した指標の比較

    伊藤 信嗣, 岩野 信吾, 伊藤 倫太郎, 長縄 慎二, 加藤 克彦

    核医学   54 巻 ( 1 ) 頁: 565 - 565   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

  69. Thoracic Temporal Subtraction Three Dimensional Computed Tomography (3D-CT): Screening for Vertebral Metastases of Primary Lung Cancers 査読有り 国際誌

    Iwano, S; Ito, R; Umakoshi, H; Karino, T; Inoue, T; Li, YZ; Naganawa, S

    PLOS ONE   12 巻 ( 1 ) 頁: e0170309   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0170309

    Web of Science

    PubMed

  70. Hessian-Assisted Supervoxel: Structure-Oriented Voxel Clustering and Application to Mediastinal Lymph Node Detection from CT Volumes 査読有り

    Oda, H; Bhatia, KK; Oda, M; Kitasaka, T; Iwano, S; Homma, H; Takabatake, H; Mori, M; Natori, H; Schnabel, JA; Mori, K

    MEDICAL IMAGING 2017: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   10134 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2254782

    Web of Science

    Scopus

  71. Planning video-assisted thoracic surgery segmentectomy using three dimensional computed tomography angiography and bronchography with a virtual safety margin. 査読有り

    Iwano S

    Journal of visualized surgery   3 巻   頁: 82   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.21037/jovs.2017.04.08

    PubMed

  72. Visualization of Middle Ear Ossicles in Elder Subjects with Ultra-short Echo Time MR Imaging 査読有り

    Naganawa, S; Nakane, T; Kawai, H; Taoka, T; Suzuki, K; Iwano, S; Satake, H; Grodzki, D

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   16 巻 ( 2 ) 頁: 93 - 97   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2015-0171

    Web of Science

    PubMed

  73. Evaluation of locoregional invasiveness of small-sized non-small cell lung cancers by enhanced dual-energy computed tomography 査読有り

    Shimamoto H, Iwano S, Umakoshi H, Kawaguchi K, Naganawa S

    Cancer Imaging   16 巻 ( 1 ) 頁: 18   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40644-016-0077-1

  74. Respiratory mechanics measured by forced oscillation technique in rheumatoid arthritis-related pulmonary abnormalities: frequency-dependence, heterogeneity and effects of smoking 査読有り

    Sokai R, Ito S, Iwano S, Uchida A, Aso H, Kondo M, Ishiguro N, Kojima T, Hasegawa, Y

    Springerplus   5 巻   頁: 335   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40064-016-1952-8

  75. Correlation between FDG-PET/CT findings and solid type non-small cell cancer prognostic factors: are there differences between adenocarcinoma and squamous cell carcinoma? 査読有り

    Ito R, Iwano S, Kishimoto M, Ito S, Kato K, Naganawa S.

    Ann Nucl Med   29 巻 ( 10 ) 頁: 897-905   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12149-015-1025-z

    PubMed

  76. Evaluation of lung cancer by enhanced dual-energy CT: Association between three-dimensional iodine concentration and tumor differentiation. 査読有り

    Iwano S, Ito R, Umakoshi H, Ito S, Naganawa S

    Br J Radiol   88 巻   頁: 20150224   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1259/bjr.20150224

    PubMed

  77. The contact length between the tumor contour and the lung on computed tomography is a risk factor for pleural recurrence after complete resection of thymoma. 査読有り

    Kato T, Iwano S, Taniguchi T, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Fukumoto K, Nakamura S, Hirakawa A, Yokoi K.

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   63 巻 ( 6 ) 頁: 343-348   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-015-0525-z

  78. Evaluation of emphysema using three-dimensional computed tomography: association with postoperative complications in lung cancer patients 査読有り

    Kawakami K, Iwano S, Hashimoto N, Hasegawa Y, Naganawa S.

    Nagoya J Med Sci   77 巻 ( 1-2 ) 頁: 113-122   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  79. Lobar analysis of collapsibility indices to assess functional lung volumes in COPD patients. 査読有り

    Kitano M, Iwano S, Hashimoto N, Matsuo K, Hasegawa Y, Naganawa S.

    Int J Chron Obstruct Pulmon Dis.   9 巻   頁: 1347-1356   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S72616

  80. Prognostic evaluations of small size lung cancers by 18F-FDG PET/CT and thin-section CT. 査読有り

    Kishimoto M, Iwano S, Ito S, Kato K, Ito R, Naganawa S

    Lung Cancer   86 巻 ( 2 ) 頁: 180-184   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2014.09.006

    PubMed

  81. Evaluation of 11C-choline PET/CT for primary diagnosis and staging of urothelial carcinoma of the upper urinary tract: a pilot study. 査読有り

    Sassa N, Kato K, Abe S, Iwano S, Ito S, Ikeda M, Shimamoto K, Yamamoto S, Yamamoto T, Gotoh M, Naganawa S.

    Eur J Nucl Med Mol Imaging   41 巻 ( 12 ) 頁: 2232-2241   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00259-014-2871-y

    PubMed

  82. Therapeutic surgery without a definitive diagnosis can be an option in selected patients with suspected lung cancer. 査読有り

    Ozeki N, Iwano S, Taniguchi T, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Fukumoto K, Nakamura S, Hirakawa A, Yokoi K.

    Interact Cardiovasc Thorac Surg   19 巻 ( 5 ) 頁: 830-837   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivu233

  83. Prediction of pathologic prognostic factors in patients with lung adenocarcinomas: comparison of thin-section computed tomography and positron emission tomography/computed tomography. 査読有り

    Iwano S, Kishimoto M, Ito S, Kato K, Ito R, Naganawa S

    Cancer Imaging   22 巻 ( 14 ) 頁: 3   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1470-7330-14-3

    PubMed

  84. Clinical impact of prevalence and severity of COPD on the decision-making process for therapeutic management of lung cancer patients. 査読有り

    Hashimoto N, Matsuzaki A, Okada Y, Imai N, Iwano S, Wakai K, Imaizumi K, Yokoi K, Hasegawa Y

    BMC Pulm Med   5 巻 ( 14 ) 頁: 14   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2466-14-14

    PubMed

  85. Comparison of 18F-fluoride PET/CT, 18F-FDG PET/CT and bone scintigraphy (planar and SPECT) in detection of bone metastases of differentiated thyroid cancer: a pilot study. 査読有り

    Ota N, Kato K, Iwano S, Ito S, Abe S, Fujita N, Yamashiro K, Yamamoto S, Naganawa S.

    Br J Radiol   87 巻 ( 1034 ) 頁: 20130444   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  86. Doubling time calculations for lung cancer by three-dimensional computer-aided volumetry: effects of inter-observer differences and nodule characteristics 査読有り

    Koike, W. Iwano, S. Matsuo, K. Kitano, M. Kawakami, K. Naganawa, S.

    J Med Imaging Radiat Oncol   58 巻 ( 1 ) 頁: 82-8   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: The purpose of this study was to investigate doubling time (DT) differences among solid, part-solid (PS) and non-solid (NS) types of lung cancers. We also compared inter-observer differences in size measurements between diameter and three-dimensional (3D) volume measurements of lung cancers, including PS- and NS-type nodules, using 3D computer-aided volumetry (3D-CAV). METHODS: The long-axis diameters and 3D volumes of lung tumours were measured using CAV by two chest radiologists for 71 consecutive patients with peripheral lung cancer who underwent at least two CT examinations before surgical resection. We evaluated the inter-observer variability for the ratio of diameter change (RCdiameter) and volume change (RCvolume), which were based on two CT images obtained at different times prior to resection. Inter-observer agreement was evaluated by Bland-Altman plots. Based on the volumes obtained from 3D-CAV, we calculated the DTs and compared DT differences between solid, PS and NS types of lung tumours. RESULTS: The inter-observer Spearman's rank correlation coefficients were 0.87 for RCvolume and 0.64 for RCdiameter (p < 0.001). For all internal appearance types, the rs values for RCvolume were greater than those for RCdiameter. The median DT values for solid, PS and NS were 278, 347 and 584 days, respectively. NS- and PS-type tumours had significantly longer DTs (p = 0.024; by Spearman's rank correlation coefficient). CONCLUSIONS: DT determinations using 3D-CAV had good correlations with the internal appearances of lung cancers. Lung tumour volume measurements by 3D-CAV exhibited better inter-observer correlations than did diameter measurements.

    DOI: 10.1111/1754-9485.12128

    PubMed

  87. Planning of segmentectomy using three-dimensional computed tomography angiography with a virtual safety margin: technique and initial experience. 査読有り

    Iwano S, Yokoi K, Taniguchi T, Kawaguchi K, Fukui T, Naganawa S

    Lung Cancer   81 巻 ( 3 ) 頁: 410-415   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2013.06.001

    PubMed

  88. Limited efficacy of (18)F-FDG PET/CT for differentiation between metastasis-free pancreatic cancer and mass-forming pancreatitis. 査読有り

    Kato K, Nihashi T, Ikeda M, Abe S, Iwano S, Itoh S, Shimamoto K, Naganawa S

    Clinical nuclear medicine   38 巻 ( 6 ) 頁: 417-21   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RLU.0b013e3182817d9d

    PubMed

  89. Pulmonary lobar volumetry using novel volumetric computer-aided diagnosis and computed tomography 査読有り

    Iwano S, Kitano M, Matsuo K, Kawakami K, Koike W, Kishimoto M, Inoue T, Li Y, Naganawa S

    Interact Cardiovasc Thorac Surg   17 巻 ( 1 ) 頁: 59-65   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivt122

  90. What causes false-negative PET findings for solid-type lung cancer? 査読有り

    Iwano S, Ito S, Tsuchiya K, Kato K, Naganawa S

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   79 巻 ( 2 ) 頁: 132-6   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2012.10.018

    PubMed

  91. Supplemental value of diffusion-weighted whole-body imaging with background body signal suppression (DWIBS) technique to whole-body magnetic resonance imaging in detection of bone metastases from thyroid cancer. 査読有り

    Sakurai Y, Kawai H, Iwano S, Ito S, Ogawa H, Naganawa S

    J Med Imaging Radiat Oncol   57 巻 ( 3 ) 頁: 297-305   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1754-9485.12020

  92. An anomalous segmental vein of the left upper lobe of the lung: preoperative identification by three-dimensional computed tomography pulmonary angiography. 査読有り

    Ishikawa Y, Iwano S, Usami N, Yokoi K

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   15 巻 ( 3 ) 頁: 512-3   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivs205

    PubMed

  93. Correlation between dynamic CT findings and pathological prognostic factors of small lung adenocarcinoma. 査読有り

    Iwano S, Koike W, Matsuo K, Kitano M, Kawakami K, Okada T, Naganawa S

    Cancer imaging : the official publication of the International Cancer Imaging Society   12 巻   頁: 187-93   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1102/1470-7330.2012.0018

    PubMed

  94. 3D-CT lung volumetry using multidetector row computed tomography: pulmonary function of each anatomic lobe. 査読有り

    Matsuo K, Iwano S, Okada T, Koike W, Naganawa S

    Journal of thoracic imaging   27 巻 ( 3 ) 頁: 164-70   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RTI.0b013e31822641c9

    PubMed

  95. FDG-PET performed concurrently with initial I-131 ablation for differentiated thyroid cancer. 査読有り

    Iwano S, Kato K, Ito S, Tsuchiya K, Naganawa S

    Annals of nuclear medicine   26 巻 ( 3 ) 頁: 207-13   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12149-011-0559-y

    PubMed

  96. Mediastinal atlas creation from 3-D chest computed tomography images: application to automated detection and station mapping of lymph nodes. 査読有り

    Feuerstein M, Glocker B, Kitasaka T, Nakamura Y, Iwano S, Mori K

    Medical image analysis   16 巻 ( 1 ) 頁: 63-74   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.media.2011.05.005

    PubMed

  97. Correlation between dual-phase dynamic multi-detector CT findings and fibrosis within lung adenocarcinoma tumors. 査読有り

    Iwano S, Koike W, Matsuo K, Okada T, Shimoyama Y, Naganawa S

    European journal of radiology   80 巻 ( 3 ) 頁: e470-5   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2010.09.007

    PubMed

  98. *Virtual bronchoscopy-guided transbronchial biopsy for aiding the diagnosis of peripheral lung cancer. 査読有り

    Iwano S, Imaizumi K, Okada T, Hasegawa Y, Naganawa S.

    Eur J Radiol   79 巻 ( 1 ) 頁: 155-159   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2009.11.023

    PubMed

  99. Diagnostic value of SPIO-mediated breath-hold, black-blood, fluid-attenuated, inversion recovery (BH-BB-FLAIR) imaging in patients with hepatocellular carcinomas.

    MATSUSHIMA MASAYA, NAGANAWA SHINJI, IKEDA MITSURU, ITOH SHIGEKI, OGAWA HIROSHI, KOMADA TOMOHIRO, ISHIGAKI SATOKO, KAWAI HISASHI, SUZUKI KOJIRO, SATAKE HIROKO, IWANO SHINGO

    Magn Reason Med Sci   9 巻 ( 2 ) 頁: 49-58   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Estimation of Gadolinium-induced T(1)-shortening with Measurement of Simple Signal Intensity Ratio between the Cochlea and Brain Parenchyma on 3D-FLAIR: Correlation with T(1) Measurement by TI Scout Sequence.

    NAGANAWA SHINJI, ISHIHARA SHUNICHI, IWANO SHINGO, KAWAI HISASHI, SONE MICHIHIKO, NAKASHIMA TSUTOMU

    Magn Reson Med Sci   9 巻 ( 1 ) 頁: 17-22   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Three-dimensional angiography of aberrant segmental vein of right upper lobe. 査読有り

    Usami N, Iwano S, Mizuno T, Taniguchi T, Yokoi K

    Asian cardiovascular & thoracic annals   18 巻 ( 4 ) 頁: 398   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0218492310375005

    PubMed

  102. Differential TH1/TH2 chemokine expression in interstitial pneumonia. 査読有り

    Honda T, Imaizumi K, Yokoi T, Hashimoto N, Hashimoto I, Kawabe T, Matsuo M, Iwano S, Shimokata K, Hasegawa Y.

    Am J Med Sci.   339 巻 ( 1 ) 頁: 41-48   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Three-dimensional (3D) visualization of endolymphatic hydrops after intratympanic injection of Gd-DTPA: optimization of a 3D-real inversion-recovery turbo spin-echo (TSE) sequence and application of a 32-channel head coil at 3T. 査読有り

    Naganawa S, Ishihara S, Iwano S, Sone M, Nakashima T.

    J Magn Reson Imaging   31 巻 ( 1 ) 頁: 210-214   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Comparisons of I-123 diagnostic and I-131 post-treatment scans for detecting residual thyroid tissue and metastases of differentiated thyroid cancer. 査読有り

    Iwano S, Kato K, Nihashi T, Ito S, Tachi Y, Naganawa S

    Annals of nuclear medicine   23 巻 ( 9 ) 頁: 777-82   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12149-009-0303-z

    PubMed

  105. Semi-automatic volumetric measurement of lung cancer using multi-detector CT effects of nodule characteristics. 査読有り

    Iwano S, Okada T, Koike W, Matsuo K, Toya R, Yamazaki M, Ito S, Ito J, Naganawa S.

    Acad Radiol.   16 巻 ( 10 ) 頁: 1179-86   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. 【ボーダレス時代のPACS&WS選び 高機能化と多機能化が画像診断に福音をもたらす】 PACS&WS導入施設報告 PACSと3D WS併用施設報告 仮想気管支鏡(virtual bronchoscopy)の配信におけるPACSとWSの連携

    岩野信吾

    INNERVISION   24 巻 ( 7 ) 頁: 27-29   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. *3D-CT volumetry of the lung using multidetector row CT: comparison with pulmonary function tests.

    Iwano, Shingo; Okada, Tohru; Satake, Hiroko; Naganawa, Shinji

    Acad Radiol   ( 16 ) 頁: 250-256   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    RATIONALE AND OBJECTIVES: The aim of this study was to evaluate the accuracy of measurements of lung volumes reconstructed using three-dimensional computed tomographic (CT) imaging from thin-section multidetector-row CT images compared to standard pulmonary function testing. MATERIALS AND METHODS: Preoperative three-dimensional CT images and pulmonary function test results of 64 patients with solitary pulmonary nodules who were considered candidates for lung resection were reviewed. On the three-dimensional CT images, total lung capacity (TLC(CTV)), emphysematous lung capacity (ELC(CTV)), and normal lung capacity (NLC(CTV)) were calculated. Total lung capacity (TLC), vital capacity, and forced expiratory volume in 1 second were measured using spirometry. RESULTS: There was a strong positive correlation between estimated TLC(CTV) and measured TLC values (r = 0.87, P < .001). Estimated ELC(CTV) at the threshold value of -900 Hounsfield units was negatively correlated with forced expiratory volume in 1 second (r = -0.56, P < .001). NLC(CTV) values were more strongly correlated with vital capacity values than TLC(CTV) values (r = 0.74, P < .001). CONCLUSIONS: Lung volume calculated using three-dimensional CT volumetry was well correlated with lung volume measured using spirometry. Three-dimensional CT volumetry can be used to evaluate pulmonary function.

  108. Computer-aided diagnosis of lung cancer: definition and detection of ground-glass opacity type of nodules by high-resolution computed tomography. 査読有り

    Okada T, Iwano S, Ishigaki T, Kitasaka T, Hirano Y, Mori K, Suenaga Y, Naganawa S.

    Jpn J Radiol.   27 巻 ( 2 ) 頁: 91-99   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The ground-glass opacity (GGO) of lung cancer is identified only subjectively on computed tomography (CT) images as no quantitative characteristic has been defined for GGOs. We sought to define GGOs quantitatively and to differentiate between GGOs and solid-type lung cancers semiautomatically with a computer-aided diagnosis (CAD). METHODS AND MATERIALS: High-resolution CT images of 100 pulmonary nodules (all peripheral lung cancers) were collected from our clinical records. Two radiologists traced the contours of nodules and distinguished GGOs from solid areas. The CT attenuation value of each area was measured. Differentiation between cancer types was assessed by a receiver-operating characteristic (ROC) analysis. RESULTS: The mean CT attenuation of the GGO areas was -618.4 +/- 212.2 HU, whereas that of solid areas was -68.1 +/- 230.3 HU. CAD differentiated between solidand GGO-type lung cancers with a sensitivity of 86.0% and specificity of 96.5% when the threshold value was -370 HU. Four nodules of mixed GGOs were incorrectly classified as the solid type. CAD detected 96.3% of GGO areas when the threshold between GGO and solid areas was 194 HU. CONCLUSION: Objective definition of GGO area by CT attenuation is feasible. This method is useful for semiautomatic differentiation between GGOs and solid types of lung cancer.

  109. Detection of presumed hemorrhage in the ampullar endolymph of the semicircular canal: a case report. 査読有り

    Naganawa S, Ishihara S, Iwano S, Sone M, Nakashima T.

    Magn Reson Med Sci.   8 巻 ( 4 ) 頁: 187-191   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Automated anatomical labeling of bronchial branches extracted from CT datasets based on machine learning and combination optimization and its application to bronchoscope guidance. 査読有り

    Mori K, Ota S, Deguchi D, Kitasaka T, Suenaga Y, Iwano S, Hasegawa Y, Takabatake H, Mori M, Natori H

    Medical image computing and computer-assisted intervention : MICCAI ... International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention   12 巻 ( Pt 2 ) 頁: 707-14   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  111. Diagnostic whole-body scanning before radioiodine therapy for pulmonary metastases of differentiated thyroid cancer: predictive value and recommendations. 査読有り

    Tachi Y, Iwano S, Kato K, Tadokoro M, Naganawa S

    Clin Nucl Med   33 巻 ( 12 ) 頁: 845-51   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    RATIONALE:: Radioiodine therapy improves the survival of patients with pulmonary metastases of differentiated thyroid cancer (DTC). It is controversial whether the diagnostic whole-body I-131 scan (DWS) before therapy is essential. We determined whether DWS could predict the efficacy of I-131 therapy for pulmonary metastases. METHODS:: We undertook a retrospective review of records of 42 patients (28 women and 14 men, mean age 52.7 years). The patients had received 62 rounds of I-131 therapy for lung metastases of DTC at our institution between June 2002 and June 2006. On the same day that the DWS (dose of 185 MBq) (5 mCi) was completed, the patient received I-131 therapy (dose of 3700-7400 MBq) (100-200 mCi). Post-therapy whole-body scans (PWS) were performed after 3 to 4 days and 7 to 8 days. For all therapies, chest CT images were obtained before I-131 therapy, and 3 and 6 months after therapy for evaluation of therapeutic effectiveness. In addition, serum thyroglobulin (Tg) values were measured before and after the radioiodine therapy for all treatments. RESULTS:: In the group demonstrating I-131 accumulation for pulmonary metastases on DWS, 72% of patients showed a reduction of pulmonary metastases on follow-up CT. On the other hand, in the group that failed to accumulate I-131 on DWS, only 5% of patients showed a reduction of pulmonary metastases. After therapy, serum Tg levels decreased significantly in the group that initially showed accumulation of I-131 in DWS (P = 0.045). In contrast, no remarkable changes between pre- and post-therapy Tg levels were observed in patients who failed to accumulate I-131 in DWS. CONCLUSION:: A whole-body I-131 diagnostic scan before I-131 therapy has a predictive value for the efficacy of therapeutic radioiodine treatment for pulmonary metastases of differentiated thyroid cancer.

  112. Communication between cochlear perilymph and cerebrospinal fluid through the cochlear modiolus visualized after intratympanic administration of Gd-DTPA.

    Naganawa, Shinji; Satake, Hiroko; Iwano, Shingo; Sone, Michihiko; Nakashima, Tsutomu

    Radiat Med   26 巻   頁: 597-602   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. *Computer-aided differentiation of malignant from benign solitary pulmonary nodules imaged by high-resolution CT. 査読有り

    Iwano S, Nakamura T, Kamioka Y, Ikeda M, Ishigaki T.

    Comput Med Imaging Graph.   32 巻 ( 5 ) 頁: 416-22.   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the possibility of using computer analysis of high-resolution CT images to radiologically classify the shape of pulmonary nodules. From a total of 107 HRCT images of solid, solitary pulmonary nodules with prior differentiation as benign (n=55) or malignant (n=52), we extracted the desired pulmonary nodules and calculated two quantitative parameters for characterizing nodules: circularity and second central moment. Using discriminant analysis for two thresholds in differentiating malignant from benign states resulted in a sensitivity of 76.9%, a specificity of 80%, a positive predictive value of 78.4%, and a negative predictive value of 78.6%.

  114. Contrast-enhanced MR imaging of the brain using T1-weighted FLAIR with BLADE compared with a conventional spin-echo sequence.

    Naganawa Shinji, Satake Hiroko, Iwano Shingo, Kawai Hisashi, Kubota Seiji, Komada Tomohiro, Kawamura Minako, Sakurai Yasuo, Fukatsu Hiroshi

    Eur Radiol   18 巻 ( 2 ) 頁: 337-342   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Interactions of perceptual and conceptual processing:Expertise in medical image diagnosis.

    Morita, J., Miwa, K., Kitasaka, T., Mori, K., Suenaga, Y., Iwano, S., Ikeda, M., and Ishigaki, T

    Int. J. Human-computer Studies   66 巻 ( 208 ) 頁: 370-390   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Imaging endolymphatic hydrops at 3 tesla using 3D-FLAIR with intratympanic Gd-DTPA administration.

    Naganawa, Shinji; Satake, Hiroko; Iwano, Shingo; Fukatsu, Hiroshi; Sone, Michihiko; Nakashima, Tsutomu

    Magn Reson Med Sci   7 巻   頁: 85-91   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Solitary fibrous tumor of the pleura: evaluation of the origin with 3D CT angiography. 査読有り

    Usami N, Iwano S, Yokoi K.

    J Thorac Oncol.   2 巻 ( 12 ) 頁: 1124-5.   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  118. 類似CT画像検索CADの試み

    岩野信吾, 岡田徹, 神岡祐子, 石垣武男, 長縄慎二

    映像情報Medical   39 巻 ( 13 ) 頁: 1215-19   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Usefulness of dynamic computed tomography for the diagnosis of mediastinal hemangioma. 査読有り

    Okasaka T, Iwano S, Usami N, Uchiyama M, Sato N, Yokoi K.

      60 巻 ( 11 ) 頁: 1031-4   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  120. Comparison of 18F-FDG PET and Bone Scintigraphy in Detection of Bone Metastases of Thyroid Cancer.

    Ito S, Kato K, Ikeda M, Iwano S, Makino N, Tadokoro M, Abe S, Nakano S, Nishino M, Ishigaki T, Naganawa S

    J Nucl Med   48 巻   頁: 889-895   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We compared the efficacies of (18)F-FDG PET and (99m)Tc-bone scintigraphy for the detection of bone metastases in patients with differentiated thyroid carcinoma (DTC). METHODS: We examined 47 patients (32 women, 15 men; mean age +/- SD, 57.0 +/- 10.7 y) with DTC who had undergone total thyroidectomy and were hospitalized to be given (131)I therapy. All patients underwent both whole-body (18)F-FDG PET and (99m)Tc-bone scintigraphy. The skeletal system was classified into 11 anatomic segments and assessed for the presence of bone metastases. Bone metastases were verified either when positive findings were obtained on >2 imaging modalities-(201)Tl scintigraphy, (131)I scintigraphy, and CT-or when MRI findings were positive if vertebral MRI was performed. RESULTS: Bone metastases were confirmed in 59 of 517 (11%) segments in 18 (38%) of the 47 study patients. The sensitivities (visualization rate) for bone metastases on a segment basis using (18)F-FDG PET and (99m)Tc-bone scintigraphy were 50 of 59 (84.7%) and 46 of 59 (78.0%), respectively; the difference between these values was not statistically significant. There were only 2 (0.4%) false-positive cases in a total of 451 bone segments without bone metastases when examined by (18)F-FDG PET, whereas 39 (8.6%) were false-positive when examined by (99m)Tc-bone scintigraphy. Therefore, the specificities of (18)F-FDG PET and (99m)Tc-bone scintigraphy were 449 of 451 (99.6%) and 412 of 451 (91.4%), respectively; the difference between these values was statistically significant (P < 0.001). The overall accuracies of (18)F-FDG PET and (99m)Tc-bone scintigraphy were 499 of 510 (97.8%) and 458 of 510 (89.8%), respectively; the difference between these was also statistically significant (P patients has recently improved. In particular, patients with good PS showed better local control than those with poor PS. However, we could not identify any significant prognostic factors in PCNSL patients.

  121. 【膵疾患の画像診断 最近のトレンド】 マルチスライスCT診断

    伊藤茂樹, 石垣聡子, 鈴木耕次郎, 岩野信吾, 長縄慎二

    臨床画像   22 巻 ( 12 ) 頁: 1334-1342   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Application of subsecond rotation scan to helical CT for lung cancer screening. 査読有り

    Mori Y, Itoh S, Ikeda M, Sawaki A, Suzuki K, Iwano S, Satake H, Arahata S, Ota T, Ishigaki T

    Nagoya journal of medical science   68 巻 ( 3-4 ) 頁: 139-45   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  123. Cerebral glucose metabolism change in patients with complex regional pain syndrome: a PET study.

    Shiraishi S, Kobayashi H, Nihashi T, Kato K, Iwano S, Nishino M, Ishigaki T, Ikeda M, Kato T, Ito K, Kimura T

    Radiat Med   24 巻   頁: 335-344   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The aim of this study was to examine abnormalities of the central nervous system in patients with chronic pain who were diagnosed with complex regional pain syndrome (CRPS). MATERIALS AND METHODS: Brain activity was assessed using (18)F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography. The data collected from 18 patients were compared with data obtained from 13 normal age-matched controls. RESULTS: Our results showed that glucose metabolism was bilaterally increased in the secondary somatosensory cortex, mid-anterior cingulated cortex (ACC) or posterior cingulated cortex (PCC) (or both), parietal cortex, posterior parietal cortex (PPC), and cerebellum as well as in the right posterior insula and right thalamus in our patients. In contrast, glucose metabolism was reduced contralaterally in the dorsal prefrontal cortex and primary motor cortex. Glucose metabolism was bilaterally elevated in the mid-ACC/PCC and the PPC, which correlated with pain duration. CONCLUSION: These data suggested that glucose metabolism in the brains of patients with CRPS changes dramatically at each location. In particular, glucose metabolism was increased in the areas concerned with somatosensory perception, possibly due to continuous painful stimulation.

  124. 甲状腺癌の骨転移診断における18F-FDG-ペTと骨シンチグラフィの比較

    伊藤信嗣、加藤克彦、岩野信吾、石垣武男、田所匡典、牧野直樹、池田充

    核医学   43 巻   頁: 95   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 皮膚原発悪性黒色腫と転移巣における123I-IMPシンチグラフィ 18F-FDG PETとの比較

    加藤克彦, 伊藤信嗣, 岩野信吾, 石垣武男, 池田充, 田所匡典, 小林英敏

    核医学   43 巻   頁: 360   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Application of subsecond rotation scan to helical CT for lung cancer screening.

    Mori, Yoshine; Itoh, Shigeki; Ikeda, Mitsuru; Sawaki, Akiko; Suzuki, Koujiro; Iwano, Shingo; Satake, Hiroko; Arahata, Shoji; Ota, Toyohiro; Ishigaki, Takeo

    Nagoya J Med Sci   68 巻   頁: 139-145   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To clarify whether the benefit of a reduced effective scan width obtained using a smaller pitch outweighs the disadvantage of increased noise in the application of a subsecond helical CT to mass screenings for lung cancer. MATERIALS AND METHODS: Twenty-two helical CT scans of the lung were obtained in 11 healthy subjects using the following parameters: 1) scan 1 was performed at 120 kVp, 50 mA, 10-mm collimation, 1-second/rotation, helical pitch of 2.0; and 2) scan 2 was performed at 120 kVp, 50 mA, 10-mm collimation, 0.75-second/rotation, helical pitch of 1.5. Computer-generated nodules measuring 10 mm and 6 mm in diameter showing ground-glass opacity were superimposed on these images. The detectability of each nodule was evaluated by six blinded readers using ROC analysis. RESULTS: Detectability of the 6-mm nodules was significantly higher in scan 2 than in scan 1. Detectability of the 10-mm nodules was not significantly different between scans 1 and 2. CONCLUSION: The use of a smaller pitch by employing a subsecond rotation scan in a helical CT for lung cancer screenings improves the detection of small lesions without increasing either the scanning time or radiation dose.

  127. Diagnostic value of curved multiplanar reformatted images in multislice CT for the detection of resectable pancreatic ductal adenocarcinoma.

    Fukushima H, Itoh S, Takada A, Mori Y, Suzuki K, Sawaki A, Iwano S, Satake H, Ota T, Ikeda M, Ishigaki T

    Eur Radiol   16 巻   頁: 1709-1718   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to assess the usefulness of curved multiplanar reformatted (MPR) images obtained by multislice CT for the depiction of the main pancreatic duct (MPD) and detection of resectable pancreatic ductal adenocarcinoma. This study included 28 patients with pancreatic carcinoma (size range 12-40 mm) and 22 without. Curved MPR images with 0.5-mm continuous slices were generated along the long axis of the pancreas from pancreatic-phase images with a 0.5- or 1-mm slice thickness. Seven blinded readers independently interpreted three sets of images (axial images, curved MPR images, and both axial and curved MPR images) in scrolling mode. The depiction of the MPD and the diagnostic performance for the detection of carcinoma were statistically compared among these images. MPR images were significantly superior to axial images in depicting the MPD, and the use of both axial and MPR images resulted in further significant improvements. For the detection of carcinoma, MPR images were equivalent to axial images, and the diagnostic performance was significantly improved by the use of both axial and MPR images. High-resolution curved MPR images can improve the depiction of the MPD and the diagnostic performance for the detection of carcinoma compared with axial images alone.

  128. *Computer-aided diagnosis: A shape classification of pulmonary nodules imaged by high-resolution CT. 査読有り

    Iwano S, Nakamura T, Kamioka Y, Ishigaki T

    Comput Med Imaging Graph.   29 巻 ( 7 ) 頁: 565-570   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the possibility of using computer analysis of high-resolution CT images to radiologically classify the shape of pulmonary nodules. Using a combination of circularity and second moment as quantitative measures we were able to classify pulmonary nodules in each shape group as effectively as could a radiologist. We found that pulmonary nodules with circularity < or =0.75 and second moment < or =0.18 were very likely to reveal lung cancer.

  129. Branch duct-type intraductal papillary mucinous tumor: diagnostic value of multiplanar reformatted images in multislice CT.

    Takada A, Itoh S, Suzuki K, Iwano S, Satake H, Ota T, Ikeda M, Ishigaki T

    Eur Radiol   15 巻   頁: 1888-1897   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The object of this study was to evaluate the usefulness of high-resolution multiplanar reformatted (MPR) images obtained by multislice CT in demonstrating connection between pancreatic cystic lesions and the main pancreatic duct. The study included 27 lesions with connection to the main pancreatic duct and 12 lesions without. All but one of the former lesions were branch duct-type intraductal papillary mucinous tumors (IPMTs). Oblique and curved MPR images with 0.5 mm continuous slices were generated from pancreatic-phase axial images reconstructed with 0.5 mm or 1 mm thickness at 0.5 mm intervals over a 260 mm field of view. The diagnostic capabilities for demonstrating connection with the main pancreatic duct were compared among axial images, MPR images, and both axial and MPR images in combination using the Brier score. The diagnosis in MPR images for demonstrating connection was more certain than that in axial images (P<0.05). Compared with MPR images alone, the use of both axial and MPR images resulted in further improvements in diagnostic performance, although the difference was not statistically significant. The use of high-resolution MPR images significantly improves diagnostic performance for demonstrating connection between pancreatic cystic lesions and the main pancreatic duct, which is useful for the diagnosis of branch duct-type IPMT.

  130. Three-phase CT examination of the pancreatobiliary region using multislice CT with 1-mm collimation.

    Itoh S, Suzuki K, Iwano S, Satake H, Ota T, Ikeda M, Ishigaki T

    Radiat Med   23 巻   頁: 283-291   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To evaluate the degree of contrast enhancement and accuracy of imaging of the circulatory phase in the first-pass, second-pass, and third-pass acquisitions in the pancreato-biliary region with 1-mm collimation obtained by multislice computed tomography (CT). MATERIALS AND METHODS: In 53 patients, two sequential acquisitions from the porta hepatis to the pancreas were performed during a single breath-hold, followed by a third-pass acquisition including the liver beginning 15 sec after the second-pass acquisition. Contrast enhancement in each acquisition was measured in the aorta, portal vein and its branches, and pancreas. Four experienced radiologists graded using four-point scoring whether or not each acquisition was appropriate for imaging of the arterial phase, pancreatic phase, and portal venous phase. RESULTS: Aortic enhancement was highest at the beginning of the second-pass acquisition. The portal and splenic veins and pancreas showed maximum enhancement in the second-pass acquisition, while the superior mesenteric vein showed maximum enhancement in the third-pass acquisition. In the visual assessment, significantly higher grades were achieved in the first-pass, second-pass, and third-pass acquisitions with regard to imaging of the arterial phase, pancreatic phase, and portal venous phase, respectively. CONCLUSION: Multislice CT permits the acquisition of three distinct circulatory phases (arterial, pancreatic, and portal venous phases) in the pancreatobiliary region with 1-mm collimation.

  131. Solitary pulmonary nodules: Optimal slice thickness of high-resolution CT in differentiating malignant from benign. 査読有り

    Iwano S, Makino N, Ikeda M, Itoh S, Tadokoro M, Satake H, Ishigaki T

    Clinical Imaging   28 巻   頁: 322-328   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Late-arterial and portal-venous phase imaging of the liver with a multislice CT scanner in patients without circulatory disturbances: automatic bolus tracking or empirical scan delay?

    Itoh S, Ikeda M, Achiwa M, Satake H, Iwano S, Ishigaki T

    Eur Radiol   14 巻   頁: 1665-1673   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The value of automatic bolus tracking in late-arterial and portal-venous phase imaging of the liver with a multislice CT scanner as compared with fixed time-delay examination in patients without circulatory disturbances is evaluated. For the evaluation of known or suspected liver disease, 98 multiphase contrast-enhanced CT examinations including double late-arterial phase imaging were randomized into either scanning with a scan delay of 30 s from the beginning of contrast material injection or scanning with automatic bolus tracking. Contrast material was injected at 0.07 ml/kg body weight/s over 30 s. Contrast enhancement in each acquisition was measured in the aorta, portal vein, liver, pancreas and hepatocellular carcinomas. The density difference between hepatocellular carcinomas and the hepatic parenchyma was calculated. The mean time to the first-pass acquisition as determined by automatic bolus tracking was 29.6 s. No statistically significant difference was observed between the two groups either in any enhancement in any acquisition or in the lesion-to-liver density difference. The use of automatic bolus tracking in late-arterial and portal-venous phase hepatic CT does not significantly improve the degree of contrast enhancement in the aorta, portal vein, liver and pancreas or lesion-to-liver conspicuity in patients without circulatory disturbances.

  133. Lung: feasibility of a method for changing tube current during low-dose helical CT.

    Itoh S, Ikeda M, Mori Y, Suzuki K, Sawaki A, Iwano S, Satake H, Arahata S, Isomura T, Ozaki M, Ishigaki T

    Radiology   224 巻   頁: 905-912   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A method for changing the tube current during helical scanning was applied to low-dose computed tomography (CT) in the lung. The changing method resulted in significant equalization of image noise in various lung sections compared with that at scanning with constant tube current. Detectability of nodules was equivalent between 60 mA and the changing method, whereas degradation occurred at 20 mA. This method seems feasible for the low-dose CT of lung cancer screening.

  134. Detection of Subtle Pulmonary Disease on CR Chest Images: Monochromatic CRT Monitor vs. Color CRT Monitor 査読有り

    Iwano S, Ishigaki T, Shimamoto K, Inamura K, Maeda T, Ikeda M, Ishiguchi T, Kozuka T

    European Radiology   11 巻 ( 1 ) 頁: 59-94   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  135. Further reduction of radiation dose in helical CT for lung cancer screening using small tube current and a newly designed filter.

    Itoh S, Koyama S, Ikeda M, Ozaki M, Sawaki A, Iwano S, Ishigaki T

    J Thorac Imaging   16 巻   頁: 81-88   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new aluminum filter, 5.8 mm thick at the center, was designed. The effective energy, exposure dose, absorbed dose, and noise were measured by using low-dose technique, very low-dose technique with a conventional filter, and very low-dose technique with a new filter on a chest phantom. Accuracy of very low-dose computed tomography (CT) with a new filter was compared against standard helical CT in 40 patients and against chest radiography in 35 patients. Effective energies were 42.6 keV and 51.6 keV at a conventional filter and the new filter, respectively. Compared against 20mA with a conventional filter, exposure dose was reduced by 17%, and absorbed dose was equivalent, at 30 mA with the new filter. Noise was improved by 9%. Compared with standard helical CT, the sensitivity, specificity, and accuracy of very-low-dose helical CT were 100%, 88%, and 95%, respectively. Very-low-dose helical CT was found to be significantly superior to chest radiography in the detection of lung cancers. Using a smaller tube current and an appropriate filter allows a further reduction in radiation dose in helical CT for lung cancer screening.

  136. Videotaped Helical CT Images for Lung Cancer Screening 査読有り

    Iwano S, Makino N, Ikeda M, Itoh S, Ishihara S, Tadokoro M, Ishigaki T.

    J Comput Assist Tomogr   24 巻 ( 2 ) 頁: 242-246   2000年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 核医学技術総論

    日本核医学技術学会:編( 担当: 共著)

    山川印刷株式会社  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 基礎からの臨床医学-放射線診療に携わる人のために

    島本佳寿広、野田明子、太田豊裕、加藤克彦、金澤寛明、岩瀬三紀、岩野信吾、伊藤茂樹、澤木明子、佐竹弘子、福嶋洋道、小幡康範、池田充( 担当: 共著)

    名古屋大学出版会  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 新版 基礎からの臨床医学

    島本佳寿広他( 担当: 共著)

    名古屋大学出版会  2013年9月  ( ISBN:978-4-8158-0739-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 18

  1. COVID-19 肺炎におけるAI研究の動向および問題点について

    伊藤倫太郎, 伊藤倫太郎, 岩野信吾, 岩野信吾, 長縄慎二, 長縄慎二  

    医用画像情報学会雑誌(Web)38 巻 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

  2. コロナウイルス肺炎のAI診断

    伊藤倫太郎, 伊藤倫太郎, 岩野信吾, 長縄慎二  

    月刊臨床免疫・アレルギー科75 巻 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

  3. TNM分類(UICC8版)に基づいた臨床病期I期肺癌の予後評価

    岩野信吾, 馬越弘泰, 神谷晋一朗, 島本宏矩, 伊藤倫太郎, 長縄慎二  

    Japanese Journal of Radiology38 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  4. 基礎から学ぶ肺癌診断 肺癌の3次元CT・PET/CT診断-原発巣の診断と悪性度-

    岩野信吾, 伊藤信嗣, 伊藤倫太郎, 神谷晋一朗, 加藤克彦, 長縄慎二  

    画像診断40 巻 ( 5 )   2020年

     詳細を見る

  5. GANによるCT肺結節画像の生成

    濱口 拓真, 木戸 尚治, 平野 靖, 岩野 信吾  

    日本医用画像工学会大会予稿集38回 巻   頁: 320 - 327   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    近年,CT画像中の肺結節の解析をConvolutional Neural Network(CNN)を用いて行う手法が数多く提案されており,高い性能を示すことが報告されている.一方で,このような解析に用いる学習画像を大量に用意できないことが原因で汎化性能を向上させることができない場合が多いという問題がある.この問題を解決するため,一般的には画像に対して回転や鏡映などを行って学習画像数を増加させる手法がとられているが,根本的な解決にはなっていない.そこで本研究では,2次元画像に対してDeep Convolutional Generative Adversarial Networks(DCGAN)を用いた画像data augmentation手法を開発することを目的とした.55個の良性結節と120個の悪性結節を含むデータベースを用いて本手法の性能を評価した結果,CNNによる良悪性鑑別の精度は75.81±6.36[%]であった.(著者抄録)

    J-GLOBAL

  6. FDG-PET/CTの腫瘍代謝容積に基づいた肺腺癌の臨床病期診断の試み

    岩野信吾, 伊藤倫太郎, 長縄慎二  

    肺癌(Web)59 巻 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  7. 原発性肺癌の術前臨床病期診断の正確性

    岩野信吾, 馬越弘泰, 伊藤倫太郎, 島本宏矩, 長縄慎二  

    Japanese Journal of Radiology37 巻 ( Supplement )   2019年

     詳細を見る

  8. 人工知能が医療を変える!医療分野におけるAI研究開発最前線2019 II 領域別・画像診断におけるAI研究開発の最前線 2.胸部領域 胸部画像診断におけるAIと臨床研究について

    伊藤倫太郎, 岩野信吾, 長縄慎二  

    Innervision34 巻 ( 7 )   2019年

     詳細を見る

  9. Multi-window levels and widths imaging:画像変換による新たな読影手法の検討

    伊藤倫太郎, 岩野信吾, 小田紘久, 森健策, 長縄慎二  

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集55th 巻   2019年

     詳細を見る

  10. Generative Adversarial Networkを用いた肺結節の画像生成について

    伊藤倫太郎, 岩野信吾, 長縄慎二  

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集54th 巻   2018年

     詳細を見る

  11. 非小細胞肺癌の局所浸潤性の予測に関する造影dual energy CTとFDG-PET/CTの比較

    伊藤倫太郎, 岩野信吾, 島本宏矩, 馬越弘泰, 伊藤信嗣, 長縄慎二, 加藤克彦  

    Japanese Journal of Radiology36 巻 ( Supplement )   2018年

     詳細を見る

  12. 胸壁並行断面CTを用いた間質性肺炎の経時的評価

    馬越弘泰, 岩野信吾, 伊藤倫太郎, 島本宏矩, 長縄慎二  

    Japanese Journal of Radiology36 巻 ( Supplement )   2018年

     詳細を見る

  13. PET/CTによる小型肺癌の術後予後予測 臨床病期と病理病期との比較

    岩野 信吾, 伊藤 倫太郎, 長縄 慎二, 川口 晃司, 福井 高幸, 横井 香平  

    肺癌57 巻 ( 5 ) 頁: 453 - 453   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  14. PET/CTは小型肺癌のTNM分類に基づく術後予後予測を補助する

    岩野 信吾, 馬越 弘泰, 伊藤 倫太郎, 伊藤 信嗣, 川口 晃司, 福井 高幸, 横井 香平, 加藤 克彦, 長縄 慎二  

    核医学54 巻 ( Suppl. ) 頁: S195 - S195   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

  15. Dual Energy CTによる小型肺癌の造影評価

    島本宏矩, 岩野信吾, 馬越弘泰, 伊藤倫太郎, 長縄慎二  

    Japanese Journal of Radiology35 巻 ( Supplement )   2017年

     詳細を見る

  16. 脈絡膜悪性黒色腫の診断におけるIMP SPECT,FDG PET/CT,FDOPA PET/CTの比較

    加藤克彦, 小田川哲郎, 阿部真治, 山口博司, 伊藤倫太郎, 伊藤信嗣, 岩野信吾, 長縄慎二  

    核医学(Web)54 巻 ( Supplement )   2017年

     詳細を見る

  17. 胸壁並行断面CTを用いた間質性肺炎の定量的評価

    馬越弘泰, 岩野信吾, 伊藤倫太郎, 長縄慎二  

    Japanese Journal of Radiology35 巻 ( Supplement )   2017年

     詳細を見る

  18. PET/CTは小型肺癌のTNM分類に基づく術後予後予測を補助する

    岩野信吾, 馬越弘泰, 伊藤倫太郎, 伊藤信嗣, 川口晃司, 福井高幸, 横井香平, 加藤克彦, 長縄慎二  

    核医学(Web)54 巻 ( Supplement )   2017年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等 35

  1. Dual-Energy CT for Thoracic Malignancy 招待有り 国際会議

    Shingo Iwano

    Asia Congress of Thoracic Imaging 2023  2023年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Seoul   国名:大韓民国  

  2. CT findings of the chest wall

    Iwano S, Ito R, Kamiya S, Naganawa S, Nakamura S, Chen-Yoshikawa TF

    2023年4月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. I-131治療後シンチにおけるSPECT/CTの有用性

    岩野信吾

    第3回愛知甲状腺研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 甲状腺癌に対する1-131内用療法におけるSPECT/CTの有用性 国際会議

    岩野信吾

    第52回日本核医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 同時多発肺癌に対する仮想3Dマージン法を用いた術前手術シミュレーションを行った2例 国際会議

    岩野信吾 長縄慎二 横井香平 宇佐美範恭 北野真利子 川上賢一  岸本真理子

    第48回日本医学放射線学会秋季臨床大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 仮想気管支鏡ナビゲーションの精度

    岸本真理子 岩野信吾 北野真利子 川上賢一 長縄慎二

    日本放射線医学会第152回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜県   国名:日本国  

  7. 胸部3D-CTによる肺葉容積計測:全自動肺葉分割CADの精度

    岩野信吾 北野真利子 岸本真理子 川上賢一 長縄慎二 古池亘 松尾啓司

    日本放射線医学会第152回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 同時多発肺癌に対する仮想3Dマージン法を用いた手術計画

    岩野信吾、長縄慎二、宇佐見範恭、横井香平

    第2回Advanced CT・MR研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. FDG集積の低い充実型原発性肺癌の検討

    岩野信吾、加藤克彦、伊藤信嗣、土屋賢一、長縄慎二

    第71回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 仮想気管支鏡CADの精度

    岩野信吾、古池亘、川上賢一、北野真利子、松尾啓司、長縄慎二

    岩野信吾、古池亘、川上賢一、北野真利子、松尾啓司、長縄慎二 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  11. 仮想3Dマージン法による肺癌区域切除術の妥当性の検討 国際会議

    岩野信吾、古池 亘、川上賢一、北野真利子、岸本真理子、長縄慎二、宇佐美範恭、横井香平

    日本放射線医学会第151回中部地方会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  12. 3D-CTによる肺気腫評価と肺癌術後合併症との相関

    川上賢一、岩野信吾、長縄慎二、橋本直純、長谷川好規、宇佐美範恭、横井香平

    日本放射線医学会第151回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 腎細胞癌のPET ― F-18 FDGとC-11メチオニンの比較

    腎細胞癌のPET ― F-18 FDGとC-11メチオニンの比較

    日本核医学会第74回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  14. 腸管に著明な集積を来した骨シンチグラフィの1例

    大河内慶行、岩野信吾、二橋尚志、伊藤信嗣、小川 浩、安藤嘉朗、中根俊樹、山崎雅弘、太田尚寿、河合雄一、平野真希、古池 亘、岡田有美子、川上賢一、土屋賢一、長縄慎二、加藤克彦、阿部真治

    日本核医学会第70回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

  15. 小型肺腺癌の造影ダイナミックCT所見と進達度との関係

    岩野信吾、古池 亘、松尾啓司、長縄慎二、下山芳江

    日本医学放射線学会第147回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  16. Growth Rate of Periphera Lung Cancers using Semi-automated Volumetric CAD with Multi-slice CT. 国際会議

    2nd World Congress of Thoracic Imaging and Diagnosis in Chest Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

  17. 仮想気管支鏡ナビゲーションを用いた経気管支肺生検:末梢型肺癌の診断能を左右する因子の解析

    第68回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  18. コンピューター支援診断(CAD)による肺癌の3D容積測定

    第68回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  19. Virtual bronchoscopy-guided transbronchial lung biopsy in the diagnosis of peripheral lung cancer

    ECR2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語  

  20. 胸腔内結石の1例

    伊藤真弥、岩野信吾、長縄慎二

    名古屋レントゲンカンファランス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  21. 18F-FDG-PETで集積亢進が見られた両側副腎結核

    加藤克彦、岩野信吾、松島正哉、駒田智大、小川 浩、久保田誠司、川井 恒、阿部真治、中野 智、西野正成、長縄慎二、西尾正美、池田 充

    日本核医学会第 65回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  22. 5Contrast enhanced MR imaging of the brain using T1-FLAIR with BLADE compared with conventional spin echo sequence. 国際会議

    ISMRM/15Contrast 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

  23. Computer-aided diagnosis of lung canaer:Definition and detection of ground-glass opasity on high-resolution CT. 国際会議

    ECR2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

  24. 肺癌の類似CT画像検索CADの初期的検討

    岩野信吾, 岡田徹, 神岡祐子, 石垣武男, 長縄慎二

    日本医学放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  25. Comparison of 18F-FDG PET and bone scintigraphy in detection of bone metastases of thyroid cancer. 国際会議

    Annual congress of the European Association of Nuclear Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

  26. &sup1;&sup2;&sup3;I-IMP scintigraphy of malignant melanoma: comparison with &sup1;⁸F-FDG PET. 国際会議

    13th Workshop of the German-Japanese Radiological Affiliation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. 孤立性肺結節の良悪性コンピューター支援診断

    岩野信吾、中村達也、神岡祐子、岡田徹、石垣武男

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  28. Evaluation of Lymphoscintigraphy Taken after Bone Scinitigraphy. 国際会議

    Annual congress of the European Association of Nuclear Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

  29. &sup1;&sup2;&sup3;I-IMP scintigraphy of malignant melanoma : comparison with &sup1;⁸F-FDG PET. 国際会議

    Annual congress of the European Association of Nuclear Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

  30. Expertise in interactions of perceptual and conceptual processing. 国際会議

    27th Annual Conference of the Conbnitive Science Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

  31. Diagnostic value of curved multiplanar reformatted images in multislice CT for the detection of resectable pancreatic ductal adenocarcinoma. 国際会議

    16th annual meeting and postgraduate course ESGAR 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

  32. Computer-aided diagnosis: a shape classification of pulmonary nodules imaged by high-resolution CT. 国際会議

    17th European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語  

  33. Branch duct-type intraductal papillary mucinous tumor: diagnostic value of multiplanar reformatted images in multislice CT. 国際会議

    16th European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語  

  34. Computer-aided diagnosis: a shape classification of pulmonary nodules imaged by high-resolution CT. 国際会議

    16th European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語  

  35. Evaluation of Lymphoscintigraphy Used Together with Bone Scintigraphy. 国際会議

    16th European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語  

▼全件表示

科研費 16

  1. 人工知能を用いたバーチャル高分解能CTによる肺癌の過去・未来画像シミュレーション

    研究課題/研究課題番号:22K07692  2022年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岩野 信吾, 伊藤 倫太郎, 神谷 晋一朗

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    名古屋大学医学部附属病院の画像サーバーには20年以上にわたる肺癌のCT画像の膨大なビッグデータが蓄積されている。本研究では肺癌の3次元CT(3D-CT)の経時変化、すなわち4次元画像を学習させることで、肺癌の任意の時点の過去・未来画像をシミュレーションして生成する人工知能(AI)を開発する。既存の低画質なCT画像から高精細3D-CT画像を再構築するAI(バーチャル高分解能CT)を開発ずみであり、それを利用して網羅的に4次元の学習データを収集する。個々の肺癌の過去・未来を予測した画像を生成することで超早期から進行癌に至る肺癌の形態変化や進行速度を明らかにし、個別化医療に貢献する。
    本研究においては、肺癌の経過観察症例の3次元CT画像のビッグデータを学習させた人工知能(AI)によって超早期肺癌から進行肺癌に至るまでの形態変化に時間を加味した4次元解析を行えるモデルを構築することであり、4年間の研究期間を設定している。
    初年度にあたる2022年度は先行研究として開発済みのvirtual HRCTに関する英文の原著論文を投稿し、現在査読中である。
    またこのvirtual HRCTのさらなる高解像度化を行った。名古屋大学医学部附属病院には2019年よりスライス厚0.25mm、最大2048マトリックスで撮影できる臨床用の超高精細CTが導入されており、原発性肺癌の超高精細CTを収集した。この超高精細CT画像データをAIに学習させることによってvirtual HRCTのさらなる性能向上が期待でき、よりリアルな高精細画像を生成することが可能になると考えられる。これに関連して原発性肺癌の超高精細CTによる深達度の研究を開始した。胸壁浸潤が疑われた原発性肺癌77症例について、その超高精細CT画像を視覚的に評価し、胸壁浸潤の診断に有用な所見を見いだし、2023年4月の日本医学放射線学会で発表予定である。
    さらに2006年~2021年に名古屋大学医学部附属病院で撮影された肺結節のCT画像のうち、経時的に2回以上撮影されている画像をPACSサーバー付属の検索機能を使って後向きに収集した。収集された画像のうち、5mm厚の画像はvirtual HRCTを用いて高解像度3D画像に変換し、学習データとして使用予定である。
    本研究では1000例規模の原発性肺癌の高精細3次元CT画像データベースを作成する予定であり、過去の5mm厚画像から高精細CT画像を生成するAIの開発は終了しており、論文投稿中である。本データベースを使用し、経時画像から過去および未来画像を生成するAIを開発中であり、本年度中に完成の見込みである。
    また超高精細CT画像により肺癌の深達度を正確に診断できることを証明し、本研究成果は
    日本医学放射線学会総会で発表予定である。
    2023年度からは、収集した2006年-2021年の肺結節の経時画像CTのセットをDeep Learningによって学習させ、virtual過去・未来画像AIの完成を目指す。それと並行して、過去・未来画像AIの性能評価のための2022年以降の肺結節の経時画像セットを検証データとして前向き収集する。また超高精細CTによる肺癌の深達度についても英語の原著論文を発表する予定である。

  2. 超高精細形態画像と機能画像の統合解析による早期肺癌の次世代予後予測モデルの確立

    研究課題/研究課題番号:19K08149  2019年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岩野 信吾, 中村 彰太, 伊藤 信嗣, 伊藤 倫太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    原発性肺癌の臨床病期分類は胸部CTに様々な画像検査を組み合わせて決定され、最適な治療方針を決定する基盤情報である。しかし限られた空間分解能による形態診断の限界により病理病期分類との間に差を生じることがある。本研究では肺癌症例の膨大な画像・手術・病理データを活用し、浸潤性・予後に関連する超高精細CT、MRI、PETによる新たなバイオマーカー構築を探索し、これらを統合的に解析することで早期肺癌の予後予測の精度向上、次世代の肺癌病期分類改訂に貢献する。
    本研究では、肺癌症例の膨大な画像・手術・病理データを活用し、浸潤性・予後に関連する超高精細CT、MRI、PETによる新たなバイオマーカー構築を探索し、これらを統合的に解析することで早期肺癌の予後予測の精度向上、次世代の肺癌病期分類改訂に貢献することを目的としている。
    名古屋大学医学部附属病院に超高精細CTが導入された2019年11月から2022年4月にかけて肺癌症例の超高精細CTを収集した。令和4年度はれまでの画像診断では診断が難しかった胸壁浸潤癌についてその超高精細CT画像所見を検討するため、胸膜・胸壁と接する77症例を選択し、その超高精細CT所見を検討した。その結果、胸壁に存在する肋間動脈由来の血管が腫瘍に分布する所見が認められた場合、胸壁浸潤癌である可能性が高いことを見いだした。この結果を2023年2月に開催された日本医学放射線学会第172回中部地方会で報告した。
    またPET/CT、従来型高精細CT、マイクロCTについて画像・臨床データベースから抽出し、それらがTNM分類や予後に与える影響についてレトロスペクティブな解析を行っている。
    Deep Learningを研究手法に取り入れ、5mm厚のcovnentional CT画像から0.6mm厚の高精細3次元CT画像を再構成する人工知能(AI)を開発した。このAIを使うと原発性肺癌のTNM分類のT因子に採用されている充実成分径について、空間分解能の低い5mm厚のCT画像においても高精細CT並みに計測できることを明らかにした。本研究の原著論文について英文雑誌に投稿中である。
    超高精細CTによる胸壁浸潤癌の診断についてデータ収集が終了し、解析結果を第14回呼吸機能イメージング研究会、日本医学放射線学会第172回中部地方会、第82回日本医学放射線学会総会で口演発表を行った。
    名古屋大学医学部附属病院に設置された超高精細CTにより肺癌症例の収集は順調に進んでいるが、もともと胸壁浸潤癌の頻度が低いのでその症例収集が当初の見込みより遅れてしまった。しかし2022年4月末までに目標症例数に到達したため、結果の解析を進めている。令和5年度中に研究成果を発表できる見込みである。
    COVID-19の世界的流行に伴い、国内・海外学会が軒並み中止・延期もしくはオンライン開催となってしまったため、学会発表について十分に行えておらず、他の研究者とのディスカッションが不十分である。
    2021年度以降はDeep Learningを研究手法に取り入れ、5mm厚のcovnentional CT画像から0.6mm厚の高精細3次元CT画像を再構成する人工知能(AI)を開発した。このAIを使うと原発性肺癌のTNM分類のT因子に採用されている充実成分径について、空間分解能の低い5mm厚のCT画像においても高精細CT並みに計測できることを明らかにして、原著論文として英文雑誌に投稿中であり、2023年度中に受理されるように努力する。
    また2023年度中に肺癌の超高精細CTによる胸壁浸潤の診断について論文化を進める。すでに研究結果は出ているので2023年度中に論文として公開できる見通しである。
    COVID-19のパンデミックについて全世界で回復の兆しが見えており、学会活動が回復していくと思われるので積極的に学会に参加して研究成果の発表と研究者たちとのディスカッションを行う予定である。

  3. 三次元CT画像を用いた多様な肺疾患対応の統合型コンピュータ支援診断システムの開発

    研究課題/研究課題番号:17H02110  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    木戸 尚治, 岡田 宗正, 間普 真吾, 金 亨燮, 平野 靖, 岩野 信吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ディープラーニング技術を用いて多様な肺疾患を対象として多列検出器型CT装置から得られる高精細な三次元画像データを利用した従来手法と比較して精度が高くロバストなコンピュータ支援診断(CAD)システムの開発をおこなった.びまん性肺疾患に対してはU-Netなどを用いた各陰影パターンに対する領域抽出や教師無し学習の手法を用いた陰影パターンの分類をおこなった.また,肺結節に対してはV-Netなどを用いて三次元的に領域抽出をおこなった.いずれも放射線科医によるアノテーションとよく一致した良好な結果がえられた.
    これまでのCADの研究開発は,肺癌検診のために肺結節の検出や鑑別をするCADやびまん性肺疾患診断のための陰影パターンの分類をおこなうCADといった単一病変の検出や鑑別が目的とされてきたが,これは日常臨床業務のニーズにはマッチしてない.またCAD開発のために多くの画像症例が必要とされた.本研究では,実際の臨床現場で放射線科医が必要とする多様な肺疾患を統合的に診断支援するために放射線科医の負担を軽減して開発可能なCADを目指したところに学術的・社会的意義がある.

  4. 超高精細胸壁並行断面CTと人工知能によるびまん性肺疾患のコンピュータ支援診断

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    岩野信吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 超高精細胸壁並行断面CTと人工知能によるびまん性肺疾患のコンピュータ支援診断

    研究課題/研究課題番号:17H05292  2017年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    岩野 信吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    びまん性肺疾患とは、胸部X線CT画像上、両肺にびまん性陰影を認め、主に肺胞隔壁(間質)を病変の場とする間質性肺疾患の総称である。従来のびまん性肺疾患の画像診断は、軸位断CT画像の放射線科医による視覚的評価が主体であり、軸位断像のため頭尾方向への病変の広がりが認識しにくく、主観的評価のため読影者間の不一致率が高いことが問題であった。
    研究代表者はびまん性肺疾患の病変が胸壁直下に好発する点に着目し、胸部3次元CT(3D-CT)画像データから、胸壁より一定の深さ(1cm, 2 cm, ...)で胸壁に並行な曲面のcurved MPR像を再構成すれば、全肺の肺病変を1画像に表示することが可能になると考え、胸壁並行断面CT(3D -curved high-resoution CT;3D-cHRCT)を開発した。
    3D-cHRCTでは、これまで2次元の軸位断画像でしか診断できなかったびまん性肺疾患の肺内における3次元的な分布を1画像に表現することが可能である。H29年度には3D-cHRCTにより間質性肺炎と肺気腫の定量評価が可能かどうかを検討し、3D-cHRCTから計算されるそれぞれの定量値は、びまん性肺疾患臨床的病勢評価と有意に相関していることを明らかにした。H30年度にはこの成果を発展させて、3D-cHRCTにより特発性間質性肺炎の経時的変化を定量的に評価できないかを検討した。結果として、3D-cHRCTは間質性肺炎の病勢悪化を反映し、スパイロメトリーで計測した肺活量・肺拡散能の経時変化と相関することを明らかにした。本研究成果は原著論文として国際雑誌 "Nagoya Journal of Medical Science"に掲載された。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  6. 大規模3次元CT画像データベースを利用した胸部疾患コンピュータ支援診断の開発

    研究課題/研究課題番号:15K09919  2015年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岩野 信吾, 本谷 秀堅, 木戸 尚治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では、5年間の研究期間で、胸部3次元CTとFDG-PET/CT画像に診療情報を加えたデータベースを作成し、原発性肺癌の予後を統合的に診断できる新たなCADを開発し、以下の4つの知見を得た。1)肺癌の臨床病期診断においてCT画像にPET/CTの定量データを付加することで精度の高い予後予測が可能となる。2)部分充実型肺癌をCADで3次元画像解析することで予後を正確に予測可能である。3)PET/CTの新しい定量指標としてMTD(Metabolic Tumor Diameter)を発案し、それが早期肺癌のステージ分類と一致すること。4)肺癌のCT所見におけるすりガラス影が予後に関係すること。
    従来の原発性肺癌の病期分類・予後予測は手術で摘出した病理所見(病理病期分類)に基づいて行われてきた。
    しかし近年、小型肺癌については定位放射線治療の成績が手術に匹敵するとの報告がなされるようになっており、臨床病期分類の精度向上が課題の1つであった。
    本研究成果は、肺癌の予後予測に非侵襲的な検査である3次元CTとFDG-PET/CTが重要な役割を果たしており、それらによって従来よりも正確に臨床病期分類を行うことが可能となったことを明らかにした。

  7. 大規模3次元CT画像データベースを利用した胸部疾患コンピュータ支援診断の開発

    2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 胸壁並行断面CT(オニオンスライスCT)による間質性肺炎のコンピュータ支援診断

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 胸壁並行断面CT(オニオンスライスCT)による間質性肺炎のコンピュータ支援診断

    研究課題/研究課題番号:15H01115  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    岩野 信吾

      詳細を見る

    特発性間質性肺炎とは、胸部X線CT画像上、両肺にびまん性陰影を認め、主に肺胞隔壁(間質)を病変の場とする原因不明の疾患の総称である。従来の間質性肺炎の画像診断は、軸位断CT画像の放射線科医による視覚的評価が主体であり、軸位断像のため頭尾方向への病変の広がりが認識しにくく、主観的評価のため読影者間の不一致率が高いことが問題であった。
    研究代表者は間質性肺炎病変が胸壁直下に好発する点に着目し、胸部3次元CT(3D-CT)画像データから、胸壁より一定の深さ(1cm, 2cm, ...)で胸壁に並行な曲面のcurved MPR像を再構成すれば、全肺の間質性肺炎病変を1画像で表示することが可能になると考え、3D-curved high-resoution CT; 3D-cHRCTを開発した。3D-cHRCTにより間質性肺炎の3次元的な分布を観察・診断することが可能となった。さらに前年度には3D-cHRCTによる間質性肺炎の定量評価が可能であることを明らかにした。
    本年度はこの3D-cHRCTを用いた間質性肺疾患の経過観察の可能性を検討した。結果として、3D-cHRCTから計算される定量値は、間質性肺疾患の放射線科医の画像診断的病勢評価および呼吸機能検査に基づく臨床的病勢評価と有意に相関していることが示された。このことは3D-cHRCTが、間質性肺疾患の新たな経過観察の指標になり得ることを示している。本研究成果については北米放射線学会(RSNA2016)において口演発表を行った。

  10. 320列面検出型CTによる咽頭癌治療後の嚥下動態の解明

    研究課題/研究課題番号:26462601  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    藤本 保志, 岩野 信吾, 下野 真理子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は中咽頭癌治療後の嚥下機能、嚥下動態を解析するものである。残存舌根と咽頭側壁の縫い上げ法とGehanno法との併用によって、全例で経口摂取可能となった。嚥下運動時の咽頭収縮が得られ、有効な嚥下圧が形成されていることが示唆された。縫い上げ法により中咽頭収縮の左右差が少なくなり、舌根咽頭後壁距離が短くなったと考えられた。化学放射線治療では舌根後壁距離、中咽頭腔断面積は広くなり、咽頭収縮力、咽頭クリアランスが低下した。320列多面CTを用いた解析数が少ないために明快な結果に至っていないが、今後、高密度嚥下圧測定結果との比較検討と嚥下造影簡易評価との比較を計画している。

  11. メニエール病におけるめまい発作発生機構の先端画像診断技術による解明

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    長縄 慎二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 尿中ヨード濃度測定による分化型甲状腺癌に対する放射性ヨード内用療法の効果予測

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊藤 信嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. メニエール病におけるめまい発作発生機構の先端画像診断技術による解明

    研究課題/研究課題番号:25293263  2013年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    長縄 慎二, 山崎 雅弘, 鈴木 耕次郎, 岩野 信吾, 中島 務

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    メニエール病はめまい発作、難聴、耳閉感を症候の主体とする良性疾患であるが、現実には、非常に多くの患者の社会的生活を奪う反面、決定的な診断法と治療法が未だにない難病である。2007年、ようやく我々が世界ではじめてメニエール病患者における内リンパ水腫を鼓室内Gd-DTPA注入後のMRIで画像化することに成功した。我々は世界に先駆けて、MRIによるメニエール病の内リンパ水腫検出法と評価法の開発を進め客観的診断法の確立をしてきた。
    めまいを伴うメニエール病患者では必ず球形嚢に水腫があることがわかった。また片頭痛や迷路奇形などの他疾患がある場合の内リンパ水腫への影響と評価方法の開発と検討を行った。

  14. 尿中ヨード濃度測定による分化型甲状腺癌に対する放射性ヨード内用療法の効果予測

    研究課題/研究課題番号:25461809  2013年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    伊藤 信嗣, 岩野 信吾

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究は、分化型甲状腺癌術後の放射性ヨウ素(I-131)内用療法の治療前に行われるヨウ素摂取制限の治療への影響を、尿中ヨウ素濃度を測定することを通して検証した。自己管理と市販の低ヨウ素食管理の2通りに設定したヨウ素摂取制限法での尿中ヨウ素濃度の有意差は認めなかった。I-131治療の成否も、尿中ヨウ素濃度制限の方法には影響されなかった。当施設をはじめ、国内で標準的に行われているI-131治療前のヨウ素摂取制限法は、適正であると考えられた。

  15. 仮想3Dマージン法による早期肺癌区域切除術シミュレーションの臨床応用

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. 肺葉分割CADを用いたCOPD合併肺癌の術後肺機能予測

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. ポリクリII

    2020

  2. ポリクリI

    2020

  3. PBLチュートリアル

    2020

     詳細を見る

    PBLチュートリアル

  4. 放射線医学

    2020

     詳細を見る

    胸部救急診断

  5. 現代医療と生命科学

    2020

     詳細を見る

    最新CT診断

  6. 放射線医学

    2020

     詳細を見る

    胸部画像診断

▼全件表示