2022/03/30 更新

写真a

イシグロ ヒロシ
石黒 洋
ISHIGURO, Hiroshi
所属
総合保健体育科学センター 保健科学部 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 1993年7月   名古屋大学 ) 

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 消化器内科学

  2. その他 / その他  / 病態医化学

  3. その他 / その他  / 生理学一般

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 膵導管細胞における重炭酸イオン分泌機構

  2. 上皮細胞における重炭酸イオン輸送機構

  3. 日本における嚢胞性線維症の診断と治療

  4. 大学生の健康支援

経歴 3

  1. 名古屋大学   総合保健体育科学センター 保健科学部   教授

    2010年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科 健康増進医学(協力)講座 健康栄養医学 教授

    2010年4月

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科 健康増進医学(協力)講座 健康栄養医学 助教授

    2004年4月 - 2010年3月

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学研究科   内科学第二

    1990年4月 - 1993年7月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1980年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本内科学会

  2. 日本消化器病学会   学会評議員

  3. 日本生理学会   評議員

  4. 日本膵臓学会   評議員

  5. The Physiological Society

  6. American Physiological Society

  7. Society of General Physiologists

  8. Society of General Physiologists

▼全件表示

受賞 1

  1. 難病研究者表彰

    2021年2月   公益社団法人愛知県医師会   嚢胞性線維症の診療の質の向上に関する研究

    石黒 洋

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

 

論文 61

  1. Bicarbonate transport of airway surface epithelia in luminally perfused mice bronchioles 査読有り

    Liu Libin, Yamamoto Akiko, Yamaguchi Makoto, Taniguchi Itsuka, Nomura Nao, Nakakuki Miyuki, Kozawa Yuka, Fukuyasu Tomoya, Higuchi Mayuko, Niwa Erina, Tamada Tsutomu, Ishiguro Hiroshi

      72 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 16   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12576-022-00828-2

    Web of Science

  2. Japanese Siblings of Cystic Fibrosis With a Novel Large Heterozygous Deletion in the CFTR Gene 査読有り

    Kawase Mayumi, Ogawa Masato, Hoshina Takayuki, Kojiro Masumi, Nakakuki Miyuki, Naruse Satoru, Ishiguro Hiroshi, Kusuhara Koichi

    FRONTIERS IN PEDIATRICS   9 巻   頁: 1 - 7   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fped.2021.800095

    Web of Science

  3. Focal biliary cirrhosisと門脈圧亢進症をともなう嚢胞性線維症の1例 査読有り

    山本明子、伊藤孝一、成瀬 達、服部日出夫、中莖みゆき、藤木理代、石黒 洋

    日本消化器病学会雑誌   118 巻 ( 7 ) 頁: 686 - 697   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Regulation of Pancreatic Fluid and Electrolyte Secretion 招待有り 査読有り

    Ishiguro H, Yamaguchi M, Yamamoto A

    Pacreapedia: Exocrine Pancreas Knowledge Base     頁: 1 - 13   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3998/panc.2021.05

    その他リンク: https://www.pancreapedia.org/reviews/regulation-of-pancreatic-fluid-and-electrolyte-secretion

  5. 大学生の肝機能とBMI 査読有り

    山本明子、石黒 洋

      57 巻 ( 2 ) 頁: 30 - 36   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 大学生の定期健康診断における尿検査の意義と課題 査読有り

    小澤祐加、石黒 洋、守山敏樹、鈴木芳樹

      57 巻 ( 2 ) 頁: 23 - 29   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 健康白書の意義 査読有り

    石黒 洋

      57 巻 ( 2 ) 頁: 2 - 4   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. CLINICAL ASSESSMENT ON THE SEVERITY OF THE LUNG DISEASE IN YOUNG INDIVIDUALS WITH CYSTIC FIBROSIS IN JAPAN

    Yoshimura Kunihiko, Kasagi Satoshi, Ishiguro Hiroshi, Naruse Satoru

    RESPIROLOGY   24 巻   頁: 76 - 76   2019年11月

     詳細を見る

  9. TDP-43 regulates early-phase insulin secretion via CaV1.2-mediated exocytosis in islets

    Araki Kunihiko, Araki Amane, Honda Daiyu, Izumoto Takako, Hashizume Atsushi, Hijikata Vasuhiro, Yamada Shinichiro, Iguchi Yohei, Hara Akitoshi, Ikumi Kazuhiro, Kawai Kaori, Ishigaki Shinsuke, Nakamichi Yoko, Tsunekawa Shin, Seino Yusuke, Yamamoto Akiko, Takayama Yasunori, Hidaka Shihomi, Tominaga Makoto, Ohara-Imaizumi Mica, Suzuki Atsushi, Ishiguro Hiroshi, Enomoto Atsushi, Yoshida Mari, Arima Hiroshi, Muramatsu Shin-ichi, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   129 巻 ( 9 ) 頁: 3578 - 3593   2019年9月

     詳細を見る

  10. Characterization of (G970-T1122)-CFTR, the most frequent CFTR mutant identified in Japanese cystic fibrosis patients

    Wakabayashi-Nakao Kanako, Yu Yingchun, Nakakuki Miyuki, Hwang Tzyh-Chang, Ishiguro Hiroshi, Sohma Yoshiro

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   69 巻 ( 1 ) 頁: 103-112   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-018-0626-4

    Web of Science

  11. Screening for Regulatory Variants in 460 kb Encompassing the CFTR Locus in Cystic Fibrosis Patients

    Kerschner Jenny L., Ghosh Sujana, Paranjapye Alekh, Cosme Wilmel R., Audrezet Marie-Pierre, Nakakuki Miyuki, Ishiguro Hiroshi, Ferec Claude, Rommens Johanna, Harris Ann

    JOURNAL OF MOLECULAR DIAGNOSTICS   21 巻 ( 1 ) 頁: 70-80   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmoldx.2018.08.011

    Web of Science

  12. Comparison of Pancreatic Exocrine Status Between Patients With Cystic Fibrosis in Pediatric and Adult Age in Japan

    Fujiki K., Kondo S., Nakakuki M., Kozawa Y., Yamamoto A., Takeyama Y., Naruse S., Ishiguro H.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1427 - 1427   2019年

     詳細を見る

  13. Incidence of Cystic Fibrosis in Japanese

    Naruse S., Ishiguro H., Yamamoto A., Nakakuki M., Ozawa Y., Taniguchi I., Kondo S., Fujiki K., Futakuchi S., Takeyama Y.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1497 - 1497   2019年

     詳細を見る

  14. Genetics and Pancreatic Exocrine Status of Cystic Fibrosis Patients in Japan

    Kondo S., Fujiki K., Nakakuki M., Yamamoto A., Kozawa Y., Takeyama Y., Naruse S., Ishiguro H.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1465 - 1466   2019年

     詳細を見る

  15. Clinical Characteristics, Prognosis, and CFTR Mutations of Cystic Fibrosis in Japan

    Ishiguro H., Yamamoto A., Fujiki K., Nakakuki M., Taniguchi I., Kozawa Y., Sohma Y., Naruse S., Takeyama Y.

    PANCREAS   47 巻 ( 10 ) 頁: 1395-1395   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. SURESELECT SEQUENCING OF 460KB ENCOMPASSING THE CFTR LOCUS TO DETERMINE REGULATORY ELEMENT VARIANTS

    Kerschner J. L., Ghosh S., Strug L. J., Ferec C., Nakakuki M., Ishiguro H., Rommens J., Harris A.

    PEDIATRIC PULMONOLOGY   52 巻   頁: S265-S265   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Ethnicity impacts the cystic fibrosis diagnosis: A note of caution 査読有り

    Bosch Barbara, Bilton Diana, Sosnay Patrick, Raraigh Karen S., Mak Denise Y. F., Ishiguro Hiroshi, Gulmans Vincent, Thomas Muriel, Cuppens Harry, Amaral Margarida, De Boeck Kris

    JOURNAL OF CYSTIC FIBROSIS   16 巻 ( 4 ) 頁: 488 - 491   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcf.2017.01.016

    Web of Science

  18. Caffeine inhibits fluid secretion by interlobular ducts from guinea pig pancreas 査読有り

    Mochimaru Y, Yamamoto A, Nakakuki M, Yamaguchi M, Taniguchi I, Ishiguro H

    Pancreas   46 巻 ( 4 ) 頁: 549-556   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000782

  19. Bicarbonate-rich fluid secretion predicted by a computational model of guinea-pig pancreatic duct epithelium 査読有り

    Yamaguchi Makoto, Steward Martin C., Smallbone Kieran, Sohma Yoshiro, Yamamoto Akiko, Ko Shigeru B. H., Kondo Takaharu, Ishiguro Hiroshi

    JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON   595 巻 ( 6 ) 頁: 1947 - 1972   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/JP273306

    Web of Science

  20. Characterization of mutant CFTRs identified in Japanese Cystic Fibrosis patients

    Nakao Kanako, Ishikura Reona, Nakakuki Miyuki, Yasui Masato, Ishiguro Hiroshi, Masaike Tomoko, Sohma Yoshiro

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133 巻 ( 3 ) 頁: S121-S121   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Evidence-based clinical practice guidelines for chronic pancreatitis 2015 査読有り

    Ito T, Ishiguro H, Ohara H, Kamisawa T, Sakagami J, Sata N, Takeyama Y, Hirota M, Miyakawa H, Igarashi H, Lee L, Fujiyama T, Hijioka M, Ueda K, Tachibana Y, Sogame Y, Yasuda H, Kato R, Kataoka K, Shiratori K, Sugiyama M, Okazaki K, Kawa S, Tando Y, Kinoshita Y, Watanabe M, Shimosegawa T

    J Gastroenterol   51 巻 ( 2 ) 頁: 85-92   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-015-1149-x

  22. β3アドレナリン受容体およびβ2アドレナリン受容体遺伝子多型の運動時糖質代謝への寄与 査読有り

    近藤志保、藤木理代、山本明子、石黒 洋

    総合保健体育科学   39 巻   頁: 11-16   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 名古屋大学における健診データ自動収集システムについて 査読有り

    石黒 洋、中原久美子、宮田祐子、長尾杏子、千藤ますみ、市橋 淳、木村千春、小池晃彦、山本明子、岩間信太郎、押田芳治

    CAMPUS HEALTH   53 巻 ( 2 ) 頁: 33-36   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Functional characteristics of L1156F-CFTR associated with alcoholic chronic pancreatitis in Japanese. 査読有り

    Kondo S, Fujiki K, Ko SB, Yamamoto A, Nakakuki M, Ito Y, Shcheynikov N, Kitagawa M, Naruse S, Ishiguro H.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   309 巻 ( 4 ) 頁: G260-9   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00015.2014.

  25. ドルナーゼアルファとトブラマイシンの吸入療法が著効した嚢胞性線維症の幼児例 査読有り

    村上至孝、宮田豊寿、石黒 洋.

    日本小児呼吸器学会雑誌   26 巻 ( 1 ) 頁: 28-34   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. HCO3- secretion by SLC26A3 and mucosal defence in the colon. 招待有り 査読有り

    Ishiguro H.

    Acta Physiol (Oxf).   211 巻 ( 1 ) 頁: 17-9   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 嚢胞性線維症の2幼児例 査読有り

    柳元孝介、西 順一郎、田中主美、山元公恵、丸山慎介、石黒 洋、河野嘉文.

    日本小児呼吸器学会雑誌   24 巻 ( 2 ) 頁: 132-137   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Inflammation increases cells expressing ZSCAN4 and progenitor-cell markers in the adult pancreas. 査読有り

    Ko SB, Azuma S, Yokoyama Y, Yamamoto A, Kyokane K, Niida S, Ishiguro H, Ko MS.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   304 巻 ( 12 ) 頁: G1103-16.   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00299.2012.

  29. アンケート調査による感染症の推定抗体保有率. 査読有り

    山本明子、押田芳治、石黒 洋、小池晃彦、尾崎信暁、小川豊昭、津田 均、古橋忠晃

    CAMPUS HEALTH   50 巻   頁: 173-178   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Molecular mechanisms of pancreatic stone formation in chronic pancreatitis. 査読有り

    Ko SB, Azuma S, Yoshikawa T, Yamamoto A, Kyokane K, Ko MS, Ishiguro H.

    Front Physiol   3 巻 ( 415 )   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3389/fphys.2012.00415.

  31. Structure and function of the pancreas in the polycystic kidney rat. 査読有り

    Yi L, Naruse S, Furuya S, Yamamoto A, Nakakuki M, Nagao S, Yoshihara D, Ko SB, Wei M, Kondo T, Ishiguro H.

    Pancreas   41 巻 ( 8 ) 頁: 1292-8   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0b013e31824c12f9.

  32. Deletion of Slc26a6 alters the stoichiometry of apical Cl-/HCO3- exchange in mouse pancreatic duct. 査読有り

    Song Y, Yamamoto A, Steward MC, Ko SB, Stewart AK, Soleimani M, Liu BC, Kondo T, Jin CX, Ishiguro H.

    Am J Physiol Cell Physiol   303 巻 ( 8 ) 頁: C815-24   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpcell.00151.2012.

  33. CFTR polymorphisms of healthy individuals in two Chinese cities--Changchun and Nanjing. 査読有り

    Jin CX, Fujiki K, Song Y, Ping Z, Nakakuki M, Wei MX, Zhang SM, Ishiguro H, Naruse S.

    Nagoya J Med Sci   74 巻 ( 3-4 ) 頁: 293-301   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Detection of a large heterozygous deletion and a splicing defect in the CFTR transcripts from nasal swab of a Japanese case of cystic fibrosis. 査読有り

    Nakakuki M, Fujiki K, Yamamoto A, Ko SB, Yi L, Ishiguro M, Yamaguchi M, Kondo S, Maruyama S, Yanagimoto K, Naruse S, Ishiguro H.

    J Hum Genet   57 巻 ( 7 ) 頁: 427-33   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jhg.2012.46.

  35. Physiology and pathophysiology of bicarbonate secretion by pancreatic duct epithelium. 招待有り 査読有り

    Ishiguro H, Yamamoto A, Nakakuki M, Yi L, Ishiguro M, Yamaguchi M, Kondo S, Mochimaru Y.

    Nagoya J Med Sci   74 巻 ( 1-2 ) 頁: 1-18   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. Intravenous fluid therapy successfully prevents renal injury by gemcitabine in patients with pancreatic cancer.

    Ko SB, Azuma S, Anzai N, Yamamoto Y, Mizuno N, Kamimura K, Ishiguro H, Goto H.

    Pancreas   40 巻   頁: 784-786   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Effects of CFTR gene silencing by siRNA or the luminal application of a CFTR activator on fluid secretion from guinea-pig pancreatic duct cells.

    Ko SB, Yamamoto A, Azuma S, Song H, Kamimura K, Nakakuki M, Gray MA, Becq F, Ishiguro H, Goto H.

    Biochem Biophys Res Commun   410 巻   頁: 904-909   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. SLC26 anion exchangers of guinea pig pancreatic duct: molecular cloning and functional characterization.

    Stewart AK, Shmukler BE, Vandorpe DH, Reimold F, Heneghan JF, Nakakuki M, Akhavein A, Ko SB, Ishiguro H, Alper SL.

    Am J Physiol Cell Physiol   301 巻   頁: C289-C303   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Corticosteroids correct aberrant CFTR localization in the duct and regenerate acinar cells in autoimmune pancreatitis 査読有り

    Ko SB, Mizuno N, Yatabe Y, Yoshikawa T, Ishiguro H, Yamamoto A, Azuma S, Naruse S, Yamao K, Muallem S, Goto H.

    Gastroenterology   138 巻 ( 5 ) 頁: 1988-96   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 水素ガス吸入における皮膚ガス水素の動態

    野瀬和利、下内章人、山口 誠、石黒 洋、近藤孝晴

    安定同位体と生体ガス・医学応用   2 巻   頁: 35-39   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. High glucose inhibits HCO3- and fluid secretion in rat pancreatic ducts 査読有り

    Futakuchi S, Ishiguro H, Naruse S, Ko SB, Fujiki K, Yamamoto A, Nakakuki M, Song Y, Steward MC, Kondo T, Goto H

    Pflügers Arch   459 巻 ( 1 ) 頁: 215-226   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. *Molecular and cellular regulation of pancreatic duct cell function 招待有り 査読有り

    Steward MC, Ishiguro H

    Curr Opin Gastroenterol   25 巻 ( 5 ) 頁: 447-453   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Functional coupling of apical Cl-/HCO3- exchange with CFTR in stimulated HCO3- secretion by guinea pig interlobular pancreatic duct 査読有り

    Stewart AK, Yamamoto A, Nakakuki M, Kondo T, Alper SL, Ishiguro H

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   296 巻 ( 6 ) 頁: G1307-1317   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. *CFTR functions as a bicarbonate channel in pancreatic duct cells 査読有り

    Ishiguro H, Steward MC, Naruse S, Ko SB, Goto H, Case RM, Kondo T, Yamamoto A

    J Gen Physiol   133 巻 ( 3 ) 頁: 315-326   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Breath hydrogen produced by ingestion of commercial hydrogen water and milk.

    Shimouchi A, Nose K, Yamaguchi M, Ishiguro H, Kondo T.

    Biomark Insights   4 巻   頁: 27-32   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. モルモット消化管におけるCCK受容体の分布

    藤木理代、石黒 洋、成瀬 達

    名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報   3 巻   頁: 11-16   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  47. 汗中クロライド濃度の簡便な測定法の開発 査読有り

    中莖みゆき、石黒 洋、代田桂一、山本明子、洪 繁、後藤秀実、藤木理代、近藤孝晴、遠藤 彰、成瀬 達

    膵臓   23 巻 ( 4 ) 頁: 486-493   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. *Cystic fibrosis transmembrane conductance regulator and SLC26 transporters in HCO3(-) secretion by pancreatic duct cells 招待有り 査読有り

    Ishiguro H, Steward M, Naruse S

    Sheng Li Xue Bao (Chinese Journal of Physiology)   59 巻 ( 4 ) 頁: 465-476   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Allochronic biliary strictures appeared in the different regions of the bile duct tree in a patient with autoimmune pancreatitis 査読有り

    Ko SB, Naruse S, Ishiguro H, Yoshikawa T, Yamamoto T, Futakuchi S, Goto H

    Pancreas   34 巻 ( 4 ) 頁: 479-481   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Acute tubulointerstitial nephritis associated with long-term gemcitabine therapy 査読有り

    Yamamoto A, Naruse S, Ito M, Ishiguro H, Ko SB, Yoshikawa T, Kondo T, Goto H

    Pancreas   34 巻 ( 4 ) 頁: 378-379   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. *Effect of Slc26a6 deletion on apical Cl-/HCO3--exchanger activity and cAMP-stimulated bicarbonate secretion in pancreatic duct 査読有り

    Ishiguro H, Namkung W, Yamamoto A, Wang Z, Worrell RT, Xu J, Lee MG, Soleimani M

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   292 巻 ( 1 ) 頁: G447-G455   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Identification of key residues that cause differential gallbladder response to PACAP and VIP in the guinea pig.

    Wei M, Fujiki K, Ando E, Zhang S, Ozaki T, Ishiguro H, Kondo T, Nokihara K, Wray V, Naruse S.

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   292 巻   頁: G76-G83   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 糖尿病患者の呼気中CO濃度

    近藤孝晴、山根則夫、石黒 洋、山本明子、下内章人、野瀬和利

    呼気生化学の進歩   9 巻   頁: 15-18   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Relationship between skin acetone and blood beta-hydroxybutyrate concentrations in diabetes 査読有り

    Yamane N, Tsuda T, Nose K, Yamamoto A, Ishiguro H, Kondo T

    Clin Chim Acta   365 巻 ( 1-2 ) 頁: 325-329   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Sweat chloride measurement with a highly sensitive electrode.

    Naruse S, Ishiguro H, Shirota K, Nakakuki M, Yamamoto A, Kondo T.

    Pancreas   33 巻   頁: 100   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Fecal pancreatic elastase: a reproducible marker for severe exocrine pancreatic insufficiency.

    Naruse S, Ishiguro H, Ko SB, Yoshikawa T, Yamamoto T, Yamamoto A, Futakuchi S, Goto H, Saito Y, Takahashi S.

    J Gastroenterol   41 巻   頁: 901-908   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. *Mechanisms of bicarbonate secretion in the pancreatic duct 招待有り 査読有り

    Steward MC, Ishiguro H, Case RM

    Annu Rev Physiol   67 巻   頁: 377-409   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Dual effects of n-alcohols on fluid secretion from guinea pig pancreatic ducts

    Hamada H, Ishiguro H, Yamamoto A, Shimano-Futakuchi S, Ko SB, Yoshikawa T, Goto H, Kitagawa M, Hayakawa T, Seo Y, Naruse S.

    Am J Physiol Cell Physiol   288 巻   頁: C1431-1439   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 糖尿病患者における呼気アセトン測定の意義

    近藤孝晴、山根則夫、石黒 洋、野瀬和利、津田孝雄、植田秀雄

    総合保健体育科学   28 巻   頁: 57-60   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  60. A finger sweat chloride test for the detection of the high-risk group of chronic pancreatitis.

    Naruse S, Ishiguro H, Suzuki Y, Fujiki K, Ko SBH, Mizuno N, Takemura T, Yamamoto A, Yoshikawa T, Jin C, Suzuki R, Kitagawa M, Tsuda T, Kondo T, Hayakawa T.

    Pancreas   28 巻   頁: e80-e85   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Genetic evidence for CFTR dysfunction in Japanese: background for chronic pancreatitis.

    Fujiki K, Ishiguro H, Ko SBH, Mizuno N, Suzuki Y, Takemura T, Yamamoto A, Yoshikawa T, Kitagawa M, Hayakawa T, Sakai Y, Takayama T, Saito M, Kondo T, Naruse S.

    J Med Genet   41 巻   頁: e55   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 22

  1. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 小児期・移行期を含む包括的対応を要する希少難治性肝胆膵疾患の調査研究 令和2年度総括・分担研究報告書

    竹山宜典、成瀬 達、石黒 洋、吉村邦彦、藤木理代、神田康司、相馬義郎、伊藤孝一( 担当: 共著 ,  範囲: 嚢胞性線維症に関する研究)

    厚生労働科学研究成果データベース  2021年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:117   担当ページ:69-72   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  2. 慢性膵炎診療ガイドライン

    慢性膵炎診療ガイドライン委員会( 範囲: 評価委員会委員)

    南江堂  2021年11月  ( ISBN:978-4-524-22837-9

     詳細を見る

    総ページ数:143   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 専門医のための消化器病学 第3版

    石黒 洋、山本明子( 担当: 共著 ,  範囲: 代謝異常による膵炎)

    医学書院  2021年11月  ( ISBN:978-4-260-04579-7

     詳細を見る

    総ページ数:710   担当ページ:691-693   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 胆と膵 査読有り

    成瀬 達、中莖みゆき、藤木理代、近藤志保、小澤祐加、山本明子、石黒 洋( 担当: 共著 ,  範囲: 膵嚢胞線維症(嚢胞性線維症))

    医学図書出版  2021年10月  ( ISBN:978-4-86517-440-3

     詳細を見る

    担当ページ:937-941   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 胆と膵 査読有り

    山本明子、野村奈央、中莖みゆき、持丸由香、谷口いつか、Liu Libin、小澤祐加、樋口万佑子、丹羽永理奈、石黒 洋( 担当: 共著 ,  範囲: 膵癌、膵炎の病態解明と新規治療開発にむけた研究の最前線 膵内・外分泌機能と亜鉛)

    医学図書出版  2021年8月  ( ISBN:978-4-86517-435-9

     詳細を見る

    担当ページ:745-750   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. 膵臓症候群

    石黒 洋、中莖みゆき、小澤祐加、山本明子( 担当: 共著 ,  範囲: 嚢胞性線維症)

    日本臨床社  2021年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:448   担当ページ:57-61   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  7. The Pancreas: Biology and Physiology 査読有り

    Ishiguro H, Yamaguchi M, Yamamoto A( 担当: 共著)

    American Pancreatic Association  2021年  ( ISBN:978-1-60785-719-8

     詳細を見る

    総ページ数:413   担当ページ:295-305   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  8. Encyclopedia of Gastroenterology 2nd Edition 査読有り 国際共著

    Ishiguro H, Yamamoto A, Steward MC( 担当: 共著 ,  範囲: Pancreatic Bicarbonate Secretion)

    Academic Press  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:24-29   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  9. 膵臓病診療ガイドブック

    石黒 洋( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 膵の生理と生化学)

    診断と治療社  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:9-14   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  10. 学生の健康白書 学生と保健管理スタッフのためのダイジェスト版2019

    石黒 洋、安宅勝弘、丸谷俊之、川村祐一郎、髙梨信吾、布施泰子、杉江 征、潤間励子、藤川哲也、鈴木芳樹、山本明子、山本祐二、守山敏樹、丸山 徹、一宮 厚、古川 卓( 担当: 編集)

    一般社団法人国立大学保健管理施設協議会 学生の健康白書に関する委員会  2019年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:23   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  11. Microperfusion and micropuncture analysis of ductal secretion.

    Ishiguro H, Steward MC, Yamamoto A. ( 担当: 共著)

    The Pancreapedia Exocrine Pancreas Knowledge Base 2011. University of Michigan Library.  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. Pancreatic stone protein/regenerating protein family in pancreatic and gastrointestinal diseases.

    Jin CX, Hayakawa T, Ko SB, Ishiguro H, Kitagawa M.( 担当: 共著)

    Intern Med   2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. Glucose transport in interlobular ducts isolated from rat pancreas.

    Futakuchi S, Ishiguro H, Naruse S, Ko SB, Fujiki K, Yamamoto A, Nakakuki M, Song Y, Steward MC, Kondo T, Goto H.( 担当: 共著)

    J Med Invest  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. Aquaporin 1 water channel is overexpressed in the plasma membranes of pancreatic ducts in patients with autoimmune pancreatitis.

    Ko SB, Mizuno N, Yatabe Y, Yoshikawa T, Ishiguro H, Yamamoto A, Azuma S, Naruse S, Yamao K, Muallem S, Goto H.( 担当: 共著)

    J Med Invest   2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. Apical Cl-/HCO3- exchanger stoichiometry in the modeling of HCO3- transport by pancreatic duct epithelium.

    Yamaguchi M, Ishiguro H, Steward M, Sohma Y, Yamamoto A, Shimouchi A, Kondo T.( 担当: 共著)

    J Med Invest   2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  16. Effects of Slc26a6 deletion and CFTR inhibition on HCO3- secretion by mouse pancreatic duct.

    Song Y, Ishiguro H, Yamamoto A, Jin CX, Kondo T.( 担当: 共著)

    J Med Invest  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. Molecular and cellular regulation of pancreatic duct cell function.

    Steward MC, Ishiguro H.( 担当: 共著)

    Curr Opin Gastroenterol   2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. Lactoferrin in chronic pancreatitis.

    Jin CX, Hayakawa T, Kitagawa M, Ishiguro H.( 担当: 共著)

    JOP. J Pancreas   2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. Lactoferrin in gastrointestinal disease.

    Hayakawa T, Jin CX, Ko SB, Kitagawa M, Ishiguro H.( 担当: 共著)

    Intern Med   2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. Cystic fibrosis transmembrane conductance regulator and SLC26 transporters in HCO3- secretion by pancreatic duct cells.

    Ishiguro H, Steward M, Naruse S.( 担当: 共著)

    Sheng Li Xue Bao, Acta Physiologica Sinica (Chinese Journal of Physiology)   2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. Is genetic analysis helpful for diagnosing chronic pancreatitis in its early stage?

    Naruse S, Fujiki K, Ishiguro H.( 担当: 共著)

    J Gastroenterol  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. Mechanisms of bicarbonate secretion in the pancreatic duct.

    Steward MC, Ishiguro H, Case RM.( 担当: 共著)

    Annu Rev Physiol  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 4

  1. Student Health Data on Japanese and U.S. Colleges and Universities – A Joint Session of JUHA and ACHA 国際会議

    Yamamoto M, Nakagawa K, Yokoyama H, Iwami T, Ishiguro H

    American College Health Association 2021 annual meeting (Vertual)  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  2. 嚢胞性線維症の診療の質の向上に関する研究 招待有り

    石黒 洋

    愛知県特定疾患研究協議会 令和2年度難病教育講演会  2020年11月20日  愛知県特定疾患研究協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市  

  3. 新型コロナウイルス感染症の基礎知識

    石黒 洋

    【ウェビナー】新型コロナウイルス感染症について知ろう-うつさない,広めない キャンパスでの過ごし方-  2020年10月30日  名古屋大学総合保健体育科学センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市  

  4. 新型コロナウイルスに感染しないために

    石黒 洋

    総合保健体育科学センター オンライン公開講座「健康・スポーツ科学の観点からみたコロナ禍の過ごし方」  2020年9月  名古屋大学総合保健体育科学センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市  

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 嚢胞性線維症患者の腸管免疫における脂溶性ビタミンと亜鉛の役割

    2021年4月 - 2022年3月

    研究活動支援 

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

  2. 嚢胞性線維症患者の腸内細菌叢と腸管免疫の修復に向けた食事介入の実践

    2020年4月 - 2021年3月

    研究活動支援 

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:300000円

  3. 嚢胞性線維症患者の栄養状態の改善に向けた腸管免疫および腸内細菌叢の解析

    2019年4月 - 2020年3月

    研究活動支援 

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:300000円

  4. 嚢胞性線維症の診療の質の向上に関する研究

    2019年4月 - 2020年3月

    研究支援 

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:400000円

科研費 13

  1. 患者由来iPS細胞から誘導構築した膵管・胆管上皮を用いた嚢胞性線維症治療の研究

    研究課題/研究課題番号:20K08285  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石黒 洋, 小川 真一郎, 相馬 義郎, 山本 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    嚢胞性線維症はCFTRを原因分子とする遺伝性の難病である。国内患者の平均寿命は約23年と予後が悪く、CFTR分子を標的とする根本的治療が必要である。そのためには、生体内の環境を再現して、それぞれの患者が保有するCFTRバリアントの性質を評価し、治療薬候補の効果を分析しなければならない。本研究では、嚢胞性線維症患者由来iPS細胞を樹立し、膵管や胆管へ三次元構築誘導して研究を実施する。
    嚢胞性線維症は肺、膵臓、肝臓、腸管などに病変が現れる難治性の劣性遺伝性疾患である。ヨーロッパ人種の最も多い遺伝病であるため、欧米では研究が進み分子治療が始まっている。日本を含む東アジアでは稀であるが、研究代表者らの調査をきっかけにして患者レジストリが始まり、日本国内で約60名の患者を把握している。原因となるCFTR遺伝子バリアントのタイプが人種によって全く異なること、日本人の嚢胞性線維症はヨーロッパ人種に比べて重症が多いことが分かってきた。本研究は、嚢胞性線維症の膵臓および胆道病変の根本的な治療を実現するために、個々の患者から樹立したiPS細胞を用いた研究を実施することを目的としている。R2年度は、対象となる嚢胞性線維症患者の臨床データの解析、CFTR遺伝子解析、CFTRバリアントの分子病態の解析を行った。
    1.嚢胞性線維症では、気道の慢性感染症と咳そうによる消耗が加わって栄養状態が悪化することが多い。18歳未満の登録患者30名のBMIを調べると70%以上が標準的な体格に達していなかった。栄養状態が良好になると肺機能が改善することが知られており、消化酵素製剤を充分に補充して栄養状態を改善していく必要がある。
    2.国内の嚢胞性線維症患者で最も頻度の高いdele16-17bバリアントのホモ接合体患者について調べた。1例は新生児期に肝不全で死亡した。兄弟例について重症度に違いがあり、他の遺伝的素因の影響が推定される。
    3.東アジア/日本タイプのCFTR遺伝子バリアントの性質を調べたところ、11種類のバリアントがクラスⅡ(蛋白は作られるが細胞膜まで移動しない)であった。欧米で臨床応用されている分子治療薬(CFTR蛋白の成熟化を助けるLumacaftor)を投与したところ、そのうち5種類のバリアントが細胞膜に移行した。
    本研究は、4つの研究室、嚢胞性線維症レジストリ事務局、患者と家族の会、主治医グループの緊密な連携により成り立つ。R2年度はCOVID-19の蔓延の影響で、患者さんとご家族との面談、血液サンプルの採取などの活動が進まなかった。その代わりとして、対象となる嚢胞性線維症患者の臨床データの解析、CFTR遺伝子解析、CFTRバリアントの分子病態の解析を行った。
    CFTR遺伝子は多様性に富み2,000種類を超えるバリアントがあり、人種や民族による違いが大きい。研究代表者の研究室はこれまでに約20種類の東アジア/日本タイプのCFTRバリアントを検出している。その中で国内の嚢胞性線維症患者で最も頻度の高いdele16-17bバリアントのホモ接合体患者のiPS細胞株を樹立、胆管および膵導管細胞へ誘導する計画である。研究分担者の強制発現系を用いた解析により、dele16-17bバリアントからはΔ(G970-T1122)-CFTR蛋白が生成されるが、膜貫通ドメイン9~11を欠損した蛋白は、核の周囲に留まり細胞膜へ移行しないことが分かっている。dele16-17bバリアントはCFTR機能がほぼ失われると推定される重度のバリアントである。しかし、dele16-17bバリアントのホモ接合体患者においても重症度や各臓器(肺、膵、肝)の表現型は様々であり、Modifier geneの関与が推定される。この解析により、生体内でのdele16-17b→Δ(G970-T1122)-CFTR蛋白の動態、分子治療の可能性、Modifier geneの解明に繋がる。

  2. PMQCにおけるユビキチン化制御分子の機能解明と治療的応用

    研究課題/研究課題番号:19H03185  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    沖米田 司, 中村 照也, 高橋 宏隆, 石黒 洋, 福田 亮介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,PMQC E3 リガーゼがどのように異常タンパク質を認識し,異なる分解経路へ導くのかを結晶構造解析及び Ub コード生成解析により解明する.また,siRNA 表現型スクリーニングと無細胞合成系を利用した網羅的相互作用解析により,PMQC 関連 DUB を同定し,DUB が PMQC E3 と協調してどのような基質の Ub コードをどのように制御し,異なる分解経路へ導くのか,その作動原理を解明する.さらに,マウスオルガノイド及び個体レベルの解析から,嚢胞性線維症(CF)の治療標的分子としての PMQC E3 リガーゼの有効性を実証する.
    1. QC 関連E3 リガーゼの X 線結晶構造解析:QC 関連 E3 リガーゼ RNF5 delta TM, RNF185 delta TM の結晶化を試みたが,現在の所,結晶化に成功していない.天然変性領域を欠失させた新しい RNF5, RNF185 発現コンストラクトを構築したため,再度,結晶化を試みる.
    2. QC 関連DUBスクリーニング:AlphaScreen により,CFTR NBD1 に結合する DUB を見出した.これらの DUB と CFTR NBD1 の結合は構造依存的であった.培養細胞を用いた過剰発現実験において,CFTR 変異体の発現や細胞内安定性を制御するDUB を見出した.網羅的解析により,QC 関連 E3 リガーゼと結合し,その細胞内発現量を制御する DUB 分子を見出した.
    3. QC 関連E3 リガーゼ KO 細胞における CFTR Ub コード解析:Ub ELISA 法により,各種 E3 KO 細胞での CFTR 変異体の K48-Ub, K63-Ub 化への影響評価を行なった結果,E3リガーゼによる CFTR Ub 化制御に Ub 鎖特異性は見られなかった.
    4. CFマウスにおけるCFTR活性評価法の確立:CFマウス単離膵管において,CFTR 改善薬が fluid secretion を増加させた.従って,本手法でCFマウス単離膵管での CFTR 活性を評価可能であると考えられた.生マウスにおける鼻粘膜電位測定法 (NPD) による CFTR 活性評価法は確立できていない.
    5. CF-HBE CFTR 活性に対する E3 KD の影響解析:CFTR 関連 E3 KD により,CF-HBE での delta F508 CFTR チャネル活性の改善が見られた.現在,CFTR 関連 E3 の KD 効率が低いため,今後,transfection 方法の改良を行う.
    CFTR 変異体と QC 関連 DUB を用いた網羅的解析から,QC 関連 DUB 候補を同定することに成功した.また,一部の QC 関連 E3 の作用機序が明らかになりつつあり,今年度中に論文投稿の予定である.
    1. QC 関連 DUB の作用機序解析を進める.同定した E3-DUB 複合体が生成する Ubコードを解析する.
    2. RNF5, RNF185 について X 線結晶構造解析を進めるが,問題があれば NMR 解析も行う.
    3. マウスにおける CFTR 評価法は,単離膵管モデルだけではなく,生マウスにおける鼻粘膜電位測定法確立も進める.

  3. カルニチンと中鎖脂肪酸の併用による膵外分泌機能不全と栄養障害の治療の確立

    研究課題/研究課題番号:19K08441  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山本 明子, 石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸より速やかにエネルギー源となり、インスリン抵抗性も改善し、栄養不良や炎症状態が持続しているような糖質利用が低下している病的状態では糖質にとって代わる最適なエネルギー源である。一方、カルニチンは中鎖脂肪酸のミトコンドリア内への取り込みを促進し、効率よく中鎖脂肪酸をエネルギーに変える可能性がある。カルニチンは体内で25%がアミノ酸から合成され、75%が小腸・大腸を介して食事から摂取される。消化吸収機能が低下している患者や高齢者では、生合成や吸収低下によるカルニチン欠乏が起きやすいが、カルニチン欠乏が消化吸収機能にどのような影響を与えるかは検討されておらず、これを明らかにする。
    【目的】脂肪酸はエネルギーの供給源であり脂肪酸センシングのリガンドとしても重要な役割を担っている。カルニチンは長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬することが知られており、体内への取り込みは小腸・大腸に分布するカルニチントランスポーターOCTN2による。本年度はモルモット膵導管細胞におけるカルニチン・脂肪酸トランスポーター、脂肪酸レセプターの発現およびカルニチンと中鎖脂肪酸(C12:ラウリン酸) が膵導管細胞の水分泌に及ぼす影響を検討した。【方法】モルモットの膵臓より直径約100μmの小葉間膵管を単離・培養し両端が閉じて内腔に分泌液が貯留した膵管を表層灌流し明視野像を取得した。管腔内容積の変化率から水分泌量を求め、膵管上皮の単位上皮表面積当たりで表した。モルモット単離小葉間膵管からmRNAを抽出しRT-PCR法にて、OCTN2、FABPpm、FATP4、CD36、FFAR1、FFAR4の発現を検討した。【結果】37℃のHCO3--CO2緩衝液で表層灌流すると0.45±0.02nl/mim/mm2(mean±SE,n=5)の基礎分泌を認め、C12(500μM)の投与により0.71±0.02nl/min/mm2と約60%増加(P<0.05)し、さらにカルニチン(50μM) を加えると0.94±0.04 nl/min/mm2と約30%増加(P<0.05)した。表層灌流液からグルコースを除くと8分後には水分泌は0.23±0.03nl/mim/mm2(n=3) まで減少したが、C12の投与で0.52± 0.10 nl/min/mm2まで回復し(P<0.05)、さらにカルニチンの投与で0.61±0.12 nl/min/mm2まで増加した。OCTN2、FABPpm、FATP4、CD36、FFAR1、FFAR4のmRNAはすべて発現していた。
    コロナ状況下において、自身の大学の保健管理業務の増大で実験時間が不足していることと共同で実験実施している大学院生の通学制限のため、実験が予定通り行うことが困難な状況があり、予定より少し遅れている。
    1.単鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に対するHCO3-・水分泌の影響の検討ー中鎖脂肪酸(C12、500μM)を加えると分泌速度が増加し、C12の存在下に血中濃度と同程度のカルニチン(50μM)を加えると、HCO3-・水分泌速度はさらに増加することがわかった。モルモット単離小葉間膵管の溶液分泌(HCO3-・水分泌)に対する短鎖脂肪酸(C4、C6 )と長鎖脂肪酸(C16, C18)の影響およびさらにそれぞれのカルニチン投与時の影響を検討する。
    2.モルモット単離小葉間膵管の管腔内pHの測定―モルモット単離小葉間膵管のマイクロパンクチャーを行い、管腔内のpHを測定することにより、増えた溶液がHCO3-であることを確認する。
    3.蛍光色素であるFura-2を用いて、膵導管細胞の[Ca2+]iを測定し、脂肪酸のHCO3-・水分泌を増加させるメカニズムを明らかにする。
    4.CFTRが管腔膜に発現していない(HCO3-・水分泌が十分に行えない)ΔF/ΔFマウス(病的状態)を用い、中鎖脂肪酸とカルニチンが病的状態である膵導管細胞のHCO3-・水分泌に及ぼす影響と膵管腔内pHを測定する。
    5.モルモット・ΔF/ΔFマウスの全膵、膵導管細胞におけるカルニチントランスポーターおよび脂肪酸トランスポーターの発現・局在を免疫組織化学的に検討する。

  4. 患者由来腸管オルガノイドを用いた嚢胞性線維症の個別化医療の研究

    研究課題/研究課題番号:16K09392  2016年4月 - 2019年3月

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    嚢胞性線維症は、CFTR遺伝子の病的変異によりCFTRイオンチャネルの機能が喪失し、気道、腸管、膵管などが粘稠な分泌液で詰まりやすくなる難病である。本研究では、嚢胞性線維症モデルマウスの小腸、大腸、膵臓およびヒト正常大腸粘膜から腸管オルガノイドを作成し、CFTRに依存する腸液分泌を測定した。患者レジストリに2016~2018の3年間で18名を登録した。日本で最もよく見られるdele 16-17b変異の性質を培養細胞(CHO細胞)を用いて調べたところ、蛋白は発現したが成熟化が不十分であり細胞膜に移行しなかった。
    嚢胞性線維症はヨーロッパ人種に多くアジア人種では稀な疾患であるが、日本の患者は重症が多く2018年現在の平均生存期間は約23年である。原因となっている変異CFTRに対する分子治療薬の使用に向けて、基盤となるデータが必要とされている。本研究では、生体に近い条件で変異CFTRの性質を解析するために、患者の腸管粘膜サンプルからオルガノイドを作成し、CFTRに依存する腸液分泌を測定する方法を確立した。また、患者レジストリの事務局として蓄積した臨床データをもとにして診療の手引きを改訂し、主治医を含む医療関係者、患者とその家族に還元した。

  5. 大学における有効なハラスメント防止・相談体制の構築に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16K04354  2016年4月 - 2019年3月

    葛 文綺

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、大学におけるハラスメント防止・相談体制の構築について質問紙調査を行った結果、各大学のハラスメント相談体制や対応のための制度の構築状況およびその課題が明らかになった。また、「大学におけるハラスメント事例への相談援助プロセスに関する質的研究」では、ハラスメント事案の相談・解決のプロセスおよび問題解決への促進要因,阻害要因が明らかになった。さらに、「ハラスメント相談における心理職の専門性に関する質的研究」では、大学のハラスメント相談における心理職の専門性が明らかになった。
    日本ではハラスメント防止に関して国が一定の指針を示してはいるが、法規制によってそれらを直接禁止するものは未だにない。各事業主は独自のガイドラインや規程をつくり対策を行っているが、ハラスメントの予防や対応に苦慮しているのが現状である。このような状況の中で、有効なハラスメント防止・相談体制の構築への検討は大きな課題となっている。本研究では、日本の各大学のハラスメントの防止・相談体制を明らかにしただけでなく、ハラスメント相談・解決の過程も明らかにし、なおかつハラスメント相談の専門性についても一定の示唆が得られた。これは今後の日本の大学におけるハラスメントの防止に大きく貢献できたといえよう。

  6. 亜鉛の腸膵循環と膵機能における役割

    研究課題/研究課題番号:16K09393  2016年4月 - 2019年3月

    山本 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    亜鉛は多くのタンパク質の活性中心であり、欠乏すると全身に様々な障害を引き起こす。一方、タンパク質に結合していないfreeのZn2+は、イオンチャネルの阻害などの金属毒性を持つ。亜鉛は、小腸で吸収され、主に膵液中に排泄されるという特徴的な腸膵循環を示す。亜鉛欠乏と膵外分泌機能障害の関連は以前から知られているが、そのメカニズムは不明である。 本研究では、亜鉛がその集積臓器である膵導管細胞(膵外分泌腺)の機能に果たしている役割と膵臓に発現している亜鉛トランスポーターについて検討した。
    亜鉛は、生命に必須の微量元素であり、多くのタンパク質の活性中心である一方、タンパク質に結合していないfreeのZn2+は、イオンチャネルの阻害などの金属毒性を持つ。そのため生体はZn2+の毒性から自身を守る仕組みを備え、体内亜鉛は小腸から吸収され膵液を介して腸管に排泄される腸膵循環し、正確にコントロールされている。亜鉛トランスポーターは膵臓の導管細胞に発現し、生体内亜鉛をコントロールしている可能性が示唆された。亜鉛欠乏と膵外分泌機能障害が関連するメカニズムは不明であるが、freeのZn2+が過剰になると膵液分泌を抑制するが、膵液分泌には少量の亜鉛は不可欠であることが分かった。

  7. CRISPR/Cas9を用いた疾患モデルオルガノイドの樹立と変異解析手法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K15433  2016年4月 - 2018年3月

    洪 繁

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    CFTRが関わる上皮膜を介したイオン輸送機能全体を正確に測定可能なオルガノイドモデルを用いて、日本人型CFTR変異蛋白の機能を簡便に測定する疾患モデルの樹立を目的とした。マウスCftrゲノム152kbを全長組換えベクターに置き換えたヘテロノックインマウスES細胞から、キメラマウスを得た。キメラマウスを交配したが、ノックインマウスは得られなかった。マウス膵導管細胞のオルガノイドを樹立するために、実態顕微鏡でマウス膵導管細胞を単離し、オルガノイド培養条件で培養を行った。既報の消化管オルガノイドの培養条件によって、マウス膵導管細胞からもオルガノイドが樹立され、培養、継代が可能であった。

  8. 難治性疾患膵嚢胞線維症患者の栄養管理法の確立

    研究課題/研究課題番号:15K01694  2015年4月 - 2018年3月

    藤木 理代

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    嚢胞性線維症(CF; cystic fibrosis)は、CFTR遺伝子の変異を起因とする常染色体劣性疾患である。白人では多く見られる遺伝性疾患だが、アジア人種では非常に稀な疾患である。患者の多くは膵外分泌不全を呈している。そのため、栄養サポートは患者ケアの重要な要素となる。本研究では、日本のCF患者の栄養ケアガイドラインを作成した。このガイドラインでは、患者のカロリー摂取法、膵消化酵素補充剤療法、成長モニタリング法、体重コントロール法を示した。

  9. 膵導管上皮のカルシウム吸収機構-新しい膵石予防法の研究-

    2009年 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:21590873

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 慢性膵炎におけるCFTR遺伝子の役割:非コード領域による発現調節と発症との関係 

    2007年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:19590758

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 慢性膵炎におけるCFTR遺伝子の役割:非コード領域による発現調節と発症との関係

    2007年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C),課題番号:19590758

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  12. 膵導管細胞における管空膜HCO3-コンダクタンスの特性と分子実体

    2004年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:16590164

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 膵導管細胞における管空膜HCO3-コンダクタンスの特性と分子実体

    2004年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C),課題番号:16590164

    石黒 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  2. 健康・スポーツ科学講義

    2011