2021/11/04 更新

写真a

ミズノ マサシ
水野 正司
MIZUNO, Masashi
所属
大学院医学系研究科 腎不全システム治療学寄附講座 特任教授
職名
特任教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 補体

  2. 補体制御因子

  3. 海洋生物毒

  4. 腎炎

  5. 腹膜透析

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 腎臓内科学

  2. その他 / その他  / 腎臓内科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 炎症性疾患への補体の関与に関する研究

経歴 12

  1. 腎不全システム治療学寄附講座   教授

    2017年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 寄附講座准教授

    2013年2月 - 2017年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 寄附講座講師

    2010年2月 - 2013年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 寄附講座助教

    2009年9月 - 2010年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 寄附講座助手

    2006年5月 - 2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. Postdoctoral research fellow

    2004年1月 - 2006年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. Visiting scholar

    2001年10月 - 2003年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 学内研究生

    2001年8月 - 2001年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 助手

    1998年6月 - 2001年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 医員

    1994年4月 - 1998年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 内科医師

    1991年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 研修医(全般・内科)

    1989年6月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 弘前大学   医学部

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本内科学会

  2. 日本透析医会   評議員

    2020年6月 - 現在

  3. 日本腎臓病学会   学術評議員

  4. International complement society

  5. 日本腹膜透析学医会   評議員

    2019年11月 - 現在

  6. 日本補体学会   理事、学会誌「補体」編集委員長、副会長

  7. International Society for Peritoneal Dialysis

▼全件表示

委員歴 4

  1. 副会長、事務局長  

    2019年9月   

  2. 日本補体学会   理事  

    2016年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 補体研究会運営委員会   運営委員  

    2009年8月 - 2013年8月   

  4. 日本補体学会   学会誌「補体」編集委員長  

 

論文 240

  1. Vasculopathy plays an important role during the development and relapse of encapsulating peritoneal sclerosis with conventional peritoneal dialysis solutions. 査読有り

    Tawada M, Ito Y, Banshodani M, Yamashita M, Shintaku S, Sun T, Suzuki Y, Kinashi H, Kubo Y, Ando M, Yamaguchi M, Katsuno T, Mizuno M, Kawanishi H

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   36 巻 ( 8 ) 頁: 1519 - 1526   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfaa073

    PubMed

  2. C1 inhibitor mitigates peritoneal injury in zymosan-induced peritonitis

    Ozeki Toshikazu, Mizuno Masashi, Iguchi Daiki, Kojima Hiroshi, Kim Hangsoo, Suzuki Yasuhiro, Kinashi Hiroshi, Ishimoto Takuji, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY   320 巻 ( 6 ) 頁: F1123 - F1132   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00600.2020

    Web of Science

    PubMed

  3. Demographic, clinical characteristics and treatment outcomes of immune-complex membranoproliferative glomerulonephritis and C3 glomerulonephritis in Japan: A retrospective analysis of data from the Japan Renal Biopsy Registry.

    Nakagawa N, Mizuno M, Kato S, Maruyama S, Sato H, Nakaya I, Sugiyama H, Fujimoto S, Miura K, Matsumura C, Gotoh Y, Suzuki H, Kuroki A, Yoshino A, Nakatani S, Hiromura K, Yamamoto R, Yokoyama H, Narita I, Isaka Y

    PloS one   16 巻 ( 9 ) 頁: e0257397   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0257397

    PubMed

  4. Complement regulation and kidney diseases: recent knowledge of the double-edged roles of complement activation in nephrology 招待有り 査読有り

    Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Ito Yasuhiko

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   22 巻 ( 1 ) 頁: 3-14   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-017-1405-x

    Web of Science

    PubMed

  5. High Levels of Soluble C5b-9 Complex in Dialysis Fluid May Predict Poor Prognosis in Peritonitis in Peritoneal Dialysis Patients. 査読有り 国際共著

    Mizuno M, Suzuki Y, Higashide K, Sei Y, Iguchi D, Sakata F, Horie M, Maruyama S, Matsuo S, Morgan BP, Ito Y

    PloS one   12 巻 ( 1 ) 頁: e0169111   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0169111

    Web of Science

    PubMed

  6. Expression of membrane complement regulators, CD46, CD55 and CD59, in mesothelial cells of patients on peritoneal dialysis therapy. 査読有り

    Sei Y., Mizuno M., Suzuki Y., Imai M., Higashide K., Harris CL., Sakata F., Iguchi D., Fujiwara M., Kodera Y., Maruyama S., Matsuo S., Ito Y.

    Mol Immunol   65 巻   頁: 302-309   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Anti-C5a complementary peptide ameliorates acute peritoneal injuries induced by neutralization of Crry and CD59. 査読有り

    Mizuno T, Mizuno M, Imai M, Suzuki Y, Kushida M, Noda Y, Maruyama S, Okada H, Okada N, Matsuo S, Ito Y.

    Am J Physiol Renal Physiol   in press 巻   頁: xxx-xxx   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Exploiting the Nephrotoxic Effects of Venom from the Sea Anemone, Phyllodiscus semoni, to Create a Hemolytic Uremic Syndrome Model in the Rat

    Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Morgan B. Paul

    MARINE DRUGS   10 巻 ( 7 ) 頁: 1582 - 1604   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md10071582

    Web of Science

    PubMed

  9. Membrane complement regulators protect against fibrin exudation increases in a severe peritoneal inflammation model in rats.

    Mizuno M, Ito Y, Mizuno T, Harris CL, Suzuki Y, Okada N, Matsuo S, Morgan BP

    American journal of physiology. Renal physiology   302 巻 ( 10 ) 頁: F1245 - 51   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00652.2011

    PubMed

  10. Specific collaboration between rat membrane complement regulators Crry and CD59 protects peritoneum from damage by autologous complement activation. 査読有り

    Mizuno T, Mizuno M, Morgan BP, Noda Y, Yamada K, Okada N, Yuzawa Y, Matsuo S, Ito Y

    Nephrol Dial Transplant   26 巻 ( 6 ) 頁: 1821-1830   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Zymosan, but not lipopolysaccharide, triggers severe and progressive peritoneal injury accompanied by complement activation in a rat peritonitis model. 査読有り

    Mizuno M, Ito Y, Hepburn N, Mizuno T, Noda Y, Yuzawa Y, Harris CL, Morgan BP, Matsuo S.

    J Immunol   183 巻   頁: 1403-1412   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. High levels of complement C3a receptor in the glomeruli in lupus nephritis. 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno M, Blanchin S, Gasque P, Nishikawa K, Matsuo S

    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation   49 巻 ( 5 ) 頁: 598 - 606   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.ajkd.2007.02.271

    PubMed

  13. Nucleic acids and CD46 are key regulators in innate immune recognition and the finely tuned removal of “danger-self". 査読有り

    Elward K, Griffiths M., Mizuno M., Harris CL., Neal JW., Morgan BP., Gasque P.

    J Biol Chem   280 巻   頁: 36342-36354   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Generation of a recombinant, membrane-targeted form of the complement regulator, CD59: activity in vitro and in vivo. 査読有り

    Fraser DA., Harris CL., Williams AS., Mizuno M., Gallagher S., Smith RAG., Morgan BP.

    J. Biol. Chem.   278 巻   頁: 48921-48927   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Expression of a Crry/p65 is reduced in acute lung injury induced by extracellular histones. 査読有り 国際誌

    Nagano F, Mizuno T, Imai M, Takahashi K, Tsuboi N, Maruyama S, Mizuno M

    FEBS open bio     2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2211-5463.13322

    PubMed

  16. Low-GDP, pH-neutral solutions preserve peritoneal endothelial glycocalyx during long-term peritoneal dialysis. 査読有り 国際共著

    Sugiyama N, Tawada M, Sun T, Suzuki Y, Kinashi H, Yamaguchi M, Katsuno T, Aten J, Vlahu CA, van Kuppevelt TH, Takei Y, Ishimoto T, Maruyama S, Mizuno M, Ito Y

    Clinical and experimental nephrology   25 巻 ( 9 ) 頁: 1035 - 1046   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-021-02078-9

    PubMed

  17. A case of temporary metastatic pulmonary calcification in a patient with hyperparathyroidism on peritoneal dialysis 国際共著 国際誌

    Kawase Kota, Takagi Kimiaki, Mizuno Masashi, Horie Masanobu

    CLINICAL NEPHROLOGY   95 巻 ( 3 ) 頁: 161 - 165   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5414/CN110337

    Web of Science

    PubMed

  18. Refractory Hypotension Caused by Selenium Deficiency in a Patient on Peritoneal Dialysis 査読有り

    Ryuge Akihiro, Kim Hangsoo, Suzuki Yasuhiro, Okazaki Masaki, Kojima Hiroshi, Saito Shoji, Kato Noritoshi, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Mizuno Masashi

    INTERNAL MEDICINE   60 巻 ( 15 ) 頁: 2461 - 2464   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>Selenium is essential for human health; its deficiency leads to cardiac dysfunction. We herein report a 79-year-old man on peritoneal dialysis who presented with refractory hypotension caused by selenium deficiency. He was admitted to our hospital with bacterial pneumonia and hypotension and abnormal electrocardiogram (ECG) findings. Despite improvement of pneumonia, his hypotension continued, and intravenous noradrenalin could not be discontinued. His serum selenium level was extremely low, and he was started on intravenous selenium. His hypotension and ECG findings gradually improved, and noradrenalin was discontinued. Physicians should consider selenium deficiency when patients on peritoneal dialysis show refractory hypotension. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6632-20

    Web of Science

    PubMed

  19. Oral Antibiotics are Effective for Preventing Colonoscopy-associated Peritonitis as a Preemptive Therapy in Patients on Peritoneal Dialysis

    Suzuki Yasuhiro, Mizuno Masashi, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kim Hangsoo, Kinashi Hiroshi, Katsuno Takayuki, Ishimoto Takuji, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   60 巻 ( 3 ) 頁: 353 - 356   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p><b>Objective </b>In patients on peritoneal dialysis (PD), it was reported that colonoscopy, but not upper gastrointestinal endoscopy, could cause peritonitis as a complication. A guideline of the International Society for Peritoneal Dialysis recommends preemptive intravenous antibiotics administration of ampicillin and aminoglycoside with or without metronidazole, to prevent colonoscopy-associated peritonitis. In this study, we retrospectively evaluated the effects of preemptive antibiotics therapy by oral administration instead of intravenous administration. </p><p><b>Methods </b>We investigated the incidence of colonoscopy-associated peritonitis in a single center. In 170 patients undergoing PD between January 2010 and December 2019, 50 colonoscopies were performed, including 49 with oral administration of amoxicillin and ciprofloxacin and/or metronidazole as preemptive therapy 1 hour before the colonoscopy procedure, and 1 without. </p><p><b>Results </b>We observed no incidence of colonoscopy-associated peritonitis. </p><p><b>Conclusion </b>Generally, oral administration of preemptive antibiotics is less painful and more convenient than intravenous administration, especially in outpatient procedures, such as a colonoscopy. Our results suggest that oral antibiotic administration might be effective for preventing colonoscopy-associated peritonitis in PD patients. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5092-20

    Web of Science

    PubMed

  20. Impact on survival of urgent dialysis initiation in patients with end-stage renal disease: a case-control study 査読有り

    Takagi Kimiaki, Mizuno Masashi, Kawase Kota, Minoshima Kenichi, Yamaha Masayoshi, Horie Masanobu

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   24 巻 ( 12 ) 頁: 1154 - 1161   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-020-01931-7

    Web of Science

    PubMed

  21. ANALYSIS OF FREQUENCY AND KINDS OF ALARM HISTORIES OF HOME PD SYSTEM KAGUYA DURING THE INTRODUCTION: PERIOD IN A SINGLE CENTRE

    Hiramatsu Tetsuaki, Mizuno Masasi, Suzuki Yasuhiro, Nomori Sumiyo, Suzuki Masafumi, Shiga Yoshiko, Sato Yuka, Nakamura Tomohiro, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Koyama Tomio

    NEPHROLOGY   25 巻   頁: 77 - 78   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. CASES OF ACUTE APPENDICITIS IN PATIENTS ON PERITONEAL DIALYSIS (PD) IN A SINGLE CENTRE DURING 15 YEARS

    Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kinashi Hiroshi, Katsuno Takayuki, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    NEPHROLOGY   25 巻   頁: 82 - 82   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. Dietary salt restriction during conservative therapy may prevent declines in residual renal function for the first year after starting peritoneal dialysis in patients with end-stage renal diseases. 査読有り

    Hiramatsu T, Mizuno M, Suzuki Y, Nomori S, Shiga Y, Sun T, Ishii T, Hiroshi Kojima H, Katsuno T, Nakamura T, Kosugi T, Maruyama S, Koyama T, Noguchi S, Ito Y

        2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15761/IFNM.1000276.

  24. Eculizumab for pediatric dense deposit disease: A case report and literature review. 査読有り 国際誌

    Kasahara K, Gotoh Y, Majima H, Takeda A, Mizuno M

    Clinical nephrology. Case studies   8 巻   頁: 96 - 102   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5414/CNCS110309

    PubMed

  25. Successful Introduction of Peritoneal Dialysis in an End-stage Renal Failure Patient with Idiopathic Aplastic Anemia 査読有り 国際誌

    Suzuki Yasuhiro, Mizuno Masashi, Sakata Fumiko, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kishimoto Mayuko, Suzuki Nobuaki, Kinashi Hiroshi, Saito Shoji, Katsuno Takayuki, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 5 ) 頁: 683 - 687   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>A 45-year-old man with idiopathic aplastic anemia required renal replacement therapy (RRT) due to end-stage renal disease (ESRD). We succeeded in inserting the peritoneal dialysis (PD) catheter under cover of frequent red blood cell and platelet infusions because of severe pancytopenia. During the one-year period after starting PD using an ultraviolet-ray sterilization device, he developed severe leukopenia but no PD-related peritonitis or exit site/tunnel infection until he died of pneumonia. This case suggests that PD might be a suitable choice as RRT in ESRD patients with aplastic anemia, even in those with severe pancytopenia. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3775-19

    Web of Science

    PubMed

  26. The effectiveness and safety of computed tomographic peritoneography and video-assisted thoracic surgery for hydrothorax in peritoneal dialysis patients: A retrospective cohort study in Japan.

    Matsuoka N, Yamaguchi M, Asai A, Kamiya K, Kinashi H, Katsuno T, Kobayashi T, Tamai H, Morinaga T, Obayashi T, Nakabayashi K, Koide S, Nakanishi M, Koyama K, Suzuki Y, Ishimoto T, Mizuno M, Ito Y

    PloS one   15 巻 ( 9 ) 頁: e0238602   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0238602

    PubMed

  27. Excessive salt intake increases peritoneal solute transport rate via local tonicity-responsive enhancer binding protein in subtotal nephrectomized mice. 査読有り 国際共著 国際誌

    Sun T, Sakata F, Ishii T, Tawada M, Suzuki Y, Kinashi H, Katsuno T, Takei Y, Maruyama S, Mizuno M, Ito Y

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   34 巻 ( 12 ) 頁: 2031 - 2042   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfz045

    Web of Science

    PubMed

  28. HIV-associated Immune Complex Kidney Disease with C3-dominant Deposition Induced by HIV Infection after Treatment of IgA Nephropathy. 査読有り 国際誌

    Kawakita C, Kinomura M, Otaka N, Kitagawa M, Sugiyama H, Kusano N, Mizuno M, Wada J

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 巻 ( 20 ) 頁: 3001 - 3007   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>A 57-year-old man was diagnosed with IgA nephropathy. Hematuria and proteinuria were improved by tonsillectomy plus methylprednisolone pulse therapy. Lymphadenopathy, hypocomplementemia and pancytopenia were observed six years later, and urinalysis abnormalities recurred. A biopsy revealed mesangial proliferative glomerulonephritis with C3-dominant deposition. Human immunodeficiency virus (HIV) antibody demonstrated positive conversion. He was diagnosed with HIV-associated immune complex kidney disease (HIVICK). The hematuria, proteinuria and hypocomplementemia were improved by reducing the HIV viral load through antiretroviral therapy. When C3-dominant deposition is observed on a renal biopsy, HIVICK must be differentiated. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2439-18

    PubMed

  29. CD55 EXPRESSION CHANGES IN MESOTHELIAL CELLS OF PATIENTS ON PERITONEAL DIALYSIS (PD) THERAPY 査読有り

    Ozeki Toshikazu, Mizuno Masashi, Kobayashi Kazuma, Iguchi Daiki, Sei Yumi, Suzuki Yasuhiro, Kojima Hiroshi, Fukui Sosuke, Yamashita Ryoko, Kinashi Hiroshi, Imai Masaki, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    MOLECULAR IMMUNOLOGY   114 巻   頁: 422-422   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  30. Connective tissue growth factor is correlated with peritoneal lymphangiogenesis. 査読有り 国際共著 国際誌

    Kinashi H, Toda N, Sun T, Nguyen TQ, Suzuki Y, Katsuno T, Yokoi H, Aten J, Mizuno M, Maruyama S, Yanagita M, Goldschmeding R, Ito Y

    Scientific reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 12175   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-48699-9

    Web of Science

    PubMed

  31. Mouse NC/Jic strain provides novel insights into host genetic factors for malaria research. 査読有り 国際誌

    Ohno T, Miyasaka Y, Kuga M, Ushida K, Matsushima M, Kawabe T, Kikkawa Y, Mizuno M, Takahashi M

    Experimental animals   68 巻 ( 3 ) 頁: 243 - 255   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本実験動物学会  

    <p>Malaria is caused by <i>Plasmodium</i> parasites and is one of the most life-threatening infectious diseases in humans. Infection can result in severe complications such as cerebral malaria, acute lung injury/acute respiratory distress syndrome, and acute renal injury. These complications are mainly caused by <i>P. falciparum</i> infection and are major causes of death associated with malaria. There are a few species of rodent-infective malaria parasites, and mice infected with such parasites are now widely used for screening candidate drugs and vaccines and for studying host immune responses and pathogenesis associated with disease-related complications. We found that mice of the NC/Jic strain infected with rodent malarial parasites exhibit distinctive disease-related complications such as cerebral malaria and nephrotic syndrome, in addition to a rapid increase in parasitemia. Here, we focus on the analysis of host genetic factors that affect malarial pathogenesis and describe the characteristic features, utility, and future prospects for exploitation of the NC/Jic strain as a novel mouse model for malaria research.</p>

    DOI: 10.1538/expanim.18-0185

    PubMed

  32. Effects of long-term treatment with low-GDP, pH-neutral solutions on peritoneal membranes in peritoneal dialysis patients. 査読有り 国際誌

    Tawada M, Hamada C, Suzuki Y, Sakata F, Sun T, Kinashi H, Katsuno T, Takei Y, Maruyama S, Honda K, Mizuno M, Ito Y

    Clinical and experimental nephrology   23 巻 ( 5 ) 頁: 689 - 699   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1679-7

    Web of Science

    PubMed

  33. Differences in peritoneal solute transport rates in peritoneal dialysis. 査読有り 国際共著 国際誌

    Asano M, Ishii T, Hirayama A, Mizuno M, Suzuki Y, Sakata F, Akiyama SI, Maruyama S, Soga T, Kinashi H, Katsuno T, Ito Y

    Clinical and experimental nephrology   23 巻 ( 1 ) 頁: 122 - 134   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1611-1

    PubMed

  34. Safety and effectiveness of eculizumab for pediatric patients with atypical hemolytic-uremic syndrome in Japan: interim analysis of post-marketing surveillance.

    Ito S, Hidaka Y, Inoue N, Kaname S, Kato H, Matsumoto M, Miyakawa Y, Mizuno M, Okada H, Shimono A, Matsuda T, Maruyama S, Fujimura Y, Nangaku M, Kagami S

    Clinical and experimental nephrology   23 巻 ( 1 ) 頁: 112 - 121   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1610-2

    PubMed

  35. Safety and effectiveness of eculizumab for adult patients with atypical hemolytic-uremic syndrome in Japan: interim analysis of post-marketing surveillance.

    Kato H, Miyakawa Y, Hidaka Y, Inoue N, Ito S, Kagami S, Kaname S, Matsumoto M, Mizuno M, Matsuda T, Shimono A, Maruyama S, Fujimura Y, Nangaku M, Okada H

    Clinical and experimental nephrology   23 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 75   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1609-8

    PubMed

  36. Increase of Eosinophil in Dialysate During Induction of Peritoneal Dialysis 査読有り 国際誌

    Shigemoto Emi, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Kobayashi Kazuma, Sakata Fumiko, Kariya Tetsuyoshi, Katsuno Takayuki, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    PERITONEAL DIALYSIS INTERNATIONAL   39 巻 ( 1 ) 頁: 90 - +   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3747/pdi.2017.00205

    Web of Science

    PubMed

  37. Anti-C5a complementary peptide mitigates zymosan-induced severe peritonitis with fibrotic encapsulation in rats pretreated with methylglyoxal. 査読有り 国際共著 国際誌

    Iguchi D, Mizuno M, Suzuki Y, Sakata F, Maruyama S, Okada A, Okada H, Ito Y

    American journal of physiology. Renal physiology   315 巻 ( 6 ) 頁: F1732 - F1746   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00172.2018

    PubMed

  38. Investigation on the benefits of mycophenolate mofetil and therapeutic drug monitoring in the treatment of Japanese patients with lupus nephritis. 査読有り 国際誌

    Katsuno T, Ozaki T, Ozeki T, Hachiya A, Kim H, Kato N, Ishimoto T, Kato S, Kosugi T, Tsuboi N, Mizuno M, Ito Y, Maruyama S

    Clinical and experimental nephrology   22 巻 ( 6 ) 頁: 1341 - 1350   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1590-2

    PubMed

  39. Extracellular histones decrease the expression of membrane complement regulators

    Mizuno Tomohiro, Nagano Fumihiko, Mizuno Masashi, Iwata Ayumi, Takahashi Kazuo, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi, Nagamatsu Tadashi, Imai Masaki

    MOLECULAR IMMUNOLOGY   102 巻   頁: 189-189   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2018.06.158

    Web of Science

  40. Peritoneal expression of membrane complement regulators in peritoneal dialysis patients with fungal peritonitis

    Fukui Sosuke, Suzuki Yasuhiro, Tawada Mitsuhiro, Matsukawa Yoshihisa, Imai Masaki, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi

    MOLECULAR IMMUNOLOGY   102 巻   頁: 152-152   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2018.06.072

    Web of Science

  41. SODIUM RESTRICTED DIET DURING CONSERVATIVE THERAPY IN PATIENTS WITH END-STAGE RENAL DISEASES (ESRD) MAY RESCUE RESIDUAL RENAL FUNCTION (RRF) FOR THE FIRST YEAR AFTER STARTING PERITONEAL DIALYSIS (PD)

    Hiramatsu Tetsuaki, Mizuno Masashi, Nomori Sumiyo, Sakata Fumiko, Suzuki Yasuhiro, Maruyama Shoichi, Yasuhiko Ito, Noguchi Satoshi

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   33 巻   頁: .   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  42. TGF-β1-VEGF-A pathway induces neoangiogenesis with peritoneal fibrosis in patients undergoing peritoneal dialysis.

    Kariya T, Nishimura H, Mizuno M, Suzuki Y, Matsukawa Y, Sakata F, Maruyama S, Takei Y, Ito Y

    American journal of physiology. Renal physiology   314 巻 ( 2 ) 頁: F167 - F180   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00052.2017

    Web of Science

    PubMed

  43. Current Status of Peritoneal Dialysis in Japan 査読有り 国際共著 国際誌

    Ito Yasuhiko, Tawada Mitsuhiro, Tine Sun, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Katsuno Takayuki

    RECENT ADVANCES IN DIALYSIS THERAPY IN JAPAN   196 巻   頁: 123 - 128   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000485711

    Web of Science

    PubMed

  44. Peritoneal eosinophils increase during induction of peritoneal dialysis and may be related to production of C3a in peritoneal dialysate

    Mizuno Masashi, Shigemoto Emi, Kobayashi Kazuma, Iguchi Daiki, Sakata Fumiko, Suzuki Yasuhiro, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    MOLECULAR IMMUNOLOGY   89 巻   頁: 193-193   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2017.06.195

    Web of Science

  45. Hexamerization-enhanced CD20 antibody mediates complement-dependent cytotoxicity in serum genetically deficient in C9. 査読有り 国際共著 国際誌

    Taylor RP, Lindorfer MA, Cook EM, Beurskens FJ, Schuurman J, Parren PWHI, Zent CS, VanDerMeid KR, Burack R, Mizuno M, Morgan BP

    Clinical immunology (Orlando, Fla.)   181 巻   頁: 24 - 28   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clim.2017.05.016

    Web of Science

    PubMed

  46. Mesangial proliferative glomerulonephritis in murine malaria parasite, Plasmodium chabaudi AS, infected NC mice

    Yashima Akihito, Mizuno Masashi, Yuzawa Yukio, Shimada Koki, Suzuki Norihiko, Tawada Hideo, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko, Matsuo Seiichi, Ohno Tamio

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   21 巻 ( 4 ) 頁: 589-596   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1339-8

    Web of Science

    PubMed

  47. Apoptosis inhibitor of macrophage ameliorates fungus-induced peritoneal injury model in mice. 査読有り 国際誌

    Tomita T, Arai S, Kitada K, Mizuno M, Suzuki Y, Sakata F, Nakano D, Hiramoto E, Takei Y, Maruyama S, Nishiyama A, Matsuo S, Miyazaki T, Ito Y

    Scientific reports   7 巻 ( 1 ) 頁: 6450   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-06824-6

    Web of Science

    PubMed

  48. Sodium chloride promotes tissue inflammation via osmotic stimuli in subtotal-nephrectomized mice.

    Sakata F, Ito Y, Mizuno M, Sawai A, Suzuki Y, Tomita T, Tawada M, Tanaka A, Hirayama A, Sagara A, Wada T, Maruyama S, Soga T, Matsuo S, Imai E, Takei Y

    Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   97 巻 ( 4 ) 頁: 432 - 446   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.2017.4

    Web of Science

    PubMed

  49. Complement component 5 promotes lethal thrombosis. 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno T, Yoshioka K, Mizuno M, Shimizu M, Nagano F, Okuda T, Tsuboi N, Maruyama S, Nagamatsu T, Imai M

    Scientific reports   7 巻   頁: 42714   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep42714

    Web of Science

    PubMed

  50. PDのエビデンス

    多和田 光洋, 鈴木 康弘, 水野 正司, 伊藤 恭彦

    日本透析医学会雑誌   50 巻 ( 11 ) 頁: 685 - 691   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    DOI: 10.4009/jsdt.50.685

  51. Recent analysis of status and outcomes of peritoneal dialysis in the Tokai area of Japan: the second report of the Tokai peritoneal dialysis registry.

    Mizuno M, Ito Y, Suzuki Y, Sakata F, Saka Y, Hiramatsu T, Tamai H, Mizutani M, Naruse T, Ohashi N, Kasuga H, Shimizu H, Kurata H, Kurata K, Suzuki S, Kido S, Tsuruta Y, Matsuoka T, Horie M, Maruyama S, Matsuo S

    Clinical and experimental nephrology   20 巻 ( 6 ) 頁: 960 - 971   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-016-1249-9

    PubMed

  52. Therapeutic effects of a C5a antagonist, AcPepA, for severe peritoneal injuries associated with fungal infection in a rat model

    Mizuno Masashi, Iguchi Daiki, Shigemoto Emi, Kobayashi Kazuma, Sakata Fumiko, Suzuki Yasuhiro, Okada Alan, Okada Hidechika, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko

    IMMUNOBIOLOGY   221 巻 ( 10 ) 頁: 1212 - 1212   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.imbio.2016.06.193

    Web of Science

  53. TGF-beta-VEGF-A PATHWAY INDUCES NEOANGIOGENESIS IN PERITONEAL FIBROSIS OF PERITONEAL DIALYSIS

    Kariya Tetsuyoshi, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Sakata Fumiko, Terabayashi Takeshi, Ishii Takako, Tawada Mitsuhiro, Iguchi Daiki, Maruyama Shoichi, Matsuo Seiichi

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   31 巻   頁: 35 - 35   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  54. Depression of complement regulatory factors in rat and human renal grafts is associated with the pregress of acute T-cell medicated rejection. 査読有り

    Yamanaka K., Kakuta Y., Miyagawa S., Nakazawa S., Kato T., Abe T., Imamura R., Okumi M., Maeda A., Mizuno M., Nonomura N.

    PlosOne   11 巻 ( 2 ) 頁: e0148881   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0148881. eCollection 2016.

  55. Rat Models of Acute and/or Chronic Peritoneal Injuries Including Peritoneal Fibrosis and Peritoneal Dialysis Complications

    Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko

    KIDNEY RESEARCH: EXPERIMENTAL PROTOCOLS, 2ND EDITION   1397 巻   頁: 35 - 43   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-3353-2_4

    Web of Science

    PubMed

  56. Vascular Endothelial Cell Injury Is an Important Factor in the Development of Encapsulating Peritoneal Sclerosis in Long-Term Peritoneal Dialysis Patients.

    Tawada M, Ito Y, Hamada C, Honda K, Mizuno M, Suzuki Y, Sakata F, Terabayashi T, Matsukawa Y, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Takei Y

    PloS one   11 巻 ( 4 ) 頁: e0154644   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0154644

    PubMed

  57. Increase of Antimyeloperoxidase Antineutrophil Cytoplasmic Antibody (ANCA) in Patients with Renal ANCA-associated Vasculitis: Association with Risk to Relapse 査読有り 国際誌

    Yamaguchi Makoto, Ando Masahiko, Kato Sawako, Katsuno Takayuki, Kato Noritoshi, Kosugi Tomoki, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Yasuda Yoshinari, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Matsuo Seiichi, Maruyama Shoichi

    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY   42 巻 ( 10 ) 頁: 1853 - 1860   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3899/jrheum.141622

    Web of Science

    PubMed

  58. Vascular endothelial growth factor receptor-3 is a novel target to improve net ultrafiltration in methylglyoxal-induced peritoneal injury.

    Terabayashi T, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Kinashi H, Sakata F, Tomita T, Iguchi D, Tawada M, Nishio R, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Takei Y

    Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   95 巻 ( 9 ) 頁: 1029 - 43   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.2015.87

    PubMed

  59. Expression of membrane complement regulators, CD46, CD55 and CD59, in mesothelial cells of patients on peritoneal dialysis therapy.

    Sei Y, Mizuno M, Suzuki Y, Imai M, Higashide K, Harris CL, Sakata F, Iguchi D, Fujiwara M, Kodera Y, Maruyama S, Matsuo S, Ito Y

    Molecular immunology   65 巻 ( 2 ) 頁: 302 - 9   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2015.02.005

    PubMed

  60. Calcified Amorphous Tumor in the Left Atrium in a Patient on Long-term Peritoneal Dialysis 査読有り

    Tanaka Akihito, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Oshima Hideki, Sakata Fumiko, Ishikawa Hideaki, Tsukushi Saori, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   54 巻 ( 5 ) 頁: 481 - 485   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    A 66-year-old woman with an 11-year history of peritoneal dialysis (PD) for diabetic nephropathy and renal failure exhibited a movable tumor in the left atrium on echocardiography. Tumor resection was performed due to the difficulty in diagnosing the tumor and the future risk of heart failure and embolization. Light microscopy showed a calcified amorphous tumor (CAT), a rare intracardiac mass characterized by the presence of a pedicle and diffuse calcification. An increased calcium-phosphate product level was suspected as an etiology, although degeneration, inflammation and/or mineral balance disorders may also induce the development of CAT. We herein report the first known case of CAT in a PD patient.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.2967

    Web of Science

    PubMed

  61. Calcified amorphous tumor in the left atrium of a patient on long-term peritoneal dialysis.

    Tanaka A., Mizuno M., Suzuki Y., Oshima H., Sakata F., Ishikawa H., Tsukushi S., Ito Y.

    Inten Med   54 巻   頁: 481-485   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.3586.

  62. Smoking is a risk factor for the relapse of anti-neutrophil cytoplasmic antibody (ANCA)-associated vasculitis.

    Yamaguchi M., Ando M., Kato S., Katsuno T., Kato N., Kosugi T., Sato W., Tsuboi N., Yasuda Y., Mizuno M., Ito Y., Matsuo S., Maruyama S

    J Rheumatology     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Vasuclar endothelial growth factor receptor-3 is a novel target to improve net ultrafiltration in methylglyoxal-induced peritoneal injury.

    Terabayashi T, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Kinashi H, Sakata F, Tomita T, Iguchi D, Tawada M, Nishio R, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Takei Y.

    Lab Invest     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. The efficacy of tolvaptan as a diuretic for chronic kidney disease patients. 査読有り

    Tanaka A., Katsuno T., Ozaki T., Sakata F., Kato N., Suzuki Y., Kosugi T., Kato S., Tsuboi N., Sato W., Yasuda Y., Mizuno M., Ito Y., Matsuo S., Maruyama S.

      70 巻   頁: 217-223   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: N/A

  65. Successful treatment of Cryptococcus laurentii peritonitis in a patient on peritoneal dialysis.

    Asano M, Mizutani M, Nagahara Y, Inagaki K, Kariya T, Masamoto D, Urai M, Kaneko Y, Ohno H, Miyazaki Y, Mizuno M, Ito Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   54 巻 ( 8 ) 頁: 941 - 4   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    A 32-year-old man on peritoneal dialysis (PD) was hospitalized for seven days due to fever. A diagnosis of yeast-like fungal peritonitis was made by Gram staining. The patient was started on intravenous micafungin and oral fluconazole therapy following removal of the PD catheter. A fungal pathogen was isolated from the peritoneal fluid and identified as <i>Cryptococcus</i> species. Based on antifungal susceptibility testing, the treatment was changed to voriconazole and continued for 3 months. A genetic analysis identified the isolate as <i>Cryptococcus laurentii</i> (<i>C. laurentii</i>). This patient was diagnosed with <i>C. laurentii</i> PD-related peritonitis and was successfully treated with voriconazole and removal of the PD catheter.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.3586

    PubMed

  66. 透析導入時の薬剤選択に苦慮した急性間欠性ポルフィリン症の1例

    小島 圭太郎, 水野 正司, 服部 愼一, 蓑島 謙一, 山羽 正義, 堀江 正宣

    日本透析医学会雑誌   48 巻 ( 7 ) 頁: 437 - 441   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    症例は45歳, 女性. 1987年に急性間欠性ポルフィリン症と診断された. 慢性腎不全のため2008年12月当院へ紹介. 翌年4月慢性腎不全が増悪し, 透析導入準備のため入院となった. ポルフィリン症は, 禁忌薬剤の使用により代謝障害を誘導し発症および増悪する. このため, 透析導入時には薬剤選択に注意する必要がある. 2009年6月透析導入基準を満たしたため, 薬剤の安全性を十分配慮した上で, アムロジピンおよびエポエチンベータの使用を開始し血液透析を導入した. その後, 上記薬剤使用下で維持血液透析を施行しているが特別な異常を認めていない. 新しく使用が可能であった薬剤について報告した.

    DOI: 10.4009/jsdt.48.437

  67. Patient Age and the Prognosis of Idiopathic Membranous Nephropathy

    Yamaguchi Makoto, Ando Masahiko, Yamamoto Ryohei, Akiyama Shinichi, Kato Sawako, Katsuno Takayuki, Kosugi Tomoki, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Yasuda Yoshinari, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Matsuo Seiichi, Maruyama Shoichi

    PLOS ONE   9 巻 ( 10 ) 頁: e110376   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110376

    Web of Science

    PubMed

  68. Smoking Is a Risk Factor for the Progression of Idiopathic Membranous Nephropathy

    Yamaguchi Makoto, Ando Masahiko, Yamamoto Ryohei, Akiyama Shinichi, Kato Sawako, Katsuno Takayuki, Kosugi Tomoki, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Yasuda Yoshinari, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Matsuo Seiichi, Maruyama Shoichi

    PLOS ONE   9 巻 ( 6 ) 頁: e100835   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0100835

    Web of Science

    PubMed

  69. Long-term effects of spironolactone in peritoneal dialysis patients.

    Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Tamai H, Hiramatsu T, Ohashi H, Ito I, Kasuga H, Horie M, Maruyama S, Yuzawa Y, Matsubara T, Matsuo S, Nagoya Spiro Study Group.

    Journal of the American Society of Nephrology : JASN   25 巻 ( 5 ) 頁: 1094 - 102   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2013030273

    PubMed

  70. Rat adipose tissue-derived stem cells attenuate peritoneal injuries in rat zymosan-induced peritonitis accompanied by complement activation

    Kim Hangsoo, Mizuno Masashi, Furuhashi Kazuhiro, Katsuno Takayuki, Ozaki Takenori, Yasuda Kaoru, Tsuboi Naotake, Sato Waichi, Suzuki Yasuhiro, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko, Maruyama Shoichi

    CYTOTHERAPY   16 巻 ( 3 ) 頁: 357 - 368   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcyt.2013.10.011

    Web of Science

    PubMed

  71. Future Expectations of Diagnostic Approaches for Treating Endogenous Peritonitis in Patients on Peritoneal Dialysis. 招待有り 査読有り

    Mizuno M., Suzuki Y., Ito Y.

    Internal Medicine     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  72. Rat adipose tissue-derived stromal cells attenuate peritoneal injuries in rat zymosan-induced peritonitis accompanied by complement activation. 査読有り

    Kim H., Mizuno M., Furuhashi K., Katsuno T., Ozaki T., Yasuda K., Tsuboi N., Sato W., Suzuki Y., Matsuo S., Ito Y., Maruyama S.

    Cytotherapy     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Long-term effects of spironolactone in peritoneal dialysis patients. 査読有り

    Ito Y., Mizuno M., Suzuki Y., Tamai G., Hiramatsu T.,Ohashi H., Ito I., Kasuga H., Horie M., Maruyama S., Yuzawa Y., Matsubara T., Matsuo S, Nagoya Spiro Study Group.

    J Am Soc Nephrol     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Smoking is a risk factor for the progression of idiopathic membranous nephropathy. 査読有り

    Yamaguchi M., Ando M., Yamamoto R., Akiyama S., Kato S., Katsuno T., Kosugi T., Sato W., Tsuboi N., Yasuda Y., Mizuno M., Ito Y., Matsuo S., Maruyama S.

    PloS One   9 巻 ( 6 ) 頁: e100835   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Patient age and the prognosis of idiopathic membrane nephropathy. 査読有り

    Yamaguchi M., Ando M., Yamamoto R., Akiyama S., Kato S., Katsuno T., Kosugi T., Sato W., Tsuboi N., Yasuda Y., Mizuno M., Ito Y., Matsuo S., Maruyama S.

    ProsOne   9 巻 ( 10 ) 頁: e110376   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Future Expectations of Diagnostic Approaches for Treating Endogenous Peritonitis in Patients on Peritoneal Dialysis Reply 招待有り 査読有り 国際誌

    Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   53 巻 ( 6 ) 頁: 647 - 647   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.53.1827

    Web of Science

    PubMed

  77. Anti-C5a complementary peptide ameliorates acute peritoneal injury induced by neutralization of Crry and CD59.

    Mizuno T, Mizuno M, Imai M, Suzuki Y, Kushida M, Noda Y, Maruyama S, Okada H, Okada N, Matsuo S, Ito Y

    American journal of physiology. Renal physiology   305 巻 ( 11 ) 頁: F1603 - 16   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00681.2012

    PubMed

  78. TGF-β1 promotes lymphangiogenesis during peritoneal fibrosis.

    Kinashi H, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Terabayashi T, Nagura F, Hattori R, Matsukawa Y, Mizuno T, Noda Y, Nishimura H, Nishio R, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Takei Y

    Journal of the American Society of Nephrology : JASN   24 巻 ( 10 ) 頁: 1627 - 42   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2012030226

    PubMed

  79. Clostridium perfringensによるCAPD関連腹膜炎と悪性中皮腫の関連が示唆された1剖検例

    浅野 麻里奈, 稲垣 浩司, 狩谷 哲芳, 浅野 周一, 政本 大二郎, 水谷 真, 高橋 洋平, 水野 正司, 伊藤 恭彦

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   46 巻 ( 9 ) 頁: 949 - 954   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    症例は74歳,男性.腎硬化症による慢性腎不全にて2007年に腹膜透析(CAPD)導入.2010年6月,7月,11月にCAPD関連腹膜炎のため入院,抗菌治療で改善した.2011年1月に再度CAPD関連腹膜炎のため入院.CTにて,脾上極の腫瘤と腹腔内に多発する結節を認めた.悪性腫瘍が疑われたが,全身状態不良のため精査は行わず,腹膜炎改善後は経過観察となった.2011年3月某日,再度CAPD腹膜炎のため入院したが,急激に循環動態が悪化し,同日永眠された.後日,排液から<I>Clostridium perfringens</I>と<I>Streptococcus mitis</I>が培養され,また,病理解剖の結果,腹腔内多発結節は悪性中皮腫の腹膜播種と判明した.CAPD関連腹膜炎が死因となったが,悪性中皮腫とCAPD関連腹膜炎との関連が疑われた非常にまれな症例であったため報告する.

    DOI: 10.4009/jsdt.46.949

  80. Low serum cultured adipose tissue-derived stromal cells ameliorate acute kidney injury in rats. 査読有り

    Katsuno T., Osaki T., Saka Y., Furuhashi K., Kim H., Yasuda K., Yamamoto T., Sato W., Tsuboi N., Mizuno M., Ito Y., Imai E., Matsuo S., Maruyama S.

    Cell Transplant   22 巻 ( 2 ) 頁: 287-297   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Clostridium perfringensによるCAPD関連腹膜炎と悪性中皮腫の関連が示唆された1剖検例. 査読有り

    1. 浅野麻里奈、稲垣浩司、狩谷哲芳、浅野周一、政本大二郎、水谷真、高橋洋平、水野正司、伊藤恭彦

    日本透析医学会雑誌   46 巻 ( 9 ) 頁: 949-954   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. TGF-β1 promotes lymphangiogenesis during peritoneal fibrosis. 査読有り

    Kinashi H, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Terabayashi T, Nagura F, Hattori R, Matsukawa Y, Mizuno T, Noda Y, Nishimura H, Nishio R, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Takei Y.

    Journal of American Society of Nephrology   24 巻 ( 10 ) 頁: 1627-1642   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Perforative peritonitis caused by appendicitis in a patient on peritoneal dialysis. 査読有り

    Mizuno M, Suzuki Y, Nonaka K, Sei Y, Maruyama S, Matsuo S, Ito Y.

    Internal Medicine   52 巻 ( 11 ) 頁: 1177-1181   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Low Serum Cultured Adipose Tissue-Derived Stromal Cells Ameliorate Acute Kidney Injury in Rats

    Katsuno Takayuki, Ozaki Takenori, Saka Yosuke, Furuhashi Kazuhiro, Kim Hangsoo, Yasuda Kaoru, Yamamoto Tokunori, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Imai Enyu, Matsuo Seiichi, Maruyama Shoichi

    CELL TRANSPLANTATION   22 巻 ( 2 ) 頁: 287 - 297   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/096368912X655019

    Web of Science

    PubMed

  85. Perforative Peritonitis caused by Appendicitis in a Patient on Peritoneal Dialysis

    Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Nonaka Keisuke, Sei Yumi, Maruyama Shoichi, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   52 巻 ( 11 ) 頁: 1177 - 1181   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    A 46-year-old man on peritoneal dialysis (PD) was hospitalized due to suspicious PD-related peritonitis. Because the patient's abdominal pain was unimproved by conventional antibiotics and multiple bacteria were identified in a smear-sample of PD fluid, endogenous peritonitis was suspected. Perforated appendicitis was finally diagnosed under exploratory laparotomy. In this patient, perforated appendicitis was difficult to diagnose due to the attenuated clinical symptoms and inconclusive results of abdominal computed tomography (CT), even though the positive predictive value of CT is >95% in non-PD patients. Quickly deciding to perform exploratory laparotomy in patients suspected of having endogenous peritonitis is thus important, even when the origin has not been clarified.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.52.9196

    Web of Science

    PubMed

  86. Guideline for hereditary angioedema (HAE) 2010 by the Japanese Association for Complement Research - secondary publication. 招待有り 査読有り 国際誌

    Horiuchi T, Ohi H, Ohsawa I, Fujita T, Matsushita M, Okada N, Seya T, Yamamoto T, Endo Y, Hatanaka M, Wakamiya N, Mizuno M, Nakao M, Okada H, Tsukamoto H, Matsumoto M, Inoue N, Nonaka M, Kinoshita T, Japanese Association for Complement Research.

    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   61 巻 ( 4 ) 頁: 559 - 62   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本アレルギー学会  

    This guideline was provided by the Japanese Association for Complement Research targeting clinicians for making an accurate diagnosis of hereditary angioedema (HAE), and for prompt treatment of the HAE patient in Japan. This is a 2010 year version and will be updated according to any pertinent medical advancements.<br>

    DOI: 10.2332/allergolint.12-RAI-0471

    PubMed

  87. Rat adipose tissue-derived stromal cells in a low serum medium attenuate peritoneal injuries in rat zymosan-induced peritonitis

    Kim Hangsoo, Mizuno Masashi, Furuhashi Kazuhiro, Katsuno Takayuki, Ozaki Takenori, Yasuda Kaoru, Tsuboi Naotake, Imai Enyu, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko, Maruyama Shoichi

    IMMUNOBIOLOGY   217 巻 ( 11 ) 頁: 1197 - 1197   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.imbio.2012.08.194

    Web of Science

  88. Short-term Administration of Diclofenac Sodium Affects Renal Function After Laparoscopic Radical Nephrectomy in Elderly Patients

    Mizuno Tomohiro, Ito Kazuma, Miyagawa Yasuhiro, Ishikawa Kazuhiro, Suzuki Yasuhiro, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Funahashi Yasuhito, Hattori Ryohei, Gotoh Momokazu, Yamada Kiyofumi, Noda Yukihiro

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   42 巻 ( 11 ) 頁: 1073 - 1078   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hys145

    Web of Science

    PubMed

  89. A rare case of acute kidney injury associated with autoimmune hemolytic anemia and thrombocytopenia after long-term usage of oxaliplatin

    ITO Isao, ITO Yasuhiko, MIZUNO Masashi, SUZUKI Yasuhiro, YASUDA Kaoru, OZAKI Takenori, KOSUGI Tomoki, YASUDA Yoshinari, SATO Waichi, TSUBOI Naotake, MARUYAMA Shoichi, IMAI Enyu, MATSUO Seiichi

    Clinical and experimental nephrology   16 巻 ( 3 ) 頁: 490 - 494   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. A rare case of acute kidney injury associated with autoimmune hemolytic anemia and thrombocytopenia after long-term usage of oxaliplatin

    Ito Isao, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Yasuda Kaoru, Ozaki Takenori, Kosugi Tomoki, Yasuda Yoshinari, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi, Imai Enyu, Matsuo Seiichi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   16 巻 ( 3 ) 頁: 490 - 494   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-012-0620-8

    Web of Science

    PubMed

  91. Asymptomatic diverticulosis identified by computed tomography is not a risk factor for enteric peritonitis

    Toda Susumu, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Ito Isao, Hiramatsu Hideki, Ozaki Takenori, Tsuboi Naotake, Sato Waichi, Maruyama Shoichi, Imai Enyu, Matsuo Seiichi

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   27 巻 ( 6 ) 頁: 2511 - 2516   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfr685

    Web of Science

    PubMed

  92. Transforming growth factor-β induces vascular endothelial growth factor-C expression leading to lymphangiogenesis in rat unilateral ureteral obstruction.

    Suzuki Y, Ito Y, Mizuno M, Kinashi H, Sawai A, Noda Y, Mizuno T, Shimizu H, Fujita Y, Matsui K, Maruyama S, Imai E, Matsuo S, Takei Y

    Kidney international   81 巻 ( 9 ) 頁: 865 - 79   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ki.2011.464

    PubMed

  93. 遺伝子組換えヒトエリスロポエチンによる赤血球造血刺激因子製剤療法低反応性腹膜透析患者の持続型赤血球造血刺激因子製剤 Darbepoetin Alfa 投与の効果

    平松 英樹, 林 裕樹, 水野 正司, 鈴木 康弘, 戸田 晋, 伊藤 功, 丸山 彰一, 伊藤 恭彦, 松尾 清一

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   45 巻 ( 3 ) 頁: 247 - 253   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    腹膜透析(peritoneal dialysis:PD)患者において遺伝子組換えヒトエリスロポエチン(recombinant human erythropoietin:rHuEPO)投与量は,最大24,000単位/月(12,000単位/2週または6,000単位/週)であるが,十分な貧血改善効果が得られない症例もみられる.われわれは,当院PD患者46名を対象とし,rHuEPOによりヘモグロビン値(Hb値)が,10g/dL以上に到達できなかった赤血球造血刺激因子製剤(erythropoiesis stimulation agent:ESA)療法低反応性PD患者8名について,Darbepoetin Alfa(DA)投与の効果を検討しDA投与が必要であった患者群(DA群)は,DA非投与の患者群と比べると腹膜透析歴が有意に長期であった.また,DA群で残腎機能は有意に低下しており,中分子量物質除去の指標であるβ<SUB>2</SUB>-ミクログロブリン値(β<SUB>2</SUB>-MG)は高値であった.また,炎症の指標であるCRP値は,DA群で有意に高値であった.両群のフェリチン値に差はなかった.DA群では,rHuEPO投与からDAへ変更したことにより,投与開始時のHb値9.1&plusmn;0.8g/dL(平均&plusmn;標準偏差)から投与18週後にHb値11.0&plusmn;0.8g/dLへ有意に改善し,また,長期投与により全例が目標Hb値の11g/dL以上となった.なお,DA投与量は,投与開始時67.5&plusmn;19.8μg/回/2週から100&plusmn;18.5μg/回/2週(投与18週)への増量が必要であった.rHuEPOで十分な貧血改善が得られないESA療法低反応性PD患者においても高用量のDA投与により,Hb値の改善が全例可能であったことより,当院のESA低反応症例は,ESA投与量の絶対量不足が原因と考えられた.

    DOI: 10.4009/jsdt.45.247

  94. Atrial natriuretic peptide ameliorates peritoneal fibrosis in rat peritonitis model 査読有り

    Kato Hiroshi, Mizuno Tomohiro, Mizuno Masashi, Sawai Akiho, Suzuki Yasuhiro, Kinashi Hiroshi, Nagura Fumiko, Maruyama Shoichi, Noda Yukihiro, Yamada Kiyofumi, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   27 巻 ( 2 ) 頁: 526 - 536   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfr302

    Web of Science

    PubMed

  95. Aliskiren-induced chyloperotoneum in a patient on peritoneal dialysis. et al. A case report. 査読有り

    Saka Y, Tachi H, Sakurai H, Tawada M, Sawai A, Shimamura Y, Mizuno M, Maruyama S, Matsuo S, Ito Y.

    Perit Dial Int   32 巻   頁: 111-113   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Asymptomatic diverticulosis identified by computed tomography is not a risk factor for enteric peritonitis. 査読有り

    Toda S., Ito Y., Mizuno M., Suzuki Y., Ito I., Hiramatsu H., Ozaki T., Tsuboi N., Sato W., Maruyama S., Imai E., Matsuo S.

    Nephrol Dial Tranplant   27 巻   頁: 2511-2516   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Atrial natriuretic peptide ameliorates peritoneal fibrosis in a rat peritonitis model. 査読有り

    Kato H., Mizuno T., Mizuno M., Sawai A., Suzuki Y., Kinashi H., Nagura F., Maruyama S., Noda Y., Yamada K., Matsuo S., Ito Y.

    Nephrol. Dial. Transplant.   27 巻   頁: 526-536   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Renal impairment after laparoscopic radical nephrectomy affects hypoglycemic therapy. 査読有り

    Mizuno T., Ito K., Miyagawa Y., Kimura K., Suzuki K., Mizuno M., Ito Y., Funabashi Y., Hattori R., Gotoh M., Noda Y., Yamada K.

    J. Clin Pharm Therapy   37 巻   頁: 49-52   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Guideline for hereditary angioedema (HAE) 2010 by the Japanese association for complement research. 招待有り 査読有り

    Horiuchi T., Ohi H., Ohsawa I., Fujita T., Matsushita M., Okada N., Seya T., Yamamoto T., Endo Y., Hatanaka M., Wakamiya N., Mizuno M., Nakao M., Okada H., Tsukamoto H., Matsumoto M., Inoue N., Nonaka M., Kinoshita T.

    Allergol Int   61 巻 ( 4 ) 頁: 559-562   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Short-term administration of diclofenac sodium affects renal function after laparoscopic radical nephrectomu in elderly patients. 査読有り

    Mizuno T., Ito K., Miyagawa Y., Ishikawa K., Suzuki Y., Mizuno M., Ito Y., Funabashi Y., Hattori R., Gotoh M., Yamada K., Noda Y.

    Jpn J Clin Oncol   42 巻 ( 11 ) 頁: 1073-1078   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Exploiting the nephrotoxic effects of venom from the sea anemone, Phyllodiscus semoni, to create a hemolytic uremic syndrome model in the rat. 招待有り 査読有り

    Mizuno M., Ito Y, Morgan BP.

    Marine Drugs   10 巻   頁: 1582-1604   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Combined values of serum albumin, C-reactive protein and body mass index at dialysis initiation accurately predicts log-term mortality. 査読有り

    Takahashi R., Ito Y., Takahashi H., Ishii H., Kasuga H., Mizuno M., Suzuki Y., Yuzawa Y., Maruyama S., Murohara T., Imai E., Matsuo S.

    Am J Nephrol   36 巻   頁: 136-143   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. A rare case of acute kidney injury associated with autoimmune hemolytic anemia and thrombocytopenia after long-term usage of oxaliplatin. 査読有り

    Ito I., Ito Y., Mizuno M., Suzuki Y., Yasuda K., Ozaki T., Kosugi T., Yasuda Y., Sato Y., Tsuboi N., Maruyama S., Imai E., Matsuo S.

    Clin Exp Nephrol   16 巻   頁: 490-494   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Membrane complement regulators protect against fibrin exudation in a severe peritoneal inflammation model in rats. 査読有り

    Mizuno M., Ito Y., Mizuno T., Suzuki Y., Harris CL., Okada N, Matsuo S, Morgan BP.

    Am J Physil Renal Physiol   302 巻   頁: F1245-F1251   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Transforming growth factor-β induces vascular endothelial growth factor-C expression leading to lymphangiogenesis in rat unilateral ureteral obstruction. 査読有り

    Suzuki Y., Ito Y., Mizuno M., Kinashi H., Sawai A., Noda Y., Mizuno T., Shimizu H., Fujita Y., Matsui K., Maruyama S., Imai E., Matsuo S., Takei Y.

    Kidney Int.   81 巻   頁: 865-879   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. 遺伝子組換えヒトエリスロポエチンによる赤血球造血刺激因子製剤療法低反応性腹膜透析患者の持続型赤血球層血刺激因子製剤Darbepoetin Alfa投与の効果 査読有り

    平松英樹、林祐樹、水野正司、鈴木康弘、戸田晋、伊藤功、丸山彰一、伊藤恭彦、松尾清一

    日本透析医学会会誌   45 巻   頁: 247-253   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. 腹膜組織における補体活性化の観点からみた、現在の透析液の問題

    水野正司、伊藤恭彦、鈴木康弘、松尾清一

    腎と透析 2012 (腎と透析 別冊)   73 巻   頁: 109-110   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  108. 各論2 腹膜透析ガイドライン, 3. 腹膜炎管理 ISPDガイドラインを本邦の実地臨床にいかに活用するか?本邦のガイドラインをいかにすべきか? 招待有り

    伊藤恭彦、水野正司、鈴木康弘、清祐実、平松英樹、松尾清一

    臨床透析   28 巻   頁: 856-864   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  109. 至摘透析・体液管理, 腹膜透析における小・中・大分子量物質除去と腹膜機能の関連性

    5. 平松英樹、伊藤恭彦、水野正司、鈴木康弘、戸田晋、坪井直毅、伊藤功、佐藤和一、丸山彰一、今井圓裕、林裕樹、松尾清一

    腎と透析 2012 (腎と透析 別冊)   73 巻   頁: 235-236   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  110. IV. 課題と対策(2)腹膜炎 - 名古屋大学関連施設レジストリーからみたPD腹膜炎の問題点. 招待有り

    伊藤恭彦、水野正司、鈴木康弘、他

    臨床と透析   28 巻   頁: 571-577   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  111. Aliskiren-Induced Chyloperitoneum in a Patient on Peritoneal Dialysis 査読有り 国際誌

    Saka Y., Tachi H., Sakurai H., Tawada M., Sawai A., Shimamura Y., Mizuno M., Maruyama S., Matsuo S., Ito Y.

    PERITONEAL DIALYSIS INTERNATIONAL   32 巻 ( 1 ) 頁: 111 - U123   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3747/pdi.2011.00049

    Web of Science

  112. Combined values of serum albumin, C-reactive protein and body mass index at dialysis initiation accurately predicts long-term mortality.

    Takahashi R, Ito Y, Takahashi H, Ishii H, Kasuga H, Mizuno M, Suzuki Y, Yuzawa Y, Maruyama S, Murohara T, Imai E, Matsuo S

    American journal of nephrology   36 巻 ( 2 ) 頁: 136 - 43   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000339940

    PubMed

  113. A case of perforative peritonitis caused by a piece of bamboo in a patient on peritoneal dialysis

    SUZUKI Yasuhiro, MIZUNO Masashi, NAKASHIMA Ryoko, HIRAMATSU Hideki, TODA Susumu, SATO Waichi, TSUBOI Naotake, ITO Isao, MARUYAMA Shoichi, IMAI Enyu, MATSUO Seiichi, ITO Yasuhiko

    Clinical and experimental nephrology   15 巻 ( 6 ) 頁: 962 - 965   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. A case of perforative peritonitis caused by a piece of bamboo in a patient on peritoneal dialysis

    Suzuki Yasuhiro, Mizuno Masashi, Nakashima Ryoko, Hiramatsu Hideki, Toda Susumu, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Ito Isao, Maruyama Shoichi, Imai Enyu, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   15 巻 ( 6 ) 頁: 962 - 965   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-011-0529-7

    Web of Science

    PubMed

  115. 残腎機能を有する腹膜透析患者に対するシナカルセト投与時のMg, K代謝に及ぼす影響

    柴田 佳菜子, 伊藤 恭彦, 水野 正司, 鈴木 康弘, 平松 英樹, 伊藤 功, 戸田 晋, 丸山 彰一, 松尾 清一

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   44 巻 ( 10 ) 頁: 1007 - 1013   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    二次性副甲状腺機能亢進症(2°HPT)の治療薬であるシナカルセトは副甲状腺のカルシウムセンシングレセプター(CaSR)に結合することにより,副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌を抑制する.CaSRは副甲状腺のみならず,腎臓や骨,脳など全身に発現している.腎臓では,ヘンレループの上行脚や集合管に発現しているため,CaSRを介したマグネシウム(Mg),カリウム(K)代謝への影響が考えられる.腹膜透析(PD)は残腎機能保持が特徴であり,尿量が維持されているPD患者は多い.今回,残腎機能を有するPD患者へのシナカルセト投与の有用性,およびMg,K代謝を含めた安全性を検討した.残腎機能を有するPD患者6名を対象として,シナカルセト投与前と投与2か月後のintact PTH(iPTH),血清Ca値,血清P値,血清Mg値,血清K値,およびそれぞれの尿中排泄量の変化を検討した.また,腎機能の評価とシナカルセト服用中の有害事象,併用薬の調査を行った.シナカルセト投与により,血清iPTH値,血清P値,尿中P排泄量が有意に低下した.iPTHは中央値427.2(Interquatile range;IQR:351.2~1,313.3)pg/mLから中央値234.4(IQR:86.0~721.3)pg/mLに有意に減少した.一方,血清Ca値,血清Mg値,血清K値,Ca,Mg,Kの尿中排泄量には著明な変化はみられなかった.治療前後の血清Mg値,血清K値の中央値はそれぞれ2.2(IQR:1.9~2.3)mg/dLから2.0(IQR:1.8~2.5)mg/dL,4.5(IQR:4.4~5.2)mEq/Lから4.6(IQR:4.2~4.8)mEq/Lで,いずれも基準値内で有意な変化を示さなかった.シナカルセト投与による血清Mg,K濃度への影響は認められず,残腎機能を有するPD患者に対しても安全に使用できることが示唆された.

    DOI: 10.4009/jsdt.44.1007

  116. Peritonitis is still an important factor for withdrawal from peritoneal dialysis therapy in the Tokai area of Japan

    MIZUNO Masashi, ITO Yasuhiko, TANAKA Akio, SUZUKI Yasuhiro, HIRAMATSU Hideki, WATANABE Midoriko, TSURUTA Yoshikazu, MATSUOKA Teppei, ITO Isao, TAMAI Hiroshi, KASUGA Hirotake, SHIMIZU Hideaki, KURATA Hisashi, INAGUMA Daijo, HIRAMATSU Takeyuki, HORIE Masanobu, NARUSE Tomohiko, MARUYAMA Shoichi, IMAI Enyu, YUZAWA Yukio, MATSUO Seiichi

    Clinical and experimental nephrology   15 巻 ( 5 ) 頁: 727 - 737   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Peritonitis is still an important factor for withdrawal from peritoneal dialysis therapy in the Tokai area of Japan.

    Mizuno M, Ito Y, Tanaka A, Suzuki Y, Hiramatsu H, Watanabe M, Tsuruta Y, Matsuoka T, Ito I, Tamai H, Kasuga H, Shimizu H, Kurata H, Inaguma D, Hiramatsu T, Horie M, Naruse T, Maruyama S, Imai E, Yuzawa Y, Matsuo S

    Clinical and experimental nephrology   15 巻 ( 5 ) 頁: 727 - 737   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-011-0471-8

    PubMed

  118. Peritoneal macrophage infiltration is correlated with baseline peritoneal solute transport rate in peritoneal dialysis patients. 査読有り

    Sawai A, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Toda S, Ito I, Hattori R, Matsukawa Y, Gotoh M, Takei Y, Yuzawa Y, Matsuo S

      26 巻 ( 7 ) 頁: 2322-2332   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Peritoneal macrophage infiltration is correlated with baseline peritoneal solute transport rate in peritoneal dialysis patients

    Sawai Akiho, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Toda Susumu, Ito Isao, Hattori Ryohei, Matsukawa Yoshihisa, Gotoh Momokazu, Takei Yoshifumi, Yuzawa Yukio, Matsuo Seiichi

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   26 巻 ( 7 ) 頁: 2322 - 2332   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfq702

    Web of Science

    PubMed

  120. Specific collaboration between rat membrane complement regulators Crry and CD59 protects peritoneum from damage by autologous complement activation.

    Mizuno T, Mizuno M, Morgan BP, Noda Y, Yamada K, Okada N, Yuzawa Y, Matsuo S, Ito Y

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   26 巻 ( 6 ) 頁: 1821 - 30   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfq683

    PubMed

  121. Lymphangiogenesis develop during tubulo-interstitial fibrosis via TGF-beta VEGF-C pathway in rat unilateral ureteral obstruction. 査読有り

    Suzuki Y, Ito Y, Mizuno M, Sawai A, Kinashi H, Noda Y, Kato H, Shimizu H, Fujita Y, Matsui K, Imai E, Yuzawa Y, Matsuo S, Takei Y.

    Kidney Int   ??? in press 巻   頁: ????????   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Asymptomatic diverticulosis identified by computed tomography is not a risk factor for enteric peritonitis. 査読有り

    Toda S, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Ito I, Hiramatsu H, Ozaki T, Tsuboi N, Sato W, Maruyama S, Imai E, Matsuo S.

    Nephrol Dial Transplant   ?? 巻   頁: ?????? in press   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. A case of perforative peritonitis by a piece of bamboo in a patient on peritoneal dialysis. 査読有り

    Suzuki Y., Mizuno M., Nakashima R., Hiramatsu H., Toda S., Sato W., Tsuboi N., Ito I., Maruyama S., Imai E., Matsuo S., Ito Y.

    Clin Exp Nephrol   15 巻   頁: 962-965   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. A case of acute renal failure caused by cholesterol embolization after carotid artery stenting that was improved by peritoneal dialysis. 査読有り

    Mizuno M., Ito Y., Hayasaki T., Suzuki Y., Hiramatsu H., Toda S., Tatematsu M., Ozaki T., Sato W., Tsuboi N., Ito I., Marumaya S., Imai E., Matsuo S.

    Intern Med   50 巻   頁: 1719-1723   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. A case of fulminant peritonitis caused by Streptococcus mitis in a patient on peritoneal dialysis. 査読有り

    Mizuno M., Ito Y, Masuda T, Toda S, Hiramatsu H, Suzuki Y, Ozaki T, Yasuda Y, Ito I, Tsuboi N, Sato W, Maruyama S, Imai E, Matsuo S.

    Intern Med   50 巻   頁: 471-474   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. A case of acute renal failure caused by cholesterol embolization after carotid artery stenting that was improved by peritoneal dialysis. 査読有り

    Mizuno M., Ito Y., Hayasaki T., Suzuki Y., Hiramatsu H., Toda S., Tatematsu M., Ozaki T., Sato W., Tsuboi N., Ito I., Marumaya S., Imai E., Matsuo S.

    Intern Med   50 巻   頁: 1719-1723   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 腹膜透析にかかわる腹膜組織障害における補体の関与 招待有り

    水野正司、伊藤恭彦、松尾清一

    医学のあゆみ   239 巻   頁: 779-783   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  128. 残腎機能を有する腹膜透析患者に対するシナカルセト投与時のMg、K代謝に及ぼす影響 査読有り

    柴田佳菜子、伊藤恭彦、水野正司、鈴木康弘、平松英樹、伊藤功、戸田晋、丸山彰一、中尾誠、松尾清一

    日本透析医学会会誌   44 巻   頁: 1007-1013   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Case of Fulminant Peritonitis Caused by Streptococcus mitis in a Patient on Peritoneal Dialysis 査読有り 国際誌

    Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Masuda Tomohiro, Toda Susumu, Hiramatsu Hideki, Suzuki Yasuhiro, Ozaki Takenori, Yasuda Yoshinari, Ito Isao, Tsuboi Naotake, Sato Waichi, Maruyama Shoichi, Imai Enyu, Matsuo Seiichi

    INTERNAL MEDICINE   50 巻 ( 5 ) 頁: 471 - 474   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    A 54-year-old woman on peritoneal dialysis (PD) was hospitalized with peritonitis with a high body temperature, abdominal pain and cloudy peritoneal fluid. She progressively fell into septic-like shock within only 6 hours after onset. The causative bacteria were <i>Streptococcus mitis</i> (<i>S. mitis</i>), part of the normal flora of oral cavity, intestine, female genial tract and upper respiratory tract. <i>S. mitis</i> shows pathogenicity for diseases such as endocarditis, brain abscesses and sepsis in children with malignancy or transplantation. However, <i>S. mitis</i> rarely shows severe pathogenic responses in adults. We report herein a case of fulminant peritonitis caused by <i>S. mitis</i> in an adult PD patient.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.50.4122

    Web of Science

    PubMed

  130. A Case of Acute Renal Failure Caused by Cholesterol Embolization after Carotid Artery Stenting that was Improved by Peritoneal Dialysis

    Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Hayasaki Takahiro, Suzuki Yasuhiro, Hiramatsu Hideki, Toda Susumu, Mizuno Tomohiro, Tatematsu Miho, Ozaki Takenori, Yasuda Yoshinari, Sato Waichi, Tsuboi Naotake, Ito Isao, Maruyama Shoichi, Imai Enyu, Matsuo Seiichi

    INTERNAL MEDICINE   50 巻 ( 16 ) 頁: 1719 - 1723   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    A 68-year-old man was admitted with acute renal failure caused by cholesterol embolization after undergoing carotid artery stenting. Hemodialysis therapy (HD) was immediately required because of uremia, using nafamostat mesilate as an anticoagulant for HD. However, blue toes and gangrene of the feet worsened. To prevent use of anticoagulants and stabilize BP, HD was changed to peritoneal dialysis (PD). After starting PD, blue toes and gangrene improved markedly. Residual renal function also partially recovered. Although BP was unstable during HD, stability of BP and avoidance of anticoagulants during PD therapy might have contributed to the good results.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.50.5358

    Web of Science

    PubMed

  131. Pathological changes in chronic eosinophilic peritonitis in peritoneal dialysis patient.

    Yuzawa Y, Ito Y, Mizuno M, Sawai A, Matsuo S

    NDT plus   3 巻 ( 4 ) 頁: 372 - 5   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndtplus/sfq080

    PubMed

  132. [Recent knowledge of complement system and the protective roles]. 招待有り

    Mizuno M, Matsuo S

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68 Suppl 6 巻   頁: 49 - 52   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  133. Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) is increased in peritoneal dialysis patients with high peritoneal solute transport rate.

    Mizutani M, Ito Y, Mizuno M, Nishimura H, Suzuki Y, Hattori R, Matsukawa Y, Imai M, Oliver N, Goldschmeding R, Aten J, Krediet RT, Yuzawa Y, Matsuo S

    American journal of physiology. Renal physiology   298 巻 ( 3 ) 頁: F721 - 33   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00368.2009

    PubMed

  134. Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) is increased in peritoneal dialysis patients with high peritoneal solute transport rate. 査読有り

    Mizutani M, Ito Y, Mizuno M, Nishimura H, Suzuki Y, Hattori R, Matsukawa Y, Imai M, Oliver N, Goldschmeding R, Aten J, Krediet RT, Yuzawa Y, Matsuo S.

    Am J Physiol Renal Physiol   298 巻 ( F721-F733 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. IX. 免疫学的検査 C. 補体および関連物質, 概論:補体系の機能と生体防御に果たす役割 招待有り

    水野正司、松尾清一

    日本臨床   68 巻   頁: 49-52   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  136. Acute kidney injury presenting a feature of leukemic infiltration during therapy for chronic myelogenous leukemia. 査読有り

    Yuzawa Y, Sato W, Masuda T, Hamada Y, Tatematsu M, Yasuda Y, Ozaki T, Ito I, Mizuno M, Maruyama S, Ito Y, Matsuo S.

    Intern Med   49 巻   頁: 1139-1142   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. 名大腎不全システム研究会レジストリによる東海地区13施設の3年間(2005~2007)解析から得た、現在の腹膜透析療法の傾向と問題点

    2. 水野正司、伊藤恭彦、田中章郎、平松英樹、渡辺緑子、稲熊大城、戸田晋、檀原敦、玉井宏史、倉田久嗣、春日弘毅、志水英明、松岡哲平、鶴田吉和、堀江正宣、成瀬友彦、平松武幸、伊藤功、丸山彰一、湯澤由紀夫、松尾清一

    腎と透析 2010 (腎と透析 別冊)   69 巻   頁: 638-640   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  138. 基礎カンファレンス 腹膜線維化に関する基礎研究の進歩, 腹膜線維症・機能不全と成長因子 特にTGF-β/CTGF/VEGFからの検討

    3. 伊藤恭彦、水野正司、水谷真、西村勇人、鈴木康弘、澤井晶穂、鬼無洋、湯澤由紀夫、松尾清一

    腎と透析 2010(腎と透析 別冊)   69 巻   頁: 128-131   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  139. Acute Kidney Injury Presenting a Feature of Leukemic Infiltration during Therapy for Chronic Myelogenous Leukemia

    Yuzawa Yukio, Sato Waichi, Masuda Tomohiro, Hamada Yuzuru, Tatematsu Miho, Yasuda Yoshinari, Ozaki Takenori, Ito Isao, Mizuno Masashi, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko, Matsuo Seiichi

    INTERNAL MEDICINE   49 巻 ( 12 ) 頁: 1139 - 1142   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    Chronic myelogenous leukemia (CML) is a myeloproliferative disease that originates in abnormal pluripotent bone marrow stem cells and it is consistently associated with the Philadelphia chromosome and/or BCR/ ABL fusion gene. Renal infiltration of leukemic cells is relatively rare in CML and is associated with renal impairment. We describe a patient who developed acute renal failure by tubulointerstitial nephropathy during treatment with imatinib mesylate for CML. The acute kidney injury was subsequently found to be due to direct leukemic infiltration. Treatment with hydroxycarbamide and prednisolone resulted in stabilization of the renal function for approximately 4 months. Leukemic infiltration into the kidney should always be considered when a patient with CML presents with renal impairment, regardless of the clinical stage, as the renal failure often responds well to chemotherapy.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.48.2747

    Web of Science

    PubMed

  140. Tissue-type plasminogen activator deficiency attenuates peritoneal fibrosis in mice

    Kurata Kei, Maruyama Shoichi, Kato Sawako, Sato Waichi, Yamamoto Jun-ichiro, Ozaki Takenori, Nitta Atsumi, Nabeshima Toshitaka, Morita Yoshiki, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Yuzawa Yukio, Matsuo Seiichi

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY   297 巻 ( 6 ) 頁: F1510 - F1517   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.90330.2008

    Web of Science

    PubMed

  141. Zymosan, but not lipopolysaccharide, triggers severe and progressive peritoneal injury accompanied by complement activation in a rat peritonitis model.

    Mizuno M, Ito Y, Hepburn N, Mizuno T, Noda Y, Yuzawa Y, Harris CL, Morgan BP, Matsuo S

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   183 巻 ( 2 ) 頁: 1403 - 12   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4049/jimmunol.0804245

    PubMed

  142. Lymphatic vessels develop during tubulointerstitial fibrosis

    Sakamoto Izumi, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Sawai Akiho, Tanaka Akio, Maruyama Shoichi, Takei Yoshifumi, Yuzawa Yukio, Matsuo Seiichi

    KIDNEY INTERNATIONAL   75 巻 ( 8 ) 頁: 828 - 838   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ki.2008.661

    Web of Science

    PubMed

  143. Lymphatic vessels develop during tubulointerstitial fibrosis. 査読有り

    Sakamoto I, Ito Y, Mizuno M, Suzuki Y, Sawai A, Tanaka A, Maruyama S, Takei Y, Yuzawa Y, Matsuo S.

    Kidney Int   75 巻   頁: 828-838   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Tissue-type plasminogen activator deficiency attenuates peritoneal fibrosis in mice. 査読有り

    Kurata K, Maruyama S, Kato S, Sato W, Yamamoto J, Ozaki T, Nitta A, Nabeshima T, Morita Y, Mizuno M, Ito Y, Yuzawa Y, Matsuo S.

    Am J Physiol Renal Physiol   297 巻 ( F1510-1517 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. The role of membrane complement regulators in the normal peritoneal cavity

    Mizuno Tomohiro, Mizuno Masashi, Ito Yasuhiko, Matsuo Seiiti, Noda Yukihiro

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   109 巻   頁: 59P - 59P   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  146. Mineralocorticoid receptor blockade ameliorates peritoneal fibrosis in new rat peritonitis model

    Nishimura Hayato, Ito Yasuhiko, Mizuno Masashi, Tanaka Akio, Morita Yoshiki, Maruyama Shoichi, Yuzawa Yukio, Matsuo Seiichi

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY   294 巻 ( 5 ) 頁: F1084 - F1093   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00565.2007

    Web of Science

    PubMed

  147. The mouse complement regulator CD59b is significantly expressed only in testis and plays roles in sperm acrosome activation and motility. 査読有り

    Donev RM., Sivasankar B., Mizuno M., Morgan BP.

    Mol. Immunol.   45 巻   頁: 534-542   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. The mouse complement regulator CD59b is significantly expressed only in testis and plays roles in sperm acrosome activation and motility.

    Donev RM, Sivasankar B, Mizuno M, Morgan BP

    Molecular immunology   45 巻 ( 2 ) 頁: 534 - 42   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2007.05.011

    PubMed

  149. Mineralocorticoid receptor blockade ameliorates peritoneal fibrosis in new rat peritonitis model. 査読有り

    Nishimura H, Ito Y, Mizuno M, Tanaka A, Morita Y, Maruyama S, Yuzawa Y, Matsuo S.

    Am J Physiol Renal Physiol   294 巻   頁: F1084-F1093   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. 『特集 アシドーシスとアルカローシス』 代謝性酸塩基平衡異常における治療の基本とその方法 招待有り

    伊藤恭彦、水野正司

    薬局   59 巻   頁: 42-47   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  151. 本邦のCAPD療法の現況 – CAPD療法に対する取り組み 大学・教育病院の役割 招待有り

    伊藤恭彦、水野正司、丸山彰一、湯澤 由紀夫、松尾清一

    臨床透析   24 巻   頁: 205-210   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  152. A protein toxin from the sea anemone Phyllodiscus semoni targets the kidney and causes a renal injury resembling haemolytic uremic syndrome. 査読有り

    Mizuno M., Nozaki M., Morine N., Suzuki N., Nishikawa K., Morgan BP., Matsuo S.

    Am. J. Pathol.   171 巻   頁: 402-414   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Envenomation by the sea anemone Phyllodiscus semoni causes fulminant dermatitis and, rarely, acute renal failure in humans. Here, we investigated whether the venom extracted from the nematocysts (PsTX-T) was nephrotoxic when administered intravenously in rats and whether PsTX-T induced activation of the complement system. Although small dose of PsTX-T induced acute tubular necrosis in rats resembling pathology seen in patients, kidneys displayed glomerular injury with glomerular endothelial damage, thrombus formation, mesangiolysis, and partial rupture of glomerular basement membrane, accompanied by severe tubular necrosis at 24 hours after administration of 0.03 mg of PsTX-T per animal, similar to the glomerular findings typical of severe hemolytic uremic syndrome. The early stage injury was accompanied by specific PsTX-T binding, massive complement C3b, and membrane attack complex deposition in glomeruli in the regions of injury and decreased glomerular expression of complement regulators. A pathogenic role for complement was confirmed by demonstrating that systemic complement inhibition reduced renal injury. The isolated nephrotoxic component, a 115-kd protein toxin (PsTX-115), was shown to cause identical renal pathology. The demonstration that PsTX-T and PsTX-115 were highly nephrotoxic acting via induction of complement activation suggests that inhibition of complement might be used to prevent acute renal damage following envenomation by P. semoni.

  153. A protein toxin from the sea anemone Phyllodiscus semoni targets the kidney and causes a severe renal injury with predominant glomerular endothelial damage. 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno M, Nozaki M, Morine N, Suzuki N, Nishikawa K, Morgan BP, Matsuo S

    The American journal of pathology   171 巻 ( 2 ) 頁: 402 - 14   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2353/ajpath.2007.060984

    PubMed

  154. Immunization with autologous CD46 generates a strong autoantibody response in rats that targets spermatozoa. 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno M, Harris CL, Morgan BP

    Journal of reproductive immunology   73 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 147   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jri.2006.08.001

    PubMed

  155. CD55 in rat male reproductive tissue: differential expression in testis and expression of a unique truncated isoform on spermatozoa. 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno M, Donev RM, Harris CL, Morgan BP

    Molecular immunology   44 巻 ( 7 ) 頁: 1613 - 22   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2006.08.018

    PubMed

  156. High levels of complement C3a receptor in the glomeruli of inflamed human lupus nephritis. 査読有り

    Mizuno M., Blanchin S., Gasque P., Nishikawa K., Matsuo S.

    Am. J. Kidney Dis.   49 巻   頁: 598-606   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Taking into consideration the key role of the complement system in renal diseases, we investigated molecular and cellular properties of the human complement C3a receptor (C3aR) in vitro and in situ, looking at its expression in several human renal pathological states. METHODS: Several antibodies were generated and used for immunohistochemistry and Western blot analyses to address C3aR expression and its regulation in vitro on cell lines of myeloid cells and nonmyeloid cell lineages. Furthermore, C3aR distribution was investigated in control nephrectomized kidneys and 116 biopsy specimens from patients with renal diseases, including lupus nephritis (lupus-N). RESULTS: C3aR is a highly N-glycosylated protein with an apparent molecular mass of 65 to 95 kd expressed by myeloid and endothelial cells. C3aR is particularly upregulated in response to interferon gamma treatment, but was unaffected by the other inflammatory cytokines, such as tumor necrosis factor alpha and transforming growth factor beta. In normal human kidney, C3aR staining was not observed. However, glomerular C3aR staining was detected in 42.9% of lupus-N specimens in association with immunoglobulin G immune-complex depositions. Staining intensity correlated with disease severity. C3aR was found in the endothelial area of 81.3% of samples classified as World Health Organization class IV with active lesions. Conversely, C3aR was not detected by means of immunohistochemistry in kidneys from patients with other renal diseases. CONCLUSION: Our data indicate that C3aR expression is tightly regulated and altered in certain disease conditions. C3aR may be used as a unique biomarker of diagnosis and disease activity in patients with lupus-N.

  157. よく使う利尿薬について習熟する スピロノラクトン 招待有り

    水野正司、伊藤恭彦

    Medicina   44 巻   頁: 359-342   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  158. Immunization with autologous CD46 in rats generates a strong autoantibody response that targets spermatozoa. 査読有り

    Mizuno M., Harris CL., Morgan BP.

    J. Reprod. Immunol.   73 巻   頁: 135-147   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. 【特集:これだけは知っておきたい分子腎臓学2007】 C5a. 招待有り

    水野正司、湯澤由紀夫、松尾清一

    腎と透析   63 巻   頁: 580-582   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  160. Spermatogenic cells distal to the blood-testis barrier in rats lack C3 convertase regulators and may be at risk of complement-mediated injury.

    Mizuno M, Harris CL, Morgan BP

    Journal of reproductive immunology   69 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 34   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jri.2005.11.002

    PubMed

  161. Complement and complement regulators in the male reproductive system.

    Harris CL, Mizuno M, Morgan BP

    Molecular immunology   43 巻 ( 1-2 ) 頁: 57 - 67   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molimm.2005.06.026

    PubMed

  162. The membrane attack pathway of complement drives pathology in experimental autoimmune myasthenia gravis in mice. 査読有り

    Morgan BP., Chamberlain-Banoub J., Neal JW.,Song W., Mizuno M., Harris CL.

    Clin Exp Immunol   146 巻   頁: 294-302   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Complement and complement regulators in the male reproductive system. 招待有り 査読有り

    Harris CL., Mizuno M., Morgan BP.

    Mol Immunol   43 巻   頁: 57-67   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  164. Complement membrane attack is required for endplate damage and clinical disease in experimental myasthenia gravis in Lewis rats. 査読有り

    Chamberlain-Banoub J., Neal JW., Mizuno M., Harris CL., Morgan BP.

    Clin Exp Immunol   146 巻   頁: 278-286   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. CD55 expression in rat male reproductive tissue: Differential expression in testis and expression of a unique truncated isoform on spermatozoa. 査読有り

    Mizuno M., Donev RM., Harris CL., Morgan BP.

    Mol. Immunol.   44 巻   頁: 1624-1633   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. A review of current knowledge of the complement system and the therapeutic opportunities in inflammatory arthritis. 招待有り 査読有り

    Mizuno M.

    Curr Med Chem   13 巻   頁: 1707-1717   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  167. Unique expression patterns of membrane complement regulators and C3 in rat testes and spermatozoa delineate the blood-testis barrier and suggest distinct functional roles in germ cell development. 査読有り

    Mizuno M., Harris CL., Morgan BP.

    J Reprod Immunol   69 巻   頁: 23-34   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Shiga toxin 1 causes direct renal injury in rats.

    Yamamoto ET, Mizuno M, Nishikawa K, Miyazawa S, Zhang L, Matsuo S, Natori Y

    Infection and immunity   73 巻 ( 11 ) 頁: 7099 - 106   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.73.11.7099-7106.2005

    PubMed

  169. CD46 plays a key role in tailoring innate immune recognition of apoptotic and necrotic cells. 招待有り 国際共著

    Elward K, Griffiths M, Mizuno M, Harris CL, Neal JW, Morgan BP, Gasque P

    The Journal of biological chemistry   280 巻 ( 43 ) 頁: 36342 - 54   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M506579200

    PubMed

  170. Novel C5a regulators in inflammatory disease.

    Mizuno M, Cole DS

    Expert opinion on investigational drugs   14 巻 ( 7 ) 頁: 807 - 21   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1517/13543784.14.7.807

    PubMed

  171. Expression of CD46 in developing rat spermatozoa: Ultrastructural localization and utility as a marker of the various stages of the seminiferous tubuli 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno M, Harris CL, Suzuki N, Matsuo S, Morgan BP

    BIOLOGY OF REPRODUCTION   72 巻 ( 4 ) 頁: 908 - 915   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1095/biolreprod.104.035485

    Web of Science

    PubMed

  172. Expression of CD46 in developing rat spermatozoa: ultrastructural localisation and utility as a marker of the various stages of the seminiferous tubuli. 査読有り

    Mizuno M., Harris CL., Suzuki N., Matsuo S., Morgan BP.

    Biol Reprod   72 巻   頁: 908-915   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Shiga toxin-1 causes direct renal injury in rats. 査読有り

    Yamamoto ET., Mizuno M., Nishikawa K., Miyazawa S., Zhang L., Matsuo S., Natori Y.

    Infect Immun   73 巻   頁: 7099-7106   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Novel C5a regulators in inflammation. 招待有り 査読有り

    Mizuno M., Cole DS.

    Expert Opin Investig Drugs   14 巻   頁: 807-821   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  175. Rat membrane cofactor protein (MCP; CD46) is expressed only in the acrosome of developing and mature spermatozoa and mediates binding to immobilized activated C3.

    Mizuno M, Harris CL, Johnson PM, Morgan BP

    Biology of reproduction   71 巻 ( 4 ) 頁: 1374 - 83   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1095/biolreprod.104.030114

    PubMed

  176. CD59a is the primary regulator of membrane attack complex assembly in the mouse.

    Baalasubramanian S, Harris CL, Donev RM, Mizuno M, Omidvar N, Song WC, Morgan BP

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   173 巻 ( 6 ) 頁: 3684 - 92   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4049/jimmunol.173.6.3684

    PubMed

  177. The possibilities and pitfalls for anti-complement therapies in inflammatory diseases. 招待有り 査読有り

    Mizuno M., Morgan BP.

    Current Drug Targets Inflammation & Allergy   3 巻   頁: 85-94   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  178. CD59a is the primary regulator of membrane attack complex assembly in the mouse. 査読有り

    Baalasubramanian S., Harris CL., Donev RM., Mizuno M., Omidvar N., Song W., Morgan BP.

    J. Immunol.   173 巻   頁: 3684-3692   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Rat membrane cofactor protein (MCP; CD46) is expressed only in the acrosome of developing and mature spermatozoa and mediates binding to immobilized activated C3. 査読有り

    Mizuno M., Harris CL., Johnson PM., Morgan BP.

    Biol Reprod   71 巻   頁: 1374-1383   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Deletion of the gene encoding CD59a in mice increases disease severity in a murine model of rheumatoid arthritis. 査読有り

    Williams AS., Mizuno M., Richards PJ., Holt DS., Morgan BP

    Arthritis Rheum   50 巻   頁: 3035-3044   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. In two patients on long-term hemodialysis, Etidronate Disodium improved their discomfort and extremities' blood flow associated with severe abnormal arterial wall calcification. 査読有り

    Mizuno M., Kashima N., Kato K., Ito A, Matsuo S.

    Clin Drug Invest   24 巻   頁: 365-371   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Generation of a recombinant, membrane-targeted form of the complement regulator CD59: activity in vitro and in vivo. 査読有り 国際共著 国際誌

    Fraser DA, Harris CL, Williams AS, Mizuno M, Gallagher S, Smith RA, Morgan BP

    The Journal of biological chemistry   278 巻 ( 49 ) 頁: 48921 - 7   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M302598200

    PubMed

  183. Implication of the complement system in the induction of antiglomerular basement membrane glomerulonephritis in WKY rats

    SHIKE Tatsuhiko, ISOME Masato, MIZUNO Masashi, SUZUKI Junzo, MATSUO Seiichi, YAMAMOTO Tadashi, SUZUKI Hitoshi

    Pathology international   53 巻 ( 11 ) 頁: 757 - 761   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Implication of the complement system in the induction of anti-glomerular basement membrane glomerulonephritis in WKY rats.

    Shike T, Isome M, Mizuno M, Suzuki J, Matsuo S, Yamamoto T, Suzuki H

    Pathology international   53 巻 ( 11 ) 頁: 757 - 61   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1440-1827.2003.01555.x

    PubMed

  185. The nephrotoxicity of Aristolochia manshuriensis in rats is attributable to its aristolochic acids

    LIU Man-Chang, MARUYAMA Shoichi, MIZUNO Masashi, MORITA Yoshiki, HANAKI Shigeru, YUZAWA Yukio, MATSUO Seiichi

    Clinical and experimental nephrology   7 巻 ( 3 ) 頁: 186 - 194   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. The nephrotoxicity of Aristolochia manshuriensis in rats is attributable to its aristolochic acids.

    Liu MC, Maruyama S, Mizuno M, Morita Y, Hanaki S, Yuzawa Y, Matsuo S

    Clinical and experimental nephrology   7 巻 ( 3 ) 頁: 186 - 94   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-003-0229-z

    PubMed

  187. Characterization of the mouse analogues of CD59 using novel monoclonal antibodies: tissue distribution and functional comparison.

    Harris CL, Hanna SM, Mizuno M, Holt DS, Marchbank KJ, Morgan BP

    Immunology   109 巻 ( 1 ) 頁: 117 - 26   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2567.2003.01628.x

    PubMed

  188. Non-dipping is a potent predictor of cardiovascular mortality and is associated with autonomic dysfunction in haemodialysis patients.

    Liu M, Takahashi H, Morita Y, Maruyama S, Mizuno M, Yuzawa Y, Watanabe M, Toriyama T, Kawahara H, Matsuo S

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   18 巻 ( 3 ) 頁: 563 - 9   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/18.3.563

    PubMed

  189. Non-dipping is a potent predictor of cardiovascular mortality and is associated with autonomic dysfunction in haemodialysis patients. 査読有り

    Liu M., Takahashi H., Morita Y., Maruyama S., Mizuno M., Yuzawa Y., Watanabe M., Toriyama T., Kawahara H., MatsuoS.

    Nephrol Dial Transplant.   18 巻   頁: 563-569   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Implication of the complement system in the induction of anti-glomerular basement membrane glomerulonephritis in WKY rats. Pathol. 査読有り

    Shike T., Isome M., Mizuno M., Suzuki J., Matsuo S., Yamamoto T., Suzuki H.

    Pathol. Int.   53 巻   頁: 757-761   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. The nephrotoxicity of Aristolochia manshuriensis in rats is attributable to its aristolochic acids. 査読有り

    Liu MC., Maruyama S., Mizuno M., Morita Y., Hanaki S., Yuzawa Y., Matsuo, S.

    Clin Exp Nephrol   7 巻   頁: 186-194   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Characterization of the mouse analogues of CD59 using novel monoclonal antibodies: tissue distribution and functional comparison. 査読有り

    Harris CL., Hanna SM., Mizuno M., Holt DS., Marchbank KJ., Morgan BP.

    Immunology   109 巻   頁: 117-126   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Nephrogenic diabetes insipidus associated with hemochromatosis.

    Okumura A, Kondo K, Hirai C, Nishimura H, Tamai H, Kawarazaki F, Ichikawa M, Mizuno M, Oiso Y, Yamamoto M

    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation   40 巻 ( 2 ) 頁: 403 - 6   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/ajkd.2002.34540

    PubMed

  194. P-selectin-dependent macrophage migration into the tubulointerstitium in unilateral ureteral obstruction.

    Naruse T, Yuzawa Y, Akahori T, Mizuno M, Maruyama S, Kannagi R, Hotta N, Matsuo S

    Kidney international   62 巻 ( 1 ) 頁: 94 - 105   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1523-1755.2002.00419.x

    PubMed

  195. 高脂血症を伴う長期維持血液透析患者におけるポリスルフォン膜 (PS-UW) の有用性について

    水野 正司, 小林 薫, 中田 敦博, 渡辺 緑子, 鳥山 高伸, 川原 弘久, 松尾 清一

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   35 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 49   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Soluble complement receptor type 1 protects rats from lethal shock induced by anti-Crry antibody following lipopolysaccharide priming

    Mizuno M, Nishikawa K, Okada N, Matsuo S, Okada H

    INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY   127 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 62   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  197. Soluble complement receptor type 1 protects rats from lethal shock induced by anti-Crry antibody following lipopolysaccharide priming.

    Mizuno M, Nishikawa K, Okada N, Matsuo S, Okada H

    International archives of allergy and immunology   127 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 62   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000048169

    PubMed

  198. 高脂血症を伴う長期維持血液透析患者におけるポリスルフォン膜(PS-UW)の有用性について 査読有り

    水野正司、小林薫、中田淳博、渡辺緑子、鳥山高伸、川原弘久、松尾清一

    日本透析医学会雑誌   35 巻   頁: 43-49   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. 二次性副甲状腺機能亢進症に対するmaxacalcitorol(オキサロールR)静注パルス療法の効果 ―早期低用量使用の試みー 査読有り

    渡辺緑子、中田敦博、八島影人、河出恭雅、佐藤悌、小杉智規、鳥山高伸、河原弘久、水野正司、森田良樹、松尾清一

    日本透析医学会誌   35 巻   頁: 1193-1250   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Soluble CR1 protects rats from lethal shock induced by anti-Crry antibody following LPS priming. 査読有り

    Mizuno M., Nishikawa K., Okada N., Mastuo S., Okada H.

    Internal. Arch. Allergy Immunol.   127 巻   頁: 55-62   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Nephrogenic diabetes insipidus associated with hemochromatosis. 査読有り

    Okumura A., Kondo K., Hirai C., Nishimura H., Tamai H., Kawarazaki F., Ichikaraki M., Mizuno M., Oiso Y., Yamamoto M.

    Am J Kidney Dis   40 巻   頁: 403-406   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. P-selectin-dependent macrophage migration into the tubulointerstitium in unilateral ureteral obstruction. 査読有り

    Naruse T., Yuzawa Y., Akahori T, Mizuno M., Maruyama S., Kannagi R., Hotta S., Matsuo S.

    Kidney Int.   62 巻   頁: 94-105   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. 二次性副甲状腺機能こう進症に対するmaxacalcitol(オキサロール)静注パルス療法の効果  早期低用量使用の試み

    渡辺 緑子, 森田 良樹, 松尾 清一, 中田 敦博, 八島 彰人, 河出 恭雅, 佐藤 悌, 小杉 智規, 鳥山 高伸, 川原 弘久, 水野 正司

    日本透析医学会雑誌   35 巻 ( 8 ) 頁: 1193 - 1198   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    二次性副甲状腺機能充進症 (II°HPT) が比較的軽度で, 血清intact PTH (i-PTH) が500pg/mL未満の維持血液透析患者に対し, maxacalcitol (オキサロール<sup>&reg;</sup>注, 中外製薬, 以下OCT) を添付文書上の用法・用量よりも低用量から使用し, その臨床効果を検討した. 対象は経口ビタミンD (VD) 剤を使用しているにもかかわらず, i-PTHが240pg/mL以上500pg/mL未満を示す維持血液透析患者19例 (男性15例, 女性4例) で, i-PTH値よりI群 (11例, 240≦i-PTH<360pg/mL) とII群 (8例, 360≦i-PTH<500pg/mL) に分類した. 経口VD剤を2週間中止した後, OCTを毎回透析終了時にI群では2.5μg, II群では5μgを透析回路静脈側から注入した. OCTの投与量は経過中の血清i-PTHと補正Ca値に応じて増減した. 治療開始前2週から, 開始後48週までを観察期間とし, 血清i-PTH・補正Ca・P・ALP・骨型ALP (b-ALP)・オステオカルシン (BGP)・副甲状腺体積をそれぞれ経時的に測定し, その推移を各群毎に治療開始2週前の値と比較検討した. i-PTHは両群とも, 治療前と比較し有意に低下した. 補正CaはOCT・Ca製剤を用量調節することでコントロール可能であったが, II群でより強い上昇傾向がみられた. P・ALP・b-ALP・BGPは観察期間中両群で有意な変化を認めなかった. 副甲状腺の体積については一部で減少を認めたが, i-PTHとの相関性はみられなかった. 以上のことから, i-PTHが500pg/mL以下の比較的軽度のII°HPTに対する低用量からのOCT静注パルス療法は, 血清Caの上昇を軽度に保ちつつ, 長期的にPTH抑制を維持できることが示唆された.

    DOI: 10.4009/jsdt.35.1193

  204. 高脂血症を伴う長期維持血液透祈患者におけるポリスルフォン膜(PS‐UW)の有用性について

    水野 正司, 小林 薫, 中田 敦博, 渡辺 緑子, 鳥山 高伸, 川原 弘久, 松尾 清一

    日本透析医学会雑誌   35 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 49   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本透析医学会  

    長期血液透析患者において, 心・脳血管障害は合併症の中でも重要な位置を占め, 高脂血症は注目すべき危険因子の一つである. この高脂血症を伴う長期血液透析患者におけるポリスルフォン膜 (PS膜) による脂質代謝の改善効果についての検討, および服用中の高脂血症薬の減量・中止の可能性について検討を行った. 対象は平均透析歴64か月, 食事制限, 服薬コンプライアンスの良好, かつ血中総コレステロール (TC) 値が263±17mg/dLの非糖尿病患者6名 (うち4名はPravastatin sodium (メバロチン<sup>&reg;</sup>) を内服中) について, 既存のハイパフォーマンス透析膜 (うちCTA膜1例, EVAL膜5例) からPS膜へ変更前, 直後, 1週, 1, 3, 5, 6か月後のそれぞれたついて中2日の透析前に採血を行い血中TC, TG, LDL-C, HDL-C, LDL-TG, HDL-TG, apo-A1, apo-C3等を測定して膜変更前値と比較検討した. 血中のTCはPS膜変更後から下降しはじめ, 3か月後には212±8mg/dLとなり, その後の血中の値に有意な変化はみられなかった. 血中LDL-C, Apo-A1, Apo-C3についても同様に下降した. 対象患者のうち, 高脂血症薬を服用中でかつPS膜に変更6か月後血中TC 180mg/dL以下となった2例について高脂血症薬の減量・中止し, その後の経過をみたところ, 一例は薬剤を中止できこれを継続できた. 他の一例は高脂血症薬中止後再びTCが上昇したため高脂血症薬を再開した. しかし, この症例についてもPS膜へ変更前に比べてTCは有意に抑えられていた. 以上より, 高度の高脂血症を伴う透析患者にPS膜を用いることが脂質代謝改善につながる可能性が示唆され, 内服中の高脂血症薬減量にもつながる可能性が示唆された.

    DOI: 10.4009/jsdt.35.43

  205. The role of C5a in the development of thrombotic glomerulonephritis in rats

    Kondo C, Mizuno M, Nishikawa K, Yuzawa Y, Hotta N, Matsuo S

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY   124 巻 ( 2 ) 頁: 323 - 329   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  206. Glomerulocystic kidney associated with subacute necrotizing-encephalomyelopathy

    Yamakawa T, Yoshida F, Kumagai T, Watanabe H, Takano A, Mizuno M, Ikeguchi H, Morita Y, Sobue G, Matsuo S

    AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES   37 巻 ( 2 )   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/ajkd.2001.21358

    Web of Science

  207. 【Innate immunity】 臨床 補体制御因子と疾患 査読有り

    松尾清一, 水野正司

    現代医療   33 巻   頁: 1011-1016   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  208. 【尿蛋白と尿細管障害】 尿中補体成分と尿細管障害 招待有り

    松尾清一, 森田良樹, 水野正司

    細胞   33 巻   頁: 12-15   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  209. Glomerulocystic Kidney Associated With Subacute Necrotizing-Encephalomyelopathy. 査読有り

    Yamakawa T., Yoshida H., Kumagai T., Watanabe H., Takano A., Mizuno M., Ikeguchi H., Morita Y., Sobue G., Matsuo S.

    Am. J. Kidney Dis.   37 巻   頁: E14   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Blockage of complement regulators in the conjunctiva and within the eye leads to massive inflammation and iritis. 査読有り

    Bardenstein SD., Cheyer JC, Lee C., Cocuzzi E., Mizuno M., Okada N., Medof EM.

    Immunology   104 巻   頁: 423-430   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Membrane complement regulators protect against the development of type II collagen-induced arthritis (CIA) in rats. 査読有り

    Mizuno M., Nishikawa K., Spiller OB., Morgan BP., Okada N., Okada H., Matsuo S.

    Arthritis Rheum.   44 巻   頁: 2425-2434   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. The effects of a new synthetic selectin blocker in an acute rat thrombotic glomerulonephritis. 査読有り

    Ito I., Yuzawa Y., Mizuno M., Nishikawa K., Jomori T., Tashita A., Hotta N., Matsuo S.

    Am. J. Kidney Dis.   38 巻   頁: 265-273   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. The Role of C5a in The Development of Thrombotic Glomerulonephritis in Rats. 査読有り

    Kondo C., Mizuno M., Nishikawa K., Yuzawa Y., Hotta N., Matsuo S.

    Clin. Exp. Immunol.   124 巻   頁: 323-329   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Abolition of anti-glomerular basement membrane antibody-mediated glomerulonephritis in FcR gamma-deficient mice

    Wakayama H, Hasegawa Y, Kawabe T, Hara T, Matsuo S, Mizuno M, Takai T, Kikutani H, Shimokata K

    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   30 巻 ( 4 ) 頁: 1182 - 1190   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  215. Comparison of the suppressive effects of soluble CR1 and C5a receptor antagonist in acute arthritis induced in rats by blocking of CD59 査読有り 国際共著

    Mizuno M, Nishikawa K, Morgan BP, Matsuo S

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY   119 巻 ( 2 ) 頁: 368 - 375   2000年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  216. A case report of acute renal failure following a sting presumedly by a sea anemone. 査読有り

    Mizuno M., Nishikawa K., Yuzawa Y., Kanie T., Mori H., Araki Y., Hotta N., Matsuo S.

    Am. J. Kidney Dis.   36 巻   頁: E10   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 27-year-old man suffering from severe swelling and pain in his right arm was referred to our hospital. He showed signs of acute renal failure (ARF) with severe dermatitis of his right arm. Three days before being admitted, he accidentally touched some kind of marine organism with his right hand while snorkeling in the Sulu Sea around Cebu Island. Within a few minutes, he was experiencing severe pain in his right hand. Then his right hand gradually became swollen. The marine creature responsible for this injury was thought to have been a sea anemone, which is a type of coelenterate. Histologic findings of a renal biopsy indicated that acute tubular necrosis (ATN) had caused ARF in this patient's case. Supportive therapies improved renal function of this patient, and steroid pulse therapy attenuated the severe skin discoloration. The ATN was thought to have been caused by the poison from a sea anemone because there were no other conceivable reasons for the patient's condition. This is the first time that a marine envenomation case has been reported in which the sting of a sea anemone has caused ATN without the failure of any other organs.

  217. 【腎臓病の分子生物学】 腎障害のメディエータ 補体制御による進行性腎疾患治療の可能性

    松尾清一, 水野正司

    医学のあゆみ   193 巻   頁: 32-35   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  218. 【急性腎不全の全て-2000】 病因・病態 急性腎不全とサイトカイン 招待有り

    松尾清一, 水野正司

    腎と透析   49 巻   頁: 373-376   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  219. Comparison of the suppressive effects of soluble CR1 and C5a receptor antagonist in acute arthritis induced by anti-rat CD59 antibody. 査読有り

    Mizuno M., Nishikawa K., Morgan B.P., Matsuo S.

    Clin. Exp. Immunol.   119 巻   頁: 368-375   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. The role of complement in the progression of renal fibrosis: a clinical study. 招待有り 査読有り

    Matsuo S., Morita Y., Mizuno M., Nishikawa K., Yuzawa Y.

    Nephrol. Dial. Transplant.   15 巻   頁: 53-54   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  221. CD59 protects kidneys from complement mediated injury in collaboration with Crry in rats. 査読有り

    Watanabe M., Morita Y., Mizuno M., Nishikawa K., Yuzawa Y., Hotta N., Morgan B.P., Okada N., Okada H., Matsuo S.

    Kidney Int.   58 巻   頁: 1569-1579   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. Abolition of anti-glomerular basement membrane antibody-mediated glomerulonephritis in FcRgamma-deficient mice. 査読有り

    Wakayama H., Hasegawa Y., Kawabe T., Hara T., Matsuo S., Mizuno M., Takai T., Kikutani H., Shimokata K.

    Eur. J. Immunol.   30 巻   頁: 1182-1190   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. The role of complement in the progression of renal fibrosis: a clinical study

    Matsuo S, Morita Y, Mizuno M, Nishikawa K, Yuzawa Y

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   15 巻   頁: 53 - 54   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  224. 血液培養サンプルのグラム染色により早期診断が可能であったリステリア脳膿瘍の1例

    高野 明美, 足立 弘明, 水野 正司, 川村 久美子, 祖父江 元

    臨床神経学   39 巻 ( 11 ) 頁: 1164 - 1167   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. Inhibition of a membrane complement regulatory protein by a monoclonal antibody induces acute lethal shock in rats primed with lipopolysaccharide 査読有り 国際共著 国際誌

    Mizuno M, Nishikawa K, Okada N, Matsuo S, Ito K, Okada H

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY   162 巻 ( 9 ) 頁: 5477 - 5482   1999年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  226. 血液培養サンプルのグラム染色により早期診断が可能であったリステリア脳膿瘍の1例 査読有り

    高野明美, 足立弘明, 水野正司, 川村久美子, 祖父江元

    臨床神経学   39 巻   頁: 1164-1167   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. Functional inhibition of a membrane complement regulatory protein induces lethal shock in rats primed with trace levels of lipopolysaccharide. 査読有り

    Mizuno M., Nishikawa K., Okada N., Mastuo S., Okada H., Ito K., Okada H.

    J. Immunol.   162 巻   頁: 5477-5482   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Complement-Mediated Renal Injury: Mechanisms and Role of Membrane Regulators of Complement 招待有り 査読有り 国際誌

    MATSUO Seiichi, MORITA Yoshiki, MIZUNO Masashi, NISHIKAWA Kazuhiro, YUZAWA Yukio

    Clinical and experimental nephrology   2 巻 ( 4 ) 頁: 276 - 281   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. Proteinuria and damage to tubular cells - is complement a culprit?

    Matsuo S, Morita Y, Mizuno M, Nishikawa K, Yuzawa Y

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   13 巻 ( 11 ) 頁: 2723 - 2726   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  230. Proteinuria and damage to tubular cells-is complement a culprit? (共著) 招待有り

    Nephrol. Dial. Transplant.   13 巻   頁: 2723-2726   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  231. 血栓形成性腎炎におけるC5a Receptor(C5a-R)antagonistの効果 招待有り

    水野正司, 西川和裕, 松尾清一

    腎臓   20 巻   頁: 21-23   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. 急性腎不全をきたした腔腸動物刺傷症の1例

    蟹江多美、森聖、富田靖、水野正司、松尾清一

    皮膚科の臨床   40 巻   頁: 1223-1226   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Complement mediated renal injury : Its mechanisms and role of membrane regulators of complement. (共著) 査読有り

    Clin. Exp. Nephrol.   2 巻   頁: 276-281   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  234. C5a played key roles in the formation of thrombi in experimental glomerulonephritis.

    Mizuno M, Nishikawa K, Miyakawa K, Hotta N, Matsuo S

    JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY   8 巻   頁: A2141 - A2141   1997年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    Web of Science

  235. The effects of functional supression of a membrane-bound complement regulatory protein, CD59, in the synovial tissue in rats. 査読有り

    Arthritis & Rheumatism   40 巻   頁: 527-533   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Role of a rat membrane inhibitor of complement in anti-basement membrane antibody-induced renal injury. 査読有り

    Kidney International   48 巻   頁: 1728-1738   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Pathogenic significance of interleukin-6 in a patient with antiglomerular basement membrane antibody-induced glomerulonephritis with multinucleated giant cells. 査読有り

    Americal Journal of Kidney Disease   26 巻   頁: 72-79   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. A case of renal sarcoidosis showing central necrosis and abdominal expression of angiotensin converting enzyme in the granuloma. 査読有り

    Clinical Nephrology   42 巻   頁: 331-336   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. 維持血液透析患者における心房性ナトリウム利尿ペプチドおよびcyclic GMPの臨床的意義--特に心胸比高値のdry weightの決定における有用性について-- 査読有り

    水野正司、伊藤恭彦、鈴木高志、馬場美香、市田静憲、坂本信夫、松尾清一

    日本透析医学会誌   27 巻   頁: 1295-1301   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. 脊髄損傷透析患者の臨床的検討 査読有り

    伊藤恭彦、鈴木高志、水野正司、森田良樹、市田静憲、宮川幸一郎、松尾清一

    日本透析医学会誌   26 巻   頁: 1745-1750   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 10

  1. プロフェッショナル腎臓病・9 膜性増殖性糸球体腎炎とC3腎症

    坪井直毅、水野正司(9)( 担当: 共著)

    中外医学社  2020年9月  ( ISBN:978-4-498-22462-9

     詳細を見る

    総ページ数:619   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 腹膜透析研修テキスト・第4章 維持期管理

    水野正司( 担当: 共著)

    特定非営利活動法人 日本腹膜透析医学会  2020年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:86   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. The Renal Drug Handbook 第4版 腎臓内科医のための究極の処方ガイド-日本語版-

    志水英明、田中章郎、他( 担当: 共著)

    株式会社 じほう  2018年12月  ( ISBN:978-4-8407-5154-4

     詳細を見る

    総ページ数:1025   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. Clinical Toxinology . Nephrotoxic Effects of Venoms from Sea Anemones from Japan.

    Masashi Mizuno( 担当: 共著)

    Springer  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. The Cnidaria, past, present and future. The world of medusa and her sisters. Chapter 38. Envenomation by cnidarians and renal injuries.

    Masashi Mizuno( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:事典・辞書

  6. Methods Mol Biol. Kidney Research Experimental Protocol 2nd ed. Chapter 4. Rat models of acute and/or chronic peritoneal injuries including peritoneal fibrosis and peritoneal dialysis complications.

    Mizuno M, Ito Y( 担当: 単著)

    Humana Press  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:292   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. 補体学への招待、8-1 腎尿細管間質障害と補体

    松尾清一、水野正司( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 補体学への招待、7-4 血液透析と補体

    水野正司( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 腎不全 腎不全進行と補体

    松尾清一, 森田良樹, 水野正司( 担当: 共著)

    Annual Review腎臓1999巻  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 異物識別と生体反応-新しい視点を求めて-Bio Defenceシリーズ3 8章 膜補体制御因子機能抑制による補体活性化と炎症反応 (共著)

    西川和裕、水野正司、松尾清一、岡田則子、岡田秀親( 担当: 共著)

    日本生体防御学会  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 4

  1. CASES OF ACUTE APPENDICITIS IN PATIENTS ON PERITONEAL DIALYSIS (PD) IN A SINGLE CENTRE DURING 15 YEARS 国際会議

    Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kinashi Hiroshi, Katsuno Takayuki, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    NEPHROLOGY  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. Development of encapsular peritoneal sclerosis (EPS)-like peritonitis in rat and complement activation 国際共著 国際会議

    Iguchi Daiki, Mizuno Masashi, Shigemoto Emi, Sakata Fumiko, Suzuki Yasuhiro, Okada Alan, Okada Hidechika, Maruyama Shoichi, Matsuo Seiichi, Ito Yasuhiko

    MOLECULAR IMMUNOLOGY  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  3. ANALYSIS OF FREQUENCY AND KINDS OF ALARM HISTORIES OF HOME PD SYSTEM KAGUYA DURING THE INTRODUCTION: PERIOD IN A SINGLE CENTRE

    Hiramatsu Tetsuaki, Mizuno Masasi, Suzuki Yasuhiro, Nomori Sumiyo, Suzuki Masafumi, Shiga Yoshiko, Sato Yuka, Nakamura Tomohiro, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Koyama Tomio

    NEPHROLOGY  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  4. CASES OF ACUTE APPENDICITIS IN PATIENTS ON PERITONEAL DIALYSIS (PD) IN A SINGLE CENTRE DURING 15 YEARS 国際共著 国際会議

    Mizuno Masashi, Suzuki Yasuhiro, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kinashi Hiroshi, Katsuno Takayuki, Maruyama Shoichi, Ito Yasuhiko

    NEPHROLOGY  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 20

  1. ループス腎炎における補体副経路の役割解明と治療への応用

    研究課題/研究課題番号:21K08274  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    金 恒秀, 水野 正司, 鈴木 康弘, 石本 卓嗣, 福井 聡介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ループス腎炎は全身性エリテマトーデスに伴う主要な臓器障害で、近年の免疫抑制療法によっても未だ多数の患者が末期腎不全に陥っている。自然免疫の一部である補体はループス腎炎の病態に深く関わっており、新たな治療標的になると期待されている。本研究では、ループス腎炎における補体(副経路)の病態への関わりを、活性系の抑制および制御系の増強の二つのアプローチで解明し、新たな治療法の提示を行う。

  2. 腹膜透析関連腹膜障害における補体を介した進展機序の解明と新規抗補体治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:21K08275  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    鈴木 康弘, 石本 卓嗣, 水野 正司, 金 恒秀, 伊藤 恭彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    腹膜透析療法において、補体はいかにしてその活性と制御のバランスを乱し腹膜傷害に進展するのか検討するために、PD患者排液を用いてPD期間による補体系分子発現の変化を比較検討する。PD離脱時腹膜組織の病理学的解析とあわせ、PD療法の経年的腹膜傷害における補体の関与の全体像を明らかにする。腹膜炎時のPD排液、腹膜組織において腹膜炎から進展する腹膜傷害における補体の関与を明らかにする。
    また、補体経路でどの経路がより重要であるかを検討するために、補体成分に対する中和抗体やノックアウトマウスを用いて補体経路の要所をブロックすることで最も有効な補体経路のターゲットに対する抗補体療法を確立する。

  3. 腹膜透析による補体系への影響と、腹膜傷害進展への機序の解明及びその制御

    研究課題/研究課題番号:18K08206  2018年4月 - 2021年3月

    水野 正司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    1. 現在、長期腹膜透析(PD)が、生体の腹膜に与える影響、特に補体活性系とその制御系のバランスに与える影響の検討を継続して進めている。本年度はPD透 析導後1~3年の間のPD患者の排液中の腹膜中皮初代培養細胞(HMPC)を用いて、膜補体制御因子(CRegs)の発現の変化について検討し、CRegsの中でCD46やCD59 と異なり、CD55が時間経過とともに中皮細胞への発現が増強する傾向を確認した。今年度、この一部を国際学会で発表した。さらに長期の5年以降のPD患者の排液、PD導入期の排液、腹膜炎発症による影 響を明らかにするために、現在検体の収集と解析を進めている。また、腹膜がPDにより影響を受けると考えられる個々の要因についてMet-5A細胞を用いて検討を進めている。
    2. 腹膜傷害への治療介入を期待して、現在、抗補体薬としてヒトに既に使用されているC1インヒビターを用いて真菌性腹膜炎の実験動物モデル(ラット)で明らかにし、現在国際学会への報告に向けての準備と論文化を進めている。さらに、ヒトで観察されるEPSへ至る変化を、動物モデルを用いて補体の関与について検討を進めるために海外共同研究者から補体関連蛋白の欠損マウスとノックアウトマウスの使用を開始した。一方で、腎不全動物モデル(5/6腎摘ラットモデル)を作成し、これに腹膜傷害を誘導して尿毒症の効果の検討を進めている。 3. PD排液を用いて、腹膜が実際に受けている影響を明らかにするために、これまでに行っていた補体活性化産物の一つsC5b-9の測定に加えて、補体活性化経路 の基本経路であるAlterative pathwayに注目して、ELISA系を用いて腹膜透析液排液中のC3a、プロパジンの測定を含めて、現在もデータの蓄積を進めている。
    概要1について、ほぼ計画通りに進んでいる。これまでラットから得た腹膜中皮初代細胞の検討でPD液によるCRegs発現の変化の可能性について報告しているが、 ヒト由来の中皮細胞を用いたin vitroの実験で再現できていなかった。今回、mRNAの評価までであるが、確認することができた。PD排液から得られる検体につい ては長期のフォローアップが必要なため、今後も継続して進めて行く。PDに関わる要因を細分化して行うMet-5A細胞を用いた実験についても、ほぼ予定どおり進 んでいる。 概要2について、実験動物モデルの安定性の問題で、実験の再現性確認のために時間を要している。また、補体関連蛋白の欠損マウスとノックアウトマウスの使用のための国内および国外の手続きに時間を要したため、当初の予定よりやや遅れが発生している。 概要3について、検体収集は順調に行えている。ELISAによる補体成分の測定も順次進めている。
    概要1については、 C1インヒビターによる治療実験についてR2年度中に国際学会発表と論文投稿を行う。さらに別の抗補体療法の可能性の追求を行うために、研究を継続中である。 概要2について、補体関連蛋白の欠損マウスとノックアウトマウスの輸送と、凍結胚からもどす作業が完了した。今後は速やかに実験に移っていく予定である。 概要3について、現在もPD排液検体の収集を続けているが、補体系の受ける影響について、これまでの検体を用いた測定と臨床経過との比較を行っていく。

  4. 内皮細胞Glycocalyxをターゲットとした腎疾患の新たな治療戦略の確立

    研究課題/研究課題番号:21K08291  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    伊藤 恭彦, 石本 卓嗣, 水野 正司, 武井 佳史, 畑山 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    内皮細胞Glycocalyxに着目し『内皮細胞障害をきたす腎臓病』『腹膜透析に見られる腹膜機能障害』の病態解析・改善を目指して、新規治療戦略を確立する。
    近年、内皮細胞障害を伴う『腎臓病』が増えているが、治療法は確立されていない。ex vivoシステムで糸球体内皮細胞Glycocalyx構成成分を消化しタンパク尿発現を検討、消化した成分の補充を行い標的物質を同定し、in vivoでさらに検討する。
    『腹膜機能障害』のプロジェクトでは、腹膜透過性における血管内皮細胞のintegrityの問題を提起する。腹膜血管内皮細胞Glycocalyx構成成分を消化、補充し、腹膜透過性を検討し意義を明らかにする。

  5. AKIにおける、CCR7を介したC5a経路制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19K08701  2019年4月 - 2021年3月

    小島 博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    急性腎障害に補体とT細胞免疫はそれぞれ役割を果たすが、両者の相互作用については未だ不明である。最近補体が、樹状細胞(DC)の抗原提示から始まるナイーブT細胞(Th0)の分化増殖を調節することが注目され、DCとTh0細胞の会合に重要なCC-ケモカインレセプタ7(CCR7)発現が、補体活性化により誘導される可能性が報告されている。研究代表者らは補体C5aに注目してこれまで研究を進めてきたが、一方、CCR7欠損マウスで腎虚血再灌流モデル(IRI)において、野生型に比して腎障害が抑止されることを見出している。本研究において、CCR7を介したC5a経路の正の制御機構の存在を明らかにする。
    申請者らは補体に注目して、腎疾患の病態生理解明、治療法開発に取り組んできた。補体と凝固系、補体と液性免疫に密接な相互関係が存在することは知られていたが、近年、補体とT細胞免疫にも密接なクロストークがあることが明らかになってきた。本研究課題は、獲得免疫において重要な役割を果たすCCR7に注目して、補体系とT細胞免疫の相互作用の解明を目指している。CCR7は、樹状細胞(DC)とT細胞の会合や、DCの機能調節に役割を有し、T細胞免疫に重要な役割を果たす。一方で、補体H因子の存在がDCのCCR7低下をもたらした報告があり、補体活性化がCCR7発現上昇を来す可能性が示唆されるが、その分子機構や意義は不明である。
    申請者は、CCR7欠損(Ccr7-/-)、及び野生型(Ccr7+/+)マウスを用いて、aseptic急性腎障害(AKI)の代表として腎虚血再灌流(IRI)モデル、septic AKIの代表として盲腸結紮穿刺(CLP)モデルの研究を進め、CCR7が、従来報告されてきた獲得免疫だけでなく、自然免疫においても重要な役割を果たしている可能性、CCR7の有無がナチュラルキラーT (NKT)細胞の機能発現に大きな影響を与える可能性を示唆する実験結果を得た。それらの知見から、DAMPs、PAMPsから始まる免疫応答において、TLRsを介するシグナルと、補体C3レセプター(C3R)、C5レセプター(C5R)を介するシグナルが、NKT細胞で統合され、その後のT細胞免疫反応を決定づけるとの仮説を立てるに至った。
    今後は、NKT細胞上で、CCL19/21(CCR7のリガンド)-CCR7 axisとC5a-C5aR axisが統合され、その結果NKT細胞から産生されるサイトカインが、ナイーブT細胞の分化、増殖を決定するとの仮説を実証する。
    CCR7欠損、及び野生型マウスを用いて、IRIモデル、CLPモデルを作成し、結果1、結果2を得た。結果1:IRIモデルでは、CCR7欠損マウスにおいて、腎障害が軽い。結果2:CLPモデルでは、CCR7欠損マウスにおいて、腎障害が重篤であり、個体生存率も低い。
    CCR7は獲得免疫において重要な役割を果たす分子として有名であるが、IRI、CLPモデル何れにおいても、腎障害の明らかな差が、獲得免疫が作動する前の超急性期に出現した。つまり、CCR7が自然免疫においても重要な役割を果たす可能性が示唆され、NKT細胞はDAMPs、PAMPs刺激に応じて迅速に反応するので、CCR7の有無がNKT細胞の機能発現に影響していると推測された。補体系とNKT細胞はともに、ナイーブT細胞の分化、増殖に関わり、その後の獲得免疫反応を決定づけることが知られているので、NKT細胞から分泌され、ナイーブT細胞分化に関わるサイトカイン、特にインターフェロン-γ(IFNγ)に注目した。
    NKT細胞特異的リガンドであるαガラクトシルセラミド(αGalCer)を、CCR7欠損、及び野生型マウスに投与し、結果3を得た。結果3:αGalCer刺激において、CCR7欠損マウスは血清IFN-γ濃度とNKT細胞IFN-γ mRNA発現の両者が、野生型に比して、低値である。
    C5a-C5R axisがIFN-γ産生に関わることは既に報告されていたが、CCL19/21-CCR7 axisもNKT細胞のIFNγ産生に関わることが示唆された。
    CCR7とC5aRの一方と両方を刺激した場合のNKT細胞からのサイトカイン産生プロファイル、その結果としてのナイーブT細胞分化に与える影響を、in vivo、in vitroで調べる。また、aseptic AKIの代表としてのIRIモデルとseptic AKIの代表としてのCLPモデルおいて、CCR7欠損が生体にもたらす影響が、当初の予想に反して、正反対となったことから、その分子機構を解明し、AKIの病態生理の解明につなげる。
    次に、CCR7とC5aR1のダブルノックアウトマウス(Ccr7-/-C5aR-/-、以下DKO)を作成する。全身放射線照射で骨髄を死滅させたDKOマウスに、野生型(Ccr7+/+C5aR+/+)、CCR7欠損(Ccr7-/-C5aR+/+)、C5aR1欠損(Ccr7+/+C5aR-/-)、DKO(Ccr7-/-C5aR-/-)マウスからそれぞれ骨髄細胞を移植し、骨髄由来細胞のみにC5aR1、CCR7を発現する骨髄キメラマウスを作成する。これらのマウスを用いて、IRIモデルとCLPモデルを解析し、全身のC5aR1とCCR7の中で、白血球系細胞、特にNKT細胞上のC5aR1とCCR7とが重要な役割を果たしていることを示す。
    最後に、野生型マウスを用いて、IRIとCLPモデルをそれぞれ作成し、C5a阻害剤、抗CCR7抗体、両者を投与する3群とコントロール群をそれぞれ比較する。

  6. 慢性腎不全における栄養障害・筋肉量低下の病態解明と治療戦略

    研究課題/研究課題番号:18K08207  2018年4月 - 2021年3月

    坂田 史子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 腹膜透析における除水不全、腹膜機能障害の病態解明と新たな治療戦略

    研究課題/研究課題番号:18K08258  2018年4月 - 2021年3月

    伊藤 恭彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、『腹膜透析における除水不全、腹膜機能障害の病態を解明しその改善を目指した新規治療ターゲットの確立』を目的としている。現在、下記につき、研究・解析を進めている。
    1)『内皮細胞Glycocalyxの障害が腹膜透過性に関与する仮説』の研究 ヒト腹膜組織で2重染色を用いたGlycocalyxの評価方法を確立した。腹膜透過性とGlycocalyxの関係、さらにin vitroにおいて透析液の種類(中性液と従来の酸性液)との関連性を検討し、中性液の有効性を確認した。現在、研究継続中であり細胞実験をさらに進める予定である。
    <BR>
    2)『慢性腎不全状態に食塩を多量摂取すると炎症が惹起され腹膜透過性に関与する仮説』の研究。本モデルが炎症を伴い腹膜透過性が亢進することを見出した。D/P Cr, D/D0 Glucose, 蛋白漏出, PD排液のサイトカイン等を測定した。免疫組織学的、血液、PD排液からさらに機序の検討を進め論文化した。重要な点は、食塩が循環系・体液量への影響のみならず、軟部組織等に沈着しTonEBPを活性化し、macrophageの浸潤から炎症を惹起し、血管新生、血管透過性を亢進。腹膜透過性亢進に繋がるという点である。この現象は、IL-6を介しておりそれを抑制することで、この悪循環を断ち切り改善させるということを見いだし下記のように報告した。Excessive salt intake increases peritoneal solute transport rate via local tonicity-responsive enhancer binding protein in subtotal nephrectomized mice. Sun T, Ito Y (11人中11番目) Nephrol Dial Transplant. 2019 ;34:2031-2042.
    論文化することができているので。
    予定通り計画を進める。

  8. 腹膜組織解析による腹膜硬化症から被嚢性腹膜硬化症への進展機序とリスク因子の検討

    研究課題/研究課題番号:18K08205  2018年4月 - 2021年3月

    鈴木 康弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腹膜透析(PD)患者において被嚢性腹膜硬化症(EPS) は最も重篤な合併症であり、PD療法の普及、および長期にわたるPD継続を妨げる主要な因子である。我々は長期PD患者の腹膜組織(うちEPS発症10例を含む)を解析し、これまで腹膜障害の病変の主体として考えられていた、腹膜線維化や血管新生よりむしろ血管障害がEPS発症に強く関連する要因であることを発見し、この血管障害こそがEPS進展に重要な役割を持つのではないかという仮説を提唱した。本研究は、さらに多数のEPS手術症例から得た腹膜組織214検体を用いて、世界最大規模でEPSを病理組織学的・分子生物学的に検討し、我々の仮説を証明し、EPSの進展機序を解明することを目的とした。EPS手術症例が全国から集積するあかね会土谷総合病院と共同研究を行い、EPSによる腸閉塞症状を呈し1993年から2016年までに土谷総合病院において開腹手術、腸管癒着剥離術を施行した223症例において、手術時に採取されたEPSの腹膜組織検体283検体のうち、検体が評価に不十分なものを除いた174症例、214検体を評価対象とした。平均PD期間が128.1ヵ月、平均年齢56.0歳、初回手術が174例、再発手術が47例であった。EPS発症から手術まで平均期間は7.4ヵ月であった。我々がPLoS One 2016の報告で用いた方法にて組織学的検討を行った。酸性液(165例)と中性液(9例)の患者を比較すると、酸性液群は透析期間が有位に長く、中性液群では89%が腹膜炎罹患後のEPSであった、L/V ratioは酸性液群で有意に低値(血管障害が高度)であり、PD期間と相関していた。CD31は中性液群に多く、CD68陽性細胞数、腹膜肥厚に有意差はなかった。
    当初の計画通り、あかね会土谷総合病院において開腹手術、腸管癒着剥離術を施行した症例において、手術時に採取されたEPSの腹膜組織検体283検体のうち、検体が評価に不十分なものを除いた214検体を評価対象とし(解析した。各症例の臨床データ、PD治療の内容(ブドウ糖濃度、酸性液/中性液)、腹膜炎歴、EPS治療の内容(ステロイド治療の有無)などと組織所見とあわせて詳細に解析している。免疫組織学的評価もくわえて検討、解析を続けている。
    さらに免疫組織学的に以下の分子 (CD31、CD68、α-SMA、Podoplanin、AGE、血管成長因
    子など)の発現を解析。非EPS群との比較も行い、EPS発症に強く関与する要因を多変量解析し同定して、そのメカニズムを解明する。

  9. 腎疾患領域におけるリンパ管新生の観点からの病態解明とその治療戦略

    研究課題/研究課題番号:15K09287  2015年4月 - 2019年3月

    伊藤 恭彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    最適な体液バランスの維持は、腹膜透析(PD)における除水不全に関与する。PD患者の腹膜障害の特徴は線維化、炎症、血管新生であるが、その機序は不明な点が多い。本研究では、ヒト検体、培養細胞、動物モデルを用いて、1) PDにおけるリンパ管新生の意義、2) 腹膜線維化と血管新生の関連、3) 食塩過剰摂取の腹膜への影響につき検討した。リンパ管新生は、可溶性VEGFR-3によって抑制され除水量の改善が期待できる。腹膜線維化に伴う血管新生は、TGF-β1-VEGF-A pathwayによっており線維化が腹膜機能改善のターゲットになること、また過剰食塩摂取が腹膜透過性に関与することが明らかになった。
    腹膜透析(PD)における除水不全の機序、対策が明らかになることによって、PD治療が長期に可能となり、PD患者負担が軽減する。ひいては医療経済にも好影響を与える。

  10. 慢性腎不全患者の予後を規定する炎症をターゲットとする新しい治療戦略の確立

    研究課題/研究課題番号:15K09289  2015年4月 - 2018年3月

    坂田 史子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    慢性腎臓病(CKD)における慢性炎症は予後不良の危険因子であるが、機序は分かっていない。我々は動物実験(腎不全マウス)や細胞実験で、食塩負荷による高浸透圧の状況をつくることで、臓器炎症が惹起される機序を解明した。腎不全患者では、塩分制限ができていないと、浮腫や心不全を起こしやすい。CKD患者にとって減塩は血圧コントロールをするうえで、重要である。さらに減塩で臓器炎症が抑えられると、心血管系の合併症の軽減、腎不全そのものの進行の抑制が可能であることが示唆された。

  11. 腹膜透析関連腹膜炎、特に真菌感染の腹膜に与える影響と、補体活性制御系の関与

    研究課題/研究課題番号:15K09288  2015年4月 - 2018年3月

    水野 正司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    長期腹膜透析(PD)により、PD患者の中皮細胞の膜補体制御因子が影響を受けていることを明らかにした。また、PD関連腹膜炎排液中の補体活性化産物による、原因菌の予想や腹膜炎(その後の腹膜傷害を含む)の予後予測ためバイオマーカーへの応用について検討し、感染性腹膜炎患者のPD排液中sC5b-9濃度測定が役立つ可能性を示した。また、真菌感染後の被嚢性腹膜硬化症(EPS)発症機序解明のために、新たな実験動物モデルを開発し、C5aをターゲットとした抗補体療法の可能性を示した。

  12. 腹膜透析関連腹膜炎、特に真菌感染の腹膜に与える影響について、補体活性制御系の関与

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    水野正司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 慢性腎臓病における心腎連関を早期診断・モニタリングする新規バイオマーカーの確立

    研究課題/研究課題番号:26461222  2014年4月 - 2017年3月

    鈴木 康弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    CKD における心腎連関を反映する新規バイオマーカーを探索した。CKD動物モデル組織検体からメタボローム解析法により線維化などの心病変を反映する候補物質を同定。大動脈縮窄モデルなど複数のモデルで血清中にこの候補物質が上昇することを同定した。また候補物質の代謝経路を解析するために線維芽細胞において刺激実験をおこない、候補物質の動態を検討した。さらに候補物質を、当院にて腹膜透析施行中の患者血清で測定。心エコー検査における心肥大所見と有意に相関(P=0.001, R2=0.25)することを確認した。
    以上の実験を通して心線維化を早期から同定し、その進行を反映するバイオマーカーを同定できた。

  14. 腹膜透析における腹膜傷害に対する補体学的機序の解明と補体制御の可能性

    研究課題/研究課題番号:24591227  2012年4月 - 2015年3月

    水野 正司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    ヒト腹膜では、中皮細胞を中心に3種類の補体制御因子(CReg)の豊富な存在を証明した。腹膜透析(PD)が腹膜に与える補体系への影響について、PD排液中のsC5b-9とD/Pクレアチニンは相関し、腹膜機能を代表するD/PクレアチニンとPD患者の腹膜中皮細胞のCD55の発現が逆相関することを見出した。一方で血中とPD排液中のC4は相関を認めたが、C3には無かった。このことは、CRegの変化が、補体第二経路活性化の関与と補体活性化産物の生成が腹膜機能に影響する可能性を示唆した。
    急性腹膜障害の動物実験モデルでは、C5aの障害進展への関与とC5aが腹膜障害が抗補体療法の対象となり得ることを示した。

  15. PDの腹膜機能不全、慢性腎臓病に対するリンパ管新生を標的とした新規治療戦略

    研究課題/研究課題番号:24591228  2012年4月 - 2015年3月

    伊藤 恭彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    適切な体液量管理は、腹膜透析患者の良好な成績を得るために重要である。我々は、ヒト腹膜透析の排液、培養ヒト腹膜中皮細胞、ヒト腹膜組織、さらに腹膜線維化モデルを用いて腹膜透析におけるリンパ管の役割を検討した。今回の研究により、横隔膜を中心として線維化に伴いリンパ管新生が認められ、腹膜傷害時のリンパ管新生が普遍的現象であることを示した。そして、リンパ管新生にはTGF-b-VEGF-C pathwayを介する経路があり、リンパ管抑制によって除水量の改善が期待できることが明らかとした。さら横隔膜リンパ管新生において、VEGF-Dも重要な役割を果たしていることを明らかにした。

  16. 腹膜透析における腹膜傷害に対する補体学的機序の解明と補体制御の可能性

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  17. 長期腹膜透析の可能性に向けた、補体学的アプローチ

    研究課題/研究課題番号:21591054  2009年 - 2011年

    水野 正司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    正常腹膜で、ラットに膜補体制御因子(CRegs)機能抑制によりその重要性を示し、腹膜透析(PD)液が正常腹膜において、PD液の低pHと高浸透圧により易補体活状態になることを証明した。また、致死率の高い被嚢性腹膜硬化症(EPS)発症に至る過程に、腹膜炎の状況で、補体制御異常が像悪因子となるかどうかを、ラット真菌障害モデルのCRegs機能抑制により、腹膜に与える影響を調べた。結果、腹膜傷害の増悪、およびEPS初期の一反応と考えられる腹膜表層にフィブリン層の形成を観察し、補体異常活性化が増悪因子となる可能性を示した。

  18. 腹膜透析の合併症である、腹膜硬化症進展への補体関与の解析と抗補体治療の可能性

    研究課題/研究課題番号:19590946  2007年 - 2008年

    水野 正司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    腹膜透析(PD)を長期・安全に施行のため、慢性的腹膜障害と致死的合併症である被包性腹膜硬化症(EPS)の治療・予防は、重要な課題の一つである。一方、真菌性腹膜炎は重篤になり、EPSに陥るという報告もある。その機序は不明な点が多く、適切な実験モデルが存在しない。今回、我々は、物理的擦過モデルに真菌菌体成分のZymosanをPD液と投与し、高度かつ慢性的に持続する腹膜炎モデルを得て、捕体活性化の関与の重要性と抗捕体治療の可能性について示した。

  19. 腎障害におけるアナフィラトキシン、C3a,C5aの役割の解明

    研究課題/研究課題番号:11671033  1999年 - 2000年

    松尾 清一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究により明らかにされた成果は以下の通りである。
    A.高度の糸球体障害の指標のひとつである糸球体内血栓形成には補体活性化産物であるアナフィラトキシン、特にC5aが深く関与していることが明らかになった。 B.ラット血栓形成性糸球体腎炎モデルを用いた実験結果から、アナフィラトキシンC5a受容体を特異的阻害ペプチドで抑制することにより糸球体障害が軽減されることが明らかになった。 C.抗血栓薬として期待されている可溶型トロンボモデュリンはその高い抗血栓作用の一部が、アナフィラトキシンを不活化させる作用を介していることが明らかになった。 D.そのメカニズムとしてトロンビン・トロンボモデュリン複合体によるアルギニン特異的カルボキシペプチダーゼ(CPR)の活性化、すなわちpro-CPRからCPRへの転換が促進され、CPRがアナフィラトキシンC5aを不活性化することにより好中球の浸潤を抑制する事が明らかになった。 E.腎臓においてアナフィラトキシンレセプターの発現が見られ、ループス腎炎などでその発現が亢進することが明らかになった。
    以上の研究成果により、これまで補体による腎障害がおもに補体活性化最終産物であるmembrane attack complex(MAC)によるとする仮説に一石を投じ、補体活性化の中間産物として生成されるアナフィラトキシンも糸球体障害に重要な役割を果たすことが明らかになった。さらにヒト、マウスに続き我々はラットでアナフィラトキシンを不活性化する酵素であるCPRをクローニングし、従来から用いているC5aレセプター拮抗ペプチドとともに、CPRを用いて糸球体障害を制御する試みが可能になった。今後、抗補体療法の臨床への応用を考えるうえで本研究の成果は重要な情報をもたらすものと期待される。

  20. 糸球体内血栓形成におけるセレクチンの関与及び糖転移酵素の関与

    研究課題/研究課題番号:10670994  1998年 - 1999年

    湯沢 由起夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    セレクチン及びそのリガンド糖鎖は炎症の発症・進展に重要な働きをしている。また、一般の炎症のみならず血管内凝固においても白血球の浸潤が深くかかわっている。進行性腎障害において血栓形成はその重要な増悪因子の一つであるが、血栓形成を伴う腎障害における接着分子の関与特にセレクチンやリガンド糖鎖を発現する糖転移酵素の関与については十分に解明されていない。ラット糸球体内血栓形成腎炎モデルを用いて、セレクチン及び合成糖鎖の治療効果について検討した。その結果、糸球体内血栓形成は、白血球浸潤及びP-セレクチンに依存性であり、P-セレクチンは白血球-内皮細胞の接着及び血小板を介する白血球-白血球の接着に関与し、糸球体内血栓形成に深く関与していることが証明された。本モデルに対するスルファチド誘導体(SKK600374)の治療効果は、糸球体内への白血球や血小板の浸潤及び糸球体内血栓形成において、ともに有意な阻害活性を示し、抗P-セレクチン抗体とほぼ同等の阻害活性を確認した。これらの結果よりスルファチド誘導体は、セレクチン阻害薬として臨床応用が期待でき、特に進行性の腎障害における新たな治療の可能性を持つことが示された。
    次に、セレクチンのリガンド糖鎖の発現に重要である糖転移酵素のひとつであるN-acetylglucosamine-6-o-sulfotransferaseの発現及びこの酵素により誘導される糖鎖抗原の発現を胎児腎組織において検討した。この結果、(1)N-acetylglucosamine-6-o-sulfotransferaseのmRNAの発現は上皮細胞において強く認められるが、この酵素により誘導される6-sulfo Lewis Xや6-sulfo sialyl Lewis Xなどの糖鎖抗原は腎では認められなかった。この事実より、腎におけるセレクチンのリガンド糖鎖の発現には、フコース転移酵素やシアル酸転移酵素がより重要である可能性が示唆された。

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 第11回市民公開講座 腎臓病と共に生きる

    役割:講師

    東海腹膜透析研究会  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    「腎不全の治療法(PD/HD/移植)」の講演

  2. 第8回腎臓から考える健康ライフセミナー~はじめてみよう!腎臓を守るための身近な生活習慣からの見直し

    役割:講師

    2018年3月

     詳細を見る

    対象: 市民団体