Updated on 2021/06/23

写真a

 
KAWAI Nobuyuki
 
Organization
Nagoya University Graduate School of Informatics Department of Cognitive and Psychological Sciences 1 Professor
Title
Professor
Contact information
メールアドレス

Degree 3

  1. Doctor of Philosophy ( 1998.10   Kwansei Gakuin University ) 

  2. Master of Literature ( 1992.3   Kwansei Gakuin University ) 

  3. 文学士 ( 1990.3   関西学院大学 ) 

Research Interests 1

  1. Comparative cognitive science, learning, memory, attention, animal learning, comparative psychology, primate cognition, fetus, aging, development, evolution

Research Areas 3

  1. Others / Others  / General Neuroscience

  2. Others / Others  / Cognitive Science

  3. Others / Others  / Experimental Psychology

Current Research Project and SDGs 3

  1. 情動表出の生理学的・心理学的研究

  2. Comparative cognition from the view point of Learning

  3. 加齢による認知の変化

Research History 16

  1. 日本学術会議   連携会員

    2020.10 - 2026.9

  2. 中部大学創発学術院    客員教授

    2020.4

      More details

    Country:Japan

  3. 名古屋大学情報学部人間・社会情報学科   学科長

    2020.4

      More details

    Country:Japan

  4. 国立大学法人 広島大学大学院総合科学研究科   客員教授

    2020.4 - 2020.9

      More details

    Country:Japan

  5. 名古屋大学大学院情報学研究科   心理・認知科学専攻   教授

    2019.9

      More details

    Country:Japan

  6. 中部大学創発学術院    客員准教授

    2018.4 - 2020.3

      More details

    Country:Japan

  7. 名古屋大学大学院情報学研究科   准教授(心理・認知科学専攻 認知科学講座)

    2017.4 - 2019.8

      More details

    Country:Japan

  8. 国立精神・神経医療研究センター   神経研究所   客員研究員

    2011.4

      More details

    Country:Japan

  9. 科学技術振興機構    岡ノ谷ERATO情動情報プロジェクト    科学技術振興機構 岡ノ谷ERATO情動情報プロジェクト グループリーダー

    2009.4 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

  10. 名古屋大学大学院情報科学研究科    准教授

    2007.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  11. 名古屋大学大学院情報科学研究科    助教授

    2004.3 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  12. 名古屋大学大学院情報科学研究科    助手

    2003.4 - 2004.3

      More details

    Country:Japan

  13. 名古屋大学大学院人間情報学研究科   助手

    2001.4 - 2003.3

      More details

    Country:Japan

  14. 京都大学霊長類研究所   講師

    1999.4 - 2001.3

      More details

    Country:Japan

  15. Japan Society for Promotion of Science

    1996.4 - 1999.3

      More details

    Country:Japan

  16. Japan Society for Promotion of Science

    1994.4 - 1996.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 4

  1. Kwansei Gakuin University   Graduate School, Division of Letters

    - 1998.10

      More details

    Country: Japan

  2. Kwansei Gakuin University   Graduate School, Division of Letters

    1992.4 - 1995.3

      More details

    Country: Japan

  3. Kwansei Gakuin University   Graduate School, Division of Letters

    1990.4 - 1992.3

      More details

    Country: Japan

  4. Kwansei Gakuin University   Faculty of Literature

    - 1990.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 48

  1. 日本認知科学会   副会長

    2021.1

  2. 日本学術会議   連携会員

    2020.10 - 2026.9

  3. 日本行動科学学会   運営委員

    2018.4

  4. 日本心理学会   機関紙等編集委員長

    2017.11 - 2019.10

  5. 日本心理学会   機関紙等編集委員

    2017.11 - 2019.10

  6. 日本心理学会   地域別代議員(中部)

    2017.4 - 2019.3

  7. 日本認知科学会   常任運営委員

    2017.1

  8. 日本心理学会   機関紙等副編集委員長

    2015.11 - 2017.10

  9. 日本心理学会   機関紙等編集委員

    2015.11 - 2017.10

  10. 日本心理学会   専門別代議員(第一部門)

    2015.3 - 2017.3

  11. 日本心理学会   機関紙等編集委員

    2013.11 - 2015.10

  12. 日本心理学会   第31回国際心理学会議組織委員会プログラム委員会委員

    2013.5 - 2016.12

  13. 日本心理学会   専門別代議員(第一部門)

    2013.3 - 2015.3

  14. 日本心理学会   専門別代議員(第一部門)

    2011.4 - 2013.3

  15. 日本認知科学会   運営委員

    2011.1

  16. 日本心理学会   中部地区代議員

    2007.7 - 2009.6

  17. 日本心理学会   優秀論文賞選考委員

    2015.4 - 2016.3

  18. 日本心理学会   優秀論文賞選考委員

    2014.4 - 2015.3

  19. 日本心理学会   第31回国際心理学会議組織委員会プログラム委員会委員

    2013.5 - 2016.12

  20. 日本心理学会   「心理学ワールド」編集委員会委員 

    2007.7 - 2009.6

  21. 日本心理学会   「心理学ワールド」編集委員会委員 

    2005.11 - 2007.6

  22. 日本認知科学会   運営委員

    2009.1 - 2010.12

  23. 日本認知科学会   運営委員

    2003.1 - 2008.12

  24. 日本認知科学会   常任運営委員

    2015.1 - 2016.12

  25. 日本認知科学会   常任運営委員

    2013.1 - 2014.12

  26. 日本認知科学会   常任運営委員

    2011.1 - 2012.12

  27. 日本認知科学会   常任運営委員

    2007.1 - 2008.12

  28. 日本認知科学会   常任運営委員

    2005.1 - 2006.12

  29. 日本認知科学会   常任運営委員

    2003.1 - 2004.12

  30. 日本認知科学会   編集委員

    2010.9 - 2015.5

  31. 日本認知科学会   編集委員

    2004.8 - 2008.8

  32. 日本行動科学学会   運営委員

    2012.3 - 2018.3

  33. 日本行動科学学会   運営委員

    2003.4 - 2008.3

  34. 日本行動科学学会   企画委員長

    2014.4 - 2016.3

  35. 日本行動科学学会   事務局長

    2010.4 - 2012.3

  36. 日本行動科学学会   事務局長

    2008.4 - 2010.3

  37. 日本動物心理学会   編集委員

    2012.4 - 2015.3

  38. 日本動物心理学会   編集委員

    2009.4 - 2012.3

  39. 日本動物心理学会   編集委員

    2003.4 - 2009.3

  40. 日本動物心理学会   理事

    2017.9 - 2020.11

  41. 日本動物心理学会   理事

    2014.7 - 2017.9

  42. 日本動物心理学会   理事

    2011.9 - 2014.7

  43. 日本学術振興会   科学研究費委員会 専門委員

    2014.12 - 2015.3

  44. 日本学術振興会   科学研究費委員会 専門委員

    2013.12 - 2014.11

  45. 日本学術振興会   科学研究費委員会 専門委員

    2009.12 - 2011.11

  46. 日本学術振興会   科学研究費委員会 専門委員

    2021.6 - 2021.11

  47. American Psychological Society

  48. the comparative cognition society

▼display all

Committee Memberships 6

  1. 日本学術振興会 科学研究費委員会   専門委員  

    2021.6 - 2021.11   

      More details

    2段階書面審査「国際共同研究強化(B)」

  2. 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   科学技術専門家ネットワーク・専門調査員  

    2016.4   

      More details

    Committee type:Government

  3. 京都大学霊長類研究所共同利用・共同研究拠点専門委員会   京都大学霊長類研究所共同利用・共同研究拠点専門委員会委員  

    2016.4 - 2018.3   

  4. 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター   専門調査員  

    2014.4 - 2016.3   

      More details

    Committee type:Government

  5. 日本学術振興会 科学研究費委員会    科学研究費委員会 専門委員  

    2013.12 - 2015.3   

      More details

    Committee type:Other

  6. 日本学術振興会 科学研究費委員会    専門委員  

    2009.12 - 2011.11   

      More details

    Committee type:Other

▼display all

Awards 11

  1. 2019年度 日本発達心理学会賞

    2020.3   日本発達心理学会   高齢者は渋滞時に攻撃性が高まる:運転シミュレーターと近赤外線分光法(NIRS)を用いた研究

    中田龍三郎, 久保(川合)南海子, 岡ノ谷一夫, 川合伸幸

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  2. 2016年度 ヒューマンコミュニケーション賞(HC賞)

    2016.12   電子情報通信学会  

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  3. 平成27年度科学研究費助成事業(科研費)審査委員表彰

    2015.10   日本学術振興会  

     More details

    Country:Japan

  4. 2013年度 ヒューマンコミュニケーション賞〈HC賞)

    2013.12   電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ  

     More details

    Country:Japan

  5. 学術大会特別優秀発表賞

    2013.12   日本心理学会  

     More details

    Country:Japan

  6. SII2010 Best Paper Award Finalist

    2010.12   2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration  

     More details

    Country:Japan

  7. Tne Frank A. Beach Comparative Psychology Award

    2010.8   American Psychological Association  

     More details

    Country:United States

  8. 日本学士院 学術奨励賞

    2010.3   日本学士院  

     More details

    Country:Japan

  9. JSPS Prize

    2010.3   Japan Society for the Promotion of Science  

     More details

    Country:Japan

  10. 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2005.4   文部科学省  

     More details

    Country:Japan

  11. 高島賞(第10回学術奨励賞)

    2001.7   日本霊長類学会  

     More details

    Country:Japan

▼display all

 

Papers 104

  1. Watching a remote-video confederate eating facilitates perceived taste and consumption of food. Reviewed International journal

    Kawai, N., Guo, Z., & Nakata, R.

    Physiology & Behavior   Vol. 238   2021.5

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publisher:Elsevier  

    online first

    DOI: 10.1016/j.physbeh.2021.113469

  2. 「心のくせ」を利用すると、勝てるかも!

    川合 伸幸

    子供の科学    ( 5月号 キミのハテナを科学する なぜ?なぜ?どうして? ) page: 44   2021.4

  3. Older adults exhibit greater brain activity than young adults in a selective inhibition task by bipedal and bimanual responses: An fNIRS study. Reviewed International journal

    Kawai, N., Nakata, R., & Kubo-Kawai, N.

    NeuroReport   Vol. 31 ( 14 ) page: 1048-1053   2020.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1097/WNR.0000000000001516

  4. Humans detect snakes more accurately and quickly than other animals under natural visual scenes: A flicker paradigm study Reviewed International journal

    Kawai, N. & Qiu, H.

    Cognition and Emotion   Vol. 34 ( 3 ) page: 614-620   2020.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1080/02699931.2019.1657799

  5. Common marmosets (Callithrix jacchus) evaluate third-party social interactions of human actors but Japanese monkeys (Macaca fuscata) do not. Reviewed International journal

    Kawai, N., Nakagami, A., Yasue, M., Koda, H., & Ichinohe, N.

    Journal of Comparative Psychology   Vol. 133 ( 4 ) page: 488-495   2019.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1037/com0000182

  6. 高齢者は凶暴か? 

    川合 伸幸

    心と社会   Vol. 50 ( 3 ) page: 22-26   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 社会的な存在-他者-をプロジェクションする

    中田龍三郎・川合伸幸

    認知科学   Vol. 26 ( 1 ) page: 86-97   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本認知科学会  

    DOI: 10.11225/jcss.26.86

  8. 高齢者は渋滞時に攻撃性が高まる:運転シミュレーターと近赤外線分光法(NIRS)を用いた研究 Reviewed

    中田龍三郎, 久保(川合)南海子, 岡ノ谷一夫, 川合伸幸

    発達心理学研究   Vol. 29 ( 3 ) page: 133-144   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:発達心理学会  

  9. Repeated stops for a red light induced a left-superior asymmetrical brain activity in the near-infrared spectroscopy reflecting approach motivation of anger in elderly adults but not in younger adults. Reviewed

    *Nakata Ryuzaburo, Kubo-Kawai Namiko, Okanoya Kazuo, Kawai Nobuyuki

    Japanese Psychological Research   Vol. 60 ( 4 ) page: 327-336   2018.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1111/jpr.12205

  10. Inequity aversion is observed in common marmosets but not in marmoset models of autism induced by prenatal exposure to valproic acid. Reviewed International journal

    M. Yasue, A. Nakagami, K. Nakagaki, *N. Ichinohe, N. Kawai

    Behavioural Brain Research   Vol. 343   page: 36-40   2018.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.bbr.2018.01.013

  11. 人をヒトと思う教育を Invited

    川合 伸幸

    日本教育(日本教育会誌)   ( 1月 ) page: 8-9   2018.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 8-9

  12. 研究者の職人魂と夏の道場

    川合 伸幸

    認知科学   Vol. 25 ( 4 ) page: 365-366   2018

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. The "social" facilitation of eating without the presence of others: Self-reflection on eating makes food taste better and people eat more. Reviewed

    R. Nakata, N. Kawai

    Physiology & Behavior   Vol. 179   page: 23-29   2017.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1016/j.physbeh.2017.05.022

  14. なぜヒトは他人を助け,協力しようとするのか Invited

    川合 伸幸

    くらしと協同   ( 秋 ) page: 1   2017.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 00000

  15. 前腕CGモデルと実際の行為が質的に異なっても運動主体感は誘発されるが身体所有感の生成には完全な一致が必要 Reviewed

    渡邉翔太,川合伸幸

    認知科学   Vol. 24 ( 2 ) page: 185-195   2017.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions. Reviewed

    Kawai, N., He, H.

    PLoS ONE   Vol. 11 ( 10 ) page: e0164342   2016.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0164342e0164342

  17. Japanese monkeys (Macaca fuscata) quickly detect snakes but not spiders: Evolutionary origins of fear-relevant animals. Reviewed

    Kawai N, Koda H.

    Journalof comparative Psychology   Vol. 130 ( 3 ) page: 299-303   2016.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1037/com0000032

  18. Conserved evolutionary history for quick detection of threatening faces Reviewed

    N. Kawai, K. Kubo, N. Masataka, S. Hayakawa

    Animal Cognition   Vol. 19 ( 3 ) page: 655-660   2016.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1007/s10071-015-0949-y

  19. 食餌性強化子をもちいたアカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)の輪くぐり行動の学習. 動物心理学研究 Reviewed

    井谷美友・久保(川合)南海子・川合伸幸

    動物心理学研究   Vol. 65 ( 2 ) page: 63-69   2015.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.2502/janip.65.2.2

  20. Indifference of marmosets with prenatal valproate exposure to third-party non-reciprocal interactions with otherwise avoided non-reciprocal individuals. Reviewed

    Yasue, M., Nakagami, A., Banno, T., Nakagaki, K., Ichinohe, N., & Kawai, N

    Behavioural Brain Research   Vol. 292   page: 323-326   2015.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. Mindfulness and psychological status of Japanese yoga practitioners: A cross-sectional study. Reviewed

    Miyata, H., Okanoya, K., & Kawai, N.

    Mindfulness   Vol. 6 ( 3 ) page: 560-571   2015.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1007/s12671-014-0288-0

  22. Spiders do not evoke greater early posterior negativity in the event-related potential as snakes. Reviewed

    He, H., Kubo, K., & Kawai, N.

    NeuroReport   Vol. 25 ( 13 ) page: 1049-1053   2014.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1097/WNR.0000000000000227

  23. 怒り状態の心理・生理反応 Reviewed

    久保賢太・賀洪深・川合伸幸

    心理学評論   Vol. 57 ( 1 ) page: 27-44   2014.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.24602/sjpr.57.1_27

  24. "Granny dumping": Acceptability of sacrificing the elderly in a simulated moral dilemma Reviewed

    Kawai, N., Kubo, K., & Kubo-Kawai, N.

    Japanese Psychological Research   Vol. 56 ( 3 ) page: 254-262   2014.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1111/jpr.12049

  25. ヒトが他者を助けるのは生得的で普遍的であることを示す最近の社会心理学・発達心理学・神経科学研究の紹介

    川合伸幸

    認知科学   Vol. 21 ( 2 ) page: 269-276   2014.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  26. Marmoset monkeys evaluate third-party reciprocity. Reviewed

    Kawai, N., Yasue, M., Banno, T., & Ichinohe

    Biology Letters   Vol. 10 ( 5 ) page: XX-XX   2014.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1098/rsbl.2014.0058

  27. Emotional attention modulates microsaccadic rate and direction Reviewed

    Koji Kashihara, Kazuo Okanoya & Nobuyuki Kawai

    Psychological Research   Vol. 78 ( 2 ) page: 166-179   2014.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: DOI 10.1007/s00426-013-0490-z

  28. 社会的感情の計測と抑制

    久保賢太・川合伸幸

    生物の科学 遺伝    Vol. 67 ( 6 ) page: 668-673   2013.11

     More details

    Language:Japanese  

  29. 至高体験の行動学的解析

    宮田裕光・川合伸幸

    生物の科学 遺伝    Vol. 67 ( 6 ) page: 679-684   2013.11

     More details

    Language:Japanese  

  30. チンパンジーを用いた胎児学習能に関する研究

    諸隈誠一・川合伸幸・友永雅己・福嶋恒太郎・加藤聖子

    産婦人科の実際   Vol. 62 ( 9 ) page: 1276-1277   2013.9

     More details

    Language:Japanese  

  31. Shadows alter facial expressions of Noh masks. Reviewed

    Kawai, N., Miyata, H., Nishimura, R., & Okanoya, K.

    PLoS ONE   Vol. 8 ( 8 ) page: e71389.   2013.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: DOI:10.1371/journal.pone.0071389

  32. 美しい日本の研究「芸術の認知科学」:特集号の編集にあたって

    川合 伸幸

    認知科学   Vol. 20 ( 1 ) page: 3-9   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 能面とモナ・リザとハローキティ  Reviewed

    川合 伸幸

    認知科学   Vol. 20 ( 1 ) page: 46-58   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.11225/jcss.20.46

  34. The mysterious Noh mask: Contribution of multiple facial parts to the recognition of emotional expression. Reviewed

    PLoS One   Vol. 7 ( 11 ) page: e50280   2012.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0050280

  35. Distinct aging effects for two types of inhibition in older adults: a near-infrared spectroscopy study on the Simon task and the flanker task Reviewed

    Nobuyuki Kawai, Namiko Kubo-Kawai, Kenta Kubo, Tae Terazawaa and Nobuo Masataka

    NeuroReport   Vol. 23 ( 14 ) page: 819-824   2012.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: DOI: 10.1097/WNR.0b013e3283578032

  36. 表情・情動語に対する心理生理的反応 Reviewed

    野村光江・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    行動科学   Vol. 51 ( 1 ) page: 1-6   2012.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  37. 顔の比較認知科学 Reviewed

    川合伸幸

    BRAIN and NERVE-神経研究の進歩増大特集 顔認知の脳内機構   Vol. 64 ( 7 ) page: 793-798   2012.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. Apology isn't good enough: An apology suppresses an approach motivation but not the physiological and psychological anger. Reviewed

    Kubo, K., Okanoya, K., & Kawai, N.

    PLoS one   Vol. 7 ( 3 ) page: e33006   2012.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0033006.

  39. サルの手の心的回転:サルの手や手ぶくろのイメージ操作にも自身の手のような可動域の制約が生じるか  Reviewed

    川合伸幸・久保(川合)南海子

    認知科学   Vol. 18 ( 4 ) page: 585-594   2011.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  40. 怖いものほど早く見つけてしまう:生得的な脅威感知システム Reviewed

    川合伸幸

    行動科学   Vol. 50 ( 1 ) page: 49-57.   2011.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  41. Attentional shift by eye gaze requires joint attention:: Eye gaze cues are unique to shift attention. Reviewed

    Kawai, N.

    Japanese Psychological Research   Vol. 53 ( 3 ) page: 292-301.   2011.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  42. The influence of color on snake detection in visual search in human children.  Reviewed

    Hayakawa, S., Kawai, N., & Masataka, N.

      Vol. 1 ( 80 )   2011.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1038/srep00080

  43.  ヘビが怖いのは生まれつきか?:サルやヒトはヘビをすばやく見つける  Reviewed

    川合伸幸

    認知神経科学   Vol. 13 ( 1 ) page: 103-109   2011.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  44. The reversed work-ethic effect: Monkeys avoid stimuli associated with high-effort. Reviewed

    Shibasaki, M., & Kawai, N.

    Japanese Psychological Research,   Vol. 53 ( 1 ) page: 77-85.   2011.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  45. 恐怖関連刺激の視覚探索:ヘビはクモより注意を引く Reviewed

    柴崎全弘・川合伸幸

    認知科学   Vol. 18 ( 1 ) page: 158-172   2011.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  46. 能面は能で想定した情動を正しく伝えているのか? Reviewed

    西村律子・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    認知科学   Vol. 17 ( 4 ) page: 750-760   2010.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: .

  47. Human Young Children as well as Adults Demonstrate `Superior' Rapid Snake Detection When Typical Striking Posture Is Displayed by the Snake Reviewed

    Nobuo Masataka, Sachiko Hayakawa, Nobuyuki Kawai

    PLoS ONE   Vol. 5 ( 11 ) page: e15122   2010.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  48. Elimination of the enhanced Simon effect for older adults in a three-choice situation: Aging and the Simon effect in a go/no-go Simon task. Reviewed

    Kawai, N. Kubo-Kawai, N.

      Vol. 63 ( 3 ) page: 452-464   2010.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  49. 動物はヒトをどのように認識しているか?:社会的手がかりに関するイヌとチンパンジーの比較研究,

    川合 伸幸

    行動科学   Vol. 48 ( 2 ) page: 133-142   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  50. Toward a new study on associative learning in human fetuses: Fetal associative learning in primates. Invited Reviewed

    Kawai Nobuyuki

    Infant and Child Development   Vol. 19   page: 55-59   2010.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  51. ヒトの記憶と他の動物の記憶に違いはあるのか

    川合伸幸

    言語   Vol. 38 ( 11 ) page: 66-73   2009.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  52. * Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system. Reviewed

    Shibasaki, M., & Kawai, N.

    Journal of Comparative Psychology   Vol. 123 ( 2 ) page: 131-135   2009.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  53. Retrospective inference in humans and nonhuman animals Reviewed

    Kawai, N. & Kubo-Kawai, N.

    Cognitive Studies   Vol. 15 ( 3 ) page: 378-391   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  54. The effects of response cost and time on choosing a stimulus Reviewed

    Shibasaki, M. & Kawai, N.

      Vol. 79 ( 3 ) page: 241-249   2008.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  55. Crossmodal spatial attention shift produced by centrally presented gaze cues. Reviewed

    N. Kawai

    Japanese Psychological Research   Vol. 50 ( 2 ) page: 100-103   2008.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  56. 賢さの進化と子どもの学び

    川合伸幸

    てら子屋   Vol. 10   page: 10-13   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  57. 胎児の「こころ」の研究に向けて

    川合伸幸

    ベビーサイエンス   Vol. 7   page: 14-15   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  58. 道徳認知に関する最近の心理学的・神経科学的研究の紹介

    川合伸幸

    認知科学   Vol. 14 ( 3 ) page: 455-461   2007.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    最近の道徳認知に関する重要論文3編をとりあげ、それぞれの要約を示しつつ、その研究の意義を論じ、それらに関連文献の書誌情報と要約を紹介し、心理学的研究および神経科学的研究について解説を加えた。

  59. An introduction of recent studies on becoming a face expert.

    N. Kawai

      Vol. 14 ( 2 ) page: 217-222   2007.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  60. Interference effects by spatial proximity and age-related declines in spatial memory by Japanese monkeys (Macaca fuscata): Deficits in the combined use of multiple spatial cues. Reviewed

    N. Kubo-Kawai, N. Kawai

    Journal of Comparative Psychology   Vol. 121   page: 189-197   2007.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  61. An introduction of recent studies on imitaion and understanding of action intention by mirror system, monkeys, and infants.

    N. Kawai

      Vol. 14 ( 1 ) page: 155-160   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  62. Looking compensates for distance between mother and infant chimpanzee. Reviewed

    S. Okamoto-Barth, N. Kawai, M. Tanaka, M. Tomonaga

    Developmental Science   Vol. 10 ( 2 ) page: 172-182   2007.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  63. 子どものときのことを覚えていないのはなぜ?

    川合伸幸

    心理学ワールド   Vol. 39   page: 34   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  64. * The role of attention in the facilitation effect and another “inhibition of return". Reviewed

    S.Okamoto-Barth, N. Kawai

    Cognition   Vol. 101 ( 3 ) page: 42-50   2006.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  65. An introduction of recent studies on language evolution.

    N. Kawai

      Vol. 13 ( 4 ) page: 523-526   2006.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  66. 動物の認知:比較からみる心の進化と発生

    川合伸幸,平石界

    認知科学   Vol. 12 ( 3 ) page: 137-141   2005.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  67. 対話を伴うビデオ映像を幼児はよく憶えるか? Reviewed

    坂田陽子,川合伸幸

    発達心理学研究   Vol. 15 ( 3 ) page: 376-384   2004.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    現在の認知科学では進化的な視点が欠落しており、ヒトの心を科学的に理解するためには、ヒトの心がどのように発生し進化したかということを調べる必要性を述べた。また一方で、現在の国内における比較認知科学の現状を整理し、より積極的に認知科学との連携を強めるべきであると主張した。

  68. Fetal habituation correlates with functional brain development Reviewed

    S. Morokuma, K. Fukushima, N. Kawai,M. Tomonaga, S. Satoh, & H. Nakano

    Behavioural Brain Research   Vol. 153 ( 2 ) page: 459-463   2004.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  69. * Associative learning and memory in a chimpanzee fetus: Learning and long lasting memory before birth. Reviewed

    N. Kawai, S. Morokuma, M. Tomonaga, N. Horimoto, & M. Tanaka

    Developmental Psychobiology   Vol. 44 ( 2 ) page: 116-122   2004.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  70. Avoidance learning in the crayfish (Procambarus Clarkii) depends on the predatory imminence of the unconditioned stimulus: A behavior systems approach to learning in invertebrates. Reviewed

    N. Kawai, R. Kono, S. Sugimoto

    Behavioural Brain Research   Vol. 150 ( 1-2 ) page: 229-237   2004.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  71. Action planning in humans and chimpanzees but not in monkeys. Reviewed

    N. Kawai

    Behavioral and Brain Sciences   Vol. 27 ( 1 ) page: 42-43   2004.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  72. Color classification by chimpanzees (Pan troglodytes) in a matching-to-sample task Reviewed

    T. Matsuno, N. Kawai, T. Matsuzawa

    Behavioural Brain Research   Vol. 148 ( 1-2 ) page: 157-165   2004.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  73. 系列的なシンボル操作の進化と発達 Reviewed

    川合伸幸

    動物心理学研究   Vol. 52 ( 2 ) page: 97-104   2002.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    チンパンジー・アイを対象に,一度にどれくらいの数字をおぼえられるかを調べたところ,瞬時に5つの数字をおぼえ,この(短期)記憶の容量は,ヒトの成人の7項目とほぼ同程度であることを示した。さらに,エラーのパターンもヒトと同じで,認知過程が共通していることを示した。しかし数字を並べる課題で,ヒトでは(1-2-3-4-5)より,(1-2-2-2-3)のように同じ数字が含まれるほうが早く反応できるが,逆にチンパンジーは同じ数字が多く含まれるほど遅くなった。これはヒトが,(1-[222]-3)と3つの項目として処理し

  74. An analysis of the effects of contextual cues on the development of morphine tolerance in rats. Reviewed

    M. Nakama-Kitamura, N. Kawai, T. Hayashi, H. Imada

    Japanese Journal of Neuropsychopharmachology   Vol. 22 ( 3 ) page: 79-84   2002.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  75. An infant chimpanzee (Pan troglodytes) follows human gaze. Reviewed

    S. Okamoto, M. Tomonaga, K. Ishii, N. Kawai, M. Tanaka, T. Matsuzawa

    Animal Cognition   Vol. 5 ( 2 ) page: 97-114   2002.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  76. Ordering and planning in sequential responding to Arabic numerals by a chimpanzee Reviewed

    N. Kawai

    Psychologia   Vol. 44 ( 1 ) page: 60-69   2001.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  77. "Magical number 5 " in a chimpanzee, Reviewed

    N. Kawai, T. Matsuzawa

    Behavioral and Brain Sciences   Vol. 24 ( 1 ) page: 127-128   2001.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  78. チンパンジーの知性:記憶から探るその知性?シンボルの操作と記憶容量

    川合伸幸

    自動車技術会関東支部報   Vol. 34 ( 10 ) page: 13-16   2000.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    チンパンジーの知性について,シンボル操作と短期記憶の容量という観点から解説した。チンパンジーの行うシンボルの操作は,ヒトの言語の萌芽的なものとみなすことができ,ヒトの幼児と匹敵するほどの短期記憶の容量が,チンパンジーの高い知性の基盤であり,ヒトだけが高い知性を有しているのではなく,ヒトの知性には進化的な連続性があることを示した。

  79. チンパンジーによる数系列の理解と推移律の関係 Reviewed

    川合伸幸

    認知科学   Vol. 7 ( 3 ) page: 202-209   2000.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    チンパンジーの推移律と序数の理解の関係についての評論。過去におこなわれてきた霊長類の推論(推移律)の研究を,自らが行った実験と比較しつつ紹介した。また,推移律のような系列的な事象の理解と序数の理解の関係についても解説した。さらに,チンパンジーは数の序列化をどのような方略で処理しているのかについて,自らの実験を紹介しつつ論じた。

  80. 類人猿と人間はどこがちがうのか:チンパンジーの記憶範囲に基づく考察

    川合伸幸

    岩波書店,科学   Vol. 70 ( 8 ) page: 651-658   2000.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    ヒト以外の動物を対象とした記憶研究を概観し,チンパンジーを対象としたみずからの研究を紹介しつつ,ヒトとチンパンジーの認知は何が異なるのかを解説した。ヒトとチンパンジーの認知の類似性について言及しつつ,その違いとしては,チンパンジーでは情報の階層的理解に強い制限がある,との考えを表明した。

  81. 日本動物心理学会の動向:この10年間の大会発表からわかること

    川合伸幸

    動物心理学研究   Vol. 50 ( 1 ) page: 195-197   2000.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    日本動物心理学会の学会誌「動物心理学研究」の第50号特集号の編者として,1990年以降の日本動物心理学会での大会発表約900件を,動物種別,発表者の所属・有職の別に分類し,10年間の研究の動向を分析し,学会の今後の展望について意見を述べた。

  82. The number of trial upon the effects of US duration in conditioned licking suppression with rats Reviewed

    N. Kawai

    Japanese Journal of Animal Psychology   Vol. 50 ( 1 ) page: 21-26   2000.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  83. チンパンジーの短期記憶

    川合伸幸

    生物の科学 遺伝   Vol. 54 ( 5 ) page: 8-9   2000.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    ヒトとチンパンジーの記憶の類似性について紹介した。ヒトの短期記憶の容量が7±2項目であるのに対し,チンパンジーでは5項目であることを示した。これはほぼ就学前の子どもと同等であり,チンパンジーの高度な認知能力の基盤であることを示した。

  84. A conventional approach to chimpanzee cognition: Response to M. D. Hauser Reviewed

    N. Kawai, T. Matsuzawa

    Trends in Cognitive Science   Vol. 4 ( 4 ) page: 128-129   2000.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  85. * Numerical memory span in a chimpanzee Reviewed

    N. Kawai, T. Matsuzawa

    Nature   Vol. 403   page: 39-40   2000.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  86. A study of emotionality assessed using licking suppression in rats with microencephaly induced by prenatal methylazoxymethanolacetate (MAM) treatment Reviewed

    N. Kawai, K. Sugioka

    Behavioral Science Research   Vol. 38 ( 1 ) page: 1-6   1999.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  87. 刺激文脈からの脳機能の推定 Reviewed

    川合伸幸

    行動科学   Vol. 37 ( 1-2 ) page: 55-66   1999.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    自らがこれまで行ってきたUSの持続時間を操作した研究を紹介し,古典的条件づけでUSの強度や持続時間がどのように表象されているかについて述べた。また,動物研究で明らかになった弁別(分化)を促進する要因をまとめ,臨床場面への応用などについても解説した。

  88. 古典的条件づけにおけるUSの持続時間の役割について Reviewed

    川合伸幸

    心理学評論   Vol. 42 ( 1 ) page: 86-103   1999.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    古典的条件づけにおいてUSの持続時間を操作した過去の研究をすべて概観し,その操作に関わるあらゆる学習理論について評論した。USの長さの違いが条件づけの成績に影響を及ぼすのは,USの長さを比較できるときか,文脈への条件づけが弱いときだけで,それ以外は,条件づけの成績に反映されないことを,自らの一連の研究で明らかにした。この2点によって,USの持続時間を操作したときに得られる過去の一貫しない結果を全て統一的に説明できることを示した。

  89. Evidence for within-componnd learning in an instrumental conditioning with rats Reviewed

    N. Kawai, K. Kitaguchi

    Behavioral Processcs   Vol. 44 ( 3 ) page: 317-322   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  90. ザリガニにこころはあるのか

    川合伸幸

    実務教育出版 心理学ワールド   Vol. 3   page: 12-15   1998.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    動物にこころはあるのか,もしそうならば,どのような動物までがそれを有しているのかについて,比較心理学的な立場から考察した。ある動物が環境についての表象を複数持ち,それらに基づいて行動することが思考の原初的なものであり,その萌芽的なものは,自ら行ったザリガニの研究でも見出せることを論じた。

  91. 古典的条件づけにおけるUSの持続時間の機能に関する研究       (学位論文)

    川合伸幸

    関西学院大学     page: 総211頁   1998.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    古典的条件づけにおけるUSの持続時間の機能について,理論的・実験的に検討した。13の実験によって,USの持続時間が長くなるほど学習成績がよくなるのは,被験者が複数の持続時間を比較できる条件にあるか,1セッションにおけるUSの呈示回数が少数回のばあいだけであることを明らかにし,その2点によって,過去のUS持続時間を操作したすべての実験結果を説明できることを解明した。

  92. US事後呈示によるラットの条件性風味選好の緩和 Reviewed

    澤 幸祐, 川合伸幸, 中島定彦

    動物心理学研究   Vol. 48 ( 1 ) page: 47-53   1998.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    ラットに蔗糖を含んだある風味の溶液を飲ませ,その風味の溶液に条件づけを行った。その後に,風味をつけない蔗糖溶液を飲ませた結果,先に形成された選好が減弱した。第2段階で,新たな風味と蔗糖の溶液を呈示する群を設けることで,先のKawai & Nakajima (1997)のUSの事後呈示による風味選好の減弱効果が,対比効果,馴化,文脈への条件づけによるものではないことを示した。共同研究者として,主として企画および総括をおこなった。

  93. Effects upon rats' responses on a running wheel of single alternation of large and small rewards and external cues Reviewed

    N. Kawai, H. Imada

    Japanese Psychological Research   Vol. 40 ( 2 ) page: 117-123   1998.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  94. Effects of postconditioning manipulations following compound conditioning on conditioned licking suppression in rats Reviewed

    N. Kawai, N. Nishida, H. Imada

    Psychologia   Vol. 41 ( 1 ) page: 49-59   1998.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  95. ラットのおける無条件刺激の長さの分化条件づけ:US強度の効果 Reviewed

    川合伸幸

    動物心理学研究   Vol. 47 ( 2 ) page: 59-66   1997.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    ラットの摂水反応を指標とした条件性抑制の事態で,USの長さに対する分化条件づけ(弁別)を,さまざまな強度で行った。その結果,USの強度が増加すれば単に条件づけの水準が高くなるだけでなく,分化(弁別)の程度も顕著になることを示した。

  96. 最近の「動物心理学研究」について

    川合伸幸

    動物心理学研究   Vol. 47 ( 1 ) page: 49-51   1997.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    日本動物心理学会の学会誌「動物心理学研究」に掲載された論文をもとに,当時の動物を用いた心理学的研究の現状を,海外の研究事情や学会誌と比較しながら論じ,今後の学会の展望について意見を述べた。

  97. US postexposure effect on conditioned flavor preference in the rat. Reviewed

    N. Kawai, S. Nakajima

    Psychological Record   Vol. 47 ( 3 ) page: 499-518   1997.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  98. 最近の甲殻類の回避学習の研究について

    川合伸幸, 今田 寛

    関西学院大学文学部紀要   Vol. 47 ( 1 ) page: 42-63   1997.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    ここ数年で関心が高まりつつある無脊椎動物の学習研究についての理論的・実験的に研究した。甲殻類であるザリガニは,逃避反応として尾で後退する反射を有しているが,その強力な反射を条件づけることができず,危険信号に対する回避は歩行に限られた。これは,逃避反射を司る神経節が中枢からのコントロールを受け付けないという独立性のためだと考えられ,それを実証するための神経生理学的研究の可能性を展望した。筆頭著者として,企画・実施・総括のすべてを担当した。

  99. Failure of retrospective inference in the rats' taste aversion Reviewed

    S. Nakajima, N. Kawai

    Japanese Psychological Research   Vol. 39 ( 2 ) page: 87-97   1997.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  100. ラットにおける無条件刺激の長さの分化条件づけ:試行間間隔及び移行間間隔の効果 Reviewed

    川合伸幸

    心理学研究   Vol. 67 ( 5 ) page: 396-402   1996.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    先の研究で,古典的条件づけでは,USの長さの違いが,同一被験体内で比較される「移行」の回数が重要であることを明らかにしたが,条件づけに影響を及ぼす別の重要な要因である試行間間隔がどのような効果を持つか検討した。結果は,全体の試行間間隔にかかわらず,長いUSの試行と短いUSの試行の間の移行間間隔が長いほど,USの長さの違いは条件づけに反映されることを示した。

  101. Between-and within-subject effects of us duration on conditioned suppression in rats : Contrast makes otherwise unnoticed duration-dimension stand out Reviewed

    80. Kawai, N., & Imada, H.

    Learning and Motivation   Vol. 27 ( 1 ) page: 92-111   1996

     More details

    Language:English  

  102. ラットの古典的条件づけにおける同時対比効果 Reviewed

    川合伸幸

    感情心理学研究   Vol. 3 ( 1 ) page: 17-25   1995.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    自らが行った別の研究(Kawai & Imada (1996))は,被験体内計画法を用いればUSの長さの違いが条件づけの遂行水準に反映されることを示したが,その効果が他の実験事態でも得られるかを検証した論文。ラットの凍結反応を指標とした実験で,USの長さの違いは,被験体間計画法よりも被験体内計画法のほうがより強い効果として現れることを示し,この実験事態でも同様の効果が得られることを確認した。

  103. 条件性抑制直前の一次性及び二次性嫌悪刺激の脱抑制効果(ラット Reviewed

    川合伸幸, 今田 寛

    動物心理学研究   Vol. 40 ( 2 ) page: 20-28   1992.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    不快な刺激を受けた直後には,正反対の快の情動が喚起される,と仮定する相反過程理論から演繹される仮説を検証した。ラットの摂水反応を指標とした条件性抑制を獲得させた後に(恐怖の条件づけ),さらにその直前に別の嫌悪刺激を呈示したところ,その直後の,既に習得されていた恐怖が緩和され,相反過程理論を支持する結果が得られた。筆頭著者として,企画・実施・総括のすべてを担当した。

  104. 条件性抑制におけるUS持続時間の効果

    山下 光, 川合伸幸, 今田 寛

    関西学院大学文学部紀要   Vol. 41 ( 3 ) page: 63-74   1991.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    ラットを用いた古典的条件づけの事態で,USの長さを群間で操作した実験を行った。その結果,US持続時間と条件づけの水準の間には,強度を操作した研究のような明確な関係は見られないことが明かになった。その結果に対して,学習理論及び動機づけ理論からの理論的考察を行った。共同研究者として,主として実験の実施および理論的考察を行った。

▼display all

Books 34

  1. プロジェクション・サイエンス -心と身体を世界につなぐ第三世代の認知科学- 第6章「社会的な存在 -他者- を投射する」

    鈴木宏昭(編), 中田龍三郎, 川合伸幸( Role: Joint author)

    近代科学社  2020.9 

  2. The fear of snakes: Evolutionary and psychobiological perspectives on our innate fear.

    Kawai Nobuyuki( Role: Sole author)

    Springer Nature  2019.10 

  3. 凶暴老人 認知科学が解明する「老い」の正体

    川合 伸幸( Role: Sole author)

    小学館  2018.10 

  4. 科学の知恵 怒りを鎮める うまく謝る

    川合 伸幸( Role: Sole author)

    講談社  2017.9 

  5. 絵本から「子ども福祉」を考える

    青木文美(編)( Role: Joint author ,  コミュニケーション媒体としての絵本)

    春風社  2016.7 

  6. 「認知科学のススメ」シリーズ 『はじめての認知科学』

    内村直之・植田一博・今井むつみ・川合伸幸・嶋田総太郎・橋田浩一 ( Role: Joint author ,  第4章「動物らしさVS. ヒトらしさ」)

    新曜社  2016.2 

  7. 「認知科学のススメ」シリーズ『コワイの認知科学』

    川合伸幸・内村直之 ( Role: Sole author)

    新曜社  2016.2 

  8. ヒトの本性 なぜ殺し,なぜ助け合うのか

    川合 伸幸( Role: Sole author)

    講談社  2015.11 

     More details

    Total pages:224   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    従来の生物学で考えられていたように、ヒトは凶暴さを抑制できない残忍なサルなのか、あるいは超協力的性質を有する生き物なのか、霊長類学、神経科学、心理学、認知科学、犯罪学等の知見を駆使し、ヒトの本性とはどのようなものであるかを、自身の研究成果も踏まえて解説した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%AE%E6%9C%AC%E6%80%A7-%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%80%81%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%8A%A9%E3%81%91%E5%90%88%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B7%9D%E5%90%88-%E4%BC%B8%E5%B9%B8/dp/4062883449

  9. 女性研究者とワークライフバランス ――キャリアを積むこと、家族を持つこと

    仲真紀子・久保(川合)南海子 編( Role: Joint author ,  第1章コラム「配偶者より」 第5章コラム「配偶者より」)

    新曜社  2014.9 

  10. 最新 心理学事典 

    川合 伸幸 藤永保(監修)( Role: Joint author ,  生得的解発機構)

    平凡社  2013.12 

     More details

    Total pages:910   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

    最新心理学事典において「生得的解発機構」を単著で執筆した。動物には、生まれつき特定の刺激に対して、一連の反応が誘発される機構が備わっていることがある。そのことの発見の経緯や現象や理論について解説した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0-%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E8%97%A4%E6%B0%B8-%E4%BF%9D/dp/458210603X/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E6%9C%80%E6%96%B0+%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8&qid=1574819342&s=books&sr=1-1

  11. 発達心理学辞典

    川合 伸幸,日本発達心理学会(編)( Role: Joint author ,  計数・算数)

    丸善出版  2013.5 

     More details

    Total pages:712   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

    発達心理学事典において「計数・算数」を単著で執筆した。ヒトの計数能力はどのように発達するかについて最新の知見をまじえつつ、従来からの考えを概説した。
    数を数えるという認知には、いくつかの側面があり、それらは段階をおって発達する。その後に、足す引くという算数が可能になることを代表的な実験を紹介しつつ解説した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BA%E9%81%94%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%99%BA%E9%81%94%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E4%BC%9A/dp/4621085794/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E7%99%BA%E9%81%94%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%BE%9E%E5%85%B8&qid=1574819495&s=books&sr=1-1

  12. 顔を科学する 適応と障害の脳科学

    川合伸幸,山口真美・柿木隆介(編)( Role: Joint author ,  第13章 顔認知の進化)

    東京大学出版会  2013.1 

     More details

    Total pages:352   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    第13章「顔認知の進化」を単著で執筆した。ヒトは顔を見ればすぐに見たことがあるかどうか、既知の人物であれば誰かがすぐにわかる。また、未知の人物でも顔から性別やおおまかな年齢を認識できる。
    このような顔認識の特殊性は、ヒトに固有だろうか。この著書では、これまでにおこなわれてきた研究を概観し、霊長類が他個体の顔をどのように認識しているかについて整理し、ヒトの顔認識の特殊性と霊長類との共通点について示した。また、霊長類以外の生物の顔認識についても近年の知見を紹介した。そしてこれらの動物種の顔認識に関わる生理学的基盤について解説した。そのことから、哺乳類のなかでも、特に昼行性で視覚が良く社会集団を形成する動物種において、顔認識の収斂進化が進んだ可能性を示した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E9%A1%94%E3%82%92%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%99%E3%82%8B-%E9%81%A9%E5%BF%9C%E3%81%A8%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%84%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E7%9C%9F%E7%BE%8E/dp/413011137X/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E9%A1%94%E3%82%92%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%99%E3%82%8B+%E9%81%A9%E5%BF%9C%E3%81%A8%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%84%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6&qid=1574819617&s=books&sr=1-1

  13. よくわかる認知科学

    乾 敏郎・吉川 左紀子・川口 潤(編著)( Role: Joint author ,  共同注意)

    ミネルバ書房  2010.1 

  14. 「学び」の認知科学事典

    佐伯胖(監修)・渡部信一(編)( Role: Joint author ,  動物の学び)

    大修館  2010.1 

     More details

    Total pages:648   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

    「動物の学び」 査読なし
    「動物の学び」を担当した。従来からの条件づけによる「学習」といわゆる「学び」が、どのように異なるかを説明し、動物の「学び」の可能性について考察した。これまでの知見と自身の研究結果にもとづき、動物も「学び」が可能であり、それを育む環境について解説した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%A7%91%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E4%BD%90%E4%BC%AF-%E8%83%96/dp/4469012823/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%80%8C%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%A7%91%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8&qid=1574819883&s=books&sr=1-1

  15. 動物は何を考えているのか?学習と記憶の比較生物学

    曽我部正博編( Role: Joint author ,  第13章「知性の進化 -学習と記憶の起源と進化」)

    共立出版  2009.8 

  16. キーワードコレクション 心理学フロンティア

    宮内 哲, 下條信輔, 北岡明佳, 三宅 晶, 渡辺 茂, 川合伸幸, 中島定彦, 三浦佳世, 子安増生, 麻生 武, 山口真美, 二宮克美, 市川伸一, 北山 忍, 唐沢 穣, 亀田達也, 中谷内一也, 矢守克也, 芳賀 繁, 島井哲志,丹野義彦, 神尾陽子, 豊田秀樹, 足立浩平,開 一夫, 浅田 稔,中邑賢龍( Role: Joint author ,  「比較認知科学」, 「言語進化」)

    新曜社  2008.6 

     More details

    Total pages:240   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    心理学の最前線をキーワードで読み解く本書において、「比較認知科学」と「言語進化」について、最新の研究動向を簡潔かつ詳細に記述した。「比較認知科学」においては、その領域におけるいくつかのアプローチや、比較心理学の違いを述べた。「言語進化」については、これまでの動物を対象とした研究を総括し、Hauserらの主張を紹介した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2-%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%AD%90%E5%AE%89-%E5%A2%97%E7%94%9F/dp/4788511207/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2&qid=1574820033&s=books&sr=1-1

  17. Learning and behavior 4th edition

    ( Role: Joint translator)

    2008.6 

  18. 新版 現代心理学 Today's Psychology

    八田武志、川口潤、唐沢かおり、伊藤義美、石井澄、広瀬幸雄、高橋晋也、齋藤洋典、川合伸幸、野村理朗( Role: Joint author ,  第5章「行動学的視点からのアプローチ」・7章「発達的視点からのアプローチ」 )

    培風館  2007.6 

     More details

    Total pages:168   Language:Japanese

    最新の心理学の知見を網羅した一般教養向け心理学の教科書。名古屋大学の教員が集まって著した。

    心理学の入門テキストである本書の、行動学的視点からのアプローチと発達的視点からのアプローチのそれぞれ一部を担当した。行動学的視点のアプローチでは、動物の高次機能(学習の転移、問題解決、言語、道具使用)の最近の知見を紹介した。また、発達的視点からのアプローチにおいては、乳幼児の視覚発達について解説し、測定方法や奥行き知覚の発達について詳述した。

  19. 心の輪郭 比較認知科学から見た知性の進化

    川合 伸幸( Role: Sole author)

    北大路書房  2006.6 

     More details

    Total pages:200   Language:Japanese

    みずからがおこなってきたさまざまな動物(ザリガニ、サカナ、ラット、サル、チンパンジー)の学習実験を紹介し、それらにもとづき,ヒトの知性がどのように進化してきたかについての仮説を示した。外界の情報を処理する様式は、中枢神経系の発達と密接な関係にあり、それが学習の方略と行動-すなわち知性-として発現されることを述べた。それらに質的違いがないチンパンジーとヒトの知性はどのような違いがあるかを説明した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AE%E8%BC%AA%E9%83%AD%E2%80%95%E6%AF%94%E8%BC%83%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E7%9F%A5%E6%80%A7%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96-%E5%B7%9D%E5%90%88-%E4%BC%B8%E5%B9%B8/dp/4762825085/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%BF%83%E3%81%AE%E8%BC%AA%E9%83%AD+%E6%AF%94%E8%BC%83%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E7%9F%A5%E6%80%A7%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96&qid=1574820213&s=books&sr=1-1

  20. Comparative psychology: Evolution and development of behavior

    ( Role: Joint translator)

    2005.8 

  21. Cognitive Development in Chimpanzees

    ( Role: Joint author)

    Springer-Verag  2005.2 

     More details

    Total pages:522   Language:English

    ヒトとヒト以外の乳児期の学習・記憶能力について概観し、さらに胎児期の学習能力についてこれまでに知られていることを概観した。とくに、生後、感覚器が機能するやいなやその感覚器を通じた学習が可能なわけではないことを述べた。また、ヒトと動物の研究手法が著しく異なることを指摘し、みずからが行った、それらのギャップをつなぐ手法と実験を紹介した。
    第3章では、筆頭著者として、企画・実施・総括のすべてを担当した。
    第3章「Cognitive abilities before birth: Learning and long-lasting memory in a chimpanzee fetus」および、第20章「Color recognition in chimpanzees (Pan troglodytes)」を担当。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/Cognitive-Development-Chimpanzees-T-Matsuzawa/dp/4431302468/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=cognitive+development+in+chimpanzee&qid=1574820368&s=books&sr=1-1-fkmr0

  22. Machiavellian intelligence II: Extensions and evaluations

    ( Role: Joint translator)

    2004.10 

  23. 学習心理学における古典的条件づけの理論 ーパブロフから連合学習研究の最先端までー

    今田寛(監修),中島定彦(編集)( Role: Joint author ,  第8章「Millerのコンパレータ仮説」)

    培風館  2003.6 

  24. 新版心理学がわかる。

    川合伸幸ほか76名( Role: Joint author)

    朝日新聞社  2003.5 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    心理学の研究者を目指す大学院生や研究員に向けて、自らの研究領域である比較認知科学の研究動向を紹介し、自らが行っている研究について解説した。特に、「心理学最先端 世界と切り結ぶアジアからの視点」を担当。

  25. チンパンジーの認知と行動の発達

    川合伸幸ほか66名( Role: Joint author)

    京都大学学術出版会  2003.2 

     More details

    Total pages:508   Language:Japanese

    3組のチンパンジー母子の行動と認知を周産期から3歳になるまで縦断的に研究した。指標としたのは、直接観察される行動のほかに、ホルモン、X線による骨長、MRI画像による脳の形態、胎児の心拍、赤外線による夜間の睡眠中の行動など多岐にわたっている。それらの研究から、ヒトともっとも近縁な種であるチンパンジーの認知と行動の発達を明らかにした。
    主として、第2章「周産期の研究」と第10章「成体チンパンジーにおける比較認知研究」を担当。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%A8%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94-%E5%8F%8B%E6%B0%B8-%E9%9B%85%E5%B7%B1/dp/4876986118/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%A8%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94&qid=1574820776&s=books&sr=1-1

  26. ジェスチャー・行為・意味

    川合伸幸ほか14名( Role: Joint author ,  第7章「自閉症児のことばの発達と手の動きの関係」)

    共立出版  2002.5 

     More details

    Total pages:312   Language:Japanese

    担当章 単独執筆
    ことばの獲得と手の動きの関係する、みずからの研究を解説した。そこでは、発話が観察され始めたばかりの閉症児を詳細に観察した結果、新たな語彙を発するときには同時に手が動くことを明らかにした。しかし、その同期現象はことばの獲得段階にしか見られず、それ以降の発話が爆発的に増加するときには手の動きを伴わなかった。そのことからことばの獲得と手の動きの関与を示した。
    第7章「自閉症児のことばの発達と手の動きの関係」を担当。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E8%A1%8C%E7%82%BA%E3%83%BB%E6%84%8F%E5%91%B3-%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%8E%A2%E7%A9%B6-%E6%96%8E%E8%97%A4-%E6%B4%8B%E5%85%B8/dp/4320094387/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E8%A1%8C%E7%82%BA%E3%83%BB%E6%84%8F%E5%91%B3&qid=1574820836&s=books&sr=1-1

  27. 21世紀の心理学に向かって:京都大学の現状と未来

    川合伸幸ほか62名( Role: Joint author)

    ナカニシヤ出版  2001.8 

  28. Primate Origins of Human Cognition and Behavior

    Kawai, N. & Matsuzawa, Tほか35名( Role: Joint author)

    Springer-Verag  2001.2 

  29. 心の進化:人間性の起源をもとめて

    川合伸幸ほか32名( Role: Joint author ,  第2章「類人猿と人間はどこがちがうのか:チンパンジーの記憶範囲に基づく考察」)

    岩波書店  2000.11 

     More details

    Total pages:266   Language:Japanese

    担当章 単独執筆
    ヒト以外の動物を対象とした記憶研究を概観し、チンパンジーを対象とした自らの研究を紹介しつつ、ヒトとチンパンジーの記憶や認知は何が異なるのかを、情報の階層的理解という観点から説明した。
    第3章のうち「類人猿と人間はどこがちがうのか:チンパンジーの記憶範囲に基づく考察」を担当。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96%E2%80%95%E4%BA%BA%E9%96%93%E6%80%A7%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90%E3%82%92%E3%82%82%E3%81%A8%E3%82%81%E3%81%A6-%E6%9D%BE%E6%B2%A2-%E5%93%B2%E9%83%8E/dp/4000053817

  30. 知能のミステリー

    川合伸幸ほか12名( Role: Joint translator ,  動物は共感できるか? )

    日経サイエンス社  1999.10 

     More details

    Language:Japanese

    担当章 単独訳出
    GallupとPovinelliによるScientific America誌に掲載された、「Can animals emphathize ?」の訳出を行った。両者による動物の感情と他者の心の理解に関する議論を日本語にして紹介した。

    Other Link: https://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A5%E8%83%BD%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC-%E5%88%A5%E5%86%8A%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9128-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4532511283

  31. Learning and behavior 4th edition

    ( Role: Joint translator)

    1999.9 

     More details

    Total pages:420   Language:Japanese

  32. メイザーの学習と行動

    メイザーJ. M.(著), 磯博行・坂上貴之・川合伸幸(訳)( Role: Joint translator ,  第4章 古典的条件づけの基本原理, 第5章 古典的条件づけの理論と研究, 第6章 オペラント条件づけの基本原理, 第11章 動物の認知, 第12章 観察による学習)

    二瓶社  1996.12 

     More details

    Language:Japanese

  33. たべる:食行動の心理学

    川合伸幸ほか12名( Role: Joint author ,  第2章「類人猿と人間はどこがちがうのか:チンパンジーの記憶範囲に基づく考察」)

    朝倉書店  1996.9 

     More details

    Total pages:256   Language:Japanese

    担当章 単独執筆
    我々ヒトは、なぜ生命の維持に必要でない嗜好品を食べるのか、また酒やタバコなどの、最初は好まれない嗜好品がどのようにして好まれるようになるのか、を動機づけの理論である相反過程理論によって説明できることを示した。
    第11章「相反過程理論からみた食物の好み形成」を担当。

  34. The psychology of emotions

    ( Role: Joint translator)

    1996.9 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 185

  1. 深層学習によるリアルタイム体色パターン認識と連動した頭足類のアニメーションシステム

    岡本光平,池田譲,川合伸幸,伊澤栄一

    日本水産学会 春季大会  2021.3.28 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催(大会本部:東京海洋大学内)  

  2. タコ類の身体性に関わる腕の機能局在に関する解剖学的研究

    與那嶺沙季,川島菫,池田譲,伊澤栄一,川合伸幸

    日本水産学会 春季大会  2021.3.28 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催(大会本部:東京海洋大学内)  

  3. 応援に伴う身体運動は映像作品の登場人物の魅力を高めるか

    三浦慎司,川合伸幸

    日本認知科学会第37回大会 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

  4. 怒りを紙に記入して捨てると、 怒りは抑制されるか?

    金谷悠太,川合伸幸

    日本認知科学会第37回大会 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

  5. 作品に関する先行知識はネガティブな情動を喚起する絵画の印象や生理反応を変えるか?

    三浦慎司, 川合伸幸

    日本心理学会第84回大会 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

  6. Hyperactivity in the valproic acid-induced marmoset model of autism

    Nakamura, M., Nakagami, A., Nakagaki, K., Kawai, N., & Ichinohe, N.

     More details

    Event date: 2020.7 - 2020.8

    Language:English  

    Country:Japan  

  7. Hyperactivity in the valproic acid-induced marmoset model of autism International conference

    Society for Social Neuroscience 10th Anniversary Meeting  

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  8. Hyperactivity in the valproic acid-induced marmoset model of autism

    Nakamura, M., Nakagami, A., Nakagaki, K., Ichinohe, N., & Kawai, N.

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  9. コモン・マーモセットの第三者互恵性認識の再現性について

    中神 明子, 安江 みゆき,一戸 紀孝,川合 伸幸

    日本心理学会第83回大会 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  10. 日本刀の印象評価は身体感覚に左右される

    三浦慎司,川合伸幸

    日本認知科学会第36回大会 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  11. 実環境に存在しない他者をプロジェクションする -他者が実在しなくても,プロジェクションによって社会的変化が生じる-

    中田龍三郎,川合伸幸

    日本認知科学会第36回大会 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  12. 食事の社会的促進に関する研究: 他人が食事している映像は社会的促進が生じるが、他人が話をしている映像では生じない。

    郭茁根,中田龍三郎,川合伸幸

    日本認知科学会第36回大会 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  13. Elucidation of biological rhythms in a non-human primate model of autism using a collar-worn accelerometer

    Nakamura, M., Nakagami, A., Nakagaki, K., Kawai, N., & Ichinohe, N.

    NEURO2019(The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society) 

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Toki Messe(Niigata)   Country:Japan  

  14. 誰かと対戦しているとの思い込みがビデオゲームを楽しくさせる:事象関連電位(P300)による検討

    川合伸幸,中田龍三郎,久保賢太

    人工知能学会全国大会(第33回) 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター(新潟)   Country:Japan  

  15. 交通渋滞場面での怒りの接近動機づけ(攻撃性)における加齢の影響 ー近赤外線分光法(NIRS)・心拍出量・唾液中コルチゾールを用いた検討 ー

    中田龍三郎, 久保(川合) 南海子, 川合伸幸

    HCS(ヒューマンコミュニケーション基礎研究会) 

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター(沖縄)   Country:Japan  

  16. 空間的配置が美術作品の印象評価に及ぼす影響

    三浦慎司,川合伸幸

    日本認知科学会第35回大会 

     More details

    Event date: 2018.8 - 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)   Country:Japan  

  17. 自分の食事中の静止画を正立で見ると食事への注意が高まるー事象関連電位(P300)による検討ー

    中田龍三郎,川合伸幸

    日本認知科学会第35回大会 

     More details

    Event date: 2018.8 - 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)   Country:Japan  

  18. 自然風景の中のヘビは素早く正確に検出されるのか?-フリッカー変化検出課題を用いたヘビ検出の検討

    邱華琛,川合伸幸

    日本認知科学会第35回大会 

     More details

    Event date: 2018.8 - 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)   Country:Japan  

  19. 対戦相手の存在はVRゲームの熱中度を高めるー事象関連電位(P300)による検討ー

    中田龍三郎,川合伸幸

    HCS(ヒューマンコミュニケーション基礎研究会) 

     More details

    Event date: 2018.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター(沖縄)   Country:Japan  

  20. 胎児期から乳幼児期の学習と記憶 Invited

    川合伸幸

    第5回新胎児学研究会 

     More details

    Event date: 2017.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:長崎大学医学部 良順会館(長崎市坂本1-12-4)   Country:Japan  

  21. Why does snakes draw our attention more strongly than other animals? Invited International conference

    Nobuyuki Kawai

    Evolution of Brain, Cognition, and Emotion 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  22. マーモセットのコルチゾール分泌機能にバルプロ酸が与える影響

    中神明子, 安江みゆき,中垣慶子,一戸紀孝, 川合伸幸

    日本心理学会第81回大会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:久留米シティプラザ(福岡)   Country:Japan  

  23. マーモセットにおける胎生期バルプロ酸暴露と不公平忌避 International conference

    安江みゆき,中神明子,中垣慶子,一戸紀孝, 川合伸幸

    日本心理学会第81回大会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:久留米シティプラザ(福岡)   Country:Japan  

  24. 高齢者は交通渋滞場面で怒りの接近動機づけ(攻撃性)が高まる - 近赤外線分光法(NIRS)による検討-

    中田龍三郎, 久保(川合) 南海子, 岡ノ谷一夫,川合伸幸

    日本認知科学会第34回大会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市角間町)   Country:Japan  

  25. 高齢者は交通渋滞場面で怒りの接近動機づけ(攻撃性)が高まるー近赤外 線分光法(NIRS)による検討ー International conference

    中田龍三郎, 久保(川合) 南海子, 川合伸幸

    HCS(ヒューマンコミュニケーション基礎研究会) 

     More details

    Event date: 2017.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター(沖縄)   Country:Japan  

  26. 高齢者の運転場面での怒り反応-遠赤外線分光法(NIRS)による検討-

    中田龍三郎, 久保(川合) 南海子, 川合伸幸

    日本発達心理学会第28回大会 

     More details

    Event date: 2017.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:広島国際会議場,JMSアステールプラザ,広島市文化交流会館(広島)   Country:Japan  

  27. Autism-like behaviors in common marmosets treated prenatally with valproic acid. Invited International conference

    Nobuyuki Kawai

     More details

    Event date: 2017.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Seoul National University Hospital, Center for medical innovation   Country:Korea, Republic of  

  28. 産業革命以前のイノベーションとそれを生み出したヒトの性質」 International conference

    川合伸幸

    国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 nano tech 2017 特別シンポジウム Robotic Social ロボティック・シンポジウム 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:東京ビッグサイト 第4-6ホール&会議棟   Country:Japan  

  29. 左右の手足を使った選択反応における加齢の影響 ~ エラーと脳血流量からの検討 ~

    中田龍三郎, 久保(川合) 南海子, 川合伸幸

    電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)2017年1月研究会 

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:なみきスクエア(福岡市東区)   Country:Japan  

  30. 霊長類の自閉症モデルの行動評価 Invited

    川合伸幸,中神明子,安江みゆき,坂野拓,中垣慶子,一戸紀孝

    第6回日本マーモセット研究会大会 

     More details

    Event date: 2016.12

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学 農学部弥生講堂(東京)   Country:Japan  

  31. A new non-invasive method to measure cortisol levels from marmoset saliva. International conference

    A. Nakagami, M. Yasue, K. Nakagaki, N. Ichinohe, N. Kawai

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  32. Do primate models of autism care other individuals when they receive less valuable reward than other individuals?

    M. Yasue, A. Nakagami, K. Nakagaki, N. Ichinohe,

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  33. 自分の食事中の静止画を見ると食事をおいしく感じる

    中田龍三郎, 川合伸幸 

    日本認知科学会第33回大会  

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  34. 自己身体と操作対象の身体図式の一致はより強い運動主体感・身体所有感を喚起する

    渡邉翔太, 川合伸幸

    日本認知科学会第33回大会  

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道大学   Country:Japan  

  35. Marmosets with fetal exposure to valproic acid fail to recognize third-party non-reciprocal interactions. International conference

    N. Kawai, M. Yasue, A. Nakagami, T. Banno, N. Ichinohe

    ICP2016 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  36. A primate model for autism with common marmosets show behavioral deficits in the threemajor symptoms of autism. International conference

    A. Nakagami, M. Yasue, T. Banno, K. Nakagaki, N. Ichinohe, N. Kawai

    ICP2016 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  37. ヒトの知性の進化

    川合 伸幸

    第15回全脳アーキテクチャ勉強会~知能における進化・発達・学習~ 

     More details

    Event date: 2016.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:トヨタ自動車株式会社 東京本社   Country:Japan  

  38. 高齢者の左右の手足による選択反応~エラーと脳血流からの検討~

    中田龍三郎,久保(川合)南海子,川合伸幸

    ヒューマン情報処理研究会(HIP) 

     More details

    Event date: 2016.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター   Country:Japan  

  39. ドライビングシミュレータを用いた自動車の高速運転時における心理・生理反応の検討

    渡邉翔太,川合伸幸

    第34回日本生理心理学会大会 

     More details

    Event date: 2016.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋大学 東山キャンパス 豊田講堂(愛知)   Country:Japan  

  40. Evolutionarily predisposed snake fear: Comparative, Developmental, and Electrophysiological studies. International conference

    Nobuyuki Kawai

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  41. CGモデルへの運動操作の一致性の高さは身体所有感を喚起する 

    渡邉 翔太 川合 伸幸 

    インタラクション2016 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム  

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:科学技術館   Country:Japan  

  42. 自閉症モデルであるマーモセットは第3者間の互恵的と非互恵的交渉の違いを認識できない 

    安江みゆき,中神明子,坂野拓,一戸紀孝,川合伸幸 

    電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)2016年3月研究会 

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:山代温泉 瑠璃光   Country:Japan  

  43. 運転場面での怒り反応(2)-ドライビングシミュレータを用いた中枢・自律・心理反応の測定:大学生と高齢者の比較-

    渡邉翔太, 川合伸幸

    日本心理学会第79回大会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋国際会議場   Country:Japan  

  44. 高齢者は片手/片足より両手/両足での停止反応により多くの脳活動を必要とするー両手もしくは両足を使ったStop-Signal課題中の脳活動計測ー

    中田龍三郎、久保(川合)南海子、川合伸幸

    日本心理学会第79回大会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋国際会議場   Country:Japan  

  45. 「社会行動障害の霊長類モデル作成へむけて」大会企画シンポジウム『社会行動障害への多角的アプローチ-動物からヒト、基礎から臨床-」

    川合 伸幸

    日本心理学会第79回大会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  46. 鏡で自分を見ると食事をおいしく感じる-大学生と高齢者の比較-

    中田龍三郎,川合伸幸

    日本認知科学会第31回大会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:千葉大学西千葉キャンパス   Country:Japan  

  47. 操作対象の随伴性が対象への自己感に及ぼす影響 International conference

    渡邉翔太, 川合伸幸

    日本認知科学会第31回大会 

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:千葉大学西千葉キャンパス   Country:Japan  

  48. Marmoset models of autism did not avoid non-reciprocal human individuals.

    Miyuki Yasue, Akiko Nakagami, Taku Banno, Keiko Nakagaki, Noritaka Ichinohe, Nobuyuki Kawai

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  49. Teaching newts tricks: a newt (Cynops pyrrhogaster) learned to pass through small rings for food reward

    Miyu ITANI , Namiko KUBO-KAWAI , Nobuyuki KAWAI

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  50. Plasma oxytocin level of male marmoset in pre-and postnatal period.

    Akiko Nakagami, Keiko Nakagaki, Miyuki Yasue, Noritaka Ichinohe, Nobuyuki Kawai

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  51. Prenatal exposure to valproic acid (VPA) impairs recognition of third-party social exchanges in marmoset monkeys

    Miyuki Yasue, Akiko Nakagami,Yaku Bannno, Keiko Nakagaki, Noritaka Ichinohe, Nobuyuki Kawai.

     More details

    Event date: 2015.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  52. VR環境におけるパーソナル・スペース侵害時の心理生理反応の検討

    渡邉翔太, 川合伸幸

    第33回日本生理心理学会大会 

     More details

    Event date: 2015.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  53. 鏡の前だと一人で食べてもおいしく感じる

    中田龍三郎(名大)・久保(川合) 南海子(愛知淑徳大)・川合伸幸(名大)

    ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS) 

     More details

    Event date: 2015.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター   Country:Japan  

  54. Primate models of autism failed to discriminate third-party reciprocal/non-reciprocal exchange between human actors

    Yasue, N., Nakagami, A., Banno, T., Nakagaki, K., Ichinohe, N., & Kawai, N.

    Tokyo Lectures in Language Evolution 

     More details

    Event date: 2015.4

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  55. 前腕CGモデルの動作遅延が身体感覚の転移および心理生理反応に及ぼす影響の検討

    渡邉翔太・長野祐一郎・川合伸幸

    インタラクション2015 

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:日本科学未来館・東京国際交流館   Country:Japan  

  56. 視覚的刺激によって嫌悪が喚起されると清潔に関するものを好ましいと評価する

    渡部かすみ,川合伸幸,山口真美

    ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS) 

     More details

    Event date: 2015.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:ベイリゾート小豆島(香川県)   Country:Japan  

  57. バルプロ酸母体投与マーモセットの行動、分子、携帯解析 薬物母体摂取による自閉症発症の病態解明/早期診断に向けて

    一戸紀孝・中神明子・安江みゆき・中垣慶子・川合伸幸

    第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学大会 

     More details

    Event date: 2014.9 - 2014.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:奈良県文化会館・奈良県新公会堂   Country:Japan  

  58. Event-related P300 reflects enthusiasm for playing video games: The existence of an opponent increases immersion. International conference

    Kenta Kubo, Kazuo Okanoya, & Nobuyuki Kawai

    IOP2014 17th World Congress of Psychophysiology 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Country:Japan  

  59. The impact of active coping aspects on autonomic responses during video game playing International conference

    Yuichiro Nagano, Rina Taira, Kohei Fuseda, Nobuyuki Kawai, Shota Watanabe, & Kazuo Okanoya

    IOP2014 17th World Congress of Psychophysiology 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Country:Japan  

  60. 仮想空間における没入感の定量化手法の提案-仮想空間内での身体移動のずれが没入感に及ぼす影響-

    渡邉翔太・長野祐一郎・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    日本認知科学会第31回大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:古屋大学(名古屋市)   Country:Japan  

  61. Spider is not special comparing with other animals in human early visual attention: Evidence from event-related potentials.

    Hongshen He・久保賢太・川合伸幸

    日本認知科学会第31回大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:古屋大学(名古屋市)   Country:Japan  

  62. マーモセットは第三者間のやり取りが公平かどうかを判断する

    安江みゆき・坂野拓・一戸紀孝・川合伸幸

    日本認知科学会第31回大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:古屋大学(名古屋市)   Country:Japan  

  63. 複数の他者の性向をマーモセットは認知する

    一戸紀孝・安江みゆき・坂野拓・川合伸幸

    第37回日本神経科学大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:パシフィコ横浜(横浜市)   Country:Japan  

  64. コモン・マーモセットにおけるWGTAを用いた位置弁別学習

    安江みゆき・中神明子・一戸紀孝・川合伸幸

    日本心理学会第78回大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:同志社大学(京都府)   Country:Japan  

  65. コモン・マーモセットの社会性に胎生期バルプロ酸が与える影響

    中神明子・安江みゆき・中垣慶子・一戸紀孝・川合伸幸

    日本心理学会第78回大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:同志社大学(京都府)   Country:Japan  

  66. 運転場面での怒り反応(1)

    久保賢太・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    日本心理学会第78回大会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:同志社大学(京都府)   Country:Japan  

  67. A case study of successful human intervention to maternal neglect by the common marmoset (Callithrix jacchus). International conference

    Nakagami, A., Yasue, M., Nakagaki, K., Ichinohe, N., & Kawai, N.

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  68. A primate model of ASD: Prenatal exposure to valproic acid (VPA) in common marmosets (Callithrix jacchus). International conference

    Yasue, N., Nakagami, A., Nakagaki, K., Ichinohe, N., & Kawai, N.

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  69. 事象関連電位によるテレビゲームの熱中度の測定:対戦相手の有無の違い.

    久保賢太・川合伸幸

    コミュニケーション支援およびコミュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 

     More details

    Event date: 2014.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue: 沖縄産業支援センター   Country:Japan  

  70. 模型戦車操作時の視点状況の違いが没入感および生体反応へ及ぼす影響

    渡邉翔太・長野祐一郎・川合伸幸・岡ノ谷一夫

    第32回 日本生理心理学会大会 

     More details

    Event date: 2014.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:筑波大学 大学会館   Country:Japan  

  71. ヒトの心の働きと成り立ちを調べる ―比較認知心理学ー

    川合伸幸

    本心理学会公開シンポジウム「心を科学する”心理学”」 

     More details

    Event date: 2014.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:古屋大学 IB電子情報館   Country:Japan  

  72. これからの行動科学研究に必要なこと:行動・神経・数理

    川合伸幸

    学術シンポジウム「生物・医学分野のイノベーションが心理学に与えるインパクト」 

     More details

    Event date: 2014.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:兵庫県民会館   Country:Japan  

  73. Contagious yawning and the mirror-neuron system: An event-related study International conference

    Kenta Kubo, Kazuo Okanoya, & Nobuyuki Kawai

    Society for Psychophysiological Research 53rd Annual Meeting 

     More details

    Event date: 2013.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  74. 社会的排斥を受けた経験による認知の変容

    久保賢太・孫暁犇・賀洪深・合伸幸

    日本心理学会 第77回大会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:札幌コンベンションセンター   Country:Japan  

  75. 幼児期コモン・マーモセットの社会性発達における薬剤胎生期暴露の影響

    安江みゆき,中神明子,中垣慶子,一戸紀孝,川合伸幸

    日本心理学会 第77回大会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:札幌コンベンションセンター   Country:Japan  

  76. コモン・マーモセットの音声発達に胎生期抗てんかん薬が与える影響

    中神明子,坂野拓,安江みゆき,中垣慶子,一戸紀孝,川合伸幸

    日本心理学会 第77回大会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:札幌コンベンションセンター   Country:Japan  

  77. An operant training to enter and stay in the carrying cage by common marmosets

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  78. メンタルトレーニングと自立神経機能の制御

    宮田裕光,岡ノ谷一夫,川合伸幸

    日本認知科学会 第30回大会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:玉川大学 視聴覚センター   Country:Japan  

  79. ヨガ瞑想実践中における自律神経活動

    宮田裕光,岡ノ谷一夫,川合伸幸

    第18回認知神経科学会学術集会 

     More details

    Event date: 2013.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京大学先端知ビル武田ホール   Country:Japan  

  80. The marmoset infants exposed to valproate acid during gestation period vocalize a limited call with fixed intervals: A primate model for autistic syndrome disorder

    Akiko Nakagami, Taku Banno, Miyuki Yasue, Keiko Nakagaki, Noritaka Ichinohe, Nobuyuki Kawai.

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  81. Prenatal exposure to valproic acid (VPA) alters social interactions in common marmoset infants: An autistic-like primate model

    Miyuki Yasue, Akiko Nakagami, Keiko Nakagaki, Noritaka Ichinohe, Nobuyuki Kawai.

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  82. Japanese yoga practitioners self-report enhanced mindfulness and well-being International conference

    Hiromitsu Miyata, Kazuo Okanoya, Nobuyuki Kawai

    2013 Mind & Life Summer Research Institute 

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:United States  

  83. ヒトの心の進化 ―ヒトの心・サルの心―

    川合伸幸

    平成25年度 東山会総会 

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:ルブラ王山   Country:Japan  

  84. "あくび伝染"に関する認知的・情動的共感機能の時間的推移 -事象関連電位を用いた検討-

    久保賢太・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    ヒューマン情報処理研究会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 

     More details

    Event date: 2013.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター   Country:Japan  

  85. "Snake recognition in monkeys: A reappraisal (598032013-077)" International conference

    20th Annual International Conference on Comparative Cognition 

     More details

    Event date: 2013.3

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:United States  

  86. 能面の表情表出

    川合伸幸

    第2回日本情動学会大会 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:慶應義塾大学(三田キャンパス)   Country:Japan  

  87. “あくび”が伝染する生理基盤の解明

    久保賢太・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    第2回 日本情動学会 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:慶應義塾大学   Country:Japan  

  88. 性犯罪被害者に対する差別の生起要因の検討‐汚染の認知と嫌悪感情‐

    菅さやか・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    第2回 日本情動学会 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:慶應義塾大学   Country:Japan  

  89. ヨガ・瞑想はあなたを幸福にする―質問紙調査による検討

    宮田裕光・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    第2回 日本情動学会 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:慶應義塾大学   Country:Japan  

  90. こっくりさん遂行中の二者間の脳活動の同調:無意識的な同調を探る

    久保賢太,片平健太郎,池田大樹,岡田真人,岡ノ谷一夫,川合伸幸

    日本認知科学会第29回大会 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:仙台国際センター   Country:Japan  

  91. Facial attractiveness in macaque monkeys. International conference

    Koda, H., & Kawai, N.

    43rd NIPS International Symposium Face Perception and Recognition.  

     More details

    Event date: 2012.10 - 2012.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  92. 感情を読み取る

    川合伸幸

    OEIP成果発表会2012「情動から感情へ:心の動きの法則を求めて」 

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京国際フォーラム   Country:Japan  

  93. コモン・マーモセットの孤立時における自発音声発達の変化 International conference

    中神明子・一戸紀孝・川合伸幸

    第35回 日本神経科学学会 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:名古屋国際会議場   Country:Japan  

  94. An apology suppresses the approach motivation but not the emotional component of physiological and psychological anger International conference

    Kenta Kubo, Kazuo Okanoya, & Nobuyuki Kawai

    The 16th World Congress of the International Organization of Psychophysiology. 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Italy  

  95. コモン・マーモセットの初期行動発達

    中神明子・一戸紀孝・川合伸幸

    日本心理学会 第76回大会 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:専修大学   Country:Japan  

  96. 生得的な脅威感知システム ~ ウロコのテクスチャーがあるからヘビが怖い ~

    川合伸幸

    イメージ・メディア・クオリティ研究会(IMQ) 

     More details

    Event date: 2012.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー ベンチャーホール   Country:Japan  

  97. The differential aging effects in the Franker and Simon tasks :A NIRS study International conference

     More details

    Event date: 2012.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  98. マーモセットの生後初期における音声発達 International conference

    中神明子,一戸紀孝,川合伸幸

    日本動物心理学会第72回大会 

     More details

    Event date: 2012.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス   Country:Japan  

  99. 影は能面の表情を変える

    西村律子・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    日本認知科学会第28回大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学本郷キャンパス   Country:Japan  

  100. 一言の謝罪で怒りは抑制される-中枢・自律・主観指標による検討-

    久保賢太・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    日本認知科学会第28回大会   

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学本郷キャンパス   Country:Japan  

  101. 怒り顔は早く検出されるか?:ヒトと サルの顔の比較

    孫暁犇・久保賢太 ・川合伸幸

    日本認知科学会第28回大会   

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京大学本郷キャンパス   Country:Japan  

  102. 情動喚起時の自律神経系反応 -情動想起時と表情観察時の比較-

    西村律子,岡ノ谷一夫,川合伸幸

    日本心理学会第75回大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:日本大学文理学部   Country:Japan  

  103. Primate Mind in Human Beings, Human Intelligence in Primates: Comparative Cognition Studies With ComputerTasks; International conference

    Kawai, N.

    119 th Annual Convention of American Psychological Association (APA) 

     More details

    Event date: 2011.8

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:United States  

  104. Just a simple apology sufficiently suppresses subjective and physiological anger measured by EEG, heart rate, and skin conductance level. International conference

    Kenta Kubo, Kazuo Okanoya, & Nobuyuki Kawai

    Plenary meeting of International Society for Research on Emotion 2011 in Kyoto 

     More details

    Event date: 2011.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  105. 「霊長類の心の進化」

    川合伸幸

    琉球大学理学部 公開講座  

     More details

    Event date: 2011.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:琉球大学理学部   Country:Japan  

  106. 感情的な発話は発話者の感情を喚起する International conference

    野村光江,岡ノ谷一夫,川合伸幸

    電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会(HIP) 

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄産業支援センター   Country:Japan  

  107. Simulator platform that enables social interaction simulation International conference

    Tetsunari Inamura, Tomohiro Shibata, Hideaki Sena, Takashi Hashimoto,

    2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration 

     More details

    Event date: 2010.12

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  108. 能面は能で想定した情動を正しく伝えているのか?

    西村律子・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    日本心理学会第74回大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  109. 表情・言葉は観察者の情動反応を引き起こすか?―表情筋と自律神経系を指標に―

    野村光江・岡ノ谷一夫・川合伸幸.

    日本心理学会第74回大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  110. 恐いものほど早く見つけてしまう:生得的な脅威感知システム

    川合伸幸

    2010年度 日本行動科学学会年次大会 招待講演、 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  111. ミステリアスな能面の表情を解明する

    西村律子・岡ノ谷一夫・川合伸幸

    日本認知科学会第27回大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  112. Psychophysiological responses to emotional faces and emotional words. International conference

    13th European Conference on Facial Expression 

     More details

    Event date: 2010.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  113. The facial expression of Noh mask International conference

    13th European Conference on Facial Expression 

     More details

    Event date: 2010.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  114. ヘビが怖いのは生まれつきか? : サルやヒトはヘビを素早 く見つける

    川合伸幸

    第15回認知神経科学会 大会シンポジウム(情動の比較神経科学) 

     More details

    Event date: 2010.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  115. 情動刺激に対する潜在的注意が眼球運動の方向に及ぼす影響

    柏原考爾(JST-ERATO)・岡ノ谷一夫(理研/JST-ERATO)・川合伸幸(名大/JST-ERATO)

    電子情報通信学会 

     More details

    Event date: 2010.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  116. The Right Superior Parietal Lobule Monitors Neutral Faces Associated with Negative Emotion. International conference

    16th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     More details

    Event date: 2010.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  117. “Interference effects by spatial proximity and age-related declines in spatial memory by Japanese monkeys (Macaca fuscata): Deficits in integration of multiple spatial cues" International conference

    15th Biennial Meeting International Society for Comparative Psychology 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  118. Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system" International conference

    15th Biennial Meeting International Society for Comparative Psychology 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  119. 快・不快感を喚起する視覚刺激が眼球運動に及ぼす影響

    柏原考爾(JST-ERATO)・岡ノ谷一夫(理研/JST-ERATO)・川合伸幸(名大/JST-ERATO)

    電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS)ヒューマン情報処理研究会(HIP)共催 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  120. 顔刺激に対するネガティブ感情の想起が中枢及び末梢応答に及ぼす影響

    柏原考爾,岡ノ谷一夫,川合伸幸

    2009年電子情報通信学会HCGシンポジウム 

     More details

    Event date: 2009.12

    Language:Japanese  

    北海道(札幌コンベンションセンター)

  121. Aversively conditioned facial stimuli induce continuous activation of the right lateral fusiform gyrus. International conference

     More details

    Event date: 2009.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  122. 「ニホンザルにおけるWork-ethic効果の検討」

    柴崎全弘・川合伸幸

    日本動物心理学会第69回大会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  123. 「Comparative mental rotation study on recognizing Kana and Kanji between Chinese and Japanese」

    孫波・川合伸幸

    日本認知科学学会第26回大会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  124. 「ワーキングメモリへの比較認知科学的アプローチ」WS「ワーキングメモリの認知的変化を考える」

    日本心理学会第73回 

     More details

    Event date: 2009.8

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  125. Snake Fears Revisited: Shifts in Received Wisdom

    The 5th Snake Ecology Group meeting 

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  126. 身体性認知・運動を伴う社会エージェントのためのシミュレータープラットフォーム副題:SIGVerse:社会的知能発生シミュレータ

    著者;稲邑,柴田,瀬名,橋本,川合,宮下,櫻井,清水,大武,細田,梅田,乾

    第23回人工知能学会全国大会 

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  127. 社会的インタラクションを実装可能なシミュレータープラットフォーム副題:SIGVerse:社会的知能発生シミュレータ

    稲邑 哲也, 柴田 智広,瀬名 秀明,橋本 敬, 川合 伸幸,宮下 敬宏, 櫻井 圭記, 清水 正宏, 大武 美保子, 細田 耕,梅田 聡,乾 健太郎

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 

     More details

    Event date: 2009.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  128. 「視線手がかりと注意の移動」

    川合伸幸

    「先端技術による応用心理科学研究」学術講演会 

     More details

    Event date: 2009.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  129. 「霊長類の心の進化:心の輪郭」

    名古屋大学・NHK文化センター提携大河講座「ひとの大学」 

     More details

    Event date: 2008.10

    Language:Japanese  

  130. ニホンザルにおける恐怖関連刺激の視覚探索2:グレー・ス ケール写真を用いた検討

    柴崎全弘・川合伸幸

    日本動物心理学会第68回大会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  131. サルの手を自分の手のように知覚するか?:ヒトおよびサルの手の心的回転

    川合伸幸・森村成樹・久保(川合)南海子

    日本認知科学学会第25回大会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  132. Quick detection of snakes by humans and Japanese monkeys:An evolutionary predisposed visual system International conference

    Symposium of Comparative Cognitive Science 2008 

     More details

    Event date: 2008.5

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  133. 「こころを読む」という高次機能に見合ったモデルの構築にむけて

    第19回日本発達心理学会 

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  134. 動物はヒトをどのように認識しているか?

    第24回 日本行動科学学会 ウインターカンファレンス 

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  135. 行動に随伴した嫌悪刺激の呈示によるニホンザルの行動制御

    鈴木克哉・川合伸幸・杉浦秀樹・柴崎全弘・友永雅己・室山泰之

    日本野生生物保護学会第13回大会 

     More details

    Event date: 2007.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  136. ニホンザルにおける恐怖関連刺激の視覚探索

    柴崎・全弘・川合伸幸

    日本動物心理学会第67回大会 

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  137. ニホンザルにおける刺激ー反応適合性効果の検討

    久保(川合)南海子・川合伸幸

    日本動物心理学会第67回大会 

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  138. 直交型サイモン効果の検討:利き手だけでタッチパネルに反応する場合

    川合伸幸

    日本心理学会第71回大会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  139. 高齢者の行動抑制とサイモン効果

    久保(川合)南海子・川合伸幸

    日本心理学会第71回大会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  140. 恐怖関連刺激の視覚探索 -ヘビ・クモははやく発見される-

    柴崎・全弘・川合伸幸

    日本心理学会第71回大会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  141. 野生動物に対する被害防止技術の検討

    室山泰之・川合伸幸

    日本哺乳類学会2007年度大会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  142. 比較認知科学から見た言語進化研究のこれからとこれまで

    川合伸幸

    日本進化学会第9回大会 ワークショップ「言語の起源」 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  143. 動物行動から見た現代人の他者へのかかわり

    川合伸幸

    東海心理学会第56回大会 シンポジウム「現代人の心の問題 ー仮想的有能感の観点からー」 

     More details

    Event date: 2007.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  144. ヒトは他者の視線にどのように注意を向けるか

    川合伸幸

    第2回 こころの未来ワークショップ 「こころの探求:私たちの課題 Part 2」 

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  145. 心の発達

    川合伸幸

    第3回けいはんな社会的知能発生学研究会公開シンポジウム「社会で育つ知能と心 II ~これがロボット学と脳科学の最前線!」 

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  146. 反応コストの違いがニホンザルの選好に及ぼす効果

    柴崎全弘・川合伸幸

    日本動物心理学会第66回大会 

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  147. サルは弁別手がかりを回顧的に推論するか?

    川合伸幸・久保(川合)南海子

    日本動物心理学会第66回大会 

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  148. 反応コストが図形刺激の選好に及ぼす効果

    柴崎全弘・川合伸幸

    日本認知科学会第23回大会 

     More details

    Event date: 2006.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  149. 社会性発達メカニズムの解明: 自閉症スペクトラムと定型発達のコホート研究各研究の、研究手法、対象年齢、今後の展開について

    川合伸幸

    日本発達心理学会第17回大会 シンポジウム 

     More details

    Event date: 2006.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  150. Evolution of frustration in vertebrates

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  151. ニホンザルにおけるブロッキング現象の検討

    久保(川合)南海子・柴崎全弘・川合伸幸

    日本動物心理学会第65回大会 

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  152. 顔図形の視線によるクロスモーダルな注意のシフト

    川合伸幸

    日本心理学会第69回大会 

     More details

    Event date: 2005.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  153. シンボルの統合からみた言語起源

    川合伸幸

    第7回 日本進化学会大会 

     More details

    Event date: 2005.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  154. 動物の認知

    川合伸幸・平石界

    日本認知科学会第22回大会 

     More details

    Event date: 2005.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  155. 動物の賢さとは?

    川合伸幸

    第13回 社会的知能発生学研究会 

     More details

    Event date: 2005.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  156. A humanoid robot in company with children International conference

    Kozima, H., Nakagawa, C., Kosugi, D., Kawai, N., & Yano, Y.

    IEEE-RAS/RSJ International Conference on Humanoid Robotics 

     More details

    Event date: 2004.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  157. 顔図形による視線プライミングの検討:顔図形の視線とターゲットの位置の一致性

    川合伸幸

    日本心理学会第68会大会 

     More details

    Event date: 2004.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  158. ニホンザルにおける回顧的推論に関する予備的検討

    川合伸幸・久保(川合)南海子

    日本動物心理学会第64回大会 

     More details

    Event date: 2004.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  159. 認知の発生・進化への実験的アプローチ

    川合伸幸

    日本心理学会第68会大会 

     More details

    Event date: 2004.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  160. なぜ他者の視線の方向がターゲットの検出を促進させるのか? ー視線をふさげば促進効果は消えるー

    川合伸幸

    日本認知科学会第20回大会 

     More details

    Event date: 2004.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  161. 系統発生的側面:チンパンジーの胎児期の記憶

    川合伸幸

    日本認知心理学会第2回大会 

     More details

    Event date: 2004.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  162. ニホンザル新生児における学習・記憶研究の予備的検討

    川合伸幸・上野吉一・友永雅己

    日本動物心理学会第63回大会 

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  163. Facilitation effects by the direction of the gaze of a line drawing face: Facilitation by the gaze and inhibition of return by the attention release. International conference

    Okamoto, S. & Kawai, N.

    COE 21 international symposium "Diversity of Cognition: Evolution, Development, Domestication, and Pathology" 

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  164. 数字の序列化課題における記憶容量 ー下降系列での検討ー

    川合伸幸

    日本心理学会第67回大会 

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  165. 自閉症児における注意機能の検討 健常児における注意機能の発達との比較

    小嶋なみ子・川合伸幸・久野能弘

    日本心理学会第67回大会 

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  166. Ordering and pre-planning processes in a numerical ordering task by a chimpazee and humans. International conference

    Kawai, N.

    COE 21 international symposium "Diversity of Cognition: Evolution, Development, Domestication, and Pathology" 

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  167. なぜ他者の視線の方向がターゲットの検出を促進させるのか? ー視線測定による検討ー

    岡本早苗・川合伸幸

    日本認知科学会第20回大会 

     More details

    Event date: 2003.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  168. テレビと対話をすると子どもの記憶はよくなるか??子どもとメディアの最適インターフェイスを求めて?

    坂田陽子・川合伸幸

    日本発達心理学会第14回大会 

     More details

    Event date: 2003.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  169. 自閉症児の注意機能

    川合伸幸・小嶋なみ子

    日本認知科学会・「学習と対話」分科会 シンポジウム 

     More details

    Event date: 2002.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  170. Ordering and pre-planning processes in a numerical ordering task by a chimpanzee and humans. International conference

    Kawai, N.

    The COE international Symposium on Evolution of the apes and the origins of the human beings. 

     More details

    Event date: 2002.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  171. 数字の序列化課題におけるチャンク化 ーおとなと幼児とチンパンジーの認知過程の違いー

    川合伸幸

    日本心理学会第66回大会 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  172. 発達障害児の注意機能 ー注意の諸側面からの検討ー

    小嶋なみ子・川合伸幸

    日本心理学会第66回大会 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  173. 重度精神発達遅滞児に対する書字行動形成

    小嶋なみ子・川合伸幸

    日本行動分析学会第20回年次大会 

     More details

    Event date: 2002.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  174. チンパンジー胎児の学習と記憶

    川合伸幸・堀本直幹・諸隈誠一・道家千聡・田中正之・友永雅己・松沢哲郎

    日本動物心理学会第62回大会 

     More details

    Event date: 2002.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  175. 系列的なシンボル操作の進化と発達

    川合伸幸

    日本動物心理学会第62回大会 

     More details

    Event date: 2002.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  176. 実験室場面におけるチンパンジー母子間の相互作用

    岡本早苗・川合伸幸・Claudia Sousa・友永雅己・石井澄・松沢哲郎

    日本霊長類学会第18回大会 

     More details

    Event date: 2002.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  177. 数字の序列化課題におけるチャンク化 ー大人と幼児とチンパンジーの認知についてー

    川合伸幸

    日本認知科学会第19回大会 

     More details

    Event date: 2002.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  178. ヒト胎児における中枢神経系機能発達と純化との関係に関する検討

    諸隈誠一・ 福嶋恒太郎・川合伸幸・友永雅己・佐藤昌司・中野仁雄

    日本赤ちゃん学会第2回総会 

     More details

    Event date: 2002.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  179. Classical conditioning in a chimpanzee fetus International conference

    Kawai, N., Horimoto, N., Morokuma, S., Douke, C., Tanaka, M., Tomonaga, M., & Matsuzawa, T.

     More details

    Event date: 2002.2

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  180. チンパンジーの推移律とその般化について

    川合 伸幸 ・ 松沢 哲郎

     More details

    Event date: 2001.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  181. 数字の序列化課題における一括処理とチャンク化:?ヒトとチンパンジーの認知過程の違い?

    川合伸幸

    日本心理学会第65回大会 

     More details

    Event date: 2001.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  182. チンパンジーの推移律とその転移についてII

    川合伸幸・松沢哲郎

    日本動物心理学会第61回大会 

     More details

    Event date: 2001.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  183. チンパンジーの短期記憶

    川合伸幸

    第17回日本霊長類学会大会 

     More details

    Event date: 2001.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  184. チンパンジー乳児における他者の視線追従能力の発達の検討

    岡本早苗・川合伸幸・石井澄・友永雅己・松沢哲郎

    第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 

     More details

    Event date: 2001.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  185. チンパンジー胎児における心拍数変動の発達過程

    堀本直幹・道家千聡・上井稔子・川合伸幸・田中正之・友永雅己・松沢哲郎

    日本赤ちゃん学会第1回総会 

     More details

    Event date: 2001.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 18

  1. 発達障害の治療法の確立をめざすトランスレーショナルリサーチ(分担課題:発達障害モデルの行動学研究)

    2021.4 - 2022.3

    国立精神・神経医療研究センター  精神・神経疾患研究開発費 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount:\3300000 ( Direct Cost: \3300000 )

  2. 発達障害の治療法の確立をめざすトランスレーショナルリサーチ(分担課題:発達障害モデルの行動学研究)

    2020.4 - 2021.3

    精神・神経疾患研究開発費 

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\4000000

  3. 発達障害の治療法の確立をめざすトランスレーショナルリサーチ(分担課題:発達障害モデルの行動学研究)

    2019.4 - 2020.3

    精神・神経疾患研究開発費 

    一戸 紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\3000000

  4. 発達障害の治療法の確立をめざすトランスレーショナルリサーチ

    2018.4 - 2019.3

    精神・神経疾患研究開発費 

    一戸紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\3000000 ( Direct Cost: \3000000 )

  5. 発達障害の治療法の確立をめざすトランスレーショナルリサーチ(分担課題:発達障害モデルの行動学研究)

    2017.4 - 2018.3

    精神・神経疾患研究開発費 

    一戸紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\3000000 ( Direct Cost: \3000000 )

  6. VRゲームを複数人でプレイすると没入感は高まるか?脳・自律神経反応を指標とした実験研究

    2017.4 - 2018.3

    中山隼雄科学技術文化財団 研究助成 

    川合 伸幸

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\2500000 ( Direct Cost: \2500000 )

  7. 霊長類自閉症様モデル動物の遺伝子発現経過、中間フェノタイプ、自閉症様症状の関連検討による自閉症の生物学的メカニズム検討と、それを利用した自閉症の診断・治療へのアプローチの探索

    2016.4 - 2017.3

    精神・神経疾患研究開発費  

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\2500000 ( Direct Cost: \2500000 )

  8. 霊長類自閉症様モデル動物の遺伝子発現と中間フェノタイプの関連検討による自閉症の生物学的メカニズム検討と、それを利用した自閉症の診断・治療へのアプローチの探索

    2015.4 - 2016.3

    精神・神経疾患研究開発費 

    一戸紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\3000000 ( Direct Cost: \3000000 )

  9. 霊長類・げっ歯類自閉症様モデル動物による自閉症の生物学的メカニズム検討と、診断・治療へのアプローチ

    2014.4 - 2015.3

    精神・神経疾患研究開発費 

    一戸紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\2500000 ( Direct Cost: \2500000 )

  10. 情動推定システムの構築

    2014.4 - 2015.3

    科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)受託研究 特別重点期間 

    岡ノ谷一夫

      More details

    Grant type:Competitive

    Grant amount:\8769000 ( Direct Cost: \8769000 )

  11. 児童・思春期に発症する高次脳機能に障害をきたす脳疾患の生物学的基盤

    2012.4 - 2014.3

    精神・神経疾患研究開発費(特別重点期間) 

    一戸紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

  12. 高次脳機能障害の生物学的基盤

    2011.4 - 2012.3

    精神・神経疾患研究開発費 

    一戸紀孝

      More details

    Grant type:Competitive

  13. 情動情報の計測とインターフェイスの開発

    2008.10 - 2014.3

    科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(統括研究)共同研究 ERATO(理化学研究所脳科学総合研究センター) 

    岡ノ谷一夫

      More details

    Grant type:Competitive

     本研究領域は、情動情報を言語と同様にある種の規則性(syntax=構文、文法)をもって伝達されるものであると捉え、その進化過程・発達過程の生物学的な解析を基礎として、情動情報の計算科学的な符号化モデルを構築することを目指します。 そのために、鳴き声でコミュニケーションする動物や言語を獲得する前後の乳幼児、および成人を対象とし、脳波計や脳血流を画像化する装置を用いて脳の活動の様子を計測します。これと同時に、3次元動作計測装置や眼球運動記録装置などにより非言語情報としての情動情報の現れ方を計測します。これらのデータに各種の統計的な解析を行うことで、情動に伴う生理反応と脳活動の規則性を探ります。さらに、解析結果を踏まえて計算理論的な手法を取り入れつつ、情動情報の符号化モデルを構築することを目指します。これにより、情動情報を付加できる新しいタイプのインターネットブラウザーの実現や、人の気持ちを理解し親密なコミュニケーションを行えるロボットの開発といった新たなハードウェアあるいはソフトウェアの実現に繋がっていくことが見込まれます。 多様で大規模な情報から『知識』を生産・活用するための基盤技術の創出

  14. 獣害回避のための難馴化忌避技術と生息適地への誘導手法の開発

    2005.4 - 2008.3

    先端技術を活用した農林水産研究高度化事業 

    川路 則友

      More details

    Grant type:Competitive

  15. ロボットと乳幼児との身体的・社会的インタラクションの実験的研究

    2004.4 - 2005.3

    通信総合研究所 受託研究 

      More details

    Grant type:Competitive

  16. 双方向通信メディアが子どものコミュニケーション能力に与える影響の検討

    2003.4 - 2004.3

    松下視聴覚教育助成 研究開発助成 

    川合 伸幸

      More details

    Grant type:Competitive

  17. ヒトがおこなう視覚情報の圧縮過程に関する研究

    2002.4 - 2003.3

    中島記念国際交流財団 日本若手研究者研究助成金 

    川合 伸幸

      More details

    Grant type:Competitive

  18. 発達障害児の療育とコンピュータ

    2001.4 - 2002.3

    堀情報科学振興財団研究助成 

    川合 伸幸

      More details

    Grant type:Competitive

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 19

  1. 他者から学ぶ・他者と学ぶ 問題解決の創発と伝播に関する社会学習の比較認知科学研究

    Grant number:21H04421  2021.4 - 2025.3

    科学研究費補助金  基盤研究A

    川合伸幸,伊澤栄一,香田 啓貴,新宅 勇太

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. 頭足類の「個のない社会」の形成維持機構に関する鳥類・哺乳類との比較研究

    Grant number:21H00962  2021.4 - 2025.3

    科学研究費補助金  基盤研究B

    池田譲,伊澤栄一,川合伸幸,村山美穂

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  3. マーモセットは他個体の脅威の状況に合わせて警戒音声を発する頻度を変えるか?

    Grant number:20H04998  2020.4 - 2022.3

    科学研究費補助金 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3900000 ( Direct Cost: \3000000 、 Indirect Cost:\900000 )

  4. ヴァーチャル・リアリティー比較社会認知科学の創出:パーソナルスペースの生物的基盤

    Grant number:19K22870  2019.6 - 2021.3

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\6500000 ( Direct Cost: \5000000 、 Indirect Cost:\1500000 )

  5. 身体拡張性の比較心理学

    Grant number:19K21818  2019.4 - 2021.3

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount:\367800 ( Direct Cost: \300000 、 Indirect Cost:\67800 )

  6. 霊長類の警戒音声は生得的な脅威対象と連合するか?警戒音声言語進化仮説の検証

    Grant number:18H05070  2018.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3900000 ( Direct Cost: \3000000 、 Indirect Cost:\900000 )

  7. サルと自閉症児を対象とした援助行動の生物学的・進化的要因解明に関する実験的研究

    Grant number:16H02058  2016.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    川合伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\39650000 ( Direct Cost: \30500000 、 Indirect Cost:\9150000 )

  8. オキシトシンによるサルの援助行動の変化に関する実験的研究

    Grant number:15K13159  2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  9. 恐怖の生得性に関する生理・進化的基盤に関する実験的研究

    Grant number:25285199  2013.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\16120000 ( Direct Cost: \12400000 、 Indirect Cost:\3720000 )

  10. 正義観の心理・神経・生理・進化的基盤

    Grant number:24243068  2012.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    大平英樹

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  11. 霊長類の単語生成に関する実験的研究

    Grant number:24653212  2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3770000 ( Direct Cost: \2900000 、 Indirect Cost:\870000 )

  12. 魅力的な顔に惹かれることの比較認知科学的研究

    2011.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  13. 認知的コントロールの基盤を探る:記憶抑制機能への多面的アプローチ

    2009.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    川口潤

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  14. サルの怒り顔認識に関する行動/遺伝子研究

    2009.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  15. ヒトとニホンザルにおける認知機能の加齢変化についての実験的比較研究

    2008.4 - 2012.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    正高信男

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    ニホンザルおよびヒトの加齢に伴う認知機能の変化を、行動実験および脳機能計測にて解明する。

  16. ヒトおよび霊長類がおこなう対象・身体・空間のイメージ操作の進化的理解に関する研究

    2007.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    川合伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    ヒトの心的イメージ操作能力の進化を、チンパンジー、サルの心理実験との比較により解明する。

  17. 知覚にもとづく感情音声特徴空間の表現

    2005.4 - 2007.3

    科学研究費補助金  萌芽研究

    筧 一彦

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  18. 系列的な反応を行う際のプランニングにおける意味的・形態的情報の統合に関する研究

    2004.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    川合 伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  19. 健常児と自閉症児におけるチャンクの発達過程について

    2002.4 - 2004.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    川合伸幸

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

Industrial property rights 3

  1. EMOTION IDENTIFICATION DEVICE, EMOTION IDENTIFICATION METHOD, AND EMOTION IDENTIFICATION PROGRAM

    KUBO, KENTA, KAWAI, NOBUYUKI, OKANOYA KAZUO 

     More details

    Application no:14419957  Date applied:2013.3

    Announcement no:20150196244  Date announced:2015.7

    Patent/Registration no:10595764  Date registered:2020.3 

    Country of applicant:Foreign country  

  2. EMOTION IDENTIFICATION DEVICE, EMOTION IDENTIFICATION METHOD, AND EMOTION IDENTIFICATION PROGRAM

    KUBO, KENTA, KAWAI, NOBUYUKI, OKANOYA KAZUO 

     More details

    Application no:JP2013/057623  Date applied:2013.3

    Announcement no:2014/024511  Date announced:2014.2

    Patent/Registration no:2881222  Date registered:2020.10 

    Country of applicant:Foreign country  

  3. 情動認識装置、情動認識方法、及び情動認識プログラム

    久保賢太・川合伸幸・ 岡ノ谷一夫

     More details

    Application no:2012174946  Date applied:2012.8

    Announcement no:2014033715  Date announced:2014.2

    Patent/Registration no:6124239  Date registered:2017.4 

    Country of applicant:Domestic  

 

Teaching Experience (On-campus) 6

  1. 心理・認知科学実験1

    2020

  2. 認知行動論

    2020

  3. First Year Seminar A

    2011

  4. Information Literacy

    2011

  5. 認知科学1

    2009

  6. 情報リテラシー

    2009

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 4

  1. 学習心理学

    2007.4 - 2008.3 愛知淑徳大学)

  2. 学習心理学

    2006.4 - 2007.3 愛知淑徳大学)

  3. 心理学特殊講義(学習心理学)

    2005.4 - 2006.3 京都大学)

  4. 心理学特殊講義(学習心理学)

    2004.4 - 2005.3 京都大学)

 

Social Contribution 71

  1. 「「怖い」の心理学―恐怖症の起源に迫る― 」という演題で講演を行った。

    Role(s):Lecturer

    関西心理学会  2020年第1回談話会   Zoomによるオンライン同時配信  2021.2

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Seminar, workshop

  2. 「遺伝子が導く優しさ 動物や人類に宿る『人好き』気質」協調の方程式(下)という記事が掲載

    Role(s):Informant

    日本経済新聞  朝刊38面  2021.1

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    日本経済新聞の「科学欄」(1月17日 朝刊38面)で、「遺伝子が導く優しさ 動物や人類に宿る『人好き』気質」協調の方程式(下)という記事が掲載されました。怒った経験を紙に書いて、それを捨てると怒りが収まるという研究が紹介されました。

  3. 2020年度 大河講座「新・ひとの大学」現代編 「人間とイノベーション」という題目で講演

    Role(s):Appearance

    NHKカルチャー 名古屋教室  2020.12

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  4. 2020年度 大河講座「新・ひとの大学」現代編 「ヒトの本性 ひとりが怖い 孤食」という題目で講演

    Role(s):Appearance

    NHKカルチャー 名古屋教室  2020.12

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  5. 児童向け書籍「チコちゃんに叱られる ひとがペットをかうのはなぜ?」を監修した。

    文渓堂  チコちゃんに叱られる ひとがペットをかうのはなぜ?  2020.12

  6. 「『ポテサラ論争』が映す社会」と題したインタビュー記事掲載

    北日本新聞  朝刊12面  朝刊12面  2020.9

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    北日本新聞の「この人に聞きたい」欄(9月7日 朝刊12面)で、「『ポテサラ論争』が映す社会」と題したインタビュー記事が掲載されました。
    ツイッターで13万件のリツイートがついた「ポテサラ論争」は、世代間の規範のギャップが原因と指摘しました。

  7. 2019年度 大河講座「新・ひとの大学」進化と生命の不思議

    Role(s):Lecturer

    NHKカルチャー名古屋教室  2020.1

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  8. 「人間はヘビのおかげで進化した? 驚きの『ヘビ検出理論』とは」という記事で、霊長類やヒトの脳は進化の過程でヘビを効率的に検出するために大きくなったとの仮説と実験結果を解説

    Fridayデジタル  2020.1

     More details

    Audience: General

    Type:Internet

  9. 政治哲学者の萱野稔人さん(津田塾大学教授)との対談「萱野稔人と巡る超・人間学」の後編「人間の本性としての暴力と協力」が掲載

    月刊サイゾー  雑誌  2019.12

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    月刊サイゾー2020年1月号で政治哲学者の萱野稔人さん(津田塾大学教授)との対談「萱野稔人と巡る超・人間学」の後編「人間の本性としての暴力と協力」が掲載されました。

  10. 政治哲学者の萱野稔人さん(津田塾大学教授)との対談「萱野稔人と巡る超・人間学」の前編「人間の本性としての暴力と協力」が掲載

    月刊サイゾー  雑誌  2019.11

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    月刊サイゾー2019年12月号で政治哲学者の萱野稔人さん(津田塾大学教授)との対談「萱野稔人と巡る超・人間学」の前編「人間の本性としての暴力と協力」が掲載されました。

  11. 「類人猿も心読める?」と題した記事掲載

    読売新聞  夕刊  2019.10

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「類人猿も心読める?」と題した記事で、京都大学の研究チームが発表した研究の意義を解説した。

  12. インタビュー記事「わだかまりを残さず、すっきり。センスある、お詫びとクレームとは」が掲載

    マガジンハウス  クロワッサン1007号  p.30-31  2019.10

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    クロワッサン1007号の「大人のマナーの新常識。」で、インタビュー記事「わだかまりを残さず、すっきり。センスある、お詫びとクレームとは」が掲載されました(p.30-31)

  13. 月刊誌「子供の科学」掲載

    Role(s):Media coverage

    誠文堂新光社  11月号  2019.10

     More details

    Audience: Schoolchildren, General

    Type:Newspaper, magazine

    誠文堂新光社の月刊誌「子供の科学」の11月号にヒトは自然の風景からトカゲより兵を早く正確に見つけ出すという研究結果(Kawai & Qiu)が写真とともに紹介されました。

  14. インタビュー記事「イライラ運転、店員・駅員への八つ当たり キレやすいシニアへの処方箋」が掲載

    週刊朝日  雑誌  2019.10

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    週刊朝日(10月25日号)に、インタビュー記事「イライラ運転、店員・駅員への八つ当たり キレやすいシニアへの処方箋」が掲載され、中高年者の怒りの抑制について解説しました。

  15. インタビュー記事「〔嫉妬に勝つ!〕キレる高齢者にならない心の処方箋」が掲載

    サンデー毎日  雑誌  2019.10

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    インタビュー記事「〔嫉妬に勝つ!〕キレる高齢者にならない心の処方箋」が掲載され、高齢者の怒りの抑制について解説しました。

  16. 「一心不安」コラム掲載(全44回)

    東京新聞・中日新聞  夕刊  2019.7 - 2019.9

  17. 「突然キレる「凶暴老人」が急増中、日本人特有の事情を認知脳科学者が解説」という記事で、高齢者の暴行事件が増加する理由を解説

    Role(s):Media coverage, Informant

    デイリー新潮  2019.5

     More details

    Audience: General

    Type:Internet

  18. 国立国会図書館利用者サービス部主催研修 苦情対応研修

    Role(s):Lecturer

    国立国会図書館本部  2019.3

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

    「適切な怒りの抑え方・謝罪の仕方について」という題目で講演を行った。

  19. 日立総合経営研修所 ウェイク講演会

    Role(s):Appearance

    日立総合経営研修所  2019.3

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

    「怒りを知り、怒らない自分になる」という題目で講演を行った。

  20. 「キレる高齢者」についてのインタビュー記事掲載

    長崎新聞、高知新聞、他計28誌  2019.1

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    共同通信社を通じて長崎新聞(2019/1/22)、高知新聞(2019/1/24)ほか計28誌で、
    「キレる高齢者」についてインタビュー記事が掲載された。

  21. インタビュー記事『「キレる老人」の実相迫る 高齢者排除してない?』が掲載

    東京新聞・中日新聞  夕刊7面  2018.12

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「土曜訪問」のコーナーでインタビュー記事『「キレる老人」の実相迫る 高齢者排除してない?』が掲載された。

  22. 菊里高校 出前授業

    Role(s):Lecturer

    菊里高校  2018.11

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    「心理学・認知科学の魅力」という題目で普通科2年生320名を対象として講義を行った。

  23. 平成30年度かすがい熟年大学 (健康科学コース)

    Role(s):Lecturer

    春日井市  平成30年度かすがい熟年大学 (健康科学コース)  文化フォーラム春日井視聴覚ホール  2018.10

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

    「高齢者の認知の衰えとその予防」というテーマで講師をつとめた。

  24. 三省堂名古屋本店 「学問喫茶」

    Role(s):Lecturer

    三省堂名古屋本店  三省堂名古屋本店  2018.7

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

    三省堂書店名古屋本店が主催する「学問喫茶」にて「ヘビはなぜこわい?」という題目で一般向けの講演を行った。

  25. ニュース番組「まるっと!」で論文の研究内容が紹介

    Role(s):Informant

    NHK総合  2018.7

     More details

    Audience: General

    NHK総合(名古屋)のニュース番組「まるっと!」でJapanese Psychological Researchに掲載された論文(2018/7/9発表)の研究内容が紹介された。

  26. Japanese Psychological Researchに掲載された論文内容が紹介

    Role(s):Informant

    中日新聞・朝日新聞  2018.7

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「赤信号 高齢者のほうがイライラ」で高齢者が若者と比べ,赤信号で停車させられることに怒りを感じやすい傾向を明らかにしたJapanese Psychological Researchに掲載された論文(2018/7/9発表)の内容が紹介された。

  27. デンシバSpotlight 「家族でも『ひとりごはん』、鏡やネット使い『一緒に』」 2017年度版 食育白書で、鏡を用いた食事法について説明

    Role(s):Informant

    日本経済新聞  夕刊  2018.5

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    デンシバSpotlight 「家族でも『ひとりごはん』、鏡やネット使い『一緒に』」 2017年度版 食育白書で、すべての食事を1人で取る日が週の半分を超える人が15.3%を占めると報告されるような社会的背景に基づいて、一人で食事を取ることの意味とおいしさの高める秘訣について取材があり、鏡を用いた食事法について説明した。

  28. 「中日こどもウィークリー」で、鏡食によっておいしさが増すことを説明した記事が掲載

    Role(s):Informant

    中日新聞  2018.2

     More details

    Audience: Schoolchildren, Junior students, High school students

    Type:Newspaper, magazine

    中日新聞 「中日こどもウィークリー」で、鏡食によっておいしさが増すことを説明した記事が掲載された。

  29. 「科学の知恵 怒りを鎮める うまく謝る」(講談社現代新書)の書評が掲載

    日本経済新聞  日刊28面  2017.10

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「科学の知恵 怒りを鎮める うまく謝る」(講談社現代新書)の書評が掲載された。

  30. 掲載済記事(Physiology & Behavior 2017/5/25発表の論文)が取り上げられた。

    Role(s):Informant

    中日新聞  朝刊14面  2017.9

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「鏡でおいしさアップ!?」 読者が作った新聞わーくシート(小学生)のコーナーで,6月13日に掲載された記事(Physiology & Behavior 2017/5/25発表の論文)が取り上げられた。

  31. 論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介された。

    Role(s):Informant

    読売新聞  28面  2017.7

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「鏡みながら食事 より「おいしい」」 鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。

  32. 論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介された。

    Role(s):Informant

    毎日新聞  6面  2017.6

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「1人ご飯 鏡は特別調味料・・自分の姿でも食欲アップ」 鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。

  33. 論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介された。

    Role(s):Informant

    科学新聞  6面  2017.6

     More details

    Audience: General

    「孤食に必須!? 鏡があればおいしく感じる」鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。

  34. 論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介された。

    Role(s):Informant

    中日新聞  朝刊1面  2017.6

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「鏡に映った自分でも食事おいしく」鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。

  35. 論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介された。

    Role(s):Informant

    朝日新聞  6面  2017.5

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「鏡の前で食べる 一人でも・・おいしい」 鏡の前で食べれば一人でもおいしく感じるとの論文(Physiology & Behavior 2017/5/25発表)の内容が紹介されました。

  36. 情報サイト「いこーよ」で、子育て中の親に対して、子どもの記憶の仕組みを解説

    Role(s):Informant

    いこーよ(子供とお出かけ情報サイト)  2017.4

     More details

    Audience: Guardians, General

    子どもとお出かけ情報サイトの最大手である「いこーよ」で、子育て中の親に対して、子どもの記憶の仕組みを解説した。

  37. 論文(PLoS ONE 2016/10/27発表)の内容が科学欄(かがくアゴラ)で紹介された。

    Role(s):Informant

    日本経済新聞  2017.1

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    人の脳や視覚システムはヘビのカモフラージュを見分けるべく進化したとの論文
    (PLoS ONE 2016/10/27発表)の内容が科学欄(かがくアゴラ)で紹介されました

  38. PLoS ONEに掲載された論文「Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions.」が紹介

    Role(s):Informant

    Business Insider  2016.11

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    一般向けonline雑誌 Business Insiderに、PLoS ONEに掲載された論文「Breaking snake camouflage: Humans detect snakes more accurately than other animals under less discernible visual conditions.」が紹介された。

  39. ヒトの心「本性」に迫る研究内容について紹介

    Role(s):Informant

    朝日新聞  5面  2016.6

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「先端人」のコーナーで,ヒトの心「本性」に迫る研究内容について紹介された。

  40. 著書「ヒトの本性 −なぜ殺し、なぜ助け合うのか」について,書評が掲載

    朝日新聞  2016.2

  41. 著書「ヒトの本性 −なぜ殺し、なぜ助け合うのか」について,書評が全国の新聞で掲載

    共同通  共同通信  2016.1

  42. 著書「ヒトの本性 −なぜ殺し、なぜ助け合うのか」について、書評が掲載

    Role(s):Informant

    週刊朝日  12/18号  2015.12

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    著書「ヒトの本性 −なぜ殺し、なぜ助け合うのか」について,書評が掲載された。

  43. 鏡を見ながらモノを食べると美味しさが増すという実験が紹介

    夕刊フジ  2015.10

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    鏡を見ながらモノを食べると美味しさが増す、ということを大学生と高齢者で実証した実験が紹介された。
    高齢者の怒りや運転に関する研究の展望も語った。

  44. 研究の紹介記事が全国に配信

    共同通信  2015.9

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    日本認知科学会31回大会で発表された「鏡で自分を見ると食事をおいしく感じる-大学生と高齢者の比較-」について,研究の紹介記事が全国に配信された。

  45. 名古屋大学 公開講座「秩序と混沌」

    Role(s):Lecturer

    名古屋大学  名古屋大学  2015.9

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

    「見つけやすいもの、見つけにくいもの:秩序が背景にあるときと、秩序だった形が目立つとき」という内容で講義を行った。

  46. 2015年度公開講座のメインテーマ「秩序と混沌」に沿って講義を行った。

    Role(s):Lecturer

    東海ラジオ  名古屋大学 リレーセミナー  2015.8

     More details

    Audience: General

    Type:TV or radio program

    2015年度公開講座のメインテーマ「秩序と混沌」に沿って,「見つけやすいもの、見つけにくいもの:秩序が背景にあるときと、秩序だった形が目立つとき」という内容で講義を行った。

  47. 第58期 名古屋市民大学講座「本物を知る,本物に出会う」

    2015.6

     More details

    「ヒトの心の働きと成り立ち」というテーマで,講演を行った。

  48. Biology Lettersの論文が紹介

    Role(s):Informant

    中日新聞(夕刊)、他  2014.5

     More details

    Type:Newspaper, magazine

    マーモセットは第3者が互恵的なやりとりをしているか、非互恵的なやりとりをしているかを認識し、非互恵的に振舞った人から提供された食物を受け取らないことを示したBiology Lettersの論文が紹介された。

  49. 至高体験がどのような神経メカニズムで経験されるかについて解説

    Role(s):Informant

    生物の科学 遺伝  2013年11月号 Vol. 67, No. 6, pp. 679-684.  2013.11

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「至高体験の行動学的解析」宗教などで経験するといわれる至高体験がどのような神経メカニズムで経験されるかについて解説した

  50. コミュニケーション場面で生じる感情の測定技術と実際について解説

    Role(s):Informant

    生物の科学 遺伝  2013年11月号 Vol. 67, No. 6, pp. 668-673.  2013.11

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「社会的感情の計測と抑制」 コミュニケーション場面で生じる感情の測定技術と実際について解説した

  51. ヒトが他の霊長類の知性や学び方と異なるところはどこかを解説

    Role(s):Media coverage

    中日新聞  中日こどもウィークリー  2013.6

     More details

    Audience: Schoolchildren, Junior students

    Type:Newspaper, magazine

    中日新聞が土曜日に発行する「中日こどもウィークリー」にて、ヒトが他の霊長類の知性や学び方と異なるところはどこか、解説した。

  52. The mysterious Noh mask: Contribution of multiple facial parts to the recognition of emotional expression. についての記事が掲載

    Role(s):Informant

    中日新聞  2012.11

  53. OEIP成果発表会「情動から感情へ 心の動きの法則を求めて」

    2012.10

     More details

    「感情を読み取る」との題で、能面やマンガのキャラクターは、少ない情報でどのように表情伝えるかについて解説した。

  54. さかえサイエンストーク

    2012.10

     More details

    「謝罪では腹の虫はおさまらず~怒りの心理学~」と題して研究室で取り組む怒りの研究を、研究室を代表して久保が代表して紹介した。

  55. 人はどうして他者の視線に対して敏感に反応するかについて解説

    Role(s):Informant

    R25  No.312  2012.8

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    人はどうして他者の視線に対して敏感に反応するかについて解説を行った。

  56. 怒りの情動についての記事が紹介

    日本経済新聞  朝刊42面  2012.3

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「怒り」謝罪でも消えず 名大など心拍数や汗で分析として怒りの情動についての記事が紹介された。

  57. 怒りの情動についての記事が紹介

    朝日新聞  夕刊9面  2012.3

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    「すみません」で攻撃性和らぐ 名古屋大など脳波分析として怒りの情動についての記事が紹介された。

  58. 怒りの情動についての記事が紹介

    中日新聞  夕刊1面  2012.3

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    謝罪されても不快感消えず 名大グループ実験として怒りの情動についての記事が紹介された。

  59. 怒りの情動についての記事が紹介

    Role(s):Informant

    ナショナルジオグラフィックニュースなど  2012.3

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    謝罪でも「腹の虫治まらず」 名大などが「怒り」分析としてとして怒りの情動についての記事が紹介された。

  60. ヒトがお化け屋敷を怖がるメカニズムや恐怖の克服法についての章を監修

    Role(s):Informant

    講談社  「思考を鍛えるドリル」NHKすイエんサープロジェクト編  2012.2

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    ヒトがお化け屋敷を怖がるメカニズムや恐怖の克服法についての章の監修を行った。

  61. 番組制作協力

    Role(s):Informant

    NHK総合  NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのか  2012.1 - 2012.2

     More details

    Audience: General

    Type:TV or radio program

    NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのかの番組作成協力を行った。

  62. 他の動物と比べてヒト独自の知性とは何かについて解説した記事が掲載

    Role(s):Informant

    角川書店  「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」 NHKスペシャル取材班編  2012.1

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    他の動物と比べてヒト独自の知性とは何かについて解説した記事が掲載された。

  63. さかえサイエンストーク

    2011.10

     More details

    「ミステリアスな能面を科学する」と題して、研究室で取り組む能面の表情表出に関する知見を講演した。

  64. Human Young Children as well as Adults Demonstrate‘Superior’ Rapid Snake Detection When Typical Striking Posture Is Displayed by the Snake.についての記事が掲載

    Role(s):Informant

    産経新聞・中日新聞・日刊工業新聞  2011.9

  65. ヒトがヘビを怖がるメカニズムについて解説した記事が掲載

    Role(s):Informant

    日経ビジネス人文庫  584 「科学なぞ謎ミステリー」  2011.4

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    ヒトがヘビを怖がるメカニズムについて解説した記事が掲載された。

  66. 第12回JAFoS2010

    2010.12

     More details

    日本学術振興会からの招聘により、日米先端科学技術会議(JAFoS:座長 ノーベル物理学賞受賞者 小林 誠 氏)に推薦されて参加し、日本の社会科学分野研究を発展させるための議論を行った。

  67. 論文の記事が配信

    Role(s):Informant

    日本経済新聞  2010.11

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    3歳の子どもでヘビの写真を早く見つけることを報告した論文(Human young children as well as adults demonstrate 'superior' rapid snake detection when typical striking posture is displayed by the snake.)の記事が配信された。

  68. Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system.についての記事が掲載

    Role(s):Informant

    APA機関紙「Monitor」  2009

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

    Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system.についての記事が掲載された。

  69. 研究室の研究内容紹介

    Role(s):Media coverage, Informant

    日経サイエンス  5月号  2006.4

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

  70. 「チンパンジーの知性と記憶について」掲載

    Role(s):Informant

    Epoca(ブラジル総合月刊誌)  p.81  2000.10

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

  71. 「チンパンジーの数の理解について」掲載

    Role(s):Informant

    Discover(米国総合月刊誌)  p.28  2000.6

     More details

    Audience: General

    Type:Newspaper, magazine

▼display all

Media Coverage 54

  1. 「ホンマでっか!?TV」出演 TV or radio program

    フジテレビ  ホンマでっか!?TV  2021.5

     More details

    「ホンマでっか!?TV」に出演し、怒りの抑制方法について解説した。

  2. 「あさイチ」VTR出演 TV or radio program

    NHK総合  あさイチ  8:15-9:54  2021.4

     More details

    NHK総合「あさイチ」の "気の持ちよう"がアナタを救う!コロナ気分からの脱出法!のコーナーで、ネガティブな気持ちが生じるのは、自身の心のなかからということに気づくことでその対処法を自身で考えられるという、心理学の技法について解説しました。

  3. テンミニッツTV(1話10分で学ぶ教養動画メディア)に講師出演(全5話) Internet

    テンミニッツTV  2021.2

     More details

    テンミニッツTV(1話10分で学ぶ教養動画メディア)で、シリーズ「「怒り」の仕組みと感情のコントロール(1)~(5)」が視聴ランキングベスト10に長らくランクイン

  4. 「ヒューマニエンス 40億年のたくらみ」出演 TV or radio program

    NHK BS プレミアム  ヒューマニエンス 40億年のたくらみ  2021.2

     More details

    「"スリル" 限界を超える翼」の回に出演し、スリルの背景にある神経機構や心理学的意味、またホモ・サピエンスに与えた影響について解説した。

  5. 「“夏の風物詩”のおカネ事情に突撃!SP」回に出演 TV or radio program

    NHK総合  有吉のお金発見 突撃!カネオくん  2020.8

     More details

    「“夏の風物詩”のおカネ事情に突撃!SP」回に出演し、絶叫マシンが怖いカラクリを解説した。

  6. 「又吉直樹のヘウレーカ!」出演 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2019.10

     More details

    NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」に出演し、怒りのメカニズムとその抑制方法について実験を紹介しながら対談した

  7. 「すイエんサー」出演 TV or radio program

    NHK教育(Eテレ)  2019.10

     More details

    4月30日放送分『すイエんサー「10周年記念蔵出し!じゃんけん&あっち向いてホイ必勝法」』の再放送

  8. 「チコちゃんに叱られる」出演 TV or radio program

    NHK総合  2019.8

     More details

    NHK総合「チコちゃんに叱られる」の質問コーナーで、子どものときの記憶を思い出せない理由を解説した。

  9. 「チャント!」出演 TV or radio program

    CBCテレビ  2019.8

     More details

    CBCテレビ 「チャント!」に出演し、「お化け屋敷」の怖さについて解説した。

  10. 「まるっと!サタデー」出演 TV or radio program

    TBSテレビ  2019.8

     More details

    報道番組 「まるっと!サタデー」に出演し、運転時の怒りについて解説しました。

  11. 「ガリレオX」出演 TV or radio program

    BSフジ  2019.6

     More details

    「子どもとは何だろう?認知科学と社会科学でさぐる子どもの本質」という番組で、幼い頃のことを覚えていない幼児期健忘のメカニズムについて解説した。

  12. 「すイエんサー」出演 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2019.4

     More details

    日本人は「グー・チョキ・パー」という系列表象があることを利用して、「じゃんけん」に勝つための秘訣を伝授し、生徒役の出演者が実際の実験(じゃんけん)で高い勝率を示すことができた。(2012年5月8日放送の「じゃんけんでメッチャ勝ちまくりた~い!!」を新たに編集)

  13. 「ろんぶ~ん」出演 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2019.3

     More details

    「『謝罪』の論文!日本人の謝罪戦略が丸裸?&謝罪は怒りを鎮める」に出演し、謝罪は怒りに対してどのように効果があるかを、実験結果とともに説明した。

  14. ラジオ番組「多田しげおの気分爽快~朝からPON」に電話出演 TV or radio program

    CBCラジオ  2019.1

     More details

    「多田しげおの気分爽快~朝からPON」
    https://hicbc.com/radio/kibun/ に電話で出演。
    高齢者が連続した赤信号でイライラするメカニズムを解説した。

  15. 「ウワサの保護者会」出演 TV or radio program

    NHK総合,NHK 教育(Eテレ)  2018.10

     More details

    NHK総合「ウワサの保護者会」の「子どもの怖いもの特集に出演し,子どもがどのような状況をどのような理由で怖がり,どう対処すればよいかを解説した。

  16. 「チコちゃんに叱られる」出演 TV or radio program

    NHK総合  2018.4

     More details

    NHK総合テレビ 「チコちゃんに叱られる」に出演し、ペットを飼うことは、ヒトが資源を仲間に分け与えようとする傾向に関連していることを説明した。

  17. 経済ニュースポータル「NewsPicks」の「イノベーターズ・トーク」で5日にわたって怒りを鎮める方法や効果的な謝罪方法についてのインタビュー記事が掲載 Internet

    NewsPicks(経済ニュースプラットフォーム)  2018.1

     More details

    経済ニュースポータル「NewsPicks」の「イノベーターズ・トーク」で5日にわたって怒りを鎮める方法や効果的な謝罪方法についてのインタビュー記事が掲載され(2018年1月15日)た。その後2250件ものコメントが寄せられた。

  18. 「怒りを鎮める うまく謝る」の著者インタビューが掲載 Newspaper, magazine

    サンデー毎日 11/19号  2017.11

     More details

    「サンデー毎日」のSUNDAY LIBRARYの著者インタビューで「怒りを鎮める うまく謝る」の著者インタビューが掲載された。

  19. 「怒りを鎮めるために ー誠意ある謝罪とは」についてインタビュー記事が掲載 Newspaper, magazine

    聖教新聞  日刊6面  2017.10

     More details

    「怒りを鎮めるために ー誠意ある謝罪とは」怒りの生理・心理的メカニズムやその鎮め方、また怒らせた相手に効果的な謝罪についてインタビュー記事が掲載された。

  20. 「ウィークエンド中部」出演 TV or radio program

    NHK総合  2017.10

     More details

    NHK総合 「ウィークエンド中部」 内の「バリフォン特集」で、男女によって大切にする対象が異なることを心理学的観点から解説した。

  21. ラジオ番組「JAM The WORLD」に出演

    J-Wave  JAM The WORLD  2017.9

     More details

    「JAM The WORLD」番組内「KODANSHA CASE FILE」(9時35分頃~9時40分頃放送)に出演した。 「 怒りという感情と上手に付き合う方法」について、一般の方向けに解説をした。

  22. 報道番組「ほっとイブニング」にVTR出演 TV or radio program

    NHK総合  2017.6

     More details

    NHK総合 報道番組「ほっとイブニング」VTRに出演し、現代社会と孤食の問題を解説しました。

  23. 生活・情報番組「あさイチ」の「オンナの怒り解消法!」に出演 TV or radio program

    NHK総合  あさイチ  2017.6

     More details

    生活・情報番組「あさイチ」の
    「オンナの怒り解消法!」に出演し、怒りのメカニズムや
    効果的な抑制方法を解説した。

  24. ラジオ番組 特集「”キレる”高齢者たち」に出演 TV or radio program

    NHKラジオ第一  先読み!夕方ニュース  2017.3

     More details

    特集「”キレる”高齢者たち」に出演した。

  25. 「Rの法則」にて、ジェットコースターを怖く無くする方法を解説 TV or radio program

    NHK 教育(Eテレ)  Rの法則  2016.12

     More details

    Eテレ「Rの法則」にて、ジェットコースターを怖く無くする方法を解説した。

  26. 特集「夏の恐怖スペシャル」で、番組全体を監修、解説 TV or radio program

    NHK総合  あさイチ  2016.6

     More details

    特集「夏の恐怖スペシャル」で、番組全体を監修し、恐怖のメカニズム、恐怖の克服するメカニズムとその方法、近年増加している高所を怖がらない子どもたちへの対処方法、恐怖を学習するメカニズムとその適切な用い方を解説しました。

  27. 「みんなのニュース」にてキレる高齢者について解説 TV or radio program

    フジテレビ  2016.5

     More details

    キレる高齢者について渋滞時のシミュレーション実験の様子と結果を示しながら、加齢に伴い脳内でどのような変化が生じたかを解説した。

  28. 番組出演した「『おしい』ってとき、どうしてのけぞる?」の回が再放送された。 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  すイエんサー  2016.2

     More details

    NHK教育テレビ(Eテレ)による科学番組「すイエんサー」「『おしい』ってとき、どうしてのけぞる?」の回が好評であったため、好評シリーズの1つとして、2016年2月2日に再放送された。

  29. ゲスト出演し,著書「ヒトの本性 なぜ殺し,なぜ助け合うのか」が話題の書籍として紹介された。 TV or radio program

    BSスカパー  ニュースザップ  2016.1

     More details

    ゲストとして出演し,著書「ヒトの本性 なぜ殺し,なぜ助け合うのか」が話題の書籍として紹介された。

  30. 「すイエんサー」出演 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2015.6

     More details

    「『おしい』ってとき、どうしてのけぞる?」の回に出演し、
    行為者との共感の度合いによって、観察者の行動が変化することについて実験をまじえて解説した。

  31. 「ゴゴスマ」に出演し、朝食を食べることの認知機能の関係について解説 TV or radio program

    CBCテレビ  ゴゴスマ  2015.2

  32. 「キャッチ!」に出演し、表情と魅力の関係について解説 TV or radio program

    中京テレビ  2015.2

  33. 「キャッチ!」に出演し、対人場面での魅力や子どもの動機づけの高め方などについて解説 TV or radio program

    中京テレビ  2015.2

     More details

    「目からウロコ 脳科学」のコーナーに出演し対人場面での魅力や子どもの動機づけの高め方などについて解説した。

  34. 「人間とは何だ!?番外編  …脳と心のミステリー  生命38億年スペシャル」出演 TV or radio program

    TBSテレビ  2015.2

     More details

    共感脳内のメカニズムについて解説

  35. テレビ未来遺産 生命38億年スペシャル 「最新 脳科学ミステリー "人間とは何だ…!?"」出演 TV or radio program

    TBSテレビ  2015.2

     More details

    無意識の同調行動の脳内メカニズムの解説

  36. 「あさイチ」に出演し、謝罪の効果について解説 TV or radio program

    NHK総合  2014.8

     More details

    「どう伝える?謝罪のココロ」に出演し,謝罪の効果について実験結果を紹介しながら解説した。

  37. 「マサカメTV」に出演し、絶叫マシンの恐怖を減らす原理について解説 TV or radio program

    NHK総合  2014.8

     More details

    「夏だ!グルメだ!レジャーだ!暑気払いの大総集編」夏を乗り切れ!オドロキの知識 絶叫マシンなんか怖くない!?に出演し,絶叫マシンの恐怖を減らす原理について解説した。

  38. 「あさイチ」のコーナー「スゴ技Q」に出演 TV or radio program

    NHK総合  2014.7

     More details

    「スゴ技Q」に出演し、遊園地でジェットコースターの怖さを抑えるために「あらかじめ叫ぶ」こと。しかも、いつどんな叫びをあげるかによって、効果が大きく変わるということを解説した。

  39. 「すイエんサー」に出演し、ご当地キャラに隠された記号を探し出そうとする動機づけが関心を高めると解説 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2014.5

     More details

    「ゆる~いご当地キャラをついつい好きになってしまうのはなんで~」の回に出演し、ご当地キャラに隠された記号を探し出そうとする動機づけが関心を高めると解説した。

  40. 「すイエんサー」出演、解説 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2013.8

     More details

    NHK教育テレビによる科学番組「すイエんサー」(NHK Eテレ 2013年8月20日 放送「牛乳を飲むときって、なんで腰に手をおいちゃうわけぇ~?」(アンコール放送))に出演し、人間が無意識におこなう行動と動機づけの高まりについて解説した。本放送は、2012年10月16日に放送したものであるが、評判の高かったものとして、本編の時間にアンコール放送された。「すイエんサー」が各地で催す科学実験の一つとして、現在も頻繁に実施されている。

  41. 「マサカメTV!」出演、解説 TV or radio program

    NHK総合  2013.5

     More details

    “遊園地&ご当地キャラ”にまつわる目のつけどころ!みんな必見!絶叫マシン克服法のコーナーで絶叫マシンに乗った際の叫び方の工夫をすれば恐怖を克服できると解説した。

  42. 「すイエんサー」に出演し、人間が同じ行動を回避する傾向について解説 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2013.2

     More details

    「じゃんけんでメッチャ勝ちまくっちゃうスゴ技!スペシャル!!総集編」)に出演し、人間が同じ行動を回避する傾向について解説した。(2-2の前編と後編を合わせて編集した総集編)

  43. 「すイエんサー」に出演し、人間が無意識におこなう行動と動機づけの高まりについて解説 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2012.10

  44. インタビューを受けてヒトが視線を怖がるメカニズムについて解説したくだりが掲載

    集英社文庫  視線が怖い  pp.116-122  2012.9

     More details

    インタビューを受けてヒトが視線を怖がるメカニズムについて解説したくだりが掲載され(pp. 116-122)、研究の知見を発信した。

  45. 「すイエんサー」出演 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2012.5

     More details

    「じゃんけんでメッチャ勝ちまくっちゃうスゴ技!スペシャル!!前編」に出演し、人間が同じ行動を回避する傾向について解説した。

  46. Apology isn't good enough: An apology suppresses an approach motivation but not the physiological and psychological anger. について応答 TV or radio program

    TBSラジオ  ニュース探求ラジオ Dig  2012.3

     More details

    Apology isn't good enough: An apology suppresses an approach motivation but not the physiological and psychological anger. について応答した。

  47. 「NHKニュース」に出演し、謝っても不愉快は残るという内容の紹介を行った。 TV or radio program

    NHK全国放送  2012.3

     More details

    謝っても不愉快は残るという内容の紹介を行った。

  48. 高校生向けに研究の魅力を語った記事掲載 Newspaper, magazine

    朝日新聞社  「ポスト3・11変わる学問 気鋭大学人からの警鐘」 河合塾編  2012.3

     More details

    主に高校生向けに研究の魅力を語った。

  49. 「決断」CBCテレビの開局60周年記念番組に出演 TV or radio program

    CBCテレビ  2010.10

     More details

    ヒトが感じる快のメカニズムについて解説を行った。

  50. 「すイエんサー」に出演し、認知科学の知見を紹介 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2009.10

     More details

    にらめっこに必ず勝てるようになりた~い!パート2のコーナーで社会に広く認知科学の知見を紹介した。

  51. 「夏休みだから、すイエんサー!スペシャル」出演 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2009.8

     More details

    お化け屋敷の恐怖を克服した~い!のコーナーで恐怖に関する知見をわかりやすい実験によって解説した。

  52. 「Real News」出演 TV or radio program

    中京テレビ  2009.5

     More details

    ヒトの視覚の進化(Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system.)についてTVの取材を受けて、ニュースで報道された。

  53. Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system.について電話インタビュー TV or radio program

    Zip FM   Zip FM Naturally  2009.5

     More details

    Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual system.について電話によるインタビューを受けた。

  54. 「サイエンスZEROスペシャル5」に出演し、言葉はどう生まれたか?において研究の紹介をした。 TV or radio program

    NHK 教育 (Eテレ)  2009.2

     More details

    シリーズヒトの謎に迫る⑤言葉はどう生まれたか?において研究の紹介をした。

▼display all