2021/03/24 更新

写真a

ハヤシ ヨシタカ
林 良敬
HAYASHI, Yoshitaka
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 教授
大学院医学系研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1995年8月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 内分泌学 膵島 甲状腺 細胞分化 転写制御 幹細胞 遺伝学 糖尿病 発生生物学 核内受容体 細胞外マトリックス トランスクリプトーム・メタボローム

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 生理学  / 内分泌学

  2. ライフサイエンス / 生理学  / 代謝学

  3. ライフサイエンス / 内科学一般  / 糖尿病学

  4. ライフサイエンス / 分子生物学  / 病態医化学

  5. ライフサイエンス / 分子生物学  / 遺伝学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. グルカゴン遺伝子改変モデルを用いた内分泌代謝・分子生物学研究

  2. 内分泌系悪性腫瘍の病態生理

  3. 内胚葉系細胞の分化機構

  4. 遺伝性内分泌疾患の病態生理

経歴 7

  1. 名古屋大学 環境医学研究所   生体適応・防御研究部門 内分泌代謝分野   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 環境医学研究所   生体適応・防御研究部門    准教授

    2007年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 環境医学研究所    分子・細胞適応部門   助教授

    2005年10月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 科学技術振興機構    ERATO 関口細胞外環境プロジェクト    研究員(グループリーダー)

    2000年10月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   環境医学研究所   学術振興会特別研究員

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. シカゴ大学   医学部   研究員(Assistant Professor)

    1994年11月 - 1995年3月

  7. シカゴ大学   医学部    研究員

    1991年11月 - 1994年10月

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学研究科

    1989年4月 - 1995年8月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    1981年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本内分泌学会   評議員

  2. 日本糖尿病学会

  3. 日本甲状腺学会   理事

  4. 日本内科学会

  5. 米国内分泌学会

  6. 日本病態栄養学会

  7. 日本分子生物学会

  8. 日本生理学会

▼全件表示

受賞 2

  1. 日本内分泌学会 研究奨励賞

    2000年   日本内分泌学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本甲状腺学会 七条賞

    2000年   日本甲状腺学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 103

  1. Glutaminostatin: Another facet of glucagon as a regulator of plasma amino acid concentrations 査読有り

    Hayashi Yoshitaka

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   10 巻 ( 6 ) 頁: 1391 - 1393   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.13110

    Web of Science

    PubMed

  2. Regulation of amino acid metabolism and -cell proliferation by glucagon 査読有り

    Hayashi Yoshitaka, Seino Yusuke

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   9 巻 ( 3 ) 頁: 464 - 472   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12797

    Web of Science

    PubMed

  3. *Remodeling of Hepatic Metabolism and Hyperaminoacidemia in Mice Deficient in Proglucagon-derived Peptides. 査読有り

    C. Watanabe, Y. Seino, H. Miyahira, M. Yamamoto, A. Fukami, N. Ozaki, Y. Takagishi, J. Sato, T. Fukuwatari, K. Shibata, Y. Oiso, Y. Murata, Y. Hayashi

    Diabetes   61 巻 ( 1 ) 頁: 74-84   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db11-0739

  4. *Metabolic impact of glucagon deficiency. 招待有り 査読有り

    Yoshitaka Hayashi

    Diabetes, Obesity and Metabolism.   13 巻 ( suppl 1 ) 頁: 151-157   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1463-1326.2011.01456.x

  5. *Mice Deficient for Glucagon Gene-Derived Peptides Display Normoglycemia, and Hyperplasia of Islet a-Cells but not of Intestinal L-cells. 査読有り

    Y. Hayashi, M. Yamamoto, H. Mizoguchi, C. Watanabe, R. Ito, S. Yamamoto, X.Y. Sun, Y. Murata

    Mol Endocrinol   23 巻 ( 12 ) 頁: 1990-1999   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Carbohydrate-induced weight gain models for diabetes research: Contribution of incretins and parasympathetic signal 査読有り

    Seino Yusuke, Murase Masatoshi, Hayashi Yoshitaka, Suzuki Atsushi

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   12 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 5   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.13342

    Web of Science

    PubMed

  7. Glucagon regulates lipolysis and fatty acid oxidation through inositol triphosphate receptor 1 in the liver 査読有り

    Hayashi Yoshitaka

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   12 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 34   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.13315

    Web of Science

    PubMed

  8. Deficiency of glucagon gene-derived peptides induces peripheral polyneuropathy in mice 査読有り

    Motegi Mikio, Himeno Tatsuhito, Nakai-Shimoda Hiromi, Inoue Rieko, Ozeki Norio, Hayashi Yusuke, Sasajima Sachiko, Mohiuddin Mohammad Sarif, Asano-Hayami Emi, Kato Makoto, Asano Saeko, Miura-Yura Emiri, Morishita Yoshiaki, Kondo Masaki, Tsunekawa Shin, Kato Yoshiro, Kato Koichi, Naruse Keiko, Seino Yusuke, Hayashi Yoshitaka, Nakamura Jiro, Kamiya Hideki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   532 巻 ( 1 ) 頁: 47 - 53   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.08.007

    Web of Science

  9. Sphingosine kinase 1-interacting protein is a dual regulator of insulin and incretin secretion 査読有り

    Liu Yanyan, Harashima Shin-ichi, Wang Yu, Suzuki Kazuyo, Tokumoto Shinsuke, Usui Ryota, Tatsuoka Hisato, Tanaka Daisuke, Yabe Daisuke, Harada Norio, Hayashi Yoshitaka, Inagaki Nobuya

    FASEB JOURNAL   33 巻 ( 5 ) 頁: 6239 - 6253   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.201801783RR

    Web of Science

    PubMed

  10. Short-Term High-Starch, Low-Protein Diet Induces Reversible Increase in -cell Mass Independent of Body Weight Gain in Mice 査読有り

    Masuda Atsushi, Seino Yusuke, Murase Masatoshi, Hidaka Shihomi, Shibata Megumi, Takayanagi Takeshi, Sugimura Yoshihisa, Hayashi Yoshitaka, Suzuki Atsushi

    NUTRIENTS   11 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu11051045

    Web of Science

    PubMed

  11. Two Mutations in Thyroid Hormone Receptor Beta Gene (P453A and C36Y) in a Family with Resistance to Thyroid Hormone with Comorbid Myotonic Dystrophy 査読有り

    Takeda Kyoko, Nemoto Ken-ichi, Hayashi Yoshitaka, Yamamoto Michiyo, Sakuta Ryoichi, Kimura Tetsuya, Noto Hiroshi

    THYROID   29 巻 ( 4 ) 頁: 607 - 608   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/thy.2018.0307

    Web of Science

    PubMed

  12. Functional adenosine triphosphate-sensitive potassium channel is required in high-carbohydrate diet-induced increase in beta-cell mass 査読有り

    Murase Masatoshi, Seino Yusuke, Maekawa Ryuya, Iida Atsushi, Hosokawa Kaori, Hayami Tomohide, Tsunekawa Shin, Hamada Yoji, Yokoi Norihide, Seino Susumu, Hayashi Yoshitaka, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   10 巻 ( 2 ) 頁: 238 - 250   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12907

    Web of Science

    PubMed

  13. Glucose-dependent insulinotropic polypeptide is required for moderate high-fat diet- but not high-carbohydrate diet-induced weight gain 査読有り

    Maekawa Ryuya, Ogata Hidetada, Murase Masatoshi, Harada Norio, Suzuki Kazuyo, Joo Erina, Sankoda Akiko, Iida Atsushi, Izumoto Takako, Tsunekawa Shin, Hamada Yoji, Oiso Yutaka, Inagaki Nobuya, Arima Hiroshi, Hayashi Yoshitaka, Seino Yusuke

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM   314 巻 ( 6 ) 頁: E572 - E583   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpendo.00352.2017

    Web of Science

    PubMed

  14. Distribution and hormonal characterization of primary murine L cells throughout the gastrointestinal tract 査読有り

    Suzuki Kazuyo, Iwasaki Kanako, Murata Yuki, Harada Norio, Yamane Shunsuke, Hamasaki Akihiro, Shibue Kimitaka, Joo Erina, Sankoda Akiko, Fujiwara Yuta, Hayashi Yoshitaka, Inagaki Nobuya

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   9 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 32   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12681

    Web of Science

    PubMed

  15. The Mutant Thyroid Hormone Receptor Beta R320P Causes Syndrome of Resistance to Thyroid Hormone 査読有り

    Kimura Tetsuya, Hayashi Yoshitaka, Tsukamoto Yuka, Okamoto Yasuyuki

    CASE REPORTS IN ENDOCRINOLOGY   2018 巻   頁: 4081769   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2018/4081769

    Web of Science

    PubMed

  16. Chronic high-sucrose diet increases fibroblast growth factor 21 production and energy expenditure in mice. 査読有り

    Ryuya Maekawa, Yusuke Seino, Hidetada Ogata, Masatoshi Murase, Atsushi Iida, Kaori Hosokawa, Erina Joo, Norio Harada, Shin Tsunekawa, Yoji Hamada, Yutaka Oiso, Nobuya Inagaki, Yoshitaka Hayashi, Hiroshi Arima

    J Nutr Biochem   49 巻   頁: 71-79   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.jnutbio.2017.07.010.

  17. Chronic high-sucrose diet increases fibroblast growth factor 21 production and energy expenditure in mice 査読有り

    Maekawa Ryuya, Seino Yusuke, Ogata Hidetada, Murase Masatoshi, Iida Atsushi, Hosokawa Kaori, Joo Erina, Harada Norio, Tsunekawa Shin, Hamada Yoji, Oiso Yutaka, Inagaki Nobuya, Hayashi Yoshitaka, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY   49 巻   頁: 71 - 79   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jnutbio.2017.07.010

    Web of Science

    PubMed

  18. Endogenous GIP ameliorates impairment of insulin secretion in proglucagon-deficient mice under moderate beta cell damage induced by streptozotocin. 査読有り

    Atsushi Iida, Yusuke Seino, Ayako Fukami, Ryuya Maekawa, Daisuke Yabe, Shinobu Shimizu, Keita Kinoshita, Yusuke Takagi, Takako Izumoto, Hidetada Ogata, Kota Ishikawa, Nobuaki Ozaki, Shin Tsunekawa, Yoji Hamada, Yutaka Oiso, Hiroshi Arima, Yoshitaka Hayashi,

    Diabetologia   59 巻 ( 7 ) 頁: 1533-1541   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s00125-016-3935-2.

  19. Mice Deficient in Proglucagon-Derived Peptides Exhibit Glucose Intolerance on a High-Fat Diet but Are Resistant to Obesity.

    Takagi Y, Kinoshita K, Ozaki N, Seino Y, Murata Y, Oshida Y, Hayashi Y.

    PLoS One.   10 巻 ( 9 ) 頁: e0138322   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0138322.

  20. Chronic Hyponatremia Causes Neurologic and Psychologic Impairments.

    Fujisawa H, Sugimura Y, Takagi H, Mizoguchi H, Takeuchi H, Izumida H, Nakashima K, Ochiai H, Takeuchi S, Kiyota A, Fukumoto K, Iwama S, Takagishi Y, Hayashi Y, Arima H, Komatsu Y, Murata Y, Oiso Y.

    J Am Soc Nephrol.     頁: Epub ahead of print   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. *Pancreatic Neuroendocrine Tumors in Mice Deficient in Proglucagon-Derived Peptides.

    Takano Y, Kasai K, Takagishi Y, Kikumori T, Imai T, Murata Y, Hayashi Y.

    PLoS ONE   10 巻 ( 7 ) 頁: e0133812   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0133812.

  22. グルカゴンの真の特異的作用は何か?グルカゴン作用欠損モデルの表現型. 招待有り

    林 良敬

    実験医学   33 巻 ( 6 ) 頁: 897-902   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  23. Low temperature-induced circulating triiodothyronine accelerates seasonal testicular regression.

    K. Ikegami, Y. Atsumi, E. Yonenaga, H. Ono, I. Murayama, Y. Nakane, W. Ota, N. Arai, A. Tega, M. Iigo, V. M. Darras, K. Tsutsui, Y. Hayashi, S. Yoshida, Y. Yoshimura

    Endocrinology   156 巻 ( 2 ) 頁: 647-659   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2014-1741

  24. Fatty acid-binding protein 5 regulates diet-induced obesity via GIP secretion from enteroendocrine K cells in response to fat ingestion.

    Shibue K, Yamane S, Harada N, Hamasaki A, Suzuki K, Joo E, Iwasaki K, Nasteska D, Harada T, Hayashi Y, Adachi Y, Owada Y, Takayanagi R, Inagaki N.

    Am J Physiol Endocrinol Metab.   308 巻 ( 7 ) 頁: E583-E591   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpendo.00543.2014.

  25. Activation of the RhoB signaling pathway by thyroid hormone receptor ß in thyroid cancer cells.

    Ichijo S, Furuya F, Shimura H, Hayashi Y, Takahashi K, Ohta K, Kobayashi T, Kitamura K.

    PLoS One   9 巻 ( 12 ) 頁: e116252   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0116252

  26. Glucagon is essential for adaptive thermongenesis in brown adipose tissue 査読有り

    K. Kinoshita, N. Ozaki, Y. Takagi, Y. Murata, Y. Oshida, Y. Hayashi

    Endocrinology   155 巻 ( 9 ) 頁: 3484-3492   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2014-1175.

  27. KATP channel as well as SGLT1 participates in GIP secretion in the diabetic state. 査読有り

    H. Ogata, Y. Seino, N. Harada, A. Iida, K. Suzuki, T. Izumoto, K. Ishikawa, E. Uenishi, N. Ozaki, Y. Hayashi, T. Miki, N. Inagaki, S. Tsunekawa, Y. Hamada, S. Seino, Y. Oiso

    Journal of ENdocrinology   222 巻 ( 2 ) 頁: 191-200   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12129.

  28. Sensory and motor physiological functions are impaired in gastric inhibitory polypeptide receptor-deficient mice.

    Okawa T, Kamiya H, Himeno T, Seino Y, Tsunekawa S, Hayashi Y, Harada N, Yamada Y, Inagaki N, Seino Y, Oiso Y, Nakamura J.

    J Diabetes Investig   5 巻 ( 1 ) 頁: 31-37   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12129

  29. Hyperthyroidism due to thyroid-stimulating hormone secretion after surgery for Cushing's syndrome: a novel cause of the syndrome of inappropriate secretion of thyroid-stimulating hormone. 査読有り

    D. Tamada, T. Onodera, T. Kitamura, Y. Yamamoto, Y. Hayashi, Y. Murata, M. Otsuki, I. Shimomura

    J Clin Endocrinol Metab   98 巻 ( 7 ) 頁: 2656-2662   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1210/jc.2013-2135

  30. Aristaless-related homeobox plays a key role in hyperplasia of the pancreas islet α-like cells in mice deficient in proglucagon-derived peptides. 査読有り

    S. Xu, Y. Hayashi, Y. Takagishi, M. Itoh, Y. Murata

    PLoS One   8 巻 ( 5 ) 頁: e64415   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0064415

  31. Ectopic expression of GIP in pancreatic ß-cells maintains enhanced insulin secretion in mice with complete absence of proglucagon-derived peptides. 査読有り

    A. Fukami, Y. Seino, N. Ozaki, M. Yamamoto, C. Sugiyama, E. Sakamoto-Miura, T. Himeno, Y. Takagishi, S. Tsunekawa, S. Ali, D. J. Drucker, Y. Murata, Y. Seino, Y. Oiso, Y. Hayashi

    Diabetes     頁: doi: 10.2337/db12-0294   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.2337/db12-0294

  32. グルカゴンによる代謝制御 招待有り

    林 良敬

    糖尿病と代謝   40 巻 ( 3 ) 頁: 1-8   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. Fertility and pregnancy-associated ß-cell proliferation in mice deficient in proglucagon-derived peptides. 査読有り

    C. Sugiyama, M. Yamamoto, T. Kotani, F. Kikkawa, Y. Murata, Y. Hayashi

    Plos One     2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0043745

  34. Isolated growth hormone deficiency in two siblings because of paternal mosaicism for a mutation in the GH1 gene. 査読有り

    M. Tsubahara, Y. Hayashi, S. Niijima, M. Yamamoto, T. Kamijo, Y. Murata, H. Haruna, A. Okumura, T. Shimizu

    Clin Endocrinol (Oxf.)   76 巻 ( 3 ) 頁: 420-424   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2265.2011.04224.x.

  35. Aberrant promoter methylation in overexpression of CITED1 in papillary thyroid cancer. 査読有り

    M. Sassa, Y. Hayashi, R. Watanabe, T. Kikumori, T. Imai, J. Kurebayashi, T. Kiuchi, Y. Murata

    Thyroid   21 巻 ( 5 ) 頁: 511-517   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. A novel Caspr mutation causes the shambling mouse phenotype by disrupting axo-glial interactions of myelinated nerves. 査読有り

    X.Y. Sun, Y. Takagishi, E. Okabe, Y. Chishima, Y. Kanou, S. Murase, K. Mizumura, M. Inaba, Y. Komatsu, Y. Hayashi, E. Peles, S. Oda, Y. Murata

    J Neuropathol Exp Neurol   68 巻 ( 11 ) 頁: 1207-1218   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Possible involvement of BRAFV600E in altered gene expression in papillary thyroid cancer. 招待有り 査読有り

    R. Watanabe, Y. Hayashi, M. Sassa, T. Kikumori, T. Imai, T. Kiuchih, Y. Murata

    Endocr J   56 巻   頁: 407-414   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Prevention of neural tube defects by loss of function of inducible nitric oxide synthase in fetuses of a mouse model of streptozotocin-induced diabetes. 査読有り

    Y. Sugimura, T. Murase, K. Oyama, A. Uchida, N. Sato, S. Hayasaka, Y. Kano, Y. Takagishi, Y. Hayashi, Y. Oiso, Y. Murata

    Diabetologia   56 巻   頁: 962-971   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Oculocutaneous Albinism in Suncus murinus: Establishment of a Strain and Identification of its Responsible Gene. 査読有り

    K. Tsuboi, Y. Hayashi, T. Jogahara, G. Ogura, Y. Murata,S. Oda

    Exp Anim   58 巻 ( 1 ) 頁: 31-40   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Laminin isoforms containing the gamma3 chain are unable to bind to integrins due to the absence of the glutamic acid residue conserved in the C-terminal regions of the gamma1 and gamma2 chains. 査読有り

    Ido H, Ito S, Taniguchi Y, Hayashi M, Sato-Nishiuchi R, Sanzen N, Hayashi Y, Futaki S, Sekiguchi K

    J Biol Chem   283 巻 ( 42 ) 頁: 28149-28157   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Identification of genes differentially expressed in mouse fetuses from streptozotocin-induced diabetic pregnancy by cDNA subtraction. 査読有り

    Sato N, Sugimura Y, Hayashi Y, Murase T, Kanou Y, Kikkawa F, Murata Y

    Endocr J   55 巻 ( 2 ) 頁: 317-323   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Insertion of an intracisternal A particle retrotransposon element in plasma membrane calcium ATPase 2 gene attenuates its expression and produces an ataxic phenotype in joggle mutant mice. 査読有り

    Sun XY, Chen ZY, Hayashi Y, Kanou Y, Takagishi Y, Oda S, Murata Y

    Gene   411 巻 ( 1-2 ) 頁: 94-102   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Long-term amiodarone treatment causes cardioselective hypothyroid-like alteration in gene expression profile. 査読有り

    R.Q. Shi, J. K. Lee, Y. Hayashi, Y. Takeuchi, F. Kambe, S. Futaki, H. Seo, Y. Murata, I. Kodama

    Eur J Parmacol   578 巻   頁: 270-278   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Mapping of jog locus to the region between D6Mit104 and D6Mit336 on mouse chromosome 6. 査読有り

    Sun XY, Chen ZY, Kanou Y, Hayashi Y, Ohno T, Murata Y, Oda S

      56 巻 ( 5 ) 頁: 389-392   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. A case with isolated growth hormone deficiency caused by compound heterozygous mutations in GH-1: a novel missense mutation in the initiation codon and a 7.6kb deletion 査読有り

    Hayashi Y, Kamijo T, Yamamoto M, Murata Y, Phillips JA 3rd, Ogawa M, Seo H.

    Growth Horm IGF Res   17 巻 ( 36 ) 頁: 249-253   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Molecular cloning of prostaglandin EP3 receptors from canine sensory ganglia and their facilitatory action on bradykinin-induced mobilization of intracellular calcium 査読有り

    Kozaki Y, Kambe F, Hayashi Y, Ohmori S, Seo H, Kumazawa T, Mizumura K

    J Neurochem   100 巻 ( 6 ) 頁: 1636-1647   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Regulation of mesodermal differentiation of mouse embryonic stem cells by basement membranes. 査読有り

    Fujiwara H, Hayashi Y, Sanzen N, Kobayashi R, Weber CN, Emoto T, Futaki S, Niwa H, Murray P, Edgar D, Sekiguchi K.

    J Biol Chem   282 巻   頁: 29701-29711   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. The Sp family of transcription factors regulates the human laminin alpha1 gene in JAR choriocarcinoma cells. 査読有り

    Niimi T, Hayashi Y, Sekiguchi K, Kitagawa Y.

    Biochim Biophys Acta   2006 巻 ( 11-12 ) 頁: 573-579   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. A novel large-scale production system for modified basement membrane matrices using gene-swapped parietal endoderm cells. 査読有り

    Hayashi Y, Weber CN, Emoto T, Fujiwara H, Sanzen N, Futaki S, Sekiguchi K.

    Matrix Biol   25 巻 ( 2 ) 頁: 85-88   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Activation of the RhoB signaling pathway by thyroid hormone receptor ß in thyroid cancer cells. 査読有り

    S. Ichijo, F. Furuya, H. Shimura, Y. Hayashi, K. Takahashi, K. Ohta, T. Kobayashi, K. Kitamura.

    PLoS ONE   9 巻 ( 12 ) 頁: e116252   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0116252.

  51. Growth hormone releasing hormone receptor (GHRH-r) gene mutation in Indian children with familial isolated growth hormone deficiency: a study from western India 査読有り

    Desai MP, Upadhye PS, Kamijo T, Yamamoto M, Ogawa M, Hayashi Y, Seo H, Nair SR.

    J Pediatr Endocrinol Metab   18 巻 ( 10 ) 頁: 1955-973   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. The transcriptional landscape of the mammalian genome. 査読有り

    Carninci P et al FANTOM Consortium; RIKEN Genome Exploration Research Group and Genome Science Group (Genome Network Project Core Group).

    Science   309 巻   頁: 1559-1563   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Sox7 Plays Crucial Roles in Parietal Endoderm Differentiation in F9 Embryonal Carcinoma Cells through Regulating Gata-4 and Gata-6 Expression. 査読有り

    S. Futaki, Y. Hayashi, T. Emoto, C.N. Weber, K. SekiguchiS. Futaki, Y. Hayashi, T. Emoto, C.N. Weber, K. Sekiguchi

    Mol Cell Biol   24 巻 ( 12 ) 頁: 10495-10503   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. A nonsense mutation (E72X) in growth hormone releasing hormone receptor (GHRHR) gene is the major cause of familial isolated growth hormone deficiency in Western region of India: founder effect suggested by analysis of dinucleotide repeat polymorphism close to GHRHR gene 査読有り

    Kamijo, T. Hayashi, Y. Seo, H. Yamamoto, M. Ogawa, M. Choski, C. S. Sawant, N. J. Colaco, M. P. Desai, M. P.

    Growth Horm IGF Res   14 巻 ( 5 ) 頁: 394-401   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. SOX7 and SOX17 Regulate the Parietal Endoderm-specific Enhancer Activity of Mouse Laminin {alpha}1 Gene 査読有り

    Niimi, T. Hayashi, Y. Futaki, S. Sekiguchi, K.

    J Biol Chem   279 巻 ( 36 ) 頁: 38055-38061   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Establishment and characterization of a parietal endoderm-like cell line derived from Engelbreth-Holm-Swarm tumor (EHSPEL), a possible resource for an engineered basement membrane matrix 査読有り

    Hayashi, Y. Emoto, T. Futaki, S. Sekiguchi, K.

    Matrix Biol   23 巻 ( 1 ) 頁: 47-62   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Molecular dissection of the alpha -dystroglycan- and integrin-binding sites within the globular domain of human laminin-10 査読有り

    Ido, H. Harada, K. Futaki, S. Hayashi, Y. Nishiuchi, R. Natsuka, Y. Li, S. Wada, Y. Combs, A. C. Ervasti, J. M. Sekiguchi, K.

    J Biol Chem   279 巻 ( 12 ) 頁: 10946-10954   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Molecular basis of constitutive production of basement membrane components: Gene expression profiles of engelbreth-holm-swarm tumor and F9 embryonal carcinoma cells 査読有り

    Futaki, S. Hayashi, Y. Yamashita, M. Yagi, K. Bono, H. Hayashizaki, Y. Okazaki, Y. Sekiguchi, K.

    J Biol Chem   278 巻 ( 50 ) 頁: 50691-50701   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. A role for thyroid hormone transporters in transcriptional regulation by thyroid hormone receptors 査読有り

    Ritchie, J. W. Shi, Y. B. Hayashi, Y. Baird, F. E. Muchekehu, R. W. Christie, G. R. Taylor, P. M.

    Mol Endocrinol   17 巻 ( 4 ) 頁: 653-661   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Identification of an upstream enhancer in the mouse laminin alpha 1 gene defining its high level of expression in parietal endoderm cells 査読有り

    Niimi, T. Hayashi, Y. Sekiguchi, K.

    J Biol Chem   278 巻 ( 11 ) 頁: 9332-9338   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Familial isolated growth hormone deficiency: genetics and pathophysiology 招待有り 査読有り

    Hayashi, Y. Kamijo, T. Ogawa, M. Seo, H.

    Endocr J   49 巻 ( 3 ) 頁: 265-272   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  62. Steroid receptor coactivator-1 deficiency causes variable alterations in the modulation of T(3)-regulated transcription of genes in vivo 査読有り

    Takeuchi, Y. Murata, Y. Sadow, P. Hayashi, Y. Seo, H. Xu, J. O'Malley, B. W. Weiss, R. E. Refetoff, S.

    Endocrinology   143 巻 ( 4 ) 頁: 1346-1352   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Type 1 iodothyronine deiodinase in the house musk shrew (Suncus murinus, Insectivora: Soricidae): cloning and characterization of complementary DNA, unique tissue distribution and regulation by T(3) 査読有り

    Rogatcheva, M. Hayashi, Y. Oda, S. Seo, H. Cua, K. Refetoff, S. Murakami, M. Mori, M. Murata, Y.

    Gen Comp Endocrinol   127 巻 ( 1 ) 頁: 48-58   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Identification and recombinant production of human laminin alpha4 subunit splice variants 査読有り

    Hayashi, Y. Kim, K. H. Fujiwara, H. Shimono, C. Yamashita, M. Sanzen, N. Futaki, S. Sekiguchi, K.

    Biochem Biophys Res Commun   299 巻 ( 3 ) 頁: 498-504   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Increased sensitivity to thyroid hormone in mice with complete deficiency of thyroid hormone receptor alpha 査読有り

    Macchia, P. E. Takeuchi, Y. Kawai, T. Cua, K. Gauthier, K. Chassande, O. Seo, H. Hayashi, Y. Samarut, J. Murata, Y. Weiss, R. E. Refetoff, S.

    Proc Natl Acad Sci U S A   98 巻 ( 1 ) 頁: 349-354   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Somatic gene alteration of AIB1 gene in patients with breast cancer 査読有り

    Shibata, A. Hayashi, Y. Imai, T. Funahashi, H. Nakao, A. Seo, H.

    Endocr J   48 巻 ( 2 ) 頁: 199-204   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Identification of a novel myosin-Va mutation in an ataxic mutant rat, dilute-opisthotonus 査読有り

    Futaki, S. Takagishi, Y. Hayashi, Y. Ohmori, S. Kanou, Y. Inouye, M. Oda, S. Seo, H. Iwaikawa, Y. Murata, Y.

    Mamm Genome   11 巻 ( 8 ) 頁: 649-655   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Involvement of AP-1 and steroidogenic factor (SF)-1 in the cAMP-dependent induction of human adrenocorticotropic hormone receptor (ACTHR) promoter 査読有り

    Sarkar, D. Kambe, F. Hayashi, Y. Ohmori, S. Funahashi, H. Seo, H.

    Endocr J   47 巻 ( 1 ) 頁: 63-75   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Glucocorticoids increase retinoid-X receptor alpha (RXRalpha) expression and enhance thyroid hormone action in primary cultured rat hepatocytes 査読有り

    Yamaguchi, S. Murata, Y. Nagaya, T. Hayashi, Y. Ohmori, S. Nimura, Y. Seo, H.

    J Mol Endocrinol   22 巻 ( 1 ) 頁: 81-90   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. A Japanese family with autosomal dominant growth hormone deficiency 査読有り

    Saitoh, H. Fukushima, T. Kamoda, T. Tanae, A. Kamijo, T. Yamamoto, M. Ogawa, M. Hayashi, Y. Ohmori, S. Seo, H.

    Eur J Pediatr   158 巻 ( 8 ) 頁: 624-627   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 9-cis-retinoic acid decreases the level of its cognate receptor, retinoid X receptor, through acceleration of the turnover 査読有り

    Nomura, Y. Nagaya, T. Hayashi, Y. Kambe, F. Seo, H.

    Biochem Biophys Res Commun   260 巻 ( 3 ) 頁: 729-733   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Responsiveness to thyroid hormone is enhanced in rat hepatocytes cultured as spheroids compared with that in monolayers: altered responsiveness to thyroid hormone possibly involves complex formed on thyroid hormone response elements 査読有り

    Menjo, M. Yamaguchi, S. Murata, Y. Hayashi, Y. Nagaya, T. Ohmori, S. Refetoff, S. Seo, H.

    Thyroid   9 巻 ( 9 ) 頁: 959-967   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. A novel mutation at the donor splice site of intron 3 of the GH-I gene in a patient with isolated growth hormone deficiency 査読有り

    Hayashi, Y. Kamijo, T. Yamamoto, M. Ohmori, S. Phillips, J. A., 3rd Ogawa, M. Igarashi, Y. Seo, H.

    Growth Horm IGF Res   9 巻 ( 6 ) 頁: 434-437   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Mutations in intron 3 of GH-1 gene associated with isolated GH deficiency type II in three Japanese families 査読有り

    Kamijo, T. Hayashi, Y. Shimatsu, A. Kinoshita, E. Yoshimoto, M. Ogawa, M. Seo, H.

    Clin Endocrinol (Oxf)   51 巻 ( 3 ) 頁: 355-360   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Hereditary isolated growth hormone deficiency caused by GH1 gene mutations in Japanese patients

    Kamijo, T. Hayashi, Y. Seo, H. Ogawa, M.

    Growth Horm IGF Res   9 巻 ( suppl B ) 頁: 31-34   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  76. Inhibition of growth hormone (GH) secretion by a mutant GH-I gene product in neuroendocrine cells containing secretory granules: an implication for isolated GH deficiency inherited in an autosomal dominant manner 査読有り

    Hayashi, Y. Yamamoto, M. Ohmori, S. Kamijo, T. Ogawa, M. Seo, H.

    J Clin Endocrinol Metab   84 巻 ( 6 ) 頁: 2134-2139   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Polymorphism of homopolymeric glutamines in coactivators for nuclear hormone receptors 査読有り

    Hayashi, Y. Yamamoto, M. Ohmori, S. Kikumori, T. Imai, T. Funahashi, H. Seo, H.

    Endocr J   46 巻 ( 2 ) 頁: 279-284   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Selective pituitary resistance to thyroid hormone produced by expression of a mutant thyroid hormone receptor beta gene in the pituitary gland of transgenic mice 査読有り

    Hayashi, Y. Xie, J. Weiss, R. E. Pohlenz, J. Refetoff, S.

    Biochem Biophys Res Commun   245 巻 ( 1 ) 頁: 204-10   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Thyroid hormone action on liver, heart, and energy expenditure in thyroid hormone receptor beta-deficient mice 査読有り

    Weiss, R. E. Murata, Y. Cua, K. Hayashi, Y. Seo, H. Refetoff, S.

    Endocrinology   139 巻 ( 12 ) 頁: 4945-4952   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Molecular cloning of sucrase-isomaltase cDNA in the house musk shrew Suncus murinus and identification of a mutation responsible for isolated sucrase deficiency 査読有り

    Ito, T. Hayashi, Y. Ohmori, S. Oda, S. Seo, H.

    J Biol Chem   273 巻 ( 26 ) 頁: 16464-16469   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Tumor suppressor p53 is a negative regulator in thyroid hormone receptor signaling pathways 査読有り

    Bhat, M. K. Yu, C. Yap, N. Zhan, Q. Hayashi, Y. Seth, P. Cheng, S.

    J Biol Chem   272 巻 ( 46 ) 頁: 28989-28983   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Resistance to thyroid hormone caused by two mutant thyroid hormone receptors beta, R243Q and R243W, with marked impairment of function that cannot be explained by altered in vitro 3,5,3'-triiodothyroinine binding affinity 査読有り

    Yagi, H. Pohlenz, J. Hayashi, Y. Sakurai, A. Refetoff, S.

    J Clin Endocrinol Metab   82 巻 ( 5 ) 頁: 1608-1614   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. A splicing variant of Steroid Receptor Coactivator-1 (SRC-1E): the major isoform of SRC-1 to mediate thyroid hormone action 査読有り

    Hayashi, Y. Ohmori, S. Ito, T. Seo, H.

    Biochem Biophys Res Commun   236 巻 ( 1 ) 頁: 83-87   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Modification of thyroid hormone and 9-cis retinoic acid signaling by overexpression of their cognate receptors using adenoviral vector 査読有り

    Hayashi, Y. Yamaguchi, S. Pohlenz, J. Murata, Y. Refetoff, S. Seo, H.

    Mol Cell Endocrinol   131 巻 ( 1 ) 頁: 59-66   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Thyroxine-binding globulin: organization of the gene and variants 査読有り

    Refetoff, S. Murata, Y. Mori, Y. Janssen, O. E. Takeda, K. Hayashi, Y.

    Horm Res   45 巻 ( 3-5 ) 頁: 128-138   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  86. Expression of thyroid peroxidase in EBV-transformed B cell lines using adenovirus 査読有り

    Hidaka, Y. Hayashi, Y. Fisfalen, M. E. Suzuki, S. Takeda, T. Refetoff, S. DeGroot, L. J.

    Thyroid   6 巻 ( 1 ) 頁: 23-28   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. A mouse model of resistance to thyroid hormone produced by somatic gene transfer of a mutant thyroid hormone receptor 査読有り

    Hayashi, Y. Mangoura, D. Refetoff, S.

    Mol Endocrinol   10 巻 ( 1 ) 頁: 100-106   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Resistance to thyrotropin and other abnormalities of the thyrotropin receptor

    Refetoff, S. Sunthornthepvarakul, T. Gottschalk, M. E. Hayashi, Y.

    Recent Prog Horm Res   51 巻   頁: 97-120   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  89. Dominant inheritance of resistance to thyroid hormone not linked to defects in the thyroid hormone receptor alpha or beta genes may be due to a defective cofactor 査読有り

    Weiss, R. E. Hayashi, Y. Nagaya, T. Petty, K. J. Murata, Y. Tunca, H. Seo, H. Refetoff, S.

    J Clin Endocrinol Metab   81 巻 ( 12 ) 頁: 4196-4203   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Studies on the repression of basal transcription (silencing) by artificial and natural human thyroid hormone receptor-beta mutants 査読有り

    Yen, P. M. Wilcox, E. C. Hayashi, Y. Refetoff, S. Chin, W. W.

    Endocrinology   136 巻 ( 7 ) 頁: 2845-2851   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Brief report: resistance to thyrotropin caused by mutations in the thyrotropin-receptor gene 査読有り

    Sunthornthepvarakul, T. Gottschalk, M. E. Hayashi, Y. Refetoff, S.

    N Engl J Med   332 巻 ( 3 ) 頁: 155-160   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Expression of human thyrotropin receptor by recombinant adenovirus 査読有り

    Okamoto, Y. Hayashi, Y. DeGroot, L. J.

    Thyroid   5 巻 ( 1 ) 頁: 51-53   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Do clinical manifestations of resistance to thyroid hormone correlate with the functional alteration of the corresponding mutant thyroid hormone-beta receptors? 査読有り

    Hayashi, Y. Weiss, R. E. Sarne, D. H. Yen, P. M. Sunthornthepvarakul, T. Marcocci, C. Chin, W. W. Refetoff, S.

    J Clin Endocrinol Metab   80 巻 ( 11 ) 頁: 3246-3256   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Molecular cloning of an orphan G-protein-coupled receptor that constitutively activates adenylate cyclase 査読有り

    Eggerickx, D. Denef, J. F. Labbe, O. Hayashi, Y. Refetoff, S. Vassart, G. Parmentier, M. Libert, F.

    Biochem J   309 巻 ( 3 ) 頁: 837-843   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Expression of a thyroid hormone-responsive recombinant gene introduced into adult mice livers by replication-defective adenovirus can be regulated by endogenous thyroid hormone receptor 査読有り

    Hayashi, Y. DePaoli, A. M. Burant, C. F. Refetoff, S.

    J Biol Chem   269 巻 ( 39 ) 頁: 23872-23875   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. A new point mutation (C446R) in the thyroid hormone receptor-beta gene of a family with resistance to thyroid hormone 査読有り

    Weiss, R. E. Chyna, B. Duell, P. B. Hayashi, Y. Sunthornthepvarakul, T. Refetoff, S.

    J Clin Endocrinol Metab   78 巻 ( 5 ) 頁: 1253-1256   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Polymorphism of a variant human thyrotropin receptor (hTSHR) gene 査読有り

    Sunthornthepvarakul, T. Hayashi, Y. Refetoff, S.

    Thyroid   4 巻 ( 2 ) 頁: 147-149   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. An identical missense mutation in the albumin gene results in familial dysalbuminemic hyperthyroxinemia in 8 unrelated families 査読有り

    Sunthornthepvarakul, T. Angkeow, P. Weiss, R. E. Hayashi, Y. Refetoff, S.

    Biochem Biophys Res Commun   202 巻 ( 2 ) 頁: 781-787   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Resistance to thyroid hormone in subjects from two unrelated families is associated with a point mutation in the thyroid hormone receptor beta gene resulting in the replacement of the normal proline 453 with serine 査読有り

    Refetoff, S. Weiss, R. E. Wing, J. R. Sarne, D. Chyna, B. Hayashi, Y.

    Thyroid   4 巻 ( 3 ) 頁: 249-254   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Mutations of CpG dinucleotides located in the triiodothyronine (T3)-binding domain of the thyroid hormone receptor (TR) beta gene that appears to be devoid of natural mutations may not be detected because they are unlikely to produce the clinical phenotype of resistance to thyroid hormone 査読有り

    Hayashi, Y. Sunthornthepvarakul, T. Refetoff, S.

    J Clin Invest   94 巻 ( 2 ) 頁: 607-615   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Human thyroxine-binding globulin gene: complete sequence and transcriptional regulation 査読有り

    Hayashi, Y. Mori, Y. Janssen, O. E. Sunthornthepvarakul, T. Weiss, R. E. Takeda, K. Weinberg, M. Seo, H. Bell, G. I. Refetoff, S.

    Mol Endocrinol   7 巻 ( 8 ) 頁: 1049-1060   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. The relative expression of mutant and normal thyroid hormone receptor genes in patients with generalized resistance to thyroid hormone determined by estimation of their specific messenger ribonucleic acid products 査読有り

    Hayashi, Y. Janssen, O. E. Weiss, R. E. Murata, Y. Seo, H. Refetoff, S.

    J Clin Endocrinol Metab   76 巻 ( 1 ) 頁: 64-69   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Modification of water and electrolyte metabolism during head-down tilting by hypoglycemia in men 査読有り

    Hayashi, Y. Murata, Y. Seo, H. Miyamoto, N. Kambe, F. Ohmori, S. Yamamoto, C. Hayamizu, S. Tamura, Y. Matsui, N.

    J Appl Physiol   73 巻 ( 5 ) 頁: 1785-1790   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. Exploration of humoral factors, which regulate proliferation of islet alpha-cells

    2014年11月 - 現在

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 褐色脂肪組織における代謝制御と甲状腺ホルモン感受性調節の相互作用

    2011年12月 - 2013年3月

    基礎医学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 腸管内分泌細胞の腸内環境感知機構

    2011年3月

    ダノン学術研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. グルカゴン遺伝子欠損モデル動物における成長異常発症機構の解明

    2010年6月

    ノボ・ノルディスク成長・発達研究賞 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 血糖制御ホルモン遺伝子破壊モデル動物におけるエネルギー代謝異常の解析

    2008年11月

    生活習慣病における医学、薬学の萌芽的研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. グルカゴン様ペプチド-1産生細胞の分離ー発生工学的手法を用いて

    2007年9月 - 2009年3月

    学術研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. プレプログルカゴン遺伝子発現を指標とした膵島発生分化機構の解析

    2006年9月

    報彰基金研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 15

  1. グルカゴンによるニコチンアミド代謝制御の生体における意義の解明 研究課題

    2018年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    林 良敬

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 糖代謝とアミノ酸代謝のクロストークにおけるグルカゴンの役割の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 肝臓に由来する膵島α細胞増殖制御因子の同定

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的方が研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 膵島の発生・新生における血管神経ワイヤリング形成とリモデリングの機構の解析

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 褐色脂肪機能制御における内分泌系とサーチュインのクロストーク

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 膵島の発生・新生における血管神経ワイヤリング形成とリモデリングの機構の解析

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究、課題番号:23122507

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 腸管上皮・内分泌細胞をターゲットとした新規治療戦略の創出

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 脳・神経系における甲状腺ホルモン作用の解析ー海馬などにおける新規標的遺伝子の探索

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    林 良敬

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 栄養素感知に関わる腸管内分泌ホルモン分泌機構の統合的解析

    研究課題/研究課題番号:20H03731  2020年4月 - 2023年3月

    稲垣 暢也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1) K細胞・L細胞・I細胞の腸管内局在および重複の検討
    2) K細胞・L細胞・I細胞の発現プロファイル比較と高発現遺伝子・タンパクの機能解析
    3) 胆汁によるGIP, GLP-1の分泌制御についての検討
    申請者らは脂肪摂取時GIP分泌に腸管内の胆汁が必須であることを報告しており、この機序の詳細に関して検討する。
    4) GPR120-CCK-GIP経路が全身の代謝状態におよぼす影響
    腸管内のGPR120シグナルの減弱はCCK分泌の低下を介してGIPの過分泌を抑制し、高脂肪食摂取による肥満・インスリン抵抗性を緩和できる可能性があり、腸管上皮特異的GPR120欠損マウスを作製し、表現型を評価する。

  10. グルカゴン依存性交感神経制御機構の解明と心血管病での役割ー心事故予防を目指して

    研究課題/研究課題番号:19H03651  2019年4月 - 2022年3月

    暮石泰子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    代表者らは、グルカゴン欠損マウス(Gcg-null)の心臓を解析し、高血圧と心肥大を伴う収縮機能不全性心不全を呈することを発見した(投稿準備中)。その機序には、Gcg欠損により、副腎アドレナリン分泌を制御する責任分子の生理的抑制制御の逸脱が起こり、Adrの過剰分泌を引き起こすことを解明し現在その責任分子X関連シグナリングの探索と、このGcgによる新たな神経―内分泌制御系の病態意義に関して研究を継続している。本研究は糖尿病専門医との連携により代表者らが発見したGcg依存性交感神経制御機構の解析結果を発展応用させ、交感神経活性評価の血液サンプルによる簡便なサロゲート診断法や治療法の開発を目指す。
    循環器領域での内因性・生理学的グルカゴン(Gcg)の心血管系制御機構については現時点までの約50年間不明のままであった。ところが、最近の糖尿病治療薬に関する大規模臨床試験の結果、インクレチン始め糖代謝制御薬の中には心血管制御作用があることが明らかとなったことを契機に、その分子病態メカニズムの一つとして内因性Gcgの心臓血管系への直接作用に注目が集まってきた。
    本年度、研究代表者らは、グルカゴン欠損マウス(Gcg-null)の心臓を解析し、高血圧と心肥大を伴う収縮機能不全性心不全を呈することを発見し、その成果を論文化した(Cell reportsに投稿・Peer review中)。その機序には、Gcg欠損により、副腎アドレナリン分泌を制御する責任分子の生理的抑制制御の逸脱が起こり、アドレナリンの過剰分泌を引き起こすことを解明した。またこのグルカゴンーアドレナリン連関は、重症低血糖時の致死的イベント抑制にも重要で、グルカゴン欠乏は、重症低血糖時の生存率をアドレナリン依存性に大きく低下させることが明らかとなった。現在その責任分子および関連シグナリングの探索と、このGcgによる新たな神経―内分泌制御系の病態意義に関して、グルカゴンの副腎髄質細胞への直接効果に関する解析を進め、副腎髄質細胞におけるグルカゴン受容体の同定、グルカゴン直接作用としての神経細胞分化促進効果を発見し、さらなる機序について解析を継続しているが、その一つに、mRNAdecapping enzymeのうち、EDC4によるmRNA decay調節が重要であることが明らかになっている。
    現時点で本年度目標としていたhigh impact journalへの投稿とpeer review採択まで順調に経過した。次年度、査読結果で指摘された内容に対する追加実験が必要となり、それを最優先で実施する。その一方、懸案事項としている次項に述べる3つの項目についても予備実験や試料準備を開始している。
    次年度の実施方策として、以下の3つを柱に進めていく予定である。
    <BR>
    1)交感神経の病的活性化に基づく病態モデル(心不全、運動負荷、身体拘束)モデルを、インクレチン欠損モデル動物と対照群において検証する。各種ストレスのGcg-交感神経活性変化への影響及び心臓血管リモデリングへの影響について検証する。
    2)SGLT2阻害薬による心不全改善作用におけるグルカゴン依存性心臓ー副腎連関機構の解明
    現在心不全治療薬へのドラッグリポジショニングが期待できる糖尿病治療薬SGLT2阻害剤は、グルカゴンを上昇されることが明らかにされている。我々の発見したグルカゴン欠損による交感神経活性化は、このSGLT2阻害剤による心不全改善作用にも関連している可能性が考慮される。よって、心不全モデルに対するSGLT2阻害剤投与の影響を、グルカゴンー交感神経系への点から解析する。
    3)Gcgによる副腎髄質細胞分化における責任メッセンジャーRNA (mRNA) decapping 共因子の同定を開始する。具体的には、mRNA decappingを制御する責任マイクロRNA (miRNA)の網羅的解析を行う。更に同定した候補について、次年度に向けて相補的miRNAを作出し機能解析を行う準備をする。心房組織を採取し、RNA-seqによる網羅的比較解析を行い、DPP4依存性・非依存性神経内分泌責任分子及び責任miRNAファミリーの同定を網羅的解析により試みる。

  11. グルカゴンによるニコチンアミド代謝制御の生体における意義の解明

    研究課題/研究課題番号:18H03176  2018年4月 - 2023年3月

    林 良敬

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    我々が作成したグルカゴン遺伝子欠損動物モデル(GCGKO)においてはニコチンアミドNメチルトランスフェラーゼ(NNMT)の発現が著しく低下しており、グルカゴン欠損による代謝リモデリングの一部にニコチンアミド 代謝異常が関与する可能性が示唆されてきた。これまでに、NNMTを肝臓特異的または全身で欠損するマウス(NNMT-LKO [liver knock out]・NNMTKO)の解析を進めたが、糖・アミノ酸代謝の明らかな異常を認めなかった。2019年にドイツのグループが我々のデータと似た結果を報告している(Diabetes 68:527, 2019)。
    <BR>
    2019年度は、グルカゴン遺伝子・NNMT遺伝子二重欠損動物(GCG/NNMT DKO)の作成・解析を行った。GCGKOでみとめられるアミノ酸代謝関連遺伝子の発現異常はNNMTKOで認められなかったことから予測されたように、GCG/NNMT DKOとGCGKOの間においてもアミノ酸代謝関連遺伝子の発現の差は認められなかった。この結果より、アミノ酸代謝制御機構とニコチンアミド 代謝制御機構の間に強い相互作用はないことが示唆された。
    GCGKOは加齢とともにグルカゴンの代わりにノックインされたGFPを発現する膵島内分泌細胞の過形成が進行して膵臓内分泌腫瘍の形成に至る。2019年にNNMTがCAF(Cancer-associated fibloblast)における代謝の腫瘍制御因子であることが報告されたため(Nature 569:723, 2019)、GCG/NNMT DKOにおける腫瘍形成についても解析したが、GCGKOとGCG/NNMT DKOの間に腫瘍発生時期や腫瘍サイズ、生命予後に明確な違いは認められていない。
    2019年度までにNNMT遺伝子欠損マウスおよびグルカゴン遺伝子・NNMT二重欠損マウスの表現型解析について、研究実績の概要に記載したように期待とは異なる方向ながら一定の結果を得ている点をもって、概ね順調に進んでいるとした。2020年度以降は生体の恒常性維持におけるグルカゴンの役割の新たな側面とその機構の解析へ対象をシフトして研究を推進することにより、改めてグルカゴンによるニコチンアミド 代謝制御の生理的意義づけが進むことを期待している。
    NNMTが肥満や脂肪肝に関与することが報告されている一方(Nature 2014, 508:258-62, Sci Rep 2018, 8:8637)、我々自身のデータやドイツのグループによる報告(Diabetes 68:527-42, 2019)は、通常食餌の下ではNNMT欠損するマウスが明確な表現型を示さないことを示している。また、NNMTの発現がグルカゴンによって制御される一方、NNMTの欠損は、単独でもグルカゴン遺伝子欠損状況でもアミノ酸代謝制御に大きな影響を及ぼさないことが明らかとなった。ニコチンアミド関連代謝物質の濃度を高い信頼性で測定するコストが高い現状を鑑みて、NNMT遺伝子欠損マウスに関する今後の解析は共同研究ベースを中心とする。一方、グルカゴンによるアミノ酸代謝制御機構の詳細は解明されていないため、この解析を2020年度以降の研究の主な対象とする。具体的には、これまでにGCGKOと野生型の比較から得られた情報とは異なった視点からのデータを得るために、GCGKOに対するグルカゴン急性投与実験を行い、その解析を中心に進める。従来と同様の肝臓内の細胞内シグナル伝達解析を行う一方、GCGKO vs Control, GCGKO vs GCGKO+glucagonの遺伝子発現を新たにRNAseqにより比較し、Integrative Genomics Viewer等を利用して、遺伝子発現変化のみならずスプライシングの変化も含めて解析する。このほかに共通機器として呼気ガス(13CO2の解析が可能)・運動量・摂餌量・飲水量測定システムが導入されたため、同システムを利用して、アミノ酸代謝を中心としたグルカゴンによる代謝制御機構の解明を進めたい。

  12. インクレチン分泌機構の統合的理解:GIPならびにGLP-1分泌の共通点と相違点

    研究課題/研究課題番号:16H05326  2016年4月 - 2019年3月

    稲垣 暢也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    電子顕微鏡・共焦点顕微鏡を用いた検討で、脂肪摂取によるFABP5のK細胞核内から核外への局在変化が示唆された。FABP5欠損マウスK細胞ではRegulator of G protein signaling 4(RGS4)の発現が上昇していることが明らかとなった。GPR120とGPR40は双方とも油脂摂取時のGIP分泌に関与しているが、GPR120はCCK分泌を介して間接的にGIP分泌を制御していることが明らかとなった。またL細胞で高い発現を示す炭酸脱水酵素8 (Carbonic anhydrase 8;Car8)が脂肪酸刺激に対するGLP-1分泌を負に制御することを示唆する結果を得た。
    肥満・2型糖尿病患者の数は増加の一途をたどっており、全世界的に重要な健康問題であるが、有効かつ安全性の高い治療法は未だ確立されていないのが現状である。本研究で注目しているインクレチンはその治療標的として大変有望であり、GIP制御に関わる重要な分子としてFABP5に、GLP-1分泌制御に関与するものとしてCar8に着目し、作用機構の解明に着手している。本研究の結果、薬剤によるFABP5、Car8の制御を介してインクレチン分泌制御が可能となれば、糖尿病・肥満症の新たな治療法の開発、創薬につながることが期待され研究の意義は大きい。

  13. 糖代謝とアミノ酸代謝のクロストークにおけるグルカゴンの役割の解明

    研究課題/研究課題番号:15H04681  2015年4月 - 2019年3月

    林 良敬

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:14950000円 ( 直接経費:11500000円 、 間接経費:3450000円 )

    インスリン発見にノーベル医学・生理学賞が授与された1923年に、グルカゴンは膵臓に含まれる血糖上昇物質として報告された。このような発見の経緯から血糖上昇がグルカゴンの主要な生理作用として広く受け入れられてきた。しかしながら、我々が作成したグルカゴン遺伝子を欠損するマウスの血糖値は正常である一方、血中アミノ酸濃度の上昇を示した。本研究においてグルカゴンによるアミノ酸代謝制御のメカニズムを明らかとしようとした結果、アミノ酸異化、あるいはアミノ酸を糖新生に利用可能な基質へ転換することこそが、グルカゴンの真に特異的な生理作用であることが明らかとなった。
    グルカゴンは血糖値を上げるホルモンであると広く認知され、糖尿病においては血糖値を上昇させることにより病態を悪化させる「悪役」とも考えられてきた。しかしながら、我々が独自に作成したグルカゴンを欠損する動物モデルを詳細に解析した結果、グルカゴンは蛋白質の構成要素であるアミノ酸の血中濃度の維持に必要不可欠な役割を持つことが明らかとなった。生体におけるアミノ酸代謝の制御のしくみは未解明の部分が多く、我々の成果をさらに展開することにより、糖尿病学・栄養学のみならず生命科学全般に広く影響を及ぼす新しい知見がもたらされることが期待できる。

  14. 肝臓に由来する膵島α細胞増殖制御因子の同定

    研究課題/研究課題番号:15K15356  2015年4月 - 2018年3月

    林 良敬

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    我々が作成したグルカゴン遺伝子-GFPノックインマウスのホモ接合体(グルカゴン遺伝子欠損モデル)は正常血糖値のもと、膵臓ランゲルハンス島α細胞(GFPを発現する)の増殖亢進を示す。このα細胞の増殖制御機構を解明するために腎被膜下移植実験を行い検証した結果、α細胞の増殖は肝臓に起因する液性因子により制御されていることを明らかとした。この増殖制御因子の探索を行ったところ、特異的な液性因子の同定には至らなかった一方で、グルカゴン遺伝子欠損下における血中アミノ酸濃度の上昇が増殖促進に関与する可能性が示唆された。

  15. グルカゴン遺伝子ノックアウトマウスを用いた膵内分泌腫瘍に対する治療・予防法の開発

    研究課題/研究課題番号:15K10049  2015年4月 - 2018年3月

    菊森 豊根

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    膵腫瘍を自然発生するグルカゴン遺伝子ノックアウトマウスを用いて、発生した腫瘍を病理学的、分子生物学的に検討することにより生物学的性質を明らかにし、治療・予防法の開発を試みた。このマウスに生じた膵腫瘍がヒト膵内分泌腫瘍(pNET)に組織学的、生物学的態度が酷似することを論文報告した。悪性化の過程の各段階の膵島細胞における、細胞増殖因子、血管新生因子(AKT、mTOR、 VEGFなど)、の発現を摘出組織標本の免疫染色により検討した。pNETに臨床適応を持つmTOR阻害剤であるエベロリムスを生後まもなくよりこのマウスに投与して膵腫瘍発生が抑制されたことを認めた。

▼全件表示

産業財産権 2

  1. タンパク質の生産に用いることが可能なF9胚性腫瘍細胞、およびその利用

    林良敬 関口清俊

     詳細を見る

    出願人:独立行政法人 科学技術振興機構

    出願番号:2005-130194  出願日:2005年4月

    公開番号:2006-304668 

    出願国:国内  

  2. 壁側内胚葉様細胞株、及びその樹立方法、並びに分泌蛋白の製造方法

    林良敬 関口清俊

     詳細を見る

    出願人:独立行政法人 科学技術振興機構

    出願番号:2002-301052  出願日:2002年10月

    公開番号:2004-135519 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 発生・遺伝学セミナー

    2011

  2. 基礎医学セミナー

    2011

  3. 発生・遺伝学セミナー

    2010

  4. 基礎医学セミナー

    2010

  5. 自然環境と人間

    2010

  6. 発生・遺伝学セミナー

    2009

  7. 基礎医学セミナー

    2009

  8. 「自然環境と人間」

    2009

▼全件表示