Updated on 2024/04/05

写真a

 
TSURUMAKI, Motoko
 
Organization
Graduate School of Humanities Department of Humanities Associate professor
Graduate School
Graduate School of Humanities
Undergraduate School
School of Humanities Department of Humanities
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス

Degree 1

  1. DEA ( 1995   EHESS ) 

Research Interests 13

  1. ヨーロッパ地域研究

  2. エスニシティ

  3. マイノリティと社会表象

  4. ジャーナリズム研究

  5. 国境地域

  6. ナショナリズム

  7. 少数言語

  8. 人種化

  9. マグレブ系移民

  10. ロマ

  11. アルザス

  12. ブルターニュ

  13. カタルーニャ

Research Areas 1

  1. Others / Others  / Sociology

Current Research Project and SDGs 4

  1. 人種化のプロセスとメカニズム

  2. 少数文化地域と移民第二・第三世代の包摂

  3. エスニシティとメディア

  4. 西欧地域主義

Professional Memberships 4

  1. 日本社会学会

  2. 日仏社会学会

  3. 日本ケルト学会

  4. Recherches sociologiques et anthropologiques   Comité scientifique

    2008.4 - 2011.3

Committee Memberships 2

  1. 日仏社会学会   研究活動委員  

    2016.4   

  2. 日本社会学会   国際委員  

    2008.4 - 2010.3   

 

Papers 19

  1. 科学研究費成果報告書:宗教的人種化の社会的条件―ネイションと他者化のダイナミズムー

    鶴巻泉子

    科学研究費成果報告書     page: 1 - 7   2023.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. スペインの「スカーフ論争」

    鶴巻泉子

    Autres   ( 12 ) page: 1 - 17   2021.3

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 「イスラモフォビア」とナショナルな文脈化

    Autres   ( 11 ) page: 15 - 30   2020.3

     More details

    Language:Japanese  

  4. 「北カタルーニャ」か「ルシヨン」かーフランス・カタルーニャ地方から見た言語と境界

    鶴巻泉子

    Autres   ( 10 ) page: 19 - 34   2019.3

     More details

    Authorship:Corresponding author  

  5. 集合的記憶をめぐって

    鶴巻泉子

    Autres   ( 9 ) page: 17 - 32   2018.3

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese  

  6. テロリズムの表象 Reviewed

    鶴巻泉子

    日仏社会学年報   Vol. 28   page: 17-34   2017

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 厳格な政教分離の国、フランス?ーライシテとイスラム問題ー

    鶴巻泉子

    LCBulletin   Vol. 8   page: 8-9   2015

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. «Le racisme progresse-t-il?»

    Tsurumaki, Motoko

      Vol. 36 ( 1 ) page: 81-94   2014

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  9. 「ブルターニュ人であること:フランスにおける移民と地域への所属」

    鶴巻泉子

    『言語文化論集』   Vol. XXXIII ( 2 ) page: 77-98   2012

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 「少数言語と『新しい地域主義』をめぐって」

    鶴巻泉子

    言語文化研究叢書   ( 9 ) page: 173-186   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 「誰に向けて発信するか」

    鶴巻泉子

    アジ研ワールドトレンド   ( 16 ) page: 8-10   2010

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  12. 「地域文化からグローバルな文化へ?ーブレイス語の変容をめぐってー」

    鶴巻泉子

    『名古屋大学大学院国際言語文化研究科公開講座:言葉と文化の国際交流』     page: 16-20   2009.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  13. *「『マイノリティの連帯』をめぐってーブルターニュの新しい地域主義と移民ー」

    鶴巻泉子

    『グローバル化の中の「国家なきマイノリティ」』科学研究費基盤研究C ( 課題番号 18530380)     page: 5-24   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    文化的少数者であり「歴史的地域」の典型とされてきたフランスのブルターニュを事例に、領域的・伝統的マイノリティが移民問題に直面してどのように地域主義を変容させているかを、移民地区で活動するアソシエーションの聞き取り調査を通じて分析。

  14. « De la musique locale à celle du monde : le renouveau breton et okinawaïen des années 1990-2000 et la construction du sens communautaire »

    Motoko TSURUMAKI

        page: 79-98   2008

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 「グローバルな地域文化としてのケルト:インターケルティック・フェスティバルに見る現代ブルターニュの意味付け」

    鶴巻泉子(研究代表者:定松文)

    『フランスにおける地域文化振興と社会構造に関する社会学的研究』科学研究費基盤研究C(1)海外学術調査研究成果報告書(課題番号16530362)     page: 7-17   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. *「メディアと『都市暴力』―ストラスブールの車放火事件から見た都市暴動という『公共問題』の構成―」

    鶴巻泉子

    『現代思想』2月臨時増刊号     page: 118-127   2006.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    「移民暴動の象徴」と化した事件を素材に、どのように一地方の「ローカルな行事」が「ナショナルな社会問題」と変容・発展したかをメディア内分業と全国・地域メディアの差異に着目して分析する。その際、①問題がどのようにエスニックな枠組みで捉えられるに至ったのか、②社会的動員を伴う全国報道が争点をどのように変容させたかに重点を置く。

  17. 「ブルターニュとアルザスの地域メディアに見る地方分権の議論と地域アイデンティティ」

    鶴巻泉子

    『西欧諸国における地域分権・地域主義の動向とその社会・文化的影響』科学研究費基盤研究B(1)海外学術調査研究成果報告書(課題番号15402037)     page: 125-139   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 「1990年代に始まるブルターニュの地域語・地域文化擁護―企業による地域主義に着目してー」

    鶴巻泉子

    『EU地域政策の展開と地域の文化・言語問題の実態』科学研究費基盤研究B(1)海外学術調査研究成果報告書(課題番号13752005)     page: 58-69   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. «La violence urbaine entre la presse régionale et nationale : comparaison de deux groupes de journalistes dans leurs logiques de travail»

    Motoko TSURUMAKI

      Vol. 第XXIV巻 ( 第2号 ) page: 125-148   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

▼display all

Books 3

  1. *Autonomie journalistique et résistance aux cadrages imposés

    TSURUMAKI, Motoko( Role: Sole author)

    Les Editions de l'EHESS  2010 

  2. *「越境労働と国民国家ーアルザス地域のフロンタリエから見たEU統合問題」、宮島喬、若松邦弘、小森宏美編『地域のヨーロッパ ー多層化、再編、再生』

    鶴巻泉子(宮島喬、若松邦弘、小森宏美編)( Role: Sole author)

    人文書院  2007 

     More details

    Language:Japanese

    フランスのアルザス地域から国境を越えてドイツ・スイスへ通勤する、「フロンタリエ」と呼ばれる人々の問題から出発して、現代EUにおける国境・国民国家への所属の意味の変容を捉えようとする。労働市場・生産ネットワークのボーダーレス化や消費行動の国際化とは裏腹に、個人の「所属」については国民国家のレファレンスが重要化している、という矛盾を指摘する。

  3. *「共同体の論理をめぐって」、綾部恒雄監修、原聖・庄司博史編『 講座世界の先住民族―ファースト・ピープルズの現在 (06) ヨーロッパ』

    鶴巻泉子(綾部恒雄監修、原聖・庄司博史編)( Role: Sole author)

    明石書店  2005 

     More details

    Language:Japanese

    フランスのブルターニュ地方について、その地域主義ーナショナリズムの歴史を、「共同体を想像する」原理と担い手という観点から、社会学的に分析しようとする。ナショナリズム論に概念装置を借りつつ、共同体を構成するためのアプローチを三つに類型化した。

Presentations 9

  1. 宗教的人種化とナショナルな文脈:2000年代以降のフランスにおけるムスリム差別研究と論争をめぐって

    鶴巻泉子

    日本社会学会大会  2022.11.12  日本社会学会

     More details

    Event date: 2022.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:追手門学院大学  

  2. 日仏社会学会シンポジウム花渕馨也発表へのコメント Invited

    鶴巻泉子

    日仏社会学会特別シンポジウム  2021.10.31  日仏社会学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  3. 「移動・庇護の自律性/政治性を考えるために」コメンテーター Invited

    鶴巻泉子

    移動と共生研究会  2020.2.8  移動と共生研究会

     More details

    Event date: 2020.2

    Language:Japanese  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  4. 現代ヨーロッパにおけるイスラモフォビアのナショナルな基盤ーフランスとスペインの比較を通じてー Invited

    鶴巻泉子

    日仏社会学会大会シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:関西大学   Country:Japan  

  5. 2015年1月テロ事件報道をめぐって

    鶴巻泉子

    日仏社会学会 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:横浜国立大学   Country:Japan  

  6. 地域文化からグローバルな文化へ?―ブレイズ語の変容をめぐって―

    公開講座「言葉と文化の国際交流」 

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  7. 「ヨーロッパ内の越境問題―アルザス地方のフロンタリエ(越境労働者)を例に」

    シンポジウム「ヨーロッパのナショナリティとテリトリアリティ」 

     More details

    Event date: 2008.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  8. 「現代におけるブルターニュ文化の再発見」

    鶴巻泉子、Yves de France

    『グローバル化の中の西欧マイノリティ文化―音楽から見るフランス・ブルターニュ地方とケルト文化の再発見』 

     More details

    Event date: 2006.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  9. 地域文化活動に見る「地域」概念の形成(1)―ブルターニュ地域インターケルティック・フェスティバルの事例――

    鶴巻泉子(計四名の共同研究/発表の第一発表者:他に中力えり、佐野直子、定松文)

    日本社会学会大会 

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

▼display all

Works 10

  1. 少数文化地域と社会的距離化をめぐるフィールドワーク

    2023.4

  2. 少数文化地域と宗教的人種化についてのフィールドワーク

    2019.4
    -
    2023.3

  3. 少数文化地域とレイシズム

    2013.4

  4. 少数文化地域と移民問題についてのフィールドワーク(フランス、ブルターニュ地域・アルザス地域)

    2008.4
    -
    2013.3

  5. 音楽から見る少数文化地域の「文化再発見」の動きについて(ブルターニュ地方と沖縄での音楽産業関係者、メディアなどへの調査)

    2007.7
    -
    2008.7

  6. 少数文化地域と移民(ブルターニュとカタルーニャでの自治体、アソシエーション調査)

    2007.2
    -
    2007.3

  7. 音楽フェスティバルから見るブルターニュ地域表象の変容(インターケルティック・フェスティバルのオーガナイザー、ボランティア参加者などの聞き取りとフェスティバル参与観察)

    2006.8
    -
    2006.9

  8. アルザス地方と越境通勤者ー「フロンタリエ」 (国境協力機関、フロンタリエ・アソシエーション、相談窓口、自治体などでの調査)

    2005.8
    -
    2005.9

  9. ブルターニュ・アルザスの地域メディアに見る地域表象

    2004.8
    -
    2004.9

  10. フランスのメディアと「移民問題」報道(日刊紙を中心とするブルターニュ・アルザス・パリのメディアと「移民地区」とされる地区、自治体などでの調査)

    2003.4

▼display all

Other research activities 6

  1. フランスのペルピニャン市におけるマグレブ系若者とその社会的距離化についての調査2

    2024.2
    -
    2024.3

     More details

    フランスのペルピニャン、トゥルーズにおいて、特に職業案内所、就職支援団体、失業者、職を探す学生等に聞き取りを行った。

  2. フランスのペルピニャン市におけるマグレブ系若者とその社会的距離化についての調査

    2023.9
    -
    2023.10

     More details

    フランスのペルピニャン市において、移民が多く居住する優先地区を中心にマグレブ系若者とその社会的距離化の形式について参与観察とインタビュー調査を行う。特に地区の社会文化センターとそれを統括する市役所での聞き取りを行った。

  3. 沖縄渡嘉敷島における戦争記憶をめぐる調査、教育委員会

    2023.8

     More details

    沖縄渡嘉敷島における戦争記憶をめぐる調査を6月に引き続き行い、教育委員会と教育委員長経験者への聞き取り調査を行なった。

  4. 沖縄渡嘉敷島における戦争記憶の継承、語り部への聞き取り調査

    2023.6

     More details

    沖縄の戦争記憶が社会的争点となる中で、その継承をめぐってナショナルな争点とローカルな争点の違いと相互の影響について考える。そのために両方のレベルをつなぐ役割を果たした語り部の経験を分析する。

  5. フランス、ペルピニャンで移民出自者の人種化をめぐる調査

    2023.3

     More details

    フランスのペルピニャンで移民支援団体、地区センターなどで聞き取り調査。

  6. スペイン、ジロナで移民出自者の人種化をめぐる聞き取り調査

    2023.3

     More details

    スペイン、ジロナ市で、移民支援をする労働組合、地区住民センターで調査を行った。

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 5

  1. アジア共同体における多様性

    2023.4

    大学助成 

    ハスエリドン

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Other

  2. ヨーロッパのナショナリティとテリトリアリティ

    2007.4 - 2009.3

    国内共同研究 

  3. グローバル化の中の「国家なきマイノリティ」ー西欧地域主義の変容ー

    2006.4 - 2008.3

  4. ジャーナリズムと個人性、主観性、イノヴェーションの問題

    2006 - 2009

    国際共同研究 

  5. 地域文化と地域アイデンティティ

    2006

    国際共同研究 

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 8

  1. 国境少数地域と他者化:マグレブ系若者と社会的距離化の形式についての社会学的研究

    Grant number:23K01724  2023.4 - 2026.3

    文科省、日本学術振興会(JSPS)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    鶴巻 泉子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost:\1080000 )

    本研究はフランスとスペインにまたがるカタルーニャを事例に、移民子孫のマグレブ系若者に対する他者化を「社会的距離化(Tucci)」概念を用いて分析する。各地域は同じ言語を持ち「カタルーニャ主義catalanisme」運動も存在するが、国家に対する関係は異なる。本研究は(1)教育領域と労働領域における若者の不平等な処遇の経験を質的調査を通じて収集し、(2)それを「社会への参加様式指標」とTucciが呼ぶ教育と労働に関する基礎的統計分析等の資料と対照することを通じて、地域の重層的空間がどのように「社会的距離化」の違ったパターンを生むかを比較、ナショナル/エスニックな差異と社会関係再編を問題とする。

  2. 宗教的人種化の社会的条件―ネイションと他者化のダイナミズムー

    Grant number:18K01961  2018.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    鶴巻 泉子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4550000 ( Direct Cost: \3500000 、 Indirect Cost:\1050000 )

    本研究はスペインとフランスにまたがる二つのカタルーニャ地域を例に、北アフリカ出身の移住者やその子孫に対する「宗教的人種化」のメカニズムとその規定要因を比較するものである。異なる国家に属しつつも共通のナショナリズム「カタルーニャ主義」を持つ両地域において、宗教的要素を通じた他者化のプロセスが、国家ナショナリズムと対抗ナショナリズム、そして両者の紛争的関係とに規定される様式に着目する。 コロナ禍により現地調査が不可能な状況が続いているため、本年度は文献資料や統計資料を用いた分析を続けるとともに、フランス側を考察の中心とし、すでに行ったフィールド調査地における地域的分脈の検討を受けて今年度はナショナルな文脈に絞った検討を行った。フランスでは2015年の同時多発テロの影響や「インターセクショナリティ論争」を背景に、「イスラム」「ムスリム」をめぐる研究が近年爆発的に増加、社会と宗教の関わりをめぐる研究内容が刷新されつつある。そのため先行研究を新たに整理する必要も生じた。①計量的差別分析アプローチ②国家による制度的レイシズムアプローチ③生きられた経験アプローチの3つに分類し、その問題意識と方法論、射程などを比較検討し、注目を集める①の研究が「宗教」ファクターの自律性に議論を絞る傾向があること、しかし計量的手法を用いて抽出した 「宗教」は概念上にのみ存在し、社会学的時現実と乖離することを指摘した(:鶴巻泉子「2000年代以降のフランスにおける『ムスリム差別』研究と『ムスリム』概念」(投稿準備中))。このような宗教ファクターの自律性をめぐる議論はフランス社会の大きな特徴でありイスラム論争を大きく規定することが分かった。
    本研究が分析対象とするフランスとスペインでは2021年度 も引き続きコロナ禍の影響を大きく受け、現地調査は不可能な状況だった。インフォーマントとのコンタクトを保ちつつ、近年の大幅に増加したイスラムをめぐる議論整理と、当初の研究計画にはなかった歴史的文脈の検討を続行している。
    2022年度は上記の歴史的文脈の比較を両国間で最終的に行う。現在行っている時期区分に関して、両国では大きな隔たりがあるため、その調整をしつつ比較の土俵を確定する必要がある。
    また2022年度は最後の現地調査を実施する予定であるが、コロナ禍のために調査期間がかなり絞られてしまったため、調査対象機関を行政と2,3のアソシエーションに絞ることを検討している。

  3. 20世紀における多様なマイノリティ状況の解明と共生言説の検討

    2009.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    田所光男

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. 少数文化地域と「内側のマイノリティ」

    2008.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鶴巻 泉子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  5. グローバル化の中の「国家なきマイノリティ」ー西欧地域主義の変容ー

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鶴巻泉子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  6. フランスにおける地域文化振興と社会構造に関する社会学的研究

    2005.4 - 2007.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    定松文

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. 国境と地域に見るヨーロッパ統合

    2004.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:15730239

    鶴巻 泉子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  8. 西欧諸国における地域分権・地域主義の動向とその社会・文化的影響

    2003.4 - 2005.3

    科学研究費補助金  課題番号15402037

    宮島喬

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 25

  1. 海外言語文化演習

    2023

  2. Socio-cultural Change Studies Doctoral Dissertation Seminar a

    2022

  3. 海外言語文化研修

    2022

     詳細を見る

    教養教育院が主催するフランスへの海外研修に参加する学生を主な対象とし、フランスの様々な側面を紹介するオムニバス授業である。(個別担当・ボーメール氏と共に授業全体の運営)

  4. 国際社会学演習a

    2015

  5. 国際社会学演習b

    2015

  6. 国際社会学演習a

    2014

  7. 国際社会学演習b

    2014

  8. 国際社会学演習b

    2013

  9. 国際社会学演習a

    2013

  10. 国際社会学演習a

    2012

  11. 国際社会学演習b

    2012

  12. Intermediate French 1

    2011

  13. French 3

    2011

  14. French 2

    2011

  15. French 3

    2011

  16. Intermediate French 2

    2011

  17. French 1

    2011

  18. French 4

    2011

  19. French 1

    2011

  20. French 1

    2011

  21. 国際社会学演習 b

    2011

  22. 国際社会学演習 a

    2011

  23. 国際社会学演習 a

    2009

  24. 国際社会学演習 b

    2009

  25. 中級フランス語1

    2009

▼display all

 

Social Contribution 3

  1. 名古屋難民支援室助言活動

    Role(s):Advisor, Informant, Organizing member

    名古屋難民支援室  2020

  2. 「ブラックライブズマター運動」と「黒人差別」に関する解説と取材協力

    Role(s):Commentator, Media coverage, Informant

    中京テレビ  「キャッチ」  2020

  3. 国連難民の日イベント

    Role(s):Presenter

    名古屋難民支援室、人文学研究科文化動態学共催  国連難民の日イベント  2018.6

Media Coverage 1

  1. 「ブラック・ライブズ・マター運動」と「黒人差別」についてコメントと取材協力 TV or radio program

    中京テレビ  「キャッチ」  2020

     More details

    Author:Myself